明石「借りてきました!好感度測定器です!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 19:55:04.54 ID:7cEroieDO
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 19:56:12.80 ID:uWgHhmnD0
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:00:02.86 ID:IgDHvqR2O
ふん
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:02:32.55 ID:5soYENIl0
はあっ
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:05:16.86 ID:2OjIt2PVO
おやこれは三角関係みを感じる数値
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/16(土) 20:17:23.46 ID:krzCUBIt0
金剛→提督【54】
金剛→榛名【80】
榛名→提督【86】
榛名→金剛【55】



鈴谷「ふ〜ん…。」


金剛「自慢の可愛い妹デース!」


榛名「ありがとうございます。榛名、嬉しいです。提督、その…。」


金剛「簡単に榛名は任せられないヨー!もっと男を磨くネー!」


鈴谷「…90超えじゃないし…、…ギリかな…。」


提督「(暗い瞳の先に映るのが僕ではなく榛名なあたり、メンではなくヤンの傾向か?)戦艦がらみで困るだろう時には榛名を頼らせてもらいたい。いいだろうか?」


榛名「榛名にお任せください!」


鈴谷「んじゃこの辺で!いこ!提督!」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/16(土) 20:33:39.79 ID:krzCUBIt0
提督「(…、独占欲が強いわりに寛容なところもあるな。僕の敵を作るよりも味方が多いことを良しとしているのだろうか…。)これで当鎮守府の各々の艦種における協力者は見繕えたな。…、取り方次第だが、まだソビエト艦には会っていなかったな。海外艦でひと括りにしてしまうことに乱暴さも感じてはいるのだが…。響からの好感度は高い、僕からの苦手意識さえ解決できれば響がとりなしてくれるだろうとも思える。鈴谷、どう思う?」


鈴谷「【↓1〜5、コンマ最大の発言内容】」



会話として成立しない場合や話の展開に問題が生じるときには次に大きいコンマの発言にさせていただきます。
内容はそのままに話し方を変えることもあるかもしれませんがご容赦ください。
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:36:43.11 ID:LNd8EBuzo
(確認漏れがあったら後々面倒なライバルになるかもしれないし…)自分からコミュニケーションを図るのも大事だと思うよ?
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:36:49.75 ID:0lVwpJ1do
いいんじゃない?
いってみよー!
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:37:59.70 ID:HINewf3DO
>>135
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 20:42:50.04 ID:5soYENIl0
海外からの仲間たちも
たくさんいるほうがいい
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 21:12:50.76 ID:H5LbbKxdO
海防艦はいいの?
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/16(土) 21:35:45.71 ID:krzCUBIt0
鈴谷「海防艦はいいの? 」


提督「(…ハッとさせられたな…。)…、政治的な制約に関係なくうちにはいないんだ…。僕の無能と偶然がほほ笑んでくれないおかげでね。僕の質問の形式に制限されずよく疑問を提起してくれたな。ありがとう。(うまくいくかはわからないが響との関係を改善できたならその時にでも響に尋ねてみるか。)それはそうと、熊野について聞きたいのだが。」


鈴谷「鈴谷におっまかせ〜!」


提督「(…似たような表題の大人のゲームがあったな…。)以前早朝に運動をするであろう熊野と会ったのだが、熊野は野球を好むのだろうか?」


鈴谷「ありゃ野球が恋人って域だよ!夜更かしは美容の大敵とかで、毎朝早くから素振りしてるみたい。鈴谷夜型だったのに、おかげですっかり早寝早起きが習慣だよ…。」


提督「…向こうの土俵で戦ってみるか。経験するまでもなく考えた方がいいこともあるが、経験しなければわからないことも軽視しがたいしな。情報ありがとう。それと、今の生活習慣の方が鈴谷も綺麗なままでいられるのでよいのではないだろうか?」


鈴谷「う〜ん………。そこが若者の立ち行かぬところでしてな〜…。」


提督「よく考えてみてくれ。用事ができた。またな。」


鈴谷「…、うん、じゃね。」
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/16(土) 22:05:41.35 ID:krzCUBIt0
提督「(自分だけ好かれていることの気まずさと自分だけ好いていることの虚しさからの自己防衛のために僕の好感度測定に制限を設けたわけだがこれでよかったのだろうか…。考え直す機会があればわきによけず考えてみよう。)…、明石、いるだろうか?」


明石「いますよー!どーぞー!」


提督「今、話しても大丈夫だろうか?」


明石「大丈夫ですよ。長話じゃなければ。」


提督「すぐ終わる。競技の技能向上を補助してくれるような道具はないだろうか?」


明石「いい子がいますよ!メカいらーず君マークツードライです!」


提督「どのような機能なのだ?」


明石「学習装置ですね。艦娘の獲得方法によりますけど情報を流し込んで人格形成する方法もありますよね?」


提督「必要な技能も習得できるというのだから便利なものだな。…表に出ない何かもあるのかもしれないが。」


明石「少なくとも人間にそのまま使えるようなものじゃありませんねー。そこを!人間にも!使えるようにしたのが!この子なんです!」


提督「優秀な洗脳装置だな。公開するのか?」


明石「まさか!面倒ごとに巻き込まれるのが分かり切ってるじゃないですか!」


提督「僕もそのまま使う気にはなれないな。野球の投手に必要な能力を高めたいのだが。」


明石「それならこの子からの情報を運動情報に変換する機械を間に挟んでその機械と繋いだ全身スーツで体に覚え込ませましょう!無理やり体を動かされるわりに直接情報を脳にぶち込まれるより効率は全然ですが安全ですよ!私、野球はパ〇〇ロしか知りませんけど、こんな感じの投球をしたいなーってのあります?」


提督「【↓1〜3、コンマ最大の発言内容】」



会話として成立しない場合や話の展開に問題が生じるときには次に大きいコンマの発言にさせていただきます。
内容はそのままに話し方を変えることもあるかもしれませんがご容赦ください。
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 23:05:16.23 ID:760QrJzYo
これはダイジョーブ博士より大丈夫じゃない気がするのだが
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 23:06:43.06 ID:ymFj5Y/GO
消える魔球とか投げてみたい
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 23:21:42.31 ID:SMTzGqCX0
人体の可動範囲以内で その人にあった無理のない動きでなければスーツの中で複雑骨折をしかねないが大丈夫なのか?
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 00:23:21.95 ID:uW+KWmfy0
提督「人体の可動範囲以内で その人にあった無理のない動きでなければスーツの中で複雑骨折をしかねないが大丈夫なのか?」


明石「提督の運動能力測定の結果をもとに調整しますよ。期間はどの程度を考えています?」


提督「あまり本件に時間をかけすぎるのもな…。1か月でどの程度まで伸ばせそうだ?」


明石「さすがにそれは競技をなめすぎですって。そうですねあと提案できそうなのは今言ったのと関係しますけど、装着者を操る全身スーツなんかもありますよ?あとは…、競技の技術的な面を無視してもいいならドーピング的なものもありますが副作用をどうにかこうにかするのに次の1日はつぶれます。」


提督「危険が最も少なく効果を最も発揮できる案を教えてほしい。」


明石「なら今の2つの併用ですね。ムキムキ操り人形でいきましょう!…これ、提督の強さっていうんですかね?」


提督「これで先方へは僕がどのような人間かが伝わるはずだ。隠し立てなくぶつかろうと思う。それと、先程の質問の意図は理解していた。力でねじ伏せるか技で翻弄するかなどの方向性を問うていたのだろう?が、適切な返しをすることよりも土台を検証することのほうが重要だと思う。」


明石「どう事態が解決するのか、結末を占ってみようと思ったんですが、斜め上をいきましたね。それとお節介を承知で言わせてもらいますけど、所謂健全な恋愛をしたいなら好感度80台の娘にしといたほうがいいですよ?90からは駆け引きの通用する相手とは思わない方がいいですね。」


提督「…覚えておく。(思い合っていればそれでうまくいくというものでもないだろうしな。今の幸せも互いの想いも変わってゆくのだろう。…いい方に変わってほしいというのも変わらないでほしいというのも脳の中でしか通用しない。外は皆に等しく優しくない。僕の感情は感情として大事にしているが感情が僕の全てではないからな。本気で愛し本気で疑おう。……感情的な僕は真っ向から否定するが、鈴谷と生き続けるということがない未来もあるのかもしれないな…。)」


明石「余裕をもって,使用の1週間くらい前には教えてくださいね。」


提督「わかった。明石には随分と助けられるな。ありがとう。ではまた。」


明石「それではー。」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 01:06:55.18 ID:uW+KWmfy0
提督「(熊野に対しての用意はこんなところか。勝負の申し込みを近々するとしよう。あとは結果がどう出るか…。響についても対策をしておこう。交換日記を読んだところ、暁は淑女の何たるかに興味を示しており響が名言のような返しをするという流れができているな。話し言葉と書き言葉で口調も内容も変化がみられるのが面白いな。交換日記といっても紙媒体のつぶやっきーのようなものだが。書き終わり次第所定の場所に置くというもので1日に何度も発言が行われるが今回はさて…。)」


日記「
暁:レディーってなんですか?
響:レディーになりたくてなるんじゃないなってしまう者がレディー
暁:年はとりたくないってこと?
響:人工的に淘汰されるのが目に見えている
暁:年を取ると厄介払いされちゃうの?
響:♂は若い女に憧れるから若くてかわいいのはもてる 若くてかわいいと全身からかもし出すエネルギー量がオーラとして見えそうになる
暁:慣れてきたけど、響ってこんなのだったのね…
響:ほう、経験が生きたな
暁:司令官、何か言って
提督:【↓1〜3、コンマ最大の発言内容】



提督「(僕の発言はこんなところか。…、こんなやり取りを2週間程もすれば初めの頃の硬さも取れるだろうよ。二人とも随分と楽に振る舞っているように思えるな。さて、今日の業務はこのくらいにしておくか。)」



会話として成立しない場合や話の展開に問題が生じるときには次に大きいコンマの発言にさせていただきます。
内容はそのままに話し方を変えることもあるかもしれませんがご容赦ください。
おやすみなさい。
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:12:15.77 ID:eyf7CWzGO
私が思うに、レディらしさならウォースパイト、扶桑、筑摩を参考にするといいだろう
ただし筑摩が利根を甘やかしすぎるところは真似するな
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:28:29.33 ID:pN4i/7WUO
もっと私に頼っていいのよ
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 01:47:05.19 ID:zr3lZ0njo
あまり調子こくとリアルで痛い目を見て病院で栄養食を食べる事になる
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:30:21.88 ID:uW+KWmfy0
提督「(もう夕方か。そろそろ熊野が帰投してくるころだな。話をつけるとするか。…少し時間があるな。交換日記を進めるとしよう)。」


日記「
提督:私が思うに、レディらしさならウォースパイト、扶桑、筑摩を参考にするといいだろう ただし筑摩が利根を甘やかしすぎるところは真似するな
暁:うちにウォースパイトさんはいないわよ
響:そこもだけど、司令官の一人称と命令口調に関しては?
提督:響を見習わせてもらった せっかく普段とは異なる形で話し合えるわけだしな これまではしないでもすんでいたが命令をするという決断をすることもこれからあるのかもしれない いわば予防接種だな 一人称は命令口調に引きずられた結果だ
暁:長い!くどい!ここでくらいもっと気軽に話しましょうよ!
響:お前それで良いのか?
暁:いいのよ!
提督:言われたそばからで申し訳ないのだが、扶桑・筑摩の挙措からは得るものが多いと思うぞ?シスコンは筑摩の良さではあるが暁の求めるレディー像には合わないと思うが 扶桑に関しては枝垂桜のような美を感じることがあるな あれはいいと思うぞ
暁:ちゃんと考えてくれるのは嬉しいけどもっと優しく話してよ…
響:想像を絶する悲しみが暁を襲った
提督:まずは発言を1行に収める所から取り組んでみようと思う s


熊野「艦隊が帰投いたしましたわ。」


提督「ありがとう。…、突飛なことと思うだろうが、次の休みに時間を割いてもらうことはできるだろうか?」


熊野「?内容によりますけれど。」


提督「僕から熊野への好感度は憶えているな?熊野さえよければ僕の意識改革に協力してもらいたいと考えている。熊野は野球が好きだと聞き及んでいる。…勝負してはもらえないだろうか?」


熊野「…よろしくてよ。勝負の方法は?」


提督「僕が投げる、熊野が打つ。できるところまでやり抜きたいと思う。体力が尽きる前に考えを改められればいいのだが。」


熊野「承りましてよ。それでは、楽しみにさせていただきますわ。ごきげんよう。」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 17:43:23.17 ID:zr3lZ0njo
バット投げからの提督の股間殉職
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:48:26.93 ID:uW+KWmfy0
提督「(明石には驚かされたな。提示していたものを改良してくるとは。)…、待たせたな。」


熊野「?失礼ですが人違いではなくて?」


提督「僕だ!」


熊野「提督、あなたでしたの!…、この時間この場所、待ち合わせにあの提督が遅れるとは思いませんが…。本当に提督ですの?」


提督「見た目はまったくの別人だからな。…、副作用をなくしドーピングではなく変身、体を無理矢理に外から動かすのではなく電気信号による筋肉の操作を行う貼り付け型の装置を服の下に。今回の僕の手札だ。」


熊野「そうですの。…、この勝負にかける提督の思いは伝わりましたわ。………でしたらわたくしも相応の対応をした方がよろしいでしょうね。…、持ってきておいて正解でしたわ。ちょっと、席を外しますわね。」
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 17:57:53.35 ID:uW+KWmfy0
提督「(壺、粘性の何か、経口摂取。なんだあれは?)」


熊野「フルパワーーー100%中の100%ですわ!!!きええええぇぇぇぇぇええええぇぇぇぇぇぇぇっっ!!!」


提督「(………段々と僕の中の熊野像は変化してきてはいたが………、変化どころではなく壊れたな、今。見た目に変化は見られないな、自己暗示か?目に見えない肉体的な変化がないとも言い切れないが…。)」


熊野「…、お待たせしましたわね。こちらはいつでもよろしくてよ?」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 18:06:07.41 ID:uW+KWmfy0
熊野「驚かされましたわね。手札が増えていましてよ?」


提督「先程の発言において、手札の全てとは言っていないがな。(ホームベースの後ろに球回収用の網。この網が武器だ。対象範囲を5×5に分割、投げ先を指定することで投げ分けが可能。これならいけるはずだ。変化球こそ投げられないがこの体だ。剛速球を厳しいところに放られれば苦しいだろう。)では、配置につこう。」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 18:20:21.17 ID:uW+KWmfy0
提督「(内角高めぎりぎりボール球でいくか。熊野の反応を見てみるとしよう。)…、イヤーッ! 」


熊野「っ!とおおぉぉ↑おおう↓おお↑おぉ↓お!」


提督「(……、パワ〇〇的な野球しか知らないが…、あれを柵越えホームランにするか…。…負けるものか。)…、イヤーッ!」


熊野「とおああやぁやぁやあ!?」


提督「イヤーッ!」
熊野「とぉぉ↑おう↓!!」
提督「イヤーッ!」
熊野「とぉぉおおぉおぉおぉぉ〜う!」
提督「イヤーッ!」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 18:26:42.40 ID:uW+KWmfy0
提督「(…何球投げた?ホームランしか打たれていないぞ…。肉体よりも精神的に堪えるな。ん?)」


熊野「失礼、提督。次で100球でしてよ?…、いつまで続けるおつもりですの?」


提督「(飽きられているのだろうか?それとも…。熊野は随分と余裕なようだな。球数を数えながらあれか。)次で最後だ。」


熊野「…、戻りますわね。」
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 18:44:46.15 ID:uW+KWmfy0
提督「(…、これまでとは意図の方向性を変えよう。素人の浅知恵が通用しないということは嫌というほど思い知らされた。力強さだけを考えてみよう。高めに浮いてもいい、とにかく勢いで押し切る。全霊を尽くそう。)っ!イ↑ヤ↓ァァアア↑ッ!」


熊野「きええええぇぇぇぇぇええええぇぇぇぇぇぇぇっっ!!!っ!?」


提督「(………、最後に一矢報いれたといっていいのだろうか?)……。」


熊野「………、…へし折られるとは…おやりになるわね。…、満足しまして?」


提督「…、熊野への見方は間違いなく変わった。少し待っていてくれ、機械を持ってくる。………数字で判断してほしい。」



提督→熊野【↓1】
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 18:45:58.92 ID:g6P1UrqV0
悲しくてやりきれない
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:02:47.02 ID:uW+KWmfy0
提督→熊野【92】



熊野「…あらあら…。…、こうも真摯に関わって下さり、ここまで思われ、悪い気はしませんわね。むしろ…。…けれど、その思いは受け取れませんわ。わたくしもより好意的になってはいますけれど、信頼できる仕事仲間というのが素直な気持ちですわ。ありがとうございます。………、わたくし帰りますわね。」


提督「(………。帰りに架空の熊野の薄い本と大人のゲームを買って帰ろう。………、苦手克服、できるものだな。こうも極端に反転することに僕自身驚いているが…。熊野には一気に、響には徐々に、意識を改める方針にしたがとりあえず1勝だ。響にもうまくいくとよいのだが。………、僕も帰るか。)」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 19:17:56.76 ID:RVmHGzBa0
嫉妬鈴谷クルー?
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:31:01.25 ID:uW+KWmfy0
>>160
はい。追々ですが。
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:43:00.09 ID:uW+KWmfy0
提督「(提督になる方法も色々だ。抽選・コネ・なし崩し・実績・権利の購入、等々。…、養成学校出でよかったな。意志力の養成をしていなければ鈴谷や熊野に対して軽挙に出ていたことだろう。あの日以来ぎこちなくなることなく仕事も行えている。僕にはわからないところで熊野が気を利かせてくれているのだろうな。自分の意識を変えることにはうまくいっているようだが他人のそれにまで踏み込むのは他者の感情を変えようとするのはどうも僕の性ではないようだな。…、熊野からの好感度も僕が期待したほどには上昇しなかったのだろう。…、交換日記も随分続いているな。そろそろ、改めて響への感情にも向き合ってみるか。…、今からだな。向かうとしよう。)」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:56:34.51 ID:uW+KWmfy0
提督「響?いるだろうか?」


響「いないよ。…入っていいよ。」


提督「失礼する。大事な話が合ってきたのだが、今、大丈夫だろうか?」


暁「…、響によね?」


提督「そうだ。」


暁「二人っきりにしてあげるわ!雷と電にも話が終わるまで戻らないよう言っておくわ!頑張ってね二人とも!」


提督「大人の気遣いありがとう。………、響、交換日記に協力してくれてありがとう。おかげで、認識を改めることはできた。今日はその確認に来た。」


響「……、そうか。嫌われてはいないんだったね?」


提督「前回も今回も。」


響「…、この緊張は好きじゃない。早く終わらせてくれないかな、司令官?」



提督→響【↓1】
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 19:57:01.65 ID:ReV1S870o
そい
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 19:57:10.35 ID:l4Ng9kpOO
はい
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 20:07:17.99 ID:uW+KWmfy0
提督→響【65】



提督「段々とではあるが響のことを知るにつれて好意的に見れるようになってきた。…ということだ。」


響「嬉しいな…。…私からの好感度は憶えているかい?」


提督「83だ。…高いな。」


響「高いんだ。…大丈夫だよ。私は一人でも。司令官は司令官の好きな人と一緒になればいい。…、嬉しいけど、悲しいな。」


提督「…、これからもよろしくお願いしたい。…、僕は仕事に戻る。暁たちによろしく言っておいてくれ。ではな。」


響「うん。またね…。」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 20:34:09.75 ID:uW+KWmfy0
提督「(おそらくだが、明石は鈴谷を危険視している。危険値は本当のことなのだろうが、艦娘からの好感度が80台の艦娘との恋愛をわざわざ薦めるというのはな。無論、憶測にすぎんが。しかし明石が見当違いなことをいうというのも考えにくいな。調べれば出てくるのだろうな、80台・90台・100の艦娘と様々の提督との恋愛のこれまでの結果は。保身や鎮守府全体を思っての薦めかもしれないが明石からの数値を考えれば僕のことを思ってくれての発言でもあるのだろう。意見を聞く機会を設けるか。…、海外艦についての判断が棚上げになったままだったな。数日で割り切れていればいいが…。響に意見を聞きにいくか。場合によってはまた先送りになるかもしれないな…。)」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 21:07:57.09 ID:uW+KWmfy0
提督「隣に座っても?」


響「いいよ。」


提督「響の昼食はCか。ここまで美味しいとカレーがCで固定なのもうなずける完成度だな。朝昼晩Cを頼むものも少なくないとか?」


響「そうだね。定番というものがあると作る側も食べる側も安心できる。司令官はAか。そのゆばの刺身は美味しそうだ。」


提督「話があるのだが大丈夫だろうか?食後にした方がいいだろうか?話を聞かないという選択肢もあるが。」


響「…ありがとう。でも流石に気を使いすぎかな。私は大丈夫。…、聞かせてくれないかな?」


提督「…、知っているとは思うが確認しておく。当鎮守府に配属されているのは駆逐艦・軽巡洋艦・重巡洋艦・戦艦・軽空母・空母・潜水艦のみだ。海外艦は伊・独・ソに制限されている。例外といえるのはどこの鎮守府にも原則配備される明石・間宮などだ。戦闘に赴く艦種のそれぞれから、僕と意見を具合よく交し合えるものの選出が完了した。ここまでが前ふりだ。海外艦について響はどう考える?選出したPolaに任せるか独・ソからも選出するか、あるいはこの二択に縛られないか。聞かせてはくれないだろうか?(今回もはっきりとした返事が聞けないようならこの問題はしばらく放置だな。その時は誰に聞いたものか…。)」


響「【↓1〜3、コンマ最大の発言内容】」



会話として成立しない場合や話の展開に問題が生じるときには次に大きいコンマの発言にさせていただきます。
内容はそのままに話し方を変えることもあるかもしれませんがご容赦ください。
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 22:37:48.52 ID:l7sK3VghO
艦娘が司令官のことをどう思っているのかを把握しないうちに決めてしまったら不満が出るんじゃないかい?

ところで響からしたらいきなり何の話やねんってならない?どっかで話してたらスマソ
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 22:51:52.21 ID:kBgw0X7ZO
…ボルシチ食べたい(スルー)
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 23:02:49.59 ID:EGmqg/HT0
イタリア艦に任せるなんておかしいよ
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 23:16:22.58 ID:uW+KWmfy0
>>169
ご指摘ありがとうございます。反映させていただきます。
確かに、鈴谷が海防艦がいないことを知らない描写をしていましたね。鎮守府の現状について、艦娘は自身に近いところしか知らないと考えるのが自然でしょう。そして響へ伝える描写はしておりませんでした。であればおっしゃられる通りかと。一人では気づけませんでした。重ねてありがとうございます(*'▽')
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/17(日) 23:43:20.04 ID:l7sK3VghO
(…前半はセリフのつもりで書いてたのでそこまで考えてなかったとは言えない)
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/18(月) 00:04:34.70 ID:V0nGzwaj0
響「イタリア艦に任せるなんておかしいよ」


提督「(かといって海外艦の窓口を設けないというのもな…、そもそも海外艦と分けてしまっていることが間違いか?しかし違いは違いとして受け入れないようでは日本式を彼女らに押し付けることになるな。)…では独・ソにももう少し関わってみるか。臆病になっている自覚はあるが海外艦とつながりを持ちすぎると…すぎなくてもだろうが、間者と難癖をつけてくるお歴々がいるのでな。差別発言ともとられかねないがそれが響の素直な感想なのだろう。にも関わらず隠さずに話してくれて嬉しく思うよ。ありがとう。」


響「司令官、さっき話してくれたここの現状だけど、私は初耳だよ。文脈から大まかな理解はできたけど何か齟齬がないかな?」


提督「(そういえば鈴谷も海防艦がいないことを知らなかったな。僕が思っているほどにはここは狭くはないのか。関係のない部署のことは知らなくてもおかしくはないということか。閉鎖的な環境にはしていないはずだがそれでも情報が滞るか…。…、提督失格と言われても反論できんな。自分の鎮守府だろうに、なぜにこうも無知でいられたのか。今回の試みがなければこんなことにも気づけなかったというわけか。間抜けの一言に尽きるな。相手が知っていて当然という思い込みがあったわけだ。同じ轍を踏んでいるじゃあないか。間違いを犯さないというのも難しいがこれはあまりにも…。s)」


響「司令官?」


提督「響のお陰でとても大事なことに気づけた。誇張ではないぞ?」


響「それはよかった。力になれたなら嬉しい。」


提督「(ん?)…暁たちがこちらを見ているな。合流したらどうだ?」


響「それなら司令官も。」


提督「…せっかく暁と打ち解けてきているんだ。今は少しでも僕よりも暁と接した方がいいと思う。……、仕事でならともかく私事で女の子に囲まれるのは苦手というのが本音だ。すまない。1人2人ならどうということもないが4:1は遠慮したい。」


響「それをいうなら司令官ともやっと打ち解けられたんだよ。…、今回は司令官の意思を尊重しよう。じゃあ、またね。」


提督「また。」


175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/18(月) 00:29:12.92 ID:V0nGzwaj0
提督「(僕が苦手としている娘にはむしろ積極的に関わろうとしてきたが、それは相手がこちらを嫌っていなければこそだ。決めつけかもしれんが、翔鶴・Eugenには関わらないほうが互いの為だろう。鈴谷が解決してくれたと言ってもいたことだしな。……、架空の翔鶴・架空のEugenの薄い本・大人のゲームの保有率が僕の中では群を抜いているからな、あの二人が身の危険を覚えるのもおかしくはないだろう。ソ連艦との結果次第では響に頼むことも考えておこう。…、そう考えると少し気が楽になったな。ドイツ艦さえどうにかできれば今回の取り組みもひと段落ということだ。【ビスマルク、または、グラーフ】に会ってみるか。)」



明日(もう今日?)再開するまでのコンマ最大の方が指定してくれた方が選ばれます。指定がなかったときは次に値が大きい人の内容とします。
読んでくださっている方ありがとうございます。今日は修正の指摘までしていただけ嬉しく思います。それでは、おやすみなさい。
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 01:13:01.32 ID:eSXzAQyqo

グラーフかなぁ
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 01:15:11.06 ID:JluQvfyxo
グラー

おつ
83.19 KB Speed:40   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)