【デレマス】森久保乃々「無理くぼはゴールデン無理くぼになりました……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

2 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:43:32.65 ID:sqesWTxD0


乃々「もうレッスンは頑張りすぎて無理なんですけど」

P「何甘いこと言ってんだ!! まだそんなこと言ってるようじゃ
  ダメダメだな! もっとスパルタ要素を増やしてやろう!!」

乃々「う……うぅう……もう無理なんですけどおぉ」



ぴかーーーー!



P「な、なんだその金色の、黄金の光は……!!」

3 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:44:19.72 ID:sqesWTxD0


乃々「もうあの厳しいレッスンは無理なんですけど」

P「ハッ! ……そうだな、そうだよな。すまん。今断るから」

乃々「え?」

P「あ、もしもし? お世話になっております。
  今日の森久保のレッスンなんですけど、全てキャンセルでお願いします」

P「え? だから全部キャンセルで。はい、ライブ?
  そんなのものは出ますけど、レッスンは無理なんで!それでは、失礼します」

4 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:44:46.40 ID:sqesWTxD0


乃々「あの……」

P「ん?ああ、無理だからな。断っておいた」

乃々「えぇ……」



ドドドドドド!



P「ん? なんだ?」

トレーナー「プロデューサーさん、どういうことですか!?
     ライブ間近になってレッスンを休むって……!!
     お言葉ですけど、まだ出来ていないところだってあるんですよ」


5 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:45:46.81 ID:sqesWTxD0


P「……いやでも無理なもんは無理だし」

トレ「何を乃々ちゃんみたいなこと言ってるんですか!
   出来なくてライブ失敗して困るのは乃々ちゃんなんですから!」

トレ「無理矢理でも連れていきますからね!っていうか何で金色に光ってるんですか?」

乃々「あうぅ! あまり強く引っ張られるのは無理なんですけど」

トレ「ハッ! そうね。ごめんなさい。お姫様抱っこならいいかしら」

乃々「えぇえ……は、恥ずかしい」

6 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:46:16.57 ID:sqesWTxD0



P「お、いいじゃないか。似合ってるぞ森久保カワイイじゃないか」

乃々「えぇ……お姫様抱っこは無理なんですけどぉ」

P「ハッ! そうだな。おい降ろしてやれ」

トレ「そうね、ごめんね」

乃々「ライブ近いのは分かってますから……自分で行きます……
    もう観念しましたよ……」


7 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:46:43.96 ID:sqesWTxD0



〜レッスンルーム〜


渋谷凛「あ、乃々。おつかれ。今日なんか光ってない?」

日野茜「お疲れ様ですーーーー!!遅かったですね!!」

乃々「うぐ、今日はこのメンバーでやるんですね」

トレ「さあ、さっそく始めましょう!」



8 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:47:22.97 ID:sqesWTxD0



乃々「はぁ……はぁ……」

乃々「うぅ、結局厳しいレッスンだった……プロデューサーには無理だって言ったのに」

茜「どうしたんですか!! まだまだレッスンは始まったばかりですよーーー!」

乃々「うぅ……そうですけど」

茜「さあーー!もうひと頑張りしましょう!せっかく輝いていて太陽みたいなのに!
  もったいないですよ!もっと汗をかきましょう!」

乃々「うぅ、そういう体育会系のノリも無理なんですけど」


9 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:48:06.95 ID:sqesWTxD0


茜「ハッ!! ……そうですね。これからは文化系でもっと本とか読んでくらします」

凛「えっ!?茜?」

茜「はい、なんでしょうか。渋谷さん」

凛「えっ!? いや何ってまだレッスン中だよ?」

茜「いえ、私はそのような体を動かすことではなく、
  本を読んで見聞を広げていくことも大事だと思うので
  そちらに専念します」

凛「急に理屈っぽくなった……乃々、なんかしたの?」

乃々「え、何もしてないんですけど」

10 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:48:49.34 ID:sqesWTxD0



凛「そっか……でも今の乃々に言われてから茜の態度が急におかしくなったんだけど」

乃々「えぇ……わからないですよぉそんなこと言われても」

凛「うーん、そうだよね。ごめん」

トレ「茜ちゃん!? ライブも近いからレッスンしましょう!? ね!?」

茜「そうですね。ライブよりも今はライブラリーに行きたいです」

トレ「何言ってるの!?ちょ、ちょっと一旦休憩にしましょう!」


11 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:49:16.08 ID:sqesWTxD0


〜休憩〜


P「え?森久保になにか言われてから茜の様子がおかしくなった?」

凛「うん、そうみたいなんだよね。なにか心当たりないかなって」

P「うーん、わからんな」

凛「だって、あの茜が本を文香から借りてきて読んでるんだよ?」

P「まあそういう時もあるだろうけれど、微動だにしないな」

凛「そうなんだよ。ていうかなんで光ってるの?」

P「さあ?」

12 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:50:43.96 ID:sqesWTxD0


乃々「ちょっと言ってきます……また森久保がなにか言えば戻るかもしれませんし」

凛「あ、乃々……」

乃々「あの……本なんて読まないでレッスンしましょうよ……
   森久保が言うのもあれなんですけど、進みませんよ」

茜「いえ、すみませんが、私はレッスンにはもう参加しません。
  本日はこれで失礼してもいいでしょうか」

乃々「いやそれは無理なんですけど……」

茜「ハッ! でしたらここでこのようにレッスンを見学させて頂きます」


13 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:51:13.32 ID:sqesWTxD0


乃々「いや、参加しないのも無理……」

茜「ハッ! 仕方ありませんので参加することにいたします」


凛「今の見た?」

P「ああ、森久保の言いなりみたいになっていたな……」

凛「ねえ、乃々……?」

乃々「はい……なんでしょう」

14 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:52:49.49 ID:sqesWTxD0

凛「もし良かったら何だけど、茜に向かって
  『地面を歩いてるのなんて無理なんですけど』って言ってみて?」

乃々「え、そんなの言うの無rわぷ」

凛「おっと、その先は口にしないで、いいから言ってきて。ほら」

乃々「えぇ〜〜〜……」

乃々「あの、茜さん。茜さんが地面を歩いてるのなんて無理なんですけど」
15 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:53:25.39 ID:sqesWTxD0


茜「ハッ!わかりました。じゃあ宙に浮いていますね」



ふわぁ



乃々「ヒェ……」




P「馬鹿な……!! 茜はいくら運動神経がいいと言っても空中に浮いていられるなんて
   いったいどういう理屈なんだ!?」

凛「プロデューサー、あれは無理くぼの究極的進化を施した状態なんだよ」

P「無理くぼの究極的進化……!?」



16 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:54:29.26 ID:sqesWTxD0


凛「あまりに乃々が無理!って思って、口に出したことが本当に無理になるんだ」

P「なんだそれは……一体どういうことなんだ!?」

凛「乃々の無理は絶対ってことだよ」

P「さしづめ、”ゴールデン無理くぼ”と言ったところか……!」


乃々「えぇ、なんですかそれ……」

17 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:55:08.39 ID:sqesWTxD0



P「乃々、これはとても危険な能力だから、どれくらい効力のあるものか
  試していくしかないぞ……」

乃々「えぇ、そんなのどうしたらいいか分からないですよ」

凛「心配しないで。まずは人以外のものにどれくらい有効なのか試してみよう」

凛「乃々、今日は暑いよね?」

乃々「はい、すごく暑くてもう今すぐにでも溶けてしまいそうで
   本当に暑いの無理ぃ〜……」

P「寒っっ!!? なんだ!? 急に部屋が寒くなったぞ!?」

18 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:55:54.91 ID:sqesWTxD0


凛「これも”ゴールデン無理くぼ”のパワー……!?」

乃々「暑くなるから晴れてるのも無理……」

凛「見て!雨が降ってきた!雲も急に出てきたよ」

P「今日はずっと晴れてるって予報だったのに」

凛「恐るべし”ゴールデン無理くぼ”……」

19 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:56:38.54 ID:sqesWTxD0



乃々「なんていうか、そもそも太陽があるっていうのが無理なんですよ」

凛「あっ、真っ暗になっちゃったよ!」

P「森久保が太陽のことを無理だって否定したからだ!」



龍崎薫「せんせぇーー!」

佐々木千枝「あ、あのプロデューサーさん……」

20 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:57:19.76 ID:sqesWTxD0


薫「せんせー!急に外が暗くなったんだけど、なんでかな?
  まだ5時前なのに! あ! こんにちはー!」

乃々「……」

凛「こんにちは。ほら、乃々もちゃんと挨拶くらいしなよ」

乃々「元気な子供って無理だなって思っちゃって……すみません」



千枝「ハッ!」

薫「ハッ!」

21 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:58:03.16 ID:sqesWTxD0


凛「げっ、馬k……あっ」

千枝「そうですよね……私ももう30になるっていうのに……
   まだプロデューサーさんのこと、忘れられなくて……ほんと、ばかですよね」

凛「あぁッ!千枝が元気のない独り身に……!」

薫「うんうん、分かる、その気持ち。私ももう子供たちの世話で大変で……
  ほら、うちってお父さん居ないから……」

P「こっちはシングルマザーで子育てに疲れてるママになっちゃってる!」

22 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:58:41.34 ID:sqesWTxD0



千枝「ねえ、プロデューサーさん……私、ずっと待ってるんですよ?」

P「ぐわぁ〜!乃々、元に戻してくれ〜〜!」

乃々「どうやったら元に戻るんですかコレ」

凛「いちかばちか……。乃々、『元に戻らないなんて無理なんですけど』って2人に言ってあげて」

乃々「えぇ……、えっと、二人とも元に戻らないなんて無理なんですけど」


23 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:59:22.00 ID:sqesWTxD0


薫「ハッ!あれ?今……?」

千枝「ハッ!あれ……?私なにかすごく恥ずかしいことしてた気が……」

P「おお、もとに戻ったか……!なるほど……」

凛「今のでなんとなくわかったけど、複数人いても乃々が
  放った先の人にしか効果が現れないみたいだね」

P「なるほど。だから俺たちには効果がなかったのか」

24 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 20:59:55.48 ID:sqesWTxD0


凛「そもそも大人と判断されたのかもしれないしね」

乃々「……そっか……これで森久保の世界が作れるんだ……」

P「おい、どこ行くんだ乃々!」

乃々「森久保は……気に入らない全てを変えてきます」

凛「えっ! ちょっとまって!」

25 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:00:56.21 ID:sqesWTxD0


〜事務所〜


諸星きらり「あーんずちゃーん、どこ〜〜?」

乃々「きらりさんはカワイイし素敵ですけど、その身長がちょっと無理」

きらり「ハッ!」

凛「うわっ!?きらり!?手のひらサイズじゃん……!
  ちょっと、乃々〜!」

26 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:01:31.25 ID:sqesWTxD0



〜机の下〜


双葉杏「はぁ〜。ん?なんかきらりが大人しくなったけど
  まあいいや働かなくて済むし」

乃々「机の下は森久保の席だから無理……
   働かないポジも森久保のものだから無理です」


杏「ハッ!」


杏「プロデューサーはどこ?次のしごとの打ち合わせをするわ」

凛「ああッ、杏が美城専務みたいな出で立ちになっちゃった……!」


27 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:02:05.25 ID:sqesWTxD0


〜給湯室〜


三村かな子「美味しいから大丈夫だよ〜」

乃々「その理屈は無理ぃ」


かな子「ハッ!」


かな子「……美味しいけどこのカロリーは普通に太るわ」

凛「一番甘やかしていた自分に厳しくなっちゃってる!」


28 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:02:36.16 ID:sqesWTxD0


〜第2レッスンルーム〜


佐藤心「はぁとって呼べよ〜♪」

乃々「無理」

心「ハッ!」

心「別にシンさんでも佐藤さんでもいいわ。好きに呼べよ」

凛「いつもの感じが亡くなっちゃって更にやさぐれてる!」


29 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:03:13.06 ID:sqesWTxD0


〜更衣室〜



棟方愛海「お山を」

乃々「無理」

愛海「……」

凛「物言わぬ人形になっちゃったよ!!?」


30 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:03:49.17 ID:sqesWTxD0


〜眼鏡屋〜



上条春菜「あっ、眼鏡似合うと思うんですよね、これどうですか?」

乃々「無理。ついでに眼鏡とかいうのも無理」


春菜「ハッ!」


春菜「裸眼で1,000メートル以上先の道路標識が見える」

凛「マサイ族超えるレベルの目を持っちゃってる!」


31 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:04:24.99 ID:sqesWTxD0


〜第3レッスンルーム〜


堀裕子「あ、見てください!新しいサイキックを編み出すところなんです
    このスプーン、曲げてみますからね」

乃々「無理」


裕子「ハッ!」


裕子「こんなもん、こうすれば曲がりますよ」ぐにゃ

凛「ああっ!力任せにスプーン折り曲げるようになっちゃった!」

32 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:04:53.47 ID:sqesWTxD0


〜図書館〜


鷺沢文香「……この本がおすすめですよ」

乃々「そんな分厚い本……ていうか本がもう無理」


文香「ハッ」


文香「……そうですね。燃やしましょう」

凛「ストップストップ!燃やしちゃだめだってば!」


33 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:05:36.24 ID:sqesWTxD0


〜カフェ〜


安部菜々「あ、乃々ちゃん、あれ?後ろからすごい勢いで追いかけてるのは凛ちゃん?」

乃々「17歳は無理があると思う」


菜々「ハッ!」


菜々「そうですよね……ほんとうの年齢はにじゅ

凛「わー!だめだめ!コラ!乃々!待って!」

34 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:06:12.89 ID:sqesWTxD0



〜765プロ〜


乃々「動き少ないのほんと無理」

天海春香(765AS)「ハッ!プロデューサーミーティングもあるし、
            そこで気合いれてやらなくちゃね!」


35 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:06:48.68 ID:sqesWTxD0



〜765プロ劇場〜


乃々「一周年を盛大に祝ってないなんて無理だし、ミリシタやってないPとか無理」

春日未来(ミリオンライブ)「ハッ!静香ちゃん!ファーストアニバーサリーだよ!
                 もっと盛大にやろうよ!イベントpt152億にしちゃおうよ!」


36 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:07:17.19 ID:sqesWTxD0




〜315プロ〜



乃々「アニメ化も成功して勢いが無いなんてこと絶対無理」

天道輝(SideM)「ハッ!そうだな……!俺たちまだまだやれるし、こっからだよな!」

37 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:07:44.06 ID:sqesWTxD0



〜283プロ〜


乃々「最近始まったばかりだけど、頑張らないなんて無理」

櫻木真乃(シャイニーカラーズ)「むんっ!まだまだ始まったばかりですから……!これからですよ!」


38 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:08:13.18 ID:sqesWTxD0


〜876プロ〜


乃々「いつまでもゲストばかりで無理」

日高愛(ディアリースターズ)「ハッ! それは確かにそうですよね!!メインのコンテンツが欲しいですよね!!」

乃々「うっ、うるさいのは無理」

愛「……」

凛「あっ!また物言わぬ人形が増えてしまった!」


39 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:08:40.03 ID:sqesWTxD0



P「捕まえたぞ!乃々!ここに来ると思って待機してた!」

乃々「うっ、離してください……」

凛「ナイスプロデューサー!そのまま離しちゃだめだよ!」

乃々「も、もうプロデューサーのこと自体が無理なんですぅ」

P「ハッ!」

凛「あっ!! プロデューサー……!? プロデューサー!?」
40 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:09:06.26 ID:sqesWTxD0

乃々「えっ……!あれ……」

凛「乃々!今の撤回して!乃々がプロデューサーのこと無理って言ったから
  プロデューサーが消えちゃった!」

乃々「そんなこと言われても無理ぃ……」

凛「い、いいから早く、えっと……プロデューサーが居ないなんて無理って言ってあげて!」

乃々「えっ、えぅ……プロデューサーが居ないなんて……無理ぃ」

41 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:09:33.75 ID:sqesWTxD0


凛「あれ!?……戻ってこない……!?ケータイに電話しても……」

凛「だめだ……繋がらないし、こんな電話番号ないって言われてる……!」

乃々「え、え……プロデューサーどこに……」

凛「乃々はまだ光ったまま……効力はあるはず……!どうして!」

凛「そうか……!いまそんなこと言われても無理って言ったんだ……!」

42 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:10:00.94 ID:sqesWTxD0



乃々「ど、どういうことですか……もう森久保には分からないですよ。無理です……」

凛「あっ!まって!お願い整理させて……!えっと……」

凛「さっきの乃々の発言『そんなこと言われても無理』は
  『そんなこと言われても(撤回するなんてことは)無理』という意味合い。
  つまりプロデューサーを元に戻す方法を無理にしたんだよ。
  だからプロデューサーが居ないなんて無理って言っても
  プロデューサーは元には戻らなかった……!」

凛「しかも今、乃々はこのことを理解することが自分の発言で無理になった……!」


43 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:10:30.00 ID:sqesWTxD0


凛「つまり、今プロデューサーを助けるには

分からない乃々

分かる乃々

撤回するなんて無理

撤回できる

プロデューサーは無理

プロデューサーは無理じゃない

この順番で鍵を解いていかないといけない!!」


44 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:11:13.49 ID:sqesWTxD0



乃々「えっ、どういうことですか?なにを言ってるんですかさっきから。もう怖いですよ……
   どうしてこんなことに……全部元に戻すなんて無理ですよ」

凛「あっ!待ってってば……お願い!えっと、まずは……
  元に戻せないなんて無理、からお願い」

乃々「うぅ、分かりましたよ……元に戻せないなんて無理……」

凛「次は、このことが分からないなんて無理」

乃々「このことが分からないなんて無理。ハッ!そっか……森久保のせいでプロデューサーは」


45 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:11:42.71 ID:sqesWTxD0


凛「次は、プロデューサーが消えたことが撤回できないなんて無理。で戻ってくるはず。
  最初のプロデューサーが居ないなんてのは無理は既に言っているから……」

乃々「プロデューサーが消えたことが撤回できないなんて……無理」

P「ハッ!あ、あれ……いま俺……」

凛「ああ……良かった……」

乃々「あうう、ごめんなさい。プロデューサー……森久保のせいで」

46 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:13:01.07 ID:sqesWTxD0


P「あ、ああいいんだ。俺も悪かった……」

乃々「もうこんな”ゴールデン無理くぼ”は無理です」

凛「あ、光が……」

P「まじかよ。色々もとに戻ってない気がするけど。
  乃々、試しに太陽がないなんて無理って言ってみてくれよ」

47 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:13:33.69 ID:sqesWTxD0

乃々「えぇ〜……太陽がないなんて無理……」

凛「戻らないね……」

P「どうすんだこれ。まじで」

乃々「うぅぅ……もうこんなお話、むぅぅりぃぃ〜〜」

ハッ

48 : ◆BAS9sRqc3g [sage saga]:2018/07/11(水) 21:18:12.97 ID:sqesWTxD0

終わりです。

何か無理ぃ〜なこと書いてくと無理になりますよ。
6thライブ当たらないのほんと無理。


普段書いてるのはこっち↓

【ミリマス】恵美「Pと兄貴と妹馬鹿」その3【日刊】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523515313/

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 13:00:05.46 ID:0d+vEp1X0
かな子はそれでいい
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 23:11:38.91 ID:3I7OJ9KXo
こんな能力の漫画昔ジャンプにあったな
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/15(日) 04:38:14.04 ID:B+yei6r7O
『こんなチートし放題の能力があったのかい?』
21.13 KB Speed:6.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)