サーバル「かばんちゃんが百合獣(フレンズ)姦モノのエロ本隠し持ってた……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:28:18.47 ID:ee8S+6oo0
サーバル「かばんちゃんがぁ、かばんちゃんが怖いよぉ!」ガタガタ

かばん「誤解だから!誤解だから!」

サーバル「かばんちゃんに犯されるぅ!」ブルブル

かばん「やめて!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528723698
2 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:30:33.08 ID:ee8S+6oo0
かばん「ご、誤解なんだよ!」

サーバル「そうなの……?」

かばん「うん」

サーバル「じゃああの本、かばんちゃんのじゃないんだね!」

かばん「いや、それはまぁ、僕のなんだけど……」

サーバル「犯されるぅ! かばんちゃんに犯されるぅ!」ガタガタ

かばん「ち、違うのぉ!」
3 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:31:15.51 ID:ee8S+6oo0
サーバル「あの、かばんちゃんも年頃だもん、そういう事に興味を持つ事自体は、全然否定するつもりないよ?」ビクビク

かばん「……うん」

サーバル「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル

かばん「……あの、サーバルちゃん」

サーバル「う、うみゃ!?」ビクゥッ

かばん「な、なんで距離とってるの?」

サーバル「怖いもん!犯されるもん!ガタガタ

かばん「やめて!」
4 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:32:11.84 ID:ee8S+6oo0
サーバル「超マニアックな方法で犯されるもん!」

かばん「しないよそんなの!」

サーバル「普段みんなで乗ってるジャパリバスの中で
『あんまり声出すと、他のフレンズさんに気づかれちゃうよ……?』とか言われながら犯されるもん!」

かばん「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」
5 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:32:56.36 ID:ee8S+6oo0
サーバル「なんかフレンズ特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでしょ!」

かばん「しないよ!やめて!」

サーバル「『サーバルちゃんとの交尾ごっこ…負けないよ?』とか言いながら犯すつもりでしょ!」

かばん「抜粋やめて!音読やめて!」

サーバル「かばんちゃんがマニアックな言葉責めを身につけてるよぅぅ……!」
6 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:33:39.78 ID:ee8S+6oo0
サーバル「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」

かばん「違うから!そういうんじゃないから!」

サーバル「さ、さらにマニアックな……?」

かばん「違うよ!ていうかさっきサーバルちゃんが言ったみたいのは百合獣(フレンズ)姦ものでは全然マニアックの範疇じゃないよ!」

サーバル「……みゃ…?」

かばん「……あ」
7 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:34:33.61 ID:ee8S+6oo0
サーバル「……あ、あれくらいは、基本なんだね?」

かばん「なんでもない!さっきのなんでもない!」

サーバル「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」

かばん「聞いて!さっきのは間違いだから!」

サーバル「もうあれくらいじゃ、満足できないんだね……?」

かばん「やめて!」
8 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:35:39.57 ID:ee8S+6oo0
サーバル「かばんちゃんがどんどん遠くに行っちゃうみたい……」

かばん「遠くに行ってるのはサーバルちゃんだよ……物理的に距離とってるじゃない……」

サーバル「だ、だって犯されるもん……」

かばん「しないよ!」
9 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:37:59.44 ID:ee8S+6oo0
サーバル「私の接し方が悪かったのかな……
     知らず知らずの内に、かばんちゃんに寂しい思いをさせてたのかも……」

かばん「やめて!重い感じにしないで!」

サーバル「ちゃんといつも一緒にジャパリまん食べてたのに……あ、もしかしたら食事中もずっと…」

かばん「だから本当に違うんだってば!」

サーバル「で、でもプレイ的な見地から言えばサーバルちゃんのジャパリまん…みたいな興奮ポイントに……?」 ポイン

かばん「やめて!嗜好を探るのやめて!」
10 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:39:37.61 ID:ee8S+6oo0
サーバル「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」

かばん「間違いでした!さっきの無しで!」

サーバル「とするとジャパリまん()とかそっち系に行かざるを得ないじゃない……?」

かばん「っていうか何でちょっと協力的なの!?
さっきまで犯される!とか言ってたよね!?」

サーバル「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」

かばん「そ、そういうことか!いや、しないから!」
11 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:42:27.78 ID:ee8S+6oo0
サーバル「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」

かばん「何を?」

サーバル「『僕はサーバルちゃんを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」

かばん「何その宣言!?」

サーバル「言わなきゃ信用できない!獣と共に同じ旅はできないもん!」

かばん「サーバルちゃんだって、まごうこと無きけものだよ!?むしろ僕だってなれるものなら…」ハァハァ

サーバル「………」

かばん「あ、いや、なんでもない…」
12 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:43:28.03 ID:ee8S+6oo0
サーバル「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」

かばん「……うーん……」

サーバル「や、やっぱりウソはつけない?」ビクビク

かばん「ウソじゃないから!」

サーバル「いいの!私、かばんちゃんを嘘つきにしたいわけじゃないんだから!」

かばん「その感じやめて!」

サーバル「かばんちゃんにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私かばんちゃんの嗜好と向き合うから!」

かばん「言うから!言うから重い感じやめて!」
13 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:44:24.94 ID:ee8S+6oo0
かばん「え、な、なんだっけ……『僕は』……」

母「『僕はサーバルちゃんを犯したいと思っていないし』

かばん「そ、そうだね。『僕はサーバルちゃんを』……」

サーバル「……ど、どうかした?」ビクビク

かばん「あ、あのー、一応、一応確認だよ?」

サーバル「な、何?」

かばん「こ、この『犯す』の範囲って……?」

サーバル「!!」

かばん「い、一応だよ!!」
14 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:45:00.28 ID:ee8S+6oo0
サーバル「そ、それってつまり範囲によっては……」

かばん「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃない!」

サーバル「範囲によってはありえるってこと?」

かばん「いやだからその確認!」

サーバル「そ、そうだね。かばんちゃんの基準はちょっとアレだもんね」

かばん「アレとかやめて」
15 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:45:41.34 ID:ee8S+6oo0
かばん「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」

サーバル「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」

かばん「……うん」

サーバル「かばんちゃんがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけだね」

かばん「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」

サーバル「そうだよね!」

かばん「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」

サーバル「まずは『キス』!」

かばん「えッ!?」

サーバル「えッ!?」
16 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:46:24.96 ID:ee8S+6oo0
かばん「ストップで! 一旦ストップで!」

サーバル「怖い怖い怖い怖い!!」

かばん「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! フレンズで!」

サーバル「しないよしないよしないよ怖い怖い怖い」

かばん「僕がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、フレンズ間でキスはセーフだよ!」
17 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:47:52.85 ID:ee8S+6oo0
サーバル「しないよぉ……」

かばん「だ、だって!だってプレーリーさんは普通にしてたじゃない!」

サーバル「うみゃ?あれは『プレーリー』式の『ごあいさつ』じゃないの?」

かばん「え!?あ、あぁ…そうか…」

サーバル「…かばんちゃん、今、あいさつってことにすれば合法的にキスできるんだ、とか考えてたでしょ」

かばん「うぇ!?かか、考えてないよ!」
18 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:48:49.96 ID:ee8S+6oo0
サーバル「ほんとに…?」

かばん「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないよ?
    そのつもりで僕はOKにしたんだよ?」

サーバル「当たり前だよ…… ていうか今言った方OKにしてたら本当に絶交してたよ……」
19 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:50:10.26 ID:ee8S+6oo0
サーバル「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなの?
     だよね? あの、言わなくていいけど」

かばん(心底屈辱的……)

サーバル「うーん……ていうかもう、聞くね……
     ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」

かばん「……えー?」

サーバル「か、かばんちゃんが決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」

かばん「……う、ん・・・…」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 22:53:25.27 ID:l0hjgOc10
蘭子「混沌電波第172幕!(ちゃおラジ第172回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528712430/
21 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 22:55:44.87 ID:ee8S+6oo0
(五分後)

かばん「……」

サーバル「……」ドキドキ

かばん「……あの」

サーバル「うみゃっ!?」ビクゥッ

かばん「そ、そこまで怯えなくても!」

サーバル「ご、ごめんね? 私、驚いちゃっただけだから。えーっと、あ、あなた、ノンケを食っちゃうのが得意なフレンズなんだね!」

かばん「やめて!」

サーバル「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」

かばん「言うから!今すぐ言うから!」
22 :Yatsuhashi [saga ]:2018/06/11(月) 23:01:53.59 ID:ee8S+6oo0
かばん「え、えーと……」

サーバル「言ってくれていいから!ドンと!」

かばん「えーと……」

サーバル「もう驚かないんだから!」

かばん「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」

サーバル「みゃ」

かばん「あの、だって、したいし……」

サーバル「うぎゃああああああやっぱりガチ(なフ)レ(ン)ズじゃないぃぃぃぃ!!!」

かばん「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだもん!!!!!」
23 :Yatsuhashi [saga ]:2018/06/11(月) 23:04:02.89 ID:ee8S+6oo0
サーバル「最初ので合ってたじゃないぃぃぃ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃない!!!!」

かばん「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」

サーバル「それは聞いてないよおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」

かばん「し、静かにしてよぉ!! 犯すよッ!?」

サーバル「め、めっちゃ本性出してる!めっちゃ本性出してるよぅぅぅ!!!」
24 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 23:05:14.73 ID:ee8S+6oo0
サーバル「フレンズの無知ックスは?」

かばん「基本」

サーバル「獣姦と書いて?」

かばん「フレンズ」

サーバル「母乳は?」

かばん「すっごーい!」

サーバル「背徳感は?」

かばん「ズッコンバッコン大騒ぎ」

サーバル「こわいよぉぉぉ! かばんちゃんが怖いよぉぉぉ!」

かばん「う、うるさい! 野生解放するよ!?」

サーバル「なにそれ!?」

かばん「よくあるんだよ!」

サーバル「よくあるんだ!?」
25 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 23:06:01.20 ID:ee8S+6oo0
かばん「色々装着させたまま未踏のエリアに旅立ちたい!」

サーバル「かばんちゃん急に何言い出すの!?」

かばん「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」

サーバル「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖いよ!」

かばん「初めましてのフレンズさんと話してる時にリモコンでいじりたい!」

サーバル「いつものかばんちゃんを返してよ!」

かばん「こういう時いつも鈍感なアライさんは『どうしたのだ、サーバル?』ってなぜかめっちゃ鋭い!」

サーバル「細かな設定とか怖いよ!」
26 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 23:06:48.20 ID:ee8S+6oo0
かばん「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」

サーバル「落ち着いて! もうやめて!」

かばん「他のフレンズに見られないバスの死角でキスしたい!」

かばん「みんなとお昼ご飯食べてるとき、僕だけうしろからサーバルちゃんのジャパリまんを頂きたい!」

かばん「一緒にろっじに泊まりたい!」

サーバル「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」
27 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 23:08:37.19 ID:ee8S+6oo0
かばん「そういうことだから!つまりはこれからもどうかよろしくね!」

サーバル「何をヨロシクするの?」

かばん「……じゃ、じゃぁ僕寝るから!もう寝るから!」

サーバル「このタイミングで引き上げられるとより怖いよ!
     ていうかなにをヨロシクすればいいの?」

かばん「お休みなさい!」ダッ

サーバル「うみゃあ〜……絶対明日から何か仕掛けてくるよぉ……」
サーバル「本当にヤダ本当に怖い……」
サーバル「なんであんな本見つけちゃったんだろ……」
サーバル「他のフレンズにはなんて言おう……いや、言えないかぁ……こんな稀有な悩み……」

〜〜〜〜〜

アライさん「な、なんてことなのだ…フェネックのえっちな本を見つけてしまったのだ! …ちょ、ちょっとだけ読んでみるのだ」
アライさん「……ふぇ?」

おしまい
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:10:00.21 ID:+8NP7m9/o
マニアックをアニマックと言い換える発想ができないことがお前の限界だ
29 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/11(月) 23:13:32.60 ID:ee8S+6oo0
以上です。初めてのSSがパロディというのも考えもののような気がしますが、許してください。けもフレめっちゃ好きなんです。旧アプリやってみたいなぁ…

それとなんだかサーバルちゃんのIQが高そうに
なった
しるか

HTML化依頼?っていうのも出しときます

素晴らしき元ネタ様→母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/06/12(火) 00:53:49.07 ID:210xku2uO
>>13
母が居る
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 02:03:38.11 ID:0qRFKHBw0
32 :Yatsuhashi [saga]:2018/06/12(火) 15:20:54.02 ID:9wG6+6lO0
>>13
>>30

うわー…本当だ…
ご指摘ありがとうございます。気をつけます
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 19:15:54.86 ID:qxVJeyYPO
久々にこの系統のSS見たわ
乙wwwwww
13.76 KB Speed:4.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)