【ミリマス】P「琴葉、おかえり」【アイドルヒーローズ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

3 : ◆8PvrU9Ob/. [saga]:2018/07/09(月) 18:22:53.59 ID:ApRGfkc30
P「琴葉も、おつかれさま」

琴葉「Pさん、ありがとうございます」

先ほどまで囲まれていて近寄れなかったが、波が引いたようだ。
一人佇んでいる琴葉に声をかけるとお辞儀を返してくれた。

P「琴葉が〈デストルドーの支配者〉とは意外性があったというか、大変だったろう」

琴葉「初めは私にできるかどうか不安でしたけど、エミリーちゃんが悩んでいた分、私がしっかりしないといけないなって」

P「気負いすぎるきらいがあるからな。それにしても、よくやりきったよ!」

琴葉「皆さんの協力がありましたから」

P「そうだな。ところで、琴葉はどのシーンが印象に残ってる?」

琴葉「最終決戦、と言いたいところですけど、環ちゃんが技を繰り出すシーン、ですね」

P「ああ、『ジェットウルフ』の」

P・琴葉「「超はやいパーンチ!」」

P「あれはつい笑っちゃってNG食らっていたな」

琴葉「環ちゃんが真面目に言ってるから、かえって笑っちゃうんですよね」

環「おやぶーん、呼んだー?」

P「おう、環もおつかれさま」

環「たまき、ヒーローになれて楽しかったぞ!」

P「琴葉と好きな場面を話してたんだよ」

環「ほんとか!? たまきがいちばん?」

P「ああ、みんなが楽しめるいいシーンだった」

環「くふふ、おばあちゃんに自慢しないとなー!」

琴葉「そろそろ暗くなるから、環ちゃん、帰ろうか」

環「うん、おやぶん、ばいばーい!」

P「おぅ、気をつけて帰るんだぞー!」

全員に挨拶しようと思ったが、スタッフが片づけを始める時間になってしまった。

P「明日、劇場に着いたら声をかけて回るか!」

そうと決まれば早く寝て早起きしなくては。
いつもより早く布団に入り、眠りに就いた―――はずだった。

15.92 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)