美希「プロデューサーさんと電車の中」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/24(日) 23:54:23.51 ID:gJjidA9o0

美希「プロデューサーさ〜ん」

P「こっちだ、こっち」ヒラヒラ

美希「やっと見つけたのー。……あ、おはようございます」

P「おはよう、美希。きてくれてありがとな」


P「それじゃ、早速だけど行くぞ」

美希「はーい!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529852063
2 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/24(日) 23:55:35.49 ID:gJjidA9o0

『黄色い線の内側まで 下がってお待ちください―――』


P「集合時間、きっちり間に合ったな」

美希「トーゼンって思うな。ミキ、アイドルだもん」

P「その割にはまだ寝てたじゃないか。俺が電話したとき」

美希「あれはプロデューサーさんが早すぎるだけなの」

P「流石に寝起きとは思ってなくてな」

美希「集合時間には間に合ってるでしょ?」

P「終わり良ければすべて良し、ってな」

美希「あふぅ」

P「寝るなよ、これからなんだから」
3 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/24(日) 23:56:06.61 ID:gJjidA9o0

プシュー ガタン
ガタン ゴトン ガタンゴトン

美希「なんで今日は電車なの?」

P「一番、車が故障したから。二番、今日は社会科見学の日だから。三番、このあと飲みに行くから」

美希「4番」

P「選択肢にないだろうが」

美希「どれもウソでしょ?正解は無いのが、正解!」

P「ぐ、ぐえーっさては貴様エスパーだな!?」

美希「で、ホントの理由は?」

P「突っ込めよ……。社用車は他のプロデューサーが使ってたのさ」

美希「……ミキたちって、結構後回し?」

P「残念ながら」
4 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/24(日) 23:56:52.23 ID:gJjidA9o0

美希「ミキが考えてたアイドルとは全然違うってカンジ……」

P「どんなのを想像してたんだ?」

美希「えっとね。専用の車と運転手の人がいて」

美希「乗るときにも降りるときにも、きちんとエスコートしてくれるの」

美希「降りるときにはカーペットが引かれて、ドアを開けた瞬間にフラッシュの光に包まれて」

美希「それで、ファンの人がぱーって集まってきてくれるの!」

P「アイドルっていうか映画スターって感じだな、それだと」

美希「だってミキ、トップアイドルの車乗るところなんて見たことないもん」

P「実際にそんな風になって見たいか?」

美希「……あんまり。メンドーそうなの」
5 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/24(日) 23:57:38.40 ID:gJjidA9o0

美希「それで、今日はどれくらいかかるの?」

P「大体1時間半くらい……かなあ」

美希「えー。長すぎじゃない?」

P「車でもそれくらいの時あるだろ」

美希「車と電車は別!むりー、たいくつー」

P「ちょっとの辛抱だって」

美希「あ!プロデューサーさん見て見て、なんか変な看板!」

P「楽しそうで何よりです」
6 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/24(日) 23:58:44.61 ID:gJjidA9o0


ガタン ガタンガタン

美希「わ、とと」

P「大丈夫か?」

美希「ヒールはいてきちゃったから。ちょっとふらふらするかも」

P「仕事前に怪我は洒落もならないぞ」

美希「そこまでドジじゃないもん」

P「ほら、こっち。そろそろ人増えてくるから」

美希「はーい」
7 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/24(日) 23:59:41.48 ID:gJjidA9o0

ギュー

美希(……くるしい)

ゴソゴソ

美希「ひゃっ」

P「うお、ごめん」

美希「もぞもぞしないでっ。狭いのにぃ」

P「悪かったって」

美希(……あれ?さっきよりちょっとラクかも)

P「いたた」ギュー

美希(―――)
8 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:00:27.49 ID:BU3VsouQ0

プシュー
ガタン ガタン ゴトン ガタンゴトン


P「大分空いてきたかな」

美希「狭かったぁ」

P「俺は何度か踏まれたよ」

美希「ね、プロデューサーさん」

P「うん?」

美希「ありがと。ミキと他の人の間、立っててくれてたでしょ?」

P「どういたしまして」

美希「プロデューサーさんも、たまにはカッコいいことするんだね」

P「たまには、は余計だっての」
9 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:01:05.22 ID:BU3VsouQ0

P「ほら、隣」ポンポン

美希「やっと座れたのー」

P「これでようやく落ち着けるな」

美希「あとどれくらい?」

P「40分くらい、かな」

美希「まだ長いの……」

P「寝過ごさなければあとは待ってるだけだよ。はいコレ」

美希「何これ。飴?」

P「これくらいなら車内でも大丈夫だろ」

美希「わ。ありがと!プロデューサーさ―――」

P「はい、あーげた」スイー

美希「」バシバシ

P「叩くなよ!狭いのに」
10 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:03:28.88 ID:BU3VsouQ0

ガタンゴトン ガタンゴトン


美希「ね、プロデューサーさん」コロコロ

P「どした?」サラサラ

美希「貸して。スマホ」

P「なんでだよ」

美希「だって暇なんだもん」

P「自分のがあるだろ」

美希「だって勿体ないもん」

P「なおさらダメ!」

美希「ぶー。プロデューサーさんは何してるの?」

P「仕事のチェック」サラサラ

美希「へー。見せて?」

P「ダメ」

美希「ケチ」
11 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:04:22.65 ID:BU3VsouQ0

ガタンゴトン ガタンゴトン

美希「ね、プロデューサーさん」

P「……………ん?」

美希「何かおもしろい話、して」

P「急すぎるだろ」

美希「だって暇なんだもん」

P「そんな急に言われても……あ、美希のことだったらあるぞ」

美希「え」

P「アイドルの星井美希さんはジュース飲もうとふりふりしていると電話が鳴って」

美希「えっなんで知って」

P「長電話した後ジュースを飲もうとした美希さんでしたが蓋開けてたのをすっかり忘れ」

美希「〜〜〜っっっ!!」
12 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:05:02.33 ID:BU3VsouQ0

美希「……くしゅっ」

P「寒いか?」

美希「うん、ちょっと……」

P「さっきまで人が多かった弊害かな。はいこれ」ゴソゴソ

美希「……上着?用意してくれてたの?」

P「冷房の時期は一応、な」

美希「ありがと! これもプロデューサーのお仕事?」

P「おう」サラサラ
13 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:06:18.63 ID:BU3VsouQ0
ガタンゴトン ガタンゴトン

P「―――」

美希「………」

P「―――」

美希「……ね、プロデューサーさん」

P「―――」

美希「……プロデューサーさん?」

P「―――すぅ」

美希(寝てる?)
14 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:06:59.06 ID:BU3VsouQ0

美希「もー、ミキには『寝るな!』って言ったくせに」

P「zzz」

美希「プロデューサーさん、おきてー。寝過ごしちゃうのー」ユサユサ

P「―――ん、ぅ」パサ

美希「あ」

美希(これ、プロデューサーさんのノートだ)ヒョイ

P「zzz」

美希「……」

P「zzz」

美希「……………みちゃえ☆」パラ
15 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:07:55.51 ID:BU3VsouQ0

美希「わー……カレンダー、ぎっしり」パラパラ

美希「これが今日のお仕事で、こっちは……明日のお仕事?かな」

美希「……え、こんな先までお仕事決まってるの!?」

P「zzz」

美希「うー…………ミキ、そんな頑張るつもりないのに」

美希(プロデューサーさんも、もっとテキトーでいいのにな)パラ
16 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:08:33.04 ID:BU3VsouQ0

『6/5 定例会議』

美希(……何書いてあるかわかんない)パラ

『各アイドルとプロデューサーの現状と今後の活動方針』

美希(ミキ以外にもアイドルの子いるみたいだけど、いつか会えるかな?)

『美希の活動方針について』

美希(あ!これならミキにもわかりそ)

『ダンスレッスンの先生から寝坊と遅刻についてきつく怒られる。先方には6日に社長と謝罪に―――』

美希「…………」パラパラ
17 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:09:33.49 ID:BU3VsouQ0

美希「もー、読んで損したの!ちっとも面白くないし」パタン

ピラ

美希「メモも落ちるしっ!プロデューサーさんもちゃんとしてってカンジ―――」

『5/27 美希のオーディション』

美希(あれこれ……この前のオーディションのことかな)

美希「字、汚過ぎ……えっと」

『美希がオーディションに合格した!!!
 ランクもDが近づいてきてる。ここまで大変だったろうけど、
 ようやく美希の頑張りが目に見える形になろうとしている』

『美希も少しずつアイドルにやりがいを見出していると感じる。
 まだまだ超えなきゃいけない壁はあるけれど、でも―――』


美希「―――」
18 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:09:59.55 ID:BU3VsouQ0

P「………」

美希「プロデューサーさん、プロデューサーさんっ」

P「……ぁ」

美希「おきてー。まだ電車の中なのー」

P「…………はっ!? 俺、寝てた?」

美希「うん、ぐっすり」

P「今どこの駅だ!?時間は?もしかして寝過ごして―――」

美希「えっと、今はここみたい」

P「………………あぶねえ、次の次だ」

美希「おはよ、プロデューサーさん」

P「おはよう……ああ、焦ったあ」ホッ
19 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:10:40.07 ID:BU3VsouQ0

美希「ハイこれノート。落としてたよ」

P「ああ……ありがとう、美希。それとごめんな、寝るなって言ったのこっちだったのに」

美希「プロデューサーさんいっぱいお仕事してるみたいだから、仕方ないって思うな」

P「はは……。な、ノートの中身、見たか?」

美希「みたよ。難しいことばっかりでちんぷんかんぷんなの」

P「……落としておいてなんだけど、次から読むのは控えてくれると助かる」

美希「はーい。あ、でも字はキレイに書いたほうがいいって思うな」

P「善処する」
20 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:11:19.29 ID:BU3VsouQ0

ガタンゴトン ガタン ゴトン  ガタン

『次は○○――― 次は○○―――』

P「よし、降りるか」

美希「ね、プロデューサーさん」

P「どした?」


『まだまだ超えなきゃいけない壁はあるけれど、でも』


美希「今日はどんなお仕事するの?」

P「そうだなあ、詳しいことは現場についてから改めて話すけれど―――」


『もし美希が、もっとアイドルを好きになれたなら』
21 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:11:45.67 ID:BU3VsouQ0

P「多分美希が、アイドルをもっと好きになれる仕事だと思うぞ」

美希「じゃあミキ、プロデューサーさんと一緒に頑張るね」

P「おう!」


『―――星井美希は必ず、トップアイドルになれる!!』


おしまい
22 : ◆dzX3.Do/lI [sage]:2018/06/25(月) 00:13:06.03 ID:BU3VsouQ0
以上でおしまいです。ここまで読んでくれてありがとうございました。
アイマスは基本車で移動のイメージがありますが、比較的初期の方のランクだと
電車移動もあるんじゃないかなあと。

「プロデューサーさん」呼びの美希は可愛い、どうか伝われ。
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 00:53:01.57 ID:KncQT3BLo
ハニーというまでかけたろつ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 01:03:52.23 ID:oLeLTKNp0
そこの人呼びもそれはそれで…
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 02:29:28.73 ID:4Xu1+bCao
続きを書いて星井の
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 16:19:36.46 ID:vzFUVtrOo
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 19:05:52.38 ID:+ZHe/WITO
ハハハこれで終わりだなんてご冗談を
トップアイドルになるまで書くんだよな?
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 21:19:09.77 ID:qkPpBdxJo
おつ
良かった
11.56 KB Speed:1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)