平成最後の夏、好きな人と一緒に殺した。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/13(金) 07:32:48.38 ID:AmvCL7i+O
ドッジボールに夢中だった小学生時代、いつか自分がストーカーになるだなんて夢にも思わなかった。

犯罪者はテレビや新聞の中に存在するものであり、決して自分自身がなるものではなかったはずだった。

しかし、僕はストーカーになった。

盗み見て、盗み聞いて、盗み取ろうとする、真っ当で正当なストーカーに。

不幸中の幸いだったのは。

あるいは、黒を灰色で塗り潰せたというべきか。

自殺を試みた彼女を、すんでのところで僕が救った。

ヒーローは、白馬に乗った王子様ではなく、ストーカーだった。

「僕も、君と一緒に死んだ方がよかったのかもな」

倒れた彼女にそう言い残して、去ろうとした時だった。

足首を掴まれ、言い渡された。

「その命を私に捧げてください。殺したい人がいるんです」

ヒロインは、城に囚われたお姫様ではなく、これまた凶悪な犯罪者であった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531434768
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/13(金) 18:38:01.27 ID:AmvCL7i+O
「胸とお尻、どっちにかけて欲しいですか?」

僕の奢りで買ったミネラルウォーターの蓋をあけると、紺色のワンピースを着た女の子が尋ねてきた。

「胸がいい」

「わかりました。さぁ、そんな離れてないで、もっと近くに来てください」

僕は彼女の正面に歩み寄った。

「いきますよー。はい」

彼女は腕をあげ、じゃばじゃばと自身の胸元に水を垂らし始めた。

冷たさが沁みたのか、堪えるような表情をした。

「僕にかけるのかと思った」

「自分に好意を抱いていてくれる人に、そんな愉しむような真似はしませんよ」

「ただのストーカーだけどな」

「ただのストーカーですけどね」

「なんでこんな真似をしたの?」

「何となく喜びそうだと思いまして」

「うん。今凄い喜んでる」

「よかったです。何せ、凶悪な犯罪者になって貰うのですから、もっともっと私を好きになってもらう必要があるのです」

「これ以上ないくらい君のことを偏愛してるよ」

「でもまだ心中はできないでしょう?あるいは凶悪犯罪も」

「まぁ」

「ほら、まだまだです」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/13(金) 18:43:37.80 ID:AmvCL7i+O
「僕なら成果報酬型にするけどな。人を1人殺すたびに、ご褒美をあげるとか」

「やらしいこと考えてるでしょう」

「セッ。別に考えてないよ」

「残念ながら、私がお願いするようなことをしてもらったあとは、のこのこ宿を借りる余裕なんてないと思います」

「何をさせるつもりなの?銃の乱射でもさせるつもり?」

「それは被弾が怖いですね」

「セッ」

「乱射しないでと言っているでしょう。それこそ被弾が怖いです」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/13(金) 18:54:32.43 ID:AmvCL7i+O
「人は人をどこまで好きになれるんだろうか」

「それを確かめる上で、その人が好きな人のためにどれだけ世界を敵にまわせるか、というのは良い指標になりそうですね」

「犯罪で気持ちを示せるの?」

「女優に振り向いて貰いたいがために、大統領を殺そうとした人がいたじゃないですか」

「本当に殺してたら、女優はその人を好きになったのかな」

「それはもうメロメロになったはずですよ。無我夢中です。腕を組んで、お風呂に入るときもトイレに行くときもずっと離れなくなるでしょう」

「またそうやって僕に犯罪をそそのかす」

「既にストーカーじゃないですか。立派な犯罪者です」

「そうか。僕はもう犯罪者だったのか」

「あなたが人類の半分程を消しとばしたあとに、ストーカーをしていたことを世間に公表します」

「余罪がいらない規模だよ」

「ところで、一緒にトイレに行きたいんですね」

「余罪の追求をしないで」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/13(金) 19:23:24.59 ID:AmvCL7i+O
「愛と恋の違いってなんでしょうね」

「いきなり定番な問題だな」

「本当に定番なんでしょうか。高校や大学で友達とこんな話題をしたことがありますか?」

「ないけど、ネットによく名言みたいなの溢れてるじゃん」

「定番や常識は、実は自分が毎日考えているだけで、当然他の人も同じように考えているだろうと思い込んでるだけかもしれませんよ。独りよがりの時間を突き詰めたことによる常識の誕生です」

「定番と常識って何が違うんだろう?」

「絶望的なまでに興味がわきません」

「恋と愛の違いはなんだと思う?」

「うーん、あなたから教えてください」

「恋はいつでもどこにでもあるありふれた事柄のこと。愛は一般人が共通に持っている知識や思慮分別のこと」

「定番と常識から早く離れてください」

「恋は五日間洗ってない身体を喜んで舐めること。愛は嘔吐物をジョッキで飲めること」

「離れ過ぎです」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/13(金) 20:05:07.96 ID:1YEkAv2r0
「俺はいつ人を殺せばいいの?」

「その時がくればわかります」

「わかった」

男はバッグの中からボールペンを取り出すと、肩を怒らせて揚々と女に向かって歩き出した。

「ストップストップ。間違いその1、今じゃありません。間違いその2、私じゃありません」

「ほら、こういう誤解が生じるかもしれないから、もったいぶらないで教えてよ」

「男の人は結論を急ぐというのは本当ですね。困ったものです」

「もったいぶって何の意味があるのさ。時間の無駄だろ」

「好きだと思った瞬間に好きだと言えましたか。うじうじうじうじ物陰から見ているうちに、言葉にしなくても好意は伝わっているだろうと思いませんでしたか。ストーカーこそ最ももったいぶった重たいぶちたいタイプだと思いたい」

「自分を省みずごめんなさい。でも最後のラップみたいなのはよくわからなかった」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/14(土) 07:41:01.49 ID:aVQ7GLsXO
「胸が乾いてきました」

「いる?」

「ミネラルウォーター差し出さないでください。喉じゃなくて胸が乾いたんです。また私を濡らそうとするんですから」

「あっ、ボイスレコーダー忘れた」

「どこの部分を録音しようとしたのでしょうか」

「それにしても夢みたいだ。長年ずっと追いかけてきた人とこうして話してる。それどころか、もっと好きになるように協力してもらってる」

「下心がありますけどね」

「僕の身体目当て?」

「殺人教唆です」

「できるかなぁ。ストーカーであること以外は真っ当な人間だからなぁ」

「私のこと殺したいって思ったことは?」

「ないよ。好きな人がいなくなって何の意味があるのさ」

「やっぱり真っ当なストーカーですね」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/07/14(土) 07:46:39.84 ID:aVQ7GLsXO
「胸が乾いてきました」

「いる?」

「ミネラルウォーター差し出さないでください。喉じゃなくて胸が乾いたんです。また私を濡らそうとするんですから」

「あっ、ボイスレコーダー忘れた」

「どこの部分を録音しようとしたのでしょうか」

「それにしても夢みたいだ。長年ずっと追いかけてきた人とこうして話してる。それどころか、もっと好きになるように協力してもらってる」

「下心がありますけどね」

「僕の身体目当て?」

「殺人教唆です」

「できるかなぁ。ストーカーであること以外は真っ当な人間だからなぁ」

「私のこと殺したいって思ったことは?」

「ないよ。好きな人がいなくなって何の意味があるのさ」

「やっぱり真っ当なストーカーですね」


「そろそろお開きにしましょうか」

「そうだね」

「次はいつ会いましょうか。連絡先を交換しておきたいのですが」

「もう知ってるから大丈夫だよ」

「それはよかったです」

「へへっ」

「いえ、よくないですよ。なんで知ってるんですか」

「ストーカーだから」

「そうですね。ストーカーですものね。それではあとで連絡ください」

「わかった」

「今日はありがとうございました。それでは、また」

「うん、またね」

男と女はお互いに手を振った。

「…………」

「…………」

「…………」

「…………」

「……なんでついてきてるんですか」

「ストーカーだから」

「もう」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/14(土) 08:03:49.14 ID:lr1zRfoSO
殺ったぜ。 投稿者:変態糞ストーカー
8.08 KB Speed:2.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)