【安価】 兄「最近妹がかまってくれない……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 20:25:44.63 ID:2PB1XdAS0


兄「最近妹の態度が冷たい」

兄「昔はお兄ちゃん、お兄ちゃんってくっついてきたのに」

兄「非常に悲しい」

兄「だから↓1をしてかまってもらおう」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530444344
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 20:28:08.23 ID:r6kIxWeE0
新しい下着を買ってあげる
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 20:28:26.33 ID:S07briqto
アイドル松原早耶のおっかけ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 20:28:46.28 ID:r6kIxWeE0
新しい下着を買ってあげる
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 20:46:31.59 ID:2PB1XdAS0


兄「妹もだいぶ成長してきたしな」

兄「ここは兄としてその成長を祝福し、プレゼントをしてやるか」


――


〜妹の部屋〜


ガチャ

兄「おい、妹。いいもん買ってやるからデパート行くぞ」クネクネ

妹「まず、ノックくらいしろよゴミアニキ。え、なに急に……。絶対嫌なんだけど」

兄「そんなこと言うなよ、最近一緒に出かけることもなかったしさ。どうだ?」クネクネ

妹「……何買ってくれんの?」

兄「それは行ってのお楽しみだ」クネクネ

妹「つーか、さっきからなにクネクネ踊ってんだよ。話はいってこないんだけど」

兄「あ、これ? これパラパラ」クネクネ

妹「やけにうまいのが気持ち悪さを引き立てつつ、イライラを増長させるなオイ」

兄「で、いくだろ。早く準備するんだ」クネクネ

兄「じゃないと今度はブレイクダンス始めるぞ」クネクネ

妹「四畳半の部屋でブレイクダンスはまじでやめろ。部屋ぐっちゃぐっちゃになるわ」

妹「はあ。………わかったよ。いけばいいんでしょ」

兄「やったぜ。」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 21:21:01.61 ID:2PB1XdAS0


〜デパート〜


兄「さあ、到着だ。店に目星はついてるからさっそく向かうぞ」

妹「おい」

兄「なんだ妹よ」

妹「まずお前の格好にツッコませろ」

兄「ん?」

妹「ん?じゃねぇよ頭に泥でも詰まってんのか」

兄「ひどいじゃないか、サリーのどこが変なんだ?」

妹「なんで南アジアの民族衣装着てんだよ。現地集合にしたのこのためか」
兄「おしゃれの最先端だ、羨ましいだろ」

妹「ある意味その図太い神経が羨ましい。人生楽しそうだなお前」

兄「いやそれほどでも」テレッ

妹「褒めてないから」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 21:41:54.83 ID:2PB1XdAS0


――


〜ランジェリーショップ〜


兄「さあ、到着だ」

妹「………」

兄「どうした固まって」

兄「ああ。……なるほどな、お洒落すぎて入るのに躊躇しているのか」

兄「仕方ない、ここは俺が見繕ってやろう」

妹「………」スタスタ

兄「おいおい、そっちは紳士服店だぞ? いくらお前、ぺったんこだからって」ハハッ

妹「………」スッ

兄「ん? どうした? クラウチングスタートの格好で」

妹「………」ダッ

兄「まあいいか。すみませーん。お洒落なスポブラって…………」

妹「てめぇは!」バッ

兄「ん?」

妹「変態か!!!!!!!」ドゴッ

兄「ひでぶっ!」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 21:42:39.71 ID:2PB1XdAS0


――


兄「あれから妹の態度がさらに冷たくなった」

兄「話しかけると、目つきはまさに絶対零度」

兄「正直、チビリそうになった」

兄「しかし、なんであんなに怒っていたのか……」

兄「いやはや、年頃の女の子は難しい」

兄「よし、次は↓1をしてやろう」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 21:43:02.46 ID:iSmm0Jyn0
お姫様抱っこ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 21:43:21.41 ID:HlgIMPW9O
目の前で官能小説を朗読
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/01(日) 21:43:40.30 ID:zrkmg0Dg0
勉強を教えてあげる
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 21:57:51.88 ID:2PB1XdAS0

〜妹の部屋〜


妹「マジでこの前はなんだったんだ」

妹「なんで実のアニキにセクハラされないといけないんだよ」

トントントン

トントントン

トントントントン

トントン

ガチャ

兄「おい、妹」

妹「たしかにノックしろとは言ったけどうるせぇ。つーかどうせならあと一回叩けよ。なんかスッキリしないわ」

兄「いや、ガチャで最後の一拍だ。リズミカルだっただろ?」

妹「文章じゃわかりずらいんだよ。メタなこと言わせんな」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 22:18:58.59 ID:2PB1XdAS0


兄「それはおいといて」

兄「ちょっとそこに立ってくれ」

妹「は? 今度はなに企んでんだ?」

兄「いやなにも。だから立ってくれ」

妹「もう、ツッコむのも疲れたわ。なんか知らんけどさっさと終わらせてくれ」スッ

兄「ご協力感謝します」

兄「………よっしゃ! いくぜ!」グイッ

妹「うわっあ!? あぶっ!?」

兄「おい、暴れんな! 腕が……」ピキッ

兄「つった!腕つった!痛い!ただひたすらに痛い!」バッ

兄「あ、やべ手離しちゃった」

妹「いった!」ゴツッ

兄「やべぇ。マジで痛かった」

兄「やっぱ、慣れないことするもんじゃないな」クスッ

妹「いや、お前サイコか!なに爽やかな笑顔浮かべてんだよ!清涼飲料水のCMか!」

兄「いやすまん。飲み物買ってきてやるから許してくれ」

兄「ちょっと自販行ってくる」ガチャ

妹「……なんなんだあいつ。もういいや宿題しよ」

兄「ただいま」ガチャ

妹「はえーな!」

兄「ほらこれ」

妹「まあくれるってんならもらうけど。で、なに買ってきたの」

兄「弾ける炭酸!この酸っぱさは青春の味!」

妹「清涼飲料水のCMか!!!!!」ブンッ

兄「あべしっ!!!!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 22:21:17.85 ID:2PB1XdAS0


兄「……定規をメリケンにして殴るとは」

兄「あいつ格闘センス抜群だな」

兄「さあ、さらに怒らせてしまったわけだが」

兄「ここは↓1をして機嫌をとるか」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 22:22:31.00 ID:bYbe0h6EO
妹の好きなマカロンを作る
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 22:22:58.27 ID:r6kIxWeE0
チョコバナナを奢る
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 22:41:28.85 ID:2PB1XdAS0


兄「あー。なんだっけかこの前妹がTV見て好きだって言ってた」

兄「ああ、あれだ。マカロン」

兄「買ってきてもいいけどそれじゃ気持ちが伝わらない」

兄「よし。一丁作るか」


――


兄「おかしい。何度作っても」

兄「小籠包になってしまう」

兄「……味は」モグッ

兄「マカロンだな」

兄「ふっ」

兄「これがホントの摩訶(不思議)ロンってか」タハハ

妹「いやクソつまんねぇな!」

兄「いたのか妹」

妹「これはひどい。ホントにひどい」

妹「まだ布団が吹っ飛んだのほうが面白いわ」

兄「あんまりギャグに苦言を呈さないでくれ。結構ショック受けんだから」

妹「なんでそんなとこだけナイーブなんだよ」

兄「まあお前のために作ったんだ。食ってくれよ」

妹「逆に気になるから貰うわ。もぐっ」パクッ

妹「……」ゴクンッ

妹「……」

妹「ま、摩訶(不思議)ロン……」

兄「だろ?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 22:44:54.41 ID:2PB1XdAS0

兄「……」モグッ

兄「……うん。摩訶(不思議)ロン」

兄「まあ、機嫌をそれなりによくなっただろう」

兄「次は↓1だな」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 22:48:36.19 ID:r6kIxWeE0
水着をプレゼント
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 23:03:27.58 ID:2PB1XdAS0


TV「梅雨も明け本格的に夏日となった今日……」

兄「梅雨も明けたな。おおそうだ」

兄「妹に水着を買ってやるか」

兄「前は下着だから恥ずかしかったんだろうけど。水着ならいいだろ」

兄「ただ今回はサプライズにしてやるかな」

兄「えっと。妹に似あいそうな水着は……」カタカタ

兄「これなんかいいな。さっそくポチるか」


――


妹「アニキ最近大人しいな……」

妹「いや嵐の前の静けさとも言うし」

妹「なにをしでかすか分かったもんじゃない」

妹「とりあえずお母さんに晩御飯できたからアニキ呼んで来いって言われたし……」


コンコン

ガチャ

妹「アニキご飯できたって」

兄「ん?」:スク水着用

妹「えっと110番、110番」

兄「まてまて、これには深い事情があるんだ」

妹「あるわけねぇだろ。ついに行くとこまで行ったな」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 23:13:08.76 ID:2PB1XdAS0

兄「まず俺はお前に水着をプレゼントしようと思ったんだ」

妹「前提からキモいな」

兄「で、お前に似あいそうな水着を調べてて」

兄「ネットでぺったんこにはスク水が一番!ってあったから。ポチったわけ」

兄「ただ問題が発生してな?サイズを適当に選んじまったんだ」

兄「そんで届いてみたらあら残念。結構大きめだった」

兄「だからためしに着てみたんだ」

妹「ちょっと待て」

兄「なんかおかしいとこあったか?」

妹「百歩譲ってスク水買うまではまあ分かった。いや十分おかしいけど」

妹「なぜ着た?」

兄「気になるだろ?」

妹「すごいなお前」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 23:22:09.48 ID:2PB1XdAS0

兄「しかしスク水ってのはぴっちりしてるよな」

兄「よく女の子は着れるぜ。結構恥ずかしいだろ」

妹「身内にこんなのがいる私が恥ずかしいわ」

兄「なんでさっきからカリカリしてんだよ?カルシウム不足か?」

妹「実の兄がスク水着てるからだよ!!!!!!」

兄「なに言ってんだ。俺はお前がスク水着ても恥ずかしくはないぞ?」

妹「状況が違うんだよ!!つーか早く着替えろ!!いつまでお前のピッチリモッコリ見ないといけないんだよ!!」

兄「仕方ないな……。んっ?あれ?」グイグイ

兄「やべ、脱げなくなった」

兄「おい、妹手伝ってくれ」

妹「そのまま生涯を閉じろ」ガチャ

バタン

兄「……やれやれ」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 23:24:19.68 ID:2PB1XdAS0

兄「ひどい目にあったぜ。せっかくの水着を引き裂いちまった」

兄「また妹の機嫌をそこねたな。どうしたもんか」

兄「おっ!↓1なんてよさそうじゃないか?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 23:24:57.46 ID:XBXNuE5/0
最高のブレイクダンスを披露する
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 23:42:43.43 ID:2PB1XdAS0

兄「ここは俺の数ある特技の中でも特に自信があるブレイクダンスを見せてやるか」

兄「小さい頃はよくねだられてやってたもんな」

兄「そうと決まればさっそく準備だな」


――


妹「はあ、疲れる……。最近ツッコんでばかりだよ……」

妹「ただ語彙力が上がって国語の成績が伸びてるっていうね……」

妹「今日は部屋でゆっくりしよ」


ガチャ


兄「ヘイ!ガール!俺のクールなブレイクダンス見てってくれよな!!」

兄「セイセイセイセイ!!!Foooooooooooo!!!!」グルングルン

兄「まだまだこんなもんじゃあないぜ!!!俺のダンスはよぉ!!」グルングルン

兄「お次はアクロバットでいくぜ!!!!!haihaihaihai!!!!!」グルングルン

兄「どうだいガール!!!ノってきたかい!?さあこれでフィナーレだぜ!!」

妹「てめぇの人生がな!!!!」ドゴッ

兄「アウチッ!!!」

妹「なにしてんだクソアニキ!」

兄「いやな。お前を喜ばせようと思ってな。懐かしいだろ?ブレイクダンス」

妹「アホか!」

兄「なんでそんなに怒ってるんだよ」

妹「四畳半だからだよ!!!!!!!案の定部屋ぐっちゃぐっちゃじゃねぇか!!!!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 23:55:09.61 ID:2PB1XdAS0

兄「まあまあ、俺も片付け手伝うからさ」

妹「当たり前だ!」

兄「えっと……。おい妹これはどこに入れるんだ?」

妹「え?ああ、それはそこの棚に…………」


――


兄「よし片付いたな。ん?この写真は……」

兄「懐かしいな。昔公園で一緒にブレイクダンスしてたときの写真じゃないか」

妹「あ、その写真か……」

兄「まだ残していたんだな」

妹「ま、気まぐれで残しといてただけだから」

兄「そうか」フッ

妹「あー、アニキ。さっきダンスはそれなりにすごかったよ」

兄「進化させ続けているからな」

妹「ただし外でやれ」

兄「以後、気を付けよう」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 23:59:08.90 ID:2PB1XdAS0

兄「懐かしい写真だったな。まさか妹もあの写真をまだ持っていたとは」

兄「おっと、そういえば妹にかまってもらうのが目的だったな」

兄「気を取り直して↓1をするか」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 23:59:24.26 ID:iSmm0Jyn0
女友達に協力してもらって彼女ができたドッキリ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/02(月) 00:00:10.23 ID:YQRCJPJ20
死んだふり
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/02(月) 00:06:23.74 ID:95UKGPNE0
安価確認。とりあえず今日はここまでで
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/09(月) 00:21:07.01 ID:PTgPOTQy0


兄「というわけで協力してくれ」

女「え、えっと……。私じゃなくて他の子とかに頼めば……」

兄「こんなこと頼めるのはお前しかいないんだ」

女「第一私にメリットないし……」

兄「駅前の限定スイーツ」

女「犬とお呼びください」

兄「うん。お前の見た目に反して欲望に忠実なとこ結構好きだぞ」

女「じゃあ……、妹ちゃんの前で彼女みたいに振舞えばいいんだよね?」

兄「ああ、ラブラブで頼む。さっそく俺の家に行こう」

女「え、いきなり?」

兄「思い立ったが吉日というだろ。レッツラゴー」

女「大丈夫かなぁ」


――


兄「紹介します。俺の彼女の女です」

女「初めまして女です。わぁ、妹ちゃん可愛いね!」

妹「!?!??!?!?」

兄「お?どうした妹よそんなに驚いて」

妹「お前とうとうやりやがったな」

女「ど、どうしたの……?」

妹「アニキにこんな美人な彼女できるわけないだろ。早くその人の催眠解け」

兄「おっと。こりゃ手厳しいな」

女「普段どんな言動をとってたらここまで信頼が薄れるの……!?」

妹「目を覚ましてください。そいつなんのためらいもなくスク水着るようなクレイジーサイコなんで」

女「」ヒキッ

兄「いや、あれは軽いジョークみたいなもんだし。って、めっちゃひいとるやないかーい」

妹「大方このバカがなんか言ったんでしょ。相手しなくていいですよ」

女「え、えっと、そんなことないよ……」

妹「私の部屋でスイーツでも食べながら話しましょう」

女「イエス、マム」






兄「あいつ知らないおじさんにお菓子あげるって言われたら簡単についていきそうだな」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/09(月) 00:21:40.19 ID:PTgPOTQy0

女「妹ちゃんめっちゃいい子」ムシャムシャ

兄「ばっちり餌付けされてるじゃないっすか……」

女「そんなことはないっ!」ムシャムシャ!!

兄「食べるのをやめなさい」

女「で、次はどうするの?」

兄「次は↓1だな」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 00:34:55.15 ID:DQnRMcYI0
3人で寝る
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/09(月) 01:18:46.76 ID:PTgPOTQy0

女「え、えぇぇぇぇぇぇ!?」

兄「いきなり叫ぶなって」

女「そ、それは、どういった意味でしょうか……!?」

兄「そのままの意味だ」

女「さすがに心の準備が……」

兄「さあ、いこうぜ!」


――


兄「」ピクピク

妹「何考えてんだセクハラ大魔神!!!」

兄「ち、違う。お前が思っているようなことは何もないんだ……」

妹「妹の部屋に女の子連れ込もうとするとかどんな変態プレイだ!」

女「えっとね妹ちゃん……これには事情が……」

兄「そうなんだよ」

妹「言ってみろ」



兄「三人で一緒に寝ることで親交を深めようとだな」



妹「へん!」ドゴッ

兄「へぶぅ!」

妹「たい!」バキッ

兄「だばぶっ!」

妹「かああああああ!!!!!」ドガアアアン

兄「けばぶっ!」

女(綺麗に打ちあがったなぁ)

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/09(月) 01:19:15.06 ID:PTgPOTQy0

兄「いやあ、すまんかったな。少しふざけすぎたよさっきのは嘘だ」

兄「今までのもお前が最近かまってくれないからちょっかいかけようと思ってやってたんだ」

女「ホントは私たち付き合ってなくてお菓子だけの関係なんだぁ」

妹「お菓子だけの関係ってなんだ。なんで体だけの関係的なノリなんだよ」

女「あはは、妹ちゃん面白いな!兄くんがかまってほしくなる気持ちが少しわかるかも」

兄「妹もさ、結構楽しかったろ?」

妹「ツッコミしかしてないけど……。まあ、多少は……」

兄「これで終わりだ。もう必要以上にちょっかいかけたりしねーよ」

兄「さて、じゃあ最後に……」





兄「最高のパフォーマンスを見せてやるぜ!!!!」バッ

兄「foooooooooooo!!!!!!いいねいいねノッてきたね!!!!!」グルングルン

兄「セイセイセイ!!!オラオラオラァ!!!!」グルングルン

兄「こんなもんじゃあ終わんないぜ!!!!」

妹「だから……」

妹「四畳半なんだからやめろや!!!!!」

女(二人とも素直じゃないけど……)

女(喧嘩するほど仲がいいってことかな)クスッ




   おわり
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 01:25:07.03 ID:7zdeJGRRo
おつー
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/09(月) 15:44:52.69 ID:qvbIdmEq0
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 07:41:42.40 ID:Ey/NkQrTO
乙!
18.40 KB Speed:2.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)