涼「秋月家の夜」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 00:47:34.05 ID:xjSdF9uRo
突発的に書いたりょうゆめ(基本)R-18ss

・地の文あり
・成人済み設定(+5年くらい)
・若干のキャラ崩壊

以上が大丈夫ならどうぞ。
2 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 00:50:20.11 ID:xjSdF9uRo
「…………っ、ここ、かな………?」

ベッドの上、組み敷いた彼女に柔らかく囁いた。
それと同時にゆっくりと腰を律動させ、彼女の中に埋まっている僕自身が、ある一点を優しく抉った。

「ひっ、あ、や、あああっ!?」

「あは………当たり、だね」

これまでにない感覚に、シーツを掴んで一際高い嬌声を上げる彼女、桜井夢子を見下ろして、僕、秋月涼の口元が無意識に吊り上がった。
3 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 00:55:18.40 ID:xjSdF9uRo
もう一度、そこに自身を突き立てる。肉眼で確認できなくとも、一度見つけたその位置は、決して忘れない。

「だめっ♥ぁ、あっ、そこっ………♥」

もう一度、またもう一度、的確に『そこ』だけを狙い打つ。
彼女の最も弱い場所。普段は強気な彼女の泣き所であり、啼き所。
深夜の月光だけが、一糸纏わぬ彼女の輪郭を鮮明に僕の瞳へ映し出す。
部屋に響くのは、身体を打ち付ける軽音と、喉から絞り出たような嬌声。

「あっ♥ふ、あ、きゃああんっ!」
4 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:02:03.14 ID:xjSdF9uRo
「ひぁ、は、ああぁっ!」

「ね、試してみようよ………何回目でイくのか」

吐息混じりに囁く。
数秒の間を置いて、観念したように体を開き、赤面した顔を背ける愛しい彼女。

「っ………勝手にすればっ…………!」

再び吊り上がる自分の口元に気付かないまま、目の前細い腰を躊躇いなく両手で抱え込んだ。

「はい。いーち…………」

「んひぃぃっ!?あ、はぁぁっ♥♥」

緩慢な動作で抽挿を始める。強がってはいるが、その実全く気持ちいいことを隠せないところがとても可愛らしい。
5 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:09:48.31 ID:xjSdF9uRo
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「やだっ♥も、やぁ♥あ、あっ、ぁ━━━━━━━━っ!♥♥」

抽挿が10回を迎える前に、夢子ちゃんの背中がびくり、としなった。
絶頂の快感が、小刻みな吐息と一筋の唾液の形をとって彼女の口から漏れ出る。
這うような舌でそれを掬い上げた僕は、その舌で夢子ちゃんの真っ赤になった耳を舐め上げた。

「ふやぁっ!?」

「弱点…………やっと見つけたよ。
僕はまだいってないから、もう少ししようか?」

「やぁ………ひ、や、あぁん………!」

撫でるようなタッチで豊満な胸の先端を弄りながら、夢子ちゃんに悪戯っぽく尋ねてみる。
6 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:17:45.51 ID:xjSdF9uRo
「ずっ、ずるいわよっ!私の弱いトコ、見つけるまで何度も何度も━━━━━━━っ!?」

目には目を、口には口を。反論は、舌を捩じ込んで即座に塞ぐ。いつもの調子には戻させない。
抗議の声が艶声にすり替わったら、下腹部の運動を再開する。
抉って、抜き、擦って、揺らして。
見つけた弱点を執拗に、激しく責めあげると、面白いほど声が、体が跳ね上がる。

「そこっ♥ぅあ、あ、はぁっ♥やめなさ、やぁっ、やめてぇぇっ♥♥」

一突き毎にイってるんじゃないかと思う程の反応。果たして終わった後に正気を保っているのかが心配になってきた。
勿論、こんなところで止めはしないけれど。
7 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:19:57.10 ID:xjSdF9uRo
「んぅぅぅっ♥んっ、ふぁ、は、あぁぁっ♥」

「ん、くっ、ふ、はぁ、んん…………!」

組み伏せた獲物を逃がすまいと、自分という檻に閉じ込めるように彼女をかき抱いた。
まるで、溜め込んでいた彼女への獣のような独占欲のみが現出しているような有り様。
この瞬間だけは、誰のことも考えさせたくない。誰の姿も見て欲しくない。
僕だけは、僕だけに、僕だけを。

「りょう………っ♥や、あぁ……♥はげしっ、はげしい……っ♥」

「はーっ、はっ、夢子、ちゃん………!」

「ひぁっ、ん、ああぁ♥いやぁぁっ♥」
8 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:24:18.01 ID:xjSdF9uRo
打ち込まれた楔は、依然として弱点を捉えて逃がさない。
絶え間無く、確実に絶頂の淵へと追いやるように打ち付けていく。
白いシーツは波紋のように皺をつくり、快感を何とか逃がそうとする彼女の必死の奮闘を物語っていた。

だけど今は、夢子ちゃんの両手を独り占めする、そのシーツにすら嫉妬してしまいそうで。

「………ごめん」

「ふぇ………?あ、ひうっ!?」

呟くように謝罪した後、間髪入れずに彼女の白い首筋に噛み付いた。
9 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:27:16.59 ID:xjSdF9uRo
無論、血こそ流れはしないが、吸血鬼のように首の柔肌を吸い上げる。
動脈を通る血液の流れが肌越しに感じられ、彼女のすべてを支配しているような錯覚が僕を襲った。
暫くの水音の後、唇を離した跡に咲いたのは、一輪の深紅の華。夏服では絶対に隠せない位置だが、どうせ明日は二人共オフだ。

「やだぁ………っ、跡、ついちゃう………」

「つけてるんだよ………ほら、起きて?」

「えっ、あ、あああっ!?」

弛緩しきった夢子ちゃんの身体は、背中に忍び込ませた片腕で簡単に起き上げることができた。
10 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:34:08.06 ID:xjSdF9uRo
繋がったまま、僕の脚に座るような体勢。対面座位って言うんだっけ。

「これでもう、シーツは握れないね……」

「っい、いじわるっ、あ、ひあああっ♥ う、にゃ、あああぁっ!♥♥」

快楽の逃がし道だったシーツを掴む手は、いつの間にか僕の背中へと。

上から穿つような動きを、下から突き上げる動きに変化させた。
ぐちゅぐちゅと音を立てて蜜を吐き出す結合部は、中の自分ごと溶かしてしまいそうな熱を帯びていた。
いやいやと舌をもつれさせて叫ぶ姿とは裏腹に、彼女の内部は上下に擦れる僕に絡みついて離れない。

「あっ、あ、やらああっ♥涼っ、涼っ、りょうっ♥」

「っう、はぁ、わかったよ…………っ」

それ以上、言葉はもう要らなかった。
11 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:43:39.02 ID:xjSdF9uRo
右手で夢子ちゃんの頭を捉え、少しだけ乱暴に口付ける。
このまま最後までしようという、二人だけの無言の了解。

「んんっ♥ん、むぅ、ん♥ふぁ、んんんぅ♥」

「はぁっ、ん、ふぅ、む、ぷぁ…………」

舌を絡ませ、呼吸を奪い合う。
曖昧になった身体の境界が、肌に伝わる体温が、熱い吐息が、全てが心地よい。
出来ることならば、永遠にこの瞬間を味わっていたい程の幸福感に、思考がぐちゃぐちゃに融けていく。
12 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:49:19.55 ID:xjSdF9uRo
「んぅ、ん、ん━━━━━っ!♥♥♥」

「ぅあ…………くっ………!」

何度も出し入れを繰り返し、止めのように最奥まで突き込んだ瞬間、夢子ちゃんの身体が大きく跳ねた。
容量オーバー。快感の限界。塞がれている口の代わりに、僕に巻き付く細い腕が、うねる内襞が、薄い胸板に触れた突起が、その事実をありありと伝えてくれた。

一呼吸差で僕も頂点へ連れて行かれる。絶対に逃がさないよう、エクスタシーに揺れる腰をがっしりと押さえつけ、思い切り欲望を打ち放った。
13 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:53:06.13 ID:xjSdF9uRo
薄皮一枚を隔てながらもどくどくと液体が脈動する感覚が響いたようで、一度の絶頂の後にも小さな震えと喘ぎ声が。
余計な刺激を与えないようにゆっくりと彼女の中から自身を抜き、どろどろになった身体を静かに横たえた。

「はぁーっ、あ"、あぁ………っ♥」

潤んだ薄目でこちらを見ながら、肩で息をする彼女の姿に再び劣情を抱きそうになる。

「大丈夫?ごめん、久しぶりだったからつい…………」

「ん………。だいじょぶ………」

間違ってもそんなことはおくびにも出さずに、備えているティッシュで夢子ちゃんの口元を拭う。
時計は丁度2時を指していた。
14 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:56:59.32 ID:xjSdF9uRo
「ね。涼」

この後シャワー浴びるべきだろうかとか、ゴムは残り幾つあっただろうかとか、事後の冷静な頭をフル回転させている途中、ふと、左手に指が絡んだ。

「ねよ?」

「そうだね」

即断即決。
後片付けのことも、明日の朝食のメニューのことも、一言で全てが吹き飛んだ。
左手を握ったまま、皺だらけのシーツに滑り込む。今はどのベッドより、彼女のいるこのベッドで眠りたい。
15 : ◆z/Ww02S8DY [sage saga]:2017/08/04(金) 01:58:10.95 ID:xjSdF9uRo
「夢子ちゃん」

汗で髪が貼りついた彼女の額をかき分け、そっとキスを落とした。

「すきだよ」

枕元のライトを消したのは、照れた顔を見られたくなかったからだろうか。
少しの静寂の後、

「わたしも」

小さく呟きあった僕と夢子ちゃんは、まどろみと共にそのまま夜に沈んでいった。
16 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/04(金) 02:00:09.61 ID:xjSdF9uRo
とりあえず一段落。

こんな感じで気の向くまま書いていきます。

リクエストとかあればご自由にどうぞ。参考とさせていただきます。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/04(金) 03:11:04.50 ID:xYGGSOU4O

いいねえ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/04(金) 10:44:46.06 ID:92k9s4pXo
これは良いりょうゆめ
攻守逆転とか夢子目線も見たい
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/04(金) 19:04:15.64 ID:z2S2YWdBo
これはいい…
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/08/04(金) 23:47:45.66 ID:KaVDC3DY0
りょうゆめの行為を覗いてた律子を交えてそのまま3P
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/05(土) 00:17:07.41 ID:lhCskDLgo
そらストリップよ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/05(土) 19:03:06.84 ID:h4+Pua7/O
仕返しとばかりに涼をベッドに磔状態にして弱点を見つけようと攻め立てるも、結局途中から逆転される展開とか?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/05(土) 19:12:33.68 ID:EaBF4J3A0
>>22
え〜
24 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:35:21.23 ID:TKTTQuYDo
更新始めます。
25 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:37:35.79 ID:TKTTQuYDo
side夢子

「何、これ?」

コンビニから帰ってきた涼のレジ袋から出てきたのは、バニラ味の棒アイスの箱。
私が連日暑い暑いと口にしていたことを思い出したのだろうか。『今だけ!10本入り!』と書かれた直方体のパッケージを自慢げに見せつけてきた。

何にせよ、このうだるような熱帯夜から逃れられるならありがたい。
「電気代がかさむから」という妙に所帯染みた涼の提案(実際所帯持ちなのだが)により、我が秋月家のエアコンは気温30℃を越えないと仕事をしない。
今の気温は生憎の27℃。絶妙にイラつく暑さなのだ。
26 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:39:05.31 ID:TKTTQuYDo
扇風機の無限に続く往復運動にも辟易し始めた丁度その時に、思い立ったように突然出かけた涼が帰宅したという訳だ。
ありがと、と軽く微笑んでアイスに手を伸ばす。が、未だに冷気を放つ箱は、涼の手により私の届かない所へ。

「寝室で食べさせてあげるよ」

この時、暑気で思考能力の低下していた私は、気付くことができなかった。
なぜ場所に寝室を指定したのか。
なぜ「食べる」のではなく「食べさせる」と言ったのか。
なぜ、わざわざ『棒のアイス』を買ってきたのか。

目の前に用意されたアイスの誘惑に負け、私はふらふらとこの悪魔の甘言に乗ってしまった。
27 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:42:30.04 ID:TKTTQuYDo
「ぁむ………ん、ふ………んん………」

暑さに当てられ、少し溶けかけているアイスに舌を絡ませた。
ベッドに寝かされ、私に跨がるような姿勢で涼が私の口内を犯していく。

息が漏れるたび、口内で溶けたアイスがぼたぼたとシーツを汚すたび、涼は。私のくわえるアイスの持ち主は、満足そうに口角を吊り上げて笑う。
ああ、あの笑い方だ。
底知れない熱を孕んだ瞳と、嗜虐を湛えた肉食獣のような口元。

彼の『スイッチ』が入った証拠だ。

アイスを動かす手が速くなる。息継ぎし損ね嗚咽にも似た声を上げれば、涼のボルテージは更に高まっていった。
28 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:47:09.25 ID:TKTTQuYDo
「ん、美味しい?」

ばか。答えられる訳ないでしょ。言おうとした途端に口からアイスが引き抜かれた。円柱状だったそれは、舐られるうちに図らずも『そういった』形に変わっていた。

「ひゃあっ!?」

「わ、すごいや。やっぱ冷たいとイイの?」

「あ、やめっ………ひ、うゃ、あっ!」

丸く先の尖ったアイスがなぞったのは、胸の二つの突起の右側。擦るように、塗りたくるように、突き入れるように先端を弄ばれる。
首を振って拒否の意を示すが、逆効果だったようだ。
じっくりと、アイスの先が平らになるまで丁重に遊ばれてしまった。
29 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:49:00.43 ID:TKTTQuYDo
上気した肌を冷やすそれに、みっともなく感じてしまう自分が恨めしい。

「こっちも、涼しくしようか?」

「んふぁぁっ………!ひぅ、く、やめ……きゃうん!?」

「ん、れろ………。うん、甘い」

「なにして………ぅあっ!?ふ、あ♥やっ♥かむ、なぁっ………♥」

丹念に乳白液を右乳首に塗りつけた後、左側にアイスを宛がうと同時にあいつの唇が、白濁に塗れて存在を主張するそこに触れた。
涼に閉じ込められた私の先端は、舌先で捏ねくり回され、溶けたアイスと共に吸い上げられ、甘噛みされ。
既に少しずつ腰が浮き始めていることに、多分もう涼は気付いている。
30 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:51:51.35 ID:TKTTQuYDo
「…………あぁ、溶けちゃったね」

左胸にも全く同じ洗礼を受け、軽く絶頂を迎えてしまった私を見下ろして、溶けきって木の棒が露出したアイスを丸ごと口に含んでこれ見よがしに一気に呑み込んだ。

「はーっ♥………はーっ♥…………も、満足した、の?」

「いや、全然?」

「いつものようにして欲しい」という私の淡い期待はあっさりと裏切られ、涼の手には今さっき封切られたばかりだろう2本目のアイスが。
まだ、熱帯夜は終わらない。
絶望と同時に、苛められる愉しさすらもこみ上げてきたのは、私だけの内緒だ。
31 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:54:35.03 ID:TKTTQuYDo
臍の辺りをなぞられ、鎮まりかけた熱がおなかの中から再び沸き上がってくる。

「うわ………アイスでも気持ちよくなるんだね」

ぐちゅ、という音の出所は、涼に指で掻かれた私の秘所だった。
暖かな液体に濡れたそこへ、冷たい甘味がぬるりと宛がわれた。

「うそっ、や、なにする気………」

「決まってるでしょ………入れるよ?」

「ひぁ、あ、あああ━━━━━っ!!!!♥」

躊躇なく、私の中に挿入された乳白色の冷たい責め具。
出し入れと共に白濁が瞬く間に溶けていき、私の中にノータイムで流れ込んでいく。
32 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/05(土) 23:57:56.83 ID:TKTTQuYDo
「あっ、あ、うぁぁ♥ なにっ、これぇぇっ♥♥」

中を無秩序に掻き回され、熱いのと冷たいのが交互に私を苛む。
たまらず両手で顔を覆った。口の端からバニラ混じりのよだれが伝う、だらしない私の顔なんか見て欲しくない。

中のものは回転したり、入り口の突起に押し当てたり、鍋をかき混ぜるようなグラインドで着実に私を天辺まで追い詰めていく。
そして、

「いくっ、いくぅっ♥ あ、ぅあっ、ああ━━━━━━っ!!?♥♥♥」

入口付近で滅茶苦茶に暴れられたことが引き金となり、温もりのない相手の責めで私は無様に肩を抱いて達してしまった。
33 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/06(日) 00:00:13.82 ID:WBes2sUho
よりにもよって、涼の目の前で。
羞恥と絶頂感で、たちまち身体中が熱くなる。
内腿に感じるどろりとした感触。イった後もしつこく這い回る、ほのかに温かな舌の動きで、また腰が浮いてしまう。

「ずずーっ、ちゅ、んん………ぷぁ」

「ふあぁぁぁぁ♥♥や、だめぇ♥吸わないでぇっ♥」

「何で?おいしいよ?」

聞く耳持たず。止め処なくナカから溢れるそれを舌で掬い、舐め上げ、啜られ。

━━だけど、それじゃ足りない。
気持ちいいけど、それだけじゃ足りないの。

「……夢子ちゃん、どうしたの?」

「………ねが………れて………っ」
34 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/06(日) 00:03:39.40 ID:WBes2sUho
言葉がうまく出せない。潤んだ瞳から辛うじて見えたのは、相変わらず悪魔の微笑みを浮かべた涼。
だけど、足りないから。欲しいから。
私の熱は、あなたじゃないと冷ませないから。

「お願い………いれてぇ………っ!
あついので、わたしのなか、めちゃめちゃにしてぇ………!」

「………………!」

勢いよく腰を引き寄せられた。瞬間、視界に星が飛ぶ。待ち焦がれた熱の塊。

「あ、ぁっ♥やぁ♥あぁっ♥あ"━━━━っ!♥」
35 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/06(日) 00:06:56.56 ID:WBes2sUho
「ぅあっ………!すご、ぬるぬるしてっ………!」

「ちょうだいっ♥あついのもっとっ、もっとぉっ♥♥」

脳みそまでアイスみたいに溶けていく。かすかなバニラの香りに鼻孔をくすぐられ、さっきまで喉の奥で詰まっていた言葉が流れ落ちていく。

「ごめっ………今、つけてないからっ………」

「ん、やっ、だしてっ♥びゅくびゅくってだしてっ♥ひぅ、う、はああぁぁ♥」

「駄目だよっ………ふ、あ、っあ………」

駄目と言いつつも、涼の律動に止まる気配は無くて。所々で情けない声を漏らしながら、涼は私の首に手を回した。
もう、私は逃げられない。あとは彼次第。
36 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/06(日) 00:12:06.11 ID:WBes2sUho
「う、あ、━━━━━━━━っ!!」

「にゃ、は、ふああぁぁぁぁっ!!!??♥♥♥」

快感のゲージが突き破られ、頭の中はピンク一色に。暴力的なまでの絶頂に背筋はアーチを描き、空いている窓を気にも留めずに私は震えた声で叫んだ。

それから少し遅れて、つい先程まで私を苛め抜いた異物感の正体が、間抜けた音を立てて抜けていく。
そしてお腹に降り注いだ、火傷しそうな熱さの雫達。
白濁色のそれは、溶けたアイスと共に私の身体を交互に白く汚した。
37 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/06(日) 00:12:38.65 ID:WBes2sUho
ああ、やっぱり外に出したんだ。

気遣ってくれて嬉しい反面、ちょっと残念。

「ありがと………」

近づいてきた中性的なその顔にバニラ味のキスをお見舞いした後、私は意識を手放した。
38 : ◆z/Ww02S8DY [saga]:2017/08/06(日) 00:14:46.83 ID:WBes2sUho
短いけどアイスプレイ編終わり。

たくさんのレスありがとうございます。
基本的にりょうゆめ結婚してる設定なので、3Pとかはちょっとキツいかも。

また書いたら更新します。
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/06(日) 02:13:21.94 ID:pQYuzNPi0
蒸し暑い部屋で汗ダラダラ流しながらヤる汗ックスってよくない?
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/15(火) 03:51:05.33 ID:cjll04KW0
まさかりょうゆめが来るとは
最高かよ
今更ながらおつ
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/10(日) 19:11:30.44 ID:b2aPAovgO

18.00 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)