女「死者が歩き出す、この世界で」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:40:32.52 ID:+rKjT8wL0
 これはゾンビ物の内容となっております。苦手な方はブラウザバックを。

 それでは、少しでも楽しんでいただければ幸いです。
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:42:06.28 ID:+rKjT8wL0
 アナウンサー「今日午前11時半頃、T駅前で暴漢男が………」
 
 アナウンサー「暴漢の被害は拡大しています。皆様、暴漢に遭遇した際には……」
 
 アナウンサー「増え続ける『暴漢』。政府は自衛隊の出動も視野に……」
 
 アナウンサー「政府が今日の昼頃、『暴漢』を『狂人症感染者』とし……」
 
 アナウンサー「K地方全域に避難勧告が出されました。未だK地方にお住まいの方は今すぐ………」
 
 アナウンサー「この現象が日本だけではなく、世界中にも広がっていると……」
 
 プツン…
 
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:42:51.74 ID:+rKjT8wL0
 女「はぁ……はぁ……」タッタッタ
 
 女「きゃっ!」バタッ
 
 女「うぅ……」
 
 チラリ   ア゙ア゙…
 
 狂人「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛……」ズル…ズル…
 
 女「ひ、ひぃぃ………!?」
 
 アアアアアアアアアア……
 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:43:37.98 ID:+rKjT8wL0
 女(あの狂人の後ろにも……あんなに、たくさん……)
 
 女(もう……駄目だ……)
 
 女「ごめんね……お父さん……お母さん……」
 
 スッ
 
 ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ン…   ドォッ!
 
 狂人「ガァッ!?」グチャッ
 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:44:36.55 ID:+rKjT8wL0
 女「え……? く、車……?」
 
 ウィィィィン…
 
 男「………」
 
 女(だ、誰? 狂人じゃ、ない……?)
 
 男「……乗れ」
 
 女「えっ、え?」
 
 男「早く」
 
 女「はっ、はいっ!」ガチャッ バンッ
 
 男「……飛ばすぞ、気をつけろ」ウ゛ンッ!
 
 ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ン……
 
 ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛……
 
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:45:18.69 ID:+rKjT8wL0
 男「…………」
 
 女「…………」シーン…
 
 女「あ、あの……」
 
 男「なんだ」
 
 女「助けて頂いて……ありがとう、ございました……」
 
 男「ああ」
 
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:46:00.08 ID:+rKjT8wL0
 女「あの……本当に、生きているんですよね……? 狂人なんかじゃ……」
 
 男「狂人は、ものを喋らん」
 
 女「わ、私……あの街で、ずっと……ひとりぼっちで……」
 
 女「友だちも、みんな……」
 
 女「生きている人間は、もしかしたら私だけじゃないかって……」グスッ ヒック
 
 男「…………」
 
 男「俺も……生きている人間を見るのは久しぶりだ」
 
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:46:50.51 ID:+rKjT8wL0
 ヒック…  グスッ…
 
 女「すいません……うるさくしてしまって……」
 
 男「いい」
 
 女「……あの。今はどこに向かっているんですか……?」
 
 男「山だ」
 
 女「や、山……?」
 
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:47:37.88 ID:+rKjT8wL0
 男「山はもともと人が少ない。潜む狂人もそこらよりマシだ」
 
 女「…………」チラ…
 
 女(少ないけど……さっきから、狂人が……)
 
 男「あまり外を覗かない方がいい」
 
 女「っ!」ビクッ
 
 男「目が合えば、追ってくるぞ。奴ら」
 
 男「追いつけないとしても、追われないに越したことはない」
 
 女「………はい」
 
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:48:19.43 ID:+rKjT8wL0
 女(日本の国民のほとんどが狂人症に感染してから、二ヶ月が経った……)
 
 女(感染して狂人となった人間は、まるで知性を感じさせないような行動を取り)
 
 女(すぐに腐食が進み、見るに耐えない姿となる)
 
 女(そして……人を喰らわんと襲いかかる)
 
 女(狂人を倒すには、頭を……脳を完全壊すことしか方法がない……)
 
 女(まるで死体が歩き出したかのような光景は、よくあるゾンビ映画そのもので……)
 
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:48:53.32 ID:+rKjT8wL0
 女(噛まれたり、狂人から狂人症を移されると高熱が出て一度心臓が止まる。つまりは、死ぬ)
 
 女(そして起き上がり、人を襲い出す……)
 
 女(結局医療機関の特効薬も完成せず、次から次へと人々が狂人へとなり果て……)
 
 女(日本が、壊滅した)
 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 00:49:30.40 ID:+rKjT8wL0
 女(残った自衛隊や警官は偉い人達の護衛に回ったり、避難民の誘導で手が一杯だったそうだ)
 
 女(噂では国外に逃亡、国内に拠点を造り留まっている、それか間に合わず全滅……)
 
 女(いろんな説が唱えられた)
 
 女(でもただ一つ、言えることは……)
 
 女(危険区域に取り残された私たちは、見捨てられたのだ)
 
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 02:59:49.39 ID:sV3mjDHaO
GのほうのR18かな
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 10:03:31.47 ID:9VeiJ1jCO
キキーッ
 
 男「……着いたぞ」
 
 女「は、はい」
 
 女(本当に山だ……。道路沿いだけど、確かに狂人はいない……)
 
 男「見回りに行ってくる。窓から見えないようにして、じっとしていろ」
 
 女「き、危険じゃないですか!? そんな、危ないこと……」
 
 男「それで一度、痛い目を見たことがある」
 
 女「……っ」
 
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 10:05:47.43 ID:9VeiJ1jCO
 すいません、ID変わってますけど1です。


 男「夕方までには帰ってくる」
 
 男「キーは挿したままにしておくが、鍵は閉めておけ」
 
 女「わかり、ました……」
 
 男「…………」シャラリ…

 女(え? 剣? 刀? 鉈?)
 
 男「……」ザッザッザッ
 
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 10:13:48.59 ID:9VeiJ1jCO
 女「……」シーン
 
 女(あの人、大丈夫かな……)
 
 女(多分、同い年か……少し年上か……だよね?)
 
 女(私とそう変わらないのに……なんだか『慣れて』る感じだった……)
 
 女(それほど、狂人と戦って…………?)
 
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 10:14:57.46 ID:9VeiJ1jCO
 カァ カァ カァ
 
 コンコン
 
 女「!」ガバッ
 
 男「………」
 
 女「い、今開けますね!」ガチャッ 
 
 女「お、おかえりなさい……」
 
 男「……狂人は見たところいなかった」
 
 女「そ、そうですか……」
 
 男「一旦車の外に出ろ」
 
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 10:16:02.19 ID:9VeiJ1jCO
 男「…………」ガチャッ
 
 女(車の中の荷台に……武器がたくさん……)
 
 女(斧……スコップ……ノコギリ……釘バット……)
 
 男「……言っておくが」
 
 女「は、はいっ!」
 
 男「俺は聖人でもなければ、超人でもない」
 
 男「努力はするが、いつでも守れるとは限らない。だから、戦い方を覚えろ」
 
 女「……!」
 
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 10:21:10.83 ID:YbW8QUkA0
心配なら酉つけるといいぞ。
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 13:55:14.43 ID:HJ8GkSpA0
>>2
>  アナウンサー「今日午前11時半頃、T駅前で暴漢男が………」

>暴漢男

頭痛がいたい?
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 14:02:23.20 ID:+rKjT8wL0
 男「何か、武器はあるか?」

 女「こ、これなら……」
 
 男「包丁…………か。少し貸せ」
 
 女「…………?」テワタシ

 男「…………」ガサゴソ
 
 女(棒と、金槌と、釘と……あれは、ダクトテープ?)
 
 ビィィッ グルグル カンカン
 
 男「……包丁で狂人を殺せないこともないが、長さが足りん。簡易だが、槍に変えた方が役に立つ」
 
 男「……完成だ」
 
 槍包丁「」
 
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 14:03:44.21 ID:+rKjT8wL0
 女「あ、あのっ……」
 
 男「なんだ、不満だったか」
 
 女「いえっ……そうじゃ、なくて……」
 
 女「私、その、力がなくて……。これで、狂人を倒せるでしょうか……?」
 
 男「ああ、倒せる。奴らは脆いからな」

 女「脆い……?」
 
 男「奴らはこの二ヶ月間、下手をすれば半年、雨ざらしとなってなにも防がずに歩いてるだけだ」
 
 男「そうじゃなくても、奴らは腐っている。それに肉は喰っても水は飲まん」
 
 男「乾いてもいる。だから脆い」
 
 男「それに視力も悪ければ、反射神経も皆無。そして馬鹿だ」
 
 男「なんとでもやりようはある。それに……」
 
 男「死が迫れば、自ずとも力は出る」
 
 女「………っ。わかり、ました……」
 
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 14:04:47.82 ID:+rKjT8wL0
 男「ただ『新しい』狂人には気をつけろ。走りはしないが普通の奴より速いし、幾分か硬い」
 
 女「…………」
 
 ガサッ
 
 女「!?」ビクッ
 
 狂人「ア……ア……」ズル…ズル…
 
 男「ちっ、見逃していたか…………」
 
 男「丁度いい。見本を見せる」ヒュンッ
 
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 14:05:30.80 ID:+rKjT8wL0
 男「基本的に頭を一撃で貫けるに越したことはないが、外した時は危険だ。だから敵が少数なら……」テクテク…
 
 狂人「ウ゛オ゛オ゛」
 
 男「足を狙え」ブンッ
 
 狂人「ガァァ」バシン ドサッ
 
 男「倒したあとは胸あたりを踏み……」ズン
 
 狂人「グゥゥ……」グ、グ…

 男「頭を一突きだ」グサッ
 
 狂人「ギャッ」
 
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 14:06:16.62 ID:+rKjT8wL0
 狂人「」ズルリ…
 
 男「こうやって戦う」
 
 女「っっ」
 
 女(速い……! しかも、手慣れて……)
 
 男「二、三回続ければすぐ慣れる」テワタシ
 
 女「…………はい」
 
 男「車に戻るぞ。夕食だ」
 
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 16:53:50.96 ID:/ym8dhsUO
 女(ツナの缶詰めに、焼き鳥の缶詰めに、乾パン……)
 
 女(この状況を考えれば……豪華と言えなくも……)
 
 男「水は飲んでもいいが、飲みすぎるな。いざという時に、動きにくくなる」
 
 女「あ、ありがとうございます」
 
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 16:54:45.02 ID:/ym8dhsUO
 女(ツナの缶詰めに、焼き鳥の缶詰めに、乾パン……)
 
 女(この状況を考えれば……豪華と言えなくも……)
 
 男「水は飲んでもいいが、飲みすぎるな。いざという時に、動きにくくなる」
 
 女「あ、ありがとうございます」
 
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 17:46:37.58 ID:ewaej9/+o
大事なことなので
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 21:54:59.44 ID:+rKjT8wL0
 モグモグ…
 
 女(あ、美味しい……)
 
 女(久しぶりに、誰かとご飯を食べる……)
 
 女(会話は、ないけれど………、それでも……)
 
 女「…………ぐすっ」
 
 女「あ、すいま……ひっぐ、あれ……? うぅ……」
 
 男「…………」
 
 女「うぇぇぇぇぇん………」
 
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 22:00:34.10 ID:+rKjT8wL0
 男「……………」ズイ
 
 女「あ……、え……? はち、みつ……?」
 
 男「乾パンに少しかければ、美味くなる」
 
 男「……俺にはこれくらいしかできないからな」
 
 女「あ、ありがとう、ございますっ……」
 
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 22:01:13.32 ID:+rKjT8wL0
 
 翌朝。
 
 チュン チュン
 
 男「朝だ、起きろ」
 
 女「あ……え……? あっ!」
 
 女「お、おはようございます!」
 
 男「車を動かす。そこに置いてあるのが朝食だ」
 
 女「は、はい。ありがとうございます」
 
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 22:02:17.49 ID:+rKjT8wL0
 ブロロロロロ…
 
 女「今度は、どこに向かうんですか……?」
 
 男「さぁな」
 
 女「え……?」
 
 男「アテはない。だがこのまま道に沿って行けば、人がいなさそうなところでもコンビニくらいはあるだろう」
 
 男「そこで食料品を得る」

 女「あ………」
 
 女(そうか……。この人、こうやって生きてきたんだ……)
 
 女(ずっと、一人で……。こうやって旅をして……)
 
 男「どうかしたか?」
 
 女「いえ……。なんでも、ないです」
 
 男「……そうか」
 
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 04:38:34.12 ID:agOGuzHTO
良いやつやん
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:19:25.34 ID:97u2pMmyO
 キキーッ
 
 女(本当にあった……。ひどい有り様だけど、確かにコンビニだ。周りに狂人もいない……)
 
 男「協力してもらうぞ。槍を持って外に出ろ」
 
 女「はいっ……」
 
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:20:09.80 ID:97u2pMmyO
 女「……………」
 
 男「……………」
 
 女「あの…………」
 
 男「なんだ?」
 
 女「中に、入らないんですか?」
 
 男「……」っ時計
 
 男「あと20分経ったらな」
 
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:20:42.46 ID:97u2pMmyO
 5分後……
 
 パキッ
 
 狂人A「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」
 
 狂人B「ウウ……」
 
 女(……! 狂人! それに、5体……)
 
 女(コンビニから出てくるのを、待って……)
 
 男「教えた通りにやれ。全て殺す」シャラリ
 
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:21:16.25 ID:97u2pMmyO
 男「………死体め」テクテク ザンッ
 
 狂人A「ギャアッ」ドサリ
 
 女(あんなに、簡単に……)
 
 狂人B「グゥゥ……」
 
 狂人C「ガアアッ」
 
 男「…………」ゲシッ、ドン、スパリ
 
 女(私もなにか、できることは………)
 
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:21:42.81 ID:97u2pMmyO
 男「1体、そっちにいったぞ」
 
 女「えっ? あっ!?」
 
 狂人D「ガアアアアアアア」
 
 女「ひっ……」
 
 女(落ち着かないと………)
 
 女(大丈夫……、あの狂人は腐っていて、動きも遅い……!)
 
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:22:10.63 ID:97u2pMmyO
 女(まず足を狙って……)
 
 女「やぁっ!」ブウン
 
 狂人D「ガアア……」ドサァ
 
 女(よし、倒れた……! あとは起き上がらないように踏んで)ズッ
 
 狂人D「グアア!」ガシッ
 
 女「ひぁっ!?」
 
 女(足を、掴まれ…………!?)
 
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:22:40.97 ID:97u2pMmyO
 男「落ち着け! 足に力を入れて、止めを刺せ!」
 
 女「くっ……」グサッ
 
 狂人D「ギッ、ガ、ァァァ!」
 
 女(し、死なない……!?)
 
 女(もう一度……!)グサッ
 
 狂人D「ギイッ」ググ…
 
 女(もう一度!)グサッ
 
 狂人D「アアッ」
 
 女(死ぬまでっっ!!)グサリ!
 
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:23:14.53 ID:97u2pMmyO
 バタリ… グサッ グサッ
 
 男「……もういい。そいつは死んでいる」
 
 狂人D「」
 
 女「ハァッ……ハァッ……」ズルリ…
 
 女「……………」チラリ
 
 狂人B「」
 
 狂人C「」
 
 狂人E「」
 
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/17(火) 21:23:51.72 ID:97u2pMmyO
 男「怪我はないか?」
 
 女「……はい」
 
 男「なら、コンビニに入るぞ」
 
 女(映画みたいに、倒して高揚するものだと思ってたけど………)
 
 女(こんな、気分なんだ…………)
 
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/18(水) 23:08:57.50 ID:ukpAJet4O
 男「足下に気をつけろ。ガラス破片が散らばっている」
 
 女「はい」
 
 女(薄暗い……)
 
 女(……? 今、何か奥で動いたような)


 狂人F「ガアアッ」ガシャンッ
 
 女(狂人……!? まだいたの!?)
 
 男「こういうこともある。油断は決してするな」
 
 ガシッ ガンガンッ ザン!
 
 女「速…………」ジーッ
 
 男「……鉈は、女が何度も振るには重いが」
 
 女「いや、武器を見てたわけじゃなく……」
 
 女(あそこまでなるのに、いったいどれだけ戦ったんだろう……)
 
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 00:20:04.92 ID:NypTjTpPO
 ガサゴソ
 
 女「これは……食べられるかな……」
 
 女「これは……う、腐ってる……」
 
 女(缶詰めとか……結構残ってる……。誰かがもっと取っていってると思ってたけど……)
 
 女(それほど、生存者が少ないの……?)
 
 女(あの狂人も、ここに食料を求めて…………)
 
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 00:20:38.02 ID:NypTjTpPO
 男「どうだ?」
 
 女「ひゃいっ!?」
 
 女「あ、ああ……すいません。考え事をしていて……」
 
 男「別にいいが、食料は」
 
 女「あ、結構ありました」ドサリ
 
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 00:21:17.15 ID:NypTjTpPO
 男「そうか。……これも、袋に」ポイ
 
 女「は、はい」
 
 女(……キャラメル?)
 
 女(昨日のはちみつと言い、甘いの、好きなのかな……)
 
 男「そろそろ出るぞ。あまり留まりすぎるのもよくない」
 
 女「わかりました」
 
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 00:22:16.78 ID:NypTjTpPO
 男「……乗ったな?」
 
 女「はい、乗ってます」
 
 男「なら出すぞ」
 
 ブゥゥゥゥン…
 
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 07:05:27.82 ID:EfNGAQJPO
男「なら出すぞ」
 
 ブゥゥゥゥン…

卑猥な物を出したのかと一瞬考えてしまった
 
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 09:45:43.90 ID:T+E4EzCBo
お前のチンコ出すたびにブゥゥゥゥン…って鳴るの?
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 19:27:11.38 ID:TMxdc0yno
ローターだろ言わせんな
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:06:34.79 ID:LepdAfbn0
 女(また車を走らせてから、私たちの間に会話はなかった)
 
 女(こんな状況だから……なかなか楽しい会話なんてできない……)
 
 女(それに、男さんはあまり喋る方ではないだろうから)
 
 女(それでも私は、この二ヶ月で感じたことのないくらい居心地がよかった)
 
 女(だからこそ、これからのことなんて考えたくなかった)
 
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:07:15.38 ID:LepdAfbn0
 キキーッ
 
 女(ここは……ガソリンスタンド……?)
 
 男「車にガソリンを入れる。お前も槍を持って外に出て、周りを見張っておいてくれ」
 
 女「はい」
 
 男「それとあまり……俺から離れるな」
 
 男「一人になるのは危険だからな」
 
 女「…………」
 
 女(………………他意は、ないのだろう)
 
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:07:47.59 ID:LepdAfbn0
 女「静か……ですね……?」
 
 男「いないに越したことはないが……確かに1体もいないのは珍しいな」ドクドク…
 
 男「よし、入った」ガチャ
 
 女「じゃあもう車の中に……」
 
 男「……いや、待て」
 
 女「…………?」
 
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:08:20.75 ID:LepdAfbn0
 男「…………」テクテク
 
 女「お、男さん………?」
 
 男「…………ふむ」ピタリ
 
 女「……! これは、狂人の………死体……?」
 
 男「の、ようだ」シャガミ
 
 男(頭をかち割ったような傷跡……)
 
 男(傷口が乾き切っていない……。最近のものか………?)
 
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:08:54.49 ID:LepdAfbn0
 女「お、男さん……!」
 
 男「なんだ、狂人か?」スクッ
 
 女「いえ、そうじゃなくて……。ここに、何か小さな看板がかかっていて……」
 
 男「……………」クルッ
 
 男「!」
 
 女「裏に、何かあったんですか……?」
 
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:09:25.32 ID:LepdAfbn0
 男「……文字だ」
 
 女「え……?」
 
 男「殴り書きだが……『生存者の方は北へ。◇◇市○○ホテルにて、お待ちしております。6月12日』……今日の日付は」
 
 女「えっと……6月、15日です……」
 
 女「……ということは、三日前、ここに、誰かが……」
 
 男・女「…………………」
 
 男「可能性は高い。…………車に戻るぞ」
 
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:09:57.54 ID:LepdAfbn0
 女「ま、待ってください! 地図が、ここに……」
 
 男「これを書いた人間が置いていったのか」
 
 ァァァァァァァァァ…
 
 女「っ」ビクッ
 
 女「狂人が、向こうから……」
 
 男「なら殺して、旅を続けるぞ」
 
 男「迷うまでもない」
 
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:10:26.45 ID:LepdAfbn0
 ブロロロロロ…
 
 女(うう……、服に血が……)ドロッ
 
 男「運転しながらでは道がわからん。地図の読み方はわかるな? 案内してくれ」
 
 女「は、はいっ」
 
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/19(木) 23:10:57.82 ID:LepdAfbn0
 ブロロロロロ…
 
 女「そこを右です。……はい。しばらく直進です」
 
 男「わかった。……あとどれくらいだ」
 
 女「正確には分かりませんが、もう街には入っていますし……だいぶ近くなってます。もう少しです」
 
 男「なら良い」
 
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/20(金) 08:16:39.21 ID:IM6abknSO
>>49
ワロタ
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/20(金) 15:15:05.55 ID:8THDAdAPO
チンコ出す度にブゥゥゥンって鳴るの仮面ライダーみたいで格好良くない?
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/20(金) 16:48:17.17 ID:LxV1DqEDO
>>61
ライトセーバーかもしれんぞ暗闇で光って便利
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:22:11.15 ID:HPMxfJkW0
 女(生存者……本当にいるなら、どんな人なんだろう)
 
 女(男さんみたいな人? それとも……女の子、かな)
 
 女「……良い方たちだったらいいですね」
 
 男「あまり期待はするな。…………駄目だったとき、立ち直るのは容易ではない」
 
 女「………はい」
 
 男「…………俺にも、そういう経験はあったからな」ボソリ
 
 女「………え?」
 
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:22:47.71 ID:HPMxfJkW0
 女「それって……」
 
 男「十字路が見えたぞ。どっちだ」
 
 女「あ、そこを左折です」
 
 男「わかった」グルン
 
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:23:16.97 ID:HPMxfJkW0
 男「…………!!」
 
 女「え!?」
 
 ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛……
 ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛……
 ガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ
 
 女(狂人!? しかも今までの比じゃない! どう見ても、100以上………)
 
 男「………ちっ!!」グルンッ! ブオオオオオ!
 
 男「荒れる! 気をつけろ!」
 
 女「男さん! どの道からも、狂人が………!」
 
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:23:56.22 ID:HPMxfJkW0
 男「椅子の下で、吹っ飛ばされないよう丸くなっていろ!」
 
 女「シートベルトは!?」
 
 男「駄目だ! 早くしろ!」
 
 女「は、はい!」
 
 男「ふっ」グンッ!
 
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:24:21.63 ID:HPMxfJkW0
 グォォォォォォォ…  グチャッ ビチャッ ガタンッ 
 
 女「う………く………!」
 
 女(ひ、轢いてるんだ………、狂人を、車で……)
 
 女(でも、こう何度もぶつけていれば、車の方が……)
 
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:24:53.43 ID:HPMxfJkW0
 キキーッ!
 
 男「槍を持て! 外に出るぞ!」
 
 女「え……!? に、荷物は………」
 
 男「ある程度の食料はこっちのかばんに入ってる!」
 
 女「は、はいっ!」ガチャッ
 
 女(き、狂人がいない……? 巻いたの……?)
 
 男「こっちだ」
 
 女「……!」ダッ
 
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:25:47.14 ID:HPMxfJkW0
 男「この角を曲がって一旦止まるぞ」
 
 女「はいっ」
 
 女「ハァッ……」クルッ
 
 女(……! 狂人の群れが……車に……)
 
 男「ここからは徒歩でホテルに向かう。さっきの狂人の大部分はあれで時間を稼げるはずだ」
 
 女「はい……!」
 
 男「急ぐが、体力を考えて走れ。バテたら終わりだ」
 
 女「で、でもっ」
 
 男「奴らは足が遅い。大丈夫だ。逃げ切れる」
 
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:28:07.73 ID:HPMxfJkW0
 男「よし、行くぞ」
 
 女「……くっ!」ダッ
 
 アァァアァァァァ… ウゥ…
 
 女(狂人が、行き先に……!)
 
 男「ふん!」ザシュッ
 
 狂人「ガァッ」ドシャア
 
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/20(金) 22:29:42.72 ID:HPMxfJkW0
 女(ダメだ……、さっきよりは少ないけど、それでも多い……!)
 
 女(とても男さんだけじゃ……! 私もなにか……!)
 
 男「下手なことを考えるな! 逃げ切ることだけを意識しろ!」ザンッ!
 
 女「でもっ……」
 
 男「足でまといだ!」
 
 女「うっ……」
 
 女「くぅっ!」ダッ
 
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:16:41.42 ID:KxydLuQX0
 男「はぁっ!」ズバッ
 
 狂人「ギャアッ」ガクン
 
 狂人a「アァ……」ス
 
 狂人b「ガァァァァ」
 
 女「男さん! こっち、少ないです……!」
 
 男「………! ふん!」バツンッ
 
 狂人a「ギャ!?」ブシィ
 
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:17:32.64 ID:KxydLuQX0
 狂人c「アアアアアアアアアア!」
 
 女「あっ!?」ガッ
 
 女(物陰に……! 見えてなかった………)ググ…
 
 男「くそっ……!」カチャッ バンッ!
 
 狂人c「グゥッ……!?」ドサ
 
 女「えっ!? 拳銃………!?」
 
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:18:20.62 ID:KxydLuQX0
 男「……………」バンッ バンッ バンッ
 
 狂人b「グ!?」
 
 狂人e「ガァッ」ドサッ
 
 狂人f「ギッ……」ドシャア
 
 男「行くぞ!」
 
 女「え、あ、はいっ」
 
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:19:02.95 ID:KxydLuQX0
 女「男さん、それっ……」
 
 男「以前警官の狂人から奪った。だが……」
 
 男「拳銃の経験はあまりない。近くなければ、外れる。一撃で仕留められるとも限らない」
 
 狂人g「ウアアアア」
 
 男「シィッ!」ズバッ
 
 男「………鉈の方が、慣れてるしな」
 
 女(それはそれで………)
 
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:19:47.10 ID:KxydLuQX0
 女「………!!」
 
 ウ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛……
 
 女「ここにも、狂人がこんなに………」
 
 男「残念だが、逆からも来ている」ガシッ ザンッ
 
 ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛……
 
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:20:16.61 ID:KxydLuQX0
 女「男さん……」
 
 男「ホテルに近いのは、そっちだな?」
 
 女「……はい」
 
 男「……すまない。もう、一か八かだ」
 
 男「俺が先に行く。お前は狂人がいない場所を縫って進むんだ」
 
 女「……っ」
 
 女(男さん、まさか……)
 
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:20:54.97 ID:KxydLuQX0
 男「振り返るなよ」
 
 女「そんな、私っ……!」
 
 男「行くぞ!」ダンッ
 
 狂人h「ガアアア」
 
 男「ふん!」ズバッ
 
 狂人i「アアアアアア……」ズルリ、ズルリ
 
 女「くっ……!」ヒラリ
 
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:21:25.90 ID:KxydLuQX0
 狂人j「ルウオオオオオオ!!」ガシッ
 
 狂人k「グアア……」ズイッ
 
 男「ぐっ!?」ググ…
 
 女「男さん!」ザクッ!
 
 狂人j「ギッ」ドサッ
 
 男「………! シッ!」ザンッ
 
 狂人k「ガッ……」ズシャァ…
 
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:22:38.06 ID:KxydLuQX0
 男「お前っ………」
 
 女「……どの道私だけじゃ、生き残れませんから」カタカタ…
 
 ウオオオオオオオオオ…
 
 女「二人で協力すれば、どうにかなるはずです……!」
 
 男「……………」
 
 男(……無理だ)
 
 男(二ヶ月。俺は狂人と戦ってきた。だからこそ、この数は)
 
 男(………無理だと、わかる)
 
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:23:13.00 ID:KxydLuQX0
 女「男さん………」
 
 男「なんだ」
 
 女「私……あなたに出会えて良かった……です」
 
 女「前なら私は、きっと、もう、諦めていた……」
 
 女「今も諦めそうです……けど」カタカタ…
 
 女「私はまだ、あなたと会えたから……生きていたい………だから、諦めたくないんです……!」
 
 男「…………」
 
 男「ああ、そうだな」
 
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:23:58.90 ID:KxydLuQX0
 男「行くぞ……!」
 
 女「は、はい!」
 
 ウオオオオオオオオオ…
 
 ターンッ  ギッ!?
 
 女「!?」
 
 女(狂人がひとりでに、倒れて………?)
 
 男「………?」
 
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 00:24:29.73 ID:KxydLuQX0
 オーイ… オーイ…
 
 女「声!? どこから……」
 
 
 メガネ「こっちだ! 急げ!」
 
 猟師「…………」っ猟銃 ターンッ ターンッ
 
 
 女「男さん………!」
 
 男「ああ………!」
 
 
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/21(土) 02:24:00.33 ID:20waVItoO
おお、燃える展開
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/21(土) 07:38:47.15 ID:yOPkow3uo
どこの田舎だったら都合よく猟師が来るんだよ
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 22:26:50.56 ID:KxydLuQX0
 猟師「…………」
 
 ターンッ
 
 狂人l「グッ」
 
  ターンッ
 
 狂人m「ガッ」
 
 女(すごい、あの人………、必中……)
 
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 22:27:19.78 ID:KxydLuQX0
 男「シィッ!」ザシュッ
 
 女「男さん!?」
 
 男「先に行け。大丈夫だ、あの猟師がいればそうそう死なん」ザクッ
 
 女「……はいっ」
 
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 22:27:47.44 ID:KxydLuQX0
 タッタッタッタ…
 
 メガネ「よし、よし……! 大丈夫か!?」
 
 女「はぁっ……はぁっ……」
 
 猟師「……あの男は」ダーンッ
 
 女「た、助けてあげてください! あの人のおかげで、私はっ……」
 
 猟師「……もちろんだ」ダーンッ
 
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 22:28:16.05 ID:KxydLuQX0
 男「ふん!」ズバァッ
 
 ターンッ  ターンッ
 
 男「……」チラ
 
 女「男さん!」
 
 メガネ「早く! 狂人が集まってきてる!」
 
 男「………」コクリ 
 
 ダッ
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 22:28:56.14 ID:KxydLuQX0
 猟師「…………」ダーンッ
 
 狂人n「ガァッ!?」
 
 男「………誰か知らんが、助かった」ザザァッ
 
 メガネ「よし、来たな……! こっちだ!」
 
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 22:29:33.36 ID:KxydLuQX0
 タッタッタ…
 
 狂人o「ウゥアアアアア!!」
 
 男「ふん」ブンッ
 
 狂人o「ガッ」スパッ ドサッ
 
 メガネ「すごいなあの男の人……。誰なんだ?」
 
 女「私もよくは知りません。……だけど、優しい人です……」
 
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 22:30:18.26 ID:KxydLuQX0
 女「あっ!? メガネさん、危ないっ!」
 
 メガネ「え? うおおおおおおお!!?」ヒョイッ
 
 狂人p「グアアアアアアア」
 
 メガネ「〜〜〜ッ、そらっ!!」っ斧 ザクゥ
 
 狂人p「ガァッ」ググ…
 
 メガネ「ああっ!!」ブン
 
 狂人p「ギッ」グチャア バタッ
 
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/21(土) 22:30:45.54 ID:KxydLuQX0
 メガネ「はぁーっ」
 
 男「そこのメガネ。どっちだ」
 
 メガネ「え、ああ、右……」
 
 男「わかった」ザンッ
 
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:09:01.54 ID:hEpmA+B60
 ダーンッ ザンッ ザクッ グチャ 
 タッタッタッタ…
 
 メガネ「よし! 見えてきたぞ! あそこがゴールだ!」
 
 女(あれが……)
 
 猟師「……後ろから、だいぶ迫ってきているぞ」ダーンッ
 
 ウ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛……
 
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:10:10.60 ID:hEpmA+B60
 女(……! 門のところに、誰か……)

 
 
 巨漢「急げ! もうすぐそこだ、急げ!」
 
 不良「んん!? 猟師さんとメガネだけじゃねぇぞ! あと二人いる!」

 
 
 メガネ「走れ!」
 
 女「はぁっ、はぁっ」
 
 男「…………」
 
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:10:40.77 ID:hEpmA+B60
 ダッダッダッダ
 
 メガネ「いいぞ、入った!」ダッ
 
 女「はぁっ……はぁっ……」
 
 女(なんとか、間に合った………)
 
 男「……おい、あの猟師がまだ外だ」
 
 メガネ「え!?」
 
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:11:10.39 ID:hEpmA+B60
 ウァァァァァァ…
 ダーンッ ダーンッ
 
 メガネ「猟師さん、何してるんです!? 早くっ……」
 
 猟師「門を閉めろ!」ダーンッ
 
 メガネ「はっ!?」
 
 猟師「早く!」ダーンッ
 
 巨漢「………くっ! 閉めるぞ!」
 
 ガラガラガラ…
 
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:11:43.37 ID:hEpmA+B60
 猟師「………」ダーンッ
 
 狂人q「ギアッ」バタッ
 
 ダーンッ ダーンッ
 
 猟師「…………!」スッ ダッ!!
 
 ガラガラガラ…
 
 猟師「ふぅっ!」ダンッ!!
 
 ズザァァァァァ!!
 ガシャアアアアアアアンンンンン
 
 猟師「……間に合った………か」ハァ
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:12:16.56 ID:hEpmA+B60
 メガネ「門が閉まり切る直前に滑り込みなんて……また無茶なことを……」
 
 ガシャァ!! ヴァアアアアアア!!!
 
 女「ひっ」ビクッ
 
 女(狂人たちが……門の隙間から手を伸ばして……)
 
 メガネ「ああ……大丈夫大丈夫。あの門、ちょっとやそっとのことじゃ破れないし。放っておけばあいつらもどっかに散るよ」ハァ…
 
 男「…………」キョロ
 
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:12:54.28 ID:hEpmA+B60
 不良「おら死ね! ゾンビ共!」グサッ
 
 巨漢「ふん!」グサリ
 
 女「………」
 
 メガネ「まぁああやって、トラップとしても使えるんだけど」
 
 女「はぁ……」
 
 男「手伝うか?」
 
 メガネ「ああいいですよ。先に『リーダー』に会わないと」
 
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:13:45.75 ID:hEpmA+B60
 女「リーダー?」
 
 メガネ「そう。僕たちを纏めてるリーダー。あったらきっとビックリすると思うよ」
 
 女「………?」
 
 メガネ「まぁなにはともあれ……」
 
 メガネ「ようこそ、僕らの拠点へ」
 
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/22(日) 22:14:24.48 ID:hEpmA+B60
 女(こうして私と男さんは、『拠点』へと入ることができた)
 
 女(ここまで来るのに、きっと男さんなしじゃ来れなかったと思う)
 
 女(この最悪な世界の中であっても、少しだけ)
 
 女(私は光が見えたような気がした)
 
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 23:05:53.23 ID:loFnNaBZ0
ゾンビ物の中で拠点の存在自体がフラグ
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 02:49:16.31 ID:90EzBrDjO
ハンター系キャラの頼もしさは異常
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 15:04:49.47 ID:4o7oaXH/O
こういう状況で男達の中に女が放り込まれる犯されるやろなぁ
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:19:33.52 ID:1SOrQH/h0
  ・
  ・
  ・
  ガチャン
 
 男「中は荒れていないな」
 
 メガネ「はい。ここは元々狂人があまりいなかったし、掃除もしてますからね」
 
 ザワザワ… ヒソヒソ…
 
 女(人が、こんなに……)
 
 女「あの……ここには何人くらい……」
 
 メガネ「34人。君たちを入れて36人だ」
 
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:20:02.10 ID:1SOrQH/h0
 メガネ「ちなみに今通ってきたのは裏門。正門もあったんだけど、なんでか壊れてまして」
 
 男「裏門から侵入される心配はないのか」
 
 メガネ「みんなで苦労して、バリケードを作って塞いであります」
 
 男「…………ふむ」
 
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:20:40.26 ID:1SOrQH/h0
 タッタッタ…
 ガバッ!
 
 ヤンデレ「メガネさん!!」
 
 メガネ「どわっ!? ……や、ヤンデレさん?」
 
 ヤンデレ「お帰りなさい……お帰りなさぁい! 怪我はないですか!? どこか、悪いところは?!」
 
 メガネ「あ、ああ……大丈夫だよ。ありがとう。とりあえず抱きつくのは止めよう。ほら、血で汚れてるし」
 
 ヤンデレ「あとで洗濯しますからっ、大丈夫です!」ギュッ
 
 メガネ「そ、そういう問題じゃ……」
 
 猟師「……………先に行く。二人の案内と、リーダーの報告は俺がしておこう」
 
 猟師「彼女もお前が心配だったんだ。男だろ、恋人くらい安心させてやれ」
 
 メガネ「そっ、そんな関係じゃっ……」
 
 ヤンデレ「ありがとうございます、猟師さぁん。うふふ」
 
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:31:29.12 ID:1SOrQH/h0
 テクテク…
 
 女「あの……さっきの方は……」
 
 猟師「……メガネが連れてきた。だからだろうな、あの娘はメガネに惚れてる。見ての通りだ」
 
 女「そうだったんですか………」チラ
 
 男「なんだ?」
 
 女「い、いえっ」
 
 女(境遇的には………私も同じ?)
 
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:45:52.35 ID:1SOrQH/h0
 猟師「……さ、着いたぞ」
 
 猟師「リーダー、新たな生存者だ。入るぞ」コンコン 
 
 猟師「……中へ」ガチャ
 
 男「……………」
 
 女「……………えっ!?」
 
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:46:20.03 ID:1SOrQH/h0
 リーダー「やぁ、はじめまして。私がここのリーダーだ」ニコリ
 
 女(この人……、よくテレビに出てた有名な政治家の人じゃっ……)
 
 男「……………」
 
 リーダー「ささ、そこに座って。お茶でも出そうか」
 
 リーダー「猟師さんもご苦労だったね。君もそこに座って。お茶を出すよ」カチャ
 
 猟師「…………ああ」
 
 リーダー「メガネ君は……大方ヤンデレさんと一緒か」ハハ
 
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:46:59.20 ID:1SOrQH/h0
 男「…………なぜ、政治家がここにいる」
 
 リーダー「んー?」コポコポ
 
 男「政治家や、国の上層部は真っ先に避難したはずだ。自衛隊に護衛されてな」
 
 リーダー「実のところ私もそうしたかったんだが……」トクトク…
 
 リーダー「『なぜか』私のところだけ自衛隊の到着が遅れてね。こうして危険区域に置いてきぼり、って訳さ」カチャ
 
 リーダー「はい、どうぞ。紅茶なんて久しぶりじゃないかい? ちょっとしょぼいが、これは私からの歓迎だと思ってくれ」カチャ
 
 女「あ、ありがとうございます………」
 
 男「………」
 
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:47:41.83 ID:1SOrQH/h0
 リーダー「……で、二人はどうしてここに?」
 
 女「私たち、ガソリンスタンドで看板を見たんです。それで……」
 
 リーダー「あぁ、あれか。メッセージを残しておいて良かったよ」ズズ…
 
 男「………………ここの周辺に、相当数の狂人を呼び寄せてしまった。問題はないのか」
 
 リーダー「気にすることはない。門以外の場所にはトラップを巡らせてる」
 
 猟師「……だが、しばらくは外に出ない方がいいな。完全に散るまで三日はかかる」
 
 リーダー「ああ。皆にも言っておこう。しばらく洗濯物は部屋干しだ」
 
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:56:36.79 ID:1SOrQH/h0
 リーダー「とりあえず、だ。私たちは君ら二人を受け入れよう。現状やルールは追って説明するとして……なにか質問はあるかい?」
 
 男「……食料は足りているのか?」
 
 リーダー「ああ、充分にある。まぁ人間ってのは貯蓄が減り続ける状態だと不安になるから、今日のメガネ君と猟師さんに行ってもらったみたいに、度々順番で調達に行ってもらってるけどね」
 
 男「武器は」
 
 リーダー「近くのホームセンターで拝借してきたものなら、たっぷりある」
 
 男「罠の位置と、強度、信頼性」
 
 女「お、男さん……。ここなら一旦は安心ですし、とりあえず落ち着いて……」
 
 男「安心など、できるものか」
 
 女「っ」ビクッ
 
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:57:10.91 ID:1SOrQH/h0
 リーダー「………………」ズズ…
 
 男「奴らは……狂人は、諦めるということを知らん。餌があれば、己の脳が壊れるまで突貫する。それが狂人だ」
 
 男「そんな奴らを相手に、数十人単位で拵えた拠点で安心など………」
 
 女「お、男さん……」
 
 猟師「……少し、俺たちに失礼じゃないか?」
 
 男「…………」
 
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:57:56.38 ID:1SOrQH/h0
 男「………すまなかった。少し、疲れていたようだ」
 
 リーダー「ああ、そのようだね。まずはゆっくりと休むといい。幸い水道も生きてるし、シャワーでも浴びてきてはいかがかな」
 
 男「…………」スクッ
 
 女「あ、ありがとうございましたっ………」
 
 ギィィ バタン
 
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:58:30.03 ID:1SOrQH/h0
 リーダー「………で、どうだい。あの二人は」
 
 猟師「女の方は、どこにでもいるって感じだ。少し戦いは慣れてる節があったが、初心者に毛が生えた程度」
 
 リーダー「男君は」
 
 猟師「…………まぁ。メガネや不良よりは強そうだな」
 
 猟師「はっきり言って、異常だ。狂人を殺すときの目付きが尋常じゃない」
 
 リーダー「楽しんでいる?」
 
 猟師「いいや……、心底憎んでいるような……まぁ多かれ少なかれ大抵の人間がそうだが……」
 
 猟師「あいつに至っては、目の前で、誰か……??大切な奴が喰われた、とかな……」
 
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/23(月) 22:59:16.01 ID:1SOrQH/h0
 リーダー「……ふむ」
 
 リーダー「まぁ今は何をするにしたって人手が足りない。ここまで来る判断力があるなら、突然発狂するなんてこともないだろうし」
 
 猟師「一応、目はつけておくが」
 
 リーダー「程々でいい。それより、あとで食堂のおばさんに伝えておいてくれ」
 
 猟師「なにを?」
 
 リーダー「今夜は、彼らの歓迎会だってね」
 
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 23:38:46.32 ID:QqwlSMVd0
食堂のおばさんの圧倒的安心感
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/24(火) 22:19:37.30 ID:Rvt7YcgJ0
 ・
 ・
 ・
 
 主婦「え!? あなた、◆◆県から来たの!? 随分遠いところから……」
 
 女「え、ええ……。男さんが助けてくれて……」
 
 主婦「男さんって、さっきあなたの隣にいた彼よね? なかなかイイ男じゃない。彼氏?」
 
 女「ち、ちがいますっ!? そんなんじゃっ……」
 
 主婦「ふふっ、若いわね〜。大事にしなさいよ。明日も隣にいるなんて限らないんだから」
 
 女「………はい」コクリ
 
 女「……あれ、そういえば男さんは……」
 
 主婦「あら? 私の息子もいないわね」
 
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/24(火) 22:20:17.13 ID:Rvt7YcgJ0
 テクテク…
 タッタッタ
 
 男「………?」キョロ
 
 少年「ねぇ! そこのお兄ちゃん!」
 
 男「…………俺か?」
 
 少年「そうそう!」
 
 少女「ちょ、ちょっと……馴れ馴れしいわよ!?」
 
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/24(火) 22:21:53.40 ID:Rvt7YcgJ0
 少年「聞いたぜ! あのお姉ちゃんを助けたんだろ!」
 
 男「…………まぁ、そうなるな」
 
 少年「それって、めちゃくちゃカッケーじゃん! ドラマとか映画の主人公みたいでさ!」
 
 男「主人公…………」
 
 少年「そうそう! なぁ、どんな風にあのゾンビとかと戦ったか教えてくれよ!」
 
 少女「ば、ばかっ……! あんまりそういうの聞くもんじゃ………!」
 
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/24(火) 22:22:53.70 ID:Rvt7YcgJ0
 少年「なぁー、いいじゃんかー、ちょっとだけさぁ」
 
 男「………………………………」
 
 男「…………………あまり、知らない方がいい」
 
 少年「ちぇっ、つまんねぇのー。巨漢のおっさんもいつもそうだしさー。猟師さんに至っては無視するし……」
 
 少女「あ、あたりまえじゃない! ほら、もう行くわよ!」
 
 少年「はいはい。わかったよー」
 
 少女「め、迷惑をおかけしましたー」ペコリ
 
 タッタッタ…
 
 男「……………」
 
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/24(火) 22:23:44.07 ID:Rvt7YcgJ0
 「あ、男さん」
 
 男「………ん?」
 
 メガネ「さっきはどうも。あの子たちと話してたんですか?」
 
 男「ああ」
 
 メガネ「驚きました? 小学生……中学1年生? あんな年代の子もいるんですよ。ここには」
 
 男「………狂人と、どう戦ったかを聞かれた」
 
 メガネ「ああ。僕も聞かれますよ。その度、はぐらかしてるんですけどね」
 
 男「………………あの子らには、知ってほしくはない」
 
 メガネ「……ええ」
 
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 11:41:56.49 ID:Rt48FOB4O
男「狂人を倒した後でそいつらの内臓を食べてる何てな」

メガネ「でも旨いんだよなぁ生で食べても脳みそもジュルジュルって吸ってさクリーミーで最高だよね」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:03:57.75 ID:r1mX0P1K0
 メガネ「あ」
 
 巨漢「疲れた疲れた……」テクテク
 
 不良「うえ、血が……。シャワーシャワー」テクテク
 
 メガネ「お帰り、巨漢さん、不良くん」
 
 不良「げ、メガネ……」
 
 メガネ「え、何その反応。もしかして僕のこと嫌い?」
 
 不良「いや、そうじゃねーんだが……。お前といっしょにいるとよ、ヤンデレの奴が物陰からすごい睨んでくるから怖くて怖くて……」
 
 メガネ「まぁお互いこのナリじゃ、僕がイジメられてるように見えるかもね」ハハ
 
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:05:00.13 ID:r1mX0P1K0
 男「…………」
 
 巨漢「お、さっきの。今日から新参って訳か」
 
 男「…………よろしく頼む」
 
 巨漢「おうとも」
 
 不良「新参っつたら、確かもう1人いたよな。カワイイ女の子」
 
 メガネ「女さんだね。たぶん僕と不良くんより年上だよ、あの人」
 
 不良「つっても2、3だろ? 狙っちゃおっかなー」ケラケラ
 
 メガネ「君には食堂のおばさんがいるじゃないか」
 
 不良「うるせぇよ!?」
 
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:05:36.87 ID:r1mX0P1K0
 ワーワー ギャーギャー
 
 男「………そうか」
 
 男「こういうもの、だったな……」ボソリ
 
 巨漢「………………?」
 
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:06:37.61 ID:r1mX0P1K0
 ・
 ・
 ・
 夜。
 
 ザワザワ… ガヤガヤ…
  
 リーダー「さぁて、みんな! これから重大な報告がある!」
 
 リーダー「既に何人か知ってる人もいると思うが、今日から新しく仲間が増えるんだ!」
 
 リーダー「男くんと、女さんの二人! みんな、仲良くしてやってくれ!」
 
 女「み、みなさん、至らぬこともあると思いますが、これからよろしくお願いします!」ペコッ
 
 男「……………よろしく頼む」
 
 ピューッ パチパチパチ
 
 リーダー「よし! じゃあ今夜は彼らの歓迎と、猟師さんとメガネくんの無事帰還の祝いも兼ねて、パーティーだ!」
 
 ワァー!!
 
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:07:10.20 ID:r1mX0P1K0
 女(……それからは、この数ヶ月間で間違いなく一番楽しい一時だった)
 
 
 食堂のおばさん「さぁみんな! どんどん食べていっておくれよ!」
 
 不良「なんで俺も料理係なんだよ!?」ジュージュー
 
 おばさん「アンタのメシが美味いからさ! アッハハハハ」
 
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:07:36.76 ID:r1mX0P1K0
 女(いろんな人がいて………)
 
 
 ヤンデレ「はぁい、メガネさん、あーん」
 
 メガネ「いや、ちょっとそれは恥ずかしいっていうか……」
 
 ヤンデレ「あーん」ズイッ
 
 メガネ「………あ、あーん……」モグリ
 
 ヤンデレ「美味しいですか?」
 
 メガネ「う、うん! 美味しいよ!」
 
 ヤンデレ「そうですか……。うふ、うふふふふ……」
 
 メガネ「何その不敵な笑いは!?」
 
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:08:41.20 ID:r1mX0P1K0
 女(いろんな人が笑い合って………)
 
 
 少年「おっさんー、食い終わったらオセロしようぜー」
 
 巨漢「またか? お前、俺どころか少女ちゃんにも勝てたことねーじゃねぇか」
 
 少年「つ、次は負けねぇよ!」
 
 巨漢「しょうがねぇ、受けて立ってやる」
 
 主婦「あんまり巨漢さんに迷惑かけちゃだめよー」
 
 少年「わかってるよー、母ちゃん」
 
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:09:16.85 ID:r1mX0P1K0
 女(いろんな人が………ってあれ?)
 
 少女「………………」
 
 女(あれは、確か少女ちゃん……? どうしたんだろ、1人で)
 
 タッタッタ…
 
 女「どうしたの?」
 
 少女「あっ………あなたはたしか……」
 
 女「女だよ」
 
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:09:44.96 ID:r1mX0P1K0
 少女「すっすいません。気、遣わせちゃって………」
 
 女(聡い子………)
 
 女「うぅん、大丈夫。……それで、どうして一人で?」
 
 少女「わたし、パパとママが死んじゃって……」
 
 女「え!? ごっ、ごめ………」
 
 少女「………いいんですよ。もう、気持ちの整理も、つきましたから」
 
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:10:45.54 ID:r1mX0P1K0
 女「いつも……一人なの?」
 
 少女「いやいや、そんなことないですよ。ここの人たちはみんな親切で……」
 
 少女「とくに主婦さんは、わたしを実の子供みたいに扱ってくれます。巨漢さんも、よく遊んでくれるし……アイツとも………」
 
 女「アイツ、って少年くんのこと?」
 
 少女「え? えぇ、はい」
 
 少女「最近、アイツは巨漢さんばっかりで……」
 
 少女「前は、よく遊んでくれたのになぁ………」ボソリ
 
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:11:23.50 ID:r1mX0P1K0
 女「………………好きなんだね、少年くんのこと」
 
 少女「す、すすすすす好き!? ちがいますよ、ぜんっぜん!」
 
 女「あー……えっと、友達、として?」
 
 少女「へ? あ、あぁはい! 友達としてなら、まぁ……」
 
 女「じゃあさ、声掛けられるのを待ってるばかりじゃなくて、声を掛けてみたら?」
 
 少女「え、でもアイツ……、今オセロしてるし……」
 
 女「まぁまぁ、ほら」
 
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:12:07.58 ID:r1mX0P1K0
 オッ? ショウジョチャンジャネーカ? 
 ド…ドウモ…
 アレ? オマエドコイッテタンダヨ
 ド、ドコデモイイジャナイ! ソレヨリアンタ、スッゴイマケテルワネ
 ウ、ウルセーナ!
 ギャクテンフカノウヨ、ソレ
 
 
 男「………………」
 
 リーダー「どうもどうも、男くん」
 
 男「………ああ」
 
 リーダー「隣、いいかな?」
 
 男「ああ………」
 
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:12:38.97 ID:r1mX0P1K0
 リーダー「どうだい。すばらしいところだろ、ここは」
 
 男「確かに、生きている人間がこれほど集まっているのは久しぶりに見る」
 
 男「……………」
 
 男「……ここは」
 
 リーダー「うん?」
 
 男「お前が、作り上げたのか?」
 
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:13:24.10 ID:r1mX0P1K0
 リーダー「……ええ。まぁそうなるねぇ」
 
 リーダー「最初は、私と食堂のおばさんと、もう一人いたんだよ」
 
 リーダー「その一人が死んでしまって、程なく猟師さんと不良くんが加わった」
 
 リーダー「次に巨漢さんとメガネくんが」
 
 リーダー「その次に主婦さんと少年くん。そして主婦さんに保護された少女ちゃんが加わった」
 
 リーダー「そしてメガネくんがヤンデレさんを。こういう風に、広がっていったわけだ」
 
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:13:53.84 ID:r1mX0P1K0
 男「………それは、すごいな」
 
 リーダー「ははは、ありがとう。……と、言っても私にはあなたの方がすごいと思えるがね」
 
 男「…………」
 
 リーダー「二ヶ月、戦いっぱなしだろう? 以前は何を?」
 
 男「大学で、法学を」
 
 リーダー「へぇ、それはすごい」
 
 男「政治家が何を言っている」
 
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:14:37.71 ID:r1mX0P1K0
 男「………だが」
 
 男「…………狂人を殺すよりも難しかった、ように思える」
 
 リーダー「狂人を殺すのが簡単だと?」
 
 男「そうは言っていない。だが奴らは脆くて、馬鹿で、行動が単純だ」
 
 男「対一では、そうそうやられん。……女子供老人ならともかく」
 
 リーダー「何事も、量が脅威ということか。仕事しかり、勉学しかり、狂人しかり」
 
 男「………ああ。そういうことだ」
 
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:15:08.52 ID:r1mX0P1K0
 リーダー「じゃあ私はこれで失礼するよ。いささか心許ないかもしれないが、休憩のタイミングは間違えないことだ」
 
 男「…………」
 
 男「善処しよう」
 
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:15:52.33 ID:r1mX0P1K0
 女「男さん!」テクテク
 
 男「ああ…………お前か」
 
 女「どうです、ここは?」
 
 男「…………あの男……リーダーにも、同じようなことを言われた」
 
 女「え」
 
 男「まぁお前とリーダーでは意味が違ってくるだろうが」
 
 女「か、からかわないでくださいよぅ」
 
 男「………………?」
 
 女(あ、からかったつもりはないのか……)
 
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:16:21.98 ID:r1mX0P1K0
 女「隣、良いですか?」
 
 男「構わん」
 
 ストッ
 
 女「良い方たちですね、みんな」
 
 男「そうだな」
 
 女「昨日までの私なら、こんなところにいるなんて想像もつきませんでした」
 
 男「そうだな」
 
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:17:00.08 ID:r1mX0P1K0
 女「お、男さん……? ちゃんと聞いてくれて……………」
 
 女「―――――――――」
 
 女(その時、私の目に映った男さんの横顔は)
 
 女(なにか、肩の荷が降りたような、憑き物が取れたような)
 
 女(そんな顔を、していた)
 
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/25(水) 22:17:46.58 ID:r1mX0P1K0



 
 
 男「ああ。本当に、そうだ」
 
 





 
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 02:39:42.27 ID:qn4gFGgW0
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/30(月) 22:16:22.92 ID:tizmPYzx0
 二週間後。
 
 テクテク…
 
 女「……男さん、最近ホテル内を歩き回っていますけど、どうかしたんですか?」
 
 男「ああ、それは…………」
 
 猟師「男」
 
 女「あ、猟師さん。こんにちは」
 
 猟師「ああ」
 
 男「なんだ。俺に用か」
 
 猟師「そうだ。話がある。ついてこい」
 
 男「わかった」
 
 女(……あ、行っちゃった……)
 
 女(それにしてもあの二人、どこか似てるような………)
 
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/30(月) 22:16:50.75 ID:tizmPYzx0
 男「話とはなんだ?」
 
 猟師「まぁ待て。今からリーダーの部屋に向かう。そこで、話す」
 
 男「……………」
 
 猟師「ほら、入れ」ガチャ
 
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/30(月) 22:24:57.86 ID:tizmPYzx0
 男(中に、リーダー、巨漢に、メガネに、不良、それと数人の男……。ここのおおよその男陣か)
 
 リーダー「やぁ、よく来てくれた」
 
 男「話とはなんだ」
 
 リーダー「ああ、それなんだけどね……」
 
 リーダー「以前、度々外へ物資の調達に行ってるって話はしたと思う」
 
 男「ああ。覚えている」
 
 リーダー「その調達を行っている人たち。メンバー的にはこの部屋にいるメガネ君らなんだが、それを『調達組』と呼んでるんだ」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/30(月) 22:25:24.29 ID:tizmPYzx0

 
 リーダー「君には、その調達組の一人になってほしい」
 
 男「構わん。次の調達はいつだ」
 
 
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/30(月) 22:26:01.12 ID:tizmPYzx0
 リーダー「………即答だな」
 
 男「いずれこうなることは予測できていたからな」
 
 リーダー「頼もしいと言えなくもないが、普通は何らかの拒否の色を見せるものだと思っていたよ」
 
 男「………嬉しいわけではない。だが、拒否をして物事が上手く進むとも思えない」
 
 男「それに」
 
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/30(月) 22:26:31.98 ID:tizmPYzx0
 男「俺はどうやら、狂人を殺していないと落ち着かないらしいからな」
 
 リーダー「…………………………そうかい」
 
 リーダー「だが、何があっても自分と仲間が優先だ」
 
 リーダー「次に物資。狂人を殺すことそれ自体は、目的じゃない」
 
 男「………ああ。わかっているつもりだ」
 
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/30(月) 22:27:02.16 ID:tizmPYzx0
 リーダー「ならいいんだ」
 
 男「話は終わりか?」
 
 リーダー「ああ。こんなにスムーズに進むとは思わなかった。今度の調達は3日後。準備なりなんなりしておいてくれ」
 
 男「わかった」クルリ
 
 リーダー「あの娘にも、言っておいた方がいいかも知れないね」
 
 男「……………そうしよう」ガチャ
 
59.96 KB Speed:4.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)