【ごちうさ】タカヒロ「ココアくん、今日も素敵なお洋服だね」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:43:18.81 ID:3qk1Xe+Q0
ココア「うぇへへ…/// この服お気に入りなんですよ〜♪」
タカヒロ「これからどこかへお出かけかい?」
ココア「はい!チノちゃんと一緒に公園までおさんぽです!」
タカヒロ「そうかい、なら気を付けて行ってらっしゃ」
ココア「はい!」
タカヒロ「ところでココアくん、今晩は何か予定はあるかな?」
ココア「いいえ?特になにもありませんが?」
タカヒロ「ならば、好きなタイミングでいいから、少し私の部屋へ来てもらえないかな?」
ココア「?…いいですよ?何かお手伝いですか?」
タカヒロ「…そうだね、そんなところかな」
ココア「わかりました!」
タカヒロ「ありがとう、それじゃあ楽しんでおいで!」
ココア「はい!行ってきま〜す♪」

ココア「チノちゃ〜ん、おまたせ〜」
チノ「父とお話してたんですか?」
ココア「そだよ〜♪」

タカヒロ「相変わらずココアくんは良い娘だな」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:43:38.50 ID:3qk1Xe+Q0
~~ そして夜 ~~

<コンコン
ココア「ココアですー」
タカヒロ「ああ、入りなさい」

タカヒロ「今日は楽しめたかい?」
ココア「はい!クレープ食べたり日向ぼっこしたり、楽しかったですよ~♪」
タカヒロ「それは良かった、いつもチノと姉妹のように仲良くしてくれてありがとう」
ココア「いえいえ、姉らしいことは何もできてませんが///」
タカヒロ「ココアくん、君がうちに来てもう1年半ぐらい経つね」
ココア「そうですね~なんだかあっという間です」
タカヒロ「私とチノにとって、ココアくんは既に家族の一員だよ」
ココア「あ、ありがとうございます…なんだか照れるな///」
タカヒロ「……どうだろうココアくん、ここでもう一歩家族の絆を深めてないか?」
ココア「え?絆を深める…ですか?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:44:28.17 ID:3qk1Xe+Q0
タカヒロ「ココアくんにはお店や家事を手伝ってもらい、チノとも仲良くしてもらい、とても感謝している」
ココア「いえいえ」
タカヒロ「これは学校の方針にある"奉仕"の賜物だ、下宿先の家族の一員になるのに効果的な方針だよ」
タカヒロ「そしてココアくんにはより一層家族としての仲を深めてもらうため、更なる"奉仕"をお願いしたい」
ココア「更なる奉仕…ですか…そうですね、私ももっとお役に立ちたいし、仲良くなりたいです」
タカヒロ「やはりココアくん、君は良い子だ」
ココア「それで、どんなことをすれば良いですか?」
タカヒロ「ああ…………ちょっとばかり、私に、"ご奉仕"をしてもらいたい」
ココア「……………………え!?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:44:55.35 ID:3qk1Xe+Q0
ココア「(お、おじさんに、ご、ご奉仕!?)」
ココア「(え、それって、えっと、つまり………まさか、え、エッチな……こと!?)」
ココア「(え、ええと…でも…そんなまさか…あのチノちゃんのお父さんがそんなこと…)」
ココア「(…小説の読み過ぎかな…?まさかあの優しいおじさんがそんなこと…言うわけない…よね?)」
タカヒロ「どうかしたかい?ココアくん?」
ココア「あ、あ、いえ…あの、その、ご、ご奉仕って、何をすれば…」
タカヒロ「ココアくん…君は17歳だね…なら、もうわかってるんじゃないかな?」
タカヒロ「私を、"悦ばせて"欲しい」
ココア「悦ばせて…」
タカヒロ「ああ」
ココア「……つまり…その…おじさんと、え、エッチなことをする…んですか?」
タカヒロ「…」(コクッ
ココア「(ほんとにそうだったーーーーーーーーーーーーー!!!)」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:45:21.52 ID:3qk1Xe+Q0
ココア「あ、あの、わたし、家族との仲を深めたいし、お役に立ちたいのも本当です」
ココア「でも、その、こういうことは…ちょっと…抵抗があるというか…」
ココア「初めてだし、それに、好きな人と…あ、いえ、おじさんが嫌いなわけではなく」
ココア「恋人…みたいな、そういう人と、そういことをしたいと思える人と…できれば…」
ココア「……私にはチノちゃんもいr(ボソッ」」
タカヒロ「ココアくん!!」
ココア「ひゃいっ!?」
タカヒロ「私もその気持ちは十分理解しているさ、私が提案しているのはそういうものではないよ」
タカヒロ「何も私と恋愛関係になれと言っているわけではない、あくまで"ご奉仕"だ、つまり"仕事"だよ」
タカヒロ「ココアくんは決して愛を持ってそれをする必要はない、何なら他のこと、チノのことを考えていてもいい」
タカヒロ「一方通行でいいんだ…たった一度、一時間程度の間だけ、ココアくんと、少しだけ深い関係になりたい」
タカヒロ「私はね…こう見えても弱い人間だ、妻を亡くし、親父を亡くし…それでも精一杯チノと接し、仕事をしてきた」
タカヒロ「それでも…時々寂しくなる……色々とね…」
タカヒロ「だから………わかってもらえると嬉しい」
ココア「…」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:45:55.46 ID:3qk1Xe+Q0
タカヒロ「ココアk」
ココア「わかりました!」
タカヒロ「!」
ココア「わかりました、おじさんの気持ち、わかりました」
ココア「もちろん、不安と抵抗感でいっぱいです…」
ココア「でも…まあ…おじさんのお話を聞いていたら…一度くらいなら…あくまでご奉仕として」
タカヒロ「ココアくん!!わかってくれたかい!ありがとう、ココアくん、やっぱり君は良い"娘"だよ!」
ココア「…あ、ありがとう…ございます…」
タカヒロ「じゃあね、さっそくだけど…シャワーを浴びて準備していてくれ」
ココア「…はいっ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:47:07.48 ID:3qk1Xe+Q0
〜〜 バスルーム 〜〜
ココア「はあ…まさか本当にエッチなことだなんて…」
ココア「いいのかなわたし…チノちゃん…」
ココア「…ううん、これはあくまでご奉仕、お仕事だもん!それに一度だけだし!」
ココア「おじさんも…色々あって、辛かったんだろうね…わたしも、家族としてもっとお役に立ちたいし」
ココア「…頑張ろう」

〜〜 タカヒロ部屋 〜〜
タカヒロ「いいかな、ココアくん?」
ココア「はい…あの、わたし、頑張ります…おじさ…お父さん///」
タカヒロ「ありがとう…それじゃあまずは服を脱がせるよ」
ココア「はい…///」

(ヌギヌギ

ココア「(わわわ…///)」

(スルスルー

ココア「(下着だけになっちゃったよ…ああいよいよ始まるのかー///)」


タカヒロ「(ブラジャーと、その下には適度な膨らみ…)
タカヒロ「(…ココアくん、君は"そっち"派なんだね…)」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:47:50.99 ID:3qk1Xe+Q0
タカヒロ「綺麗だね、ココアくん」
ココア「///」
タカヒロ「さあ、次は、産まれたままの姿を見せてごらん」
ココア「は、はい///」

(ヌギヌギ

ココア「んしょっと///」
タカヒロ「(やはり胸は……)」



タカヒロ「(……ん?)」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:48:32.62 ID:3qk1Xe+Q0
ココア「あ、あの…///ぜ、ぜんぶ、ぬ、ぬぎおわr」
タカヒロ「ななな、なんと!?そ、それは!?」
ココア「ひゃいっ!?」
タカヒロ「コココココアくん!?」
ココア「な、なんでしょう?」
タカヒロ「君は…みなのか…」
ココア「え、今なんて…」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/23(土) 00:48:33.84 ID:8F5DF6Aq0
もうちょっとキャラとキャラの会話に間を開けて
読みにくい
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:49:42.56 ID:3qk1Xe+Q0
タカヒロ「工事済みなのか!?」
ココア「こ、工事!?って何ですか!?」
タカヒロ「いやいやいや、ここでお茶目はいいさ…とっているのかい?」
ココア「とって?」
タカヒロ「アレは…」
ココア「あれ?」
タカヒロ「だから、もともとそこにあったものだよ、男・性・器!!!」
ココア「だ、だんせって…ええええ!?おじさんなにをっ」
タカヒロ「とったのか!?」
ココア「いや、え?あの、え?いや、え?そもそもそんなものあるわけっ」
タカヒロ「単刀直入に言う、私はウケだ」
ココア「うけ?さっきからおじさん、なにを言って」
タカヒロ「ここへきてジョークはよしてくれ、私は攻めるだけでなく、受けたかった」
ココア「あの…もう何を言ってるかわかりませんが、わたしは見ての通り女の子ですが…」
ココア「(わたしもこんな格好で何を言ってるんだろう…)」
タカヒロ「だからジョークはいいと!ココアくん、落ち着いて聞いてくれ」
ココア「(おじさんがジョークだよね、おじさんが落ち着いてほしいな…)」
タカヒロ「改めて問う、その胸は豊胸したんだね?男性器は取って、女性器を構築したんだね?」
ココア「…」(白目)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:50:33.77 ID:3qk1Xe+Q0
タカヒロ「ココアくん!!!」
ココア「は、は、は、はい!?」
タカヒロ「どうなんだね!?」
ココア「あ、あの…あの、なぜおじさんがそんなこと聞くかわかりませんが」
ココア「冗談抜きに、真面目に言います、私は産まれてからずっと女の子です、とったりつけたりしてません」
タカヒロ「…」(白目)
ココア「と、とりあえず服を着ますよ…」

〜〜 30分後 〜〜
タカヒロ「…」
ココア「あの、おじさn」
タカヒロ「…騙したのかね」
ココア「へぇ!?」
タカヒロ「私を騙したのかと聞いているのだ!!!」
ココア「は、はい?」
タカヒロ「私は…!君を…!男の"娘"だと思っていた…!とても、楽しみにしていたのに…」
ココア「な、なんで!?」
タカヒロ「君が越してくるまえに、君のことを君の母親から聞いていた」
タカヒロ「なんでも、幼少の頃はお兄さんの影響を受けて育ったらしいじゃないか、自転車で山越えしようとしたらしいね」
タカヒロ「その証拠に、今君は、理数系が得意、休日も虫取りをするなど、まるで男の子のようだ」
タカヒロ「ところが、ある時からお姉さんにあこがれ、そうなろうと思いはじめた」
タカヒロ「なるほど、私は思った、"ああ、この子は、自分の男の子としての存在に違和感を覚え始めたのか"とね」
タカヒロ「そして、その心と体のアンバランスが生み出したのが、いまの君だ」
ココア「(…もう何を言ってるのかわかんない)」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:51:00.42 ID:3qk1Xe+Q0
タカヒロ「ココアくん、私はね、可愛い男の子が好きだ」
タカヒロ「正直に言おう、チノが産まれた時は少し残念に思った」
ココア「(…これは夢かな)」
タカヒロ「そこに君が越してくるとき、君の素性を聞いて、心の底から湧き上がる歓喜を抑えずにはいられなかった!!!」
タカヒロ「君といつか、"深い仲"になれる日を待ちわび、常に細心の注意を払って接してきた、そう、あったはずのモノで掘られる日を待って!」
タカヒロ「そして迎えた今日という日…君は…私を失望させ、恥までかかせてくれたね!!!」
ココア「い、いや、そんなこと言われても、おじさんが勘違いしていただけでっ」
タカヒロ「じゃあなぜ!私が常にココア"くん"と呼んでいたことを疑問に思わなかったのかね!?」
ココア「それは、おじさんが紳士な人だと思って…第一青山さんにだってくん付けじゃないですか!」
タカヒロ「それは紳士としての対応さ」
ココア「(もう何がなんだかだよ…)」
タカヒロ「ココアくん、君に二つの選択肢を与えよう、今すぐうちを出ていくか、男の子として性転換するかだ」
ココア「な、なんで、わたしなにも悪くな」
タカヒロ「どちらか選べ!!!」
ココア「もう…わけわかんないよ…(グスン」
タカヒロ「泣いて許してもらえると思うな、これだから女は嫌いだ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:51:38.09 ID:3qk1Xe+Q0
ココア「(…そうだね、そもそもわたしは既にまちがいをおかしていたよ…)」
ココア「(そもそもおじさんとエッチなことをしようとした時点で、もうこの家に居る資格はないよ…)」
ココア「(なんであの時断らなかったんだろう…いや、断っても結果は同じだったかもしれないな)」
ココア「(どっちみちおじさんとこんな状態じゃ、この家には居られないよね…)」
ココア「(チノちゃん…ごめんね…わたしにはどうもできないよ……)」
ココア「(とりあえず…千夜ちゃんの家にでもお願いして……)」
ココア「(この街に居る限り、また会えるから…おじさんに会っちゃう可能性もあるけど…)」
ココア「(こうするしかないよ…)」
ココア「…わかりました、出ていきます」
タカヒロ「そうか、ならさっさと荷物をまとめなさい」
ココア「っ…わかりました、これでも、わたし、この家に居て、とても楽しかったですよ」
ココア「おじさんのことも、ついさっきまで、お父さんと思ってました」
ココア「いままで…お世話になりました(グスン」
ココア「さようなら!!!」(ダダダダダ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/09/23(土) 00:52:42.15 ID:3qk1Xe+Q0
ティッピー「待つんじゃ!!!」

ココア「え!?」
ティッピー「待つんじゃココア!」
ココア「え、ティッピーが喋って、チノちゃんの腹話術????」
ティッピー「細かいことはええ、これを使うんじゃ」(ポトッ
ココア「な…///これ、なんか、おちんt…みたいな…///」
ティッピー「これは『ペニバン』というものじゃ!これをココアの腰に付けて」
ココア「や、やだ、恥ずかしい///」
ティッピー「ほれ!息子ケツ出せ!」
タカヒロ「うわっ、お、おやじ」(ズボンスルー
ティッピー「行け!ココア!」(セナカドン!
ココア「わあああああああきゃああああああああああああ」

(ズブブブブブブ

タカヒロ「あああああああああああああいいいいいいいいい///」
タカヒロ「あああココアくんもっと奥だ、もっとついて、ああああいいぞおおおおおおお///」
タカヒロ「あああああああい、いくううううううああああああああああああ///」(ドピュ
タカヒロ「はあはあはあ…こ、ココアくん、なかなかいい"モノ"持ってるじゃないか…ハァハァ///」
タカヒロ「し、しかたない、おやじのお墨付きもある、君が女なのはとても惜しいが、この家に居てもいいだろう///」
タカヒロ「…た、たまには、ソレで、私と…あ、遊んでくれたまえ///」

ココア「(ああこれは夢だよね夢、きっと青山さんの小説を読み過ぎたんだねー♪)」

〜〜 こうしてココアは無事、香風家に居続けることができました 〜〜

THE END
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/23(土) 04:13:08.95 ID:XrriFnZQo

酔った🍺😵🌀勢いで書いたのかな
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/23(土) 18:30:47.89 ID:pNhHn/i8o

声出してわろたわ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 07:57:57.30 ID:c2/nd5iSO
なんやねん
13.77 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)