日菜「おねーちゃん、そういえば昨日友希那ちゃんとね」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 00:06:02.13 ID:2DpB/lZH0
日菜「ちゅーしたんだよねー」

紗夜「……ちゅう?」

日菜「うんっ」

紗夜「そ、れは……せっ、ぷん、ということ……?」

日菜「あはは! セップンってー! 何時代? って感じ!」

紗夜「……日菜」

日菜「うん?」

紗夜「真面目に答えなさい。 つまり、あなたは……湊さんと……」

日菜「んー? だから、接吻したんだよー? おねーちゃん風に言うと」

紗夜「……」

日菜「あ、というか見てみて! おねーちゃんの好きなわんわん大行進やってるよー!」

紗夜「……それどころじゃないわよ」

日菜「ええー?」

紗夜「……」ピッ

日菜(あっ……でも録画はするんだー)

紗夜「それで……日菜、湊さんとキスしたの?」

日菜「おわっ、セップンから進化した!」

紗夜「いいから……真面目に……」イライライラ

日菜「……おねーちゃん? 怒ってる?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527347161
2 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 00:15:00.34 ID:2DpB/lZH0
紗夜「……怒ってるわけじゃないわ」

日菜「うーん……でもおねーちゃん、なんだか、怖い……」

紗夜「私が怒っているとかいないとか、今はどうだっていいことなの」

日菜「ええーっ。 よくないよ!」

紗夜「日菜」

日菜「おねーちゃんに怒ってほしくないもん」

紗夜「……日菜」

日菜「だってあたし、おねーちゃんだぁいすきっ、」

紗夜「日菜っ」バンッ

日菜「うわっ」

紗夜「答えなさい」

日菜「……えへへ、必死だねー?」

紗夜「……」

日菜「ふふっ。なんだかあたし、今すごい、るんっ、って気分になっちゃった」

紗夜「な……」

日菜「……えへ」

紗夜「っ……日菜、悪いけど、私はあなたのそういうところが嫌いなの」

日菜「……」

紗夜「……もういい、寝るわね」

日菜「寝ちゃうの?」

紗夜「……」

バタン

紗夜「……」

紗夜(日菜が……湊さんと、キス……?)
3 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 00:33:07.02 ID:2DpB/lZH0
次の日 スタジオ


紗夜(今日は私が1番乗りね……)

紗夜「はぁ……」

紗夜(昨日のことが気になりすぎて、ギターを弾く気にも……)

紗夜「……」

紗夜(……いけない)

紗夜(こうしている間にも、日菜にまた追い抜か……)


日菜『そういえば昨日友希那ちゃんとね、』


紗夜「……」


日菜『ちゅーしたんだよねー』


紗夜「……はぁっ」

紗夜(なんなのよ……)

紗夜「意味がわからない……」

リサ「……さーよっ?」

紗夜「……っ!?」ビクッ

リサ「あ、ああ、ご、ごめん。 びっくりさせちゃった?」

紗夜「い、今井さん……いえ、その、別に」

リサ「そっかっ。 よかったー」

紗夜「……」

紗夜(今井さんは……なにか、知ってるのかしら)ジッ

リサ「……友希那?」

紗夜「えっ!?」ビクッ

リサ「えっ、いや……なんかすんごい見られてるから、なんで友希那と一緒に来てないの? って思われてるのかなーって……」

紗夜「あ、ああ……」

紗夜(そういうこと……)
4 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 00:42:55.74 ID:2DpB/lZH0
リサ「あ、ちなみに友希那はトイレだから。もうすぐ来るよ」

紗夜「……そう」

リサ「あこ達ももうじき……」

紗夜「……ええ」

リサ「……紗夜、なーんか元気ないよね?」

紗夜「そうかしら……」

リサ「どしたの? アタシでよかったら……相談のるけど」

紗夜「……」

リサ「い、いやぁ、無理に、とは言わないよ? 紗夜にもいろいろあるだろうしー……」

紗夜「……」

リサ「あー……」

紗夜「……」

リサ「……」

紗夜「……今井さんは、」

リサ「……! うんっ、なになに?」

紗夜「その、湊、さんと……」

リサ「……友希那、と?」

紗夜「つきあっ、てるのよね……?」

リサ「え……」

紗夜「だ、だから、交際、というのかしら……交際、してるのよね?」

リサ「あ、改めて言わなくてもいいって! なんか照れるから……」

紗夜「……」

リサ「……う、うん、ま、まあ、一応、ね。今に始まったことじゃないけど」

紗夜「……」
5 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 00:59:13.63 ID:2DpB/lZH0
紗夜「そう……やっぱり、そうよね」

リサ「ど、どうしたのー? いきなり……」

紗夜(それなら……何故、日菜と……?)

紗夜「今井さん、もう少し質問してもいいかしら?」

リサ「そ、相談じゃなくて質問ときたかー……うんっ、ま、答えられる範囲で答えるよ」

紗夜「……ありがとう。その、昨日のことなのだけれど」

リサ「うんうん」

紗夜「湊さんと、何かあった?」

リサ「ま、また友希那絡みの質問……」

紗夜「……ご、ごめんなさい」

リサ「まあ別にいいけどね。 昨日はー……うーん、なにも?」

紗夜「湊さんの様子が変だった、ということも?」

リサ「ないかなぁ」

紗夜「……」

リサ「紗夜はなんか変だと思ったの?」

紗夜「い、いえ、私は……その……」

リサ「うーん?」

紗夜「そ、それはそれとして……練習後、湊さんと帰りましたか?」

リサ「うん、いつもどーり帰ったよ」

紗夜「寄り道などせず? 家までちゃんと? その間湊さんはどこにも行きませんでしたか?」

リサ「お、落ち着いてよ紗夜〜……事情聴取みたいになってるからぁ……」

紗夜「……質問に答えてください」

リサ「え、ええ……っと、まっすぐ、帰りました、けど」

紗夜「……」

紗夜(それなら、日菜はいつキスをしたというの……?)

紗夜(そして、目的は……?)

紗夜(そ、そもそも、本当に、キスをしたの……?)
6 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 01:12:05.82 ID:2DpB/lZH0
リサ「ははーん、さては、紗夜……恋バナがしたいの?」

紗夜「……えっ」

リサ「可愛いなぁ」

紗夜「え、っ、なっ、ちっ、違うわよ!」

リサ「ふふふっ、そうとしか思えないけど?」

紗夜「わ、私は、ただ……」

リサ「ただ?」

紗夜「……真相が知りたいというか」

リサ「アタシと友希那がしてることの?」

紗夜「……それこそ違います」

リサ「えー」

紗夜「ほんとうに、わ、私は、恋バナなんて……」

リサ「……」

紗夜「そ、そんなこと、お、思ってなっ……」

リサ「……じょーだんっ」

紗夜「……」

リサ「ごめんねー? なんか、無理に変な話題にしちゃったみたいで」

紗夜「あ……い、いえ……と、というか、私が始めた話題です、から」

リサ「あははっ、そっかっ。 じゃあこの話はもうやめとこうか」

紗夜「……」

紗夜(やっぱり……今井、さん……)

ガチャッ

あこ「漆黒の闇に導かれし堕天使あこ! ただいま参上!」

紗夜「」ビクッ
7 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 01:23:25.96 ID:2DpB/lZH0
あこ「……はー、外暑かった〜!」

燐子「うん……今日は、暑いね」

あこ「ねー!……って、あれ? 紗夜さん、顔真っ赤!」

紗夜「……え? 赤いですか?」

あこ「赤いよ! 赤いよねー? りんりん?」

燐子「えっと……」

紗夜「……白金さん、悪いけど、冷房いれてもらっていいかしら」

燐子「は、はい……」

紗夜「……ありがとう」

あこ「なんだー暑かったんですか! 早く冷房いれればよかったのに!」

リサ「さっきまで暑くなかったんだよー。 あこが来て急に暑くなった感じ?」

あこ「ええっ、なんですかそれー!」

紗夜「……」

あこ「でもでも、冷房ってなんかカッコイイですよね! 『灼熱の太陽の下、ブリザードが吹き荒れる時、雪原が……』ええっと、えっと、ドーンッ! と、まあ、そんな感じで……」

紗夜「……宇田川さん、ちょっと静かにしてくれるかしら」

あこ「あっ……は、はい……」

リサ「あ、あはは……」

紗夜「はぁっ……」

紗夜(結局何も分からないままで……)

ガチャッ

友希那「みんな、おまたせ」

紗夜「……」

リサ「あ、友希那」

友希那「ごめんなさい。 トイレがすごく混んでて……さっそく練習を始めましょう」

あこ「はーい!」

燐子「は、はい」
8 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 01:39:16.61 ID:2DpB/lZH0


紗夜「っ……」

紗夜(また失敗……)

友希那「……ストップ。 紗夜、」

紗夜「……はい。分かってます」

あこ「ねー、りんりん、今日紗夜さん調子悪いよね?」コソッ

燐子「うん……」

紗夜「……」

紗夜(こんな、私情に流されるようでは……)

友希那「紗夜、どうしたの? 体調不良か何か?」

紗夜「いえ……なんでもありません」

友希那「悪いけど、今日のあなたはテンポもおかしいし、単純なコード進行でのミスも目立ってる」

紗夜「……すいません」

友希那「調子が優れないなら、帰ってもいいわ」

紗夜「……」

リサ「……んー、ま、とりあえず、休憩挟まない?」

友希那「……」

リサ「時間的にちょうどいい感じだし。紗夜も休憩挟めばさ、調子戻るかもしれないじゃん?」

友希那「……そうね。休憩しましょう」

リサ「うんうん」

紗夜「……」

紗夜(……また今井さんに助けられてしまった)

あこ「……はー、あこもうくったくたー!」

燐子「あこちゃん、ジュース買いに行かない……?」

あこ「あ、行くー!」

燐子「じゃあ、行こうか……」

バタン

紗夜「……」

リサ「友希那ー、チョコ食べる?」

友希那「……いただくわ」

紗夜(よりによって、このメンバーで残されるだなんてね……)

9 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 01:40:18.48 ID:2DpB/lZH0
明日書くよ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/27(日) 15:24:42.81 ID:Ye0jh4nzo
まってる
11 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 23:28:50.51 ID:2DpB/lZH0
紗夜「はぁ……」

リサ「紗夜も食べるー?」

紗夜「……」

リサ「紗夜ー?」

紗夜「……」

リサ「ダメだこりゃ」

友希那「放っておいたらいいじゃない」

リサ「もー、そんな言い方……」

友希那「……紗夜にもそっとしておいてほしい時があるんじゃないかしら、と思っただけよ」

リサ「あーなるほどね。友希那なりの気遣いってことね」

友希那「……ええ」

リサ「ふふっ、やっぱそういうとこ可愛いなぁ」

友希那「人前でそういうこと言わないで」

リサ「ええ〜?」

紗夜(こんな感じだし……)

紗夜(これ以上詮索するのは無理そうね)

ガチャッ

あこ「たっだいまー!」

燐子「あ、あこちゃん、まだ口にさっき飲んだミルクがついてるよ……」

あこ「ええー!? りんりん、早く言ってよっ」

燐子「は、走って行っちゃうから……」

友希那「揃ったわね。再開するわよ」

リサ「ちょいちょい、あこの口くらい拭かせてあげてー?」

あこ「うう〜、リサ姉拭いて〜」

リサ「あー、もう、はいはい」

友希那「それで……紗夜、あなたは大丈夫そうなの?」
12 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 23:40:06.45 ID:2DpB/lZH0
紗夜「……もちろん、です」

友希那「本当なの?」

紗夜「……」

友希那「やっぱり、今日は帰った方がいいんじゃない?」

紗夜「い、いえ……練習、させてください」

友希那「……」

紗夜「……」

リサ「まあまあ! 紗夜もこう言ってることだしさ! やってみればいいじゃん?」

友希那「何を言ってるの。本調子じゃないのにやらせたって、時間の無駄よ」

リサ「うーん、だけど、練習してるうちに出てくる調子、ってものもあると思うよ?」

友希那「……あこ」

あこ「は、はい?」

友希那「今日の紗夜、おかしいわよね?」

あこ「え!? ……えぇっと」

友希那「練習にこのまま参加させるべきかしら?」

あこ「あ、あこは……え、えぇっ、と……そ、そのぉ……」

リサ「ち、ちょっとぉ、友希那。 あこまで巻き込まなくたっていいでしょ」

友希那「あなたは、優しすぎるの」

リサ「や、優しすぎるって、別に普通だけどなぁ……」

紗夜「……ごめんなさい」

リサ「え……紗夜?」

紗夜「……やっぱり今日は、帰ります」

友希那「それがいいと思うわ。 ゆっくり休んで」

紗夜「……はい」

友希那「それでは、続きから……」

リサ「紗夜……い、いいの?」

紗夜「……」スッ

バタン
13 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 23:47:14.75 ID:2DpB/lZH0
氷川家 リビング


紗夜「ただいま……」

日菜「あ、おねーちゃんだー! おかえり!」

紗夜「……」

日菜「今日早いね! バンドの練習はー?」

紗夜「……あなたこそ、早いのね」

日菜「お仕事なかったからねー」

紗夜「……」

日菜「あ、いまおかーさんお風呂だから、ご飯そこに置いてるって」

紗夜「……」

紗夜(思えば……日菜があんなこと言うから……)

紗夜(今日、あんなことに……)

紗夜「……はぁっ」

日菜「キャッチ!」

紗夜「……は」

日菜「はい、おねーちゃん、これ、返す!」

紗夜「……なによ、それは」

日菜「溜息。おねーちゃんがさっき吐き出した幸せだよ?」

紗夜「……」

日菜「受け取らないの?」

紗夜「何もないじゃない」

日菜「幸せは目に見えないもん」

紗夜「……馬鹿らしいわ」

日菜「ええーっ」

紗夜(相変わらず、訳がわからないわね、この子)
14 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/27(日) 23:56:35.72 ID:2DpB/lZH0
日菜「じゃあおねーちゃんの幸せ、もらっちゃうね」

紗夜「何言ってるのよ……」

日菜「ぱくっ。もぐもぐもぐ。あーおいしい!」

紗夜「……」

日菜「もったいないことしたねー、おねーちゃんっ」

紗夜「……」

日菜「おねーちゃんの幸せの味は、コーヒー味だった。あと、ハチミツとか、クッキーとか」

紗夜「……なんで」

日菜「ん?」

紗夜「なんで日菜は、私が苛立つようなことしかしないのかしら……?」

日菜「イラつかせるつもりじゃなかったの……ごめんね?」

紗夜「……もういいわ」スッ

日菜「あー、どこいくの!?」

紗夜「着替えに行くだけよ。いちいち騒がないで」

日菜「もー、ゴキゲン斜めなんだから……」

紗夜「……」

紗夜(日菜がそうさせているんでしょ……?)

紗夜(まったく……)

日菜「あ、そーだ!」

紗夜「……」

日菜「……おねーちゃんっ、まって!」ギュッ

紗夜「っ!」ビクッ

紗夜(い、いきなり、手を掴まっ、)

日菜「こっち向いて?」グイッ

紗夜「っ、なにを……んんっ!?」

日菜「ちゅっ……」

紗夜「……!?」

紗夜「…………!?!?!?」

紗夜(こ、この子、い、いったい、な、なに……!?)

日菜「ふふ、おねーちゃんっ……」

紗夜「っ、」

日菜「幸せの、おすそ分けだよ?」
15 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/28(月) 00:04:21.06 ID:TriXR+st0
紗夜「やっ……!」ドンッ

日菜「いたっ!」

紗夜「はっ……っ……!」ゴシゴシ

日菜「あー! せっかく幸せ分けてあげたのに口拭いてるー!」

紗夜「あ、あなた、ね……、っ」

日菜「うんー?」

紗夜「じ、自分が何をしたか……!」

日菜「ええっと……チュウ?」

紗夜「……な、なんで、?」

日菜「なんで、って?」

紗夜「なぜ、キス、したの……!?」

日菜「それは行動的な意味で? 感情的な意味で?」

紗夜「意味ではなくて、理由を聞いているのよ!」

日菜「幸せを分けてあげたかったから?」

紗夜「……ありえないわ」

日菜「え?」

紗夜「姉妹で……キスだなんて……」

日菜「……そんなにありえない事かなぁ?」

紗夜「あ、ありえない、わよ……」

日菜「……ふぅん」

紗夜「ふぅん、って……」

日菜「それはそうと、おねーちゃん」

紗夜「な、なに、よ」

日菜「おねーちゃん、リサちーのこと好きでしょ?」

紗夜「……っ、え?」
16 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/28(月) 00:13:44.25 ID:TriXR+st0
日菜「えへー、あたり?」

紗夜「す、好きなわけが、ないでしょう? あなた、何言って……!」

日菜「最近おねーちゃんのこと、分かるようになってきたんだよねー」

紗夜「な……」

日菜「ほら、あたしさ、人の気持ちとか考えるの苦手じゃん? でね、どうしたら人の気持ちが分かるんだろ? ってちょっとずーつ考えてて……」

紗夜「……」

日菜「その結果、おねーちゃんのことは何となぁく把握できるようになったんだ。 今日はギターの音がノッてるから気分良さげだなぁーとか、夕飯にニンジンがあったから萎えてるなぁーとか」

紗夜「……」

日菜「まー、でも、観察して真似するのは得意なんだけど、観察して考えるのはやっぱり難しいね」

紗夜「……」

日菜「リサちー、好きなんでしょ?」

紗夜「……好きじゃ、ないわよ。そもそも、どういう意味で、その、好きって……」

日菜「ん? 友達じゃなくて恋人とかの意味で言ってるよ? おねーちゃんは、リサちーのことが……」

紗夜「……」

日菜「……あれだね、せーてきに好きなんだ」

紗夜「……ち、がう、わよ」

日菜「……」ジッ

紗夜「……今、も、観察しているの? 本当に、やめてほしいのだけれど」

日菜「えへへっ、それなら、やめるね」

紗夜「……」

日菜「おねーちゃん」

紗夜「……なによ」

日菜「だからあたしは奪ったの。 友希那ちゃんのこと」

紗夜「……え?」
17 : ◆6mS1tNLZDH.U [saga]:2018/05/28(月) 00:15:04.41 ID:TriXR+st0
また明日
17.33 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)