まほ「西住邸一泊二日の旅」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2018/07/01(日) 22:36:56.99 ID:RDKZ3mel0
 ―――西住邸―――


みほ「・・・」ゴクリ

みほ「・・・」ソワソワ

みほ「・・・」ウズ・・・

みほ「はぁ〜〜〜・・・」タメイキー

みほ「うう・・・やっぱりまだ覚悟が完了しないよぉ〜・・・」

みほ「でもお姉ちゃんからの手紙・・・応えないわけにもいかないなぁ」ペラ


 [拝啓、西住みほ様
  前略――このたび、西住邸にて一泊二日のお泊まり会を開催することと相成りました。
  ふるってご参加ください]


みほ「はぁ〜〜〜・・・」タメイキィィィ

みほ「・・・お泊まり会かぁ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530452216
2 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2018/07/01(日) 22:38:39.05 ID:RDKZ3mel0
こちらのスレッドは

まほ「西住流お泊まり会」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521382480/

の仕切り直しとなります。ご容赦ください
3 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/01(日) 23:01:06.61 ID:RDKZ3mel0
みほ「お母さん・・・まだ怒ってるかなあ・・・うう〜・・・やっぱり顔を合わせづらいよぉ〜」オドオド

 ザッ!

ダージリン「みほさん」ジリッ!

みほ「!・・・ダ、ダージリンさん!どうしてここに・・・」

ダージリン「ふふ、どうしてとはごあいさつね。まほさんからのご招待を受けてはせ参じたのよ」ピラッ

みほ「そ、それはお姉ちゃんのお手紙!・・・ダージリンさんも誘われてたんですね」

ダージリン「実家にお呼ばれなんてまほさんってば私のことを親友と思ってくれていたようね。それも実妹のみほさんと一緒に呼ぶほど・・・ふふふ、まほさんが私のことをそこまで想って――」


 カチューシャ「ここがマホーシャとミホーシャのおウチね!」ザッ!

 ノンナ「まほさんのご実家に招待されるとは感激ですねカチューシャ」ザッ

 ケイ「アマリロテリ〜♪アマリロドリ〜♪・・・HEY!ガールズ!あなたたちもマホのパジャマパーティに?」バッ!

 アンチョビ「ハッハッハー!アンツィオ高校の統帥アンチョビ参上ー!みんなそろっとるけ!」バーン!

 西「やややっ!みなさんお揃いで!不肖、西絹代、まほさんからの召集を受けて馳せ参じました!」ビシッ

 ミカ「おいしいご飯が食べれると聞いて」ポロンッ♪

みほ「み、みなさんおそろいで・・・」アワワ

ダージリン「・・・まほさん、私以外にこんなにたくさん声をかけていたなんて・・・」
4 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/01(日) 23:57:55.42 ID:RDKZ3mel0
まほ「みんな、よく来てくれた」ザッ

みほ「お姉ちゃん」

ケイ「HI!マホ!今日はウェルカムしてくれてありがサンキュー!」YEAH!

カチューシャ「このカチューシャがじきじきにやってきてあげたんだから感謝しなさいよね!」フンス

アンチョビ「しかしなんだって強豪校の隊長達を集めたんだ?それになんでこのメンツに私が・・・あっ!アンツィオも強豪ってことだなフッフーン!さすがわかってるなオイオイ!」ヘヘーン

まほ「まあ、いいじゃないか・・・たまにはこういうのも」

ノンナ「隊長格のみなさんを招かれているのに私までご一緒でよかったのでしょうか」

まほ「かまわないさ。プラウダの隊長はカチューシャとノンナでニコイチみたいなものだからな」

カチューシャ「ふふんっ!そうそう!よくわかってるじゃないのマホーシャ!」←ヨクワカッテナイ

西「して、まほさん、今回の招集は一体全体どういう意図のもとでありますか?もしやまた強大な敵との戦車戦を!?お任せくださいこの西絹代!皆さんと共になら地の果てまででも突撃いたします!」

まほ「期待しているところ申し訳ないが・・・私はただ、みんなとお泊まり会がしたかっただけだ。たまには戦車から離れて、学生らしく、純粋に親睦を深めようと思ってな」

西「なぁるほどぉ!さすがはまほさん!・・・して、何時頃に突撃いたしますか?」

ミカ「夕飯の献立は何かな」ポロロン♪

ダージリン「まほさん、私だけが特別だったんじゃないのね・・・こんなにいっぱいツバつけて・・・」ジリッ・・・

みほ「あわわ・・・みなさん個性的すぎて前途多難だよぉ・・・」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/02(月) 23:13:45.92 ID:pIQAP35KO
まほ厨カプ厨の書くつまらんssやでぇ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 23:09:53.57 ID:DA+YjZAho
続きまだかよ
7 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/04(水) 20:29:13.08 ID:SrYu2EeU0
まほ「さあ、立ち話もなんだ。こっちだ。案内しよう」

アンチョビ「ここが西住ん家か〜・・・西住流の総本山だって言うからどんなモンかとワクワクしていたが・・・そこまでブっ飛んでるわけではないんだな」ポテポテ

ケイ「どんなのを想像してたの?」

アンチョビ「ホラ、もっとこう・・・門をくぐってから邸宅まで何キロもあるとか、お城みたいな家とか、黒服サングラスのボディーガードがいっぱいお出迎えとか・・・」

カチューシャ「アナタ、マンガの読みすぎよ」

まほ「すまんな、田舎の地主のような家で」


菊代「皆様、ようこそいらっしゃいました」ペコ

まほ「皆、紹介する。西住家のお手伝いをしてくれている井手上菊代さんだ。私とみほも幼い時から面倒を見てもらっていた」

菊代「本日は西住邸にお越しいただき誠にありがとうございます。日頃からまほお嬢様とみほお嬢様と仲良くしていただいて、本当にありがとうございます」ペコペコ

みほ「き、菊代さん」テレ

西「こちらこそまほさんみほさん共によろしくしていただき大変誠にありがとうございます!」フカッ!

まほ「この敷地内で何かわからないことがあれば菊代さんに聞けばいい。お母様もよく靴下が無くなった時、菊代さんに尋ねている。菊代さんはこの家における全てを知っているからな」

カチューシャ「母親の面目まるでないわね」

菊代「みなさん、私のことは菊ちゃんって呼んでくださいね♪」ニコッ
8 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/04(水) 20:56:48.67 ID:SrYu2EeU0
菊代「お部屋にご案内しますね。荷物をおもちします」スッ

ケイ「おーっとノンノンノン。自分で運ぶわ。レディに重いもの持たせるわけにはいかないもの」ウィンク☆

ダージリン「私たちガールズのハズよね」

みほ「菊代さん、重い荷物も軽々と運んじゃうんですよ。昔は戦車の整備もやってたって聞いたことあるし」

まほ「私たちがお泊まりする部屋の掃除も菊代さんがやってくれたんだ。このピカピカの廊下も、水みたいに綺麗な窓も、全部菊代さんが・・・あ、あのフスマが破れてるのはお母様がついうっかり――」

 <まほ

みほ「!」


しほ「そちらの方々が?」ザッ・・・

まほ「学校の友人達です。お話していたお泊まり会の参加メンバーです」

しほ「そう・・・皆さん、ようこそ西住流に」ペコリ

アンチョビ「あの・・・べつに西住流に入るつもりは・・・」

しほ「今日の私は、西住流家元としてではなく、西住まほと・・・西住みほの母親として皆さんを歓迎します」

みほ「・・・」

しほ「みほ」

みほ「!」

しほ「・・・・・・ゆっくりしていきなさい」

みほ「・・・・・・はい」
9 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/04(水) 22:40:47.75 ID:SrYu2EeU0
しほ「では皆さん、ゆっくりしていって」

ダージリン「今日はお世話になります」ペコリ

 一同「「「おせわになりまーす」」」ペコリ

しほ「はい、おせわします。菊代さん、話があるのでこちらに。まほ、皆さんを部屋まで案内してあげなさい」

菊代「あっ、はいはい。明日の打ち合わせですね」ソソソ

まほ「わかりました。みんな、客間はこの廊下の先だ」

カチューシャ「よーし!一番乗りはこのカチューシャがいただくわよー!西側になんか負けてらんないんだからー!」ダッ

みほ「あっ、待ってくださ――」

 矢<シュッ!

 壁 >カッ!<

カチューシャ「」

アンチョビ「・・・な、なんかどこからともなく矢が飛んできたぞ・・・」ゾォ〜ッ

まほ「気をつけろ。油断すると一瞬でやられるからな」

カチューシャ「どっ、どっ、どうして家の中に弓矢トラップがあるのよ!」

まほ「常日頃から警戒心を鍛え、砲弾が飛んできても咄嗟に回避できるようになるための訓練だ」

西「こ、これが西住流・・・」ゴクリ

ミカ「そりゃ家出したくもなるね」ポロロン♪
10 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/04(水) 22:47:08.61 ID:SrYu2EeU0
みほ「安心してください。矢の先端は吸盤ですから」キュポッ

カチューシャ「安心ったって・・・」

ケイ「当たったらカッコ悪いったらないわね」

ダージリン「私が行くわ。聖グロリアーナの戦車道は優雅で美麗・・・一本残らず全てかわしてみせるわ」スッ・・・

西「おおっ!だぁじりん殿が先陣を切られる!お先に勉強させていただきますっ!」

カチューシャ「き、気をつけなさいダージリン!ボヤボヤしてると後ろからバッサリよ!」

ダージリン「フッ・・・見ていなさい」ススス・・・

西「おおっ・・・なんと優雅な歩き様!・・・歩く姿はまるで百合の花のごとく!」

 矢<シュッ!

 ダージリンオデコ >カッ!<

ケイ「JACK POT」
11 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/04(水) 23:09:52.12 ID:SrYu2EeU0
みほ「とりますよ〜」ギュッポン

ダージリン「屈辱・・・」ジリッ・・・

ノンナ「さすがは西住流といったところでしょうか。部屋に行くだけでも一苦労なのですね」

みほ「私は子供のころからこうだったから慣れちゃいました」

まほ「そうこうしている間に次のトラップだ。上からくるぞ気をつけろ」

ケイ「Uh-oh」


 \シャキーン!シャキーン!シャキーン!/

アンチョビ「巨大ギロチンだー!」ギャー! カチューシャ「あぶなーい!」ヒエー!

 \ゴロゴロゴロゴロゴロ!/

アンチョビ「大岩だー!」ウゲー! カチューシャ「にげろー!」ワー!

 \ボオオオオオオオオオオオオオ!/

アンチョビ「火炎放射だー!」ヌオー! カチューシャ「あちゃちゃちゃ!」ドヒー!

 (U^ω^)<ワンワン!

アンチョビ「犬だー!」ヒュー! カチューシャ「かわいー!」ヨシヨシナデナデ!

 \ビリビリビリビリビリチュドーン!/

アンチョビ「電流爆破デスロードだー!」オオニター! カチューシャ「どしえー!」ギエピー!


まほ「ついたぞ。ここが客間だ」オツカレー

アンチョビ「もう二度とこの家には来ないからな!」ゼーゼー!

カチューシャ「そもそも戦車道全然関係ないじゃない!」ハーハー!
12 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/04(水) 23:19:02.16 ID:SrYu2EeU0
ケイ「WHOA!タタミにショージにカケジク!まさしく和風なお屋敷ね!」スマホ パシャパシャ

アンチョビ「まるで外国人観光客だな」

西「やあ、随分綺麗な和室ですね。畳から井草の香りが・・・」スンスン

まほ「菊代さんが張り切って新品に換えてくれたんだ。障子も全部張り替えてな。私とお母様も手伝おうとしたが片っぱしからバリバリ破ってしまって・・・」

ミカ「親子そろってポンコツなんだね」

カチューシャ「こんな罠だらけの家に住んでるのになんでそんなトコでドジなのよ・・・」ゼイゼイ

ノンナ「カチューシャ、お疲れですか?」

カチューシャ「そりゃあんなゼルダの伝説みたいな廊下渡ってきたからね!ノドもカラカラよ!」ゼイゼイ

まほ「すまん、気が利かなかったな。今水を」バァン!

アンチョビ「わあ!畳を叩いたらひっくり返った!」

まほ「下に冷蔵庫完備だ。はいボルビック」スッ

ケイ「HA!まるでニンジャ屋敷ね!」

まほ「ちなみにこの畳裏は超合金製だ。戦車砲もへっちゃらだぞ。もしも奇襲を受けた際、盾にできるようにな」ニヤ

カチューシャ「もしもって!?」
13 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/04(水) 23:26:45.54 ID:SrYu2EeU0
ダージリン「さて、この後は何をするの?まほさん」

まほ「・・・」

ダージリン「・・・」

まほ「・・・?」

ダージリン「考えてなかったのね」

アンチョビ「お泊まり会の企画者なんだから何するかくらい考えておけよ!」

みほ「たしか・・・今日ってお祭りの日だよね。夕方から出店とかあると思うんだけど」

ケイ「OH!夏キャンプ・・・サマーキャンプね!」

ミカ「焼きそばとかたこ焼きとか牛串とかあるかな?」

みほ「たぶんありますよ」

ミカ「最高」ポロン♪

アンチョビ「じゃあそれまで時間つぶすか〜。なにして過ごす?みんなでお料理しよっか」

カチューシャ「夕方からお祭りで食べましょうって今話したとこでしょ!脳みそまで胃袋なのアンタ!」

アンチョビ「地毛だ!」

カチューシャ「!?」

ノンナ「近所を散歩するのはどうでしょう。まほさんとみほさんが育った地を少し見てみたいです」

西「おお!それは妙案!西住流の強さの秘訣を学べるやもしれません!」

みほ「私も・・・久しぶりにちょっと近くを歩きたいな」
14 : ◆t8EBwAYVrY [saga sage]:2018/07/04(水) 23:40:56.08 ID:SrYu2EeU0
まほ「いいのか?何もない田舎だぞ」

ケイ「その田舎がいいのよ♪デパートもコンビニも車もないような田舎って憧れてたの!」ウキルン

ダージリン「私も近い内にイギリスに留学するから、それまでに日本の田舎を堪能するのも悪くないわ」

ミカ「カブトムシとか採りたいよね」

まほ「わかった。では行こうか」スック

アンチョビ「ま、待った!まさかまたさっきの道を通るのか!?怒りのデス廊下!」

まほ「? そうだが?」

アンチョビ「ヤダ!もうあんな危険な道とおりたくない!」

カチューシャ「また行くっていうならダンコとしてここから動かないわよ!」

まほ「仕方ないな。こっちの畳を裏返すと」バン!

まほ「隠し通路になっている」ジャーン

アンチョビ「そんなのがあるなら最初から使わせろ!」

カチューシャ「ホントなんなのよ西住流!」
15 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2018/07/05(木) 00:01:18.86 ID:XP++BlGL0
今回はここまでで
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/05(木) 00:17:19.86 ID:KlKO3SSeO
西住流の屋敷が忍者屋敷みたいになってるなら忍者戦法の島田流の屋敷はどんな風になってるのやら
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 13:20:53.28 ID:seCOggXd0
乙、待ってた
島田さん家はそういう城か砦みたいになってるんだろう
18 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2018/07/10(火) 22:39:08.33 ID:63Z02zah0
 パカッ

まほ「出口だ」

カチューシャ「に、庭の石の下に隠し通路があるなんて・・・」

まほ「もしも奇襲を受けた時、脱出するためのルートでもある」

アンチョビ「もしもが物騒すぎるぞ!」


菊代「あら、皆さんお出かけですか?」レレレノレ

まほ「ちょっとみんなで近くを歩いてきます」

みほ「えへへ、久しぶりに散歩したくなっちゃって」

菊代「お気をつけて皆さん。知らない人についていかないように。お母さんが呼んでるとか言われてもダメですからね。車に気をつけて。ハチの巣をつついちゃダメですよ」

ダージリン「すごい心配されてるわ」

カチューシャ「あ〜ららのら!ミホーシャったらまだまだガキんちょなのね!」ヒッヒッヒ

ケイ「ベビーシッターはいかが〜?」HAHAHA!

みほ「き、菊代さん・・・もう子供じゃないんですから・・・はずかしいですよ・・・」カ〜ッ

まほ「カラスが鳴いたら帰ってきますのでご安心を」

カチューシャ「マホーシャが一番ガキね!」
19 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2018/07/12(木) 22:09:07.97 ID:/ZnjeP1r0
 イナカァ〜〜〜ッ・・・

西「やあ・・・いい所ですなぁ、ここは。緑が残っていて、空気も澄んでいる」

みほ「・・・」

まほ「どうした?みほ」

みほ「・・・なんだか、景色が小さくなった気がする」

ノンナ「景色が小さく?」

みほ「うまく言えないんですけど・・・この道も、あの木も、もっと大きかった気がするんです」

カチューシャ「なによそれ。私はそんなこと一度も感じたことないわ」

ダージリン「こんな言葉を知ってる?『かつて世界はもっと広かった』・・・有名な海賊が残した言葉よ」

ケイ「それはねミホ、世界が小さくなったんじゃなくてあなたが大きくなっただけよ。子供のころと違って見えるのはそれだけあなたが成長してるって証拠なの」

みほ「・・・成長・・・してるのかな・・・私も」

ノンナ「カチューシャはそんなこと一度も感じたことないんですよね」アンシン

ミカ「一番お子様なのはだれかわかったね」

カチューシャ「ぐぬぬ・・・ちがうもん!カチューシャは生まれた時から大人なだけだもん!」

ミカ「ね?」ポロロン♪
20 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2018/07/12(木) 22:27:52.72 ID:/ZnjeP1r0
ケイ「HEY!見て!ジャパニーズDAGASHI-YAよ!」YEAH!

アンチョビ「わーすごい!絵に描いたような昭和!」

西「?・・・なにが物珍しいのでしょうか?いたって普通の駄菓子屋かと・・・」

ダージリン「知波単の学園艦には一度行ってみたいものね」

西「おおっ!どうぞいらしてください!凧上げしたり独楽を回して遊びましょうぞ!きっとだぁじりん殿も気に入られますこと請け合いです!」

ダージリン「んっふ、考えておくわ」

みほ「わあ・・・懐かしい。このお店まだあったんだ・・・」

まほ「よくここでお菓子を買ったものだな」

 店主「まあ、みほちゃんじゃないの」

みほ「あっ!駄菓子屋のおばちゃん!わ、私のこと覚えててくれたんですか!?」

店主「何言ってるの。ウチのお得意さんだもの、当たり前じゃない。まあ〜えらい大きなってぇ」ナデナデ

まほ「お久しぶりです」ペコ

店主「まぁまほちゃんまで。ちいちゃい時からそうだったけど、余計にべっぴんさんになったねぇ。もうそろそろ中学生になるんかい?」

まほ「いえ、そろそろ高校卒業です」

みほ「おばちゃん、あんまり来れなくてごめんね」

店主「何言ってるのさ。こうやって元気に顔見せてくれただけでうれしいよ。二人ともええ嫁さんになりぃな」ナデナデ

 みほ「えへへ・・・」テレ まほ「えへへ」

カチューシャ「!み、見て!あのマホーシャが・・・えへへって・・・!」ガクガク

ダージリン「あんなまほさん初めて・・・」ジリ・・・

ケイ「しまった!キャメラを持ってくればよかったわ!」グヌヌ!
21 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2018/07/13(金) 00:03:52.53 ID:jVIGDL+f0
 カワァ〜〜〜ッ・・・

西「おお、見事に澄んだ小川ですね。川底まで透き通って見えます」

アンチョビ「あ!お魚がいたぞ!ホラ!また光った!」ソコソコ!

カチューシャ「まかせなさい!つかまえてあげるわ!」バシャバシャ!

ノンナ「カチューシャ、逃げてしまいましたよ」

まほ「小さいころのみほも魚を捕まえようとして川で暴れていたな」ナツカシイ

みほ「お、お姉ちゃんはずかしいってば・・・」

カチューシャ「アッハッハ!ミホーシャはほんとおこちゃまだったのね!」

ケイ「カチューシャはブーメランの達人だ」

ミカ「・・・」スッ スス・・・

ミカ「・・・」スイ〜

アンチョビ「わ!なんだ!なんか今流れていったぞ!」

ノンナ「葉っぱで作った小さな船のようですね。ミカさんが?」

ミカ「なるべく水面に波紋を立てないように遊ぶのがプロってものさ」ポロリンチョ♪

カチューシャ「か・・・か・・・カッコイイ!カチューシャもつくる!作り方教えなさい!」グイグイ

ミカ「プラウダの食糧3カ月分をウチに支給してくれたら教えるよ」

カチューシャ「のった!」バン

ノンナ「カチューシャ」

ケイ「乗るのはノンナの肩だけにしなさいネ。なんちゃって!」A-HAHAHAHAHA!

ノンナ「ケイさん」

ミカ「やっぱり5カ月分で手を打とう」

ノンナ「ミカ」
22 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2018/07/13(金) 00:20:33.68 ID:jVIGDL+f0
カチューシャ「でけたー!」ササブネ〜

ミカ「まいどあり」ポロン♪

ノンナ「お見事ですカチューシャ。代償は高くつきましたが」

みほ「私もできましたー」ササブネッ!

カチューシャ「わ!ミホーシャの船めちゃくちゃ強そう!いいないいな!」

アンチョビ「私のもどーだ!速そうだろー!」ササブネェ

 カチューシャ「普通ね」 ノンナ「普通も普通ですね」

アンチョビ「ぬゎにおぅ!」

西「皆さん手先が器用ですね。私は何度やっても上手く作れなくて・・・」

ケイ「私がサポートしてあげるから、もっかいやってみましょ」

西「申し訳ありません。自分不器用ですので・・・」

ケイ「ドントウォーリー!ビーハッピー!まずこっちに葉っぱを折って――」


ダージリン「ふふふ・・・ほんと、みんな子供ね。開放的な空気が童心に帰らせてるのかしら」

まほ「・・・子供か。ダージリン、お前は子供じゃないのか?」

ダージリン「・・・・・・そうね・・・アルコール飲めないから子供かしら」

まほ「先週、お母様と今後について話あったんだ。ドイツに行って腕を磨くのはどうだろうと・・・」

ダージリン「!ド、ドイツ!・・・ず、ずるいわよまほさん!私だってまだイギリス行ったことないのに!」ジリッ

まほ「お母様に言わせると、私もそろそろ大人になるべき時かもしれないそうだ。西住流の正統後継者として、流派の師範になる手順を踏む頃合いだと・・・」

ダージリン「まほさんが師範に・・・もしかして、大人になる前に子供らしいことをしようとお泊まり会を?」

まほ「・・・私はどうして大人になるんだろうな。いつごろ・・・大人になるんだろうな」
19.29 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)