【艦これ】マジカルチ○ポ提督 3スレ目【ア艦これ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/02(日) 23:34:44.57 ID:P40A4kCI0

※このSSは艦これSSのはずです

 下記スレが妊娠したので認知して下さい(ダブルミーニング)


【艦これ】マジカルチ○ポ提督【ア艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1473427556/

【艦これ】マジカルチ○ポ提督 2スレ目【ア艦これ】
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1490138266/


※オゾマシイ番外編的な何かは下記の通り

【艦これ】〜マジカルチ〇ポ提督異聞録〜【ア艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1488974359/


【概要】

内容:マジカルチ〇ポでいたいけな艦娘達の無防備マ〇コを回りくどくチ〇ポ堕ちさせていくはずがなんか即堕ちがここんとこ大井っち

獲物:基本安価で決定していくがストックが溜まっていく一方なのでサラトガ肢体

主成分:真夏のモガミンから分泌される濃厚なすけべ汁は甘やかでありながらも爽やかさを失わない、このわざとらしい芋成分!

好きなこと:真面目にキチ書いたりキチく真面目したり

嫌いなこと:「マジカルチ〇ポいいよね」と艦娘達に同調圧力をかけていくとは卑しい空母ずい

趣味:提督が苦しむ顔が心情と共に描写されていく様を更に煽る

性癖:陰毛が生えてる艦娘なんて一人もいません

膣内描写:チ○ポ引き抜く際に艦娘の膣襞が吸い付いてめくれ上がりそうになる描写を描きたい

誤字脱字:いい加減にしろ

エロ度:たーとえー艦娘の全てが肉色に溶けてもー♪ きっと♪ 貴女の声がする♪ もうだめれすっ イッちゃいますっ アヘッ♪

傾向:現在五月雨ルート(Low寄り和姦)

備考:本編投下後に即堕ち2コマ艦娘なる常軌を逸した催し事を不定期開催。末尾次第で艦娘にボーナスがついたり実際ヒドい目に遭う




【次の項目に1つでもティンときたら君のチ○ポにもrise your flag そしていつか〜きっといつか〜マジカルが宿ると信じて〜♪】

1.メガテンやペルソナのマーラ様はセウト

2.メガテンW-Finalにおけるダーキニーの腋は実際エロいのでふつーにシコれるけど、カーリーだけは勘弁な

3.やや肉付きはじめた長身美少女っぽい鬼女・マーメイドの腹にこすりつけてやりたい

4.ミロク菩薩の手が卑猥なジェスチャーに見える。しゃぶってやるからお出しなさい言われてるみたいで正直萎える

5.夕立が悪魔化したら絶対アリスになって我儘一杯言ってきて最後に「死んでくれるっぽい?」とか特大のヤンデレをかましてくる。多摩は何のひねりもなくネコマタになるしかない

6.隼鷹とモー・ショボーの親和性の高さは名前といい髪といい草が生える。カハクはきっと龍驤だけど胸があるからきっとパチモンだ

7.睦月がピクシーだったとしてもなんら違和感ねえ。ハイピクシーはグレて髪を逆立てた水無月。と感じたらきっと正常。クロト・ラケシス・アトロポスは川内型三姉妹

8.白雪のアプサラス感、足柄のヤクシニー感、如月のクシナダヒメ感は異常。合体事故でオロバスになりそうな妙高姉さん

8.筑摩はスカアハのハイレグ正座という新境地においてもちくまめんを維持できるか。第八駆逐隊は四身合体によりヨシツネになっちゃったり(八駆(艘)跳び的な意味で)

9.天龍と龍田は合体によりオーディン的な何かに(隻眼+槍的な意味で)

10.メガテンやペルソナ風味の艦これ。提督がデビルサマナーかペルソナ使い(ワイルド)というSSが読みたいけど、キャラ設定はともかく世界観設定が面倒臭そうだな
2 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/03(月) 00:02:43.83 ID:IEPYov5j0
【前スレの即堕ち済みの即堕ち2コマ艦娘〜まとめ〜】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1490138266/995-998


※なお前スレで指定があった「長門」「雷」「伊勢」は順次即堕ち投下予定

 雷は本編安価で選ばれると末尾判定で特殊となります


【即堕ち安価の特殊カンマについて】

・陵辱(末尾0)の場合:極めて艦娘がヒドイ目に遭う陵辱即堕ち時空。即堕ち再安価【可】能。

・エロエロ(91)の場合:エロ特化描写となる即堕ち。ギャグ分少な目な即堕ち時空。即堕ち再安価不能。

・ケッコン(88)の場合:艦娘とケッコン(ガチ)してアフターストーリーな即堕ち時空。即堕ち再安価不能。

・ラッキーセブン(77)の場合:即堕ち時空はランダムだが、この数値を引いた即堕ち艦娘が本編安価で選択されると、特殊判定あり。即堕ち再安価不能。

・イク(19)の場合:即堕ち時空はランダムだが、この数値を引いた即堕ち艦娘が本編安価で選択されるとマジカルマ○コ持ちが確定し、更に特殊判定あり。即堕ち再安価不能。



【77を即堕ち時に引いた場合】

 77を引いた艦娘が本編で選ばれると、選択された際のレス末尾によって特典が発生します。

 『駆逐艦・雷』の場合、以下の通り。


【0〜2】しれーかん! 私がいるじゃない!(マジカル末尾)・・・雷がマジカルマ○コを習得。詳しくは本編で。なおマジカルマ○コはエロ描写に特化される傾向だが、真価は内部値への補正。

 基本的に描写がエロ重視になって、雷とのえっち時はナレーションさんが無我の境地でマジメに働くか神風型ご褒美よろしくどっかに行く。


【3】この雷様に勝てるとでも思ってんのかしら!(異能強化末尾・雷特殊)・・・超電磁砲撃(レールカノン)などの雷撃能力を持った強襲型防空重雷装巡洋駆逐艦・雷という属性盛りすぎ艦娘になる上、ビリビリマ○コを習得。

 膣内が磁力操作ですっごくうねうねする上に電気刺激という未知数。敵潜水艦と敵艦載機は雷がいるだけで問答無用の無慈悲な即死。チート乙。


【4〜5】知らない子だけど、なんかすごいみたいよ?(マジカル譲渡末尾)・・・追加安価。【本編で未選択】の安価対象で決定。

 本編安価で登場が決定するとマジカルマ○コが付与される。既にマジカルマ○コを持っている子に重複すると……?


【6】もっと雷と第六駆逐隊を頼ってもいいのよ!(複数プレイ末尾)・・・雷の場合、暁型が全艦着任する。

 処女喪失後に5Pプレイを本編で。第六駆逐隊の練度上昇+提督好感度上昇極大。


【7〜8】○○の特殊改装が終了したわ!(マジカル譲渡末尾)・・・追加安価。【本編で選択済み】の安価対象にマジカルマ○コが付与される。

 その安価で雷を選ぶことも可能。この時点では五月雨・秋月・響・阿武隈・千代田・朝潮・イムヤ・熊野・五十鈴のいずれかがマジカルマ○コに。


【9】しれーかん! なんか海でヘンなものを拾ったわ!(ある意味地雷)・・・雷が『別時空提督召喚プログラム』を拾ってくる。捨ててきなさい。

 どの時空の提督が召喚されるかは再安価で決まる。提督同士の交流で何が得られ何を失うのか。本編でのお楽しみ。


【ゾロ目】末尾数値(0〜9)判定し上記のボーナス効果が増幅したりプラスアルファだったりのお楽しみ。

3 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/03(月) 00:05:22.35 ID:IEPYov5j0


【19を即堕ち時に引いた場合】

 19を引いた艦娘が本編で選ばれると、マジカルマ○コを最初から有している上で、選択された際のレス末尾によって特典が発生します。

 『駆逐艦・谷風』の場合、以下の通り。


【0,2,4,6,8】こいつぁ粋な計らいだね!(マジカル末尾)・・・谷風がマジカルアナルとマジカルフェラとマジカル手コキを習得。

 基本的に描写がエロ重視になって、谷風とのえっち時はナレーションさんが無我の境地でマジメに働くかどっかに行く。


【1】爆弾なんて当たる気がしないね!(異能強化末尾・谷風特殊)・・・時間加速装置(タイムアクセラレイト)などの時空跳躍能力を持った超時空駆逐艦・谷風となり属性マシマシ+マジカルマ○コAct2を習得。

 時間停止セックスが可能。ただし島風が涙目になる。もうこいつ一人で敵艦隊全滅できる。チート乙。


【3】新造艦が仕上がったみたい!(マジカル譲渡末尾)・・・追加安価。【本編で未選択】の安価対象。再び本編で安価した際に選ぶとマジカルマ○コが付与される。

 既にマジカルマ○コを持っている子(現時点では雷)に重複するとマジカルアナル+マジカルフェラ+マジカル手コキを習得。


【5】なぁーに? よしよしされたいの?(複数プレイ末尾)・・・谷風の場合、十七駆逐隊(浜風・磯風・雪風)が着任する。

 処女喪失後に5Pプレイを本編で。第十七駆逐隊の練度上昇+提督好感度上昇極大。


【7】○○が特殊改装だって? めーでたーいなー! (マジカル譲渡末尾)・・・追加安価。【本編で選択済み】の安価対象にマジカルマ○コが付与される。

 その安価で谷風を選ぶとマジカルマ○コAct2へ進化。この時点では五月雨・秋月・響・阿武隈・千代田・朝潮・イムヤ・熊野・五十鈴のいずれかがマジカルマ○コに!


【9】なんか海で面白そうなモン拾ったよ、景気いいな!(ある意味地雷)・・・谷風が『別時空提督召喚プログラム』を拾ってくる。捨ててこいと言っておろうが。

 どの時空の提督が召喚されるかは再安価で決まる。提督同士の交流で何が得られ何を失うのか。本編でのお楽しみ。


【ゾロ目】末尾数値(0〜9)判定し上記のボーナス効果が増幅したりプラスアルファだったりのお楽しみ。





【備考】

・即堕ち時空で77や19を引いた艦娘が、既に本編安価で選択済みの場合(この時点では千代田だけだが)、すぐに再安価してボーナス内容を決める。

・すでにマジカルマ○コ持ちの艦娘にマジカルマ○コ属性が多数重複すると更なる進化がある

・マジカルチ○ポ持ちの提督もまた成長を続けると……?
4 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/03(月) 00:08:18.33 ID:IEPYov5j0
※ごめん、>>3の【5】はミス

×:十七駆逐隊(浜風・磯風・雪風)
〇:十七駆逐隊(浜風・磯風・浦風)

 こんなところか

 明日ぐらいから順次、即堕ち再開していきます
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:18:05.00 ID:CiqaYgiFo
吹雪はマジカルマ○コを所持してる事にはなってない?
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:32:32.00 ID:KKJ39cLoo
1000で舞風取られてるし舞風マジカルマンコ化しようぜ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:36:07.91 ID:4kKv6ntuo
乙!待ってた甲斐があった
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:40:37.83 ID:Og0r+xdPo
マジカルマ○コ寝取りか…
胸が熱くなるな
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:41:06.38 ID:CiqaYgiFo
あ、感想をば


朝潮編マジ最高でした(ボキャ貧)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 00:59:49.20 ID:rRhE8Zp/O
特殊改装マジカル譲渡末尾に舞風が含まれてないのは元からマジカルマ○コ持ちだったからだってはっきりわかんだね
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/07/03(月) 06:26:48.69 ID:va62hiwH0
ちょっと前にゼルダの伝説をやってて思ったんだけど妖精の○チンコってすごいよね、序盤で手に入るんだもん
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 08:37:52.69 ID:TPcvqtyzO
題材と書く人の性能が両立(♂)してるな
期待
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 08:58:25.34 ID:4GlOyIqSO
>>11
しかも妖精のだからな
かなりでかいな
14 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/03(月) 23:26:51.81 ID:IEPYov5j0

【本日の即堕ち二コマ艦娘〜長門〜】


【before】


 陸奥が提督のチ○ポに屈してから三日が過ぎた。

 長門は小便を済ませた後に部屋の隅でガタガタ震えて命乞いをしながら己がこのマジカルチ○ポ鎮守府に着任してしまった運命を呪った。

 そんでなんやかんやあって立ち直って、


長門「この長門――――提督のチ○ポなんぞに屈したりはしない!」

酒匂「死亡フラグって知ってるか? それとも夢見てんのか? いずれにしてもほざいてんじゃねーよ、ぺっ」

酒匂(すごいや長門さん! のっけから微塵も信用できないし、屈しない未来が欠片も想像できない台詞ぅ!)


 うん、酒匂が正しい。

 建前で用意した本音を隠せない台詞と、飾らぬ本心が真逆の酒匂であった。

 どっちにせよひでえ言い草には変わりないところが実にエグい。


長門「案ずるな酒匂……この長門……必ずや陸奥を連れ、生きて帰還しよう。万一、この身が朽ちようと、せめて陸奥だけは無事にここに帰してみせる」

酒匂「既に無事じゃねーよ囀んなバーカ、三日間もチ○ポに怯えて陸奥さんの救助に行けなかったくせによ。どーせイッて帰還すんだろ連合艦隊旗艦だけにってか、このバーカ。むしろ痴漢めいたプレイでしれえにハッスルされてる陸奥さんが先に帰ってくるんだろ、長門さんとの置換的な意味でってバーカ」

酒匂(ぴゃー! 長門さんってば死亡フラグ好きすぎぃ! すごいやみんなのビッグセブン! まるで痺れないし憧れない!)


 流れるように死亡フラグを立てる長門に対し、酒匂の目はどこまでも冷たい。内心も本心もどこまでも冷たかった。バカバカ言い過ぎであるが、それもそのはずである。

 なんせチ○ポに勝てる長門なんてものはこの世界どこを見渡したって存在しないのだ。

 着衣のまま背後から胸を揉みしだかれつつでハメられるためにあるみてーなカッコしやがって。

 頭につけたツノみてーな電探一つ取ったってそうだ。その筋の人には強制イラマさせるためについているようにしか見えんのだ。

 これだけ属性が揃っており、しかも前述の台詞である――――どうやってこれに抗えというのだ。運命にすら数値が存在することをいい加減に長門は分かるべきである。


長門「さあ、出撃だ。ビッグセブンの力――――侮るなよ!」

酒匂「侮るも何も正常に判断しててめえに勝ち目はねえっつってんだよマヌケがぁッ! 快楽沖に出て、精神まともなままに帰ってこれた奴はいねー……って行っちまった。クソ……行きたきゃイケよ。そんで光に呑まれてこいバーカ」

酒匂(さようならさようなら長門さん。本当は貴女の事、嫌いじゃなかった。ヘタレで、優柔不断で、虚勢ばっかり張って……だけど決して敵から逃げなかった貴女が、好きでした)


 なんか若干いい話っぽくなりかけているが「やっぱりどこまでもチ○ポな汚いオチが待ってるんだろうなあ」と酒匂は思った。

 酒匂は一体どんなキャラなのだろうか。
15 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/03(月) 23:30:15.93 ID:IEPYov5j0

【after】


 ――――そして五時間後、長門と陸奥は帰還した。

 長門は約束を守ったのだ。すごいや長門さん。死亡フラグを覆したんだね!


酒匂(―――――そんなわけがあるか)


 そう――――長門が守れた約束は、ごく一部だけである。


長門「ちっ○ぽっ♥ にはっ♥ か、かてにゃっ、かった、よっ……♥」

酒匂「ぴぎゃあああああああああ!? 知ってた! 知ってたよ!? でもなんでしれえにハメられながら戻ってくんだよ想定外だッッ!! うわクッサ!? 精液クッサ!! このビッグセブン、メチャクチャザーメンくせえ!! やめろォ! 新調したカーペットに白濁したゲス精子を垂らすなッ!!」


 二身の影分身で駅弁ファックされながら、長門と陸奥は帰還した。なんか体中の穴という穴から色々垂れ流してることを無事と呼ぶなら無事なんだろう。長門の中ではな。中? 膣内ってこと?


陸奥「エヘッ、エヘヘッ、エヘヘヘヘッ♥」

酒匂「しかも姉妹揃ってテメエら――――ってぐわあああああ!! クッソ、性臭で酒匂まで発情してきた!? 私を巻き込むんじゃあないッ!! 悍ましいぞッ!!」


 ところでこの酒匂がどういうキャラかと言うと、IQ180越えの天才艦娘である。突然変異で稀にこういう艦娘が出来上がるのだ。

 ぴゃーぴゃー無邪気にはしゃぎまわる他所の酒匂とは一味も二味も違う。それ故に酒匂はいっそ馬鹿になりたかった。

 馬鹿なら目の前の現実を受け入れられる。だが頭がいい故に、それを拒むことができぬことに気づいてしまうのだ。


提督「おかわりはいりまーす……うっ」

酒匂「やめろォ!!? 追加でド腐れ子種をまきちらすんじゃあねえ!! ここ酒匂の部屋! 酒匂の! 酒匂のォオオオオ!!?」


 魂の慟哭を響かせる酒匂の理性がブッ飛んでチ○ポ狂いになるまで、五分を切った。

 果たして天才少女・酒匂はこの窮地を脱することができるのか?


 がんばれ、酒匂!

 戦え、酒匂!


 勝ち目がなかろうと、退いてはそれすら零になる。

 那由他の彼方にある燈火を掴もうとするほどの勝機しかなかろうと、人は挑んでこそ輝く生き物なのだから。


酒匂(世の中クソだな)


 今頃気付いたのか酒匂よ。


酒匂(救いがねえ!!)


 でぇじょうぶだ、膣イキがある。


【完】
16 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/03(月) 23:33:42.97 ID:IEPYov5j0
※不調だな、キチさが足りない

 長門改二ならワンチャンあったのに。明日は雷だな。どうしてくれようかしら。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/07/04(火) 00:57:47.00 ID:vD9Rzgsx0

気分の赴くまま書いてええんやでw
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 01:41:03.31 ID:X2iPPklA0

いつも楽しみにしてますww
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 07:14:55.39 ID:zfx7zG1To

おかしいな、長門回のはずなのに酒匂しか印象に残らなかったぞ……
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 13:11:11.03 ID:UCL+h94A0
これ酒匂の完堕ちが書かれてないやん!
いかんでしょ(今回も素晴らしかったです)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 13:14:07.78 ID:iQVhwFHmo
なぁに次の即落ちで酒匂を取ればいい
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 15:14:53.02 ID:v1dHykXSO
この長門感度が3000倍になってるに違いない
23 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/04(火) 22:40:25.71 ID:fA/81eec0

【本日の即堕ち二コマ艦娘〜雷〜】


【before】


 ――――その日、秘書艦を務めた雷は、提督に処女を散らされた。


 明るく元気な艦娘という印象だった。提督に対し素直に好意を示してくれる子という印象で、きっとその認識は間違っていなかったのだろう。

 スキンシップも多く、ほのかに膨らんだ胸を押し付けるように抱き付いてくる無邪気さがあった。

 しかし一方で恥じらいもあるのか、提督の男の視線を感じると頬を膨らませ、やや困った顔で窘めてくる年頃の振る舞いもあった。

 そんな彼女はきっと受け入れてくれると思った。これまでの艦娘と同じく。愚かにも。何の根拠もなく。

 だから、



雷「ぅ、うっ……ひっぐ、ひぐ……ひ、ひどいよぅ、司令官……」



 その姿は、信じがたいものだった。これが合意の上で、愛を交わした相手の取る様か?

 白濁した粘液に全身を塗れさせ、股間からとめどなく血と精液混じりの液体を垂れ流す、幼い少女は泣きじゃくっていた。

 その光景に、その様子に、提督は手を口元に押し当てて、絶句した。

 これが、陵辱でなくて、なんなのか、と。



雷「は、じめて、だったのに……こんな、こんな、のって……私、司令官のこと…………ったのに」



 荒い呼吸と涙混じりのか細い声は震えていて、提督には途切れ途切れにしか聞こえなかった。

 一時間ほど前のことだ。雷を閨に誘ったのは提督からだった。頬を染めて「そういうの、私にはまだ早いわ」と困ったように笑う雷を、強引にベッドに連れ込んだ。

 その抵抗が、形だけのものと思ったのは、ただの傲慢だったのだろうか。

 半ば強引に服を脱がした彼女の肌は、震えていなかったか。己をいつも笑顔で見上げてくれた彼女の真ん丸の瞳は――――恐怖に怯えてはいなかったか。

 犯した時、絶叫を上げて制止を促していなかったか?

 優しい司令官に戻って、と懇願しなかったか?

 司令官、司令官、という耳に残る感触と――――撫でられたような、頭に残る感触は、なんなのか。

 分からない。分からない。分からない。

 だから提督は、己を睨みつける、憎悪に満ちたその目から、目を逸らせなかった。



雷「き、らい……貴方なんて、嫌い、嫌い!! 大嫌い……!!」



 糾弾する雷の声を、ただ絶望に満ちた顔で聞いていることしかできなかった。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 22:44:59.53 ID:zl0DLoKrO
やったぜ
25 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/04(火) 22:45:36.88 ID:fA/81eec0

【after】

 ハイ。この話のオチでーすーがー。



雷(――――計画通り……!!)



 提督の認識は、間違ってなかったんだなこれが。御覧の有様だよ――――即堕ち時空における雷は、どの時空においても一二を争う腹黒である。

 即堕ち時空の朝潮とは違う。彼女は自己愛に満ち過ぎていて、身体を張ることを善しとはしない。そも選択肢にすら入れない、言ってみれば小物である。ナレーションさんそういう子って大好き。

 だがこの雷は違った。己の身を文字通り削ってでも、艦隊内におけるイニシアチブを握ろうとするタイプの性格である。己の武器を十全に理解して使いこなしてくる厄介なタイプであった。

 本編における響とは、ある意味同じ系統……己を弁えつつ、やれることをやり、結果を最大限にという方針だ。

 ナレーションさんは苦手である。だって頭いいから実況しづらいんだもんげェ……。


雷(これで司令官は私に対して特大の罪悪感が芽生えた筈……でも、それによって目に見えて私に対する贔屓をするような人ではないことは分かってる)

雷(司令官は私に詫びようとする。それを突っぱねる。異動を持ちかけるかもしれない。それも突っぱねる。私は言う――――なかったことにするわ、と)

雷(司令官は気まずさを感じて、距離を取ろうとするでしょうね。そして時間経過で、自然と罪悪感は薄れていくわ……)

雷(でも――――それは『私が司令官にその後……なにもしなかったら』よね?)


 うわぁ……やだよぉ……怖いよぉ……。


雷(そうはさせない。距離なんて取らせない。私は司令官に献身的に尽くしていくの……)

雷(あれだけ無理やりに犯して、事後に泣きじゃくっていた女が、そんな素振りも見せずに自分に優しく振る舞ってきた場合、男性はどう感じるか。大別して三つ)

雷(ひとつ――――『自分に気があるのでは?』と思う。これはただのどうしようもない馬鹿。願い下げね。殺すわ)

雷(ふたつ――――『許してくれたのか?』と思う。これは愛おしいお馬鹿さん。可愛いわ。とても好きよ)

雷(みっつ――――『何かを企んでいる』と思う。正解よ――――でもそんな察しのいい男は大嫌いだわ。捩じり切っちゃいたいぐらいに……♥)

雷(でも……私が見るに、提督は二つ目。愛しいお馬鹿さんよ――――でも『許してくれたのか』という認識は、時間経過でひとつめに推移していく)

雷(『許してくれたのは気があるからかな?』という風にね。その過程で、それをあえて壊すわ)

雷(私に、時間の経過では決して消えない『罪悪感』を抱かせる。私は決して許してなんかいないんだと、貴方に犯されたことを決して許さないという意志を、折りを見て示す)

雷(これはもちろん虚勢。私は貴方にメロメロよ? 貴方に犯された時、私ね、ずっとずぅーっとイッてたもの……♥ 嬉しくて、気持ち良くて、でも――――それで安い女と思われるのだけは嫌よ)

雷(貴方が同じ過ちを犯さないか見張るという名目で、貴方と過ごす時間を少しずつ増やしていくわ――――他の勘のいい艦娘が気づかないぐらい、自然に。焦らずに)

雷(そうして時間を重ねて………段々と、その緊張をほぐすの。最高の機会に最高のタイミングで最高の台詞で『許さないうえで、愛している』ことを伝えるの――――本心よ? 好きだもの、貴方の事)

雷(好きで、好きで、好きで、大好きだから、私のものにしちゃうの)

雷(貴女の心を、わたしで埋め尽くしてあげる。決して消えない存在になってあげるの。だって私にとって司令官は既に『そう』なんだもの。だから両思いにならなきゃ。そうじゃなきゃ釣り合いが取れないじゃない……私はこんなにも司令官のことを想っているのに!!)


雷「大嫌いなんて嘘よ、ごめんね司令官…………愛してるわ。愛してるの。愛しているのよ、司令官」



 ドブの底のような目で虚空を見つめながら、雷は云う。高らかに。賛美歌を歌うように。



雷「だからそんな怯えた目をしなくてもいいの―――――大丈夫よ? 私がいるじゃない……ずうっと、ずうっとね……♥」



 ε=ε=ε= ┌(;´゚ェ゚)┘



提督「ナレーションが逃げたぞ! 誰かあの馬鹿を捕まえて仕事させろ!!」



 やめろー! 離せー! 死にたくないー! 死にたくなーーい!!


【完】
26 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/04(火) 22:49:24.29 ID:fA/81eec0

※この雷の頭の良さは、本編安価で言うところの響に該当する。これには響も両脚の震えが止まらない。

 さあ、明日は伊勢だね! 何を暗い顔してんだ! 気持ち切り替えていこうぜ!

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 22:50:30.65 ID:ij78gmpWO
ヒエッ
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/07/04(火) 23:05:33.80 ID:vD9Rzgsx0
この雷はどこのうすべに鎮守府じゃー!?
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 23:12:50.21 ID:JIT3Zzr20
素晴らしい…
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 00:08:14.58 ID:OPUPtV1A0
グッジョブだ、>>1
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 00:15:29.82 ID:bEKlp8UUO
電ちゃん呼んできてこの病み度を中和しないと
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 03:21:14.69 ID:1No9yzKDO
こういう子は陵辱パートで陵辱したくなるな
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 08:51:41.88 ID:a0xi5TQSO
でもチ○ポ入れたらメロメロになるんでしょう?
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 09:00:32.71 ID:PKRz5mNtO
何でも書けるんなこの人……
過去のSSも心情描写や推移の書き方上手いし羨ましい
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 09:25:20.23 ID:IPwxoqB7o
ヤンデ-ラ
36 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/05(水) 23:33:44.50 ID:rZkQBK3d0

※今日の即堕ち更新ですが、お休みします

 先に伊勢の次の即堕ち安価取ります


 すっごく久々な気がするので一応説明。


 即堕ちしたい艦娘を選んでください。

 既に通常即堕ち・ケッコン即堕ち・エロエロ即堕ちで選ばれている艦娘はNG

 陵辱即堕ちだけの子はOK(現状だと吹雪・村雨・アイオワが該当)




 >>37-38
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 23:35:55.83 ID:wq6Z+gFqo
かもい
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 23:40:06.98 ID:6Kjey2IA0
時津風
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/05(水) 23:57:37.59 ID:6hEaIcFo0
時津風がくぱぁだって?
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/06(木) 00:33:32.35 ID:P/gQNMrUO
ちんちんかもかも
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/06(木) 01:07:22.78 ID:zWuV8WnDO
親潮
42 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/06(木) 22:52:30.00 ID:Rh2adszO0
【本日の即堕ち二コマ艦娘〜伊勢〜】

【before】

 ――――伊勢の話をしよう。

 本編における伊勢は上手にお誘いして受け攻め両方こなすエロエロお姉さんである。伊勢といい日向といい、すっげえエロいんだけどこの姉妹。

 だが全ての世界における伊勢型がそんな子という訳でもない。世界の数だけ伊勢がいて、伊勢の数だけ世界がある。日向もまた然り。

 さて、そんな伊勢ちゃんの一人、即堕ち時空における伊勢ちゃんであるが―――――。


伊勢「一刀流――――伊勢。一身上の都合により、提督を斬殺しに参った。貴様には辞世の句も詠ませぬ」

提督(アカン)


 提督の直弟子にして筆頭、マジモンの剣鬼であった。とはいえ、普段は陽気で快活なお姉さん系の伊勢は艦娘達から慕われている。そんな伊勢がガチギレしている理由、それは提督の一言であった。


伊勢「聞いたぞ――――日向を犯すとな。確かに! 聞いた!」

提督「て、手前はそのようなことは……」


 言ってました。「今度は伊勢ちゃん誘おうかなー、でもなー、俺のお誘いを断るなら日向ちゃんに手ェ出しちゃおっかなー」なんてコイツ言ってました。


提督(ナレーショォオオオオンくぅうううううううン!?)


 この世界線において日向は華も恥じらう乙女系脳味噌の持ち主で、よりにもよってこのゲッッスい提督に恋い焦がれる、窓辺の令嬢風味の盲目系美少女であった。瑞雲? なにそれ? 祭り? 知らない。

 なお物理的にも盲目である。生まれつき目が見えないのだ。そして伊勢はそんな日向を溺愛している。もう何も言うことはない。

 伊勢は 妖刀 ずいうん・ブレード を かまえた! なおそんな刀はない。伊勢が構えているのはフツーに日本刀である。

 ………普通に良業物五十工の一振り、伊勢大椽吉弘であった。免許皆伝の祝いに提督が与えた一振りである。ハハハ、墓穴掘るとはこのことだぜ。

 しかもこの刀、明石の改造と妖精らの加護を得て無毀のアロンダイト化している。ふっざけんなよ明石。


伊勢「――――では参る」

提督「マジかてめえ」


 伊勢は刀を担いでいた。一見して八双のそれであるが、正しくは違う。その刃は天を受くが如く逸っていた。

 文字通りに、刀を担いでいるのだ。担いだままに、摺り足で提督との間合いを詰めていく。

 対手の視線と常に刃が平行となるように刀を振り上げて構えることで、正確な射程距離を悟らせぬままに間合いを詰め、圧を掛ける兵法の一つである。

 無論、物理的な威力という点においては通常の上段である八双にはいささか劣る――――だがそれは人間の話である。伊勢は艦娘だ。それも極上の。

 まして戦艦のそれは――――さながら『破滅的』である。しかもこの戦術を、執務室に入った瞬間に行った。ほぼ不意打ちに近い。一刀流の切り落としに、兵法を組み合わせた絶技の一つであったが、


提督(イッッッヤらしい技使ってきやがってェッ!!)


 なお教えたのは誰か――――もう言うまでもない。その術理を知っている時点でお察しである。

 そも出会い頭の不意打ちで用いてこそ最も有効な術理である。刀の寸法を悟られてから用いても効果が半減するのは言うまでもない。普通に八双に構えた方が威力・速度共に有効である。

 つまり、伊勢は使いどころを間違えていない。改造のせいで刃渡りもやや変わっており、提督には短くなったのか長くなったのかもわかっていないというおぞましさ。

 だが、提督はその術理を知る。術理を知っているということは、対処法もまた熟知しているということだ。


提督(―――――その構えから繰り出される斬撃は、およそ二つに限定される)


 一つは一刀流の術技そのままに、切落としを放つこと。一つは刀の軌道を変化させ、横薙ぎに払う変化をつける。

 柄尻を対手に見せつけるような構えの性質から、突きという選択肢が封印されてしまうのだ。概ねその二択に絞れる。

 ところが提督は根本的に―――それ以前の問題を一つ抱えていた。そう、それは、


提督(――――俺が丸腰だということだよクソッタレェ!! 虎徹ゥウウウウウ!? 俺の虎徹どこォオオオオ!?)


 クッソざまあでちwwwwww
43 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/06(木) 22:58:09.11 ID:Rh2adszO0
【after】

伊勢「ふ、不覚………!!」


 それでも提督は命を拾った。提督の首はまだ繋がっているし、五体満足であった。なんて運のいい野郎だ。まさか――――、


伊勢「め、目釘がッ、抜けるなんてえ……ふぇえ」

提督(そういやこいつ、肝心なところでうっかりする奴だったな……)


 横薙ぎに変化した伊勢の必殺の一刀は、確実に提督の首を捉えたはずだったが、柄だけ残して刀身がスッポ抜けて飛んでいった――――ガシャンと割られたガラスの向こう側に飛んでいく刀身を、二人してぽかんと見送った。

 ところで飛んでいった刀身は偶然執務室の窓の外を歩いていた扶桑の頭に刺さってグロ画像と化した。今頃入渠して治している頃だろう。「不幸過ぎんだろボケ」とか愚痴ってるかもしれない。


提督「さておき、おしおきだべぇ」

伊勢「ぴぃっ!?」


 そして呆けた状態から先に我に返った提督が、伊勢にマウントポジションを取って今に至る。


伊勢「くっ……殺せ!!」

提督「え? 犯せ?(難聴)」


 優勢に立つやいなや、股間のマジカルチ○ポが臨戦態勢である。沸き立つ魔力、メスを蕩けさせるフェロモンが部屋中に満ち、伊勢の頬が紅潮していく。


伊勢「わぁん!? やだぁ!!」

提督「へへへ、口ではいやだいやだと言ってはいても、下の口は正直だなぁ、伊勢ちゃん? ぬちょぬちょじゃねえか、へへへ……なぁ? 俺にこうして返り打たれて犯されるのはこれで何度目になるぅ?」

伊勢「二十四回!」

提督「うん、この一年間でな。律儀に数えてたんだね君。なんかやりづらいよ君」

伊勢「そんなこといって犯りまくるくせに」

提督「上手いこと言ったつもりか?」


 貴様が言うな。なんにしてもすっぽんぽんに剥かれた伊勢。熟す直前の瑞々しい桃のようにぷるんとした乳房が露わになり、それをぽよぽよと揉みしだかれるうちに、どんどん吐息に艶っぽいものが混じり始める。


伊勢「ぅゆ………ふぁ、ん……ふゅあ……♥」

提督「やったら喘ぎ声かわいーよな君……ごめん、もう入れるわ。こっちもぐちゃぐちゃだし」


 膨らんだ恥丘の内側で、てらてらと輝く女陰がヒクついていた。


伊勢「く、ぁ、ああああっ……こ、これで、勝ったと、想うなよー、ていと、ぅあああああっ♥」

提督「ほほほ、甘露甘露。またいつでも襲い掛かってくるがいい! 貴様が負ける度、俺はこうしてお前を弄んでやるわ!」

伊勢「う、うん! 次はッ、ま、まけな、いっ……はぁああんっ♥ う、うわ、相変わらずおっきいし熱いし太いし長いし……なんでこんな、きもちいーの? んっ、ふぁ♥」

提督「なんだこのノリは――――あっ、出る」

伊勢「ぅああっ♥ ぅう、ゅあ……なかで、だしたぁ……きもちいけど、駄目だよぅ提督……妊娠しちゃうよぅ……」

提督「そしたら俺の嫁さんだな伊勢ちゃん」

伊勢「やぁーだぁー……あ、でも、そしたら日向にはもう手を出さない? だったらいいよ?」

提督「出すけど」

伊勢「じゃあやーだー」

提督(ホントになんだこのノリと雰囲気は? ソフト強姦? なにこれ?)


 提督ですら困惑するこの伊勢には、本当にマジカル的なアレが効いているのかすら疑わしく感じてしまう。

 二十四戦零勝二十四敗の、剣鬼オーラがデトックスめいて抜けると、すっかり素直系武士っ子になってしまう伊勢ちゃんの明日はどっちだ。


【完】
44 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/06(木) 23:01:12.95 ID:Rh2adszO0
※いろいろとキャラを開拓したいという名目で、邪心の導くがままに趣味全開で伊勢を書いてみる。
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/06(木) 23:03:43.03 ID:J1p1EnPrO
もっともっと伊勢を書いてどうぞ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/06(木) 23:10:36.64 ID:ztNapJ8A0
欲を言うなら初期の即堕ちのリメイクを希望
現在と比べて文字数が少なすぎて泣ける
47 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/06(木) 23:12:49.48 ID:Rh2adszO0
>>46
一周目が終わったらアリだと思ってんだ。深海勢も入れてな。今は駄目
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/06(木) 23:20:59.09 ID:8Cjm1Xw9O
伊勢ちゃんもっと書かないの?
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/06(木) 23:29:03.08 ID:YpS8EUw8o
伊勢ちゃんは可愛いなあ
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/06(木) 23:37:28.84 ID:C3/JvACdO
これは日向の時と同じく伊勢でも長編を書く流れかな?
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 01:33:28.45 ID:q/MAJOkA0
即堕ち時空と通常時空のキャラ同士がシンクロしたりコラボしたりすれば、




……単に2倍エロくなるだけじゃった
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 06:35:43.59 ID:e1u6722aO
>>51
谷風、雷で9出せば可能かもしれんぞ
自体が悪化するかもしれんが
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 07:19:23.43 ID:IWn7eWaSO
>>46
えっお前リメイクだけでいいの?
54 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/07(金) 22:15:46.34 ID:nGfIf8dp0

【本日の即堕ち二コマ艦娘〜神威〜】


【before】

 モニターの前の皆さん、私です。あるいは初めましてになるでしょうか、神威(かもい)と申します。

 この度、このマジカルチ○ポ鎮守府に着任と相成り……やはりこの呼び方はどうかと思うんですよね。

 世間ではマジカルチ○ポ鎮守府などと卑猥な呼び方をされ、提督に至っては「あの提督マジチ○ポ」とか罵倒されているようです。

 ですがこの神威、先入観や思い込みで判断するのはどうかと思うのです。

 先入観を持って人に接すれば、即ち相対する人の本質が見えてくることは決してありません。

 神威は神威として在るのみ。一日も早く立派な補給艦として認められ、艦隊の皆さんと共に海の上を征けるよう、精いっぱい頑張って行こうと思います。

 まずはお近づきのしるしに、皆さんに神威の料理を賞味していただこうと思い、こうして厨房をお借りしています。


神威「カモイゴハン! 熊の心臓焼いちゃいましたッ!」


 皆さんの注目の中、生け捕ってきた熊の心臓を抉り取って――――見事に串焼きにして見せました。ふふ、今日は大奮発です。


提督「返り血塗れの顔面でなんて笑みを見せやがんだおまえは……神威、貴様は艤装より先に脳味噌を近代化改修する必要がありそうだな」

神威「えっ!? そんな!? 神威、頑張りますよ!?」

提督「連邦軍よろしく頑張り過ぎだ……(集積地棲姫とか襲わせたらとんだスナッフビデオが撮れそうだな)」


 提督以外が近づいてこないんですが、どういうことでしょう。球磨さんや筑摩さんに三隈さんは何故か物陰から怯えた目で見てきますし、阿武隈さんと熊野さんに至っては失禁している始末です。


神威「じゃ、じゃあこれです! 駆逐艦の皆さん! ウサギのシク(目玉)は、いかがですか? 先着二名様までですよー?」グリュッ、ブチィッ

卯月「そ、それ以上こっちに近寄るんじゃあねえぇええええええ!! 五連装酸素魚雷を喰らわすぞゴラァ!!」

潮「」チョロロロロロロ

漣「ギャーーーー!?」

朧「戦略的撤退ィィイイイイ!!」

雪風「あ、あわ、あわわ……あ、脚が震えて、う、ごけな……しれぇ、たすけて! しれぇ!! しれぇえええ!!」

神威「あ、あら? じゃあ雪風ちゃん? シュー(お鍋)はいかが? 特別に脂の乗ったカワウソの頭の部分は雪風ちゃんに――――」

雪風「ビィーッヴァァーーーーッ!?」


 名状しがたき奇声を上げて、雪風ちゃんが急に横になってしまいました。おねんねかしら?


提督「ひょっとしてワザとやってんのか貴様」モグモグ

曙「なんつーヤツがウチに来ちゃったのよぉ……って、クソ提督? アンタ、何食ってんの?」

提督「熊の心臓の丸焼き」ガツガツ

曙「ウッソだろオメー……」

提督「オメーっつったかオマエ。昔に心臓をスライスして焼き肉風にして食ったことがあるんだが……かなりイケるっつーか、こっちの方が好きかもな」

神威「まあ……!!」

提督「ザ・肉っていうか、歯ごたえがゴリッていうかゴリュッていうか……肉汁滴っててかなりウマいぞこれ?」ガプッ、ゴリュッ

曙「ウッソだろおまえ……」

提督「ヒンナヒンナ。でもちょっと味の変化にコショウつけて喰いたいね。わさび醤油とか香草ベースの辛タレや、味噌だれもいいかも」ガツガツ

天龍(意外とウマそうに見えてきた……いや、ウマいんじゃないか、あれ?)ゴクリ


 提督はイケる口ですね。やっぱり先入観で接するなんてそんなことですね。良い人みたいです。

 でもみんなには不評そう……熊もウサギもカワウソもお嫌いだったのでしょうか。
55 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/07(金) 22:20:29.22 ID:nGfIf8dp0

【after】

提督「ごっそーさん」

神威「はい! お粗末様でした!」

提督「堪能した矢先にダメ出しするが、じゃがポックルとか買って来いよせめて……野生動物を仕留めて即解体ショーで艦隊デビューとか、俺の鎮守府を恐怖支配しに来やがったのか? 罰としてその立派なノーブラのチチタプ食わせろ」

神威「チタタプですし、そもそも神威の乳は食べ物じゃないです」

提督「んじゃ、お近づきのしるしに――――俺と一緒にホパラタしないか?」

神威「え? 今からですか? あんなことしなくても熊ぐらい素手で一撃ですけど」

提督「まぁそう言わず。俺のホパラタ超スゴいよ。熊が泡吹いて死ぬ」

神威「そこまで仰るなら……では行きましょう」

曙「え? えー!? あ……行っちゃった…………ねえ、ホパラタってなに? アイヌの単語っぽいけど、誰か意味知らない?」

球磨「ホ(陰部)パラ(拡げ)タ(打つ)。そのまんまだクマ。男ならち○こさらけ出して着物パタパタさせて、女なら後ろ向きに裾をまくってパタパタしてあそこを敵に見せつけるんだクマ」

曙「なんの呪いよそれは(そして何故知ってるの球磨さん……?)」

球磨「実際呪いだクマ――――アイヌって民族は、性器に絶大な魔力が宿ってると信じてるんだク……ん?」

曙「そっか……色んな民族がい…………ん? 魔力?」

曙・球磨「「…………あっ(察し)」」


 曙と球磨が察した頃、所変わってここは山。

 やあ、ナレーションさんだよ。ナレーションするよ。なんで神威視点じゃなくなったって? 君は実に馬鹿だな。


神威「ゃあっ、そんっなっ♥」

提督(やっぱこのオッパイスゲー。この弾力、柔さ、張り……最高かよ)


 神威にそんな余裕がなくなったからに決まってるだろ。

 神威は見た。山に入って程なく、目当ての獲物と遭遇したのだ。北の大地に住まうキムンカムイに勝るとも劣らぬ大物。激戦の予感を感じ、一人臨戦態勢に入る神威だったが、まるで散歩にでも出かけるかのような足取りで、提督は熊へと歩み寄っていく。

 絶句する神威、威嚇する熊――――しかし提督は一切臆することなくズボンのジッパーを下げて、それを露わにした。


提督「ピリカノ・ヌカル(とくと見るがよい)」

熊「ぐまぁッ」

神威「!?」


 ジーッ、ブルンッ―――熊は即死した、スイーツ。

 提督は呆気にとられる神威に向き直り、そのそそり立つ穢れたバベルを突き出す。


提督「しゃぶれ……」

神威「な、なに、を……?」

提督「目の前に……あるだろう……? お前の神が」

神威「な、な、な……(何言ってるのこの人……!? で、でも、なんで目が離せないの、私……!?)」


 胸の強烈な高鳴りは、宣言通り熊を即死させたホパラタへの驚愕か、あるいは確かな神秘を備えた提督のに畏怖してのことか―――いいえ、発情です。夢も希望もありゃしねえ。


神威「ぁ、あああああっ♥ て、提督のぉっ♥ チエッ♥ しゅごいっ♥ しゅごぃひぃいいいいいいいっ♥」


 かくして強制おしゃぶりの後、貴重な神威の希少な処女は儚くも散っていったのである。


神威(イレスカムイのようなひと……♥)


 上の口でも下の口でも白濁液を滴らせ、微睡む様に快楽に沈んでいく神威。マジカルチ○ポを神の如く崇拝する神威教の始まりは、本日この場より始まった。

【完】
56 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/07(金) 22:21:07.37 ID:nGfIf8dp0

※前置きの ほうが 長い

 こんなこともあろうかと、アシリパさんとヒンナヒンナ(意味深)するために勉強しておいたが、意外なところで役に立つなァ(大嘘)

 期待していた神威がアイヌ語話さないわ「かもかも」言わないわでがっかりしたので那珂ちゃんのファンやめます
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 22:31:00.33 ID:IWn7eWaSO
洋食つくりそうな神威だった
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 22:31:16.56 ID:N8CJaYs8o
あれ?伊勢は?
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/07(金) 23:01:06.40 ID:q/MAJOkA0
何でだろうな、エロさ云々よりも色々と知らない知識を身に付けて頭が良くなってしまった気がするんだが
イッチの博学ぶりはマジで何やねん
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 07:00:54.46 ID:CBujk9c1o
アマでも物書き長く続けてると妙な知識が増えて行くものなんだ
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 07:16:11.77 ID:wI9PcmnSO
ゴールデンボールカムイ
62 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/08(土) 07:36:35.10 ID:IL5YgL9y0
※あたしはフツーと言い張る時津風をフツーに夜戦で即堕ちするとして、次の即堕ちを先に決めよう

 余裕があれば舞風編の導入部分と演習部分と、あと初春型コンプを投下したいところ

 >>63-65
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 07:37:58.19 ID:NZ9bxhiio
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 07:48:26.07 ID:ibcXeoCJO
速吸
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 07:53:51.50 ID:LHoBALFaO
川内
66 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/08(土) 07:56:12.25 ID:IL5YgL9y0
※潮はマジカルマ○コ持ちで本当に魔性となって草も生えない
 川内は陵辱ね
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 08:00:51.37 ID:LHoBALFaO
あっ……
ニンジャゆえ致し方なし
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 08:23:33.24 ID:9MP+VxgbO
>>66
これは魔性の潮を本編に登場させざるを得ないw
69 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/08(土) 08:29:17.87 ID:IL5YgL9y0

【19を即堕ち時に引いた場合】

 19を引いた艦娘が本編で選ばれると、マジカルマ○コを最初から有している上で、選択された際のレス末尾によって特典が発生します。

 『駆逐艦・潮』の場合、以下の通り。


【0,2,4,6,8】これが……これが淫乱化改装……って……えっ(マジカル末尾)・・・潮がマジカルアナルとマジカルフェラとマジカル手コキを習得。

 基本的に描写がエロ重視になって、潮とのえっち時はナレーションさんが魔性に呑まれてエロ実況特化するか「こんな卑猥な奴らと一緒にいられるか!」ってな具合にどっか行く。


【1】仲間を傷つけるのはだめです!(異能強化末尾・潮特殊)・・・獣の槍に選ばれた斬魔駆逐艦・潮となり属性マシマシ+マジカルマ○コAct2を習得。

 大破しても時間経過で体力自動回復、全ステータスの上限が解放される才能限界突破、練度上昇促進。影分身覚えたらもう手に負えない。

 鬼・姫級に対する即死効果というクッソチート。普段受け身の潮だが獣の槍を使いすぎると帰投後に「けもの」になり、提督に逆レイプを仕掛けるようになる。陸奥とは絶対混ぜんな危険。


【3】あのぅ……新しい艦が……そのぅ……(マジカル感染末尾)・・・追加安価。【本編で未選択】の安価対象。再び本編で安価した際に選ぶとマジカルマ○コが付与される。

 既にマジカルマ○コを持っている子に重複するとマジカルアナル+マジカルフェラ+マジカル手コキを習得。


【5】あっ、お友達がいっぱい……うれしい……えへへ(複数プレイ末尾)・・・潮の場合、第七駆逐隊(朧・曙・漣)が着任する。

 処女喪失後に5Pプレイを本編で。本当の(竿)姉妹となる。第七駆逐隊の練度上昇+提督好感度上昇極大。


【7】てぃーとく、とってもすごい艦娘が、できたみたいです! (マジカル譲渡末尾)・・・追加安価。【本編で選択済み】の安価対象にマジカルマ○コが付与される。

 現時点では五月雨・秋月・響・阿武隈・千代田・朝潮・舞風・イムヤ・熊野・五十鈴のいずれかがマジカルマ○コに!

 その安価で潮・谷風を選ぶとマジカルマ○コAct2へ進化。


【9】海で拾ったんですけど、たぶん……てぃーとくへのお手紙、かなって……(ある意味地雷)・・・潮が『別時空提督召喚プログラム』を拾ってくる。潮ォオオオそいつを捨てろォォォオオ

 召喚する相手にもよるが、概ね「戦う(能力を2〜3つ奪うか奪われるか)」か「仲魔にする(チ○ポ借りてNTRプレイとか)」か「能力をカツアゲする(能力を1つ奪う)」か選べる。本編でのお楽しみ。


【ゾロ目】末尾数値(0〜9)判定し上記のボーナス効果が増幅したりプラスアルファだったりのお楽しみ。
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 09:24:45.99 ID:xaB27cGKO
前のイベントで来たばかりの娘も魅力的に仕立ててる
本編も即堕ちも待ち遠しい
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 15:27:28.75 ID:NZ9bxhiio
自分で安価取っておいて気付かなかったww
やっべ、オラワクワクしてきたぞwwwwww
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/07/08(土) 19:09:34.24 ID:zwwQ3YwU0
時津風の扱いが適当すぎて笑った
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 19:28:57.31 ID:kUMt5AeDO
>>72


いや〜…




完堕ちした陽炎型を見ながら、暗黒面に堕ちる時津風…
興奮するじゃない…?
74 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/08(土) 21:57:03.63 ID:IL5YgL9y0
>>72-73
 答え合わせの時間だ
75 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/08(土) 22:03:36.52 ID:IL5YgL9y0
【本日の即堕ち二コマ艦娘〜時津風〜】

【before】


 ここは陽炎型姉妹が住まう駆逐艦寮の、陽炎型姉妹に割り振られた大部屋―――だった。かつてはね。今は、


時津風「―――広くなり申したな」

初風「…………」


 今や時津風と初風を除く全員が個人部屋に移った。

 非処女と化した陽炎型の駆逐艦娘の超淫蕩で超卑猥な空気に耐えきれず、陽炎型処女たちは部屋を逃げるように出て行った。

 非処女たちも空気を読んだのか、あるいは提督を連れ込んでしっぽりぬちょぬちょヤるためか―――きっと後者だ―――各々が一人部屋に住まいを移していった。

 残ったのは時津風と初風の持ち物と、姉妹会議で用いる円卓のみ。

 時津風はどっかの特務機関の司令よろしく机に肘をつき、組んだ指先の下に鼻を据えるポーズを取って、恐ろしく暗い表情で思案に耽っている。

 その背後で、何と声をかけていいのか分からぬと言った表情で、冬月てんてーの如く佇むのは初風だった。


時津風「フツーって………なんだ?」

初風「」


 時津風の『普通』はゲシュタルト崩壊を起こしかけていた。

 別に時津風は『普通』でありたかったわけではない。だが時津風は自分のことを『普通』だと思っていた。信じていた。疑う余地もなかったのだ。

 しかし半数以上が非処女となり、


萩風『司令のチ○ポいいよね』

嵐『いい……』


 などと言った同調圧力にさらされていた先日から、時津風はそればかりを自問自答する。


時津風「ねえ、初風……あたし、フツーだよね? フツー……ちょっと真面目に考えてみてくれない? マジでマジで」

初風「え? えっと…………」


 初風はその言葉に、顎に手を当てて考えを巡らせ始めた。

 艦種は駆逐艦―――普通だ。工作艦でも揚陸艦でも潜水母艦でも海外艦でも、まして鬼畜メガネでもない。

 陽炎型の10番艦―――普通だ。19人いる姉妹で丁度真ん中あたりである。

 レアリティはスーパーレア―――普通だ。7段階のレアリティで4番目という普通さ。


初風「!?」


 このあたりで、初風も嫌な予感を感じた。だが、考えはどんどんと加速していき止まらない。

 性能――――普通だ。Wikiにすら「意外にも能力値には特筆すべき特徴が余りない」とか書かれているのである。いじめかよ。

 容姿――――普通だ。そもそも美少女揃いの艦娘の中で、普通に美少女である。これはしゃーない。

 スタイル――――普通だ。特に発育が良いわけでもないが悪いわけでもない。やや腰回りから尻にかけて『まろ味』があるというぐらいで普通の範疇だ。

 ドロップ率――――普通だ。時津風はウチの艦隊にいない? それは幻覚だ。モルダー、貴方疲れているのよ。



初風(い、言われてみると恐ろしく普通だあッッッ!!)



 初風は気づいてはいけないその真実に、とうとう辿り着いてしまった――――なんせ初風はツチノコ呼ばわりされるほどの【普通ではない子】なのだ。

 


76 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/08(土) 22:06:57.01 ID:IL5YgL9y0

時津風「フツーだよね? あたしフツーだよねえ? かげろー型の半数がしれーにあひんあひんされてて、まだ手を出されてないけど、あたしフツーだよね?」

初風「ッ!?」


 何と答えるべきか、初風は迷った。『普通』と答えるべきか。何処もおかしいことなどないのだと。処女であることは普通なのだというべきか。

 『普通ではない』と答えるべきか。その上で、普通じゃないというのは変という意味じゃなくて、むしろ良い意味で、といったフォローを入れるべきか。

 そもそも時津風はどちらでいたいのだろうか?

 普通でいたいのか、いたくないのか。

 それが初風には分からない―――――時津風の問いを聞けば、それこそ『普通に』考えれば『普通』と答えるのが正しいように思える。だがそれが本当に正しいのか分からない。


時津風「………何も言ってくれないんだね、初風」


 乾いた笑みを浮かべた時津風は立ち上がると、ふらふらとした足取りで部屋の出口へと向かって行く。


初風「!?」


 このまま行かせてはならない――――そう思った初風は、更に思考を加速させる。

 普通か。

 普通ではないのか。

 どちらを言うのが正解なのか。

 時津風がドアノブに手をかけた、まさにその時だった。



初風「ふ、普通、よ…………」



 逡巡する思考を堂々巡りさせた初風は、搾る様にそれだけを告げた。

 恐る恐る視線を上げて、時津風の様子をうかがう。

 時津風はゆっくりと振り返り、


時津風「そっかぁ……時津風、フツーなんだぁ。うれしいなぁ……うれしいうれしい」

初風「と、時津風……!!」


 時津風はほほ笑んだ。その表情に、初風もまたホッと息をついて口角を上げる。

 初風は提督に秘かに恋焦がれていたが、最近の乱痴気騒ぎで愛憎入り混じった憎悪を燃やしていた。

 そんな彼女が正気に戻ったのは、思考の迷宮に囚われ惑い、俯き落ち込む時津風の姿があったからだ。

 親友であり、同時に大切な妹でもある時津風―――その彼女が浮かべた笑みに、初風は頬をほころばせて、二人で笑い合う。










時津風「じゃあ、今から時津風、しれぇのところに行ってくるね――――――『フツー』に処女膜ブチ破られて、『フツー』にアヘッてくるね!」

初風「」


 そして初風は――――選択を誤ったことを、悟った。
77 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/08(土) 22:10:31.76 ID:IL5YgL9y0
【after】

提督「――――入れるよ」

時津風「ぅ、んっ……んっ、んんぅうう♥」


 ベッドに四つん這いになった時津風は、こうして処女を散らした。

 幼い容姿に小柄な体躯をした時津風は、意外なほどにボリューミーな尻を持っていた。

 その尻を揉みしだかれながら、背後から巨魁に突き上げられるたびに、時津風は背筋を逸らして嬌声を上げる。

 腰が打ち付けられるたびに波打つようにたぷんと揺れる尻、白い背中に浮かぶ汗は熱く、官能の悦びに満ちていた。

 提督の腰の動きに合わせて、くねくねと腰を振る時津風の表情はとろけ切っている。実に心地良さげに涎を垂らしていた。

 粘り気のある湿潤に満ちた膣を懸命に締め付け、肉棒に膣襞を絡みつけながら、時津風は問う。


時津風「ね、ねぇっ♥ し、しれーっ、しれぇっ♥」

提督「何?」

時津風「と、時津風のっ、ナカっ♥ ど、どう? き、きもちー?」

提督「うーん………」

時津風「ぅ……ゎう」


 押し黙る提督に不安を覚えたのか、シュンとする子犬のように頭を垂れる時津風に、提督は思いついたように笑みを浮かべ、


提督「――――――フツーだな。フツーに名器。締め付けも襞の数も絡みつきもフツーに極上。フツーにきもちいいよー」

時津風「ふっ、フツーなんだっ♥ そっか、あはははっ♥ そっかぁ♥ やったぁ♥」


 フツーっていうのやめろォ! なんか超物哀しくなってきた! フツーに名器ってなんなんだよそれェ!?

 時津風の膣形状は締め付けが適度で襞が異常ではない程度の長さで、量はちょっぴり多めで、絡みつき具合についても極めて名器なんだよォ!

 そもそも名器なんてのは男側の感じ方一つであり、襞系の絡みつき具合を良いという男もいれば、ぎゅうぎゅうの締め付けを良いという男もいるのだ。

 そういう意味では時津風はどっちにも対応できるいわば万人向けの名器であるから――――あれ?



 フツーって……なんだ?



提督(説明しよう。神の目線にして絶対の平等者たるナレーションと言えど、この即堕ち時空の異常性に脳味噌をやられてくると『フツー』という定義を見失っていくのだ)


 ……うん、そうだな。フツーだよな。フツーフツー。フツーっていいよね。


時津風「ときつかじぇもっ♥ ふ、フツーにっ♥ き、きもちーよっ♥ ふ、ふつーに、ふつーにっ……♥」


 そうだね。マジカルチ○ポって気持ちいいもんね。こんなの入れられちゃったらフツーにアヘるよね。うんフツーだ。フツーフツー。


時津風「ふつーにっ、アヘるからっ♥ い、イッちゃうからぁっ♥ あはっ、あはははっ、あはは……♥」

提督「ははは、時津風は可愛いなぁ―――――じゃあフツーに膣内射精するね?」

時津風「っ………み、みんなも、そうなんだよ、ね?」

提督「ん?」

時津風「み、みんなに、出したんだよ、ねっ♥ フツーだよね、それって、フツーだよねっ♥」

提督「――――もちろんさぁ。フツーフツー。あ、イく」

時津風「ふぅぁああああっ♥ わぅっ♥ わふぅっ♥ んぁ…………♥」


 かくしてフツーに膣内射精キメられたフツーの時津風はフツーにアクメ決めてフツーにアヘ顔さらしてフツーにダブルピースしてフツーに精液股間から滴らせながら寮に戻り、フツーに非処女艦娘達と同様にフツーの個人部屋にフツーに引越ししたのである。


【完】
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 22:12:48.06 ID:gF9dsilSO
鬼畜メガネ? 霧島かな?
79 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/08(土) 22:12:48.59 ID:IL5YgL9y0
※書いてて頭おかしくなるかと思ったが、>>1はフツーだよ。フツーだから。フツーフツー。

 他のSS作者さんたち? 変わってるよねー? >>1? >>1は……フツーじゃん?
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 23:28:22.98 ID:i/oh+3CA0
毎回イベントのたびに大量に捕獲する羽目になるんだよなこの子
「しれー」
「ねーねーねーってばー」
「あーそーべー」
「かーまーえー」
「まーだー?」
「しれええええええええ」
うるっせえええええええええ

>>1はフツーじゃないと思います(良い意味で)
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/07/08(土) 23:29:18.90 ID:zwwQ3YwU0
フツーに素晴らしい
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 23:59:34.13 ID:/VZslVFs0
初風が>>76で選択を誤らなかったらどんな姫初めになったんかな?
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/08(土) 23:59:36.31 ID:cB0UcyrA0
時津風はフツーに可愛い
陽炎型の最後の一人は誰になるか?
84 : ◆9.kFoFDWlA [sage saga]:2017/07/09(日) 00:34:12.20 ID:IwCQ5WCT0
>>82
どっちも間違い。回答は二択しかないと錯覚した初風の落ち度という救いのない話である

『良い意味で普通じゃない』と答えた場合、こうなる↓


 時津風がそんな初風の説明に「ほうほうふむふむ」と納得した直後のことだった。


提督「颯爽登場! マジカルチ○ポ提督!」

時津風「!?」

初風「!?」

提督「フツーじゃないぐらい美しい駆逐艦だ! 俺の寵愛を受ける刺客は十分ある!」

時津風「ふ、ふぇっ……♥」


 こんな感じで最後のガラスをブチ破って登場したユダ様風味の提督に時津風は拉致られ、ベッドでズブリ。


時津風「あたしはフツーじゃないんだから、しれーのチ○ポに感じてなんか……♥」

提督「でも、気持ちいいんでしょう?(小テレフォンショッピング感)」

時津風「う、うぅー、ぅー……♥」

提督「逆に考えるんだ時津風。フツーってことはフツーじゃん? これで非処女になってフツーじゃん? お姉ちゃんや妹らの仲間じゃん?」

時津風「……! そっかぁ! 時津風はフツー! んぁっ♥ しれー、あったまいい!」

提督「はははそうだろうそうだろう。頭もいいがチ○ポもいいだろう」

時津風「ぅ、うんっ♥ しれーはとっても頭とチ○ポのいいおかたっ……♥」


 っていうウルトラ頭の悪い展開になっていただけ。このチ○ポでイチコロというわけよ。


 初風は『時津風は時津風』と答えるべきだった。
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 08:02:03.21 ID:i6yzYbLSO
時津風はフツーにかわいい
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 09:01:14.42 ID:gtjluN5A0
でも不通ではなくなりましたよね?
後ろを守り続ければ不通のままだが、時津風は普段からアナル尻尾を付けているのでいかんでしょ
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/07/09(日) 21:18:50.75 ID:o75KLUYS0
神威はむっちゃエロくなると思ったんだが、その前のインパクトがすごい
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 08:28:52.81 ID:/7LYGB6SO
あの鎮守府の提督、マジでチ○ポ
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 18:36:36.20 ID:yX26+anGO
三連休で最初から読んでやっと追い付いたわ……
すげえエロくて好みなんだけど、話が脱線しまくるのとギャグテキストの当たり外れが大きすぎるのなんとかなんねーかなー
90 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 21:14:57.77 ID:Q/nf6/uq0

【本編幕間(と言う名の舞風編・前哨戦):六人揃った】


五月雨「ので――――全員の膣の具合を確かめましょう」

響「なにが「ので」だ? いきなりブッ込んでくるね、五月雨」

秋月「な、な、な、何がっ、何がどうしてそういう話になるんですっ!?」

阿武隈「えっと……言葉を選んで言うけど……五月雨ちゃんってひょっとして頭おかしいの?」

千代田「阿武隈は今更そう思うの? 私の時は最初からブッ飛んでたんだけどね」

朝潮「???」

五月雨「まあ、聞いてください。私にいい考えがあります」

響「どんな愚策だい? 言うだけ言ってみてくれ」

五月雨「ひどい!? …………さておき、これから鎮守府にはどんどん艦娘が増えていくわけです」

響「そうだね。私たちがそう仕向け―――――ああ、そういうことか」

秋月「え? もう理解したんですか!? 私には全然わからないんですが!」


 これは秋月の察しが悪いというわけではなく、響の頭の良さの方がシャレになっていないのである。流石の理解力であった。


響「共犯者として、互いの武器を知っておかないと――――ということだよ。司令官の反応も合わせて知っておきたいな」

朝潮「―――――朝潮にも分かりました! より司令官に可愛がっていただくために、戦術共有ということですね!」

千代田「あ、あー……そういうこと……?」

五月雨「そう、それです!」

秋月「な、な……な……」

響「やれやれ……まあ、愚策と言う程でもないが、君も少し言葉を選ぶべきだと思うよ、五月雨」


 響は呆れた表情で深く吐息を吐きつつ、内心ではまるで別のことを考えていた。


響(前置きで――――六人揃ったから、と五月雨は言っていたな。成程、確かにこの時がいい。侮れないな)


 この六人がこれから艦隊の最古参として動いていく。

 軽空母一隻、軽巡一隻、駆逐艦四隻という編成。

 艦種だけを聞けば、火力にやや不安が残るところである。日々練度を上げていく彼女たちは、既に己が艦種としてのスペックを一部上回っている者もいた。


 だが、それはあくまでも現時点だ。

 戦艦や正規空母が加わればどうなるだろうか?
91 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 21:21:33.90 ID:Q/nf6/uq0

 つまり、この主力メンバーは今後、どうとでもメンバーが変わっていく可能性がある。


響(それ故に……それを正直に言ったのが素晴らしいよ、五月雨。君は信用、いや、信頼できる。私の信頼を勝ち取った。初期艦とはそんな腹芸も仕込まれるのか?)


 だからこそ、響は五月雨の発言を重く見た。先を読めば読むほど、これは重要になっていくだろうという確信を得たのだ。


響(阿武隈さんと千代田も少し引っかかっているようだが、すぐに気づくだろう。秋月は実直過ぎて恐らく分かっていない。朝潮は……そもそもそんなジャンルじゃないか)


 何気にセメント発言の響の内心であるが、それはそれで好ましいと感じるのもまた本心である。


響(これから艦娘は増えていくだろう。劇的に増えていく。だが、その中に相容れぬ者がいることもある。これは避けられない。組織というのはそういうものだ)


 何もかも仲良しこよしでやっていけるわけではない。向かう方向は同じでも、必ず思想や手段の違いというものが出てくる。

 軍という体質を考えれば、それはおのずと見えてくる。提督という頭を据えればそれがまとまるかと言えば、もちろん違う。

 ましてこのマジカルチ○ポ鎮守府の提督は元一般人、軍人としては素人である。

 必然的に艦隊指揮や運用などは、初期艦たる五月雨に頼らざるを得ない。

 つまり、軍人としては素人なのだ。これから艦娘が増えて艦隊指揮を行う上で、必ずそこに五月雨や響、そしてこの場の他の四名らの指図が入り込む。

 艦娘達を平等に運用しようとしたところで、必ず不満は出てくる。


 ――――訓練の質や量。出撃の頻度。休暇。福利厚生。そこに差があると思うものは、必ず出てくる。組織とはそういうものだ。

 待遇が違うと感じる。

 隣の芝生は青く見えると言う。そしてしばふは芋く見える。誰だそんなこと言ったの。


 さておき、それは不満となる。目に見えずとも溜まっていき、いずれは噴出する。

 それは誰に向かう? 多かれ少なかれ提督にも向かうだろう。そして、この場の六名には必ず向かう。


響(私たちよりも遥かに優れた艦娘が現れることもあるだろう。だが、それが一概に司令官の安全に繋がるとは限らない)


 響の提督の安全に対する懸念は以前にも語った通りだ。

 むやみに己の力を誇示しようとする者も出てくる。それは今の鎮守府にとっては害以外の何物でもない。

 だが、それが五月雨たちより弱いならばいい。弱いうちはいいのだ。しかし、


響(そんな艦娘が、提督に寵愛を受けるようになったら――――これは拙い)


 五月雨らと立場が逆転し、鎮守府の運営に指図できる程の力を得てしまったならば――――どうなる?

 その時に強くなっていればいい。大本営ですら口出しできないほどに強ければいい。

 そうならなかったときが、拙すぎるのだ。

 だからこそ、響は五月雨の提案をすんなり受け入れ、むしろ感心した。


響(少なくともこの場にいる人達を、私は信頼している)
92 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 21:24:29.93 ID:Q/nf6/uq0

 提督の持つ異能、マジカルチ〇ポ。その危険性、今後起こりうる事態、そしてそれらに如何にして対処するか、安全のためにどうするべきか。


響「―――――みんな、改めて話がある。今の五月雨の提案についてだが……」


 その後、六人で深く話し合った。

 今後着任する艦娘にも同様に話をしていけばいい……などという単純な問題ではないのだ。


 「だったらどんどん出撃を増やして強くなればいい」とか。

 「これ以上艦娘を増やさないで行こう」とか。

 「提督に抱かれるのは限られた者だけにしよう」とか。


 艦娘が増えて行けば、どんどんそんな意見が出てくるだろう。

 最悪なのが、千代田の時に起こりかけた事態――――真実を知った上で、他の鎮守府に異動を希望される。現状ではこれが一番まずい。

 中には大本営に報告すべきだ、などという輩もいるかもしれない。提督のマジカルチ○ポを嵌められたらそんな発想は起こらなくなるが、そうなる前にそうされたら最悪である。


響「――――大淀と明石と間宮と伊良湖は、しばらく提督に抱かせないようにしよう」

五月雨「大淀さんの司令部や明石さんの工作艦としての技量、間宮さん伊良湖さんが、どんなふうに成長するのかも確認したいですが……致し方ないですか」

千代田「そうね。でも、何かの拍子で提督がズブリと犯っちゃう可能性はあるわよ?」

朝潮「それは私と秋月が引き受けます! 提督の貞操は、この朝潮が最後まで守り抜く覚悟です!!」

秋月「…………」


 凄く何か言いたそうなんだけど何とも言えない表情で朝潮の方向に手を伸ばしかけて引っこめる秋月であった。


響「うん。よろしく」

五月雨「よろしこ」シュッシュ

千代田「その卑猥な手つきやめなさい五月雨」

阿武隈(安心なんだけど不安しかないっていう、この矛盾に満ちた内心はなんだろうねー)


 阿武隈の懸念も最もであった。あくまでもその場しのぎでしかなく、先を見据えて立ち振る舞うにもリスクが伴う。

 ハッキリ言ってしまえば、提督とズコバコしてるだけで強くなるのだが、それ自体がリスクとなってきているのだ。

 千代田の時には未然に防げたそれが、今度は防げない可能性すら出てきている。


 ―――先日、マジカルチ○ポ鎮守府には憲兵が着任してしまった。これが面倒であった。
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 21:26:20.54 ID:rp5ipmZgO
初心な秋月ちゃんほんとすこ
94 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 21:33:18.53 ID:Q/nf6/uq0

千代田「しかも糞真面目そうなのがね……提督とは今のところ友好的だけど、いずれ勘付いて決裂するのが目に見えてる」

阿武隈「有難いんだけど有難くないですよね……この状況だと。せめて、せめて後一ヶ月……ううん、二週間でも後に来てくれてれば……!!」

秋月「どうなんです?」

五月雨「流石にそれは…………私だってあれこれ手を回して理由つけて、なんとか昨日着任に抑えたんですよう……」

響「いや、五月雨はよくやってくれたよ。これ以上を望むのは贅沢だ」

朝潮(むずかしいおはなし! あさしお! にがてです!! もっとべんきょうします!)


 やや大潮化した朝潮はさておくとして、所謂ブラック鎮守府の横行を防ぐため、憲兵は必ず世界各地の鎮守府に着任している。

 憲兵は艦娘らの規律を見張る役目もあるが、艦娘達からの訴えを聞くことも職務に含まれる。

 その訴えが正当なものであると判断した上で、提督に明らかなる非があるという条件が揃えば、提督がいかなる者であろうとも本来の階級を越えた権能を行使できる。

 艦娘の異動希望などがそれだ。艦娘が己の意志でそれを希望したならば、提督は断ることができない。潜水艦に対するオリョクルが横行していた時期に定められた規律だ。

 艦娘の人権が改善の傾向にある現状、提督は無論、憲兵自身すらそれを無視することはできない。

 こうして向かう方向が同じでも、手段や思想が異なる個の集まり――――派閥が出来上がる。

 既に響たちはそのことを話し合い、所謂ハーレム路線に舵を取ることを決めている。

 ただし、あくまでも自分たちが一番寵愛を受ける側としての前提から成り立つものだ。

 仮にそれが崩れたとしても、新たに寵愛を受けるものが自分たちの思想を引き継いでくれていたならばそれで良い。

 全ては、提督の安全のために、だ。

 それが確保されていると確信を得たならば、方針そのものが変わる可能性すらある。それは響も五月雨も、誰も否定しない。


響「だが、今は駄目だ。私たちはまだ弱い!」

五月雨「力をつけるときでしょうね。個々の力も! 艦隊としての力も! 手も足りない!」

千代田「私としてもノウハウが足りないわ。フツーの鎮守府じゃ、最初の軽空母が千歳型なんてありえないからね……先輩がいないってのはキツい。鳳翔さんや龍驤、鳳姉妹は凄いよホントに。艦載機運用は、実践を通じてモノにしなきゃ」

阿武隈「ここには長らく秘書艦を務めたとか、前線で旗艦を務めたとか、そんな実績を持つ者がいませんからね」

朝潮「実績はこれから積み上げていきましょう! 誰だって、最初の練度は1なんですから!」

秋月「(ツッコミを入れたい)……前途多難ですね。対空訓練に、もっと力を入れなければ……千代田さんとの連携はもちろん、水雷戦隊としての鍛錬も」


 軍艦として在った頃であれば、特に阿武隈がそうだろうが、艦娘として顕現している現在は違う。
95 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 21:38:28.50 ID:Q/nf6/uq0

 ならばこそ、彼女たちに必要なのは――――。


響「他所の鎮守府を相手に―――――演習を組もう。学ばせてもらうと同時に、私たちも試すんだ。色々とね」



 響の言葉に、五人の艦娘達は頷いた。ひとまずの方針は決定した。

 故に――――。



五月雨「行きましょう」

響「……ぅん、行こうか」

秋月「い、行きます」

阿武隈「う、うん。い……行きましょ」

千代田「ッ……行くわ」

朝潮「行きます!」








六人(――――提督(司令官)に膣内の具合を比べて貰いに……!!)



 演習を組むのはまず連絡を入れて返事待ち。その間に彼女らは、自分たちの武器を提督と言う何にも勝る測定器を相手に試しに行く……否、イくのだ。

 そういうことになった。

 響と千代田は羞恥のためか、やや耳が赤い。朝潮は平常運行。五月雨はいつだって発情している。

 秋月と阿武隈は顔面赤疲労状態であった。

 なぁに、すぐに赤絶頂状態になり、提督の野生は赤信号になるという寸法よ。
96 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 21:58:26.00 ID:Q/nf6/uq0

………
……


 そんなわけでやってきました執務室。

 提督は五月雨たちの申し出を快諾し、最寄りの別の鎮守府に演習の申し入れを行った。

 響から手渡された艦隊のメンバー資料を暗号通信で送付した上で、現在は返事待ちである。


五月雨「というわけで、提督のチ〇ポの先に、超小型の特殊カメラを取り付けさせていただきました」

響「明石が一晩で作ってくれたよ」

提督「」


 何がというわけでかはさておき、なんか言えよバァカ。

 「通信終えた直後にいきなりズボンごとパンツおろされて意味分かんねえ」って顔してんじゃないよ。あと明石に特別賞与くれてやれ。今頃泣いてるから。


提督「意味分かんねえ!?」

秋月「て、提督は、わからなくて、いいです……お、おち、オチ〇、チン……立てて、下されば」


 細い前髪で隠れた目元の下を真っ赤にした秋月が、しゅる、と音を立てて服を脱いでいく。

 ボタンをはずそうとする秋月の震えた指先はまるで意図せずゆっくりとした動作となり、それは男にとって程よい焦らし効果を生み出し、視覚的な暴力となった。

 後の『絶対提督の理性殺すマン(コ)』秋月の凄まじさよ。

 台詞の破壊力も相まって、提督の理性のライフゲージが一瞬で八割ほど消し飛んだ。


提督「がる……ま、待て!!」

阿武隈「そ、そうよ。待って!」

提督「あ、阿武隈……!!」

千代田「まず提督を拘束しなきゃ」

阿武隈「そうですぅ! あと提督に目隠し目隠しぃ!!」

提督「」


 絶望は希望を見出した次の瞬間を狙って横殴りしてくる。そういう最悪の性格をしたヤツである。
97 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:03:30.40 ID:Q/nf6/uq0

千代田「緊――――」

提督「んなッ!?」


 かくして千代田の艤装の一部――――糸が伸び、提督の四肢を拘束していく。直径0.3ナノメートルにも満たない極細のカーボンナノチューブである。


千代田「――――縛」

提督「」


 あっという間に提督の四肢はベッドに大の字になる体勢で拘束された。

 当然全力で締めあげれば人体など容易に【英国の王立国教騎士団・ゴミ処理係のお仕事】のため、拘束する程度にとどめている。


朝潮「そ、それでは司令官! 失礼して――――目隠しさせていただきます!」

提督「」


 そして提督の上に跨った朝潮が、紅葉のような小さな手で提督の目元にアイマスク状の目隠しを付けた。

 一仕事やり終えたって顔でドヤ顔する朝潮だったが、残念なことにその可愛らしいお顔は提督には見えていない。奴が今見ているのは底なしの闇であり、頭の中はそれに反して真っ白けだ。

 そんな提督の思考の中に、ふっと浮かぶ疑問があった。


提督(俺、ひょっとしてこれからレイプされんの?)


 わかってんじゃねーかwwwww



 かくして、そういうこととなった。



……
………
98 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:19:14.64 ID:Q/nf6/uq0

………
……



 で。


響「言い出しっぺの法則を御存知かな?」

五月雨「ま、学びましたね響ちゃん……! 着任当初はおトイレの仕方もしらなかったのに」

響「それ以上、私の黒歴史を口にしたらシベリア送りだ。あまり私を怒らせない方がいい」

五月雨「ッ……さ、さーて! ま、まあ提督に一番乗りの一番搾りは望むところなんですけどね!」

阿武隈「じゃ、じゃあ五月雨ちゃんからね?」

響「ああ――――と、言いたいところなんだが」

秋月「ええ」


 響と秋月のアイコンタクト――――0.3秒後、拘束された艦娘がいた。



阿武隈「ふえっ?」



 阿武隈であった。


響「やあ……先日、千代田の時はどうも……」

秋月「大変……お世話になりまして……」


 覚えておいでだろうか――――提督と千代田が致していた時、部屋の外で暴走したとある第一水雷戦隊旗艦のことを。

 あの戦いで、結局のところ響と秋月は大破敗北した。

 勝利した阿武隈はそのままの勢いで提督のところへ駆け込み――――ちゃっかり意識取り戻して提督と騎乗位あひんあひんしていた五月雨を突き飛ばし――――合体した。ンンンンンッ!! なお千代田は既にグロッキー状態で朝まで横でぐっすりだった。

 そして響と秋月は、一晩を入渠で過ごすことになった。

 二人とも根に持つタイプであった。つまりはそういうことだ。


阿武隈「エッ、ヤダッ、アタシカラッ!? イ、イヤナンデスケドッ!?」


 一番手は阿武隈に決定した。そもそも拒否権などないし、順番が異なるだけで結果は同じである。



……
………
99 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:23:35.27 ID:Q/nf6/uq0

………
……



阿武隈「ん、く………ふゃっ♥」


 天高く貫けとばかりに屹立した男根が、阿武隈のしとどに濡れそぼった女性器へと侵入していく。

 ぐりゅ、と膣壁を擦りながらずるずると男根は飲み込まれていき、


響「スゴいな……司令官のち〇ちん。まさか阿武隈が近づいた途端に、サイズが変わるとはね」

五月雨「一瞬で20.5cmクラスになりましたね……ちゃんと目隠し、できてます?」

朝潮「間違いなく! 司令官はやはり達人だったのですね……近づく相手に応じて、最も対処に適う獲物を精製するとは……!!」

千代田(改めて考えるとすっさまじいわね)

秋月「ッ………は、はぁっ、はぁっ……」


 相変わらず考え方が香ばしいが、実に的を得た意見の朝潮ちゃんであった。


響「提督のち〇ちんもスゴいが、阿武隈もスゴい……深い、な。これは驚いた。膣とは収縮するものだと知識でも実体験でも知ってはいるが、ここまで個人差があるものか……?」

千代田「………えっ、嘘でしょ? 阿武隈のここ、千代田のより深くない? うわあ、全然届かない」

朝潮「阿武隈さんの膣、司令官の20.5cm砲を全てのみ込んでしまいました!!」

秋月「う、う、うぁ…………(す、すご、い……あ、あんなに、深く)」

五月雨「20cm以上ってことは……え、阿武隈さんのおへそのところまで入ってますよねこれ!?」

千代田「お、奥の方、どうなってるのこれ? カ、カメラ! カメラ映像、モニタに映して、五月雨! あんたが昨日作ってもらったんでしょ?」

五月雨「あ、はい! 使い方は簡単です。このカメラで撮影すると、こちらのタブレット式モニタに映像が映し出されて―――――どんな具合でどんな動きをするのかを映像化及び文章化してくれるという仕組みです」

響「凄くないかそれ……? な、なんにしても今回はその機能を使おう」

五月雨「ランク付けもしてくれるらしいよ」

阿武隈「ふぁあ!? な、なぁに、ランク付けってぇ!?」

五月雨「女性器の名器の定義って、男性側の好みもあるらしいんですが、いわゆる万人受けする観点からのランク付けですね。ランクが高いほど多くの男性側をメロメロにするというか」

阿武隈「こっ、公開羞恥プレイッ、んっ♥ な、なんですけどッ!? そ、そんなのいらないよぅ! 提督に、その……気に入ってもらえれば、それで、んっ……イイ、しっ♥」

響「だね、安心して欲しい、その機能はオフにしよう。それと更に安心して欲しい――――膣奥部分はともかく、指の届く浅い部分は、私たちの指で各々が感想を述べてあげるよ」

阿武隈「何一つ安心できる要素無いんですけどぉッ!?」


 お好きでございましょう? 阿武隈ちゃん(ゲス顔)
100 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:28:38.50 ID:Q/nf6/uq0

 そうして一度提督のチ〇ポを引き抜いた後、阿武隈の女性器に次々指を突っ込んでいく五月雨たちである。

 これも疑似的な輪姦だと言い張る勇気は、まだナレーションにはない。


響「膣口の締め付けは、うん……かなりキツいね……ぐいぐい締め付けてくる感じだ。これはいわゆる早漏には辛いだろうね(我慢できない意味で)」

五月雨「でも柔軟性すごいですよ? ほら、こんなに広がる――――くぱっと」

阿武隈「ふゃあああっ、やぁめぇてぇええええ……んぁっ♥」

秋月「わ、わぁ、わぁ……!? ひ、人の膣内、初めて見ちゃった……!(あ、あんなにイヤらしく、ヒクついて……)」

千代田「指の届く範囲まで入れてみよっかな、と……わ、絡みついてきた。うねうねしてるけどこれ……阿武隈、自分で動かしてる?」

阿武隈「な、なにもっ、してません、よぉっ……か、勝手に、動いてるんだと、お、おもいまひゅっ……ふぁっ、ふああああっ♥」

朝潮「(か、可愛らしいお声……)な、なるほど、このような………むむっ!? お腹側の膣壁が、とてもザラザラした感触ですね」

響「千代田の感触はミミズ千匹、というやつだろう。朝潮のザラザラした感じは、カズノコ天井だろうか? 指の届く範囲だとGスポットかも……」

五月雨「なんにしてもいわゆる名器なんでしょうね……あ、録画したカメラで見ると、カズノコ状の膣襞が真ん中から奥まで続いてますよ。これは凄い」

朝潮「響! 先ほどから貴女達が言う『めいき』? というのはなんのことでしょう?」

五月雨「男の人が特に気持ちいいって思う膣の事だよ」

朝潮「そうなのですか、それは羨ましいです、阿武隈さん!」

阿武隈「この状況だと全然嬉しくないぃ……!!」

響「司令官に言われたとしたら?」

阿武隈「え、あ、そ、それは、そのぅ………」


響(既に言われたな)

五月雨(既に言われたんですね)

千代田(既に言われたのね)

秋月(あ、褒められたんですね)

朝潮(既に司令官からお褒めの言葉を頂いたようですね)


 バレバレであった。
101 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:32:34.75 ID:Q/nf6/uq0

響「ムッ……モニターの膣圧計を見てみたら、ちょうど膣の中間あたりで、ひときわ締め付けが強い部分があるぞ」

五月雨「しかも膣襞は奥の奥までびっしりカズノコ状……これで絡みついてくるって、いったいどんな感触が司令官のチ〇ポに……!」


 ……本当にとんでもない名器であった。

 仮にペニスサイズが10cm程度でもその感触が味わえるという意味で、阿武隈は拉致されたら一生飼われる運命にあると言い換えても良し。


千代田「私にもモニタ見せて。そこからさらに奥………嘘でしょ? 更に締め付ける場所が……入口、中間、奥で三段階? すっさまじいんじゃないのこれ?」

秋月「わ、わぁっ、この文章だと………し、子宮口が、お、おち、おち○ちんに、す、吸い付くように動くって……ゎぁああ、膣内温度も高いぃ……!!」

朝潮「朝潮知ってます! ドスケベま○こって言うんです、それ!」

阿武隈「ひどい!?」

朝潮「? 酷いのですか? 朝潮、この間、司令官にそう言われたので、誉め言葉かと思ったのですが!」


響(何を口走ったんだ司令官……)

秋月(何を朝潮さんに教えてるんですか提督ぅ……)

千代田(後で、ぶつ)

五月雨(私に言ってよォ!!)



 そんな阿武隈のドスケベま〇こ(朝潮認定)であった。




……
………
102 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:44:01.30 ID:Q/nf6/uq0

………
……



響「っ……こ、これは、やられる側となると流石に……同性とはいえ、恥ずかしいな……」


 赤くなった頬を隠すように帽子の縁を下げて、唇を軽くかんだ。

 細い縦筋そのものだった響のおま〇こが、今や提督の反り返った剛直を咥え込んで、すっかり花開いている。

 ふるふると背筋を駆け抜ける快感に体を震わせ、「はぁ」と響は熱く深い息を吐いた。五月雨たちが見たことのない、響の『女』の表情であった。


千代田(よ、妖精……?)

阿武隈(天使……?)

秋月(綺麗……)

朝潮(可愛いです)

五月雨(…………穢しつくしたい!)


 五月雨、おまえはオッサンか。或いはモニタ向こうの読者寄りか?

 さておき膣内を撮影し終えた後、再び五月雨らの指が今度は響の膣内をほじりまわしていく。


響「ん、ぅく………司令官以外に触られるというのは、なんだか新鮮な心地だな」

五月雨「膣道の深さは………あ、あれっ?」

朝潮「結構、深いですね……?(私より深い……)」

千代田「で、でも……うわ、これってば狭ッ……!? だ、大丈夫? 痛くない?」

響「だ、大丈夫……もっと広がるしね……司令官のおち○ちんの方が、指よりはるかに、ふ、太いよ」


 なお響のフィット砲は14cmクラスであったが、太さについてのフィットは直径3cm未満である。

 提督とのセックス中、お互いに首を曲げればギリギリではあるが挿入しながらのキスも可能である。かなり苦しい体勢を強いられるため、常々響は己の小柄な体を嘆いていた。

 だがこの度、糞提督がマジカル如意を会得したことによって挿入しながらずっとベロチューできるようになって、響は至福のひと時を過ごすこととなるのは余談であった。

 更に余談だが、さり気に1スレ目でのセックスではこのマジカル如意が使われているのだが、それはそれとして、


秋月「ね、粘膜が薄いというんでしょうか……膣内の感触は、かなり固めですね。ところどころにイボイボした感触があって刺激が強―――――なッ!?」

響「な、なんだい? んっ……♥」

阿武隈「う、うわぁっ!? な、なにこれ!? 7cmぐらい進むと、一転して奥に飲み込まれてくような動きが……膣道が更に狭く!? なにこれぇ!?」

千代田「奥の方は別物みたいに柔らかいわよこれ……ただ締め付けるだけの動きが、ほ、ホントになによこれ……奥が不規則に蠢いてるって言えばいいのかしら?」

五月雨「別の生き物っていうか、ミミズ千匹とも違う……」

朝潮「まるでイソギンチャクです!」

五月雨「あ、そうそれ! しかもこれ……カメラで視てみると、膣奥が背中側に向かって少し弧を描いて………ん?」

秋月「どうしました?」


 五月雨は違和感に気づいた。
103 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:47:26.61 ID:Q/nf6/uq0

五月雨「………響ちゃん、質問があります」

響「な、んだい?」

五月雨「提督の響ちゃんフィット砲って、さっき見た感じだと太さはさほどでもなかったですが、凄く反り返ってるタイプでしたよね?」

響「………そ、うだったかな?」

朝潮「えっと……あ、あー……確かにそうでした。というか、この『もにたー』にも書いてあります!」

秋月「そ、そうでしたね(み、見ちゃった……さっき、凝視しちゃった……)」

千代田「あ、うん。それが?」

五月雨「考えてみてください。いいですか、こんなに反り返っているものが、正常位で入ったらどうなります?」

響「…………」

朝潮「それは、当然お腹側の膣壁が擦れて………ハッ!?」

五月雨「そして響ちゃんの膣は、ち○ちんの反りとは真逆の、背中側に沿っています」

阿武隈「つ、つまり?」



 そして、誰もが気づいた。


五月雨「――――メチャクチャ膣壁が擦れ上がる構図ですよね? 浅めに突かれたら、Gスポットとか超気持ちいいんじゃないですか?」

響「ッ……君のようにエロい事に関してのみ勘のいい艦娘は嫌いだよ」



 即堕ち時空における朝風と同じタイプの強刺激おま〇こであった。数をこなせないタイプである。男の方があまりの刺激に音を上げてしまう類の。

 だが響自身は、あまり激しい動きを好まず、深くつながり合ってゆっくりと肌を重ね、体温を分け合うようなセックスが好みである。

 おわかりいただけただろうか――――この性癖と裏腹な肉食系おま〇こは、ある意味で提督の天敵である。なんせ理性と獣性の戦いの構図がモロに出るからだ。

 くどいようだが、響は激しい動きを好まない。自然、提督に縋りつくような体勢での挿入が多く、挿入後はじっとしているか円を描くような動きで、ストロークを使うピストンを行わない。

 それが提督にとっては地獄のような天国である。

 響の膣の半分から奥にかけては、恐ろしく艶めかしい動きを行う。

 その絡み方は実に絶妙というか巧妙で実に気持ちがいい、のだが――――提督がギリギリイケそうでイケない小悪魔めいた動きなのだ。

 むずむずとボルテージが高まっていくのが分かるだろうか。

 更にそんな挿入感を味わいながら視線を下げれば、将来の美貌を約束されたかのような怜悧ではかなげな美しさをした、この透明感のある美少女・響の姿がある。

 僅かに眉尻を下げて切なげに喘ぎ声を上げている。

 ふとその蒼い双眸と視線が合うと、響は恥じらうように一瞬だけ目を逸らした後、再び視線を交わらせ、口元を優しそうに微笑ませる。

 少女らしい恥じらいとあどけなさ、小悪魔を兼ね備えた眼力とはまさにこのことである。


 賢明にして健全(股間的な意味で)な男子諸君には、もうお分かりいただけただろう。



提督『がるるー』



 そんなの、滅茶苦茶に動いて突き上げたくなるに決まっている。
104 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:53:49.79 ID:Q/nf6/uq0

 かくして初体験の際、響は貪られた。

 そうつまり思い切り突き上げたい、という欲望に負けたのだ、この下種提督は。

 結果、初体験が終わった後は、ぽろぽろとしゃくりあげて泣き出す響の姿があった。

 ただでさえ色素の薄い肌には、あちこちに提督の激しい動きによってもたらされた赤い痕が付き、膣からは白濁した精子にはっきりと分かるほどの血が溢れた。

 提督がやけに響の提案に素直な描写があっただろ? あれはこのことが後を引いているからである。

 正気に戻った提督が顔を蒼くした頃、響は涙目をこすり上げながら、提督にこう言った。


響『司令官、も……男だからね。気にしなくていいよ。女としては、求められるのは嬉しかったし……でも――――』


 次は、もっと優しくしてね。

 そう言って、響は儚げにほほ笑んだ。この瞬間、提督は響という少女と交流する時は、他の艦娘よりもやや気遣いを深めた接し方をするようになる。

 ――――そう、これは響の策略である。

 提督に激しく犯された時、響には痛みこそあったし、頭の中に弾ける火花のような強烈な感覚に恐怖こそした。

 だが知っていたかい司令官――――女は自由に涙を出したり引っ込めたりできるんだよ?

 こうして響は、提督とのセックスに敗北こそしたが、それによって提督の罪悪感を買った。

 そう、何気に響は勝っていたのだ。後の主導権を完全に握るに至ったのである。

 余談だが、そんな響よりももっと恐ろしいのは五月雨である。

 なんせ出会って五分で即合体の即逆レイプだからだ。しかも互いに童貞処女というアドバンテージ。

 更に五月雨にとって幸運だったのは、提督は五月雨を被害者として認識していること――――というか、実際に被害者ではある。

 五月雨はマジカルフェロモンをモロに嗅いだせいで一瞬で理性が蒸発したからだ。

 そうした幸運の働きもあり、五月雨は最初からイニシアチブ握りっぱなしで、提督の股間を握って放そうとしない。これには響も苦笑いである。

 さておき、


五月雨「これって、ぶっといチ○ポ相手だと、お互いに苦しいでしょうね」

響「ッ…………そう、なるの、かな」

千代田(いわゆるヌキエロに最適おま〇こってことだわ……刺激強いから、男の人がすぐイッちゃうおま○こ……エロ妖精……?)


 集団輪姦されたら最低五周は確定で嬲られること間違いなしの響ま〇こである。


阿武隈(エロエロ天使!)


 自分の時に散々弄られたせいか、結構ひでえ内心の阿武隈である。


秋月(あまり表情が変わらないからわかりづらかったけど……えっちなんですね、響さん……なんか、頭くらくらしてきた)


 なんとなくそう察してはいたが、あらためて認識して頬を赤らめる秋月。


朝潮(となると、司令官への刺激も大きいということですね)


 良い意味でも悪い意味でも素直な朝潮。


五月雨(心まで穢しつくしたい……!!)


 五月雨はもうこの路線を突っ走ればいいんじゃないかな。



……
………
105 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/17(月) 22:56:18.35 ID:Q/nf6/uq0
※感情を処理できない艦娘は即イキだと教えたはずだがな

 今日はここまでで。後は五月雨と秋月と千代田と朝潮で、その後は演習だ

 演習相手はもちろんあの陽炎型駆逐艦が旗艦の高練度艦娘達です
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/17(月) 23:46:46.06 ID:7Qc28fqBO
おつ
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/18(火) 01:00:15.79 ID:o8NAGgkSO
>そしてしばふは芋く見える。

しばふが芋みたいになってて草
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/18(火) 01:17:27.91 ID:L9jVKv4jO
忘れかけてたけどここの五月雨ちゃん凄い残念な子だった
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/18(火) 01:45:10.40 ID:69TP745ro
最初っから堕天してるよなここの五月雨ちゃんは
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/20(木) 21:14:10.05 ID:sX18rAZiO
あぶぅ名噐味わい尽くしたいだけの人生だった
111 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/23(日) 23:28:26.71 ID:OvHe7uCd0

………
……


千代田「んっ……ふぅ、うっ……♥」


 隆起する肉の根を後ろ手で掴み、尖った亀頭の先を濡れそぼる秘裂にこすりつけてから、千代田はゆっくりと腰を落とした。

 恐る恐るとした様子ではなく、じっくりとした腰使い。肉棒の感触をゆっくり味わいつくさんとする意図が見られ、傍目に様子を見ている駆逐艦達+軽巡洋艦はごくりと唾を飲んだ。

 ――――あからさまに、色気が違うのだ。


五月雨「太くて長いものをずっぽりと…………やっぱり、肉の質量が私たちと違いすぎるせいですか?」

千代田「ちょ、べ、別に太ってなんか!」

響「いや、そういう意味じゃない。千代田さんは私たちより肉体的に大人なせいか、筋量はもちろん、小柄な私たちよりも必然的に膣肉の質量が上回っているということだ」

秋月「え、ええ。千代田さんの女性らしい体つき、羨ましく思います」

五月雨「実にオナニー楽しいでしょうね。自分で乳首舐めたりできますもんねそのサイズ」

朝潮「なんと! それはすごい!」

千代田「ちょ、五月雨ッ!?」

五月雨「でも私もオナニー楽しいです。ひんそーな体を罵倒され、詰られ、ぱんぱんに張り詰めた太いチ〇チンで奥をごすごすされて、目の前で星が散って、痛いのに気持ちいいって感じです」

朝潮「そ、それは……なんというか、感じ入るところがあるというか」

阿武隈「ダメ!! 朝潮ちゃんダメ!! 戻ってこれなくなる奴だからそれ!!」


 そんな騒動もあったが、かくして千代田へのズブリが終わり、続いて艦娘達の指による触診開始である。
112 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/07/23(日) 23:32:35.66 ID:OvHe7uCd0

 艦娘達は代わる代わる千代田の無毛な大人ま〇こに指を突っ込んで、かき回し、擦り上げていく。その度にぴくんと千代田の背が跳ねた。

 これも一つのお医者様プレイと言い張る勇気は、まだナレーションには少しだけ足りない。


阿武隈「わぁあ、千代田さんのナカ、入り口から奥まで、余すところなく締め付けがしっかりしてて、でも締め付けが単調じゃないです。すっごく緩急がありますぅ」

響「うん。ふわふわで、きゅうって締め付けに強弱があって……これはすごいね。襞が長かったり短かったり、太かったり細かかったり……それがびっしりだ」

秋月「複雑な襞がみっちり詰まってて…………(男の人じゃないからわかんないけど、きっと提督、気持ちよかったんだろうな……)」

五月雨「うわあ、膣襞が何重にも重なり合って……これ、凄い名器なんじゃ……ほら、文章にも……『まるでフェラチオされているような絡みつき。肉の坩堝』って書いてあります」

朝潮「あらためて思い知ります。やはり千代田さんは大人ですし、体つきが違いますからね……この変幻自在な締め付け・絡みつきの秘訣は、骨盤周囲の筋肉の絶対量が違うせいでは?」

千代田「なんだろ……褒められてるん、だろう、けど……脳筋みたいに言われてる気も、するっ、ん……♥」

響「…………ひょっとして、ここから更に自分の意志で締め付け自在だったりするのかい?」

五月雨「ちょっとキュウーッてしてもらえます?」

朝潮「是非!」

千代田「く、も、もう、いいわよ。こうなったら、やけっぱちよ……やってあげる、わ………んっ、んん〜〜〜〜〜ッ♥」

五月雨「ち、膣口と、その数センチ奥で、とてつもない締め付けがって痛い痛い痛いィィィイイイッ!? 指が千切れるぅううう!?」

響「ハラショー……! しかも締め付けする部分の間の襞肉ですらうねうねしてるぞ……なんて貪欲なエロさだ。ひたすら密着感を求めて締め付けながらも絡みつくとは……こいつは甘えん坊の資質を感じる」

朝潮「なんという!?」

阿武隈「スッゴォイ!?」

五月雨「バナナを膣内で三等分に両断できますね、これ」

響「私じゃそもそもバナナ入らないからね。狭いし」

千代田「ガバいみたいに言うのやめてくれる!? っていうか本気で締めたりしないから! 一度やったら提督が「流石に痛い」って言ってたし!」

響(なんだそれ、怖い)

五月雨「『肉厚の膣襞が幾層にも折り重なって、表現しがたき快楽の坩堝と化している。膣内までもが圧倒的質量の暴力』――――と書いてありますね」

阿武隈「『入れてる時に油断すると急に締め付けたり絡みついたりして、男の暴発を促す』とも書いてあるぅ!?」

朝潮「ふぁんたすてぃっくなドスケベま〇こです!!」

秋月(その言い回し、気に入ったんですか朝潮さん……?)

響「ああ。しかも持久力高そうな膣だね。もちろん誉め言葉だよ」

千代田「あるの!? そんな褒め方!?」

五月雨「何十人で輪姦しても吸引力と締め付けが落ちないタフネス名器」

千代田「そろそろぶっとばすわよ五月雨」


 そんな緩急自在で、長いイボイボのついた襞が過剰なまでにびっしりと詰まった千代田の膣である。肉の暴力であった。やっぱり戦いは数だな、という戦略性を体現している膣である。

 まだあどけなさを残す可愛らしい顔立ちと裏腹なワガママボディの千代田――――その腹の内側にはとんでもないものを持っている。

 後に『アトミラール・大膣略』と呼ばれる多用な引出しを持つおま〇こ艦・千代田と呼ばれるのであった。



……
………
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/24(月) 02:16:05.03 ID:w+1ATqkA0
今回はここまでかな?
おつですー
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/24(月) 05:43:31.28 ID:YOo7Znjvo
五月雨が色々と面白いことにw
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/24(月) 07:49:26.18 ID:VaOVvaAKo
>>114
ここの五月雨は最初から面白いぞww



ていうか、何を読んでるんだろうなー(棒
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/07/24(月) 18:18:21.34 ID:YTmVLp3Ao
>>99
>五月雨「あ、はい! 使い方は簡単です。このカメラで撮影すると、こちらのタブレット式モニタに映像が映し出されて―――――どんな具合でどんな動きをするのかを映像化及び文章化してくれるという仕組みです」
とあるから、タブレットに文章が表示されてるんじゃないかなー(棒
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/01(火) 21:57:41.52 ID:FrPBGwsSO
未実装艦が来る前に実装済艦姉妹全即堕ちしてたら未実装艦来たときどうなるんだろう
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/01(火) 21:59:46.42 ID:gXpj9qZjo
歓迎会でウェルカムセックスとか?
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/08/10(木) 10:14:50.90 ID:piATa8Si0
〉〉
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/10(木) 10:17:23.38 ID:piATa8Si0
>>117
旗風が楽しみだな
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/11(金) 00:27:56.81 ID:iz7nHluLo
またエロエロな神風型が見れるのかやったぜ
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/13(日) 00:57:19.95 ID:VOEZwYga0
おまんこソムリエ

   五   月   雨

123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/08/13(日) 10:18:46.68 ID:2C0PsbMVO
この板も艦これのssばっか!
艦これ最強!
ラブライブとか東方とか艦これの足元にも及ばない雑魚どもは良い加減身の程を知ってほしいなあ笑
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/13(日) 10:29:10.63 ID:uQMJCsnEO
>>123
sageろカス
スレチだハゲ
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/08/13(日) 10:33:43.50 ID:2C0PsbMVO
>>124
顔真っ赤にしてどうした?怒るなって…
そんなに艦これの人気が羨ましいの?でも嫉妬してるだけじゃ何も始まらないぞ笑
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/13(日) 10:41:55.35 ID:J5UlOhX+O
このスレでやるな他所でやれ
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/13(日) 23:03:27.82 ID:OFq8FF9mo
>>125
艦これとかwwwwww
こんなゲーム
れきしに残るレベルでクズゲーだろwwwwww
はんろん出来る奴おる?
神しか反論できないってそれ一番言われてるから
ゲームの優越如きでスレ荒らすなボケ
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/14(月) 01:03:12.75 ID:3D+sqhEUO
最後の2行が手抜きじゃない
-114514点
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/14(月) 17:25:23.81 ID:knoASzOjo
あぁ、そいつは無視していいぞ
殺しといたから
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/17(木) 08:43:37.47 ID:rARd8NXSO
>>127
IDがFF9
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/19(土) 00:27:09.19 ID:fHPO52K10
松輪の中破とタンス系の家具を組み合わせると素晴らしいんだけどわかってくれる人いるかしら?
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/24(木) 15:54:30.34 ID:sAa7dd7O0
なんやかんやここに毎日来てる自分がいる
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 02:58:09.55 ID:DOxRLQsDO
>>121


本当に旗風来たね



即墜ちに怯えてるように見えるのって俺だけ?
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/01(金) 01:58:23.76 ID:T9Lrdtre0
>>132
仲間
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/01(金) 23:30:34.66 ID:/4c/4oxA0
>>133
俺も
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/05(火) 22:13:02.70 ID:ka0rypvA0
>>132
実は俺もなんだ……
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/06(水) 04:55:46.44 ID:qXHG44jho
我ら生まれし日は違えども同年同日同じ時にこのスレでシコらん!
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 19:26:17.14 ID:kAgBZZMSO
この提督、マジでチンポ
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/08(金) 19:33:06.84 ID:wq79l+ADo
嫌すぎる桃園の誓いだなぁ
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/11(月) 01:19:01.46 ID:aA3kQfyb0
ロードは書き溜めてたっぽいけどこっちは書き溜めてないんかねぇ
141 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/09/13(水) 00:05:05.63 ID:IhxSoHqB0

………
……



https://www.youtube.com/watch?v=XHakl2bMQYI


 久しぶりだね! そうだよ、私だよ! ナレーションさんだよ!

 もう駄目だ! 何故って!?












五月雨「わ た し の ば ん だ!」

提督「んーー!? んんーーーーっ!?」

五月雨「暴れんなよ……暴れんな……暴れるなら膣内でしょ……暴発しちゃっていいんですよ……んくぅうっ♥」



 ――――五 月 雨 が 来 た。

 「ぐへへ、時代はヴィランなんですよ」と天使の如き外見からは想像もつかない下種ボイスと、見た目通りの可愛らしい喘ぎ声で締めるのは、しょっぱなからひどい五月雨である。



阿武隈(アカン)

千代田(アカンやつだこれ)

秋月(絶対ダメなやつですこれ)

響(朝潮、準備しておいてくれ)

朝潮(了解しました!)



 さておき冒頭でナノチューブで拘束され目隠しされた提督だが、実は口は自由だった。

 >>98-112まで行間でやたらと「モウヤメルンダッ」とか「トゥーヘアーッ!」とかうるさかったのだ。それが今や猿轡を噛まされ、まさに逆レイプそのものの様相を晒していた。

 五月雨は「より逆レイプっぽいシチュがイイ」と提督に猿轡を噛ませた結果、五月雨はこうして暴走したのだ。

 基本ドジッ子(ドMな妄想で自慰をする子の意)な彼女だが、よりドMさを学ぶためにドSを学びたくなるお年頃だった。

 全てはより甘美なる痛みのために彼女の純粋さは発揮されるのだ。

 なんでここまで提督の状況を描写しなかったって? 野郎の泣き叫ぶ声とか誰が得すんだよ。


五月雨「ふ、ふぁ、へ……えへ……♥ 提督ぅ、五月雨の膣内っ♥ 慣れてきましたねっ♥ 前まで、挿れたらすぐっ♥ イッちゃってたのにっ♥」

提督(耐えろ俺耐えろ俺、超耐えろ俺ぇぇええええ!!)

五月雨「でもね、提督ぅ……♥ 五月雨のっ、んっ♥ 100%の膣圧を、堪えるならぁっ……♥ 更に淫らにっ、締め付けちゃいますよぉっ♥」

提督「」


 ぬっぷりと提督の男根を無毛の割れ目に飲み込む五月雨の腰使いは、肉棒を膣に馴染ませるような前後の動きから本格的に快楽を貪るための、高速上下運動に変わっていった。

 そしてその膣壁の蠢きさえも、初体験の時の比ではない。

 五月雨の膣はかつてより淫らに、卑猥に、巧みに。

 うねり、絡み、締め付け、吸い付く――――提督のマジカルチ〇ポに媚を売る雌壺となっていた。
142 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/09/13(水) 00:06:07.07 ID:IhxSoHqB0

五月雨「提督ぅっ、こんな感触をっ♥ 知ってますかぁっ……♥」

提督「ごっ、がっ……!?」

五月雨「更に(絶頂の)向こうへっ♥ ま〇こッ、いっぱぁああああああッつッ♥」

提督「んぐっ!? ぎっ♥ んぐぅううううううっ!?」

五月雨「五月雨の無防備卵子を有精卵にしてぇぇえええっ♥」

響(最低の喘ぎ声だ)


 膣液を分泌しながら全力で……やたらにグラインドしているわけではない。

 一回一回が全部、100%以上の腰振りである。そのうち「5回もグラインドすれば十分だったのに、100回もファックしてしまった」とか言い出しそうである。

 そろそろ怒られる気がしてきたので、さておき、


響「五月雨。そろそろ……膣内描写カメラの計測は終わったから、抜いてくれないかい?」

五月雨「ま、まっ、て! あと、ちょっ、とぉ♥ あとちょっとだからぁ! あとちょっとでヌくからぁ、んっ♥ ヌキヌキしちゃいますからぁっ♥」


 とろんとした瞳で体中を紅潮させ、涎を垂らしながら恍惚とした表情を浮かべる絵面だけはクッソエロいが、言い出しっぺが趣旨を忘れるという有様である。ハハ、こやつめ。


響「ああうん、そう来るとは思ってたよ…………朝潮」

朝潮「はい!」


 この展開を予想していた響は、指を立てて待機している朝潮に合図を出す。

 騎乗位スタイルで大暴走する五月雨の背後に音もなく忍び寄った朝潮は、そっとその赤らんだ両首筋に人差し指を添え、


朝潮「きゅっ」

五月雨「マグナム」

阿武隈(なんでマグナム?)


 頸動脈を圧迫し、即失神に至らしめた。


 がくりと頭が落ち、ビクンビクンと痙攣する五月雨の全身――――こいつ失神直前に一人だけイきやがった。

 なんにせよ五月雨は無力化された。本来ならば12.7cm単装浣腸による肛虐制裁処置だったが、五月雨にはご褒美にしかならないので致し方ない手段であった。


阿武隈「き、気絶してる間にさっさと済ませちゃお……?」

千代田「そ、そうね……」

秋月(い、いいのかな? これ本当にいいのかな?)


 ええんやで。そういうことになったんやで。
143 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/09/13(水) 00:07:56.17 ID:IhxSoHqB0

 気絶した五月雨の身体を提督から引きずり離した後、艦娘達による触診タイムが始まった。


五月雨「んぁっ……ふぁ、ん……んぅ、んーーーーーっ……♥」


 気絶しながらも腰をかくかくさせてより自分の気持ちいいところにこすりつけようとするあたり真性であった。


響「………ん? 意外と、浅いぞ?」

朝潮「そうですね! しかし、司令官の男根は恐ろしく大きいのですが!」

阿武隈「っていうか入りきってなかったよね……(私のフィットサイズと同じぐらい……)」


 阿武隈にはあまりにも不可解であった。五月雨の膣の深さはいいところ12cm程度にも拘らず、おっ勃ってる提督の主砲は阿武膣フィット砲に匹敵する長さと太さと硬度を誇っている。

 明らかに不釣り合い。どう考えてもフィットしていない。

 「ひょっとして五月雨の脳味噌と一緒でチ〇ポもバグるのかな?」なんて恐ろしく失礼なことを響は考えていたが、


千代田「あ、分かった。そういうのが好きなんだわこの子。不釣り合いなぐらい大きいのでお腹突き上げられるような、そういうシチュ」

阿武隈「あー」

響「それだ!」

朝潮「なるほど」

秋月(納得してしまう自分が凄く嫌だ……!!)


 つまりはそういうことである。幼女強姦のようなプレイを被害者側が好むという特殊事例である。

 当初こそ五月雨の膣相応のサイズであったマジカルチ〇ポは、日増しに大きさを増していた。

 五月雨が己を犯し出入りする肉棒を視覚的にも楽しむようになったからである。

 今や自らの性器――――無毛の縦筋子供ま〇こに、破滅的でさえある巨大な肉の根が激しく出入りする光景を腹越しに見るだけで絶頂する五月雨である。

 そう――――上級者であった。


響「………ふ、深く考えないでおこう。さて、肝心の膣内だが……(っていうかクリ〇リスぴんぴんになってる……)」

朝潮「あ、朝潮の指を締め付けながら………ちゅうちゅう吸い付いてきます!」

千代田「人のこと言えないじゃない五月雨ったら……吸い付きヤバいわ。締めるっていうより、舐るって感じの動き?」

阿武隈「しかもすっごく体温高い……うにゅうにゅしてます」

秋月「う、うわぁ……お、奥の方は……なんですこれ? 人体の構造として有り得ない形状してるんですけど」


 膣内描写カメラの記述によれば『入り口から中間まではきつきつのじゅるうね天国、最奥まではスパイラル襞地獄。オナホより気持ちイイ、ただ一つのほかほか五月名器』である。

 ジョークグッズの宣伝文句よりひどい。
144 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/09/13(水) 00:10:31.88 ID:IhxSoHqB0

響「しかし、濡れ方が凄いな……普通これだけ濡れたら締め付けや絡みつきは落ち……あ」


 いずれ白露型には濡れ濡れ名器が標準装備されているという、あまり知りたくもなかったことを知ることになる響である。

 響が感心するように指を前後させていると、うっかり指の付け根が五月雨のクリトリスに触れ―――――


五月雨「んぁひぃいいいいんんっ♥」


 五月雨の身体が再びビクビクと痙攣した。

 オルガった五月雨であった。


五月雨「ぅえ、ぅぇへ♥ もっと、もっとぉ……♥ イキたひぃ……♥ 何百回でもいいれふからぁ……♥」

響「――――ま、またイッたのか。感度も信じられないぐらいイイらしいな……?」


 挙句の果てに、響の指をもっと奥まで飲み込もうと腰をくねらせる始末。

 こんなんじゃ、こんな絶頂じゃ終われねえッ! だろ? ――――サミィ!


阿武隈「ちょ、ちょっとまって!? 膣内描写に変化が!? 描写が!? 描写が荒ぶってるぅ!? なにこれ、なにこれぇ!?」

秋月「し、締め付けたり絡みついたり吸い付いたりうねったり舐め削いだり……ああ、とうとう『絶対赤玉出るまで搾り摂るマン(コ)』って雑な表記に!?」

朝潮「えくせれんっっなドスケベま〇こです!!?」

千代田「バルーン現象ってなんだったのってぐらいの変化球ならぬ変化膣ねこれ……?」

響「膣内診断の最終結果が出たよ……見てくれ」

阿武隈「うわぁ」


 五月雨の膣の恐ろしいところは『何回戦でも可能』という点に尽きる。

 男根は萎えるものだ。射精を繰り返せば尚更その傾向が強まる。

 だが男根の硬度や男性側の興奮度に応じて、五月雨の膣はその締め付けや絡みつきを、文字通り柔軟に変化させる。

 極めて万能性の高いおま〇こである――――膣内描写カメラは嘘をつかない。


千代田「さ、五月雨はこのマ〇コで司令官を殺す気……?」

秋月「…………さ、流石は、初期艦、です、ね?」

朝潮「秋月! 笑顔が引き攣っています!」


 無理もねえから突っ込みはいらないよ朝潮ちゃん。



……
………
145 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/09/13(水) 00:13:15.17 ID:IhxSoHqB0
※やあ、みんな、ひさしぶりだね

 とつぜんだけど、みんなは旗風って子を知っているかな?

 どうしてくれようかしら
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 00:16:27.81 ID:IVQW8t2DO
来るか?

ウェルカムセックス!
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 00:16:52.54 ID:9Aca3JFOo
姉妹みんなと一緒に姦迎会してあげればいいんじゃないかな?
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/13(水) 00:20:33.77 ID:bTowgLSv0
犯れ。異議申し立ては一切認めない
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 00:21:51.99 ID:ppNsw5+Yo
ありがてぇ、ありがてぇ!
あっ、サミちゃんも可愛かったです
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 00:22:59.73 ID:rSga/FvQO
しかしこれ五月雨がマジカルマ○コになったらどんな惨劇になるやら
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 00:29:31.94 ID:A/xoiABLo
初期艦五月雨提督のワイ、感激に咽び泣く
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 00:48:47.94 ID:oCjZ7YRoO
生きとったんかワレェ!?
相変わらずで本当安心する
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 11:58:26.78 ID:B7bsvV7SO
>響(最低の喘ぎ声だ)

せやな(白目)
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 16:23:53.86 ID:4y1RuxFA0
相変わらず腹筋とチ○ポを締め付けてくるスレだ……
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/14(木) 00:40:02.73 ID:0ix93+ESO
白露(意味深)
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 15:53:01.69 ID:XNChdrhA0
>>145
どうしてくれるのかしら

楽しみにマジカル待機してる
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 03:44:31.24 ID:hXQ1nr3Xo
今このスレに気づいたんだが。笑えば良いのか抜けば良いのか判断に困るなコレ(賢者)
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 17:25:21.18 ID:bkfYYWeA0
>>157
「両方」やらなくっちゃあならないってのが「ア艦部」のつらいところだな
(更新が再開する)覚悟はいいか?オレはできてる
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 17:45:36.56 ID:pjvGG+N0o
逆に考えるんだ
両方やっちゃっていいさ、と
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 09:54:18.72 ID:EmH+CHGG0
二次キャラ使って書いててどうしてくれようかは無いわ
作中ならまだ解るが二次創作作者が自身のレスでキャラを玩具扱いすんな
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 09:56:53.27 ID:CWwEn2keo
何言ってんだこいつ
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 10:29:24.51 ID:WCVKuHSgO
二次創作って時点でオリジナルじゃないんだから原作からキャラが少なからず乖離するのは当たり前じゃん
作者がどうこうってくだりも主観的で幼稚な感情論まるだしでまるで論理性がねえ
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 10:39:35.48 ID:EmH+CHGGo
作中についてはストーリー上キャラの性格を改変するのも解ると言っている
ただ二次キャラを使っている以上作者がレスで「どうしてくれよう」などという自身の玩具にするような発言はしないで欲しい
それに艦これという原作に釣られて読んでいる以上、こんな扱いをされたら感情論になるのも当たり前だろう

164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 10:47:17.45 ID:Zhlt7AU8O
何が当たり前だかさっぱり分からない
荒らすなら他でやってどうぞ
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 11:00:17.76 ID:EmH+CHGGo
逆にどこが解らないんだ?
好きなものをストーリー上の理由で弄られるのではなく、作者が「これから俺が好き勝手するから」と言われて怒らないファンがいるのか?
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 11:07:08.35 ID:DB3inIFFO
言わんとしてることは分からんでもないが、ここで言うことではないよね。

動物愛護団体の方々が、焼き肉屋で、焼き肉を食べながら文句言うようなもんやぞ。
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 11:23:09.44 ID:EmH+CHGGo
それは悪かったと思ってる
ただこのレスについて他で言える場所もないし、自分も空気悪くするだろうなと随分堪えてたんだ
でももう言わないと収まりつかないって感じだったので、ごめんね
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 11:44:34.20 ID:OwQyOQ1PO
>>167
くたばれカス
惨たらしく死にさらせ
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 11:54:36.49 ID:1Pnzy/bEO
>>167
ガイジはSS速報閲覧すんなよ
お前も変なストレスたまらんし他の奴らはガイジ見なくてせいせいするしWin-Winだろ
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:00:37.09 ID:Zb+qQ0fFO
見たくなくてNGに入れてても深夜で酉つけたままリサイクルスレに書き込むような自己顕示欲の塊の作者だからね
しょうがないね
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:05:49.01 ID:F9OVQ1nyO
>>170
はよそのレス晒せよ
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:07:31.21 ID:dKMhYtI3O
ならSS速報も深夜も両方とも閲覧辞めればいいじゃんあほくさ
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:08:17.47 ID:wCaaYDE6O
NG入れてる作者のスレ見て何がしたいんですかね?
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:11:15.58 ID:laYotyXoO
一生一次創作だけ読んでろガイジ
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:13:14.23 ID:pupLafwXO
純情キッズが暴れてて草
こいつ版権キャラ陵辱同人誌とか読んだら発狂して死にそう
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:16:02.07 ID:Zb+qQ0fFO
>>171
深夜 アイディア再利用ボックスでググってどうぞ
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:17:38.03 ID:YU0WLdoqO
じゃけん旗風の陵辱リョナSS書きましょうねー
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:18:41.06 ID:yzA7EMLlO
アイディア再利用ボックス
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1467175965/

これか
しかし2月とか古すぎるわもっとタイムリーな煽りネタを用意しろよ
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:19:10.75 ID:9z7Z5nxlO
旗風轟沈不可避
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:19:57.88 ID:EmH+CHGGo
話の中での陵辱はいいんだよ
でも作者が自分の言葉を使う時は原作にリスペクトがあるべきなんじゃないのかって話だ
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:21:06.41 ID:flH482IHO
>>180
お前もう喋んなよ
正直言って不快だわ
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:21:30.52 ID:kETxgKDWO
>>180
キッズイライラで草
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:23:48.43 ID:jwtx3RKjO
>>180
こいつ原作にリスペクト無い同人ゴロの書いた同人誌読んだだけで憤死しそうだな
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:25:53.48 ID:qzcufNW4O
くだらね
こっちじゃなくてロードバイクの方でも荒らしてこいよ
リサイクルとかしたらばの問題はしたらばでやってろやこっちに持ってくんな
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:36:15.87 ID:CWwEn2keo
>>180
これで分かったろ?そう思ってるのはお前ただ一人だけ
大人しく失せるか永遠にROMってろ
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:36:33.65 ID:WCVKuHSgO
>>170
見たくなくてNG入れられるのになんでこのスレ見てんだ?
素直になれよツンデレ
ムカつくキャラ改悪は俺も嫌いだがここのは好きだよ
えろいからな!
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:40:28.51 ID:Zb+qQ0fFO
>>186
いや全然
見たくないのに雑談スレで作者と読者がイチャついてたりして迷惑しとるよ
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:41:38.83 ID:uFjMzfQeO
>>187
酉でNGも出来ねえのかこの鳥頭は
酉だけに鳥頭ってか
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:42:38.40 ID:yvkvfvgIO
NGしたスレわざわざ覗いてストレス貯めるとかドMの鑑だな
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:43:49.12 ID:U6RmgiICO
>>187
じゃあその雑談スレとやらで文句言ってこいよ
したらばの問題をSS速報に持ってくんなハゲ
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:46:14.11 ID:CWwEn2keo
>>187
連鎖NG知らねぇのかよハゲ
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:46:43.46 ID:WCVKuHSgO
>>187
じゃあただの荒らしやん
そも雑談スレってどこよ?
酉で調べてもどこにもねーぞすぐばれる嘘吐くなっての
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:47:28.43 ID:3mKd1G85O
>>187
NG出来ない情弱アピール乙
やっぱ情弱はインターネット使っちゃ駄目だわ
これを機会に一生ROMっててどうぞ
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:48:07.38 ID:qMvajelFO
>>187
はよ[ピーーー]カス
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 12:49:31.64 ID:o7e4zz/AO
ガイジが二匹居るぞ
誰か殺処分して差し上げろ
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 13:58:24.50 ID:hrsynui20
おうなんだよ一気に続きでも投下されたかと思ってウッキウキで覗きにきちまったじゃねえかよ
頑張れー続き待ってるぞー
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga sega]:2017/10/09(月) 15:37:56.10 ID:5gadbDI4o
あぁ、そいつらはもうほっといていいぞ
殺しといたから
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 15:40:45.31 ID:ULfLtVooo
上に同じく投下来てるかと思ったじゃんかよ。おまいらもちつけって。
199 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 20:57:37.94 ID:ka74Lq4i0

………
……




 シリアス。

 尻Ass。


 なんて卑猥な言葉だ。

 卑猥な言葉は決してこの世から無くならない。何故か。













朝潮「いただきます、司令か、ん………っ♥」




 朝潮型スキーなロリコンどもがいるせいだ。(強弁)

 たくし上げたスカートを口に食み、何かをこらえるように眉根を寄せた朝潮ちゃんの、ヌルヌルとした粘液に塗れた縦筋。愛撫無くして準備万端仕上がっているその粘性に優れた液体はまさに朝潮である。

 後ろ手に回した手を動かし、まだぎこちない所作で幼い割れ目を押し広げ、おずおずとした様子で騎乗位お迎えファックする姿、その攻撃力は人々の本能に根差すロリ魂(コン)を燃焼させる。

 涙がこぼれかける寸前の潤んだ瞳を揺らし、口元にかかった艶めいた髪の一房を唇に噛みながら腰を落とす。

 ごちゅ、という内臓を押し上げる音が、傍で見ている響にも聞こえた。ごくりと唾を飲む音の五重奏が響く。


朝潮「んぅ、んんぅ〜〜〜〜〜…………ふ、ぁ、はっ、はぁあ……♥」


 根元までち〇ぽを受け入れ切ったことで、朝潮は悩まし気な吐息をついた。

 押し込められた質量が、薄い腹の内側を形どっている。その熱量をいとおしむように、朝潮は薄く笑って己の下腹部をさする。

 すっかり男の味を知った女の顔をしながら、朝潮は、


朝潮「今日、もっ……♥ 司令官、の、おち〇んちんはっ……♥ 元気、いっぱい、です、ねっ……♥ ゃ、ん……♥」


 そう呟き、己のうちで跳ねる暴れ馬の感触に僅かに喘ぎ声をあげ、身をよじった。

 提督が暴発しなかったのは奇跡であろう。

 いずれにせよ朝潮の改二実装は完璧に成功したようだな。今や改二丁にコンバートまでできる練度に達した朝潮に隙はなかった。やったぜ明石。


響「もはやこの絵面が犯罪だ」

五月雨「超背徳的ですね。当てられて大洪水ですよ…………ハァ、はァん♥」

千代田「あ、気絶から復帰したのね五月雨。でもね、響にせよ五月雨にせよ、あんたらが吐いていいセリフじゃないって分かってる? 起き抜け早々寝ぼけてんじゃないわよ。それと五月雨はその股間に伸ばした手、しまいなさい」

五月雨「膣内に?」

千代田「根元から切り落とすわよ?」

阿武隈(あたしも外見年齢的にはアウトなんだろうなあ……他の軽巡の人って、どんな見た目なんだろ。長良型のお姉ちゃんたち、逢いたいなあ。北上さんには遭いたくないなあ)

秋月(ちゅ、ちゅぎは、次は秋月の番……次は秋月の番次は秋月の番次は秋月の番次は秋月の番……ど、どうしよう、どうしよう……!!)


 自らを棚に上げて感想を述べる冷淡ロリと発情ロリに冷たい視線を向ける千代田――――自覚のない嫉妬である――――そして自分の番が終わっているので大分落ち着いてきた阿武隈と、次が控える秋月の動揺。

 五者五様のあり方であったが、いずれにせよ末路は決まっている。
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 20:59:16.38 ID:Siuv6tMoO
来たか
待ってたぞ
201 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 21:02:53.24 ID:ka74Lq4i0

響「朝潮、OKだ。膣内描写カメラの判定は終わったよ。抜いてくれて構わな………朝潮?」

朝潮「………ふあ? …………――――――! ひゃ、ひゃい……ぬ、ぬきまひゅっ♥」

五月雨(あ。朝潮ちゃん、今トリップしてましたね。ち〇ちんをじっくり味わってる顔でした)

千代田(趣旨を完全に忘れてたって顔してたわこの子)

阿武隈(あれー? 朝潮ちゃんってこんなにエッチい子だったっけ?)

秋月(ちゅぎは、あ、あきづきっ、のっ……こ、こころの、じゅんび、じゅんびがっ……!!)


 安定の秋月はさておき、かくして五人目となる朝潮の触診タイムのお時間である。 


響「指、入れるよ」

五月雨「お邪魔しますねぇ、ふひー」

千代田「五月雨、自重しなさい、自重」

阿武隈「この子にそれは無理ですぅ」

秋月「し、失礼しますね、朝潮さん……」


 各々が指を朝潮の女性器――――驚くべきことに脚を開いても縦筋の形状を維持しているロリま〇こ――――に指を入れていく。


朝潮「っぁ、ひっ……あふ……くぅ、ん♥」

響「む―――――率直に、まず体温が高いな? 五月雨もそうだったが……(喘ぎ声が甘ったるいな)」

五月雨「ぎっちぎちです(すっかり喘ぎ方覚えちゃって……うふふ)」

阿武隈「あ、でも指は二本まで入るよ……あ、指を抜くと元通りぴっちり閉じちゃう。狭いのね……ホントに熱いし(かぁいいなぁ。あたし変な声だし、いいなぁ……)」

千代田「確かにそうね……しかも感じやすい上に、凄く濡れやすいみたい(すっごく可愛い声出すわねこの子)」

秋月「と、とろとろ……にゅるにゅる……」


 濡れやすいと言うのは女性を感じさせることに喜びを感じる男にとっては好感が持てる体質である。

 だが一方でデメリットというものがある。濡れるということは摩擦力が減るということ。つまり挿入時の感触がマイルドになりがちなのだが――――。


千代田「しっかし、ホント狭いわね……提督の指だと、入ってもいいところ一本でしょ。あ、でも私の指なら二本は――――」


 千代田がゆっくりと二本目の指を挿入した、その瞬間であった。


朝潮「んきゅぁ、ああああああっ♥」


 仰向けに寝転び、されるがままに両脚を左右に開いていた朝潮の背が弓なりにのけぞり、同時にぷしゃっと股間から透明な液体を迸らせた。

 それを顔面セーブしたのは至近距離で朝潮のま〇こを食い入るように覗き見ていた五月雨である。

 顔を滴る液体をぺろりと舌で舐め取り、五月雨は叫んだ。


五月雨「ペロッ………これは、潮(しお)!」

響(潮(うしお)と言わないあたり五月雨はまだ狂ってはいないようだね)


 平常運行でセメントな響である。

 さておき、ぴんと両脚を伸ばし、指先をひくつかせる朝潮の様子に、響は呆れ混じりに言う。


響「い、イッたのかい? 感じやすすぎじゃないか? ちょっと指増やしただけで……?」

五月雨「ッ………この感度、私よりもッ………!!」ギリィッ

阿武隈「何がギリィッよ、何と戦ってるんですか五月雨ちゃんは」

五月雨「私より気持ちよくなってるってことでしょ! そんなのうらやまけしからんじゃないですかッッ!!」
202 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 21:08:14.57 ID:ka74Lq4i0

秋月「あ、いや、その、でも……提督、感じてくれるの嬉しいって言ってた気が………? あ、あの、千代田さん、いつまで指を二本……千代田さん?」


 全身をがくがくと痙攣させるように震わせる朝潮、その膣にいつまでも指を突き立てる千代田の様子に、秋月だけではなく他の三人も首をかしげる。

 千代田の顔色が、明らかに変わっていた。



千代田「………な、なんか、蠢いたわ、今。イッた瞬間、うぞうぞって……膣内が。しかもなんか、イボイボした突起みたいなのが、膣壁のあちこちから隆起したような……硬軟織り交ぜた感触の」



 瞬間、空気が凍り付いた。

 『それはもはや人体として有り得ないのでは?』――――秋月は訝しんだ。

 ところでネタバレだが、この中では秋月が一番ありえない膣内形状と生態を持っている。


五月雨「えっ、なにそれエロい」

響「あ、朝潮? これは、どういう改修を……朝潮? 聞こえているかい?」

朝潮「ひゃ、ひゃいいっ……♥ あ、あさしお、また、い、イッて、しまった、んです、かっ……♥」

千代田「え、ええ。明らかにイッてたわ。こんなに感度良かったの、貴女?」

朝潮「ふ、ふがいにゃい、かぎりれふっ……♥ ま、毎日っ、おへやでっ、じしゅくんれんっ、しれるにょにっ……♥ ひとに、さわられりゅとっ、しゅ、しゅぐにっ……♥」

響「………早くもツッコミどころなんだが、後学のために聞かせて欲しい。どんな自主訓練を? どのぐらいの強度で?」

朝潮「ゆ、ゆびっ、入れてっ……ぎゅーって、したり、ゆるめて、みたり……つよくおまめ、こすったり……ぎゃくに、よわくしたりっ……からだに、ちからいれたり、ぬいたり、いろんな、たいせいで、いろいろ……です……♥」

五月雨「玩具は使いますか?」

朝潮「……? お、おもちゃ、って……あ、あの、とれーにんぐ、器具の、ことでひゅ、かっ……♥」


 朝潮以外の誰もが思った。


 ―――――それだ原因は、と。


 手広く己の身体を攻めているせいで、常にオナニーの感覚が新鮮なのだろう。飽きというものや慣れがない。

 更に大人の玩具を使うことで、更に新鮮さがマシマシ。マジカルフィンガーの格好の餌食であった。そもそもバイブレーターの原点にして頂点こそがこのマジカルフィンガーという説が……それはさておき。

 トドメとばかりに朝潮はあくまでオナニーをトレーニングの一つと捉えているのが最悪であった。

 朝潮は自分好みのオナニーをしないのだ。

 同じ負荷を掛けず、同じやり方をせず、毎日手を変え品を変えである。オナニーを筋トレと同列に考えている。


 そう――――オナニー満漢全席であった。


 文字通り手探りのオナニーでは知らず朝潮の身体に欲求不満が溜まっていくのだ。

 成程、確かにトレーニングである。



 ―――――セックスでイキやすくなるための。



 つまりはまるで逆効果であった。
203 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 21:10:51.32 ID:ka74Lq4i0

 1.提督との朝セックスの後、朝潮は自主トレもといオナニーをする――――昼までの訓練や出撃を経て、性感が高まったままイケずに昼セックスに挑む。

 ⇒イカされ、全身の感度や練度やらが高まる。


 2.昼セックスの後、朝潮はなにくそと自主トレもといオナニーをする――――夜までの訓練や出撃を経て、イケない欲求不満ゲージが溜まったまま夜セックスに挑む。

 ⇒アクメし、膣の具合の良さや練度やらが高まる。他の艦娘と共に共同演習(隠語)することもある。


 3.夜セックスの後、既に消耗しきっている身体でしかし自主トレもといオナニーをする――――モンモンとした性欲は朝に持ち越され、朝セックスに挑む。

 ⇒オルガ・イツカもびっくりなぐらいハメ狂って色々高まる。


 4.――――1.に戻る。最近ではイカした艤装と嘯くピンク色の衝撃をお股に押し当てながら、とてもち〇ぽに似ているが違う棒状のよくわからない何かを口の中で前後させる独特の訓練を行っている。

 ⇒「深刻な砂漠化問題を抱えるサハラか何か?」って勢いで淫乱化改修が進む。無限ループって怖くね?




 かくして全身を万遍なく改修した結果、朝潮改二丁のスペックはこうなってしまったのだっっ!




〇朝潮ヘアー

 撫でられただけでトロ顔になる雑魚頭。毛量の多い子供の持つ細くと、サラサラでいてしなやかさをも持つキューティクル。てもてーてもてー。石鹸の香り。


〇朝潮スキン

 真っ白ですべすべだが、触れただけで熱を帯びて汗ばみ、甘い雌臭さを発し始める雑魚肌。指でつんつんすると意外なほど艶めいた嬌声を上げてびくんとする。


〇朝潮アイズ

 意志の強そうな少し釣り目の真ん丸アイズは司令官に見つめられるだけでハートマークが浮かぶ雑魚眼球。連動して頬が紅潮する。ぱっちりまつげ。


〇朝潮イヤー

 息を吹きかけられただけで「ひんっ」と声を上げてしゃがみ込んでしまう雑魚耳。耳たぶがやわらかい。

 甘噛みされると胸元をぎゅっと目を瞑って全身を震わせる。胸元でぎゅっと握られた小さな握り拳があざといと評判。


〇朝潮マウス

 ぷるつやピンクの唇、ちっちゃなお口はち〇ぽ差し出されただけですぐに粘液が溢れだし、じゅぼじゅぼ下品な音を立てる雑魚口唇。ぬめぬめで熱い。

 喘ぎ声だけで金が取れる。最近は喉奥まで咥え込めるようになり舌の使い方が上手になったが、口が小さいのでちょっと歯が当たるのは御愛嬌。

 先走り汁を舌で味わうだけで恍惚とした表情をするので必見。


〇朝潮ブレス

 マイナスイオンを含有。とてもいいにおいがするが、すぐに全身余すところなくイカ臭くなる雑魚吐息。入渠すると元通り。


〇朝潮ボディ

 甘ったるいミルクみたいな香りをさせる体温高めな悟りボディだが、見た目は子供、感度はどすけべという雑魚胴体。

 うっすらあばらが浮いているがところどころ女らしく肉付き始めている様子が散見される。つつくと身をよじって喘ぐ。淫乱化改修。
204 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 21:12:35.49 ID:ka74Lq4i0

〇朝潮バスト

 性的防御力と耐久力がまるゆより皆無な雑魚乳首を頂く小さな雑魚おっぱい。意外とぷにぷに感がやみつきだとか。

 さきっちょが衣服と擦れるとヤバいので絆創膏を装備。「これなら戦えます」とか正気で抜かしおるわ。

 絆創膏の上からさすると口を必死に結んで鼻でふぅふぅ息をして我慢しようとするがやはりイく。


〇朝潮ヒップ

 ボリュームこそないもののぷりぷりで艶めいた「まるくてエロい」を備えたまロさ、しかしすぐに左右に振られて男根に媚を売る雑魚尻。

 軽く叩くとぴくんっと震えて内臓器官の一部が急激にうねる。その感触がすっごくイイらしい。


〇朝潮レッグ

 太腿はなかなかボリューミーでニーソックスが映えるしなやかさ、しかし撫でられるともの言いたげに太腿をすり合わせる雑魚脚。

 改修前は太腿とふくらはぎの太さが大差ない小二レッグだったが見事な流線型を描くように。

 くるぶしがきゅっと締まっており足裏がすべすべぷにぷにで、何か棒状の物を両足裏で挟むととても気持ちよくなれそうである。


〇朝潮クリ

 ちょっぴり皮をかむった雑魚クリトリスだが、司令官に見られるだけですぐに勃起して背伸びクリトリスになるのでその事実を誰も知らない。ぴんぴんしてます。

 触るとその直下から透明な液をいきおいよく噴く。ハイドロポンプ。


〇朝潮ヴァギナ

 脚を開いても縦筋維持するぴっちり子供ま〇こだが、押し広げると生意気にも小さいながら大人の形状を保つピンク色の即イキ雑魚膣。

 ぎゅうぎゅう締まるが、男根への甘えんぼぶりが凄く引き抜く際にめくれ上がるぐらいまとわりついてくる。ぽかぽかヌルヌルであったかい。


〇朝潮アナル

 色素の沈着が一切ないピンク色の外周部をなぞられただけでヒクつき始める雑魚菊門。

 未拡張・未開発だがバックで挿入されながら指で入り口をほじられると獣みたいな声上げてイく。


〇朝潮スピリット

 絶対に司令官を満足させるという覚悟に満ち満ちており、自らがどれだけイキ狂おうと奉仕の精神を忘れないという雑魚というより奴隷精神。

 肉体の限界を迎えても精神がそれを凌駕し、何がなんでも尽くそうとする。どこぞのニート侍の真逆に位置する属性である。



 これには熟練の調教師さんも苦笑い。なんせ性感帯開発という点では手を付ける場所がほとんどない仕上がり具合なのだ。



響「こ れ は ひ ど い。何が酷いって膣内描写の筈が全身描写してるところと、その内容が特にひどい」

五月雨「パワーワードのバーゲンセールですか? なんでも雑魚って付けるだけでこんな……(エロッ! エッロ!)」

阿武隈「言葉の攻撃力って凄いと思いました(あぶぅ感)」

千代田「凄いというか、やっぱり酷いわ。いや、酷いっていうより惨(むご)いわ」

秋月(………雑魚ち〇ちん。なんて残酷な言葉……!! 同じ性器につけられる言葉なのに、字面からして意味が真逆! 容易に想像できるのが惨い!)


 何気に秋月の思考もいい感じで発酵してきている。ま〇こ嵌め比べという異次元空間の空気に、秋月の精神もやられ始めてきていた。

 が揃ってしまったのである。支配欲が旺盛で攻め好きな性的嗜好を持つ男の格好の餌食である。

 自分で触ってもあんまり気持ち良くはないが、他人にはちょっと擦られただけでイくという、全身余すところなく雑魚っぷりを露呈している。

 マジカルフィンガー持ちでもない艦娘に擦られて即イキしたのがいい証拠である。
205 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 21:20:49.67 ID:ka74Lq4i0

 提督にバックからハメられただけでイき、絶頂の余韻に浸ってるところで背筋を指でなぞられてまたイき、背筋をのけぞらせてぱくぱくした口に指を突っ込まれ、舌を弄ばれてイく。

 前戯の段階でも同様である。つるつるぷにぷにの恥丘に吐息を掛けられただけで軽くイき、舌が触れた瞬間に深くイき、それが緩やかに降下してクリトリスに触れた瞬間に潮吹いて意識がブッ飛ぶぐらい高くイく。

 今や提督に軽いバードキスをされただけで軽くイケてしまう。唇が性感帯である千代田だってここまでチョロくはない。


阿武隈(スタミナのお化けかなにか? 提督とセックス中は気持ち良過ぎて失神しちゃうときあるのに、なぜか終わった後は体の疲れが取れるとはいえ……)

千代田(ああ、強くなるわけだわ……でもこれ、天然のビッチめいた……)

秋月(トレーニングって言ったらそこらの浮浪者のもほいほい咥え込みそう……無抵抗主義マ〇コとでも?)

五月雨(それはそれでイイかもですが、今は鎮守府にとって大事な時期……徹底的に再教育しなきゃ)

響(頼む、五月雨。こればかりは君が頼りだ)


 流石にこれには五月雨もドン引きである。後にみっちりと貞操観念やら体の仕組みやらを再教育される朝潮であった。

 そんな朝潮ま〇こは、大きさと硬度の異なる無数の突起物がみっちり詰まった異次元ま〇こである。

 朝潮の興奮度に合わせていぼ状の突起が伸びて根元から亀頭までをランダムに刺激しながら、膣壁を収縮させて勝手に刺激していくのだ。

 そんな膣内描写カメラの描写を読んだ艦娘達は思った。



(((((どすけべ無抵抗奉仕主義雑魚ま〇こ……)))))



 属性もりもりだなと思うナレーションさんでした。



……
………
206 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 21:25:51.94 ID:ka74Lq4i0
※みーんな集まれー朝潮村にー♪

 どーんな事件(こと)がー、おこるかなー♪(愉快犯)

 それゆけアッヘッヘッヘ、お楽しみー♪

 秋月は今書いてるよー
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 21:28:01.59 ID:QAf7cS8+O

個人的には秋月が一番楽しみ
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 21:35:01.03 ID:+RpyrF/Ro
初心で清純なところがいいよね秋月ちゃん
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 21:35:21.14 ID:5YWXWcmA0
いや本当毎度毎度エロさと馬鹿さが突き抜けてるわ
つかこんなスレ仮に荒らそうとしても荒らしようがないだろいい加減にしろ(閉ざピュッ
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 22:02:42.04 ID:CWwEn2keo
相も変わらず五月雨のぶっ飛び具合がやべぇ
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 22:39:07.41 ID:Ro1MaeTA0
相変わらず頭いい奴が書く頭悪い文章は凄まじいな
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 23:05:57.00 ID:00NzWcWlO
マ〇コの持つ主義ってマジで何なんだよ…
逆に脳みそ軽い状態で読まないと気が触れてしまうように思えてきたぞ
いや、そもそも最高なんだけどね
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 23:16:05.46 ID:ULfLtVooo
乙。更新来てた嬉しいヤッター!
214 : ◆9.kFoFDWlA [sage]:2017/10/09(月) 23:29:15.95 ID:ka74Lq4i0
※秋月は明日! 明日って10/9ってことさ! タブンネ!

 そも原作リスペクトしてるけど、膣内描写は自由にやったっていいじゃないか。公式で膣内の具合設定されてんのか、おォン?

 ガバガバクサマン病気マ〇コとかだったら明らかアンチだけどね! そんなん書きたくないわ!

 「どうして(メス顔さらさせて)くれようかしら」って意味だよぉ! 許してよぉ!


 まあ旗風は即堕ちで選ぶ必要あんだけどな
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 23:33:43.28 ID:ud5T0SXzO
あと26分以内に続きが来ると聞いて全裸待機
216 : ◆9.kFoFDWlA [sage]:2017/10/09(月) 23:34:43.54 ID:ka74Lq4i0
※明日って今さ!
………
……



 1スレ目から美味しいところを持って行き、2スレ目の即堕ちでも美味しいところを持っていく卑しい防空駆逐艦がいるらしい。

 おそらく神風型ご褒美SSと同じか、最低でも次点には来るであろうここの卑しい読者たちの精液を無駄撃ちさせた恐るべきその防空駆逐艦の名は――――。



 ―――――臨月。


 じゃなかった秋月。まだ秋月だ。この子、初潮来てないからね。出し放題の子だから。

 満を持して大本命の番である。マ〇コだけにな。

 そんな秋月は、



秋月「ゃ、やああっ! は、離し、離してぇっ!!」



 思いのほか提督のチ〇ポを挿入する際に激しく抵抗した。抵抗すんなよ、そういう趣旨じゃねえんだ。そういうの即堕ち末尾0でいいから。

 羞恥心をドブに捨てている五月雨はともかく、秋月には人並みの羞恥心がある響・阿武隈・千代田以上に、人前で性器を晒すことへの恥じらいが強かったのだ。朝潮は羞恥心とかいう次元の話ではない。

 着任日に五月雨と共に提督と3Pしたことは秋月にとって黒歴史である――――処女を喪失したばかりの日で感覚が麻痺していたのだ。思い返すたびに茹蛸のようになる。

 その一方、提督に愛された記憶を思い出して切なげに唇をかんで瞳を揺らす。そういうところが実にあざといのだ。

 秋月がその恥じらいそのものが己の性感を高めていることに気づくのは一体いつのことであろうか。さておき、


秋月「お、おっ……お迎えさせて、頂きます、ていと、く……ぅっ……んっ……んんんっ、ああっ……ンっ


 左右から千代田・阿武隈に両手を拘束され、朝潮と五月雨に両足を押さえ付けられた秋月は、とうとう覚悟を決めた。

 提督の身体にまたがり、響がゆっくりと両肩に体重をかけて、やっと挿入と相成った。

 なお、提督に背を向ける形での挿入――――背面騎乗位の体勢であったが、これは秋月の希望である。

 曰く『提督の顔を見ながら挿入されたら、秋月、おかしくなる』『提督に、こんないやらしい顔してる私を、見られたくない』という健気なものである。

 その健気さは悲しくも男の欲情を更に掻き立てるものだと、秋月が気づくことはきっとない。

 だから秋月は、分からない。



秋月「ぇ、あっ……!? ぁ、ああああっ、う、うそ、うそっ て、てーと、く……



 騎乗位体制で逆レイプもこれで六回目――――常に正面からの挿入であったが、ここに来ての背面騎乗位。

 肉食っててまた肉が来るかと思ったら胸肉じゃなくて尻肉だったということだ。

 提督の眼前には、己が肉棒を根元まで咥え込んで嬉しそうに震える、秋月の真っ白な尻が揺れていた。

 そして挿入――――熱くぬめり、吸い付いてくる膣襞と、根元をきちきちに締め上げる膣口、そして最奥では舐めしゃぶるような子宮口の蠢き。

 更にはこれまで立て続けに挿入までされたものの射精までは至らなかった、

 五人の美少女たちの生膣の感触、そのぬかるんだ襞や壁が与えた快感と興奮度の蓄積は、



秋月「ふぁ、んく、ぁああああっ――――― あ、あつ、いぃ……



 提督を容易に、射精させた。

 秋月は、己の最奥で弾ける雄の熱い嘶きを感じ取り、同時に絶頂していた。

 膣内射精(なかだし)されている、と気づいたのはその余韻に馴染んだ十数秒後のことであった。
217 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 23:41:24.60 ID:ka74Lq4i0

五月雨「あーーーーーっ!? ず、ずるいぃいいい!! 五月雨の! それ、五月雨のなのにぃ!!」


 本気で悔しそうに涙を浮かべる五月雨。千代田は自重しろと言いたいところだったが、少し気持ちもわかる。提督を射精寸前まで興奮させたのは、誰あろう五月雨の膣であった。あれだけピストンすりゃあ、なあ……?

 というか、誰が最後に来てもこの結果だっただろう。我慢の限界は六人目で来るようになっていたのだ。


響(………これでまた秋月は練度が上がるね。それだけ、だよ……別に、この羨ましいって気持ちは、きっと、それだけ……)

千代田(…………まぁ、その。ね……女としては、膣内でイッてくれた方が、なんていうか、その……)

朝潮(朝潮も……司令官を、気持ちよくして、差し上げたかった)

阿武隈(うー…………正直、羨ましいな。いいな、秋月ちゃん……)


 そんな内心を押し殺し、各々が未だ脈動する男根をその膣内に押し込めて、陶然とした法悦に身を震わせる秋月を眺めながら、


響「………デカいね。太いね。硬そうだね」

五月雨「同じ駆逐艦サイズとは思えない………モガミン棒がずっぽり根元までとか……いつの間にここまで改修が進んでたんですかぁ!」

千代田「だから、ごんぶと恵方巻サイズをズブリしていた子の台詞じゃないってば」

朝潮「モガミン棒ってなんですか?」

五月雨「大本営では有名ですよ。最上さんには生えてるんじゃあないかって噂のことです」


 15.5cm――――日本人平均を上回るとされる大きさ。数値では平均とはホンの数センチの差であるが、実物はこれでなかなか凶悪なシロモノである。

 そんなご立派があの爽やかな笑みを浮かべ汚いことなんて何一つ知らなそう(と見せかけて絶対どすけべ)なモガミンの股間に装備されているという風評被害を流すことで提督らの男の自身を喪失させようという、卑しい深海棲艦どもの策略である。

 おのれ泊地棲姫! いずれ子宮姦をブチかましてやるからな! ここの提督が!

 なにやら提督が「そんなことしない!」とか叫んでるが嘘だゾ、絶対こいつそのうちやるゾ。


千代田「あ、あのねえ……最上に生えてるなんてありえないわよ。事実無根でしょ」

五月雨「ち〇こだけにって? うまいっ!」

千代田「そろそろ本気で拘束していいよね? うっかり手が滑ってグロ画像になっても、いいよね?」ヒュバッ


 きゃっきゃと天使のように笑う五月雨に、千代田がその両手に鋼糸を躍らせ、某王立国教騎士団のゴミ処理係のような顔をし始めた頃のことである。




響「ん……膣内描写カメラの診断結果、が………!? こ、これは……!!」




 膣内描写カメラの結果――――それを映し出すモニタを見た響が、目を剥いていた。
218 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/09(月) 23:53:05.70 ID:ka74Lq4i0

 同じくそれを見た千代田・阿武隈も驚愕――――すぐに提督から秋月を引きはがし、触診タイムへと突入する。

 未だ法悦の余韻に四肢からぐったりと力の抜けた秋月の両脚を押し広げ、まず響が指を入れた。


秋月「っ………ぁ、ふぁ、ひゃ、あ、えっ? や、やぁあああ!? ゆ、ゆび、いれちゃ、だめ、だめぇっ……♥」

響「し、締めつけと、ザラつきもさることながら……なんだ、この膣襞の動きは……な、な――――『波打って』いるぞ……!?」

五月雨「うわあ……すっごい……指全体に、膣壁が……ちゅうちゅう吸い付くように動いてるのが分かる……!」

朝潮「こ、これは……ぜ、蠕動している、のですか? お、奥に、指が飲み込まれていくようです」

阿武隈「う、うん……膣口から、奥に向かって、段階的に締め付ける動作っていうか……なんて言えばいいんだろ」

千代田「わかるわ。飲食物を飲み込む際の、喉の動きに似てるわね……チューブを絞るみたいに……しかもその力加減や緩急が不規則すぎる」

響「ゆ、ゆるゆる絡みついて、時にうねってくる強い刺激……なんだこれは? 襞も締まりも、どちらも尋常じゃないぞ……? 濡れ具合も適度で……卑猥すぎじゃないか?」

五月雨「う、うわぁっ……指一本入れた時と、二本の時で全然感触が違ってくる……!? なにこれ、なにこれ!?」

響「し、しかも指を抜くときには、恐ろしい締め付けを……速度を上げても対応してくる!? なんだこの膣は!?」

五月雨「『統率力が凄い。膣を鎮守府近海と捉えた場合、襞の一つ一つが艦娘で、侵入者から精液と言う名の菱餅を搾り取るために各個尽力して連携を取っている』……そんな膣です」

阿武隈「も、モニターに、本当にそう出てる……」

千代田「今更だけど明石さん頑張り過ぎィ!!」


 ホンマにな。

 そしてそれ以上に、秋月の膣は頑張り過ぎである。本人の意志とは全くの無関係に、絶対に精液を絞り出す動きをする。

 辛抱たまらず男が引き抜こうとすればそこに絡みついて吸い付く。

 動かず耐えようとしても、その忍耐をあざ笑うかのように膣襞はじゅるじゅると音を立てて竿に絶妙な愛撫をしかけてくる。

 気が付けば降りてきていた子宮口が亀頭の先端をぱっくりと咥え、吸い付き、後は発射される精液を嚥下しようと口を広げて待ち構える。


 隙を生じぬ二段構えに、万一すらない三段構えの初見でも既知でもどうにもならないま〇こ――――それが秋月ま〇こである。


響「言ってみれば、本当に本当に―――――男の人のち〇ぽを悦ばせるための動きをしている」

五月雨「あ、短くで言うと『限りなく■■■■■■■に近い、精液絶対搾り取るマン(コ)』だそうです……って、なんだろ。この部分、塗りつぶされてる?」

阿武隈「なぁにそれぇ」

朝潮「どすけべアルテマ〇コ!」

秋月「ッ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♥」

千代田「それ以上いけないわ、朝潮……羞恥でも人は死ぬのよ」


 快楽と羞恥が絶妙に混在した表情を両手で覆い隠しながら、いやいやをするように秋月は首を左右に振った。

 もうこれ以上、知られたくなかった。空気に当てられていたとはいえ、他の艦娘達の膣内をさんざんに弄りまわした後で、なんて浅ましいことを考えるんだろう、と己を恥じながらも、それでも嫌だと思った。

 これ以上、提督以外の人の指や視線を、この体に向けられたくなかった。

 同じ女の子、同じ艦娘とはいえ、この体を好きにしていいのも、好きにされたいのも、秋月にとっては提督唯一人だった。
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 23:56:47.06 ID:jbdRnc2EO
可愛い
220 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/10(火) 00:10:26.41 ID:zbss0NjE0

秋月「ぅ、ぅゆ、はっ♥ やっ、も、だめっ……ぅ、んぁ、はぁああああああああっ♥」


 弛緩していた秋月の身体が、再び緊張に強張り、すぐにぴくぴくと断続的な痙攣を始めた。


五月雨「えっ、い、イッちゃったの!?」

響「感度も良好か……淫乱の資質がある」

朝潮「………! これはやはり、どすけべアルテマn」

千代田「朝潮、それ以上いけないったら! 秋月が悶え死んじゃう!」

秋月(ぅ、あ………あ、秋月って、やっぱりヤらしい子、なのかな……提督の、指じゃ、ないのに、気をやって…………ぅう、恥ずかしい。死んじゃいたいっ……)


 ヒクつく膣口から、ごぽりと粘着質な音を立てて提督の精液が溢れだし、太腿を伝う。この感覚が、秋月はたまらなく好きだったが、好きという自覚がない。


秋月(あき、づき……なんで、こんな、えっちな、からだに……・提督しか、いやなのに、いやなのに……・♥)


 心と体が、ちぐはぐなのだ。尿意をどれだけ我慢しても無意味であるのと同じように。


千代田「………つまり提督が射精する時にこの動きが最大になると(ところで、なんか私、すっごくムラムラしてきたんだけど)」

響「………一滴残らず搾り取る動きをする、ということになるな(ど、動悸が、激しくなってきた)」

阿武隈「ヤダッ、エロイッ(っていうか、あたしまで興奮してきた……?)」

朝潮「なんと柔軟な……どのようにしてこのような膣の動きを会得したのですか?(お、落ち着かない気分に……この、匂いの、せい、ですか?)」

五月雨「じゅるるるる」

秋月「ぅあ、ああああああああああっ♥」

千代田「って何やってんの五月雨ェエエエエ!?」

五月雨「んふぁ? ん、じゅ……そりゃ、提督の、一番搾りを、こう、啜ってまふ」


 秋月のつるつる無毛なまっピンクま〇この膣口に唇を這わせ、思い切り吸い上げる変態がいた。

 言わずと知れた五月雨であった。その表情は恍惚とした天使であったが、やることは悪魔も逃げ出す所業である。


秋月「ゃ、やぁあっ……すっちゃ、やぁ……しょれ、しょれはっ……てーとくの、せーえきはっ……あきづきの、なのにっ……♥」

五月雨「垂れ流して、じゅる、たじゃないふか……ん、れる……ちゅる、ん、ゴク……あっは♥ この喉に絡まる感じ、すごく、好き……♥」

秋月「だめ、だめっ……か、かえしてっ、かえし――――んぶっ♥」

五月雨「えへへ……口移しで、呑ませたげますよ……ん、ぷぇ、あ……♥」

千代田「ちょ、あんたら、いい加減に、って………(だ、駄目だ。千代田も、何か、アレに、混ざりたく、なって、なんで、そっちのケなんて、千歳お姉、やだ、私)」


 マジカル精液による発情効果――――忘れた頃にやってくるふわっと設定である。

 秋月の極上の雌汁と混ざり合ったマジカルザーメンは、その匂いも強烈となっており、混ざり合うことでやや性的嗜好を狂わせる方向にブレンドされて、んん――――マンダム。


響「鎮圧だ……私たちが、まだ正気でいられるうちに」

朝潮「た、確かに! よ、よくわかりませんが、朝潮、なんだか皆さんにもご奉仕したい気分になって、これ、良くないと思います!!」

阿武隈「は、はひぃっ♥ あ、あたしも、このままじゃ、ヤバいっていうか……と、とめましゅ!」

千代田「縛!」


 千代田の糸が舞い、五月雨が拘束される。膣内を指先で弄り、中に残った精液を掻き出しては口に運んでしゃぶる秋月を、響が羽交い絞めにする。

 ひとまずどうにかしてこの場を修めんと、朝潮は阿武隈と共に秋月に下着を着用させた。


 ――――かくして、六名の膣内診断、という名のま〇こ嵌め比べは幕を下ろし――――。



……
………
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 00:16:36.48 ID:UIRgRAuQo
相変わらず面白エロイ
復活してくれて嬉しい
222 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/10(火) 00:16:45.14 ID:zbss0NjE0
※ここからが本当の天国だ……マジカルチ〇ポを持つ者を相手に逆レイプをしかける蛮勇艦娘達には演習前に一勝負してもらう

 デトックスしなきゃ……早く、早く残るどすけべ舞風を片づけて、即堕ちで川内をひどい目に遭わせなきゃ……

 今週末には投下してえなあ。願望に近い。演習パートにリキ入れ過ぎてしもうた
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 00:19:49.31 ID:Nw8cPKIWO

舞風期待
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 07:30:04.00 ID:FwQa+5YYO
良かった最後は提督が「がるるー」と唸って無双してくれるんやな
ガッツリ7Pとか、何かただで読ませて貰うのが申し訳なくなるレベルなんだが
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 08:34:40.55 ID:9QqiMDkUO
>>214
わ か る
朝潮橋も秋月もメチャエロなんだけど挿入シーン少なめで悶々としてたんだ
ありがてえ、ありがてえ……!
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 10:59:08.26 ID:g8CBefHSO
体育(意味深)の日
227 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/10(火) 22:14:08.15 ID:zbss0NjE0

※さて、ま〇こ嵌め比べ編の続きはやっぱり週末あたりで行けるかも?(小高波感)


 ところで先日の投下が久々だから内容がよくわからない人のために い つ も の あ ら す じ。



五月雨「ま〇これ!」

秋月「ど、どうぞ、よ、よろしく……お、おち〇ちん、立てて、お待ちください、ね……ぅう」

響「いいかい? 少女たちの無防備子宮に、マジカルな射精をキメるんだッッ」

阿武隈「ま、ま、まじかる…………マジカル、ち、チ〇ポ……提督が」

千代田「…………鎮守府に着任してしまいました」

朝潮「これより、艦隊は年中春まっ盛り(隠語)になります! いいことですね!」



 だいたいこんな内容なので「口を開けばち〇ぽ! ま〇こ! 恥ずかしくないのか一航戦!!」って人はブラウザバックしなさい。


228 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/10(火) 22:15:11.12 ID:zbss0NjE0

※今回のま〇こ嵌め比べ編(序章)で分かったこと


 ・阿武隈ま〇こは七変化、深さに応じて感触がどんどん変化する。ミミズ千匹とカズノコ天井と三段締めと吸い付き子宮とetc。

  一度抱いたら絶対に男が手放さない類の名器。激しいピストンよりも緩やかなストロークで膣の感触をじっくり楽しみたい性癖向き。

  声を押し殺して恥ずかしがる子にゾクゾクするなら阿武くま〇こ。乱れ牡丹が弱点。

  むっつりどすけべで恋の駆け引きで主導権を握りたい。握らせてあげると喜ぶ。ふふーんっ♥ 愛いやつ。




 ・響ま〇こはぞりぞり襞のうねり系、ねじ曲がった膣形状による強刺激とキツキツ膣道の圧迫感で愚息は即昇天。

  刺激が強すぎる初見殺し。巨根よりノーマルか平均未満の遅漏気味男根の方が楽しめる三擦り半名器で、スローセックスらぶちゅっちゅな性癖持ち向き。

  激しく動くと感じ過ぎて泣いちゃうのでソフトS向きでもある。肌が超綺麗ですぐキスマークがつく。優しくなでてあげると照れ臭そうに笑う。

  肉体の快感よりも精神の安らぎを重視するので、くっついてキスとかイチャつくのが好きだが、あまり言葉にはしない。表情はあまり変わらないので分かりづらいが優しい人が好き。




 ・千代田ま〇こは膨大な膣襞による吸引と締め付けの織り成す密着系質量地獄。太さ長さより硬さに自信がないと押し出されるレベルの膣圧を誇る。

  支配欲が強く女性の絶頂する姿に興奮する性癖には『向かない』。キス好きで密着感大好きな人向き。自分からキスしてくっついてくる甘えんぼ。

  前戯重視の人向き。質量の暴力。しりちちふともも。もちろんカワイイ系の顔立ちなのにグラマラス体型が好きな人にも向く。

  性欲旺盛だがラブラブで心が充足されるのも好きなのでどっちかを満たしてほしいというタイプ。なお性欲を満たすためにはノンストップ十回が最低ラインなので精豪じゃなきゃ死ぬ。




 ・五月雨ま〇こは捻じれ形状で伸縮自在、一度挿入しまったら最後ヌくまでヌけない魔性の絡みつき。

  より密着感のある太いチ○ポ好きだが、相手の大きさ・形状・硬度に合わせて柔軟に締め付け絡みつく。

  なじると劇的に膣内の動きが変化するとか。拉致られたら監禁輪姦されること必至。言うまでもなくドS性癖向き。

  言葉責め、スパンキングにも対応。実は羞恥心ドブに捨ててるわけじゃなく、羞恥心<性欲なだけ。恥ずかしさが性欲に加算されるタイプで、内心超恥ずかしがってるという裏設定。




 ・朝潮ま〇こは無数のイボイボな突起に満ちたうぞうぞ蠢く魅惑のぽかぽか蜜壺。大小の突起が不規則にうねりち〇ぽ全体を刺激してくるので動かなくても気持ちいい。

  むしろガンガン突きまくった方が刺激が少ないので攻め好き向きだが、ひたすら受けに徹する性癖のご奉仕されるのが好きな性癖にも向いている。

  ロリコンにとってはある意味猛毒。ロリコンを腹上死させるロリ。

  素直なので何でも言うこと聞いてくれるが、羞恥心や嫌悪がないわけではない。我慢してるだけだから無茶ばかり言うと泣いてしまうぞ。




 ・秋月ま〇こは絶対精液搾り取るマン(コ)。締め付け絡みつき蠢き飲み込む。腰が引っ張られるように奥へ奥へと誘われ、一番深いところで射精させる魔性。

  ただでさえザラキツとろふわ極名器なのに、男側がイくのに合わせて絞ってくる超淫乱ま〇こ。動いても動かなくても一分持たない。童貞は一秒持たない。

  また子宮の拡張性が高く精液の貯蔵量が凄まじい。1スレ目で精液ボテ腹晒してたのは伊達ではない。心と体が裏腹な純情少女を汚したいという下種にもラブラブ好きにも向く。

  一番厄介なのは秋月が素で男を陵辱へ駆り立てる振る舞いや男の獣性を刺激する発言をするところ。被虐体質系なアレ。苛めたくなるアレ。アレでわかっちゃうふわっと加減。





※「ETフィールドッ!(『エロ膣領域』の意) 全ッ開ッ!!」で書きました。

 みんなはどのまんk………艦娘、もといま〇娘が好みだったかな?

229 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 22:17:12.69 ID:0AQU0hHHo
頭が理解を拒否したわ(褒め言葉)
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/10(火) 22:25:36.28 ID:nKPdL2YA0
おかしい、特定の娘を書こうとしても「全員」となってしまう

正直五月雨が秋月から残骸をすする一連のシチュで主砲が臨戦態勢から戻りませんよ
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 08:10:46.30 ID:MN3RqIN2O
こんな残酷な選択肢……



五月雨ちゃんで
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 11:12:22.76 ID:JIkXoHcSO
五月雨以外で
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 12:07:58.71 ID:W8ar8VuWO
無茶ばかり言って朝潮ちゃんを泣かせたい
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 13:26:20.21 ID:OjAL8BJGo
朝潮ちゃんと秋月ちゃんを交互に味わいたい
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 21:12:12.29 ID:hReNrVFYo
この五月雨ちゃんがもしマジカルマ○コを持ったらどんな大惨事が起きるか知りたい…知りたくない?
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 21:14:44.35 ID:OrCmQpJeO
秋月ちゃん虐めたい
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 22:00:38.40 ID:7XfycYyuO
阿武隈ちゃんと添い遂げたい
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/11(水) 22:23:28.31 ID:u4LSK9M40
五月雨ちゃんの駄天使ぷりがすばらしい
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/12(木) 16:52:24.07 ID:d7v2+psA0
阿武隈飼いたい
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/12(木) 22:00:31.46 ID:9AR6kUY/o
俺もあぶぅ飼いたい

艦これACの演習のあぶぅ何だよアレかわいすぎんぞ
あと演習の香取先生には飼っていただきたい絞り尽くしていただきたいと思いました
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 13:11:28.74 ID:eEYAJOlWO
折角だから俺はこの乳千代田を選ぶぜ




死すれど悔いはない
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 20:54:04.50 ID:H+m16AfaO
アブゥをマジカル持ちにして、提督から主導権とって嬉しそうにベタベタしてきながら子種搾り取る様子を見てみたい
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 03:22:38.28 ID:zpqOWHWz0
これはいつものパターンかな?
244 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 17:16:51.47 ID:q84UJ3V00
※今日投下行けるか、明日になるか、それが問題だ。

******************************************************************

 
 マジカルア○ル・・・


 別名:マジカルケツマ○コ。マジカルクソ穴。マジカルアスホー(流暢)。エトセトラエトセトラ。ア○ルって響き、いいよね。マ○コって響きもいいよね。

 おめーじゃねーよ誰だよマルコかよって本当に誰だよお前。

 それだけで卑猥なのにマジカルって付くとチョー卑猥。

 どこがマジカルかっていうとフツーのア○ルは肛門しか締まらないけど内部まで締め付けて蠢く。伸縮性たけーなオイ。

 しかも天然ローション分泌しちゃうという手っ取り早い人外具合なアレ。アレってなんだ。アレだよ、アレ。アレって言われてなんでわからないの?

 近藤さん(隠語)なしでも病気の心配ゼロは言わずもがな、宿便の排出も自由自在で即座に準備万端バッチコイで自浄作用もある。むしろ相手の性病まで治る。

 「それってもはや膣っぽい穴であって、もはやニアピンま○こで、ア○ルである必要なくね?」っていう突っ込みを入れるいい子ちゃんよ、想像してみて欲しい。

 膣内射精を嫌がる子は多い。悪の秘密結社・ゴルゴム(隠語)が必要だ。言うまでもない。全然OKって子もまあいるっちゃいるんだろう。だってゴルゴムは ゆ゛ る゛ さ゛ ん゛ ! ! される存在だからね。

 でもね、病気の心配がないってことはア○ルで生でOKなのよ。むしろ病気治っちゃうのよ。直に体温と粘液と粘膜感じちゃうのよ。ファラウェイできちゃうのよ。
 
 しかもコレ持ちの子はフツーに性感帯がア○ルなのよ。もはやマ○コを超えたケツマ○コなのだ。

 

 ―――――とだけ書くと男にとっては素晴らしいことだし、ある意味で女の子側にも幸せだが、実はこれ、単体だと物凄い地雷スキル。

 何故か?

 子供だって知っている。


 お 尻 は 入 れ る と こ ろ じ ゃ な く て 、 出 す と こ ろ だ と 。


 そして大人になる過程で、マジカルア○ルが覚醒した女の子は知る。


 出 す の 超 気 持 ち い い 、 と 。


 恥的で痴的な知的好奇心の導くがままに、そこにそっと指を入れてしまう子もきっといて、そして気づく。


 出 す と こ ろ な の に 入 れ る と 気 持 ち い い ぞ こ の 穴 と 。


 それに気づくともう戻ってこれなくなる。

 何故か?

 大人になった彼女たちは、己の身体の神秘と、恐るべき悲劇を知る。



 お 尻 の 穴 で は 、妊 娠 で き な い。



 マジカルって頭に着いたって……できないことぐらい……ある……。

 最大の悲劇はマ○コでファックするよりア○ルファックする方が女側も男側も「きもてぃぃいいい」という点である。

 お分かりいただけただろうか。

 そう――――マ○コ使ってもらえないのだ。

 仮に使ってもらってもマジカルア○ルの具合を知ったチ○ポはマジカルア○ルでしかイケなくなるというもはや呪いの装備である。それ(精子)を膣に出すなんてとんでもない!

 百歩譲ってケツで妊娠できたとしてだ、そこから生まれた子は一生、ケツから生まれたケツ太郎、あるいはアナルという消えぬ烙印を押されるのだ。鶏の卵じゃあるめえに。

 そして出産時に母体のケツは無惨に裂けてマジカルア○ルは失われるのだ。

 これが人のやることかよォオオオオ!!


 
 【民明書房・珍固男著『マジカルケツマ○コを備えて生まれ人生勝ち組と思われた菊月が気付けばアラサーで恋人はお尻しか使ってくれず未だに処女という悲劇』】より抜粋

******************************************************************
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 18:52:26.50 ID:4V7yT6lkO
>お 尻 の 穴 で は 、妊 娠 で き な い。

こんな当たり前のことで俺の腹筋死んだわ
鍛えなきゃ
246 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:03:53.01 ID:q84UJ3V00

………
……



 ――――かくして、六名の膣内診断、という名のま〇こ嵌め比べは幕を下ろし――――。





響「さて、全員の武器、ひいては弱点まで分かったところで」

五月雨「ええ」

朝潮「覚悟はできています」

千代田「こういうの本来は日向が言うべきことらしいんだけど」

阿武隈「まあ、そうなりますよね」

秋月「え?」



 そう―――――幕が下りるわけがなかった。膜が破れるならまだしもな。



 乱れる理性。

 一秒ごとに加速していく興奮。

 欲情とは、抗えぬもの――――本能に根差す機能だ。

 五月雨と秋月を拘束した後、彼女たちは二人を引きずって隣室へと一時的に撤退した。

 そう『一時的』にだ。

 やがて艦娘達の理性もまた吹き飛び、自発的に提督にそれを求めるようになる。


響「良かった。本当に良かった。あらかじめ…………この部屋に高速修復剤をいっぱい用意しておいて……本当に良かった」

五月雨「気休めですけどね」

千代田「足りるかなあ……」

阿武隈「足りなきゃ、多分……や、やめましょ? 考えるの!」

朝潮「本能に忠実などすけべになろう、ということでしょうか!」

秋月「み、皆さん? その、何を? 何を仰っているんですか?」


 それを理解できていないのは、秋月だけだった。

 秋月は正しく、それ故に間違っていた。
247 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:05:17.77 ID:q84UJ3V00

 男の性欲というものは、女とは違う。

 まして提督という雄の性欲ともなれば、それは――――ただ一度の射精で収まるわけがない。

 秋月はこの中では比較的、発情状態が軽症である。なんせ一番搾りが未だに子宮内に残っているからだ。ホントどすけべだな。

 それ故に、本能的に満たされている。だからこそ、秋月は察しが悪かった。


響「秋月……言ってみれば、これは一つの等価交換だ。我々は己の武器を改めて認識し、持ち味や欠点を理解した。だがそれは司令官も同様だ。いや、我々以上に、既に理解し切っていると言っていいだろう」

五月雨「提督に逢うてはチ〇ポをハメる。提督に逢うてはマ〇コにハメられる」

朝潮「司令官を襲った報いは己に返る。司令官を犯した者、己の貞操も犯される」

千代田「こうなるとは思ってたけど、これほど? あ、そろそろヤバいわ。もう、何本かイッてきてる……ぐッ」

阿武隈「も、もうですかぁ!? その、えっちなきもちになってたのは否定できないけど、今から逃げるの駄目?」

秋月「え、え、え?」

響「分からないかい、秋月……私たちは既に、詰んでいたんだ」

秋月「そ、それは、どういう――――」


 秋月が疑問を投げかけようとした直前、それは秋月の背後のドアの向こうから聞こえた。


 ぶちり、と。


 硬質な糸の束を纏めて破断するような、すさまじい音だ。 


千代田「――――……られた」

秋月「え?」

千代田「拘束具が…………カーボンナノチューブ、全部……引きちぎられたわ、今」

秋月「…………え?」


 唇を噛みしめた苦悶の表情に、冷や汗を浮かべる千代田の尋常ならざる呟き声を、秋月は聞いた。

 秋月もまた慄然とした表情のまま、背後の扉へと振り返る。


 扉の向こうから、微かにベッドが軋む音が聞こえる。


 それはスプリングが軋む音だ。ベッドの上にいる『ナニカ』が動いている音。

 それだけの筈だ。


 なのに――――足音が、聞こえる。

 『ナニカ』はベッドの上から降りて、床を歩いている。

 ゆっくりとした歩みで。

 きしりきしりと。

 みしりみしりと。

 段々と音は、大きくなっていく。









 ―――――秋月の目の前の扉へと、近づいていく。


秋月「!?」

響「!? い、いかん! 予想より数分は速い!? みんな、高速修復剤を飲め!!」
248 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:13:43.36 ID:q84UJ3V00

秋月「えええええ!? それって、飲むものでしたっけ!?」

五月雨「ごっきゅごっきゅごっきゅ…………ぷは、いいから飲んで!! 内側から後で効いてきます!」

千代田「飲むのと飲まないのじゃ、全然違うって話よ! 早く飲みなさい!」

秋月「うぶっ!? けほっ、んぐ…………!?」

響「朝潮に阿武隈、資材は!? 艤装は!? 手筈は大丈夫よね!?」

朝潮「ご心配なく! 我々の艤装の傍には既に鋼材を始め、ありったけの資材を積んであります!」

阿武隈「はい! 不足時の補充についても、明石さんと大淀さんに確かにお任せしました!」

秋月「は、話が読めません!? どういうことですか!?」


 疑問の声を上げる秋月が再度、問いかけを投げた、その瞬刻の後。

 思いのほか、ゆっくりと。

 吹きこぼれる風の音で、それが察せられるほどに微かな音。

 艦娘達の誰もが、身を硬直させた。




https://www.youtube.com/watch?v=O0n-9X1MuMQ



響(あ、これアカンBGMだ)

阿武隈(知ってますこれ。食べられちゃうやつだ)

千代田(処刑用のアレだわ)

朝潮(カッコいい音楽ですね!)

秋月(知らない)

五月雨(この場合、螺子の雄雌的な意味でも食べるのは果たして私なのか、それとも……)



 開かれていく。


 ガフの扉が開く。


 扉が開き切った先に立つのは、もはやヒトにしてヒトあらざるもの。
249 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:15:11.51 ID:q84UJ3V00

 そう―――――ていとk














 

















                   ┣┓    ┏.
                  ♪' ┗┓   】┗・━┛†,   †∇
                  】  /;;〉┗・…'’  〔;;;!  ¨`・━┛【_┏'¶
                †∇  /;;/   |;;、 |;;;L_  「;;!   /7 †
                ┃! /;;;;レ>/;;Γ´_ノ;ィ;;;r‐┘_」;;レ //_, ┗・・・┓
                ¶  ノ;;;;/<ィ;;/};!.く/,;/};;ト[__;;;;;;;r'_/;;r‐┘  ,・’
               ┏┛/,;;;/  ,/;/     く/└'</レ ̄7/!|  「!_ 【
               ┃/;;;;;;;;;|  〈/┏━…・〓¨¨ ̄`・. く/ N-=,´r┘`┫
               】`~'/;;/〕!   【_         ┗〓・. .〈/i」/7 ┃
              ┏' ,/;;/_j;;L,,/┏’             】 ==' , コ┗,
.             . ┏'  ,/;;/L:;;;/_【               ┗┓〈/|」  ┃
          ┃ ┃ ,/;;/ /}「【 ̄】                ¨¨】 「l_┗・,
          j【   ‡ /;;/ ┏・¨`  ’                    ┃=,゙ r┘【
    .     】【  ┃/;;/  【                      † 〈/|j┏'`
    :      ┃【 _】^´   ,†´                           】_   【
    ┃    ┃┗'’「;;〕  †                          ‘⌒】┏’
    ┏‡      ┃   };;レ  【                            】†`
    ┃†    ┏'  _/;;/ ┏'                         【
...   】┃  ┃ 】r;;;;;;;;;「  【                         】
    ┃;   †¶ 】 7;/};;| ┏'’
    ┃【   †┗'/;/_`´ ┃     ,,
   ┃【_  ┃ ,;;//;;〕  【    _,ィ‡                       |_ |
   ,┃`¶ ┃ ///;;;L/┃ ┏',f′                       | `'|
   †’ `, ’〈/ 「;;/  【 _,,,【                         ノ,.、 ゝ、.__
  ┃  ┗’ /;/ ,イ  【,¶′【                        /ー 、,__、,.__ `\
  ,¶    /フ;;/,/;;!  ∇┏’                       /_,,._/_,ジ=、\  \
..r━┛   /´/イ;」/;;/    【                          / - 、,_  ヽ、_ :》、\   l
..'’   /;;/ ,/;j |;{ノ;;」___ ┏'’                      / ィ‐ 、_`'‐ 、,_ヾ゛\ `ヽ/´\
   く;;/ /;/〈;;」;;;;;;;;;;;;;;;;7`━;                     / / |   \_ ` ‐ 、_> ヽ_/〉
      /;/ /,;;;;/];;;;;/   【,,                   / | 〉、_/ヽ7\_i/__\_li∠、
     /;/´;;;;;;;;;;;| 「;;;;{  /  ̄【                   `'>|iヘ/'`Y´`|i //T/,-‐`ニ _‐、>'"\
     /,;;;;;;;/!;;;;| 「;;;;{// ┏┛                  //ヽ∧_ハ.イ`メ‐|./ハ'、__ 〉ノ!丶、 \
   /,;;;;;;;;;;/ 」;;;{ 」;;;;;;;;;/ ┏’                 ,.. 、/./   ,.<ゝィ;;/ `゛‐イノ」|ヘ――‐ イ!ヽ  `丶\
  /,;;;//;;/ 「;;;」/;;;;;;/ ,¶                 /ゝへヽ_./  〉YV'y‐|`vヘ \ヽ-t‐'"  ,|i   `i |
.._/,;;;/ ノ;;/  [;;「/,;;;;/   イ【_,,              /    `'ー‐'/r'v‐i'ヾ_,トイY'\_  ̄7\/ | / ト‐''´
..;;;;;/  /;;/  /,;;;;;;/  ´ ̄【               ヽ、_   ∠ーf_ハ.,l、.ト|´\ノ ソ! |ト、 \l\  !| /
..¨^   ,/;;/ /,;;;;;;;;;;〔  ┏〓’                  `''‐'゛  ̄||i`ヽ ‐| /`l/   |.| ヽ   \\V
   ,/;;;//,;;;;;;;;/};;;;〔  j†                           |l / `ヽ/   | | ヽ  ヽ\\ _
  〈;;;/;;;;;;/};;/ 」;;;;{ ,,┻・;                          〉く   /   //  ヽ  ヽ \_\` ‐ 、
...  /,;;;;;;;;;//;;{ 「;;;;{    【,,━・━‐,,                   |ヽ/  ,イ   _//    \ \_/ \\  \
... く;;;;;;;;;;;//;;;ノ {;;;;;{    ~¨ ┏・¨ ̄                    | |  /    | /      \   \_`ー 、_ \
  ヽ/ ノ;;;「  」;;;;{     ,,┛                        !  i.∧    |.|         //`ー、  r‐‐=ニ\
     /;;;;;ノ  「;;;;;;|    j【_,〓━,                   //  ハ l     |.|    / ̄ ̄/     \\
    〈;;;;;」  〔;;;;;;;;|     ̄,,''¨´                   /ヘ〈_/ ヽl |   //  /     ヽ

                                        




 提督…………………………さん?
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 22:20:32.41 ID:PgLWiW3wo
初号機じゃねーか!
251 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:22:51.26 ID:q84UJ3V00

 獣は高らかに吼え立てる。

 それを前に、艦娘達は誰一人として動けなかった。

 提督さんったらゴムせずハメたってな具合で超野蛮である。

 獣は高らかに吼え立てる。

 それを前に、艦娘達は誰一人として動けなかった。


響(よ、予想、以上……!!)

五月雨(…………オラ、おまたがジュンジュンしてきたぞ)


 おかしいな、王道少年誌っぽく言っても五月雨が変態だぞ?

 さておき、これは五月雨発案、響監修の策であった。

 この六人の膣内構造を調べ、互いの性能を理解し合おうという名目で行われた嵌め比べは、その実――――もう一つの目論見があった。



響(憲兵が先日着任した。施設案内と銘打って、現在は間宮と伊良湖に案内をさせている。今日しかなかった。チャンスはもう。今日しか)

五月雨(思いっきりハメまくれるのは、多分、今日以降はしばらくできない)



 響はともかく、五月雨は結構頭が回る――――エロに関しては特に。

 要は今のうちにハメまくり出しまくりで、練度を上げちまえという話であった。

 それだけなら単純な話だが、これは提督自身の性的な戦闘能力を計測する試みもあるのだ。

 男は焦らされると、爆発した時にスゴいという耳年増な五月雨の、半ば悪ふざけがあったのは否めない。

 提督を焦らしに焦らしたら、果たしてどんなセックスをしてくれるのか――――響は表面上「悪趣味な」と嫌悪を示したが、実はそれなりに興味もあった。

 実益もありそうだと感じ、いざ実行に至った。
















             ,,       .............,,,_
            '!',     _|  /!!!!!!|
            '!',    ',!!!|/!!!!!!!!!!!!l
::.               '!',    |!!!|!!!!!!!!!!!!!!!!l                 .       ..::::::...
:::::..          ,;'!!!!``ヽ、|!!!|!!!!!!!!!!!!!!!!|           .      .:::.     ...:::::::::::::
::::::::::...        i!!;;;;_;;::'r :i:r‐i!!!!!!;-- 、!!!!l.........._       .::.    .:::::::..   ...::::::::::::::::::::
:::::::::::::::....         |!( )!!!!!`´∧ ヽ〈´<"">ヽ'-----`'―ヽ、....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::iiill|!!!''゛^~´!!!!l、 :|ヽ `~´ |,,;:''''゛ ノ!!>、!!! ̄ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ` ̄`i!!!!//!!!',_|!|'"_,;:l |!' i  | ̄ r‐'゛;;;;;;`> \
!!i             |!!/゛``i!!|;;;;;| /=-':|/-|,、-!、,_/!!/´  ,,、ヽ ヽ
!!!i             !l'゛  |!!!`'‐'|  ;::|>=--‐‐-;`''7-''"::::::|i!\i!     il       i!!!
!!!!!i、               l!!!!!!!r'|  ;::|'゛     `| |、,,、-‐'゛!!ヽ ``',   ノ!!i,     ノ!!!!!
!!!!!!ヽ ,,,;;;;iii;;;、iヽ _     l!!!!!!!;' |  ;::|,,、--―''"ii~~゛´ヾ!!!!!!!!!!!!/!| ', i゛!!!!!ゝ    i!!!!!!!!!
!!!!!!!!ヾ_",,,,,, ヾ;;;|i `;ヽ   ii、|!!!!!l |,,,  ;:|:::::::::::::;;;;!!!!i:::::::::::::/!|i::::::::/!!!ヽ、='!!!!!!!!!ヽ  /!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ヽ,;!!!!!ヽ!-!!!!iッ|::::::,,;;;;|!!!!!!i;i;i_,,,;;'!!!!!!!!!|i,,,,__/!!!!!|_/!!!!!!!!!!゛!!!!!!!!!!ゝ _,,;;!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




提督「ハァアア…………ホ、ホッホ! ウッホ、ウッホ、ウホ!! ホアッ、ホアアーーーーッ」



 それがこのありさまだよ。提督の近代化改修には失敗したようですね。なんせ明石の手が入ってないからね。そう、手がね! フフ!

 やだ、提督さんったら長門よりゴリラ……!!
252 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:30:01.81 ID:q84UJ3V00

 目に見よ、その全身にみなぎるマジカル的アトモスフィア満タンのチャクラを。

 体を流れる血の色までピンク色ですと言われても信じますねこれは。

 さあ愚かな提督よ、いざ獣性の赴くままに、六人の艦娘達と目くるめく7Pの王様プレイを楽しみ給え―――――。




提督「フゥウウウ……………ハァアアアアア………!!」




 提督は両手の人差し指を中指を立てた異形の握りこぶしを、胸の前で交差―――――って。




 ちょっと待て。

 その構えはまさか。

 なんだ全身にみなぎるその馬鹿げたチャクラは。

 想定外だ。シナリオにないぞこんなの。

 ちょ、待て。おい、響、五月雨、止めろ。マジで止めろ。提督を止めろ。

 おそろしいことになる。

 こいつを止めないと、本当に恐ろしいことに――――。






https://www.youtube.com/watch?v=to0XR-9yimQ






 おい、そのBGMとめろ。カメラもとめろ。


 oi、おい、聞いてんのか。
253 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:32:21.63 ID:q84UJ3V00

提督「ハァア……………多重ゥ………!!」



 提督! やめろ! おまえにその技はまだ早い!!

 まだギリギリ常人枠の艦娘達の練度がおかしなことになる!!

 分かってるのか!? 未来が変わってしまう!

 これから幾人もの艦娘が着任して、そこからだ! 1スレ目の日向の下りはどうなる!?

 このまま犯っちまったら何が起こると思う!?




 タイムパラドックスだ!




































:::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::/ l::::::::::::::::::::::/  l:::::::::::::/  i::::::::::::::l      l;:;;:;;i  \:::::::::::::::l
.:::::::/   l:::::::::::/;i::::/  l:::::/   l:::::::::::::::::::/  ,/:::::::::::/   l::::::::::::::!      キ;:;:',     V:::::::::::l
:::::/   l:::::::::/ /::/    l:::::l   l:::::::::::::::::/   ,':::::::::::/     i:::::::::::::l       ',::;',    ∨::::::::l
/    l:::::::/ /::/     ,l::::/   l::::::::::::::/   /:::::::/       l:::::::::::::l        ヽヘ    ヽ:::::::l
:     l:::::/ /::/    ,i::::/    l::::::::::::/   /::::/         l:::::::::::/ /        ゙メ,   ∨:::!
    l::::,' i::,'、     ,i::/    l:::::::l:::::l   //           l:::::::::/ /          / 'i!   ∨l
    l::,!  l'  \    l!     l:::::/i:::::i  /      ./   ,':::::::/ /        /   !    Y
    l/      \  l     l::::,' l:::::l,         〈   /:::/        / ,.ィ´      !
     ,.rァ'" `丶、 `ヽ、    l::!'   ',:::l   ',   l   〉 //        /  _,.,'仁'’`丶、       未来がどうなったっていい……!
     ,イ: : : : ,/  `'ーュ 、`ヽ、!    ヽ!   ヘ   i  /         _,.イ>'¨’  ヽ,: : : : : : i〉
     l : : : : i'  仁i i !`丶,`'ーャ、     〉 / ,〈       ,. r 仁'’: :,i ' .ィャ i l : : : : : リ         ち○こがどうなったっていい……!
.     ,: : : : ム ! l リ   l: : : ∨;:;,`´`丶,/     ヽ ヽイ `´;;:;:;:/: : : : i  マリ ! リ: : : : : ノ    /
ヘ   ';;;;;丶 : : 人    .ノ: : : 丿 ;:;;:;;;:;;:;;:;:〈;:;:<;:;:;:;:;:>;:;:〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ム: : : : : ',  ー  ノ: : : /_    /     だけどこいつらは! こいつらだけは!
. ハ   ';;;;;;;;;`'ー-≧=-ィ -一'’;;;:;:;;;;;:;;;:;',   ゙ヾ、,,, ,ィ;イ    ,.ィ;:;:;:;:;:;:;`'ー=: : ゝ -‐ィ'_ ,.ィ',’.;';:;' ヾ、 /
  ヘ   ';;;;;;;;;;;;;二三三;;;;:;;;;;;;;;;;;;; '"゙  ヘヾ、        //  ´゙ヾ;:;:;:;:;:二三三ニ;:;:;:;:;:;:ノ  ゞメ
  ム    ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;; '"       ` ー ‐ '"  /       ゙'ヾ;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:ィソ’   /'
   ム                                                   //             絶  対  犯  し 抜 く  !!
ヾミ ム                                                      /
    ム                                                     /   /
ヽ、   ム                                               /  /       ←マジカルチ○ポ提督-ACT2の雄姿(おすがた)









 \(^q^)/
254 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:35:14.28 ID:q84UJ3V00

提督「多重ゥ…………!!」



 人体には、未知なる力が存在する。

 淫力(フォース)、チャクラ、オーラ、淫紋、幽淫紋(スタンド)、魔力…………様々な名で形容されるエネルギー、それは未だ科学的に解明されてはいない。

 だが、それをただ本能と遺伝子に備わる才覚のみで操る存在がいる。

 それは確かにいる。

 いるのだ。


 ここに!




「「「「「「――――――マジカル影分身の術ゥ!!」」」」」」




 ばくはつするすっごくえっちなぱわー。(小並感)

 やたら体に有害そうなピンク色の煙が閃光と共に弾ける。

 濛々と漂う粉塵の向こう側に立つ提督――――否、提督たち。

 そう、提督が十二人に増えた。


 響は狐につままれたような表情で立ち尽くしていた。

 阿武隈は開いた口がふさがらなかった。

 千代田はサキミタマみたいな表情で、眼前の現実から目を逸らしていた。

 朝潮はしいたけみたいな目をして、はしゃぐ子供を思わせる紅潮した頬に笑みを浮かべて、拳をぎゅっとした。 

 五月雨は諸々が濡れ、被虐心と感度がアップ。

 秋月は寒さをこらえるように体を竦め怯えた。胸や尻が強調されるポーズになった。わざとやってんのかこいつ。素である。いやらしい子!


 六人の中で誰が正常かと言えば、多分全員が正常なのだろう。

 ところで正常位って向き合って挿入する形をとるけど、『正常』ってなんだろうね。

 獣的には後背位の方が正常じゃね? そのうち例えるなら『異常位』的な――――。



提督's(ゴチャゴチャうるせェンだよ………仕事しろ)



 質量を持った分身体を繰り出した提督………さんである。

 一人頭二人の割り当てである。3Pである。

 なおラブラブえっちを好む秋月は性欲の権化みたいなさみなんとかっていう駆逐艦に一人分身体を奪われる模様―――――そう、4Pがおっぱじまるのだ。
255 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:38:52.75 ID:q84UJ3V00

阿武隈(わ、わー……提督、おっきいなぁ……二本、二本だぁ……は、はは、はは…………ギャーーーーッ)


 一人でさえ持て余すというのにそれが単純計算で二倍である。

 主導権を握るなど夢のまた夢だと悟った阿武隈は、心中で楳図か○お先生のキャラみたいに叫んだ。

 数秒後には中指でGスポットを『グワシ』されて『ギャッ♥』とか言いそうである、ワハハ。


響(流石の私も、これは逃げたいな……でも、司令官とのセックスで死ねるなら、悪くないような気も……海で死ぬより、快楽の嵐の中の航海で沈むのも、いいかも知れないね)


 既に諦めムードに入っている響。自業自得と理解しているので、そのうち考えるのをやめる。

 聡い彼女は、人数的に二人割り当てられるんだろうなーとなんとなく察しており、ラブラブスキーな純情性癖的に、膝が僅かに震えていた。

 それでも受け入れようとするあたり健気である。

 しかし妖精のように白く抜けた肌には、これからの始まる大情事への期待のためか……淡く、されど確かに、朱が色づき始めていた。


五月雨(私は――――生き抜く! もといイキヌく!! これから何百何千何万何億と、提督とセックスするために!!)


 流石の五月雨も戦慄に背が冷える思いだったが、膣内は熱々だった。

 頭の中では既に秋月から合意を得て奪う提督を手で握るか口で二本チャレンジするかで大いに悩むぐらいの余裕があった。

 敵が強ければ強いほど燃える王道熱血マンガ的サムシングであるがまるで燃えない不思議。

 これから秋月に対し「提督(のうちの1人)は私に任せて先にイって!」とか曇りなき眼で言い放つのだ、ハハッ。


朝潮(……お一人は膣内。お一人は、口で……そのためのどすけべ穴です!)


 冷静に正気を失っているような思考で今後の戦略を考える朝潮ちゃん。

 彼女が恐怖するとすれば、それは提督を満足させられないこと、失望されることである。ご立派だ。ただし雌奴隷として。

 いつだって提督の快楽一番の忠犬雌奴隷朝潮は、ブレることはなかった。

 多分、今回の最大の被害者であろう。救えないのが本人に被害者意識がないところだ。


千代田(何十回……いや、百、かな? 最後まで意識を保ってられるか分かんないな……これは)


 千代田が既に尊厳やら貞操を保てないのは既に織り込み済みである。その幾重にも折り重なった膣壁のようにな。

 とはいえ、いそいそと服を脱ぎだすあたり、結構本人も乗り気である。ぷるんと揺れる鞠玉おっぱいはまさにちちちよだである。

 ある意味でこの中では誰よりも性癖的にも膣内構造的にも需要と供給が合致している千代田は、かなり余裕がありそうであった。


秋月(………それでも、私は……司令に、せめて心やすらかにいて欲しい)


 ヒトを捨て、獣性を完全に解き放った獣化第二形態をとった提督に、僅かに恐怖を抱く自分を律するように、秋月は己に言い聞かせた。

 ――――とかなんとかいって一番どすけべなお誘いをして一番提督から精液を絞り出す防空駆逐艦がいるらしい。

 ほら、現に今だってスカート着用のままおずおずとスカートの中に両手を入れて、下唇を噛みしめながらゆっくりとパンティ下ろしてる。

 希望に向かって真っすぐに前を向く煌めく瞳よりも、淫蕩に乱れる瑞々しい唇的なサムシング。





提督「「「「「「がるるー」」」」」」




 このSSは不健全である。なんせ生産性がない。





……
………
256 : ◆9.kFoFDWlA [saga]:2017/10/14(土) 22:46:35.80 ID:q84UJ3V00
※一人連合艦隊ってか、ワハハ









 ワハハ……
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 23:40:01.57 ID:FVetSp29o
急に正気に戻ってどうした?
続きを書いてどうぞ
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 01:30:15.05 ID:7sD/zV/SO
タイムパラドックスだ!
過去を変えるんじゃない
未来を変えるんだ
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 11:50:25.04 ID:+4HgmMKZo
ヒエーwww
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 19:52:39.34 ID:/lQd4qb20
フフッ..SEX!!
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 20:12:11.73 ID:xOowbEwgo
やめないか!
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 19:06:20.42 ID:TAeZTZoKO
みんなSEXし続けろ
186.12 KB Speed:2.4   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)