【シャニマス】夏葉「アイドトールマスターよ!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:25:03.97 ID:VsBjNqgV0
注意:何!?ドトール要素は皆無なのか!?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531365903
2 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:27:17.24 ID:VsBjNqgV0
果穂「レッスン、お疲れさまでしたー!!」

智代子「あぅぁ……あ、足が……!」

夏葉「智代子はまだまだ体力が足りないわね。またトレーニングメニュー組む?」

樹里「そういう夏葉だって結構息切らしてた癖に」

夏葉「あ、あれは酸素を取り入れて全身の細胞を活性化させるためにわざとよ!」

樹里「ふーん……」

夏葉「そういう樹里こそ足、震えてるわよ?」

樹里「はっ、んなわけねぇだろ。視界がぶれてんじゃねぇのか?」

凛世「……」

果穂「凛世さん汗一つかいてません!スゴいですっ!」

智代子「凛世ちゃんの体力どうなってるんですか?」

凛世「?」
3 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:29:20.48 ID:VsBjNqgV0
夏葉「さて、レッスンも終わったし運動の後はゆっくりと休息を取って身体を休ませるに限るけど皆この後予定は?」

果穂「無いです!」

智代子「大丈夫だよ」

樹里「別に暇だけど……」

凛世「特には……」

夏葉「なら決まりね!」

夏葉「この後カフェに行くわよ!」

果穂 智代子 樹里「「「カフェ?」」」

夏葉「たまにはメンバーでゆっくり今後について話しましょ。チームで上を目指す以上大切でしょそういうの」

樹里「別に特別話すことなんか……」

果穂「行きたいです!皆とお茶会したいです!!」

智代子「確かこの近くに……新作スイーツ出てたかな?」

凛世「親睦を深めることはプロデューサーさまにとっても良き事ですね」

夏葉 智代子 果穂 凛世「「「「(ジー)」」」」

樹里「行くって!行かないなんて言ってないだろ!」
4 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:30:50.54 ID:VsBjNqgV0
店員「いらっしゃいませー」

夏葉「(ふっふっふ、密かに練習してたアレを試す時ね)」

店員「ご注文どうぞ」

夏葉「グランデノンファットミルクノンホイップチョコチップバニラクリームフラペチーノ一つ」

夏葉「(決まったわ)」

智代子「夏葉ちゃん……」

夏葉「何?」

智代子「ここスタバじゃなくてドトールだよ?」

夏葉「……え?」

樹里「く……くくっ……」

夏葉「……………………え?」
5 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:33:10.33 ID:VsBjNqgV0
夏葉「……………………」

凛世「あの……」

樹里「そっとしといてやれ。下手に触れると余計傷つく」

果穂「でもでも!夏葉さんあんな長い名前スラスラ言えてスゴかったです!」

夏葉「うん……ありがとね果穂……」

樹里「(メンタル弱っ!)」

智代子「(いやいや、あんな堂々と盛大に間違えればああなるって。せめてちょこっと間違えるだけなら……チョコだけに)」

夏葉「ふー……よし、次からは間違えないわ」

樹里「あ、帰って来た」

凛世「アイスコーヒー……大変美味ですね……」
6 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:35:57.63 ID:VsBjNqgV0
果穂「うぅ……」

智代子「果穂、どうかしたの?」

果穂「レッスンでいっぱい動いたのでお腹が減りました!」

夏葉「頼んでいいのよ?今日は私の奢りよ」

果穂「でも今から食べると晩御飯入らなくなっちゃいます……」

凛世「凛世も……それほど頂くわけではないので……半分こに致しましょう」

果穂「いいんですか!」

凛世「はい……どうぞ……」

果穂「はむっ……ん〜♪スッゴく美味しいですっ!」

智代子「(可愛い)」

凛世「……」←犬を思い浮かべてる

夏葉「(可愛い)」←愛犬を思い浮かべてる

樹里「(犬も果穂くらい可愛ければなぁ)」
7 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:36:37.05 ID:VsBjNqgV0
夏葉「にしても」

樹里「ん?」

夏葉「ココアなのね……って」

樹里「悪いかよ」

夏葉「いいえ、別に」

果穂「おぉ!!夏葉さん流石です!ブラックコーヒーなんて大人の女性です!」

夏葉「(ドヤァ)」

樹里「あぁ?アタシだってそれくらい飲めるぞ!」

夏葉「無理しなくていいのよ?」

樹里「夏葉だってさっきから熱いの苦手そうにふーふーしてないでアイスコーヒー頼めば良かったんじゃないのか?」

夏葉「……別に苦手じゃないわよ」

樹里「へー」

夏葉「……」

樹里「……」
8 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:38:41.62 ID:VsBjNqgV0
凛世「さぁ……始まりました……熱々コーヒー早飲み対決……」

凛世「審判は……凛世が致します……」

智代子「どこからツッコめばいいの!?」

凛世「ルールは……熱々のコーヒーを5杯早く飲んだ方が勝ちです……」

夏葉「やるからには全力よ」

樹里「なんでこうなった」

夏葉「あら?不戦敗かしら?」

樹里「は?何言ってんだ?やるに決まってんだろ」

凛世「それでは果穂さん……スタートの合図を……」

果穂「よーい!スタートです!!」

ゴクッ……

夏葉「(アッヅ!)」

樹里「(にがっ)」
9 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:41:03.46 ID:VsBjNqgV0
ゴクゴクゴク……

果穂「スゴいです……2人共大人の女性です!」

智代子「(どう見ても無理してるようにしか……)」

凛世「(モグモグ)」

智代子「凛世ちゃん、ホットドッグ食べてないでそろそろ決着着くよ?」

凛世「(モグモグ)……ふぁい」

ダンッ

夏葉 樹里「「どっち?」」

凛世「……………………引き分け……ですね」

樹里「くそっ!」

夏葉「次は負けないわ!」

智代子「(次があるの!?)」
10 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:42:27.18 ID:VsBjNqgV0
夏葉「さて……そろそろ解散かしら……うっぷ……」

智代子「明かに飲み過ぎ!!」

樹里「へへっ……だらしねぇな……ぐっ」

智代子「こっちも!」

凛世「……結局……何の集まりだったのでしょうか?」

果穂「お茶会楽しかったです!!」

夏葉「さて、伝票は……」

¥4190

夏葉「4人だとこんなものね」

果穂「ご馳走様でした!」

夏葉「ふふっ、お安い御用よ。さて……支払いはカードで……………………」

夏葉「……………………????」

樹里「……オイ、まさか……」

夏葉「……財布が……無いわ」
11 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:46:21.65 ID:VsBjNqgV0
夏葉「さて……そろそろ解散かしら……うっぷ……」

智代子「明かに飲み過ぎ!!」

樹里「へへっ……だらしねぇな……ぐっ」

智代子「こっちも!」

凛世「……結局……何の集まりだったのでしょうか?」

果穂「お茶会楽しかったです!!」

夏葉「さて、伝票は……」

¥4190

夏葉「4人だとこんなものね」

果穂「ご馳走様でした!」

夏葉「ふふっ、お安い御用よ。さて……支払いはカードで……………………」

夏葉「……………………????」

樹里「……オイ、まさか……」

夏葉「……財布が……無いわ」
12 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:51:35.77 ID:VsBjNqgV0
夏葉「まさか……鞄にダンベル入れる為に出したあの時に……」

智代子「その鞄ダンベル入ってるの!?」

樹里「ったく……しゃーねーなぁ。今回はアタシが出すから……」

樹里の残金:¥2432

樹里「……わり。足りねぇわ」

智代子「私も新作スイーツとか食べ歩いて……」

智代子の残金:¥898

果穂「このままじゃまずいです!ヒーロー失格です!」

果穂の残金:¥131
13 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:52:03.34 ID:VsBjNqgV0
夏葉「こうなったらプロデューサーに連絡して……」

凛世「あの……お困りでしたらここは凛世が……」

ずしっ……

夏葉 智代子 樹里 果穂「「「「……」」」」

夏葉「……凛世、一つ聞いていい?」

凛世「はい、何でしょう?」

夏葉「そのぱんぱんに膨らんだ財布は何かしら?」

凛世「プロデューサーさまにいつ頼られても良いようにと……先月分のお給料がほとんど入っていますので……」

樹里「あぶねぇ!このあと銀行に預けに行くぞ!」

凛世「そうですね。落としてしまってはプロデューサーさまにも迷惑が……」

智代子「凛世ちゃん、そうじゃない……そうじゃないんだよ」
14 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:53:09.04 ID:VsBjNqgV0
果穂「皆さん!今日は楽しかったです!」

夏葉「凛世、ありがとうね。正直助かったわ」

樹里「また埋め合わせさせてくれよ」

智代子「チョコアイドルだけに美味しいチョコレート持って来るからね」

果穂「凛世さんヒーローみたいでした!」

凛世「お役に立てて何よりです……」

夏葉「それじゃあ各自ゆっくり歩いて帰ること!食べた後はすぐ運動すると効率が悪いわ」

夏葉「解散!!」
15 : ◆ytRfQhDR4R7A [saga]:2018/07/12(木) 12:56:20.97 ID:VsBjNqgV0
〜後日〜


凛世「プロデューサーさま」

P「ん?どうした?」

凛世「先日トレーニングセットとゲームとヒーロー物のDVDとチョコレートのお菓子を頂いたので是非ご一緒に」

P「それ全部1日でやる気?」


おわり
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 21:35:32.71 ID:SofXdz3Ko

その内京風和服アイドルと邂逅しそう
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 02:59:06.53 ID:h0kBZKIDO






つ天⊂

はどうなった?
9.18 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)