女教師と星守たちの甘美な日常

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/11(月) 20:34:25.71 ID:hSvcC/YT0
「バトガ」の百合SSです。女教師と星守たちがひたすらイチャイチャチュッチュします。

不定期更新。キャラ崩壊、オリジナルキャラ注意。
2 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/11(月) 20:35:24.40 ID:hSvcC/YT0
先生「2人とも全問正解!」

詩穂「やったわね花音ちゃん」

花音「ええ!」

先生「今回はけっこう難しい問題を集めたんだけどなあ」

花音「ふふ、私たちはそんなにヤワな勉強はしてないもの」

詩穂「移動時間や休憩時間に少しずつでも課題はこなしてましたから」

先生「すごいなあ。私には絶対できない……」

詩穂「でも先生がこうして特別補習を組んでくださるから私たちも頑張れるんですよ?」

先生「だってあなたたちは星守とアイドルっていう二足の草鞋を履いて頑張ってるでしょ?そんな2人のことを思ったら少しでも応援したくなるの」

花音「嬉しいこと言ってくれるじゃない」

先生「でも、これからどうする?今回用意したプリントは全部終わっちゃったし……」

花音「何言ってるのよ」

詩穂「むしろこれからが本番ですよ」

先生「……そうやって両腕にしがみついてくるってことは、今日もやるんだね」

花音「か、勘違いしないでよ。アンタがシたそうな顔をしてるから仕方なくするだけなんだから」

詩穂「あらあら。そういう花音ちゃんは、今日が楽しみで眠れないって昨日の夜電話してきたじゃない」

先生「え、そうなの?」

花音「ちょ、ちょっと詩穂!それは言わないって約束だったじゃない!」

詩穂「だって電話越しでも花音ちゃんの期待に満ちた顔が想像できるくらいだったもの」

花音「そういう詩穂こそ毎日毎日学校行きたい、先生に会いたいって言ってるじゃない」

詩穂「ええ。私は花音ちゃんと同じくらい先生のこと大好きだから」

先生「ふ、2人とも……そろそろやめて欲しいなあ。聞いてるこっちが恥ずかしくなるよ……」

詩穂「ふふ、これからもっと恥ずかしいことするのにですか?」

先生「ひゃっ。もう詩穂。いきなり耳舐めないでよ」

花音「ちょっと。私もいるんだけど……」

先生「んんっ、わかってる、わかってるから花音も耳舐めないで……」

花音「私たちはアンタの弱いところは全部把握してるのよ」

詩穂「なかなか会えない分、今日はしっかり私たちのこと、愛してもらいますから」
3 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/11(月) 20:35:57.16 ID:hSvcC/YT0
先生「ちょ、詩穂、んん……」

花音「あ、今日は私が先にキスしてもらおうと思ってたのに……」

詩穂「はむっ、ん、ぷはっ。自分からいかないと先生は振り向いてくれないわよ花音ちゃん」

花音「い、言われなくてもわかってるわよ。ほら、今度はこっち向きなさい」

先生「う、うん」

花音「ほら、口開けて、舌出して」

先生「あ。んう……あむ……」

詩穂「ふふ。すっごく激しいキス。先生、キスしながらでいいので服、脱がしてくれますか?」

先生「……ん」

花音「んん、はぁ、はぁ……。ふふ、現役高校生アイドルの生徒とキスしながら他の現役高校生アイドルの生徒の服脱がすなんて、とんだヘンタイ女教師がいるものね」

先生「2人がそういう風にさせたんでしょ……」

詩穂「あら、じゃあ先生は私たちとこういうことするの嫌いですか?」

先生「……その質問はズルい」

詩穂「あんっ、せ、先生。不意打ちでおっぱい舐めるのはダメ……」

花音「ふーん。やっぱりアンタは詩穂の胸の方がいいわけね」

詩穂「あら。花音ちゃんのおっぱいもとってもきれいだと思うわ。ほら。早く脱いで先生に可愛がってもらお?」

花音「ちょ、脱ぐのは自分でできるから、いいってば……」

詩穂「可愛いブラジャーも外してっと。さ、先生。花音ちゃんのおっぱいですよ」

先生「……うん」

花音「ひゃっ、あん……。もう、アンタはいちいち揉み方がエロいのよ」

先生「でも、こういうの好きでしょ?」

花音「……まぁ、そうね」

詩穂「先生、私も花音ちゃんのおっぱい揉んでもいいかしら?」

先生「うん。せっかくだから2人でしてあげようか」

花音「そういうのって私に聞くんじゃないの?」

詩穂「もう、細かいことはいいの。あむっ、れろ……」

先生「私も。ちゅっ……はむ」

花音「ふ、2人とも、激しい……それされたら私イッちゃう……」

詩穂「と言ってますけど、どうしますか先生?」

先生「……もちろん続ける」

花音「いやっ、待って、ホントにイッちゃう、イッちゃうから!」

先生「イッていいよ、花音……」

花音「あぁ、あっ、イク……イク!」
4 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/11(月) 20:36:36.06 ID:hSvcC/YT0
詩穂「ふふ、花音ちゃん、まだビクビクしてる。胸いじられただけでイッちゃうなんて敏感ね。……ね、先生。次は私。下、触ってほしい……」

先生「わかった……。脱がすから教卓の上に座って足開いて」

詩穂「んんっ、恥ずかしい……」

先生「すごい染み……」

詩穂「だ、だって、先生とキスして、目の前で花音ちゃんがイク姿見たら我慢なんてできません」

先生「……うん、そうだね。じゃあ、脱がすよ」

詩穂「はい……」

先生「うわぁ。何もしなくても垂れてくる……」

詩穂「やだ、そんなに見ないでください。は、早く触って……」

先生「うん……」

詩穂「あっ、先生の指、きた……」

先生「詩穂の中、すごい熱い。それに、ここも固くなってる」

詩穂「あんっ!りょ、両方いじるのはダメ!」

花音「いや、むしろもっとやってあげるわ」

詩穂「か、花音ちゃん?」

花音「さっきイカされたお返しよ」

詩穂「あんっ、ち、乳首舐めないでぇ……」

先生「あ、さらに濡れてきた」

花音「ほら、アンタもそこ舐めなさいよ」

詩穂「え、待ってくださ、」

先生「……イヤ」

詩穂「あ、ああっ!先生が私の、私のクリトリス舐めてる!」

花音「……そのやかましい口、塞いであげる」

詩穂「んんっ!んん!」

花音「あむ、ちゅっ。さ、そろそろ本気でいくわよ」

詩穂「あぁぁ!乳首摘ままれながら、んっ、花音ちゃんと、チュー……!」

先生「花音も容赦ないね……。ん。れろっ」

詩穂「んん!上も下も、気持ちぃぃ!」

花音「ぷはっ、ほら、イきなさい詩穂」

詩穂「……イクう!」

先生「きゃっ、す、すごい潮吹き……」

詩穂「あぁぁ、ご、ごめんなさいぃぃ、気持ちよすぎて、つい……」
5 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/11(月) 20:37:14.21 ID:hSvcC/YT0
先生「うんうん、それはいいんだけど、ブラウスやジャケットも濡れちゃった……」

花音「……ならそれ脱いじゃおうよ」

先生「え?」

花音「私たちが脱いで、アンタが脱がないってのも変でしょ。ほら」

先生「うう、生徒に服脱がされるなんて情けない……」

花音「今に始まったことじゃないじゃない……」

詩穂「いつまでも恥じらいを捨てられない先生もかわいらしくて好きですよ」

先生「からかうのはよしてよ詩穂」

花音「わ、私も可愛い、と思う……」

先生「花音まで……」

詩穂「ですから先生の可愛いところ、もっと見せてください。」

先生「あんっ、む、胸は敏感、だから」

花音「敏感だから何よ。こんなに乳首立たせちゃってさ。今も期待してるんでしょ?ほら。椅子に座って足広げて」

先生「だ、だって2人の立派な胸触っちゃったし。そ、それに私にはない女の子の柔らかさだったから……」

詩穂「先生の、この慎ましやかな胸もかわいらしいじゃないですか」

花音「慎ましいにも程があると思うけど……」

先生「こ、これでもお風呂でマッサージとかしてたんだからね!」

詩穂「ええ。わかってますよ。だからこんなに敏感になってしまったんですよね」

先生「あっ、んっ、そ、それとこれとは、関係ないと思うけど……」

花音「でも、このわずかなふくらみ部分の柔らかさも触ってるとなかなか気持ちいいわよ」

先生「つ、つんつんしないでぇ……」

花音「じゃあ舐めるわ」

先生「あんっ!舐めるのはもっとダメ!」

詩穂「なら、やめていいんですか?」

6 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/11(月) 20:37:51.24 ID:hSvcC/YT0
先生「……イヤ」

花音「聞こえないわよ。もっと大きな声で言いなさい」

先生「ふ、2人で私のおっぱい舐めてください!」

詩穂「よく言えました」

花音「ご褒美に下もいじってあげるわ」

先生「ああっ!き、気持ちいい、気持ちいよお……」

花音「ちゅっ。ほら、どこが気持ちいいか、言いなさいよ」

先生「ち、乳首と、お、おまんこが気持ちいいです!」

詩穂「ふふ、先生本当に気持ちよさそう。このままイキたいですか?」

先生「うん、イキたい。2人とも、イカせて……」

詩穂「だそうよ花音ちゃん」

花音「しょうがないわね。一気にいくわよ」

先生「あぁぁ、イイ、イク、イク……」

花音、詩穂「イッて」

先生「イ、イク!!!」

花音「うわ、さっきの詩穂よりもたくさんの潮吹いてるじゃない」

先生「はぁ、はぁ、はぁ……そ、そんなこと言われても、しょうがないじゃない」

詩穂「それくらい気持ちよかった、ってことですよね、先生?」

先生「……うん。一瞬意識が飛びそうだった」

花音「でも、まだへばるには早いわよ」

先生「え……?」

詩穂「今度は私たちをもっと気持ちよくしてください。先生」
7 : ◆JZBU1pVAAI [sage]:2017/09/11(月) 20:39:53.66 ID:hSvcC/YT0
とりあえず今回はここまで。
すでに先生と星守たちの親密度はMAXです。
まだもう少し彼女たちの特別補習は続く予定。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/11(月) 22:03:54.20 ID:8TCX/5xQO
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/13(水) 19:23:00.10 ID:kOoBVdhoo
10 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/14(木) 20:48:26.48 ID:qzCZ7fbw0
先生「で、でも気持ちよくするっていっても何をすれば」

詩穂「今日は私たちを先生の『ネコ』にしてほしいんです」

先生「ネコ?」

花音「詩穂、もしかして昨日言ってたこと、本当にやるの……?」

詩穂「もちろん。そのためにいろいろグッズを持ってきたんだから」

先生「グッズって?」

詩穂「ふふ。これです」

先生「これは、猫耳と、尻尾?」

詩穂「はい。これをつけてネコになった私たちを、先生にいっぱい可愛がってもらいたいんです」

先生「う、うん、わかった。でも、猫耳はいいとして、尻尾はどう使うの?根元に玉が数個ついてるんだけど……」

詩穂「その部分をお尻に入れるんです」

先生「……ほんとに?」

詩穂「はい。できれば、先生に入れてほしいなって思ってます……」

先生「あれ、なんか顔が赤くなるポイントがずれてるような気がする……」

花音「し、詩穂……その尻尾は、どうしてもつけなきゃダメ?やっぱりお尻にモノを入れるのはちょっと……」

詩穂「確かに最初は痛いかもしれないけど、これ癖になるとやめられなくなるくらい気持ちいいのよ」

花音「で、でもやっぱり私は」

詩穂「もう。そう言うなら私が先に先生に入れてもらうから花音ちゃんはおとなしくそこで見てて。さあ先生。これを私のお尻に入れてください」

先生「え、いきなり?」

詩穂「あ、そうですね。まずはローションを私のお尻に塗ってもらえますか?」

先生「え、う、うん……」

詩穂「緊張しないでください。先生になら私、何されても大丈夫ですから」

先生「あ、ありがと。じゃあ、塗るね」

詩穂「はい。きてください……」

花音「ああ……し、詩穂のお尻に指が入っていく……」

先生「うわ、熱い。初めて他人のお尻の穴に指入れちゃった……」

詩穂「んんっ、そ、そのまま穴の中全体にゆっくりローションを馴染ませてくれますか?」

先生「こ、こう?」

詩穂「あ、ん……はい、そうです。先生お上手ですね。そしたら、尻尾のプラグ部分も、入れてもらっていいですか?」

先生「ほ、ほんとに大丈夫?けっこう大きい気がするんだけど……」

詩穂「はい。むしろその大きさがクセになるんです」

先生「……わかった。詩穂。入れるね」

詩穂「あっ、くぅぅ……」

先生「く、苦しいならやめるよ?」

詩穂「続けてください!全部入れるまでやめないで!」

先生「そこまで言うなら……んん、ほら。これで全部入ったよ……」

花音「あ、あんなに長かったプラグ部分が丸ごと飲み込まれたみたい……」

詩穂「はぁ、はぁ。く、苦しいけど、とても心地いい苦しさです……これで、正真正銘、私は先生にネコにしてもらったんですね」

先生「……そ、そういうことになるの、かな?」

詩穂「ふふ、甘えん坊な詩穂にゃん、いっぱい可愛がってくださいね?」

花音「ま、待って!」
11 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/14(木) 20:50:15.81 ID:qzCZ7fbw0
先生「花音?」

詩穂「ふふ、そういえばもう一匹、甘えたがりのネコがいましたね」

先生「し、詩穂?プラグを持ってどうするの……?」

詩穂「決まってるじゃないですか。花音ちゃんも私と同じようにネコにするんですよ」

先生「でもさっきは花音嫌がってたような……」

詩穂「さっきはそうだったかもしれないですけど、今はどうなんでしょう。ね、花音ちゃん」

花音「……私も、」

先生「ん?」

花音「私も、アンタにそれを入れてもらいたい!それで、詩穂と一緒にかわいがってもらいたい!」

詩穂「ということだそうですよ先生。さぁ、さっき私にやったように花音ちゃんにも入れてあげてください」

先生「か、花音?無理しなくてもいいんだよ?」

花音「うるさいわね!詩穂だけやって私にはできないって言うの!?」

先生「そ、そういうわけじゃないんだけど……」

花音「なら、私にも入れて。私も、アンタのネコに、なってみたいから……」

先生「花音……。わかった。そしたらうつ伏せになってお尻こっちに向けて」

花音「こ、こう?」

先生「うん。じゃあ、まずはローション塗るために指入れるね?」

花音「……う、あ。は、入ってきたぁぁ……お尻の中、ぐりぐりされてるぅ……」

詩穂「ふふ、花音ちゃん、気持ちよさそう」

先生「このくらいかな……。じゃあ次はプラグ、入れるよ?」

花音「い、いつでもきなさい……」

先生「う、くっ。花音?もう少し力抜いてくれないと入らないよ」

花音「そ、そうは言っても私なりに頑張ってるわよ。でも、まだ少し緊張してて」

詩穂「なら私が花音ちゃんの緊張をほぐしてあげる」

花音「ほぐすってどうやって、って、んん!」

詩穂「あむ、んふぅ、ぷはっ。どう花音ちゃん、キスしてれば緊張もほぐれるでしょ?」

花音「……。うん。詩穂とキスしてると、気持ちいいし、安心する……」

詩穂「ふふ。じゃあ花音ちゃん。私とキスしながら、お尻に入れてもらおっか」

花音「……うん」

先生「……プ、プラグ入れるね」

花音「……うぅ、んん!んうぅぅ」

先生「は、入った。全部入ったよ花音」

花音「はぁはぁ、ほ、本当?」

詩穂「おめでとう花音ちゃん。あと猫耳つけて、完成!じゃあネコとして一言先生にご挨拶をしよっか」

花音「あ、挨拶?」

詩穂「そう。さっき私が言った『詩穂にゃん』みたいな台詞よ」

花音「うぅ、恥ずかしい。……か、かにょんだにゃ〜ん、みたいな?」

先生、詩穂「可愛い……」

花音「え?」

先生、詩穂「可愛すぎるよかにょん!」

花音「ちょ、2人とも、目が血走ってるわよ?」
12 : ◆JZBU1pVAAI [sage]:2017/09/14(木) 20:54:43.05 ID:qzCZ7fbw0
少ないけど今回はここまで。
詩穂にゃんとかにょんの活躍に期待。
13 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/23(土) 17:09:32.70 ID:/KHl4jgw0
詩穂「こんなにかわいいかにょんちゃんが悪いんだよ?そうだ。顎撫でてあげるね」

花音「く、くすぐったいわよ詩穂……」

詩穂「だめよかにょんちゃん。今はネコなんだからちゃんと『にゃー』って言わなきゃ」

花音「そ、それを言うなら詩穂だってもっとネコらしく振舞ってよね!」

詩穂「そうね。そしたらネコっぽくかにょんちゃんのほっぺた舐めちゃおうかしら。にゃーん、にゃん」

花音「ひゃっ、もう……に、にゃ?ん……」

先生(結局花音も詩穂もネコになりきって、お互いを舐め合ってる。可愛いネコがこの世に存在していいの?いや、アイドル?それとも生徒?)

詩穂「にゃ。にゃーん」

先生「え、私も交ざれって?」

花音「にゃ」

先生「そうだね。今は2人のご主人様として、たっぷり可愛がってあげないとね。まずは、」

花音「にゃっ!」

先生「かにょんからかな。さ、かにょん。そこに四つん這いになって。詩穂にゃん。私のお手伝いしてくれる?」

詩穂「にゃ?」

先生「ふふ、ありがとう。じゃあ私は下半身を撫でるから、詩穂にゃんは上の方を可愛がってあげて」

詩穂「にゃ」

先生「うん。じゃあいくよかにょん。こーんな感じかな?ゆっくり優しく」

花音「んん……あっ……」

先生「ダメだよかにょん。今は『にゃー』」

花音「に、にゃー……」

先生「うーん。ホント、かにょんのお腹はキレイだなぁ。ムダなお肉は全くないし、真っ白だし」

花音「にゃ、にゃーん……」

先生「腰からお尻にかけてのラインも素敵。尻尾もあるから本当のネコみたい」

花音「にゃぁ……にゃ」

先生「太ももやふくらはぎも見てるだけで惚れ惚れする。ってあれ。太ももの内側に何か液体が伝ってるよ?」

詩穂「にゃ、にゃにゃ」

先生「ん?あ。乳首もガチガチに立ってるわね。もしかしてかにょん、発情してるの?」

花音「にゃ……あ……」

先生「うーん、私ネコの言葉わかんないからなぁ。行動で示してもらわないとなぁ。そうだ。確か発情期のメスネコは高い声で鳴きながら、うつ伏せしてお尻を突き出すって聞いたことあるわ」

花音「にゃっ……」

先生「あー、そういう行為をしてくれれば、私にも対処の仕様があるんだけどなぁ」

花音「……にゃぁ」

先生「聞こえないくらいの声しか出さないってことは違うのかな。なら、私は詩穂をかわいがろうかなぁ」

花音「にゃあ!」

先生「うわぁ。大きな声出しながらお尻まで揺らしてる……。ふふ、そんなにおねだりするなら私もちゃんと答えてあげないとね。かにょん。仰向けになって私の方を向いて」
14 : ◆JZBU1pVAAI [saga]:2017/09/23(土) 17:16:26.10 ID:/KHl4jgw0
花音「にゃぁ、にゃあ!」

先生「そんなに慌てなくても大丈夫だって。……私も我慢できないから」

花音「にゃ、にゃあ……!」

先生「下もちょっと触っただけで熱々のトロトロだね。ほら、こうやって入り口らへんをぐりぐりされるの好きでしょ?」

花音「んん!あ、あんっ……!」

先生「あは。もう声もそのまま出ちゃってるね。ねぇ。私のも、触って?」

花音「……うん」

先生「あ、はぁ……。花音に触ってもらうと、あんっ、私、すぐ気持ちよくなっちゃう……」

花音「と、当然でしょ!私は、アンタに気持ちよくなってもらいたくて、触ってるんだから」

先生「……ネコのかにょんも可愛いけど、こういうツンツンデレデレな花音の方が私好き」

花音「な、なによいきなり、って、んむ!」

先生「はむ……んん……んっ。可愛いすぎて、キスしちゃった」

花音「バカ……」

先生「ふふ、可愛い〜」

花音「なでるのもいいけど、今は……」

先生「……うん。そうだね。今はこっちだね」

花音「あんっ……!そう、そこ!」

先生「花音、私のも、ね?」

花音「……言われなくてもしてあげるわよ」

先生「んんっ!これ、大好き……!」

花音「あ、アンタも、ものすっごい大きな声出してるじゃないのよ」

先生「だ、だって、花音の指が気持ちよすぎるんだもん!」

花音「そんなヘンタイ教師にはさらにお仕置きよ」

先生「あぁぁ!お、おかしくなる、おかしくなるぅ!」

花音「はぁ……はぁ……ねぇ、そろそろ、私、イキそうなんだけど……」

先生「はぁ……はぁ……、私も……。ねぇ、花音。最後は、キスしながら、一緒にイこ?」

花音「し、仕方ないわね……」

先生「んあっ!は、激しいぃ!う、上も下も、気持ちよすぎて、す、すぐイッちゃう……!」

花音「んぶっ、私も、私も!イク!」

先生「花音!、キスして、キス!」

花音「私も、私もしたい!」

先生、花音「んん……んん!んんんんんっ!!!」
19.07 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)