【安価・コンマ】もう一つの魔法少女U【外伝】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:20:30.48 ID:Ww4e8TBWO
魔法少女の安価スレです
舞台は元ネタの8年前の世界です
元ネタと同じ通り分岐点で会話安価等を募集します
その安価を元に>>1が調整をかけて書き進めます


また元ネタのいちさんはグロスカリョナは苦手なみたいなので>>1もそれに従う予定でしたが
そのいちさんがエターになりましたので緩和します

スカ…尿系はok
リョナ…基本的に部位破壊系もこのスレからokですが部位破壊の時点でbad確定

※前スレ
【安価】もう一つの魔法少女【外伝】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1490814291/
2 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:22:12.92 ID:Ww4e8TBWO
前スレ安価募集を継続します
※22時まで

即死回避の為前スレの物も>>1がこちらに貼り付けます
3 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:23:05.33 ID:Ww4e8TBWO
995 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします sage 2017/10/13(金) 00:00:23.02 ID:TQCJ0dbsO
直接触れずアナルを円を描き指でなぞるように開発
4 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:23:34.76 ID:Ww4e8TBWO
996 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします sage 2017/10/13(金) 00:15:14.34 ID:fBBDWUr50
クリームに催淫粘液を少し混ぜてマッサージ
5 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:25:55.65 ID:Ww4e8TBWO
申し訳ありませんがキャラ指定はできません静香の判定のコンマ時08に近い物がでれば
静香に以下のイベントが起きます

997 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします sage 2017/10/13(金) 05:43:28.08 ID:q4+J3XDmO
詩織
クリームを塗る段階で催淫粘液を代わりに塗りたくり
効果が出始めたところで触手で拘束し前後の処女を奪う

6 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:30:34.61 ID:Ww4e8TBWO
上と同じ理由でこちらもです
片方だけ14に近い値が出れば片方だけにこれが行われます

998 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします sage 2017/10/13(金) 09:56:06.14 ID:vjcbIXd90
まだ次スレ立てないのかな

手順5の段階で二人を拘束具で動けなくしておいて手順8でリッパーの催淫粘液を二人に塗りたくる

マッサージにより全身の感度が最大限にまで高まった状態で処女貫通

時間終了までたっぷり中出し凌辱が行われ催淫粘液の効果もあって二人は何度も絶頂を味わうことに
7 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/10/13(金) 12:43:19.83 ID:Ww4e8TBWO
現在募集中の安価

今からノイズリッパーとエステ資格を持つセクハラおじさんがエナジーテラピーで魔法少女である静香と詩織に酷い事をしようとしています

ノイズ
【名前】リッパー
【性別】♂
【容姿】人間の上半身に烏賊の足、イソギンチャクの様な触手状の腕を持つ。舌も非常に長い
【備考】(付け足したい事があれば)
連続強姦魔がノイズに侵食されたなれの果て。
性欲が異常に発達しており眼鏡に適った女性を執拗に襲い犯す。
衣類だけを溶かす粘液と催淫効果のある粘液との二種類を用いて触手で拘束した得物をじっくり犯す。




エナジーテラピー手順(普通にやる場合)

1案内されます

2店が用意した丈夫な紙で作られたショーツに着替えます(服はもちろんブラジャーやパンツも脱ぎます)
 ※今回はブラの方はなしです
 ※参考画像1参照

3ベッドの上にうつ伏せで寝ます(顔は用意している枕の上)
 毛布があるので待っている間はそれをかけて待ちます

4担当が来ます

5まず位置調整まずうつ伏せになっている顔をベッドの穴が開いている位置に移動させます
 ※参考画像2参照
 ※穴から床が見えている状態、普通のエナジーテラピーはここに顔を突っ込んでいればいい

6ショーツを腰まで履いている場合は少しずらされます
 ※大体尻の割れ目がギリギリ見えるか見えないかの位置

7担当がお腹あたりに電気の逃げ道となる道具を置きます(何なのかは確認できなかった)

8担当が背中にクリームを塗っていきます

9担当が電気の強弱をつけながら客のマッサージを行います(担当の両手を経由して電気を流す)

10指定時間までマッサージを受けることになります


参考画像1
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%AB-%E3%82%A8%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%99%E3%83%A9-Cier-ETBELLA-c003-7/dp/B00TJJOYHS/ref=pd_lpo_vtph_194_tr_t_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=DQVV537B1RDG7GKY1JV5

参考画像2
http://www.beautygarage.jp/ws/bed_cmdty/22092/DP-1370P/DP

このスレではこのレスを最後に>>1はもう書かないつもりです
またエロイベなので次のレスまでしばらく時間がかかります

募集終了後に二人の判定を二回ずつ取り(詩織1 静香1 詩織2 静香2)それを混ぜ合わせたものとなります
※矛盾が発生する場合は詩織1 静香1が優先されます

現状
詩織 処女 アナル開発が少し進んでいる
静香 処女 開発なし

↓22時までエロイベント募集中
8 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/10/13(金) 12:44:20.31 ID:Ww4e8TBWO
キャラ紹介などは募集が終わった後に行います
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 13:23:58.36 ID:XWH5txOb0
おつ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 13:37:14.84 ID:XWH5txOb0
静香
8まで普通にエステしたあと段々触り方が大胆になる
9、ショーツを引っ張り割れ目を擦りたまに強い電流を流したりクリにデンマを押し当てる
10、尻の穴をチンポで擦るよう尻コキ静香をイカせて自分も尻にぶっかけて特殊ローションだといって尻に塗り込みマーキング
11 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/10/13(金) 17:42:56.23 ID:Ww4e8TBWO
っと一つ忘れていい忘れてました現在の募集が終わった後に強制レズプレイ等二人同時にさせる酷い事も募集するので準備しておいてください
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 21:08:17.87 ID:N7Seu3mkO
おどされてお掃除フェラ
大きくなってもう1回戦
13 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 22:01:19.06 ID:TsoQJHWso
さてと募集はここまでです

詩織判定1
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 22:01:45.47 ID:TsoQJHWso
静香判定1
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 22:02:21.08 ID:TsoQJHWso
詩織判定2
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 22:03:12.22 ID:TsoQJHWso
静香判定2
17 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 22:09:27.50 ID:TsoQJHWso
詩織の安価は
前スレ995と前スレ997を採用

静香は
前スレ996と前スレ998を採用します

どちらも催淫粘液がかかり処女を失いますね
18 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/10/13(金) 22:10:43.59 ID:TsoQJHWso
人物紹介

【名前】 冴島 光(さえじま ひかり)
【性別】 女性
【年齢】 16
【容姿】黒髪ロング  ロリ 爆乳
【性格】 温厚、人を疑わない
【変身時の名前】 リリカル シャイン
【変身時の容姿】 白い修道服
【備考】魔法少女として前線で戦うより他人に魔法少女としての戦い方を教えるほうが好きなタイプ
    特になにもない時は自分の教官の娘である日向秋子と遊んでいることが多い
    
エミュリア「そう言えば…この前、酔っ払っている時に秋子が光お姉ちゃんと呼ばなくなったことを嘆いていたって桜が言ってたわね…」

輪廻「…姉妹みたいだった…」

【名前】 東城 梓
【性別】 女
【年齢】16
【容姿】 黒髪ボブ 爆乳
【性格】 腹黒い所もあるが根は優しい
【変身時の名前】 黒雷(こくらい)
【変身時の容姿】 銀髪のメイド服
【今は何をしている?】 喫茶店のマスター
【備考】主人公とは小学校からの親友
黒い雷を操る魔法を使う
ちなみに魔法少女達の活動資金は彼女のメイド喫茶でのバイトから出ている
また彼女が魔法少女達の弁当を作っている

名前】日之出ホムラ
性別】女
年齢】16
容姿】赤みがかったセミロングヘアに黄色いリボン 爆乳 お腹は日々の腹筋で引っ込めている
性格】天真爛漫 元気で活動的
変身時の名前】紅蓮姫
変身時の容姿】赤いカラーリングでアイドルっぽい
今は何をしている?】プールでのインストラクター
備考】明るく社交的だが男女問わず距離をグイと詰めてくるので困惑&勘違いする男を続出させるタイプ
   夜9時になると眠り始める、光以上に人のことを信じてしまい初対面であろうと素直に聞いてしまうことが多い

【魔法】歌を歌い徐々に上がっていく曲のテンポに合わせて自身の動きも早くなっていく

奏「この人だよ!この前フルートを吹いている時に横で歌っていいかいって聞いてきたの!!」

秋子「歌うのが好きだからな…ホムラさん」



【名前】三橋静香
【性別】女
【年齢】16
【容姿】銀髪、クール系の美人
【性格】気だるげで面倒くさいことが嫌い
光とは昔からの付き合いで親友だと思っており魔法少女は光がやっているから付き合っている
【変身時の名前】神威
【変身時の容姿】カラーリングは青、ミニスカ軍服っぽい
【今は何してる?】大手会社の秘書
【備考】結構口が悪く無意識に挑発的
    ちなみに自分のためには動かないが他人のためなら動けるタイプ
    
【魔法】様々なタイプの糸を取り出して自由自在に操る魔法 ピッキング、網の作成、捕縛、罠の作成、攻撃なんでもござれ
    
【その他】現在彼女が毒島邸に行き重蔵に頼み事をした場合とても大変なことになります
    
オラトリオ「そう言えば、この前あそこのベンチで寝ていたわよ?」

エミュリア「何やっているのよ、先代」
19 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 22:11:13.80 ID:TsoQJHWso
>【名前】ジェシカ=桐山
>【性別】女
>【年齢】17
>【容姿】金髪ポニテ 爆乳爆尻
>【性格】陽気で強気 正義感に溢れている
>【変身時の名前】ラビットスター
>【変身時の容姿】バニーガール
>【今は何をしている?】新聞記者
>【備考】某国からの留学生 日本のアニメ・漫画などの2次創作にも詳しい 薄い本のコレクターでもある

このスレでは活躍させたい

【名前】神山 詩織(かみやま しおり)
【性別】女
【年齢】16
【容姿】物静かな文学少女ぜんとした眼鏡の似合う美人。黒髪ロングストレート。着痩せするタイプのグラマー
【性格】穏やかな性格で本が好き。争い事は苦手
【変身時の名前】シャイン・バロール
【変身時の容姿】瞳が金色に輝く。服装含め他は変化なし
【今は何をしている?】司書
【備考】(付け足したい事があれば)
魔法少女であるが身体能力は極めて低く、変身後も強化されない
しかしその瞳には強力な魔翌翌翌力が宿っており見つめられたノイズは一切の力が使えなくなり、弱いノイズなら数秒で消滅する。
本人はノイズとの戦いに乗り気ではない。
20 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/10/13(金) 22:18:22.61 ID:TsoQJHWso
それでは固定イベントを次回に入れましてその次にエロイベントに入ります

その前に>>11でも書いたとおり

二人同時に行うことが出来るエロイベントを募集します

一例
レズプレイ強制 Wフェラなど

コンマ80超えたものは全て採用、全部越えなかった場合はコンマ値が一番高いものを採用

↓24時まで
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage ]:2017/10/13(金) 22:19:07.45 ID:XWH5txOb0
媚薬で発情しきった体で二人にダブルフェラチオ、屈辱と恥辱にそまり睨み付けながら舐めて舐めるだけで感じてしまう
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 22:31:10.19 ID:BejPs28QO
リッパーによる触手同時凌辱
穴という穴を犯されまくり際限なく絶頂を繰り返す
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/10/13(金) 23:04:07.85 ID:vjcbIXd90
触手による快楽地獄
「もう許して」との懇願も無視してノイズの本能のままに犯しつくす
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 23:10:54.65 ID:4eFQtwRxO
あっちエタった以上、向こうとの辻褄合わせとか気にせず好きにやってほしい
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 23:25:02.10 ID:GDmUP+TQo
触手を双頭ディルド代わりに静香攻めで強制レズレイプ
その際、詩織は胸の感度を高められ乳首だけで何度も絶頂
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 23:38:38.87 ID:tuvuRobUO
股縄綱渡りレース
コブ付きの縄に股をすられながらゴールに向かってレースをする
止まると鞭によるお仕置きがまっている
負けたほうは三角木馬によるお仕置きがまっている
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 23:59:12.33 ID:hlYnSc6LO
smレズプレイ強要
28 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/14(土) 09:38:27.50 ID:HA31esKEo
…寝てました…

>>23 >>26採用です

次の固定イベントの後にエロイベントが発生します
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 10:18:44.91 ID:ywpwp6Wf0
乙です
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 10:49:26.09 ID:ZlOjWSqe0
乙です
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 22:52:34.06 ID:S9MenAm3O
今日はないのかな?
32 :今週の土日も忙しかった… ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/15(日) 21:43:20.93 ID:yMzfZ7rPo
ー二時間前 ドクトル研究所研究室ー

ポネ「ドクトル様」

そう言いながら研究所の主ドクトルに要件があった助手のポネが扉を開けるととんでもないことになっていた

男「あああああ!!ぐあああああ!!」」

ドクトル「ぽっぽね!!ちょうどいいタイミングに来てくれた、ちょっと助けてくれ!」

ドクトルはそのポネを見ると助けを求めてきた

ドクトルの前のベッドには一人の男が下半身と両腕を失った状態でベッドに横たわっている

彼は痛がっており研究室の防音設備がなければ三つ隣の部屋にまで響いていただろう

ポネ「どういうことですか!?後できちんと説明してもらいますよ!!」

ドクトル「とりあえずお前はそこのイカノイズ失敗作で出来たそれを繋げてくれ」

ポネ「了解しました!」

そう言ってポネは強引にその男とそれをつなげることになった


……
………

ドクトル「…………ふう…何とか人殺しは回避したな…」

ドクトルは男の下半身をイカの物に両手をイソギンチャク(こちらも失敗作ノイズの部位)の触手部分の様なものに付け替えることで応急処置を終えることが出来た

ポネ「ドクトル様、これは一体どういうことです?」

ドクトル「ああ、こいつは先程、影子が連れてきてくれた人間でな」

ドクトル「お前も知っているだろう?例の魔法少女達がいる街で好き放題やっていた強姦魔のことを」

ドクトル「それがこいつだ」

ポネ「なるほど…一日でもう二人捕まえたというわけですか…」

ドクトル「で…じっくり馴染ませる方法は既にAVスカウトマンで行ったから今回はこちらのレイプ魔にはすぐにノイズ化を起こすパターンを試そうとしたわけだ」

ポネ「なるほど…それで拒否反応が起きて先程の状態だったというわけですか」

ノイズが好きになってしまったあまりに自分がノイズを作り出すためのノイズになった男

ドクトルは植物や動物をノイズにすることが出来る液体を生成することが可能だが

生物によっては突然その液体にかかると拒否反応を起こしその生き物が命を落とすこともあるのだ

特に哺乳類系統で起きることが多い

ドクトル「…やはり駄目だったか…」

ポネ「ですからゆっくりとなじませようと、いつも言っているではないですか」

がそれは対象にじっくりとなじませるようにすれば発生率を大幅に下げることが出来るのである

AVスカウトマンの方はそちらの方法で行っているため現在は問題が起きていない
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 22:20:22.03 ID:UzDjjH/m0
更新きてた
34 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/15(日) 22:39:31.13 ID:yMzfZ7rPo

強姦魔「くっ…うぅぅ…何だったんだ……あの手は…」

そうこうしている内に強姦魔は目を開けた

ポネ「おはよう、目覚めはどうかな?」

ポネはそう言って強姦魔に声をかけた

強姦魔「あんた!誰だ!?」

ドクトル「ああ失礼、あまりにも突然のことだったから驚いただろうな」

ドクトル「突然ついでで悪いのだがもう一つあるのだ、自分の手と足を動かせるか試してみてくれないか?」

そう言われて強姦魔は動かそうとする

するとある違和感に気づく

強姦魔「なっ!何なんだこれは!?」

自分の手足が全く別のものになっていたことに気付いた

強姦魔はドクトルの方を見る

強姦魔「貴様の仕業か!俺に何をしやがった!?」

そう言って強姦魔はドクトルに飛びかかろうとするが…

強姦魔「あがががががが!!」ビリビリ

胸倉に手を伸びる直前で強姦魔に強力な電撃が流れる

再び男はベッドに横になった

ポネ「身体の自由は効きませんが会話が出来るというくらいの調整で流しました」

ドクトル「ご苦労」

強姦魔「…貴様等何者だ?」

ポネ「魔法少女研究機関の者とだけ言っておこう」

強姦魔(!?)

魔法少女研究機関かつては異端と思われている魔法少女と敵となるノイズを調べようとしていた国の機関のことであった

しかしそこの所長がその研究対象であるノイズに心奪われた所長は人的とは思えない研究を始める

これには対して国も危ないと判断し研究の支援金を断ち切ったのだが今も研究が続いているという機関である

警察や自衛隊も動こうとしたが既に研究所は裏で引っ越しを行っておりどこにあるのかわからないのである

強姦魔(……ここまでの出来事は化け物たちの仕業か!いや現在の状況を見る限りだと俺もその化物になっている!)
35 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/15(日) 22:59:14.38 ID:yMzfZ7rPo
ポネ「そのような顔をするな、お前にとって決して悪くない話をしようと思う」

不安な顔をした強姦魔を見たポネは強姦魔にそう言った

強姦魔「…何だよ?」

ポネ「魔法少女を犯せるぞ」

強姦魔「!?」

ポネは事実をものすごく簡潔に説明をした

魔法少女、それは強姦魔にとってこれは貧乏人が見るショーウィンドウの向こう側の商品のような物である

確かに対魔法少女の兵器などは存在するが、それらの存在は魔法少女達も知っており

持っていた所で魔法少女相手に一対一では勝てるようなものではない

強姦魔にとってはその一言はとてつもなく魅力的であったのだ

強姦魔「何をすればいい?」

ポネ「まずはお前が先程胸倉をつかもうとした奴に、そいつに忠誠を誓うことだ」

強姦魔「断れば?」

ポネ「記憶を消して、人間に戻しここに来る前にいた場所に帰す」

ポネ「ただお前の顔は警察に特定されている、捕まるのは時間の問題だと思うが」

ポネ「お前には暗い牢獄で無駄な時間を暮らすか、我々の味方になりやりたい放題を続けるかの二択だがどうする?」

強姦魔「…」


……
………

ドクトル「それではリッパーよ、まずはその身体に慣れるために外へ出て数人の女性を相手に色々とやってみろ」

リッパー「了解、それじゃあ行ってくるぜ」

ドクトルに忠誠を誓った強姦魔はリッパーの名前を貰い最初の命令を貰うのであった



ドクトル「所でポネ、私に用があって来たのではないか?」

リッパーの出撃を見送った後ドクトルはポネに訪ねた

ポネ「はい、AVスカウトのものだと思われる身分証明書を見つけました」

ドクトル「でかしたぞ」

そう言ってドクトルはポネが持っていた免許書を受け取る

ドクトル「歴山 温斗(れきやま おんと)、変わった名前だなあ」

ポネ「ノイズ後の名前はどうしますか」

ドクトル「……れきやまおんと……れきやまおんと…れきおん……」

ドクトル「レギュオンで行こう!」

ポネ「かしこまりました、それではその名前で登録しておきます」

ポネ「それとこれ絡みで何かトラブルが発生しそうな場合は消しておきます?」

ドクトル「そうしてくれ」

ポネ「了解しました、それでは」

そうしてポネは一礼をしてドクトルの研究室を去るのであった
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:08:09.74 ID:yMzfZ7rPo
固定イベントもう一つ入ってエロイベント作成に入ります
明日に続きます
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:12:27.47 ID:+0Aa0CnaO
おつーです
頑張れー
38 :>>1です [sage saga]:2017/10/16(月) 21:28:21.45 ID:YFcGj/Js0
ーリッパーが出撃するタイミングー

ー毒島邸 重蔵の部屋ー

重蔵「お前、よりによってあの組の組長の娘に手を出したというのか!?」

重蔵は困っていた自分の家で経営させていた

吸おうとして火をつけた葉巻を持った手は火をつけた位置からほとんど動いていない

マッサージ師が極道の娘にセクハラ行為をしてしまったのだ

セクハラオジサン(以下おじさん)「出来心だったんです、申し訳ありません」

おじさんは重蔵に土下座をしている

和解金として向こうは三千万を要求してきた

あかり「お前さんやっちまったな、あの組は武闘派だってのに」ハハハハ

あかりは笑いながらおじさんのほうに話す

重蔵「いや、笑い事じゃないんだが」

重蔵もそれなりにこのマッサージ師を利用しているので

あかり「…まあいいや、ちょっと私があちらさんに顔を出してくる」

あかり「あそことはいい付き合いをしている、少しは負けてくれるさ」

そういってあかりは重蔵の部屋の扉から出て行く

重蔵「………さて、どうするんだ?お前」

重蔵はおじさんの方を見る

重蔵「確かにお前の腕はいいが…こんな事をしていたらここには置けなくなるぞ」

重蔵「最近…夢のマイホームを買ったらしいな?奥さんも娘さんも大層気に入っているそうじゃないか?」

重蔵「しかし、このままだとローンどころではなくなるぞ」

おじさん「…!」

この後重蔵が代わりに払ってくれるがこの分を長い時間をかけて返さないといけなくなる
今よりもずっと給料が少なくなるであろう条件でだ

重蔵「……………」

重蔵は考えるこのマッサージ師には結構世話になったので助けたい気分なのだ

重蔵「そうだ…今から言う条件を飲むのだったらここから去ることは変わらないが…この和解金は払わなくてよくなるぞ」

おじさん「!!教えてください!何でもやります!」

重蔵「では言うぞ」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 21:50:16.13 ID:3TGyjOW10
きた!
40 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/17(火) 01:09:18.28 ID:+f89z1bQo
ー今ー

静香「…朝も…思ったけど……詩織…また……胸が大きく……なった?」ムギュ

詩織「ひゃあ!突然揉まないでください」

静香「大丈夫……この部屋は……完全防音……だから…」モニュモニュ

静香は日課のおっぱい揉みのスキンシップさではなくおっぱいの動きを楽しむようにもんでいる

詩織「…んっ♡…そういう問題じゃ……」

静香「その声……いいねえ…もっと……やりたくなる」モニュモニュ

詩織「……やめ…んんっ♡…やめてください!」

ゴチン!

静香「痛い」

詩織「やりすぎです!」


おじさん「…」

部屋は完全防音であったがおじさんが盗聴器を仕掛けていた

どういう風に方針を決めるかをこれで聞いていたからだ

銀髪の方はマッサージ店の方によく行くようだ

おじさん(会話や見た目からして大体うちの娘と同じ年くらいか)

重蔵が出してきた条件とは自分の娘とほぼ同い年であろう

この銀髪少女の痴態を録画しそれで彼女を脅すというものだった

おじさん(重蔵様がどういう目的でこういう事をさせるかは知らないが…)

おじさん(こちらも生活がかかっているんだ申し訳ないが…犠牲になってもらおう)

リッパー「おい、あんたこれをやる」

ふと後ろからリッパーに声をかけられた

おじさん「何だ?これは?」

リッパー「よくわからんがこの粘液には塗るだけで催淫効果が出てくるようだ」

リッパーはこの施設に辿り着く前に一人の少女を犯していた

その為基本行動となる動きは先程の段階で覚えた

後はただの少女で場数を踏み動きそのものに慣れたら魔法少女を犯す段階へ進むつもりであった

リッパー「それでお前が言っていたクリームを塗る段階であの雌共に塗りたくるんだ、効果が出てきた辺りで襲うぞ」

おじさん「便利だな…その体」

リッパー「…慣れが必要みたいだけどな…っとそろそろ時間だな、とりあえずおっさんの指示に従うからその都度指示を出してくれ」

二人の魔法少女の花は二人の悪意を持った男の手によって散らされようとしていた
41 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/17(火) 01:27:56.32 ID:+f89z1bQo
ほい固定イベント終了

次回はエロイベ入るので間が空きます


設定紹介

魔法少女による状態異常治療
-やられた人が女性の場合-

1.まずはノイズの攻撃によりやられた人の上半身に着ている物を脱がしおっぱいを出している状態にします

2.治療に当たる魔法少女は両手に魔翌力をこめて1を行った人のおっぱいを揉みます
※乳首を時々つねるとなお効果的、顔に魔翌力を込めて乳首を吸い付くのが最も効果的だがとある理由で推奨されていない

3.乳首から白い液体が出ます、この白い液体と一緒に状態異常の原因も出てきます
※母乳ではないので飲むのはやめましょう、間違ってしまって飲んだ場合、飲んだ人がその状態異常にかかります
 これが乳首を吸い付くのが推奨されていない理由
 
 以上
 
 
一応治療者が魔法少女であれば被害者は一般人でも問題なし
媚薬毒などの状態異常はこの方法をするとかえって発情してしまう可能性もあるので薬を飲むか時間経過で回復するしか無い

なお男性は本来おっぱいから何かを出すことが出来ないため別の部位から出す必要がある
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 02:00:51.59 ID:oLNt/T5M0
ワクワクしてきた
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 08:43:11.13 ID:q/lFREDxO
ていうことは媚薬で発情した男のナニからは媚薬効果を持つアレがでるって事?
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 21:13:53.92 ID:MW4hQl7z0
媚薬毒の対処法を間違えるのを
見てみたい
45 :蛇足  ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/19(木) 00:17:53.39 ID:ibq9EYKfo
ーポネ研究室ー

ポネ「…」カリカリ

ポネ(問題はここからだな…人間を無事に一体のノイズに変えるなんて初めてのことだからな…)

ポネはドクトルのノイズ生成液によるレギュオンのノイズ化経過報告の日誌を書いていた

コンコンコン

その部屋がノックされる

ポネ「誰だ?」

ポネは日誌を書く手を止めて扉の方を向いた

「…私」

ポネ「シャルルか」

シャルルはポネ研究室に入ってきた


……
………

ドクトル研究所に住んでいるノイズ

シャルル・カラフはポネから出されたコーヒーを少し飲む

ポネ「…こんな時間にどうした?明日も学校だろう?」

シャルル「先程、あのノイズにしていた話だけど…」

シャルル「ノイズを人間化することって可能なの?」

ポネ「…聞いていたのか…」

ポネは頭をかく

ポネ「先に結論だけを言おう、不可能だ」

シャルル「やっぱり」

ポネ「まあ、お前なら気付いただろうな、あの言葉が戻れるのなら別にいいかと思わせる事が目的であることに」

ポネは何故出来ないのか詳細な理由をシャルルに説明する

ポネ「…というわけだ、他に聞きたいことは?」

シャルル「…それが気になっただけ、コーヒーありがとう。それじゃあお休みなさい」

ポネ「おやすみ、シャルル」

シャルルはポネの部屋を後にしようとした

ポネ「シャルル」

シャルルがドアノブに手をかけた時にポネが声をかける

ポネ「もし人間化に興味があるのならいつでもいえ、私が個人的に研究しておく」

シャルルはそういうつもりはないという意味を込め、軽く首を横に振り部屋から去った
46 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/19(木) 00:27:43.97 ID:ibq9EYKfo
エロ部分が行き詰まり進まないのでちょっと物語の補完でもしてみた

魔法少女による状態異常治療
-やられた人が男性の場合-

1.まずはノイズの攻撃によりやられた人の下半身に着ている物を脱がしナニを出している状態にします

2.治療に当たる魔法少女は両手に魔力をこめて1を行った人のナニをしごきます
※口や膣を使ってもいいが女性編と同じ理由で推奨されていない、そもそも魔法少女が嫌がる(手でも充分嫌がる)

3.ナニから白い液体が出ます、この白い液体と一緒に状態異常の原因も出てきます
※精液ではないので飲むのはやめましょう(精液でも飲みたくないが)、間違ってしまって飲んだ場合、飲んだり膣内に入れてしまうとその状態異常にかかります
 
 
 以上
 
ちなみにこの治療法を知っている男性は魔法少女にノイズにやられてしまったと嘘をつき、魔法少女達の善意を悪用する人が時々いる

なお母乳が出る男性の場合は女性と同じ方法でも行うことが可能

実は媚薬毒にかかった人にこの治療を行ったパターンが本編の方に有りますよ
※秋子と奏がイビルフラワーを倒した後(秋子がオナニーをして奏が秋子をレイプした)
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 00:58:42.18 ID:P2EHMir50
ふむふむ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 23:13:44.27 ID:3Ju30gcQO
ほんと本編止まったの残念
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 22:52:17.36 ID:R5Lx1A4S0
そういやノイズになった秋子ってどうなったっけ?人間化したんだっけ?
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 21:13:52.56 ID:y1i9Y2a+0
まだしばらくは来ないかな
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/30(月) 07:40:07.31 ID:9V0aI9ki0
本格的なエロは今回がはじめてだからやっぱ時間かかってますね

書き溜めして一気に終わらせるのかな?
52 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/30(月) 20:46:01.93 ID:lGbdc/+xo
生きてます
生存報告ついででジェシカ編の蛇足を入れようとしたのですが
寝違えて痛いのでやめます
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/30(月) 22:22:11.19 ID:TySPnT3kO
おつです
お大事に
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/30(月) 22:27:15.12 ID:9V0aI9ki0
寝違い欠航痛いからねえ

期待して待ってます
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 09:27:14.82 ID:FJ8Ivi/IO
寝違い回復待機
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 22:58:51.84 ID:yVQFJGMo0
寝違いは治ったんかな?
57 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/06(月) 23:10:34.96 ID:a55qdt+Vo
治りました 最近忙しいのです
エロシーンを想像するのは簡単ですがそれを文字にするのが大変なのです

現状はようやく一回詩織のアナルに舌を伸ばした状態です
(まだ本格的なレイプに入っていない)

ちょいとジェシー蛇足をやろうと思います
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 23:30:42.24 ID:hj9nlMwP0
わーい
59 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/06(月) 23:49:51.59 ID:a55qdt+Vo
すんません明日作ります
今日やったら大変な時刻になりそう
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 23:53:13.99 ID:yVQFJGMo0
ういー楽しみにしてまふ
61 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/07(火) 22:25:56.82 ID:EavIXMpio
ー詩織の家ー

ジェシカ(フウ…助カリマシタ)

ジェシカは新聞の記事を作っている最中に晩御飯をどうしようか考えていた所

幽霊部員が図書室に遅れてやってきて記事作りを手伝ってくれた

その時にジェシカが

ジェシカ「トイウコトデ、ディナーハ私ガドウニカスルノデス」

と何気なく言ったら

幽霊部員「ジェシー」

ジェシカ「ドウシマシタ?」

幽霊部員「ジェシーがよければ、私が晩御飯を作ってあげるけど?」

ジェシカ(yes!!)

という事で詩織の家の台所には家主である詩織ではなくその幽霊部員が立っていた

当然家主の許可はもらっている

幽霊部員「ジェシー、あんたの好きなものは何?それを作ってあげるわよ?」

台所から声が聞こえた

ジェシカ「↓」

ジェシカは自分の好きなものを注文した

※↓1ジェシカの好きなものを募集します
 
 この設定が後で役に立つのかどうかわからないので
 コン○ット越前が焼きビーフンが好きという設定レベルのものだと思って安価を取ってください
 
 今日は安価これだけなので適当に取ってください
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:33:11.57 ID:zQLIwyfP0
ハンバーグ
63 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/07(火) 22:45:24.21 ID:EavIXMpio
本編の方の時間稼ぎを兼ねているのでしばらく一日一更新と行きます
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:09:04.48 ID:zQLIwyfP0
待ってます
65 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/08(水) 22:50:34.86 ID:M+/2o2MZo
すまん本編作成のスピードが落ちるのでやっぱり二日に1度で許して
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 22:51:28.07 ID:rTMfMhFl0
おつー無理せずw
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 23:18:15.43 ID:RXcNSPGZ0
乙です。
無茶せずに。
68 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/09(木) 23:51:59.12 ID:5qyzz+uGo
ジェシカ「ハンバーグプリーズ」

ジェシカは自分の好物であるハンバーグを注文する

幽霊部員「OK、ちょっと待ってて」

そう言って幽霊部員は冷蔵庫の中身を見る

幽霊部員(………必要な材料は……ある)

ハンバーグに必要な材料があることを確認した

幽霊部員「ジェシー、材料が足りるからこれで作るね」

ジェシカ「thanks サクラ」

そう言って幽霊部員となっている看護科の新聞部部員 長石 桜はジェシカの為に晩御飯を作り始めるのであった

桜(…)

桜は自分のポケットから薬入りの袋を取り出した

↓1

コンマ判定です
コンマ値が高いほど桜の料理スキルが高くなります

ちなみにコンマ値80までは旦那さんがいればメシマズ嫁のスレの住人になるレベルです
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:58:18.84 ID:Ktunw0JA0
はい
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 06:05:40.06 ID:12bSiH4dO
どうなる
71 :二日後の48時だからセーフ ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/13(月) 00:00:38.44 ID:+GietrE50
コンマ84 普通な飯

桜「出来たよ、ジェシー」

そう言ってジェシーの前に桜が作ったハンバーグをメインとした夕食が置かれた

ジェシカ「thanks イタダキマスネ」

桜「はい、召し上がれ」

普通なハンバーグであった


食事後

ジェシカ「何ダカ眠クナッテキマシタ」

桜「そう?じゃあ私が片付けをしておくから寝ていいわよ?」

ジェシカ「言葉ニ甘エマス」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 00:09:09.35 ID:lYF5o9nG0
きたー
73 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/14(火) 01:01:39.13 ID:Jn/YC5ev0
ジェシカ「…スゥ」スヤスヤ

皿洗いを終えて食器棚に戻した後ジェシカの寝室へ向かおうとすると

その途中の廊下でうつ伏せで倒れているジェシカがいた

桜(効きがとてもいいね…これは相当無理していたね)

先ほど桜が取り出した袋の中身はちょっと特別な薬であった

そこまで疲れていない人が飲んでも塩味がする粉末だが

度が過ぎた重労働を行っていた場合は短時間で眠り

疲れの度合いに比例するように長い時間眠るようになるのだ

少し昔、ブラック企業問題を深刻に見た政府が調査用に作った薬のような粉末である

桜は先程のハンバーグにそれを少し混ぜたのである

桜「よいしょっと」

桜はジェシカを姫様抱っこで持ち上げ、彼女の部屋へ歩き始めるのであった


ージェシカの部屋ー

桜(…)

ジェシカを彼女のベッドの上に運んだ後

桜は机の上にあるパソコンへ移動し、その電源をつけた

ジェシカの新聞部として…そして魔法少女として集めていた情報がこの中に入っているのである

↓1逆転コンマ判定

偶数ゾロ→実はジェシカ狸寝入り
81以上→ジェシカパスワード変更によりログインできず
80以下→情報を2個取り出す(次回安価)
奇数ゾロ→情報を4個取り出す(次回安価)
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:15:45.69 ID:I7in7PTy0
そいや
75 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/14(火) 01:28:23.45 ID:Jn/YC5ev0
逆転コンマの為96で失敗です
それと凄くどうでもいいことを今決めておきたいので↓1〜3コンマ

↓1 10の位 光      1の位 梓
↓2 10の位 静香    1の位 ホムラ
↓3 10の位 ジェシカ  1の位 詩織

何のコンマかは判定が終わった後に発表
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:30:09.90 ID:WzWmREglO
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:31:23.58 ID:Jn/YC5ev0
たまには自分でも取ってみる
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:31:47.93 ID:I7in7PTy0
逆転コンマってそういうことだったか
79 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/14(火) 01:35:23.38 ID:Jn/YC5ev0
2日目安全日危険日表

1→排卵日
2→排卵日
3→安全日 詩織
4→安全日
5→危険日 静香
6→危険日
7→危険日
8→危険日 ホムラ
9→安全日 光
0→安全日 梓 ジェシカ

こういうことでした

というわけで静香は危険日レイプという方向性で行きます
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:40:10.98 ID:ZRAss3Pc0
危険日だけどマッサージだからもんだいないね
81 :外出中の>>1 [sage saga]:2017/11/15(水) 21:44:08.17 ID:ohBfTNFr0
桜(…確かパスワードは…)

桜はパソコンの前の椅子に座りログイン用のパスワードを入力し

ログインボタンにマウスカーソルを合わせてクリックをした


PCはパスワードが違いますと表示された

桜「…」

桜は再びキーボードに手を伸ばし入力するべき最初の文字のキーを確認して指を乗せ

モニターを確認しながら押し画面にある入力スペースにひとつ●が出来た事を確認する

そして次の入力するべき文字のキーの位置を確認して指を動かし目的のキーに指を乗せ、画面を見ながら押し

再びモニターを確認しながら押し新たにひとつ●ができたことを確認する

以降はすべての文字が入力されるまで同じことの繰り返しである

すべての文字を入力した後にもう一度ログインのボタンを押した

PCは再びパスワードが違いますと表示された

桜「ジェシー、パスワードを変えたね?」

桜は眠り姫となっているジェシカの方を見て一言そう言った

ここまで慎重にパスワードを入力してパスワードが違うと表示された場合

自分が常識の範囲を超えたそそっかしさを持っているか

パスワードがそもそも間違っているかのどちらかである、後者であろう

桜(…情報は欲しかったけど…目的はこれじゃないからね…)

桜はジェシカのに近づき眠っている彼女の頭を撫でる

桜「はりきりすぎよジェシー、いくら後輩が沢山出来たからといってこんなになるまで頑張るなんて」

桜「これはナースストップね」

こうして桜の手によって本日のジェシーの活動は一回休みとなった
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:27:03.79 ID:L23Kpa5yO
敵とかじゃないのか
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 19:30:46.24 ID:4dpAFZk1O
更新されてたのか・・・
84 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/17(金) 01:54:59.89 ID:rA2p7wja0
いいニュースと悪いニュースが有ります

いいニュースは大まかな流れが出来ました後は肉付けするだけでなのでスピードが上がります

悪いニュースはその大まかな流れだけで30項目もあります(現在7項目終了)
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 06:40:59.34 ID:1J6vbKaY0
‥おう、頑張りすぎやね

気長に待ちますんで自分のペースでいいですよー
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:35:32.14 ID:f5v2iJR80
楽しみっす。
無理はなさらずに。
87 :>>1外出なう [sage saga]:2017/11/17(金) 21:35:03.53 ID:oTkyq3NP0
桜「さてと…どうしよう」

桜は考えていた

ジェシカを眠らせる所まではよかったが

ジェシカを眠らせたことによって桜が家を出た後、詩織の家に鍵を閉める存在がいなくなった

当然彼女は鍵を持っているわけがないし、勝手にジェシカから借りるわけにはいかない

桜「文学少女ぉ〜早く帰ってきてぇ〜」

ちなみに先程飲ませた薬は粉末で眠ってしまった場合最低6時間は何があっても起きない効果がある

桜は詩織が帰ってくることを待つしかなかった
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 21:43:51.29 ID:1J6vbKaY0
ここでほのぼのしてる間に向こうではセックスしてると思うと
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 01:05:19.44 ID:r/aR6R180
そういや情報コンマで情報得られたとしてなんか意味があったの?
90 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/19(日) 22:34:26.98 ID:k1cVbxZi0
実はあったりします

さてと蛇足編もネタ切れなのでこっからはしばらく生存報告も兼ねてで一週間に一度の何がイベント安価を募集します

現在動かせないキャラ

ジェシカ
詩織
静香

この三人以外であれば何が起きたかを安価を取ることが出来ます(ノイズ可能)
(詩織と静香のエロシーンを作っているため 安価内容がエロシーンの場合は安価下になります)

ちなみに前に書いた項目は一レスで2〜3項目同時に消化というところも所々あるのでそこまで長くはならないと思います

エロシーンが出来るまではageないのでもうしばらくお待ち下さい

↓1〜3 ジェシカ・詩織・静香以外に何があったかをこっそり募集コンマ10の位+1の位の足し算で最も高いものを採用
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 23:03:16.95 ID:2hdBoMDC0
ホムラ
部活動中のスク水姿を盗撮される(気づいてない

これくらいならエロではなかろう
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 23:19:09.41 ID:r/aR6R180

たまたま健太にあい世間話、ジェシカが調べてることを軽く聞く
イッシュン何やら不穏な気配を感じるが気のせいだと思ってそのまま別れる
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 23:25:19.78 ID:tztj9lus0

ふと、眠くなる。その夢の中で「闇の力を得ればもっと強くなるよ」と誰かの声が聞こえて目を覚ます。
94 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/20(月) 00:31:46.17 ID:M6zEjKpo0
ちょいと予定変更
明日合計値が一番大きかった>>93のイベントは本日中に
2番目に大きかった>>91は来週の日曜日に
3番目に大きかった>>92は再来週の日曜日に投稿します
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 00:33:14.36 ID:f/qdc+0L0
本編は今週中はないとみたほうがいいですか?
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 00:35:33.25 ID:M6zEjKpo0
あーちょっと言葉が足りなかった
>>94のあれは本編ができなかった場合はです

ただ今週中どころか来週中も絶望的ですが
97 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/11/21(火) 01:26:47.41 ID:S9ELV7/00
魔界

人間界とは別に存在している世界

この世界での魔界は人間界には特別興味なく侵略しようとは思っていない

魔界の住民達のほとんどはプライドが高く人間の目に入る事を嫌う為

人間界に干渉はしない事にしている

がその一部の例外が人間界にやってきて

時々気に入った人間と主従契約を結ぶ(大体の場合は人間側が主の方)

特に魔法少女はこの契約によって魔力の向上やその魔界の住人の能力を借りる事が出来る

ちなみに魔界の住人のタイプによって契約方法が変わるので契約の方法は確認すること


涼香「というわけですの、質問は?」

理沙は涼香から現在魔法少女の座学を受けていた

理沙「闇よりいでし時の輪の接続によって眠りし力を目覚めさせることが出来るというわけだな」

涼香「もうちょっと普通の言い方はして欲しいですの、合っていますけど」

理沙「所で一部例外と言うのはどういうのがいるのだ?」

涼香「そのほとんどがサキュバスとインキュバス、いわゆる夢魔ですわね」

涼香「人間の精力や微々たる魔力はこの種族にとってはごちそうですの」

涼香「そのごちそうを食べに人間界によく来ていますわ」

理沙「…」カキカキ

涼香「特に魔法少女はあちらにとっては魔力の塊である故に一番のごちそうではありますわ」

涼香「それ以外の魔界の住人がこちらに来るということはかなりのレアケースですわ」

理沙「…所でごちそうと言っているが食べるのか?」カキカキ

涼香「ああ、そういうわけではなくて……」

そう言って涼香は理沙を見る

涼香「………あなたにはまだ早い話ですわね」

理沙「………子供扱いしているな?」

まだ8歳の少女にエスイーエックスを説明することは早かった
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 02:34:06.95 ID:Co5lii9GO
おっ?きてる
99 :次で>>93は終了  ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/11/21(火) 23:41:38.71 ID:S9ELV7/00
ーとある食堂ー

似たような話をしている二人がいた光と秋子である

光「で魔界の契約はその種族が得意とする事を行う必要があるというわけね」

光「凄く痛い目にあったけど鬼と契約した魔法少女もいたらしいわよ?」カランカラン

店の出入口の扉を開きながら光は秋子の方を見る

秋子「…かなり面倒な話だね…………ぜ」

光「じゃあこの話はおしまい」

光(最もエンカウントが多い夢魔は性行為で特殊な液体を膣内に出すという事だから魔法少女はやりたがらないのよね)

光(やることがやることだから処女失っちゃうし)

店長「いらっしゃい契約の話かい?魔法少女?」

光「こんばんは、マジョリーヌ先輩」

この店はアラシックスの大先輩が経営している

ちなみにマジョリーヌは魔法少女として活躍していた時の魔法少女名らしい

ちなみに店の名前もマジョ・リーヌである

店長「ご注文は?」ウシロノコハコウハイカイ?

光「いつもの」エエ

店長「はいよ、そっちの可愛いお嬢ちゃんは?」

秋子「えっと…このレディランチを」

店長「ついてくるデザートはどれがいいかい?」

秋子「プリンで」

店長「あいあい…ちょいと混んできたから20分位待つと思うけど時間はあるかい?」

光「それくらいなら」

店長「それじゃあ適当な席に座って待っていな…」

そう言って店長はバイト達が汗を流している調理場へと向かうのであった
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 00:05:20.30 ID:klO3uo+m0
闇の力だかの安価に関係してんのかな?
101 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/25(土) 21:26:22.61 ID:qD+LYeU+0
ちょいと体がだるいのでかけていない状態です
一応明日ギリギリイケルと思います

ついでだから安価
ホムラ
部活動中のスク水姿を盗撮される(気づいてない

盗撮犯はその盗撮写真で何をするかを決定

1.自分用
2.販売用
3.その他自由安価(3の場合は内容も書いてください)

10分後
↓1〜2の高い方を採用 
※高い方と低い方のコンマ値の差が大きければ大きいほど規模が大きくなる
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 21:55:29.39 ID:yZj05Ce/0
1

ご無理はなさらずに
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:30:31.35 ID:/ayZVzT10
2
104 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/27(月) 23:04:12.15 ID:bURWJYhX0
光「ふわああああ…」

秋子「おねーちゃん大きなあくび」

光「まともに寝ていないからねえ」

一昨日はレトロゲームをやりすぎてコントローラーを持った状態で眠ってしまいちゃんと眠れず

昨日は予習と宿題が思った以上に長引いてしまった為3時間睡眠だったのだ

光(授業中に眠りそうだったわ…)

光「秋子、さっきの人は20分位待つって言っていたわね?」

光は秋子に確認する

秋子「うん」

光はテーブルに対してうつ伏せになる

光「ごめん秋子、私ちょっと眠るわ」

秋子「お姉ちゃん、大丈夫……か?遊ぶ約束無理して守らなくていい……ぜ?」

光「大丈夫、大丈夫、それよりも私が頼んだものが来たら起こしてちょう…だい…?」zzz...zzz...

そういうと光は仮眠を取り始めた

秋子「もう寝ちゃった……のか」
105 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/27(月) 23:05:10.74 ID:bURWJYhX0

……
………

『魔法少女…魔法少女……』

光(…誰?)

光は何かに声をかけられた、光はそちらの方を見た

そこには白い輝きを放つ球体があった

光(…これは…魔力の集合体?)

『闇の力を探せ、闇の力を手に入れ強くなれ!』

光(闇の力?)

おねーちゃん!

ふと光は別の方向から声をかけられた

………
……
106 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/27(月) 23:07:28.09 ID:bURWJYhX0
秋子「光おねーちゃん!!」ユサユサ

秋子は光の肩を軽く揺らして

光「んっんんぅ……秋子?」

秋子「お姉ちゃんの分来たよ?」

光「………ありがとう、秋子」

そう言って光は寝かしていた身体を起こした

店長「いつものチキンカツカレー大盛り+ラーメンだよ」

そう言って店長は山のようにこんもりとご飯をよそったチキンカツカレーと肉が2切れ入ったラーメンが運ばれてきた


……
………

秋子「うなされていたけど大丈夫?」

光「変な夢を見ていたわ」ズズ-

秋子「どんな?」

光「闇の力を手に入れろって」

秋子「闇の力?」アッコノプリンオイシイ

店長「魔界の契約によって得られた力のことだねえ」アリガトウカワイイオジョウサン

忙しい時間が終わったようで店長が会話に入ってきた

店長「…ただそういう言い方をするのは…もっと強い魔界の住人か私より前の世代の魔法少女だねえ」

店長「かなり昔に鬼と契約した教官から少し聞いた話だから詳しくまでは知らないからねえ…気になるかい?」

光「鬼と契約!?とても気になるわ」

魔界の中で最上位に当たる種族である鬼

その鬼と契約したという話を聞き光は瞳を輝かせる

店長「そういう事ならちょいと待ちな」

店長はそう言って近くのメモ帳から一枚紙を取りエプロンからペンを取り出し何かを書き始めた

光(まさか…こんなに近くに鬼と契約していた元魔法少女がいるとは思わなかったわ)

店長「この住所に私の教官がいる」

そこに書かれている住所は老人ホームの一室だった

店長「今から行っても就寝の時間帯をとっくに過ぎているから明日以降に行きなさいな」

店長「私の紹介といえば話してくれるさ」

光「ありがとう先輩」

光は常連の食堂の店長の教官から闇の力の話を聞くことが出来るようになった
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 23:12:09.77 ID:bURWJYhX0
ようやく一つ目の安価終了

ホムラ
部活動中のスク水姿を盗撮される(気づいてない

のイベントは安価内容は自分用の盗撮でコンマ値にそこまで差がないので小規模なイベントとなります
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 23:43:48.34 ID:fOna1BR8O
おつー
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:33:43.89 ID:N2zWKP8e0
乙です
110 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/30(木) 01:42:29.08 ID:3C0hVAj00
ー男子寮 302号室ー

隆「…これ…どうしよう…」

ここは光達の通っている学校の男子寮

その一室に困っている隆がいた

その前には1枚の写真があったその写真には自分のクラスの女子生徒がプールサイドで競泳水着を着ている写真だった

写真に映っているプールによって濡れた少女は笑顔をみせている

その早く泳げるようになる為に性能を上げるために競泳水着は彼女の身体のラインを教えており、

特にその胸部分は包んでいるものの大きさによってはち切れてしまいそうである

この写真を見た思春期男子達は色々と想像してしまうだろう、それだけの想像の余地は残っている

それだけだったら当たり前の写真だったがこの写真の少女は明らかにカメラ目線ではなかった

結論から言えばこれは盗撮写真である

但し意図して撮ったものではないが




何故隆がこれを持っているのかというと

話は光達がフライング・フィッシュを動けない状態にしてから一体ずつ確実に討伐している時間まで話は戻る

それと同じ時間帯に隆は室内プールのプールサイドにある椅子で座って待っていた

その日、隆はホムラに取材をする約束をしていた

学内新聞の記事、期待の新人日之出ホムラの独占取材の約束をしていたのである

最も独占と行ってもまだ公式に記録を残してはいないため取材するような所は学内新聞を発行している新聞部ただ一つしか無いのだが
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 01:44:12.48 ID:qfx5f3pbO
来た!
112 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/30(木) 01:45:32.49 ID:3C0hVAj00

……

ホムラ「タカちゃん、お待たせ」

約束の時間の5分前にインタビュー対象のホムラが笑顔を見せながらこちらの方に来ていた

隆「よろしくな、日之出」

そう言ってホムラの方を向きながら椅子から立ち上がった

ホムラ「もうタカちゃん硬いよ、ボクの事はホムラでいいっていつも言っているのに」

ガンッ

その時、足に衝撃が走る

ホムラの練習光景を取るために準備していたカメラが足に思いっきりぶつかったのだ

隆「つつつつ…」

隆はぶつけた方の足を抑える

ホムラ「大丈夫?」

ホムラは屈みながらその足の様子を見る

隆「ああ…………………そっそんなことよりあちらの方テーブルでインタビューするぜ」

ホムラ「それじゃあ、よろしくね」

隆(………)

隆(…日之出は…もう少し警戒心が会ったほうがいいと思うな…)

………
……


隆(…どう考えてもあの足を当てたときだよな)

足に衝撃が走った時に偶然シャッターボタンが押す形になってしまったようだ

シャッターが大きくないタイプのフィルム式を使っていたため、その場では気づかず

隆の部屋で現像している最中に気付いたのである


コンコンコン

ふと玄関の扉がノックされる

健太「たかし、そろそろ行かないと隣の銭湯、混雑の時間帯になるぞ」

男子寮は風呂がないため隣の銭湯を利用している形を取っているのである

光が通っている学校の生徒達はその銭湯に学生証を見せると無料で利用ができるのである

隆「ああ、ありがとう健太でも俺はこれから現像の作業を終わらせないといけないから」

健太「ああ、そうか日之出の特集お前張り切っていたからな、じゃあ先に俺は行ってひとっ風呂あびてくるぞ」

健太はそのまま隣の銭湯へ向かうのであった

隆(これどうしよう?まさか…この写真を記事に載せるわけにも行かないし)

これを乗せた瞬間ジェシカと部長から冷ややかな目で見られるという未来を容易に想像が出来る

隆(やっぱり処分するべきかな…)

↓1〜3 隆がこの写真をどうするかを安価で決定 このレスのコンマに最も近いものを採用


※ちなみに現在自分用の小規模ですが行動次第では売買用に変わったり規模が上がったりします(どちらも低確率)
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 01:51:00.30 ID:qfx5f3pbO
見てる内にボッキしてしまい取り合えず自分で保管する
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 02:04:11.42 ID:3C0hVAj00

その早く泳げるようになる為に性能を上げるために競泳水着は彼女の身体のラインを教えており、


その早く泳げるようになる為に性能を上げるため形状に仕上がった競泳水着は彼女の身体のラインを教えており、


寝ます
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 02:08:11.37 ID:q4kMZupA0
やはりおかず用に保管しておこう
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 08:34:16.57 ID:qTxySxBm0
スマホにデータ化して保管する
117 :>>1 [sage]:2017/11/30(木) 12:35:39.12 ID:PyRihJ4YO
似たり寄ったりなのでまとめます

あと前の2レスは後で修正します
118 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/03(日) 22:45:33.16 ID:Jiz2wsZn0
隆(うーむ…)

隆はふとある感触に気付き自分のズボンを見る

自身のクラスメイトに劣情を催していた

隆「………俺のバカヤロー…」

隆は立ち上がってトイレの方へ歩いた


……
………

-15分後-

トイレから戻った隆は早速フィルムと写真をどうするか決めたので

隆(…とりあえずこの写真は処分しておかないと…ついでにフィルムも)

隆は一度このフィルムで撮った写真が全て現像しているかどうかを確認し

その写真のネガが入ったフィルムを指定のゴミ袋に入れた

隆(そう言えば…これ明日だったな、もうすぐで溜まるし今から出しに行くか)

この寮の対応したゴミ置き場は地下にある為、害獣による被害の心配はない

隆(しかし…この写真うまく写っているよな)

これからゴミ箱に移そうとしたホムラの写真を見た

とても偶然シャッターボタンが押されて撮れたとは思えない出来栄えである

隆(…勿体無いよな…よく撮れているのに)

隆(………………)


……
………

隆はバラバラにした写真とフィルムを入れたゴミ袋をゴミ置き場においた後

隆はベッドで横になり自分のスマートフォンを取り出しロックフォルダのボタンを押す

そのフォルダを開くためのパスワードを入力し開いた

隆「これでよし」

そのフォルダの中には先程のホムラの盗撮写真が写っていた

隆(……………やっぱり消しておこうかな…バレてしまったら…さすがの日之出も軽蔑するだろうからな…)

しばらく隆は良心と本心の間に立たされるのであった

↓1 コンマゾロ 偶然誰かがゴミとして捨てられたフィルムを見つける
   それ以外 隣の銭湯を通りがかった光と秋子が健太と会う
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 22:50:20.61 ID:p0e3utCKO
ぞろ目だから見とけよ見とけよ〜
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:00:11.35 ID:Ty720Oej0
ちっ
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:07:11.66 ID:Jiz2wsZn0
報告です

とりあえず3週間後の日曜日に出来ている範囲で本編エロを投稿します
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:18:44.22 ID:p0e3utCKO
1が偶数ぞろ目で草

来週の日曜日ってことですか?滅茶期待してます
123 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/03(日) 23:21:10.14 ID:Jiz2wsZn0
今月の24日です

今月は繁忙期なんです、すいません
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:31:55.96 ID:p0e3utCKO
クリスマスイヴで草

因みに今ってどのくらい本編進んでるんです?



125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:51:38.88 ID:Jiz2wsZn0
5項目は進みました、但し気に入らないところがあったので少し戻る予定です
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:59:04.55 ID:p0e3utCKO
おつ
楽しみにしてますんで気長に待ちます
お仕事頑張ってください
127 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/11(月) 00:13:41.76 ID:Zdrozfd00
隆「………」

隆は黙ってスマホの電源を落とした

どうやら本心のほうが勝ってしまったようである

隆(あんなことを無自覚で行うところがなかったらいいんだけどな)

隆はプールでカメラを足にぶつけた時の事を思い出す

その日の昼に見た時よりも近い位置かつ競泳水着という制服より大きく見える条件でそれが見えたのである

隆(小さく見ても…Gくらいはあるよな…あれ)

隆(いやいやいやいや、煩悩退散!煩悩退散!!)

ちなみにホムラは誰に対しても無自覚でこのような行動をしている為、

クラスメイトや一部生徒からはそういう娘だという認識は一応あるが…

隆(わかってはいるけど!わかってはいるんだけど!)

ちなみにこの無自覚行動のせいで「日之出ホムラ被害者」の会というのが学校であるとかないとか
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:22:38.03 ID:a110Dr/S0
男子が一番の被害者
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 04:17:56.17 ID:YAdDRy3VO
見たいな…画像
130 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/13(水) 00:16:15.77 ID:3NpytP9q0
ーコンビニー

店員「ありがとうございました」

光(とりあえず…ランランパック[ハム&エッグ]とプリンパンでいいわよね?)

定食屋を後にした二人は一度光の家に戻った後朝食の材料が無いことに気付き

光は一人コンビニで明日の朝ごはんを購入し、そのまま帰り道を歩いていた

ちなみに秋子は光の家で遊ぶための準備をしている最中だ

光「ここからだとこっちが近いわね」

光は男子寮の近くを通るルートで家に戻ることにした

その途中の銭湯の前を通ろうとした所

ふとある人物が男の暖簾から外へ出てきたことに気付き光は声をかけることにした

光「佐藤君」

健太「えっ?あっ冴島さん」

光「こんな所で会うとは奇遇ね」

健太「そうだね、冴島さんも銭湯?」

光「いや私はコンビニ帰り、こっちの方が近いのよ」

健太「そう言えば冴島さんはあちらの住宅街の人だっけ?」

光「そうなのよ、だからちょっと学校から遠くてね…」

二人は軽く世間話をすることになった

コンマ判定

健太がどれくらいジェシカの調べている事を知っているか判定

1〜70   …そこまでは詳しくない
71〜98  新聞部としてのジェシカの活動に詳しい(安全なライン)
奇数ゾロ 結構街の危ない噂を調べることを知っている(新聞部としてのライン)
偶数ゾロ ジェシカ「ナンデソンナ事ヲ調ベテイルノヲ知ッテイルノデスカ!?」(何故か魔法少女の時に調べていることも知っている)

↓1
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/13(水) 00:28:19.98 ID:GEL9bl3L0
ほい
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/13(水) 00:48:07.62 ID:jXSdvijV0
ギリギリで草
133 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/18(月) 01:11:52.18 ID:HyII/KHT0

……
………

光「あら?佐藤君、靴紐が解けてわよ?」

ふと足元を見た光は健太の靴紐の状態を指摘する

健太「えっ?あっ本当だ」

健太はそう言って靴紐を直そうとしゃがむ


その靴紐に手を伸ばしたタイミングで健太の胸ポケットから赤いボールペンとメモ帳が出てきた

健太「ああ!もう!」

光はそれを拾い健太に差し出す

光「昼間はこんなもの胸ポケットに入れてはいなかったわよね?」

健太「ああ、ジェシー先輩に数合わせで入ったとはいえお前も新聞部部員だからいつでもメモを出来る様にしておくように言われてね」

光「…」

光(ジェシーねえ)

光「そう言えば佐藤君は今日ジェシーの後ろで調査をしていたみたいだけど…」

光は梓とホムラを見送った後ジェシカの後ろに健太がついてきて調査をしていた時のことを思い出していた

光「ジェシーって何を調べているの?」

健太「う〜ん………まあいいか、今話さくてもジェシーが話すだろうし」

健太は少し考えて話すことにした

↓1〜3(10分経過後) ジェシーが調べることを募集 コンマ最大のみ採用
(どこにでもいるような新聞部が調べることが出来る範囲で募集します)
>>1の判断でこれは危ないやこの調べごとは魔法少女状態じゃないと無理じゃないかと思った場合は安価内容に少し修正をくわえます)

※1:26までに三つ埋まると…?
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 01:48:59.39 ID:jh/J3R3Y0
最近学校の近くに出来たスィーツの店について
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 01:54:17.24 ID:nwxzqOZXO
学校のプールで起きた事件の経過
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/12/18(月) 02:19:03.18 ID:jh/J3R3Y0
この時間帯で1:26までは無理だろ

街で起こっている怪事件についてのウワサ
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 04:05:55.72 ID:nZMciCiTO
今はやりのあの子
男子が選ぶ女子人気ランキング
138 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/20(水) 23:41:58.61 ID:GDarD6eF0
健太「と言っても俺もいつもは隆と一緒に調査をしていてジェシー先輩と組んだのは始めてだからなあ…」

健太「…そう言えば今日の調査中最近男子が選ぶ女子人気ランキングってのをやっていたよ」

光「そう言えば、私達も女子が選ぶ男子人気ランキングという投票をやっていたわね」

光「あれってジェシーの企画だったのね」

光(多分、魔法少女活動とは関係は無いわね…)

光「そういえば提出明日までだったわね。ねえあなたの名前を使っていい?」

健太「それでいいのかい?」

光「突然好みのタイプを聞かれても答えられないわよ。一人ならまだしも三人もなんて」

健太「適当だね…ちなみに残りの二人は誰と誰?」

光「鈴木くんと……後は………涼香にしようかなと」

健太「一人は女子じゃないか」

光「じゃあ佐藤君は、どうなのよ?」

健太「俺?俺は…」

1.誰に入れたかを正直に話す(これに決定した場合は直後に誰に入れたか安価に発生する)
2.光と同じく適当に入れた
3.自由台詞安価(言わせたい台詞かどういうニュアンスの台詞を言わせたいか書く必要あり)

10分経過後 ↓1〜3
139 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/20(水) 23:49:30.07 ID:GDarD6eF0
書き忘れていた

健太の選択安価です

1が採用された場合はすぐに投票した人の安価へ発生します

23:51以降↓1〜3のコンマ最大を採用
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 00:24:08.83 ID:fpRaD1/h0
1 ジェシカ
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 00:33:48.19 ID:JaHGoP/QO
2
142 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/21(木) 02:15:20.93 ID:PG6pDs3Z0
締切

次の安価に行きます

健太「俺は、真面目に考えてもう既に提出しているよ」

光「えっ?本当に?」

健太「…東城さんや神山さんとはそういう話題しないの?」

健太「結構男の話題をしているよ?」

光「えっ…そうなの?」

光はこの街の魔法少女の中で誰よりも魔法少女としての活動に

精一杯取り組んでいるお陰で魔法少女達のメンバーの中で一番色恋系統は遅れているのである

魔法少女としては合格だがこの街の魔法少女の中で誰よりも行き遅れをしそうである

実際に彼女は現在も未婚である

あっ!やべ!現時代の光さんが鬼のような形相でこちらを見てる

健太「ちょっとくらい異性を研究していないと置いていかれるかもよ?余計なお世話かもしれないけど」

光「今はそれどころじゃないからいいの!で、結局誰に投票したの?1位から3位まで」

光は流れを断ち切るかのように改めて訪ねた

ちなみに1位に選ばれた人は3票 2位は2票 3位は1票入る仕組みである

健太「↓」

安価↓1〜3健太が誰に投票したかを決めます(今後のバアルの行動方針が決まります)
※ちなみに女キャラであれば魔法少女でなくてもOKです

コンマ最小→1位 コンマ最大→2位 真ん中のやつが3位投票となります

今日はここまで
…エロシーン 詩織→静香→二人という流れで24日に静香まで終わらせる予定だったけど…
詩織までになりそう
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 02:33:59.55 ID:fpRaD1/h0
ジェシカ
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 02:46:34.35 ID:JaHGoP/QO
おつです

ホムラ
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 18:46:59.51 ID:J8FU8QwsO
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 05:19:37.06 ID:C2xlpkwaO
147 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/23(土) 12:04:42.22 ID:XCDmUEtd0
健太「………1位に…」

光「うんうん」

健太「いや、やっぱりやめておく」

光「どうしてなのよ」ズコッ

光は軽くずっこける

健太(………)

投票した3人の内の一人は目の前にいる小柄体型に似合わぬ物を持っている少女だった

健太(言えるわけないよな…)

言ってしまったら少し気まずい雰囲気になるのは明らかだった

3位なったとはいえ1位のホムラ2位のジェシカそして次点となった梓と4人のうちどのように投票するか最後まで悩んでしまったからである

光「教えてよ〜試験の勉強の時とか世話になっているから少しお礼がしたいの〜」

健太のそんな心を知らず光は聞き出そうとしている


自身の恋愛の話題には興味はないが他人の恋愛話は興味津々であるそうだ

健太「勉強のお礼だったら…↓」

選択or台詞安価募集
1.週末ちょっと付き合ってくれないか?投票した女子にアプローチをかける方法を思いついたんだ
(※4日目の光が確定します)
2.別にいいよ
3.自由台詞安価(こういうニュアンスの台詞を言わせたいでも可)

↓1〜3 コンマ最大採用(台詞安価の場合は1.5倍補正)
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 13:18:31.74 ID:XCDmUEtd0
修正

健太「………1位に…」

光「うんうん」

健太「いや、やっぱりやめておく」

光「どうしてなのよ」ズコッ

光は軽くずっこける

健太(………)

3位に投票したのは目の前にいる小柄体型に似合わぬ物を持っている少女だった

彼女には3位に入れたとはいえ

1位のホムラ2位のジェシカそして次点の梓をどのように投票するか悩んでしまった

彼にとってはこの4人は甲乙つけ難いのだ

健太(言えるわけないよな…)

言ってしまったら少し気まずい雰囲気になるのは明らかだった

光「教えてよ〜試験の勉強の時とか世話になっているから少しお礼がしたいの〜」

健太のそんな心を知らず光は聞き出そうとしている


自身の恋愛の話題には興味はないが他人の恋愛話は興味津々であるそうだ

健太「勉強のお礼だったら…↓」

選択or台詞安価募集
1.週末ちょっと付き合ってくれないか?投票した女子にアプローチをかける方法を思いついたんだ
(※4日目の光が確定します)
2.別にいいよ
3.自由台詞安価(こういうニュアンスの台詞を言わせたいでも可)

↓1〜3 コンマ最大採用(台詞安価の場合は1.5倍補正)
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 13:49:39.39 ID:kiS4sFep0
1
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 16:27:58.86 ID:BfbhlwfwO
1
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 17:26:31.61 ID:+9wiODoBO
1
152 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 03:03:51.50 ID:R855hhmgO
健太「勉強のお礼だったら…週末ちょっと付き合ってくれないか?」

光「んっ?何をするの?」

健太「投票した女子にアプローチしようと思ってね」

光「そういう事?でも私でいいの?」

健太「同じ女子の感性が欲しいんだ、頼むよ」

そう言って健太は頼み込む

光「まあ、あなたがそれでいいなら、それでいいわ」

光「……わかったわ、ちょっと予定をみるわ」

少し光は考える仕草をしてスマートフォンを取り出した

光(確か今週の休みのパトロールは↓3と↓4だったと思うけど)

一応光は予定表を確認するのだった

光「大丈夫、何も予定はないわ」

光は片手の親指と人差し指で小さな丸を作る

健太「ありがとう冴島さん」

光「但し、昼ご飯は奢ってね」

健太「あっあはは…ワクドでいいなら」

そう言って健太と光は今週の休みに一緒におでかけする事になった

光「それじゃあ、佐藤君また明日ね」

光は健太に向けて手を横に振る

健太「また明日」

それに答えるように健太も手を振った

そうして二人はそれぞれの方向へ歩いていった
153 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 03:06:56.26 ID:R855hhmgO
ー男子寮〜光の家ー

光「…」

光「…………?」

光「……………!!」

光はある事に気付く

光(こっこれってもしかしてデートの約束じゃない?)

ようやく彼女は自分がとんでもない安請け合いをしてしまった事に気付いたのである

光「まっまあ、大丈夫よね」

少し顔が赤くなっているような気がするけど…彼女は気のせいということにした

そんな思案をしていると光が歩いていると

光(…!この気配は)

一瞬ノイズの気配を感じた光はいつでも戦う事が出来る態勢をとりその方向を向く

しかしそちらの方は健太の後ろ姿だけだった

↓1コンマ
奇数ゾロ 健太、光が一瞬こちらを見たことに気付く
偶数ゾロ バアル、光が一瞬こちらを見たことに気付く(似ているかもしれないけど違いあり)
それ以外 光(…気のせい?)

↓2と↓3 四日目に街のパトロールをする魔法少女を決定(光、詩織以外)
※ちなみに今回のエロイベントで捕らわれ状態になることはないので静香も選択可です
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 03:36:13.86 ID:wM7Fn6AGO
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 05:09:20.23 ID:jLZHksE00
ホムラ
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 05:46:31.73 ID:CzAHYcINO
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 05:52:10.77 ID:MmaTytnnO
静香が大丈夫ってことは詩織に何かあるんすね
158 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 19:40:05.18 ID:R855hhmgO
光「…あれ?」

そこにはノイズの姿らしきものは見えなかった

光(…気のせいだったのかな?)

光はそう言って再び家の方へ歩き始めた

予定表を確認しようとして取り出したスマートフォンを鞄の中に戻そうとした時

スマートフォンが着信音を鳴らし始めた

光(…梓?何かしら?)

コンビニに行く前に一度巫女さんについての報告を受けたはずだ

光は画面の電話から受話器を取るマークをタッチをして

スマートフォンを耳に近付けた
159 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 19:46:06.01 ID:R855hhmgO
光「もしもし、どうしたの?」

梓「ひっ光!大変よ!」

電話越しの梓の声は明らかに冷静さが無かった

光「落ち着いて梓、何があったの?」

梓「詩織が電話に出ないの!」

光「それだけじゃあわからないわ、一回深呼吸して梓」

光(とりあえず…とてつもなく厄介なことになりそうという事はわかったけど…)

電話に出ない事は当たり前の事だ、既に眠っているや既に風呂に入っているなどがあって電話には出られない状況があるからだ

しかし、梓がこの慌てているのは詩織が起きていて更にすぐに電話が出られる状況であるという確信があったのだろう

とりあえず光は2度か3度か掛け直してみた?と聞いたら

既に10分おきに3回試してみたと答えた

光「でもどうして?」

一番気になっていた理由を尋ねていた

梓「詩織はもう既に最終バスに乗っていて帰っていないといけない時間よ」

光「…なるほどね」

光はすぐに理解した

詩織と静香が二つ隣の温泉施設に行っていることは知っている。

他の交通機関が無い山中だ、乗り遅れるともうタクシーを利用するしかない

そういう所がしっかりしている詩織がそういうドジをするとは思えなかった

バスに乗っていたからでなかったという可能性を考えられるかもしれないが

詩織の場合は一度電話に出た後、今の状態を説明して「こちらからかけ直します」と説明をするのだ

光は嫌な予感がした

光「…梓、隣の眠り姫を起こして今すぐ施設の方に行きなさい。ジェシカの方は私の方から連絡を入れるわ」

時間帯を見てホムラが眠りかけている事を想像しながら梓に最悪のケースだった時を想定した指示を出す

光「私も後で行くわ、それじゃあ行きなさい」

光はそう言って電話を切った

光(秋子に謝らないと行けないわね)

遊びの準備をニコニコ顔でしている妹分を想像すると光の足取りは少し重くなるのであった。
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 19:58:36.95 ID:62k4FCC40
きた
161 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 20:05:50.85 ID:R855hhmgO
一つ謝らないと行けない事が
ちょっと今は入力すると中途半端な状態なのでエロシーンは明日にします

それとこの時は一度上げるのでバアルの詳細を決める安価を取ろうと思います

・どのような能力を持っているか
・どのようにして部下ノイズを従えているか(力か?自身の能力か?人望か?)
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 20:15:19.96 ID:62k4FCC40
今の時間からあげても挙げきれないとは

安価は力で
163 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 20:24:31.61 ID:R855hhmgO
沢山書いたわけではなく…書き足りずいや途中で終わるので
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 20:25:56.41 ID:jLZHksE00
催眠洗脳
165 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 20:34:04.86 ID:R855hhmgO
すまぬ 募集はまだです
次にあげた時です
166 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/25(月) 22:49:38.48 ID:bE1xpUez0
まだ出来ていないけど始まる前のところまで投稿します

流石に宣言していて何もなしはまずいと思いますので
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 22:50:15.15 ID:gj5WuQs70
OK!期待してます
168 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/25(月) 22:51:54.30 ID:bE1xpUez0
コンコンコン

扉をノックする音が響き渡る

おじさん「もうよろしいでしょうか?」

詩織「はい、大丈夫です」

詩織の返事を聞き、二人の担当が部屋に入ってきた

おじさんはうつ伏せになっている静香のベッドに

リッパーは詩織がうつ伏せになっているベッドへと向かった

詩織(ほっ本当に男の方がやるのですね)

おじさん「それでは位置調整をしますのでベッドの穴が開いているところがあると思います、そちらに顔を突っ込むような形になるように移動してください」

詩織「こうですか?」

おじさん「はい、その通りです」

おじさん「それではクリームを塗っていきますね」ヌルヌル

そう言って二人の偽担当は本来のクリームにリッパーの催淫粘液を混ぜた物をそれぞれの背中に塗り始める

詩織「ひゃあ!」

詩織は突然ぬるっとしたので驚く

静香「詩織……驚きすぎ……」

詩織「しっしょうがないじゃないですか」

ちなみにこのヌルッとした感じクリームのせいではなくノイズが詩織を触ったためである

一時的に触手を集めてリッパーの手足自体は人間の手に見せかけているが人間の肌のさわり心地までは再現できない

マッサージ慣れしている静香だったら一発でこの違和感に気付いたであろう

リッパー「それでは続けますね」ヌルヌル
169 :いきなり細かいミスに気づいたので修正 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/25(月) 22:54:49.41 ID:bE1xpUez0
コンコンコン

扉をノックする音が響き渡る

おじさん「もうよろしいでしょうか?」

詩織「はい、大丈夫です」

詩織の返事を聞き、二人の担当が部屋に入ってきた

おじさんはうつ伏せになっている静香のベッドに

リッパーは詩織がうつ伏せになっているベッドへと向かった

詩織(ほっ本当に男の方がやるのですね)

おじさん「それでは位置調整をしますのでベッドの穴が開いているところがあると思います、そちらに顔を突っ込むような形になるように移動してください」

詩織「こうですか?」

おじさん「はい、その通りです」

おじさん「それではクリームを塗っていきますね」ヌルヌル

そう言って二人の偽担当は本来のクリームにリッパーの催淫粘液を混ぜた物をそれぞれの背中に塗り始める

詩織「ひゃあ!」

詩織は突然ぬるっとしたので驚く

静香「詩織……驚きすぎ……」

詩織「しょしょうがないじゃないですか」

ちなみにこのヌルッとした感じクリームのせいではなくノイズが詩織を触ったためである

一時的に触手を集めてリッパーの手足自体は人間の手に見せかけているが人間の肌のさわり心地までは再現できない

マッサージ慣れしている静香だったら一発でこの違和感に気付いたであろう

リッパー「それでは続けますね」ヌルヌル
170 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/12/25(月) 22:55:47.54 ID:bE1xpUez0

二人の偽担当は二人の魔法少女の背面に粘液クリームを塗っていく

腕・手・首・ふともも・足・お尻と漏れなく塗っていく

一通り塗り終わった後は次の段階へ行く

リッパー「それでは始めますね」

そう言ってリッパーは両手に見せかけた部分を左肩に当てて電気を流す

それと同時におじさんの方も静香の右肩に対して両手で同じことをしていた

詩織の左肩からお腹に向けて電気が流れた

詩織(あああ…これはいいですね)


静香の担当のおじさんは詩織の担当のリッパーを見る

リッパーは首を横に振る

リッパー(…まだまだ回るのには時間がかかりそうだし、このまま見よう見まねでマッサージをするのも…きついな…)

リッパー(回るまでの間に少しいたずらしてみるか)

そう思いリッパーは音を立てないように自分の細めの触手を伸ばしていく

リッパー(大体ここあたりか)

リッパーは身体のラインなどから大体の詩織の肛門の位置に目星を立て

そこから少し離れた位置に先程わけた触手を一旦止める

リッパー(…)

リッパーはそのまま触手を伸ばし詩織のアナルに紙パンツ越しで軽く触る

詩織「ひゃあ!」

リッパー「どうされました?」

すぐに細めの触手をアナルから離れた位置に移動し、声をかける

詩織「いっいえ、なんでもありません」

詩織(今お尻を触られたような…?)

詩織(でも…私の担当の人の両手はしっかり私の方を触っていますし…)

ちなみに静香の担当のおじさんは静香の相手をしているため、彼でもない

静香と詩織のベッドは手を伸ばしても届かないくらいの距離はある

静香は気のせいかなと思いそれ以上考えないことにした
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 22:59:26.69 ID:bE1xpUez0
書き溜めはあるのですが書くと中途半端になるので一先ずここまで

年末年始が12連休もあるのでそこが勝負になると思います(数日間はPCの前には座れない日があるけど)

この後募集を行います
172 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/25(月) 23:15:40.23 ID:bE1xpUez0
ここから募集です

バアルの設定をします

【名前】佐藤 健太
【変身時の名前】バアル
【変身時の容姿】銀髪オールバックになり悪魔の羽と尻尾が生える
【備考】光のクラスメイト。
人間とノイズのハーフで二重人格。
もう一人の自分(ノイズ)に薄々気づいていてその影に怯えている。
バアルは度々健太の体を乗っ取りノイズ達を指揮している。

バアルはノイズを従えているという設定がありますがその従えているノイズは何故バアルに従えているのかをまず設定します

1.純粋な力
2.洗脳・催眠系の能力(個人毎にかける必要があり時間はかかるが効きはすごい)
3.支配系能力(一気に不特定多数にかけることが出来るが魔法少女や意志が強い人にはかからない場合がある)
4.バアル形態は人望持ち
5.その他(安価)

投票者のコンマ合計最高を採用
但し5のその他が出て>>1が理由としてそれも有りだなと思ってしまった場合はそれも加えて暫定1位と決選投票となります

↓投票は0時から9時まで
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 23:17:10.14 ID:bE1xpUez0
…すいません
5のその他はやっぱり今から0時までに募集します
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 23:21:56.63 ID:gj5WuQs70
3で
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 23:27:24.80 ID:gj5WuQs70
>>173
間違えた2
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 23:28:05.13 ID:bE1xpUez0
5のその他を募集中ですよ
まだ能力投票はしてません
177 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/26(火) 00:08:27.69 ID:JvWgj4dm0
というわけで募集開始です
その他は無いので1〜4のコンマ合計が最も高いものを採用します

1.純粋な力
2.洗脳・催眠系の能力(個人毎にかける必要があり時間はかかるが効きはすごい)
3.支配系能力(一気に不特定多数にかけることが出来るが魔法少女や意志が強い人にはかからない場合がある)
4.バアル形態は人望持ち

↓9時まで
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 00:08:56.75 ID:efL2tYBJ0
2
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 00:28:03.30 ID:3JOh4BGb0
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 00:45:49.26 ID:HWIHmQ4eO
2
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 01:15:20.11 ID:LiYx0rPL0
2
182 :>>1 [sage saga]:2017/12/26(火) 12:21:16.37 ID:JKHlztIoO
結果
洗脳・催眠系の能力になりました

詳細な能力を募集します
・どういう風な洗脳or催眠をするか
・他に記載したい事があれば何でも
>>1が気に入ったのをまとめます

今日が終わるまで募集
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 15:21:35.00 ID:3nlxlsOlO
指鳴らしで洗脳が可能、正し相手にハッキリと聞こえる距離で指鳴らしを見てもらう必要がありその後に指示を出す

・意識朦朧としてる半睡眠状態が可能
・意識が覚醒してるが相手の体の主導権を握り命令通り行動させることが可能
・幻覚を見せることが可能
・催眠相手の五感をかえる
・体験したことを忘れさせられる
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 18:58:22.11 ID:uOkK6hKZO
健太とバアルは好きなものが同じ、健太が気に入ったらバアルはその全て催眠堕ちで手に入れる。
185 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/12/26(火) 23:41:20.79 ID:JvWgj4dm0
>>183がほとんど全て書いて誰も書かなかったということですかね…

ただ>>183の能力だと結構チートじみているので若干弱くします

一回目のみバアルが持っているCDをヘッドホンで聞かせる必要がある

それは催眠音声でそのCDが終わるまで30分はかかる

これを全て聞かせれば>>183の方法でいつでも洗脳が可能とする
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 23:57:11.07 ID:efL2tYBJ0
なかなかハードル高いね
187 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/27(水) 00:06:48.05 ID:nDFItYq60
むぅ…

ただ一回目から指パッチンで洗脳だとすると
バアルがその気になれば

指パッチンである国の偉い人を全員一発で洗脳

世界終末時計「0:00をお知らせします」

世界の人々「のおおおおお!」

という感じの事をあっさり出来ちゃうんですよね

一回目の条件で他に案があったらいつでも受け付けます

当分健太及びバアル出せそうにないので
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 11:45:12.73 ID:QH8HfxJX0
>>185
CDでなくDVDでみる
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:06:01.97 ID:9EHQn+D6O
…見てる人は一人だけか…
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:31:35.04 ID:MLhTPgG4O
本編上げないことにはどうしようもない
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 15:55:40.63 ID:IazBOvG30
年内にあがるのかなあ
192 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/31(日) 14:52:04.18 ID:tCvF5jLH0
何で年末とはこう忙しいのか…
このまま年超えます…

今の現状を正直に言うと
少し書く→気に入らず戻る→少し書く→気に入らず戻るを繰り返しています
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 15:15:47.65 ID:4qydF2xsO
もっと気楽に書けばいい

来年よろしく
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 16:37:26.85 ID:UXNJw2xqO
サキュバスの人おるしエロエロはそっちに任せればいいんじゃね?
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 00:55:37.57 ID:vlE3YpNZO
またしばらくは来ないのか
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:32:46.90 ID:0PQQlsff0
年末年始で連休らしいけどそれすぎても終わんないなら途中でもいいから出したほうがいいとおもうよ
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 23:24:50.50 ID:k2f9NMsg0
もしかして年末年始に更新ないしエタッた?
198 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/01/10(水) 23:45:41.63 ID:hpBW8lu30
まだ2週間も経過していないのに…
それなりにPCの書き込みが出来ましたので3日おきに投稿します

この更新の間はレスを控えてくれればありがたいです
199 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/01/10(水) 23:46:38.10 ID:hpBW8lu30
ちなみに一レス更新です

今年入ってからずっと体の調子が悪いとです
200 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2018/01/10(水) 23:48:04.29 ID:hpBW8lu30

……
………

静香(…さっきから……体が……熱い…)ハァハァ

その数分後二人の魔法少女は息を荒げてきた

ふと静香はあることに気付いた。

静香(………もしかして……この感覚……濡れ……てる?)

自分の秘所が明らかに汗ではない物で濡れている事に気づいた

静香(……どう…しよう……)

おじさん「お客様、少し熱いですね…クーラーの温度を下げましょうか?」

静香「はい……」ハァハァ

おじさん「わかりました、おい君クーラーの下げてくれ」

リッパー「りょかっす」ピッピッ

言ってリッパーは冷房のリモコンを取り出し温度を2℃下げた

リッパーはおじさんの方を見る

おじさんはゆっくりと頷いた

リッパー(始めるか)
201 :間違って下書きの方を投稿してしまった  ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2018/01/10(水) 23:54:32.38 ID:hpBW8lu30

……
………

静香(…さっきから……体が……熱い…)ハァハァ

その数分後二人の魔法少女は息を荒げてきた

ふと静香はあることに気付いた。

静香(………もしかして……この感覚……濡れ……てる?)ハァハァ

自分の秘所が明らかに汗ではない物で濡れている事に気づいた

静香(……どう…して……)ハァハァ

静香(……まだ…長い………お願い……どうか気づかないで……)ハァハァ

静香はマッサージ屋のベッドがうつ伏せで顔が見えない状態になるのがこれほど有り難いと思いつつ顔に少し重心をかけるのであった。



おじさん「お客様、少し熱いですね…クーラーの温度を下げましょうか?」

静香「はい……」ハァハァ

おじさん「わかりました、おい君クーラーの下げてくれ」

リッパー「りょかっす」ピッピッ

言ってリッパーは冷房のリモコンを取り出し温度を2℃下げた

リッパーはおじさんの方を見る

おじさんはゆっくりと頷いた

リッパー(始めるか)
202 :ちなみに最後まで書ききったら一気に最後の文まで投稿して次行きます ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/13(土) 22:13:31.39 ID:rg/Y0hgM0
詩織(……それにしても本当、急に…熱くなりましたね、それに…どうしてか体がうずく…)ハァハァ

このうずきを彼女はどうにかしたいがどうすればいいのか彼女にはわからなかった

詩織「…ひゃあ!?」

また詩織はお尻に何かが触れた

その触れたものはそのまま詩織のアナルの縁をなぞるように動き始めた

詩織「んんっ♡」

詩織(まっまた!?)

詩織(さっ触られている!?)

詩織は紙パンツ越しに自分のアナルの縁をなぞられていることに気付いた

詩織「ひゃああっ♡」

しかし先程の状況と同じく両手は担当の者は両手を確かに自分の背中をマッサージしている

更にそのなぞる動きが早くなった

詩織(なっ何が起きているのですか?)
203 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/16(火) 22:28:25.49 ID:0qCa3Pl/0
この部屋はマッサージ師の二人と詩織と静香しかいない

扉もマッサージ師である二人が入った後から開いたような音はしていない

それではこの今お尻を触っているのは何だろう…

詩織はそれを確認しなければならなかった

詩織(…えっ?)

自分のお尻を紙パンツ越しで細長い真っ赤なウネウネとした何かが触っていた

詩織(なっ…何でしょう、これ)

あまりにも突然のことだったため彼女はまだ理解できない、理解できるわけがない

詩織(あっ!?)

それがノイズのものだと気付くのに少し時間がかかる、これが致命的であった

リッパー「…チッ」

詩織「んぐっ!!」グポォ

ノイズであることに気付き叫ぼうとした段階で小さな舌打ちが聞こえると同時に

自分の口の中に自分が見た物とは別のウネウネが突っ込んできた

詩織は自分の口の中に入ったウネウネの根元のほうを見る

リッパー「ふう…危なかった」

詩織(ひっ!?)

そこには自分の担当の足元に続いていた

詩織は担当の方を見るとそこには更に別のウネウネで自身の汗を拭っていた

リッパー「ちょいと効きが悪いな、もうちょっと粘液の配合分を多くするべきだったか?」

詩織の担当は凄く小さな声でそうつぶやいた

リッパー「っと暴れられても困るから両手両足も塞ぐか」

そう言った後詩織の両手両足に向けてウネウネを伸ばし両手両足をぐるぐると包帯を巻く要領で拘束する

彼 女 は も う 逃 げ ら れ な い
204 :エロシーン入りつつあるのにエロさがない… ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/19(金) 00:18:15.04 ID:1MC/ui/60
詩織「んんんっ!?」

詩織(なっ…何をしているのですか!?)

詩織(へっ変身しないと!!)

詩織は先程のウネウネがこのノイズの触手であることに気付く

突然のことで驚いてどうすればいいか戸惑っていたが自分が拘束になった段階で我に返り
我に返って変身を試みようとするが…



詩織(…!?)

その変身が出来ない

詩織(どっ…どうして!?)

変身には集中力が必要なのである

現在の彼女は目の前のノイズの催淫粘液によって集中が出来ていない状態となっている

魔法少女では常識レベルではある為そういう事態に陥りそうと直感すれば予め変身しておくなどの予防策をとるが

戦闘の経験があまりにも少なすぎる彼女には知らなかった事である

ちなみに元々魔法少女として活動する気が無かった彼女には教官がついたことも無い

詩織(こんなの……こんなの!!)

詩織は両手両足を縛った触手をなんとかしようともがく


リッパー「諦めろ!!」

詩織「あぐっ!?」

リッパーは絡まった触手をそれぞれ外側に引っ張り彼女の両手両足を限界まで伸ばす

詩織(やめて!!ちぎれる!!ちぎれちゃいます)

その状態からリッパーは引っ張る力を込めた

そうしてリッパーは彼女の顔に自身の顔を近付けた
205 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/23(火) 00:06:49.37 ID:huvdWlXw0
リッパー「おい」

いったん詩織の両手両足を引っ張る力を弱めてから囁く

リッパー「もしまだ暴れる気だったら、本当にその両手と両足を引きちぎるぞ?」

その声はドスが利いていた

リッパー「……痛いだろうなあ…もしかすると死んでしまうかもなあ?」

リッパー「最も、俺はそっちも行ける口だけどな?」

詩織(…まっ…まさか…)

ふと詩織の脳裏にある事が浮かぶ

連続強姦殺人事件…最近街を騒がせている事件だ
206 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/27(土) 03:45:31.83 ID:qDSO9sfd0
リッパー「この力を四肢切断した少女の死体を犯すって事もやってみてもいいかもな…」

詩織「んんぐっ!?んんっ!!」

必死にやめてと訴えるように顔を横に振る、その瞳には先程引っ張られた時の痛みと恐怖によって滴を貯めていた

リッパー「…………」ペロリ

詩織(ひっ!?)

その滴を拭き取るようにリッパーはその長い舌で詩織の眼球を舐める

リッパー「なかなかいい味してるよ、お前」


詩織(あっああああ…)

じょわあああああああ…

リッパー「おいおい汚ねえな」

リッパーはそう言いながらそれを狙っていたかのように用意していたタオルを取り出し詩織が恐怖のあまりに出してしまった

その不始末を拭き取っていった

リッパー「…っとそうだった喋られるわけないよな?」

まだ彼女の口の中には触手が入ったままである
207 :訂正  ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/27(土) 03:55:05.56 ID:qDSO9sfd0
リッパー「この力を四肢切断した少女の死体を犯すって事もやってみてもいいかもな…」

詩織「んんぐっ!?んんっ!!」

必死にやめてと訴えるように顔を横に振る、その瞳には先程引っ張られた時の痛みと恐怖によって滴を貯めていた

リッパー「…………」ペロリ

詩織(ひっ!?)

その滴を拭き取るようにリッパーはその長い舌で詩織の眼球を舐める

リッパー「うむ…上の中なかなかだ」


詩織(あっああああ…)

じょわあああああああ…


リッパー「おいおい汚ねえな、トイレに行きたいのなら言えよ」スッ

そう言うとこうなることを予想していたかのように用意していたタオルを取り出し詩織が恐怖のあまりに出してしまった

その不始末を拭き取っていった

リッパー「…っと喋られるわけがなかったな。」

わざとらしくそう言った

まだ彼女の口の中には触手が入ったままだった
208 :やっちまった直す必要のないところまで戻しちまった ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/27(土) 04:00:22.61 ID:qDSO9sfd0
リッパー「この力を四肢切断した少女の死体を犯すって事もやってみてもいいかもな…」

詩織「んんぐっ!?んんっ!!」

必死にやめてと訴えるように顔を横に振る、その瞳には先程引っ張られた時の痛みと恐怖によって滴を貯めていた

リッパー「…………」ペロリ

詩織(ひっ!?)

その滴を拭き取るようにリッパーはその長い舌で詩織の眼球を舐める

リッパー「なかなかいい味だよ、お前」

詩織(あっああああ…)

じょわあああああああ…


リッパー「おいおい汚ねえな、トイレに行きたいのなら言えよ」スッ

そう言うとこうなることを予想していたかのように用意していたタオルを取り出し詩織が恐怖のあまりに出してしまった

その不始末を拭き取っていった

リッパー「…っと喋られるわけがなかったな。」

わざとらしくそう言った

まだ彼女の口の中には触手が入ったままだった
209 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/30(火) 23:56:26.12 ID:ym4LSFgo0
詩織(…間違い…ない…です……ジェシカさんが……話していた情報と……同じ…です)

その強姦魔は趣味のひとつとして死姦趣味と襲った女性の涙を舐めるという趣味を持ち合わせていた

先程の言動からして少し冷静になった詩織は

今、この目の前にいる

このノイズがその犯人という確信を得た

詩織(どっ…どう……すれば…)

この触手はどうやっても解けそうにない

変身も出来ない

詩織は必死に考えるこの状況から脱出する方法を考える

詩織(あっ…そっ……そうです静香さん、静香さんは!?)

最初はあまりに突然の事で考える事が出来なかったが周りの事を考える事が出来るようになった



となりのベッドで横になっている静香の方がいるベッドの方を見る

詩織は何とかして静香にこの状況を伝え彼女を逃げさせなければと考えた

どうして自分が変身出来ない理由を知らなかったが…この状況で彼女も変身出来るとは思えなかった



しかし

どうしてここまで考えが至れたというのに、

どうしてこのノイズが静香の方にはまだ手を出していないと考えてしまったのだろう
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/05(月) 23:25:06.55 ID:QDtqssZyO
ストックきれたか?
211 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/02/05(月) 23:27:06.53 ID:sstabES10
静香「はぁ♡はぁ♡」

静香「うぁ…ぅ///」

詩織(…えっ?)

詩織が見た静香は遠めで見ても明らかに熱があるように見え先程から彼女はベッドにこすり付ける

彼女の息は明らかに荒くなっており、その履いている青色の紙パンツは色濃くなっていた

紙パンツは本来の役割こそ果たしているものの

その色変わりによって隠しているソレがどうなっているのか想像が容易かった

詩織(しっ静香さん?えっ?)

そして、その状態を疑問に思わずマッサージをしている担当はゴムパンツを履いておらず

カチンカチンとなった男の証を出した状態であった

詩織(なっ!?)

リッパー「…こういうことさ、彼女の担当であるあの男は俺によって操られているわけさ」

リッパー「これからその口に突っ込んでいる触手を抜くが…叫ぶなよ?」

リッパー「騒いだらあの男が彼女の処女を奪うぜ?」

リッパー「釘を差しておくが、仮に彼女がオリンピック級の運動能力が有ったとしても叫んだ瞬間あの男が強力な電気を流して抵抗が出来なくなり終わりだ」

リッパー「無駄に被害者がひとり増えるだけだぜ」

リッパー「最もあの女もお前らにつけた粘液によってエッチなことしか考えられなくなって逃げるどころではないだろうがな」

リッパー「お前にはどういうわけかお前には効き目が弱いが…」

そう言いながらリッパーはゆっくり詩織の口に突っ込んだ触手をゆっくりと抜き始めた
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/05(月) 23:29:54.02 ID:sstabES10
ばれて〜ら
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/05(月) 23:55:21.55 ID:QDtqssZyO
エロいから頑張って
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/06(火) 08:01:32.50 ID:sB8Hmx850
誤 リッパー「お前にはどういうわけかお前には効き目が弱いが…」

正 リッパー「どういうわけかお前には効き目が弱いが…」
215 :詩織視点 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/02/09(金) 22:58:52.83 ID:ue4TJHRQ0


リッパー「彼女が何を考えていることなど手に取るようにわかる、あのぐしょぐしょとなったおまんこに手を伸ばし」

リッパー「いじっていじってこの疼きをどうにかしたいとな」

リッパー「だが回りの目があると訴える最後の理性がそれを抑えている」

静香「んっ…///くっ…////……はぁ♡はぁ♡」

顔は見えませんが普段の面倒くさがり屋な彼女からは想像も出来ない表情をしているのでしょう

長年の幼馴染である光さんや梓さんですら見たことのない表情を

リッパー「だが…その最後の理性もこれで終わりだろう」

そうしてそのノイズは透明の洗面器を取り出しました

その中には黄色い液体が入っていました

リッパー「出したてほやほやのおしっこに…これを」

そう言うと先程まで私の口に入っていた触手から粘液と思える何かを出しました。

恐らくこれは、先程話していた粘液でしょう。

その二つの液体が入ったボールを一本の触手でかき混ぜています

216 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/02/13(火) 00:09:54.76 ID:Ytxv2j8d0
詩織「そっそれをどうするおつもりですか?」

リッパー「言ったばかりだろう?最後の理性はこれで終わりだって」

リッパー「俺の催淫粘液とてめぇのおしっこのえっちぃ香りで最後の砦はあっさり崩壊するだろうなあ」

リッパー「女から誘っているのなら強姦ではないな?」

詩織「先程手を出さないって言ったじゃないですか?」

リッパー「あの男はな?しかし、俺が手を出さないとは言っていないだろう?」

その通りです、確かにあの時騒いだら手を出すといったのは操られたという静香さんの担当です

…でも…でもこんな事って

詩織「やっやめてください!!」

私は小さい声ながらも強さがある声を出す

リッパー「…いい女であるお前が俺に目をつけられたのが運のつきだと思え」

詩織「……だっだったら…私だけに手を出せばいいじゃないですか!!」

リッパー「ほう?それでは、全てお前が全て受けるということでいいのか?」

詩織「…」

静香「くっ♡はぁ♡」


静香さんは今も生物としての本能と人間としての理性が戦っているようです。

詩織「………」

いつも私達にセクハラを仕掛けてくる静香さん…

ぐうたらごろごろで何に対してやる気がなさそうに行動をする静香さん…

しかし…そんな静香さんがいなければみんなと出会わなかった

きっと私は今も一人、図書室の隅っこでずっと本を読んでいる毎日でした

詩織「……………」ギロリ

リッパー「美人に凄まれても興奮するだけなんだが」
217 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/02/18(日) 13:25:38.02 ID:x27lRIX+0
ストックナウ

来週の日曜日から三日に一レスを再開します

某スレで海賊さんと水晶玉さんを投稿してみました
活躍が楽しみです
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 15:10:19.06 ID:3WJbkVINO
OK
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/22(木) 17:21:08.73 ID:u+hCjN1zO
まだ続いてたのね…そしてオリジナルはエタと
220 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/02/26(月) 21:55:45.32 ID:yjl4aVcq0
詩織「……好きにしてください」

私は覚悟を決めました

リッパー「…投げやりだな」

当たり前です

誰が好き好んであなたみたいな化物に好き放題にされる事を望みますか?

しかし、この状態…私はどうする事も出来ません

ブルブルブルブル

その時に私のスマートフォンが鳴りました

振動の仕方からして着信中であることを伝えるものです

そのノイズはそのかごの方を見ましたがすぐに私の方を向き直しました

…時間帯からして梓さんでしょう

想像どおりの相手でしたら10分後と20分後の2回にまた電話をかけてくるはずです

壁にかけている時計の針を見ました

20分後の終電のバスに乗らなければならない時間の時に

私が電話を取らなかった場合はおかしいと思うはずです

最低…20分……もちろん勘付いたとして仮定した場合の話です。

もちろん移動にも時間がかかります…最短だったとしても50分ってところでしょうか

…厳しいですね

しかし、私が駄目になったらおそらくこいつは約束を破り

すぐに静香の方に移り、今度は彼女を好き放題にするのでしょう

出来るだけ私がこいつを止めなければなりません
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga sage]:2018/03/02(金) 23:24:34.84 ID:XxTQdgy/0
リッパー「…覚悟を決めた少女を犯すというのはつまらねえな」

ぼそりとつぶやくとそいつは考え込む

リッパー「なあ、ちょっとしたゲームをやろうぜ?」

詩織「ゲームですか?」

とんでも無いことを考えたことはすぐにわかりました

この状況で余計なことを言ってこれ以上の気紛れを起こされては困りますので話を聞くことにします。

リッパー「これからのやることでお前が声を上げる度にあのおじさんはどんどんお前の友人のおまんまんに近づいてだな」

リッパー「最終的にはお前の友人を犯すぜ?」

…こいつにとってこの様な行為は遊びかなにかだと思っているのでしょうか?

私達は今このノイズにとってのおもちゃなのでしょう。

…許せません、許せません!!
222 :4日置きになっているな…書き置きはあるのに [saga sage]:2018/03/06(火) 21:01:37.12 ID:kXGxgccZ0
リッパー「ととと…彼女に使わないとなると…これは勿体無いことになるな」

先程まで混ぜていた液体を私の顔に持ってきました

リッパー「…飲め」

詩織「えっ?」

リッパー「とっとと飲めよ!」

そう言ってその洗面器を私から出した液体とこいつの出した液体が混じったものが入った洗面器を強く私の顔に押し付ける

詩織「んぐっ!」

私は当然口を強く閉ざし飲んでしまわないように抵抗をする

リッパー「………」

こいつは洗面器で私の顔に押し付けていた洗面器を押し付けながら

一度静香さんの担当の人の方を見る

リッパー「…おい!」

そう言って一声をかけた

詩織「飲みます!飲みますから!!」

リッパー「次に時間稼ぐような真似をしてみろ?今度は止めないぞ?」

そういって持っていた洗面器の中身を詩織の口に入るように傾ける
223 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/03/10(土) 23:20:31.84 ID:6kZQUqv+0
リッパー「次に時間稼ぐような真似をしてみろ?今度は止めないぞ?」

そういって持っていた洗面器の中身を私の口に入るように傾けます

詩織「おぐっ……んぐっ……」

くっ…苦しい…本来は流してしまう液体とこいつのよくわからない液体が混ざったものが私の喉を通ろうとします

詩織「げほっ!げほっ!」

その異様な色と明らかに飲み物とはかけ離れたドロッとした飲み具合で私はそれを吐き出そうとする

リッパー「…こぼすなよ?もしこぼしたらどうなるかわかっているよな?」

こいつはその様子を見て私に釘を差します。

…私はこぼすまいと必死にそれを飲み込もうとしました
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 23:47:23.97 ID:Ikbeu0V70
間隔空いてきたな
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 23:52:07.57 ID:QW+Cq/Ej0
いつまで続けるのか純粋に気になる
226 :来期に向けてかなり忙しいのよ それと一応>>198のお願いは継続中です ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/03/18(日) 06:19:52.32 ID:o1XXKTxa0
リッパー「うっわ!!こいつ本当に全部飲みやがった」

詩織(魔法さえ使えれば…)

魔法さえ使えれば確かにこのノイズの動きを止めて二人と脅しの道具兼人質のおじさんは逃げられるだろう

リッパー「まあ、ちゃんと飲んだからご褒美としてその両手の拘束を解いてやろうか」

その程度では私が逃げられないと確信してからの行動でしょう



どくんっ!?

詩織「っ!?」

その時です

リッパー「しぶとかったな…これだけで体に回してようやくかよ」

詩織「あぐっ…はぁはぁ♡」

なっ…なんですか…これ……これは…まずい…です…

私の体は先程と比べ物にならないほど体が熱くなっていました

自身の下半身は何もしていないはずだが…明らかに濡れていることがわかる

リッパー「ヌレヌレじゃないか…お前のおまんこいつでもどうぞと言ってやがるぜ」

そう言いながら私の意思と関係なくどんどん溢れていく愛液によって触手が濡れていくのを楽しんでいます

詩織「あっ♡…やあっ♡…やめて…あぁ♡…ひぐぅ♡…ください…」

リッパー「いい声で喘ぐじゃねえか」

詩織「あっ!」バッ

解放された両手で自分の口を塞ぎ静香さんのほうを見ます

静香さんの手は震えていました

リッパー「おお、まだ他人を気にする余裕が残っているのか」

リッパー「とっとと全てを諦めて手を伸ばせば楽になれるというのにな?」

こんな奴の…こんな奴の思い通りになんてなりません!
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/03/22(木) 17:13:08.75 ID:QyO5EsSwO
 
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 17:30:43.60 ID:Lj4arUtTO
上げんなゴミ
229 :第三者視点 [saga sage]:2018/03/23(金) 00:18:34.17 ID:Gr7Pgv8A0
リッパー「さてさて…中身はどうなっているかな?」

リッパーは触手で筋をなぞることをやめ、詩織の花びらの左右を触手で抑えゆっくりと開き始める

リッパー「………!!まじかよ」

詩織「あぐっ」

触手によってゆっくりと開いていた花びらは一気に開かれる

そこにはあるとは思わなかった物が誰のモノも侵入する事を許さなかった証があった

リッパー「お前、処女かよ!?」
230 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/03/27(火) 23:07:49.60 ID:O6/NwNA60
リッパー「その子のスマホを持ってきてくれ!」

詩織「…はぁはぁ…んくぅ♡…何を……しゅる気…れしゅか?」

そう言って相変わらず静香のマッサージを行っていたおじさんは詩織の荷物が入った籠からスマートフォンをリッパーに渡す

それとは別にもう一つスマートフォンを構えていた

リッパー「処女喪失記念としてその直前の状態を撮ってやるからピースしな?」

そう言っての二つスマートフォンのカメラレンズを詩織に向ける

いつでもシャッターを押せる状態だ

詩織「撮りゃないで!撮りゃないでください!!」

リッパー「はい、チーズ」カシャカシャカシャカシャ

そう言って二つのスマートフォンから連続でシャッター音が鳴る
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 23:56:37.64 ID:pVpeLdTk0
2週間エッタたか
232 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/04/11(水) 00:32:59.91 ID:lmqCbIzP0
 |▽\) 誰もイないし生存報告しても無意味だと思ったからしなかったの生きてますよ
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 00:43:15.82 ID:lmqCbIzP0
ちなみになんか上げられたので上から300くらいに行くか、出来るまで更新の予定はないっす
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 01:00:54.64 ID:fMggnm1K0
生きてたか。んじゃ更新楽しみにしてます
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 06:42:11.86 ID:kktA+wC10
魔法少女スレが無差別に上げられてたな
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/18(水) 22:14:41.00 ID:9hB6ADI0O
たのしみ
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/26(木) 16:52:00.09 ID:kWr7pg6rO
ageる馬鹿いるせいでいつまで経っても再開しなさそうだな
238 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/04/26(木) 20:52:13.63 ID:zUFyBSbq0
生存報告
もうすぐ静香に行けそうです
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/30(月) 00:19:17.60 ID:GzY9lrdpO
お?マジっすか!
ちゃんと進んでたんだ。期待してます!
240 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/05/09(水) 23:26:07.21 ID:07nlOWHO0
現状静香はリッパーに両手を押さえつけられていて両足はおじさんに拘束されています

詩織の口の中には再び触手が突っ込まれています
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/10(木) 23:58:57.20 ID:ELSOpPB80
ということは静香の方に突入したんかな
242 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/05/22(火) 22:43:34.42 ID:adbLHW+/0
現在静香のシーンの導入を書き直しています

…次のエッチシーンポイントのアイディアだけが浮かぶという地獄
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/23(水) 05:00:48.98 ID:EiSdJRpGO
進んでるようで何よりです
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 20:51:53.16 ID:Eyga0i/40
300レスより書き終わる方が速そう
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 21:48:06.47 ID:A/e/9gAv0
300レスじゃなくてスレ順300ですぜ
246 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:49:14.99 ID:QnHPIHOO0
勘弁してくれよ
248 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/06/19(火) 00:20:16.88 ID:wR4kq72B0
きりないので次に上から100行くたびに1レス進めますね

そのレスはsageないので再び100行ったらもう一レス進める形

もち終わったら一気に書き上げ
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 02:28:41.94 ID:8KAnduTs0
おつ
待ってます
250 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/07/01(日) 10:26:55.41 ID:esPyZznH0
一通りとると詩織のスマートフォンの画面をすっと見せつける

リッパー「ほら見てみろよ、お前の処女膜だぜ。これから無くなるぜ?無くなるんだぜ!?」

詩織(…そんな画像…見せつけないでください)

リッパー「さてここまで焦らされるとお前の今か今かと待っているおまんこがかわいそうだな」

詩織(だっ…だれが…)

それまでスジをなぞっていた触手はその動きを止め

本人の意志とは無関係に欲しがっているそこにいつでも入る状態になっていた

リッパー「ととと…こう口を塞いでいたら大きな声には期待出来そうにないな」

そう言って別の触手を取り出した

詩織「どっ…どうしゅるつもりれすか?」

リッパー「お前が変態で助かったぜ。おかげで前後から攻めることが出来るからな」

詩織「だっ…誰が変態れしゅか!?」

リッパー「変態じゃないのなら何故、前をいじった回数は明らかに少ないというのに」

そう言ってリッパーは昨日時間をかけてメイドが小さなバイブが入るようになったアナルに軽く触れる

詩織「んんぅ♡」

リッパー「どうして初めてのアナルでそんな顔になる?」

詩織「そっそれは?…あああっ!?」

ズブブブブブ

リッパーは詩織の返答を待たずに二本の触手で詩織の二つの入り口に突っ込む

リッパー「どうだ?あと一歩だ?何か言いたいことは?」

詩織は必死に両手で口を塞いでいる

リッパー「………おらよ!」

詩織「〜〜〜〜〜〜!!」

寸止めした二本の触手に力を込め詩織の中へと入っていった。
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/02(月) 09:04:09.10 ID:3tF1lfmn0
2ヶ月半くらい前に上げられたスレが今270ちょい
超絶過疎ってるこの板で300はハードル高い
252 :最近一番悩んでいるところは一般の温泉施設にどうして三角木馬があるのかということです ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/07/11(水) 19:45:43.12 ID:cm1NH47h0
リッパー「おめでとさん、これでお前も大人の仲間入りだ、これから女を教えてやるぜ」

詩織(余計な…お世話です)

リッパー(って言いたそうな顔をしてるぜ)

リッパー「まあ嫌だと言っても教え込むがな」

詩織(どうやってもこうなる事はわかっていましたけど…やっぱり…こうなるのは辛いです)

魔法少女になった場合何らかの形で3年以内に純血を奪われる率が高いと聞いたことはあるが

いざ失うとなると悲しくなる。

リッパー「これから男の喜ばせ方ってのを教えてやる授業料はいいぜ?その処女をもらったからな」

詩織「…ふっ…ふざけないでください」

そう言うと詩織はリッパーを再びにらむ

リッパー「…やっぱ才能あるぜ、お前」

リッパー「お前のように反抗的な娘を見るとこのちんぽ触手に屈服してアンアン言う所を想像すると興奮してたまらないな」
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 07:17:14.30 ID:czXkfBdxO
安価ズラすかそういうの好きで組み立て式の持ってきたか近場に置いといたとかでいいんじゃない?
254 :2日ほど猫の島にすごく焦げてしまい痛くて下書きが進まなかった… ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/07/30(月) 21:42:07.57 ID:FoArE4Yj0
リッパー「さてと動くか」ズチュ

詩織「んっんん!?」

蜜壺に入った触手の方だけが動く

リッパー「ととと、なれないな流石に」

詩織「んんっ……///」

今度は不浄の穴に入れた触手だけが動く

リッパー「おいおい本気を出してねえのにその調子かよ。大丈夫か?」

そう言うと詩織のスマホを見る

リッパー「指紋認証のタイプか」

リッパーは詩織の右親指にその指紋認証部分に近付ける

こういう人の情報を元にロック解除するタイプのスマホは自分は簡単に開き

他人は用意に解除出来ない強みがあるが、こういう状況に陥ると恐ろしく弱くなる

リッパー「へえ…」ズチュヌチュ

詩織「んっ…///」

必死に口を抑え明らかな喘ぎ声を出さないようにしている詩織をよそに

リッパーはロック解除のスマホ見ながら時にニヘラと笑ったり様々な顔をしながら見ていく
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 16:38:01.63 ID:AxhYkBcB0
100スレいったで?エタッた?
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 18:54:56.84 ID:6NpHiIIQO
確認します
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 18:56:30.35 ID:6NpHiIIQO
越えてるの確認しました
後程更新します
258 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/08/12(日) 20:06:35.34 ID:IiUN4GF30
リッパー「いい物を持っている友人がたくさんいるな」

どうやらリッパーは詩織のスマホから写真を見ているようだ

リッパー「俺の犯すリストに追加してやるよ」

詩織(なっ!?)

詩織はもう一度リッパーを睨む

リッパー「どれどれ」ズチュヌチュズチュズチュヌチュ

リッパーは詩織のスマホをいじりながら二本の触手のスピードを上げる

詩織「〜〜っ」

詩織(だっ駄目…ちょっとでも気を抜くと…こっ…声が出ちゃいます)

リッパー「ちっチャンスだと思ったが」

リッパー「何だお前、結構近いところに住んでいるな」
114.86 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)