【安価】王子「他国の姫を籠絡しよう」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 00:00:23.66 ID:rbxSuoWE0
メイド「……王子、なにを」

王子「父上から戴冠されはや3ヶ月、僕はそろそろ功績を作るべきだと考える」

王子「幸いにも先月に魔王が勇者に討たれた、ならしばらく路は魔物に襲われることもない」

王子「外交をするべきだ、そして繁栄だ」

メイド「なるほど」

メイド「で、それと他国の姫を籠絡とは?」

王子「まあなんだ……要求としてな、血統が高貴なら妻にしても反感はなかろう」

メイド「クソ野郎ですね」



王子「とりあえず、友好的な隣国と外交しよう」
>>下
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 00:01:36.47 ID:ZTrk1yM6O
魔女の国
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 00:05:06.76 ID:rbxSuoWE0
王子「お忍びだ、ワクワクするな」

メイド「いつも通り私を探らせに行かせればよかったのでは?」

王子「バカ言え、魔物も消えて安全なこと時期に外に出ない奴があるか」

メイド「……そうですね」

王子「お忍びといっても近々行くと言っている、城にいっても大丈夫だろう」



王子「さてと、どうするかな」ワクワク
>>下
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 00:07:51.14 ID:75TMpzCp0
念のために魔女の国の情報を頭に入れておく

何の準備なしで行くのは危険
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 00:15:19.15 ID:rbxSuoWE0
メイド「王子、やはり偵察の基本は情報収集です」

王子「よし、ならメイドは足で稼げ」

王子「僕は女の子から話を聞く」

メイド「……話を聞くだけですよ、汚したら追加料金です」

王子「分かってる、お茶を奢るだけだ」



メイド「……大体こんなものね……」
>>下
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 00:18:29.53 ID:kL7c+OHIo
魔女達の目的は国王の不老不死化
その為に様々な実験を繰り返しているらしい(その中には非人道的なものも……)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 00:23:18.79 ID:rbxSuoWE0
メイド「……これを公表すれば、他国からの攻撃は間違いありませんね」

メイド「新たな魔王として、勇者が生まれるかもしれませんや

王子「なるほど、確かに非道な研究だ」

王子「続けさせるわけにもいかない、止めさせるぞ!」



メイド「……ところで、王子の成果はどうでしょうか」
>>下
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 00:23:58.15 ID:ajvgM2QEo
かわいい女の子とお茶飲んでただけ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 00:24:51.41 ID:75TMpzCp0
……こんなやつで本当に大丈夫か(心配)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 00:25:19.28 ID:ZVkoh+KZ0
わりと軍備不足
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 00:27:39.49 ID:rbxSuoWE0
王子「ここの国は農業を魔法で簡略化しているらしい、女の子に教えてもらった」

メイド「このバカ」

メイド「失礼、クシャミです」

王子「それで誤魔化せると思ったのか?」

王子「まあなんの成果もなかった、悪いな」

メイド「仕方ありません」



王子「まあ、情報収集はこのくらいにしとくか」
>>下
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 00:30:15.92 ID:jDoCarHX0
潜入捜査破壊工作なんでもござれの凄腕スパイを雇用する。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 06:17:30.40 ID:rbxSuoWE0
王子「僕の国にいる凄腕スパイだ」

スパイ「よろしくね?」

メイド「…………よろしくお願いします」ムッスー

王子「拗ねるなよ、仲良くしなさい」

メイド「私だって、一通りできますもん……」



王子「あー……スパイ、君にはこれから」
>>下
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 06:44:26.53 ID:aoAoeMsH0
メイド見習いとして侵入
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 07:18:18.25 ID:rbxSuoWE0
メイド「メイド見習いですか、ふん、私もお役御免が近そうですね」プンプン

王子「何起こっているんだ……スパイとして潜入させただけだよ」

メイド「……ほ、本当ですか?」

王子「今まで尽くしてくれたじゃないか、僕は裏切らないぞ」

メイド「お、王子……!」



スパイ「今帰りましたー」
>>下
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 07:21:11.32 ID:iB89ePyLO
スミマセン、ばれて魔女の国の王様に調教されちゃいました?
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 07:22:43.39 ID:YusUxwO/o
なるほどNTRやな
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 07:51:42.18 ID:rbxSuoWE0
スパイ「………………」カキカキ

王子「ん?」

スパイ『バレて調教されちゃいました、私の耳や目は王様につながっています』カキカキ

王子(見ないでかけるのか、器用だな)

スパイ『これ以上は足を引っ張ってしまうので、ここで仕事を切り上げさせてもらいます』カキカキ



スパイ『そして、これが今回の収穫です』カキカキ
>>下
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 07:53:47.54 ID:YusUxwO/o
この国の姫が市民の生活を視察しているらしい
但し、それは罠であり姫の元に向かうと捕まり、牢屋に入れられる(メイドは解放される)
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 07:58:00.42 ID:rbxSuoWE0
王子「困ったな、捕まっちゃったぞ」

王子「幸い王だとはバレてはいないみたいだ」

王子「それにしても……ここの姫は可愛かったなー」



王子「それにしても暇だ……」
>>下
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 08:01:09.47 ID:OkDfe1QjO
牢屋の王子の前でスパイを犯す王様
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 08:07:54.18 ID:rbxSuoWE0
魔法王「はははっ、どこのネズミか知らんが、無様だな!」

パンッパンッパンッ

スパイ「ん、ふぁ、ひぁっ!?」

パンッパンッパンッ

魔法王「さあ! 一緒にいたあの女はどこに逃げた!」



王子(くっ、すまんスパイ……!)
>>下
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 08:09:53.02 ID:YusUxwO/o
スパイがイッたのを見届けた後、魔女達に呼び出されて女体化実験の実験台にされる(結果、絶世の美少女に)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 08:14:44.63 ID:rbxSuoWE0
姫「困った、困ったぞ」

姫「僕も予想外だ、この展開は……」

姫「どうにかして元に戻らないと、国にも帰れないんじゃ……」



姫「ど、どうしたら」
>>下
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 08:17:18.87 ID:S9I7Ud+F0
魔女たちからレズ調教をうける
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 08:39:07.60 ID:rbxSuoWE0
姫「やめ、んんっ、ひぁっ!?」

クチュクチュ

姫「やめ、てくれ……んんっ」ガクガク

クチュクチュ



姫「ひっ、はひっ、んん」
>>下
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 08:40:30.01 ID:4TWNdg57o
国王に呼び出されて抱かれる
その際、女の喜びを存分に味わう
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 08:40:45.71 ID:O5+i7rJdO
完全にメス堕ち
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 08:41:04.91 ID:75TMpzCp0
途中でチンコだけ元に戻る
魔女たちはいきなり現れたチンコに興味津々
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 08:59:38.84 ID:rbxSuoWE0
姫「あっ、ひぁっ!? んひぃ!?」

魔法王「はははっ、きゅうきゅうしめてくるな!」

パンッパンッパンッ

姫「いくっ、いくっ、いっ!?」

ビクンビクンッ



姫「はひ、はー……はぁーっ」
>>下
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 08:59:50.68 ID:O5+i7rJdO
王様の取引の目的のために不老不死の技術と引き換えに生き残っていた魔族に売り渡される
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [scp]:2017/06/22(木) 09:13:49.61 ID:rbxSuoWE0
姫「…………」ギュッ

姫(頑丈な枷だな……どうしたものか)

姫(メイド……今はお前だけが頼りだ……)

姫(……この事を、国に……)



姫(……? 馬車が止まった……?)ヒョコッ
>>下
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 09:15:38.31 ID:SIcYD8MKO
魔族の研究所に到着した
新しい魔王の産む母胎になる魔物に改造される
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 09:16:07.50 ID:YusUxwO/o
新たな奴隷だとボロボロのメイド(中出し済み)が馬車に放り込まれる
尚、メイドは反抗する気力を持っていない
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 09:28:45.47 ID:rbxSuoWE0
姫「また檻か……」

姫「どこも代わり映えはしないな」

姫「……自死を覚悟しておこう……」



姫「……いや、まだだ……諦めない……」
>>下
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 09:31:00.88 ID:onhZhYzlo
新たな奴隷だとボロボロな姿のメイド(中出し済み)が馬車に放り込まれる
尚、メイドは惚けた顔をしており、反抗する気力を見せていない
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 09:31:32.76 ID:onhZhYzlo
馬車じゃない、檻です
38 :せめて一回くらいはスレタイどうりやりたい [saga]:2017/06/22(木) 09:54:38.57 ID:rbxSuoWE0
姫「っ、メイド!」

メイド「…………」ボロッ

姫「返事をしろ! メイド!」ガクガク

メイド「…………」ボー



姫「なんて、ことだ」
>>下
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 09:56:36.10 ID:ZQUfRnaSo
メイド、王子を見るとひたすら魔物ちんぽの凄まじさを教えてくれる
王子、それに期待する自分がいることに気がつく
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 10:03:47.56 ID:rbxSuoWE0
メイド「王子……魔族は、とても素晴らしいですよ」

姫「な、何を言っている!」

姫「正気になれ!」ユサユサ

メイド「一晩犯されただけで、私……」

姫「メイ、ド……っ」



姫「どうにか、しなくては」
>>下
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 10:04:24.01 ID:cfsGtsQm0
近衛兵団に救出され事なきを得、紆余曲折ありもとに戻るもメイドはちんぽ中毒になってしまい王子とSEX三昧
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 10:12:33.37 ID:rbxSuoWE0
メイド「王子っ、おう、ひぃっ!」

パンッパンッパンッ

メイド「好きっ、しゅきでひゅっ!」

パンッパンッパンッ

王子「ああ、僕もだ……っ!」



王子「はぁ……この前は大変だったな」
>>下
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 10:14:52.02 ID:dcx56F1bO
気を取り直して今度はエルフの国へ
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 10:28:23.62 ID:rbxSuoWE0
メイド「はぁ、はぁ……ん、エルフの国ですか?」

王子「ああ、魔法の国は今他の国に叩かれているからな」

王子「そのうちに、僕は他国と仲良くするという算段だ」

メイド「なるほど……」



王子「ようし、そうと決めたら」
>>下
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 10:32:13.31 ID:dBgfATZXo
エルフの国と正式な外交の手筈を整え、戻ってくるとメイドが騎士団長と肌を重ねていた(それと王子のでは満足できないとも言葉を漏らしていた)
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 11:04:19.46 ID:rbxSuoWE0
何故1人も落とさないうちに脱線するのか

本筋と離れすぎているので再安価、後これ以上脱線する要因になるならメイドに対しての安価は無効にすることも検討する

>>下
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/06/22(木) 11:09:07.90 ID:iR5DFil40
女になってエルフの村に潜入しよう。前回の影響で女になりやすくなった(物理的に)
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 11:34:43.12 ID:rbxSuoWE0
姫「まさか僕にこんな特技ができるなんてな」

王子「どっちの方が好印象だろうか」

メイド「……まあ、公には男性としていますし、王子は男性で行ってみては」

王子「そうだな、まあ素性を隠すにはちょうどいい」



王子「さて、潜入したんだし……」
>>下
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 11:38:32.49 ID:SIcYD8MKO
お忍びで街にいたエルフの姫(三女・電波系)が王子に一目惚れ
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 12:07:01.37 ID:rbxSuoWE0
王子「ふーん、美味しそうな果実だ……ふむ、良い商売ができそうだな」

電波エルフ「お兄さん、人間?」ヒョコッ

王子「ん? ああ、そうだよ」

王子「近くに来たから、少し観光にね」

電波エルフ「へぇ〜、そうなんだぁ〜」



王子(……この子、結構人懐っこいな)
>>下
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 12:09:49.90 ID:lJQY+Kad0
酒屋で酒を飲みあって酔わす
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/06/22(木) 12:10:07.23 ID:iR5DFil40
でも情報を得るにはもってこい。だからこの国の情勢や王室のほうについて聞いてみる
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 12:26:11.68 ID:rbxSuoWE0
電波エルフ「えへへへへ〜、美味しい〜」

王子「なるほど……リンゴの酒か……」

電波エルフ「さいこ〜、んふふ〜」フラフラ

王子「ん、大丈夫か?」

電波エルフ「だ、大丈夫で〜す」



王子「……酔ってきたな……」
>>下
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/06/22(木) 12:27:54.54 ID:iR5DFil40
とりあえずこのままにしておけないので運んでやる

こういう中世設定だと警察に該当する組織ってなんだろう?

55 :衛兵とか? [saga]:2017/06/22(木) 12:29:52.45 ID:rbxSuoWE0
電波エルフ「まだ飲めますぅ〜」

王子「分かったから、僕の背中で吐くなよ」

電波エルフ「ぅぉええ……」

王子「……衛兵の詰所はどこだ……」



王子「ん、あったあった」
>>下
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 12:34:55.53 ID:SIcYD8MKO
王女だということで城に案内される
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 12:36:30.14 ID:rbxSuoWE0
王子「あの子王女だったのか……」

王子「まさかこんなことになるとは……」

王子「せめてなんらかの手順を踏んでおいた方がよかったかな……」



王子「……いつまでこの部屋に待たされるんだろうか」
>>下
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/06/22(木) 12:39:30.72 ID:iR5DFil40
綺麗なお姉さん系エルフ(第二皇女)が来てお礼と案内をしてくれる
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 12:52:12.32 ID:rbxSuoWE0
エルフ皇女「……この度は、愚妹が……」ペコペコ

王子「ああ、いや、大丈夫だ……誘ったのはこっちだし」

エルフ皇女「で、ですが……醜態を……」

王子「いやいや、そんな」



王子(困ったな、思ったより腰が低くてやりづらい)
>>下
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 12:54:53.76 ID:eZTMDM4UO
あねとものむ
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 13:34:57.57 ID:rbxSuoWE0
エルフ皇女「ふにゃぁ……」

王子(弱……)

エルフ皇女「えへへ……ふひ」

王子「一旦酒をおこう」

エルフ皇女「やらー……」ブンブン



王子(この家系は酒に弱いのか?)
>>下
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/06/22(木) 13:36:06.03 ID:iR5DFil40
メイドさんとか呼んで運んでもらう
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 13:36:09.00 ID:kwoH+b6dO
嫌ならしょうがない
もっと飲むがよい
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/06/22(木) 13:41:01.89 ID:iR5DFil40
できたら>>63
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 14:00:57.74 ID:rbxSuoWE0
エルフ皇女「……きゅう」パタリ

王子「うー……あっつ……」パタパタ

王子「飲んだ飲んだ」

エルフ皇女「すぅ……すぅ……」



王子「寝ちゃったみたいだな」
>>下
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 14:04:12.86 ID:lJQY+Kad0
王女にイタズラ手マンでいかせる
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 14:14:54.63 ID:rbxSuoWE0
エルフ皇女「ん、ふぅ……」チラリ

王子「…………」ススス

クチュクチュ、クチュクチュ

エルフ皇女「ん、ゃ、んんっ」ぴくり

クチュクチュ、クチュクチュ



王子「しっかり感じてるな」
>>下
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 14:16:22.28 ID:MaEgEVbgO
何か違和感があると思ったら・・・皇女はふたなりだった
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 14:30:40.74 ID:rbxSuoWE0
ポロンッ

王子「ん、これは……ずいぶん可愛らしい大きさの……」

エルフ皇女「すぅ……すぅ……」

王子「何かの呪いか……生まれつきかな?」



王子「まあ僕も似たようなものだしな」
>>下
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 14:32:36.44 ID:S9I7Ud+F0
いたずらごころで女体化してフェラする
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 15:36:15.36 ID:rbxSuoWE0
姫「ん、んぷっ、れるっ、じゅぷっ」

ジュポジュポ

エルフ皇女「ん、ひぅ、ゃぁっ、ひっ」ピクピク

ジュポジュポ

姫「ふふふ、可愛らしいな」

ピュルルッ



姫「おえ……美味しくない」ゲロー
>>下
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 15:44:02.94 ID:DszPGnK9O
皇女が目を覚ますが寝ぼけており犯される
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 18:49:08.29 ID:rbxSuoWE0
エルフ皇女「んぁ……はにゃ?」ムクリ

姫「あ、起き……んっ」トサッ

エルフ皇女「んふふ……」ボケーッ

姫「寝ぼけてる……んっ」ニュプッ

エルフ皇女「あっ、あっ、んんっ」

パコパコ

姫「あー……必死に腰振っちゃって……」

パコパコ



姫(届いてないんだけどなぁ……どうしようか)
>>下
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 18:52:43.04 ID:75TMpzCp0
男に戻って本物のセックスを教えてあげる
おまんこがないふたなりならアナルに挿入
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 22:37:05.46 ID:rbxSuoWE0
エルフ皇女「あっ、んひぃ!?」

パンッパンッパンッ

王子「ははは、こっちは一流だなぁ」

パンッパンッパンッ

エルフ皇女「いくっ、いっひゃう!」

ドビュルルルルルッッ



王子「ふう、出した出した」
>>下
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 22:39:13.32 ID:75TMpzCp0
そしてバレないように証拠隠滅
あとで皇女は起きるが夢だと思ったまま
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 22:39:45.51 ID:muxcU4g30
次の日、エルフの王に責任を取らされて、皇女が王子に嫁ぐことに
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 22:42:10.47 ID:rbxSuoWE0
エルフ皇女「ね、寝てしまったみたいです、ごめんなさい」

エルフ皇女(は、破廉恥な夢を見たせいで……火照りが……)ドキドキ

王子「お姫様とお昼寝できたから、僕は満足だよ」

エルフ皇女「そう、ですか?」

エルフ皇女(な……なんだか、素敵に見えてきました……)ドキドキ



王子(ふむ、ちゃんと夢だと思ってるみたいだな)
>>下
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 22:43:17.01 ID:Ef8w0ps/O
しかし皇女以外のエルフにはばれていた
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/22(木) 22:47:29.12 ID:rbxSuoWE0
電波エルフ「わ、わわわっ」カァァッ

電波エルフ「お、お姉ちゃんっ! な、なん!」

電波エルフ「わ、私が最初に見つけたのにぃ〜!」ブンブン

電波エルフ「うー……!」



王子(思ったよりうまくいかなかったか)
>>下
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 22:48:44.60 ID:lb1QYt5C0
捕らえられる寸前で、有能状態に復活したメイドが、国に戻る方法を準備してくれて戻れる
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 22:49:48.48 ID:lb1QYt5C0
↑訂正
有能状態に戻ったメイドが助けてくれ、王国に戻れる
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 00:16:13.73 ID:kutEXDV50
王子「あー、怖かった」

メイド「エルフは繁殖力が低いです、あの量の射精なら妊娠はないでしょう」

メイド「私の隠蔽術でさらに完璧に皇女は気がつかないと思います」

王子「そうか、偉い」



王子「ふむ……エルフは少し後回したほうが無難か?」
>>下
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 00:25:48.31 ID:8VpLKnE7O
エルフ皇女達が友好の一環として遊びに来る
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 00:37:40.93 ID:kutEXDV50
エルフ皇女「こ、こんにちわ……」ドキドキ

エルフ皇女(む、胸が……鼓動が激しい……)ポーッ

王子(少しだけ覚えているのかな……?)

王子「少し待ってください……また、今度はこっちの国の酒を飲みましょう」



王子(さて、どうするかな……)
>>下
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 00:40:13.77 ID:Vp+JPQBX0
手を出さなければいいこと。交友として第一皇女のことも聞きながらお酒を飲む
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 00:48:44.77 ID:kutEXDV50
エルフ皇女「……姉は、大変美しいんです」

エルフ皇女「私のようにプヨプヨしていないし、スラットした素敵な女性です」タユンタユン

王子「へぇ、そうなんだ」

エルフ皇女「何かお手伝いできることはないかとおもい、仕事を時々手伝っているんです」



王子「ほほー?」
>>下
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 00:54:16.26 ID:PJ57JyYj0
他国の姫に仕事させられないと丁重に断る
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 00:54:24.85 ID:JHua8UTGO
皇女「その一つで私は体にあるもの(ちんこ)を埋め込んでいます。これによりエルフの世継ぎ問題を解消できるそうです(精液による着床率が極めて高い)」
90 :ごめん、仕事を手伝ってるは姉にかかってるんだ、下にずらす [saga]:2017/06/23(金) 08:14:41.32 ID:kutEXDV50
王子「なんでチンコつけると着床率が上がるんだ」

エルフ皇女「男性ホルモンによって、興奮するらしいんです」

エルフ皇女「で、ですから……」

エルフ皇女(こ、これ以上言って良いのかしら……は、はしたない女だと思われたり……)

王子(初耳だ……孕んだのか?)



王子(どうすべきか……)
>>下
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 08:15:39.29 ID:1nSODykH0
王子「責任取って下さい」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 12:14:49.64 ID:Ia91kwnCO
何の責任か分からない、再安価するので追加して記述か他の内容で

>>下
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 12:18:06.30 ID:fWefQliZO
皇女から求婚(子作りしてください的な意味で)及びエルフ国との同盟の要請を受ける。
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 12:51:19.50 ID:Ia91kwnCO
エルフ皇女「それで……ここからが本題です」

王子「何だろうか」

エルフ皇女「……我がエルフの国と同盟を組み、税と荷の行き来を融通して欲しいのです」

王子「なるほど」

エルフ皇女「交換として……私が、この国に……あなたに、嫁ぎます」



エルフ皇女「不束者ですが……」ペコリ
>>下
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 12:58:52.32 ID:UBPutSD3O
大臣達との会議の末同盟成立、ベッドイン
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 13:04:34.79 ID:Ia91kwnCO
エルフ皇女「…………」ドックンドックン

エルフ皇女(こ、こんな……破廉恥な寝巻き……裸より……恥ずかしぃ……っ)ドックンドックン

王子「……さて」トサ

エルフ皇女「お、おて、やわら、かにっ」ビクビク



王子(緊張しているみたいだ……)
>>下
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 13:07:06.80 ID:hrJ79VBY0
イキまくっても徹底的に尻穴、膣開発
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 13:31:22.37 ID:Ia91kwnCO
パンッパンッパンッ

エルフ皇女「あっ、あひっ、ぁんっ!?」

パンッパンッパンッ

エルフ皇女「ひっ、んんんっ、んぁっ!?」

ビュルルルルルルル

エルフ皇女「はぁ、はぁっ……はげひっ、はっ、はぁ……」

王子「僕のをちゃんと覚えたかな……良い子だね」ナデナデ



王子(さて、と)
>>下
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 13:40:24.82 ID:UBPutSD3O
乱れ牡丹スタイルで犯しながらふたなりちんぽを責める+鏡でその姿を見せつける
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 13:54:29.45 ID:Ia91kwnCO
エルフ皇女「あっ、やだっ、こんなぁっ」

パンッパンッパンッ

王子「小さくて可愛らしいじゃないか」

パンッパンッパンッ

エルフ皇女「いやっ、やぁっ! 出ちゃうっ!」

王子「なら、僕も……っ!」

ビュルルルルルルルッ

ピュルルッ




王子「ふう、良かった良かった」
>>下
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 13:58:39.85 ID:iU4zEFkJO
ついでに姫になって逆レイプ
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 14:24:29.22 ID:Ia91kwnCO
姫「ほらっ、えいっ」

パコパコ

エルフ皇女「やっ、ぁっ、ひぁぁっ!?」

パコパコ

姫「ふふふ、中々っ、新鮮なっ」

エルフ皇女「で、でるっ、でひゃうっ!」

プピュピュッ



姫「ふぅ、たまには良いかもな」
>>下
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 15:13:10.25 ID:1nSODykH0
皇女も姫も孕む
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 17:36:25.90 ID:Ia91kwnCO
王子「孕んだ」

メイド「ぶーっ!?」

メイド「げっほ、げほげほっ」

メイド「ど、どなたがですか……」

王子「僕と皇女だ」

メイド「…………」クラッ

王子「だが、女の身体の方が孕んだだけだ、僕は以前元気だ」



王子「それにしても、激しい初夜だった……」
>>下
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 17:38:56.90 ID:QvJdWAbIO
執務室で書類仕事(なお机の下でエルフ皇女が王子にフェラ+王子皇女のふたなりちんぽを靴コキ)
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 22:24:55.67 ID:kutEXDV50
エルフ皇女「ん、んふっ、ちゅぽっ」

ジュッポジュッポ

王子「ふふふ……偉いぞ」

グリグリ

エルフ皇女「おっ、れるっ、ちゅぷっ」



王子「ふふふ、よい妻だな」ニヤニヤ
>>下
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 22:28:28.55 ID:qp3O6qHz0
嫉妬しているのか仕事中ムスッとしているメイド
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 22:36:42.48 ID:kutEXDV50
メイド「…………」ムスッ

王子「なんだよ、僕はいつもより早く終わらせたんだぞ」

メイド「終わらせても、皇女の陰茎を踏んづけるだけなんて不毛です!」

王子「……それもそうだな」



王子「他の国に接触してみよう!」
>>下
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 22:37:29.77 ID:qa+S218J0
ドワーフの国
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 22:47:04.63 ID:kutEXDV50
王子「小さな子とおっさんばっかりだ」

メイド「そうですね」ダキッ

王子「……なんだ?」

メイド「恋人のふりです」



王子「そうか……うーん、どうするか」
>>下
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 22:48:17.40 ID:Vp+JPQBX0
武器や装備を作ってもらおうか
魔女の国みたいに捕まってひどいめにあうのはごめんだ
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 23:00:45.49 ID:kutEXDV50
王子「冒険者のふりをして買い物をしようや

王子「身を守れるくらいのな、魔法の国の二の舞はいやだ」

メイド「では、いきましょうか」

王子「うむ」


メイド「ここが名匠がいる工房です」
>>下
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 23:03:25.83 ID:KLiALB/EO
若い女ドワーフが長の工房
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 23:25:48.42 ID:kutEXDV50
匠ドワーフ「……ぁぁん、人間かい?」

王子「ああ、鎧と武器をくれ」

王子「頼む」

匠ドワーフ「ふん、金さえ出せば最高を渡すよ」



匠ドワーフ「これくらいの金なら……」
>>下
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 23:28:50.67 ID:qa+S218J0
防御力は高いが着ると女体化してしまう鎧

切れ味は鋭いが扱いが難しい剣
を買った(手持ちの金の範囲では最高の装備)
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/23(金) 23:51:39.90 ID:kutEXDV50
姫「くっ、こんなものしかないのか!」プンプン

姫「こんな副作用聞いていないぞ!」プンプン

メイド「可愛いらしいですね」

王子「こんなのきてられるか!」ベシッ



王子「はぁ……疲れた」
>>下
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 23:52:57.30 ID:qp3O6qHz0
流石に王子ということを察したようで、匠が良い軽量鎧と片手剣を渡してくれる。メイドには手甲が渡される
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 23:53:11.24 ID:PJ57JyYj0
ものは使いよう、レズをナンパしてホテルに連れ込むのに使えるかもしれない。
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/23(金) 23:53:42.20 ID:V4/61pbMO
一旦休んでから魔女の国へ再チャレンジ
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/24(土) 00:08:46.82 ID:8wMrjqv80
王子「そうそう、こういうので良いんだ」

メイド「あれは私がポケットマネーで買ったジョークグッズです」

王子「……本気でびびったんだからな」

メイド「怒っている王子は大変面白かったですよ」



王子「それじゃあ、鎧も整えたし」
>>下
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/24(土) 00:10:06.16 ID:0ePD81DeO
さくっと美人を拉致監禁して調教しよう
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/24(土) 00:10:30.01 ID:XzLVewQ50
当然他の国家の王子というわけなのでタダでとはいかず、王子の貯金の限度額を超える請求があったと父親より呼び出される
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/24(土) 00:13:24.14 ID:ydQZ9aj4O
>>121
こいつ本当に王子か・・・?最悪戦争か反乱が起きる・・・
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/24(土) 00:14:13.41 ID:naGnanJa0
>>1で戴冠されてるので呼び名は王子だけど実質王じゃね?
125 :すまないけど、ゲスなの書くの下手なんだ、>>下 [saga]:2017/06/24(土) 13:13:18.72 ID:8wMrjqv80
元王「…………なぜ呼ばれたかわかるか?」

王子「僕の貯金と国庫の金を少し使ったからでしょうね」

元王「……口出しはしないが、損失の倍国に尽くせ」

王子「どうすればよいでしょうか」



元王「そうだな……」
>>下
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/24(土) 13:17:40.17 ID:EeNqn6Mn0
エルフ国との共同し、海洋連合との貿易を取り仕切ってこい
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/24(土) 13:35:23.89 ID:LPDAeS3Vo
パッパまともすぎて笑った
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/24(土) 14:23:10.71 ID:8wMrjqv80
王子「海洋連合か……」

メイド「マーメイドや海洋民族、水棲の種族の共同体ですね」

王子「トップは誰だっけ?」

メイド「民主制なのでコロコロ変わってますね」



メイド「ええっと、今は」
>>下
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/24(土) 14:24:40.30 ID:ol9dXjBdO
セイレーン
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/24(土) 20:25:23.17 ID:8wMrjqv80
王子「海鳥セイレーンか」

メイド「歌姫と呼ばれる人物らしいですよ」

王子「ふむ、海洋連合は船と海底が領土だ……」

王子「売るとしたら、陸の幸だな」

メイド「ええ、その方がよろしいかと」



王子「とりあえず行動に移すか」
>>下
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/06/24(土) 20:26:37.33 ID:EevkpOf60
送る陸の幸を厳選する。機嫌をそこわないためにも
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/24(土) 20:58:43.88 ID:k4NqQEZN0
まともに政治してる、ぱっぱつよし
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 00:28:13.27 ID:E/YBg/Md0
王子「エルフには果実や林業での木材を手配してもらう」

王子「こっちは農作物や家畜の肉だ」

王子「……ほかには……なにかあるかな?」

メイド「商品とするなら、海で役に立つものなどは?」

王子「ふむ……綿や絹も海上では取れなさそうだな、それも加えるか」



王子「こんなものだな」
>>下
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 00:30:39.58 ID:K+Ne5feG0
とりあえず行くとするか。何かあることも考えてもメイドも同行させる
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 00:31:01.67 ID:zysV9yToO
夫婦のように皇女と一緒にトップへ挨拶へ
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 00:52:15.51 ID:E/YBg/Md0
セイレーン「嬉しいですわ、あの様な商品」ニコニコ

王子「ええ、僕も良い商売ができた」

王子「これからも、こうした関係を築きたいです」

セイレーン「ええ、民もそれを望むでしょうね」ニコニコ

王子「それじゃあ、こちらは船などを買いたい……とりあえず、数隻ほど」ジャラッ

セイレーン「分かりました、2ヶ月ほどで送りましょう」ニコニコ



王子「はは、良い買い物だ」
>>下
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 00:54:00.57 ID:wKmtyC/30
帰国中に海賊の襲撃。
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 00:57:52.02 ID:E/YBg/Md0
王子「参ったな……戦力差は?」

メイド「船の装備で言えばこちら、数なら向こうでしょうね」

王子「そうか……海洋連合は?」

メイド「今、一つ船が燃えてますね……こちらに手を貸す余力はないかと」

王子「そうか……」



王子(……まいったな……どうするかな)
>>下
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 00:59:15.17 ID:Kjq3SQ650
王子の身柄と引き換えに海賊に他のものを見逃すように懇願
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 01:08:39.41 ID:E/YBg/Md0

王子「さあ、連れて行け」

王子「この船はもう金品はさほど詰まっていない」

王子「なら、僕だけをさらえ……本国に身代金を要求すれば、この船を沈ませるよりも良い金になる」

メイド「王子っ、王子!」

王子「くるな、これでしか救えない……何せ船が沈めば身代金を伝える手段がないからな」



王子「……また牢屋か……あまり良い記憶はないな」
>>下
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 01:16:33.10 ID:oGjJWPqSO
紛れこんでいたスパイが王子を助ける
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 01:17:16.91 ID:L0gfQY4/O
海賊達が持っていた女体化する鎧をつけられてむさ苦しい海賊達に輪姦される
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 01:36:30.11 ID:E/YBg/Md0
王子「小舟で移動か……」

スパイ「夜だから、どこに行ったのかは分かりません」ギィコギィコ

王子「助かったよスパイ」

スパイ「国に帰るのはちょっと先回りされちゃう可能性があるので、海洋連合の船団に進みますね」ギィコギィコ

王子「そうだな……船団に行ったら、海賊を倒す算段をしよう」

スパイ「はい……見えてきました」ギィコギィコ



王子「セイレーン、頼みがある」
>>下
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 01:40:50.15 ID:K+Ne5feG0
治安の強化及び海賊などの治安を悪くする者の排除
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 01:44:10.10 ID:E/YBg/Md0
王子「これじゃあこの船団は商売がしにくくなる」

王子「海賊を排除すれば、より商売がしやすくなる」

王子「民からも、大きな支持を得られるはずだ」

王子「……僕を助けると思って、どうか力を貸してくれ」



セイレーン「なるほど……分かりました」
>>下
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 01:45:43.83 ID:Kjq3SQ650
では友好の証として私の娘のセイレーン次女を嫁がせます
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 02:08:11.67 ID:E/YBg/Md0
セイレーン娘「…………」

セイレーン「娘の1人です……まだ幼さは残りますが、セイレーンは成長が早いです」

セイレーン「しかと教えれば、物覚えがいいのでなんでもこなします」

セイレーン「友好の証とし、今後とも連合をお願いしますね」




セイレーン「では、海賊退治を行いましょう」
>>下
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 02:13:50.38 ID:Qv+IwjMB0
弱体化の指輪を装備した複数の海賊に返り討ちにされセイレーン達は捕らわれてしまう
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 02:21:03.63 ID:E/YBg/Md0
王子「っ、囚われた、だと……」

王子「思っていたより手強いな……」

王子「指揮権を貸してくれ、僕が次の攻撃の指揮をとる……」

王子「……トップの代理人はそちらで見繕ってくれ……必ず、セイレーンを取り戻す」



王子「行くぞ! 助け出そう!」
>>下
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 02:24:34.02 ID:K+Ne5feG0
暗殺者雇ってトップを殺して争っている間に攻め込む
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 02:28:33.63 ID:E/YBg/Md0
セイレーン「た、助かりました……危うく……」

王子「当然ですよ、僕達は友好のを結んだのですから」ニコリ

セイレーン「……っ!」キュン

王子「それに、功労者は暗殺者です……海賊の船長を殺せば、指揮はガタ落ちでした」

セイレーン「そ、そうだったんですね」



王子「さて、ようやく国に帰れるな」
>>下
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 02:31:49.86 ID:9mXkIX14O
魔女の国に攻め込まれている
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 02:43:08.52 ID:E/YBg/Md0
メイド「こんな、こんなこと……っ」

王子「戦況を教えろ」

メイド「っ、王子!」

メイド「も、申し訳ありません……こんな、ことに……」

王子「叱責も処罰も後だ、それよりも戦況を教えろ」



王子「僕が盛り返す……今度こそ、あの国勝つ」
>>下
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 02:52:29.90 ID:wKmtyC/30
兵站いらずのゴーレム部隊が国を蹂躙しており、数と質に押され王都寸前まで攻め込まれている。
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 02:59:12.60 ID:E/YBg/Md0
王子「ははは、まるで3ヶ月前の最前線だ」

王子「今は勇者殿はいない……だが……魔物でもない」

王子「知恵なき土塊と、戦下手の魔術師殿だ」

王子「魔物より、大分大分楽だ……それこそ、勇者殿の助太刀もいらない」



王子「策で、僕は土塊共に勝ってやるとも!」
>>下
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 03:38:17.35 ID:UtprdbPA0
突如セイレーン娘が歌を歌うとゴーレムが同士撃ちし始める
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 03:41:55.49 ID:E/YBg/Md0
セイレーン娘「すぅ…………」

セイレーン娘「――――――ッッ!」

王子「この声……っ、ゴーレム達が!」

セイレーン娘「お母様なら、もっと上手にできます……」

王子「ああ、上出来だ!」ナデナデ



王子「今が攻め時だ! かかれ!」
>>下
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 06:19:20.49 ID:0QGjrL/y0
見事勝利、指揮官の魔女(巨乳)及びゴーレムを産み出していた錬金術師(ロリ)を捕縛
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 07:18:00.42 ID:E/YBg/Md0
人形遣い「……く……」ギロッ

錬金術師「うー……」

王子「そう反抗的な目をするな、捕虜には手を出さない」

王子「向こうが布告なしの卑怯な手を使うなら、こちらは誠実にいかせてもらう」

王子「他国が味方するのは、自ずと分かるはずだ」



王子「さてと……とりあえず書簡を持たせ交渉の場を設けよう」
>>下
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 07:42:35.14 ID:K+Ne5feG0
賠償金や復興の手伝いなどの求めた。責任は人形遣いと錬金術師にすべて押し付けるようだが、要望を受け入れる
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 07:59:20.27 ID:E/YBg/Md0
王子「良いニュースと悪いニュースがある」

王子「一つは君達は魔法国に返されることになった」

王子「もう一つは、魔法国の大使としてこの国に協力することだ」

王子「まあ、帰る間も無く……と言うよりも、帰らずに復興大使として奉仕することが命令らしい」

人形遣い「な、んだと……」

錬金術師「そん、なぁ……」



王子「ようし、それじゃあ復興していこうじゃないか」
>>下
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 08:12:58.53 ID:m5RbLmkWO
復興大使として昼は建物の修復、夜はストレス発散の為住民達の肉便器とされる(魔女の国は黙認してる)。
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 12:17:01.83 ID:E/YBg/Md0
王子「……少し進捗が遅いな……」

王子「作業員を増やすか……メイド、この作業場の給料を上げろ」

メイド「あの……このままじゃあ死んじゃいますよ……」

王子「え? 落盤しそうなのか?」

メイド「ではなくて、あの2人の魔法使いですよ」

王子「ああ……まあ、それこそ楽だ事故で処理できる……あの2人は切り捨てられたみたいなものだ」



王子「まあ、確かに死んじゃうのはかわいそうか……ちょっとだけ減らそう」
>>下
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 12:47:52.95 ID:cNrP8+YxO
錬金術師、快楽に屈服し娼婦として覚醒、多くの作業員を虜にし作業効率が急上昇。
人形使い、自らの持つ技術のすべてを提供することと王子への永久の忠誠を条件にメイド見習いとしての地位を得る。
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 13:34:26.18 ID:E/YBg/Md0
王子「嬉しいよ、人形遣い……僕のものになってくれて」

人形遣い「はい……私も、お慈悲を賜り……」

人形遣い(錬金術師と共に堕落は、嫌だ……どんな目に会おうとも、私は……)

王子「それじゃあまずは……」

人形遣い(来たか……だが、不特定多数に抱かれろよりは……)ギュゥッ

王子「メイド、見習いに教育をしてやってくれないかな? 料理方がいいな、手先が器用そうだし」

メイド「承りました」

人形遣い(り、料理……?)ポカーン



王子「……うんうん、復興したな!」
>>下
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 13:38:51.08 ID:cNrP8+YxO
エルフ皇女のお腹が膨れてきた。エルフ族は着床してから出産までのスパンが人間より短いらしい
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 13:40:30.31 ID:CUU36JcxO
錬金術士のいる娼館が街の名物に
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 16:17:03.87 ID:E/YBg/Md0
エルフ皇女「……ふふふ」ポッコリ

王子「子も大分大きくなったな」

エルフ皇女「はい、旦那様」ニッコリ

王子「はは、子供か……初めてだよ」



王子「……エルフ皇女も、もう少しで母か……」
>>下
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 16:25:22.42 ID:0QGjrL/y0
すっかり夜の女王となり裏人脈に精通している錬金術師から言伝てがあった模様。
どうやら西に存在する闘技場都市で不穏な動きがあるらしい。
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 19:41:37.43 ID:E/YBg/Md0
王子「不穏な動きか……」

王子「どう見る?」

メイド「仔細は分かりませんが、気になるといえば気になります」

メイド「いっそ王子は正面から行き、入り込んだ私や人形遣いで内偵をするのはどうでしょう」



王子「それが無難だな」
>>下
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 19:44:37.39 ID:K+Ne5feG0
闘技場都市に行く。場合によっては選手として参加
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 19:48:24.35 ID:E/YBg/Md0
人形遣い「……誰が出るんです?」

王子「僕はvip席でトップと話をしなきゃならない、無理だ」

人形遣い「私だって、そもそも魔法使いですし……」

チラッ

メイド「……はぁ、仕方ありませんね」



王子「メイドも頑張るし、僕も会合をうまく進めようか」
>>下
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 19:49:42.22 ID:TdljJs7D0
メイド、チャイナ服を纏った参加者の女性と仲良くなる
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 21:45:01.55 ID:E/YBg/Md0
メイド「ふぅぅぅ……!」

チャイナ「……あなた、ずいぶん張り切っているネ」

チャイナ「そんな服で出るなんて、よほどの酔狂ネ」

メイド「この服は仕事着です……これを着ている以上、無様は晒せません」

チャイナ「なるほど、本線で戦うの楽しみネ」



王子「……そろそろ、トップが来るかな……メイドも頑張ってる」
>>下
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 21:50:21.87 ID:Kjq3SQ650
トップは筋肉隆々のごろつき風の男
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 22:51:21.10 ID:E/YBg/Md0
偉丈夫「で、なんのようだい」

王子「この大陸随一の闘技場を見に着たんです」

偉丈夫「そうかよ! まあ見て行きな!」

偉丈夫「誰にかける?」

王子「……僕はメイドにかけます」



王子(……勝てよ、メイド)
した
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 22:55:49.58 ID:blmx29eLO
大敗
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 22:55:53.79 ID:TdljJs7D0
まずは一回戦、メイドvs女槍使い
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 22:56:19.66 ID:0QGjrL/y0
本戦決勝、チャイナとメイドが対決。
チャイナはトップの一人娘らしい。
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 22:59:19.58 ID:TdljJs7D0
誰大敗だろ
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/25(日) 23:32:46.43 ID:E/YBg/Md0
メイド「…………くぅっ」ボロッ

王子「大丈夫か?」

メイド「おう、じ……すみま、せん……」

王子(……これじゃあ、秘密を暴くのは無理だな……療養に尽くさなければ……)

王子「帰るぞ、人形遣い」

人形遣い「はい……」ヒュンッ

ガチョガチョ

人形遣い「全速で飛ばします」



王子「しばらくメイドは休ませる他ないな……」
>>下
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/25(日) 23:34:38.16 ID:Kjq3SQ650
負けたメイドの体に淫紋が浮かんでいた
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/26(月) 00:04:03.39 ID:gm/RW8Mg0
ポォォ……ッ

王子「これは…………」

人形遣い「……魔女姫の淫紋……っ」

王子「知っているのか?」

人形遣い「いつ仕込まれたのかは分からないけれど……イかせ狂い、最期には発狂します」

人形遣い「いくつかある中で、これはでも感染するタイプです……浮き上がった以上、触るのはダメです」

王子「……隔離させよう」



王子「どうすれば、これを解除できる」
>>下
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/26(月) 00:04:49.31 ID:hDTGIumT0
淫紋の力を気合で振り切り、涙をこらえもう一度闘技場でチャンスをと懇願するメイド
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/26(月) 00:05:07.90 ID:8xih3RVx0
魔法王なら解除できる
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/26(月) 00:05:20.95 ID:TOGhcRMxo
チャイナ娘を買収で
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/26(月) 00:06:17.04 ID:hDTGIumT0
訂正
恐らくこれが闘技場に関する事であるからメイドが優勝するしかないとのことだが+>>184
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/26(月) 00:10:22.17 ID:yyMLss7iO
チャンスをって言っても1度大敗しているし王子の主宰でもないから無理では?
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/26(月) 00:12:50.46 ID:sLzdxmnR0
触ったら感染するやつを他国の闘技場に出すのもテロじゃないか・・・?
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/26(月) 00:21:29.39 ID:gm/RW8Mg0
前提を壊すのはやめて欲しい

再安価
>>下
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/26(月) 00:21:57.70 ID:8xih3RVx0
魔法王なら解除できる
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 00:47:32.38 ID:O9IBcV170
人形遣い「淫紋は強力な呪い、単純な魔力で剥ぎ取るしかない」

人形遣い「かけた本人か……それ以上の魔力を保有するもの」

人形遣い「……この世界には、魔女姫がかけた淫紋を解けるのは2人だけ……姫自身と、魔法王」

王子「そう、か……」



王子「……さっそく、行動に移そう」
>>下
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 00:59:27.40 ID:h9LlUDv6o
解呪出来る人間は二人だが
孤島にすむ長命の龍ならばどうにか出来るかもしれない
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 01:08:12.26 ID:O9IBcV170
どうにかしなくていいです、行動に移してください。

せめて安価の時のセリフくらい読んでください。

>>下
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 01:13:51.56 ID:9Sr7Wsy5O
魔女の国との交渉をする
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 01:24:44.88 ID:O9IBcV170
王子「……たのむ、この書簡を運んでくれ」

人形遣い「ああ、分かった……任せてくれ」

シュ……ガチョガチョ!

人形遣い「この人形ですぐだ、すぐに交渉の場を整える」

王子「頼んだぞ……」



王子「……人形遣いは成功したかな……」
>>下
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 01:29:37.95 ID:h9LlUDv6o
直接話す為に魔法王が転移魔法でやってくる
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 01:31:38.40 ID:O9IBcV170
シュゥゥン

王子「っ、人形遣い……と」

魔法王「……戴冠してからは初めてでしたな、国王」

王子「……どうも、お久しぶりです」

魔法王「さて……我が娘の呪いにかかった者がいるそうですな」



王子「ええ……どうか、解除をお願いしたい……」
>>下
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 01:36:09.89 ID:44LBaqPn0
魔法王「本来は自分のケツは自分で拭かせるものだが……私がしりぬぐいをしよう」といって解除してくれる
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 01:39:29.81 ID:O9IBcV170
王子「ありがとうございます、王」

魔法王「すまない、国王よ」

魔法王「自分の始末は、自分でつけさせるべきなのだが……」

魔法王「儂ももう歳だ……」

王子「……魔法王……」



魔法王「一つ、頼みがあるんだが……」
>>下
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 01:42:02.44 ID:UkDhtGdIO
女になってもう一回ヤらせてくれ
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 01:48:19.52 ID:O9IBcV170
パンッパンッパンッ

姫「ひぁっ、んんっ! ぁぁっ!?」

パンッパンッパンッ

姫「や、はげっ、んぅっ!?」

パンッパンッパンッ

魔法王「出すぞ……っ!」

ビュルルル

姫「はぁ、はぁ……はぁ……はぁ……」



魔法王「うむ、代わりにと言ってはなんだが……何か要求はあるか?」
>>下
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 02:00:08.75 ID:44LBaqPn0
娘を献上求む。無理なら戦力をこちらに欲しい
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 02:09:39.60 ID:O9IBcV170
魔女姫「…………くっ」

王子「やぁ、こうして面と向かうのは初めてだな」

魔女姫「解放しなさい、私は……」

王子「娘を躾けてくれと頼まれた」

魔女姫「……はっ、そっちこそ躾が足りないみたいね」

魔女姫「処女を奪った時みたいに、情けなく許しを乞いなさい」

魔女姫「そうしたら、この狼藉も許すわ」



魔女姫「早くしなさい、それともまた犯されたいの?」
>>下
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 02:11:48.80 ID:1NssqJY80
勃起した性器を露出して犯してほしいと挑発
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 02:20:26.41 ID:O9IBcV170
王子「ああ、犯してほしいね」

ビキッビキビキッ

魔女姫「っ、やめ、顔にくっつけないでっ!」ブンブン

王子「……ほらほら」グリグリ

魔女姫「あなたっ、スッカリ忘れているようね!」



魔女姫「今度は頭も書き換えてあげるわ!」ジタバタ
>>下
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 02:23:45.64 ID:44LBaqPn0
魔法反射鏡で魔法をそのまま魔女姫に反射
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 02:31:09.55 ID:O9IBcV170
魔女姫「食らいなさい!」

ビビビビビッ

カキーン

王子「流石は、魔法王の魔道具だな……」

魔女姫「…………」ボーッ

王子「ふむ……今書き換えられる状態なのかな?」



王子「ようし、それじゃあ……」
>>下
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 02:43:58.33 ID:1NssqJY80
赤ん坊まで退行させる。
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 02:50:53.68 ID:O9IBcV170
王子「ん、指に何か……」

人形遣い「主人が王子になったんでしょう……これで好きなタイミングで頭を操作できます」

王子「ふぅん……じゃあ……赤ん坊になれ」

魔女姫「……あぶ……ばぶ……」

ヨチヨチ

王子「なるほど、指輪に命令するだけでいいのか」



王子「ようし、それじゃあ……」
>>下
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 02:54:13.61 ID:44LBaqPn0
少しずつ魔女姫を自分好みに精神を成長させていくか。3つの子の魂100までというし
メイドにも面倒見てもらう
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 03:00:32.20 ID:O9IBcV170
王子「今は……だいたい18から20くらいかな」

魔女姫「はっ、はぁっ、好きっ、好き好き好きぃ……」スリスリ

王子「15の時よりもっと積極的になったなぁ」ナデナデ

魔女姫「あ、ふああ……」トロォン



王子「頭を撫でただけでこれか……さて、それじゃあ」
>>下
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 06:25:27.53 ID:2Ifx2ThGO
魔女姫にクリトリスを踏み潰すような足マン、魔女姫無様なアへ顔をさらしながら絶頂。
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 07:29:27.81 ID:O9IBcV170
グリグリグリグリ

魔女姫「ひぎ、んぅ、ひぁぁぁっ!?」

グリグリ

魔女姫「あっ、ひぃぃ、んひょぉぉ!?」

プシュッ、プシャァァ

魔女姫「あぅ、ひっ、んひっ、ひぎぃぃっ!?」

チョロロ、ショォォォォ



王子「大洪水だな、尿に潮に……足がベトベトだ」
>>下
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 07:42:03.44 ID:5+EIiPe8O
一回女たち全員と風呂に入る
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 07:48:33.63 ID:O9IBcV170
エルフ皇女「……ふふ、お腹の子も喜んでます……」

メイド「…………」

セイレーン娘「はふぅ……あったかいです……」

人形遣い「ぅ……胸が、浮く……」

魔女姫「はぁ、はぁ、ご主人様あ……」スリスリ



王子「みんな綺麗だなぁ」
>>下
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 07:55:32.63 ID:fs8DmlrWO
みんなの胸で王子の体とエルフ皇女のふたなりちんぽを洗う
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 07:55:39.95 ID:FvlUheoaO
エルフの皇女が産気付く
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 08:21:04.17 ID:O9IBcV170
魔女姫「えいえいえいっ!」

メイド「どうですか、王子」

ムニュムニユムニュ

王子「ははは、二人とも頑張れよ」

ムニュムニユムニュ



王子「うん、満足満足」
>>下
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 08:24:59.04 ID:uHWCPcOmO
人形遣いの胸で遊んでいるセイレーン娘をみて和む。
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 08:28:01.68 ID:O9IBcV170
セイレーン娘「お、大きいですね……」

人形遣い「ん、ふぁ、やめ」

モミモミモミ

セイレーン娘「おっきいです」

モミモミモミ



王子「ははは、微笑ましい限りだ」
>>下
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 09:00:08.85 ID:NK9gfSwHO
とりあえず、全員(メイド含む)とセックスしてスッキリしてから今後を相談
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 09:09:09.87 ID:z0for+wOO
エルフ皇女「はっ、はひっ、ひっ」ドロォォ

メイド「ん、ふうっ、ふっ、ふうっ」ゴプッ

人形遣い「お、おほっ、ほぉぉ……」チョロロロロロ

セイレーン娘「あへっ、へっ、へひっ」プッシャァァァ

魔女姫「好きっ、しゅきぃ……らいすきぃ……」ガクガク



王子「ふう、スッキリした」
>>下
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 09:12:02.82 ID:44LBaqPn0
女はたくさんいるけど、正直、国の被害が大きくって元が取れていなような気がする
財産が潤う方法を探してみる(女が増やせるなら増やす)
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 09:16:48.53 ID:z0for+wOO
王子「何かいい案はないものか……」

王子「ううーむ……」

王子「誰かいい案はないか?」

魔女姫「良い、案……?」

エルフ「そう、ですね……」



王子「うーん、どうしようか……」
>>下
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 09:34:25.69 ID:c/hZa5D5O
資源開発
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 10:43:10.09 ID:z0for+wOO
王子「石材を輸出しようと思う」

王子「調査の結果、良質な石が採石所の近くにあるらしい」

人形遣い「なるほど」

メイド「確かに、砦や城などには必要不可欠です」

人形遣い「私が教えた魔術と人形で、効率も上がっているだろうしな」



王子「うむ、良い財源になったな」
>>下
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 10:59:16.01 ID:XAMl2Rflo
採石場の周辺で地下古代遺跡が発見される
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 13:20:49.71 ID:O9IBcV170
王子「なんだこりゃ」

魔女姫「……うーん……」

魔女姫「古代文明のものね……多分ら 、10代以上前の魔王の時代」

王子「1000年くらい前か……」

王子「何かあるかもな……」



王子「国中から冒険者を募ろう、中を確認するんだ」
>>下
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 13:26:24.85 ID:c/hZa5D5O
数日後、100名の冒険者を送り込んだが帰って来たのは10人足らず
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 13:52:50.83 ID:O9IBcV170
王子「酷い有様だな……人形遣い、機関車の手当てを」

王子「その後、情報を一度集める」

人形遣い「はい、分かりました」

王子「……要らんものを掘り当ててしまったのかもな」



人形遣い「情報をまとめて着ました」
>>下
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 13:54:28.41 ID:eytlIAU8O
どうも邪神の神殿らしい
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 14:34:38.66 ID:O9IBcV170
王子「邪神か…………」

王子「ものによれば勇者殿を連れてくるしかないかもな……」

王子「3ヶ月の休息か……もう少しあの人を休ませたかったんだが……」

メイド「それでは、手を出さないんですか?」



王子「……僕がでしゃばっても、なぁ」
>>下
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 14:35:13.72 ID:MB8ooSc2O
だがでしゃばらせられる
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 15:21:02.36 ID:O9IBcV170
王子「……実際に見ると、広いな……」

王子「邪神とやらを拝見しに行こう」

魔女姫「はい、分かりました」

人形遣い「人形で警戒させます」

セイレーン娘「暗い……」

メイド「…………」



王子「だいぶ奥まできたな」
>>下
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 15:32:15.73 ID:c/hZa5D5O
見た目ショタ
ただ、周囲の邪気は半端なく、抵抗力の無いものは意識を保つだけで精一杯
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/27(火) 23:56:27.66 ID:O9IBcV170
邪神「誰かなぁ? 僕の家に無断で来たのは」

王子「……っ、ぐ……」

邪神「……また人間か、この間血祭りにあげたばかりなのにね……」

邪神「今度はどうすれば怖がってくれるのかな……?」ニコニコ



王子(どう、する……)
>>下
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 23:57:46.45 ID:44LBaqPn0
こんな時のために持ってきた魔法道具を使う
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 00:30:49.83 ID:BamDvpHW0
王子「…………っ」

王子(魔法王にもらった魔道具……これを使うしかない……)

王子(正直何を入れたか忘れた……ええい、ままよ!)

ポイッ



邪神「ん、なにを……」
>>下
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 00:32:38.97 ID:FTpaEK850
それは相手を強化する魔道具だ!
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 00:37:17.48 ID:BamDvpHW0
邪神「……?」

邪神「なんだ……まあ良いか」

邪神「それじゃあ、罰を下さないとね……」



王子「ここまでか……」
>>下
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 00:38:37.92 ID:D01vhwbO0
攻撃しようとしたら力が強すぎて邪神自爆。
どうやらさっきの道具は自爆させるための道具だったようだ
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 00:38:38.90 ID:t245+V+EO
あなたのお嫁さんを連れてくるので勘弁してくださいと土下座して謝る
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 00:43:03.23 ID:FTpaEK850
魔道具の効果が書き換えられてる・・・
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 00:48:12.33 ID:BamDvpHW0
後出し安価で台無しにするのはダメ
再安価
>>下
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 00:49:06.42 ID:56XUzxcn0
メイド汚名返上とばかりに邪神と互角にやりあう
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 00:49:34.34 ID:t245+V+EO
243
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 00:58:41.41 ID:50GdkZv4O
1回戦負けのメイドと互角とか弱いなこの邪神
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 07:59:01.08 ID:BamDvpHW0
色々整合性とるの面倒なので再安価
>>下
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 08:05:44.17 ID:D01vhwbO0
強化する魔道具でパワーアップしすぎて邪神がパワーを操りきれない
採掘馬を所々破壊しつつ、上から落ちてきた岩に押しつぶされた
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 08:22:02.07 ID:BamDvpHW0
ガラガラガラッ

王子「っ、逃げろお前達!」

人形遣い「う、わぁっ!?」

セイレーン娘「ひゃぁぁっ!?」

王子「くそ……っ」



王子「はぁ……酷い目にあった」
>>下
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 08:28:12.33 ID:8cmVPBGmO
崩れた所から貴重な魔翌力鉱石の鉱脈を発見する。
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 09:32:45.67 ID:XfGAwiffO
王子「魔力鉱、だ!」

王子「凄いぞっ、魔法の国しか取れないと思っていた!」

メイド「ええ、凄まじい財源になるでしょうね」

王子「急いで採集できるようにしろ!」



王子「ははは、笑いが止まらないな」
>>下
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 09:44:59.58 ID:HhCHhyIGO
瓦礫の下から無傷で現れる邪神
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 10:39:31.97 ID:XfGAwiffO
ガラッ

邪神「あはは、ちょっとはしゃぎ過ぎちゃったかな?」

王子「ん、なぁ!?」

邪神「遺跡も壊れちゃったかぁ……」



王子(ど、どうする……)
>>下
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 10:44:45.67 ID:D01vhwbO0
一時撤退で対処する方法を探す
邪神は相変わらず力をコントロールできないようであらゆる方向に攻撃を放つ
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 12:08:09.02 ID:XfGAwiffO
王子「勇者殿を呼ぶしかない」

王子「国ひとつ相手では、役者不足だ」

メイド「……確かに……」

王子「……まだ邪神は暴れている」

王子「一時的にでも、あの場に止める方法を考えないとな」



王子「………………」
>>下
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 12:13:26.76 ID:Yqe76VYEO
オモチャやお菓子を与えて見る
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 12:47:51.56 ID:XfGAwiffO
王子「で、どうだ?」

メイド「なかなかお気に入りのようです」

人形遣い「あそこから少しも動かなくなり、攻撃性も薄れてるみたい」

王子「うむ、それは良かった」



王子「次だ、まだまだ行くぞ」
>>下
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 12:50:04.00 ID:kVeWpRJ90
お話してみる
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 13:58:06.83 ID:XfGAwiffO
邪神「ん? なんだい君」

王子「この国の王だ」

王子「少しあなたと話をしようと思ってな」

邪神「そうなんだ、僕も暇しててさ」



王子(……さて、まずは……)
>>下
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 13:59:46.89 ID:TyP7b16mO
姫になって誘惑してみる
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 14:14:32.23 ID:XfGAwiffO
姫「こんなこと、できるんです」

邪神「ふーん、まあ珍しくもないけどさ」

スススッ

姫「少し、いいことをしませんか?」

邪神「……ああ、そういう事ね……いいよ」



姫(……話し方慣れないな……さて!)
>>下
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 14:15:53.98 ID:8cmVPBGmO
暫く立てなくなるまで犯されるも、邪神はだいぶスッキリしたのか上機嫌
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 14:16:27.86 ID:sD1JSAVEO
体に似合わず巨根で女慣れしている邪神に一方的に犯される
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 14:52:33.99 ID:XfGAwiffO
姫「あへ、へ、へひっ」

邪神「ほらほら、尿道に残ったのも吸わなきゃ」

姫「は、はい……んぷっ」

邪神「ふう、中々具合が良かったよ」



邪神「さてと、スッキリしたし……」
>>下
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 14:54:24.18 ID:sD1JSAVEO
定期的に姫を抱かせてくれれば国を守護してくれると約束してくれる邪神
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 16:00:14.61 ID:XfGAwiffO
邪神「定期的に女の子……姫が来るなら守ってあげよう」

邪神「時々もう一人くらいつけてね」

邪神「じゃあ、僕は瓦礫どけて遺跡で眠るから」

姫「ふぅ……」



姫「一難去った、か……」
>>下
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 16:02:50.25 ID:fUfnBxwj0
邪神の加護のお陰で魔鉱石が沢山採掘できるように
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 20:37:53.18 ID:BamDvpHW0
王子「国民は富み、国は強化される」

王子「偶然とはいえ、成し遂げられたのは嬉しいな」

王子「さて……また新しい国と関わろう」

王子「……できるなら、姫もな」



王子「どんな国にするか」
>>下
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 20:39:27.34 ID:IDrKKzlvO
軍事国家
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 20:51:30.00 ID:BamDvpHW0
王子「メイド達よ、情報をここに」パンパン

メイド「軍事国家、周辺の地域を占領し拡大した国です」

人形遣い「多種族で構成された国で、現在の元首は将軍……人間ね」

メイド「現在は内乱を収め、軍拡に入っています」

人形遣い「多分、隣国辺りと戦争をする気よ」



王子「将軍か……とりあえず会合の席を作りたいんだが……」
>>下
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 20:52:41.46 ID:FTpaEK850
会合の席は作れたが軍事力が遥かに上ということもあってかなり上から目線
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 20:57:46.71 ID:BamDvpHW0
王子「うーむ、魔力鉱石を必要としないとこうも強気で来るか」

メイド「……従者は一人のみ、しかも軍事国家の中心ですか」

王子「ああ、危険だな」

魔女姫「それで、誰を連れて行くんですか?」



王子「従者は……」
>>下
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 21:02:36.32 ID:t245+V+EO
メイド
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 22:21:37.04 ID:BamDvpHW0
メイド「ふふん、ふふふん」

王子「……上機嫌だな」

メイド「王子の賢さが戻ったようなので、ようやく私の有能さを思い出したようですね」

王子「そろそろ国境だ」



王子(……そう言えば将軍はどんな人なんだろう)
>>下
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 22:22:33.87 ID:IDrKKzlvO
年若い優秀だが冷酷で鬼畜な人
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 22:24:42.65 ID:BamDvpHW0
男?女?
>>下
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 22:25:26.51 ID:qc284P2pO
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 22:25:52.46 ID:D01vhwbO0
男のイメージだったが…女だったらエスデス様になりそうww
安価↓
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 22:31:25.57 ID:BamDvpHW0
将軍「やあ、初めまして」

王子「……ああ、初めまして」

将軍「聞いていた通り、若いが……聡明そうな青年だ」

王子「俺も、まさか同年代とは思わなかった」

将軍「ふふ、才能さえあれば将軍としては誰でもいいのだよ」



将軍「それで、本題なんだが……」
>>下
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 22:35:13.31 ID:FTpaEK850
同盟を組まないか?
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 22:35:37.42 ID:kVeWpRJ90
そのメイド頂こうか……(武器構え
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 22:45:45.20 ID:BamDvpHW0
将軍「同盟を組んで欲しい」

将軍「我々は近々戦争を仕掛ける……その際、貴国の助力が欲しい」

将軍「ライフラインとして、資源や物資をこちらに割安で流して欲しい」

王子「まあ、秘密裏に行えば輸入封鎖されていても戦えるだろうな」

王子「見返りは?」

将軍「奪った国の土地を割譲……ああ、それともう一つ」

将軍「王家まで絶やすのは反感を買う恐れがある、そちらで丁重に引き取ってくれ」



将軍「こんなものだが……まだあるかな?」
>>下
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 22:48:25.05 ID:bpMSlEMJo
そちら側で最近開発した兵器を幾つか貸してもらいたい
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 22:52:30.62 ID:BamDvpHW0
将軍「……ふむ……」

将軍「ああ、喜んで」

王子「それで、どこを落とすんだ?」

将軍「今考えているのは……」



将軍「ここだな」
>>下
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 22:53:21.54 ID:FTpaEK850
アマゾネスの国
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 22:53:34.70 ID:+c8HEVmLO
獣人の国
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 23:05:37.03 ID:BamDvpHW0
王子「……こうして荷を運ぶだけで、国が手に入れられるとはなぁ」

王子「軍事国家、流石だ」

メイド「時期落とせるそうです」

王子「そうか、詰めくらいは手伝おう」

王子「軍を3割ほど援軍として送れ」



将軍「貴公のおかげで勝てた、約束通り土地と……これはささやかな気持ちだ」
>>下
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 23:07:31.17 ID:qc284P2pO
アマゾネスの姫(9歳)
尚、他の成熟したアマゾネスは軍事国家が引き取った模様
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 23:08:36.56 ID:56XUzxcn0
アマゾネスの首領の女が渡される。中々手こずらせてくれた程の将軍らしい
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 23:10:10.18 ID:BamDvpHW0
将軍「それもこれも後ろを気にせず戦える……今回は物資だが……のおかげだ」

将軍「強いアマゾネスはもらう、我々には血の尊さは強さの勘定には入れんのでな」

将軍「姫や豪族は渡そう……好きに使いたまえ」

アマゾネス「ぅぅぅっ!」



王子「なんだかこんなに小さいと可哀想だなぁ」
>>下
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 23:13:22.75 ID:D01vhwbO0
流石にかわいそうなので養護施設に預ける
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 23:13:32.38 ID:bpMSlEMJo
故郷を還せ と言って泣きじゃくるアマゾネス
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 23:18:32.33 ID:BamDvpHW0
将軍「ほう、施設に」

王子「流石に可哀想だったからな」

将軍「ふむ……ではそうだな……我が国から1人送ろう」

将軍「優秀な人材だ、私が保証する」

王子「それは助かるが……大丈夫なのか?」

将軍「君の事を個人的に好いてるそうだよ」



将軍「入りたまえ」
>>下
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 23:19:49.81 ID:IDrKKzlvO
少佐(男の娘)
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 23:21:30.41 ID:56XUzxcn0
将軍の妹 髪の長さなど違いはあるものの、将軍と雰囲気の似た優秀な剣士
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 23:22:44.92 ID:BamDvpHW0
悪いんだけど、男の娘苦手で上手に描けるかわからない

下にずらします
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 23:24:39.58 ID:IDrKKzlvO
わかりました
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/28(水) 23:49:00.87 ID:BamDvpHW0
将軍「私の妹、大佐だ」

大佐「ふふふ、初めまして」

将軍「個人戦力なら最強、女の方は分からんが……処女だ」

王子「最強? いいのか?」

将軍「今回の軍拡で塞ぐ……そもそも1人の力に頼るのは軍の戦い方ではない」

大佐「王子様、本当に可愛らしい顔立ちですね」ダキッ



大佐「可愛がってくださいまし?」
>>下
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/28(水) 23:49:42.70 ID:FTpaEK850
処女だが夜のほうも今までの女で最強だった
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/29(木) 00:17:03.28 ID:asgoaHIy0
王子「いいぞ、よく感じ、よく締まるっ」

大佐「ふと、ひっ、んんっ!?」

パンッパンッパンッ

王子「相性も良い、素晴らしい」

大佐「あっ、あんっ、あんっ!」

パンッパンッパンッ

王子「出すぞ、孕めっ!」

ビュルルルルルルル



大佐「うふふ……ますます好きになりました……」デレデレ
>>下
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 00:23:14.59 ID:PYBpBPtJ0
ギリギリの戦いだったが、なんとか王子としての吟醸を守る。
大佐のアへ顔に謎の達成感を感じつつ就寝。
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/29(木) 00:35:06.81 ID:asgoaHIy0
大佐「お、おっほ、ほ……」ゴプピッ

王子「ふう……今までにない名器だったな」

王子「僕もそろそろ寝よう」



王子「ふぁ……よく寝た」
>>下
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 01:35:00.89 ID:Yh7nKuHh0
メイドの朝のご奉仕(フェラ
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/29(木) 07:53:17.91 ID:asgoaHIy0
メイド「ん、ぷっ、れろっ」

ジュッポジュッポ

王子「……ん、メイドか」モミモミモミ

大佐「ん、ふぁ……んん」ピクピク

メイド「れろ、んぷっ、じゅぽっ」

ジュッポジュッポ



王子「軍事国家が動くまで何するかな」
>>下
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 07:59:20.81 ID:FLhgPrRNO
街の様子を見に行くとアマゾネスの姫が襲いかかって来た
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/29(木) 08:05:15.59 ID:asgoaHIy0
アマゾネス「てやぁぁぁ!」

ガキンッ

大佐「殺しますか?」ギギギギギ……ッ

アマゾネス「このっ、邪魔だっ!」

大佐「…………どうしますか?」



王子「……施設に送った手前、乱暴なことをするのはなぁ」
>>下
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 08:15:29.73 ID:EddnbQEUO
その日の夜に姫に性的に襲われた
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/29(木) 08:29:55.57 ID:asgoaHIy0
アマゾネス「はあ、はあ……」ゴソゴソ

王子(やっぱり来たな……メイドを振り切ったのか)

王子(まあ、ベットの下にはもう一人伏兵がいるんだが……)

大佐(少しでもおかしなことをしたら殺す……)チャキッ

王子(それに、魔女姫に最初から監視状態だ)

アマゾネス「ふふふ、ざまあみろ」



王子(どうやって対処したものか……)
>>下
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 08:40:09.16 ID:FLhgPrRNO
捕まえた後、邪神に献上する
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/29(木) 10:04:35.24 ID:asgoaHIy0
邪神「悪いなぁ、こんな生贄ももらっちゃって」

王子「まあ、手に余っていたので」

王子「それじゃあ、可愛がってくださいね」

邪神「まーかせて!」



王子「ふう、終わった終わった」
>>下
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 10:07:17.67 ID:gjWg8QPrO
まさかの姫になって邪神と3p
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 10:07:18.93 ID:+ie0Dnmd0
軍事国家の視察に出かける
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/29(木) 11:08:34.76 ID:asgoaHIy0
アマゾネス「おっ、ほぎっ、こわれっ、死ぬっ!?」

パンッパンッパンッ

邪神「ほら、チュー」

姫「はい……ん、ちゅる……れる」

アマゾネス「死ぬっ、ひぎっ、おほぉっ!?」

パンッパンッパンッ



姫「……やっと帰れた……」
>>下
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 11:10:27.77 ID:Fz/VjdUdO
エルフ皇女が産気づく。
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 00:49:07.63 ID:Eipu/clG0
エルフ皇女「はぁ、はぁ……」

メイド「元気な……?」

メイド「すみませんどっちでしょうか」

エルフ皇女「同じフタナリだと……はぁ……はぁ……」

メイド「元気な赤ちゃんですよ!」

王子「そうか……しわくちゃだな……はは」



王子「……子供か……良いもんだな」
>>下
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 00:53:11.97 ID:0lPw8ffoO
身も心も邪神のもの(邪神の巫女)になったアマゾネスの姫が邪神の代わりに祝福に来る
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 01:02:05.50 ID:Eipu/clG0
アマゾネス「ふふふ……おめでとうございます……」

メイド(入れ墨……いえ、以前私に浮かび上がった淫紋に似た物?)

王子「ああ、ありがとう」

アマゾネス「ふふ、うふふふ……」

テクテク

王子「……子供はエルフに育てられた方が良いだろう……エルフ皇女、お前も一度国に戻れ」

エルフ皇女「はい、分かりました」



王子「さてと……ふう、緊張した」
>>下
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 01:05:04.88 ID:x11/MSbH0
軍事国家に舐められないように軍備増強。
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 01:18:26.24 ID:Eipu/clG0
大佐「旦那様、騎馬を増やした方がよろしいかと」

王子「そうなんだが……数がな」

魔女姫「魔術や人形で馬は補えるわ、ねえ?」

人形遣い「はい、その通りですね」

王子「ならその手だ」



王子「だいぶ強くなったなん……見劣りはしないくらいに」
>>下
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 01:30:16.74 ID:pen1iicao
海の向こうのオアシスの国から使者が来る
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 12:19:53.86 ID:KkEUnZhgO
王子「うん? 使者?」

使者「はい、海の向こう、海洋連合を挟んだ大陸からきました」

使者「オアシスの国より、参上しました」

王子「なるほど、遠いところをどうも」



王子「それで、何の用だ?」
>>下
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 12:29:46.59 ID:zod/Sj2pO
あなたの国と同盟を結びたい
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 12:46:48.12 ID:KkEUnZhgO
使者「我が女王はこの大陸の列強と手を組みたいと申していました」

使者「どうか、我が国と同盟を組んでいただけないでしょうか」

王子(……オアシスの国と言うと、魔獣を飼いならしてるんだったか?)

王子(軍事国家よりの国の体系だったと思うんだが……)



使者「何か条件があるのなら、お申し付けください」
>>下
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 12:49:11.02 ID:isIiVYaI0
友好の証としてそちらの姫をこちら留学させる
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 13:10:18.68 ID:KkEUnZhgO
王女「……あなたが、この国の?」

王子「ええ……こちらに」

テクテク

王女「ここは、あまり暑くないんですね……緑も、沢山です」

王子「海を挟んで大分北に位置していますから、気候が大分変わるんです」

王女「そうなのですか? すみません、不勉強で……」



王子(中々良い子だな……ふむ)
>>下
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 13:21:27.25 ID:LWobZbnKO
あれ?オアシスの国の王女は魔王との戦いで亡くなったって噂が・・・こいつは何だ?
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 13:34:12.01 ID:KkEUnZhgO
王子「……聞いた通り、黒いシルクのような髪に褐色のきめ細かい肌」

王子「それに宝石のような赤い目だ……」

王女「そ、そんな……」カァァッ

王子「だが、王女は魔王の侵攻で命を落としたはずだ」



王子「君は誰だ?」
>>下
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 13:40:50.09 ID:pen1iicao
死んだのは私の母です
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 14:06:07.44 ID:KkEUnZhgO
王女「……死んだのは母です……」

王女「しかし、女王が死に……現在若い私が執政しているとバレるのは……」

王女「このことを知っているのは、本国の大臣達だけです」

王子「そうでしたか……」



王子「失礼しました」
>>下
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 14:13:22.35 ID:/sKUYywkO
なら、貴方はここにいるべきではない。国に帰って国をお治め下さい
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 14:25:09.62 ID:KkEUnZhgO
王子「なら、あなたはここに来るべきじゃない」

王子「一度戻ったほうがいいでしょう……こんどは、こちらが行きます」

王女「……ありがとうございます」ペコリ

タタタ

王子「Uターンか……」



王子「良い子だったなぁ」
>>下
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 14:27:59.36 ID:YaeRNTNbO
忍者の国から宣戦布告される
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 14:29:19.53 ID:yekldhrNO
闘技場都市のトップと娘(チャイナ)がボロボロの姿で城にやって来た。
どうやら闘技場都市を魔族の生き残りを中心とした集団に占拠されたらしい。
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 14:58:30.34 ID:KkEUnZhgO
王子「忍びの里から手紙?」

王子「ふむ、なんだ?」ガサガサ

大佐「―――ッ!」

ザンッ

大佐「……飼いならした蜂ですね……猛毒ですよ」

王子「中は白紙か……まあ、意味はわかるがな」



王子「宣戦布告だ……こちらもやるぞ」
>>下
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 14:59:12.31 ID:qScrY0Td0
一瞬の間に、明確に手練れな忍装束を纏った女忍者が現れる。大佐と互角にやり合い始める
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 16:02:36.25 ID:KkEUnZhgO
大佐「はぁっ!」

ガキンッ

女忍者「…………」

大佐「ふふ、予備ですかね? 予備だけあってお粗末な奇襲ですが」

キィッン、ガキンッ



王子「ちっ、やってくれたな……」
>>下
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 16:04:05.64 ID:EuhMJfjxO
邪神の加護で大佐が強化
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 17:27:18.43 ID:KkEUnZhgO
ゴゴゴゴゴ

大佐「ん、ふぁっ!?」ビクンビクンッ

大佐「はぁっ、はぁ……凄まじい、力ですね……」

大佐「ですが、呑まれるほどでも、ありません」

チャキッ



大佐「試し切りさせてもらいますよ」
>>下
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 17:29:28.06 ID:MxS6Tb750
見事生け捕りに成功。
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 17:40:01.76 ID:KkEUnZhgO
大佐「拷問は苦手なので誰か任せました」

魔女姫「じゃあ、私がやるわ」

王子「……忍びの里か……なぜこのタイミングで……」

王子「とにかく戦争だ、とことんやるぞ」



王子「まずは……」
>>下
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 17:41:59.90 ID:tHEsDp7B0
情報収集。スパイでも送る
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 17:54:19.49 ID:KkEUnZhgO
王子「スパイを送ろう」

大佐「兄さんに頼んで、軍事国家からも送らせますね」

魔女姫「魔法で諜報できるから、私達も」

メイド「では、私が……襲撃者の衣服を纏えばばれはしないでしょう」



王子「それで、情報収集の結果は……」
>>下
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 17:57:44.29 ID:MxS6Tb750
どうやら闘技場都市が裏で手を引いているらしい。
人質を捕られているようだ。
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/06/30(金) 23:57:11.36 ID:Eipu/clG0
王子「なるほどなぁ」

王子「闘技場か……」

大佐「旦那様、今度は私と行きましょう?」

大佐「私の有用性、しかとその目に……」

王子「……分かった」




王子「前よりでかいなあ」
>>下
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/06/30(金) 23:58:20.47 ID:tHEsDp7B0
メイドと仲良くしていたチャイナ娘の姿が
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/01(土) 00:12:24.71 ID:GEzoiGbE0
チャイナ娘「ありゃ? メイドちゃんじゃないネ」

王子「ああ、こいつが出たがってな」

大佐「……ふふ」ニヤニヤ

チャイナ娘「まいったネ……素手じゃあ傷一つ与えられないよ」

大佐「でしたら、武器ありのルールの闘技場で戦いましょう? きっと楽しいわ」ニヤニヤ



王子「僕も応援してるぞ、大佐」
>>下
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/01(土) 00:14:16.32 ID:RmKMS/EEo
大佐圧勝
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/01(土) 00:15:13.71 ID:VSr9ObhD0
決勝でチャイナに大きな打撃を一発だけ与えられるも優勝する大佐
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/01(土) 10:02:05.48 ID:GEzoiGbE0
大佐「傷一つなく、圧勝」

大佐「ふふふん、旦那様も満足するでしょうね」

大佐(……旦那様も、喜んでくれるかしら……)

大佐(それにしても、一体どこに忍びの里の人質がいるのかしら……闘技場ではなさそうね)



大佐「そう言えば、最後の相手は」
>>下
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/01(土) 10:03:08.40 ID:cTe7at610
女騎士・・・だが気配が妙
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/01(土) 13:10:00.84 ID:GEzoiGbE0
大佐「……へぇ……」

女騎士「……ふーっ……ふーっ……」

大佐「ふふふ、魔物みたいですね……」チャキッ

大佐「殺してしまったらすみませんね……でも」

大佐「強そうなのが悪いんですよ」



大佐「はぁぁぁっ!」
>>下
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/01(土) 13:23:36.70 ID:VSr9ObhD0
女騎士と戦いが始まると同時に魔物が乱入し、観客ごと窮地に陥るがメイドとチャイナが乱入し魔物を片付けていく
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/01(土) 23:51:46.83 ID:GEzoiGbE0
チャイナ娘「もう、なんなのヨ、まったく」

メイド「無事ですか?」

王子「ああ、問題ない」

メイド「逃げましょう王子、こちらに」

王子「いや……」



王子「もう直ぐ決着だ」
>>下
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/01(土) 23:52:17.99 ID:cTe7at610
大佐がまさかの敗北
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 00:49:54.08 ID:VZ6KoDf10
大佐「が、げふっ」ビチャッ

女騎士「グルルルル……」

大佐(まだ、二流ですね……私も……戦闘中に、よそ見なんて……)

女騎士「ふーっ! ふーっ!」グイッ

ギリギリギリ

大佐「ぐ、ぁ、がっ!?」



大佐(意識、が………………)
>>下
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 00:51:57.41 ID:HAiKh2dQO
とどめ刺される直前に女騎士が苦しみ出す
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 00:52:25.71 ID:U8onhrbsO
大佐が女騎士に連れ去られる
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 01:10:39.82 ID:VZ6KoDf10
女騎士「あっ、ギャァァァッ!?」

ドサッ

大佐「げほっ、げほっ……形勢逆転……」

大佐「と、言うのも小物ですね……仕方ありません、勝利はあなたのものですよ」

大佐「旦那様と合流しなければ」シュバッ

女騎士「ぎゃぁぁぁぁっ!?!?」



大佐「……避難したみたいですが……魔物が多いですね……」
>>下
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 01:22:15.58 ID:UUTOIgjb0
闘技場都市のトップが魔物をぶっ潰す、少なくとも彼は魔物の乱入に関わっていないようだ
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 01:37:31.85 ID:VZ6KoDf10
偉丈夫「おらぁっ!」

大佐「面白そうな……いえ、今は関係ないですね……」

大佐(それにしても、この襲撃はどこから……)

大佐「っ、旦那様!」

王子「無事だったか、よかった」



大佐「それで、どうしますか?」
>>下
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 03:12:45.75 ID:d8/vqRRpo
乱入した魔物に潜入させたスパイの私物と
今夜この町の酒場に王子が一人で来るように指定した手紙が括り付けられていた
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 03:26:12.76 ID:VZ6KoDf10
大佐「罠です、無視しましょう」

王子「それはできない……魔物の首領と話ができるチャンスだ」

メイド「……王子……」

大佐「……では、私の剣を……せめて剣だけでも、お側に」チャキッ

王子「ああ、わかった……ありがとう」



王子「さて、時間通り、場所通りだが……」
>>下
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 03:29:12.49 ID:LtGBsjpS0
首領とその手下達ががメイドと大佐を犯してた
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 09:18:00.47 ID:VZ6KoDf10
首領「やあ、王子様」ニヤニヤ

メイド「あっ、ひっ! いやぁぁっ!?」

大佐「ん、旦那、さまぁ、見ない、でっ」

王子「貴様……っ」

首領「ふふふ、そう青筋を立てないで欲しいね」



王子「……なんだと……」
>>下
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga sage]:2017/07/02(日) 09:23:54.18 ID:cWmBoY4SO
大佐とメイドの残像だったので容赦なく首領を殺す
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 09:48:42.61 ID:VZ6KoDf10
残像ってどういうこと?
追加で説明か、別の安価
>>下
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 09:58:17.69 ID:n8P+LCfXO
取引を持ちかけられる
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 10:31:49.79 ID:VZ6KoDf10
首領「私と取引しよう、王子様」

王子「取引だと……?」

首領「まあ、少しだけ取引を有利にする材料、とでも思ってくれ」

王子「貴様……」



首領「さて、取引だが……」
>>下
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga sage]:2017/07/02(日) 10:33:44.27 ID:x5FchVt10
大佐とメイドを人形(コピーロボットの様な擬態系ゴーレム)に戻し、交易交渉
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 10:45:46.04 ID:VZ6KoDf10
首領「ふむ、ありがとう王子」

王子(なんだ……多少不利だが、普通の交易では……)

首領「ゴーレムを停止した前」

メイド「…………」

大佐「………………」

王子「くそ、そういうことか……」

首領「ああ、私はいい商売ができて嬉しいよ」



王子「お前は、どこの国のものだ……」
>>下
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 10:48:05.56 ID:MKb5sko10
国という程でもない。
生き残った魔族達の集合体、言わばレジスタンス。
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 10:48:17.78 ID:aKca08750
女王から聞いた通りの甘さだな・・・
オアシスの国だよ
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 11:27:41.85 ID:VZ6KoDf10
首領「私達はレジスタンス……」

首領「滅びる魔物の寄せ集めだ」

シュバッ

王子「消えたか…………」



王子「帰るか」
>>下
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 11:30:33.59 ID:aKca08750
邪神が遊びに来ている
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 12:35:02.75 ID:VZ6KoDf10
邪神「っやぁ」

王子「っ、邪神様……」ザッ

邪神「かしこまらなくていいよ、まあいい態度とは思うけどさ」

邪神「ちょっと暇でね」



邪神「暇つぶしに来たんだ」
>>下
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 12:36:35.17 ID:b1EULK0/O
オアシスの国がヤバそうだよと教えてくれる
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 15:05:35.36 ID:VZ6KoDf10
邪神「それはそうと、オアシスの国がやばそうだよ」

王子「…………」

邪神「魔物に襲われているみたい、騎獣兵隊が徐々に削られているらしい」

邪神「このまま地図から消えるかもね」



王子「…………っ」
>>下
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 15:09:48.02 ID:UUTOIgjb0
軍事国家にも恩を売るチャンスだと声をかけて救援部隊を派遣。
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 15:53:17.56 ID:VZ6KoDf10
将軍「なるほど……」

将軍「ふむ、分かった……さほど兵は割けられないが」

王子「ありがとう、助かる」

将軍「報酬はそちらに譲る、私は恩さえ売れればいい」



王子「さて、と……」
>>下
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 15:55:59.92 ID:tppHp3a70
メイドや大佐などと軍を引き連れ向かう準備をしていると、拷問によって王子への忠誠を誓うように仕立て直した女忍者が戦力として送られてくる。
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 17:10:10.28 ID:VZ6KoDf10
女忍者「……主様……」シュタッ

魔女姫「いー感じに脳味噌をこねたわぁ」

王子「そうか、良くやった」

王子「さて、行くぞ」



王子「海洋連合の助けもあって海を渡れたが……」
>>下
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 17:18:39.54 ID:WAghc0YHo
女忍者にスパイを送り込む
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 17:26:08.37 ID:VZ6KoDf10
どういうことなの?
再安価
>>下
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 17:45:37.56 ID:tppHp3a70
女忍者をスパイに送り込むじゃないかなと予想
安価なら下
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 18:00:38.75 ID:uOuN8ixr0
敵はリザードマンの大軍であること、夜は砂漠の寒さで襲撃が弱まることを聞き、夜を待って王女のもとへ
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 19:11:21.87 ID:ELJca8IzO
王子「無事ですか、王女」

王女「っ、王子!」ダキッ

大佐「…………」ピキッ

王子「さて、反撃をしましょう」



王子「まずは……」
>>下
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 19:23:35.30 ID:lGQwyo6Y0
力があるといっても数が多いので罠を張る
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 19:36:18.66 ID:ELJca8IzO
王子「で、どうだ?」

魔女姫「ふむと発動するタイプの魔法陣をいくつも敷いたわ」

魔法陣「これで相手は5割は削れるわよ」

魔女姫「褒めて褒めてー」



王子「よしよし……さてと……」
>>下
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 19:38:51.39 ID:d8/vqRRpo
ワイバーンによる空襲部隊が特攻を仕掛けてくる
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 19:39:25.51 ID:d8/vqRRpo
ワイバーンに乗ったリザードマンが
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 19:39:52.71 ID:tppHp3a70
メイド、大佐、忍者の三人におおよそ5000匹とみられるリザードマンの討伐数で競わせる。勝った者には夜伽の権利をやる
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/02(日) 23:00:26.52 ID:VZ6KoDf10
王子「おいおい、空から来たぞ」

魔女姫「空中術式もあります、機雷のような役割です」

ドガーンッ

魔女姫「ですが……数は減らせても特攻し続ける気ですね」



大佐「旦那様、私に軍を貸してくださるかしら」
>>下
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/02(日) 23:01:19.75 ID:tppHp3a70
折角なので大佐、メイド、女忍者に軍を貸し戦功を競わせる
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/03(月) 00:14:29.16 ID:YD+pxFkX0
王子「頑張れよー」

王子「……さて、魔女姫」

魔女姫「はぁい」

王子「人形遣いを助手に兵士の治癒だ、できるな?」

魔女姫「はい、お任せを」



王子「さて、どうなったかな?」
>>下
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:22:57.98 ID:c1BwjofV0
大佐が圧勝でメイドが追いすがるように見られたが、罠をうまく生かした女忍者が大逆転
398 :女忍者じゃなくて忍びの里の何かして欲しかったなぁ、スレタイ無視? [saga]:2017/07/03(月) 00:34:55.86 ID:YD+pxFkX0
女忍者「………………」

王子「良かったぞ女忍者」

女忍者「………………」

王子「……ちょっとやりすぎたんじゃないか?」

魔女姫「ですねー、まあ無駄がないから良いじゃないですか」

魔女姫「感度ゼロでどんな拷問にも屈しませんよ」

女忍者「…………」



王子「……まあいい、それよりも優勢なんだ、畳み掛けるぞ」
>>下
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:40:48.91 ID:c1BwjofV0
タイトル無視で他国の姫でないとメイドとかすらダメなのだろうか?女忍者が忍び里の姫ってことなんかと思ったけど。安価下
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:46:02.55 ID:sKR56db/0
なんとか退けるも国の被害は甚大。
暫くは立ち直れそうにない。
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:46:58.23 ID:D5hh0MZa0
軌道修正で女忍者が忍びの国の姫とかそういう後付けはダメなのだろうか……
402 :女忍者じゃなきゃダメかな?里の姫とか出すのはダメなの? [saga]:2017/07/03(月) 01:04:26.25 ID:YD+pxFkX0
王女「……こんな……国が……」

王女「もうダメです……お母様……私は、愚王です……」ポロポロ

王子「……王女……」

王女「そうなのです……命を捨てて戦った兵はまだ生きているはずのお母様の為に命を捨てているのです……」

王女「私では……ない……」ポロポロ



王女「……お母様……今、そこに行きます」チャキッ
>>下
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 01:14:22.00 ID:5pkQwSIco
死ぬのは簡単だが君にはやらなければならないことがあるだろう?
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 01:17:14.24 ID:D5hh0MZa0
次のシリーズになったら軌道修正で忍びの国に行くか?
405 :闘技場都市の秘密的なのも忘れないでね…… [saga]:2017/07/03(月) 01:20:22.43 ID:YD+pxFkX0
王子「……」ガシッ

王女「離してっ、離してくださいっ!」

王子「死ぬのは簡単だ、人は簡単に死ぬからな」

王子「だが……王女、あなたは死ぬよりも先に……まだやり残した仕事があるはずだ」

王子「それを忘れるのは、それこそ民も報われない」


王女「王子……様……っ」ポロポロ
>>下
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 01:37:09.98 ID:F+KLvDDA0
自国からも最大限復興支援する
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 06:08:08.19 ID:0E7DOl9I0
安価ssは自由度が魅力と言っても、ある程度スレ主が方向性を調節してもいいと思うよ
「その頃、闘技場都市で何が起こっていた? >>下」とか
「王子はこれに対してどうする? >>下」とかさ
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 06:51:08.62 ID:uefwqPivO
同じやつなのかな?
女忍者を姫にしようとしてるやつキモい
409 :まあ、スレを良くしていこう [saga]:2017/07/03(月) 22:21:23.68 ID:YD+pxFkX0
王子「最大限復興を支援する」

王子「海洋連合に打診し、彼等も抱きこもう」

王子「……そこからは、あなたの仕事だ」

王女「王子……」ウルウル

王女「ありがとう、ございますっ」



王子「できることはやった、あとはあの国次第だ」
>>下
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 22:23:46.63 ID:85DoUtdLO
資源が多いので影響力を強めようという思惑もありつつも復興に手を貸してくれる
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/03(月) 22:32:45.36 ID:YD+pxFkX0
ごめん再開早々、復興関係は終わらせた気だったんだけど、追加で詳しく記述して欲しい、もしくは再安価
>>下
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 22:39:42.65 ID:sKR56db/0
闘技場都市のトップと娘(チャイナ)がボロボロの姿で城にやって来た、どうやら闘技場都市をレジスタンスに占拠されたらしい。
レジスタンスには闘技場の猛者や妙な服装の女(くの一の国の姫)もいたとか。
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 17:29:58.32 ID:8x6s7wYEO
結局大佐ちゃんの貞操は無事だったのですか
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/06(木) 23:56:12.90 ID:F6Ght8Bc0
偉丈夫「……情けねぇ……」ボロッ

チャイナ娘「魔物達に乗っ取られちゃったヨ」ボロッ

偉丈夫「地下にぶち込んだ違反者や猛者どももあっちに寝返った……加えて、奇妙な奴らも」

王子「奇妙な?」

偉丈夫「ああ……確か……」

チャイナ娘「忍びの里よ、一回戦ったことあるネ」

大佐「猛者……違反者……忍び、魔物……」ゾクゾク



王子(……正面から大佐をぶつけるか、それとも他の手を使うか……)
>>下
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 00:04:16.56 ID:f8JqYjZR0
敵は小数ながらも強大。
同盟国であるエルフ国や軍事国家などと連携し確実に敵戦力を削りにいく。
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/07(金) 00:52:47.60 ID:p2XzNjag0
将軍「……壮観だな」

将軍「敵は小国、だが生かしてはおけん魔物の群れもいる」

将軍「ならば、滅ぼすしかあるまい」

王子「全滅する必要はない」

王子「戦う気がないのなら、労働力にすればいい」



王子「……それで、今の戦況は?」
>>下
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 00:55:46.89 ID:AkvAOLkkO
数や練度では圧倒してるものの、くの一のゲリラ戦術やワイバーンの特攻などにより戦線は拮抗している模様。
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/07(金) 01:15:46.26 ID:p2XzNjag0
メイド「……と言うわけです」

将軍「ふん、長期戦にするのは避けたい……」

王子「ああ……どうしたものか」

将軍「やはり、愚妹の案を採用しトップの暗殺か……?」

王子「…………」



王子(どうする……どう倒す……)
>>下
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 02:14:27.48 ID:f8JqYjZR0
錬金術師に協力してもらい自爆機構付ゴーレムを作成。人形遣いに操作を任せ所々で爆破・撹乱する。
その混乱に紛れて敵本丸を落とすを。
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 06:57:21.77 ID:9U3PiXK8O
妹の作戦より被害増えてたち悪いなおいww
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/09(日) 00:18:56.78 ID:yJ2sf0ut0
王子「任せたぞ、人形遣い」

王子「爆破人形は実験済み、全部壊せ」

人形遣い「はい、分かりました」

将軍「ふふふ……被害はより多いな?」

王子「反抗の芽を潰す、そのための示威行為だ」



将軍(くく、流石は我が盟友……)
>>下
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 00:23:44.79 ID:zNzZg4ie0
上忍が王子を暗殺しようとやってきた。
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/09(日) 00:36:20.05 ID:yJ2sf0ut0
シュバッ!

「死ね!」

ザンッ!

……ゴロン

将軍「……ふん、囮か」チャキッ

上忍「…………!」

ザッ!

大佐「ふふふ、お兄様ったら、相変わらず手加減できませんのね」チャキッ

王子「……一人捕虜にできたな」



大佐「拷問にかけましょう」
>>下
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 00:47:06.17 ID:B4UQo1ie0
忍び服を脱がすと、妙な服装が出てきて噂の忍びの国の姫ということが発覚。簡単な拷問にも耐える姫
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/09(日) 00:57:53.61 ID:yJ2sf0ut0
忍者姫「…………」

大佐「へえ、お姫様! 危うく指を落とすところでした」

将軍「私は首をはね落とすところだったがな」

忍者姫「…………」キッ

王子「ふむ、どうするかな」



王子「…………人質にはなるかな?」
>>下
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 00:59:29.69 ID:UhcUZODA0
捕まえたんだから調教しても構わんだろう?ということで将軍の許可が下りたら自分が調教してみる
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/10(月) 20:15:26.99 ID:m1LJEhmoO
忍者姫「…………」

王子「さて、気分はとうかな?」

忍者姫「……」プイッ

王子(強気の性格みたいだ……単純に落とすのじゃ無理かもな)



王子(それじゃあ……)
>>下
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/10(月) 20:20:09.82 ID:PUunM5Wc0
服を脱がして豊満な体を舐めるように見つめる
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/10(月) 20:20:28.83 ID:hbnAmFAJo
まずは体だけ快楽で徹底的におとす
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/10(月) 22:46:22.68 ID:O1VeLbDM0
王子「少し服が邪魔だな」パチンッ

大佐「……ふっ!」

ザンッ!

忍者姫「な、くっ!」ハラリ

王子「中々良い体つきだ……」



王子「さてと、お次は」
>>下
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/10(月) 22:47:01.45 ID:93pOQa0B0
いろいろと揉んでみる
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/11(火) 23:46:23.53 ID:V/WiXuaQ0
モミモミ、モミモミ

忍者姫「ん、んふっ」ビクビク

王子「ズッシリとしたいい胸だ……」

モミモミ

忍者姫「ひっ、ぁっ、んんっ」ビクンッ



王子「……はは、面白い反応だ」
>>下
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/11(火) 23:48:24.51 ID:BTm5TgfP0
キスしながらアソコに指を入れてみる(ついでに濡れているかどうかも)
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/12(水) 00:56:28.63 ID:HJnmfUfr0
忍者姫「ん、れる、ちゅっ、れろっ」

クチュクチュ

王子「ふふ、濡れ濡れだな……」

クチュクチュ、クチュクチュ

忍者姫「ん、んんっ」



王子「さてと、そろそろ本腰入れるか」
>>下
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/12(水) 01:01:37.42 ID:A6uP0Nfm0
自分の膨れ上がったイチモツを忍者姫のアソコに挿入
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/12(水) 09:11:38.65 ID:Zi3JySCsO
ヌププププ

忍姫「あっ、ひぁぁぁっ!?」

王子「ほら、優しくしてあげよう……」

パンッ、パンッ、パンッ

忍姫「ひっ、あ、あんっ!?」



王子「さて……次は……」
>>下
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/12(水) 09:14:18.79 ID:F+mRVkT6O
大佐にペニバンをつけさせて二穴責め
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/12(水) 10:01:40.62 ID:90SXuwz/O
大佐「えいっ、えいっ!」

グッポグッポグッポ

忍姫「あっ、ひぁぁぁっ!?」

王子「ははっ、良い締まりだなぁ!」

パンッパンッパンッ

忍姫「りゃめっ、こわれるっ!?」



王子「そろそろ落ちるかな?」
>>下
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/12(水) 10:20:43.15 ID:ADPrTVweO
今度は女になって大佐と一緒に濃厚なレズセックス責めをして完全に落とす
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/12(水) 11:09:59.80 ID:90SXuwz/O
大佐「ほらほらぁ、ここかなぁ?」コリコリ

忍姫「ん、ひぁぁぁっ!?」プッシャァァァァ

姫「はは、下が止まってるぞ?」ニヤニヤ

忍姫「んぶっ、んんっ、んんんっ!?」

姫「んちゅ……れる、えろ……ぷはぁ……」

忍姫「あっ、あへっ、ひ……」



王子「よし、落とせたかな……それじゃあ、そろそろ戦争に戻るか」
>>下
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/12(水) 11:12:00.29 ID:7XT1pkA2O
忍者姫が王子にメロメロになって裏切ったこともあり、無事終結
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/12(水) 12:10:47.06 ID:90SXuwz/O
将軍「ふむ、どう割譲したものか……」

偉丈夫「俺は都市が戻ったんなら何もいらねぇ」

将軍「……人的資源をもらおう、代わりに土地を譲る」

王子「ああ、それで問題ない」

王子「とりあえず、忍姫を使って内政を少し有利にさせてもらおう」


王子「一旦国に帰ろう」
>>下
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/12(水) 12:38:01.49 ID:ElawHT/UO
姫の体(王子)が産気ずく
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/07/17(月) 14:05:25.16 ID:caey0YZ30
ごめん、出産ネタとかうまく捌けない

再安価で
>>下
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 14:07:02.45 ID:uLuTRIaz0
今回は色々ありすぎた。ゆっくり休暇しよう
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/15(火) 22:59:24.37 ID:0/v66kbw0
王子「くぁ……疲れた……」

大佐「不眠でしたものねぇ、ゆっくりお休みをとりましょう」

忍者姫「……主様……」キュッ

魔女姫「うふふ、快眠の香を用意しますね」

王子「……好きにしていいけど、俺は何もしないからな」



王子「お休み…………ぐぅ」
>>下
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/15(火) 23:10:32.70 ID:r1hEi20/O
sageてしまった
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/15(火) 23:12:27.98 ID:TkxOC5Q40
催促されて思い出したように数レス更新してまた放置されるくらいならとっとと終わらせて欲しいがな

安価下
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/15(火) 23:34:06.93 ID:GsxBgk6k0
次の日、邪神とアマゾネスが来る
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 00:19:29.78 ID:FKdTcEwb0
邪神「やあ、ハーレムしてるみたいだね」

王子「……ええ、邪神様のおかげです」

邪神「こっちも、アマゾネスちゃんもらったしね」

邪神「繁栄はさせてあげよう」



邪神「んで、今日の要件なんだけど」
>>下
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 00:21:12.77 ID:rDPTpCfE0
バカンスとしていい場所を見つけたから家族で来ないかという話(簡単に言えば遊び相手が欲しい感じ)
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 01:10:14.90 ID:FKdTcEwb0
邪神「バカンス先ですることもなくてさ、アマゾネスちゃんもへばっちゃったし」

邪神「だから遊びに来てよ」

王子「分かりました、皆にそう……」

邪神「君も、来てね」

王子「……はい」



邪神「バカンス先はねー」
>>下
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 01:15:24.28 ID:Sp1J8YnLO
邪神の友人の水の神がいる海
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 01:27:39.92 ID:FKdTcEwb0
忍者姫「水浴びですか……」ドタプーン

魔女姫「暑いのは苦手ねぇ……」ポヨーン

大佐「旦那様、オイルを塗ってくださいますか?」バイーン

メイド「…………王子、パラソル設置しました」ポヨン

スパイ「んふ、どうですかこの水着」タユン

人形使い「……み、見ないでくれ……」タプン



王子「それで、水の神は……?」
>>下
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 01:34:10.04 ID:rDPTpCfE0
水の神もバカンスしていた。ちなみに♀
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 01:56:44.01 ID:FKdTcEwb0
水神「あら、あなた達があの子のお友達?」

水神「楽しんでね? 帰りたいときは呼んでちょうだい」

テクテクテク

王子「……さてと……少しくらいは楽しむかな」



王子「何して過ごすか……」
>>下
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 07:44:30.96 ID:Sp1J8YnLO
姫になって合法的に海の家の女性更衣室に入る
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 22:17:42.52 ID:FKdTcEwb0
姫「…………さて」

姫「来てみたはいいものの……」

姫「ここでどうするか……下着くらい盗まなくても頼めばくれそうなものは何人かいるしな」

姫「まあ、何かしてみるか」



姫「それじゃあ……」
>>下
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 22:21:23.41 ID:rDPTpCfE0
男だとなんとなくしずらいスキンシップをしてみる(胸を揉むとかそういうの)
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/16(水) 22:34:02.95 ID:FKdTcEwb0
1人できたもんだと誤解してた、誰の?
>>下
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/16(水) 22:36:42.70 ID:P4bzx82d0
水神
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/18(金) 01:03:15.08 ID:WKEnamTn0
モミィッ

水神「んひゃぁぁっ!?」

モミモミモミ

水神「あ、あなたっ、なにをっ、んひゅぅぅぅ!?」

姫「なんと言うボリュームだ……」



姫「魔女姫や大佐並みだな……」
>>下
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/18(金) 01:05:48.13 ID:6RoQ9DKYO
水神はテレパシーで邪神を呼んだ
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/08/18(金) 01:06:09.17 ID:b5ZKGvbd0
このまま胸を揉みながら勢いよくキスしてしまおう(そこからディープ)
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/18(金) 01:13:44.10 ID:WKEnamTn0
邪神「呼ばれてきたけど」

邪神「……どっちとエッチしようかなぁ」ニヤニヤ

水神「な、なにをっ、んんっ!」

モミモミモミ

姫「………………!」モミモミモミ



邪神「んじゃあ、そうだな」
>>下
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/08/18(金) 01:14:57.89 ID:b5ZKGvbd0
水神。姫と一緒に攻める
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/18(金) 01:41:42.90 ID:WKEnamTn0
パンッパンッパンッ

水神「あっ、ひゃっ、んひぃぃっ!?」

邪神「やっぱり神様は抱き心地が違うね」

パンッパンッパンッ

邪神「ほら、揉みながらチューしてよ」

姫「はい……んむ、れる……」

水神「んー! んむーっ!」



邪神「出した出した、大満足」
>>下
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/18(金) 07:40:15.22 ID:UVXLYOINO
でもついでだから姫も責めよう(水神といっしょに)
469 :邪神が水神と姫を責めるのか、邪神と水神が姫を責めるのかチョット悩んだ [saga]:2017/08/21(月) 22:57:13.60 ID:ZPFIUlOC0
邪神「むふー、中々柔っこいオッパイ」ムニュッ

姫「ん、ふあっ!?」

邪神「口が寂しいし、少し借りるよ」ペロペロ

姫「ひう、んんんっ!?」

パンッパンッパンッ

水神「ひっ、おほっ、んほおぉっ!?」

パンッパンッパンッ

邪神「出すよー」ペロペロ

ビュルルルルルルルルッ

水神「んひゃぁぁぁあああっっ!?」

姫「ん、んあああぁぁっ!?」



姫「はぁ……はぁ……酷い目にあった…………さてと」
>>下
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/21(月) 23:01:24.08 ID:c33C+mo80
皆でビーチバレーして遊ぶ
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/21(月) 23:25:12.02 ID:ZPFIUlOC0
大佐「せいっ!」ズパァンッ

魔女姫「対物理防御!」ギィィンッ

メイド「トスッ!」ポンッ

スパイ「てやっ!」バスッ

人形遣い「とあ!」ポンッ

大佐「はいっ!」

忍者姫「ちぇすと!」バシンッ!

王子「入ったな……人形遣い、僕と交代だ」

大佐「やったぁ」ニヤニヤ

魔女姫「あなた! 次王子って時しか本気出してないわね!」

大佐「えー? なんのことですか?」ケラケラ

メイド「く、ジャンケンで勝っていれば……いえ、せめて向こうのチームに入っていたら……!」



王子「……邪神様からの商品もある……負けられないな」
>>下
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/21(月) 23:29:57.80 ID:J6xw/4DeO
王子の勝利
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/22(火) 00:46:29.76 ID:CHsq86rV0
邪神「おめでとう、君がナンバーワンだ」パチパチ

王子「……ありがとうございます」

邪神「中々頑張ったね、ご褒美をあげるよ」

邪神「邪神様のありがたーい優勝賞品だよー」



王子「…………これは……」
>>下
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 00:50:21.16 ID:xC7T4dIbO
邪神の宝剣
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/22(火) 01:11:45.90 ID:CHsq86rV0
ゾゾゾゾソッ

邪神「僕の宝剣だよ、綺麗だろう?」

王子「……ありがたく頂戴します」

邪神「うむ、大事にしてね」

チャキッ

王子「ぅ、お……!」



邪神「その宝剣にはね、なんと!」
>>下
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 01:13:16.69 ID:Otc0XR1N0
本当になんでも切れる
物理的なものじゃないものも因果や運命などそういうものも
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/22(火) 01:19:59.37 ID:CHsq86rV0
邪神「なんでも切れる、なんでもね」

邪神「神や龍、国や絆、有形無形に問わず斬れる」

邪神「そういう類の宝剣さ!」

王子「……ありがとうございます」

邪神「ふふん、だからと言って僕らの関係性は切らないでね、僕は君のために塗ることは時々やってあげるからさ」



王子「……さて、ビーチバレーも終わったし……誰かと過ごそうかな」
>>下
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 01:27:47.54 ID:k4GWgoIj0
メイド
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/22(火) 01:33:20.92 ID:CHsq86rV0
メイド「おめでとうございます、王子」

王子「ああ……少し疲れたな」

メイド「お飲物、こちらに」

王子「……助かる」ゴクゴク

メイド「ふう……ここは、羽休めには最適ですね」



王子「そうだな……」
>>下
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 01:37:01.07 ID:Otc0XR1N0
いつも自分のために働いてくれてありがとうと素直に礼を言う
あとメイドに何かしてほしいものや欲しいものがないか聞く
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/22(火) 01:48:56.59 ID:CHsq86rV0
王子「……まあでも、忙しかったのはお前の助力あってこそだよ」

王子「僕のために尽くしてくれて、ありがとう」

メイド「……それが私の生き方ですから」

王子「何か欲しいものはあるか? お前の為に、叶えたい」

メイド(お側に……と言うのでは、納得してくれるでしょうか……やはり、物、かしら)



メイド「では王子、私は……」
>>下
482 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 08:51:35.26 ID:k4GWgoIj0
王子との子供
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/22(火) 09:39:16.73 ID:eUSVmbv4O
メイド「……ごめんなさい、忘れてください」

王子「……いいよ、メイドならな」

メイド「っ、ほ、本当ですか?」

王子「ああ、良く尽くしてくれてる……もしかしたら、メイドがいなかったかこの光景はなかったかもしれない」

メイド「……ありがとうございます……王子」



王子「じゃあ、こっちにおいで」
>>下
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 11:19:24.66 ID:Usf7kzXKO
優しい愛撫で散々に焦らした後、激しい後背位でメイドが気絶するまで種付け
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/22(火) 14:42:30.57 ID:CHsq86rV0
メイド「王子……王子ぃ……」ガクガク

王子「よし、前戯はこれくらいか」グチュグチュグチュッ

プシャァァァ

メイド「はっ、はひっ、ひっ……」ガクピク

王子「それ」ヌププププッ

メイド「あっ、おほっ、ほぉ!?」

パンッパンッパンッパンッ

メイド「ひっ、んひっ、あへっ、お゛お゛っ!?」

パンッパンッパンッパンッ

王子「出すぞ、メイド」

メイド「いくっ、いぐっ!?」

ビュルルルルルルッッ

メイド「あへ……へひっ……おほぉ……」チョロロロロロ



王子「気絶したか……日陰に連れて行って……また誰かと過ごすかな」
>>下
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/22(火) 14:55:23.52 ID:ppS+3YSs0
人形遣い
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/23(水) 15:34:04.40 ID:EPGWXi130
人形使い「……な、なんだ……」

王子「なんだよ、たまにはいいだろ?」

人形使い「そ、そう、か……」モジモジ

王子「そうそう、喉乾いてるだろ?」ヒョイ

人形使い「あ……ありがとう」



王子「さてと、人形使い」
>>下
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/23(水) 15:50:10.86 ID:nRIyWqJw0
最近僕の下着がよくなくなるんだが知らないかい?主に君が洗濯当番の時に無くなるんだけど(メイドが裏取り済み、証拠もあり)。
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/23(水) 23:39:33.31 ID:EPGWXi130
人形使い「し、下着が、か?」

王子「うん、確かに高級なものだけど、使用済みだからね」

人形使い「な、無くしただけでは?」

王子「まあ、侍女達も完璧ではないものな」

王子「ところでお前が選択の当番の時だけ無くなるらしい」

人形使い「そ、そ、そうなのかっ、不思議だな!」



王子「うん、不思議だ」
>>下
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/08/23(水) 23:42:23.62 ID:L9GsUdZXO
直球で「お前が盗んだんじゃないのか?」と聞く
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/24(木) 00:09:09.07 ID:dPERbjqS0
王子「お前だろ?」

人形使い「な、う……ぁ……」

人形使い「す、すまない……」

王子「うん、素直に謝ってくれて嬉しい」

王子「正直下着はどうでもいい」



人形使い「そ、そうか……すまなかった」
>>下
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/24(木) 00:21:13.46 ID:nq6jdoYP0
で?その下着で君は「ナニ」していたのかな?見せてくれよ、この場で。
とその場でオ○ニーさせる。
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/24(木) 02:28:19.84 ID:6xOACDsr0
このスレのゴールはどこなんだろう?
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/24(木) 07:21:00.77 ID:+LZPkrHKO
人形使い「ほ、本気か……?」

王子「ああ、見せてくれ」

王子「興味があるんだ、どんな顔でしてるのか」

人形使い「………………っ」クチュクチュ

王子「道具は使わないのか? クリトリスだけか?」

人形使い「っ……こ、興奮して……それで十分だった」クチュクチュ

王子「今は?」

人形使い「王子に、見られて……興奮、してる」クチュクチュ



人形使い「ん、ふっ、んんっ」クチュクチュ
>>下
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/24(木) 08:06:42.67 ID:nq6jdoYP0
本物が近くにあるんだ、使ってみるか?(ボロン
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/24(木) 21:29:06.41 ID:dPERbjqS0
王子「使うか?」ボロンッ

人形使い「はっ、はっ、はぁっ」クチュクチュ

人形使い「んひゅぅっ!?」プッシャァァァ

人形使い「あ……ぁひっ……」ガクガク

王子「おいおい、見ただけで興奮したのかな?」

王子「ほら、潮でベトベトだ」



王子「どうする?」
>>下
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/24(木) 22:00:43.97 ID:6xOACDsr0
人形遣いが「い、入れてください…」と懇願する
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/25(金) 14:47:55.93 ID:vLWeaIzU0
人形使い「い、入れて、下さい……」クパァ

王子「はは、変態だな」ニヤニヤ

人形使い「もう、我慢、てき……んん」

王子「しょうがない奴だな……」クチュクチュ



王子「それじゃあ……いくぞ?」
>>下
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/25(金) 15:43:23.55 ID:YyAcJ5Il0
対面座位で挿入、人形使いは挿入しただけで潮吹き絶頂するが構わず突く
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/27(日) 14:48:39.94 ID:tkUCl3/yO
人形使い「あっ、ひ、あひっ!?」プシャァァァ

王子「動くぞ?」

人形使い「や、まっ、やめっ!」

パンッパンッパンッ

人形使い「おっ、ほぉ!? んひぃぃ!?」

パンッパンッパンッ

人形使い「や、ぁっ、ま、ひああああっ!?」



王子「そろそろ出る……っ」
>>下
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/27(日) 22:01:57.55 ID:/Y1VCU5jo
意外と粘り強く、搾り取られる
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/27(日) 23:43:07.92 ID:0AluAP+E0
人形使い「ん、んんっ、ひぁぁ……」キュウキュウ

ビュルルルルルッ、ブビュルルルルルッ

王子「うぉ……ほぼ気絶して、この締めつけか……」

ニュプンッ

人形使い「はひっ……ひっ、あ……」ゴポプッ



王子「ふぅ……出した出した……」
>>下
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/29(火) 16:06:22.72 ID:PTJTcGNWO
妊娠が確定するまで犯し続ける
505 :意見を参考にちょっとお試し [saga]:2017/08/29(火) 22:23:52.30 ID:YRaewxCO0
人形使い「んひっ、王子っ、おうじひぃぃっ!?」

王子「ほら、もっと締めつけてみろ」パンッパンッパンッ

人形使い「ひっ、んん、はいっ、んひゃぁ!?」

王子「いいぞ……出すぞ、受け止めろっ」

人形使い「らめっ、はらん、じゃっ、ひああああっ!?」

ビュルルルルルッ

人形使い「は、はひっ、おほっ……はへ……ぇ……」ガクガク

王子「孕んだかな……まあ、側室に入れれば問題ないか」

人形使い「お……ほぉっ……へひっ」ゴポポッ



王子「取り敢えず日陰に移してと……」
>>下
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/29(火) 22:43:22.61 ID:ryiI2X8s0
忍者姫、大佐、メイドの三人の水泳競争が行われることに。商品はこの後の王子との権利
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/29(火) 22:54:51.81 ID:YRaewxCO0
王子「あれだけやってメイドは頑張るなぁ……」

王子「うーん、乳の浮力と筋力で大佐が有利かな?」

王子「いや、忍者姫も不思議な泳ぎで猛追している」

王子「メイドだって負けてないな……手に汗握る……!」

邪神「応援してあげたらー?」

邪神(まさか自分が賞品になってるなんて思わないだろうなぁ)

王子「そうですね……じゃあ……」



王子(しかし誰を応援しよう…………)
>>下
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/08/29(火) 23:01:27.55 ID:m2qD7G7O0
誰かに偏ると可哀そうだから「みんな頑張れー!」とあいまいな応援
それが逆に3人の対抗意識を高める
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/29(火) 23:09:38.38 ID:YRaewxCO0
バッシャバッシャバッシャ

大佐(まずい……あの忍者、息継ぎが極端に少ない……隙を見せると抜かれて……っ)

忍者姫(……あの軍人……このままでは、逃げ切られる……っ、思った以上に……化け物のような体力を持っている……!)

メイド(……そろそろ追いつかねば……全力を出しましょう……!)

バッシャバッシャバッシャ

王子「みんなー、がんばれー!」

大佐「っ!」

忍者姫「っ!」

メイド「っ!」

王子「おー……さらに激化したな、そろそろラストスパートか」

邪神(賞品に応援されたら、そりゃあねぇ、燃えるよねぇ)




王子「誰が勝つんだ……っ!」ゴクリ
>>下
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/29(火) 23:32:05.33 ID:PTJTcGNWO
忍者姫
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/29(火) 23:57:22.19 ID:YRaewxCO0
王子「頑張ったな、忍者姫」ナデナデ

忍者姫「……頑張りました、主人様……」テレテレ

王子「ようし、副賞として……僕を今日終わるまで好きにしていいぞ」

忍者姫「っ! う、嬉しいです……!」ニコニコ

王子「そうか、良かった……それで、どうする?」



忍者姫(どうしましょう……考えてなかった……)
>>下
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/30(水) 07:19:56.26 ID:x4IpPlRd0
王子を縛りつけて自分を一番に見てくれるよう言いながらくすぐり続け調教する
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/30(水) 09:04:17.65 ID:jYftgtGX0
忍者姫「……王子……私だけを……見てくださいまし……」コショコショ

王子「く、ふふふっ、やめ、やめろっ、あははははっ」

王子(なんて陰湿な、責めだっ)

忍者姫「ほら……王子……お願いします……」コショコショ

王子(この声で囁かれると……頭が……忍術なのか……?)

忍者姫「ふふふふふ、王子、笑ってくださいませ」コショコショ

王子「あはははっ、くふふ、やめ、んふふふふふっ」




忍者姫(ふふふ、だいぶ疲労したご様子……では次は……)
>>下
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/30(水) 09:26:59.21 ID:cgL8Wm8Ao
イチャラブせっくす
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/08/30(水) 12:35:56.62 ID:jYftgtGX0
忍者姫「失礼、します……ん、んん……っ」ニュププププ

忍者姫「動き、ますね……?」

王子「ああ、良いよ」

忍者姫「んぁ……ん……ひっ、ん……」パンッパンッパンッ

忍者姫「どう、ですか? 気持ち良い、ですか?」パンッパンッパンッ

王子「良いぞ、忍者姫……ほら、舌」

忍者姫「ん、れる……んちゅ……んん……」パンッパンッパンッ

忍者姫(ああ、脳が、蕩けてしまいそう……好き……好きですっ! 好き!)パンッパンッパンッ

忍者姫「ぷは……はぁ、はぁ……王子……王子ぃ」パンッパンッパンッ

王子「はは、もうイくか? 良いぞっ、僕も出すっ!」

忍者姫「ひゃっ、んん、んひっ、ふひゃぁぁっ!?」

ビュルルルルルッ、ブビュルルルルルッッ



王子「ふう……忍者姫も案外積極的だった……そろそろ夜だなぁ」
>>下
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/30(水) 12:38:11.46 ID:rADHQn+n0
大佐に会おう。負けて悔しがっているかもしれないし
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/09/02(土) 00:51:58.70 ID:hhAAQI7QO
王子「やあ、どうだ?」

大佐「旦那様ぁ……」ポロポロ

王子「頑張ったな、僕はちゃんと見てたぞ」

大佐「うぅ……大好きぃ」ダキッ

王子「うおっと……はは、大佐のこんな顔は初めて見たな」

大佐「……そうです……私、強くて賢いけれど……ダメな時もたるんです……」

王子(本気で落ち込んでるみたいだなぁ……)



王子(慰めてあげなきゃな)
>>下
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/02(土) 01:11:15.15 ID:+UsYasxUo
優しく抱きしめてあげる
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/09/05(火) 20:27:21.67 ID:vmUo6Kad0
王子「……ほら、大佐」ギュッ

大佐「お、王子……?」

王子「頑張ったのは知ってるし、お前が僕のために尽力しているのも知ってる」

王子「お前がいなければ、今もどこかと戦っていたかもしれない」

王子「だからまあ……そんなに落ち込むなよ」

大佐「……旦那様……私、これからもっと頑張れそうです!」

王子「そうか、僕も嬉しいな……もう少し抱きしめてやろう」

大佐「じゃあ私も!」ギュゥゥ



王子(よしよし、いつもの大佐に戻ったな……)
>>下
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 20:28:02.09 ID:r0J7+gQl0
何か欲しいものはないか聞く
521 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/09/05(火) 20:33:56.90 ID:vmUo6Kad0
王子「何か欲しいものはあるか? お前にも何かいい思い出を作りたい」

大佐「ほ、欲しいもの、ですか?」

大佐(旦那様、と言いたいですが…………)

――将軍「組織の長は組織に殉じなければならん、組織に対し一番の奴隷でなければ組織は腐敗する」――

大佐(……と、お兄様も言ってました……そんな事では、側に立つものとして失格……)

大佐(それに、旦那様もあげて良かったと思っていただかなければ! 困らせず、尚且つ渡し甲斐のあるもの……!)



大佐「そうですね…………あ、欲しいものありました!」
>>下
523 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
524 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
525 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
526 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
527 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
528 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
529 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
530 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
531 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
532 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
533 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
534 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 20:36:10.81 ID:aMY4Lu7tO
ほらほら違うスレはやく上げてどうぞ?いくらでもあるだろ?
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 20:44:26.07 ID:ZQ8P64xRO
勘違いしてる奴らがダークサイドに落ちていくの見てて面白いからもっとやってどうぞ。ぶっちゃけ潰す気がないというかめんどくさかっただけだし俺の代わりに潰してくれるのなら大歓迎やで
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 20:53:11.09 ID:2BgD0g7/o
やっぱりあっちの荒らしなんj語スクリプトか
自治スレに貼られた時点でなんかそんな気がしてたわ
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 20:56:29.74 ID:ZQ8P64xRO
そいつとも違うけどな。まあ好きに勘違いすれば
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 21:08:37.17 ID:dsTxRrUfO
もう誰が荒らしてるのか分からないくらいにはこの板荒らしで溢れかえってる。ID見えないなすーんも知れわたっちゃったから尚更タチ悪いね。なんでRじゃない方は使えなくしてたのにこっちは制限かけなかったのかね?まあこんな使われ方するとは思ってなかったんでしょうが
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 21:16:30.40 ID:tQHzLmpbO
じゃあナスってどう使うんだよ
162.50 KB Speed:4.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)