希「催眠術?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 09:18:31.83 ID:IL/Y8K4tO
アイドル研究部、いつもの部室。

凛「うん。昨日テレビでやってたんだけどね。希ちゃんなら出来るんじゃないかな〜って」

希「いやぁ…流石に催眠術は…」

凛「え?出来ないの?」

希「ん〜やった事ないしなぁ」

凛「じゃあ、今日挑戦してみようよ」

希「え?ウチが凛ちゃんに催眠術をかけるの?」

凛「ん〜…それだと、凛が見れないからなぁ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526689111
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 09:23:46.22 ID:IL/Y8K4tO
ガチャ

真姫「大きな声で何を騒いでるのよ」

凛「あっ!真姫ちゃん」

希「実はなぁ、凛ちゃんが昨日テレビで催眠術を見たんやって」

真姫「催眠術を?」

凛「うん。それでね、希ちゃんなら出来るんじゃないかなって話してたの」

真姫「バカバカしい。そんなの出来るわけないじゃない」

凛「出来るよ。希ちゃんだよ?」

希「凛ちゃん…勝手にハードル上げないでな」

真姫「無理よ。催眠術なんて素人に出来るわけないじゃない」

凛「ふ〜ん。じゃあ、例えば希ちゃんが真姫ちゃんに催眠術を掛けようとしても…問題ないよね?」

真姫「はあ?何で私が」

凛「だって、無理なんでしょ?じゃあ、別に問題ないにゃ。それとも…本当は怖かったりとか?」

真姫「べ、別に平気よ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 09:27:30.60 ID:IL/Y8K4tO
凛「決まりにゃ!」

希「え?やるの?」

凛「うん。問題ないよね?真姫ちゃん?」

真姫「いいわよ。受けて立つわよ」

希「え〜…受けて立つって…ウチは何にも言ってないのに」

真姫「ほら。早くしなさいよ」

希「じゃあ…見様見真似で。…いい?先ずは目を瞑って」

真姫「…」スッ

希「え〜真姫ちゃん。あなたは今から素直になります。何を聞かれても素直に返答してしまいます」

真姫「私は…素直…」

希「そう。あなたは素直…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 09:30:39.17 ID:IL/Y8K4tO
真姫「素直…」

希「うん。ウチが指を鳴らしたら真姫ちゃんは素直になります」

凛「おおっ!それっぽいにゃ」

真姫「希が…指を鳴らしたら…私は素直…」

希「行くよ」

パチン

真姫「はっ…」

凛「どお?真姫ちゃん?何か変わった?」

真姫「別に?何も変わってないわよ」

凛「本当?」

真姫「うん」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 09:37:17.48 ID:IL/Y8K4tO
凛「希ちゃん?」

希「ん〜…そうやなぁ…。真姫ちゃん可愛い!」

真姫「え?本当?嬉しい!」

凛「あれ?真姫ちゃんが素直に喜んだにゃ」

希「ん〜でもこれだけで成功したとは…」

ガチャ

にこ「お疲れ〜」

希「あっ!にこっち!」

にこ「ん?何よ?」

凛「あのね、今希ちゃんがね」

にこ「え?何?」

真姫「もう、にこちゃん。遅いよ」

にこ「へ?」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/19(土) 09:50:20.35 ID:z7ESgB1SO
かわいい
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 09:50:25.45 ID:5BL9Avx30
期待
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 11:35:56.96 ID:IL/Y8K4tO
真姫「あのね、さっきにこちゃんの事クラスまで迎えに行ったんだけどね」

にこ「は?迎えに?」

真姫「うん。だって、昨日にこちゃんが面白い映画があるって言ってたでしょ?私、にこちゃんと仲良くお話がしたくて昨日の帰ってから急いで見たんだから」

にこ「そ、そうなの?昨日は興味なさそうだったのに…」

真姫「だって…恥ずかしかったんだもん」

にこ「へ、へ〜。あの…頭でも打ったの?」

真姫「え?何で?」

にこ「だって…なんか…変よ?」

真姫「変?私が?」

にこ「うん。凄い変」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 11:39:56.73 ID:IL/Y8K4tO
凛「…」

希「…」

凛「成功だよね?」

希「うん。成功やなぁ。真姫ちゃんめっちゃ素直になってるやん」

凛「喋り方まで変わってるにゃ」

希「どうする?催眠解く?」

凛「面白そうだし…。もうちょっとこのままにして置こうよ」

希「そうやな」

にこ「ちょっと待った」

希「ん?」

にこ「催眠って何よ?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 11:46:22.77 ID:IL/Y8K4tO
希「催眠とは、暗示を受けやすい変性意識状態のひとつ。って書いてあるよ?Googleには」

にこ「それは分かってるわよ」

凛「あのね。実はね、かくかくしかじかでね…」

にこ「え?何?真姫は催眠にかかってるって事?」

凛「うん。そう事にゃ」

にこ「え?何?じゃあ、あれは真姫の本音って事?」

希「うん。そう言う事やない?」

にこ「わざわざクラスまで迎えに来てって…。どうりで偶然出会す事が多いと思ったわ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 11:55:08.59 ID:IL/Y8K4tO
凛「そうだね」

にこ「ふふん。でも、面白いじゃない。こうなったら真姫の根掘り葉掘り聞いてやろうじゃない」

希「おおっ!にこっち…悪い顔しとるなぁ」

凛「とてもアイドルとは思えないにゃ」

にこ「ねえ、真姫ちゃん?」

真姫「何?にこちゃん?」

にこ「わざわざ〜にこを待ち伏せてまで一緒に部室来るって事は〜真姫ちゃんはにこの事…大好きって事だよね〜」

真姫「うん。にこちゃんの事も大好き」

にこ「だって!」

希「なあ、真姫ちゃん?ウチの事は?」

真姫「大好き」

凛「凛は?」

真姫「大好き!」

希「な、なんか…照れくさいなぁ」

凛「面と向かって言われるとね…」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 11:59:12.00 ID:IL/Y8K4tO
にこ「何よ?皆んな大好きなんじゃない」

真姫「うん。皆んな大好きよ。当たり前じゃない」

にこ「じゃあ、これは?あんたはいつも気持ち悪いって言うけど。にっこにっこに〜」

真姫「可愛いよ。最初見た時は正直この人頭大丈夫かなって思ったし今でもたまに思うけど。にこちゃん可愛いと思う」

にこ「そ、そう?えへへ」

希「にこっち…嬉しそうやなぁ。半分くらい悪口だったのに」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 12:01:53.19 ID:/Z8iX4T2O
にこ「えへへ・・・それじゃあ、髪切っちゃおうかな・・・・。」

希「にこっち…?」

にこは部室のペン立てからハサミを取り出し、ツインテールの結び目から断髪。

希「え・・・・?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 15:58:26.90 ID:IL/Y8K4tO
ガチャ

穂乃果「でね、ごはんやの大盛り無料券を配ってて」

花陽「これは行くしかないね…でも…ダイエット…でも…」

凛「あっ、穂乃果ちゃん達が来たにゃ」

真姫「穂乃果!花陽!遅かったのね!」

穂乃果「え?うん。先生に呼びだされちゃってさ」

花陽「たまたま、そこで会ったんだよね?」

穂乃果「ね〜…ん?」

真姫「ん?何?そんな見つめられると垂れちゃうわ」

穂乃果「え?あっ…ごめん。なんか…真姫ちゃんテンション高い?」

花陽「あっ、私も思った」

穂乃果「だよね?何か良い事でもあった?」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/05/19(土) 16:32:41.76 ID:rbnocLDBO
ナニが垂れちゃうんですかねぇ(まぁ照れちゃうの誤字だろうけど)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/19(土) 17:13:46.37 ID:+06pqXxHO
そんなもん下のお口のよだrうわなにすやめ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 18:22:44.14 ID:IL/Y8K4tO
凛「あのね…実はね…」

花陽「え?真姫ちゃん催眠術かけられちゃったの?」

穂乃果「凄い!そんな事出来るの?」

希「出来ちゃったんよ。な?」

凛「うん」

にこ「今の真姫は凄い素直よ」

穂乃果「そうなの?え?真姫ちゃんどんな感じなの?」

真姫「別に…普通だけど…」

にこ「自分が催眠状態って自覚はないのね。やっぱり…」

真姫「私…催眠かかってるの?」

にこ「大丈夫よ」

真姫「本当?」

にこ「本当!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/19(土) 18:28:31.35 ID:IL/Y8K4tO
穂乃果「ねえ!穂乃果も掛けて欲しい!」

希「ん?」

穂乃果「催眠掛かりたい!どんな物なのか試しにさ」

希「まあ…別に…ええけど…」

穂乃果「本当?じゃあ、やって!」

希「え〜どうすればええのかな」

穂乃果「なんか…勉強が好きになるとかさ」

希「ええけど。えっと…穂乃果ちゃん。目を閉じてウチの言う事を聞いてな」

穂乃果「うん」

希「穂乃果ちゃんは実は勉強が大好きなんよ。勉強がしたくてしたくてたまらない」

穂乃果「私は…勉強が…大好き」

希「そう。穂乃果ちゃんは勉強が大好き。ウチが指を鳴らしてら…」

穂乃果「うぉぉぉぉ。穂乃果、勉強したくってきたぞ〜」

希「え?まだ…」

穂乃果「今から図書室に言って勉強してくる」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/19(土) 18:56:36.99 ID:z7ESgB1SO
>>15
トマトジュース(意味深)だろ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 00:05:55.00 ID:ZP4xto1hO
花陽「行っちゃった…」

凛「あれ、催眠掛かってるの?」

希「さ、さあ?どうなんやろう?」

にこ「なんて単純なのかしら」

真姫「放っておいていいの?催眠状態なのに…心配だわ」

にこ「あんたも催眠状態だけどね」

真姫「え?」

にこ「いや、何でも…で?どうするの?」

花陽「あ、あの…」

希「ん?どうしたん?」

花陽「私にも…催眠術をかけて貰ってもいいかな?」

凛「え?かよちんも?」

希「別にええけど…何で掛けて欲しいの?」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 00:30:56.68 ID:ZP4xto1hO
花陽「あの…恥ずかしいんだけどね。最近…食欲が…凄くて…」

真姫「それは前からじゃない?」

凛「わぁ、真姫ちゃん素直にゃ」

にこ「本気で思ってるって事だもんね」

花陽「だからね、催眠術で…その…私の食欲を抑えられないかなって」

希「ん〜…やってみる?」

花陽「お願いします」

希「じゃあ、花陽ちゃん。目を閉じてな。今から花陽ちゃんの食欲は抑えられます。人並み程度の食欲になります」

花陽「はい…」

希「いい?ウチが指を鳴らしたら花陽ちゃんの食欲は落ち着きます」

花陽「私の食欲は落ち着く…」

パチン

花陽「え?」

にこ「どう?かよちん?」

花陽「えっと…何も変わってない様な…」

真姫「でしょ?やっぱり催眠なんて…」

にこ「μ’sの事好き?」

真姫「大好き。皆んな大好き!え?何?」

にこ「なんでもないわよ」

花陽「あの…本当に催眠に掛かってるのかな?特に変化が…」

希「花陽ちゃん。これ…花陽ちゃんのおにぎり。どう?」

花陽「あ…うっ…うぅぅ…」

凛「か、かよちん?」

花陽「た、食べたくない…おにぎりを食べたくないよ」

にこ「大成功じゃない」

花陽「おにぎり…大好きなのに。食べたくない…そんな…こんなに大好きなのに…」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/20(日) 03:36:48.34 ID:cZ4PVFM80
にこがどうしてツインテールを切ったのか分からない
あとで明らかになるなら無視してくれ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/20(日) 03:37:36.43 ID:cZ4PVFM80
すまん
自決した
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/20(日) 14:02:18.61 ID:6XEVUjK4O
>>23が死んだ!
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/20(日) 17:09:06.89 ID:BVZfKaktO
にこ「だったら私の髪と一緒に食べようよ」

にこは切った自分の髪をおにぎりに巻いて花陽に差し出した。

にこ「ほら、あーん」

にこはおにぎりを花陽の口に入れる。

花陽「うっ・・・・・髪はパサパサしてるけど、意外と美味しい・・・・・ 」

にこ「でしょ!?にこの髪は毎日ノンシリコンシャンプーで綺麗に洗ってるから見た目にも綺麗で美味しそうだったでしょ?きちんと食べてくれたご褒美にもう一つにこの切った髪があるからこんどそれでスパゲッティを作ってあげる」

花陽「うわぁ〜にこちゃん、ありがとう〜!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/21(月) 00:05:37.02 ID:yY9jVib7O
凛「かよちん…泣いてるにゃ…」

花陽「だって…ご飯が…」

にこ「ねえ?ちょっと可哀想よ?解いてあげたら?」

真姫「にこちゃん優しい」

にこ「う、うん。なんか調子狂うわね」

希「そうやなぁ。花陽ちゃん…」

花陽「だ、大丈夫です。ダイエット…しなきゃだから…」

凛「でも…かよちん…」

花陽「ご飯を食べたくなくても…お米の事が大好きな事は忘れないから」

にこ「言ってる事が支離滅裂よ?」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/23(水) 17:09:34.09 ID:8RkNlsdoO
花陽「いや、だから・・・今はご飯を食べたくなくても・・・お米とにこの髪の事が大好きな事は忘れないから」

にこ「え・・・・?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/03(日) 22:44:36.67 ID:IFPWsVpcO
髪食べるなんて以外だな
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/11(月) 23:25:27.81 ID:q1qTM0+cO
続きはよ
13.13 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)