アライさんを狩るおはなし

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:22:32.78 ID:IzBqigwh0
また新しく作りました。

キャラクターの設定をまず最初に...

〜僕〜

20代。
元軍人。
怪我の後遺症が職務に影響し数年で引退。
今は死んだ親から受け継いだ広大な土地がある。
株で儲けた金や、保険金があるので、生活には困っていない。
親しい友人に、武器製造業を営んでいる男がいる。
趣味は野菜、果物を育てること。

となります。
あとあとで追加していくものもあるのでよろしくお願いします。
2 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:23:16.36 ID:IzBqigwh0


趣味で育てているオレンジの実が今まで見たこともない変な食われ方をされている。
人間が美味しいと感じる部分だけを食い荒らし、残りが捨てられているのだ。
それと足跡。
人間に近いものだ。
それが自分の土地に何か新しい生き物が入って来たという信号だということは、この土地に20年以上暮らしている僕にはわかる。

〜〜〜〜次の日〜〜〜〜

まただ。
またオレンジが食い荒らされている。
食後のデザートにしようと思ったのにがっかりだ。
絶対に正体を見つけてやる。

トラバサミがあったので、それの近くにベーコンを置き、かかるのを待つことにした。
これで正体がわかればいいのだが...。
3 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:24:18.78 ID:IzBqigwh0
〜〜〜〜また次の日〜〜〜〜

昨日と同じ時間帯に、罠を仕掛けた地点へやって来た。
なんだか変な声が聞こえる。
近づいてみると、トラバサミにかかっていたのは最近テレビでよく見かけるアライさんだった。

「あ、人なのだ!良かったのだ!これを開けてアライさんを解放するのだ!とても痛いのだ!チビたちが待っているのだー!」

子供がいるようである。
しかしトラバサミに足を食われているのになんだこの頑丈さは。
クマ用のものではないとはいえ、人間が食らってもかなり痛いだろう。
僕は人間の言葉を使うこのアライさんという生き物に強い好奇心を覚えた。
トラバサミを外し、通りがかった親切な人を装って、持っていたタオルで手当てをしてあげよう。

「はい。手当てできた。ところで、アライさんの子どもたちはどこにいるの?案内してほしいな」

「わかったのだ!かわいいアライさんのチビたちに会わせてあげるのだ!命の恩人にお礼をするのだ!」

トラバサミを仕掛けたのは僕なのに、呑気なものだ。
それに自分の子どもをかわいいとは...。
ずいぶん自信があるようだ。
4 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:24:53.27 ID:IzBqigwh0
「アライさんおなか減ってない?これあげるよ」

そう言って、万が一のための食料、偉大なポテトチップス様の袋を開け、数枚あげた。
お礼を言い、アライさんはムシャムシャと食べ始めた。

これは好意でではない。
アライさんは食欲に忠実フレンズだと聞いた。
せっかく面白いものがかかったのに、怪しまれてここで逃がしては勿体無い。
要するに餌付けだ。
美味しければ、子供にもあげようとするだろう。
僕はアライさんに案内してもらい、子供達の元へ行くことにした。


「アライさんはよその土地から来たのだ」

アライさんが話しかけて来た。

「よそ?」

「そうなのだ。他の土地はアライさんがいっぱいいるから食べ物がとても少ないのだ。だからここまで遠出して来たのだ。
途中でチビが1人真っ黒い空を飛んでいる奴に連れていかれてしまったのだ。でもアライさんはチビたちを養わなければいけないのだ。だからここへ来たのだ。ここはまだ他のアライさんはいないのだ。あ、ここは右なのだ」

真っ黒い空を飛んでいる奴とは恐らくカラスのことだろう。
僕はここで気になったことを質問してみる。

「アライさんはさ、この辺りに来て何日くらい経つの?」

アライさんは指を折り、数えている。

「お日様が沈むのを4回みたのだ!」

4日か。

「じゃあさ、この辺りに来てからこう、丸くてオレンジ色の果物を食べなかったかい?」

「食べたのだ!甘酸っぱくて美味しかったのだ!チビたちも喜んでいたのだ!」
5 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:25:38.68 ID:IzBqigwh0
こいつか。
薄々こいつではないかと思っていたが、やっぱりか。
まあまあ愛嬌があるから普通に食べ物をやろうと思っていたが、やめた。
ここまでだと僕がオレンジを取られただけで怒る童話の悪役みたいだが、違う。
確かにこいつとその子どもたちは僕の土地にあるオレンジを食べただけかもしれない。
人が育てているものと自生しているもの、それらが区別がつくなら文句は言わない。
だが、現にこうして僕が育てたオレンジを勝手に食っている。
また、他のアライさんまで来たらどうだろう。
あいつらはまた別の場所で食料を探し、いづれは家の前の家庭菜園を荒らし、納屋や物置に住む奴らも出るだろう。
だからと言って、駆除屋に依頼するのも勿体無い。
幸運なことに、ここは隣の家から距離がかなりある。
銃を使っても聞こえないだろう。

僕はこいつらを駆除することに決めた。

「アライさんも大変なんだね。じゃあアライさん、着いたらアライさんの子どもたちにたくさん食べ物をあげるよ」

「本当なのだ?やったのだ!」

たくさんと言ったが、ポテトチップスしかない。
食料以外で持っているのは、友人からもらったPSG-1と、予備の弾丸、改造してあるネイルガンだ。
アライさんはこれらを凶器だと分かっている素ぶりはない。
6 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:26:36.24 ID:IzBqigwh0
「着いたのだ!」

アライさんが指差したのは、親父が生きている頃に伐採した巨木の名残、切り株だった。
よく見ると、下の方に穴が空いている。
その穴は自然にできた穴ではなく、削ったような、齧ったような跡がある。

「チビたち!アライさんが帰って来たのだ!」

アライさんがそう言うと、穴の中からぞろぞろと小さいアライさんが3匹出て来た。
これからこいつらをアライちゃんと呼ぼう。

「ママぁ、ごはんは?」
「そこのヒトはだれなのだ?」
「おなかすいたのだー」

「チビたち、安心するのだ!このヒトさんはやさしいのだ!安心するのだ!」

どうやら信用してくれているようだ。
早速取り掛かろう。
7 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:27:19.42 ID:IzBqigwh0
「ところで、たべものはどこなのだ?」

「はい、これだよ。食べていいよ」

僕はポテトチップスの袋を逆さにした。
中からは香ばしいポテトチップスが落ちてくる。
人間の食べ物を初めて見たのか、最初は戸惑っていたが、1匹のアライちゃんが食べると、みんな同じように食べ始めた。

「おいしいのだ!」
「ヒトさんはいいものをもっているのだ!」
「のだー」

アライさんの方は別の場所で食べさせる。
子供を視界へ入れないためだ。

僕はアライちゃんたちの後ろへ忍び寄り、ネイルガンを構える。
そして引き金を引いた。
ダダダダダダスッ!

「のだ?あ...痛いのだぁぁぁぁ!」
「やぁぁぁぁ!」
「......お...あ...」

我ながら見事な早撃ち、そして命中率。
それぞれの尻尾と手に撃ち込み、動けなくする。
さすが改造してあるだけあって、威力は高いな。
......ってあれ?1匹頭に当たってビクビクと痙攣している。
...失敗は誰にでもあるよね。

死んじゃったか?
まあ別にいいや1匹減っても。
8 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:28:05.82 ID:IzBqigwh0
「!!! チビ! 何んてことするのだ!チビたちから離れるのだ!」

ポテトチップスを美味しそうに食べていた呑気なアライさんもようやく僕を敵と認識したらしい。

「たぁ〜〜!」

飛びかかって来たアライさん。
僕はアライさんの攻撃をかわし、拳を腹に叩き込んだ。
アライさん自身の突進の勢いも加わり、かなりのダメージのはずだろう。
アライさんは吹き飛び、木に激突した。

「ごほっ!がはっ!あ、あぁ...いたいのだ...」

蹲り、腹を抱え、かばうような格好をしている。
子供のことより、まずは自分のことのようだ。
9 :駆除屋さん :2017/08/25(金) 23:29:00.88 ID:IzBqigwh0
「う、あ...。いたいのだぁ...」
「にげるの...だぁ...」
「......」

どうやら1匹は死んだようだ。
他の2匹は自分のことで手一杯なのだろう、姉妹が1匹殺されたことに気づいていない。
僕から距離を取ろうとするのだが、地面に釘で固定されているため身動きが取れない。
土を爪でえぐるようにして前へ進もうとしても、やはりダメなようだ。

「うあ!はなすのだ!」

僕は釘を抜き取り、アライちゃん1匹の首根っこを掴んだ。
アライちゃんの体が宙に浮く。
そして、アライちゃんの尻尾を木に固定した。
アライさんの手がギリギリ届くかぐらいの位置だ。
アライちゃんの体重で抜けないよう、入念に3本撃っておく。

「のだぁぁぁぁぁぁ!やめて!おろしてほしいのだぁぁ!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 00:05:15.92 ID:HzapncnD0
「たぁ〜〜!」とくれば、カウンターの合図!
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 00:29:00.86 ID:G+2J7XYoO
作者さん乙っす!登場人物が銃火器の他に爆破物も扱えそうな設定ですねw続き楽しみです
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 00:56:02.70 ID:+Smt3iqlo
銃の所有が認められてる国かな…
だとしたら夢が広がりんぐ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 12:48:58.50 ID:NTJpU7wV0
アライさんのたぁ〜、ほどこちらをイライラさせるものはない
おつです
14 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 15:03:46.12 ID:l3a8GaS/O
「おい、起きろ」

僕はアライさんを蹴飛ばし、無理やりに意識を覚醒させる。

「うぁ...。いたいのだ...」

アライさんの口からは血が垂れていた。
口内からの出血か、内臓が破裂でもしたか。

「おい、あれを見ろ」

「!!! ちび!」

ようやく気づいたようだ。
幾ら何でも遅すぎないか?

「ちび...まっているのだ...」

腹を押さえながら、アライちゃんが磔にされた木に近づいていく。
こんなことをした張本人が目の前にいるのに。
なんとも無防備なことだ。
......バカなだけか?

「ちび...アライさんの手につかまるのだ!」

アライさんは背伸びをし、アライちゃんの手を掴もうとする。
15 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 15:04:20.99 ID:l3a8GaS/O
「ままぁ...」

「ちび!もうちょっと...」

アライさんは何度か空振りした後に子どもの手を掴んだ。
あとは引き下ろすだけだ。
アライさんは思い切り子どもの手を引っ張った。
すると....。
ブヂブヂッ!

「のだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!いたいのだぁぁぁぁぁぁ!」

アライさんの尻尾が引きちぎれ、そこから血液が溢れ出て来る。
16 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 15:10:47.64 ID:l3a8GaS/O
やっぱりバカだったようだ。

哀れな奴らだな、と僕は思った。
釘で固定されているものを思い切り引っ張ったらどうなるかくらい分かるだろう。
それと同時に、僕は形容しがたい興奮を覚えていた。
軍にいた頃ではとても味わえない興奮。

「あぁぁ、いたいのだぁ...」

「ちび...。だいじょうぶなのだ。アライさんがついているのだ」

親子愛が強いとも聞いたな。
これを壊したらどんな反応をしてくれるのだろう。
僕はまたネイルガンをアライちゃんに向けた。
それに気付いたアライさんが身を盾にしてアライちゃんを庇っている。
17 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 15:13:05.71 ID:l3a8GaS/O
「や、やめてほしいのだ...。なんで...。こんなことをするのだ...」

なんでって?
決まっているだろう。
予防だよ予防。
家屋に住み着かれた後では駆除が大変だからな。
...一応これからどうする予定だったかを聞いてみるか。

アライさんの傍らではアライちゃんが臀部の傷口を押さえている。
少し離れたところでは、もう1匹のアライちゃんがガタガタと震えている。

「アライさんはさ、これからどうする予定だったの?」

「.........」

「答えてくれたら、僕は消えるよ。好きなところです来た生活をするといい」

「分かったのだ。話すのだ」

「アライさんはこの先で建物を見つけたのだ。これからそこへ行って巣を作るつもりだったのだ。野菜もあったし、快適なはずなのだ」
18 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 15:14:45.57 ID:l3a8GaS/O
「アライさん」

「は、はなしたのだ!はやくどこかへいくのだ!」

「それ、僕の家」

「え?」

そう言って、僕はアライさんの左足に向けて釘を発射した。

「のだっ!あぁぁぁ!痛いのだぁぁ!」

今度は足を押さえて蹲った。
僕はガタガタと震えていただけのアライちゃんに近づいていく。

「ひ!近づくななのだ...!やめてほしいのだ!」
19 :駆除屋さん [sage]:2017/08/26(土) 15:15:54.61 ID:l3a8GaS/O
また今日の夜あたりに...
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 17:01:07.27 ID:Gtc75M/GO
最近アラ虐多すぎでしょ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 19:29:31.48 ID:GPfS9NIMO
アラ虐最高!!
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 21:11:27.97 ID:NTJpU7wV0
アラ虐ブームいいぞ〜
面白いです、おつでした
23 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 22:29:44.17 ID:Yb5kldLd0
尻尾が無いアライちゃんは放っておいていい。
どうせ痛みで動けないのだから。

アライちゃん達は僕に怯えているようだ。
バカだとはいえ、自分に危害を加える者の識別はできるらしい。

そうだ。せっかくだから試し撃ちしておくか。
これじゃ持ってきた意味がない。

僕はPSG-1を構え、まだ尻尾があるアライちゃんの頭に銃口を向ける。

「や、やめるのだ...。そのくろいのをアライしゃんにむけないでなのだ...」

「.......」

「そ、そうだ...。おなかへってるのだ?だったらおかーしゃんにいえばたべものをとってきてくれるのだ....。おかーしゃんがダメだったらあらいしゃんがおおきくなったら取ってきてあげるのだぁ...。しゅっせばらいなのだ...。だからアライしゃんをにがしてほしいのだぁ...」

命乞いか。
....って話を勝手に進めないでほしい。
害獣が取ってきた食べ物など、大金を積まれても食べるものか。
それに何が出世払いだ。
挙げ句の果てに自分だけ逃げようとする発言は流石害獣と言える。

最後に絶望を与えて終わりにしてやるか。

「五月蝿い。もういいよ。逝っていいよ」

僕は銃を下げた。
24 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 22:30:13.20 ID:Yb5kldLd0
「いっていいのだ?にげてもいいのだ?」

「ああ、いいよ」

「やったのだ...。にげるのだ...」

何だか勘違いしているようだ。

「あらいしゃんも...。つれてってほしいのだぁ...」

「ちび!いもうとをつれていくのだ!このばからはなれるのだぁ!」

おぼつかない足取りでこの場から逃走しようとするアライちゃんだが、怪我をしたアライちゃんは放置したままだ。
どうやら逃走の障害になるものは連れて行かないらしい。
親の心子知らずとはこの事である。

「そこのひとはあらいしゃんにいっていいっていったのだ!おまえじゃないのだ!」

「そんなぁ....」

「ちび!」

いい加減飽きてきた。
もう片付けよう。
25 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 22:31:31.42 ID:Yb5kldLd0
「にげるのだぁ!たべものありがとうなのだ!
あらいしゃんはこのあたりでむれをつくって、てんかをとるのだぁ!」

アライちゃんは挑発とも取れる捨て台詞を吐き、この場から逃げようとする。
アライちゃんはもう逃げ切ったつもりだろう。
僕に背を向け、茂みに入ろうとする。
アライちゃんからしてみれば全速力だろうが、人間の僕からしてみれば遅いの一言だ。

そろそろ、アライちゃんの幻想に終止符を打ってあげよう。

僕はPSG-1の銃口をアライさんに見えるよう、ゆっくりとアライちゃんに向ける。

「!!! ちびっ!にげるのだぁ!」

「のだっ?」

アライちゃんが親に呼ばれ振り向いたその瞬間、僕はトリガーを引いた。
26 :駆除屋さん :2017/08/26(土) 22:32:37.07 ID:Yb5kldLd0
PSG-1の銃口から発射された銃弾は、アライちゃんの腹部を貫いた。
アライちゃんは体験したことのない衝撃に耐えられず、背中から倒れた。
アライちゃんは最初何が起きたのかわからないような顔をしていたが、腹部から溢れる赤い液体を見たことや、じわじわと自分を襲う痛みから、ようやく何をされたか気付いたようだ。

「の、だぁ....。かはっ!ごほっ!...いたいの...だぁ....。ひとひゃん....。たすけてなのだぁ...」

バカの子供はやっぱりバカだな。
僕が加害者なのに。
助けを求めるなんて。
嘲笑とともに、もっと殺したいという欲求が湧いてくるのが分かった。
27 :駆除屋さん [sage]:2017/08/26(土) 22:33:20.82 ID:Yb5kldLd0
今日はこの辺で
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 22:58:13.89 ID:pwkpM7tl0
乙です、身内でも容赦なく見捨てるなこの害獣
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 23:23:38.50 ID:Jm0WOQ8PO

頭潰すか首切らないと回復しそう
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 23:28:05.99 ID:fWEe5ny20
アラ虐いいぞ〜
もっともっと流行れ〜
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 23:47:37.55 ID:Dm3Oql0rO
餡庫みたいに隔離できへんかねこのジャンル
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/26(土) 23:57:14.32 ID:HzapncnD0
乙です。次も楽しみ!
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/27(日) 01:32:26.55 ID:fM0mv6y30
どんどんアラ虐SSが増えて良い
続き期待してます
34 :駆除屋さん :2017/08/28(月) 23:10:11.47 ID:vmYU/h3K0
腹に銃弾をぶち込んだアライちゃんも死んだようだ。
血液の広がり方を見ると、死因は出血多量だろう。
こいつは随分あっけなかったな。

残りはどうしよう?
今回はかなり面白かったし、またやりたいな。

そう考えた僕は、残りのアライちゃんを始末し、親のアライさんを生かして、利用することにした。

さて、アライちゃんはどうしようか。
...って、逃げるな逃げるな。
アライちゃんは傷口が地面につかないように、匍匐のような移動でこの場から離れようとしている。

アライさんは標的をアライちゃんにしたことに気づいたらしい。

「やめるのだ!ちびにはてをだすななのだぁー!」

「はなすのだ!おろしてほしいのだ!」

僕は逃げるアライちゃんの首を掴んだ。
アライちゃんの体が宙に浮かぶ。

「離してほしいの?はい」

「のだ?」
35 :駆除屋さん :2017/08/28(月) 23:10:42.78 ID:vmYU/h3K0
どしゃっ。

アライちゃんの体が腹部から地面に叩きつけられた。

「のだぁぁぁぁぁ!痛いのだぁぁぁ!」

「ちび!おまえ!なんでちびをおとしたのだぁ!」

「なんでって、降ろしてって言ったからでしょ?」

アライちゃんは胸を押さえて悶絶している。

あれ?そんなにひどい落ち方したか?
あ、そうか。
あばらが折れているのか。
それじゃあ...。

僕は胸を押さえるアライちゃんの両手を退かし、親指の腹で折れていると思われる部分をクイクイと押した。
36 :駆除屋さん :2017/08/28(月) 23:11:32.46 ID:vmYU/h3K0
「のだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!やめて!いたいのだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

「ちび!おまえ!アライさんのちびにひどいことするのをやめるのだぁ!」

まあアライさんは置いておくとして、
アライちゃんは小さな手で抵抗しようとするが、大人の僕に敵うはずがない。
しばらく続けていると、血を吐き、反応が悪くなった。
弱ってきたのか。

僕はアライちゃんの手を掴み、小指を反対方向へ曲げた。
束ねた串2本くらいを折るような音がして、アライちゃんの小指は折れた。

「のあっ!あぁぁ...」
37 :駆除屋さん :2017/08/28(月) 23:12:46.77 ID:vmYU/h3K0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

両手合わせて10本の指が折れ、へんてこな形をしたアートのような形になった。
もうほとんど反応が無い。
もう始末しよう。

僕はPSG-1の銃口をアライちゃんの頭に向けた。
中身が飛び散るように、当てるのは鼻っ面だ。

「やめ...るのだぁぁぁ!」

アライさんの叫びも虚しく、森の中に銃声が響き渡った。
38 :駆除屋さん :2017/08/28(月) 23:13:38.06 ID:vmYU/h3K0
今日はこの辺で。
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/28(月) 23:19:37.06 ID:vi4ddwe40
乙です。もっとやっちゃってください!
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/29(火) 00:03:19.85 ID:Tj5OESAT0
おつ
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/29(火) 00:03:34.43 ID:2t58m0hp0
乙です
素晴らしいアラ虐期待してます
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/08/29(火) 08:26:35.61 ID:FcWTF8lA0
淡々と狩る話とはなんだったのか
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 02:31:05.92 ID:K53HfXaC0
フハハハッ!誰もいないのだ!ここをアライさんの住処にして繁殖するのだ
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 19:39:41.96 ID:Pn7pqMptO
>>43
パァン!
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 21:17:27.33 ID:ZlLcZFFW0
でかした!
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 21:19:18.15 ID:CP5jsz0Ho
野良アライさんを名無しが淡々と狩る話 終わり
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 21:20:07.80 ID:CP5jsz0Ho
そして作者さん待ちです
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 21:53:08.24 ID:Xg5QnlFmo
夏休みが終わったからかな
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 21:57:24.14 ID:vtnoD0V2o
流石に夏休み満喫してるような年齢で虐待スレ書いてるのはどうなんだ……?
50 :駆除屋さん [sage]:2017/09/24(日) 22:52:54.45 ID:rmsIeesV0
皆さんすみません。
実は別のものも書いていて遅れました。
結構溜まっているので、順次投下していこうと思います。
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 22:54:18.01 ID:yeXyjpajo
うひょー、全裸待機してる
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 23:00:24.80 ID:rmsIeesV0
近々
『アライさんと共生する社会』
的なものを作る予定です
53 :駆除屋さん :2017/09/25(月) 20:44:19.48 ID:dWnN/gcc0
「あ、あ、あぁぁぁぁぁぁぁ!」

アライさんが見たものは、自分の子どもだったもの。
頭が吹き飛ばされ、断面から血を吹き出している。

「うあ...あ...。なんで...」

「なんでちびたちをころしたのだぁぁぁぁ!」

そう言って、近くにあった枝をつかみ、襲いかかって来た。
僕はそれを受け流し、銃身でアライさんの顔面を思い切り殴った。

「ぐげっ!」

毎度お馴染みのように吹き飛ばされ、木にぶつかった。
後頭部を打ったのか、気絶したようだ。
54 :駆除屋さん :2017/09/25(月) 20:45:05.58 ID:dWnN/gcc0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「....のだ?」

アライさんが目を覚ましたようだ。
ここは僕の家の地下室だ。
暴れないように、手足を押さえ、拘束してある。

「ここはどこなのだ!
よくもちびたちを殺したな!
絶対に許さないのだ!」

目を覚ましてすぐ僕に食ってかかった。
まあ親として当然だろう。

「悪かったね。やってみたかったもんで」

少し悪役を演じてみようかな。

「ふざけるななのだ!お前のせいで!アライさんのチビは...」

「アライさん、取り引きしない?」

僕はアライさんに近寄り、言った。

「と、取り引き?」

「そう。アライさんが僕のことを許してくれたら、外へ出してあげる。制限付きだけど」

「ほざくのだ!ゆるすはずがないのだ!
早くこれを解くのだ!
お前なんかズタズタにしてやるのだ!」
55 :駆除屋さん :2017/09/25(月) 20:46:18.03 ID:dWnN/gcc0
「分からないの?」

僕はグロックを取り出し、アライさんの眉間に銃口を当てた。

「そ、それはなんなのだ?」

「君のちびたちを殺した道具のお仲間さんだよ。
僕がその気になれば、いつでも君を殺せる」

グリグリと眉間に押し付ける。

「い、痛いのだ!はやくどかすのだぁ!」

ならばお望み通り、どかしてあげよう。
僕はアライさんの眉間からずらし、耳元で引き金を引いた。
パァン!という乾いた音が狭い室内にこだまし、アライさんの頭のすぐ隣の板に穴を開けた。

「うぁぁぁぁ!耳がいたいのだぁぁ!」

おかしいな。
キィンとするだけなのに...。
あ、そうか。
アライさんたちは人間より耳がいいとも聞いた。
そのせいか。

「さて、取り引きだ。
君は他のアライさん達に、この土地へ来るよう宣伝してもらえばいい。
例えば、いっぱい食べ物があるよ、とか言ってさ」
56 :アライさん :2017/09/25(月) 20:46:50.43 ID:dWnN/gcc0
「うぅ...。お前の望み通りになったら、どうするのだ」

「さぁね。来たアライさんを殺しちゃうかも?」

「仲間を売るようなことはしないのだ!」

なるほど。
同族に対する仲間意識も強いのか。

「あっそう?じゃあ僕は君を[ピーーー]だけだよ?
代わりはいくらでもいるからね。
次は外さないよ」

僕はまたアライさんの眉間に銃を押し当てた。

「ひっ...!」

「ここで死んだら、子供達を産むことも、美味しいご飯を食べることもできなくなっちゃうよ?」

「うぅ...。わかったのだ...」
57 :駆除屋さん :2017/09/25(月) 20:47:32.34 ID:dWnN/gcc0
「ふふ...。契約成立だね」

「は、早く出すのだ。言われたことはするから、早く出すのだ」

何を言っているのだろう。

「出さないよ?」

「えっ!?」

「出すわけなんてないでしょ?
逃げるつもりなんだろうから」

「うっ!」

「あれ?図星?」
58 :駆除屋さん [sage]:2017/09/25(月) 20:52:34.05 ID:dWnN/gcc0
取り敢えずこの辺で
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/09/25(月) 20:55:18.21 ID:+wn2g4Tn0
おつ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/25(月) 21:13:12.81 ID:ywnLnX/Xo
>>1
・NGワード避けにsagaを付けよう
>>52でもう一つスレを建てるようなことを言ってるけど現状で更にスレを建てたら間違いなくエタる、終わってからにしよう
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/25(月) 22:11:06.90 ID:vD4Vf0y50
 どちらも面白いから増やすのはやめて集中してほしいのだ
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/25(月) 22:51:10.51 ID:dWnN/gcc0
了解。
まあ違う方は二部くらいできてはいるんですがね...。
なんかこっちが捗らない...。
リクエストでも取ろうかな?
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/25(月) 23:48:10.75 ID:aIxhJ5IDo
居ないと思ってたら違うの書いてたんかいワレェ
まあそっちも期待してるけどね
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/26(火) 00:46:39.48 ID:0lL0mP5hO
アライさんのおうちにひとがいるのだ

さっさと続きよこすのだ!
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/26(火) 01:11:48.71 ID:2fm7CRsB0
>>64
OK!(ズドーン)
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/27(水) 06:12:30.82 ID:xZ8zLa+U0
ひ〜!?アライさんの仲間が死んでるのだぁ に、逃げるのだ!
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/27(水) 13:17:56.07 ID:qCRKBwDNo
アライしゃんが先に逃げうのあー!
おとなはこどもをまもるのあ!ヨチヨチヨチヨチ
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/27(水) 13:39:03.16 ID:NY2/+PsQ0
大人は最初に処分したよ。わずかに寿命が伸びて良かったねアライしゃん^^(チャキ)
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/10/07(土) 13:23:55.93 ID:NI5EqUVC0
角川対策本スレ
https://may.2chan.ne.../b/res/514532498.htm

これまでの騒動経緯と問い合わせ用連絡先一覧
https://docs.google....yJ8o7M7xJga/pubhtml#

そろそろ角川に対して動けそうなのでよければ見ておいてください
たつきとファンをバカにした企業を許すな
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 14:17:29.99 ID:ysD6/tQKo
>>69
ひとりで勝手にやってろks
26.07 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)