【コンマ】崩壊する世界を旅する22【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/06(水) 22:46:17.78 ID:2R+XE2UVO
コンマによる判定と安価による選択で、崩壊する世界を旅するSSです。
結末はあなたの選択、そしてコンマによる運で決められます。

最終目標はストーリーの展開で変わります。デッドエンドも当然あり得ます。
前作「崩壊する世界を旅する」に準拠した世界観になりますが、初めての方でも入れるようなストーリーにします。

なお、スレ主はスマホから打つため、進行が遅くなりがち&まとまった投下がしにくい点ご容赦ください。

今作wikiと前作wikiは下になります。
ルールや人物説明はこちらを参考にしてください。

今作wiki
http://ss.vip2ch.com/ss/%E3%80%90%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%80%91%E5%B4%A9%E5%A3%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E6%97%85%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%90%E5%AE%89%E4%BE%A1%E3%80%91

前作wiki
http://ss.vip2ch.com/jmp/1485168424

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528292777
2 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/06(水) 22:50:50.27 ID:2R+XE2UVO
こちらを本スレとして使います。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/06(水) 22:52:33.73 ID:fj12/UN30
55はこっちのクリティカルじゃ無いのか……
4 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/06(水) 22:58:17.46 ID:2R+XE2UVO
>>3
ダメージ判定のゾロ目はどちらにも平等にクリティカルとして扱っています。(11や22が出てもダメージ判定ならクリティカルです。00のみ扱い別)
ただ、サイファーの盾のように特殊効果があるものもありますが。
5 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/06(水) 22:59:14.36 ID:2R+XE2UVO
※ギッグス行動
※再判定権取得

続きは少々お待ちください。
6 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 00:38:38.56 ID:d8fge70ZO
少しだけ先に進めます。
7 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 00:46:32.83 ID:d8fge70ZO
ナージャさんが震える手で銃を構えようとしたその時。あたしは緑色の人影が、向こうに駆けていくのを見た。

「ギッグスさん!??」

彼は銃弾の中を、敢えて避けずに向かって行った。そして、ナイフを鞘から抜き、バーネットに飛び掛かった!

※15以上で命中
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 00:47:37.47 ID:0TXRHWyDO
9 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 00:53:05.52 ID:d8fge70ZO
※命中

※効果は……

01〜25 身を捻られ掠り傷(ダメージ250)
26〜50 手の腱を斬る(ダメージ500+命中率低下、銃の溜めターン+1)
51〜75 太股を刺す(ダメージ1000、スリップダメージ(再判定)、銃の溜めターン+1)
76〜90 急所(肝臓)斬り(ダメージ5000、スタン確定、再判定)
91〜99 急所(頸動脈)斬り(再判定)
10 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 01:11:42.22 ID:d8fge70ZO
とりあえずここで切ります。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 01:18:49.72 ID:lBWpPupGO
12 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 08:57:37.50 ID:1WwvCDojO
少し進めます。
13 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 09:04:11.84 ID:1WwvCDojO
バーネット残りHP 11500

「シュッ」

バーネットがよろける身体で避けようとすると、ギッグスさんはすかさず狙いを切り替えたようだった。
首筋に向かうかと思われたナイフは太股に深く突き刺さる。

「うおおおおおおお!!!」

野太い咆哮が坑道に響き渡る。ギッグスさんはすかさず飛び退き、狙いを部下に切り替えた。

※スリップダメージ(コンマ下)
01〜30 行動ごとに1000
31〜65 行動ごとに3000
66〜99 行動ごとに5000
(太股大動脈の破損は一般的に致命傷です)

※ギッグスの雑魚減らし(コンマ下2)
01〜20 倒せず
21〜40 一人撃破
41〜80 二人撃破
81〜99 三人撃破
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 09:07:12.50 ID:DBk/BGZVO
そい
15 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 09:10:55.90 ID:1WwvCDojO
誤字失礼しました。太股→太腿です。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 09:18:22.18 ID:5h/MUMy90
えい
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 09:18:59.58 ID:0TXRHWyDO
18 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 09:24:43.70 ID:1WwvCDojO
ギッグスさんは部下に飛び掛かろうとしたが、途中で止まった。

「よく訓練されてるな……甘くはないか」

既に反撃態勢は整っていたようだった。そして彼は一歩後方に退く。

「……老人が……!!」

距離を詰めようとしたあたしたちに、バーネットの呻きが聞こえた。バーネットは……

01〜05 ????????
06〜70 銃口をこちらに向けたままなにか操作している(溜めカウンタ+1)
71〜99 懐から小型銃を取り出した

※溜めカウンタが+3になると全滅必至の攻撃が来ます
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 09:28:15.67 ID:0TXRHWyDO
20 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 09:31:33.44 ID:1WwvCDojO
バーネット残りHP 8500

昼まで中断。
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 10:16:28.24 ID:4ZBXEcf6O
溜めカウンターは現在+1?
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 10:22:48.13 ID:4ZBXEcf6O
それと、加賀の行動は?
23 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 11:15:08.95 ID:1WwvCDojO
>>21
現在+1、次が加賀の行動です。
24 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 12:51:00.32 ID:1WwvCDojO
少し進めます。
25 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 12:54:42.95 ID:1WwvCDojO
バーネットは苦悶の表情で何か銃を操作している。

キュィィィィィィ……

甲高い音が、さらに大きくなった。

「……任務は遂行する、刺し違えても……」

あたしの横で、カガさんが構えるのが見えた。無言で中型の銃の引き金を引く。

「……!」

※05以上で命中(太腿負傷のため)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 12:57:04.67 ID:4ZBXEcf6O
改めて、新スレ乙
27 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 13:01:09.13 ID:1WwvCDojO
※命中

※ダメージ
01〜25 通常弾(ダメージ500)
26〜65 ホローポイント弾(ダメージ1500)
66〜95 麻酔弾(ダメージ500、スタン)
96〜99 ヘッドショット(再判定)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 13:02:50.76 ID:+xugBW/p0
はい
29 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 13:09:12.84 ID:1WwvCDojO
※麻酔弾
※バーネット残りHP 8000

バスッ

バーネットの腹部の辺りに、赤い染みができた。

「『適合者』は頑強だ。力押しよりは、こっちの方がいい」

カガさんが落ち着いた様子で言う。

「……きさ、ま……」

バーネットは銃を支えに辛うじて立っているが、身動きは取れない様子だ。問題は、さっき負傷したナージャさんだけど……

※40以上でナージャ攻撃、未満でバーネット部下の一斉攻撃
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 13:19:34.28 ID:FFXAuWov0
31 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 20:34:53.68 ID:5sOxMwe2O
再開します。
32 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 20:36:26.00 ID:5sOxMwe2O
ナージャさんの手は痛みからか震えている。ダメだ、攻撃が間に合わないっ!

3人の兵士は……

奇数 あたしたちに銃口を向けた
偶数 ギッグスさんに銃口を向けた
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 20:39:00.50 ID:HThgUB6A0
34 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 20:48:24.94 ID:5sOxMwe2O
3人の兵士は……ギッグスさんに銃口を向けた!

「……そう来るか……!!」

そして、銃声が3つ響いた。

※25以上で回避(コンマ下1〜3)
(近距離なのでやや修正にマイナス)
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 20:50:29.65 ID:0TXRHWyDO
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 20:51:59.70 ID:wncVPh2MO
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 20:53:13.56 ID:OosZnpjrO
はい
38 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 21:02:45.94 ID:5sOxMwe2O
※全弾回避

ギッグスさんは一回後ろに跳ぶと見せ掛け、体勢を低くしながら右に跳んだ。最初の動きに惑わされたか、二人はそのまま銃を撃つ。
もう一人は辛うじてついていったが、手元が狂ったか当たらなかった。……ギッグスさんがバーネットの背後に来るように動いたからだ。

「凄い……!!」

あたしは思わず声を漏らした。こんな芸当、サイファーやヘカテルでもできるだろうか?

「黙ってないでとっとと撃て!!」

ギッグスさんの怒号が響く。ナージャさんが銃をバーネットに向け、そして撃った。

※麻痺中のため不意討ち扱い
※65-知力(29)=36以上でクリティカル倍率+2倍(コンマ下)
※ダメージ
(コンマ下2、3×7+知力(29)×7-20)×2
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 21:03:16.39 ID:NgXuvYET0
はい
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 21:05:48.12 ID:DBk/BGZVO
そい
41 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 21:16:12.94 ID:5sOxMwe2O
上げます。
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 21:17:59.10 ID:OosZnpjrO
43 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 22:29:03.21 ID:5sOxMwe2O
ダメージ 900
バーネット残りHP 7100

ナージャさんの弾丸は、バーネットに当たった。……が、狙いがちゃんとついていないのか、浅い。

「痛っ……ユリリエ、やっぱあんたしかいないわ。ケリを付けて」

※50以上で麻痺継続
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 22:30:02.66 ID:NgXuvYET0
はい
45 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 22:40:15.15 ID:5sOxMwe2O
※クリティカル、麻痺継続2回確定

あたしは頷いた。まだバーネットの体勢は整ってない。ここが勝負どころだ!

あたしは魔弾銃に魔力を込める。魔法は使えないけど、魔力自体はあたしにはあった。その一番の使い道で、切り札が……これだ!!

「ギッグスさん、避けて!!」

あたしは叫ぶと、魔力の塊を銃口から撃ち放った!!


ドゥゥゥゥゥンン!!!


ダメージ
(コンマ下一桁×7+知力(23)×7+賢さ(28)×7+85)×10(不意討ち込み、貫通)
46 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 22:40:52.54 ID:5sOxMwe2O
※なお、11、22、33、44でギッグスが巻き込まれます
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 22:42:10.81 ID:Pzfii8PGO
ほい
48 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 22:47:45.70 ID:5sOxMwe2O
ダメージ 4490
バーネット残りHP 2610

(次回行動でスリップダメージにより死亡が確定します)

「……あ……あぁ……」

バーネットの右半身が抉れたのが分かった。……これは、さすがに終わったか?

「油断するな小娘、まだ殲滅は終わってない!」

ギッグスさんが構える。そうだ、まだ雑兵が……

01〜05 ????????
06〜30 雑兵が攻撃
31〜50 雑兵が逃げる
51〜99 ギッグスのターン

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 22:50:05.13 ID:J5IuHKSx0
50 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 22:53:05.01 ID:5sOxMwe2O
「バーネット中尉!!」

兵士の一人が叫ぶ。まだ戦意が残ってるの?

そして……

01〜05 ナージャに集中攻撃
06〜25 ユリリエに集中攻撃
26〜60 ギッグスに集中攻撃
61〜99 ユリリエたちに分散攻撃
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 22:54:11.44 ID:+xugBW/p0
はい
52 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 22:55:45.67 ID:5sOxMwe2O
偶奇判定です。

奇数 降格、回避にややペナルティ
偶数 そのまま
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 22:56:09.47 ID:Pzfii8PGO
はい
54 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 22:58:34.66 ID:5sOxMwe2O
兵士は一斉にこっちに銃口を向けた!……魔力を使いすぎて、力が出ない……それでも避けなきゃ!

75-器用さ(29)×1.5=32以上で回避(コンマ下1〜3)
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 22:59:02.62 ID:vQnA+Gw00
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 23:00:36.87 ID:OosZnpjrO
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 23:01:33.63 ID:JKsKC3xBO
58 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 23:06:06.56 ID:5sOxMwe2O
※全弾回避

素早く跳んだり走ったりはできない。なら……あたしにできる最速の行動は、これだ。

あたしは銃声と共に後ろに倒れ込んだ。頭上を何かが通り過ぎる感じがする。そしてドスンという衝撃を背中に感じた。

痛みは、それだけだった。

「やるな小娘、いい反応だ」

ギッグスさんが言う。そして……

01〜20 1人撃破
21〜40 2人撃破
41〜99 3人撃破
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 23:06:23.08 ID:DBk/BGZVO
そおい
60 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 23:09:57.35 ID:5sOxMwe2O
ザシュッ……

ギッグスさんの刃が、兵士の腹を切り裂いた。そしてその場に男は倒れる。

残り二人は、それを見て一歩引いた。

※20以下でバーネットが意識を取り戻す(最終攻撃の可能性あり)
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 23:10:25.88 ID:0TXRHWyDO
62 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 23:21:08.69 ID:5sOxMwe2O
※クリティカル、バーネット死亡
※二人は恐慌状態に、捕縛可能

その時、どさっと何かが倒れる音がした。……放心状態で立っていたバーネットが、遂に倒れたのだ。

「中尉ぃぃぃ!!」

兵士が叫ぶ。……気にしてなかったけど、二人は……女??
帽子を目深に被って胸もないように見えたけど、声の高さは間違いなく女性のそれだ。

ギッグスさんの目が「殺すなら今だ」と言っている。あたしは……

1 殺す(クイックリロードで両方殺せます)
2 1人だけ生かす
3 2人とも生かす(魅了弾を使います)

※安価下3多数決、考察不要
※情報の取りやすさは3>2、リスクの小ささは1>2>3です。2では魅了は多分成功しません(恐怖が勝る)
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 23:22:13.19 ID:soPQGFTtO
1
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/07(木) 23:24:37.95 ID:xeWItdCZo
1
65 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/07(木) 23:26:13.61 ID:5sOxMwe2O
今日はここまで。

なお、二人が女性?であったのには理由があります。覚えておくといいかもしれません。
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 06:33:23.40 ID:BdAwLiQD0
バーネットがスケべなのか
67 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 12:24:10.62 ID:iwK2+/gZO
再開します。

>>66
それもなくはないですが……
68 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 12:28:28.00 ID:iwK2+/gZO
あたしは頷き、二人の胸の辺りを狙って2発、銃弾を放った。

……悪いけど、戦場では敵に情けはかけられない。あたしは昔の教えを思い出していた。

※自動命中
※05以下か95以上以外で死亡(コンマ下1、2)
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 12:35:55.22 ID:OUFFsTnjo
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 12:44:02.76 ID:9sJ1zNMBO
71 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 12:46:09.91 ID:iwK2+/gZO
※ファンブルのため再判定

3の倍数 ????????
3の倍数+1 カウンター(生存、ユリリエにダメージ)
3の倍数+2 そのまま

9の倍数だと??????
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 12:47:49.25 ID:GnbpWHs00
a
73 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 12:48:23.02 ID:iwK2+/gZO
なお、?????は影響が大きいため振り直し対象です。
74 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 12:52:50.63 ID:iwK2+/gZO
※ユリリエにカウンターダメージ

銃弾のうち一発は左にいた女の頭に当たった。……がもう一人は肩かっ、浅い!

「このぉぉぉ!」

苦しい体勢から女が銃を引き抜き、撃った。

ダメージ
(コンマ下一桁×10-耐久力(13)×3+20)×2

※カウンターダメージで2倍
※25以下なら麻痺
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 12:53:56.99 ID:GnbpWHs00
a
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 12:54:37.01 ID:GnbpWHs00
こんなタイミングで99出してすまん…
77 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 12:57:39.65 ID:iwK2+/gZO
ダメージ 232
ユリリエ残りHP 223

※気絶判定 50以下で気絶
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 12:57:59.74 ID:osXEi0TDO
てーい
79 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 13:02:29.48 ID:iwK2+/gZO
※気絶せず

ドクン……

お腹の辺りに、酷く熱いものを感じた。そしてそれは一気に広がっていく。

……これはっ……!?

「か……はっ…………」

倒れそうになるのを必死でこらえる。目もかすむ。けど、まだ何とか……立っていられるはずだ。

「ユリリエ!?」

ギッグスさんが叫ぶ。女兵士は……

01〜30 肩を押さえながら逃げ出した
31〜60 止めを刺そうとあたしに銃を向ける
61〜80 ギッグスさんに銃を向ける
81〜99 その場に崩れ落ちた
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 13:12:47.61 ID:OUFFsTnjo
81 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 13:15:26.03 ID:iwK2+/gZO
女兵士はギッグスさんに銃を向けた。

「次はあんただ、老いぼれ!!」

※20以上で回避、再判定
82 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 13:30:02.68 ID:iwK2+/gZO
上げます。
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 13:30:20.05 ID:8pBOlyqDO
84 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 13:36:03.73 ID:iwK2+/gZO
ダメージ

01〜20 重傷(逃走確定)
21〜70 軽傷(ギッグスが女殺害確定)
71〜99 かすり傷

※低コンマが続いているため、20以下で振り直し権を発動します
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 13:41:08.36 ID:OUFFsTnjo
86 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 13:42:08.52 ID:iwK2+/gZO
ここで切ります。再開は夜です。
87 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 18:46:58.39 ID:8YAOYnl1O
再開します。
88 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 18:53:12.74 ID:8YAOYnl1O
「ぐっ……」

銃弾がギッグスさんの肩を貫いた。苦痛に満ちた表情で耐えたと思った次の瞬間、彼は撃たれた右手から左手へとナイフを持ち替えた。

「大人しく死んでおけ!」

一閃。そして数秒後に、噴水のような鮮血が、女の首から噴き出した。

ギッグスさんは肩を押さえながら、こちらに来た。

「……傷の具合は……重そうだな」

ギッグスさんは、女性の衛生兵の方を見る。この班の兵士は、バーネットの一撃でほぼ消えてしまった。その数少ない生き残りが、箱を持ってくる。

※80以上で回復にボーナス、05以下だと……
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 18:57:44.15 ID:hQbAi0HK0
90 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 19:08:33.96 ID:8YAOYnl1O
※特になし

「応急処置ですが、我慢してください」

消毒薬を吹き付けられた瞬間、あたしは「あ"あ"あ"ぁぁぁ!!!」と絶叫した。
気を失いそうになるほどの痛みの後、包帯をかなりキツく巻かれた。

「止血がまず先です、見たところ貫通はしてますが……すぐに戻られて治療を受けられるべきかと」

ミョウコウと名乗ったその女性衛生兵は、極力落ち着いた様子で言った。

「……俺も、ナージャも負傷している。進軍どころじゃないな。それに……」

辛そうな目で、ガラスが割れ血で染まった、機械兵の操縦席をギッグスさんは見た。

「……ペール、ここで逝く奴がいるか。……馬鹿野郎」

目を閉じ、僅かに泣きながら十字を切る。カガさん含め、生き残った皆が機械兵――ペールさんに向けて黙祷した。

――失ったものは、あまりに大きい。

############

※05以下で増援、75以上でギッグスが何かに気付く(コンマ下)
※50以上で自己治療ができる状況(コンマ下2)
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 19:13:28.84 ID:tfSY+13vO
うぇい
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 19:16:01.55 ID:5kWGyCAe0
はい
93 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 19:37:09.28 ID:8YAOYnl1O
※ギッグス何かに気付く(再判定)
※クリティカル、ユリリエ、自己治癒でHP全快、コンマペナルティ-5まで回復(ギッグス、ナージャの傷も回復)

「少し、落ち着いたか」

しばらく休んでいると、ギッグスさんがあたしに訊いた。

「……大丈夫そうです。これなら、何とか動けます」

ミョウコウが「嘘でしょ?」と驚いた。でも、これは強がりじゃない。

あたしは、体内の気をゆっくりと巡らせていた。スナイダ家に伝わる技術で、自己治癒を進める方法だ。
昔はさっぱりできなかったし、これでアミールには随分と貶された。だけど、今は随分と上達した。傷が塞がっているのも自覚できた。
これなら、完調ではないけどナージャさんやギッグスさんの治療にも回れるかもしれない。


立ち上がると、ナージャさんの右肩に触れた。時間遡行……は使わなくても大丈夫そうだった。傷が目立たなくなっていく。

そうやってギッグスさんの傷も癒すと、彼は大きな溜め息をついた。

「進軍は、諦めるべきだろうな。生き残った面子で、後方の二次突入班と合流する。バーネットを倒したのは、不幸中の幸いだ。向こうの手口も見えた」

「というと?」

「4〜5人のユニットを組んでの、要所要所からの狙撃だ。狭い場所に誘き寄せ、それで一網打尽、だ。ペールは、避けようがない場所だったのが……。
とにかく、しばらくはこんな攻撃が続くだろう。ああ、バーネットの銃には触るな。汚染されるぞ」

適合者は、あとアルバレスという男だけだ。ドワーキンやイシガミが、自分から来なければ、だけど。そうなら、バーネットの銃のようなものは、多分ない。
ただ、そうだとしてもペールさんの二の舞だけは、起こしちゃいけない。それは伝えなきゃいけない。

「……ん?」

ギッグスさんが何かに気付いた。

01〜60 ????????か
61〜75 上+電話が落ちてるな
81〜90 上+アイテムがあるな
91〜99 こいつは……
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 19:40:23.63 ID:Pq7pJrZHO
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 19:40:30.31 ID:JH9b5IVKo
はい
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 19:55:21.75 ID:lC8MP8LS0
敵の一般兵の人数ってどのくらいだっけ?
97 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 20:02:32.63 ID:8YAOYnl1O
>>96
総勢40〜50人、ただ衛生兵など非戦闘員もいますので実質25人ぐらいです。
しばらくは敵発見→やられる前に殺害が続きます(ただ、アルバレスはε以上に乗っている可能性高めです)。
98 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 20:34:31.92 ID:8YAOYnl1O
「こいつ……『デザインドヒューマン』か。道理で反射が速いはずだ」

ギッグスさんはしゃがみこみ、兵士の死骸を見て言った。

「何ですか、それ」

「平たく言えば、人間の元を弄くって普通の人間より腕力などを強化した連中だ。この二人、顔がよく似てるだろう。多分、クローンだ。多分、あそこに転がってる奴も」

確かに、細かい特徴は違うけどとてもよく似ている。

「よく気付きましたね」

「恐らくは失敗作だな。そもそも、人工的に『適合者』を作ろうとする取り組みは一切上手く行ってない。
ベロンは、失敗作を雑兵に回してるわけだ。……モハーベで、こいつらの顔は嫌というほど見たよ」

ギッグスさんは何かを拾い上げた。

「スマホか。……緊急連絡はこいつで、というつもりか。だが、位置情報が分かる以上は使いにくいな。誰かを呼び出すために使えるか……?」

偶数 アルバレスの番号がある
8の倍数 石上の番号がある
88、99、00 ベロンの番号がある
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 20:35:43.35 ID:lC8MP8LS0
TESTです
100 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 20:42:31.99 ID:8YAOYnl1O
※特になし

「……ダメだな、バーネットとその部隊用でしかないようだ」

そう舌打ちすると、ギッグスさんはそれを足で踏み潰した。

「……ペールの亡骸は、坑道入口まで運んでくれ。ナージャ、確かお前ならできたはずだ。
その他の人員はここで待機。ナージャが戻り次第、第二班と合流する」

ナージャさんは頷くと、ゲートを作り始めた。カガさんたちは、ペールさんの亡骸を下ろしている。

※80以上でユリリエが何かに気付く(コンマ下)
※80以上でε改から装備流用可能(恐らくはナージャ用)(コンマ下2)
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 20:44:10.94 ID:hQbAi0HK0
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 20:44:30.24 ID:8pBOlyqDO
103 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 21:59:07.74 ID:1c5EeZ/IO
※ユリリエ、何かに気付く
※ナージャ武器アップグレードはなし

あたしは好奇心から兵士の死骸の方に向かった。……女性かと思ったが、近寄るとよくわからない。中性的、という方がしっくりくる。
髪が伸びてなかったら、声を聞いても判断がつかなかったかもしれない。

「ギッグスさん、こいつらって、女なんですよね」

ギッグスさんは訝しげにあたしを見た。

「何故そんなことを?……確かに、モハーベにいた個体はここまで髪は伸びてなかったな。バーネットの趣味じゃないのか」

何か気になる。あたしは……

1 そのまま考えた
2 死骸のシャツを破った
3 死骸のズボンを下ろした

※安価下、多数決ではありません。考察不要
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 22:01:41.94 ID:nPZl4uOZO
3
105 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 22:06:10.31 ID:1c5EeZ/IO
性別を確認する確実な手段は、これしかない。……凄く、嫌な予感がする。

あたしは死体のズボンに手をかけ、引き下ろした。ギッグスさんが呆れたように叫ぶ。

「おい小娘!!お前何をっ?ネクロフィリアの気でもあるのか??」

ネクロフィリアが何かはよく分からない。とにかく調べる必要があった。

ショーツはやはり女物だ。……これだけじゃ分からない。思いきってそれも剥ぎ取ると……

20以上で重要情報
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 22:08:39.98 ID:l8PmkRiL0
はい
107 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 22:31:55.75 ID:1c5EeZ/IO
※重要情報あり

そこには……女性にはないものがあった。小指の先ほどの、男性器だ。
その下には、やはり小さいけど、あたしと同じものがある。……あたしが予想した通りだった。


こいつらは、皆両性具有者だ。


「何をやっとる!!非常時に愚かなことを!!!」

ギッグスさんが拳骨であたしの頭を殴った。皆も白い目で見ている。

「っ……!!違うんです、これを……」

あたしは死体を指差した。ギッグスさんが、一瞬固まる。

「……何だこいつ。男か?……いや女??」

「ええ、両性具有者です。カミュと同じ。何でこいつらがここにいるか、おかしいとは思いません?」

少しの間の後でナージャさんも気付いた。

「……ちょっと待ってよ。確か、AB型のオルディニウムウィルスとやらが活動する因子って……」

「そういうこと。普通にやったんじゃ、AB型因子は働かない。ドワーキンが神になろうとしても、男の『器』じゃ多分無理なんだと思う。
あのサイカワって女の人が、AB型を持っていても普通にしてたように。両方の性であることが、AB型が動く条件なんじゃないかって、マエザキさんは言ってましたよね?
とすれば、ドワーキンは強い兵士を作るためにこいつらを作ったんじゃない。神の『器』となるような存在を、ドワーキンは作ろうとしてたんじゃないでしょうか」

ギッグスさんの表情が変わった。

「……ということは」

「もうできてるのかもしれないです。可能性は否定できない。
ドワーキンは、あたしたちが来るのを知ってます。あんまり、楽観できる状況じゃないかもしれないです」

#############

※2300まで自由行動を指定できます。あえての進軍、ギッグスとの会話、死体漁り(低確率)などできることはあります。
酷く不適切なもの以外は採用できます。なお、特に指定がない場合はそのまま合流です。
108 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 22:33:16.65 ID:1c5EeZ/IO
なお、タキやサイファーへの連絡はデフォルトでついているためそれ以外です。
109 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 22:44:16.71 ID:1c5EeZ/IO
上げます。
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 22:44:22.12 ID:M6p342JSO
ナージャのプレーンウォークで敵兵の死体をマエザキの研究所に運んで分析にかけたい、AB型因子の研究サンプルに使えそうだし
111 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/08(金) 23:23:30.28 ID:V+3n0U6MO
>>110を採用します。

これから先は二次突入班の視点です。誰を主体にするか決めてください。
滝、マルコ、火蓮から選べます。

なお、特徴は以下の通りです。

・滝
パラメーターは最も高い。選択が確実に実行される。絆効果は火蓮のみ(200相当)

・マルコ
最重要攻撃手段の浄化弾を撃つ判断が自分でできる。魅力技能で足止めが可能。絆効果は火蓮のみ(300相当)

・火蓮
火力は一番高い。絆効果は滝とマルコ

※安価下5多数決、考察不要です
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:32:37.40 ID:5kWGyCAe0
火蓮
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/08(金) 23:40:36.29 ID:Xsfeh3+I0
火蓮
114 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 00:06:51.36 ID:O6+Ba9nFO
日付が変わりましたが、翌朝まで異論がなければ火蓮とします。
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/09(土) 05:00:44.78 ID:wyU+X6tx0
かれんでいいかとー
116 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 09:50:29.18 ID:koLec+mQO
少し進めます。
117 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 10:17:10.23 ID:koLec+mQO
###########

ギッグスさんからの一報を聞いた兄さんは、凍り付いた。

「……ペールが?……班員も半減、ですか……ええ、合流を。可及的速やかに」

そして、私たちの方を向いた。

「一次突入班は、奇襲で半壊した。ペール隊員は、殉職したそうだ。単独での作戦継続は困難と判断、これより合流する」

兵士たちがざわつく。マルコも「えっ……」と絶句している。
一番ショックを受けていたのは、ジョウという黒人男性だった。確か、同僚だったはずだ。「嘘だろ……」とつぶやいたまま、動こうとしない。

「……他の皆は」

「ユリリエとナージャ、ギッグス自身も重傷を負ったそうだ。ユリリエがある程度治療したそうで、まだ動けるみたいだが」

「そんな……」

兄さんは首を振った。

「覚悟はしていたが、厳しいな。合流してから、善後策は考えよう」

##########

しばらくすると、座り込んでいるギッグスさんたちを見た。彼は軽く手をあげる。

「バーネットは撃破した。ただ……」

一歩前に出たユリリエから一通りの説明を受ける。空気がさらに重くなった。

70以上でナージャに収穫あり
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 10:37:14.36 ID:QUWLCQjk0
えい
119 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 10:53:21.64 ID:koLec+mQO
※ナージャにまだ収穫なし

「一応、兵士の死体はマエザキさんのとこで調べてもらってる。でも、少しかかるみたい」

ナージャさんが溜め息をついた。

「とにかく、向こうにはまだ奥の手があるかもしれない、ということだな」

「あるいは。思っていたより、困難な任務かもね。しばらく、ジュリアンさんも出てこれないみたいだし」

ナージャさんが宝石を見た。ジュリアンさんが出てこなければ、多分全滅していたらしいとのことだ。本当に、危ないところだったみたいだ。

※80以上で?
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 10:54:58.49 ID:pdfaRhTQO
はい
121 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 11:24:21.06 ID:koLec+mQO
※特になし

「……で、どうします?まとまって行くか、部隊を再編するか」

兄さんの問いに、ギッグスさんは向こうに放置されている銃を見た。

「クローン兵は、基本的に『適合者』じゃない。だから、あれとおなじのがあっても撃てないはずだ。
ただ、あくまで『はず』。可能性がゼロじゃない。まとまって行動した場合、一網打尽にされる恐れはある。
俺としては、二次突入班を先行させたい。手負いの俺たちが、後方支援する」

兄さんは少し考えた。

「火蓮、お前はどうみる」

1 まとまって行動
2 二次突入班が先行して行動

※安価下3多数決、考察不要
※2だと滝たちが可能なら囮役になります
122 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 12:44:47.29 ID:2oyWFa+ZO
上げます。1500ごろから再開。
123 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 14:22:11.02 ID:2oyWFa+ZO
もう一度上げます。
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 14:49:26.29 ID:acsq7kWNO
2かな
125 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 15:16:27.52 ID:KmkXgcWPO
1530まで異論なければ2とします。
126 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 15:41:04.07 ID:KmkXgcWPO
少し進めます。
127 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 15:48:16.22 ID:KmkXgcWPO
「あたしもギッグスさんに同感です。相手は少数の分隊によるゲリラ戦術を取ってると思います。なら、多数での進軍は下策かと」

兄さんは満足そうに頷いた。

「分かってるならいい。とりあえず、分岐点までは速度優先で行く。深部は深追いはしないが、討てるチャンスがあれば討つ。
ドワーキン、あるいはベロン発見時は即時撤退、遊軍との合流を目指す。それでいいな」

マルコをはじめとした皆が頷いた。

##########

※10以下、あるいは75以上で敵兵と遭遇
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 16:06:05.24 ID:FHo8+a1Q0
129 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 16:15:58.88 ID:p9/iV7FsO
※敵兵遭遇せず
※次の判定突破で分岐点へ

「どうにも薄気味が悪いね……このさらに奥って、どんな感じだろう?」

マルコが小声でいった。確かに暗く、足元も悪いのだけど……それだけじゃない気がする。

「オルディニウムの鉱石が、微量に含まれているからだろうな。深部はもう少し純度が上がるはずだ。防護服を着ていないと、体調が悪くなるかもな」

そう言うと、兄さんは私とマルコにリストバンドを手渡した。

「簡易版の、防護器具だ。ただ、あまり当てにならないと思ってくれ。深入り不要というのは、それも込みだ」


私たちはさらに進む。まだかなり敵兵はいるはずだけど……

※25以下か60以上で敵兵遭遇
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 16:17:32.31 ID:N4ylRVICO
そら
131 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 16:20:53.89 ID:p9/iV7FsO
※敵兵遭遇せず(分岐点以降総力戦の可能性が高まりました)
※分岐点到着

夜に再開します。
132 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 21:13:06.63 ID:8NP6A9MQO
再開します。
133 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 21:30:33.11 ID:8NP6A9MQO
しばらく行くと、少し明るい場所が見えてきた。ここが、本来ギッグスさんたちが待機するはずだった分岐点だ。

奥の方に3本の道がある。このどこかの奥に、ドワーキンが潜んでいる、はずだ。

兄さんが周りを見渡した。

01〜25 ?????????
26〜60 いるんだろう、出てきたらどうだ
60〜80 いると思ったんだがな
81〜99 頭隠して尻隠さず、か……
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/09(土) 21:31:08.87 ID:9FeCgrrR0
135 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 21:45:01.09 ID:8NP6A9MQO
兄さんが苦笑した。

「頭隠して尻隠さず、か……。一回引くぞ」

「ちょっと待った、何でここで引くんだ大将?」

ジェイさんが兄さんに詰め寄る。兄さんは分岐点のある一角に目をやり、小声で言った。

「この分岐点は、少し大きめの空間になっているはずだ。だが、それにしては小さい。
既にこちらにはアルバレスの能力についての情報が入っている。こちらの視覚認識をずらすというものだ。
見た目では分からんが、あの辺りには既にアルバレスらの一隊がいるはずだ。気配で分かる。
能力で隠れているが、多分、10〜15人はいるな。もう少しいるかもしれん。
まだ30〜40メートルと距離がある状況だからこっちに来ないが、後少し歩いたら一気に襲ってくるだろう。そうなったら、よくて乱戦、悪くて蜂の巣だ」

マルコが「確かに……!」と頷いた。鉢金の力で察知したらしい。

「じゃあ、どうすれば?」

「一回引いて様子を見る。俺の読みが正しければ、奴らはこちらには気付いているはずだ。
引いてじっくりと待つようなら、火蓮、マルコ。あと、ジェイ。お前らの出番だ。遠距離から滅多撃ちにしてやれ。
焦って出てきたら、振り向いて迎撃だ。どちらにせよ、相当の確率でこちらが先手を取れる」

兄さんは踵を返した。

「ここから100メートルほど後退。反応なければ、長距離狙撃を開始する」

3の倍数 何人かが気配を殺しつつやってくる
3の倍数+1 追ってこない
3の倍数+2 ウィィィンという音が聞こえた

11の倍数 向こうから狙撃
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 21:47:10.99 ID:eoK09gsF0
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 21:49:17.12 ID:m7DWVEWco
これは…?
138 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 21:59:34.46 ID:8NP6A9MQO
※クリティカル、向こうから狙撃の気配があるが……

何歩か下がった時、かすかに「ウィィィ……カチリ」という音が聞こえた。向こうから狙撃??

その時、兄さんがニヤリと笑った。

「……そう来ると思っていた。火蓮、マルコ、ジェイ。やってくれ」

あたしはすかさず振り向いた。さっき兄さんが「念のため銃弾は装填してくれ」と、皆に伝えていたのだ。これを読んでいた!?

あたしは「アズーリ」の引き金を引く。……こちらの方が早い!

※効果は……

01〜25 相手戦力半減(6人)、アルバレス(ε)は軽傷
36〜50 相手戦力は残り3人に、アルバレス(ε)は軽傷
51〜75 相手戦力はゼロに、アルバレス(ε)中破
75〜90 相手戦力はゼロに、アルバレス(ε)大破
91〜99 殲滅に成功(アルバレスの生死のみ再判定)
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:01:23.70 ID:KX+M7pH8O
ほい
140 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 22:10:55.04 ID:8NP6A9MQO
立て続けに銃声が響く。相手の姿は見えないけど、間違いなくどこかには当たっているはずだ。
そのまま銃撃したのでは、警戒されて反撃される恐れがある。相手が動き出す瞬間を狙って迎撃すれば、確実に当たると兄さんは踏んだのだった。

そして、その狙いは完璧に的中する。やがて視界がゆっくりと晴れてきた。


そこには……少し離れた所にある空間で立ち尽くす、機械兵……εの姿があった。


「近づくな、一応生き残りがいるかもしれない」

兄さんが私たちを制する。しかし、εは動く気配がない。向こう側には、何人もの兵士が折り重なるように倒れているのが見えた。

「問題はないな。εの動きにだけ警戒しながら接近。攻撃予備動作があったら、即座に追加攻撃する。俺が先頭に立つ」

銃口をεに向けたまま、徐々に近づく。

……

01〜15 キュォォォォ……
16〜30 ウィィィン
31〜60 εは左手にある巨大な刀を構えた
61〜80 野郎……舐めた真似を
81〜95 くっそ……!!
96〜99 アルバレス瀕死以上確定
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:11:55.71 ID:Gj+SxELDO
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:12:05.65 ID:FHo8+a1Q0
143 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 22:18:19.85 ID:8NP6A9MQO
しばらく距離を詰めると、εの操縦席に動くものがあった。アルバレス、という男か?

「野郎……舐めた真似を……!!」

奴は操縦席のハッチを開け、外に出ようとする。兄さんはそれを逃さない。

「そこにいればいいものを……!」

そして銃声が5発響いた。

※状況的に何発かは命中しています

※アルバレスの状況は……

01〜25 軽傷(残りHP2万からスタート)
26〜50 やや重傷(残りHP1万5000からスタート)
51〜75 重傷(残りHP1万からスタート、先制攻撃判定へ)
76〜90 かなりの重傷(戦闘詳細スキップ、殺すか否かの多数決へ)
91〜99 致命傷(追加判定)


144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:19:18.93 ID:FHo8+a1Q0
145 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 22:23:51.28 ID:8NP6A9MQO
兄さんの銃弾は、銃を片手に脱出しようとするアルバレスの身体を撃ち抜いた。
そして奴の身体は、ドサッと地面に叩きつけられる。

「この状況でも勝てると思っていたか、愚か者」

兄さんはアルバレスの方に近付く。

……

01〜05 ?????????????
06〜20 アルバレスの身体が、赤く発光している?
21〜80 死亡
81〜99 虫の息(治療しようと思わなければそのまま死亡)
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:24:31.77 ID:KX+M7pH8O
はい
147 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 22:32:27.18 ID:8NP6A9MQO
※クリティカル、昇格+アイテム入手

「……あ……がぁ…………」

声にならない声をあげ、アルバレスは倒れていた。胸と腹部を中心に、兄さんが放った銃弾が命中したようだ。

「……てめぇらのせいで、ペールがっ……!!大将、止めは俺に刺させてください。たのんます」

ジェイが涙目になりながら、ヴェルデュの銃口をアルバレスに向けた。

「……待て。ここで殺すのは簡単だが、捕虜にする手もなくはない。後ろから来ているユリリエは、傷を治せるのだったな」

「ええ。……でも、殺さないと、暴れ出すかも」

私の言葉に、兄さんは思案しているようだ。

1 殺す
2 ユリリエを待って捕虜にする

※安価下3多数決、考察不要
※なお、2を選ぶとマルコが尋問役になります。
※アイテム入手の内容はこの後



148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:38:57.02 ID:KX+M7pH8O
1 喋らないだけならともかく>>145の判定で身体が赤く発光するって自爆手段持ちくさいからリスク回避の方が大事かな
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/09(土) 22:40:58.47 ID:auCg+lNO0
1
自爆されたらたまったもんじゃないのでここは安全策を取ろう
150 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/09(土) 22:55:22.18 ID:8NP6A9MQO
今日はここまで。
151 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 10:04:40.38 ID:KcrNv/hqO
再開します。
152 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 10:16:20.21 ID:KcrNv/hqO
「……そうだな。『血の呪い』だったか。それがあることを考えたら、今始末しておいた方がいい」

そう言うと兄さんはジョウさんを見た。彼は頷く。

「……死ねっ……!!」

乾いた音と共に、アルバレスの頭蓋に穴が空いた。

「これで、計算上は敵戦力は半減したことになるな。残りは恐らくイシガミの指揮下か」

井川一尉が頷く。

「石上はN国紛争でも防衛大臣として名を挙げているし、油断は禁物、だな」

二人はあまり関係が良くないとは聞いていたけど、これまでは無難にやっているようだ。私はほっとして周囲を見る。すると……

3の倍数 宝石の欠片が落ちている
3の倍数+1 腕輪が落ちている
3の倍数+2 帽子……?

9の倍数で上位アイテム確定、ファンブルなし
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 10:20:08.22 ID:RZ6UphMQ0
ほい
154 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 10:26:38.12 ID:KcrNv/hqO
地面に腕輪が落ちている。……何だろうか、これは。

「マルコ、こんなの拾ったけど」

マルコは手にとって調べている。

……

01〜40 僕たちの世界のものだね。前に拾った「幸運のボタン」と同じ効果があるみたいだ
41〜70 僕たちの世界のものだね。前に拾った「不幸の宝珠」と同じ効果があるみたいだ
71〜95 これは……多分こっちの世界で作られたものだね。これを捻ると……
96〜99 再判定
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 10:37:14.61 ID:WPxaoTnvo
156 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 14:51:23.36 ID:KcrNv/hqO
「僕たちの世界のものだね。前に拾った『不幸の宝珠』と同じ効果があるみたいだ」

こういう形状のものもあるのか。私はそれを背中のリュックに放り込んだ。何かの役に立つかもしれない。

「で、ここからどこに行くかが問題だ。どこに誰がいるか、分かれば話が早いが」

マルコが集中した。

※50-知力(28)=22以上で成功、本成功には70以上が必要
※ここから先、しばらくは防護服なし組(火蓮、マルコ)にはコンマにマイナス5の修正が付きます
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 14:52:45.94 ID:KO8AW5Ad0
はい
158 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 14:59:57.72 ID:KcrNv/hqO
※本成功(詳細がわかります)、再判定

3の倍数 ベロン&ドワーキンと石上は別の層、石上とベロン&ドワーキンに均等に兵力、ただし石上の所に……?
3の倍数以外 ベロン&ドワーキンと石上が同じ層

9の倍数 ベロンとドワーキン、石上がそれぞれ別の層、ベロンと石上の所に……?
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 15:01:02.76 ID:gLdOyr9DO
160 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 15:11:37.89 ID:KcrNv/hqO
集中していたマルコが目を開けた。

「中央に大きめの生命力を持った個体がいます。手前側に一つ、奥に二つ。多分、手前側にいるのがイシガミ、奥がドワーキンとベロンですね。
その他の戦力は左右に分散されてます。多分、待ち伏せ迎撃の部隊です。それぞれ各5人。イシガミの所に、大体はいるみたいです」

イガワさんが驚いた。

「君、奥の様子が分かるのか」

「この鉢金のお蔭です。……とにかく、イシガミを引っ張り出すか、合流を待つかですけど……」

兄さんは真ん中の坑道を見た。

「ここまでは予定通りだ。一度侵攻、その上で判断を決める。できれば、石上まで削っておきたいところだな。
……魔素が徐々に濃くなる。気を付けて行動しろ」

##########

※30以下で尖兵と遭遇、80以上でこちらから先手が打てる
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 15:17:15.55 ID:KO8AW5Ad0
はい
162 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 15:33:37.02 ID:KcrNv/hqO
※クリティカル、昇格

###########

「多分、この辺りです。イシガミがいるのは」

マルコが足を止めた。先は少し大きめの空洞になっていて、鍾乳石が身を隠す格好の場所を作り出している。

「各員、後方に退避。状況を見る」

兄さんが岩陰に隠れるように言った。向こうにはまだ動きがない。

……一瞬、鍾乳石の陰から誰かが走るのが見えた。やはり、誰かいる。ただ、こちらには気付いてない様子だ。

「間違いなくいますね、どうします?滝三佐」

兄さんは少し間を置いて、静かに言った。

「考え方は3つある。一つは、ここで戦力を結集させることだ。ただ、待っている間に気付かれるかもしれない。恐らくは下策だ。
悩ましいのは、この次だ。威嚇射撃――ある程度の命中は良しとする――を経て、相手を釣り出すか、ここで一気に決着を付けるか、だ。
だが、鍾乳石の陰に潜む連中を撃つのは容易じゃない。『アズーリ』なら、あれごと吹っ飛ばせるだろうが」

話に聞いた、「究極形態」か。ただ、一気にオルディニウムが浸食する恐れがあるため、「使わない方が望ましいな」とマエザキ先生に釘を刺されていものだった。
何より、威力がどれほどか私は知らない。どうするのがいいのだろう?

1 合流待ち
2 威嚇射撃で釣り出し、ユリリエたちと一緒に叩く
3 アルバレス戦時同様、通常一斉射撃
4 究極形態を使う

※安価下3多数決、考察不要
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 15:43:12.44 ID:gLdOyr9DO
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 15:43:51.16 ID:akWbAN5Y0
2
165 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 16:03:32.79 ID:KcrNv/hqO
「私は、予定通りに釣り出すのがいいと思います。まず、逃げられるでしょうし」

兄さんは頷いた。

「それならば、こちらが少数でやって来たと思わせる必要があるな。班員は一旦退避。俺が威嚇射撃し、投降を促す。相手に動きがあれば偽逃走、合流後に叩く。
石上が釣られれば理想だ、準備はいいな」

皆が同意した。井川一尉が先導し、班員が引き揚げる。

兄さんが銃を構え、立て続けに撃った。

※相手の被害は……(総勢10人、コンマ下)
01〜35 なし
36〜50 1人死亡
51〜70 2人死亡
71〜85 3人死亡
86〜95 5人死亡
96〜99 4人死亡、石上負傷

※相手の反応は……(コンマ下2)
01〜15 ?????
16〜30 猛反撃
31〜60 動きなし
61〜99 数人出てくる(再判定)
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 16:09:47.79 ID:akWbAN5Y0
ほい
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 16:09:49.81 ID:8PlX4+XVO
168 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 16:26:26.02 ID:KcrNv/hqO
「あがっ……」

向こうから悲鳴が聞こえた。隠れていた所から出ていた僅かな身体を、兄さんの銃弾は正確に射抜く。

そして、よく通る声で叫んだ。

「石上っ!!そこで俺たちを待っているのは分かっている。だが、ここで抵抗しても無駄だっ。今みたいに、確実に数を減らすだけだ。
元政府要人として、最低限生命は保障する。投降しろっ!!」

勿論、投降するなんて全く思っていない。激昂して追ってきてからが本番だ。

やがて、鍾乳石の陰から……

01〜40 兵士が7人飛び出してきた
41〜95 兵士と共に石上が現れた
96〜99 投降……???
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 16:27:01.72 ID:hwfziAg30
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 16:27:39.41 ID:HYkpVlKc0
171 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 16:29:58.73 ID:KcrNv/hqO
中断します。
172 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 22:54:21.10 ID:uD3kBfBcO
再開します。
173 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 23:13:46.25 ID:uD3kBfBcO
鍾乳石の陰から、兵士たちが現れた。うち一人には、見覚えがある。……石上だ。

「……どうした、そんな少数で。アルバレス君たちがいい仕事をしたようだな」

「……全くだ。しかし、それだけまだいるとは、な」

兄さんは少しずつ後退りしている。石上たちは、既に銃を構えている。

距離は50m。距離自体はそれなりにある。この暗さだ、多分、逃げればそうそうは当たらない。

「こちらも準備はしているのでね……」

石上がすっと手を上げる。

銃撃の気配がしたと同時に、兄さんが「走れっ!!」と叫んだ。坑道内に、サブマシンガンの音が響く。

※05以下で回避(滝、コンマ下)
※05以下で回避(火蓮、コンマ下2)
※10以下で回避(マルコ、コンマ下3)
※15以下で回避(ジョウ、コンマ下4)
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:14:40.32 ID:gLdOyr9DO
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:14:42.89 ID:dRa+lnr1O
余裕の回避
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:15:37.04 ID:HYkpVlKc0
はい
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:16:02.89 ID:gEM7fjd1O
はい
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:16:10.88 ID:kjGUkhwy0
はい
179 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 23:26:38.08 ID:uD3kBfBcO
※マルコのみ被弾

※影響は……

01〜05 致命傷?
06〜30 足に被弾
31〜50 脇腹に被弾
51〜70 肩に被弾
71〜99 かすり傷

※30以下で不幸の宝珠発動
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:28:35.06 ID:kjGUkhwy0
はい
181 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 23:29:57.14 ID:uD3kBfBcO
※不幸の宝珠発動、再判定
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:32:06.21 ID:dRa+lnr1O
ほいっと
183 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 23:34:22.07 ID:uD3kBfBcO
※振り直し権発動、再判定
(ここで足に被弾以下だと相当厳しくなります)
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:39:28.00 ID:gEM7fjd1O
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:40:16.55 ID:gEM7fjd1O
うげっ…
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:40:43.73 ID:dRa+lnr1O
被弾で00はまずい、最悪即死まであるぞ…
187 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 23:41:23.50 ID:uD3kBfBcO
偶奇判定です。

奇数 マルコ死亡??
偶数 かすり傷、かつカウンターで???

コンマ下3
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:42:43.97 ID:gEM7fjd1O
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:42:56.10 ID:HYkpVlKc0
踏み台
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:44:15.80 ID:dRa+lnr1O
はい
191 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/10(日) 23:50:50.69 ID:uD3kBfBcO
「くっ……!!」

私の横を走っていたマルコが呻いた。

「マルコっ!!?」

「大丈夫、かすっただけ……せめて一発!!」

マルコは瞬時に振り向くと、クリムゾンの引き金を引いた!!

※00偶数クリティカルによる再判定

01〜20 敵兵4人が死亡(追跡続くか判定)
21〜40 敵兵7人死亡(追跡終了、vs石上戦へ)
41〜60 敵兵7人死亡、石上被弾小ダメージ(vs石上戦へ)
61〜80 敵兵7人死亡、石上被弾中ダメージ(vs石上戦へ)
81〜99 敵兵7人死亡、石上被弾再判定(戦闘は恐らくは省略)
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 23:52:19.72 ID:hKc+SyhhO
はい
193 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 00:02:17.93 ID:gzuwV7npO
マルコの銃が、立て続けに火を吹いた。
それは、ただの銃弾じゃない。……魔力の塊を増幅して放つ、いわば「拡散レーザー」だ。

白い筋が、何本も石上たちに向け降り注いだ。

走りながら、それも相手に背を向けた状態からこんな曲撃ちができるなんて。私は少し感嘆しながら、それを見ていた。

そして、白い筋が消えた時――そこには、腕を押さえた石上がいた。

「ぐっ……まさか反撃できるとはっ……!!?」

兄さんが足を止めた。

「攻撃は、『逃げる』という命令違反だが……まあいい。石上、これで数的優位も逆転したな。
後は、戦うか、投降するか。悪いが、お前に勝ち目はない。それでもやるか?」

石上は……

01〜85 勝ち目がないなど誰が決めた!?
86〜97 背を向けて逃げ出した!?
98、99 両手を上げた!??
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:03:16.01 ID:FyJXpn0bO
てりゃっ
195 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 00:03:32.01 ID:gzuwV7npO
※描写不足により訂正、コンマは既にあればそれを採用

マルコの銃が、立て続けに火を吹いた。
それは、ただの銃弾じゃない。……魔力の塊を増幅して放つ、いわば「拡散レーザー」だ。

白い筋が、何本も石上たちに向け降り注いだ。

走りながら、それも相手に背を向けた状態からこんな曲撃ちができるなんて。私は少し感嘆しながら、それを見ていた。

そして、白い筋が消えた時――そこには、腕を押さえた石上がいた。他の兵士は、地面に倒れ動かない。

「ぐっ……まさか反撃できるとはっ……!!?」

兄さんが足を止めた。

「攻撃は、『逃げる』という命令違反だが……まあいい。石上、これで数的優位も逆転したな。
後は、戦うか、投降するか。悪いが、お前に勝ち目はない。それでもやるか?」

石上は……

01〜85 勝ち目がないなど誰が決めた!?
86〜97 背を向けて逃げ出した!?
98、99 両手を上げた!??
196 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 00:05:18.76 ID:gzuwV7npO
※vs石上戦開始、石上HP残り25000からスタート(本来は40000)

今日はここで切ります。なお、石上は腕を撃たれたため命中精度が落ちています。
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 00:35:59.39 ID:LcuWlZiDO
乙です
198 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 12:23:38.33 ID:u3zIzoD1O
少し進めます。
199 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 12:28:48.22 ID:u3zIzoD1O
「勝ち目がないなど誰が決めた!?」

石上は銃を構える。距離は40mほど。彼は制服族だから、実戦経験は乏しいはずだ。N国紛争にしても、安全な場所から指示出ししていたに過ぎない。
だから、この距離から闇雲に撃っても、彼の腕じゃまず当たらないはずだ。……たとえあの銃がオルディニウムの内蔵銃であっても。

兄さんは溜め息をついた。

「馬鹿め……!!」

※40以上で先制
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 12:29:42.54 ID:FyJXpn0bO
はい
201 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 12:34:23.67 ID:u3zIzoD1O
※先制

最初に動いたのは、兄さんだった。銃口から立て続けに5発、銃弾が放たれる。

向こうにいる石上が、兄さんを睨むのが見えた。

※70以下で5発完全回避(時飛ばしの能力発動、距離が15mに接近)
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 12:41:22.10 ID:FyJXpn0bO
人いないみたいなのでもういっちょ踏み
203 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 12:45:01.72 ID:u3zIzoD1O
※時飛ばし発動

次の瞬間、遠く離れていたはずの石上が一気に距離を詰めて来た!?「時飛ばし」を使って、強引に回避した……?

「舐めるなよ!」

そして距離を詰めた石上は、銃の引き金を引いた。

※4の倍数なら滝への単体攻撃、それ以外で全体攻撃
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 12:54:30.72 ID:FyJXpn0bO
もう1回踏む
205 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 13:02:42.98 ID:u3zIzoD1O
※滝への単体攻撃
※見切りの極意によりカウンター発動

石上の銃から強力なエネルギーを感じた。狙いは兄さんに向けられている。

「失せ……」

私の視界から、兄さんが消えた。

「これなら交わせまい?」

再び、銃声が響く。

ダメージ
(コンマ下1〜5×6+知力(22)×6+125)×2
206 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 13:03:42.46 ID:u3zIzoD1O
※再開は夜です。コンマは適宜埋めて下さい。
※なお、描写からも分かりますが時飛ばしは連続使用不可です。
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 13:11:37.48 ID:FyJXpn0bO
ほい
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 13:24:05.35 ID:0fvF3Jyj0
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 13:40:37.17 ID:Ac47HI/4o
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 13:41:18.88 ID:CS8nriI3o
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 14:01:01.63 ID:ggI+Zrmv0
212 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 17:56:52.65 ID:u3zIzoD1O
再開します。
213 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 18:00:59.75 ID:u3zIzoD1O
>>210のみクリティカル、一撃必殺発動
※その他ダメージ 2332
石上残りHP 22668

※一撃必殺の効果を判定

3の倍数 クリティカル倍率25倍(全効果込み)、スタン
3の倍数以外 クリティカル倍率20倍

9の倍数で戦闘終了判定へ
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 18:02:35.32 ID:zRjMnDY70
はい
215 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 18:04:55.76 ID:u3zIzoD1O
※クリティカルダメージ 6100
※石上残りHP 16568

※クリティカルに伴う追加ダメージ
(コンマ下×6+知力(22)×6+125)×2
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 18:18:59.50 ID:zRjMnDY70
はい
217 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 18:51:33.41 ID:u3zIzoD1O
ダメージ 634
石上残りHP 15934

兄さんの銃弾が、石上を貫く。胴体と肩を中心に、6発。しかし石上はまだ立っている。

「『実験体』風情がっ……!!」

「……無駄口はまだ叩けるようだな。修復能力か」

「実験体」?……初めて聞いた。何だろう、それは??

でもそれに気を取られている状況じゃない。石上の傷口からは、赤い泡が噴いていた。あれが修復能力??

マルコが踏み出した。

「さっきはよくもっ!!」

※35以下で時飛ばし発動、全弾回避+追加判定
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:03:02.61 ID:JM93/ZZVo
HEY
219 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 19:13:02.33 ID:u3zIzoD1O
※時飛ばし発動せず(次回から70以上に戻ります)

マルコの身体から、何かが立ち上る。そして石上の方に向けて、念を送った。

※「動くな」発動判定
70以上で発動(ボス戦につき下方修正)
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:16:00.74 ID:kAdMzr1rO
221 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 19:21:47.70 ID:u3zIzoD1O
※「動くな」発動、必中&強制不意討ち

マルコの顔を見た石上の動きが、一瞬止まった。マルコはそれを見逃さない。

「とどめだっ!!!」

ダメージ
(コンマ下1〜3×7+知力(28)×7+80)×3

※コンマ下1が50以上で麻痺発動
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:23:01.48 ID:LHPB5G1cO
はい
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:23:59.48 ID:FyJXpn0bO
はい
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:24:42.85 ID:XSYPvRTxo
225 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 19:36:25.42 ID:u3zIzoD1O
ダメージ 1749
石上残りHP 14185

石上は巧みに銃弾を避ける。マルコの弾は当たってはいたようだけど、致命傷からはほど遠いようだ。

「……この程度……どうということはないっ!」

そして、奴は攻撃態勢に入る。私も機先を制そうと横に飛んだ。……間に合う?

※50以上なら火蓮攻撃
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:37:23.68 ID:v458Qt2BO
はい
227 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 19:53:59.17 ID:u3zIzoD1O
※火蓮攻撃(次は石上で固定)

私の動き出しの方が、僅かに速い!

「アズーリ」が火を吹いた。

※弱点看破判定
コンマ下1が45-知力(25)=20以上でダメージボーナス

※命中判定
05以上で命中(コンマ下2〜3)
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:56:11.16 ID:0fvF3Jyj0
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:57:36.01 ID:v458Qt2BO
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 19:57:51.94 ID:XSYPvRTxo
231 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:01:47.05 ID:u3zIzoD1O
※弱点看破に失敗

※命中判定の対象はコンマ下2〜6でした(フルファイア発動のため)。
残り3発について、このレス下1〜3までで判定(05以上で命中)

※なお、クリティカル発動のため一発は連射確定しています
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:10:47.37 ID:zRjMnDY70
はい
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:11:31.46 ID:XSYPvRTxo
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:14:24.63 ID:v458Qt2BO
235 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:20:58.21 ID:u3zIzoD1O
※4発命中

ダメージ
コンマ下1〜4×7+知力(25)×7+90
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:21:21.79 ID:zRjMnDY70
はい
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:22:58.75 ID:LcuWlZiDO
238 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:24:32.73 ID:u3zIzoD1O
訂正です。

ダメージ
(コンマ下1〜4×7+知力(25)×7+90)×3

※クリティカル時は7倍ダメージになります。
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:25:03.74 ID:XSYPvRTxo
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:27:20.69 ID:v458Qt2BO
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:27:54.22 ID:9C/NXCM4O
242 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:31:39.69 ID:u3zIzoD1O
ダメージ 10851
石上残りHP 3334

※追加攻撃2回

ダメージ
(コンマ下1〜4×7+知力(25)×7+90)×2

※60以上で追加攻撃(ここで打ち止め)
243 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:32:28.06 ID:u3zIzoD1O
なお、火蓮は能力「集中」により75以上でクリティカルになっています。
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:32:31.20 ID:zRjMnDY70
はい
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:32:57.88 ID:LcuWlZiDO
246 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:33:43.70 ID:u3zIzoD1O
訂正

ダメージ
(コンマ下1〜4×7+知力(25)×7+90)×3

※60以上で追加攻撃(ここで打ち止め)

※コンマが踏まれていたら採用
247 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:40:22.88 ID:u3zIzoD1O
※クリティカル一発、連射1回

※現時点でのダメージ 7746
このままだと石上残りHP -4412

私の銃撃は石上を直撃した。

ドォン……

重い音とともに、坑道の壁に石上が叩きつけられる。……やった?

※70以下でリジェネ発動、HP10000回復
20以下で15000回復
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:41:36.76 ID:v458Qt2BO
249 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:47:13.74 ID:u3zIzoD1O
※戦闘終了

石上の腕は千切れ、胸部には大きな穴が空いている。……これで生きていたら、正真正銘の怪物だ。

「よくやった、火蓮。……これで、戦友たちも浮かばれる……」

兄さんが私の頭に手を乗せ、くしゃくしゃとやった。兄さんはそのまま、石上の死体の方に向かっていく。

……

※80以上でアイテム入手、ファンブルなし
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:48:12.80 ID:v458Qt2BO
251 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 20:52:41.40 ID:u3zIzoD1O
※アイテム入手

「……これは」

兄さんが何かを見付けたようだった。私たちも死体の周りに集まる。

「何かあったんですか」

4の倍数 銃弾
4の倍数+1、3 お守り(効果は再判定、高確率で不幸の宝珠効果)
4の倍数+2 金色の飲み薬

16の倍数か55以上ゾロ目 銃弾+アンプル
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 20:53:34.70 ID:v458Qt2BO
253 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 21:10:01.98 ID:u3zIzoD1O
※金色→銀色に訂正

「これは……」

取り上げたのは、銀色の粉薬が入った瓶だ。……これ、どこかで……

「キサラギが飲んだやつだ」

マルコが気付いた。そう、とてもよく似ている。確か、「A-DUST」と言っていた。……犀川さんが飲んだ、「スターダスト」の亜種?

兄さんが渋い顔になった。

「少しでも吸ったら、ただでは済まんな。……ただ、これが何かは気になっていた。如月はオルディニウムの粉末、と言っていたが」

「何で使わなかったんでしょう?」

兄さんは少し考えて言った。

「飲めば死ぬからな。権力への執着があった石上は、飲みきれなかったんだろう」

兄さんはそれを……

60-賢さ(18)×2=24以上で???
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 21:11:24.76 ID:v458Qt2BO
はい
255 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 21:23:23.65 ID:u3zIzoD1O
兄さんはそれを懐にしまった。

「……持っていくんですか?」

「マエザキ先生に調べてもらうつもりだ。さすがに自分では使わん」

兄さんの目線が奥に向く。

「……さて、これで残すはベロン、あるいはドワーキンだけか。戻ってギッグスたちと合流するか、なおも先に進むか……思案どころだな」

幸い、私たち4人は無傷だ。もう少し調べてから、合流する手はある。
一気に行くか、安全策を取るか?

1 戻ってギッグス、サイファーと合流
2 もう少し先に進む(ギッグス、サイファーにはついてきてもらう)

※ベロンとドワーキンは最深部にいるはずですが……
※時間がかかりすぎるとベロンとドワーキンは逃げます

※安価下5多数決、考察不要
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 21:30:55.85 ID:XSYPvRTxo
1
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 21:31:30.27 ID:v458Qt2BO
2
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 21:33:39.42 ID:FyJXpn0bO
1
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 21:48:29.60 ID:0fvF3Jyj0
1
260 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 21:55:15.34 ID:u3zIzoD1O
※視点がサイファーへと移ります

少し休憩。
261 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/11(月) 23:48:13.25 ID:u3zIzoD1O
###########

「そうか、状況は理解した」

戻ってきたタキから一通りの説明を受けると、ギッグスがタバコに火を付けた。タキは来た方向を見る。

「とりあえず、残り戦力は僅かのはずだ。この戦力なら、まず討てるはずだ」

……そうだろうか?タキはドワーキンを知らない。あの剣技から俺が逃れられたのは、はっきり言って運が良かっただけだ。
確かに人数はいる。ただ、まだ奥の手は持っているだろう。何より、雑兵にドワーキンの手が加えられていたらしいのは引っ掛かる。

さらに言えば……

「だが、ドワーキンはプレーンウォーク使える。どういうわけか、次元転移も」

俺の言葉に、アミールが頷いた。

「いざとなったら、あいつは逃げを打つ気がする。そうなったら、捕捉はとても困難になるね。
大人数で行ったら、さしものドワーキンも不利と見て逃げると思う。安全に行けるのは……せいぜい5人か」

ギッグスが白煙を吐いた。

「もう少し多い方がいいと思うがな。まだ向こうには推定20人以上いる。仮に別の坑道に待ち伏せがいると試算しても、10人以上待ち構えていると見た方がいい。
とすると5人は少ない。7〜10人いてもいいんじゃないかと思うがな」

……何人で行くべきか?

1 5人(逃走確率10%)
2 7人(逃走確率30%)
3 10人(逃走確率50%)
4 全員(逃走確率70%)

※0000から投票開始、3票先取
※考察一応不要

※今回のメンバーは筆者が決めます。基本遊軍メンバー+αです。
262 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 00:00:08.77 ID:AZf6+oedO
では投票開始です。
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:00:44.29 ID:azoZqBMPo
2
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:04:19.33 ID:X2gUDa++O
2
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 00:12:08.30 ID:lfvLWMcFo
2
266 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 00:16:35.00 ID:AZf6+oedO
2で決定します。メンバーは以下の通りです。

サイファー、ヘカテル、滝、マルコ、火蓮、アミール、ギッグス

(ユリリエは負傷明け&立場上の問題です)
267 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 12:19:58.65 ID:SDc+lktAO
少し進めます。
268 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 12:28:04.11 ID:SDc+lktAO
俺は考えた。相手に警戒されず、かつ撃破が可能な人数は……

「7人でこの先は行こう。俺とヘカテル、アミールの遊軍主力、滝、マルコ、カレンの二次突入班主力。それとギッグスさん、あなたにもお願いしたい」

「……俺か」

「ベロン関連の話は、あなたが一番詳しい。それと、ユリリエやナージャは消耗しているように見える」

彼女たちは負傷していたと聞いていた。深手ではなくユリリエがある程度は治したものの、無理強いできる状況でもなさそうだった。

ギッグスはタバコを落とし、足で踏んだ。

「なるほど、そういうことか。イシガミが持っていた薬はどうする」

1 持っていきます
2 マエザキさんに調べてもらいます

※安価下3多数決、考察不要
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/12(火) 12:35:59.17 ID:X2gUDa++O
2
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 12:45:03.10 ID:iUlpal5tO
2
271 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 12:48:07.97 ID:SDc+lktAO
「マエザキさんに調べてもらいます。何か分かるかもしれない」

カレンは「スターダスト」の亜種ではと言っていた。同じオルディニウムの粉末でも、金と銀とで違いはあるのだろうか?

※80以上でマエザキから電話、ファンブルなし
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 12:51:40.60 ID:Re0Vco4NO
273 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 18:32:18.29 ID:ej4Tk0WHO
再開します。
274 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 18:39:23.50 ID:ej4Tk0WHO
※電話なし

「じゃあ、行くか。奴と決着を付けねばならん」

ギッグスが坑道の奥を見た。

「ですね。……いい加減、終わらせねば」

タキも頷く。ドワーキンとの再戦は近付いている。

##########

しばらく、静かな行軍が続いた。徐々に、暗闇に照らされる壁の色が青くなる。モハーベでも同じようなものを見た。

「オルディニウムが析出しているようだな。……思っていたより多い」

タキが呟いた。防護服を着ていないマルコとカレンが気掛かりだ。

……………

01〜30 敵襲?
31〜60 何もなし
61〜99 横に最近できたと思われる新しい道がある
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 18:41:40.06 ID:xocUYiMa0
えい
276 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 18:44:38.87 ID:ej4Tk0WHO
向こうの方で何かが動くのが見えた。ここで敵襲??

01〜25 次の瞬間、強烈な光を感じた!!
26〜50 次の瞬間、銃弾が俺たちに浴びせられた!!
51〜75 ……誰かがいるのは間違いない
76〜94 気のせいのようだ
95〜99 ????????
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 18:48:58.69 ID:O8rcY3GDO
278 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 18:52:54.98 ID:ej4Tk0WHO
しかし向こうからの反応はない。……あれは気のせいか?いや間違いなくあれは人間だったはずだ。

「もう少し進むぞ、最大限の警戒を」

俺を先頭に、ゆっくりと人影があった場所に進む。そこで……

01〜25 物陰から誰か飛び出してきた!
26〜50 誰かが物陰に隠れている
51〜94 横に新しい道がある
95〜99 ????????
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 18:58:31.07 ID:guxpxiN/0
280 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 19:17:06.54 ID:ej4Tk0WHO
物陰から何者かが飛び出してきた!そいつは銃を俺に向け何発か放つ!!

※攻撃内容(コンマ下)
01〜20 ??????
21〜40 麻痺弾
41〜99 通常弾

※出てきた人物(コンマ下2)
01〜10 ベロン?
11〜50 ?????????
51〜99 通常兵
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:20:38.76 ID:X2gUDa++O
はい
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:21:00.61 ID:O8rcY3GDO
283 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 19:23:47.17 ID:ej4Tk0WHO
出てきたのは普通の兵士、数人だ。奴らは先頭の俺に向けて銃弾を放ってきた!俺は……

※50以上なら防御できる
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:27:11.84 ID:Am/jEXvuO
285 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 19:29:34.39 ID:ej4Tk0WHO
俺はすかさず防御体勢を取った。盾を構え、全てを弾き返す。この程度なら……いけるはずだ。

ダメージ
01〜10 ??????
11〜30 足に負傷(ダメージ50、器用さ判定にペナルティ)
31〜99 無傷
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:37:55.68 ID:guxpxiN/0
287 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 19:42:35.35 ID:ej4Tk0WHO
カカカカカカッッッ


盾が銃弾を弾く音が聞こえる。やはり雑兵か。攻撃が「軽い」。


音がやむとすかさず、俺は雑兵に向け斬り込んだ。相手は3人。これなら苦もなく蹴散らせるはずだ。

※30以下か90以上で誰か登場
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:46:27.86 ID:X2gUDa++O
はい
289 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 19:54:23.69 ID:ej4Tk0WHO
※誰も登場せず

「があっ…………」

俺は立て続けに3人を斬った。手応えは十分、少なくとも立ち上がることはない。

「……ここで来るとはな。しかし3人だけ、か」

「妙と言えば妙だな。こうなることは予期できていたはず……」

タキの言葉に、俺は頷いた。ドワーキンは、こいつらで俺たちをどうこうできるとは思ってないはずだ。
とすれば、何故ここで襲ってきた?何かが引っ掛かる。

※35以上でアミールが何かに気づく
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:55:06.92 ID:Am/jEXvuO
291 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 20:05:34.52 ID:ej4Tk0WHO
※アミール何かに気づく

「……妙だね。魔力を感じる。多分、この辺りだ」

アミールは壁に向かって歩いていく。壁を目前にしても、速度は落ちない。何をしている……と思った刹那、奴の姿は壁の向こうへと消えていた。

「良くできた幻覚魔法だよ。壁の質感、重量感、完全に再現してある。
こっちに道がある。この先に、何かあるようだ」

俺たちもアミールを追う。壁にぶつかる瞬間は躊躇したが、意を決して一歩踏み出すとあっさりとすり抜けた。


その先には……この世界の建物と同じ廊下がある。


「何だここは!?……まるで研究所か何かだな」

ギッグスの言葉に、アミールが冷や汗を流す。

「確かに。何を研究しているのか……」

……

01〜20 ようこそ
21〜50 何者?
51〜80 誰もいない
81〜94 誰なの?
95〜99 助けてくださいっ
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 20:07:51.14 ID:0trHS7bqO
はい
293 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 20:12:46.59 ID:ej4Tk0WHO
※ヘカテルとの絆効果で再判定
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 20:13:25.72 ID:O8rcY3GDO
295 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 21:08:07.42 ID:ej4Tk0WHO
廊下をしばらく歩くが、人の気配はない。ここを守るためにさっきの奴らはいたのだろうか?

やがて、奥に扉が見えた。この中に、何かがある。

……

01〜15 ようこそ
16〜80 そこには無数の硝子瓶があった。その中には……
81〜94 そこには無数の硝子瓶があった。……???
95〜99 ?????????
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:09:10.67 ID:guxpxiN/0
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:09:10.92 ID:xKW9JCYFO
298 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 21:13:51.25 ID:ej4Tk0WHO
そこには無数の硝子瓶があった。……その中には、さっき斬った兵士と瓜二つの裸の人間が並んでいる??

「ここで製造されていたわけだな」

ギッグスが忌々しげに辺りを見る。

「間違いないですね。クローン工場、という所ですか。……ここの管理者がいるはずですが」

タキが辺りを見る。

※90以上で発見
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:14:58.82 ID:xKW9JCYFO
300 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 21:18:12.95 ID:ej4Tk0WHO
※不在

「人の気配はないですね。全自動で動いていると見るべきでしょう。
……ここで油を売っても仕方ないですね。先を急ぎましょうか」

ギッグスがタキを見る。

「クローンというからにはオリジナルがいるはずだ。そいつを探してもいい気はするが」

……さて。

1 部屋を出る
2 部屋を探す(逃走確率40%に)

※安価下3多数決、考察不要
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:32:30.48 ID:Re0Vco4NO
あとから調べることもできそうな気はしなくもないが…

1
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:33:13.34 ID:azoZqBMPo
2
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:42:09.68 ID:4fk7n2PX0
2
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 21:56:15.52 ID:VVF26lVYO
こんなとこ絶対爆発するゾ(偏見)
305 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/12(火) 21:56:54.35 ID:ej4Tk0WHO
中断します。
306 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 09:34:49.83 ID:N0eXL5D9O
再開します。
307 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 09:39:26.79 ID:N0eXL5D9O
「何かの手掛かりがあるかもしれない。少し、調べませんか」

俺はギッグスの提案に乗った。硝子瓶は太い綱のようなもので繋がっている。
ドワーキン打倒に繋がる何かがあるだろうか?

01〜10 ピッピッピッ
11〜30 何もない
31〜50 やはり来ていたか
51〜80 ……これは?
81〜99 えっ……!?
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 09:42:37.75 ID:BkmMTynH0
ほい
309 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 09:47:42.55 ID:N0eXL5D9O
太い綱は、一ヶ所にまとめられている。その先は、どうやら別の部屋へと続いているようだ。

警戒体勢を解かず、ゆっくりとその部屋を明ける。そこには……

「これはっ……!?」

01〜10 ピッピッピッピッ
11〜40 黒い箱がある
41〜90 裸体の女性……?が入った硝子瓶がある
91〜99 あなた、誰?
310 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 09:48:57.83 ID:N0eXL5D9O
※内容を訂正

太い綱は、一ヶ所にまとめられている。その先は、どうやら別の部屋へと続いているようだ。

警戒体勢を解かず、ゆっくりとその部屋を明ける。そこには……

「これはっ……!?」

01〜10 ピッピッピッピッ
11〜40 黒い箱がある
41〜85 裸体の女性……?が入った硝子瓶がある
86〜94 あなた、誰?
95〜99 ??????????
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 09:53:37.54 ID:vxmSz6eDO
312 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 10:05:11.28 ID:N0eXL5D9O
そこには、裸体の女性が入った硝子瓶があった。顔は……さっきのクローン兵に似てなくもないが、ずっと女性的だ。
小さめの男性器があることからして、どうやらこの女性も両性具有のようだ。

「何者なんだ、これは……」

これが、ドワーキンが入ろうとした「素体」?いや、そうならこれに入ればいい。多分、大元のではダメな理由があるのだ。

「何か見つかったか……?」

タキとマルコが部屋に入ってくる。硝子瓶の女性に気付くと、しばし固まっていた。

「誰ですかね、この人?」

俺は見覚えがないか、目を凝らした。

※90以上で何か気付く(コンマ下1、2)
(下1でサイファー、下2でマルコ)
※50以上でマエザキから電話(コンマ下3)
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 10:11:38.61 ID:BkmMTynH0
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 10:28:23.43 ID:vxmSz6eDO
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 10:29:38.89 ID:+iaDiSLUO
そい
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 10:29:53.61 ID:CcGxj9DyO
とりゃっ
317 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 10:56:49.54 ID:N0eXL5D9O
※サイファーとマルコ気付かず
※マエザキから電話

……どうにも見覚えがない。一体誰だろう?

その時、俺の電話が震えた。この世界の電話は、音なしで着信を知らせられる。
掛けてきたのは、マエザキだ。

「どうしました?」

『おお、作戦は順調かね。さっきナージャ君が届けてくれた遺体の解剖を進めている所だが、面白いことが分かった。……』

※90以上で追加情報、ファンブルなし
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 10:57:58.93 ID:CcGxj9DyO
ほい
319 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 11:19:27.56 ID:N0eXL5D9O
※追加情報あり

『まず、兵士からはB型のオルディニウムウィルスが検出された。ただし、非活性だが。
これがどういうことか、興味深いと思わんかね?』

B型はこの世界にはないと聞いた。……つまり……

「俺たちの世界と、何か関係があると?」

『その通り。多分、クローンのオリジナルは君の世界の人間だ。
そしてもう一つ。これは極めて奇っ怪で理解ができんのだが……こいつの血液型は、カミュ君やフレール君と同じだ』

「……どういうことです?」

『カミュ君やフレール君の血液型は、ほとんど確認されていない種類のものだ。拒絶反応が出ないから、一般の輸血は受け入れられるが。
ただ、少なくとも極めて珍しいタイプであるのは疑いない。遺伝子検査をしてみれば分かるが、多分こいつのオリジナルは……二人の血縁者だな』

「……はぁぁぁっ!!?」

俺は固まった。血縁者?どういうことなんだ??

「実は……今目の前にそれらしき人物が。硝子瓶の中で浮かんでいるような形ですが」

『……何??実に興味深いが……どうしたものかな。外に出すことは?』

「多分やろうと思えばすぐに」

マエザキが思案している。

『君らも作戦中だ。この件で時間を取らせたくはない。
だが、そこは多分相手の中枢だ。いつまでその場所が残っているか、疑問でもある。その女性を調べるなら、今しかない』

さて……

1 放置して女性を調べるのは後回し(高確率で再訪時崩壊)
2 硝子を割ってみる(この後選択次第で逃走率上昇、低確率で敵対、基本は中立〜友好的)

※コンマ下5多数決、考察一応不要
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 11:27:16.97 ID:CcGxj9DyO
2
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 11:48:53.36 ID:9hgpO5Iso
2
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 11:49:17.03 ID:fHI7EBWxo
2
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 12:02:55.22 ID:CcGxj9DyO
ふと思ったんだけど、女性を解放する前に滝か火蓮のスマホで顔を撮影してマエザキに送信→療養中のフレールかカミュに見せるってのはどうですかね
敵対となった時の保険として人相の情報だけ先に確保しとけば先祖に該当者がいるかっていうのだけは知る事ができそうだし。
324 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 12:09:59.10 ID:N0eXL5D9O
中断します。

>>323
これは詳しく言うとネタバレになりますが、まず分からないでしょうね。素性が分かるならむしろ……
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 12:55:18.71 ID:D+VJNPDDO
ナージャみたいに御落胤だったりするのかねえ…
セシル父とゲイツ(だっけ?)の子供がまだいた、とか
326 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 18:36:36.52 ID:cSGz/F+OO
再開します。
327 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 18:44:07.88 ID:cSGz/F+OO
「では、女性を確保します。今のところ、意識はないようですが」

『無理して起こさなくて構わんよ。できれば、私の所に連れてきてもらいたいが……。
ああ、言うまでもないが手荒な真似はせんよ。心配しなくていい』

俺は電話を切り、「村正」を抜いた。硝子瓶を斬ると、バシャアァと液体が溢れる。
女性はグニャリと倒れている。口には呼吸のための管がついている。俺はそれを引き剥がした。

01〜20 グ……ググ……
21〜35 目を覚まさない
36〜60 こ、ここは……
61〜80 え……どこですか
81〜99 ????????
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 18:46:49.41 ID:LP0162Rd0
329 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 18:53:19.41 ID:cSGz/F+OO
「こ……ここは……?……痛っ」

女性が目を覚ました。頭を押さえ、少し辛そうだ。

「あなたはここで捕らわれていたのです。気分はどうです」

「……い、痛い……頭が……」

どうやら具合が良くないようだ。ユリリエがいれば治療はできたが……

俺も初歩の治癒術なら使えるが、多分意味がない。ここは……

45-賢さ(22)=23以上で成功、45以上なら?
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 19:08:14.49 ID:vxmSz6eDO
331 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 19:15:02.84 ID:cSGz/F+OO
※アミールに依頼

そう言えば、アミールはユリリエの兄だ。スナイダ家の人間であれば、治癒術には熟達しているはずだ。

「マルコっ、アミールを呼んでくれ。治癒術を受けさせる」

しばらくすると、アミールがやって来た。

「この人か。……両性具有者?」

「頭痛が酷いらしい。治せるか」

「多分。リナほどじゃないが、僕も治癒術は使える」

そう言うと、アミールは彼女の頭に手を当てた。少しずつだが、様子が楽そうになっていく。

※90以上で?ファンブルなし
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 19:21:45.50 ID:vxmSz6eDO
333 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 19:31:09.29 ID:cSGz/F+OO
※特になし

「……くっ……あなたは……きゃぁっ!!!」

女性は自分が裸であるのに気付いたらしい。俺は少し思案した後、ザックからタオルを彼女に渡した。

「申し訳ない。君は、研究材料として捕らわれていたようだ」

良く見ると、彼女は女性というよりは少女に近かった。年齢は16、7といった辺りか。髪は美しい金髪で、やや短めに揃えられている。

「あ……ありがとうございます。しかし、ここは……」

「ベロンの研究施設です。……まさか、記憶が?」

コクンと彼女は頷いた。アミールが問い掛ける。

「じゃあ、名前も分からないと」

※90以上なら名前だけ分かる、ファンブルなし
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 19:32:55.76 ID:oqN1puw5O
335 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 20:15:55.93 ID:cSGz/F+OO
※名前不明

コクン、と少女が頷いた。身体は震え、怯えている。

「そうか、こりゃ参ったね。さすがに彼女をここに置いていくわけにもいかないし、魔素も一般人が長時間過ごすには濃い。
誰かナージャの所まで連れていってやった方がいいんじゃないか?」

タキが「確か予備の防護服があったはずだ」という。しばらくすると、カレンが服を持ってきた。

「下着がないのは我慢して。……でも、彼女どうしよう?」

「どうするもこうするもないだろう、一緒にドワーキンと戦えと?そんな無茶はできるわけがない」

ギッグスとヘカテルも入ってきた。

※85以上ならギッグスが転移装置持ち、ファンブルなし
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 20:18:01.59 ID:LP0162Rd0
337 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 20:23:22.97 ID:cSGz/F+OO
※転移装置なし

「まあ、誰かが分岐点で待ってる連中の所に連れていくしかないだろうな。問題は、それまで俺たちも待つか、さっさと先を急ぐかという所だ。
これ以上時間をとってると、危険を察知したベロンが逃げかねんぞ?ただでさえ少し遅れぎみなんだ」

ギッグスが渋い顔をした。

※90以上で???、ファンブルなし
(低確率判定が続いていますが仕様です)
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 20:23:39.28 ID:4xQ/dcWM0
339 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 20:27:18.74 ID:cSGz/F+OO
※特になし(参戦可能性が消えました)

……さて、どうしたものか?

1 誰かが連れていく形で戻りを待つ
2 誰かが連れていく形で先に行く
3 その他自由安価

※1だと逃走確率60%になります
※2だと連れていくメンバーは決戦に参加できません
※2だと低確率で奪還イベントがあります

※安価下3多数決、考察不要
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 20:38:32.53 ID:9hgpO5Iso
2
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 20:43:33.60 ID:rBVhGfKOo
2
342 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 20:49:53.49 ID:cSGz/F+OO
※誰が連れて行きますか?(低確率で奪還イベント)

※奪還イベント時の生還率などに関わります(サイファー、アミール、滝なら大体確実、マルコ、火蓮、ヘカテルなら中確率、ギッグスだと大体死にます)

※ギッグス以外で奪還イベントが発生してしまった場合は視点が切り替わります

※1人以上選んでも構いません

※安価下3多数決、考察不要
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 21:01:03.93 ID:fHI7EBWxo
344 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 21:17:48.51 ID:cSGz/F+OO
上げます。
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 21:20:50.64 ID:rBVhGfKOo
346 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 21:26:57.29 ID:cSGz/F+OO
「タキ、済まないが彼女を分岐点まで連れていってくれないか?お前なら、万一でも安心だ」

「その間お前らはどうする?」

「先を急ぐ。もうこれ以上は時間を使えない」

タキはしばらく考えたあと、口を開いた。

「確かにそうだ。分かった、彼女は俺に任せてほしい。その代わり、必ず任務を遂行してくれ。頼む。
……それと、火蓮。無事に戻ってこい」

「分かってます、兄さん」

タキは頷くと、「健闘を祈る」と去っていった。少女が後をついていく。

……いよいよ、最終局面か。

##########

※25以下で奪還イベント

347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 21:30:54.75 ID:A2QpNYmXO
348 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 23:33:14.57 ID:VKwTbivNO
※奪還イベントなし

###########

タキたちが去った後、俺たちも元の通路に戻った。最深部まではもうすぐだ。

「ところで、さっきの部屋で他に何か見つかったか?」

ヘカテルに聞くと……

※70以上で発見、ファンブルなし
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 23:35:59.75 ID:LP0162Rd0
350 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 23:41:14.00 ID:VKwTbivNO
※アイテムあり

「ええ、とりあえずこんなものが」

彼女が取り出したのは……

奇数 テーザーガン
偶然 宝石の欠片(再判定)

8の倍数で上位アイテム確定
351 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 23:42:01.44 ID:VKwTbivNO
失礼しました。

奇数 テーザーガン
偶数 宝石の欠片(再判定)

8の倍数で上位アイテム確定

コンマは下
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 23:42:45.42 ID:vxmSz6eDO
353 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 23:46:51.38 ID:VKwTbivNO
取り出したのは宝石の欠片だ。

「これは?」

「硝子瓶の下に落ちてたんです。多分、アンバライトか何かかな、と」

マルコがそれを見た。

「ちょっといいですか??」

彼は宝石の欠片を手に取ると……

01〜25 幸運のボタンの効果
26〜70 不幸の宝珠の効果
71〜94 僥幸の首飾りの効果
95〜99 再判定(高確率で奇跡の髪飾りの効果)
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 23:48:37.59 ID:2vnKRAzbO
355 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/13(水) 23:54:45.44 ID:VKwTbivNO
「やっぱり魔力が込められてますね。……不幸の宝珠と同じく、極度の不幸を跳ね返す力みたいです。しかし、何でこんなところに」

アミールがふむ、と宝石の欠片を見た。

「推測するに、培養に伴う不確定要素の排除のようだね。何か異変があったら、これが代わりに破裂し異常を事前に防ぐという狙いのようだ。……」

※60以上で?(ファンブルなし)
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 23:57:40.92 ID:9hgpO5Iso
357 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 00:34:08.04 ID:wQU5llSPO
※不幸の宝珠機能向上版

「それと、普通のと違ってこいつは少しの不都合でも割れるらしい。
僕もこの欠片、というか割れカスは見付けたが、随分と多かったね。それだけ、あのクローンたちを作るのは難しいようだ」

「少しの不都合?」

「そう。例えば発育不全だとか、あるいは精神面で未熟だったりしそうな時、これでやり直させるんだと思う」

よく分からんが、どうやらそれなりに使える代物のようだ。俺はその宝石の欠片をポケットにしまい込んだ。

※通常のと違い、物語上重要な判定の失敗時であれば、再判定に持ち込めます

###########

※40以下で逃走済み
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 00:41:38.13 ID:2dH8/4aDO
359 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 00:45:58.79 ID:wQU5llSPO
※宝石の欠片発動、再判定
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 00:52:41.12 ID:Zm6k63Ii0
ほい
361 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 00:53:55.17 ID:wQU5llSPO
※ドワーキン逃亡済み

今日はここまで。
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 05:35:25.00 ID:6fRGZTvy0
速攻で割れたな、無駄に(
363 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 09:00:35.87 ID:82BKlBPVO
少し進めます。
364 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 09:07:07.54 ID:82BKlBPVO
##########

「ここにいるはずです」

マルコが立ち止まった。目の前には大きな扉が閉まっている。

「まあ、ハッキングでは開かないだろうな。どうやって開ける」

ギッグスの問いに、俺は一歩前に出た。

「俺が斬ります。……多分、行けるはず」

構えたその時。

「ちょっと待ってください!!中に、前に感じた魔力の気配がないっ!!!」

マルコが血相を変えて叫んだ。空気が一瞬にして冷える。

「……馬鹿なっ!?」

「でも間違いありません、この中には……」

01〜30 誰もいません
31〜50 別の少し小さめの魔力反応があるだけです
51〜94 微弱の魔力反応、多分雑兵しかいません
95〜99 ????????
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 09:12:26.12 ID:x0pK51fPO
はい
366 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 09:29:07.56 ID:82BKlBPVO
※次回低コンマでネンヤ発動

「でもこの中には……誰もいません……」

冷や汗を流しながらマルコが言う。……これでは凌ぎきれないと、逃げを打たれたのか??

「くそぉぉぉぉっっ!!!!」

ギッグスが坑道の壁を叩く。叫びたいのは、俺も同じだ。……ここまで来ておきながらっ……!!

しかし、嘆いても何の手掛かりもない。俺は目の前の扉を斬った。

そこには……

01〜30 裳抜けの殻の研究施設があった。ご丁寧に全て壊されている
31〜60 裳抜けの殻の研究施設があった。急いでいたのか、辺りは散らばっている
61〜99 強い血の臭いがした
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 09:33:48.59 ID:aNnk1QIa0
368 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 09:55:14.69 ID:82BKlBPVO
中断します。上のコンマ配分は間違えてますが、とりあえずこのままで。
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 12:18:06.03 ID:Vl5U5lieO
はーつっかえ
370 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 12:29:29.95 ID:82BKlBPVO
中は裳抜けの殻だ。急いでいたのか、書類などが散らばっている。どうやらここも研究施設であるらしい。

「……急いで撤収した、という感じだな。手掛かりは……」

俺は辺りを見た。中央には……

01〜25 空となった硝子瓶がある
26〜50 裸の女性が入った硝子瓶がある
51〜75 巨大な設備がある
76〜94 作りかけと思われる設備がある
95〜99 ????????
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 12:33:59.05 ID:v/kfQaYAO
ほ?
372 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 12:36:34.09 ID:82BKlBPVO
※救済のためネンヤを宣言通り発動します。再判定
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 12:47:57.37 ID:x0pK51fPO
高コンマこいっ
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 12:48:10.62 ID:2dH8/4aDO
375 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 12:52:23.91 ID:82BKlBPVO
中央には、さっきのように裸の女性が入った硝子瓶がある。……違うのは、髪が銀髪なのと、年齢がもう少し行っているように見えることだ。

「ひょっとして、これが……『器』?」

ヘカテルがそれを見上げた。

「多分。ただ、ドワーキンはまだ意識を移してないね」

険しい顔でアミールが言う。恐らく、さっきの少女を元に作り上げたのだろう。

このまま放っておけば、多分無害だろう。……

※75以下で女性が動く
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 12:54:40.26 ID:2dH8/4aDO
377 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 12:58:23.13 ID:82BKlBPVO
※女性動く

その時、女性の目が開いた。彼女は……

01〜30 右手を俺たちの方にかざす
31〜60 一瞬のうちに硝子瓶の外に移動した??
61〜94 そのままこちらの様子を見ている
95〜99 ????????
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 12:59:13.24 ID:16ig0xHA0
ほい
379 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 13:04:14.46 ID:82BKlBPVO
彼女は、右手を俺たちの方にかざす。その掌は黄色く光り……

「まずいっ、避けろ!!!」

01〜30 ??????(サイファーの賢さ判定へ、基本全滅ピンチ)
31〜80 各自回避判定へ
81〜94 回避判定なし、戦闘発生イベント継続
95〜99 ???????
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 13:05:16.68 ID:x0pK51fPO
はい
381 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 13:11:12.85 ID:82BKlBPVO
それは幾筋もの光に分かれ、硝子瓶を突き破り……俺たちに降り注ぐ!!

※確定回避スキル使用不可

45-器用さ(23)=22以上で回避(サイファー、コンマ下)
45-器用さ(17)=28以上で回避(マルコ、コンマ下2)
45-器用さ(29)=16以上で回避(火蓮、コンマ下3)
20以上で回避(アミール、コンマ下4)
30以上で回避(ギッグス、コンマ下5)
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 13:16:10.21 ID:x0pK51fPO
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 13:16:31.78 ID:aNnk1QIa0
はい
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 13:17:09.67 ID:2dH8/4aDO
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 13:24:52.36 ID:OTBo6cKJ0
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 13:37:19.14 ID:YrI5TV+OO
387 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 13:57:00.06 ID:82BKlBPVO
※サイファーとギッグス被弾
※不屈の闘志は発動前
※ダメージは貫通属性

ダメージ
(コンマ下一桁×15-耐久力(40)×10+150)×2+50(サイファー)

(コンマ下一桁×15-25)×2+50(ギッグス)
388 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 13:57:26.36 ID:82BKlBPVO
ギッグスは下2です。
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 13:59:58.59 ID:aNnk1QIa0
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 14:03:42.79 ID:x0pK51fPO
ほい
391 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 14:11:11.77 ID:82BKlBPVO
ダメージ
サイファー 51 残りHP 538
ギッグス 270 残りHP 180

気絶判定
50以上でギッグス気絶(気絶しなくてもコンマ修整-30)
392 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 14:11:40.75 ID:82BKlBPVO
>>391
50以下で気絶の間違いです。
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 14:14:33.14 ID:2dH8/4aDO
394 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 14:16:46.18 ID:82BKlBPVO
※ギッグス気絶(早めに回復させないと死にます)

一時中断。
395 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 18:19:22.95 ID:FwL9cHgfO
少し進めます。
396 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 18:25:19.13 ID:FwL9cHgfO
「ぐっ……!!」

光の筋は、俺の左肩辺りを貫いた。この程度なら、まだ何とか動ける。

しかし……

「ギッグスさん!?」

マルコの叫びでギッグスの方を振り返ると、脇腹の辺りが半円状に抉れている。ギッグスはそのまま、前のめりに倒れた。
これは……かなりまずい。

女は硝子瓶が割れた所から出てきている。……俺たちを排除しようというのか??

45-マルコ賢さ(14)=31以上で???本成功には85以上必要
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 18:26:28.09 ID:zUN6oBtW0
398 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 18:31:05.81 ID:FwL9cHgfO
※マルコの介入なし

女はそのまま外に出ると、俺たちを見渡した。そして……

01〜35 手を上に上げた。凄まじい魔力が集まってくる!?(全滅危機)
36〜50 ふんっ、と気合いを入れた。裸のはずの彼女が、白い毛皮に包まれる
51〜75 貴様らが……侵入者か
76〜94 貴様ら……何者だ
95〜99 貴様ら……ぐうっ
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 18:40:51.33 ID:CYBW53FlO
400 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 19:22:11.37 ID:FwL9cHgfO
※軽ファンブル
※通常適用しませんが、絆効果によるファンブル無効を発動、再判定
(ここでファンブルはデッドエンドです)
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:24:05.63 ID:mCO9klwwO
はい
402 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 19:33:27.42 ID:FwL9cHgfO
「貴様らが、侵入者か」

女はゆっくりと近付いてくる。「ふんっ!!」と気合いを入れると、裸のはずの彼女が白い毛皮に包まれた。

「……お前は、何者だ」

「名乗る名などない。ただ、侵入者が来たら殺せ。そう言われたからやったまでだ」

女は手から長い鉤爪を出した。どうやら、人外の者であるのは間違いない。

45-賢さ(22)=23以上で会話開始(要魅力判定突破)
(85以上で会話フラグ1)

※会話フラグ5まで行くと?
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:35:31.11 ID:2dH8/4aDO
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:35:50.21 ID:zUN6oBtW0
405 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 19:41:26.27 ID:FwL9cHgfO
※ファンブル

俺は唾を飲み込んだ。……何も分からずに、ここで死ぬわけにはいかない。

「……命令したのは、ドワーキンか」

「お喋りが好きな男のようだな」

そう言うと、女は一気に俺との距離を詰めた!!そして……


ザシュウッ…………


鉤爪が、俺の腹を貫いた。

※90以上かクリティカルでサイファー覚醒イベントへ、それ以外でデッドエンド
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:43:10.86 ID:mCO9klwwO
407 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 19:47:20.10 ID:FwL9cHgfO
※デッドエンド

生暖かいものが口に溢れる。女はニヤリと邪悪な笑みを浮かべた。

鉤爪が引き抜かれる。呼吸が……できない……

「私に逆らおうなど詮なきこと。弱い依り代でも、十分な力だ。秩序の……」

目が霞んでいく。叫び声を出す余裕もない。

俺の視界が黒に染まるのと、殺戮が始まったのは、ほぼ同時だった。

※デッドエンド
408 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 19:51:21.05 ID:FwL9cHgfO
デッドエンドのペナルティです。今回は相当低コンマが続いた帰結のため、かなり緩和します。

01〜15 全ステータス-1
16〜30 好感度-30
31〜50 好感度-15
51〜99 ペナルティなし

※30以下に限り一度振り直しありとします。
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:53:31.11 ID:LshnsDlC0
高く
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:53:44.27 ID:mCO9klwwO
はいっと
411 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 19:54:10.05 ID:FwL9cHgfO
※振り直し
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:54:13.62 ID:CYBW53FlO
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:55:49.81 ID:y5TVIrejO
ちょっといくら何でも低いの続きすぎたね。
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:56:52.90 ID:y5TVIrejO
あ、もしかして自分のが適用?
415 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 19:58:08.28 ID:FwL9cHgfO
※ペナルティなし

再開場所を決めます。

1 作戦開始時
2 サイファー合流時(人数決定から)
3 研究施設イベントから(部屋突入時から)
4 突入直前(ドワーキン逃走済み)から

※安価下5多数決、考察不要
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 19:59:18.48 ID:y5TVIrejO
3かな
417 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 20:01:01.39 ID:FwL9cHgfO
なお、突入開始からはほぼ最悪の展開です。デッドエンド回避のための安価選択すら入れられませんでした。
それまでの過程は、1ヶ所軽いミスがある程度です。
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 20:02:26.32 ID:kQLoEoVro
じゃあ3で
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 20:02:56.15 ID:LshnsDlC0
3
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 20:17:59.85 ID:Je1I3v/U0
3
421 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 20:47:41.69 ID:FwL9cHgfO
では、再開します。
422 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 20:48:45.09 ID:FwL9cHgfO
>>295から再開

廊下をしばらく歩くが、人の気配はない。ここを守るためにさっきの奴らはいたのだろうか?

やがて、奥に扉が見えた。この中に、何かがある。

……

01〜15 ようこそ
16〜80 そこには無数の硝子瓶があった。その中には……
81〜94 そこには無数の硝子瓶があった。……???
95〜99 ?????????
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 20:49:17.83 ID:Ad6ga1WzO
424 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 20:52:29.23 ID:FwL9cHgfO
そこには無数の硝子瓶があった。……その中には、さっき斬った兵士と瓜二つの裸の人間が並んでいる??

「ここで製造されていたわけだな」

ギッグスが忌々しげに辺りを見る。

「間違いないですね。クローン工場、という所ですか。……ここの管理者がいるはずですが」

タキが辺りを見る。すると、誰かの姿がある。

※80以上で?
80未満で管理者、ファンブルなし
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 20:53:12.18 ID:LshnsDlC0
えい
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 20:53:24.92 ID:2pxuAM+2O
はい
427 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 20:57:07.52 ID:FwL9cHgfO
※管理者登場

「ち、近寄るなっ!!!」

そこには、震えながら叫ぶ眼鏡の男がいた。痩せていて、見るからに兵士ではない。

俺は……

1 刀を抜いて脅す
2 穏やかに接する
3 詰め寄って殺害する

※安価下、多数決ではありません。3のみ考察必要、1か2なら考察不要
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 20:58:01.87 ID:kQLoEoVro
1
429 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 20:59:57.54 ID:FwL9cHgfO
俺は刀を抜いた。

「大人しくしろ。そうすれば命は奪わない。下手な行動をするつもりなら、斬る」

眼鏡の男は……

※20以下で???
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:00:18.79 ID:2pxuAM+2O
はい
431 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 21:17:48.08 ID:FwL9cHgfO
男はその場にへたりこんだ。無用な殺しはしたくない。これでいい。

俺は刀を鞘に収めた。

「ここは?兵士を作り出す場所のようだが」

「そ、そうだっ、だから命は助けてくれ!」

ギッグスが呆れたように男に近付き、胸ぐらを掴む。

「それでも男か貴様は。質問に答えろ。ここはクローン工場だな。そして、オリジナルが奥にいる。そうだな」

ガクガクと震えながら男が頷く。

「行ってみるか。案内しろ」

ギッグスに強いられる形で、男は奥の部屋に向かう。

男が扉を開けると、そこには裸体の女性が入った硝子瓶があった。顔は……さっきのクローン兵に似てなくもないが、ずっと女性的だ。
小さめの男性器があることからして、どうやらこの女性も両性具有のようだ。

「何者なんだ、これは……」

男が震える声で言う。

「ベロン教授が、この遺伝子情報を元に再現しろと言って作った『素体』だ。
こいつではB型ウィルス発現因子が強過ぎるから、もっと弱くA型が共存できるものをと……」

男は奥にある金属製の戸棚を指差した。タキがそれを開けると、冷気が俺たちに伝わる。タキはそこから、透明な箱のようなものを取り出した。

「これは……髪の毛?」

それは霜に覆われた髪だった。目の前の女性――よく見ると少女に近いか――のそれと同じ、美しい金色だ。

男は溜め息をつく。

「髪の毛からクローンだなんて、ベロン教授も無茶苦茶を言うよ。その挙げ句にお尋ね者になって、軍隊に追われてこの様だ……」

男は俯いてブツブツ言っている。

「この髪の毛は?」

01〜60 分からない
61〜80 情報の断片
81〜99 少女の身元判明
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:18:27.89 ID:HBvixZZSO
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:18:35.77 ID:RaXdTbZXo
434 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 21:31:58.43 ID:FwL9cHgfO
「いわゆる『異世界』から来た、ドワーキンという男が持ち込んだものさ。確か、こう言ってたな……。
『鍵となる両性具有者、それも『一族』の血統に最も近い――ジュリア・ヴィルエールの遺伝子だ。500年、保管し続けてきた甲斐があった』とか。
僕にはちっとも意味が分からないけどね……」

ジュリア?ジュリア・ヴィルエールといえば……

「あの、3大名家のうちの2つの祖にして英雄の??そんな馬鹿なっ!??」

マルコが硝子瓶の中の少女を驚愕表情で見る。俺も開いた口が塞がらない。ヘカテルもだ。


500年前の伝説の英雄が、まさかこういう形で俺たちの目の前に現れるとはっ!?


「おい、どういうことなんだ?」

ただならぬ様子を察したタキが、訝しげに俺に訊く。

「……平たく言えば、この人は500年前の人間だ。それも、俺たちの世界を救った……英雄たちの一人だ。
彼女を利用しようと考えるとは……そもそも、こういう形で復活させられるなんて、想像だにしない」

俺は頭を強く横に振った。悪い夢でも見ているかのようだ。

「……で、この子をどうする?出してやるのか」

ギッグスが言う。

01〜20 やめといた方がいい
21〜50 出してどうするんだ
51〜94 男は無言だ
95〜99 ジュリアと呼ばれた少女の目が開く
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:32:58.15 ID:zs9QYTKZO
ほい
436 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 21:39:18.56 ID:FwL9cHgfO
「やめといた方がいい。こいつは、言ってみりゃ赤ん坊と同じだ。知性は多分人並みにあるが、何をしでかすか分かったもんじゃない。
ただでさえここは魔素が強い。悪影響を受けてないとも限らない。だからご覧の通り、クローンはできそこないばかりだ」

男は硝子瓶を見上げた。

俺は……

1 殺すならどんな方法がある?
2 無駄に殺したくはない、救えるなら救いたい
3 ナージャを呼ぶか(逃走確率50%に)
4 男を先に去らせ、その上でこの場を立ち去る

※安価下5多数決、考察不要
437 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 21:39:58.30 ID:FwL9cHgfO
※絆効果は前回デッドエンドで使いきっている点、ご留意ください
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:41:33.86 ID:kQLoEoVro
1
439 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 21:49:36.91 ID:FwL9cHgfO
上げます。
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:58:37.86 ID:6rkn7giLO
2
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 21:58:37.90 ID:Zm6k63Ii0
3かなぁ
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 22:00:45.24 ID:OTBo6cKJ0
2
443 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 22:01:40.97 ID:FwL9cHgfO
どれを選んでもメリットとデメリットがあります。

1 かなりの安全策ですが、今後のイベントに影響が出るかもしれません。
2 リスクを負いますが、上手くすれば最善です。
3 高確率でジュリアンが出れば最善ですが、逃走されずに済むかは博打です。
4 比較的安全ですが、再訪問時にここが残っているかは運です。
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 22:09:36.91 ID:EV9h8UIfO
蘭子「混沌電波第172幕!(ちゃおラジ第172回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528712430/
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 22:12:31.43 ID:mCO9klwwO
3
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 22:13:55.13 ID:zs9QYTKZO
2
447 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 22:18:21.10 ID:FwL9cHgfO
2と3で決選投票です。

安価下5多数決、考察不要
448 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 22:19:01.60 ID:FwL9cHgfO
なお、先程の投票で入れた方も再投票できます。
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 22:19:29.35 ID:kQLoEoVro
2
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 22:22:24.39 ID:OTBo6cKJ0
2
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 22:26:10.55 ID:mCO9klwwO
3
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 22:27:32.90 ID:zs9QYTKZO
2
453 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 22:29:29.82 ID:FwL9cHgfO
2で決定します。中断。
454 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 23:15:58.39 ID:P75H7mZmO
少し進めます。
455 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 23:21:13.27 ID:P75H7mZmO
「無駄に殺したくはない。救えるものなら救いたいが……」

男は呆れたように俺を見た。

「本気か?どうなっても知らんぞ。培養液を抜く、少し待ってくれ」

硝子瓶を満たしていた薄青の液体が消えていく。中には裸の少女が横たわるだけになった。
俺は硝子瓶に付いていた扉から中に入り、彼女を運び出す。

……

01〜20 ギラり、と瞳が光った
21〜50 あ、頭がっ……!!
51〜75 どちら様ですか?
76〜94 ぼ、僕はどうしてこんなところに……
95〜99 ミドルっ!!

456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 23:21:51.06 ID:sjQqUZPp0
457 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/14(木) 23:25:47.59 ID:P75H7mZmO
その次の瞬間。彼女が目を開けた。……瞳がギラリと光る。これは……まずいっ!!

01〜10 彼女の手刀が俺を貫いた
11〜30 彼女の手刀が俺の脇腹を抉った
31〜85 彼女は研究員の男に襲い掛かった
86〜99 彼女は研究員の男に襲い掛かった……
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 23:29:10.89 ID:zs9QYTKZO
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 23:48:43.41 ID:Zm6k63Ii0
なんか前作キャラの名前が出てくると無性に嬉しくなるね
460 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 00:17:42.21 ID:twW26024O
彼女は俺を素通りし、研究員の男に襲い掛かった。魔力を纏った手刀が男に突き刺さる……かと思いきや、それは直前で止まった。

……これはどうしたことだ?

01〜35 それでも「ジュリア」は叫びながら手刀を男に突き刺す
36〜80 あ、頭がっ……!!!
81〜99 あ、君は……?
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 00:18:54.85 ID:Wk39DlpSO
462 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 00:50:01.77 ID:twW26024O
今日はここまでとします。
463 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:11:41.71 ID:iu1Q1ZMaO
少し進めます。
464 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:13:59.47 ID:iu1Q1ZMaO
「ジュリア」の目線はマルコに向いていた。

「……き……君はっ……!?」

奇数 どうしてこんなところに……うっ……!
偶数 ミドル!!
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:14:31.24 ID:8JCpwxBT0
466 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:21:41.67 ID:iu1Q1ZMaO
彼女の目に狂気混じりだが生気が満ちる。そして……

「ミドルっ!!!」

「ジュリア」はあられもない姿のまま、マルコに飛び付いた。マルコは唖然としたまま硬直している。

「え……な、何が……」

「ミドルなんでしょ?やっぱり助けに来てくれたんだ!!本当、嬉しい……!!」

彼女は泣きながら、ぎゅっとマルコを抱き締めている。カレンが憮然とした表情で彼女に呼び掛けた。

「ちょっとあなた、彼はミドルとかいう人じゃないわ。マルコ。全くの別人よ」

「ジュリア」はやはり正気ではない。カレンの方を見やると……

01〜25 嘘だっ!!
26〜65 憎悪に満ちた表情でカレンを見た
66〜94 えっ……そんな、馬鹿な
95〜99 ????????
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:23:18.64 ID:DxXWeZYD0
468 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:25:04.50 ID:iu1Q1ZMaO
「ジュリア」は憎悪に満ちた表情でカレンを見た。

「……誰?」

奇数 カレンから発言
偶数 マルコから発言
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:26:06.15 ID:E9p//5CDO
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:26:08.38 ID:wG25Jilio
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:26:30.19 ID:d/EHGK93O
シャイニー
472 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:34:25.16 ID:iu1Q1ZMaO
「私は山田火蓮。この国で自衛官――平たく言えば軍人をやってるわ。
故あってあなたたちの世界に行って、ドワーキンの野望を止めるために今ここにいる。マルコは……大切な人なの。離れてちょうだい」

「ジュリア」は……

01〜40 ふざけるなぁ!!
41〜80 だからマルコって誰なの!?
81〜99 えっ……
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:35:00.69 ID:8JCpwxBT0
474 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:39:27.05 ID:iu1Q1ZMaO
「だからマルコって誰なの!?」

混乱する「ジュリア」を、そっとマルコは押し退けた。

「多分、あなたは僕の先祖――ミドル・オーディナルと僕を勘違いしてるんです。
僕はマルコ・ジャーヴィス。オーディナル家の分家で彼が生きた500年後の時代の人間なんです」

ジュリアは呆然とマルコを見ると……

01〜25 ふざけるなぁ!!
26〜60 うっ……あ、頭が……
61〜99 そ、そんな……
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:40:11.05 ID:kZLfHJVtO
ほい
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:40:25.91 ID:A8teI2bjO
はい
477 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:46:40.36 ID:iu1Q1ZMaO
「ふざけるなぁ!!」

そう言ってカレンに突進していく!!カレンは……

45-器用さ(29)=16以上で回避
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:47:15.44 ID:8JCpwxBT0
479 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:48:48.75 ID:iu1Q1ZMaO
※軽ファンブル

奇数 マルコとの絆効果で無効、再判定
偶数 そのまま
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:49:04.81 ID:A8teI2bjO
はい
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:49:07.47 ID:Uu6F4DhBO
頼む
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:49:25.12 ID:DxXWeZYD0
483 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:49:29.75 ID:iu1Q1ZMaO
※再判定
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:50:23.47 ID:A8teI2bjO
今度こそ
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:54:25.94 ID:qofjHjwCO
低いとこ引いてるなあ
486 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:55:05.54 ID:iu1Q1ZMaO
カレンはすっと横に避けた。勢い余った「ジュリア」は向こう側に吹っ飛びそうになるが、何とかこらえた。

なおも狂気と憎悪に満ちた目で、「ジュリア」はカレンを見る。カレンは冷静なままだ。

「あなたが誰かは知らない。ただ、その気なら……容赦はしないわ」

そう言うと、「アズーリ」の銃口を「ジュリア」に向けた。

俺は……

1 様子を見る
2 仲裁に入る

※安価下3多数決、考察不要

487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:56:58.97 ID:A8teI2bjO
2で時間稼ぎながら誰かにナージャ(ジュリアン)を呼びに行ってもらうのが最善かなぁ
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 12:57:42.49 ID:BEPzhz+qO
2
489 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 12:58:25.26 ID:iu1Q1ZMaO
>>487
ナージャがいるところまでは時間がかかるので、リスクはありますね。
事後処理をどうするかの選択でこれは出ます。
490 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 13:03:59.63 ID:iu1Q1ZMaO
「やめろっ!!」

俺は二人の間に入った。

「カレン、落ち着け!彼女は、本来は敵じゃない。多分、そこの男が言ったように魔素の影響でおかしくなってるだけだ。
そして……『ジュリア』さん。ここはあなたが本来いた時代じゃない。そもそも世界からして違うんです。
そこの男性は、あなたが愛したミドル・オーディナルじゃない。別人なんです」

正気でない相手に正論を言っても通じないのは分かっている。だが、それでも元は聡明極まりない人であったと伝えられている。
少しでも言葉が届けば……

01〜40 お前も邪魔するかぁっ!
41〜80 うっ、そん……あああっ!!!
81〜99 そんな、嘘だっ……
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 13:04:59.45 ID:DxXWeZYD0
492 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 13:10:17.48 ID:iu1Q1ZMaO
「ジュリア」は、しばし固まった。そして……

「……うっ、そんな……ああああっ!!!」

頭を押さえて苦しみだした!!こういうときにノワールがいればと思うが、今はいない。となると……

1 アミールに治療させる
2 浄化弾を撃つ
3 気絶させて善後策を練る
4 その他自由安価

※安価下5多数決、考察不要
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 13:18:49.65 ID:BEPzhz+qO
1
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 13:18:57.91 ID:A8teI2bjO
3
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 13:19:20.84 ID:Uu6F4DhBO
2
496 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 13:33:27.98 ID:iu1Q1ZMaO
それぞれのメリットとデメリットです。

1 アミールは肉体的苦痛なら治せますが、狂気状態まで治せるかは微妙です。
2 浄化弾は効果高めですが、100%ではありません(B型対応)。さらに浄化弾は1発しかない貴重品です(如月戦で使用後、1発補充ありとします)。
3 気絶の方法によります。上手くすれば恐らくナージャ(ジュリアン)を呼ぶことになりますが、逃走確率は50%に上がります。
4 何か筆者も気付かないうまい方法があれば。
497 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 13:34:20.38 ID:iu1Q1ZMaO
>>496
失礼しました。B型対応→B型に対応しきれていないということです。
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 16:37:37.59 ID:ca+7bR2r0
ナージャに電話して電話越しにジュリアンと会話させるっていうのは?
499 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 17:07:03.35 ID:iu1Q1ZMaO
>>498
現時点では無理です。少なくともジュリアが電話に出れる状況になってからでないと難しいでしょう。
(そもそもジュリアンが出れるかがコンマ次第です。時間がたてば出る確率は上がりますが、逃走確率も上がります)
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 17:15:30.84 ID:B7n6DoLg0
2
501 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 18:33:11.96 ID:ncwWZnJTO
上げます。まだ決定はしていません。
>>496を参考にしてください。

再開は多分2130以降です。
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 18:40:50.01 ID:mSP4+mxJ0
2
503 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 20:38:04.38 ID:ncwWZnJTO
再開します。
504 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 20:44:36.77 ID:ncwWZnJTO
俺は考えた。ある程度確実に彼女を落ち着かせるには……

「マルコっ、浄化弾を使えっ!」

「えっ、でもあれはドワーキンに……」

浄化弾は1発だけ補充を受けていた。確かにあれは貴重品もいいところだ。

だが、こちらにはこっちの世界製の猛毒弾がある。しかも、接近した上で投与しなきゃいけないが、奴の息の根を止めうる薬剤もある。
ある程度、倒すために必要なものは揃っている。

ならば……

「いいから使えっ!!ここのオルディニウムの影響なら、多少は効くはずだ!!」

マルコは銃口を彼女に向け、弱く打ち出した。

…………

01〜20 あまり効力なし
21〜80 その場に倒れる
81〜99 その場に座り込む
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 20:49:59.23 ID:7VT3uDi10
はい
506 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 21:56:08.49 ID:ncwWZnJTO
「あ"っ…………」

浄化弾が肩に当たると、そう言い残して「ジュリア」は倒れた。どうやら、効力があったらしい。

「何とか落ち着かせましたけど……どうするんですか、彼女。目が覚めてまた暴れられたら、正直困ります」

カレンが苦々しげに言う。

「だな。ここで油を売ってるわけにはいかない。ただでさえ遅れぎみだ、先を急ぎたい所だが」

タキもそれに同意する。彼らにとって、ジュリア・オーディナルは「ただの異世界人」に過ぎない。冷淡な反応は、ある程度仕方がない。

ただ、彼女は俺たちの世界では英雄だ。それが「複製品」であったとしても、かつての記憶はある程度持っているようだった。
今後のことを考えたら、邪険にはできない。

選択肢はいくつかある。まず、彼女の目が覚めるのを待つこと。もし正気に戻ったのなら、ドワーキン戦に力を貸してくれるかもしれない。
しかし、起きた後どうなるかは分からない。また暴れるなんてことは、多分ないだろうが。

誰かに残ってもらい、「一族」であるジュリアンの入った宝石を持つナージャに来てもらうか?名案だが、時間はかかる。
もし待っている間に目が覚めたら……状況によっては厄介かもしれない。誰を残すかという問題もある。

いっそのこと、全員でナージャを待つか?確実だが、時間は大きく失われる。ドワーキンを逃がす危険性は高い。

一番手っ取り早いのは、彼女を研究員に任せて先を急ぐことだが……そんなに信用がおけるだろうか?

さて……

1 全員で目が覚めるのを待つ
(逃走確率40%に、場合によってはそれ以上)
2 人をジュリアの元に残して先を急ぐ
(逃走確率30%のまま、誰を残すか再安価、残す人の人選が重要に)
3 全員でナージャを待つ
(逃走確率50%に、低確率でそれ以上)
4 その他自由安価

※安価下5多数決、考察不要
507 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 22:24:35.80 ID:k779NFYtO
上げます。
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 22:25:14.41 ID:OkmLmdGfO
2 残すのは滝あたりかな
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 22:26:47.59 ID:j3yxWABco
2
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 23:03:11.93 ID:px21lHCNO
2
511 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/15(金) 23:09:55.00 ID:/wxxTIpDO
※2で決定します。続いて誰を残すか決めます。
なお、2人以上でも可です。安価下5多数決、考察不要

※vsドワーキン戦などを考慮に入れてください。なお、ドワーキンが逃げていた場合、ジュリアクローン体(???版)が相手する可能性があります。

※ドワーキン逃亡のダメージは大きいので、前回同様確率で救済アイテムが入手できます。
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 00:05:48.23 ID:CUlb0r3G0
マルコ残す?殺されたりなんだりはしなくなると思うし
滝さんは強いから置いていきたくない
513 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 01:13:56.76 ID:099d3nf7O
とりあえずここまで。投票は継続します。
>>512は日付が変わっているので対象です。
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 01:21:19.01 ID:pO2SY8T0O
蘭子「混沌電波第172幕!(ちゃおラジ第172回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528712430/
515 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 07:31:11.71 ID:+JFGBSQTO
上げます。
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 08:38:31.92 ID:uwO4lIXn0
戦力ダウンは痛いけど一番起きた時安心な気がするしマルコ残しで
517 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 08:50:11.45 ID:+JFGBSQTO
ヒントを。残せるのは6人(サイファー、マルコ、火蓮、ヘカテル、滝、ギッグス)です。目覚めた時の反応も併せて。
(高確率で途中で目覚めます)
また、低確率でジュリア奪還イベントがあります。ある程度の戦闘能力があると安心です。

サイファー…
主人公なので一番安定します。ただ、vsドワーキン戦が厳しくなります(無敵化や瞬間転移による強襲など、切り札がなくなります)。

マルコ…
ジュリアの状態は安定します。ただ、vsドワーキン戦が少し厳しくなります(麻痺弾など、猛毒弾は火蓮使用)。火蓮の絆効果も発動しません。
また、マルコ単独で残すと低確率で変なことになります。また、ジュリアフラグが立つ可能性は高めです(メリットとデメリットがあります)。

火蓮…
ジュリアの状態は悪くなるか良くなるか割れます。また、ドワーキン戦が少し厳しくなります。マルコの絆効果も発動しません。

ヘカテル…
ジュリアの状態は多分平常です。ドワーキン戦が厳しくなります(分身剣などの切り札がなくなります、サイファーの絆効果も発動しません)。

滝…
ジュリアの状態は平常以上にはなりません。基本ジュリアン待ちです。戦闘面ではフルファイア常時起動がなくなるのをどう見るかです。

ギッグス…
ジュリアの状態は平常以上にはなりません。基本ジュリアン待ちです。戦闘面ではドワーキン戦のデメリットは少ないですが、襲撃イベントで撃退は難しいでしょう。
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 08:57:26.46 ID:R6g9CmVJO
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 09:16:19.21 ID:PJ7+YtdVo
マルコ
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 10:01:47.47 ID:B1e20xtd0
マルコとギッグス
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 11:38:47.50 ID:cOmCS3giO
ジュリアに襲われる訳か
ギッグスも一緒に残す
522 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 12:16:11.19 ID:Vny3nnRlO
とりあえずマルコ残しで決定します。再開は1500メド。
523 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 12:17:22.41 ID:Vny3nnRlO
なお、512、516さんのみ変更を受け付けます。(同一IDであれば可能)
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 14:36:09.58 ID:CUlb0r3G0
ギッグスも残すのは名案だと思う
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 14:38:15.12 ID:CUlb0r3G0
途中送信すまん
マルコとギッグス残しに賛成
526 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 15:03:18.09 ID:87+49ImFO
再開します。512さんの意見変更があったためマルコとギッグスを残します。
527 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 15:18:51.72 ID:87+49ImFO
……浄化弾が完全に効いているかは怪しい。とすれば、「一族」であるジュリアンの力は借りたい。
彼女には、「一族」の血が流れていたとセシル国王から聞いた。3名家しか知らない話だったというが、どうも彼女の父がジュリアンであるらしい。

とすれば、情緒を安定させるために彼の力は不可欠だ。ナージャを呼ぶのが正解だろう。

ただ、多分ナージャが来るまでに「ジュリア」は目覚めるだろう。その時、彼女が落ち着くには……誰かを残すのがいい。

「マルコ、ちょっとこっちへ。ギッグスさんも」

「どうしたんですか」

マルコが首を捻っている。俺はナージャを呼ぶ考えを伝えた上で、マルコに言った。

「『ジュリア』さんが目覚めた時、暴れずに済む可能性があるのはお前だけだ。だから、ナージャが来るまでここで彼女を見てくれ。全てが終わったら、合流しても構わない」

「……でも……」

マルコは困った様子でカレンを見た。カレンも不安そうだ。

「だからギッグスさん、あなたも残ってもらえますか?あなたは年長者だ、万一の時には、よろしくお願いできませんか」

45-魅力(17)=28以上で魅惑の眼差し発動せず
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 15:19:45.71 ID:B1e20xtd0
シャイニー
529 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 15:28:13.34 ID:87+49ImFO
※魅惑の眼差し発動せず

ギッグスはやれやれという感じで笑った。

「本当はベロンの奴を締め上げたい所だがな。確かにこいつも放っておいていい奴じゃなさそうだ。マルコに何かあったら、俺が止めよう」

俺はナージャに連絡した。まだ傷が少し痛むそうだが、来る分には問題ないらしい。

「カレン、頑張ってね」

マルコの呼び掛けに、カレンが頷く。……やるしかない。

※70以上でアイテム発見済み
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 15:28:46.43 ID:7cEroieDO
531 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 15:35:16.99 ID:87+49ImFO
#########

※先にマルコ視点から始めます

「……すみません、巻き込んでしまって」

僕はギッグスさんに頭を下げた。本来部外者なのに、感謝するしかない。

「気にするな。俺があのまま行っても、無駄死にになる可能性は高かった。足手まといになるくらいなら、というのもサイファーの申し出を受けた理由だ。気にやまなくていい」

ギッグスさんは静かに笑った。こういう人だから、周りが慕ったのだろう。

既にそこそこ時間はたっている。30分もすれば着くはずだ、もうそろそろ……

※85以下でジュリア目覚める
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 15:37:25.99 ID:L8wRg97aO
533 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 16:00:37.27 ID:87+49ImFO
※クリティカル、色々ボーナス

そう思っていると、ナージャさんが現れた。

「……ジュリアンさんの力が必要なのは、その子?……本当に、ジュリア・オーディナルなの?」

「ええ。どうもドワーキンの素体のために復活とかなんとか。僕も完全には理解しきれてないですけど。
ただ、ここのオルディニウムに汚染されてるのか、正気を失ってます。僕がさっき、浄化弾を撃った効果で少し落ち着いてますけど……」

その時、ナージャさんの宝石が緑色に輝き始めた!?光が大きくなり、部屋を満たす。

「な、何だ??」

ギッグスさんが叫ぶ。そして、光が収まると、そこには……緑色の鎧を着た男性がいた。

「ジュリアンさん??」

「……ここなら顕現化できるな。確かに魔素が濃い」

ジュリアンさんはジュリアさんの姿を見ると、驚きで固まった。

「……本当に、ジュリアじゃないか……!!こんなことが、あるはずがっ……」

「やはりあり得ないことなんですか?」

「当たり前だ。死者を甦らせること自体が禁術中の禁術だ。まして死んではるかにたったジュリアを甦らせるなんて……。
この世界では、こんな禁忌にも手を染めていたのか?」

ジュリアンさんはギッグスさんを見た。

「いや、さすがに人道的に無理だ。そもそも、髪の毛のDNA情報からクローンを作り、彼女のデッドコピーを産み出すという行為自体が許されない。
そもそもクローン自体が最先端の最先端だ。これをやるため、相当無茶をしやがったようだな。微かに、どこからか魔力反応がある。多分、オルディニウムだ」

ジュリアンさんの指差す方向には、別の部屋がある。あそこにあるらしい。

1 確認する
2 無視する

安価下、多数決ではありません。考察も不要です。

534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 16:02:03.67 ID:PJ7+YtdVo
1
535 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 16:12:59.80 ID:87+49ImFO
僕たちは部屋を開けた。そこには……

※15以下でマルコ狂気度上昇
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 16:15:04.42 ID:ImWig/FzO
ほいっ
537 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 16:20:17.98 ID:87+49ImFO
※狂気度上昇なし

夜まで中断します。
538 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 21:46:16.85 ID:Vny3nnRlO
再開します。
539 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 21:52:54.76 ID:Vny3nnRlO
そこにあったのは巨大な装置だった。……これって、一体……?

「多分、地中のオルディニウムを吸い出すためのものだろう。
この鉱山のオルディニウム濃度は、さして高くなかったはずだ。そうだな、ナージャ」

「ええ。……これを使って、あの兵士たちを?」

「多分。ジュリアの遺伝子をベースに、オルディニウムで変異させて『器』に使えるような『素体』を作るはずだったのだろうな」

僕はさっきの研究員を思い出した。彼はまだジュリアさんがいた部屋に縛られている。

「ちょっと訊いてくるか」

ギッグスさんはそう言うと、すぐにさっきの研究員を連れてきた。

「あたたた……な、何するんですか?僕にこれ以上の危害は……」」

「一つ、聞き忘れた。『素体』の研究は、どこまで進んでいた?」

……

01〜15 ほぼ完全形、すぐにドワーキンが転移できる
16〜30 かなり完成形、既に別の自我が宿っている(前回デッドエンド時がこれ)
31〜70 相当完成、曖昧だが自我が宿っている
71〜85 あまり進んでない
86〜99 全然進んでない
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 21:54:00.84 ID:Q9MqdbKjO
はい
541 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 22:28:38.95 ID:Vny3nnRlO
「あまり進んでないですよ、見れば分かるでしょ?だからベロン教授は焦ってたんですよ。
できる兵士はオリジナルから大幅に劣化、見た目も絶世の美少女から表情のないダッチワイフへと急降下だ。
バーネットみたいに性処理に使ってたのもいたみたいですけどね、何でこんな……」

ギッグスさんが不機嫌そうに胸倉を掴んだ。

「余計なことは言わなくていい。とりあえずじき、本隊が来る。それまで大人しくしてろ」

彼はギッグスさんに引きずられるようにして戻された。ジュリアンさんがふうと溜め息をつく。

「僕の娘のクローンが性処理に使われていたと聞くとね……。まあいい。
とりあえず最悪の事態はまあ避けられていそうで良かった。……ジュリアが起きるようだね」

向こうの方でジュリアさんが体を起こしている。ナージャさんが「しばらくあんたらはここにいな」と制した。
そういえば、彼女はタオルこそかけていたけどまだ裸のままだった。
さすがに予備に持ってきた防護服に、意識のないまま着替えさせるわけにもいかなかったのだ。


どうやら、普通に会話はできているようだ。「いいよ」との声とともに、僕たちは彼女に近寄った。
もう裸ではなく、防護服を着ている。

「……先ほどは、すみません。……ってお父様??」

ジュリアさんの目が驚きで見開かれた。ジュリアンさんはそっと彼女を抱きしめる。

「……500年ぶりの『再会』か。まさかまた生きた君と会えるとは、思ってなかった」

ジュリアンさんは感慨深そうだ。ジュリアさんはまだ少しぼーっとしている。

「……ここはどこなんですか。見た目は少し、ウィルコニアの内部に似てますが」

「さっきサイファー君が話した内容からすると、どうも君が生まれるきっかけになった髪の毛はウィルコニア突入後のもののようだね。
記憶も当時のままか。ミドル君に対して執着気味だったのも頷ける」

「そういえば!ミド……あっ……」

ジュリアさんは僕の方を見て何かに気付いたようだった。僕は静かに一礼する。

「僕はミドル・オーディナルの子孫でマルコ・ジャーヴィスといいます。先ほども紹介しましたけど。
オーディナル家の系統なので、一応あなたとは血が繋がってないと思います。
あなたの子孫は、ナージャさんですね。そこの宝石を首にぶら下げた」

「直系じゃなくご落胤?の子供だけどね。まあ混乱してると聞いてたけど、存外落ち着いているようでよかったよ、『ご先祖様』」

ジュリアさんは申し訳なさそうに首を垂れた。

「申し訳ありません、ミドルと勘違いしてたみたいで……。ここは、本当に異世界なんですね」

「正確には、『あり得たかもしれない分岐した過去』らしいけどね。だからこの時代、僕は当然生まれてない。
ベネディクトやジェラード兄さん、エリック兄さんは生まれてたみたいだけどね」

ジュリアさんは俯いて、困惑しきっている様子だ。

「僕は、どうしたら……」

※30以上で予備の銃あり、80以上でヴェルデュ改良型
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:29:56.97 ID:JgQ8c1BkO
543 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 22:40:32.07 ID:Vny3nnRlO
ギッグスさんが前に出ると、ジュリアさんに緑色の銃を差し出した。

「俺がドワーキン戦で使うため持ってきたものだ。慣れ親しんだコルトパイソンカスタムにするか迷ってたんだがな。
銃は使えるか、お嬢ちゃん」

「……ミドルのを見て、見よう見真似で。これは、『クリムゾン』ですか?凄く似てる」

「元々過去の世界にあった『クリムゾン』のオリジナルを真似たレプリカが、ミドルの使ってたのだからね。似ていて当然さ。
これは、その改良版といったところかな」

「安定量産版、というところだな。こいつなら、相当戦える代物のはずだ。
年若い嬢ちゃんに戦え、と強いるつもりはない。ただ、サイファーたちの会話の内容とさっきの身のこなしからして、相当場数は踏んでるとみた」

ジュリアンがギッグスさんを厳しい目で見た。

「ジュリアをドワーキンと戦わせるつもりか?」

※50以下でジュリアが渋る
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:40:54.36 ID:uWgHhmnD0
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:41:05.86 ID:KhJuXpGxO
はい
546 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 22:48:09.41 ID:Vny3nnRlO
※ジュリアが渋る

「……僕も、正直混乱してます。それに、ドワーキンさんといきなり戦えって……彼と戦わなきゃいけない意味は何ですか?」

確かにもっともな話だ。僕は……

1 説得してみる
2 諦める

※安価下3多数決、考察不要

※1は説得判定が必要です
※2だと後々いいこと(?)があるかもしれません
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:48:49.88 ID:PJ7+YtdVo
2
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:49:40.33 ID:KhJuXpGxO
2
549 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 22:53:42.41 ID:Vny3nnRlO
「分かりました。……確かにそうですよね」

僕は素直に諦めることにした。確かに、これは少々無理があり過ぎる。

「ありがとう。君のその聡明さは、ミドル譲りだな」

ジュリアンさんが言うと、ジュリアさんが嬉しさと悲しさがない交ぜになったような、複雑な表情をした。

「じゃあ、彼女はあたしが分岐点まで連れてくよ。それでいい?」

「ああ、そうしてくれると助かる」

……

※30以下でジュリアンが何かを感知
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 22:54:24.66 ID:OsFRkeujO
551 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 23:11:51.07 ID:Vny3nnRlO
※クリティカル、合流可能
※その他ドワーキン逃走確率が大幅低下

「それとドワーキンは、多分まだ下部だな。まだ動く様子はない。
アミールの魔力が捕捉できるから、飛んでみるか?」

「……そんなことできるんですか?」

僕の問いに、ジュリアンさんがニコっと笑った。

「これでも『一族』の端くれさ。僕の力は『魔力の流れを感知し、操作する』点にある。
主に武具を作ることにこの力を使ってきたが、魔力がある場所に転移することも近距離ならば可能だ」

そう言うと、彼はゲートを開き始めた。

「僕はナージャからそう離れられないから合流できないが、君とギッグスだけでも行ってやってくれ。健闘を祈るよ」

#################

※サイファー視点に戻ります
552 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/16(土) 23:12:22.94 ID:Vny3nnRlO
今日はここまで。多分ようやくvsドワーキン戦です。
553 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/17(日) 21:28:43.15 ID:7V8eDAaNO
今日更新するか微妙です。
554 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 09:26:28.24 ID:a3vOxWgbO
少し進めます。
555 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 09:34:43.09 ID:a3vOxWgbO
##########

俺たちは坑道を手探りで降りた。徐々に魔素が濃くなっている。

「火蓮、大丈夫か」

「ええ、兄さん。それにしても妙に静かですね」

カレンの言う通り、ここまでは何もなく来ている。ドワーキンの切り札は本当にないのだろうか?

その時、目の前にゲートが開いた。俺たちは一斉に身構える。

……しかし、出てきたのはマルコとギッグスだった。俺は安堵の溜め息と共に、刀を鞘に収める。

「……マルコか。しかしどうしてここに」

「ジュリアンさんが送ってくれたんですよ。ああ、ジュリアさんは無事です。精神も安定してるみたいなんで、後はナージャさんたちが何とかすると思います」

カレンもふうと溜め息をついた。どうやら彼女も、少し心配であったらしい。

もう少し先に進むと、白い金属の扉があった。この先か。

1 一気に斬り込む
2 マルコの鉢金で内部を探らせる

※安価下、多数決ではありません。考察不要
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 09:36:06.69 ID:jWaGtItPO
2
557 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 09:49:20.64 ID:a3vOxWgbO
「マルコ、内部の様子はどうなってる?」

マルコは精神を集中した。……

※45-知力(28)=17以上で成功
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 09:50:48.72 ID:jWaGtItPO
559 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 09:55:41.79 ID:a3vOxWgbO
※72…成功

※中身は……

01〜10 逃走済み
11〜30 人が消え始めている
31〜94 一体化したドワーキンなど
95〜99 ドワーキンとベロンは分離状態
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 09:57:28.26 ID:fcA1ZZPDO
561 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:20:22.32 ID:a3vOxWgbO
マルコの顔が青ざめた。

「……人が、消え始めてる……?」

「どういうことだっ!?」

「分かりません、ただ生命反応が……」

ドワーキンが逃げ始めているのか??俺は躊躇わず扉を斬った。その先には……

01〜10 誰もいなくなっている
11〜30 既にドワーキンはいないが研究員が何人か
31〜50 ドワーキンが逃走しかけている
51〜70 ドワーキンが殺戮している
71〜94 ドワーキンが指示を出している
95〜99 ?????????
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:24:47.34 ID:XfqAdXDN0
563 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:29:20.64 ID:a3vOxWgbO
「ドワーキンッッ!!!」

ドワーキンはゲートを開き、まさにその中に入ろうとしていた所だった。

「ちっ」

ドワーキンは……

01〜60 そのまま中に入ろうとする
61〜94 ゲートを消す
95〜99 我が半身よっ!!
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:30:29.13 ID:XfqAdXDN0
565 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:33:18.36 ID:a3vOxWgbO
ドワーキンはそのまま中に入ろうとする。俺は……

01〜40 為す術もなくそれを見送るだけ
41〜80 瞬間転移で妨害へ(イベント継続)
81〜99 瞬間転移で妨害へ(戦闘へ)
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:34:21.15 ID:n5f7fdMyO
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:36:11.10 ID:/Htm23t/O
低コンマ狙われてますね
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:37:30.00 ID:n5f7fdMyO
なんでそうなる
569 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:37:53.77 ID:a3vOxWgbO
俺は何かしようと動いたが、時既に遅く奴はいずこかへと消えた後だった。

「くそぉぉぉぉっっ!!」

叫びだけが虚しくこだまする。ここまで来ておきながらっ!!

※30以上で研究員あり、90以上で?????
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:38:17.21 ID:5Xu8D9cWO
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:39:44.02 ID:XfqAdXDN0
ほんとにここまできておきながらですな……
572 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:43:00.91 ID:a3vOxWgbO
研究施設には誰もいない。……完全に、一手遅かったかっ……!!

空間の中央には、大きな硝子瓶がある。中にはまだ小さい子どもが、裸の状態で液体の中で浮かんでいた。

「……手掛かりを探しましょう。落ち込むのは、まだ早いです」

マルコが言う。その通りだ。

※救済判定
コンマ下偶数で??、8の倍数なら……
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:43:14.39 ID:XfqAdXDN0
尻拭いくらいはしたい
574 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:45:45.54 ID:a3vOxWgbO
※特になし

俺たちは辺りを調べ始めた。中央の子供は……

※20以下で目が覚める(確率は段々上がります)
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:46:26.08 ID:5Xu8D9cWO
576 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:48:03.30 ID:a3vOxWgbO
子供の目が開いたのが見えた。……これは???

※9の倍数で?????
※3の倍数以外なら反応なし
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:48:24.03 ID:PlSRg5A10
578 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:52:15.77 ID:a3vOxWgbO
子供は自ら口にあったものを取り外し、液体の中から這い上がろうとしている??

これはっ……

「サイファーさん、その子はまだ『未完成』ですっ!!攻撃は一旦やめてくれませんか??」

マルコが叫ぶ。俺は……

1 子供のいる硝子瓶に向かい、殺すことを試みる
2 言われた通り様子見する

※安価下3多数決、考察不要(ただ判断ミスすると結構不味いです)
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:54:04.89 ID:XfqAdXDN0
1は敵意を見せることになって、2はやばい事になっても止められなくなる可能性がある、どっちもリスクはありそうだけども。

2
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:56:04.94 ID:5Xu8D9cWO
2
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:57:18.37 ID:jWaGtItPO
2 この世界戦では自我もまだ宿ってないっぽいから殺さなくても大丈夫か…?
582 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 11:59:14.26 ID:a3vOxWgbO
俺はそのまま子供が這い上がるのを見た。その子は俺たちの方に降り……

01〜20 右手を俺たちの方に向けた
21〜40 警戒した様子で俺たちを見る
41〜80 お兄ちゃんたち、誰?
81〜99 来てくれたようですね
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 11:59:25.98 ID:5Xu8D9cWO
584 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 12:11:44.44 ID:jnXTs0UxO
※ナルヤの効果でクリティカル

「……来てくれたようですね」

銀髪の子供はその外見に見合わない口調で、静かに話し出す。彼女が「ふっ」と軽い気合いを入れると、裸だった身体が白い毛皮のようなものに包まれた。

「……君は?それに、敵じゃないのか」

「……敵と言えば敵で、そうでないと言えばそうではありません。ただ、あのドワーキンという『蛇』の走狗が共通の敵であるのは、疑い無いですがね」

俺はマルコを見た。マルコは「こんなこと聞いてない」と言わんばかりに首を横にブンブンと振った。

それを見て、白い毛皮の子供は面白そうに笑う。

「無理もない。私はただ、眠っていたふりをしたまでです。未完成とあの人間が勘違いをしたのも、無理なからぬこと。
ドワーキンも勘違いしたまま、私を『捨てた』ようですね。大方、『蛇』の所に行き力を得ようとしているのでしょう」

「ちょっと待て。君は??」

タキが訝しげに言う。子供は愉快そうに俺を見た。

「言われずとも分かるでしょう。特に、そこの少し背の高い人間は」

45-賢さ(22)=23以上で成功

585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:12:14.93 ID:cFPgGuvUO
586 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 12:22:42.10 ID:jnXTs0UxO
※イベント続行

「まさかっ……『一角獣』??」

にこりと子供は笑った。

「ご名答です。ただ、ここのオルディニウムは純度が低いですから、その一欠片という程度ですが。
ドワーキンを殺そうにも、この身体じゃ無理があった。だから、ドワーキンが死ぬか逃げるかするのを待っていたのですよ。
それにしても、依り代とはいえ随分しっくり来る身体ですね。もう少し、あのベロンというドワーキンの分身が時間を取れていたなら、私自ら殺せたのですが」

あまりのことに、俺は……いや俺たちは呆気に取られた。
ただ、ここのオルディニウムはモハーベのそれと違う種であるとも聞いていた。ここにこうして「一角獣」が顕現するのもありえなくは、ないのか。

※80以下で一角獣はすぐ消える
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:23:34.54 ID:IY3tM4s50
えい
588 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 12:40:41.67 ID:jnXTs0UxO
※顕現はすぐ消える

「それに、魔素がここにはあまりに薄すぎる。私がこうやって喋っていられるのも、あと少し」

とすると、彼女から情報収集しかない。……何を聞くか?

※確定質問回数は2回までです

1 ドワーキンの行く先は?
2 異世界の混乱の話をする
3 強くしてもらう
4 その他自由安価

※質問以外に3のようなお願いでも通る可能性はあります
※安価下5多数決、一応考察不要
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:41:38.65 ID:XfqAdXDN0
2
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:43:08.26 ID:NUsrQ+xbO
2
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:46:09.83 ID:lkQwkH3fO
1
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:46:47.69 ID:NAn5aliKO
3
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:48:19.94 ID:+zpVz8KnO
3
ドワーキン今から追っても無理だろううし、こっちも強化してもらうの面白そう
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:48:35.12 ID:jWaGtItPO
4 マエザキの所にもオルディニウム鉱石あるからその魔素で顕現を維持できるならそっちに移動したいな…ただ鉱石はナガトの魔翌力補給に使っちゃうからそことの兼ね合いをどうするかっていうのとドワーキンの襲撃リスクがありそうなのが悩み所。
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:54:38.03 ID:wBl6USzgO
2
596 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 18:42:20.47 ID:o4bNE/XaO
2と3で決選投票します。

安価下5多数決、考察不要。前回投票した方も投票可能です。

「彼女」は人外です。こちらの言うことに素直に答えたり、従ったりはしません。その点だけご留意を。
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 18:55:29.17 ID:MPbTsaDXO
2
2スレくらい読んでないからその間に明かされてたら聞き流して欲しいんだけど。2つの世界において蛇と一角獣はそれぞれ別に存在するのか、それとも両方の世界を行ったり来たりできる1つの存在なのか聞きたい
598 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 18:57:12.55 ID:o4bNE/XaO
>>597
これは核心部ですが、支障のない程度で言えば「性格や目的は大差ない別個体」です。
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 18:58:46.87 ID:wVVBsm2zO
3
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 19:02:29.83 ID:t1nO3roQo
2
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 19:08:29.59 ID:slAZr2+TO
2
602 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 20:48:35.12 ID:o4bNE/XaO
再開します。
603 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 20:55:14.77 ID:o4bNE/XaO
「君……いや、あなたは異世界を知っていますか?」

少女は満足げに微笑む。

「ええ。あなたと、そこの青年と女性。奥の人もそうですね。ごくかすかに『蛇』の匂いもしますが。
こことは違う、一つのあり得る可能性の未来から来たのでしょう?その程度は、言わずとも」

「なら話は早い。俺たちは、そこから来ました。そして、そこではもう一人の『あなた』が手下を使い、世界を滅ぼそうとしている。俺たちは、それを止めたい」

俺はかいつまんでこれまでの経緯を話した。「一角獣」は、超然とした微笑みでそれを聞いている。

01〜50 それで?
51〜80 私に力を貸せと?
81〜94 ふむ
95〜99 面白いお話です
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 20:55:57.78 ID:n15Y+h2wO
605 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 21:01:26.81 ID:o4bNE/XaO
しばらくの沈黙の後、彼女は口を開いた。

「私が力を貸せと?」

「……できるのなら。俺たちは、向こうのあなたがどんな存在か知らない。だが、今目の前にいるあなたは、そこまで話が通じない人でもない。
あなたが『星の意思』とやらなら、世界が滅びるのを良しとはしないはずだ。どうなんです」

01〜30 笑止
31〜60 本当にそうですか?
61〜94 本当にそうですか?……と言いたいですが
95〜99 ふふふ
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:01:59.57 ID:ziH0vrCr0
607 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 21:08:53.27 ID:o4bNE/XaO
「一角獣」は真顔になった。

「本当にそうですか?人は、この星の害悪でしかない。自然を破壊し、秩序を壊し、混沌を招いている。
だから、全て一からやり直さねばならないのです。そっちの世界の『私』もまた、同じ考えなのでしょう。
私も、『蛇』さえいなければ……あるいは、奴と一体化し制御できるのならば、即座に行動に移していたでしょう。
私がこうやってあなたたちの戯れ言に付き合ってあげているのも、ただ時が来ていないからに過ぎません」

「しかしっ!!」

タキが叫んだ。

「人はその行いを悔いようとしている。人が自然から生まれたものなら、それを正そうとするのもまた自然の摂理であるはずです!!」

「一角獣」は……

01〜20 笑止っ
21〜50 それもまた一つの答えです、が……
51〜94 なるほど
95〜99 面白い
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:09:30.85 ID:n15Y+h2wO
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:09:40.47 ID:wVVBsm2zO
はい
610 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 21:16:00.67 ID:o4bNE/XaO
「一角獣」は再び微笑んだ。

「なるほど、それもまた一つの論理。あなたも、向こうの世界に行ったことがあるようですね?」

「妻が向こうの出身です。俺にとっても他人事ではないのですよ」

一角獣は頷くと……

3の倍数 俺に金色の宝石を手渡した
3の倍数+1 毛皮から毛を抜くと、俺に手渡した
3の倍数+2 一人だけ、力を与えましょう

9の倍数で???
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:16:21.03 ID:Ef6j8/J0O
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:16:36.20 ID:w+JUwwdGO
はい
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:21:03.74 ID:9Gg5bBFPO
こっちの世界は人類がまだやらかしてないから幾らか話が通じるわけか
614 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 21:30:08.73 ID:o4bNE/XaO
彼女は俺に近付くと、金色の宝石を手渡した。

「これは、私の力のごく一部です。しかし、それでも人の子が使うにはあまりに大きな力でしょう」

宝石は温かく、微かに脈打っているように見える。

「力を解放すれば、この世界にいる私の力を受け継いだ彼のような力が、あなたたちにも振るえます。無論、その力はさらに強い。
……まだ、この世界は救えないわけでもない。もしもう一人の『私』に会ったら、そう伝えてください」

※一角獣の宝石を手に入れました。使い捨てですが、「状況を全て変えてしまう効果」があります。
例えば複数人が死んでしまった場合の蘇生、致命的ダメージの反射、大ボスへの大ダメージ、
果ては都合の悪い展開の強制巻き戻し(かつ最悪の展開の回避)まで「大体」できます。願えばサイファーの大幅増強も可能でしょう。

ただ、「再入手不可能な」超貴重品です。使いどころはこちらから指示することがありますが、その旨ご承知ください。
615 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 21:41:58.76 ID:o4bNE/XaO
「さて……そろそろお別れです。最後に言いたいことはありますか?」

1 ドワーキンの行き先は?
2 もしあなたを殺したらどうなる?
3 強くしてもらう
4 その他自由安価

※安価下5多数決、一応考察不要
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:42:45.27 ID:3SyZT6nLO
4
そもオルディニウムとはなんじゃらほいという疑問を投げてみる。人類のみならず世界を滅ぼすレベルまで力を行使しようとしてるし、汚染が最終的に行き着く先は明らかに2匹の意思を超えているように見える。
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:42:49.54 ID:t1nO3roQo
1
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:43:29.89 ID:zxyxpOmE0
1
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:45:02.11 ID:L2lT7HOpO
1
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:45:03.11 ID:wd+oa3diO
ドワーキンの行き先は、遺跡なんじゃね?お互い本体は持ち場を離れられないとか言ってたし
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:48:25.78 ID:wd+oa3diO
あ、そこに飛ばしてもらえるかって質問も内包してるのか。1で
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:50:20.80 ID:wVVBsm2zO
4 できるならナガトに引き合わせてみたい、元は(向こうの世界の)一角獣の下にいたわけだし魔翌力不足をどうにかできる手段があればいいなという所で。
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:52:02.67 ID:PSjBea05O
穴潜るときに何とかj引けたらそれ倒すのに使っても良さそうだな
624 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 21:58:05.13 ID:o4bNE/XaO
「……ドワーキンの行き先は。あなたなら、ご存知のはず」

……

※10以上で明かす
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 21:58:17.26 ID:PSjBea05O
はい
626 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 22:06:12.32 ID:o4bNE/XaO
「……あなたもある程度見当はついてるのでは?」

俺は考えた。……この世界での逃げ場所……

「メキシコの遺跡かっ!!」

ギッグスが叫んだ。「一角獣」は頷く。

「ええ。そこです。恐らくは一緒に連れていった人々を生け贄に、『蛇』の力をさらに取り込むはずです。
私が使えず、時間もないと知った彼は、最後の手段に出た。『蛇』との一体化です」

ゴクリ、と誰かが唾を飲み込んだ。それは俺のものだったかもしれない。

「そうなると、どうなるんです?」

「私にも及びがつきません。そこからすぐに破壊行為に入るか、じっくりと力を取り戻しに行くのか……。
ただ、この世界の破滅は、不可避になるでしょうね。何もしなければ、ですが」

「……今すぐ行かないとっ!!」

カレンが必死の形相で言う。

※70以上で即転移可能
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 22:06:28.91 ID:U6ikTtDFO
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 22:10:41.82 ID:XfqAdXDN0
>>622
一角獣さん長時間顕現できないし現時点では無理じゃない?
629 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 22:16:14.82 ID:o4bNE/XaO
「一角獣」がニコッと笑った。

「そう言うだろうと思ってました。……私の、この依り代の最後の力を使って『蛇』の遺跡の中腹まで届けましょう。
あそこまでなら、『蛇』の力にぎりぎり干渉できる」

そう言うと、彼女は空間に歪みを瞬時に作り出した。彼女の身体が、灰のように白くなっていく。

「お急ぎなさい。……二度とこの世界の『私』に会わないことを祈りますよ。
その時は、私が人類を完全に見捨てた時でしょうから」

「……分かりました、ありがとうございます」

俺たちは急いで歪みの中に飛び込む。

振り向くと、崩れ去る彼女はどこか満足げに笑っていた。

##########

※コンマペナルティ判定(遺跡内は高魔素濃度です)

01〜20 -20(マルコと火蓮は-25)
21〜50 -10(マルコと火蓮は-15)
51〜75 -5(マルコと火蓮は-10)
76〜94 何もなし
95〜99 +10
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 22:16:50.06 ID:YEAq0E3AO
631 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/18(月) 22:20:14.45 ID:o4bNE/XaO
中断します。

>>622
3の倍数+1でナガトの魔力チャージでした。
632 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 09:38:43.40 ID:sEumSKGnO
少し進めます。
633 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 09:42:01.02 ID:sEumSKGnO
#########

俺たちは、緑色に光る洞窟の中に飛んだ。着いたと同時に、身体の重さを強く感じる。……何だここは??

「サイファー、注意しろっ!魔素濃度が……耐久限度近い!!」

タキが叫ぶ。そして、マルコとカレンは……

※35以下で狂気度上昇(コンマ下1、2)
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 09:44:27.40 ID:vU8uTEzz0
うん
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 09:44:51.83 ID:/DlFoG4DO
636 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 09:50:56.93 ID:sEumSKGnO
※両方とも問題なし

二人とも膝を付いていて辛そうだ。息は荒いが、何とか立ち上がった。

「大丈夫か?」

「正直、キツいです。『防護服』って、余りはありますか」

確か、まだ一枚残していたのがある。問題はもう一枚だが……

01〜60 ギッグスは首を横に振った
61〜75 簡易型のであればあるぞ
76〜85 DVECがあるぞ
86〜94 DEMOがあるぞ
95〜99 こんなこともあろうかと
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 09:51:10.96 ID:2m3cXe0ZO
638 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 10:18:49.78 ID:sEumSKGnO
ギッグスは「ふむ」と思案すると、背中に背負った物入れから何かを取り出した。

「こんなこともあろうかと、国防総省が開発中の最新鋭防護服を持ってきている。予想に反して魔素が濃すぎた時のとっておきだ。
ただ、凄まじくピーキーな代物でな。俺では使いこなせそうもない。お前らに勧めるのも気が引けていたので言わなかったが、性能は折り紙付きだ」

服の見た目は、DEMOをさらに簡素化したもののようだ。被り物の部分も、かなりスッキリしている。

「ピーキーって、どういうことですか」

「平たく言えば、『生命力を食う』んだよ。普段はそうでもないが、多少強度がかかる運動なり戦闘をすると、生命力を『食って』身体能力を補助する。
アンバライトの性質を活用したものらしいが、俺のような年寄りには扱える代物じゃない。
その代わり、魔素の遮断は完璧に近い。ここでも、多少キツく感じる程度で済む。戦闘時の補助効果も絶大だ。
ベロンが計画していた『終末兵士計画』の一貫として開発されてたものの、プロトタイプといったところか」

さて、こいつをどうするか……

※防護服「ARMD(Armor with Resisting Magic Device)」
HP+80、コンマ修正15、ダメージ修正30、ダメージ軽減60 全ステータス+3
魔法攻撃無効、行動ごとにHP50減少(カウンター時除く) 魔法の使用は不可に
※オーバードライブ発動可能(追加の1ターンかつダメージ2倍、反動で次行動までスタン)

※ARMDを装備させる相手を決めてください。なお、サイファーやヘカテル、滝でも可能です。
(その場合は着ている装備がマルコか火蓮に移ります)
※安価下3多数決、考察不要

※DVECは状況を見て筆者がマルコか火蓮どちらに着せるか決めます。ARMDだけここでは決めて下さい
639 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 10:19:26.55 ID:sEumSKGnO
なお、ARMD装備者はここでのコンマペナルティが-10にまで減ります。
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 10:23:17.05 ID:iwwQMjboO
ARMDをサイファーでいいんじゃないか?ドレインで相殺できるし
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 10:25:22.46 ID:GSW6YZw3O
↑に同意
642 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 10:27:11.71 ID:sEumSKGnO
※サイファーに決定

※DEMOをマルコと火蓮のどちらが装備しますか?安価下3多数決、考察不要
(選ばれなかった方がDVECになります)
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 10:29:51.44 ID:GSW6YZw3O
それぞれの性能を忘れてるので教えてほしい
644 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 11:52:30.21 ID:u+PDxchYO
>>643
・防護服「DEMO」
HP+50、コンマ修正15、ダメージ修正20、ダメージ軽減30 魅力以外の全ステータス+2、魅力のみ-2
魔法攻撃無効、毎ターンHP50回復 魔法の使用は不可に

・防護服「DVEC」
HP+40、ダメージ修正20、ダメージ軽減25
全ステータス+2
魔法攻撃無効、魔法の使用は不可に

以上です。
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 11:58:09.38 ID:GSW6YZw3O
魅力減るのは痛いしカレンにDEMOで
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 11:58:39.79 ID:OVEfF/W7O
火蓮にDEMOを渡す
マルコが説得や眼差し使う事態になった時の事を考えてDEMOで魅力が下がるのを避けたい
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 11:58:53.15 ID:GSW6YZw3O
(マルコの)魅力減るのは痛いって意味す
648 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:03:40.57 ID:u+PDxchYO
サイファー

HP 299+290(589)
筋力 17+14(31)
知力 10+13(23)
器用さ 10+14(24)
賢さ 13+10(23)
耐久力 24+17(41)
魅力 16+7(23)
コンマ修正 55(上限)
ダメージ修正 235
ダメージ軽減 180
狂気度 3
覚醒カウンタ 4

【技能】
・簡易治癒…… 1ターン使ってコンマ下一桁×2回復
・かばう…… 任意の相手のダメージを肩代わりする、自身へのダメージ半減
・フロントガード…… 攻撃しない代わりに前列への物理ダメージ4分の1
・バックガード 攻撃しない代わりに後列への物理ダメージ4分の1 ・カウンター 回避クリティカルの際のカウンターダメージが強制2倍ダメージ
・オートカウンター かばうごとにダメージ後カウンター攻撃発生。命中に大幅ボーナス、ダメージ2倍
・不屈の誓い 1戦闘につき1回のみ使用可能 1ターンのみ全攻撃をサイファーに集中、ダメージを4分の1に。 攻撃を受けるたびにオートカウンター発動
・強撃 1ターン消費してダメージ2倍or確定不意討ち時のダメージを2倍
・魅惑の眼差し 1日1回、魅力判定が確定成功
・一刀両断 1戦闘1回のみ、確定2倍ダメージ、防御貫通(カウンター時は使用不可、朦朧時の連撃は対象外)
・(奥義)無敵化 1日1回のみ始動可能 一部攻撃(核攻撃、相手の重クリティカルなど)を除いてダメージを完全無効化、戦闘時で反撃可能なら確定5倍カウンター
耐久力判定に失敗すると狂気度上昇 (使う際には多数決、使わないと死ぬ場合強制発動)
・近距離瞬間移動 1戦闘で2回使用可能、確定回避と不意討ちが同時に発動。通常時でも使用可
・超回復(瀕死ダメージを食らっても即全回復、2回まで)
・魔力吸収(魔法攻撃を食らった際に程度に応じて回復と増強、魔力カウンター)
・全特殊攻撃無効(new)
麻痺、毒、朦朧など全て無効

【装備】
・神器「真打・村正」
HP+70、筋力、知力、器用さ、耐久力+4、ダメージ修正100 ダメージ判定に筋力と知力の両方が乗る
ダメージの4分の1HPが回復 対生物ダメージ2倍 クリティカル時ダメージ3倍 遠距離攻撃可能
・防護服「ARMD」
HP+80、コンマ修正15、ダメージ修正30、ダメージ軽減60 全ステータス+3
魔法攻撃無効、行動ごとにHP50減少(カウンター時除く) 魔法の使用は不可に
※オーバードライブ発動可能(追加の1ターンかつダメージ2倍、反動で次行動までスタン)
・小盾「ケレゴルムの盾」
HP+30、ダメージ軽減25、知力、賢さ、耐久力+2
相手のダメージ判定が85以上ならダメージ半減
・魔力糸の革靴
HP+10、ダメージ軽減10
・マリオの手甲
HP+30、コンマ補正10、ダメージ修正15、ダメージ軽減35 筋力、器用さ、耐久力+3
朦朧攻撃可能、発動75以上、維持55以上
・神器「力の指輪ネンヤ」
HP+50、全パラメータ+2、ダメージ修正50、ダメージ軽減20、コンマ修正20
クリティカル倍率+1、1日1回限定で「不幸の宝珠」と同等の効果
・神器「力の指輪ナルヤ」
HP+50、全パラメータ+2、ダメージ修正40、ダメージ軽減30、コンマ修正20
クリティカル常時95以上(88クリティカル扱い)、クリティカル倍率+1
649 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:07:01.59 ID:u+PDxchYO
火蓮(持ち越し3p)

HP 344+240(584)
筋力 10+6(16)
知力 19+8(27)
賢さ 10+6(16)
器用さ 23+8(31)
耐久力 15+10(25)
魅力 9+2(11)
好感度 163

コンマ修正 55(上限)
ダメージ補正 215
ダメージ軽減 120

【技能】
・二刀流(近接のみ)
1ターン2回攻撃、命中にはペナルティあり

・連射(遠距離のみ)
クリティカル時に継続率40%で次の攻撃が可能

・隠密行動
1ターン使って戦線離脱、次の攻撃が必中

・急所狙い
クリティカル倍率×3

・集中(性能向上)
狙撃時クリティカル確率がダメージ判定時75以上で発生
連射時のクリティカルにも適用

・跳弾
確定2回攻撃(銃装備時)
(接近戦時の2回攻撃は未解禁です)

・弱点看破(性能向上)
戦闘開始時、知力判定成功でダメージ×1.5
ゾロ目か80以上で全員に共有

・(奥義)真・見切りの極意
戦闘時2回だけ確定回避かつその後確定カウンター発動

・(奥義)フルファイア
5回攻撃、戦闘1回につき1回(装備に関わらず5回固定、カウンター時は発動不可)

【装備】
・神器「アズーリ」
HP+120、全パラメータ+3、ダメージ修正150、ダメージ軽減30、コンマ修正30
命中とダメージ修正には知力を利用、通常時クリティカルが90以上
常時ダメージ3倍、不意討ち時ダメージ2倍、クリティカル倍率+4倍
遠距離攻撃可、魔力無効と判明した場合は実弾攻撃に、相手防御補正を貫通
敵7人まで同時攻撃可能、命中判定2回
1ターン消費で「究極形態」使用可、ダメージが無条件で30倍
(最低ダメージ保証10000、ただし狂気度上昇の恐れあり、周辺への影響大のため使用不可の場合も。この時限定でクリティカル倍率2倍固定)
・チタニウム合金ダガー×2
ダメージ修整15(接近時)
・ミドルの狩猟用グローブ
HP+30、ダメージ修正10、ダメージ軽減25、耐久力+4
・防護服「DEMO」
HP+50、コンマ修正15、ダメージ修正20、ダメージ軽減30 魅力以外の全ステータス+2、魅力のみ-2
魔法攻撃無効、毎ターンHP50回復 魔法の使用は不可に
・工芸師フィオナの指輪
コンマ修整10、HP+20、ダメージ修整15、ダメージ軽減15、全パラメーター+1
・指輪『ヴィルヤ・レプリカ』
HP+20、コンマ修正5、ダメージ修正10、ダメージ軽減10、知力、魅力+2
650 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:11:29.49 ID:u+PDxchYO
マルコ(持ち越し2p)

HP 290+260(550)
筋力 7+6(13)
知力 15+15(30)
器用さ 10+9(19)
賢さ 10+6(16)
耐久力 11+11(21)
魅力 20+10(30)(上限)
好感度 138

コンマ修整 55
ダメージ修整 190
ダメージ軽減 140

(技能)
・鑑定
持ち物を鑑定できる(ノワールと同一)
・口車
戦闘開始時に時間を稼ぐことが場合によって可能、魔物相手は不可
・爆薬知識
後衛から爆弾攻撃をした場合ダメージ×1.5
・魔道具知識
発動型武器(銃含む)のダメージ1.5倍
・魅惑のまなざし
1日1度、魅力関連の判定を強制成功
・説得
同行者の魅力判定失敗時に介入可能。説得確率大幅増
戦闘時に使うことも可能。戦闘を終わらせたり、動きを止めたりもできる
魔物には使用不可、暴走中の相手には低確率で効果あり
・(奥義)動くな
叫びにより相手の動きを一瞬止める。随時可能、攻撃時なら不意討ち、回避時は強制回避へ、戦闘1回につき2回可能(対全体攻撃でも発動可能)

(装備)
・神器「クリムゾン改二」
HP+100、知力、器用さ、耐久力+5、ダメージ修正110、ダメージ軽減20、コンマ修正25
命中とダメージ修正には知力を利用、通常時クリティカルが95以上
常時ダメージ3倍、クリティカル倍率+2倍
遠距離攻撃可、魔力無効と判明した場合は実弾攻撃に、クリティカル時は相手防御補正を貫通
敵5人まで同時攻撃可能、命中判定3回
クリティカル時に連射攻撃(30以上で継続、継続3回まで)
1戦闘につき一回だけ麻酔弾発射可能、運用は地獄嵐に準ずる
・防護服「DVEC」
HP+40、ダメージ修正20、ダメージ軽減25
全ステータス+2
魔法攻撃無効、魔法の使用は不可に
・神器「ドル・ローミンの鉢金」
HP+35、知力、賢さ、魅力+4、コンマ修正15、ダメージ修正10、ダメージ軽減40
戦闘時1回のみ体力全回復、致死ダメージの際は自動的に発動
1日1回のみ、パーティ全員のHPを半分回復(1ターン消費)
1階層につき一度、自動探査。判定に成功で階段までの最短距離と敵の遭遇可能性が分かる
治癒術が使える(コンマ+50、最低90)
・革手袋「カンベレグ」 HP+15、知力、耐久力+2、コンマ修正5、ダメージ修正20、ダメージ軽減15
・龍革の靴
HP+30、ダメージ修正10、ダメージ軽減20、腕力、器用さ、魅力+2
・指輪『ヴィルヤ・レプリカ』
HP+20、コンマ修正5、ダメージ修正10、ダメージ軽減10、知力、魅力+2
・指輪「ネンヤ・レプリカ」
HP+20、コンマ修正5、ダメージ修正10、ダメージ軽減10、腕力、耐久力+2
651 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:26:56.98 ID:zZCU9vutO
少し進めます。
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:28:47.26 ID:GSW6YZw3O
針金探知は発動する間だけ頭の部分だけ外す感じなのかな
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:31:42.93 ID:UVhHb/vuO
鉢金だっつーの
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:32:25.09 ID:GSW6YZw3O
これは失敬
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:35:24.89 ID:bFHdmqDPO
サイファーの行動における体力減少と回復の順番はどうなる?

1ターン後に自動減少分はほぼ全回復だろうから致死量のダメージ食らわせてくる敵以外にはあまり関係ないようには感じるが
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:38:37.64 ID:bFHdmqDPO
それとかばう時にも減少するならサイファーとは相性悪いように見える
657 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:40:07.72 ID:zZCU9vutO
※サイファーのペナルティが-10、マルコと火蓮のペナルティが-20に

この防護服は、俺が着た方がいいだろう。生命力の吸収は、「村正」で補える。
問題は、今着ているのをどうするかだが……これが最善か。

「タキ、この『DEMO』は大きさを変えられるんだったよな」

「サイズは可変だ。極端でない限りは」

「なら、この新しいのは俺が着る。代わりに今俺が着ている『DEMO』をカレンに、まだ一着余っている『DVEC』をマルコに回してくれ。これで、この魔素にも少しは耐えられるはずだ。
着脱程度なら、然程問題はないはずだよな」

タキが頷いた。俺たちは早速、急いで着替える。
新しい防護服は、よりピッチリしていて動きやすい。ただ、確かに少し動くと何かが吸われるような予感があった。扱いづらいのは確かなようだ。

「これでよし……マルコ、中の様子は?」

65-知力(30)=35以上で成功(90以上で追加情報)
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:40:27.02 ID:gkcCXypgO
659 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:42:47.31 ID:zZCU9vutO
>>655
体力減少→回復の順ですね。

なお、庇う際にも発動します。サイファーの場合、重傷(腕が千切れるなど)でないなら攻撃ヒットは全回復なのでまだ運用可能ですが、他キャラだと大変かもですね。
660 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:48:31.71 ID:zZCU9vutO
※感知不可

「ダメですね、魔素が濃過ぎて……でも、多分深部かと思います」

「まあ、先に進むしかないか。行こう」

俺たちは慎重に進み始めた。壁が光っているので先は見えるが、どうにもこの光そのものが気味が悪い。
長居するような所ではない気がする。

……

01〜15 定命の者よ……消えるがよい
16〜40 人影???
41〜94 分岐点だ
95〜99 何かがいる
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:49:07.48 ID:OVEfF/W7O
ほい
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:49:07.87 ID:bMX0r2ezO
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:50:36.23 ID:giNPV/9aO
ぶっちゃけサイファーは守り極振りだし減少ペナあっても悪い方の戦闘省略レベルでもなきゃ死なないだろう
664 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:51:37.87 ID:zZCU9vutO
しばらく行くと、分岐点が見えた。どちらもあまり違いはないように見える。

「せっかくだから、こっちの方に行きませんか」

「そうね、上から来るのには気を付けて」

マルコとカレンが言う。たまに出るこの口調は、未だに慣れない。

※70以上で追加情報
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:52:20.74 ID:whh/UuXHO
s
666 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 12:54:57.65 ID:zZCU9vutO
※追加情報

その時、マルコたちが選ぼうとしたのとは逆の方から、咆哮のようなものがかすかに聞こえてきた。これは……?

※20以下か70以上でさらに追加情報
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 12:55:10.97 ID:whh/UuXHO
ts
668 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 13:04:33.44 ID:zZCU9vutO
※クリティカル

そっちの方から、誰かが話している声が聞こえる。

「洞窟の反響からか……大分奥だろうが、誰かがいるのは間違いないな。しかし、何か妙だな」

そう、どこか必死な様子がある。多分、あれは……ドワーキンだ。

「行くぞっ」

俺たちはそっちに向けて歩き出した。段々と、壁が人工的なものに変わっていく。大昔のこの世界の人間が作り出したものであるらしい。

そして……

01〜05 ????????
06〜40 大きな扉がある。その前には……気持ち若返ったドワーキンがいた
41〜65 大きな扉がある
66〜94 大きな扉がある。その奥から、ドワーキンが叫ぶ声が聞こえた
95〜98 大きな扉がある。その奥から、ドワーキンが叫ぶ声が聞こえた
99   ?????????????
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 13:04:46.25 ID:a9tPIk9oO
670 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 13:05:21.51 ID:zZCU9vutO
※訂正します、コンマ踏まれていれば採用

※クリティカル

そっちの方から、誰かが話している声が聞こえる。

「洞窟の反響からか……大分奥だろうが、誰かがいるのは間違いないな。しかし、何か妙だな」

そう、どこか必死な様子がある。多分、あれは……ドワーキンだ。

「行くぞっ」

俺たちはそっちに向けて歩き出した。段々と、壁が人工的なものに変わっていく。大昔のこの世界の人間が作り出したものであるらしい。

そして……

01〜05 ????????
06〜40 大きな扉がある。その前には……気持ち若返ったドワーキンがいた
41〜65 大きな扉がある
66〜94 大きな扉がある。その奥から、ドワーキンが叫ぶ声が聞こえた
95〜98 大きな扉がある。その奥から、ドワーキンが苦痛で叫ぶ声が聞こえた
99   ?????????????
671 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 13:08:51.54 ID:zZCU9vutO
そこには大きな扉がある。その前には、気持ち若返ったドワーキンがいた。
周りには、兵士と研究員の死体が転がっている。ドワーキンの表情には、いつものような余裕がない。

奴は……

※80以上でこちらに気付いていない
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 13:09:03.94 ID:a9tPIk9oO
673 : ◆QlCglYLW8I [saga]:2018/06/19(火) 13:11:10.51 ID:zZCU9vutO
※不意討ち可能

一旦切ります。なお、>>667でのクリティカルでドワーキンは「蛇」の力を少なくとも100%は受け取れていません。
(ゼロか、限定的です)
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 14:36:58.90 ID:+OYMng9nO
回復阻害系の敵が現れでもしない限りはサイファー死ななさそう
176.13 KB Speed:52.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)