【安価&コンマ】あかり「艦娘?」球磨「その24クマ」【ゆるゆり×艦これ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 22:54:18.03 ID:m9A+e5qno
このスレは
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」愛宕「その23」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1501162894/
の続きとなっております。

オリ設定、キャラ崩壊、百合注意

※1スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1407/14074/1407415762.html

※2スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」叢雲「その2」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1409/14099/1409927222.html

※3スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」文月「その3〜」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1411/14114/1411486035.html

※4スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」大和「その4」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1413/14131/1413122339.html

※5スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」白雪「その5」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1414/14145/1414511487.html

※6スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」神通「その6」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1416/14167/1416746675.html

※7スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」蒼龍「その7」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1419/14193/1419347598.html

※8スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」熊野「その8ですわ」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1422/14222/1422282865.html

※9スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」三日月「その9」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1425/14251/1425128843.html

※10スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」天龍「その10」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1428/14282/1428246873.html

※11スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」夕立「その11っぽい」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1432/14320/1432041097.html

※12スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」扶桑「その12」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1435/14358/1435843566.html

※13スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」古鷹「その13」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1439/14398/1439817748.html

※14スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」金剛「その14デース」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1445/14450/1445002724.html

※15スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」那珂「その15」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1450/14507/1450705075.html

※16スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」千歳「その16」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456148187/

※17スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」瑞鶴「その17」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1460986742/

※18スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」千代田「その18」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1466258393/

※19スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」千代田「その19」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1472391830/
2 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:55:34.13 ID:m9A+e5qno
※20スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」足柄「その20」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1478871445/

※21スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」名取「その21」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1486218125/

※22スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」卯月「その22ぴょん」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1493734082/


前回までのあらすじ

秋めいて来た季節を感じつつ日々を過ごすあかり達。
新たな仲間である不知火と防空棲姫を迎え賑やかさを増していくものの。防空棲姫の接し方を考えあぐねるあかり。
未だ深海に心を囚われているかのような彼女に光を当てるにはどうすればいいのか。
具体的な方法は思いつかないものの、折れずに向き合っていくことを誓って今日も日常を過ごしていく。
3 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:56:04.59 ID:m9A+e5qno
登場人物

赤座あかり

主人公。
指揮能力は個々への指揮を行える程度に止まった。
不知火以外のこともあだ名で呼べないかと色々考えているとか。
菊花紋章の髪飾りとハートのネックレスを付けている。

叢雲(改二) 練度 99 好感度 100

あかりが最初に出会った艦娘。
最近入って来た艦娘にも伝わるほどの仲の良さを持って、ビッグ3とあだ名されているが本人はやめてほしいと思っている。
あかりへの感情:デレるを通りこしてる気がする

文月(改) 練度 49 好感度 100

いつも能天気なところがあるがしっかり考えることは考えている艦娘。
ビッグ3と呼ばれるのはカッコイイということで喜んでいる。
あかりへの感情:幸せにしてあげたい

大和(改) 練度 100 好感度 100

被帽ブラをやめてちゃんと下着を付けている艦娘。
ビッグ3と呼ばれるのははずかしそうにしながらも、特別視されていることにまんざらでもないらしい。
寝るときは着ない派。
あかりへの感情:今までがんばってきてよかったです

白雪 練度 99 好感度 100

いつの間にかエロ担当みたいな立ち位置になっていた艦娘。
吹雪のことは素直に姉として、友達として尊敬している。
あかりへの感情:今は無理でもいつかはきっと

神通 練度 44 好感度 100

控え目な性格だが芯はしっかりしている艦娘。
不知火に何となく遠巻きに見られていることは分かっているが、上手く打ち解けるきっかけを探っているところ。
あかりへの感情:側で変わっていきたい

蒼龍 練度 48 好感度 100

色々と包容力のある艦娘。
どことなく天然で犬っぽい夕立のことを参考にしているとかいないとか。
あかりへの感情:犬みたいに遠慮なく愛でてほしい

熊野(改二) 練度 99 好感度 100

丁寧な言葉づかいをするお嬢様然とした艦娘。
大きくなった胸であかりに奉仕したい、というかあかりに胸を触ってもらいたくて仕方ない。
左足にあかりからもらったアンクレットを付けている。
あかりへの感情:愛している

三日月 練度 56 好感度 100

駆逐艦の中でもかなり生真面目な艦娘。
最近やたらとアイから止まるんじゃねぇぞと言われて何なのだろうと困惑している。
あかりへの感情:なんでも見せられる相手

天龍 練度 34 好感度 100

姉御肌で気の強い艦娘。
自由に刀が振り回せるということでVRルームにいることもしばしば。
寝るときは着ない派。
あかりへの感情:意識しないでいるのは無理だ

夕立(改二) 練度 99 好感度 100

どことなく犬っぽさを感じさせる艦娘。
中々ケッコンしに来てくれないので襲いに行くことを考え中?
あかりへの感情:一緒にエロくなるっぽい

扶桑 練度 44 好感度 100

大和にちょっと対抗心を持っている艦娘。
暑かったり寒かったり気温の変動が激しくてやっぱり秋も大人しい。
あかりへの感情:一緒に暮らせて幸せ
4 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:56:37.83 ID:m9A+e5qno
古鷹 錬度 34 好感度 100

ちょっとお茶目なところがある艦娘。
浴衣を用意してあかりを誘おうかと準備中?
あかりへの感情:いいところを教えてもっと好きになってもらいたい

金剛 練度 37 好感度 100

英国で生まれた帰国子女な艦娘。
多大な貢献をしているものの、暁とビスマルクにはもう少しお淑やかでなければレディーではないと思われている。
寝るときはもはや透明と言っても過言ではないくらい薄いベビードール。
あかりへの感情:プリーズセイバーニングラブ

那珂(改二) 練度 99 好感度 100

自称アイドルな艦娘。
アイドルは引退しても名取との再デビューに向けて路線変更はせずに頑張っている。
寝るときは地味なジャージ。
あかりへの感情:恋の2-4-11

千歳(航) 練度 24 好感度 100

お風呂好きな艦娘。
たまに千代田と自室のお風呂に入っているなど、姉妹仲はすこぶる良好
あかりへの感情:次は私が開発してあげますね

瑞鶴(改二甲) 練度 100 好感度 100

七面鳥ではない艦娘。
ごくたまにであればあかりを姉とするのも良いものだと思うようになった。
あかりへの感情:余すところなく触れ合いたい

千代田(航改二) 練度 61 好感度 100

軽空母になった艦娘。
ここ最近はまた姉べったりになって来ているとか。
寝るときは普段の服に似た色合いのパジャマ。
あかりへの感情:大事に触ってほしい

足柄(改二) 練度 99 好感度 100

戦闘大好きな艦娘。
実は神風型姉妹のVRゲームでは隣に住む妙高型姉妹の3女として登場する予定だったが尺の都合でカットされた。
あかりへの感情:たまには甘えさせてほしい

名取(改) 練度 99 好感度 100

少し怖がりな艦娘。
筋肉が落ちないだろうかと少し鍛錬に手を抜いているところがある。
あかりへの感情:一緒の気持ちになりたい。

卯月 練度 99 好感度 100

どことなくうさぎっぽい艦娘。
ハロウィンにはまた兎の仮装をしようかなと考えている。
あかりへの感情:寂しくなったら襲っちゃうぴょん

愛宕 練度 26 好感度 100

色々とふわふわした艦娘。
そろそろ自分もケッコンを考えようかと思っている?
あかりへの感情:適度にエッチにお姉ちゃんするね

球磨 練度 45 好感度 100

どことなくクマっぽくはない艦娘。
もうすぐ冬が来るので冬眠の準備……はしていない。
あかりへの感情:もっとみんなみたいに深い仲になりたい

ビスマルク(drei) 練度 100 好感度 100

ドイツから来た艦娘。
勘違いから始まった仲ではあるものの、暁との間に確かな絆を結んでいる。
あかりへの感情:Ich liebe dich sehr
5 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:57:07.33 ID:m9A+e5qno
若葉 練度 18 好感度 100

駆逐艦だけど硬派な艦娘。
不知火を見てまた寡黙仲間が増えたと喜んでいる。
寝るときは着ない派。
あかりへの感情:ここからが勝負だ

浜風 練度 29 好感度 100

駆逐艦だけどスタイルがいい艦娘。
中々ケッコンに踏み出す機会が掴めずにもどかしい思いをしている。
寝るときは自分の髪の色に似た白い水玉模様のパジャマ。
あかりへの感情:たまにはエッチな非日常もほしい

筑摩 練度 27 好感度 100

笑顔が素敵な艦娘。
自分もそろそろ大きく動くべきかと考えている。
あかりへの感情:一緒に笑顔で生きていく

大鳳 練度 99 好感度 100

少し運が低めな艦娘。
小さいながらも弄られるのが好きだったりする。
あかりからもらったお守りを胸に下げている。
寝るときは自主訓練に使う運動用のジャージをそのまま着ている。
あかりへの感情:愛しているからエッチなことしたいと思うんですよ

大鯨 練度 99 好感度 100

お母さんっぽい艦娘。
わりとよく映画を見るので暁達の映画鑑賞に付き合ってあげたりしている。
寝るときは浴衣に似たタイプのバスローブ。
あかりへの感情:あなたの元に託されてよかった

浦風 練度 16 好感度 100

広島弁で喋る艦娘。
浜風と同じくケッコンに踏み出すタイミングを掴めないでいる。
寝るときはちょっと野暮ったい感じなジャージ。
あかりへの感情:いつの間にこんなに入れ込んでしまったのか

明石 練度 31 好感度 100

機械弄りとかが好きな艦娘。
夕張やアイの努力のかいあって?オタク化してきている。
寝るときは突発的に作業ができるようにつなぎ
あかりへの感情:あんな人格が潜んでいたなんて

間宮 好感度 10000

鎮守府の甘味担当その1。
ケッコンアピールのお題で料理が使われてしまったので何で勝負するか考え中。
あかりへの感情:1日中愛し合っていたい

伊良湖 好感度 10000

鎮守府の甘味担当その2。
お医者さんごっこがアピールにならないかなと思っている。
寝るときは肌が透けるくらいのネグリジェ。
あかりへの感情:またお医者さんごっこしたい

北方棲姫 練度 99 好感度 100

人間に敵意を持たない深海棲艦。
ケッコンの意味をよくわかっていないが、仲良しの証だと思って自分もしたいと思っている。
『ほっぽ』という名前をあかりから名づけられた
寝るときは狼の着ぐるみパジャマを着ている
あかりへの感情:イツカガクルマデタノシマセテ

山雲 練度 18 好感度 100

文月よりもさらにのんびりした艦娘。
肌寒くてものんびりした性格は変わらないマイペースさん。
あかりへの感情:勉強してまたしましょう。

加賀 練度 99 好感度 100

クールな正規空母の艦娘。
瑞鶴が先にケッコンしたことに若干の対抗心を抱いている。
あかりへの感情:食べてしまいたいくらい好き
6 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:57:38.03 ID:m9A+e5qno
霧島 練度 99 好感度 100

金剛型の末妹である艦娘。
艦隊の頭脳としての役割はあまり果たせていないような気がすると最近気づいたとか。
あかりへの感情:人間らしさをくれてありがとう

Верный 練度 99 好感度 100

響から改造された艦娘。
暁のことをよくからかっているが、弥生への態度などから姉としての敬意はしっかり抱いている。
あかりへの感情:今を一緒に生きていく

山城(改二) 練度 99 好感度 100

どこか薄幸そうな艦娘。
寒空の下に物憂げな表情で佇む姿が絵になっていると評判。
寝るときは普段の服のように袖の長い無地の浴衣。
あかりへの感情:触れた証を刻みたい

伊58 練度 22 好感度 100

語尾にでちを付けるときがある艦娘。
水着でも平気だったのにちゃんと服を着ていても暑くないのが不思議だなと思っている。
特定の男性を殺す服を着ている
あかりへの感情:やっぱり可愛い

吹雪 練度 15 好感度 100

なんとなくあかりに似た雰囲気を持つ艦娘。
多くの艦娘からあかりの代用としての価値を見出されている。
あかりへの感情:もっと触れ合いたい

島風(改) 練度 99 好感度 100

とっても早い艦娘。
寒い季節も服装は変わらず元気に走り回っている。
あかりへの感情:世界で1番のお姉ちゃん

鳳翔 練度 17 好感度 100

あかり鎮守府はじめての軽空母な艦娘。
暇なときは季節物の料理を考えたりと小料理屋が生活の中心になっている。
寝るときはいつもの服に似た薄紅色の浴衣。
あかりへの感情:甘えるというのもいいもの、かもしれません

武蔵 練度 20 好感度 100

ワイルドな格好をしている艦娘。
眼鏡をはずした際の射貫くような鋭い視線がいいと防空棲姫に懐かれているとか。
あかりへの感情:心に従おう

伊168 練度 18 好感度 100

二人目の潜水艦の艦娘。
若干ヤンデレの気が本質に溢れだしてきている?
色んな水着を日によって着替えている
あかりへの感情:もっと色々なシチュでやりたい

酒匂 練度 43 好感度 100

鳴き声が特徴的な艦娘。
駆逐棲姫や叢雲などよくプラネタリウムに来る艦娘達と、星を見に行こうと画策中。
あかりへの感情:幸せな未来の象徴だね

瑞鳳(改) 練度 99 好感度 100

玉子と九九艦爆を愛する艦娘。
小ささは気にしていないのにやたらと胸に関わることをされるので、段々と気になって来ている。
あかりへの感情:だいしゅき

谷風 練度 7 好感度 100

江戸っ子気質の艦娘。
秋も祭りの季節だと若干テンション高め。
寝るときは白っぽい色のジャージ
あかりへの感情:起きているときに続きを

長門(改) 練度 99 好感度 100

かつては帝国海軍の象徴とも呼ばれた艦娘。
普段は駆逐艦達の面倒を見る優しいお姉さんといった立ち位置なのだが……
某喫茶店の制服を着ている。
あかりへの感情:お母さんになってほしい
7 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:58:08.52 ID:m9A+e5qno
飛龍 練度 6 好感度 100

蒼龍とよく似た正規空母の艦娘。
最近は日向ぼっこ部にもよく顔を出している。
あかりへの感情:私も堕ちちゃった

雲龍 練度 6 好感度 100

質素なのにどこか目を引く艦娘。
まだ見ぬ日向ぼっこスペースを探して近所を探索している。
寝るときはジャージだったが胸がキツいのでパジャマに変えた(たまにはジャージも着ている)
あかりへの感情:好きな人として触れてほしい

舞風 練度 100 好感度 100

ダンスが得意な艦娘。
運動の秋、ということでダンスに精を出している。
寝るときは着ない派
あかりへの感情:不安は何もないです

川内(改二) 練度 99 好感度 100

忍者っぽい艦娘。
夜が長い季節になって来て活動が活発になっている。
寝るときは那珂が着ているものと色違いのジャージ
あかりへの感情:青少年のなんかが危ないことばかりじゃないよ

朝潮(改二丁) 練度 100 好感度 100

実直な性格の艦娘。
新たな付け耳に手を出そうかと模索している?
犬耳と猫耳を気分で付け替えている。
あかりへの感情:笑ってくれたら自分も楽しい

陽炎 練度 165 好感度 100

服がはだけても気にしない艦娘
姉妹愛が重いと妹達に避けられ気味、でも呼べば応じてくれるのでわかってくれてるんだと思っている。
あかりへの感情:ここが私の居場所だね

離島棲鬼 練度 99 好感度 100

生き残っていた深海棲艦その1
新アニメの季節はいつもわくわくした様子を見せる。
アイという名前を自分に付けた。
夏なので髪形をショートカットにしている。
あかりへの感情:たまにはサディスティックもいいかも

戦艦棲姫 練度 99 好感度 100

生き残っていた深海棲艦その2
どこか危うげな防空棲姫のことを心配している・
ダイソンという名前を自分に付けた
あかりへの感情:漫画のような生活を作っていこう

秋月(改) 練度 155 好感度 100

防空駆逐艦の艦娘。
自分だけケッコン式を挙げようとしたりわりと抜け目がない。
改になった証として夕張の服を着ている。
あかりへの感情:好きだからもっと仲良くなりたい

春雨(改) 練度 100 好感度 100

料理が好きな艦娘。
温かいものが嬉しい時期になったと春雨スープの量産体制に入った。
寝るときはピンク色の羊の着ぐるみパジャマ。
あかりへの感情:ずっと側で自分を照らしていてほしい

葛城 練度 1 好感度 100

後輩キャラな艦娘
鍋焼きうどんをおいしく作れる人を尊敬している。
あかりへの感情:自由な手足と身体で好きにしてあげる

駆逐棲姫 練度 100 好感度 100

春雨に似た深海棲艦。
春雨に習って共に春雨スープ作りに励んでいる。
あかりへの感情:生まれてきてくれてありがとう。
8 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:58:37.97 ID:m9A+e5qno
如月 練度 100 好感度 100

誘惑迷彩を持つ艦娘。
周囲への気配りをしつつ自分もケッコンに至るという器用な立ち回りのできる艦娘。
あかりへの感情:そんなに隙は見せないんだから

五月雨(改) 練度 100 好感度 100

ドジっ子な気質のある艦娘。
前の服から姉妹達と同じ服装に戻ってみて、既にこちらの方が着慣れているんだなと思った。
改になった証として春雨までの白露型と同じ服を着ている。
あかりへの感情:いやらしい気持ちからの好意でごめんなさい

青葉 練度 1 好感度 100

戦史編纂のために来た艦娘
文学の秋、ということでアイと共に小説を書いたりしている。
あかりへの感情:一生見てますよ

プリンツ 錬度 100 好感度 100

ビスマルクの妹分の艦娘。
ケッコンしたら毎日エッチするんじゃなかったのかとあかりに怒り気味?
あかりへの感情:心も体もアトミラールさんのもの

木曾 練度 1 好感度 100

球磨の妹の艦娘
ぬいぐるみはまだ慣れていなかった頃に貰ったものだが、抱いて寝るのが習慣になっていただけだというのが本人の談。
あかりへの感情:可愛いのは別に好きじゃないからな!

レ級 練度 99 好感度 100

戦闘狂気質な深海棲艦
防空棲姫という自分に匹敵しうる相手が現れて喜んでいる。
あかりへの感情:知らないことを知るのって楽しいよね。

天津風 練度 100 好感度 100

体温が高い艦娘
この時期は体温が高くなることが利点だと思っている。
島風からお姉ちゃんと呼ばれている。
あかりへの感情:どっちもすごいのね

神風 練度 155 好感度 100

肌が敏感な艦娘
VRゲームはたまに進めに行っているとか。
あかりへの感情:エッチな恋もプラトニックな恋も大事

弥生 練度 100 好感度 100

口下手な艦娘
暁の姉らしさをよく知る理解者。
あかりへの感情:楽しいことを一緒に

暁 練度 100 好感度 100

大人なレディーの艦娘
ビスマルクのことは互いに敬意を持って接し合う仲。
あかりへの感情:エロさもすぐに追いつくんだから

Z3 練度 165 好感度 100

クール系なドイツ艦娘
練度1から165への急上昇の負荷は思ったより大きかったらしい。
あかりへの感情:人間らしさを教えて

不知火 練度 1 好感度 100

落ち度がない艦娘
自然な笑顔を見せられるようにと思っていたが、このままであかりを楽しませられるだろうという結論に至った。
あかりへの感情:いつか笑顔を読んでください。

防空棲姫 練度 99 好感度 40

痛みにこだわる深海棲艦
心が壊れてしまっているかのような言動を取るが、どことなく無理をしているように感じられる。
あかりへの感情:明るい子
9 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:59:33.23 ID:m9A+e5qno
歳納京子

あかりの幼馴染。同じ日に飛ばされたがあかりよりも半年前にこちらへついて提督をやっていた。
あかりの鎮守府における艦娘との触れ合いについての同人誌を描こうと思った理由は不明。

榛名(改二)

京子がはじめて会った艦娘。
最近ではベタ塗りが上手くなってきた。

赤城

京子艦隊の艦娘。
自給自足しようと料理を勉強中。



京子艦隊の艦娘。
年越し前はクール間の休みに加えて年末特番でアニメが休みになるのでちょっとブルー。

伊19

京子艦隊の艦娘。
潜水空母となったときにどこから艦載機を飛ばすのかは自分でもわからない。

不知火

京子艦隊の艦娘。
表情が変わらないのでわかりづらいものの、可愛いモノ好きである。

龍田

京子艦隊の艦娘。
槍の訓練はそれなりにやっているが必殺技を覚えようとはしていない。

第六駆逐隊

暁型の面々。
京子よりあかりになついているふしがある。

時雨

京子艦隊の艦娘。
ほとんどクリスマスイベントをこなすためにだけ登場したようなもの。

船見結衣

あかりの幼馴染。あかりより一年前に提督になっておりすでにベテランの貫禄がある。
艦隊の全員とケッコンするや否やすぐさま全員の練度をカンストさせたのは、練度を上げるためだという口実のため。

北上(改二)

結衣の初期艦。
ケッコン初夜の思い出(布団の中でキス)は結衣だけでなく、北上にとっても大切な思い出。

大井(改二)

ようやく第二改装された結衣艦隊の艦娘。
ケッコンしてからは結衣と、結衣とケッコン指輪で繋がる北上を感じられると、指輪を握りしめてニヤニヤする姿見られる。

日向(改)

基本的に落ちついているが常識人枠とはいえないかもしれない艦娘。
飲み比べは負け越しているので練習中。

隼鷹(改二)

お酒大好きな艦娘。
ケッコンして低燃費になったはずだが、酒の量は増えたような気がする。

鈴谷(改二)

ノリが今風な艦娘。
軽そうに見えて初心なので結衣との仲の進展度は羽黒とどっこい。

羽黒(改二)

おどおどしているが常識人枠と言える艦娘。
大人しく控えめな子だが酔っぱらうとすごいかもしれない。
10 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:00:03.09 ID:m9A+e5qno
吉川ちなつ

あかりの友達。あかりよりあとにこの世界に来た新米提督。
モフモフの中に手を突っ込むと引きずり込まれるともっぱらの評判。



ちなつの初期艦。
ちなつに見分け用のアクセサリーを買ってもらってご満悦。



電のお姉ちゃん。
電のアクセサリーを羨ましがっているがレディーなので催促はしていないと自分では思いつつ催促している。

榛名

ちなつが2-5でドロップした。
エプロン姿がまぶしいちなつ鎮守府の母。

叢雲

あかりのところよりちょっとだけツン比率の高い艦娘。
ダジャレの練習をしているところを度々目撃されている。

大潮

いつも元気でポジティブな艦娘。
鎮守府内を駆けまわると怒られるので外を走り回っているが、帰りが遅くなると結局怒られる。

荒潮

のんびりとマイペースな艦娘。
どこかへ行った大潮を探しに行くのは荒潮の役目である。

高雄

ちなつ艦隊の艦娘
榛名が鎮守府の母ならば鎮守府の姉として駆逐艦の子の皆と接しようとしている。

雲龍

ちなつ艦隊の艦娘
戦力増強のため、あかり鎮守府で建造されたちなつ鎮守府唯一の正規空母。
が、最終決戦には出されなかった。

杉浦綾乃

生徒会副会長。こちらの世界に飛ばされたのはあかりより前だが戦おうとしていなかった。
引っ込み思案なところは多少改善されつつある。

あきつ丸

綾乃の初期艦
色白を綾乃に羨ましがられているが、本人はちょっと白すぎじゃないかと悩んでいる。

熊野

あかりのところのよりも明確に好意を口にしている艦娘。
こちらは胸の大きさをあまり気にしていない模様。

叢雲

あかりのところのよりもツン比率の低い艦娘。
沸点の低さは綾乃と結衣と同様で、ギャグセンスも準じている。

陸奥

綾乃艦隊の艦娘。
彼女前で火遊びはご法度らしい。

翔鶴

綾乃艦隊の艦娘。
彼女の着任より綾乃鎮守府の食事情は大幅に改善された。

神通

綾乃艦隊の艦娘。
あかりのところのとはまた別の意味で綾乃のことを強く慕っている。
11 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:00:37.05 ID:m9A+e5qno
武蔵

綾乃艦隊の艦娘。
綾乃の中に拙くとも確かな指揮官としての素質を見出している。
それが間違いでなかったことを、最終決戦の後に確信した。

池田千歳

生徒会役員。こちらへ飛ばされたのはあかりより少し前でそれなりに戦ってきた。
雪風と伊勢の絡みを眼鏡を外して聞くことにより、妄想がより一層捗るようになった。

五月雨(改)

千歳の初期艦
改になって多少はドジさが解消されたが、まだまだなにもないところで転んだりすることがままある。

龍驤(改二)

千歳の艦娘
結局改二になっても胸部装甲は変わらず、はじめて鏡を見た際に倒れ込んだという。

霞(改)

千歳の艦娘
相変わらず手厳しいがそれも千歳のことを思ってのことだということは、本人以外の誰も知るところである。

初春(改二)

千歳の艦娘
改二になって主砲が飛ばなくなったので、なんとか飛ばせないか思索中。

五十鈴(改二)

千歳の艦娘
千歳を含めて小さい艦娘が多い中、お姉さんとしてまとめ役を担っていたが、伊勢が来てくれたので楽になった。

雪風(改)

千歳の艦娘
火力不足に悩む千歳鎮守府の中で、夜戦においてすさまじい火力を誇ることで頼りにされていた。
少し戦いの終わりを恐れていたが、なにも変わらず千歳の側に在れることを幸福に想っている。

伊勢

千歳の艦娘
妹の日向よりも軽いノリで、千歳のことをすぐに名前で呼びだしたので五月雨達が慌てている。

大室櫻子

生徒会役員。あかりよりもかなり前にこの世界で提督をやっていた。
艦娘達からは呆れられつつも放っておけない妹のように見られている。

鬼怒

櫻子の初期艦
櫻子ははじめ鬼怒のことをおにおこと呼んでいたため、自分でも時々その時の名残を口にしてしまうときがある。

利根

櫻子の艦娘
櫻子とは色んなことで張り合ったり共謀したりしている。

夕張

櫻子の艦娘
櫻子が彼女が撮ったちょっと深夜なアニメを見ようとするのを必死で止めている。
語りあえる仲間が漣以外にもほしいと想い色々と話した結果、ステージでのパロディショーが始まってしまい消え入りそうな想いをした。

翔鶴

櫻子の艦娘
空母棲姫が来る前は鎮守府の料理当番としてその腕を振るっていた。今でも時々振るっている。

日向

櫻子の艦娘
航空母艦に改造されても砲撃戦の要だった。
今では瑞雲を遠くのものを取るのに飛ばしている。
12 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:01:16.15 ID:m9A+e5qno
潮(改二)

櫻子の艦娘
身長が伸びて縮んだように見えるが実は大きくなっている。

空母棲姫

櫻子が鹵獲した深海棲艦
潮に変わっておっぱい禁止されているが意味はまだわかっていない。
ソラという名前を付けられている。

古谷向日葵

生徒会役員。こちらの世界に来たのはあかりより少し前である。
櫻子の隣にいるのが自分でないことに少し寂しさを覚えたが艦娘達に任せようと思っている。

飛鷹

向日葵の初期艦
カードが実体化しているので元からドレスは持っていない。

比叡

向日葵の艦娘
元気で何ごとにも気合を入れて当たるが空回りすることもしばしば。

瑞鳳

向日葵の艦娘
それなりに料理ができるので向日葵のお手伝いをしている。



向日葵の艦娘
艤装に飼っているカニの数は本人も把握していない。

鳥海

向日葵の艦娘
計算をしてから行動する慎重派。

長門

向日葵の艦娘。
あめを食べてないのでこちらはまだ陥落はしてない模様。

松本りせ

生徒会長。
遠征に出たあかりの艦娘達に色々と物をあげたりしていた。
奈々の実験の失敗によりこの世界に飛ばされて最初期から提督として戦っていた苦労人。

日向

りせの艦娘
爆発に縁があることから奈々の意向により、りせの艦隊に編入されている。
度々りせと奈々の関係に対して爆発しろとの見解を示している。

陸奥

りせの艦娘
爆発に縁があることから奈々の意向により、りせの艦隊に編入されている。
りせと奈々の関係をあらあらうふふと見守っている。

大鳳

りせの艦娘
爆発に縁があることから奈々の意向により、りせの艦隊に編入されている。
爆発に縁があるのは他の艦娘もそうなんじゃないかと思いつつ、みんなと共に戦い続けてきた。

摩耶

りせの艦娘
自分も含めて明るいタイプがいない事に思い至ったりせによって艦隊に編入された。
自信家だが実力に裏打ちされている。

初雪

りせの艦娘
あまり外に出たがらないので連れ出そうと考えたりせによって艦隊に編入された。
引きこもりがちだが開口部のある艦娘には飛びついて行く。
13 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:01:52.22 ID:m9A+e5qno
那智

りせの艦娘
冷静沈着な副官的な立ち位置の艦娘がほしいと思ったりせによって艦隊に編入された。
主張しすぎる摩耶を諫める役割を担うが、自分もまたその実力に応じた自尊心を持っている。

西垣奈々

七森中の理科教師。
遠征に出てくる艦娘達に度々アイテムを渡して支援していた。
実は船霊降霊装置の理論を作りあげた張本人で、ある意味全ての元凶だが責任はきちんと取っている。

妖精

鎮守府内の雑事や出撃艇の操縦および敵主力艦隊の探索、果ては車の運転までこなす万能な存在。
喋るタイプと喋らないタイプがいるが喋れないタイプはいないらしい。

オスカー

あかり鎮守府で飼われている子猫。
かつてビスマルクの艦内で飼われていた猫と同じ毛並みをしているが雌である。

イ級

駆逐棲姫が拾ってきた深海棲艦の生き残り。
長い間深海に1人で誰かに見つかったら殺されると怯えながら暮らしていたので人間不信になっていた。
あかりや朝潮、駆逐棲姫などの尽力と民間人であるパン屋のお姉さんに優しくされたことで、人間不信を克服した。

レ級の尻尾

レ級があかりの世界で暮らすことを想定して、尻尾を切り離し自立稼働させたもの。
自分の意思を持って動き回っていて、素っ気ない態度を取るものの構ってほしいというかのように人に近づいて来る。
14 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:02:27.38 ID:m9A+e5qno
スレの流れ

あかりの一日の行動を安価で以下から選択します。
選択肢に数字が付いている場合は、数字がない安価は↓となります。

艦娘との交流
艦娘と交流します。キャラの好感度上昇はこちら(一日に同じ艦娘は選択不可)
好感度が100の艦娘との交流は回数消費なし(一日2キャラまでで、次の日は同キャラとの交流不可)

執務
執務を行います。安価で色々なイベントが起きます

外出
外出します。あかり一人の場合はランダムイベント、キャラ指定の場合は複数可で好感度上昇イベントが発生します。

アイテムを使う
アイテムを所持している場合使用することができます

施設を利用する
施設を利用します。

ケッコンアピール
3〜5人の艦娘からケッコンする相手を決めます。


上記の行動を朝二回、昼二回行った後夜の行動を選択します

寝る
自発的にはイベントを起こさず寝ます

誰かの部屋へ行く
誰かの部屋へ行きます。好感度上昇イベント(朝昼に交流した艦娘は不可)

執務
執務を行います。昼の執務と同じ

散歩
散歩します。ランダムでイベントが発生します

バー
バーを開きます。3人まで艦娘を選んで交流します。
15 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:02:56.09 ID:m9A+e5qno
現在持っているアイテム

1.まんたんのふしぎなあめ
艦娘が食べることで練度が上がるあめ。
最高位のあめでこれ一つで練度が最大まで上がる。
妖精の研究により生産が可能になった。
現在所持数:∞

2.クッキー
色んな種類があるクッキー。
艦娘と一緒に食べると仲良くなれるかも。
現在所持数:2

3.最高級チョコ
有名ブランドの最高級チョコ。
艦娘も大満足の一品。
現在所持数:2

4.王族御用達のケーキ
どこぞの王族も御用達の超最高級のケーキ。
艦娘の心まで甘くするような一品。
現在所持数:2

5.香水
柑橘系の香水
化粧っ気のない艦娘達だが気になることは気になっているかもしれないので喜ばれるかも。

6.チョーカー
首輪、ではなく首飾り。
髪飾りと同じく菊花紋章の意匠が施されている。

7.書類一式&指輪
ケッコンカッコカリに必要な道具。
妖精の研究により生産が可能になった。
現在所持数:∞
16 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:03:47.08 ID:m9A+e5qno
最後に設定を

艦娘

軍艦の船霊の分霊を妖精が作ったカードに呼び出して実体化させた存在
分霊なので同じ艦が複数存在することもある
実は深海棲艦に対抗するために妖精が呼びだした船霊の和魂。
船霊の荒魂である深海棲艦とは文字通り同一の存在である。

当時の政府が扱いきれなかった船霊降霊装置を、妖精が改良することによって生み出された。

深海棲艦

突如として海に現れて人間を襲い始めた謎の存在
一定の海域に艦隊を展開し通りがかる船などを襲う。
主力艦隊を倒すことでその海域にはしばらく出現しなくなるが、時が経つとまた現れるようになる。
理由は不明だが人間を狙って浮上するので、海軍は人間を提督として彼らをおびきだしている。
倒されることで怨念などに凝り固まった思念が浄化、静かな気持ちになって沈んでいくらしい。

その正体は船霊の荒魂。
かつて人間が和魂、すなわち艦娘を生み出す計画に失敗して生み出してしまった存在。
最新鋭潜水艦ですら及ばない深い海溝の底に沈む社から生み出されていて、それを破壊することによって滅ぼすことができる。

実は奈々が元の世界に戻るための研究をする過程で生み出し、扱いきれないと断じた理論を当時の政府が実現させようとした結果生み出された。
あかり達のお祭りにより鎮められ、一度倒されて正気を取り戻した個体以外は全てあるべきところへ帰った。(駆逐棲姫はもう一度呼び出された)
と思われていたが全員が消えたわけではないようで残っている深海棲艦もいる(正気は取り戻しているので害にはならない)
17 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:04:22.23 ID:m9A+e5qno
執務

1 支給品のお知らせ
2 施設増築の嘆願書
3 酒保充実の嘆願書
4 他の鎮守府からの誘い
5 その他自由に
18 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:04:53.67 ID:m9A+e5qno
外出先

1 誰かの鎮守府
2 そこら辺ぶらつく
3 街に出る
19 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:06:01.98 ID:m9A+e5qno
施設

1  レッスンルーム
2  プール
3  プラネタリウム
4  夜戦場
5  学校
6  縁側
7  アニマルセラピールーム
8  図書室
9  お風呂
10 カラオケボックス
11 VRルーム
20 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:06:32.02 ID:m9A+e5qno
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫
21 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:07:10.04 ID:m9A+e5qno
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     卯月     〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
プリンツ◇   北方棲姫  〇離島棲鬼
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火☆  木曾
22 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:07:44.13 ID:m9A+e5qno
テンプレ終わりです

昨日はすいませんでした。
今日の終わりに埋め小ネタ募集します

前スレに誘導張ってから続けます
23 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:14:00.04 ID:m9A+e5qno
あかり「ごほうび、何がいるんですか?」

ビスマルク「そうね……」

あかり「ん?」

ビスマルク「あ〜、なに? 私達、ケッコンもしたでしょ?」

あかり「しましたね」

ビスマルク「だから、そのあれよ。ケッコンしたら……」

あかり「したら?」

ビスマルク「す、することがあるじゃないの」

あかり「メイドさんやってくれるっていうやつですか?」

ビスマルク「違うわよ!」

あかり「じゃあなんです?」

ビスマルク「だ、だから、プリンツが言ってたような……」

あかり「ん?」

ビスマルク「ああもう! エッチよエッチ! ごほうびにエッチしなさい!」

あかり「ビスマルクさんもそれなんですね」

ビスマルク「な、何よ悪い!?」

あかり「いいえ。ビスマルクさんみたいな人にそう思ってもらえるのは嬉しいですよぉ」

ビスマルク「だったら、察しなさいよ、もう……」
24 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:37:15.53 ID:m9A+e5qno
ビスマルク「ん、んんっ……」

あかり「ビスマルクさんもおっぱい吸われるの好きですよね」

ビスマルク「プリンツが、やたらそうさせるから……」

あかり「おっきいと好きになっちゃうんですかね?」

ビスマルク「関係、ないでしょ……はぁっ……どうせ吸うのは、乳首だけなんだし……」

あかり「そうですけど、ほら、おっきいとこうして胸をくっつけて両方とも吸うっていうのもできますし」

ビスマルク「ああん、こらっ……そんな乱暴な……んっ……」

あかり「えへへ、あかりのおっぱいだと両方とも口元に持って行けませんから……」

ビスマルク「片方吸いながら、もう片方は指で弄ればいいでしょ……」

あかり「弄られるのも好きなんですか?」

ビスマルク「変なこと聞かない、でぇっ……!」

あかり「じゃあ、お望み通りに指で弄りますね……」

ビスマルク「望み、言って……あぁっ……!」

あかり「さすがのあかりもそれは察せますよぉ」

ビスマルク「はぁぁ……」

ビスマルク(変なところばかり察しよくなっちゃって……)

あかり「あかりが吸った分を返してあげますね……」クニクニ

ビスマルク「なっ、はぁっん……!」

ビスマルク(そんな唾液塗り込むみたいに……これじゃあまるで……マーキング……)

ビスマルク(あかりの所有物にされちゃってるみたいで……なんでこんなに、ぞくぞくするのよぉ……)ゾクゾク
25 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:44:31.48 ID:m9A+e5qno
ビスマルク「はぁぁ……」ヘナッ

あかり「満足しました?」

ビスマルク「満足というか、これ以上されると倒錯しそうで……」

あかり「とうさく?」

ビスマルク「ええい、ちぐはぐね本当に!」

あかり「えっと、すいません」

ビスマルク「まあ、よかったわよ……Danke」

あかり「どういたしまして〜」

ビスマルク(胸吸われたり弄られたりされたことに礼を言うって、本当になんかあれみたいで……)ゾクゾク

あかり「ビスマルクさん?」

ビスマルク「ななな、何でもないわ! それよりも明日の秘書艦を決めなさい!」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>20-21の☆のついてない艦娘)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:48:32.20 ID:607yNY+kO
プリンツ
27 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 00:01:31.68 ID:FC6NlJyJo
あかり「プリンツさんにお願いしますよぉ」

ビスマルク「プリンツね、わかったわ」

あかり「お願いしますねビスマルクさん」

ビスマルク「いいけど、気を付けなさいよ」

あかり「何にですか?」

ビスマルク「あの子、ケッコンしたら毎日エッチしようって言ったのに全然来ないって言ってたから」

あかり「あれはプリンツさんが言ってただけですよぉ」

ビスマルク「下手したら今までの分とか言って、一日中相手させられるかも」

あかり「プリンツさんだってそこまでエッチのことばっかり考えてる人じゃないですから!」

ビスマルク「そう、よね。でも、ちょっとは構ってあげなさいよ。あんなにあなたのこと好きだって言ってるんだから」

あかり「すいません、時間が取れなくて」

ビスマルク「色々無茶なことさせてるとは思うわ。それは私達の想いが招いたこと」

あかり「はい、あかり達の想いです。あかりも望んでやってることです」

ビスマルク「そう言うわよねあかりは」

あかり「あかりが好きで、あかりを好きな人達のためです。何にも辛くありません!」

ビスマルク(やってることは爛れに爛れてるのに、どうしてこんなに純粋なのかしらね)

あかり「気にしないでくださいね、ビスマルクさん」

ビスマルク「ええ、そうするわ。Gute Nacht.」

あかり「グーテナハト〜、そうだよね。何も辛くないよぉ。これは皆と、あかり自身がやりたいことだから」

あかり「さて、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
>>20)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
(>>20-21の不知火、ビスマルク、木曾、陽炎、吹雪、弥生、暁以外から1〜3人)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 00:05:32.44 ID:2/dJOOrtO
5瑞鶴、秋月
29 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 00:13:28.03 ID:FC6NlJyJo
今回はここまでです
次はバーに瑞鶴と秋月が来るところからはじめます

今いるドイツ艦全員とケッコンしたので、全員となんかするみたいな話をどこかに入れようかと思っていましたがどうしましょうかね

↓1〜2で前スレの埋め用の小ネタを募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 00:13:35.24 ID:YmQYAQ9BO
前スレの>>897で他の陽炎型が来なかった場合のIF(R-18)
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 00:13:45.92 ID:QGSZzpMHO
前スレ>>937の続きでお仕置きセックス
32 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 22:42:05.33 ID:FC6NlJyJo
開始します
33 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 22:49:30.35 ID:FC6NlJyJo
妖精(猫吊るし)「バー行っちゃいます?」

あかり「行っちゃおうか」

妖精(猫吊るし)「自分から言っておいてなんですが、いいんですよ夜通しVRに籠ってたりしても」

あかり「いやそれも疲れるでしょ」

妖精(猫吊るし)「たまには1人の時間も欲しいのではないですか?」

あかり「あかりは皆といる時間が好きだから」

妖精(猫吊るし)「それにしても限度がありますよ」

あかり「1人になりたいって言ったら妖精さんも離れてくれる?」

妖精(猫吊るし)「今日も頑張って働きましょうか」

あかり「離れる気なしだよぉ」

妖精(猫吊るし)「と言うのは冗談にしても、滅私奉公……自分を捨てて他人に奉仕するだけというのは皆さんも望んでいませんからね?」

あかり「わかってるよぉ。心配してくれてありがとうね妖精さん」

妖精(猫吊るし)「ご主人様ですから」

あかり「いつからあかりご主人様になったの!?」
34 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:01:18.96 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「こんばんは妹ちゃん」

秋月「こんばんはあかり」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜」

あかり「こんばんは瑞鶴さん、秋月ちゃん、長10cm砲ちゃん」

妖精(猫吊るし)「いらっしゃいませ〜」

あかり「瑞鶴さんと秋月ちゃん、昔に何かあるんでしたっけ?」

瑞鶴「まあね、ちょっと守ってもらったことがあったり」

秋月「あはは、守れてましたかね」

妖精(猫吊るし)「まあまあ、昔話は湿っぽくなりますのでここはいっぱい」

あかり「こちらへご案内ですよぉ」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜!」ピュー
35 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:10:01.03 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「秋月、あんた妹ちゃんとケッコン式挙げようとしてたとか」

秋月「い、いいじゃないですか! 私が一番最初だったからそれも最初がいいんです!」

妖精(猫吊るし)「秋月さんが作ってほしいと言ったから式場も作ったわけですし」

長10cm砲ちゃん「きゅきゅ〜」

瑞鶴「長10cm砲ちゃんが導いたんだっけ? 本当によくやるわ」

あかり「何回も言ってるけど、順番に意味はないからね? 長10cm砲ちゃんが来なければたぶん白雪ちゃんが一番だったから」

秋月「わかってますよ〜ふふっ」

瑞鶴「ケッコンしようってのに姉に挨拶も無しとはいい度胸ね」

秋月「自称お姉さん皆に許可取っていたらいつまで経ってもできませんよ」

瑞鶴「最初にこだわるって言うなら、姉だって言い出したのは瑞鶴が一番なのよ?」

秋月「はい、ではお姉さんにお酌です」

瑞鶴「あぁ、これはどうも」

長10cm砲ちゃん「きゅう〜」ユサユサ

妖精(猫吊るし)「はいはい、もうすぐできますからちょっと待っててください」

あかり(お姉ちゃんかぁ。こんなにいっぱいの人とケッコンしたって言ったらなんて言うかな?)
36 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:12:43.00 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「妹はやら〜ん……」

秋月「そう言わずに……」

あかり「なんか呂律回ってないけど大丈夫?」

↓1 瑞鶴 ↓2 秋月
コンマ30以上で酔っぱらう
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:13:34.59 ID:ZaRS2EJLO
えい
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:13:48.64 ID:825cAhpjO
39 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:20:07.68 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「あぅ〜……」

あかり「瑞鶴さん、そんな格好でお酒飲んでたら気管入っちゃいます」

瑞鶴「大丈夫大丈夫、艦娘だから……」

あかり「そこは艦娘でもダメだと思いますよぉ!」

瑞鶴「ん〜……妹ちゃん」

あかり「なんですか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 妹になる
2 胸を強調して秋月を挑発する
3 姉になる
4 その他自由に
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:24:07.65 ID:UG2RvyZHO


(改二になっても秋月の方が大きく見えるのだが…とボブは訝しんだ)
41 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:34:21.93 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「んふぅ〜……今、瑞鶴の胸見てたでしょ?」

あかり「いや見てませんけど」

瑞鶴「ええ〜絶対見てたよ〜やらしいんだ〜」

あかり「見てませんって」

瑞鶴「そんな必死に隠さなくてもいいんだよ〜おっきい胸は女の子でも気になっちゃうもんね〜」

秋月「なんですか……?」

瑞鶴「べっつに〜暑いからはだけようかなと思ってただけ〜」

あかり「改二になってからやたらと強調してくるようになったんだよぉ」

瑞鶴「もぉ、どこ向いてるの〜せっかくはだけたんだからこっち来なさ〜い」グイッ

あかり「むぐぅ!」

秋月「ちょっと瑞鶴さん、あかりが苦しそうです!」

瑞鶴「こうして胸で窒息しそうになるくらいにはあるってことだよ〜えへへ〜」

あかり「むぅ〜……!」

秋月「そんなの誰だってあります〜!」

瑞鶴「ええ〜? 少なくとも秋月にはなくな〜い?」

秋月「ありまくりますし! 瑞鶴さんより大きいですし!」

瑞鶴「強がりはよくないな〜ねぇ、妹ちゃん? お姉ちゃんの方がおっきいもんね〜?」

あかり「うん〜……!」

瑞鶴「ほらうんって言った!」

秋月「唸ってるだけですよ!」
42 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:43:39.41 ID:FC6NlJyJo
秋月「そもそも、雲龍さんとか蒼龍さんとかいる中で多少胸が大きいからと偉ぶるのがおかしいんです!」

瑞鶴「瑞鶴は改二で大きくなったからね〜成長よ成長〜伸びしろ〜」

秋月「私だって、まだ改二ありますし……照月おっきいですし!」

瑞鶴「ふふっ、大きくなるといいわね」

秋月「むむぅ〜!」

あかり「秋月ちゃん落ち着いて」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 挑発に乗って胸比べ
2 あかりの胸を触りだす
3 冷静に大きさを比べる意味のなさを説きだす
4 その他自由に
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:47:39.32 ID:Rgp0zqvpO
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:47:49.91 ID:GuxiCF1rO
45 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 00:02:17.23 ID:jKp+0azEo
秋月「私達の大きさ勝負に意味はないんです……浜風さんや浦風さん、夕立さん達には勝てませんから……」

瑞鶴「だったら、どうなの……?」

秋月「私達が最も重要視するべきなのは……こっちです!」フニッ

あかり「うひゃあっ!? 秋月ちゃん!?」

秋月「私達は、私達の大きさを比べるのではなく……この小さな蕾をどう愛でられるか! それを競うべきなのです!」

あかり「小さなって、余計なお世話……ぁっ……!」

瑞鶴「秋月……いいこと言ったわね! その通りよ!」

あかり「えええ〜!?」

秋月「指でも口でも、それこそこの胸さえも、あかりの胸を喜ばせるために使うことができるんですから……!」

瑞鶴「そう、そうね……大きさには上がいる……重要なのは妹ちゃんにどう思われるか……」

秋月「比べるなら、そちらを競いましょう……!」

瑞鶴「ええ……!」

あかり「ええじゃなくて! 秋月ちゃんも酔ってるの!? ちょっと〜!」

長10cm砲ちゃん「きゅ?」

妖精(猫吊るし)「はい、こっちでご飯食べてましょうね」

あかり「妖精さ〜ん!」

秋月「ちょうど2つありますし、どうですか?」

瑞鶴「比べときますか!」

あかり「そんな帰りにマック寄ろうかみたいなノリで!? だめですってばはぁ〜……」
46 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 00:03:50.23 ID:jKp+0azEo
今回はここまでです

たまには絡み酒っぽい選択肢も作った方がいいですよね
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 00:21:05.43 ID:9sYlxQDnO
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 01:00:31.88 ID:UR9kiBNwo
乙です
49 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 22:44:16.40 ID:jKp+0azEo
開始します
50 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 22:51:03.05 ID:jKp+0azEo
プリンツ「アカリさん」

あかり「なんですかプリンツさん?」

プリンツ「私は怒ってます」

あかり「何でですか?」

プリンツ「アカリさんがケッコンしたときのことを忘れてるからです」

あかり「忘れてはいませんよぉ」

プリンツ「じゃあなんでエッチしに来ないの〜!」

あかり「あれは内容じゃなくて、これをするっていう意志を一番明確に見せてくれたから選んだんだって言ったじゃないですか」

プリンツ「出来てなかったら口だけになっちゃうでしょ!」

あかり「その意思があるっていうことはあかりもわかってますから」

プリンツ「思いだけでもダメなの〜!」

あかり「わかりました、わかりましたから!」
51 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 22:51:32.88 ID:jKp+0azEo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫
52 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 22:52:17.89 ID:jKp+0azEo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     卯月     〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
プリンツ☆◇ 北方棲姫  〇離島棲鬼
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火☆  木曾
53 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:05:36.66 ID:jKp+0azEo
プリンツ「はぁ……んっ……」

あかり「……今はこれくらいです」

プリンツ「ええ〜まだ全然足りない〜!」

あかり「まだ朝ですから」

プリンツ「朝ごはん!」

あかり「プリンツさん出ないじゃないですか」

プリンツ「アカリさんのためなら頑張って出すよ!」

あかり「いいですから! それにあかりはもう赤ちゃんじゃないですからそれじゃ足りません」

プリンツ「足りるまで吸ってていいよ?」

あかり「お腹減る方が早いですから! もう、早くおっぱい仕舞ってください」

プリンツ「今日は一日出したままで過ごしてもいいかな〜」

あかり「よくないですから!」

あかり(プリンツさん、何でこうなっちゃったんだろう。海外の人はなんだか裸になるのに抵抗がない人もいるイメージだけど)

プリンツ「それでアカリさん、今日はどうするの? することないなら続き――」

あかり「今日はですね!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51-52の☆のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 23:09:37.60 ID:gsET6gT3O
4不知火7
55 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:15:10.79 ID:jKp+0azEo
あかり「ぬいちゃん」

不知火「なんでしょうかあかりん」

あかり「これをあげるよぉ」

不知火「これは……」

あかり「ケッコンセット〜」

不知火「セットって」

あかり「なんか妖精さんがいっぱいケッコンの改装してたら、指輪作れるようになったんだって」

不知火「書類の方はただの申請書ですからね。これで無限にケッコンできるというわけですか」

あかり「というわけですよ」

不知火「だから不知火にも使えるというわけですね」

あかり「というわけではないね。だからじゃないもん」

不知火「……ありがとう」
56 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:25:56.22 ID:jKp+0azEo
あかり「ぬいちゃんは今ケッコンしたいと思っている!」

不知火「思ってますよ」

あかり「やったぁ〜」

不知火「それは読んだことにはなりませんよ」

あかり「読めたことじゃなくてそう思ってることが嬉しいの」

不知火「……っ」

あかり「ふふっ、今の表情はさすがにあかりにも読めたよぉ」

不知火「……いいから、早く嵌めてください」

あかり「はぁい」

不知火「……」

あかり「ん〜……」

不知火「……何躊躇してるんですか?」

あかり「今の待ってるぬいちゃんの表情はよく読めるから、嵌めちゃうと戻っちゃうのかなぁって」

不知火「表情読むのとケッコン、どっちが大事なんですか?」

あかり「それはケッコンの方だよぉ」スッ

不知火「はい、それでいいんです」
57 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:36:54.49 ID:jKp+0azEo
不知火「なんだか、不思議な気持ちですね」

あかり「不思議?」

不知火「こう見えて、不知火はあかりんのことを結構警戒していたんですよ」

あかり「えっ、何で?」

不知火「やたらと周りから好かれ過ぎているから」

あかり「過ぎてるかなぁ?」

不知火「過ぎてます。若干空恐ろしさを覚えましたよ」

あかり「あかり怖がられてたんだ」

不知火「それが気づけばケッコンを許す仲になっていました」

あかり「もう怖がられなくて済むね!」

不知火「いえ、逆に恐ろしいですよ」

あかり「何で!?」

不知火「こんなにほだされる速度が速くて……気が付いたら、不知火達に対する陽炎のようなことをしてしまうようになるのではないかと」

あかり「ぬいちゃんなら大丈夫だよぉ!」

不知火「そうだと思いたいですね……」
58 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:47:34.48 ID:jKp+0azEo
不知火「改造しに行ってきます」

あかり「行ってらっしゃ〜い」

不知火「しかし、不知火はまだ練度1なのにケッコンできるんですね」

あかり「それも妖精さんが何とかしたみたい」

不知火「妖精におんぶにだっこですね」

あかり「だからむちゃくちゃなことしても、皆少しは目を瞑っていられるんだよぉ」

不知火「不知火もあの水着を着てあげるくらいはしなくてはいけないかもしれませんね」

あかり「そこまではしなくていいんじゃないかなぁ」

不知火「あかりんがどんな顔をするか気になりますし」

あかり「あ、あかりの表情は読まなくていいよぉ!」

不知火「読みまくります」

あかり「まくらないで〜!」サッ

不知火「では、工廠に行きますのでまた」

不知火(ふっ、人がこうして笑顔でいるというのに、顔隠すなんて間が悪い人ですね)

あかり「はぁ、ぬいちゃんがあれ着てたらびっくりだよぉ。さてと、次は……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51-52の不知火、☆のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火以外から1〜3人 アイテム:>>15の7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 23:51:34.37 ID:Q9LfjdnxO
☆じゃなくて○の付いてる艦娘の間違えかな?
1プリンツ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 23:52:32.61 ID:vQPNm9pWO
1防空棲姫
61 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 00:09:30.46 ID:8rqCkqpHo
>>59
その通りです。ご指摘ありがとうございます


あかり「プリンツさん、戻って来ましたよ〜」

プリンツ「お帰りなさいアカリさん!」

あかり「本当に出しっぱなしで過ごすんですか?」

プリンツ「過ごすよ〜」

あかり「風邪……はひかないんでしたか」

プリンツ「艦娘の体便利!」

あかり「そういうことするためじゃないですから」

プリンツ「でもそういうことするためにも使えるっていうお話だよ。有効利用〜」

あかり「見てると寒そうですよぉ」

プリンツ「じゃあ、アカリさんが暖めてね」

あかり「はいはい……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 愛を育む
2 プリンツの真意について
3 あえて無視してみる
4 その他自由に
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 00:13:33.62 ID:JwYP3TsDO
2
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 00:17:45.82 ID:Fi4nXB6WO
4ドイツ艦全員と愛を育む
64 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 00:23:32.96 ID:8rqCkqpHo
今回はここまでです
次はプリンツに真意を聞くところからはじめます

本当のあかりならプリンツがこういうことしてても普通に順応しそうですね
もはやというかわりと初期からあかりという名の別のキャラですが、経験によって変わったということにしておいてください
65 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 22:42:05.49 ID:8rqCkqpHo
開始します
66 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 22:50:56.64 ID:8rqCkqpHo
あかり「プリンツさん、どうしてそんなにおっぱい吸わせたがるんですか?」

プリンツ「聞きたい?」

あかり「はい」

プリンツ「吸いながら聞いて!」

あかり「お話しに集中できなくなるので後です」

プリンツ「むぅ〜別にいいけど〜」

あかり「どうしてなんですか?」

プリンツ「私はアカリさんが好きだからだよ」

あかり「それは、なんというか、わかってますけど」

プリンツ「わかってるなら逃げないでよ!」

あかり「好きでもいつでもそういう事するわけじゃないんです!」

プリンツ「いつでもって言っても、アカリさんからそういうことしてくれないじゃない!」

あかり「そうっ、れは……」
67 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 23:09:06.46 ID:8rqCkqpHo
プリンツ「本当はね、私はアカリさんからしてほしいの。でもアカリさん、はずかしがって全然してくれないから」

あかり「あぅぅ……」

プリンツ「だから私から行ってその気にさせてあげる必要があるの」

プリンツ「吸わせるのが好きなのは、そうさせてるにしてもアカリさんに求められてるって感じるからだよ」

プリンツ「私のこと一生懸命吸って、可愛いなぁって思うから」

あかり「そんなこと思ってたんですね……」

プリンツ「でも本当はアカリさんから、吸いたいって言ってほしいの!」

あかり「そ、そんなこと言えませんよぉ!」

プリンツ「どうして?」

あかり「だって、それは……だって……」
68 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 23:25:43.99 ID:8rqCkqpHo
プリンツ「アカリさん……」ズイッ

あかり「ぷ、プリンツさん……」

プリンツ「アカリさんが恥ずかしいのは分かるよ。でもね、愛し合うって恥ずかしいことをしあうことじゃないの?」

あかり「うぅぅ……」

プリンツ「アカリさんの中にもそういう気持ちがあるんでしょう?」

あかり「それはあります。あっていいんだって京子ちゃんに言われましたから。でも……」

あかり「それをその、ぶつけるっていうのは……上手くできなくて……あかりの都合でしてもらうっていうのは、なんだか……」

プリンツ「いっつも自分は私達の都合でしてくれてるのに?」

あかり「あかりは皆にそうするのが好きだから……」

プリンツ「アカリさんが好きなように、私もアカリさんのお願い聞くの好きだよ?」

あかり「……っ」

プリンツ「何でもお願い聞いてくれるアカリさんが好きだよ。でもね、たまにはこっちにもお願いしてほしいの」

プリンツ「私はアカリさんの物だって言ったでしょ? 物だから、ちゃんと愛してほしいの」

あかり「プリンツさん……あかりは……」

プリンツ「どうしたいの? 何でも言って。私は、アカリさんの物だから、何でも言うこと聞くからね」
69 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 23:48:44.56 ID:8rqCkqpHo
あかり「他の皆にも色々言われたんです。もっと好き勝手やっていいんだよみたいなこと」

プリンツ「うん」

あかり「本当はあかり、皆から好かれたいって思ってました。夢に見たこともありましたし」

プリンツ「誰だってそういう気持ちはあるよ」

あかり「でもいざ本当にそういう状況になってみたら、何ていうか好き勝手にするっていうのが出来なくて」

あかり「夢の中のあかりは調子に乗って皆のこと侍らせたりしてたのに……」

プリンツ「それはきっと、アカリさんの気持ちが本気だからだよ。本当の気持ちで好きだって思ってくれてるから」

あかり「あかりもそうなんだと思います。それに皆の好きの表現が凄くて、あかりは流されちゃうところもあって……」

あかり「ちょっと勇気出して調子に乗ってみたりしても、あんまり長続きしないし……」

プリンツ「アカリさんは自分を出すのが苦手なんだね」

あかり「だから空気だったのかなぁ」

プリンツ「空気? それはともかく、もっと自分を出して皆のこと振り回していいんだから」

あかり「う〜……いや」

プリンツ「そうやっていやとかそれはとか言うのがダメなの!」

あかり「はい〜!」

プリンツ「いつも気ままに行動してるでしょ? エッチなことするときもそうすればいいの」

あかり「難しいですよぉ」

プリンツ「大丈夫。私と練習すれば、いつかアカリさんの方からおっぱい吸ってって見せてくるようになるから」

あかり「それはダメなんじゃ……」

プリンツ「はい、アカリさん! 目の前に私のおっぱいがあるよ、どうするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51-52の不知火、プリンツ、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火、プリンツ以外から1〜3人 アイテム:>>15の7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 23:52:44.71 ID:4Mc58JSjO
4イムヤ1
71 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 00:06:02.04 ID:3O0JXCJdo
あかり「イムヤちゃん」

伊168「どうしたのあかり?」

あかり「イムヤちゃんにもふしぎなあめをあげようかと思って」

伊168「最近よく使ってるわよね。いっぱいあったと思うけど残り大丈夫?」

あかり「間宮さんと妖精さんの研究で好きなだけ作れるようになったんだって」

伊168「それもっと早く完成してたらよかったのにね」

あかり「皆の練度上げられて戦いが楽になってたかもね」

伊168「ある意味でありがたみもなくなってるけどね」

あかり「でも気にせず使えるのはいいと思うよぉ」

伊168「そんなに使いたいの?」

あかり「皆使いたいかなって思って……それに副作用のときは、あかりもちょっと言い訳して自分からできるし」

伊168「えっ?」

あかり「ううん、何でもない!」
72 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 00:09:43.16 ID:3O0JXCJdo
今回はここまでです
次は伊168にふしぎなあめをあげるところからです

傍から見ると女子高生くらいの子が中学1年の女の子に、おっぱい吸われたいがために性に素直になれと迫っているという状況です
普通に犯罪ですが気にしないでください。
73 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 22:45:51.69 ID:3O0JXCJdo
開始します
74 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 22:57:23.10 ID:3O0JXCJdo
伊168「イムヤも改二になれればいいのに」

あかり「イムヤちゃんはまだなんだっけ」

伊168「そうよ。それにイムヤは潜水空母にもならないし」

あかり「イクちゃんやゴーヤちゃんはそれになるんだったよね」

伊168「それはそれで使いようがあるんだけど。と言っても、もはや意味もないか。あんまり姿も変わらないし」

あかり「空母になったらおっきくなるかも」

伊168「ならないから。ゴーヤやイクは元から大きいでしょ」

あかり「胸の話じゃなくてね」

伊168「イムヤはこれくらいがいいわ。あかりと同じくらいの大きさが」

あかり「確かに同じくらいだよぉ」

伊168「やっぱりそれくらいが一番やりやすいっ……!」
75 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 23:21:52.26 ID:3O0JXCJdo
伊168「へぇ、これが……」

あかり「あれ、平気そう?」

伊168「ふふっ、イムヤはスナイパーよ……どんなときでも息を潜めてっ……死角から敵を撃つの……」

あかり「でも声が震えてるよぉ」

伊168「声が震えるような状況で、はぁっ……耐えきるのも仕事……」

あかり「体も震えてるよぉ」

伊168「む、武者震い、んっ……!」

あかり「あんまり平気そうじゃなかったよぉ」

伊168「か、隠れて凌ぐんだから……見つかったら打たれ弱いのよ……!」

あかり「潜水艦さんはあんまり耐久力ないみたいだからね」

伊168「はぁ、はぁ……絶対おかしなの入ってる……練度上がるだけで、こうならないもの……」

あかり「そのおかしなののおかげで練度上がってるのかもね」

伊168「その成分を抜く研究をしてもらいたいわ……うぅ……」

あかり「イムヤちゃん……」ガシッ

伊168「あかり……してくれるの?」

あかり「うん……」

伊168「もしかして、それが目的であめ持ってきた?」

あかり「……」

伊168「なんて――」

あかり「そうだよ」

伊168「ええっ……?」

あかり「それが、目的」

伊168「あかりが、それを……?」

あかり「イムヤちゃん言ってたから、むちゃくちゃしてほしいって」

伊168「あぁ、でも本当に望んでるんじゃなきゃ意味ないって……」

あかり「本当に望んでることだから……」

伊168「あかり……?」

あかり「皆に言われてから応えるんじゃなくて、あかりからも皆に言わなきゃいけないってわかったから」

伊168「はぁぁ……」

あかり「前に言われたことに応えてる感じになっちゃうけど……」

伊168「ううん、いいの……はぁ、あかりからそんなこと聞けるの、もっと先だと思ってた……」

伊168「うれしいよあかり……むちゃくちゃに――」

あかり「ううんイムヤちゃん。今日はあかりから言う」

あかり「イムヤちゃんをむちゃくちゃにしたい」

伊168「……うんっ」
76 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 23:41:22.55 ID:3O0JXCJdo
あかり「あかりも少しだけ先に進めた気がします」

プリンツ「うんうん。歩み寄った相手を受け入れるのも大事だけど、自分から歩み寄ることも大事だよ」

プリンツ「自分から離れようとしてる人にはぐいぐい行くのに、どうして好きだって人からは離れようとするのかな」

あかり「離れようとしてるわけじゃないですけど、あんまり踏み込めずにいたんですね」

プリンツ「これからはちゃんと踏み込めるね」

あかり「頑張って自分からやってみます!」

プリンツ「よしよし、その意気だよ!」ナデナデ

あかり「えへへ、ありがとうございますプリンツさん」

プリンツ「アカリさんが自分で頑張っただけだよ」

あかり「言われないとわかりませんでしたから」

プリンツ「私はただ私がしてほしいなって思ったことをアカリさんに言っただけだよ」

あかり「じゃあ、あかりはそれに応えられましたね!」

プリンツ「結局誰かに応えちゃってるってことになるのかな?」

あかり「それでも、応えるってことを自分で決めましたから!」

プリンツ「そっか……さあ、じゃあお昼からはどうしようか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51-52の不知火、プリンツ、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火、プリンツ、伊168以外から1〜3人 アイテム:>>15の1、7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 23:45:22.26 ID:AQC0muj5O
1 卯月
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 23:45:23.78 ID:aLAFYwXqO
5暁、ビスマルク7
79 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 23:56:27.09 ID:3O0JXCJdo
卯月「ぷへぇ〜……」

あかり「卯月ちゃん!」ダキッ

卯月「ぴゃっ!? なんだ、あかりぴょん」

あかり「あかりだよぉ」

卯月「急に抱き着いたらびっくりするぴょん」

あかり「卯月ちゃんにはいつもびっくりさせられてるからね」

卯月「う〜ちゃんがびっくりさせるのはいいぴょん! う〜ちゃんをびっくりさせるのはだめぴょん!」

あかり「ええ〜ずるいよぉ」

卯月「うさぎはびっくりすると死んじゃうぴょん!」

あかり「えっ、そうなの?」

卯月「寂しいと死ぬくらいだからびっくりするくらいでも死ぬに決まってるぴょん」

あかり「うさぎさんたぶんそんなに弱い生き物じゃないよぉ」

卯月「とにかくう〜ちゃんをびっくりさせるのはなしぴょん!」

あかり「しょうがないなぁ」スッ

卯月「あっ! 抱っこはしてていいぴょん!」

あかり「はいはい」

卯月「ふへへ〜」

あかり「卯月ちゃん何してたの?」

卯月「何もしてないぴょん。暇だからぴょんぴょんしてて疲れたから休憩してたぴょん」

あかり「じゃあ一緒に遊ぼっか」

卯月「遊ぶぴょん! 何するぴょん?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 うさみみを付ける
2 どっちがよりぴょんぴょんできるか勝負
3 最近の卯月の動向について
4 その他自由に
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/20(金) 00:00:26.94 ID:aBDPGnJUO
4弥生について
81 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/20(金) 00:11:37.06 ID:/A8T9FiQo
今回はここまでです
次は前スレの埋め小ネタです

恥じらうにしても経験の豊富さとアンマッチなくらい拒否させてしまっていたような気がするので、もう少し自然に受け入れるような感じにしていけたらなと思います
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/20(金) 01:07:54.45 ID:zY9Td29/o
乙です
83 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 22:43:50.18 ID:1KjE7YdUo
開始します
84 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 22:53:32.69 ID:1KjE7YdUo
あかり「弥生ちゃんとか呼ぶ?」

卯月「弥生は暁のところの子になったぴょん」

あかり「確かに暁ちゃんと仲いいけどね」

卯月「暁とばっかり遊ぶぴょん。う〜ちゃんも遊びたいのに〜ぷっぷくぷ〜」

あかり「あはは、弥生ちゃんのこと好きなんだね」

卯月「う〜ちゃんも姉妹愛は人並みに持ってるぴょん」

あかり「そうだね、姉妹愛は人並みにとどめておいた方がいいよぉ」

卯月「まあ、一緒にああいうことするのが人並みかどうかは知らないぴょん」

あかり「うっ、そういえばそういうこともあったよぉ」

卯月「如月にああされるのがいやだから暁のところに行ってるのかもしれないぴょん」

あかり「た、たぶんそういうことではないと思う」
85 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 23:04:44.01 ID:1KjE7YdUo
卯月「あとあかりと遊んでる頻度も高いぴょん」

あかり「そうかな?」

卯月「う〜ちゃんも遊びたいぴょ〜ん!」

あかり「今日はいっぱい遊んであげるから」

卯月「そろそろう〜ちゃんのところにも指輪とか持ってきていいぴょん!」

あかり「あはは、その内ね」

卯月「ぶぅ〜弥生時々指輪見つめてニヤニヤしてるぴょん。う〜ちゃんもしたいぴょん!」

あかり「ニヤニヤしてるんだ?」

卯月「してるぴょん。めっちゃしてるぴょん」

あかり「あんまり想像つかないよぉ」

卯月「ちょっと気持ち悪いぴょん」

あかり「したいって言ってるのに!?」
86 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 23:15:42.43 ID:1KjE7YdUo
あかり「たまには暁ちゃん以外とも遊んでるんでしょ?」

卯月「たまには遊ぶぴょん。たまに文月について行って日向ぼっこしてるぴょん」

あかり「日向ぼっこの輪が広がってるよぉ」

卯月「あと若葉と仲いいみたいぴょん」

あかり「若葉ちゃんと?」

卯月「なんかよくわからないけど、2人共黙ってトランプとかしてるときあるぴょん」

あかり「黙ったまま?」

卯月「黙ったままぴょん。ちょっと怖いぴょん」

あかり「弥生ちゃんはお喋り好きだけど、喋るのが苦手なんだよね」

卯月「若葉もそんな感じぴょん。だから通じ合えるんだぴょん」

あかり「似た者同士なんだね〜」

卯月「う〜ちゃんも弥生とそういう関係なれるといいんだけどぴょん」

あかり「卯月ちゃんは真逆だからね。でも、卯月ちゃんみたいになりたいって思ってることもあるみたいだよ」

卯月「う〜ちゃんもたまには弥生みたいになるのもいいぴょん」

あかり「卯月ちゃんが弥生ちゃんみたいに?」

卯月「クールな方があかりの好みぴょん」

あかり「あかりは明るい卯月ちゃんも好きだよぉ」ナデナデ

卯月「えへへ〜」

あかり(こう言ってもらいたかったんだね)
87 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 23:29:23.73 ID:1KjE7YdUo
あかり「ん〜、もうそろそろあかりは行くね」

卯月「ええ〜もっと遊んでほしいぴょ〜ん」

あかり「ごめんね卯月ちゃん」

卯月「ぷっぷくぷ〜しょうがないぴょん」

あかり「よしよし、卯月ちゃんはいい子だよぉ」

卯月「また今度しっかり遊んでぴょん」

あかり「うん、わかった」

卯月「じゃあう〜ちゃん弥生のところに行ってくるぴょん」

あかり「暁ちゃんのところに行ってないかな?」

卯月「行ってるなら暁とも一緒に遊べばいいぴょん。そうだ、暁をこっちの子にすれば全部解決ぴょん!」

あかり「いや、それはどうだろう……」

卯月「よ〜し、如月にお願いするぴょん!」

あかり「如月ちゃんの手段はやめた方がいいよぉ! って行っちゃったよぉ」

あかり「まあ、如月ちゃんはわきまえてるし、大丈夫だよね? さてと、これからは……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168、卯月以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火、プリンツ、伊168、卯月以外から1〜3人 アイテム:>>15の1、7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168、卯月以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、卯月、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 23:44:36.90 ID:oTkwAvOBo
1
防空棲姫
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 23:45:06.57 ID:8zp+07YDO
1レ級
90 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 23:54:50.66 ID:1KjE7YdUo
あかり「防空棲姫ちゃん」

防空棲姫「へぇ〜また来たんだぁ? 意外に心が強いのねぇ」

あかり「戦ってる間に色々あったから」

防空棲姫「そっかぁ、ふふっ……強い子は好きよぉ」

あかり「今の防空棲姫ちゃんには痛みは必要ないって教えてあげる」

防空棲姫「それは貴女が決めることじゃないわ」

あかり「そうかもしれない。でも、あかりの気持ちを防空棲姫ちゃんに伝えることに権利は必要ないと思うから」

防空棲姫「ふぅん……」

あかり「あかりが今防空棲姫ちゃんがいる世界がどんなところなのか、教えてあげるよぉ。そうすればきっとわかってもらえるから」

防空棲姫「やるだけやってみれば〜」

あかり「頑張るよぉ!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 買った服は着ないのかという話
2 名前を付けようという話
3 もっと追及してみようという話
4 その他自由に
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 23:58:44.48 ID:8zp+07YDO
4マッサージしてみる
92 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 00:05:03.76 ID:a4zoeW2Lo
今回はここまでです
次は防空棲姫にマッサージしてみるところからはじめます

マッサージは久しぶりですが防空棲姫の装甲を貫けるか否かという感じですね
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 00:18:55.16 ID:CzLlX076o
乙です。久々のマッサージ楽しみ
94 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 22:43:54.81 ID:a4zoeW2Lo
開始します
95 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 22:50:27.10 ID:a4zoeW2Lo
あかり「そうだ、防空棲姫ちゃん」

防空棲姫「なぁに?」

あかり「あかり、マッサージが得意なんだよぉ」

防空棲姫「マッサージ?」

あかり「そう。だから、防空棲姫ちゃんにもやってあげようかなって」

防空棲姫「痛いの?」

あかり「痛くないよぉ」

防空棲姫「ならやるわぁ」

あかり「えっ、いいの?」

防空棲姫「痛くないって言う方が痛いものよぉ〜」

あかり「何でそういうお約束的なこと知ってるの?」
96 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:04:29.14 ID:a4zoeW2Lo
防空棲姫「服は脱ぐ?」

あかり「脱がなくていいよぉ。そこに横になって」

防空棲姫「ふぅ〜胸が苦しいわぁ」

あかり「わざとやってる?」

防空棲姫「苦しみも痛みの親戚みたいなものよぉ」

あかり「仰向けになって」

防空棲姫「あらぁ、おっぱいをマッサージするのかしら?」

あかり「しないから。ほら」ゴロン

防空棲姫「はいはい……どうぞ、内臓が潰れるくらい押し込んでいいからね〜」

あかり「あかりにそんな力ないから。はじめるよぉ」

防空棲姫「ふふん、私を感じさせられるかしら?」

あかり「気持ちよくはさせられると思うよぉ」グイグイ

防空棲姫「んふふっ、くすぐったいんだけど」

あかり「くすぐったいくらいがちょうどいいよぉ」

防空棲姫「んふ、んふふふっ、気持ちいいじゃなくてくすぐったいで終わりそうね」
97 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:17:30.72 ID:a4zoeW2Lo
防空棲姫「はぁ、んんっ……」

あかり「指噛むのダメだよぉ。歯形が付いちゃうから」

防空棲姫「噛んじゃだめってぇ、これで……んぅっ……!」

あかり「手は自然にしてて、リラックスだよぉ」

防空棲姫「出来なわいよ、リラックスなんて……あっ……」ピクン

あかり「気持ちよくなってるでしょ? 声出してるし」

防空棲姫「気持ちよくなんかないわ……」

あかり「嘘でしょ? 本当のことを言ってよぉ」グイッ

防空棲姫「はぁぅ……! や、やめ……」

あかり「だめ、やめない。痛いのが好きなくらいなら、エッチなの好きになってくれた方がいいから」

防空棲姫「エッチなのってわかっ、ああんっ……!」

あかり「よいしょ、よいしょ」

防空棲姫「わか、わかった、わかったからぁ……お腹、ひ、ひくひくして、止まらなくなるから、やめてぇ〜!」
98 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:31:53.26 ID:a4zoeW2Lo
防空棲姫「ふぅ、ふぅ……はぁ……何のよもうぅ〜」

あかり「気持ちよかったでしょ?」

防空棲姫「気持ちいいのは気持ちいいけど、そういう性感的な気持ちよさついて来るとは思わなかったわぁ」

あかり「普通のマッサージもできるけど、今回は防空棲姫ちゃんの趣味を変えるためにそっち目にいったんだよぉ」

防空棲姫「本当にお節介焼きな子……」

あかり「だって、悲しいもん。痛みでしか自分を感じられないなんて」

防空棲姫「そういうところにいたんだもの、仕方ないじゃない……私だって、好きでそうなったんじゃない」

あかり「今は違うってこれでわかってもらえた?」

防空棲姫「わかんない。まだ遠いわ」

あかり「じゃあもっとすごいことを……」

防空棲姫「も、今日は終わり! 出てって!」バンッ

あかり「あわわっ、追い出されちゃった。でも、やっと無理してない防空棲姫ちゃんが見られた気がするよぉ」

あかり「さてと、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>52の不知火、プリンツ、卯月、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168、卯月、防空棲姫以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火、プリンツ、伊168、卯月、防空棲姫以外から1〜3人 アイテム:>>15の1、7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168、卯月、防空棲姫以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、卯月、防空棲姫、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 23:35:53.41 ID:1O2cUfC5O
5暁、ビスマルク7
100 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:45:21.78 ID:a4zoeW2Lo
オスカー「にゃ〜」

暁「にゃ〜にゃ〜」

ビスマルク「にゃ〜あ」

オスカー「にゃ〜?」

暁「にゃあ」

ビスマルク「にゃっ」

あかり「四つん這いになって何やってるんですか?」

暁「んにゃっ!? あかり!?」

ビスマルク「ちょっ!? どこから見てたのよ!?」

あかり「入口のところから見てました。というかビスマルクさんも暁ちゃんもスカートなんですから、ちょっとは気を付けた方がいいですよぉ」

オスカー「にゃ〜あ」

あかり「オスカー、遊んでほしいの?」ナデナデ

暁「あ〜! あかりのところ行った!」

ビスマルク「何で飼い主の私を差し置いてあかりのところに行くのよ〜!」

あかり「もしかしてオスカー呼ぼうとしてたんですか?」

ビスマルク「そうよ。気高い猫に懐かれるのもレディーの証よ」

暁「あかりが来なきゃ絶対暁のところに来てた!」

ビスマルク「私のところよ!」

あかり(パンツ丸出しで四つん這いになってにゃ〜にゃ〜言ってるレディーはいないと思うよぉ)
101 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:56:08.84 ID:a4zoeW2Lo
イ級「……」テクテク

あかり「イ級ちゃん、どうしたの?」

イ級「……?」

暁「何でこっち見て首傾げるの?」

ビスマルク「何してたのって聞いてるんじゃない?」

暁「レディーには戦わなきゃいけないときっていうのがあるのよ! 貴女も覚えておきなさい!」

イ級「……?」

あかり「また首傾げてるね」

暁「言葉伝わってるのかしら?」

ビスマルク「深海棲艦同士ならもっとはっきりわかるみたいだけど」

オスカー「にゃあ!」

イ級「……!」コクリ

あかり「オスカーとは通じてるみたいですよ」

暁「深海棲艦は猫だったのかしら?」

ビスマルク「でもあれよね、ほっぽが持ってる艦載機とか猫っぽいし繋がりがあるのかもしれないわ」

あかり「そうなの?」

イ級「……?」

オスカー「にゃあ?」
102 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 00:14:16.64 ID:6OcVLctYo
レ級の尻尾「……」

あかり「尻尾ちゃんも来たよぉ」

暁「尻尾ちゃんっていつまでもそれじゃあ可哀想じゃない?」

ビスマルク「そうね、もっといい名前を考えてあげないと」

あかり「じゃあなんて名前にします?」

暁「尻尾でしょ? テールとか」

レ級の尻尾「……」ペシッ

暁「うわっ、何よ! 気に入らないの?」

ビスマルク「安直だからよ。そうね、レ級の尻尾でしょ? レッポ!」

レ級の尻尾「……」ビシッ

ビスマルク「いったぁ!? 暁より強く叩いたでしょ!?」

暁「安直も安直だからよ!」

ビスマルク「ぐぬぬ、だったらねぇ!」

戦艦棲姫の艤装「ギギギ〜」

イ級「……」クイクイ

あかり「あっ、艤装ちゃんとイ級ちゃんも考えてほしいみたいです」

暁「ちょっと待って順番に……え〜尻尾だから〜」

連装砲ちゃん「きゅ〜!」ピュー

ビスマルク「あっ、こら、今考え事してるんだからあっち行きなさい! あぁ、帽子欲しいなら貸したげるから」

あかり「暁ちゃんとビスマルクさん、皆に好かれてるんだね」

オスカー「にゃあ〜」

あかり「動物に好かれるのは、レディーかどうかはともかく、心優しい証拠だと思うよぉ」
103 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 00:17:10.31 ID:6OcVLctYo
今回はここまでです
次は木曾の好感度100イベントからです

まともな動物がオスカーしかいない気がしますが気にしないでください
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/24(火) 00:53:31.52 ID:ZJhQebFbo
乙です!
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/24(火) 07:55:45.69 ID:F036bzLSo
乙です
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/24(火) 18:35:04.41 ID:1BZ1N05vO
107 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 22:46:01.61 ID:6OcVLctYo
開始します
108 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 22:54:52.13 ID:6OcVLctYo
あかり「そろそろ執務室に戻ろうかな」

あかり「でもちょっと縁側に寄って行こうかな?」

あかり「あれ、電気付いてないのに誰かいる?」

木曾「……」

あかり「木曾さんが寝てるよぉ。帽子顔に被ってるけど、もう被らなくても十分暗くなっちゃってるね」

木曾「……」

あかり「木曾さ〜ん」

木曾「んん〜? なんだよ、姉貴……?」

あかり「球磨さんじゃなくてあかりですよぉ」

木曾「あぁ、なんだあかりか……って、何で俺の部屋に!? って、あれ?」

あかり「ここは木曾さんの部屋じゃなくて縁側ですよぉ」

木曾「あっ、あぁ、そうだった、な……」

あかり「ふふっ、寝ぼけてたんですね」

木曾「寝ぼけるくらい、誰だってあるだろう……」
109 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 23:12:02.02 ID:6OcVLctYo
木曾「何でこんな暗い中に縁側来たんだよ?」

あかり「何となくです」

木曾「相変わらず感覚で生きてる奴だ」

あかり「感覚で生きてますよぉ」

木曾「胸を張るな胸を」

あかり「ふふっ」

木曾「まったく、よく笑うな」

あかり「笑っていたら楽しいですもん」

木曾「本当にキラキラしてるな」

あかり「目がじゃなくてですか?」

木曾「全体的にキラキラしてるな」

あかり「あかりそんなに光ってますか?」

木曾「眩しくて見てられないな」

あかり「ちゃんと見てくださいよぉ」

木曾「無理やり視界に入って来ようとするな!」
110 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 23:25:39.27 ID:6OcVLctYo
木曾「最初に話聞いたときは、可愛い顔してなんてあれな奴だと思ったんだが」

あかり「あれって?」

木曾「あれってのは、あれだよ、ほら……あれだ」

あかり「わかりませんよぉ」

木曾「とにかくあれだ! あれはあれだったけども、それだけじゃないっていうか」

あかり「どれですか?」

木曾「あ〜もう! 察せ!」

あかり「理不尽ですよぉ!?」

木曾「まあ何というか、こう見えてお前のことを結構買ってるってことだよ」

あかり「木曾さんは結構ほめてくれるので、こう見えても何もないですよぉ」

木曾「そ、そうか……」
111 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 23:41:06.05 ID:6OcVLctYo
木曾(最初の頃は触れられるのもあれだったのに、今じゃ一緒に寝られるくらいになってる)

木曾(そんな意識が変わるような大きな出来事があったわけじゃないのに、不思議なもんだな)

あかり「どうかしましたか木曾さん?」

木曾「ん? 俺のあかりに対する好感度っていうのか? それがどうやって改善していったんだろうなって」

あかり「改善するっていうことは、最初は低かったんですか?」

木曾「あれだって言っただろ」

あかり「それだったんですね」

木曾「なんか爆発的に改善するようなことがあったわけじゃないよな?」

あかり「そうですね。何かあったわけじゃないと思いますよぉ」

木曾「むしろあかりと過ごした記憶なんか、本当に日常的な些細なことしか思い出せない」

あかり「一緒に寝るのは結構色んな人としてますからねぇ」

木曾「俺はしてないけどな」
112 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 23:50:28.86 ID:6OcVLctYo
あかり「一緒に暮らしてると、自然にそういいところが見えて来るんですよぉ」

木曾「悪いところも見えて来るだろ?」

あかり「悪いところ見られちゃってますか!?」

木曾「悪いってほど悪くはねぇんだろうが……」

あかり「えっ、何ですか?」

木曾「あれだよ」

あかり「それに逃げないでください!」

木曾「ふっ、こうやってからかってやると面白いのはいいところだな」

あかり「それで好感度上がったんですね」

木曾「ちょっと上がったかもな」

あかり「他には何で上がったんでしょうか?」
113 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 00:02:05.11 ID:rroVF4qbo
木曾「他にはそうだなぁ」

あかり「……」ワクワク

木曾「和室作ってくれたこととか」

あかり「ええっ?」

木曾「なんだよ、何かしてもらったら好感度上がるに決まってるだろ」

あかり「そ、そうですけど、なんだか急に具体的になったので」

木曾「まあ確かにちょっと即物的かもしれないけど、物で釣るってのは結構大事なことだろう」

あかり「物というのも大きすぎますけど」

木曾「まあな。けど、結構嬉しかったぜ。縁側もこうして使わせてもらってるしな」

あかり「作ったのは妖精さんですよぉ」

木曾「妖精を動かしたのはあかりだろ?」

あかり「あかりを動かしたのは木曾さんの嘆願書ですから」

木曾「なら俺自身のおかげってことか。ならこの分の好感度は引いておこう」

あかり「わぁ〜! 引かなくていいですよぉ!」
114 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 00:12:59.68 ID:rroVF4qbo
木曾「眼帯の話もしたっけな」

あかり「ファッションですね」

木曾「そう言われるのはなんというか」

あかり「あれですか?」

木曾「あれだ」

あかり「でも怪我してるんじゃなくてよかったです」

木曾「そうかね。怪我の1つでもある方が、戦士としての箔がつくってもんだが」

あかり「うちに来たの戦い終わった後じゃないですか」

木曾「そこは気にするな」

あかり「今は戦士じゃなくて女の子なんですから。眼帯も似合ってると思いますけどね」

木曾「とはいえ、俺も眼帯を外すと力が解放されるとか思われると困るな」

あかり「力?」

木曾「天龍はそうなんだろ? 眼帯を外すとリミッターが外れるとかなんとか。浜風も実は髪で隠してる目を出すと力が暴走するとかなんとか」

あかり「しませんから騙されてますよぉ」
115 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 00:29:39.97 ID:rroVF4qbo
あかり「木曾さんはわりと天然さんですよぉ」

木曾「そんなことないだろ!?」

あかり「いいえ、天然さんです」

木曾「それ言うならあかりだってそうだろ!」

あかり「あかりはここに来てからしっかり者になりましたよぉ」

木曾「それでしっかり者なら、この世からうっかり者がいなくなるわ」

あかり「ええ〜そんなことないですよぉ!」

木曾「あるね! 絶対ある!」

あかり「むぅ〜」

木曾「まったく……」

あかり「ふふっ……」

木曾「何がおかしいんだよ?」

あかり「木曾さんだって笑ってます」

木曾「あっ、これはだな……」

あかり「楽しいですね、木曾さん」

木曾「まあ、な」

木曾(そうだな。何か大きなことはなくとも楽しい。そうやってずっと好感度が上がり続けてたってことなんだろうな)
116 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 00:30:31.79 ID:rroVF4qbo
今回はここまでです

木曾との交流はちょっと地味目だったかもしれませんがコツコツ積み重ねていく感じも好きですね
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 07:09:26.81 ID:wodQnClao
乙です
118 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 22:44:08.20 ID:rroVF4qbo
開始します
119 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 22:52:33.22 ID:rroVF4qbo
プリンツ「姉様は動物に好かれるんだね」

あかり「心が優しい証拠です」

プリンツ「後は純粋だってところかな?」

あかり「そこもあるかもしれません」

プリンツ「でもあの子達は皆人懐っこいよね」

あかり「イ級ちゃんは前はそうじゃなかったですけどね」

プリンツ「でも今は一番寄ってくるって言ってもいいくらいだよ」

あかり「はい、頑張りました」

プリンツ「えらいえらい」ナデナデ

あかり「えへへ、ほめてもらった後はあかりがほめる番ですよぉ」

プリンツ「ごほうび!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 ケッコン時の約束の履行
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 22:56:32.58 ID:mEH6hxlyo
3
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 22:56:34.17 ID:NSl90YcyO
3
122 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 23:10:52.79 ID:rroVF4qbo
あかり「何がいいですか?」

プリンツ「何がいいと思ってるか当ててみて」

あかり「当てる系ですか?」

プリンツ「当てる系です」

あかり「プリンツさんがしてほしいことですか」

プリンツ「わかるかな〜?」

あかり「……ケッコンしたときの約束を果たしてほしいとか?」

プリンツ「わぁ! よくわかったね!」

あかり「それが一番かなと思ったので」

プリンツ「果たしてくれるの!?」

あかり「え〜っと、あんまり長引くのは不公平ですし……」

プリンツ「え〜! 約束を守るっていう1点だけだよ?」

あかり「その約束が先長いですから」
123 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 23:21:08.66 ID:rroVF4qbo
プリンツ「じゃあね〜一週間に1回は?」

あかり「それくらいならいいかもですけど」

プリンツ「突発的に起こったのは数えないからね!」

あかり「突発的に起こりますか?」

プリンツ「起こるかもしれないよ〜」

あかり「本当にしれないのがちょっと……」

プリンツ「んふふ〜果たせなかったら次週持ち越しだよ」

あかり「そういうルールなんですか!?」

プリンツ「いっぱい溜めるようだったらちゃんと清算に来るからね?」

あかり「あぁ、はい」

プリンツ「ちなみに今日までの分は1日1回で数えてるから」

あかり「今日までの分も含んでるんですか!?」

プリンツ「当たり前だよ〜今日までは毎日って話だったもん」

あかり「今日でだいぶ清算できたんじゃないですか?」

プリンツ「まだまだ全然足りな〜い」

あかり「ええ〜!?」

プリンツ「利子が付かないだけありがたいと思って、ちゃんと清算しに来てね?」

あかり(なんか借金してるみたいだよぉ)
124 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 23:35:02.12 ID:rroVF4qbo
プリンツ「踏み倒そうとしたら押し倒すから覚悟しててね?」

あかり「そんなにしたいんですか?」

プリンツ「したい!」

あかり「断言しないでください!」

プリンツ「だってきっと皆そう思ってるよ。だから私は素直にそう言ってるの!」

あかり「素直すぎるのも考え物ですね……」

プリンツ「それを選んだのはアカリさんなんだから、言ったことの責任はちゃんと取らないとね」

あかり「はぁ、プリンツさんはどうしてそうなっちゃったんですか?」

プリンツ「アカリさんのことが好きになったからだよ!」

あかり「これもこれで愛が重いですよぉ」

プリンツ「アカリさんなら受け止められるよ、大丈夫!」

あかり「まあ、頑張りますよぉ」

プリンツ「ふふ〜手加減はしないからね?」

あかり「ふええ〜……と、とにかく、明日の秘書艦を決めましょう」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>51-52の☆のついている艦娘以外)
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 23:39:03.03 ID:drX29H4VO
離島棲鬼
126 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 23:55:03.12 ID:rroVF4qbo
あかり「アイさんにお願いします」

プリンツ「アイだね、わかった」

あかり「お願いしますね、プリンツさん」

プリンツ「ja 任せておいて」

あかり「……」

プリンツ「……」ニコニコ

あかり「……清算待ちですか?」

プリンツ「ja」

あかり「全体としてはまだ残ってるかもしれませんけど、今日はもう十分じゃないですか?」

プリンツ「ううん。私は一日中でもするつもりだったもん」

あかり「本当にそのつもりだったんですね……」

プリンツ「今ならちょっと吸ってくれるだけで1回分に数えるよ〜」

あかり「触ったりすると色変わるっていうの、関係ないって聞きましたけど心配になりますよぉ」

プリンツ「艦娘だから平気!」

あかり「そんなところまで艦娘万能論使わないでください。排熱は、こうでしたね」カチッ

プリンツ「吸わせやすくて便利」

あかり「そのための機能じゃないですから」

プリンツ「いいのいいの。は〜い、どうぞ〜」プルン

あかり(本当に、赤ちゃんになったみたいだよぉ)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
(>>52の不知火、プリンツ、卯月、〇のついている艦娘以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
(>>52の不知火、プリンツ、伊168、卯月、防空棲姫、ビスマルク、暁以外から1〜3人)
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 23:59:03.79 ID:VcgYkgZJO
5舞風
128 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 00:02:42.33 ID:CTkb3Z1jo
今回はここまでです
次は舞風がバーに来るところからはじめます

たぶん清算してるところは描写されませんけどたまにしてたりしてなかったりすると思います
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/26(木) 00:25:53.14 ID:D7Y5TPDso
乙です
130 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 22:41:42.94 ID:CTkb3Z1jo
開始します
131 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 22:45:14.09 ID:CTkb3Z1jo
妖精(猫吊るし)「お酒が飲めないからミルクを飲んでいたというわけですね」

あかり「違うから! ていうか出てないから!」

妖精(猫吊るし)「まあまあ許してあげてください。艦娘は子供作れませんから」

あかり「あかりは怒ってはないよぉ」

妖精(猫吊るし)「それならよかったです」

あかり「でもあれは子供にする感じじゃないと思う」

妖精(猫吊るし)「気にしてはいけません」

あかり「気にしないようにする」

妖精(猫吊るし)「賢明です。でもあの後にバーを開くんですね」

あかり「いつもごほうびの後に開いてるしね」

妖精(猫吊るし)「今思えば、随分とあれと言いますか、うむ」

あかり「妖精さんまであれ使いだしたよぉ」
132 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 22:54:52.37 ID:CTkb3Z1jo
舞風「踊りに来たよ!」

あかり「飲みにじゃなくて?」

舞風「酒場って言ったらダンサーでしょ」

あかり「静かな雰囲気のバーだから」

舞風「ちぇ〜」

妖精(猫吊るし)「今日はお1人ですね」

あかり「舞風ちゃんだけだよぉ」

舞風「誰もいないなら雰囲気も何もないよね!」

あかり「あかりがいるよぉ」

舞風「あかりは店員さんだからいいの!」

妖精(猫吊るし)「はいはい、とにかくお席にご案内です」
133 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:06:37.71 ID:CTkb3Z1jo
あかり「舞風ちゃんは夜も元気だね」

舞風「夜でも元気だよ〜」

あかり「あんまりうるさくしないようにね」

舞風「防音しっかりしてるから平気だよ」

あかり「まあ確かにだいぶしっかりしてるけど」

妖精(猫吊るし)「だから落ち着いてできるんですね」

あかり「何をかは聞かないよぉ」

舞風「まあ、なに? 一応感謝してるよ。あそこ作ったのも妖精でしょ?」

妖精(猫吊るし)「そうですよ」

あかり「妖精さんの技術力はどこから出て来るんだろう?」

妖精(猫吊るし)「それはですね」

あかり「それは?」

妖精(猫吊るし)「へい、お刺身盛り合わせ一丁!」

あかり「はぐらかされたよぉ」

舞風「たぶん聞いてもわからないし、すごいことできるって覚えとけばいいよね」
134 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:08:33.84 ID:CTkb3Z1jo
舞風「はぁう〜なんか体が暖まって来た〜」

あかり「動いてないのに?」

舞風「動かなくても暖かくなるよ〜」

↓1 コンマ30以上で酔っぱらう
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/26(木) 23:09:34.77 ID:cGvtqCXxO
136 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:16:48.91 ID:CTkb3Z1jo
舞風「うへへ〜」

あかり「これは酔っぱらってるね舞風ちゃん」

舞風「酔ってないですよ〜」

あかり「酔ってるよぉ」

舞風「未成年飲酒とか、しないから。那珂さんに迷惑かかる〜」

あかり「やっぱり酔ってるよぉ。大丈夫?」

>>このレスから四分後に一番近いレス
舞風の酔い方

1 静まる
2 激しく踊りだす
3 あかりを那珂だと勘違いする
4 その他自由に 
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/26(木) 23:20:49.10 ID:XzyStWhJO
1
138 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:37:13.52 ID:CTkb3Z1jo
舞風「……」ピタ

あかり「舞風ちゃん?」

舞風「……」

あかり「常に小刻みに動き続けてる舞風ちゃんが止まった!?」

舞風「……疲れた」

あかり「舞風ちゃんが疲れることあったんだ」

舞風「……ある」

あかり「あるんだ」

舞風「……あるよ」

あかり「静と動の差が激しいよぉ」

舞風「……溜めてる」

あかり「力を?」

舞風「……ん」

あかり「だからあんなに踊り続けられるんだね」

舞風「……回復大事」

あかり「そっか、まあ、しっかり回復してね?」

舞風「……ん。おかわり」

妖精(猫吊るし)(酔ってるんでしょうけど、たまに素でこうなってそうですね)
139 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:45:20.55 ID:CTkb3Z1jo
あかり「アイさんは酔ってもあんまり変わらなさそうですね」

離島棲鬼「それは私の素が酔っぱらってるみたいだって言ってる?」

あかり「言ってません」

離島棲鬼「こう見えてめっちゃ変わるからね! 豹変するから!」

あかり「どんな感じにですか?」

離島棲鬼「正統派美少女に!」

あかり「姿も変わるんですか?」

離島棲鬼「地味にひどくない!?」

あかり「それは冗談ですけど、そんなふうになるんです?」

離島棲鬼「なるなる、なっちゃうよ!」

あかり「じゃあお酒飲んでもらってから秘書艦さんしてもらった方がいいですね」

離島棲鬼「ねぇ、何で私に対してはSなのあかりちゃん!?」
140 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:54:43.51 ID:CTkb3Z1jo
妖精(猫吊るし)「おはようございます」

離島棲鬼「おは妖精」

あかり「おはよう妖精さん」

妖精(猫吊るし)「今日はアイさんが秘書艦ですか」

あかり「秘書艦だよぉ」

離島棲鬼「ただでごほうびが貰えるって聞いてきました」

妖精(猫吊るし)「では早速仕事です」

離島棲鬼「タダじゃないし!?」

あかり「お仕事?」

妖精(猫吊るし)「新しい艦娘さんがお見えです」

あかり「新人さん? また増えるんだね〜」

離島棲鬼「またにぎやかになるわね」

妖精(猫吊るし)「ではお呼びしますね」

離島棲鬼「は妖精」

あかり「どんな子が来るのかな〜」

離島棲鬼「ねぇツッコんで? お願い」
141 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 00:02:40.63 ID:XOXjKwzno
朝風「おはよう! 朝風よ。神風型駆逐艦二番艦、朝風」

あかり「あさか……ぜちゃんだ。おはよう」

朝風「何でちょっと言いよどんだの? 早く覚えなさい! いい?」

あかり「覚えてるから大丈夫」

離島棲鬼「神風の妹ねよろしく」

朝風「貴女は深海棲艦ね」

離島棲鬼「アイっていうの」

朝風「アイ……目?」

離島棲鬼「何で愛情のアイじゃなくてそっち連想するの!?」

朝風「印象的な色してたからついね。んまあ、よろしくね」
142 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 00:14:58.00 ID:XOXjKwzno
神風「妖精に呼ばれて来てみたら、こういう事」

朝風「あっ、神風姉!」

あかり「妖精さんが呼びに行ったんだ」

神風「ここに配属になったのね朝風。あんまりあかりに迷惑かけないように」

朝風「私が迷惑なんてかけるわけないでしょ。神風姉こそかけてない?」

神風「かけて、ないよね?」

あかり「どうかなぁ?」

神風「ちょっと!?」

離島棲鬼「私に対してじゃなくて、今日はちょっとSな日だったのかな?」

朝風「はぁ、やれやれ。個々は私が神風型の評価を上げるしかないようね」

神風「調子に乗らないの。ほら、案内してあげるからついていらっしゃい」

朝風「はい! じゃ、また後でね司令官」

あかり「あかりのことは司令官じゃなくてあかりって呼んで。もしくはあかり姉って」

朝風「呼び捨てしちゃっていいの? じゃあ、あかり」

あかり「姉がよかったよぉ」

朝風「いきなり姉扱いはあれでしょ。ていうか、どう見ても姉って感じじゃないし」

あかり「むぅ、姉になってみせるよぉ」

朝風「あははは、やるだけ無駄でしょうけど頑張ってみれば〜」

神風「もう、朝風! ごめんね、あかり。悪い子じゃないと思うから」

あかり「うん、朝風ちゃん改めてよろしくね」

朝風「は〜いよろしく」
143 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 00:15:36.16 ID:XOXjKwzno
今回はここまでです

VRの朝風とは当然のことですが別人です
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 01:31:00.50 ID:dfJ2OWjlo
おつおつ
145 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 22:48:07.16 ID:XOXjKwzno
開始します
146 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 22:48:37.89 ID:XOXjKwzno
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風
147 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 22:49:39.20 ID:XOXjKwzno
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫  〇離島棲鬼☆
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火☆  木曾
148 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 22:58:34.55 ID:XOXjKwzno
離島棲鬼「神風達の格好いいよね」

あかり「和服ですか? 可愛いですよね」

離島棲鬼「ああいうの着てみるのもいいかも」

あかり「アイさんは洋風じゃないですか」

離島棲鬼「だからたまには和風なのもね」

あかり「和服というか着物でも、着物ドレスって言うんでしたっけ? ああいうのが似合いそうです」

離島棲鬼「あ〜いいよねあれ。那珂が和ロックとか歌うときに着ないかな?」

あかり「那珂ちゃんそういうの歌うんでしょうか?」

離島棲鬼「わりと何でも歌いそうだけど」

あかり「でもああいうの着るなら髪の毛元に戻した方がいいかもしれませんね」

離島棲鬼「そう言えば去年の夏からずっと夏モードのままだった!」

あかり「忘れてたんですね……とにかく、たまには違った服装するのもいいと思います」

離島棲鬼「そうだね、たまにはコスプレもいいものよ」

あかり「それはなんか違うような。置いときますけど、これから何しましょうか」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>146-147〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>146-147から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>146-147から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>146-147から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>146-147の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 23:02:34.38 ID:R1uv0te+O
1朝風
150 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 23:13:37.12 ID:XOXjKwzno
神風「部屋はここね」

朝風「個室あるんだ! いいじゃん!」

あかり「1人1部屋あるよぉ」

朝風「見かけによらず太っ腹だねぇあかり」

あかり「単純にここが広いっていうだけだよぉ」

朝風「確かにここ広すぎだよ。慣れるまで迷っちゃいそう」

あかり「迷ったら誰でも声かければ案内してくれるからね」

朝風「それは負けたみたいでなんかやじゃん?」

神風「誰も貴女と勝負してないから」

あかり「探検するのはいいけどほどほどにね。変なところ入ってしばらく出て来られなかった子もいるから」

朝風「私がそんなんなるわけないじゃないのよ。で、どうして追いかけて来たの?」

あかり「お話ししようかと思って」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 他の神風型について
2 服装について
3 元気だねという話
4 その他自由に
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 23:18:21.01 ID:nn4vpajXo
152 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 23:31:18.72 ID:XOXjKwzno
朝風「私のことそんなに気になっちゃう?」

あかり「気になる」

神風「そうやってすぐ新しい子に飛びつくんだから」

あかり「人聞きが悪いよぉ!」

朝風「まっ、私に一目ぼれしちゃう気持ちもわかるけどね」

あかり「朝風ちゃんも神風ちゃんも和服だよぉ」

朝風「無視かい」

あかり「さっきアイさんと可愛いねって話してたの」

朝風「服装だけが可愛いわけじゃないけども」

神風「朝風、さっきからちょっと態度大きいよ」

あかり「でも堂々としてて知らないところに来て委縮してないみたいでよかったよぉ」

朝風「どこでもすぐ入り込めちゃうのよ私は」
153 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 23:49:01.20 ID:XOXjKwzno
あかり「リボンもちょうちょみたいで可愛いよぉ」

朝風「でっしょ〜?」

神風「リボンも大きいわね」

朝風「態度もリボンも大きくなきゃ!」

あかり「綺麗な青色だね〜」

朝風「目の保養になるでしょう。じっくり見ていいわよ」

神風「色的な意味なのか容姿的な意味なのか」

朝風「どっちもよ!」

神風「言うと思った」

あかり「あはは、朝風ちゃんは気持ちのいい子だね」

朝風(ふぅん、結構神経太そうね)
154 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/28(土) 00:00:29.72 ID:Uh33379Do
神風「あかりは私に洋服を着せようとするけど、自分もこういうの着てみないの?」

あかり「着れるなら着てみたいけどね〜」

朝風「ええっ、赤2人になってバランス悪いじゃん」

あかり「赤2人?」

朝風「私は青でしょ? 神風姉とあかりは赤だから私が除け者っぽいじゃない」

あかり「じゃあ、あかりが青い着物を着ればいいんだね」

朝風「それなら1.5同士になってバランスがいいわね!」

神風「待って。赤が髪だけになるから、やっぱり1.2対1.8くらいにならない?」

朝風「細かっ! そこまで気にする?」

あかり「神風ちゃんは敏感だから」

神風「そこは敏感と違うわよ!」

朝風「あははは、洋服着せようとしてくるんだ? 私は別にこだわりあるわけじゃないし、さっきのアイさんみたいな服とかも着てみたいよ」

あかり「アイさんも朝風ちゃんの服着てみたがってたから、交換だよぉ」

朝風「身長差とか考えな〜」
155 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/28(土) 00:06:15.36 ID:Uh33379Do
今回はここまでです

離島棲鬼の髪形は戻すタイミングがなかっただけで忘れていたわけではないですはい
たぶん忘れられていたとは思いますが
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 00:07:27.76 ID:K5mHIOCto
乙です!
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 16:25:28.29 ID:nQF+sAmTO
158 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 22:43:15.34 ID:Z1Uqo6aJo
昨日はすいませんでした
今日の終わりに小ネタ募集します
あと不知火に◇付け忘れてたので更新します

開始します
159 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 22:43:42.78 ID:Z1Uqo6aJo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風
160 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 22:44:10.15 ID:Z1Uqo6aJo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫  〇離島棲鬼☆
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火◇☆木曾
161 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 22:51:52.04 ID:Z1Uqo6aJo
朝風「あかりとなら交換できるかもね」

あかり「身長同じくらいだもんね」

朝風「私が司令官ってのもいいかもしれない」

神風「私達だって女の子の姿なんだから似合わないわよ」

朝風「私にはなんだって似合うの!」

神風「この子は全く……」

朝風「あっ、そろそろ案内の続きしてもらおうかな。あんまり遅いと日が暮れちゃいそうだし」

あかり「そうだね。引き止めてごめんね朝風ちゃん、神風ちゃん」

朝風「いいのいいの。司令官の人となりっていうのも気になるところだしね」

神風「色々迷惑かけるかもしれないけど、よろしくお願いしますね」

あかり「うん。あかりの方こそかけちゃうかもだけど、よろしくね」

朝風「むしろ私がかけるわけないし、そっちの方が多いかも」

神風「そういうの言動を迷惑に思う人もいるからね?」

あかり「あははは、朝風ちゃんは自信家だよぉ。さてと、これからはどうしようかな」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>159-160の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>159-160の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>159-160の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>159-160の朝風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>158-160の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 22:55:52.05 ID:+ZsS9pThO
4不知火1
163 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:05:10.94 ID:Z1Uqo6aJo
あかり「ぬいちゃん」

不知火「何でしょうか?」

あかり「あめ食べる?」

不知火「何ですか急に」

あかり「陽炎ちゃんにもあげたし、いるかなって」

不知火「不知火には不要です」

あかり「でもこの前陽炎ちゃんに襲われそうになったって言ってなかった?」

不知火「言いましたけど」

あかり「あめであげたときに色々やってもうしばらくはないと思うけど、もしものために上げといた方がいいかも」

不知火「色々とは?」

あかり「え〜っと、色々」
164 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:12:12.27 ID:Z1Uqo6aJo
不知火「このあめ」

あかり「ふしぎな味?」

不知火「ですが、そうではなく。副作用があると聞きましたが」

あかり「うん。なんか練度が一気に上がるから体が凄く敏感になって、熱くなるみたい」

不知火「敏感になって熱く?」

あかり「簡単に言うと、エッチになるみたい」

不知火「……」

あかり「わぁ〜吐き出しちゃだめだよぉ!」

不知火「練度が上がるからといって、そんなものを食べさせないください」

あかり「だって、陽炎ちゃんに対抗できるようにしないと」

不知火「そもそもあかりんが陽炎にあめをあげるからっ……!」

あかり「それはおしおきのためにね」
165 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:41:38.49 ID:Z1Uqo6aJo
不知火「不知火も、おしおきされるようなことしましたか……?」

あかり「ぬいちゃんにはおしおきじゃないよぉ」

不知火「でも、おしおきになるくらい、つら、はぁっ……!」ガクッ

あかり「ぬいちゃん!」

不知火「あぁぁ……本当に熱いし、敏感にっ……」ビクッ

あかり「ぬいちゃん、あかりが――」

不知火「少し、外に出ていてください……」

あかり「どうするの?」

不知火「エッチな、気分になると言ったのは……あかり、んでしょう……」

あかり「1人でするの?」

不知火「そんなこと、聞かないで……」

あかり「あかりがしてあげるよぉ」

不知火「だ、だめっ……!」ギュッ

あかり「どうして?」

不知火「どうしてって、そんなのっ、うっ……!」

あかり「あかりは、ぬいちゃんがそうなるって知っててここに残ってたんだよぉ。そうなったぬいちゃんの相手をするために」

不知火「あかりん……」

あかり「大丈夫、あかりに任せといて。慣れてるからね」

不知火「いや、だ……」

あかり「まだいやなの?」

不知火「はじめて、がこんなっ……病気の介護、みたいな感じ、じゃ……やだ……」

不知火「もっと、ちゃんと……い、あぁっ……!」

あかり「ぬいちゃん……」

不知火「はぁっ、はぁ〜……」

あかり「介護だなんて思ってしてないよぉ。あかりはね、ぬいちゃんのこと好きだよ」

不知火「あかっ、んっ――」

あかり「……」チュッ

不知火(キスされた……!? あかりんの舌が不知火の口の中に……キスって、唇だけでするものじゃ……ないんだ……)

あかり「……はぁ。今までだって、病気の介護だとか思ってやってたことなんかないよぉ。仕方ないって自分を誤魔化してたことはあったけど」

あかり「もうそれはやめようと思ったから。あかりはね、ぬいちゃんと……エッチしたいの」

不知火「……っ!?」

あかり「だから、ぬいちゃんもそういう気持ちでいてね……」

不知火「ま、待って……」

あかり「まだ何かあるの?」

不知火「不知火は、まだ言ってません……あかりん、が、好き、です……して、ください……」

あかり「うん。いっぱい気持ちよくしてあげるからね」
166 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:49:39.27 ID:Z1Uqo6aJo
離島棲鬼「またふしぎなあめ誰かに使ったの?」

あかり「使いましたよぉ」

離島棲鬼「ふぅん……」

あかり「どうしたんですか?」

離島棲鬼「いや、なんて言うか……」

あかり「なんて言うか?」

離島棲鬼「ライトちゃんとして知ってた頃からだいぶ変わったというか、自分から行きはじめたなって」

あかり「あめのときは大抵自分からですよぉ」

離島棲鬼「いや、それだって最初は逃げようとしてたでしょ。なんかこう、生娘が穢された感じ? なんというか、こうゾクゾクするわねぇ」

あかり「あかりは穢れたとか思ってませんよぉ。愛情を皆が望む形で返してあげられるようになったんですから」

離島棲鬼「そ、そういう考え方なんだね」

あかり「というか、最初逃げようとしてたところまで知ってるんだね……京子ちゃん」

離島棲鬼「冷静に考えるとだいぶえげつない……っていうのは忘れて昼から何するか考えましょう!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>159-160の朝風、不知火、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>158-160の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 23:54:39.58 ID:2xHIneH8O
3 z3 プリンツ ビスマルク 3
168 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:58:07.44 ID:Z1Uqo6aJo
今回はここまでです
次はドイツ艦達と街に出るところからはじめます

不知火とはこれがはじめて、のはずですね
小ネタでは陽炎に先にされてますけど本編ではあかりが最初です

↓1〜2で小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 23:59:03.21 ID:kZvxn1mVO
朝風も鎮守府に着任したんだしこの前のエロゲの続きで朝風ルートも攻略お願いします
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 23:59:26.70 ID:b/rvc8EHO
>>75の続き
171 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 22:45:18.09 ID:Bl3bNXLSo
開始します
172 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 22:49:46.22 ID:Bl3bNXLSo
Z3「街にですか?」

プリンツ「一緒にお出かけ! 行く!」

ビスマルク「しょうがないわね、付き合ってあげる」

あかり「ありがとうございます」

ビスマルク「で、どうやってドイツまで行くの?」

あかり「いや行きませんよ!」

ビスマルク「何でよ。このメンバーでドイツじゃないっておかしいでしょ」

プリンツ「姉様、さすがに天然が過ぎます」

Z3「街に出るんですね。少し支度をします」

ビスマルク「あの出撃に使ってた船使えば一瞬で行けるでしょうに」

あかり「そこは忘れてください」
173 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 23:09:39.22 ID:Bl3bNXLSo
プリンツ「どこ行くの〜?」

あかり「どこ行きましょうか」

ビスマルク「相変わらず決めてないのね」

あかり「皆で一緒に遊びたいというのが一番ですから」

Z3「それなら鎮守府から出なくてもできますけどね」

プリンツ「そうだね〜プールとかあるし」

あかり「お外に出るのがいいんです!」

ビスマルク「そうよ! 鎮守府の中で完結できるとはいえ、籠ってるのは体に悪いわ!」

Z3「ビスマルクはやけに外出に乗り気ですね」

プリンツ「ビスマルク姉様は外出ではしゃいじゃうタイプだから」

ビスマルク「行く場所は私が決めていいかしら?」

あかり「候補は決めていいですよぉ。プリンツさんとマックスちゃんにも聞きますから」

ビスマルク「私はね、あそこ行きたいわ。ゲーセン!」

あかり「ゲームセンターですか?」

ビスマルク「そう。秋月とか春雨とかが楽しいって言ってるもの」

あかり「ビスマルクさん達が行ったら浮いちゃいそう」

ビスマルク「いいじゃないの目立つなら」

Z3「目立ちたいだけみたいですね」

あかり「プリンツさんはどこがいいですか?」

プリンツ「私は車の中で皆でエッ――」

あかり「マックスちゃんは?」

Z3「わ、私は……服を……」

あかり「お洋服?」

Z3「いえ、下着……」

あかり「えっ?」

Z3「い、以前駆逐艦は皆あかりに選んでもらったと聞いたので! わ、私も……」

ビスマルク「そういえばそんなこともあったわねぇ」

あかり「パンツだからはずかしくなっちゃうけどいいの?」

Z3「そこはいいんですよ」

プリンツ「ねえ、アカリさん! 認めるんじゃなかったの!?」

あかり「あかりはあかりの気持ちを認めましたけど、だからって何でもするわけじゃないんです」

ビスマルク「プリンツ、貴女ちょっと思考が下品になりすぎよ」

Z3「もう少し貞淑にしてください」

プリンツ「やだ〜! これくらいしないとアカリさん乗って来ないもん〜!」

あかり「はぁ、どこにしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 ゲーセン
2 カー××××
3 ランジェリーショップ
4 その他自由に
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/30(月) 23:13:39.03 ID:A/pzrT+bO
175 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 23:28:44.02 ID:Bl3bNXLSo
プリンツ「実力行使〜!」ガバッ

Z3「うわっ!」

ビスマルク「ちょっと、プリンツ! 狭いんだしまだ走ってんだから暴れないで!」

プリンツ「関係ないです〜」

ビスマルク「ああんもう! あかり! おっぱい吸って静かにさせて!」

あかり「ええっ!? そうやって静かにさせるんですか!?」

Z3「そうしないと静まらないので」

あかり「もう、しょうがないですね」

プリンツ「おいで〜」

あかり「はいはい……」パカッ

ビスマルク「排熱機構を変な風に使いこなして……」

プリンツ「いいんです。アカリさんの口に熱が移るんです」

Z3「むしろあかりの熱が胸に籠りそうですが」
176 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 23:38:45.73 ID:Bl3bNXLSo
プリンツ「んっぅ……アカリさん、私を喜ばせる吸い方覚えたね」

あかり「これだけしてれば覚えます」

プリンツ「よしよし、いい子〜」ナデナデ

あかり「やめてください……本当に赤ちゃんになった気分になります」

プリンツ「赤ちゃんはこんな吸い方しないから。私はこういう吸い方をするアカリさんをほめてるんだよ〜」

あかり「プリンツさんったら……」

プリンツ「んふふっ、んんぅ……! はぁ……」

ビスマルク(さっきよりは声的には静かになったんでしょうけど)

Z3(性的にうるさい……気になる……)

ビスマルク(そりゃケッコンするとき、ああ言ったんだしやることやるんでしょうけどね)

Z3(あまりこう見せつけられると、湧き上がってくる気持ちをどう処理すればいいのか)

妖精「……」キキィー

あかり「わぁっ!?」グラッ

ビスマルク「……っ!」ムニッ

プリンツ「ああっ、アカリさん!」
177 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 23:57:41.07 ID:Bl3bNXLSo
プリンツ「姉様〜アカリさんこっちに〜」

ビスマルク「……」

あかり「ビスマルクさん?」

ビスマルク「ええい! 私だってケッコンしてんのよ!? 横でそんなの聞かされて黙っておけるわけないじゃないの!」バサッ

あかり「ビスマルクさんもですか!?」

プリンツ「やっぱり姉様も人のこと言えませんね」

ビスマルク「あんたに当てられたのよ! まったく……ほら、私のもしなさいよ」

あかり「えっと……はい」パクッ

ビスマルク「んんぅ……ほんっとにもう! プリンツのせいでドイツ艦が胸吸われるの好きとか思われたらどうするのよ……」

プリンツ「好きだって顔と声で言われてもって感じですよ姉様」ツンツン

ビスマルク「ばっ……! やめなさいよ、胸突かないで……」

プリンツ「こっちも吸いやすくしとかないといけませんからね〜」

ビスマルク「ちょぉっ、まぁっ、はぁぁっ……」ビクン

Z3「……」
178 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 00:12:00.72 ID:b8Mk1ENNo
妖精「……」グルン

Z3「あっ、わぁっ……!」

あかり「マックスちゃんも? しょうがないね」

Z3「いや、私は……」

Z3(あかりが完全に出来上がってる目だ……)

プリンツ「じゃあしばらくは私がお相手しますね姉様」

ビスマルク「プリンツ、やめなさいって……!」

プリンツ「ふっふっふ〜この狭い車の中からは逃げられませんよ〜」

あかり「マックスちゃんはいつも静かだけど、これでもう少し静かになるかな?」

Z3「あ、あああっ……! これで、静かにできるわけない……!」

Z3(こんな狭い車内で、何をしているんでしょう私達は……)

ビスマルク(すぐ外に人が、いるっていうのに……!)

プリンツ(たまには皆でというのもありだね)

妖精「……」ヤレヤレ
179 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 00:12:56.70 ID:b8Mk1ENNo
あともう少しだけ続きますが今回はここまでです

普通は止めてするものだと思いますが走行中です
危ないので真似してはいけません
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/31(火) 00:40:27.52 ID:i1HOSz4So
乙です
181 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 22:42:25.13 ID:b8Mk1ENNo
開始します
182 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 22:58:10.79 ID:b8Mk1ENNo
妖精「……」

あかり「ゲームセンター着きましたけど、どうします?」

ビスマルク「はぁ、はぁ……これで、いけると思うの?」グタ

プリンツ「ふふっ、止まったから……もっとやりやすくなった」

Z3「こんなに、吸われては……下着を付けるのにも、苦労、しますから……」

妖精「……」ガチャ

あかり「あっ、妖精さん」

Z3「あまりシートを汚さないように、だそうです……」

あかり「あぁ、気を使わせちゃってるね……」

ビスマルク「プリンツは、本当にっ……もう……」

プリンツ「いいじゃないですか、皆ケッコンしたんですし……そういうことするのも……」

Z3「普通しませんよ……」

プリンツ「普通じゃないことをするから、特別な関係なんです……」

あかり「それは、そうですけど……」

プリンツ「んふふっ……仕切り直しだね。アカリさん、どのおっぱいから吸う?」ムニュ

ビスマルク「はぁ、はぁ……」プルン

Z3「んっ……ぁぁ……」ツン

あかり(これもある意味でゲームみたい……なんて……)
183 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 23:10:22.02 ID:b8Mk1ENNo
離島棲鬼「ゲーセン行ってたの?」

あかり「あっ、はい。行きました。一応」

離島棲鬼「一応? とにかく、今度は私とも行こうよ〜」

あかり「アイさんも目立ちそうですね」

離島棲鬼「ドイツ艦の子と行ってたんだっけ? 目立ってたでしょ。肌白いし」

あかり「えっ? ま、まあ、肌の白さはよくわかりましたけど」

離島棲鬼「いやあかりちゃんがわかるんじゃなくて。というかそこはお前の方がもっと白いだろってツッコむところでしょ!」

あかり「いいんですかそこツッコんで?」

離島棲鬼「別に気にしてないし。ていうか、アルビノっぽくてカッコいいじゃん! 大体物語のキーか主人公くらいの立ち位置だもんアルビノ」

あかり「確かになんか重要キャラっぽいですよね」

離島棲鬼「めっちゃくどい中二病みたいな言い回しすんの!」

あかり「一時期してましたね」

離島棲鬼「忘れて! 私の黒歴史を呼び起こさないで!」

あかり「黒歴史になる早すぎですよぉ」

離島棲鬼「乙女は育ちざかりなのよ! で、これからはどうしよっか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>159-160の朝風、不知火、Z3、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>158-160の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/31(火) 23:14:26.99 ID:XaUtmy+PO
4離島棲鬼7
185 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 23:20:27.89 ID:b8Mk1ENNo
あかり「もう1度遊びに行くのも遅い時間ですからね」

離島棲鬼「じゃあ執務でもする? もうほとんど片づけたけど」

あかり「それよりも、これです」

離島棲鬼「えっ?」

あかり「ケッコンですよぉ」

離島棲鬼「あぁ、なんか1日1ケッコンみたいなノルマがあるもんね」

あかり「それはないですけど、しようかなって」

離島棲鬼「次は誰とするの?」

あかり「アイさんです」

離島棲鬼「アイさんね……私!?」

あかり「他にいませんよぉ」
186 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 23:41:26.56 ID:b8Mk1ENNo
離島棲鬼「いやぁ、ついに私の番が回って来ましたか〜正直ほっぽより早くなるとは思わなかったわ」

あかり「ほっぽちゃんはケッコンって言ってもよくわからないと思いますから」

離島棲鬼「いや、よくわからないなりにしたがってるみたいだよ。わるさめが指輪見て喜んでるの羨ましそうにしてるし」

あかり「それ指輪欲しがってるだけじゃなくてですか?」

離島棲鬼「仲良しの証だって言ったら欲しいって」

あかり「ほっぽちゃんだけ仲間外れにはしませんけど、なんだかちょっと違いますよぉ」

離島棲鬼「でもダイソンよりも早いなんてね」

あかり「ダイソンさんはあんまり気にしないかなと思いまして」

離島棲鬼「何を?」

あかり「順番とか。アイさんは一番最後になったらすごく拗ねそうなので」

離島棲鬼「そんな理由なの!?」

あかり「順番にそんなに深い意味はないっていつも言ってますよぉ」

離島棲鬼「だからってそれはなんかやだなぁ」

あかり「拗ねそうだからという以前に、アイさんが好きだからするんですよ」

離島棲鬼「あっ、そ、そう……えへへ……」
187 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 23:49:02.59 ID:b8Mk1ENNo
離島棲鬼「ねぇ、この書類さ」

あかり「はい?」

離島棲鬼「アイって書いて受理される?」

あかり「わるさめちゃんはわるさめで受理されてましたよぉ。というか妖精さんがわかれば何でもいいと思います」

離島棲鬼「私にとってはわりと重要なことだよ!」

あかり「自分で付けた名前ですもんね」

離島棲鬼「そう。離島棲鬼じゃなくて、アイ。それが私の名前」

あかり「アイランドのアイですよね」

離島棲鬼「アイだけでも色々な意味を持ってるし、それだけじゃないのよ!」

あかり「愛情のアイですか?」

離島棲鬼「専らそれで通してる!」

あかり「アイさんは色んなものを好きになりますし、似合ってると思います」

離島棲鬼「愛多き女アイ。でも、愛深き女でもあるんだよ」

あかり「そんなに深くは感じませんけどね」

離島棲鬼「そんなっ! こんなにも愛しているというのに!?」

あかり「あははは、あかりのことでいいんですね」

離島棲鬼「当たり前でしょ! ここで他の人の名前出すとか私でもしないからね!」

あかり「ありがとうございます、アイさん」

離島棲鬼「ありがとうよりも?」

あかり「愛してます」

離島棲鬼「うん! 私も!」
188 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 00:03:20.62 ID:HEnj9e+Ko
離島棲鬼「えへへ〜」

あかり「わるさめちゃんもそうやって喜んでたから、ほっぽちゃんが興味持ったんですね」

離島棲鬼「傍目から見ても嬉しそうってのがわかったからね」

あかり「今もわかりますよぉ」

離島棲鬼「わかっちゃう? わかっちゃうか〜」

あかり「分かっちゃいました」

離島棲鬼「ふふっ、うん。嬉しい、素直に」

あかり「なら、あかりも嬉しいです」

離島棲鬼「ずっと夢見てた世界に入って来られて、そこでもっと幸せな夢を見られてる」

あかり「夢じゃなくて現実ですよぉ」

離島棲鬼「夢のように幸せだよってこと!」

あかり「でも、夢のように消えたりはしませんから」

離島棲鬼「うん。それが、夢みたいだって」

あかり「ふふふっ、夢じゃないのが夢みたいだって、不思議ですね」

離島棲鬼「言葉って不思議だね本当に。だから、面白い」

あかり(アイさんは純粋に言葉が好きだから小説を書くのかな?)

離島棲鬼「これがごほうびみたいなものだけど、まだもらえるんだよね?」

あかり「もらえますよぉ。何がいいですか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 一緒にアニメを見る
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 00:07:20.43 ID:7k2nZa2QO
190 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 00:19:06.16 ID:HEnj9e+Ko
今回はここまでです
次は離島棲鬼と××するところからです

小ネタでキャラを考えたときはこうして本編に出て名前まで付けられるとは思ってませんでしたね
深海棲艦は正直オリキャラみたいなものなのであまり出張らせると反感を受けるかなと思いましたが、
特にそういったこともなくここまで来られて、安心しております
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 00:20:30.06 ID:/5cRVL/0O
おつ
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 00:39:47.47 ID:Rc+B8dBdo
乙です、ほっぽちゃんもケッコン対象にしてよかったのね
193 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 22:46:26.60 ID:HEnj9e+Ko
>>192
でもエロ系の話には極力いかないようにすると思うのでご了承ください

開始します
194 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 22:56:54.07 ID:HEnj9e+Ko
離島棲鬼「ええっ、何がいいかなぁ」

あかり「アイさんのしてほしいことでいいですよぉ」

離島棲鬼「どうしよっかな〜」

あかり「ないなら無理にとは言いませんけど」

離島棲鬼「いや待って! 考える時間短すぎでしょ!?」

あかり「ふふふっ、ちゃんと待ってますので」

離島棲鬼「じゃあね〜ケッコンもしたし〜その〜ね?」

あかり「はい」

離島棲鬼「アイさんの愛を確かめたいと思いませんか?」

あかり「いいえ」

離島棲鬼「酷い!」

あかり「確かめなくてもわかってますから」

離島棲鬼「っ、そ、そう……いやでもね、行動で示すって大事だと思うんだ!」

あかり「それはわかりますよぉ。行動したいんですか?」

離島棲鬼「いい、かな?」

あかり「ごほうびですから」
195 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 23:15:47.48 ID:HEnj9e+Ko
離島棲鬼「えっと、まずはキスから……」

あかり「はい……」

離島棲鬼「んっ……」チュ

あかり「……」

離島棲鬼「……はぁっ、じゃあ服脱がせるね」

あかり「……ん」

離島棲鬼「よいしょっと……わたしも脱いでっと……」

あかり「なんか、すごい普通ですね……」

離島棲鬼「普通って?」

あかり「いえ、何ていうか、あかりが……想像してたエッチ、っていうのがこんな感じで……」

離島棲鬼「あかりちゃんもしてたんだそんなこと」

あかり「し、しますよそれくらい!」

離島棲鬼「それが今じゃ、普通じゃないプレイに傾倒しちゃって」

あかり「別に変なことばかりしてるわけじゃないですよぉ! でもなんだか、こうキスして、服脱いで〜ってやってると……」

離島棲鬼「やってると?」

あかり「逆になんだか、してるな〜って気がして、はずかしい、というか……」

離島棲鬼「逆になんて言えちゃうくらいの経験者なんだね〜」

あかり「い、言わないでくださいよそれは!」

離島棲鬼「まあ、なんか変なところ行っちゃったのを初心に帰ってね。普通に愛し合っちゃおうよ」

あかり「……はい」

あかり(あかりの初心は色々と激しかったんですけどね……)
196 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 23:24:20.00 ID:HEnj9e+Ko
離島棲鬼「ね、気持ちよかった?」

あかり「気持ちよかったですよぉ」

離島棲鬼「よかった。変態的なプレイでしか感じられない体になってなくて」

あかり「なりませんよそんなの」

離島棲鬼「むしろ変態的なプレイしてるから、一般的なのをより感じられるように……」

あかり「やめてください〜」

離島棲鬼「ふふっ、私ももっとすごいことやっちゃわないと」

あかり「ちゃわなくていいです。あっ、そろそろ明日の秘書艦さん決めましょう」

離島棲鬼「ええ〜もうちょっとピロートーク楽しもうよ〜一番楽しいところでしょ」

あかり「それはまた今度です」

離島棲鬼「むぅ〜まあしょうがないけど。で、明日は誰にするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>159-160の☆のついていない艦娘)
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 23:28:20.78 ID:Jg6ZeW4eO
朝風
198 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 23:38:37.37 ID:HEnj9e+Ko
あかり「朝風ちゃんにお願いしますよぉ」

離島棲鬼「朝潮?」

あかり「朝風ちゃんです」

離島棲鬼「あぁ、新入りの子ね。わかったわ伝えておく」

あかり「お願いしますね、アイさん」

離島棲鬼「ん、最後の仕事頑張るよ」

あかり「最後の仕事終わってからごほうびの方がいいですか?」

離島棲鬼「いや、一旦寮に行ってからまた戻ってこないといけなくなるし」

あかり「そうですよね」

離島棲鬼「それじゃあ、おやすみなさいあかりちゃん」

あかり「おやすみなさい、アイさん」

離島棲鬼「……ふぅ、今日はいい感じに過ごせたんじゃないかしら?」

離島棲鬼「ケッコンもできたし、ごほうびも……んふふふ〜ダイソンに自慢しちゃお〜」

あかり「あんまりしつこくケッコンした〜って言って、ダイソンさん怒らせないといいけど」

あかり「さてと、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3、離島棲鬼、〇のついている艦娘以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
(>17)
5 バー
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3、離島棲鬼以外から1〜3人)
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 23:42:36.74 ID:MrwwfUgDO
2レ級
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 23:42:39.28 ID:mvC4waL3O
2駆逐棲姫
201 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 23:51:57.84 ID:HEnj9e+Ko
あかり「今日はレ級さんいるかな?」

レ級「いるぞ〜」

あかり「わぁっ!? なんで後ろにいるんですか!」

レ級「今帰って来たから」

あかり「おかえりなさい」

レ級「ただいま〜そしていらっしゃい〜」

あかり「おじゃまします〜」

レ級「で、あかり何しに来たの? 空き巣?」

あかり「違いますよ! なんでそんなことしなきゃいけないんですか!」

レ級「取られるようなの特にないしね〜」

あかり「あっても取りませんから。お泊りしに来たんです」

レ級「お泊り? ここいてもあんまりおもしろくないよ」

あかり「そんなことないですよぉ」

レ級「まあ、あかりがそうしたいならいいけどね〜」

あかり「あっ、ところでレ級さんって寝るときどうするんです?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1  普通のパジャマ
2  浴衣
3  ベビードール
4  ネグリジェ
5  ガウン
6  着ぐるみパジャマ
7  着ない派
8  普段の服
9  ジャージ
10 下着
11 その他自由に
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 23:55:57.89 ID:yCpVC/EvO
203 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 00:01:44.49 ID:ily1PYloo
今回はここまでです
次はレ級と一緒に寝るところからはじめます

気が付いたらもう11月とは時間が過ぎるのがだいぶ早く感じるようになってきました
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/02(木) 00:09:10.24 ID:r7q4LE+ko
乙です
205 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 22:42:33.75 ID:ily1PYloo
開始します
206 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 22:51:20.01 ID:ily1PYloo
レ級「どうって?」

あかり「どういう服着るのかなって」

レ級「こういうの!」

あかり「サメさんですか?」

レ級「サメじゃなくてシャチだよ」

あかり「シャチさんですかぁ」

レ級「シャチ強いんだよ! サメも食っちゃうんだから」

あかり「クジラさんよりも強いんですか?」

レ級「強いってアイが言ってた!」

あかり「シャチさんすごいんですね」

レ級「でも私の方が強い!」

あかり「まあ、レ級さんと比べたらそうですよぉ」
207 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:02:06.12 ID:ily1PYloo
あかり「レ級さん、まだ寝ないんですか?」

レ級「あと一冊読んでから〜」

あかり「漫画も好きになったんですね」

レ級「面白いもん。アイがいっぱい持ってたから借りてる」

あかり「興味持ってくれてよかったです」

レ級「んふ〜読んでると自分でやってみたくなるよね〜」

あかり「わかりますよぉ。どんなの読んでるんですか?」

レ級「ん〜一回死んで異世界行って戦いまくるの」

あかり「それはやってみたくないですよぉ!」

レ級「え〜いいじゃん、楽しそうだよ。魔物相手ならどか〜んってやっても感謝されるだけだし!」

あかり「魔物さんが可哀想ですからやめてあげてください」

レ級「雑魚狩ってるより川内とか強いのと戦ってる方が好きだけどね〜」

あかり「あはは、戦い好きは変わりませんね」
208 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:13:14.69 ID:ily1PYloo
レ級「電気消すぞ〜」

あかり「は〜い」

レ級「あかりは髪の色が目立つから電気消えてもよく見える」

あかり「見えてますか?」

レ級「見えてるぞ〜ここだ〜!」ガバッ

あかり「きゃあっ! あははっ、くすぐったいですよレ級さん!」

レ級「くすぐってるから当たり前〜」コチョコチョ

あかり「あはははl、はぁ〜、あかりはくすぐりに弱いんですからやめてください」

レ級「弱点を付くのが戦いの基本だ〜」

あかり「んふふ〜戦いじゃないですよぉ!」

レ級「んん〜! 楽しいな、こういうのも!」ワシャワシャ

あかり「ふふっ、楽しいことはすぐそこにいっぱいありますから」

レ級「うん! ありがとな〜あかり〜!」

あかり「いいえ、あかりも楽しんでいますから、あかりの方こそありがとうです」
209 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:20:37.68 ID:ily1PYloo
朝風「夜にそんなはしゃぐとかよくわかんないわね」

あかり「朝風ちゃんは朝元気なタイプ?」

朝風「そりゃ寝て起きたばっかりで、元気が有り余ってる状態でしょ?」

あかり「寝起きは元気出せない人もいるよぉ」

朝風「それじゃ二流ね。朝元気にやって、夜に騒がず眠る。この流れが普通なんじゃないの」

あかり「確かにね〜言われるとそうなのかもね」

朝風「でしょう? これが正しい生活のリズムっていうやつよ。あかりもちゃんとリズムを取っていきなさい」

あかり「は〜い」

朝風「よろしい! それじゃあ、朝の体操から!」

あかり「いや、あかり毎朝ランニングしてるから」

朝風「元気でいいじゃない! 見込みあるわよ!」

あかり「見込まれちゃったよぉ」
210 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:21:05.38 ID:ily1PYloo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風☆
211 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:21:50.38 ID:ily1PYloo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火◇☆木曾
212 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:28:32.63 ID:ily1PYloo
朝風「で、何すればいいの?」

あかり「秘書艦はね〜特にすることないんだよぉ」

朝風「はぁ?」

あかり「もうお仕事もあんまりないからね。ただ何となく毎日秘書艦さん決めてごほうびあげてるんだよぉ」

朝風「何もしてないのごほうびあげてるの? 変なの」

あかり「あかりと一緒にいてくれてありがとうというごほうびかな?」

朝風「ふ〜ん、よくわからないけどこの有り余った元気はどこにぶつければいいのよ?」

あかり「書類が少しだけあるけど」

朝風「貸しなさい! 私が片づけとく!」

あかり「あかりのハンコが必要なのもあるからね」

朝風「あかりのハンコを使えば私が押しても問題ないでしょ」

あかり「それはダメだよぉ。ちゃんと見るから避けといてね」

朝風「真面目ねぇ〜で、あかりはどうするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>210-211の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>210-211から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>210-211から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>210-211から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>210-211の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/02(木) 23:32:33.24 ID:z8wlPmS2O
1朝風
214 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:41:23.81 ID:ily1PYloo
あかり「朝風ちゃんが頑張ってるところ見てる」

朝風「ええっ? 気が散るんだけど」

あかり「あかりはいても気が散らないタイプだから」

朝風「いや、私の話よ」

あかり「そう。だからあかりはいても気が散らないと思うよぉ」

朝風「はい?」

あかり「でも今は朝風ちゃんと仲良くなりたいから散らしちゃうね」

朝風「よくわかんないけど交流しようってわけ? このペースでやってたら瞬殺しちゃうしいいわよ」

あかり「ありがと、朝風ちゃん」

朝風「どういたしまして。で? どうするの?」

あかり「どうしようかなぁ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 他の神風型について
2 神風について
3 元気だねという話
4 その他自由に
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/02(木) 23:45:24.27 ID:DokKQF3jO
2
216 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:58:53.75 ID:ily1PYloo
あかり「うちの神風ちゃんどう?」

朝風「ん?」

あかり「お姉ちゃんのこと、どう思ってるのかなって」

朝風「どう思うって、まだ艦娘としては会ったばかりだから何とも」

あかり「第一印象は?」

朝風「第一印象ねぇ……こんな感じかなぁって思ってた通りだったかな」

あかり「知識があるんじゃなかったっけ?」

朝風「そりゃあるけど、実際に見るのとは違うでしょ。思ってた通りの人だったって感じ」

あかり「思ってた通りに真面目だった?」

朝風「だね。優等生っていうか、品行方正っていうか。そんな感じ」

あかり「品行方正、神風ちゃんがね……」
217 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 00:08:04.97 ID:rYca/NQTo
朝風「でもケッコンしてるんだよね」

あかり「してるよぉ」

朝風「そこだけイメージと違ったかな」

あかり「してないと思った?」

朝風「まあね。何があったかは私の知るところじゃないけど」

あかり「お姉ちゃんとケッコンしてるんだから、あかりのことお義姉ちゃんって呼んでくれてもいいんだよ?」

朝風「ケッコンと結婚は違うでしょ。カッコカリよカッコカリ」

あかり「むむ〜」

朝風「だって大和さんともしてるんでしょ? 武蔵さんからお姉ちゃんって呼ばれたいの?」

あかり「武蔵さんはお姉ちゃんの方ですから」

朝風「ほら。だから私も呼ばない」

あかり「朝風ちゃんは強敵だよぉ」
218 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 00:25:21.49 ID:rYca/NQTo
朝風「逆にそっちに神風姉がどうなのか聞きたいんだけど?」

あかり「あかりに?」

朝風「ケッコンするくらいの仲なんだしさ」

あかり「ん〜神風ちゃんはね〜」

朝風「神風ちゃんは?」

あかり「真面目なのは真面目だと思うよぉ」

朝風「それは知ってる」

あかり「あと敏感」

朝風「それ昨日も言ってたけど何なの?」

あかり「敏感なんだよぉ」

朝風「はぁ、そうですか」

あかり「色々やったけど、やっぱり一緒にいて楽しい子なの。あかりは大好きだよぉ」

朝風「そ、そう」

朝風(大好きとかよく臆面もなく言えるな。そこまで神風姉が好き? いや、そういう子なのか)
219 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 00:26:01.13 ID:rYca/NQTo
今回はここまでです
次は小ネタからです

シャチが人間襲わないのはガセだという説も聞きますがどうなんでしょうね
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 10:35:21.73 ID:/NonQO3ZO
乙です
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 13:34:53.88 ID:o8YfLUCVo
http://www.arrow-arrow.com
222 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 22:45:10.15 ID:rYca/NQTo
開始します
神風型VRの朝風編の小ネタから
223 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:01:45.88 ID:rYca/NQTo
あかり「妖精さん」

妖精(猫吊るし)「ようこそお越しくださいましたあかりん」

あかり「そのあだ名妖精さんも使うんだね」

妖精(猫吊るし)「意外にしっくり来ましたので。今日は前にプレイされたゲームの続きですか?」

あかり「そのつもりだったけど、他にどんなのがあるの?」

妖精(猫吊るし)「そうですねぇ。基本的にここの鎮守府にいらっしゃらない艦娘が出て来る物が多いですよ」

あかり「そうなんだ?」

妖精(猫吊るし)「VRと現実を混同してしまう恐れがありますし、どうせなら普段は交流のない方と交流する方がいいでしょう?」

あかり「そうかもしれないね」

妖精(猫吊るし)「空に浮かんだ島々に人間が暮らす世界で、魔物を召喚できる力を持った高雄さんと命を共有して空の果てを目指す物語とか」

妖精(猫吊るし)「羽黒さんと共に歪んでしまった過去に飛び、英雄達と敵対したり協力し合ったりして、人類の滅亡を止めるために戦う話とか、そういうのです」

あかり「なんかあからさまに元ネタありそうな話だね」

妖精(猫吊るし)「お気になさらず。それで、どうしましょう?」

あかり「今日はこの前の続きから!」

妖精(猫吊るし)「はいはい。では、こちらにどうぞ」

あかり「よいしょ」

妖精(猫吊るし)「しかし、自分からエロゲ――もとい、過激な内容のゲームを続けに来るとは思いませんでした」

あかり「話の続き気になるだけ! ちゃんとエンディングまでは見るよぉ」

妖精(猫吊るし)「そうですか。では、頑張ってノーコンティニューでクリアしてくださいね」

あかり「えっ!? ゲームオーバーあるの!?」
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 23:04:53.80 ID:2NEgHivGo
ゲームオーバーもといバッドエンドだと刺されそう
225 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:11:52.68 ID:rYca/NQTo
あかり「んん〜……ここは?」

神風「……すぅ」

あかり「神風ちゃん……じゃなくて、みか。そっか、この前はみかと……」

神風「姉、さん……」

あかり「ふふっ、可愛い寝顔だよぉ。でも、そろそろ起こさないとね。起きて、みか」

神風「んっ、姉さん……? なんで、私の部屋に……?」

あかり「何でって、覚えてない?」

神風「……あああああっ!」

あかり「みか、声が大きいよ」

神風「だっ、ええっ!? いや、でも……」

あかり「落ち着いて、みか」

神風「これが落ち着いてられるわけない!」

あかり「しょうがないなぁ」チュッ

神風「んっ!?」

あかり「落ち着いた?」

神風「……落ち着いたけど、落ち着かない」

あかり「騒がしくしないならよかったわ」

神風「姉さん、私」

あかり「何も言わなくていいの。お姉ちゃんに任せないって、言ったでしょ?」

神風「うん……」

あかり「よしよし、何も心配いらないからね」

神風「姉さん、あの……」

あかり「そろそろ部屋に戻らないと、あさか達に見られちゃうかもしれないからね。また、あとで」

神風「あっ、うん。また」

妖精(猫吊るし)(お姉さんモードになると性格変わりますね)

あかり(お姉ちゃんは皆から頼られる存在でいなきゃいけないからね! 何事にも動じないの!)

妖精(猫吊るし)(演技でできるならいつもできそうなものですけどね)
226 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:26:02.34 ID:rYca/NQTo
春風「美味しいですか? あかりお姉様」

あかり「うん、おいしいよぉ。はるかはお料理上手だね」

春風「ふふっ、いつも聞いておりますわ」

松風「うんうん、料理の上手い姉さんばかりで助かるぜ」

神風「まつかも少しは覚えたらどう?」

松風「僕だってたまにはやるさ。けど、たまにしかやらない僕よりも毎日やってる姉さん達の料理を食べた方がやる気も出るってもんだろ?」

旗風「春姉さんの料理を食べると元気が出るというのは、わたくしも思います」

春風「あら、ありがとうございます」

松風「そう、こんな上手いご飯作ってもらっといて、あさかの姉貴はなんだって起きて来ねぇんだろ」

神風「あさかがこんなに遅いなんて珍しいわね。いつもは一番に早起きして、たまに朝ご飯も作ってるのに」

松風「麦飯な。僕ははるかの姉貴の和定食の方が好きだな」

春風「好き嫌いはいけませんよ、まつか」

あかり「でも本当に遅いね。あかりが見て来るよぉ」

旗風「それなら、わたくしが」

あかり「ううん。昨日みかと一緒に起こしてもらったし、ここはあかりが行ってくる」

松風「朝はうるさいし、どうせなら僕が学校行くまで寝ててって言っといて」

神風「もう、まつかったら!」
227 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:34:56.57 ID:rYca/NQTo
朝風「ぐぅ〜……」

あかり「あさか〜朝だよぉ」

朝風「……」

あかり「あさか、起きて」

朝風「んん、昨日遅かったんだから、もうちょっと寝かせて……」

あかり「昨日遅かったの?」

朝風「寝付けなかったのよ……あんなの見て……」

あかり「あんなの?」

朝風「んっ……? わぁぁぁっ!? な、なんであかり姉がいんのよ!?」

あかり「起こしに来たんだって。あさかが全然起きてこないから、皆心配してたんだよ?」

朝風「そ、そうなんだ、ごめんなさい」

あかり「寝付けなくて遅くまで起きちゃってたら辛いかもだけど、学校はサボっちゃだめよ」

朝風「うん、わかってる、ありがと」

あかり「はるかが朝ご飯作ってくれてるから、食べて今日も元気に行こうね」

朝風「……」

あかり「どうしたの?」

朝風「い、いやっ、何でもないよ! 着替えるからほら、外出てて!」

朝風(覗いてたって、気づかれてはないみたいだ。よかった……)
228 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:43:03.98 ID:rYca/NQTo
神風「行ってきます姉さん」

あかり「いってらっしゃい、皆」

あかり「……また時間飛ばす?」

妖精(猫吊るし)(別に大学に行ってもいいんですよ)

あかり「あかりは大学の授業わからないよぉ」

妖精(猫吊るし)(そこまで本格的なことはしませんよ。教材ソフトではないんですから)

妖精(猫吊るし)(ちなみに大学には隣の妙高さん達も通ってます)

あかり「妙高さんって足柄さんのお姉さんの?」

妖精(猫吊るし)(ええ。妙高さんと那智さん、足柄さんは大学生。羽黒さんは神風さん達と同じ高校生です)

あかり「そうなんだ。妙高さんに会いに行くのもいいけど……そういえば、みか達って5人姉妹なのに全員高校生なの?」

妖精(猫吊るし)(細かいこと気にしないでください。あっ、あと高校ではなく学園です。このゲームの登場人物は全員18歳以上です)

あかり「そ、そっか」
229 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:56:53.61 ID:rYca/NQTo
あかり「結局時間を飛ばしたら、まだ夕方だね」

松風「ただいま〜」

あかり「あっ、まつか。おかえり」

松風「なんだあかりの姉貴いたんだ? 大学生なんだしもっとこうパーっと遊べばいいのに」

あかり「あかりはお姉ちゃんだからそういうのはしないの」

松風「さいですか。妹としては助かると思うか、鬱陶しいと思うか両極端になりそうな答えだね」

あかり「まつかはどう思うの?」

松風「どう思うか、教えてほしいかい?」ズイッ

あかり「ま、まつか?」

松風「こんなに美人なのにさ、妹が妹がって。もったいないと思うんだよね。引く手あまただろうにさ」

あかり「え、ええっと? 近いよ、まつか?」

松風「近づいてるんだから当然だろう? そういう引く手を断って僕らのところに来るってことはさ、そういうことなのかなって」

あかり「そういうことって?」

松風「こういうこと」ガバッ

あかり「まつか!?」

松風「知ってるぜ、姉貴がこうやって耳元で囁かれるの好きなんだってさ」ボソッ

あかり「ふぅっ……!?」ピクン

松風「僕もさ、正直姉貴ならって思うこともあるんだよ。美人だし、スタイルもいいし、それに僕のこと誰よりも好きだって知ってるし」

あかり「ま、まぁ、まつか、冗談は……」

松風「冗談じゃない……引く手を断り続けて来たその手、僕が引いてやるよ、姉貴――いや、あかり」

あかり「……っ!」
230 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 00:05:28.54 ID:LU+g8LWoo
春風「ただいま帰りました」

松風「おっと」バッ

あかり「きゃあっ!?」バタッ

春風「あかりお姉様? どうなさいましたか?」

松風「寝ぼけて椅子から転げ落ちちゃったんだよ。しょうがないなあかりの姉貴は」

あかり「まつかぁ〜!」

松風「ふふっ、そんなに怒るなよ。可愛い妹の悪戯じゃないか」

あかり「自分でそういうこと言う子は可愛くないよぉ」

松風「あっはは、ごもっとも。じゃあ、詫びついでに妹大好きあかりの姉貴にご報告」

あかり「なぁに?」

松風「あさかの姉貴、今日なんかずっと上の空だったぜ。先生に当てられても中々答えなくて怒られたりさ」

あかり「あさかが?」

松風「そ。朝起きて来なかったこともあるし、なんかあるんじゃないのかなって」

あかり「う〜ん、そっか。あさかはまだ帰ってないよね?」

春風「今日は少し用があると言って、部活にも出ずにどこかへ行ったようですけど」

あかり「そう、じゃああかり探して来るよぉ」

松風「あさかの姉貴ならたぶん近所の公園にいると思うぜ。考え事するときは、いつもそこ行くんだ」

あかり「わかった、ありがとうまつか。いってきます!」

松風「いってらっしゃい」

春風「いってらっしゃいませ……あさかお姉様のことよく観察してるんですね」

松風「ふんっ、あのバカデカいリボンが嫌でも目に入るだけだよ」
231 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 00:17:56.65 ID:LU+g8LWoo
朝風(一日中、あの光景が頭に浮かんで集中できなかった……)

朝風(私が溜まってるとかそういうわけじゃなくて! 色々と衝撃的だったわけで……)

朝風(今日もまたするのかな……? それとも、昨日の一回だけで終わり?)

朝風(どうなってほしいって思ってるの私は? どうしたいって、思ってるんだろう……)

朝風(わからない、頭の中ぐちゃぐちゃで考えがまとまらないよ……)

あかり「あさか!」

朝風「……っ!? わ、わわっ!?」

あかり「危ないっ!」ダキッ

朝風「あっ、ありがとう……」

あかり「ブランコから落ちちゃうくらいびっくりした?」

朝風「だって、急に出て来るから……」

あかり「結構声かけてたんだけどね」
232 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 00:53:17.68 ID:LU+g8LWoo
あかり「まつかから聞いたよ。今日ずっとぼーっとしてたんだって?」

朝風「うん……」

あかり「眠たかったから?」

朝風「そ、そうだよ! 眠かったからぼーっとしてたの! 心配かけてごめんね!」

あかり「……」

朝風「って、眠かったならこんなとこいないよねっていう」

あかり「何か悩み事? お姉ちゃんに話してみて!」

朝風「い、いやぁ、それは……」

朝風(言えるわけないじゃない! あかり姉とみか姉が、あ、あんなことやってるの見たからだって!)

朝風(あかり姉のせいなのに! 言えれば、どれだけ気持ちが楽になるか……ああもう!)

あかり「あさか?」

朝風「あのさ、あかり姉は……」

あかり「あかりは?」

朝風(なんて聞けばいいの? みか姉のこと好き?とか聞いたら一発でバレちゃうでしょ? どうすれば……)

朝風「あぁ、わ、私のこと、好き?」

あかり「えっ?」

朝風(な、何でこんなこと聞いちゃってんの!? い、いや、でも、この回答如何では、みか姉との違いがわかるかも……!)

あかり「好きだよ。当たり前でしょ」

朝風「そ、その好きは!」

朝風(いや、これはさすがに怪しまれるか?)

朝風「あぁ、いや、な、何でもないよ、えへへ。さあ、家に帰ろうか!」

あかり「……あさか」

朝風「なに、あかり姉?」

あかり「あかりの好きは、大好きって意味だよ。あさかのことがね」

朝風「そう、なの」

あかり「その気持ちは、普通の姉妹よりもちょっと強いかもしれないくらい好き」

朝風「なっ、な!?」

あかり「あさか。あかりは、あさかが望んでるなら、何でもするよ。だから、ちゃんと望んでることがあれば言ってね」

朝風「……」
233 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:16:09.44 ID:LU+g8LWoo
朝風「はぁ、もうそろそろ寝なきゃ、今度こそ寝不足でぼーっとするわ」

朝風「あかり姉、もしかして気づいたのかな? 普通の姉妹より強いって……」

朝風「私はみか姉が羨ましかったわけじゃないし! ただ、びっくりしただけだから!」

朝風「ぬ、濡れてたのだって、なんかエッチな事してるな〜って思ってなっただけだし!」

朝風「別に、ああなりたいわけじゃ……」

朝風(みか姉、気持ちよさそうだった……あんな幸せそうな顔してるみか姉、はじめて見た)

朝風(自分でするのと違うの? あかり姉が上手いのかな? それとも、好きな人だったから……?)

朝風(あかり姉……優しくて、綺麗で、自慢の姉。私の方が上って思ってるけど、それでもやっぱり危機感を覚えるくらいには、素敵な人)

朝風(だからって女同士だし、そもそも姉妹だし! そういうふうに思ったことなんてない、はず……)

朝風(だから、だからっ――)

朝風「ん……あぁっ……」

朝風(今こうしてるのも、ただ気持ちよくなりたいからで……気持ちよさそうにしてたから、思い出してる、だけで……)

朝風「あかり、姉……」

あかり「なぁに?」

朝風「……っ!?」
234 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:23:24.83 ID:LU+g8LWoo
あかり(やっぱり、あさか昨日の見ていたんだね)

妖精(猫吊るし)(そうですね。このままスルーすることもできますけど)

あかり(あかりのこと求めてるんだから、そんなことできないよぉ!)

妖精(猫吊るし)(そう言うと思ってました)

朝風「なななっ! 勝手に入って来ないでよ!」

あかり「あかりのこと呼んでたから」

朝風「き、聞き間違いでしょ!? 何だって私が、あかり姉のこと呼びながら、し、しなきゃいけないのよ!」

あかり「それはあさか自身じゃないとわからないことだね」

朝風(何よ、余裕ぶっちゃって! 私があかり姉のこと好きだなんて思ってるんじゃないでしょうね!?)

朝風「昨日、見てたんだから。みか姉と、してるの」

あかり「うん」

朝風「みか姉気持ちよさそうだった。だから、私も気持ちよくなりたいから思い出してた。それだけ」

あかり「それだけなの?」

朝風「それだけよ! だからっ――」

あかり「じゃあ、あさかにもしてあげるね」

朝風「えっ、ちょっ……!」
235 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:36:22.30 ID:LU+g8LWoo
朝風「あっ……」ピクン

あかり「キスもする?」

朝風「しない、わよ……キスは、しない……私はただぁ、気持ちよくしてもらってるだけっ……!」

朝風「そう、よ……あかり姉のせいなんだからね……! 責任取ってもらわなきゃ……!」

あかり「責任、ね。やっぱり姉妹だね」

朝風「なにがあっ……!」ビクッ

あかり「早く寝たがってたみたいだから、早めにするね」

朝風「あっ、はぁっ……! んんっ……!」

朝風(あかり姉、何でこんな、上手……)

あかり「明日はちゃんと勉強に集中できるように……」

朝風「あっ、あぁっ、あああっ……!」ビクンビクン

朝風(こんなことされて、集中できなくなるに決まってるでしょう〜!)
236 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:47:30.55 ID:LU+g8LWoo
あかり「昨日ああ言ったけど、今日お休みだったんだね」

妖精(猫吊るし)(そのようですね)

あかり「今日はどうしようかな? 妙高さんに会いに行こうかな」

妖精(猫吊るし)(大学も休みですよ)

あかり「お隣さんなんでしょ?」

妖精(猫吊るし)(そうなんですけどね。でも、昨日の選択により今日のイベントは決まってます)

あかり「今日のイベント?」

春風「あかりお姉様」

あかり「はるか、どうしたの?」

春風「お休みのところすいませんが、はるかのお願いを聞いて欲しいんです」

あかり「お願い? いいよ、何してほしいの?」

春風「はい、実は……はるかを抱いて欲しいんです」

あかり「抱っこしてほしいの? 甘えん坊だね」ダキッ

春風「ああんっ、違いますわお姉様。いえ、これもしてほしいことですけど」

あかり「どう違うの?」

春風「抱いてほしいというのは、抱きしめてほしいということではなく、性交してほしいという意味です」

あかり「なにに成功するの?」

春風「あかりお姉様はたまに察しが悪いですね。仕方ありません、こういえばお分かりになりますよね」

春風「わたくしと、エッチしてください」

あかり「えっ?」

妖精(猫吊るし)(2人に手を出したんです。当然他の3人も続きますよ。ハーレムルートは難易度高いですが、ノーコンティニュー頑張ってください)
237 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:48:24.95 ID:LU+g8LWoo
今回はここまでです
次は>>75に続きます

あかりも目を開けたあかねみたいな姿になっているので18歳以上なので問題ないです
238 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:48:56.20 ID:LU+g8LWoo
>>75の続きですねすいません
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 10:25:51.87 ID:i3mmzWpmO
おつ
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 10:34:42.66 ID:zyy0ZsPlO
乙です、隣の妙高さん家ルートもあるのかな?
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 17:25:36.19 ID:je/Rft6Po
乙です
242 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 22:44:32.38 ID:MUYIlu8Wo
>>240
VRなのでやろうと思えばやれると思います

昨日はすいませんでした
今日の終わりに小ネタ追加募集します

開始します
243 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 22:56:40.06 ID:MUYIlu8Wo
あかり「でもむちゃくちゃにするってどうすればいいのかな?」

伊168「あのね……んっ……!」

あかり「イムヤちゃん……」

伊168「どうするもなにも、ないわよ……あかりが、好きなようにすればいい……」

あかり「好きなようにして、むちゃくちゃになる?」

伊168「あれは、あかりの好きなようにすればって意味で、むちゃくちゃにしなきゃいけないってわけじゃないわよ……」

あかり「そうなの?」

伊168「そう、よ……したいことをすればいいって、意味だから……」

あかり「あかりのしたいように……」

伊168「いつも、イムヤがこうしてって言った、ことっ……思ってることを、してたでしょ?」

伊168「それを、自分がしたいことで置き換えて、すればいいの……」

あかり「う、うん、わかったよぉ」
244 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 23:15:03.42 ID:MUYIlu8Wo
伊168「というか、このあめのせいで既にむちゃくちゃになってる、気がするわよ」

あかりまともにお話しできるだけ、耐えてる方だと思うよぉ」

伊168「はぁ、はぁ……だんだん、強くなって、来るんだけどっ……!」

あかり「あかりが好きなようにして、何とかするよぉ」

伊168「はやく……今なら、何でも気持ちいい、と思うから……」

あかり「そうだね、じゃあまず脱がすよぉ」

伊168「んっ……」

あかり「んしょっと、今日は脱がしやすい水着でよかった」

伊168「水着、変えるようになってて、よかったでしょ……?」

あかり「こういうときのために変えるわけじゃないと思うけどね」

伊168「で、ぬがしたら、どうするの……?」ドキドキ
245 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 23:33:56.47 ID:MUYIlu8Wo
あかり「胸を触るね……」

伊168「んっ……? んっ……!」

あかり「えへへ……あかり、結構触るの好きなんだよぉ」

伊168「そう、だったの……?」

あかり「うん。人に触るのが好きだからね。それで、相手も気持ちいいと思ってもらえるなら、それがいいなって」

伊168「そういう、こと……」

あかり「今気持ちいいのはあめのせいかもしれないけど、でも、あかりが触ることで気持ちよくなってくれてるなら、それは嬉しいことだよぉ」

伊168「ん、んっ……もっと大きいのがいいでしょうに……」

あかり「おっきい胸はおっきい胸で触るのが楽しいよぉ。でも、イムヤちゃんくらいの胸だって、触ってて楽しい」

伊168「どこ、がぁっ……はぁっ……!」

あかり「あかりの手でも握りこめそうなところ? ちゃんと全部を揉めるところとか。おっきい人だと手から溢れちゃうから」

伊168「そんなに、ちいさくない……あぁっ……!」

あかり「でも、全体的にしてあげやすくはあるよね……気持ちいいところにも、当たりやすい」
246 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 23:47:22.29 ID:MUYIlu8Wo
あかり「ここ、胸の先の周り。色が変わってるところなぞるのとか」ツー

伊168「あああっ……!」

あかり「こうしてると、先っぽに気持ちいいのが溜まってくの」

伊168「い、いああぁ……」ゾクゾク

伊168(も、もどかしい……もう、溜まってるから、はやく、はやくぅ……!)

あかり「そろそろいいかなぁ……」

伊168「……っ!」

あかり「もう待ちきれないって顔してるね」

伊168「だぁ、ってぇ……」

あかり「わかってるよぉ。いっぱい溜めたら、ちゃんと解放してあげないとね」ピンッ

伊168「あああぅ……!」

あかり「ここはどうされるのが好きか、人によって違うよね。弾かれたり、こねられたり、吸われるのがいい人とか、ここ同士くっつけるのが好きな人も……」

あかり「イムヤちゃんはどれが好き?」

伊168「はぁっ、うぅぅ……」

あかり「今はそれも話せないか」
247 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 00:04:16.51 ID:gZ/SjSY4o
伊168「あぁ……はぁぁ……」

あかり「ちょっと落ち着いた?」

伊168「はぁ、へぇあ……ちょっと、だけ……」

あかり「やっぱり、むちゃくちゃにするのはあかり、あんまり好きじゃないかも」

伊168「ええっ……?」

あかり「ちゃんと、お話しながらするのがいい」

伊168「お話?」

あかり「うん。ただ、気持ちいい声だけ出してるより、ちゃんと会話しながらする方が好きだなぁ」

伊168「してるとき話するの、結構はずかしいんだけど……というか、極まってきたら会話なんかする余裕なくなるし……」

あかり「だからそう、何ていうか、そうなるまでお話して盛り上がる方がいいかなぁって」

伊168「そっか、覚えておくわ……」

あかり「無理なときは無理しなくていいからね。今とかね……」

伊168「んっ……まだ、続いてるから……」

あかり「次は胸以外だね……」
248 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 00:16:09.15 ID:gZ/SjSY4o
伊168「はぁ、ふぅ……ふぅ〜……」

あかり「収まった?」

伊168「何とか、ね……」

あかり「これで練度最大だね」

伊168「そうね……あまり活かせないけど」

あかり「元気になるだけでもいいよぉ」

伊168「うん……ところで、あかり。好きなようにしろって言ったけど、あれってあかりがしてほしいことしたって思ってていいの?」

あかり「あかりがしてほしいこと、そうだよ。あかりが好きなことだもん」

伊168「なんか微妙に違うような気もするけど、まあいっか。あかりらしいわ」

あかり「ちゃんと覚えた?」

伊168「さあ、いっぱいいっぱいだったから」

あかり「ええっ!?」

伊168「忘れてもまた覚えさせてくれるでしょ?」

あかり「あっ……何回でも覚えさせてあげるよぉ」

伊168(回数的にはむちゃくちゃになりそう、かな)
249 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 00:17:38.77 ID:gZ/SjSY4o
今回はここまでです
次は本編の続きからです

前回と今回でレス数の差が激しいですがストーリーがあるものを短くまとめるのが苦手なものでご容赦ください

↓1で小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 00:17:45.06 ID:3/pfKSGfO
いつぞやのあかりの裏人格に再び犯される神風で
251 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 22:40:47.62 ID:gZ/SjSY4o
開始します
252 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 22:50:54.51 ID:gZ/SjSY4o
あかり「まあね、色々あったけど神風ちゃんとは」

朝風「戦争終わった後に加わったのに?」

あかり「そっちの方が一緒にいる時間長くなるでしょ」

朝風「あぁ、そうなるのか」

あかり「最初はまあなんか物理的に避けられてたような感じがあったけど、今では触れるようになったんだよぉ」

朝風「触れる?」

あかり「あっ。触れ合えるって意味ね、うん」

朝風「ふぅん、神風姉を手懐けたのね」

あかり「手懐けたのかな? 手懐けられたのかな?」

朝風「手懐ける方でしょ司令官」

あかり「司令官はもうほとんど肩書だけだからね」

朝風「振りだけでもちゃんとしなさい! 私にお姉ちゃんと呼ばせたいならそれくらいはしてもらわないと」

あかり「むむ、厳しいよぉ」

朝風「これくらい朝飯前ってやつよ。で? 次はどうしましょうか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>210-211の朝風m〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>210-211の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>210-211の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>210-211の朝風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>210-211の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 22:54:54.67 ID:Dm+Oto7kO
5 吹雪、朝潮6
254 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 23:04:45.42 ID:gZ/SjSY4o
吹雪「うちって犬飼ってたっけ?」

朝潮「いえ、オスカーならいるけど」

吹雪「だよね。でも、何故かここで犬と戯れた記憶があるような気がするんだ」

朝潮「き、気のせいじゃないかな?」

吹雪「そうなんだと思うけど、なんだか朝潮ちゃんを見ていると何故かその記憶が鮮明に浮かぶようで」

朝潮「い、犬耳つけてるからじゃないかな!? でも私は犬じゃないよはい!」

あかり「何のお話ししてるの?」

吹雪「ここで犬と遊んだ記憶があるんですけど、犬飼ってないですよねって話です」

あかり「犬さんはいないねぇ。飼いたいけど」

朝潮「わ、私がいるじゃないですか!」

吹雪「さっき自分で犬じゃないって言ったのに」
255 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 23:16:46.13 ID:gZ/SjSY4o
あかり「あかりも犬の散歩したような記憶が……」

朝潮「き、きっと、飼いたいから夢に見たんですよ!」

あかり「そうかなぁ? まあ、蒼龍さんとか犬になりたいみたいなこと言う人もいるし」

吹雪「へっ?」

あかり「あっ、ううん、何でもないよ! ところで、2人は日向ぼっこ?」

吹雪「そうですよ。寒い日はぼこるに限ります」

あかり「だからやめようよ、その略称」

朝潮「こうして海を見ているのもいいものですよ。秋の海にはいい思い出がない人もいるでしょうけど」

あかり「そうなの?」

吹雪「それを言えば、いつの海にだってそういう人はいます」

朝潮「それでも私は海が好きです。きっと、そういうものなんでしょうね艦娘というのは」

吹雪「それはよくわかるよ」

あかり「……」
256 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 23:31:43.25 ID:gZ/SjSY4o
あかり「……」ギュッ

朝潮「あっ、な、何ですか?」

吹雪「なぜ急に抱きしめるんです?」

あかり「こっちの方が日向ぼっこより暖かいよぉ」

朝潮「日向ぼっこの暖かさとはまた別ですよ」

吹雪「日光と人肌の温もりは比べられません」

あかり「艦娘の皆が海を見るのが好きなのはわかるけど、海を見てるときの皆は何となくそのまま海の向こうに行っちゃいそうな気がするよぉ」

吹雪「海の向こうに?」

あかり「行っちゃったら寂しいから、こうして引き止めるの」

朝潮「どこにも行きませんよ。日向ぼっこはこうして座ったり、寝転がったりして楽しむものです」

吹雪「海の向こうに行くのなら、あかりも連れて行きますよ。そして、ちゃんとここに帰って来ます」

あかり「うん……」

吹雪「ここよりいいぼこスポットなんてそうありませんから」

あかり「ぼこスポットって……」

朝潮「ネーミングセンスはどうにかした方がいいね」

吹雪「ええ〜! ひなスポットだったらなんのスポットかわからないじゃない!」

あかり「ぼこスポットでも初見だとわからないよぉ」

朝潮「普通に日向、でいいじゃない」

吹雪「それじゃあ味気ないでしょ! 日向ぼっこだって近代化改修だよ!」

朝潮「休むためにやることなのに、何でそんな気合入れてるんだか」

あかり「あはははっ!」
257 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 23:46:52.95 ID:gZ/SjSY4o
あかり「日向ぼっこする人増えてるんだって?」

吹雪「部員が増えてますよ。これは全国狙えますね」

朝潮「日向ぼっこの全国って何?」

吹雪「どれだけ日向にいて耐えられるかっていう競技とか」

あかり「それはただの我慢大会だよぉ。というか日向ぼっこじゃなくてサウナとかでやるやつだよね」

朝潮「それにしても、遊び場をこれだけ作ってもらったのに、何で日向ぼっこに走るんでしょうね」

吹雪「それはやっぱり日向ぼっこの魅力に憑りつかれちゃってるからだろうね!」

朝潮「私が思うに、いつあかりが来てもいいように待機するがてらやってるんだと思う」

あかり「あかりのことは気にせず好きに遊んでくれていいのに」

吹雪「私達は日向ぼっこのために、日向ぼっこしてるんだよ! ぼこ部魂をなめてたらぼこるよ!」

朝潮「物騒な」

吹雪「えっ? 強制的に日向ぼっこさせるって意味だけど?」

あかり「やっぱり物騒だよぉ!」

朝潮「あんまり長くいると干からびるまでぼこられそうなので、行きましょうか」

あかり「そうだね」

朝潮「ひなるに変えた方がいいのかなぁ」
258 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 00:02:13.83 ID:7JuSM8Gmo
朝風「日向ぼっこぉ?」

あかり「うん。朝風ちゃんは好き?」

朝風「ん〜別に嫌いじゃないけど。朝日を浴びるのは好きよ」

あかり「気持ちいいよね」

朝風「あれじゃないと起きた気しないっていうか、目が覚めないっていうか」

あかり「あめの日はお寝坊さんなのかな?」

朝風「気持ちの話だよ。ちゃんと起きるよ! でも、昼の日差しをわざわざ浴びたいとは思わないな」

あかり「そっかぁ」

朝風「午前中だけならやってもいいかもね」

あかり「休みの日の部活しか出られないね」

朝風「日向ぼっこは部活になんないでしょ」

あかり「吹雪ちゃんあっち行ったら本当に作っちゃいそうだよぉ」

朝風「認可されないでしょそんなの」

あかり「それを言われるとあかり達も弱いんだよねぇ」

朝風「よくわからないけど、好きなことやるんなら部活とかわざわざ自分で縛るような真似しないで、好きにすればいいじゃないのって話」

あかり「部活って形式にしてたら人が来るかもしれないから、考えようだね」

朝風「そこも含めて好きにすればってことよ。で、お昼からはどうするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>210-211の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮以外から1〜3人 施設:>>19の6以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>210-211の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 00:06:13.95 ID:63kNIa8CO
4弥生1
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/07(火) 00:06:52.53 ID:uIahb1nO0
1天津風
261 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 00:11:10.84 ID:7JuSM8Gmo
今回はここまでです
次は弥生にあめを食べさせるところからです

変な部活物は色々ありますが一番インパクト強かったのは木工ボンド部ですね
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 00:40:08.87 ID:MpWSi47oo
乙です、木工ボンド部とは一体…
263 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 22:47:00.54 ID:7JuSM8Gmo
>>262
白い木工ボンドが乾いて透明になっていくのを眺め続ける部です(全国大会もあります)

開始します
264 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 22:56:41.31 ID:7JuSM8Gmo
オスカー「にゃあ〜」

弥生「あっ、もう行っちゃうの? ばいばい」

あかり「オスカーと遊んでたの?」

弥生「あかり……うん」

あかり「弥生ちゃんは猫さんと犬さんどっちが好き?」

弥生「えっ? 犬と猫?」

あかり「そう」

弥生「犬は飼ったことないからわからないけど、話し相手になってくれるのなら好き」

あかり「犬さんに話すの?」

弥生「猫は気まぐれだから、犬だったらずっと一緒にいてくれそう」

あかり「犬さんはこっちから離れるまでずっと一緒にいてくれるイメージあるよね」

弥生「うん……そういう子だったら好きかな」

あかり「いいよね〜」

弥生「……犬飼おうっていう話?」

あかり「あっ、ううん違うよぉ。あめ食べようって話」

弥生「犬全く関係ない……」
265 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 23:07:28.22 ID:7JuSM8Gmo
あかり「弥生ちゃんはあめ食べたことあるよね」

弥生「あるよ」

あかり「じゃあ副作用は大丈夫」

弥生「じゃないと思う……」

あかり「1からよりは弱いはずだから」

弥生「感じられる辛さって、ある程度の上限超えたら同じだから……」

あかり「あ〜」

弥生「でも、練度100の状態だから、強くなってる」

あかり「まあ、100からの子も結構辛そうだったんだけどね」

弥生「……」

あかり「弥生ちゃんなら耐えられるよ!」

弥生「その自信はどこから来るのか……」
266 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 23:38:05.94 ID:7JuSM8Gmo
弥生「弥生は……別に、苦痛に強い、とか……そういうわけじゃない……よ?」

あかり「わかってるよぉ。弥生ちゃんはむしろ打たれ弱い子だって」

弥生「だぁっ……だから、耐えられなくても……」モジモジ

あかり「あれ? もしかしてもう副作用出てる?」

弥生「出てる、よ……」

あかり「気付かなかったよぉ。ごめんね」

弥生「う、うん……いいんだよ……むしろ、あんまり気づかないで、欲しい、し……」プルプル

あかり「じゃあ、気を紛らわせて――」

弥生「い、いい……待って。いい、から……」

あかり「しなくていいの?」

弥生「……」コクリ

あかり「平気?」

弥生「あかりの期待に、応える……!」

あかり「さっきのは別に期待してたわけじゃ……」

弥生「期待、してないの……?」

あかり「聞こえ悪いね! そういうわけじゃなくてね」

弥生「だい、じょうぶ……今の弥生、なら……ふぅ〜……」

あかり「無理そうだったら言ってね」

弥生「はぁ、はぁ……はぁ……」

弥生(熱い……体が疼いて、仕方ない……今すぐ、あかりに……)

弥生(だ、だめっ……! 我慢強いところ見せなきゃ……あめに流されるような子じゃないって……)

弥生「んっ……んっ……」ピクンピクン

あかり(弥生ちゃん体の動かし方がなんか……)

弥生(少し、だけ……少しだけ、こうすると、気持ち……)

あかり「弥生ちゃん」

弥生「あっ、あかり……」

あかり「せっかくあかりがいるんだから、そうやって無理に自分でしようとする必要ないんだよ?」

弥生「無理は、してな、んんぁっ……!」

あかり「まだ強くなってる段階みたいだね。弥生ちゃん」スッ

弥生「だ、だぁ、めぇ……弥生は、これに、流される、ような……あぁっ……」

あかり「……あかりは流されることを期待してあめ持って来たんだよぉ」

弥生「えぇっ……?」

あかり「……」

弥生「あかり、が……? そう、なの……?」

あかり「えへへ……はずかしいけどね。だから、我慢しないで? あかりも、我慢しないといけなくなっちゃう」

弥生「あっ……あかり……」

あかり「今まで我慢した分を、あかりが解放してあげるよぉ……」

弥生「ん、あぁっ、あああっ……!」
267 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 23:47:57.46 ID:7JuSM8Gmo
弥生「んっ、んぅ……」ピクピク

あかり「そろそろ収まった?」

弥生「副作用、は……余韻が……」

あかり「それはもうちょっと待たないとね」

弥生「あかり、ちょっと積極的になった……?」

あかり「そうした方がいいんだってわかったからね」

弥生「ん……弥生も、積極的になる……」

あかり「弥生ちゃんもなっちゃう?」

弥生「積極的同士、活発な関係になれる……」

あかり「活発……」

弥生「積極的に……は、話しかけるね」

あかり「あはは、あかりが話しかけることが多いからね」

弥生「頑張る……」

あかり「ふふっ、頑張ってね」

あかり(さてと、これからはどうしようかな?)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>210-211の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮、弥生以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮、弥生以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮、弥生以外から1〜3人 施設:>>19の6以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>210-211の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:51:56.93 ID:NOpxggL+o
3 防空棲姫 1
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:51:57.38 ID:wx9oNAXxO
3不知火、陽炎3
270 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 23:58:14.53 ID:7JuSM8Gmo
あかり「ぬいちゃん、一緒に遊びに行こう?」

不知火「構いませんよ」

あかり「やったぁ!」

陽炎「あれ? 何の話?」

不知火「何でも――」

あかり「ぬいちゃんと遊びに行くんだよぉ」

陽炎「へぇ〜私も着いてっていい?」

あかり「どう?」

不知火「……」

陽炎「露骨に嫌そうな目!」

あかり「あかりもいるから大丈夫だよぉ」

不知火「仕方ありませんね」

陽炎「最近何もしてないんだし、そろそろ許してよ〜!」

不知火「そういう言葉が出て来ること自体が反省してない証拠なんですよ」

あかり「あははは……」
271 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 00:05:32.15 ID:2vTZoXWfo
今回はここまでです
次は不知火、陽炎と街に出るところからです

陽炎はお仕置き受けてるので以前ほどではなくなっていますが何かの拍子に戻ることも無きにしも非ず
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 07:31:23.60 ID:uUy9X31Go
乙です!
273 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 22:45:11.18 ID:2vTZoXWfo
開始します
274 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 23:02:29.54 ID:2vTZoXWfo
不知火「あかりんが真ん中に座ってください」

あかり「あかりが挟まれる形ね」

陽炎「これは前の私でもそうしてたと思うよ」

不知火「本当ですか?」

陽炎「あのね、私は基本的に妹よりあかりよ」

不知火「それも言い切られると微妙な気分になりますね」

陽炎「どうしろと!?」

あかり「まあまあ、せっかく一緒にお出かけするんだから仲良くね」

陽炎「どこに行くのかしら?」

あかり「どこに行きたい?」

不知火「決めずに出て来たんですね」

陽炎「あかりはいつもこんな感じだよ」

あかり「あかりは皆の意見を重要視するタイプだから!」

不知火「行きたいところ、どこかありますか?」

陽炎「ん〜、私映画館行きたい! 見たい映画あるの!」

不知火「映画ですか。悪くはないでしょう」

あかり「ぬいちゃんはどこか候補ある?」

不知火「不知火は、お腹が空きましたね」

陽炎「ちょっと早いけど夕飯にしよっか?」

あかり「先にご飯食べに行く?」

陽炎「映画の後でも良さそうだけど、上映時間がどうかな〜」

妖精「……」

陽炎「妖精もご飯食べたいって。でもハンバーガー屋?」

不知火「ハンバーガーも興味ありますが……レストランというのも行ってみたいです」

あかり「どうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 映画館
2 ファミレス
3 ハンバーガーショップ
4 その他自由に
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 23:06:29.69 ID:5JlHxZ9RO
1
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage ]:2017/11/08(水) 23:06:51.42 ID:e/kLtsYp0
3
277 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 23:18:34.09 ID:2vTZoXWfo
あかり「やっぱり先に映画見る方がいいよね」

陽炎「お腹いっぱいになると眠くなるもんね〜」

不知火「そういうものですか」

妖精「……」

あかり「妖精さん、ポップコーンの箱に落ちないようにね?」

陽炎「油と塩でベタベタになった挙句に溺れるからね」

妖精「……」

不知火「それよりスクリーンが見れなくなるのが問題だって言ってます」

あかり「ポップコーンしか見えなくなっちゃうね」

不知火「すぐに出してあげますから。ところで、見たい映画ってどれです?」

陽炎「えっとね〜」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 ダークファンタジー漫画の実写版
2 日常系漫画の劇場版
3 ノベルゲームの劇場版
4 その他自由に
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 23:24:24.82 ID:hwMlrCuZo
4エッチな映画
279 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 23:40:58.76 ID:2vTZoXWfo
陽炎「これよ、これ」

不知火「その花にくちづけを?」

あかり「女の子同士の恋愛物?」

陽炎「それって今の世の中でも珍しいかなぁって思って」

不知火「まあ、確かに」

あかり「あんまり見ないよね」

陽炎「だからね、見てみたいなって思ったの。ほら、何ていうか、自分を客観視する的な?」

不知火「客観視ですか……」

陽炎「だって、そうでしょ?」

不知火「そう、ですね……」

あかり「う〜ん、あかりこのご注文はうなぎですか??っていうの見てみたかったけど」

陽炎「それはまた今度見に来ればいいよ! 今日は私の見たいの見る!」

不知火「不知火も他人ごとではありませんし、いいでしょう」

あかり「じゃあこれのチケットを4枚だね」

妖精「……」

陽炎「バッグの中に隠れてるって駄目だよ。ちゃんとお金は払わなきゃ」

あかり(他の人の恋愛を見て学べることもあるかもしれないもんね……)
280 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 23:59:21.98 ID:2vTZoXWfo
陽炎「恋人と恋愛映画はともかく、妹と恋愛映画っていうのもどうかという話よね」

不知火「……」

陽炎「何その目は?」

不知火「どの口が言うのかと」

陽炎「だから私は恋愛感情じゃなくて、あくまでお姉ちゃんとしてね!」

不知火「姉としての距離の測り方を恐ろしいまでに間違えてます」

陽炎「妹のことが好きすぎてそこまで至っちゃう人もいるでしょ?」

あかり「いないと思うよぉ」

不知火「恋愛感情なくそれをするという方が問題な気も」

陽炎「姉妹って難しいねぇ」

あかり「むしろぬいちゃん来るまで浜風ちゃん達とどういう付き合い方してたのかが気になるよぉ」
281 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 00:18:02.65 ID:nvHgCkAWo
『ああっ……!』

『可愛い声出しちゃって……』

不知火「……」

あかり「……」

陽炎「ち、ちがっ……知らなかったの! 本当にっ! ただの恋愛映画だと思って……!」

妖精「……」シー

陽炎「本当に違うの……」

不知火「……」

陽炎「不知火……めっちゃ見てるね」

不知火「……っ! お金も払ってるんです、見なければ勿体ないでしょう」

陽炎「あれあれ? もしかして不知火興味あるの?」

不知火「べっ……つに……」

不知火(テクニックなど何も知らないから、学び取ろうとしてるだけ……これは純粋な勉強)

あかり(こんな大音量で聞こえると、なんだか不思議な気分になるよぉ……)

陽炎(しかしまあ、なんという迫力……人がしてるところとかまじまじ見る機会ないし……)

不知火(そ、そうするんですね……なるほど……)スッ

陽炎(不知火、その指の動きは何……!? もしかして、真似してるの!?)

あかり(あかりも、あんな顔してしてるのかなぁ……?)

陽炎(あかりも結構見入っちゃってるし、あれ? もしかして結構成功だったかも?)
282 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 00:19:30.63 ID:nvHgCkAWo
今回はここまでです

百合エロアニメが劇場公開されるような世の中になるにはまだ時間がかかりそうですね
或いはもうそんな時代は過ぎてしまったというべきかもしれません
283 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 22:44:57.31 ID:nvHgCkAW0
開始します
284 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 22:51:04.64 ID:nvHgCkAW0
陽炎「いやぁ、結構ためになったね!」

不知火「……恋愛映画どころではなかったですね」

あかり「あかりはああいうところより、もっとデートとかそういう感じのところが見たかったな」

陽炎「いやいや、めっちゃあったでしょ」

不知火「あのシーンの衝撃が強すぎて全部飛んでしまいましたよ」

妖精「……」

不知火「ええ。よく受付で止められませんでしたね……普通年齢確認があるものでは?」

あかり「映画館の人も内容知らなかったのかなぁ?」

陽炎「いいじゃんいいじゃん。私らだってあそこまで進んでるわけだし、同レベルかそれ以上の見ないと進めないでしょ?」

あかり「あかりは進むより別の道を探したかったけど」

不知火「……」

陽炎「不知火は追いつかなきゃいけないもんね?」

不知火「知らないです」

陽炎「ふふん、不知火は知らないか」

不知火「早くご飯食べに行きましょう」

あかり「変に力入れて見過ぎちゃったよぉ」

陽炎「ああっちょっと! 待ってよ〜!」
285 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 22:59:32.41 ID:nvHgCkAW0
朝風「映画観に行って〜ご飯食べて〜って、それ行く時間間違えてない?」

あかり「すぐ帰って来ちゃったもんね」

朝風「もっとあるでしょ、普通」

あかり「だけど、一日中出てるわけにもいかないからね」

朝風「別にいいじゃん。ここ色々あるんだし、他の人も勝手に出回るでしょ」

あかり「それはそうだけど、なんというか……」

朝風「ま〜別になんでもいいけど〜」

あかり「朝風ちゃん、朝に比べて明らかに元気ないね?」

朝風「そりゃまあ、朝あれだけ元気だったら夜はこうなるわよ」

あかり「川内さんとは逆のパターンだよぉ」

朝風「あんま好きじゃないしね〜夜は」

あかり「じゃあちょっとでも元気出るように、今日のごほうびをあげるよぉ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 早朝ランニングに混ぜる
4 お菓子をあげる
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:03:46.50 ID:gJCjW8uDo
マッサージは無いのな
出来ればマッサージで
無理なら3で
287 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 23:10:51.64 ID:nvHgCkAW0
>>286
マッサージは××と変わらないからと思って除外してましたが、好感度100未満なら有りでいいですね


朝風「ごほうび貰うほど働いた覚えもないけど〜」

あかり「それでもあげるのが日課だよぉ」

朝風「まっ、貰えるもんは貰っとく〜」

あかり「何がいいかな〜あっ、そうだ。マッサージしてあげるね」

朝風「マッサージ?」

あかり「あかり得意なんだよぉ」

朝風「ふ〜ん、そうなんだ? そうは見えないけど」

あかり「能ある鷹は爪を隠すんだよぉ」

朝風「それなんか違くない? できるって言うならお願いするわね」

あかり「用意するからね〜」

朝風「あっ、肩叩きとかじゃなくて本格的のなんだ。ちょっと期待しとくか〜」
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:14:12.10 ID:j1hpd5UYO
これからはご褒美安価の5の欄が好感度100未満ならマッサージ、以上なら××するになるって感じかな
289 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 23:24:49.90 ID:nvHgCkAW0
>>288
固有のごほうびも入れておきたいですしその方がいいかもしれません
(残りの好感度100未満は防空棲姫だけなので、使われるかどうかはわかりませんが)



朝風「んっ、んぅ……?」

あかり「どう? 効いてる?」

朝風「効いて、るけど……」

朝風(思ってた気持ちよさとなんか違うような……)

あかり「よいしょっと……」グッ

朝風「あんっ……!」

あかり「あっ、ここ気持ちいい?」

朝風「ちょちょちょ、待って……」

朝風(眠たくなるような気持ちよさを想像してたのに……なんで、これは……)

あかり「はじめてだから、気持ちいいところを探すところからはじめるよぉ」グイッ

朝風「……っ!」ピクン

朝風(声、何とか抑えられたけど……これ以上は……!)

あかり「神風ちゃんはほぼ全身的にだけど、朝風ちゃんはどこを……ここかな?」

朝風「ふあっ……!」

あかり「ふんふん、ここら辺が敏感っぽいね〜」

朝風(くっ、こんな、私が手玉に取られて……あぁっ……!)ピクン
290 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 23:34:19.57 ID:nvHgCkAW0
あかり「よしっ! そろそろいいよね」

朝風「はぁ〜……」

あかり「元気出た?」

朝風「ふぅ、ふぅ……元気っちゃ、元気になったけども……」

あかり「これでぐっすり眠れるね」

朝風(眠れるか!)

あかり「また元気になりたいときはいつでもするからね」

朝風「いや、今度は私がする」

あかり「えっ? 朝風ちゃんもできるの?」

朝風「やってできないことはない!」

あかり「あかりがされることはあんまりないから、楽しみにしとくよぉ」

朝風(このまま終わるわけにはいかないものね!)

あかり「それは今度の楽しみにしといて、明日の秘書艦さん決めるね」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>210-211の☆のついてる艦娘以外)
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:38:18.68 ID:raeXh0Ueo
扶桑
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:38:20.29 ID:FfB1xDTBO
葛城
293 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 23:49:00.41 ID:nvHgCkAW0
朝風「明日の秘書艦、私が伝えるの?」

あかり「うん、一応最後の仕事」

朝風「そっか。最後に人働きしますか」

あかり「明日の秘書艦さんは葛城さんだよぉ」

朝風「葛城……空母の人ね。わかったわ」

あかり「お願いね朝風ちゃん」

朝風「ん、ごほうびまで貰ったんだから、その分働くよ」

あかり「おやすみ、朝風ちゃん」

朝風「おやすみ」

朝風「……あかりにその気はない、のよね? 無自覚でこれやっちゃうって結構危険な気がするわ」

朝風「ともかく、負けないくらいマッサージできるようになろう!」

あかり「朝風ちゃんとちょっとは仲良くなれたかなぁ? なれたよね! よし、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
>>210-211の朝風以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
>>210-211の朝風、吹雪、朝潮、弥生、陽炎、不知火以外から1〜3人)
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:53:02.17 ID:SCOQGWvVO
2神風
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/09(木) 23:53:09.23 ID:sPt7xJf80
2浦風
296 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 00:00:30.57 ID:1xOSeewu0
神風「朝風、そろそろ終わったかしら?」

あかり「終わったよぉ」

神風「で、私のところに来るのね」

あかり「来ちゃだめだった?」

神風「いいえ。むしろ朝風がどうだったか聞きたかったから」

あかり「どうだったか気になる?」

神風「来たばかりだしね。それに言動がちょっと不安だったから」

あかり「特に問題もなく頑張ってくれたよぉ」

神風「失礼なこと言われなかった?」

あかり「ううん、そういうことは別に」

神風「あかりの基準だからな〜」

あかり「あかりだって失礼なこと言われたら怒るよぉ」

神風「あかりがそう感じるレベルが高いって話よ。まあいいわ。もう少しゆっくり聞きましょう」

あかり「おじゃましま〜す」

>>このレスから四分後に一番近いレス
神風の寝間着

1  普通のパジャマ
2  浴衣
3  ベビードール
4  ネグリジェ
5  ガウン
6  着ぐるみパジャマ
7  着ない派
8  普段の服
9  ジャージ
10 下着
11 その他自由に
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 00:04:30.62 ID:zKN+8OLZO
7
298 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 00:07:34.88 ID:1xOSeewu0
今回はここまでです
次は神風と一緒に寝るところからです

マッサージはたまに明確に書いてますが、基本はどこをマッサージしているかは想像にお任せしています
決して考えてないだけではありませんはい
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 00:11:30.22 ID:FCidZ1PUO
乙です
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 00:14:34.76 ID:zKN+8OLZO
おつ
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 13:55:40.59 ID:vvJTkKgkO
乙。
302 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 22:51:18.03 ID:1xOSeewu0
開始します
303 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:00:30.57 ID:1xOSeewu0
あかり「っていう感じ」

神風「そう、あの子もちゃんと仕事してるのね」

あかり「夜になると若干やる気がなくなってたくらいだね」

神風「それならよし」

あかり「あはは、そんなに心配することないよぉ」

神風「それでもしちゃうものよ」

あかり「神風ちゃん根が真面目だからね」

神風「根じゃないところが真面目じゃないみたいな言い方するわね」

あかり「そんなつもりはないよぉ。あっ、そろそろ寝よう?」

神風「露骨に話題反らしたわね。いいけども」

あかり「神風ちゃんは寝るときどんな格好なの?」

神風「……き、着てると擦れたりするだけだからね!」

あかり「何が?」

神風「服着ないのよ!」

あかり「着ない派なんだね、そっか」

神風「なにその淡白な反応は!?」

あかり「だっていっぱいいるし」

神風「いっぱいいちゃうの!?」
304 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:22:37.05 ID:1xOSeewu0
あかり「むしろ直接お布団に触れるから、そっちの方が擦れない?」

神風「そうは言っても裸で布団なしで寝るわけにもいかないし」

あかり「艦娘は風邪ひかないでしょ?」

神風「でも寒さは感じるわよ! というかそれ以前の問題でしょ!」

あかり「見かけたら罰ゲームか何かかと思っちゃうよね」

神風「というかいやでしょ。裸のままそこら辺で寝ちゃう人なんて」

あかり「あかりは別にそれだけで判断しないから」

神風「でも、ちゃんと布団で寝ててほしいでしょ?」

あかり「それを言うなら服も着ててほしいけどね」

神風「そこは仕方ない」

あかり「仕方ないかぁ」
305 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:35:21.61 ID:1xOSeewu0
神風「スペース空いてると寒いから、もうちょっとこっち来てよ」

あかり「いいの?」

神風「よくなかったらそもそも一緒に寝てないわ」

あかり「そっか」ススッ

神風「触ってもらって、慣れないとね」

あかり「じゃあ服着た方がいいんじゃない?」

神風「服の刺激に慣れたいわけじゃないし」

あかり「というか、服着てるだけで敏感になっちゃうって、いつもそうなっちゃってるってこと?」

神風「……あかりが来たからだって、ちょっとは感づいてよ!」

あかり「あっ、そうだったんだ?」

神風「私の敏感さを少し貴女に分けてあげたいわ」

あかり「あかりも欲しいなって思うかな。神風ちゃんが感じてるもの、感じてみたいよぉ」

神風「いつか全部返してあげるから、今は頂戴……」

あかり「うん……」
306 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:40:22.87 ID:1xOSeewu0
葛城「おはよ」

あかり「おはようございます、葛城さん」

葛城「寒くなって来たけど、体調は大丈夫かしら?」

あかり「寒さに負けないようにランニングしてます!」

葛城「でもインフルエンザの予防接種とか受けといた方がいいんじゃない?」

あかり「注射……」

葛城「怖いの?」

あかり「怖くありませんよぉ! あかりはもう中学生ですから!」

葛城「そっかそっか、じゃあ妖精にお願いしてやってもらおうかしら」

あかり「か、艦娘は病気になりませんから、移される心配ないですし問題ないです!」

葛城「はいはい、そういうことにしといてあげるわ」
307 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:40:58.37 ID:1xOSeewu0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風☆
308 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:42:00.22 ID:1xOSeewu0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城☆
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火◇☆木曾
309 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:52:27.23 ID:1xOSeewu0
葛城「風邪ひくってどんな感じなの?」

あかり「ん〜体が熱くて怠くて重くなります」

葛城「めちゃくちゃ疲れてるのとどう違うの?」

あかり「どう違う……ん〜感覚的に熱さとか怠さが違うんですよね。汗が出ませんし」

葛城「汗かくと熱下がるって言うよね」

あかり「いっぱい走るとこう、胸が苦しい〜ってなりますけど、風邪のだるさはこう重力の重さを感じるようになったというか」

葛城「ふぅん、よくわかんない」

あかり「分からなくていいと思いますよぉ。楽しいことじゃないですから」

葛城「そうね。でもたまに、そういう不便な面でも人間らしくなってみたいなって思うこともあるわ」

あかり「……」

葛城「って、朝からそんな重い話するもんじゃないわね! 一発目、どうするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>307-308の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 23:56:27.27 ID:hKPMqI4+o
1朝風
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/10(金) 23:56:30.12 ID:4wnr4lDv0
1筑摩
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 23:56:41.10 ID:vbypYw78O
1ぬいぬい
313 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/11(土) 00:04:28.69 ID:my+Jb4+/0
今回はここまでです
次は小ネタからです

ハンコ注射とかいう入れ墨よりよっぽどひどい肌破壊兵器今はないそうですね
注射は大丈夫ですがさすがにあれはちょっと怖いですね
314 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/11(土) 22:42:39.46 ID:my+Jb4+/0
今日はちょっと書けそうにないので↓1〜2で追加の小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 22:46:43.02 ID:O9G0WeyKO
>>165の続きをお願いします
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 22:47:11.45 ID:YsJdB+cX0
あかり提督
全て終わって元の世界に戻るはずが目が覚めたら叢雲と一緒にアズレンの世界に行ってて司令官をやることに
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 22:49:40.99 ID:YsJdB+cX0
アズレンあんま知らなかったら安価下に下げてください
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 22:51:30.91 ID:0sbHxjSNo
んじゃ念の為安価下用に
エッチなマッサージで朝風を骨抜きにするあかり(r-18)
319 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 22:45:55.07 ID:yIQnEAcr0
昨日一昨日とすいませんでした
小ネタは今日も終わりに追加しますね

アズレンはやったことないのではじめてみました
にわかになりますが頑張ってみます

あかりの裏人格に××される神風の小ネタから開始します
320 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 22:59:51.37 ID:yIQnEAcr0
あかり「ふんふん〜」

あかり「今日はどこに行こうかなぁ」

あかり「神風ちゃんに会いに行こうか、なっ……!?」ズルッ

あかり「なんでこんなところにバナナの皮が〜!」ゴンッ



神風「んっ? なんか嫌な予感が……」

あかり「……」

神風「あかり……じゃなくて貴女は……!」

あかり「ひどいわぁ、私もあかりなのに」

神風「なんか違うのよ貴女は!」

あかり「最近は元の方も私っぽくなって来たわよぉ」

神風「いや貴女っぽいっていうのとは違うでしょ」

あかり「ええ〜そうかしらぁ?」グイッ

神風「少なくともこんなふうに脈絡なく服脱がそうとはしない〜!」
321 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 23:13:00.99 ID:yIQnEAcr0
神風「それで脱がされる私も私か……」

あかり「神風ちゃんは本当にエッチ好きねぇ」

神風「誰のせ――んっ」チュッ

あかり「……それ、もう禁句でしょ?」

神風「……うん」

あかり「ふふっ……じゃあ、はじめましょうか」スッ

神風「はぁっ……」

あかり「神風ちゃんは何でもないところに触れても、敏感に反応してくれるから好きよ」

神風「こんなんじゃ、なかったのに……」

あかり「あかりに随分と開発、されたもんね」

神風「むちゃくちゃにして来たの、貴女なんでしょ……?」

あかり「敏感になるまで触ってたのは表の顔よ」

神風「裏にこんなの秘めてるだけあって、あっちも実はあれね……」
322 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 23:29:40.44 ID:yIQnEAcr0
神風「んっ、んんぅ……」ピクン

あかり「おへそこちょこちょしてるだけなのに、いやらしい声出しちゃってるね」コチョコチョ

神風「はぁぁ、はぁ……おへそって、わりと、来るでしょ……」

あかり「好きな人いるわね。神風ちゃんはどこでも喜ぶけど」

神風「はぅんっ……!」

あかり「体の部位じゃなくて、場所もどこでもね」

神風「んっ……!?」

あかり「また満員電車で遊ぶ? 今度はしっかり痴漢してあげよっか……?」

神風「やぁっ、やめて……」

あかり「駅のトイレなんて、外に誰がいるかもわからないのに……あかりもはずかしかったんだよぉ……?」

神風「んんんぅ……!」ゾワゾワ

あかり「ついに触らなくても感じちゃうようになった?」

神風「わ、私を変な感覚に目覚めさせないでよ……」
323 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 23:48:10.27 ID:yIQnEAcr0
あかり「おっぱい触ってほしい?」

神風「だれが……」

あかり「口ではどう言っても、そんなに張られたらわかっちゃうよ」

神風「うぅぅ……」

あかり「素直じゃない子にはちょっと意地悪しちゃう」

神風「なによいじわるって……」

あかり「おねだりするまで触ってあげない」

神風「なっ……」

あかり「可愛くおねだりしてくれるまでは、くすぐるだけね」

神風「い、いいわよ別に……貴女が引っ込むまでくすぐってれば……」

あかり「ふふふっ、どこまで耐えられるかしら」
324 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 00:10:46.74 ID:jsr7UjEb0
神風「あぁっ、あっ……」

あかり「まだ5分も経ってないけど〜?」

神風「んぅ、ぅ……」

あかり「別に嫌じゃないんでしょ? だったら、ほら、我慢しないで……」

神風「はぁ、はぁ……」

あかり「神風ちゃん、さぁ……」

神風「ふぁぁ……」

神風(もう、限界……!)

神風「お願い……これ以上焦らさないで……」

あかり「う〜ん、それはおねだりとはちょっと違うかな。それもそれで来るものがあるけど」

神風「お願い、します……胸を……張りつめて……ずっと、欲しかったの……お願い、触ってくださいっ……!」

あかり「くすっ……上出来」スッ

神風「あっ、ああぁっ……!」
325 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 00:25:56.39 ID:jsr7UjEb0
あかり「敏感なところを触ってあげた方が、反応がいいね。当たり前だけど」

神風「んんんっ……!」

あかり「いっぱい我慢した分、気持ち良くなったでしょ?」

神風「ふぅ、ふぅ……」

あかり「神風ちゃんは数の気持ちよさを知ってるから、次は質の気持ちよさを教えてあげるの」

神風「し、つ……?」

あかり「そう。たくさんするより、1回の気持ちよさを突き詰めてみるの」

神風「この上ないくらいになるのが、絶頂……でしょ……?」

あかり「それにも差があるってわかってるくせに……」

神風「はぁぁ……」

あかり「いっぱい気持ちいいのを貯めて、それから。だから、これからももうちょっと我慢してもらうからね〜」カプッ

神風「あ、あっぁぁ〜……!」

神風(私が普通にあかりと愛し合える日はいつになったら来るのかしら……)
326 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 00:27:55.17 ID:jsr7UjEb0
今回はここまでです
次は本編の続きからです

裏人格と統合して来たような感じになってますがまだ裏人格の方が積極的です

↓1で小ネタ追加募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:28:07.00 ID:Ug5GfNJvo
>>318
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/14(火) 00:28:37.43 ID:wcDpz+xO0
未体験組の間でのマッサージの噂
329 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 22:43:00.46 ID:jsr7UjEb0
開始します
330 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 22:48:44.78 ID:jsr7UjEb0
朝風「おっはよ〜あかり!」

あかり「おはよう朝風ちゃん。朝は元気だね」

朝風「昨日言ったでしょ。朝は元気にして夜に寝るんだって!」

あかり「落差が凄くてね」

朝風「そりゃ起きて元気いっぱいなのと、これから寝るってときじゃ大きく差があるに決まってるわ」

あかり「まあ、元気なのはいいことだよね」

朝風「そうそう。あかりも元気出していきなさい!」

あかり「うん。ところで、朝風ちゃんはこれから用事ある?」

朝風「ないわ。元気を持て余したところ」

あかり「じゃ、ちょっとあかりに付き合ってね」

朝風「また親睦を深めようってわけね。いいわよ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 他の神風型について
2 マッサージのお返し
3 朝の元気の秘訣
4 その他自由に
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:52:45.84 ID:3X57v0MRO
332 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:03:32.13 ID:jsr7UjEb0
あかり「じゃあね〜昨日言ってた朝風ちゃんがマッサージしてくれるっていうの!」

朝風「えっ、もう?」

あかり「やっぱりまだ早すぎた?」

朝風「い、いやぁ? 私にかかればマッサージくらい!」

あかり「じゃあお願いね」

朝風「そこ座って」

あかり「ん」

朝風「肩揉みから行くわよ」

あかり「お願いしま〜す」

朝風(やったことないけど、ええいままよ!)

↓1 コンマ

0〜30  ド下手くそ
31〜65 普通
67〜98 上手い
ゾロ目  あかりと同じ
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:05:27.57 ID:b0suh2xfO
334 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:11:03.88 ID:jsr7UjEb0
朝風「……どう?」

あかり「ん〜? ん〜普通」

朝風「普通って何よ?」

あかり「なんて言うか、普通」

朝風「ぐぬぬ、何よそれ〜!」

あかり「でも、普通に気持ちいいよぉ」

朝風「普通に、は余計!」

あかり「いや、あかりはこの普通の気持ちよさを求めてたんだよぉ」

朝風「はぁ?」

あかり「うん、落ち着くよぉ。いい気分〜」

朝風(なんかよくわからないけど、気に入ってるみたい?)
335 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:19:06.36 ID:jsr7UjEb0
朝風「腕とかもマッサージしていい感じ?」

あかり「いいよぉ〜」

朝風「わかった」ギュッギュッ

あかり「あはは、やっぱりそうやってもらうと、こってたんだなぁってわかるね」

朝風「普段暮らしてるだけでも負荷はかかるものだもの。とはいえ、貴女の歳ならそんなに気にならないはずだけど、何か負荷がかかるようなことしてるの?」

あかり「えっ!? そ、それは、その、朝のランニングとかね」

朝風「ランニングねぇ。腕も振るし、負荷かかることもあるか」

あかり「そうなんだよぉ。動かしてるのは全身だからね」

朝風「なら、効いてるのか効いてないのかよくわからないけど、私のマッサージでほぐしてあげる」

あかり「ありがと〜……」

朝風(普通普通言われるのは癪だけど、喜んでもらえるなら嬉しいものね)
336 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:29:45.63 ID:jsr7UjEb0
あかり「はぁ〜気持ちよかった」

朝風「ふっ、これで昨日の借りはかえ……」

あかり「どうしたの朝風ちゃん?」

朝風(そうだ! 私昨日のあれの仕返しするつもりだったんじゃん! 何普通に喜ばせてんの!?)

あかり「朝風ちゃ〜ん?」

朝風「な、何でもないわ。これで昨日の借りは返した、わね」

あかり「昨日のはごほうびなんだし、むしろあかりが借りを返してたって言うべきかな」

朝風「それでも、あれよ。特に大きな仕事したわけでもなかったんだから、過剰に貰った分を返したってところ!」

あかり「気にしなくていいのに」

朝風「これでもう気にしないわ! でも、あれよ……これからも疲れたなってときは私のところに来ていいわ」

あかり「マッサージしてくれるの?」

朝風「元気があればね」

あかり「やったぁ!」

朝風(また今度、やり返してやるわ! 見てなさい!)

あかり「また楽しみが増えたよぉ。それじゃ、あかりはそろそろ行くね」

朝風「ええ、またね」

朝風(ああやって毎日鎮守府の中を駆け回ってるのも、負担になってるのかしらね。やっぱ、もう帳消しに……いや、ここはちゃんとやり返さないと!)

あかり「ふふん、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>307-308の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風以外から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:34:02.49 ID:wcDpz+xO0
1筑摩
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:34:05.72 ID:Ug5GfNJvo
1弥生
339 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:48:15.15 ID:jsr7UjEb0
筑摩「おはようございます、あかり」

あかり「あっ、おはようございます筑摩さん」

筑摩「なんだか機嫌良さそうですね」

あかり「朝風ちゃんにマッサージしてもらってました!」

筑摩「あら、マッサージが必要なくらいお疲れですか?」

あかり「気づかない内に疲れてたみたいです」

筑摩「多くを経験してたくましくなったとはいえ、女の子なんです。あまり無理はいけませんよ」

あかり「はぁい」

筑摩「ふふっ、よろしいです。お時間よろしければ、少し私と一緒にいてください」

あかり「あかりにご用事ですか?」

筑摩「急ぎの用はありませんよ。でも、一緒にいたいだけです」

あかり「はい、わかりましたよぉ。時間はいっぱいあるので、筑摩さんと一緒にいますね」

筑摩「ありがとうございます」

筑摩(久しぶりに2人きりになれたんですし、ここで大きく進みたいところですが……何をすれば……)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 改造したいと言う
2 マッサージ(意味深)する
3 膝枕で寝かせる
4 その他自由に
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:52:15.16 ID:51SyiXEvO
3
341 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 00:06:27.97 ID:Oc/XvH1K0
筑摩(私もマッサージするとかいって、そちらに……いや、無理するなと言っておきながらそれはいけません!)

筑摩(それに頼らなくたって、前には進めますから)

あかり「ん〜」

筑摩「マッサージ受けて眠くなってません?」

あかり「さすがにまだ起きたばかりですし。でも少し横になりたい気分です」

筑摩「それではこちらへどうぞ」ポンポン

あかり「お膝ですか?」

筑摩「はい。あまり柔らかくはないかもしれませんが」

あかり「たぶん、そんなことないと思いますよ」

筑摩「それは私の足が太いと仰ってます?」

あかり「仰ってません仰ってません! 柔らかいのと太いのとは違いますので」

筑摩「くすっ……わかっていますよ。さっ、はやく」

あかり「あ〜、じゃあおじゃまします?」

筑摩「いらっしゃいませ」
342 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 00:09:22.94 ID:Oc/XvH1K0
まだ続きますが今回はここまでです

長いので短縮しましたが、あかりと同じはあかりと同じようにちょっと触っただけで(性的に)気持ちよくさせられるという意味でした
上手いという設定からちょっとずれた感じになっちゃっていますので
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:18:46.29 ID:SAYmrS1Wo
乙です
344 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 22:44:17.03 ID:Oc/XvH1K0
開始します
345 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 22:53:01.24 ID:Oc/XvH1K0
あかり「ほら、やっぱり柔らかいですよぉ」

筑摩「本当ですか?」

あかり「筑摩さんもしてみればわかります」

筑摩「物理的に無理ですから」

あかり「おっぱいおっきいですもんね」

筑摩「胸の問題ではなく」

あかり「ちょっとお腹に寄ったら顔が見えなくなっちゃいます」ススッ

筑摩「あぁ、隠れないでください」グイッ

あかり「むぐっ……!」ムニ

筑摩「あら、顔が見たかったのに隠れてしまいましたね」

あかり「むぅ、あかりがやってもこうはならないのに」

筑摩「私だって普通はなりませんよ。わざとしなければ」

あかり「わざとしたんですか?」

筑摩「さあ、どうでしょうね」
346 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:02:02.38 ID:Oc/XvH1K0
あかり「そういえば、まだ泳ぎの練習してるって聞きましたよぉ」

筑摩「練習ではなく、忘れないように定期的に行ってるだけです」

あかり「そう簡単に忘れませんから」

筑摩「そうでしょうけど、もう定期的に行くのがサイクル化していますので」

あかり「帰った後が大変ですよぉ」

筑摩「近くにプールないんですか?」

あかり「ジムとか行けばあるかもしれませんけど」

筑摩「うちの豪華なプールに慣れていたら、競泳用の簡素なプールでは物足りないかもしれません」

あかり「色々と今より不便になっちゃいますよぉ。お風呂も小さくなりますし」

筑摩「お風呂が小さいのは悪いことばかりではありませんが」

あかり「えっ、何でですか?」

筑摩「狭いお風呂に1人でゆったり浸かるのもいいものです」

あかり「そう言えるってことは、水に浸かることはもうすっかり慣れてますね」

筑摩「お風呂には潜りませんしね。でも、苦手だって言ったら一緒に入ってくれます? 狭いお風呂に」

あかり「苦手だって言わなくても一緒に入ってって言えば入りますよぉ」

筑摩「それは、ふふっ、ゆったり浸かれなくなっちゃいますね」
347 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:17:21.86 ID:Oc/XvH1K0
あかり「ん〜……!」ググッ

筑摩「もういいんですか?」

あかり「はい、もう大丈夫ですよぉ」

筑摩「私がよくないのでもう少し寝ててください」グッ

あかり「ええっ!?」

筑摩「こんなにゆっくりお話しするのは久しぶりなんですから、少しくらいサービスしてください」

あかり「はぁ、構いませんけど」

筑摩「ありがとうございます」

あかり「でも足痺れません?」

筑摩「痺れたら突いてもいいですよ」

あかり「ええ〜しませんよぉそんなこと」

筑摩「むしろしてほしいんですけど」

あかり「何でですか?」

筑摩「それも触れ合いですよ」

あかり「痺れてないときの方がいいですよぉ。今つつきます」ツンツン

筑摩「うふふ、くすぐったいですよあかり」

あかり(筑摩さんがいつにもなく触れ合いを求めてる。やっぱり寂しいのかな? 櫻子ちゃんに利根さん連れて遊びに来てもらう?)

あかり(それともこっちから……でもまずはこのあとをどうするか考えるよぉ)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>307-308の朝風、筑摩、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩以外から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:21:21.77 ID:etJhgVLIO
1天津風
349 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:34:58.55 ID:Oc/XvH1K0
連装砲くん「きゅ〜」ピュー

あかり「連装砲くん、どうしたの?」

天津風「待ちなさい連装砲くん!」

連装砲くん「きゅきゅ〜!」サッ

天津風「こら、あかりに隠れてもダメ! 整備受けるの!」サッ

連装砲くん「きゅうきゅ〜」ピュー

天津風「ああもう、何でいつもいやがるのよ〜!」ダッ

あかり「いやちょっと、あかりの周りを回らないで〜!」

連装砲ちゃん「きゅきゅ〜ん」ガシッ

連装砲くん「きゅう!?」

連装砲ちゃん「きゅ〜う」グイグイ

連装砲くん「きゅ、きゅ〜……」

あかり「連装砲ちゃんに連れてかれちゃった」

天津風「整備の日になるといつもこれなんだから。戦わないにしても、悪くなってないか調べた方がいいんだって何回も言ってるのに」

あかり「連装砲くんたちも整備してたんだね」

天津風「当たり前でしょ。急に動かなくなったりしたら悲しいじゃない」

あかり「連装砲くんたち機械なの?生き物なの?」

天津風「気にしないでいいわ。それよりも、せっかく会ったんだしこのまま遊びましょう」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 どっちが島風の長姉かという話
2 最近の陽炎型について
3 寒いのでくっつく
4 その他自由に
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:38:58.51 ID:usWHeQUoO
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:39:10.29 ID:K6QgdgE9O
352 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:49:00.24 ID:Oc/XvH1K0
あかり「そうだね、遊ぼう」ピト

天津風「んんっ、何でくっつくのよ?」

あかり「寒いから」

天津風「またそうやって人を暖房扱いする!」

あかり「だってあったかいだもん〜」グデー

天津風「ああん、嬉しいけどそこまで寄っかかられると重い!」

あかり「艦娘でしょ〜」

天津風「重量が肩に集中しすぎなの!」

あかり「じゃあ全体的にくっつく!」

天津風「ちょっと、こんな往来ではずかしいから! もぉ〜」

あかり「天津風ちゃんまた煙出てるよぉ」

天津風「そういうもんだからしょうがないでしょ!」
353 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:59:50.48 ID:Oc/XvH1K0
天津風「私がもうちょっと抱き心地がある体してれば……」

あかり「ん?」

天津風「浜風……いや浦風くらいはあれば」

あかり「抱き心地はおっぱいで決まるものじゃないから」

天津風「別に胸だけで言ってるわけじゃないわよ。スタイルとか、いいでしょあの子達」

あかり「そういえば、天津風ちゃんの方がお姉ちゃんだっけ」

天津風「私はここにいる中じゃ不知火と陽炎の次にお姉ちゃんよ! と言っても全体で見れば真ん中くらいだけど」

あかり「雪風ちゃんの方がお姉ちゃんなんだっけ」

天津風「まあね。まあ、谷風ほどじゃなかっただけいいか」

あかり「抱き心地とは違うけど、谷風ちゃんくらいだと抱っこしやすいよね」

天津風「ぐぬぬ、中途半端か私は」

あかり「天津風ちゃんはあかりと同じくらいだから、抱きしめやすいんだよぉ」

天津風「抱っこじゃなくて?」

あかり「抱っこはちょっと厳しいかなぁ。されたい?」

天津風「いいわよ、このまま抱きついてて」
354 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 00:07:03.93 ID:xbT0mLe80
あかり「ぽかぽか〜」

天津風「湯たんぽだったりカイロだったり、忙しいわね」

あかり「加賀さんも体温高いんだよね」

天津風「加賀さんには、こういうことできないわよね」

あかり「させてくれるとは思うけどね」

天津風「あかりにはそうでしょうけど」

あかり「2人に挟まれてたら暖房いらないかも!」

天津風「あのねぇ」

あかり「あはは、天津風ちゃん達が寒いかぁ」

天津風「別に、あかりも体温高いし」

あかり「そう?」

天津風「そうよ! それに、あかりとくっついてたら余計暑くなるんだもの」
355 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 00:08:31.99 ID:xbT0mLe80
今回はここまでです

もうだいぶ寒いですがまだまだこれからなので気を付けていきたいですね
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 01:26:41.43 ID:vYqxbi+G0
乙です
357 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 22:44:57.05 ID:xbT0mLe80
開始します
358 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 22:50:35.91 ID:xbT0mLe80
あかり「葛城さんも雲龍さんほどではないですが寒そうな格好してますよね」

葛城「えっ、結構厚着じゃない?」

あかり「厚着じゃないです」

葛城「雲龍姉が基準になっちゃってたのかなぁ」

あかり「風邪ひいてみたいのはわかりましたけど、風邪はわざとひくものじゃないですから。体を大事にしてください」

葛城「いや風邪ひくためにやってるわけじゃないんだけど」

あかり「せめて瑞鶴さんと同じくらい着ましょう」

葛城「私が瑞鶴先輩とお揃いの服で!? そんな、恐れ多い!」

あかり「いえ、お揃いじゃなくていいので同じくらい暖かくしてくださいっていう意味です」

葛城「いやぁ、でも翔鶴先輩に悪いし……」

あかり「聞いてない……あかりはこれからどうしようかな」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>308の朝風以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風以外から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 22:54:37.67 ID:9wTHgKL4o
3葛城、瑞鶴3
360 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 22:58:36.26 ID:xbT0mLe80
瑞鶴「妹ちゃん、いる?」

あかり「瑞鶴さん」

葛城「瑞鶴先輩!」

瑞鶴「あら、葛城もいたのね。じゃあ一緒に行くか」

あかり「どこにですか?」

瑞鶴「街に遊びに」

葛城「わ、私がご一緒してもいいんですか!?」

瑞鶴「貴女だけ仲間外れにするわけないじゃない」

葛城「やったぁ!」

瑞鶴「ちょっと遊びに行くくらい、何回かあるのにその喜び様はなに?」

葛城「何回だって嬉しいですよ!」

あかり「そうですよぉ。何回だって嬉しいんです!」

瑞鶴「あぁ、そうなの。喜んでもらえて何より。じゃ、行きましょうか」
361 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 23:11:01.48 ID:xbT0mLe80
葛城「どこに行きます?」

瑞鶴「妹ちゃんに姉っぽいことをしようと思ってたんだけど」

あかり「姉っぽいことって何ですか?」

瑞鶴「なんか奢るとか?」

あかり「アバウトですね」

葛城「では私が後輩として何か奢ります!」

瑞鶴「それじゃ瑞鶴が後輩にたかる悪い先輩みたいじゃないの」

あかり「そもそも何を奢るんですか?」

瑞鶴「ん〜? あ〜、お菓子とか?」

あかり「お菓子は手作りしてくれる方がお姉ちゃんっぽいです」

瑞鶴「買ったものの方がおいしいわ」

葛城「そうでもないかと……あっ、私はその、服を見に行きたいですね」

瑞鶴「そうね、冬物の服買った方がいいわよね。雲龍のも含めて」

葛城「せ、先輩と同じものを……」

あかり「だから同じ物じゃなくていいって言ってるのに」

瑞鶴「瑞鶴と同じって、こんな服そこらじゃ売ってないわよ。世間一般じゃコスプレ扱いでしょ」

葛城「じゃあコスプレ屋行きます!」

瑞鶴「おいおい……あっ、妖精はどっか行きたいところあるの?」

妖精「……」

葛城「コーヒーショップ? ドライブするときの眠気覚ましによく飲んでるって、貴女そんな小さいのにカフェイン過多になったりしない?」

瑞鶴「妖精の体にツッコむのはやめた方がいいわ」

あかり「艦娘もそうだと思いますけどね。えっと、どこに行きましょうか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 駄菓子屋
2 コスプレショップ
3 コーヒーショップ
4 その他自由に
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:14:57.70 ID:CVO870So0
3
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:15:01.50 ID:tRyhHVcAO
364 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 23:32:00.95 ID:xbT0mLe80
葛城「弓道着弓道着……あっ、胸当ても探さないと」

あかり「胸当てまで付けるんですね」

瑞鶴「でも瑞鶴と同じだとサイズ合わないわよ」

葛城「そこはほっといてください!」

あかり「部活服コーナーはあっちみたいです」

葛城「よ〜し! 行きますよ先輩!」

瑞鶴「はいはい。瑞鶴は普段からこれなんだから、見る必要ないけどね」

あかり「葛城さんは瑞鶴さんのこと本当に好きなんですね」

瑞鶴「一航戦じゃなくて、瑞鶴を慕うところは見所あるけどね。まあ、あの子が竣工したときにはもう……」

あかり「瑞鶴さん?」

瑞鶴「ううん、何でもないわ。可愛い妹ちゃんだけじゃなくて、後輩までできて。幸せなことだわ」

あかり「あかりにとってはどっちもお姉ちゃんですけどね」

瑞鶴「いやいや、瑞鶴のがお姉ちゃんだから。葛城はお姉ちゃんって感じじゃないでしょ」

あかり「そうですか? 葛城さんもわりとそういうところあると思いますよ」

瑞鶴「瑞鶴の方がいいお姉ちゃんだし!」

あかり「後輩と張り合っちゃだめですよぉ」
365 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 23:45:26.72 ID:xbT0mLe80
葛城「白……いや、あえての最終決戦仕様で……」

あかり「悩んでますね」

葛城「基本にするか、マニアックなところを攻めるかの鬩ぎあいだよ」

瑞鶴「マニアックっていうか、それ死に装束の色だからねある意味」

葛城「不吉ですかね?」

瑞鶴「今となっちゃそうでもないわよ。好きにしなさい」

葛城「ううむ……」

あかり「あはは、葛城さんが悩みこんじゃってます」

瑞鶴「んん?」

あかり「どうしたんですか、瑞鶴さん?」

瑞鶴「いや、この白い羽織りと何故か胸元が露出してる緋袴みたいなの、何でか知らないけど気になるのよね」

あかり「こっちの日本刀も持ったら、和風なゲームに出て来るキャラクターみたいですよぉ」

瑞鶴「何でかしら……グレイゴースト――エンタープライズのことを思い出すのは……」
366 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 23:55:02.24 ID:xbT0mLe80
葛城「どうですか? 似合ってます?」シャッ

あかり「はい、似合ってますよぉ」

葛城「あれ? 瑞鶴先輩は?」

あかり「瑞鶴さんも服持って試着室に入っていきましたよぉ」

葛城「瑞鶴先輩に見てほしかったのに」

あかり「着替えたらすぐ出て来ますから」

瑞鶴「お待たせ〜」シャッ

葛城「瑞鶴先輩……ってなんで雲龍姉みたいな格好を!?」

瑞鶴「今の瑞鶴になら似合うかと思ってね〜どう?」

あかり「似合ってるんじゃないですか?」

瑞鶴「そんな目を逸らしながら言われてもな〜ちゃんとお姉ちゃんのことを見て言いなさい」

あかり「雲龍さん、おっぱいに目が行きがちですけどスカートもだいぶあれなんですよね……」

葛城「スカートっていうかあれほぼ腰みのだよね」

瑞鶴「パンツもだいぶ大胆だしねぇ。ちなみに瑞鶴のはこんな感じ」ピラッ

あかり「見せなくていいですから!」

葛城「他のお客さんもいますし!」

瑞鶴「おっと、そうね。この装備は妹ちゃんと遊ぶとき専用〜」

葛城「むぅ〜! せっかく私が同じ服になったんですから、元に戻ってください!」

瑞鶴「はいはい、わかったわかった」

葛城(遊ぶときっていうか、あれだよね……今日はごほうびもあるし……私も何か用意しといた方がいいのかな? いや、それともあかり用に……)

あかり(また何か嫌な予感がするよぉ)
367 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 00:01:28.49 ID:s0KiS95W0
瑞鶴「また行きましょうね」

あかり「コスプレ屋さんにですか?」

瑞鶴「衣装屋じゃなくて、プレイできる方行く?」

葛城「もう、先輩!」

瑞鶴「別に葛城なら一緒でもいいけど。ふふっ、じゃあね」

葛城「いい、一緒でいいってなんですかぁ!」

あかり「あははは……葛城さん弓道着の他に何か買ってませんでした?」

葛城「えっ!? いや、ひ、秘密だよ」

あかり「ええ〜知りたいです!」

葛城「だ、だめ! まだ教えられないから!」

あかり「まだってことはいつか教えてくれるんですね? ならそのときを待ちますよぉ」

葛城「そう、静かに待ちなさい。で、次はどうしよっか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>308の朝風以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城以外から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、葛城、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:04:58.80 ID:vxCH24KWO
5舞風
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:05:30.28 ID:vxCH24KWO
途中送信してしまった
5舞風2
370 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 00:15:46.55 ID:s0KiS95W0
今回はここまでです
次は小ネタからです

>>1の中では今いる空母の中での順位は千代田>雲龍>千歳>=蒼龍>龍鳳(大鯨)>飛龍、加賀>瑞鶴(改二)>鳳翔>葛城>大鳳、瑞鳳くらいに思ってます
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 03:07:33.65 ID:vNn8mu/fO
372 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 22:43:36.97 ID:s0KiS95W0
開始します
>>165の続きから
373 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 22:52:59.79 ID:s0KiS95W0
不知火「不知火は、あまりいい体ではありませんが……」

あかり「あかりだってそうだよぉ」

不知火「あかりんは、それはそれで需要がありそうです……」

あかり「ぬいちゃんだってあるよぉ」

不知火「誰に、ですか……」

あかり「あかりに」

不知火「そんな、歯の浮くような台詞を……」

あかり「ぬいちゃんだって、あかりの需要があるでしょ?」

不知火「あります、けどっ……んっ!」

あかり「早く始めちゃおっか」

不知火「……ん」
374 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:01:23.29 ID:s0KiS95W0
不知火「裸を晒すというのは……存外心に来るものがありますね……」

あかり「やっぱり綺麗だから需要あると思うよぉ」

不知火「あかりんと、陽炎以外には……」

あかり「もっとあるからきっと……」

不知火「あったとしても、供給されるのはあかりんだけ、です……」

あかり「えへへ、ありがとうぬいちゃん。じゃあ、触るね」

不知火「はい……」

あかり「……」スッ

不知火「あっ、はっ……」ピクン

不知火(あれ……?)

あかり「おっぱい触られるって思った?」

不知火「……っ!?」

あかり「ぬいちゃんいきなり触るとびっくりしそうだったから。それに、今はどこ触ってもすごく気持ちいいと思うし」

不知火「やっぱり、手馴れてる……」

あかり「いっぱい経験あるから」
375 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:14:32.85 ID:s0KiS95W0
あかり「触ってほしい?」

不知火「そんなこと……あります」

あかり「あれ? ないって言われるかと思ったよぉ」

不知火「不知火も場はわきまえます……今は、あかりと愛を語る時間ですから」

あかり「そっか、嬉しいよぉ」

不知火「そのきっかけが、あめというのも締まらないものが、ぁっ、ありますが……」

あかり「そういうのは何かのきっかけが必要なんだよぉ。今回はあめだっただけ」

不知火「きっかけがあめになった人は……何人いるんでしょうね……?」

あかり「何人だろう……あかりもだし……」

不知火「罪作りな、人です……」

あかり「あはは……」
376 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:30:22.32 ID:s0KiS95W0
あかり「そ〜っと」

不知火「ふぅっ……」プルプル

あかり「ぬいちゃん震えすぎだよぉ」

不知火「副作用のせいもありますから……」

あかり「ちょっとでも紛らわせられればいいけどね」ツン

不知火「ふぅんっ……!」ピクン

あかり「ちょっとツンってしただけだけど、やっぱり反応しちゃう?」

不知火「ふぅ、ふぅ……してしまいますね……」

あかり「怖い?」

不知火「大丈夫……怖さより、好奇心や……あかりんへの想いが勝ります」

あかり「すぐに怖くなくしてあげるからね」サッ

不知火「あぁ、ああっ……!」
377 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:42:57.18 ID:s0KiS95W0
不知火「んぅ、んっ……」

あかり「今のぬいちゃんの表情なら、すぐに読めるね」

不知火「表情が読める、どころじゃないです……」

あかり「あかりが感じていて欲しいことを感じてくれてる……それがわかるのが嬉しい……」

不知火「あかりん……」

あかり「だからもっと感じさせたくなるよぉ」クリクリ

不知火「あぁぁんっ……!」

あかり「ふふっ……もっといろんな表情を見たいな……」

不知火「はぁ、はっ、今、は、こんな顔しか、あぁっ、見せられない……」

あかり「ううん、ちょっとずつでも違ってるよぉ。あかりはちゃんと見てるからね。どこをどうされるのが、一番好きなのかも……」

不知火「あっ、あああっ……!」
378 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:54:59.05 ID:s0KiS95W0
不知火「あ、あかり、ん……」

あかり「なぁに、ぬいちゃん?」

不知火「あかりん、もぬい、で……」

あかり「あかりも脱いでほしいの?」

不知火「……うん」

あかり「需要があるからね」

不知火「それは不知火だけに供給されるわけではないので……できるときに、できるだけを……」

あかり「ん、よいしょっと……」

不知火「はぁぁ……」

あかり「そんな食い入るように見られると、はずかしいよぉ」

不知火「あかりんも、赤くなって、ます……肌が……それに、ぬれ……」

あかり「あかりの方からしたいって言ったこと、してるんだもん……」

不知火「はぁ、はぁ……感じててほしいことを、感じていたら嬉しい、ですか……こういう気持ち、なんですね……」
379 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 00:09:21.21 ID:6PF5bt8M0
あかり「ぬいちゃん、足開いて」

不知火「えぇ……?」

あかり「足をこうして……で、あかりがこうするの」

不知火「そ、そんな、の……気持ちいい、んですか……?」

あかり「やってみたらわかるよぉ……んっ……」

不知火「ん、くっ……!」ピクン

あかり「気持ちいい……?」

不知火「んっ、あぁん……はぁっ……んんっ……!?」ビクン

あかり「気持ちいいところ、触れ合ったら、すごく……はぁっ……」

不知火「こんなこと、がっ……はぁっ……」

不知火(不知火が知らないようなことがまだ、たくさんあるんですね……)
380 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 00:21:46.71 ID:6PF5bt8M0
あかり「収まった?」

不知火「おかげさまで」

あかり「よかったぁ」

不知火「不知火との行為がですか?」

あかり「どう反応するか困るねその質問」

不知火「不知火が素直に言ったのですから、素直に言ってください」

あかり「ん、よかった」

不知火「……」

あかり「素直に言えって言ったのに!?」

不知火「ふっ……最後、あかりが達する表情が見られなかったのが残念です」

あかり「あかりだってぬいちゃんの見られなかったよぉ」

不知火「そういう弊害もあるんですね」

あかり「あるあるだよぉ」

不知火「練度は上がり切りましたが、まだ学ぶことは多いようですね」

あかり「これを学んじゃうの?」

不知火「あかりんが知らない内に経験値を貯めているので、ついていけるようにです」

不知火「そのあかりんからしか、経験値は貰えませんけどね……」
381 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 00:23:27.58 ID:6PF5bt8M0
今回はここまでです
次は叢雲とアズレンの世界に行くところからです

まだようやく3-4安定して来て修理装置を集めに勤しんでる程度のにわかの知識になりますがご了承ください
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:25:17.40 ID:kh6X6FUzO

アズレンやってないけど面白いの?
383 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 22:48:50.28 ID:6PF5bt8M0
>>382
個人的にはわりと面白いです

開始します
384 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 22:59:59.04 ID:6PF5bt8M0
奈々「すまないな、今まで時間がかかってしまって」

あかり「いえ。こうしてちゃんと出来上がったんですからいいですよぉ」

京子「はぁ〜帰ったらまた学校かぁ。めっちゃ忘れてそう」

榛名(京子)「榛名達がちゃんと勉強付けてたんですから大丈夫ですよ」

ちなつ「何となく、お姉ちゃんに会ったら泣いちゃいそう。変に思われないかな?」

電「電が一緒にいる時点で怪しまれちゃいます」

結衣「こっちで買ったゲーム幾つか持って帰れないかな?」

北上「一応異世界なんだしやめた方がよさげ」

叢雲(あかり)「で? なんでごらく部って言ったっけ? この4人だけなのよ?」

奈々「うむ、テスト運用もしていないからな。いきなり全員一斉にというわけにもいかんさ」

京子「ちょいちょい西垣ちゃん! それ私らでテストするってこと!?」

妖精(猫吊るし)「大丈夫ですよ。変なところに行くようなら、私達がちゃんと連れ戻しますので」

結衣「でも私達がこっちに来た時間には差があったし、迎えに来るにも時間がかかるんじゃ……」

奈々「だから各々が一番信の置ける艦娘も一緒に行ってもらうんだよ。何があっても君達を守れるように」

北上「まっ、このウルトラスーパーハイパーミラクル北上様にかかれば、どんな世界も一瞬で征服できちゃうから」

電「電が必ず守りますからね、ちなつ!」

ちなつ「うん、お願いね電ちゃん!」

京子「赤城の方が偵察隊とか出せるし、守るってことには適してたかも」

榛名「えっ!?」

京子「嘘嘘冗談。榛名が一番だよ」

叢雲「あんたも、大和の方がよかったんじゃないの?」

あかり「ううん、叢雲ちゃんがいいよぉ」

叢雲「ふんっ……選ばれたんだからしっかり守ってあげるわ」

奈々「また危険なことになるかもしれなくてすまないな。だが、君達ならきっと乗り越えられると信じている」

妖精(猫吊るし)「では皆さん、来たときと同じように寝てもらいますね〜」プシュー

あかり「眠らせ方が雑!」
385 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 23:12:05.07 ID:6PF5bt8M0
あかり「ん……あれ、ここは?」

叢雲「起きた? あんた元からミリタリー趣味あったわけじゃないわよね?」

あかり「えっ? 何ここ?」

叢雲「やっぱり、あんたの部屋じゃないわけね」

あかり「ええ〜!? 失敗しちゃったの!?」

叢雲「にしても、なんだってまたこんな執務室のようなところに出て来るのよ? 下手したら不法侵入で捕まるわよ」

あかり「ど、どうしよう!?」

叢雲「どうもこうも、見つかる前に逃げるか――」

アマゾン「新米指揮官! 私が嚮導担当のアマゾンだ! 本当はお前みたいなバカ……ん?」

あかり「み、見つかっちゃった!?」

叢雲「あんたは……」

アマゾン「……どっちが指揮官だ? こっちの髪の長い方がそれっぽいが」

叢雲「違うわよ。あんた、アマゾンって言った? イギリスのA級駆逐艦の?」

あかり「えっ? 駆逐艦って、この子も艦娘なの!?」

アマゾン「はぁ? いぎりす? かんむす? なんだそれは。私はお前が言うそのアマゾンだが、イギリスというのはなんだ? 私の所属はロイヤルだぞ」

叢雲「イギリスを知らない? むしろロイヤルって何よ? イギリスってのはあんたの国名……」

あかり「ん〜? なんだかお話が噛み合わないから、情報を整理してみようね」
386 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 23:28:26.01 ID:6PF5bt8M0
叢雲「セイレーンに対抗するために作られた国際連合、アズールレーンね……」

あかり「ユニオン、ロイヤル、鉄血、重桜……国の名前まで違うんだ。前よりももっと異世界だよぉ」

アマゾン「あ〜なんだ? お前達はその、私達のような艦娘とかいうやつらと、セイレーンみたいな深海棲艦っていうのが戦っていた世界から来たって言うのか?」

あかり「そうなんだよぉ。あかりは元々その世界の住人でもなくて、元の世界に戻ろうとしたらここに来ちゃったの」

アマゾン「軍医を呼んだ方がいいか……」

叢雲「妄想に憑りつかれてるように聞こえるでしょうけど事実よ」

アマゾン「じゃあなんで今日新米指揮官がここに来るという事例が私に届いたんだ? わざわざ嚮導のために本体から出向してやって来たんだぞ」

あかり「それは前のときも同じだったよぉ。どうしてだろう?」

叢雲「名前までちゃんと赤座あかりって書いてあるわ」

アマゾン「どうしたものか……」

あかり「よくわからないけど、指揮官としての権限があるならあかり頑張るよぉ!」

叢雲「ちょっと安請け合いしないで!」

あかり「でも、こっちでも困ってる人がいて、あかりが助けられる立場にいるなら助けたいよぉ」

叢雲「……また戦うことになるのよ?」

あかり「大丈夫。今のあかりには経験も知識も、それに叢雲ちゃんもいるから!」

叢雲「あんた本当に……また面倒見てあげるわよまったく……」

アマゾン「どうやらまとまったようだな。よし、ならばここから規定通りに嚮導を行わせてもらうぞ!」

あかり「うん! 頑張ってセイレーンさん達を何とかしよう!」

アマゾン「悪いが私達の敵はセイレーンではない」

叢雲「はぁ? セイレーンに対抗するためのアズールレーンでしょ?」

アマゾン「語弊があったな。確かに私達の敵はセイレーンだが、目下のところの敵は別にいる」

あかり「それは?」

アマゾン「人類の敵という絶対の悪を相手にしていても、所詮人間同士は真にわかり合うことはできないということだ」

叢雲「まさか……」

アマゾン「4大国家の内の1つ、鉄血はアズールレーンを抜けてレッドアクシズという組織を設立した。そして重桜もそれに合流するような動きを見せている」

アマゾン「私達の敵は人間だよ。まあ、矢面に立つのは人間ではない、私達艦船というわけだがな」
387 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 23:43:16.11 ID:6PF5bt8M0
アマゾン「ここで待っていろ。ここに配属になった艦船達を呼んでくる」

あかり「人間同士の……」

叢雲「絶対悪がいても真にわかり合うことはできない、か」

あかり「鉄血と重桜って元の世界で言うとどこの国になるのかな?」

叢雲「元の世界の太平洋戦争……第二次世界大戦の勢力と似ている気がするわ。セイレーンを除けばね」

叢雲「アズールレーンは連合国、レッドアクシズは枢軸国。だとすれば、鉄血は話を聞く限りロシア、そして重桜は……日本よ」

あかり「日本が、敵……」

ロングアイランド「全員が全員敵ってわけじゃないけどね〜」

あかり「えっ!? だ、誰?」

ロングアイランド「がおお!」

あかり「ひゃあ!?」

ロングアイランド「あはは! びっくりした〜? 幽霊さんの面目躍如〜」

叢雲「あんたは?」

ロングアイランド「へへ〜わたしロング・アイランドというの」

あかり「ロングアイランドさん?」

叢雲「アメリカ……ユニオンの護衛空母ね」

ロングアイランド「可愛い指揮官さんだね〜これは憑りつきがいがあるかも〜」ペタペタ

あかり「と、憑りつき?」

叢雲「あんたがアマゾンが言ってたここに配属になったかんむ……艦?」パシッ

ロングアイランド「そだよ〜ってなに手なんか掴んじゃって。幽霊さんには触れちゃだめなんだぞ〜」

あかり「幽霊さんなんですか!?」

叢雲「奇遇ね。私も幽霊みたいなもんよ」

ロングアイランド「えっ、本物? マジ?」

アマゾン「こら! ロング・アイランド! 勝手に動くなと言っただろ!」

ロングアイランド「幽霊さんは誰にも縛られないの〜」

アマゾン「ええいロイヤルらしく自由な奴め! まあ、そいつの紹介は終わったようだし、次はこっちを紹介しよう」
388 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:13:30.48 ID:YD+zPa2/0
ジャベリン「ジャベリンです、指揮官、どうぞよろしく。あれれ、女の子が指揮官!?」

あかり「ジャベリンちゃんって言うんだね。はじめまして、赤座あかりです」

叢雲「吹雪型駆逐艦の叢雲よ」

ロングアイランド「あかりちゃんと〜叢雲? 吹雪型って重桜の艦じゃん。なんだ全部敵じゃないってわかってるんじゃん」

アマゾン「そいつらは異世界から来たんだと」

ジャベリン「異世界から!? なんですかそれ!?」

ロングアイランド「それってあの世? だから幽霊みたいなもんだって――」

叢雲「違うわよ!」

あかり「話せば長くなるんだけど……」

アマゾン「その話はまた後でゆっくりとすればいい。色々と時間が押しているんだ、さっそく始めるぞ」

ホーネット「や〜っと私の出番かな? 待ちくたびれちゃったよ」

あかり「貴女は……」

ホーネット「ハロー〜私、ホーネット! はじめまして、可愛い指揮官さんと異世界の駆逐艦ちゃん。私のことは遠慮せずにホーネット様って呼んでいいよ〜」

叢雲「誰が呼ぶか!」

ホーネット「あっははは、釣れないにゃあ」

アマゾン「まずは何事も経験からだ。彼女に演習を頼んでいる。まあまず勝てないだろうが、こうやって揉まれて強くなっていくものだ」

ホーネット「ホーネットだけにハチの巣にしてやるから、楽しみにしといて〜」

ロングアイランド「全然楽しみにできないし〜」

ジャベリン「と、とにかく! 指揮官のために頑張ります!です」

アマゾン「叢雲、あんたも戦えるんだったわね?」

あかり「いい? 叢雲ちゃん?」

叢雲「あんたこそいいの? 日本が敵なのよ? それも、別に悪いことをしているわけじゃなくて、思想の違いから。なのよね?」

アマゾン「セイレーンに組したわけではない、とは思っている。奴らもセイレーンとは戦うからな。アズールレーンの目的はセイレーンの殲滅、レッドアクシズは奴らの有効利用が目的だ」

あかり「有効利用?」

ジャベリン「セイレーンの技術は私達の技術力を超えています。だからこそアズールレーン創設前は敗戦一方だったんです」

ホーネット「だからこそ、奴らの技術を持ってして人類の発展や革新がなんとやらってお題目掲げてるんだ。重桜の艦船はセイレーンの技術を体に使ってるせいで、動物みたいな耳とか角つか生えちゃってるんだよ」

ロングアイランド「叢雲は生えてないね〜」

叢雲「私は重桜じゃなくて日本の駆逐艦だからね」

ロイヤル「対してアズールレーンが今の人類がもてる科学技術と自然の力で戦うことを是としている。その思想の違いが両者の対立を生んだんだ」

あかり「どっちもセイレーンさんを倒すために戦ってるのに、仲良くできないのかな?」

ジャベリン「難しいことです。人と人がわかり合うっていうことは、とっても難しいことなんです」

叢雲「それでもやるの?」

あかり「叢雲ちゃんの言う通り、どっちも悪いわけじゃない。本当はお話で解決できればいいんだけど、そうはいかないんだってわかってる」

あかり「だから、あかりは戦うよぉ! いつかちゃんと分かり合える日が来るって信じて! セイレーンさんとも!」

アマゾン「セイレーンともですって? 大きく出たわね」

ホーネット「へ〜え、そう断言できるなんて。可愛いだけじゃなくてカッコいいじゃん」

叢雲(私に砲撃たれて泣いてたあの頃とは違うわね……)

叢雲「わかったわ。なら手伝ってあげる」

あかり「叢雲ちゃん、ありがとう!」

叢雲「実績があるから乗ってやるってだけよ。また見せみなさい、あのお祭りみたいな奇蹟を」

あかり「うん! それじゃあ、ホーネットさん演習お願いしますね!」
389 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:28:06.17 ID:YD+zPa2/0
しばらく後



妖精(猫吊るし)「よっと、こちらではだいぶ時間が経ってしまっているようですね」

妖精(お茶)「何故かまた擬人化した軍属の艦船が戦争する世界で指揮官やってるみたいね」

妖精(猫吊るし)「本来はおよそ戦いとは無縁の性格なのに、難儀なことですね」

妖精(お茶)「けれどどうするの? この状況であかりさんを連れて帰ったら、こっちの世界が……」

妖精(猫吊るし)「先に干渉してしまったのはこちらですからね。今までありがとう、あとは自分達でなんて無責任すぎますよね」

妖精(お茶)「どうしたものか……ん?」

ユニコーン「……」ジー

妖精(猫吊るし)「あらら、貴女は?」

ユニコーン「あ……わたし……ロイヤルネイビー……ユニコーン」

妖精(お茶)「ユニコーン! イギリスの航空機補修艦!」

妖精(猫吊るし)「あの色々できちゃう艦ですね! いやぁ〜私でもまだ艦娘としてお目にかかっていない艦がいるとは」

ユニコーン「あの、妖精さん?」

妖精(お茶)「はいはい、妖精ですよ。ここの指揮官さんの知り合い」

ユニコーン「あかり姉ちゃんの? じゃあ、案内する」

妖精(猫吊るし)「あっ、これはどうもご親切に」

ユニコーン「ユーちゃんに乗っててね」

妖精(お茶)「このぬいぐるみ、ユーちゃんっていうんですね」

ユニコーン「うん。ユニコーンのユーちゃんで、ユニコーンのお友達だよ……えへへ」

妖精(猫吊るし)「ん、これは中々の中々! こっちでも撮れ高がありそう」

妖精(お茶)「やめなさい」
390 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:42:13.46 ID:YD+zPa2/0
プリンツ「指揮官、働きすぎはよくないわ。死・ぬ・わ・よ?」

あかり「大丈夫ですプリンツさん。こう見えて体力ありますから」

加賀「毎朝走り込みをしているようだからな。強さを求めるものは好きだぞ」

陽炎「うむ、吾輩が見込んだ通り有能な指揮官じゃったのう! これからもどんどん働いてもらうのじゃ!」

古鷹「でもたまには休むのも必要じゃないかな」

蒼龍「休暇を取得する場合には、まずは文書で申請を。それから査閲しますので」

古鷹「会議はいやだけど、休暇なら付き合ってもいいよ」

加賀「どうやら私の尻尾が気に入ってるようだし、休暇とあれば触っていても構わん」

プリンツ「バカね。貴重な休暇を一日中尻尾触って潰すわけないじゃない。休暇を取るなら、私とショッピングにでも行きましょう?」

陽炎「出かけるなら吾輩とじゃ〜!」

蒼龍「外出許可も申請書を提出してくださいね」

あかり「だから休みませんってば!」
391 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:48:02.72 ID:YD+zPa2/0
あかり「はぁ……」

叢雲「あいつら、全然性格違うわよね」

あかり「叢雲ちゃん」

叢雲「加賀だけは何となく似てるかなって部分もあるけど、他は全然」

あかり「そうだよね。こっちのプリンツさんはおっぱい吸ってなんか言いそうにないし」

叢雲「あんたそれあっちのプリンツに言われてんの?」

あかり「えっ!? い、いやそれは」

妖精(猫吊るし)「まあ、そのうち彼女もそう言うようになりますよ」

あかり「妖精さん!」

叢雲「あんた達、遅いわよ」

妖精(お茶)「すいません。これでもあっちの時間では1時間後くらいに飛んできたんですが」

ユニコーン「あかり姉ちゃん。ユニコーンが案内したんだよ」

あかり「ありがとユニコーンちゃん」ナデナデ

ユニコーン「えへへ……あかり姉ちゃんの役に立てて嬉しい」

妖精(猫吊るし)「こちらでも相変わらずなようで」

叢雲「……」

妖精(お茶)(こっちでなら独占できると思ってたのにって顔だ)
392 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:59:14.42 ID:YD+zPa2/0
あかり「あかり達を連れて帰りに来たんだよね?」

妖精(猫吊るし)「はい、そのつもりです」

ユニコーン「えっ!? ユニコーンやだよ! あかり姉ちゃん!」ギュッ

あかり「ユニコーンちゃん……大丈夫、あかりはどこにも行かないよ」

妖精(お茶)「今更投げ出せませんよね、この状況」

叢雲「もう色々なことを知ってしまったわ。たくさん戦ったし、あいつらのこと仲間だとも思ってる」

あかり「見捨てていけないよぉ。だからって皆を連れて帰るわけにもいかないし」

妖精(猫吊るし)「事情は大体把握しています。この世界の情勢を無視していくような人達だとは思えませんね」

叢雲「だから悪いけど私達はまだ帰らないわ。せめてアズールレーンとレッドアクシズの戦争が終わるまではまだ」

あかり「その後のセイレーンさんのこともだよぉ!」

妖精(お茶)「では、あちらの皆さんにもこちらへ順次来ていただきましょう。それだけでもかなりの戦力補強になります」

アマゾン「あまり余所者の力ばかりに頼りたくはないんだがな」

あかり「アマゾンちゃん! 聞いてたの?」

アマゾン「ああ。確かに叢雲は高い練度を誇っていて頼りになる戦力だ。それと同じか、それ以上の戦力を呼んでくれるというのだろう?」

叢雲「そうね。私よりもまだ練度が高くて高性能なのがたくさん」

アマゾン「それは助かる。だがな、私達にも意地がある。私達の世界を護るのに、私達はただ見ているだけなんてことは我慢ならない」

アマゾン「別に指揮官と叢雲のことを認めていないわけじゃないぞ? ただ、それだけに頼ってまったく関与できなくなるのはごめんだと言ってるんだ」

ユニコーン「ユニコーンも、あかり姉ちゃんの力になりたい!」

妖精(猫吊るし)「そうですね……では、こうしましょう」
393 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 01:26:15.95 ID:YD+zPa2/0
ヒリュウ「さあ、ぼくの最後の戦いです!」

アマゾン「あんたそれ何回目なのよ! いい加減にしなさいよね!」

ヒリュウ「そっちが何回も来ているんじゃないですか!」

シラヌイ「いい加減にしてほしいのは、こっちでございます」

アブクマ「あてらも暇じゃないんで、そろそろ終わりにしてくれない?」

ハーミーズ「そちらが応急修理装置の設計図をアンティにかけてるのに、出さないのが悪いんだ!」

イスズ「それはどっちかというパズルカードなんじゃ……うにゃああ! 何でもない!」

ヒリュウ「とにかく、そろそろそちらを撃滅させてもらいますよ!」

アマゾン「それはこっちの台詞よ!」

あかり『アマゾンちゃん、お願い!』

アマゾン「言われなくてもするから命令しないで! ったく」ガチャ

シラヌイ「なんでございましょうあれは?」

イスズ「バイクのハンドル……?」

アマゾン「……何で私はこんななのよ」ガチャン

ヒリュウ「ベルト……?」

アマゾン「アマゾンッ!」
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 01:38:24.95 ID:56TLUhS70
それはアカン
世界観が崩壊してしまう!
395 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 01:44:02.48 ID:YD+zPa2/0
イスズ「うにゃあああ!? なにこの熱風〜!」

アブクマ「一体何が……?」

アマゾン「……」

ヒリュウ「な、なんだあの、化け物は!?」

シラヌイ「変身した……?」

イスズ「お、お前は誰だ!?」

アマゾン「通りすがりの私の中の私だ! 覚えておけ!」

ハーミーズ「私も始めよう。デュエル! 私の先行! 私は手札からレベルスティーラーを墓地に送り、クイックシンクロンを特殊召喚!」

ヒリュウ「モンスターが実体化した!?」

ハーミーズ「……そしてレベル4となったジャンクウォリアーとレベル6となったロードウォリアーに、シンクロチューナー、フォーミラシンクロンをチューニング!」

ハーミーズ「集いし星が1つになるとき、新たな絆が未来を照らす! 光さす道となれ! リミットオーバーアクセルシンクロォォォ!」

ハーミーズ「進化の光!シューティングクエーサードラゴン!」

イスズ「ドドド、ドラゴン!? なんかドラゴン出て来ちゃったよ!?」

シラヌイ「み、見掛け倒し……妾の全弾発射で……!」

ハーミーズ「それはどうかな? シューティングクエーサードラゴンの効果発動! 1ターンに1度、魔法・罠・モンスター効果の発動を無効にし破壊する!」

シラヌイ「きゃあ!?」

アブクマ「シラヌイの艤装が爆発した!?」

ヒリュウ「何なんだ、何なんだ一体……」

アマゾン「私も聞きたいくらいだ。なんなんだあの妖精は!? こんな、非常識な力を!」ズルゥ

イスズ「ひいいいっ!? どう見ても殺意の塊な槍がベルトからぁぁ!?」

ハーミーズ「行け! シューティングクエーサードラゴン! 天地創造撃ザ・クリエーションバースト!」

ヒリュウ「うわああああ!?」
396 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 02:05:31.41 ID:YD+zPa2/0
あかり「おかえりアマゾンちゃん、ハーミーズさん」

ハーミーズ「ガッチャ! 楽しいデュエルだったぜ!」

アマゾン「……」

妖精(猫吊るし)「どうでしたか私達の改造は?」

アマゾン「強いのはいいけど……強いのはいいけどっ!」

ハーミーズ「私は大満足だぞ! 次はちゃんとマスタールール4に則ったデュエルを……」

あかり「妖精さん、あんなむちゃくちゃな改造もできたんだね……」

妖精(猫吊るし)「諸事情あってあちらでは封印してましたが、こちらの方が状況は悪いですからね。解禁いたしました」

ユニコーン「可能性を示すの……ビームマグナムで!」ドシュゥン

ロングアイランド「せめて痛みを知らずに安らかに死ぬが良い……」

叢雲「コレデヨイ……」ダカダカダカ

ボーグ「チャージ3回! フリーエントリー! ノーオプションバトル!」

妖精(猫吊るし)「この力があれば、あちらの世界の皆さんとも対等に渡り合えますよ!」

アマゾン「私もっと強くできるだろ! 太陽の子とか、凄まじき戦士とか、黄金の最強ゲーマーとか!」

妖精(猫吊るし)「それじゃ名前ネタにならないじゃないですか」

あかり「あははは……大丈夫なのかなこれ?」

妖精(お茶)「大丈夫じゃないと思いますが、正気で戦争はできませんから」

あかり「ええ……あっ、そうだ。京子ちゃん達は大丈夫だったの? もしかしてまたこの世界で別れ別れになってた?」

妖精(お茶)「いえ、こちらの世界には来ていませんよ」

あかり「元の世界に帰れてた?」

妖精(お茶)「元の世界にも帰れてません」

あかり「それじゃあ、今のあかりみたいに異世界に?」

妖精(お茶)「そうです。そして何の因果か皆さんあかりさんと同じように、そのままでは帰れない状態になってました」

あかり「えっ、そうなの?」

妖精(お茶)「京子さんは花の名前を持つ女性達で作られる騎士団の団長として、結衣さんはゲイムギョウ界という世界の女神様達の仲間として」

妖精(お茶)「ちなつさんは伝説や神話の武器の名を持つ女性達の力を引き出すマスターとして、それぞれ世界を救うために戦っています」

あかり「そっか、皆それぞれ頑張ってるんだ……なら、あかりも頑張らないとね!」

叢雲「これでよい……の?」
397 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 02:16:09.45 ID:YD+zPa2/0
今回はここまでです
次は朝風をマッサージで骨抜きにする小ネタです

あかりのところにいる艦娘と同名のアズレン側のが出て来たところの人選は、>>1が所持している艦船です
同じものの擬人化なのでどうしても比べられますが、刀とか色々ありますし仲良くしていければいいなと思いますね
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/11/19(日) 10:10:54.13 ID:jGsRSFIG0
乙です ちなつがいった世界はファントムオブキルの世界でしょうか?
265.93 KB Speed:11.4   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)