穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『12』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆zJZqNVVhtuCN [!orz]:2017/10/27(金) 23:35:58.49 ID:PufaS9Wa0
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

           ]]]]]]]]]]
           ]【残酷表現注意】]
           ]]]]]]]]]]

        れんあいげぇむ 一周年記念project 2.5


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
2 : ◆zJZqNVVhtuCN [!orz]:2017/10/27(金) 23:42:09.91 ID:PufaS9Wa0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
{再現コラム}



  ――――――我信ずれば魔

           ――――――人信ずれば愛




          エゴなくしては我にあらず

           愛なくしては人にあらず





  <〜1999年 BBNT・魔獣の絆より〜>

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
3 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga ある人物の記憶]:2017/10/27(金) 23:43:10.21 ID:PufaS9Wa0


―――― 子供の頃、大切にしていた宝物がある


 ――――それは"雪"で出来た小さな小さな兎さん


  ――――真っ白な雪の塊に樹の葉や赤い木の実をつけて飾っておく





―――たったそれだけの存在

―――それっぽっちの小さな存在


――――真冬でも晴れた日が続けば溶けてしまって







――――――兎さんが死んでしまった日は悲しかった






――――――ある日、大切な兎さんができた


――――――今まで見てきたどんな兎さんよりも素敵な宝物

――――――どんな事があっても失いたくない宝物


――――――お母さん、明日からどんないう事でも聞くから

――――――兎さんを冷蔵庫に入れて欲しいの


――――――お小遣いだっていらない、おやつだっていらないから

――――――アイスクリームも食べたいなんて言わない




―――――兎さんが溶けないように冷蔵庫に入れてあげて


―――――私の兎さんを死なせないで


――――――"雪"で出来た兎さんはすぐに死んじゃうから…だから




  ―――――お願い
4 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/27(金) 23:43:45.56 ID:PufaS9Wa0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
{再現コラム}





   怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。

       おまえが長く深淵を覗くならば、

      深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。







  < "ドイツ哲学者" ニーチェ 1844年〜1900年

     〜 『善悪の彼岸』 第146節より〜 >



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
5 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/27(金) 23:44:22.52 ID:PufaS9Wa0
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジャンル:ふたなり魔物娘異世界ダークファンタジー
        くっ!鎮まれ俺の邪気眼120%中二病ゲー【R−18】







  − あなた は …人間を尊いと思うかしら? −



  今、此処に居る あなた は 果たして人間なのかしら

  今、此処に"在"る あなた は "自分が自分である"と証明できる




       − 我思う、ゆえに我あり −



  全てを信じて、【魔】に蝕まれ

  全てを信じて、【魔】に喰われ…




  人はいつだって 心に 【魔】を持つ者…





  あなた は "人間性" をどこまで 保てるかしら―――




  わたし は いつだって "あなた" を 見てるし、診てもいる



  何を信じて

  何を欺き

  何を疑う


  何を得て

  何を奪い

  何を失う
 





 ―――――――これは…何かを頼りに『家』へ帰るための げぇむ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
6 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/27(金) 23:48:43.63 ID:PufaS9Wa0
                 /          ノ}
                  〃  x===ミー=彡ノ⌒ヽ
               __ {{ /: : : : : : : : :/
            r 、 \__V: /{/{__彡く            __
        rーz}/>  〉. :´: : : : : : : -=ミ:ヽ    )/: : ⌒ヽ
        と//ノ/ : : : : : i{xーz:_:_: : :\:\__彡: :/ イ
        |  /〃: :/: : : : 从, -‐-`ヽ: : :\: -=≦: : : :ノ/
        _j,s≦}{ : : {: :ト : : : {       ‘,: : : :ヽ : : : : 彡"
      r{oニ/ニ/ V: :i|X{´ \‘,  斧ミメ } : }: : :‘, : : : :/{  / }___
       lニo/ニ{  }: : | ,x斧ミ \ 弋ツノ : /_: : : } : / : ノ⌒/ /辷 }
.       V/ニニi ノ: 从{ 弋ソ ,       ノイぅ}: :ノ: く:_:彡  /  辷_}
      }ニニニ| ⌒i: : :\   ,  ¬  __}_ノ´: }:} : :\  ′   /
        ニニニ人  ゝ :\〉  V___ノ  {: :r-=彡ヘ: :}ヽ} r┴─‐{
      ′ /ニイ   }:从≧s., __ r―'/}≧=-  }ノ  fニニニTo〉
     {ニニ/ニ{⌒ヽx≦V⌒ヽ }/}/_〉/ニニ∧   |ニニニi|o|
     ゝ ニニニ八ニニ{ニ/_/ {_/ /ニ〈〃/ニニニニ‘:、 |ニニニi|_/
         ` ≪ニ\/ニ「  〔〕\/ニ/{ニ{ニニニニニニ\.|ニニニi|′
             `ヽ/ニ/ // //ニ≧=ミ、ニニニニニ八ニニニハ
             /ニ{/  {/ 〃ニニニニニニニ\ニニニ{ニニニ/ニ} _
             ニ/。 : . . . . . ..{ニニニニニ=孑≦ニ\ ニニニニニニ.′ニニヽ
              {_イ . : . . . . . . . Vニニニニニニニニニニ}i\ニニニニ/ニニニニニ‘,
              {ニ!  :      \ニOニニニニニニニニニ`ー=彡〉ニニニニニ}
           Vj   .          ` ≪ニニニニOニニニニ/ニニ/ニニニニニ′
           ‘, 。:             イ` ≪ニニニニニ〈ニニ/ニニニニニ′
              |   .         {ニニ/ ̄` ≪ニニニニニニニニニi|
              |  :         V/        ` ≪ニニニニニニノ
            ,  。 .       ,., '" \          `ー―=彡
             ‘,      ,., ´  ,., '" `ー 、
               {  ., ´ ,., '"/ \ 、 / / / 、
             ` く_,., ´/ マ〉/ / / マ〉 / / / \
               }/〈〈 / / マ〉 / _ / マ〉 / / / /‘,_
          r|ヽ/} く/ /マ〉/. __} } /i\ }_}' / / / / }/ \_
          _N }:i:i:V⌒ く__} }/:i:i:}/i:i:i:i:i:i:} .〉_    ノハ / / /}
           ⌒Y⌒}ヽi:iーヘ〉∨⌒{_ノ~~~`ヽ:} / /}/}彡〃} / /く
          〈___人_人_}xく厂      ∨/`V j/ / / / /
         /       /           ァ^⌒~厂\/_厂`く
         /                    /:i:i:i:/` く:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ、
      〃       〃          〃:i:i:i/ハ¬  \:i:i:i:i:i:i:i:i:}
     /       /            /i:i:i:/:i:/:i:} 」   ヽ:i:i:i:i:i:iリ
      /       /         xく:i:i:i/:i/:i:i:i:i:‘,     `辷彡
.    /       /         '"  )/ ⌒ 、:i:i:i:i:i:i:‘,
    ′         ′     ., ´   /     \i:i:i:i:i:i:}
   {        {        ,, '"           V:i:i:i:i}
   ゝ ____., ´ 乂____,., '"            辷彡



【主人公:高坂 穂乃果】



以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/20(水) 12:40:07.24
ハノケチュンが異世界に召喚されて脱出しようとする話

他のμ'sが生えてる、もんむすくえすと的なのでお願い(^8^)






『げぇむ概念』


本作はれんあいげぇむprojectではあるものの…

にこverと違い、難易度をあげた延長線上のモノとは違う…


謂わば全くの別ゲー…




   『 穂乃果は無限残機じゃない … ゲームオーバーになって良い回数に限り有』




   増えた残機と減った残機で現状 残機4になった "5回目のGAME OVER"でスレ打ち切り


現状:残機券0/6
7 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/27(金) 23:57:19.79 ID:PufaS9Wa0
『穂乃果の手持ち、ステータス等』


『希望値』>2520

『知識値』>4840

『思い出・帰郷心』>100/100

『人間性』>100/100

持ち物:
穂乃果
・【同人誌】
・【デュラハンの劔】
・【白雪の日記 Last】
・【運命ダイス】
・【性的倒錯のススメ】
・【転移の魔石】
・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>

花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】
・【折り鶴】
・【防寒着】
・【   】


・【淫誘の香水】
・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】
・【必中の紋章】
・【風魔手裏剣】×1
・ 【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】
・【フレイル】
・【山彦の帽子】
・【バシリスクの牙】
・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】
・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】
・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】
・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【裁縫セット】
・【裁縫セット】
・【カレー粉】


・【ステーキ肉】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【キャンバス】
・【醤油】
・【    】
・【    】

真姫
・【水の魔石】
・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】
・【まきびし】
・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】
・【  】
・【  】
・【  】
8 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:07:07.88 ID:Wann7MJi0
□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷☆P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷■□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷□18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

『現在のMAP状況』


『B-3』地点に主人公が居る


方針@:ラスダン突入

方針A:ラスダン前に各地で修行する

方針B:ラスダン突入前に"0番"へ行ってみる



現在 ※フリーシナリオ状態です、最終ダンジョンへ向かっても良いし裏ボスに挑戦するのも構いません、全て自由





MAP移動時に関して

ゾロ目…????

00(如何なる時でも) ファンブル

01〜32 空虚なる

34〜65 右側奇数 虚ろなる
34〜65 右側偶数 移ろいの

67〜86 右側偶数 朧げな
67〜86 右側奇数 不思議な

87〜92 右側奇数 歪で醜い
87〜92 右側偶数 美しく清らかな

93〜98 右側奇数 明確な
93〜98 右側偶数 不明瞭な


なお、MAP移動に限らず、どのような場面でもコンマ00はファンブル判定(特例の時は特例と明記します※書き忘れの際はお許しを…)

〜☆『現在、共に行動中の魔物娘』☆ 〜

【小泉花陽】種族<ルーツ>…???まだ看破していない

【星空凛】種族<ルーツ>…???まだ看破していない

【矢澤にこ】種族<ルーツ>…サラマンダー
       火を司る4大精霊であり、小さなドラゴンでもある

【絢瀬絵里】種族<ルーツ>…???まだ看破していない (吸血鬼らしいが…

【南ことり】種族<ルーツ>…ローレライ・???
          欧州の伝承に残る半身人魚、半身鳥人の魔物

【東條 希】 種族<ルーツ>…アラクネ ・まだ看破はしていない

【西木野真姫】種族<ルーツ>…リッチー・まだ看破はしていない

【園田海未】種族<ルーツ>…???まだ看破はしていない

★【敵対している魔物娘(?)】

『白妙の魔物』種族<ルーツ>…???まだ看破していない
9 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:11:48.70 ID:Wann7MJi0
          _,,.. ...,,,_  _              _,,,.. ,,,.._  _
        r'l|:':':|l;|:':':'|;l|:'`l;li              l´i|:':':':|l_|:':':|l:|:'`l:、
        |' ´ `~  `  ..:|              |      ~´ ´ |
         |    ...:.:.:.:.:::;:;;:;|              |    .....:.:.:.:.:::;:;;|
    ___| _  ._..:.:.:._:::;:;;:| __   __ ,_」_. _  ...._.:.:.:._::;:;;:| ___
 ̄|i_/:':':':':':':':'| l」 ..l」:.:.:.:l」:| ̄|;_|. . . .|l_|. . . . |_l|. . . | l」  ..l」..:.:l」.:.::;|:':':':':':':':'
:':':':':':':':':':':':':' |  .....:.::.:.:.::;:;|: : : : : : : : : :_ : : : : : : : : :.|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|:':':':':':':':':
':':':':':':':':':':':':':'|    ..:.:.:.:.:::;:;|. . . . . .  ,: ' ! `:、. . . . . ..|    ....:.:.:.:.:::;:;;:| ':':':':':':':':
:':':':':':':':':':':':': |    ..:.:.:.:.:::;:;| : : : : / ,:;´;;;`;、 \.: : : : |    ....:.:.:.:.:::;:;;:|':':':':':':':':
':':':':':':':':':':':':':|   ....:.:.:.:.:::;|. . . ./´ r';,;,;;;;;;;;;,;,;,、 ';, .. ..|    ....:.:.:.:.:::;:;;:| ':':':':':':':'
:':':':':':':':':':':':' |   ....:.:.:.:.:::;| : : :,' ,';;;;:::: ' ' ::::::;;;;', i: : :|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|':':':':':':':':'
':':':':':':':':':':':':'|     ...:.:.:.:.:::;|. . . | |;,;;:.:     .::;;;| |. . .|    ....:.:.:.:.:::;:;;:| ':':':':':':':'
::'::'::'::'::'::'::':: |     ...:.:.:.:.:::;|: : : | |;;;:.: .     ..::;,;| |: : :|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|'::'::'::'::'::
:'::'::'::'::'::'::'::':|    ...:.:.:.:.:::;:;| . . .| |;,;.:..    .:.::;;| |. . .|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|::'::'::'::'::
:;:':;:':;:':;:':;:':; |    ...:.:.:.:.:::;:;|: : : | |;;,:...,,,,,,,,,,,,,,,..:::;:| |: : :|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|:':;:':;:':;:'
~~~~~~~~~~ """""""""" ',,: ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` :;,,,, """""""""" ~~~~~~~
         ,,,...:: ""                  ゙゙゙  :::....,,,



21番<世界>…【焔<ホムラ>の城】
※【業火の茨】に囲まれ侵入不可能…この世界から脱却するための施設…らしい?

16番<塔>…【世界へと続く"バベル"の塔】
※塔は東側へ傾いている

12番<逆さづりの男>…【逆さづりの収容所】
※攻略済み:伝説の<ギミック・アーツ>入手

10番<運命の輪>…【 永遠に廻り続ける存在 】
※汚い機関車トーマスくん(アルカナ・アーツ入手済み)

13番<悪魔>…【悪魔像の祠】
※…うぷぷ! だれか の わらいごえ が する!


5番<教皇>…【亡き司祭の教会】
※知識値を得る為の施設、あと結婚式やお葬式ができる


6番<恋人たち>…【恋人通り<ラヴァーズ・ストリート>】
※スーパーレジャー施設!原動力は"不明"

8番<力>…【力に溺れた鍛冶屋】
※使い捨て武器が得られる 現在鍛冶屋LV7(残り104/260)

7番<戦車>…【闘技場:チャリオット・ホール】
※悪趣味な闘技場、夜な夜な変な影が出る

14番<節制>…【 昼夜を見据える節制の天使像 】
※<アルカナ・アーツ>聖杯の力を強める

3番<女帝>…【巨万の富を持つ"女帝"の屋敷】
※ぅ絵里ちゃん家

1番<魔術師>…【蜃気楼庵】
※なんかすごいハイテク施設、占いや穂乃果ちゃん達の心の中を覗ける

20番<審判>…【人形三姉妹の別荘<モイライたちのべっそう>】
※住居人はことりとお人形三姉妹(身代わり穂乃果人形に留守番)物件売買やリフォームを受け付けます

2番<女教皇>…【贄を貢がれし祭壇】
※自害専用祭壇

17番<星>…【星巫女の地】
※その昔、1人の人間の少女と本物の魔物娘がイチャラブしたっぽい場所
10 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:15:11.20 ID:Wann7MJi0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



 伝説の<ギミック・アーツ> …<アルカナ・アーツ>状態



   〜 脆弱な人間が魔物娘という怪物に対抗すべく生み出した人類の英知 〜

   〜 この異世界から元の世界に穂乃果が帰還する為に必要な存在らしい 〜

     〜 4種揃え、<塔>を目指せ…さすれば<世界>へ行けるだろう 〜


          ▽▼ 4つ集まった! 最終ダンジョンへ突入可能! ▼▽



『♢ :金貨』…【偉大なる錬金術師の産物<けんじゃのいし>】 act4
(あと3回使えば更に強くなる)

・『攻撃型』+1
・『防御型』+1
・『特殊型』+4


☆使えば使う程強くなる、あらゆる物質を生み出す
★死亡した魔物娘の武装が手元にあると――???

                          ,ニ=、
                     , - 、/⌒'ーi   'y
               , == 、_〈  〈   { /  / }‐、
              (( 〃´ 丶 \≦) /ニミy ノ ノ┐
               ` {i    `/ノ /     xイ ノ
             `>一'´  /     ∧ヾ`ヽ
                /            { ', )) ))
           /                    |彡'
             '                  |
           {                     |
           ヽ                  /
            \             /
                  丶        /
                ` ー---‐=ニ´

                                  ,-'''''''‐-、
                                i ヽ、   \
                        ,,,-‐'''''‐- 、   .ヽ ヽ 、   ヽ
                       /       ヽ、  \ \_  ノi
                      .i         j、    `''‐-二フ'
                      .i、         ij
                      ヽヽ、      //
                       `ヽ、、___,-'/                      ,==、───---,,,,,__
       ,,-''''''ヽ-、___      _,,--'''''''''''<            ,,,,,‐- 、       i‐-`_'''''''''''‐----‐‐''''i
     /    j .j───'''''i   /´,,,-‐'''' ゙̄ヽヽ- 、         .i 〈   ` ヽ、    i‐-,,,_ ''''''''''''''''''''''''''''''i''
    ./     ./ ./ ̄ ̄ ̄ ̄i / /      // 'ヽ、\ニニニニニi‐‐-ヽ ヽ     ヽ    ̄i_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''''''''''i
    .i'     / / ̄ ̄ ̄ ̄jj ヽ〈_   ,,,-''‐-ji. i  ゙ヾヽ──j j二 >-ヽ-‐‐‐‐‐゙─、   i二二二ニフ ̄ニフヽ
 /二>-‐''''' ̄二二ヽ ̄ヽ二二二'''''<二二-===========-i二二二二i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i,,   i二<-‐‐''''''''´ ,,,-'''
..-‐‐i'´,,-''''´ ̄ ̄ ̄ ヽi ̄‐、 ` ヽ 、`''''ヽ、i二j、____,,,,,,,,,,j-、-‐‐‐‐‐‐i‐------------i=ニニi─ゝ---‐<ニii-‐‐
‐-‐゙゙i´     i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二i‐-ヽ∠-‐‐i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-‐‐''ニニニニニニニi‐-------‐‐.i‐''‐--------------i二
ニ二''ヽ‐--‐'''''j二二二二二---‐i  ヽij二二i____,,,,,,,,,,j二二二二二i_____,,j‐-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,j_,,,,,


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
11 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:16:48.10 ID:Wann7MJi0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『☆act3になった事で 75〜99 の判定が 65〜99』に変動しています

♢【粘りつく黄金の鉱物】特殊型(5/5)
  知識値 -0 コンマ65〜99で敵の攻撃を失敗させる可能性を生み出す
               (※あくまで可能性)

♢【富がもたらす盲目】特殊系(2/5)
 知識値200 触れられない黄金の幻影が目を惑わす
 【幻惑】をコンマ75〜99で付加


♢【小さな金属花火】特殊攻撃系(0/5)
 知識値100 火属性の攻撃ダメージ100(コンマが90〜99で【火傷】付加)


♢【眷属(癒し)召喚】特殊防御型(5/5)
知識値 -0 コンマ数×10回復 味方単体 (ただし戦闘不能まで回復不可)


♢【分裂金塊】特殊型(3/5)

 金塊が一つだけ袋から出ます
 敵の足元目掛けて投げます、増えます、めっちゃ増えます、歩くことすら難しいくらい増えます、邪魔です
 75〜99で状態異常【鈍足】を付加 消費知識値 150


♢【銅の楊枝飛ばし<ブロンズ・ピック>】攻撃型(0/5)知識値-150

敵一体に銅で出来た針をダーツのように打ち出す 命中率50% 80ダメージ



♢【棘の鉄甲冑】防御+攻撃+特殊(0/5)知識値-200

味方一人に1ターンだけ物理攻撃が来た時に60ダメージを与える守りを築く(防ぐではない)
※無論、攻撃されないならただの無駄遣い



♢【水のヴェール】(0/5) 知識値-200

火属性の攻撃を一度だけ50%減にする盾をそのターンのみ出す
(攻撃されなければただの無駄遣いで終わる)



♢ 【硬質化ガス】(0/5) 知識値-200

コンマ75〜99で味方一人に『防御壁』を付加できる



              r―-、__r―-、
           |―‐z__,r:、__)
              |  |   /  /___r-、
           >―-、__ノr―‐┴'′
       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
.      /           \    `〇
     |              ヽ
     |              |
     ヽ             /
      \_______/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
12 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:21:23.62 ID:Wann7MJi0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


『聖杯:♡』…【満ち征く時の涙を授かる聖杯<くろのすのなみだ>】
      『総合蓄積pt4120 現在2920pt』


☆時間経過型成長…1時間経過毎にptが10貯まる



         _ .. _
      .,._"´ 、‐ - ~"_ .
    / '´_..-`-'〇‐=._ 、 ヽヽ
   /,.' ´    ´ ̄` `. .`、`、
  .,'.,'                    i ',
  .i.i ゝ _                ノi i   _
(、 l.l -_= = ̄="‐"=_ニ ニ  ,l レ'"´ ,ァ- ̄`ゝ
とヽ、_          ~" > ´   /
.ヽヽ、*)- ..,_       ィ'    ,.'
  .トvヘヽ ̄      ∠l ト   /
  ´ヽニヽ 、_ .,_⊂⊃_,..ノ.l ``、、 {
     .ニ ヾ `"テ'' " i/.イl   >ヽ
     '.ニ、 ヾ ノ  ./  ',i /
      .`.ニ、i´ `'/ _,.`、
       `ニY  ヽ_´.\ `
       ,r-.>.ー i  .、ヽ \
    _,∠ュァ,ヘ`ー'(  ) ノ  ヽ
   ,ィ'ァ   )  r‐ > .〉ヾヽ  .i
  ./.i' .,r''" ̄" '' ‐- `',,_ ノ   ,'
  i , / ,.イ´`ノ"i ‐ 、      ノ
ノ ノ i././  i     i ~"'' T" i、',
Y .{  ii .i   ノ    ヽ ヽi  ` } }
 ` ー " `ー-.L _ ,,ィヘ、_」 L.ノ.ノ‐'




『使用可能』☆ コンマ操作…その名の通り 戦闘中、MAP上でも使える、自分の好きなコンマを出せる
              消費pt 400

『使用可能』☆ 分針後退…時間を『30分』だけ戻す<MAP上限定> 既に起きたEVやステータス変化が戻る訳ではない
             【朝】〜【夜】、3時間ごとの希望値判定を気にする時に使うモノ
              消費pt30

『使用可能』☆  時の切り取り…<戦闘中限定> 敵のターンを消し飛ばすッ!『何もできなかった』という結果だけが残るッ!
        要するにキング・クリムゾン
            消費pt90

『使用可能』☆  瞬歩遠征… <MAP上> 時間消費無しでMAPを4〜6マス移動
             消費pt70


『使用可能』☆  時間停止…<戦闘中> 穂乃果以外に後もう一人、それ以外を残して敵味方全ての時間が停止する
       2ターン動けない
           消費pt200

『使用可能』☆  昼夜反転…<MAP上> 自分の好きな時間に『夜0時00分』から『23時50分』まで自分の好きな時間にできる
        消費pt150

『使用可能』☆時の逆流…<戦闘時>
       2ターン前の状況まで完全に戻すッ!使用アイテムもステータスも何もかも戻る
        消費したptだけは戻らない
         消費pt450





 …あと 1つ だけ聖杯は力を解放できそうだ…

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
13 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:23:01.39 ID:Wann7MJi0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

『♤ :剣』…【現像と事像と空間をも切り裂く剣<かんそくしゃのつるぎ>】act5(MAX)
 成長するまで後3回刃を現出させればいい…

☆使えば使う程強くなる"諸刃の剣"…

            ‐ = =‐ ‐ =       |      == ‐ ‐= =‐
                       ,;;;';'".:;i i:;
                     ,.;:;';" . :il li: .
                 ,.;;:':.;:;'" : : ::ll ll: :
                ,.;;:':;::.'"  : : ::ll ll: . .
              ,.;';:;;:.':"   : : : ;ll ll; : .
             ,.;';:;';::'."   : : : : ;ll ll; . : .
            ,:';;:.:;:':."    : : : : ::;li il;: : : .
            ,:';::;:;;':;."    : : : : :.:;li il;: : : .
          ,:';::;:;:;':;."     . : : : : :.:il: :li: : : :.
          ,';::;:;:;':;.'' .     : : : : : ::ll: :ll:: : : :.
         ,:';:;:;:;:;':;''   :   . : : : : : ::ll: :ll:: : : :
        ,';::;:;:;':;:.:''.    :   : : : : : : ::li il: : : .
        ,';::;:;:;':;:.::.''     :   .: : : : : :li il: : : .
       ,':.:.:;:;:;':.:;' '.     :  : : : : : : :li il: : :
       ,'.:.;:;:;:;:;':;.' , .    :   : : : : : :li il: : :.
      ,'.':.;::;:;:;':;.' :,  .   :  : : : : :;li il; : :.
      .'.:. .:.;:;:;;':;. : .  .    : . : : : : :.;li il; : :
     ,' .: .::.;:;:;':;.'. . .;. .   .: : : : : :.;li il; : .
     ' . :;.; ;':;: ' o     .   . : : : : :.:;li il;: :.
     :o'. : .:;.:':;. ,.、   .,.  .    . : : : ::.;li il; : ::.
     ; . ::;.:;  `.' 。        : : :.;li il; : .
     : . : .;. .,、 o .: : , .       :.:;li il;: :.
      : .,. ;:`.'   : : :.;. ゚      // ̄ ̄`ハ
      : ': ;.  。  ,,、 ,,,,     /´,'_,'-==-<` 、
      : . .,.  ゚ o `;´: : `ヽ. l ソ-=ー- 、 )ノ
     . : . : : . .   l:: :. . ; .l |l,:'"`ー=-、 )
       ' : .: ;. . . ゞ、._;;:_ノ  |i ,;;;;;;ッー-ィ、
       :  : . 。 o .   .,:  l' il::::r'.;‐==__゛ヽ
        : :  : :   : . . : : i,;::ハ;;r´  ___ヾ`i
        : :: : : :  : :  l :i;; ; ,ヒ ̄ _ ,` .l
          :: . . .,. ,、 :  :  l ;::;  ヒ´ ̄     l
          : : : :: : :   i ;::::; |`=ニ=イ,;,;'  ヽ
          : : : : : :   : : | ;::::;  |.   i:::::.   丶


現状;最低でも 知識値1000&希望値100の消費 (…精神崩壊率80%down)


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
14 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:24:52.75 ID:Wann7MJi0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



『♧ :杖』…【真理と摂理を測る王杖<ちからをこえしちから>】

地脈からエネルギーを汲み上げ、内部で爆発的に増幅
それを使い魔物娘一人の能力を飛躍的に向上させる



放置充電型


 ♧エネルギー充電は40分かかるので、土地に刺したら時間が来るまで放置


※夜中0時になるとエネルギーが全て10%落ちる

              _
            γ<} {>ヽ
        _ _ヽ} {γ_ _
.        /::γ _ ヽ:γ _ ヽ、ヽ
      {:.:i:{ i:,-ヽ }:{ γ、:} }i }
      マムヘゝ'ノノ_マムゝ'ノノノ
.        ´/γ/}.Y.{\ヾヽ`
          {i弋ゝ').人(ゝ' ノノノ
        ´ `¨/三マ¨´ `
          〈≡≡〉
             マ「!/
              i.i.||
            !!.!!
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i」!
               <->
            ゝ'




【杖:現状エネルギー充電率】

『火・80』

『土 120』

【風 200(MAX)】

『水・110』


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
15 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:29:09.29 ID:Wann7MJi0
『上級魔物:計4体』
『中級魔物:計3体』
『下級魔物:計1体』

μ'sメンバーの魔物達の戦闘能力順

   ・園田海未(条件次第で絵里を上回る)【属性:水】
   ・絢瀬絵里(条件次第で海未を上回る)【属性:風】
   ・西木野真姫【属性:土】
   ・矢澤にこ【属性:火】
   ・東條希【属性:土】
   ・南ことり【(特殊系)属性:水(風)】 現在風のみ
   ・星空凛【属性:風】
   ・小泉花陽【属性:土】


この世界の属性関係


火>水

水>土

土>風

風>火


となっております…



・戦闘に置いて属性攻撃で弱点を突けば3倍のダメージとなります

・↑とは別でぞろ目ならばクリティカル補正で3倍ダメージ



地形で適正が『S』の場合 生命力に500の増加と戦闘中、敵に与えるダメージが1.5増加する仕様となっております

逆に地形適正『E』だと魔物の能力が下がり、被ダメが1.5増加、与ダメが1.5減となります


【小泉 花陽】
(夕・夜) 攻撃力 A 【260】 >特殊武装『大地の籠手』固定ダメージ:MAP開示数
(夕・夜) 生命力・防御力S【2690/2690】
(夕・夜) 魔力 SS 【4150/4150】

【星空 凛】
(夕・夜)攻撃力 B 【85】
(夕・夜)防御力・生命力 S 【生命力・耐久1600/1600】
(夕・夜)魔力 A 【1100/1100】

【矢澤 にこ】
(夕・夜)攻撃力 S 【770】
(夕・夜)生命・防御力 S 【7450/7450】
(夕・夜)魔力 S 【2500/2600】

【絢瀬 絵里】
(夕・夜)攻撃力S 【620】
(夕・夜)生命力・耐久性 SS 【10500/10500】
(夕・夜) 魔力 SS【4480/4480】

【南 ことり】
(夕・夜) 攻撃力 A 【150】(全体攻撃)
(夕・夜) 防御力 S 【生命力・耐久  2700/2700】
(夕・夜) 魔力 A 【1600/1600】

【東条 希】
(夕・夜)攻撃力A【290】
(夕・夜)生命力・耐久性 S 【3550/3550】
(夕・夜) 魔力 S【2840/2840】

【西木野 真姫】
(夕・夜)攻撃力B 【70】
(夕・夜)生命力・耐久性 SS 【7900/7900】
(夕・夜) 魔力 SSS【9800/9800】

【園田 海未】
(夕・夜) 攻撃力 S 【590】
(夕・夜) 生命力・防御力SSS【14500/14500】
(夕・夜) 魔力 SS 【3020/3020】
16 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:33:03.53 ID:Wann7MJi0
前スレ達

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461687780/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『2』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1465141250/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『3』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1468347675/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『4』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1471800402/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『5』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1475594336/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『6』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1480435750/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『7』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1485269709/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『8』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1489322540/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『9』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1492538344/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『10』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1496166039/ >>830まで



穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『10-2』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】 (途中より安価コンマ募集用スレに変更)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1499722218/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『11』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1500978487/














  まとめwiki (seesaa wiki)
まだ完璧とは言えませんがちょくちょく更新中です…
http://rgp-project02.memo.wiki/d/%a5%c8%a5%c3%a5%d7%a5%da%a1%bc%a5%b8










▽なお、安価取りに関してですが『円滑化の為、15分経って誰も取らなかった時は連続で安価を取る事が可能』です

・この世界では3時間ごとに"人間"の記憶が消失されていきます
楽しかった思い出や知識、希望に溢れた温かい思い出も消えていく
3時間経過毎に 『知識値』を500消費して『希望値』500減少を抑えるかどうかの選択があります、よくお考えくださいませ。



では開幕致します…

17 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:41:11.56 ID:Wann7MJi0
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 23:48:54.00 ID:tUTB3X610
18 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!red_res]:2017/10/28(土) 00:46:51.12 ID:Wann7MJi0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




――――――コンマ00は何時如何なる時もファンブルッッ!




             コンマ00<ファンブル判定>



ゾロ目 『白雪の思念』の呼ぶ声に穂乃果が誘われてしまう…


01〜23 魔物の欲望が大幅に高まる


24〜41 仲間とはぐれる


42〜59 0番から数匹脱走する


60〜75 兎の移動速度&追尾性がUP


76〜84 知識値2000down


85〜93 0番から1体だけ"黒色系統"の魔物が飛び出す


94〜98 00 白妙の魔物 穂乃果等の元へ真っすぐ飛んでくる(白妙戦



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
19 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 00:57:46.75 ID:Wann7MJi0
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 00:54:22.64 ID:CO4DIPwGO
どうかな
20 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!inaba_res]:2017/10/28(土) 01:01:17.42 ID:Wann7MJi0
.              ,,
.             i´,,,レ''""'ヽ
.               l ;;;/ .:::..  i
.            l ;;;;l :::::::  |
.             l ;;;l ::::::::: l
.            l ;;;;l ::::::: /      __
           _,,i ''ノ ::::: ,ノ   _,,-''"   ゙゙゙゙'''''-,,,
         ,r".::     "''''''''"           ヽ
        /.::                         ヽ
       ノ.:                          ヽ
.      〈x                             l
        ゙-,_                          l
.         ゙''-,,,                         ..::l
           ゙i;::          ::..         ...:::::i
            ゙i;:::           .、      ..::::::::,,'ヽ
          _,,-''"\        ..:::::〉    ,r":::;;;;;ノ ノ
        と__,,,;;;>-''"""""""゙'''(_,_,_,_,_ノ"""  "'''"



▼兎の追尾性&移動性UP!!




▼遊んでた兎がちょっと真面目に仕事するぞ★!



花陽【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

凛【色欲:10 小】【食人欲:0 極小】

にこ【色欲:0 極小】【食人欲:10 小】

絵里【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

ことり【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

希【色欲:20 小】【食人欲:0 極小】

真姫【色欲:10 小】【食人欲:0 極小】

海未【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】




▼凛の色欲が上がってしまった…!


21 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 1000特典が決定されました]:2017/10/28(土) 01:06:49.70 ID:Wann7MJi0



海未「…た、偶にはこういこともあります」



▽炭坑探しが上手くいかなかった地元民



花陽「ごめんねぇ…」うぅ…



▽あまり成功率が高くない事を気にしてしまう鬼っ娘



穂乃果「大丈夫!二人共頑張ったんだもの、次があるよ!」


□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷☆P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷■□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷□18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

『22時10分』


▽(まだやってなかった3時間判定)
『希望値』>2520
『知識値』>4840

この世界で3時間が経過した希望値の減少を知識値でカバーしますか?



・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『炭坑でも無いか探す』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』

1マス先
▽南(←↑)は雪と氷に覆われた岩肌
▽北( )は雪と氷に覆われた岩肌
▽西(→)は雪と氷に覆われた岩肌
▽東は世界最高峰の土地、不思議と草木も芽吹いている…



▽3時間判定 ↓1
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/




▽行動コマンド ↓2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
22 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 01:13:47.27 ID:Wann7MJi0
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 01:11:03.28 ID:v2/HIxkIo
知識で払う
23 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 01:17:44.22 ID:Wann7MJi0
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 01:15:28.74 ID:/IyiOagT0
南へ
24 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 01:36:44.21 ID:Wann7MJi0
▽知識値を消費し、希望値減少を防ぎます!

『希望値』>2520
『知識値』>4840 -500=4340


▽南へ移動

▽『…!朧気な雪山!』時間を10分消費『22時20分』



凛(…う"っ)ドクンッ


凛「…集中しなきゃ」ブンブン


▽首を左右に振るって、込み上げる感覚を振り払おうとする

▽今は仲間とはぐれないようにすること、そこに意識を持って行こう…本能に目を向けずに


―――
――



■北は此処からでは登れない
▼南は見えない
▼西は見えない
▼東は見えない


絵里「…海未、道は分かるかしら?」


海未「ええ、私にとっては庭のようなモノですし…何よりこれしきの吹雪どうということはありません」

☆園田海未が仲間に居る!

□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷☆氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷■□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷□18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『炭坑でも無いか探す』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』

※矢印の方角に行けば行く程、高い位置に進めます


1マス先(移動時80〜98でおかしな方向へ歩いている) → 海未が居る おかしな方角に行かない


▽南(←↑)は雪と氷に覆われた岩肌
□北は此処からでは登れない
▽西(↑)は雪と氷に覆われた岩肌
▽東(↑)は雪と氷に覆われた岩肌

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
25 : ◆zJZqNVVhtuCN [sage]:2017/10/28(土) 01:44:12.55 ID:Wann7MJi0
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 01:41:46.23 ID:v2/HIxkIo
炭鉱探し
26 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 01:48:19.18 ID:Wann7MJi0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

        l        )、
        {しイ     (¨ j
      \ヽ    /./^\
     「\__ 〉 7 -─┤|  | l
    人  }  o   o    ト
      7   人_         '
       l rー----イ⌒\    ,
      ノ /: :∧:.、:\: : :、: :ヽ   l
.      l |.: :.| \ ー─┐ : l   {
     八 l: : :| __   ┃l: :/|   〉
   r〜 \: 」"⌒    /イ:/  /
    〉う  |:人r ┐「 `_/⌒ <
   ー''  八勹 下 ̄ ノ    \__
         人 l  ̄     __ノ
           ¨'|        |
            |        |__
            |       /_ノ
            |  ___   /
            └‐´  └‐´

 花陽「今度こそっ!」



               r‐- 、
          , . .-―一ー}-.、
           /: : : :, -―‐- 、: : \
          / : : /´:::::::::::::::::::::`ヽ、:ヽ
       j: : :/::::::::/:::/::::::::::|:::::::::::ヽ}
        {: :/::::::::/|::/l::::::::::ハ:::::::::::::|ヾ:、
          V::::::::/ リ‐|:::::::/-‐ヽ:::::::::| リ
       /|::::::::|r笊ミ ヽ:/ r笊ミ゙!:::::|
        /:::ゝ、::弋zソ    弋zソj;/ヽ
     /:/::::ヽゞヽ   、 ,     /‐':、:::ヽ
      l:::/|:::/:::|::::>...、__ /:;::::::ハ:::::|
     リ |::|::::ハ:::/´ヽX/|\:::/::::/ }:/
         ヽ::{ /:/|: :}_∧/: 、:\:/ 〃
       r‐゙く_;/ j: :o|  |: :{ \:`ーr┐
          ̄´  / : o|―|: :ヽ. `´ ̄
              7ー‐┘土゙ーく
           く土土土土土ゝ
             `゙l__|  ̄ l__|´
             |:::l   |:::|
             ヽj   ヽj


海未「その意気ですっ!」

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



▽海未という先導者が居るならば遭難はしないだろう、だが如何せん向かい風というのは厳しい

▽寒波そのものは他の面々に防ぎようが無い、道に迷わなければいいという問題ではないのだ



▽全員が近くの岩陰でビバークをする中、二人の魔物が資源を探していた―――その結果というのが



山補正付きの魔物が居る + 雪山の魔物が居る

 成功率+10
 成功率+15


コンマ判定70〜90
   ↓花陽補正+10
   ↓海未補正+15


コンマ45〜90 で成功

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
27 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 01:55:08.16 ID:Wann7MJi0
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 01:51:53.14 ID:aW8/0uwM0
そいや!
28 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 02:02:53.10 ID:Wann7MJi0
結果【14】Miss




海未「この辺りは粗方採りつくしてしまいましたからね…」

花陽「そうなの?」


海未「ええ…その、まぁ…にこを雇う為に」

花陽「あぁ…」ウンウン




―――
――




にこ「へくっち!!」


にこ「…」ズズッ


凛「にゃっははは!にこちゃんってば鼻水垂れてるにゃ!」

にこ「ち、違うわよ!にこにーは鼻水なんて垂らさないの!アイドルなんだから!」


ことり「ふふっ、誰かが噂してるからとか?なんて…」クスクス




花陽「ただいま〜!」スタスタ

海未「申し訳ありません、これと言って収穫は無くて…」スタスタ









▽『22時30分』


▼血の判定 直下判定レスが01〜32で魔物の欲望が増してしまう…

・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『炭坑でも無いか探す』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』

※矢印の方角に行けば行く程、高い位置に進めます


1マス先(移動時80〜98でおかしな方向へ歩いている) → 海未が居る おかしな方角に行かない


▽南(←↑)は雪と氷に覆われた岩肌
□北は此処からでは登れない
▽西(↑)は雪と氷に覆われた岩肌
▽東(↑)は雪と氷に覆われた岩肌

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
29 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 02:30:13.07 ID:Wann7MJi0
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 02:24:50.08 ID:/IyiOagT0
西へ


酉はヒント形式にするっていってましたもんね
30 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 02:32:08.85 ID:Wann7MJi0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


          今回は此処まで!

     次回は火曜日 10月31日 夜23時00分!


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
31 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 02:33:45.10 ID:Wann7MJi0
1000 : ◆u5jU/0ZJi2 [sage]:2017/10/28(土) 00:53:05.53 ID:CO4DIPwGO
アルティマニア
32 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/28(土) 02:49:32.04 ID:Wann7MJi0


☆☆1000特典は『アルティマニア』に決定となりました!☆☆


@ ラスボス簡単(?)撃破方法

A 白雪の思念 戦闘パターンT

B ここまででお風呂でのぞろ目時に分かるこの世界の事or真姫加入後の世界考察ver1

C 前衛最強メンバーとは…?





どれかお一つどうぞ

先に3票

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
33 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/31(火) 23:04:53.46 ID:jF5FhOb40
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログイン・ボーナス]+???



       几,,,_
        γr‐i、`ヽ、
        '、'ー':ハ:..,ヽー‐-  ....,,,_
       ,. -匕 :..j:.::',、ヽ,.::'"    ``ヽ、
     , ' :.:: .:  ,ノ ,.ノゝ‐- 、       ヽ
     ,': :.. .::. , ′      ヽ   /::ヽ ',
    i.:.. :..   ,' .:.        :..  i:::::.: } !
     l :. .:. .: ' .:   ,r‐- 、     `'ー'′}
     |.:.. :.: .: ;; :..  {:::::::.: )      /`ヽノ
    i :..::.:  ; .:.   ゝ--'  ,,_ /`′/~`i
      ', :. .:.. ', :. へ、_/``'′`' /``′ ,'γ⌒ヽ
      '、:. :.:.. ':, . ゝ、 ,へ、_/``′ ,.ィ'′ :. ..::. !
      丶、.::.:...:'   `~´    _,. -'" .::.. :.. .:..: | ,:'⌒ヽ
         `~^フ¨゙^”“''^“"~´ :..⌒ヽ、.: ::.. . .: {′..:. ',
          /:..:. : ::.ヽ :..  .:.::..: :.`'ー ..:. :. ', :. .:.. ',
          ,'.:. .::   ::.λ::.:: .. :.: :.. .::..:.  :.::.. ヽ、.:. }
          i ::.:.   :..:.i {ヽ、 :.:...  .:..:  ::..:...  .:..: ` .: i
          |:. .:.:.  .:.:| '、 ``'ー-  .:,,,_  .::.: _,ノ :.. .: ,'
         ', ::..  .:..:.:.i  \      `~゙^~´( .:.  ..:/
          ヽ :..  ::..:..',   `丶、        } .: /
             \::.:...:.. .',_,. -‐''"´``'ー-  ...,,_ノー'"
               `丶、:.`ヽ
                ``ヽ}
                  リ

< ハッピー ハロウィン!   ケケケケ…!>



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>2520

『知識値』>4340

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100




ログイン・ボーナス

・『知識値』を500ほしい

・『希望値』を300ほしい

・『時間消費無しで一度だけ移動させてほしい』



どぉ〜れだ…!ケケケ

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
34 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/31(火) 23:08:12.70 ID:jF5FhOb40
▽1000特典募集結果



587 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 03:04:57.86 ID:aW8/0uwM0
2
35 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/31(火) 23:08:48.38 ID:jF5FhOb40
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 08:15:57.35 ID:MYIN3IcSO
3
36 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/31(火) 23:09:51.53 ID:jF5FhOb40
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 10:32:10.42 ID:tWJA8e5A0
37 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/31(火) 23:10:28.95 ID:jF5FhOb40
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 12:34:25.91 ID:XUFHch1o0
Bで
38 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/31(火) 23:15:46.88 ID:jF5FhOb40
595 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします[sage]:2017/10/31(火) 23:12:34.33 ID:Ou/IX2hE0

希望値300で
39 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/31(火) 23:24:36.09 ID:jF5FhOb40
▽『希望値300』を選択


『希望値』>2520 +300=2820

『知識値』>4340

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100




                         _, .____,.
 r`"'  .、 _`"'  .、 _        _, . '' ¨´ ̄  ,. r '' " l
 l   ___}ヾ'  .、 _ `"'  .、 _ r ´    ,. r ''".       |
 l i" ̄ ̄} } {ェュ、_`"'.、 ィr-=====ュr'´           |
 l┌t     .  ゙゙"'ヾ   li       ll           |
 l ヘ       ,リ    il   li        ll           |
 ! ト= , ´〈 }ヽ.   ア, li    ,.   !!              |
 | li て ̄" ゝ、ヽ ユタ. li ,.イ{}ヽ, ll           |
 l li  ヽ ̄} て、.> l!  l,て≧i≦テll.             |
 | li   ゝ_l .r´,'  l!  l  ゞ《i.》  l!l            |
 ! li     i /    l! .l!   ∨  ll           |
 |  ゙ヾ=ュ、. `     li  li      li           ,.r '
 `"'  .、 _. ゙ヾ==ェュ、ィィ  i!        ll     ,. r '' "
       `"' .、 _ ゙"  li二二二二li ,. r '' "
            `"'ー=───‐="



      『 アルティマニアの切れ端… V を選択 』





※(ぞろ目時の事or真姫の〜)と書きましたが訂正、両方ですね、どっちかではなく

〜 此処まででお風呂時のぞろ目等で分かるこの世界の不自然な点 + 真姫が色々気づいてくれる箇所に関して 〜

一部の内容は既に真姫が疑問に思い口にした事もありますがそれも含めます



         世界考察ver1



・まず、ツギハギの街に関して



                                                     _
                                                       /| r`l
                                                    |::|└:|
                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー〜「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'〜<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,;.;:: .:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡
40 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/10/31(火) 23:44:31.06 ID:jF5FhOb40



[サガフロより…BGM:ブルーOP]
https://www.youtube.com/watch?v=bG-O7U2WWig&index=3&list=PL33021FE67F7DCC92






ツギハギの街――――地図を見て分かる通りこの世界の中心地に存在する街、此処にかつては人間が住んでいた





























             本当にそう思うか? この街に?この家屋の密集地に本当に人が居た痕跡があるか?







いや、確かに街があり、そこにあたかも人が本当に生活していた、かのように見えればそうだろう…




今、この項目<ページ>を見ている諸君、君達はホムンクルスの創り方という本を見ただろうか?

もし記憶にないのならサラリと流しで簡単に言うがホムンクルス…即ち【人造魔物娘』の精製と用途に関して記載した本だ


元より<アルカナ・アーツ>というモノは " 魔物娘は決して触れられないようになっている "

 魔物除けの札と似たような原理だがそれを更に強くしたようなモノ、希少な資源の為4基のアルカナ・アーツ分しかそれは造れなかった


触れるのは『人間』と『人造魔物娘】だけである



アルカナがその2種類の生命体の為に用意された防衛用の武装で在る事、そして0番でホムンクルスを造った事






最後に  『 街の大半の住人(人間)がモーセ計画で出ていった、残りの徹底抗戦派(人間+人造魔物娘)はシェルターに残って戦った事 』が書いてある




…白妙の記憶の内容を穂乃果は見ず、、ぷれいやぁだけ見るというコマンドを以前取ってもらった、その時こんな内容があった


   "街は壊滅、シェルタードームも完全に壊れた…人類は絶滅した"と   この『シェルタードーム』とは【何処の事】だ?
41 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 00:00:48.75 ID:OPDhO4aM0




この世界でドーム状の建築物、そんなモノはたった一つしかない





大事な事だから先にもう一度言う

          そのドームは魔物の襲撃によって、完全にぶち壊された










 そのドームは…他でもない  6番『恋人<ラヴァーズ・ストリート>』にあるドームそのものだ







人類は滅んだ、その後、繁殖"し過ぎた"魔物娘達も少ない食料の奪い合い、縄張り争い…激しい生物の生存競争の末と飢餓でバタバタ死んでいった






人間も魔物も…あらゆる生命体が最終的に死滅していく、食物連鎖のピラミッドを何処か一層でも破壊すればそのしっぺ返しはとんでもないモノだ






それから途方もない時間が過ぎた、それでいながらまだ街が残ってる


雨風に晒されて少なく見積もっても桁は4つはあるだろう年月…なんで『まだ』残ってるんだ?


普通なら経年劣化やらで倒壊、街など更地になってもおかしくないだろうし、施設だってどうしてほぼ無事だ?壊れた筈のドームはなんである?





理由は簡単、『誰かさん』が"途方もない年月を掛けて"再建したからだ



街並み、創りは和、中、洋と滅茶苦茶なデザインだ…それは…  その『誰かさん』の覚えている街並みがもう朧気だから




  記憶がごちゃ混ぜで何が何だか分からないくらいに溶けて混ざってるから







            ▽この世界で3時間が経過した 人間 の記憶が薄れていく 希望値か知識値を消耗します



※この世界で人は記憶が薄れる、薄れないのは魔物だけ




バラバラでぐちゃぐちゃのツギハギだらけの街…脳みそが穴の開いたスポンジみてーに記憶が途中からボロボロ、だから再建した街は外観がおかしい
42 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 00:13:41.48 ID:OPDhO4aM0


街を再建した"人"はどうしても忘れる訳にいかない存在があった、忘れたくない物事があった



だから【忘れないようにした】




【忘れないようにして】から覚えてる範囲で街を再建し彼女は自分の計画を途方もない時間を掛けて始めた、狂気染みた執念で






・真姫が反応してくれるポイント、白妙関連の話題+4番の施設


・白妙関連の話題

絵里の屋敷での会話時も少し触れたけど、どうして白妙の魔物は穂乃果を喰わないのか



普通、魔物は人間を襲う、ましてや人類が滅亡したこの世界で人間は貴重な資源…



それをわざわざ元の世界に帰る方法を教えて送り返すように仕向けるなど全く以って意味が分からない






逆に考えろ、白妙の魔物は穂乃果に此処までで帰るためにと言って『何をさせた?』




白妙の記憶を読んで行けばだんだんわかって来る




・4番の施設


4番の施設は魔物の心の奥底に眠ってる力を呼び起こす、内なる自分と戦い乗り越えることで奥義を修得する



それは分かるけど、【なんで魔物娘の心の中に穂乃果が干渉できる?】どう考えてもおかしい









   世界考察のポイント ver1 此処まで


時間が掛かりましたが本編再開です
43 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 空虚なる 希望値-20  「2800]:2017/11/01(水) 00:26:12.79 ID:OPDhO4aM0
▽西へ移動! 『B-4』から【A-4】へ到達


□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04☆氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷■□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷□18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

▽『22時40分』 …海未軍拠点 !





ワンワン!

クルルルゥゥ!




海未「皆さん!只今帰りました!」


▽首領の帰還を…凱旋を心待ちにしていたように多くの獣が出迎える…




にこ「…こうしてみれてりゃ…狼も可愛いワンコなのにねぇ…」



▽可愛い声で「くぅん〜!」と鳴きながら頬ずりをする年若い狼の子供、頭を撫でて貰い口角をあげる壮年(?)の獣


絵里「…なんか前より数減ってない?」



海未「ああ、それでしたら砂漠で薬を持って来てくれた子が居たでしょう?あの子に先に拠点まで戻らせて山から下りて良いと報告させたんですよ」

絵里「そういうことね」



▽覇権戦争をやってた頃なら敵勢力の蝙蝠やら真姫の作った生物やらと死闘になるが、その心配も無く野へ森へと嬉々として駆けていったそうな


44 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 00:43:53.39 ID:OPDhO4aM0


『海未の館:大広間』 





───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
──||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:/\/⌒ヽ/:::::::::::::::: ::|: : |:::::::::::::::|_|i:i| ̄i||_|_,|_,|||⊥
    ||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:\/\/::::\:::::::::: /|: : |:::::::::::::::| |i:i|  i|| |¨|¨||||
    ||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:i| |\__\::::::: \__,イ |: : |:::::::::::::::|_|i:i|  i||_|_,|_,|||⊥
 ̄ ̄||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:i|_|_,,,,|ィ=/\___/: :| |_| ̄| ̄|~~|i:i| ̄7_|_,|_,|||⊥
    ||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:i| |xく| 〈_/: ::弌x::| |_| ̄ ̄~::| |i:i| ̄:||_|_,|_,|||⊥
    ||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:i|_{{__,|_||i:|: : : : }i}:| | : :| : : : : : |_|i:i|  :|| |¨|¨||||
 ̄ ̄||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:i| [ |  ||i:|_:____ノリ:|_|_:_:|_:_:_:_:_:_|_|i:i|__..:||_|_,|_」||⊥
    ||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:i|==〕,ィl爪「ミメ、_〔    _,,.. --─ァ┘||:::::::::::||_
─‐‐||             |::|i:|i:i|       |i:i|i:i|xく`````````,>x幵¨ ̄| |:|── |:|¨¨¨¨ ̄ ̄
i:i:i:i:i:||     _,,... -‐|::|i:|i:i|''^^⌒ ̄|i:i|i:i{::::: ̄ ̄ ̄ ̄::::::}|:|二ニ=‐┴=ニ__ ̄
i:i:i:i:i:||=ニ二ニ=-  '''"~ ̄ ̄       |i:i|i八:::::::::::::::::::::::::::::/^^''冖¬=ニニa        /
=‐ `` ̄            。s≦二≧s。  ∧_:_:_:_:_:_:_:_:_:/                   ̄
      ⊂ニ⊃=ニ=‐__ <二二/:://〉'^Y-=ニ| √厂__ 厂-  __
  一==ニ|`¨¨,ィl爪「「ミメ、ニ二..〈_///ヘ_/< ̄ヽ{:::∨ /く~"'' ─-=ァァァ=- _
 _\ -=|: :/``````````::∨:i:////>||γγ{: :}ヘ:::∨\\::....,,, . . : : : ̄  ‐ァァ77ァァ=-/i:i:
<:i:i:i:i:i:i:i:iく|: :{:::::::::::::::::::::::::::::}_// '" : : ::. .レ',、ヽノー}::: 〉ヽ::寸Xx;;;;::.. ....      |く二二> /i:i:i:i:
|::)ix:i:i:i:i:i:i:i:i}h、::::::::::::::::::::::::/ : : :::::...,,,.:.:/7.:.:.:._||\∨〉;,ノノ  \ : : : . .    ┘/〉||ア:i:i:i:i:i:i:i:i
..\::)ixi:i:i:i:i:i:i:i:〕iト ー〜'^´::... ^^ ``'//,.:'´〈 ||\\゙i, ム...: : : ;; ::...    ...,,///:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:
〕h、\::)ix:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト ;;::.:.:....,,  ,:′ //,.:'´,.:'´||`````゙i,  \,.:'´ _,,.. -‐ `¨ア:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:,イililil
ニニニ\\::}h、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト .: .: .:..  ..:/  ...:.: .;″;,. .:.: :.. :...`` <:;:;:;:;:;:;:;:::.:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,イililア
二二二\\:ミh、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト . . .: :.:_;;;;_;;;_;;;;_;;;;_,,;;;;  ``'' .:,,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,イililア ̄
二二ニ=‐  `'弌ミh、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト ,;'||\\\\\\\\\`:..,,,;;/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,イililア⌒≧
‐ ̄      __‐=-ミh、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||,.:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iイililア二二二
   __ -二二二二ミh、ミh、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iトミ ,.:'″,,;;;;'´  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イililア二二二
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三


パチパチ…!



▽囲炉裏を9人が囲む、しばし暖を取った後で出発…



海未「此処から南下していけば道中【月】の施設があります…貴女の世界で言う所の"てんぼうだい"とやらですね」

穂乃果「展望台?天体観測とかができるあの?」


海未「ええ、仮眠室もあって…魔物除けの札が付いている部屋もありました…こんな山奥だからそのような創りなのかもしれません」

海未「最悪、そこで寝泊まりすることもできるかと…『J-8』の拠点と比べれば粗末な所でしょうけど」



・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』

・『物色(海未軍)』(10分)
  ・(食料庫)後3回
  ・(武器庫)後3回
  ・(資材置き場)後3回

・『採取』(10分)
・『炭坑でも無いか探す』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』

※矢印の方角に行けば行く程、高い位置に進めます


▽南(↑)は雪と氷に覆われた岩肌
▽北(→)は雪と氷に覆われた岩肌
■西は見えない壁があって通れない!
▽東(←↑)は雪と氷に覆われた岩肌


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
45 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 00:58:54.09 ID:OPDhO4aM0
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 00:53:40.21 ID:HujnJz8y0
白妙さんが穂乃果にさせたこと「μ’sを集める」「アルカナ回収」かな

物色、食料
46 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 01:11:01.20 ID:OPDhO4aM0
▽『物色』(食料庫)を選択
3→2


───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

               _..  ──‐
            >:::::::::::::::::::::::::::::::::::〕iト.
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ih、
          .,.::::::/:::::::::::::::::::/::::::::::、:::::i::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::i::::/!::::::::::::ハ:::ト、::::::::::::::::.,
        .:::::::::::::::::::::::, ´l:::′::::::::i:::! }:! ’,:::::::::::: ∨
        i::::::::::::::::::::/  .!{  i:::::/!::i リ  ‘;:::::::::::::::,
        l:::::::i:::::::::::  ̄从¨从:i i:/ メ.  i:::::::::i!:::!
        l:::::::l::::::::::l ,:iミヽヽ:j/ / ___`  }!::::::::!!::!
        l:::::::ヘ::::::::!《乂沙     r;允_リ::::::/ リ
        }:::i:::! ヽ:::人 :.:.:.        ゞ'゚´ '/::::::/! '
        !:/!:::ヽ. _ヾ:, ヽ     '  .:.:.: /::/::人
        ノ' !::::::::::/ヘ `     _ .._    ,_イ:::::::::::::丶
       ,:  ノ!:::::::/..〈 丶    ¨´ r、_ イ /}::::::::::::::::::::〕iト.._   __.........._
        /  ′:,::::ソ...∧  〕iト. 。s/!.! i// iァ、::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〕iト.
     /   i;从/!..........r─‐ 、v'ヽi ! ! l!_/}' /¨..ヽ:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::ヽ:::ヽ
    ,:     〆.......i...........ヽ   〉-、l l l l/ / i....i......i::::::::::\ー‐=ニ  ̄      ヽ::ヽ::::::,、::}
   ,.:′  /..............l__............i , '   i    i l....l.......ト、::::::::::::〕iト._          Xソi::i:} リ
   /   .i.........`.....、.........7.....ソ     j    l ト、l.....i.i::::〕iト--、:::_::::::::::::ー─  彡' i::!l从
  ,::i    ∧.................ヽ../_......`ー..、r/!   ,.: ノi}∨...}_::::::::::::::::≧s。._ ̄ ニ=‐  、::ヽ 从
  i::l    ∧.................∧....〕iト...∧ ヽ  /、¨__/o.∨.!_  ̄ ` 、::::::、:::::`:..、    ヽ}
  l:::!       ,ヽ.........\_ヽ_.........,′..ヽ、>〉、...........∧/...i    ヽ::::ヽ::::::::::ヽ    j!
  ,从{      ∧...`.................∧...i.............o.ih、}........o.....∨.l:ヽ     '::::i }:::;!ヽ:::’,
  ∧ヽ      ノV........................〉}................./../................∧ヽ:::::〕iト.__}_:!ノイ  }:::::i
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三


 海未「そうだ!穂乃果…私と来てくれませんか?確かまだ食料庫に保存のきくモノがあった筈です」

 海未「火を加えずとも直接食べれる物でしたから持って行くには丁度良いでしょうし」



 穂乃果「良いの?」




 海未「ええ、もう戦争は終わりましたからね…」





▽野に自由に出向けると言っても、まだこの世界の食糧事情はそれ程良いとは言い難い、…恋人通り内部に大量穀物を初め多くの食糧があると分かったが

▽結局それだって人間である穂乃果が居ない以上入れないし、第一、知識値の支払いができなければ取れない、魔力でもできない事はないが割りに合わない






              判定


00 倉庫で魔狼(意味深)になるうみちゃん

01〜32 『缶詰セット(やきとり)』食料17%

34〜65 『クラッカービスケット』食料20%

67〜98 『飴玉(メロン味)』×2



ぞろ目『干し肉』食料30%


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
47 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 01:28:19.42 ID:OPDhO4aM0
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 01:26:48.01 ID:HujnJz8y0
はい
48 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 01:34:26.56 ID:OPDhO4aM0
結果『01』



       ______________________
  ,r ´,.rィニ==, <  ,......................................................................................................`>、
 /   ', ニニニニニ彡'´ ̄ ̄ > )  r-───‐ 、≦ ───‐‐z- ュ、 `, ,
 ゝ` ー ゝ ====≦_______`≧z__/_≧==ニ ___ _ -‐ 八
   )ー────────────────────────一''(
   |>---┐ュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュュ-‐<|
   |/////'|i!i三>-‐‐-、iir======<ニ=/⌒',三=r‐‐‐ ,三ニr‐‐‐zi!i////'|
   |/////'|i!iニ/ (三ヽ_j=〕  f≧.,  Yi/    ',三`!   ',三/  .f@!i////'|
   |/////'|i!i込   ` ー.、ii|  !≧' .ノ/ /ヘ   ',三| ト  ',./ ィ   |ニ!i////'|
   |/////'|i!i三ニ=-.、  Yi  i-‐≦ii/ ニニ  ',ニ.! !i',  /i|   |ニ!i////'|
   |/////'|i!杁 ゝニノ ノ,!  !三ニ/ '、三=ヘ.  'u .!、iヘ_/iij  .!、!i////'|
   |/////'|i!i三≧sos≦i`ニニニニニニニニニニニニニニ──'=i!////'|
   |/////'|i!i三三三>--‐‐゛o°。o°o°。。o‐‐--<三ニニニ=!i////'|
   |/////'|i!i >o ° o°∽ 。:。Oo `ミo゛:° o°∽ 。:。<ニ!i////'|
   |/////'|iィ ∽°。:。Oo;o°o  o°o  。。o`  ◯ o◯  ヽ////'|
   |/////'|{ 。o°o  o°∽° ∽° ◯  。゛o°。o°o°  }///,'!
   |/////'| ゝz _____く_∞_  〉 8 o °O  ゜/ 0o .ク///'|
   |//////j::::::::>⌒`‐-っ ___ ニ=≦t==ニニ─────ヒ__!i////'!
   |///r-‐廴::::`´::::`´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::⊆=ミー--z──一::::},////'!
   |///!: : : :ヘ`ー --- ==--‐‐ <´< _:_:_:_:_:_:_:`¨´_:_:_:_:_:_:_:_:_: 廴//'|
   |//,'L: : : : :> ‐‐ ,ィー────── ----- ニ__       } : : : : : :.}/|
   |'METWLγニニニヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :γ=====.ヽ : : :.}/|
   |/340g 杁ニニニニリ: : : : : : : : : : : : : : : : _.ィ‐-,z{(.Н.Oγmе|.)}f >,j
  .ゝ< ゞr ー' ゝ ュイ> : : : : :>へγゝ_へrヘ|〉/ヽゝ=====" ゝ)__ィ
   `< _二二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニ==≠'"



   …コロン!
                  ―――ゴトッ

  . r================================ュ
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   | シーチキン ファンシー   ,r::::ヾWゾ::::ヽ.  │
   |  ________!::::::::,r─ 、::::::)___|
   |≫_|三三三三三三三三Y { 0O0.}:::ノ三.l|
   |   ィl  __   く⌒v⌒メ:ヾ皿ツノ    |
   |  [Hagoromo]   `ヽ </´_,赤 ,jつ   .|
   |   ̄          i  ヾ;;, ,, 〈    │
  _}_________ヽ、,,__,,ノ___{_
  .‘=================================’







───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

    . :´:  ̄: ≧==―-   __
.   /: 「¨¨> ´: : : : : : : : : : : : : :` : .、
  .: r‐}/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
  {: }/: : : : :/: : : : : : :|:/} : : : : : : : : :\
  ∨ : : : : / {: : : : : : :i|´  "⌒ヽ: : : : : : : ヽ
  :′: : : :/ __∨: : : :/リ‐-  __   : : : : : : : :
  |: : : : :/´  ∨: :/         |: : : : : : : :}
  |: : : :N x==ミ\{  芹乞ミメ.   |: : : :i|: : : :
  |: : : :|〃ん心      { 「刈 〉 l: : : :リ: : :/
  |: : :从 `弋zツ      ー一 ′ 从 : /: : /{
  |: :/ : {\   、           / : : 〃}:/ :|   ほえ〜……
  ' ∧: ハ             /: : /ぅノ: : :|
  {:/ }: :人      _ 、    幺イf_/ : : : |
   /| : : :}\   廴__)      イ : : : : : : :从
.    |: : :リ |: : :  .    ., ´ |: : : : : : :/{
     V :/ 从: : : : `丁¨´___j_:_: : : : /
      ∨   \: : :/j ハ      〉、/
           __ゝ//}/ }   /ニ〉=-
      -=ニニニニ{/   _}_/ニニ/ニニニニニ=-
    /ニニニニ「¨¨`Y^Y´   }ニニ/ニニニニ/⌒ニハ
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

穂乃果「…缶詰だ、缶詰がたくさんある」ポカーン


海未「まだ絵里と戦っていた頃、『砂漠』で掘り起こしたものです」
49 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 01:43:28.93 ID:OPDhO4aM0

海未「…凛は魚は食べれないのでしたね…回復値が高いというのに…」ヤレヤレ


▽シーチキン、と書かれた缶詰はおいておく…きっと、多くの部下たちの飢えを凌いできただろう古人…もとい故人の産物たち

▽その中から凛も含め全員で食べれそうな物を見繕う、網袋の中に重なるように入っているいくつかの缶詰

▽ご丁寧に缶切りを必要としないプルトップ式のモノだ……まぁ、缶切りが必要だとしても一部の魔物なら爪で切ったりご自慢の筋力で開けるだろうが


穂乃果
・【同人誌】
・【デュラハンの劔】
・【白雪の日記 Last】
・【運命ダイス】
・【性的倒錯のススメ】
・【転移の魔石】
・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>

花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】
・【折り鶴】
・【防寒着】
・【   】


・【淫誘の香水】
・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】
・【必中の紋章】
・【風魔手裏剣】×1
・ 【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】
・【フレイル】
・【山彦の帽子】
・【バシリスクの牙】
・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】
・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】
・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】
・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【裁縫セット】
・【裁縫セット】
・【カレー粉】


・【ステーキ肉】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【キャンバス】
・【醤油】
・【    】×2

真姫
・【水の魔石】
・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】
・【まきびし】
・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】
・【  】 ×3


▽誰に持たせますか?
直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
50 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 01:54:14.82 ID:OPDhO4aM0
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 01:49:24.28 ID:1VICPXwC0
花陽ちゃん
51 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 02:03:38.62 ID:OPDhO4aM0
▽花陽に持たせます




花陽「…これが缶詰」



▽網袋から一つ取り出してそれを両手で持ってみる…








▽囲炉裏の灯りに照らされ、光沢を放つ金属の塊、中身がぎっしりと詰まっているのだろう重みを感じる

▽雪と氷しかない辺鄙な土地の蔵に置かれていた所為か氷柱でも触ってるように冷たい、それもややあって花陽は観察を早めに終え袋へと戻す





希「それって食べれるん、よね?」




▽基本的に街中で(マヨヒガから迷い込んできた)乾パンだの
   自分で育てた野菜や森で成っているモノを食べて来た希はマジマジと金属の塊を見つめた



真姫「ええ…食べれるわ、見た事無いの?」


希「いや、あるんやけど…あんまり缶詰は見つけたことなかったし…にこっちに御馳走になった時もあったけど」


にこ「あ〜、私の家だと缶から出して皿に移したの出してたしね、アンタ缶のままの状態ってあんま見た事ないか」



『22時50分』

・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』

・『物色(海未軍)』(10分)
  ・(食料庫)後2回
  ・(武器庫)後3回
  ・(資材置き場)後3回

・『採取』(10分)
・『炭坑でも無いか探す』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』

※矢印の方角に行けば行く程、高い位置に進めます


▽南(↑)は雪と氷に覆われた岩肌
▽北(→)は雪と氷に覆われた岩肌
■西は見えない壁があって通れない!
▽東(←↑)は雪と氷に覆われた岩肌


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
52 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 02:17:14.01 ID:OPDhO4aM0
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 02:14:43.01 ID:HujnJz8y0
MAPアーツ、絵里の闇夜の飛行、南5マス駄目なら
安価下
53 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 02:33:59.04 ID:OPDhO4aM0
絵里 魔力値『4180/4480』



絵里「さて、と…準備は良いわね?」キュッ!



▽黒外套の襟もとを少し正して帽子を深々と被る、その後ろには防寒着を着た穂乃果……




穂乃果(水中ゴーグル着用)「うん!」





▽……防寒着を着て、海未が蔵から持って来たゴーグルを掛けて、ピンク色のマフラーで鼻と口を完全に覆ったおかしな恰好の穂乃果が居る




絵里「この寒空の下を全力の夜間飛行よ…私が風の膜を張るからある程度は平気だろうけど…」チラッ



▽"ある程度は"、である…風除けは確かにお得意の分野だが、寒波や吹雪そのモノとぶち当たった時どうこうできるかは微妙だ


絵里「ことり、真姫しっかりついてきなさいよ」グッ(腰に巻いたロープを持ちあげる)



真姫「はいはい」グッ(絵里の身体から伸びて来るロープを掴む)



▽水上スキーを見た事があるならそれを想像すれば早いだろう、翼で飛べる絵里に括りつけたロープを浮遊できる真姫が掴んで引っ張ってもらう


▽牽引車に引かれる事故車のような図で赤毛の魔術師は何処か不満げだとか…




真姫「しっかり掴まってよね?」
にこ「わかってるわよ」





ことり「行くよ?」

希「あいよ!」

凛「にゃ!」






絵里「貴女を乗せて飛ぶ日が来るとはね世の中何があるかわからないものよね」

海未「…この蝙蝠たち乗っても大丈夫なのですか?重くありません…」

<きゅぅ〜

花陽「大丈夫だよ、この子達力持ちだから」ヒョイ


海未「安全なフライト(?)でお願いしますよ…」スッ


絵里「じゃ、行きましょうか!」ダキッ

穂乃果「うん!」ぎゅつ



54 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!蒼_res]:2017/11/01(水) 02:38:18.80 ID:OPDhO4aM0
  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.
             .  。          。  *。, + 。. o ゚, 。*,
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +     ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。
。 .  .。       . 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  。。. ゚。+ 。 .。  .  。  ゚  ,
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。 ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。
 , .        .           ,       .     .



▽南へ移動!


▽南へ移動!


▽南へ移動!


▽南へ移動!


▽南へ移動!



『A-9』へ降り立ちます!
55 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!蒼_res]:2017/11/01(水) 02:49:43.50 ID:OPDhO4aM0

□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09☆■□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷□18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


▽『…!空虚なる雪山』時間を10分消費『23時00分』


▼魔物の遭遇判定 このレスが01〜11で―――


▼魔物の血の判定
 直下判定レスが01〜32で魔物の欲望が膨れ上がる


絵里「!あそこが丁度いいわね、あの岩の天辺、あそこなら全員で降りれるわ!ことり!」

ことり「うんっ!」


▽夜空に2人分、少女達のシルエットが映る、お月様をスクリーンに羽の生えた人型が何かを抱え、あるいは牽引して飛んでいるモーションが映る


スタッ!

スタッ!



ことり「到着っと」

凛「つ、つつつつ着いたねぇ…」ガチガチ

希「そそ、そうやなぁ…に、にこっちぃ〜ギュってさせてぇなぁ〜」ギューッ

凛「!ず、ズルいにゃ!凛も!」ダキッ


にこ「は、離しなさい!く、くるしぃぃ…!にこだって寒いのよぉぉぉ!!」ギャー



真姫(…なにやってんだか)ヤレヤレ


絵里「…大丈夫だった?」

花陽「うん…」コクコク

穂乃果「ちょ、ちょっと寒かったかな」ブルッ


海未「平気です」ケロッ

・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『炭坑でも無いか探す』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』
・『標高の確認』

□南はこの位置からじゃ登れない
▽北(↓)は雪と氷に覆われた岩肌
■西は見えない壁があって通れない!
▽東(↓→)は雪と氷に覆われた岩肌

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
56 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 03:08:31.88 ID:OPDhO4aM0
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 03:04:18.68 ID:iIN4ELT10
東に移動
57 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 03:19:23.79 ID:OPDhO4aM0
▽東へ移動! 『A-9』から【B-9】へ!

□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09☆■□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷□18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

▽『…!朧気な雪山』時間を10分消費『23時10分』


ヒュゥゥゥゥ…

───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
                   /:: :: :: ::/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \
                    〃:: :: :: /:: :: :: :: :: ,., ´ :: :: :: :: ::ヽ
                  /:: :: :: ::〃:: :: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ‘,
              /:: :: :: ::/:: :: :: :: /:: :: :: :: :: :: :/} :: :: :: :: :.
              :′ :: :: /:: :: :: :〃:: :: :: :: :: :: / ::∧ :: :: :: :: :
               |::/:: :: :′:: :: :/:: :: ::_::_., '" }::/ ‘,:: :: :: ::i|
               |/:: :: ::{:: :: :: / ̄ `ニニ¨¨´  ノ'"\__‘, :: ::}:i|
             /: :: :: ∧:: :: :{ x斧芯ミ`     __   〉:: /:リ
               〃 :: :: :: /ヒヘ:: :: { 乂辷ツ       ィ筏心./:: /:/
            /:: :: : ::: :八 (_ \:‘,: : : :      辷ソノ′/:/
              {:: :: :: :: :: :: :`ー┐::N          : : : :/幺イ
           \:: :: :: : :: :: ::八}:}        ′  ∧〈
            {「 \:: :: :: :/  り 、    〜_ー   / }::}
           /乂__{_}z=彡       \     ,., ´ ノイ
          x{///:∧ /≧s.,     /::`ー =≦
      /:: :: 〈/ // ∨    ≧s.,{ー=彡"
     / :: :: :: :: :〈/ ::/≧=――――‐\  , -rー .、
   /:: :: :: :: :: :: :: :: /ニニニニニニニニニ=- -=く | | }┐}
  〃:: :: :: :: :: :: :: :: :/ニニニニニニニ/    ´ ̄ ヽし' ノ ′
  {: :: :: :: :: :: :: :: :: /ニニニニニニ/  /       ‘, { /
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

希「」ブルブル

希「なぁなぁ、海未ちゃん…猛吹雪やけどこっちで合ってるん?」

海未「ええ…私には確かにあの方角に『2番』が見えています、だから反対方向のあちらが進むべき進路ですね」スッ


海未「…少し先に洞穴があります、そこまで辛抱してください」

希「…もう少し先な、分かった」





▽海未が居る、『吹雪の中でもMAPが確認できる』、『転落の怖れが無い』、『コンマ次第であらぬ方向へ行かない』



・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』
・『標高の確認』

▽南(←→)は雪と氷に覆われた岩肌
▽北は小さな祠と祭壇が見える…!
▽西(↓)は雪と氷に覆われた岩肌
▽東(↓)は雪と氷に覆われた岩肌

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
58 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 03:30:34.42 ID:OPDhO4aM0
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/01(水) 03:26:43.82 ID:W6DCtvJU0
59 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 03:41:20.02 ID:OPDhO4aM0
▽南へ移動! 『B-9』から【B-10】へ

□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷☆18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

▽『…!朧気な雪山』10分消費『23時20分』




ことり「まだ吹雪いてるね」

海未「ええ…この様子ならもうじき歩けるくらいにはなると思いますが」



▽小さな洞穴があった、そこは山の分岐路、丁度枝分かれした道の真ん中にあった穴倉で、狭い所だが風除けには悪くない場所だった


▽ある者は肩を寄せ合い、ある者は元気の出る明るい話題を振り、ある者は牡丹雪の向こうに僅かに見える施設を見据えていた



・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』
・『標高の確認』

▽南(←↓)は雪と氷に覆われた岩肌
▽北(↓→)は雪と氷に覆われた岩肌
▽西は登り坂の真上に人工物があるのを確認できる
▽東( )は雪と氷に覆われた岩肌

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
60 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 04:16:00.34 ID:OPDhO4aM0
【訂正】

※西と東、内容逆でしたね…orz


・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』
・『標高の確認』

▽南(←↓)は雪と氷に覆われた岩肌
▽北(↓→)は雪と氷に覆われた岩肌
▽西( )は雪と氷に覆われた岩肌
▽東は登り坂の真上に人工物があるのを確認できる


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/


61 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 04:23:14.28 ID:OPDhO4aM0
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 04:19:35.62 ID:W6DCtvJU0
東へ
62 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 04:44:47.60 ID:OPDhO4aM0
               . ・  .        .         .    . .
       .+     .      .          .     °.   .             。
   .                .   。       .      .     .   .                   +
         '    ‘  .       .      .      .        . ・  .       .      .    . .
          .        .       。       .     .   .
                         +     . . ゜ ゜        .


。          +
            '    ‘  .       .    .              l|     .  .   。   .  ・        .    .
            .               。    .       。_;;;(;;);;__。
                  . . ゜ ゜       .        .    ヾ;;!;;!;;!;;!;!/         .
                                  .      i::::::::::!:::::::i
                                      .:;:''"'"'' ‐i:=;;;;;;i;=;:;;i                       _.,,,,,....:;;:''"
       .     ,  . . ゜         .  ,,....:;;:''"'''‐- ,..:''":::::::::::::::: `l;;;;;;;;;;;l;;l´‐-;;,_,,,..            _,,,,,,,....:;;:''"::::::::::::::::::::::
               .        ,,,,,....:''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::: !  :::::::::::""'' ‐-,,,,,,,,___ _...:;;:''"::::::::::::::::::::::::::::
              ,.,;:;:;:;:;'''"""::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !::::::::::: !        ::::::::::::::::"'''‐- ,..,,,...,::::::::::::::::::::::::
       ,-----‐‐'''''''゙゙゙゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     !::::::::::: !           ::::::::::::::::::::::::::::::::'''‐-
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         !;;i;;;;;;;:::!                 :::::::::::::::::::::""'' ‐-,,,,,,,,___ _
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :          !:::::::::::::!:            +
             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::              ::!:::::::::::::!:           |:  。___+
               ::::::::::::::::::::::::::: 。 : 。 +            : :::!;;;;;;;;i;;;;!:_     。,=!=!,,_,,,,,,l;;;,,,,,!└└;;!;;;;!
                       i_,,,,,,,i_,,:i   。    。  。_i::!:::::::::::!:::i__,,,,,,_!;;;;;[l[l;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;!-!;;;;;;!;;;;;!_,,_。,

                 ____,,,_ ::! :::::!::::!;;;;;;;;:i------i---::i :i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;!
                _,.,.,_, i;;;;;;;l'":::::::::"'''''::::::::!::::::::::::::::!:::::::: !':!-i-!-!-!-i-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!;;;;;;l""""""

              。  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"""""""""":::::::::::::::"""::::"""""""""""""'::::::::::::::::::::::::::::::::::""":::::::::::
        ""'"''"'""''"':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                                      ::::::::


- 18 -星(The Moon)-
【 月の魔力<バイオタイド>研究観測場 】

[BGM:ロマサガ3より…ポドールイ]
https://www.youtube.com/watch?v=jd9d0VVpEVU
63 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 04:59:22.81 ID:OPDhO4aM0


▽一瞬、風の勢いが衰え、進むならば今しかあるまいと判断した海未が全員を連れて上り坂を征く




▽厳しい道程、険しい旅路、傾度は増していき歩くのも一苦労…それでもこの先に安全地帯がある



▽そう思えばこそ悲鳴をあげそうな足腰に鞭打ってでも此処を登り切ろうと思えた











▽やがて、彼女たちは辿り着く…









▽自然が育んだ無骨な山の一角、その内の一つの到達点…そこは不自然な程に真っ平だった



▽『ジャックと豆の木』なんじゃないかと思ったくらいだ




▽自分達がジャックで、どでかい城の中のそれはそれは大きなダイニングテーブル、今まで登ってたのはそのテーブルの脚で

▽この空港の滑走路か何かの如く綺麗に整えられたそこは卓上だと思った




▽…あるのは大皿に盛りつけられたご馳走ではなく、建築物だがな、見ると若干傾いているような創りだが…

▽…?あのひょろ長いのはなんだ?観測用の望遠鏡か?






海未「皆さん、もうすぐ入口です!…頑張りましょう!」ガシッ



▽海未は辛そうな顔の東條希に駆け寄り、肩を組むように彼女の歩みを助ける






真姫「ことり、大丈夫?」

ことり「う、うん…っ!」


絵里「にこ、肩を貸すわ…花陽!手伝って!」




穂乃果「凛ちゃん…もう少しだよ!」


―――
――
64 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 05:12:13.58 ID:OPDhO4aM0
:::::::::::|::::::::::: |::::::: :: |:::::::::: :: |¨゙|:\  \``丶    ),,、xX'”∠_  乂__丿 -=ミー--'`丶:.:`丶、}
┐:::: |::::::::::: |::::::: :: |:::::::::: :: |::::|:::::::\  \  \,.ィiア´:/  丿 / /γ⌒ヽ   `ヽ__ノ `丶 ノ  ____
  ̄└┐: : |::::::: :: |:::::::::: :: |::::|::::::::::::|\  \ ∨i{.:. //¨¨´ ,ィ(__/ 乂_ソ  __く ̄ \ \γ´   \
└┐_  ̄└┐:::::|:::::::::: :: |::::|::::::::::::|:::::::\  \Z://`'7=:/::7二iニI====_,.二.-‐\\ \弌     \__
     ̄└‐┐ ̄└┐::::::|::::|::::::::::::|:::: :: |:::\  ∨〈:、/::::/::/´:::`i|:::|::|¨ ̄    __厶ィ´ ̄ ̄丶     .[_
______ ̄└┐ ̄└┐::::::::::|:::: :: |:: :: | \∨〉 \广√ ̄¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄   _ ,,.. -ノ   __[_
二二二二| ̄ |─   ̄└┐ ̄└ ┐ :: |:: :: | ̄ |\ \ \|_,,.. -─…_二二二 ̄─…<   ___| ̄|
TTTTTT|| l ̄'|二二二─  ̄‐‐t_ └┐|:: :: |:::::::|: : |\\( \ /_, . : ' ´,.-─……ー--=ミ }   「 ̄{___|
_|_|_|_|_|_|,,|| l ̄'|TTTT||TTTT|─  ̄-t_ ̄─L_|: : |:::::|`''i\/:、  ,_:_´           ノ  [_〕__|
TTTTTT|| |___,|TTTT||TTTT| ̄|──二二─t ̄─|:::::|:: :|¨|)h、`7´/ ,,-=ァ''"´     )   _| ̄〔__|
_|_|_|_|_|_|,,|| |::::::|TTTT||TTTT|_|」」_||」」」|┬┬ ̄‐t_ ̄─|_,|::|::|¨|‐|\/ /'"´ ̄ ̄”"''<__   |」 ̄〕__|
TTTTTT|| |::::::|TTTT||TTTT|,,ノ)」」i||」」」|l匚]‐┬─二二t__|┴L,|: |`|-レ゙|¨¨¨|二二二|]ニ〔__)  ,i|」 ̄〔_,,|
_|_|_|_|_|_|,,|| |::::::|TTiTi||TTTT|,,ノ)」」i||」」」|| )__).::|]|:::|||||||ーr-二t__|‐L」_|__|===|三三三|_| ̄く  ,i|_{___ノ__,|
TTTTTTT| |::::::|TT[]T||TTTT|,,ノ)」」i||」」」||(__( :|]|:::|||||||:: |lllИiii─t__[ー⊥二-───-二く___,i|T{_人``|
」」」」」」」」| |::::::|jI斗-弍TTTT|,,ノ)」」i||」」」|| )__).:.|]|:::|||||||:: |lllИiii|リ_」L..|77ァ竺竺王王王竺ニY.:| {___ノ__,|
「「「「「「「「| |_/イ⌒ ̄``'マ「|,,ノ)」」i||」」」||(__( :|]|:::|||||||:: |lllИiii|リ_」L..|⌒|i凵|「|l_l|し|_凵,| || | | }_人``|
=======ァ7,ィ(二=-     -弌ノ)」」i||」」」|| )__).::|]|┌「 ̄i┐,Иiii|リ_」L_|二||丁|「lニニi|し||¨|¨| || | | {___ノ__,|
「「「「「「レ'´/厶三二ニ=‐  -=ニ刈[[[[||[[[[i||(__(ロ_|]|::`||⌒||^||Иiii|リl⌒| |_|レ'⌒'| ,ノ|し||_,|_,| |トl_| }_人``|
=== √/:辷二三三三三二=- _豺]]||]]]]i||/\\::::||  ||_,||'" ̄`丶_|_|ヽT__ノTT┴┴─|_「|_{___ノ__,|
| | |_|_{し{::{三二ニ=‐___-=二廴丁「「「||||⌒||^|─||二||=||─zzzzz==「「」_ノ'´           |_| |√ ゙̄|
三丈二二二「区区]二[区]二二「/〉=¬'' ¨||─||‐|弍三三て二L  丿 | {┘             └|`T<`¨¨
| | 圦弐廴リ{ 人乂ノ ノ^Y^し'〉/7   Τ三三三丁_|| || || ノうTi(    ̄             └ |  |`丁
二ニ弍__ノ⌒乂_ノ⌒乂____ノノ/_ア    「「 ̄|| ̄ ル'´ `'くノ||{{  ̄                         |_| :|
    \弌__ノノ⌒)ーノノ⌒>'/     ||  ||  圦   ノ└                            | :|
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三



パチッ…


  ――−―ジジジッ! パッ!



▽扉を開き、全員が入った事を確認し終え、海未はすぐそばの配電盤へ歩いていく、部下と共に以前にも来た事がある施設だ

▽確認できた範囲でならこの設備の事も知っている



▽パチッ、と天井の電球に電気を通わせるべくON/OFFを切り替える…それから少し間が開いてから電気が灯る


海未「穂乃果!来てください!…これは私には動かせません」


穂乃果「…これは…エアコンだね」



▽札つきの機械、海未が触れれば感電するのは間違いない、これを何の問題も無く操作できるのは人間である穂乃果だけだ



▽…街中にある工場だの何だの、大体に機械設備は札がついてる場合が多い…恋人通りを始め、電気ガス水道と生活に必要なライフラインが整った物件


▽魔物娘が一部除き人間の文明を扱えない一因の一つだ、触れられない、触ると痛い





穂乃果「設定温度は27℃にして…これでよし!すぐには温かくならないけど時間が経てばなんとかなるよ」




真姫「」キョロキョロ


真姫(…なるほど、確かのこの土地自体に『土』のエネルギーが集まってるのね)フム?

真姫「此処は…何を研究してたのか…資料を調べればわかるかしら…」スタスタ

65 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 05:24:43.68 ID:OPDhO4aM0




▽本棚には何かの資料が詰まっていた、年表と……よく分からないが小難しい単語の羅列、何かの数値…




▽月の動き、月食、引力、重力…………彗星、流星、月の軌道上を流れ、時に衝突して新たなクレーターができた事だったり








ことり「…ぁ、暖炉があるね」

希「うん…でも燃やせるものなんて…」


にこ「…」ジッ





紙の束『』




にこ「これ焚べちゃ駄目かしら?」



▽地形適正、雪E組が火を起こしたくて仕方ないようです






『C-10』【 月の魔力<バイオタイド>研究観測場 】 『23時30分』



▼血の判定 直下判定レスが01〜32で魔物の欲望が強まる


1 『仲間と会話』(10分消費)

2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)

3 『ここに杖を刺す』

4 『ここを拠点とするッ!』

5 『物色』

6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)

7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)

8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)

9 『ここに陣を描く』

10『ここを出る』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
66 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 06:45:13.03 ID:OPDhO4aM0
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 06:39:26.49 ID:HVqZZMvA0
67 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 07:05:19.54 ID:OPDhO4aM0
▽Fを選択

───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
    /: : : : : : : : : : / : : : : : : : / : : : : : : : : : |: : :\: : : ヽ
   .: : : : : : : : : : :/: : : : : : :/: : : : : : : : :..:.|: :|、: : : ゚。: : : :.
   i: : : : : : : : : : ′: : : :, ‘: : : : : : : : : : :. '゚|: :| ヽ: : :.:i:.: : : :.
   |: : : : : : : : : ′: : : :/: : : : : : : :.://  |: :|  ‘。: :|: : : : ::.
   |: : : : : : : : :i: : : : : ′: : : : : ://   j::.′ ,,.. Y:.:.: : : :i
   |: : : : : : : : :|: : : : i_:_:_:_:_:_//    // ''"    i|: : :|: : |
   |: : : : : : : : :|: : : : l   ー‐/―一  〃 _,,..斗=ァ/: :..:.|:.|:.|
.    〉 : : : : : : : |: : : : l r======ミk    / /斤(_| /ハ: :..:レj/
   /: ‘。: : : : : :.l: : : :{八 |/rし(_|    /   弋少 i.:/: : : ; ′
  ,, /:.:‘。: : : : : 、: :..:ヘ 弋辷少       :.:.:.:.: {/: /: /
/ /: : /: : : : : : : ::、: :小 :.:.:.:.:       、   /: /}イ
  .′:/: : : : : : : : : :\.:|              彳ィ: : \
  |: : |: : : : : : : : : : : : :\        -‐    /}: : : : :..ヽ
  |: : |: : : : : : : : : : : : : : :ヽ           .:.:.:. : :}: : :、 : リ
  |: : |i:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : ハ `   ... __/.:.:.:.:.: : }:i{: :.\: }
   、 八:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :\: : }   ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ八: : :.:}ノ
   \ ヽ:.:.:{\: : : : : : :.ヽノ   ∧ \{`ー‐ 、:.ト 、:.:. |.: :.|
   ,, ´ \{  \: : : : : : }    { ‘, \   }ノ   \}: : |
 /        \  ヾ:.ト、: : }___  /∨   〉   │  }: :,′
:'゜        |   }ノ ヾノ       /} /      |  イ /}
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三


真姫「……」ペラッ


穂乃果「何読んでるの?」ヒョッコリ



真姫「……」ペラッ



穂乃果「…」



穂乃果(すごく集中してる…声かけても全然気づかれてないや)




穂乃果「真姫ちゃん…」ポンッ(肩に手を置く)



真姫「うっひゃ!?」ビクゥッ



穂乃果「ぷっ…!あははっ!『うっひゃ』って…なぁにそれ?変な声!」アハハ!

真姫「う、うるさいわね!急に触られたらビックリしちゃうでしょ!!」//カァ



穂乃果「それで何読んでたの?」



真姫「なにって…」


『☆ 地形補正  街S 西木野真姫が居る』 


@☆ バイオタイド理論に関して 〜 真夜中に浮かぶ月の引力による【"体内の血液"の満干】  20分消費〜

A 此処の所長に情報(10分)

B 献上記録(10分)

C 交換日記(10分)

D モルモット観察記録(10分)

E 「穂乃果には関係ないでしょ…皆の所に行ってなさい」(時間消費なし 帰る)


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
68 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 07:14:40.45 ID:OPDhO4aM0
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 07:10:17.55 ID:1VICPXwC0
1
69 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 07:22:49.81 ID:OPDhO4aM0
▽@を選択





                   _.. ‐''"   ̄ ̄ ̄ `''‐ .._
                ,  ´                `丶、
               /          .  -‐=== .:.:.:.:.:.\
              ,          /     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                /            /   ..:.:.:.:.:.:_..  -‐¬ ..:.:.:.:.ヽ
            /            ..:.:.:.:.;  '´    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
            ,′           .:.:.:.:.:/     ..:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.  ,
              l           .:.:.:.:/   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィ.:.::ハ :.:.:.:.  l
               l          .:.:.:./   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.::/ l:.:.:.:.:  l
               l          :.::/____:.:.:.-‐\''"   /.::/  :l:.:.:.:.:  l
.            ハ       .:{  :.:l v辷=-ミ、   ヽ、//   l:.:.:.:.:.  l
             /ハ  .:.:   .:.:{  :.:l: {トrk:::)ハ  /      l:.:.:.:.:.:  }
        /   ',  :.:l     .:.', l.:.:{ 弋;;ン         _  ̄` .:.:.:.:.:.: ,'
     ー=彡    ∧ :.:l  {  :.:V{::从 `         xッ=v. / :.:.:.:.:.: /
      /   ≠    、 :.:l: 八 :.:∧:.:.ヾ゙゙ ''       /ツソノ}/ .:.:.:.:.:.; ゙
.      { / / .:.     ヽ:l   :.:.\:.:.:{\__        `´ / :.:.:.:/
       / { :.:{       \   :.:.:.\            .  ゙゙'イ ..:.:.://\
.         { :八         :.:.:.:.:ヽ     r‐_ァ    ー=彡 '  /   \
         {  \        :.:.:.:.:.:}         イ      /      \
          \  \      \  :.:.:.:.ト、 _ .. -‐<  ',    /         /
.           _.. -─へ、    \ :.:.:.} /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ハ   /       /
      ,. ''"       ヽ    ::ヽ.://__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  }  /       /
     /            }:ト、  :.:.}」__ ハト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }リ /       /
     /             丿 ヽ :.:.}⌒マ^r‐\:.:.:.:.:. jノ 〈  _/⌒l  /
    ,′                ):.:リ -‐ヘ」_   }:.:.:/  ,//  ∠ノ /
    |          i    __彡イ    } `メ/ \/      ユ、
    |          i  i   /      }    \  {         }、
.    l     \    ヽi  i   \    /\    〉 l{           /
    V{    \   \     ヽ   / o l\  / ∧        /
     ヽ     丶    ヽ     \/     l ヽ   V〉     /
      ∧      \  〈            l      /     /
 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 l  月の魔力…通称バイオタイド理論に関してよ  |
 ヽ、____________________ ノ
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三



───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
     |::::::::|___|::::::::::::::::::::: ,、丶 |::|::::::::::::::::::::|⌒Z:∧::::::::::::::::.
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/|   |::|:::::::::::::::::::   ⌒^マ:::::::::::::::.
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|∧|   |∧ :::::::::::::/.       |::::::::::: : |
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|.,__|__,,.ノ '..:::::::/〈__,,. .---|::::::::: : |
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|ーeニ対  .::::// reニ対 |::::::::::: : |
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|| ′_,朮^  .∨     _,朮 }〉|::::::::::: : |
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|H Virク . . : : : : . . Virグ . 八::::::/:: |
    l::::::::::::::: i|〉 :::::::::八 , , ,     '     , , , /:/:::::/::::::|
.     l::::::::::::: 八 〉:::::::::{ \           u /:/|::::/}:::::::|
      |i:::::::::::::::::/∧::(\\   .,,_____________,,.  u /.ノ 八::::::|
      リ::::::::::::: .′:∧::\\  `  .,__  __,ノ   厶イ : ::::::::|
    /|i::::::::::::: : :/:::::::::⌒ニ- _         _ -ニ⌒::::: ::::::::|
      |i:::::::::/| | /|:::::::::::::::::::::__〕=- _  _ -=:::::::::::::::::::::::::::::八
    八:::::/reニニ=‐-ミ/⌒ニ=- _  〈::::::::::::::::::::::::::::::/|  \
       :/       \}\     ⌒ニT>---ミ::::::/}/丿
      /    : .     \I\_..二二.._|_|\  マ /
.     /     \: .    }  マニニニTTニ|ニ}>、 }
 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 l  ????…バ、バイオ…?ナニソレなんか難しそうだね |
 ヽ、___________________________ ノ

───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
70 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 07:31:14.28 ID:OPDhO4aM0
                 , -─── 、
               / : : : : : : : : : : : ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
.                /: : : : : : : : : : : : : : : : : ム
              { : : : : : : : : : : : : : : : : : }: }
               リ:.: : : : : : : : : : : : : :. :. :.}: }
             ,イ.:: : : : : : : : : : : : : :. :. :.弋リ
.              /: :/: : :.,イ: : ,': : {.: : : :.ヘ : :`ヽ
             /: :,': : : :,イ. : : ,':ハ: :', : ゝ、: :ヽ :ヽ:Y
.            { : {i : : (: {.: : : :. :.', :ゝ:ヽ、: : : :.Y: : }
.            乂、;、:从ゝ、:_:_:,、_ゞーゝイーァ:ノソノ
.               ,イニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
.              ,イニ',ニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ>、
           ,イニニニVニニニニニニニニニニニニア、ニニニニ.>、
.           /ニニニア゙{ニニニニニニニニニニニニム  ゙くニニニニ>、
           {ニニニア゙  ',ニニニニニニニニニニニニ}   `<ニニニ.ヘ
          ゞ=イ.    ',ニニニニニニニニニニニイ      >ニニニリ


 真姫「……‥」ハァ…




 穂乃果「あっ!!今『駄目だこの人全然分かりっこない』って思ったでしょ」



 真姫「良く分かったわね、エライわよ?100点満点あげちゃう」


 穂乃果「む〜!」





             -─-
        , : ´: : : : : : : : : : : : :`: . 、
         '゜: : : : : ;. - : : : : : : : : : : \
      /.: : : :.:/: : : : : : : :i|: : : : : : Λ
      ,′ : : /: : : : : : :/: /1:|、 : : 、: : : ゚,
      ,′: : :/ : : : : : ;./: / //`\: :|: : : : :|
     : : :|//: : : :/// //__  Y: : : : :!
    |:i: : :|厶孑'´     /    ̄  Y : : |
    |:| : | ___      勹うミヘ | : : リ
    l:W: ゚,' ^⌒゙`     弋zソ ' ハ: /{
    ∨V:∧  〃   ,     〃 /: :/: |
.     /:丶\ヘ、  u         ∠:/: : |
    //|: : : : :Κ    '丶   ∠イ : : : :ヘ、
.   {' | :i : : : :个s。.      ,. イ : : : : : V|ト\
     Y、 : : : : ┌|`、 __´| 、:/ : : : : :/_リ
    勹ニ\.: : : :,{_/Vヘ _|:/: : : /_二ニヽ
   / - - - 、\;ハ|  \/   !: : / - -| - -|
  た-ヘ- - -, -〉イ⌒'l」  ̄`YW- - -|- -l


 真姫「…分かったわよ、(理解できるかどうかはともかく)教えてあげるわ」つ【真姫の手帳】



 穂乃果「?」




真姫「…絵里が海未と覇権巡って争ってた頃、私は絵里に技術提供の代価として安定した生活と私の望む物を持って来させた」


真姫「それがマヨヒガ経由でやってくる本…つまりこの世界の外から来る知識の本やこの世界の人間が読み書きした本とかね」




真姫「貴女…バイオタイドは分らなくても "バイオテクノロジー"とかの『バイオ』って言葉くらいは聞いた事無いかしら?」


穂乃果「! あるよ」

71 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 07:47:52.20 ID:OPDhO4aM0


真姫「この手帳には私が必要だと思った事とかを書き留めた…まぁメモね
      天才真姫ちゃんだって何かの拍子でうっかり重要な事を忘れる事だってあり得るからね」ペラッ













真姫「 [バイオタイド] 生物学的な潮汐とも言うわ…有名な著者で言えばアメリカ合衆国アイマミの精神科医が記した本…」





真姫「っと私が手にした本には書いてあった」



穂乃果「…アメリカ、アイマミ…私の世界から来たのかな…」


真姫「続けるわよ?その本は簡単に言えば月に魔力が宿るとされる理由を可能な限り追究していく内容なのよ」



真姫「満月の夜になると殺人事件、"くるま"による交通事故の件数増加とかね」





穂乃果(…あれ?よくよく思い出せばそんなコラムを前に何処かでみたようなないような…)う〜ん?



真姫「海水の満ち潮、や引潮…あれが起きる原理は天体…他の惑星の引力が関係しているとされるわ」

真姫「特に月の引力が潮汐に強く影響が出る…季節や時期によって当然月の位置も変わるんだから強弱も変わる」












真姫「人間体内水分は凡そ80%近く…海の水でさえ影響が与えられる程の引力よ?生物の血液にも当然影響を及ぼす」




真姫「血液の循環が通常と違うせいで情緒不安定になったり…突発的な危険行動を起こす」




真姫「そんな様から【狼男】とか【吸血鬼】と言った居もしない架空の存在が生まれていつしか伝承になったとも言われているの」





真姫「…夜が来て、体内の血が動いて、精神が、脳が、感情が不安定に揺れて…それはまるで―――」








    真姫「私達、【魔物娘の喰や情欲を掻き立てる血の動き】を思わせるわ…」
72 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 07:57:26.78 ID:OPDhO4aM0


穂乃果「!」


───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

                            >──────  、
                           /.: : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                       >'.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
                   /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.∧
                 /.: : : :. :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
                   /.: : : :. :./{.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.∧
               |.: :. :. .:./  \: : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}
               |: : : : : {     \: : : \.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|
               |: : : : : |   / \: : : ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
               {.: : :. :.∧ーくr‐    \: :.∨: : : : : : : : : : : : : : : : : \|
                    ∨: : : : ∧   、       ヽ:.}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                  ∨.: : : :.∧  r=彡    |.: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :.\
                  \ \ }           |:i.: : : : : : : : : :: :./.: : : : : :. :. :. :.ヽ
                       ノ         .丿|.: : : : : : : : :./.: : : :.i.: : :.|.: : : :. :.}
                     く       /  |.: : : :. :. :./.: : :. :. :.ノ.: : :.|: : : :./..|
                      、  ノ     } : : : : /.: : : :: :./: : :./|: : :./. :.|
                       ┐_      /: : :./.: : : :. :./ : : /  .|: :./ .}ノ
                         人   /.: : : : : :. :. :. :./ : : /ヽ  .人/ /
                            /  .\/.: : : : : : : : :./⌒フ  /\
                        /.: : :. :./.: : : :. :././/  / /     \_
                      ー=彡イ: : : i{.: :. :. :././´     /          \
                        {.:. .:.八.: : :./i/ /     /     /´ ̄     \
                        |: : /  \从{ /     /     /         }
                         / ̄ ̄/{   }<´ ̄´     /           |
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

真姫「…ふふっ、貴女の世界だとジキル博士とハイドというお話が有名かしらね?多重人格者もそうだとか…」

真姫「たかだか月の位置一つでなんでもかんでもそれの所為なんて馬鹿馬鹿しいったらありゃしない、脚色を濃くしすぎだわ」




真姫「…認めたくないけど当たってる所はちゃんと当たってる、それがまた腹の立つ話よ」






真姫「…まだ全部見たわけじゃないけど…この施設はどうも、月…というより【夜時間】の到来で魔物娘がどれだけパワーアップするか?」


真姫「また【夜】の影響でどれだけ欲望が上がるか、とかそういうデータ取りでもしてたんでしょうね…」


真姫「そこかしこにその日の月のデータと…たぶん魔物娘、だと思う…数値とか色々書かれてたわ…」




真姫「…此処で魔物娘と夜時間の関係を徹底して調べ上げて、そうね制御でもできないか色々実験用データを録った、とかかしらね…?」



───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

              /`ヽ    ___
         __/_ο-‐ ¨: : : : : ̄¨'' ミ
           r..........○: : : : : : : : : : : : : : : :
         〉、..../: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         : : `´: : : : :/: : : : : /ヽ : : : : : : : : : :
        ,': : : : : : : :./|: : : : : ,'  ヽ: : : : : : : : :.:|
        /: : : : : |: : /|.:.:/! ,'    ',.:.:.: .:| : : .: :|
.       /: : : : : : N/‐-|:: / |,'  -‐‐ }.:: : :|: : : : :|
      / : : /.:: : :i 忙ヽ|/   .x==ミ l: : |: |: : .: : l
.     /: : : ハ∧.: :i 乂ツ     ん心i: :/: : : : : : |
    / |: :./ .}: 乂 | :::::  、   乂ソノ_//`i: : : : :|
     { i :/ ,': : : : ',           ::::::: ノ-イ: : : : 八
.     |/ / /: : : : \  r‐-、 u.  イ┐: :| : : /
       ル'|: :ハ / > `ニ`。r≦ /\ル '
          ヽ}  {    ¨7ヽ   ./  / \
            ',    〈 ノ イ  /     '
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

穂乃果(…恋人通りのホテルにあった魔物の力を封じる首輪…)
73 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 今回此処まで]:2017/11/01(水) 08:09:53.88 ID:OPDhO4aM0
               /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::|-_-_-_-_-_
           /:::::::::::::::://::::::::::::::::::::::|、]ニ=‐---
           .′::::::::::::/::::::/:::::::::::|::::::| \:::::::::::::::.
           :::::::|:::::::::′::/::::::::/|::::::|r‐‐‐.:::::::::::::.
            |::::::|:::::::::::/:::::∠. 八:::|抖來:.::::::::::::|
           |:::八::::::{抖ri笈ミ / }ノ V)ソ |i::::::::ハ|
.             ;:::::::::\:汽 V)ツ   /    リ:::::/
           /::::::::::\\`_      '   /|::::〈
.         __,,. :::::/::::::::::::::个=‐-   '´:}  人(:::\
       ⌒7:::::/:::::_..二.._:::\(⌒  `¨ /:::::::\::::\__,ノ
.          i{!{〈::/   ``丶:\ぅ=‐‐=く::::::::::::::::::\(⌒
           乂ア゙(⌒I⌒I⌒Iト、`、 \__,nI::::::::::::::::::::::::\
          7(⌒n⌒¨^IL ) `、::::X_|≧=‐-- ミ::::::ハハ
          I⌒\_    {〔_厂`、::广|   〔_∬ \/
      ┌‐‐|   '.\   〔[ei:i}/ _ |  〔_∬'.  :/)
.      __,ノ: : 八   'ハ`、 〔「|i:i:i:i/:i:iマ|__,,厶=┐ 、〔_
.    {: : : : :, -‐\   }: `、〔]儿i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:|, _〕|     __  ビシッッ!
    /: : : V   {^Tづ: : :→‐----- ミメ、i:i:i:i:i:i:|》,〕|     /<⌒i┐
.   {: : V⌒'.     ヽ.|: : : : :{        }i:\i:i:i:i:|‐-ミト、.  / 人__j|
...  V⌒'.  \   ,ノ: : : : ┴‐‐┬‐‐‐=个i∨\「:i:i:i:i:i|__.   | : : :込,」h
    \ \  `ア゙: : : : :/.   |八:i:i/|:i:i:|-{{ \:i√`、  | : : : : UU
     \___〕iニ二.._ : /.     |: :|^^[-厂i|. {{ 》’   `、_人: : : : :厂
             }  /    |: :|  [-  i|. {{ 》’、  /\ : : : {
             }/      |: :|  [-  i|. {{》’ \ '    `ア¨´
                //     |: :|  [-  i|. {{’     \  /
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

真姫「穂乃果!この施設には色々と(私にとっては)重要な研究資料があるわ!」


真姫「もしかしたら【種族<ルーツ>当て】程の効果は出なくてもそこそこ魔物娘を弱体化させる道具をもしかしたら作れるかもしれない」




真姫「何れにしても此処の資料は貴重よ!間違っても飲み物を零しただとか破いただとか、間違って暖炉に入れて燃やしたとかしないように!」





三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
               /   ./      /            <........... |
.               j!i   /      イ/      .i i_     `ヽ_j、
               j/  /   / ./ /      .ハ ! ヾx       「i_|‘,
             /   /  / / 、 .i|      / |i .|    |     |「_]_iL
            / / j!.i   i∨  \| i    /__,|iリ_   |     iニ二]
.           / //| !  .i/ _,_ヾ! !  .i/´ .!/  `ヽ.!      ト、 {
          //!.! ./  リ i i{ /斧心∨! ./ - _,、   .!    ハ_〉.i}    _
           「从レ′ }i l| i |!ヽ.i丈リ ヾV{  .イ斧炒'、  |/   ./  } 1  ./   !
.             ` / .ノ! i! ハ  `¨´   `   i丈_りi〉 /  /!∧! ‘,il ./    /
             /// ハ ヾ.iヘ    ,     `¨ ´ /  ./ノハ \∧ji/    /
     「i「i「i     / {i {/ ヾ.∧    ____       ハ_ /イ/  ヽ .∨/    /
     | i!ji |_/〉   i{ ! ハ, \  .\\   ∨  ノ    //⌒ヽ_,,..ィ「i\j   /
     i   __.〈    八! \ ヽ⌒   へ  `= ´    ∠二乂_ノ    .j>'   i
  ⊂、'゙ /r‐‐'…―-、__,,..jハ...........\>'>ーァ ¨_/「i ̄i//⌒ヽi  ./     .\|__
    \{ 廴_   ´ ̄   〉―、....../又「>、「i「 ̄j!‐ッ'゙/.:.:.:/  /         ̄  ´ ̄¨ …- ..
       ̄¨ ‐ _    「 ̄¨ヽ.:.:./..又ニi::::::〉‐i´::::::/¨}ヽ.:/  ./ ____/ /___        `ヽ
            ` .  !..... ___/...又{レ'::::::{i」「:::::::{又!:. /  ノ_{      `ー辷二>― _     ノ
              `''<___i|....|才ア´::7i_i::ヽ::_jノ又:,′//´ \        .「:.:|     ¨¨´
                「   i|../i:iX::::::/ |:::::::〉又i:/i .∧ノ\    、     ノ:.:. }i
                   V__i|rh:i:{ {「i| ./ーャ'}i:i:i:i|:.:i i | i   丶   `ー  r':.:. /
.                 `〈_jr‐、ヾ{ { i| / /癶i:i:i:乂\ヽ \   \    /:.:. /
三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────

穂乃果「分かった!任せて!」ビシィ!







▽アライメントが変動した!


▽20分消費『23時50分』

74 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/01(水) 08:12:07.82 ID:OPDhO4aM0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


           今回は此処まで!


   次回は金曜日 11月3日 夜21時00分予定!


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
75 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/03(金) 21:17:49.06 ID:1H5A6Sh90
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
↑安価&コンマ専用スレ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログイン・ボーナス・コラム]+知識300



    善なる人々の声は

      悪なる人々の声よりもより数多く、

           より明瞭でなければならない


<パール・S・バック  米国女性小説家 1892〜1973>


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>2800

『知識値』>4340+300=4640

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
76 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/03(金) 21:40:38.26 ID:1H5A6Sh90




      [BGM:ロマサガ3より…ポドールイ]


   https://www.youtube.com/watch?v=jd9d0VVpEVU








▽施設内部は暖房をつけ始めて20分弱、景色が"朧気"にしか見えなくなる程に荒れ狂う猛吹雪を歩いてきた彼女達にとって

▽文明の利器による恩恵は何よりも有難いモノであった





花陽「最初に比べると大分温かくなって来たね」

凛「うんっ!…所でにこちゃん達がさっきから見当たらないけど何処行ったんだろう?」





穂乃果「二人共、何してたの?」トコトコ…


花陽「この建物の中で少し―――って穂乃果ちゃんこそ何してるの?その大量の…紙の束は?」


穂乃果「う〜ん、真姫ちゃんにちょっとね」


凛「はいはい!凛達はねー!ブランケットとか温かそうなコートが沢山あるお部屋を見つけたんだよ!」

凛「みんなの分あったからこれで暖まれないかなーって」



穂乃果「へぇ、そうなんだ!」


『23時50分』

1 『仲間と会話』(10分消費)

2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)

3 『ここに杖を刺す』

4 『ここを拠点とするッ!』

5 『物色』

6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)

7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)

8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)

9 『ここに陣を描く』

10『ここを出る』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
77 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/03(金) 22:22:12.26 ID:1H5A6Sh90
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 22:18:23.70 ID:Fw4Pzx840
天体観測
78 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/03(金) 22:39:11.64 ID:1H5A6Sh90
▽E『天体観測をしに行く』を選択


───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
             。o< 。s≦ __________//
          。o< 。s≦>''“” ̄   ____  { {
       ,.ィ´。o<>''´      ______ ̄VA
      / />''´    > r''^^丁  I/I }…ー ,,_<>s。
     く xく/  ,.ィ彡ペ。 弋___ノ  /∨ トミ:::⌒^^'=- ,,_
    /^\\/〉ィヘ _゚o     o゚c xベ''_。:::::::::::::::
  ,.:':::::::::::::::ソィn::::/\`'ミ≧s。s彡'′、:::\\::::`_。::::
 /:::::::::::::::::/ィn:::,ィク::::://::メs。__,,。si(、:ヾ:、::::ヽ\::::::`''7
./:::::::::::::::::/∠:::::://::::://:://::| |:::::| |:マ::::ムマ:ペ。:::::\\:::/
′::::::::::::://  Y//::::://: j{.{::::| |: : | |ムマ:::ムマ:::ペ。::::::\'′
::::::::::::::::/、ゝ-ヘ、::::://::::j{.{ :::| |:::: | |::ムマ::::ムマ::::ペ。/  /
::::::::::::::/〉 `メs。 `メ::::::j{:{:::::| |::::::| |::::ムマ::::ムマ>'´  /
::::::::::::/,{  ,′  7s。 ^'=- 」」::::::| |:::::::ムマ''“´  。s彡
:::::::::/{/i{ .,′ .,′ ``〜=Y二Y ̄ ̄_,,,,..。s<∧
:::: /}::}/,{/   ,'.j{⌒^^'=┐:lー‐‐| ̄ ̄    ∨ ∧
::/〉 |::{ 圦ワ ,' j{       |:│  :|          V ∧ [二]┬┬
/ /_{!::[i-{_,' j{       |::.|  :|   ┌‐.┐   V。sf「 |i:i:|斗┴
__(__){:::Y:::l′⌒^^=- ..,| .l   |   |  | /|| 。o≦|i:i:|i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:{!:::::|::::|  || ̄ ̄~.| | .|___|   |_,.イ ||/i:i:i:i:i:i|i:i:|i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:ム::::|::::|\||____|_| .|.  ○  ,.イ || レ'´i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:|──
i:i:i:i:i:i:iム:|::::|i|i|i\ f⌒Y^゙|ニニ|^|/|| ||/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:|
i:i:i:i:i:i:i:i:iY:::|\|i|iミs。s(:: |i:i:i:i:i:|トミs。llィ´i:i:i:i:i:i:i:i:>''´..|i:i:|(___)
i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::ト、::\|i|[ニ]\|i:i:i:i:i:|||`トミs。i:i:i:i:>'´    .|i:i:| }-{
\i:i:i:i:i:i:|::::li:i:i\」」二圦_)ニニニト、||.||..|| ||`'トミs。   .|i:i:| }-{
  |>'゙´:|::::|\i:i:{::}TTTZソニニニニ〕ト」| || .|| ||`トミs。|i:i:| }-{
   ̄ ̄|::::|\ヽ|::|i| | ||::||二二二二二〕ト.」| || || `'トr=ニ二
      |::::|  [;;):| | ||::|L============┴`トミ  |:|i:i:}::|i:i:
_,,,,,.... |::::|---}:::| | | ||::|:|================┴\圦_}::|i:i:
┬十廾''|::::|TT''}:::|_|_LLノ }===================┴=ュi:i:乂
││ ||.│::| | |ノ::/i:i:i:i:i:i:ア======================┴=ュ
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三



穂乃果「んと、…この先に展望エリア、か」


▽壁に書かれた案内図によれば、月夜を見るには最高のスポットだそうな……
  簡素ながらラウンジもあることから所員の憩いの場だったのかもしれない





※恋人通りに次いで穂乃果の好感度が上がりやすいポイントそして……




            時刻  【夜】




@誰かと寄り添って月を見る(人物指定)10分

A月を観察する(人物指定)10分

Bただ山の景色を見る(人物指定)10分

C誰かがよく使った席を調べる 10分

Dやっぱりやめる

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
79 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/03(金) 23:03:56.53 ID:1H5A6Sh90
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 22:59:56.10 ID:3I9UWACy0
C
80 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/03(金) 23:23:10.30 ID:1H5A6Sh90
▽Cを選択


▽ラウンジは簡素ではあるものの椅子や机の材質
  ダイヤル式の錠を掛けた戸棚に入ったグラスの数々から小洒落たカフェに近い雰囲気を醸し出しいていた



▽もっと室内を本格的な創りにしてアレンジを加えれば小さな店でもできたんじゃなかろうか?





穂乃果(もうすぐ0番…どうすればいいのかな)




▽凛から貰った赤と青のチェック柄ブランケット毛布に包まりながら高坂穂乃果は一人考える、間もなく人造魔物娘<ホムンクルス>精製の地








▽花陽も凛も…にこだって絵里や海未、この世界を本気で調べようとした真姫でさえ知らない



▽彼女等の出生の秘密がある土地




▽そこに何があるか、…いや、あったとして"その後をどうするか"だ


▽自分達の母親…生んでくれた人間のお母さんがまだ生きてて世界の何処かにいるかもしれない、何も知らないからこそ考える子は少なからずいる








▽"親"の存在に憧情を持つ…焦がれているのだ、会いたくて逢いたくてと想いを馳せる…そこへ"ソレ"を突きつけるというのか…?




穂乃果(…私は)



▽知らぬは罪という言葉があるが、逆に知る事が罪や苦しみとなることもある



▽遅かれ早かれ、真姫のような探究心を強く抱く者にいつかは探り当てられる、いつかは知られる事なのだ





▽知れた時、自分が彼女達の為に何かをしてあげたい、そう考える

▽それがどのような結末であっても、だ






穂乃果「…あれ?」



端っこの椅子『』キラッ
81 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/03(金) 23:40:06.43 ID:1H5A6Sh90




穂乃果「今…何か、光った?」




▽ラウンジの奥、強化硝子の窓辺近くで夕暮れ時ならばベージュ色に染まる山脈を拝める席だった、その一瞬の光を見たのは




▽椅子のクッション部分に何かが挟まってるのが見える…












穂乃果「…これは…フロッピーディスク?」つ『フロッピー』




▽今のご時世じゃあ随分と古めかしいフロッピーディスク、少々時代遅れの電子媒介を引き抜けば一緒に可愛らしい便箋が出て来るではないか…





穂乃果「何々…」ペラッ




















   『所長へ、貴女が「"異動"で此処を離れて病院に行く」と言ってもう3ヶ月が経ちました…貴女はまだ私を覚えてくれていますか』


   『お便りはあれから一度も来てはいません、私は貴女に逢いたい』


   『あれから沢山文字もお勉強したし、お星さまやお月様の観察ももっとうまくなったよ』


   『……私のデータも皆の役に立ってくれてる、お外から来る人はやっぱり冷たいけど此処の人は優しい』


   『でも、私はやっぱり所長に逢いたい、またお茶を飲んで望遠鏡を眺めて、お喋りがしたい』





   『今朝、私はお仕事が終わって、何処か別の場所でお仕事をすることになります…何処へ行くかは知らされていません』



   『もし、入れ違いで所長が帰って来て私が居ないとしたときの為にこれを置いておきます、貴女が良く座ったこの椅子に』

   『いつものようにプラネタリウムシアターで使ってください   遊宇より 』
82 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/03(金) 23:57:58.87 ID:1H5A6Sh90



     『0時00分』




▽ボォーン、ボォーン、穂乃果が便箋の上に綴った可愛らしい文字を読み終えるとほぼ同時だった、そんな音が鳩時計から鳴ったのは


▽洒落たラウンジの柱に掛けられた鳩小屋から玩具の鳥が日付の変更を伝えるべく出ては戻ってを忙しなく繰り返す



▼魔物の遭遇判定 このレスが01〜11で…

▼???判定 このレスがぞろ目で


▼血の判定 直下判定レスが01〜32で魔物の欲望が上がる


▽聖杯に時が満ちる『現在2940pt』


▽深夜0時!杖のエネルギーが10%down!

『火・80』 →70
『土 120』 →110
【風 200(MAX)】→190
『水・110』 →100



1 『仲間と会話』(10分消費)

2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)

3 『ここに杖を刺す』

4 『ここを拠点とするッ!』

5 『物色』

6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)

7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)

8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)

9 『ここに陣を描く』

10『ここを出る』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
83 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 00:08:21.96 ID:I7QA9eHW0
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 00:06:19.84 ID:7u/aO/7E0
84 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 00:18:22.55 ID:I7QA9eHW0
▽B『ここに杖を刺す』 を選択



穂乃果「もうそんな時間なんだ…」ゴソゴソ



▽今しがた手にしたディスクをポケットに入れて穂乃果は歩き出す
  思った以上に此処には長居をしているようで…探索が長引く事を考えるならば『♧杖』を指して置くのも悪くない



【杖:現状エネルギー充電率】

『火・70』

『土 110』

『風 190』

『水・100』



【此処での充電率】

『火・90』

【土・200(MAX)】

『風・130』

『水・120』


ガチャッ…!



穂乃果「うぅ!寒い〜!」!ブルブル


▽暖房の効いた室内から猛吹雪の外へ、温度差激しいィ!!


穂乃果「そ、それぇ〜!」ズボッ!



穂乃果「は、早く戻ろう!」ブルブル



▽入口前に杖を刺してすぐに室内へと戻ります

























ピョコン ピョコン…♪

          ピョコン ピョコン…♪

85 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 00:23:34.69 ID:I7QA9eHW0


▽時間消費無し『0時00分』


穂乃果「うわっ、あんな少しの間なのに頭の上にこんなに雪が」ブルブル


▽入り口前の姿見で衣服や頭の上の雪を払う、ブランケットで身を包み、ステンレス製のドアノブを回して非常灯のついたドアの下を潜る


▽極寒の地に建てられた温かな人工の楽園へ、暖房の効いた室内に迎えられた彼女は仲間達の元へ歩いていく…





1 『仲間と会話』(10分消費)

2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)

3 『ここに杖を刺す』

4 『ここを拠点とするッ!』

5 『物色』

6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)

7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)

8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)

9 『ここに陣を描く』

10『ここを出る』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
86 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 00:43:29.11 ID:I7QA9eHW0
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 00:39:49.46 ID:R9BKCaY+0
天体観測…真姫ちゃん…
安価は@で真姫ちゃん
87 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 00:57:09.03 ID:I7QA9eHW0
▽@『仲間と会話』>真姫



穂乃果「外に出た瞬間息が真っ白だったし…真冬だったらもっと寒いのかなこの山…」



▽この先にウォーターサーバーがあったのを思い出した、展望エリアに上がる前にこのフロアにあった機械
 紙コップを置いてボタン一つで甘露水から湯気立ち昇る緑茶まで出てくる





穂乃果「」pi!



ヴゥゥゥゥン! …コポコポ!





真姫「随分と濡れてるけど…外に出たの?」


▽背後から声がして振り返れば資料を挟んだファイルを抱えた真姫がそこにいた



穂乃果「杖を刺しこみにちょっとね」




穂乃果「――――」




1 階段を上がった先の展望エリアに行った?

2 この施設もしかして気に入った

3 あのね、さっきフロッピーディスクを見つけたんだ

4 色んな資料あるよね…なんか地球儀みたいなのもあったし!

5 内容自由(知識値消費)




直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
88 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 01:15:54.31 ID:I7QA9eHW0
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 01:13:32.65 ID:7u/aO/7E0
C
89 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 01:26:32.92 ID:I7QA9eHW0
▽Cを選択



穂乃果「色んな資料あるよね…」



▽真姫が抱えているファイルが目に入ったから思った事と単純に述べた
 本棚に詰まった研究データの数々を始め、所員の憩いの場で見つけたあのディスク


穂乃果「お月様や星を観察する望遠鏡に…地球儀みたいなのもあったし!」

───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三
     ̄└‐┐ ̄└┐::::::|::::|::::::::::::|:::: :: |:::\  ∨〈:、/::::/::/´:::`i|:::|::|¨ ̄    __厶ィ´ ̄ ̄丶     .[_
______ ̄└┐ ̄└┐::::::::::|:::: :: |:: :: | \∨〉 \广√ ̄¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄   _ ,,.. -ノ   __[_
二二二二| ̄ |─   ̄└┐ ̄└ ┐ :: |:: :: | ̄ |\ \ \|_,,.. -─…_二二二 ̄─…<   ___| ̄|
TTTTTT|| l ̄'|二二二─  ̄‐‐t_ └┐|:: :: |:::::::|: : |\\( \ /_, . : ' ´,.-─……ー--=ミ }   「 ̄{___|
_|_|_|_|_|_|,,|| l ̄'|TTTT||TTTT|─  ̄-t_ ̄─L_|: : |:::::|`''i\/:、  ,_:_´           ノ  [_〕__|
TTTTTT|| |___,|TTTT||TTTT| ̄|──二二─t ̄─|:::::|:: :|¨|)h、`7´/ ,,-=ァ''"´     )   _| ̄〔__|
_|_|_|_|_|_|,,|| |::::::|TTTT||TTTT|_|」」_||」」」|┬┬ ̄‐t_ ̄─|_,|::|::|¨|‐|\/ /'"´ ̄ ̄”"''<__   |」 ̄〕__|
TTTTTT|| |::::::|TTTT||TTTT|,,ノ)」」i||」」」|l匚]‐┬─二二t__|┴L,|: |`|-レ゙|¨¨¨|二二二|]ニ〔__)  ,i|」 ̄〔_,,|
_|_|_|_|_|_|,,|| |::::::|TTiTi||TTTT|,,ノ)」」i||」」」|| )__).::|]|:::|||||||ーr-二t__|‐L」_|__|===|三三三|_| ̄く  ,i|_{___ノ__,|
TTTTTTT| |::::::|TT[]T||TTTT|,,ノ)」」i||」」」||(__( :|]|:::|||||||:: |lllИiii─t__[ー⊥二-───-二く___,i|T{_人``|
」」」」」」」」| |::::::|jI斗-弍TTTT|,,ノ)」」i||」」」|| )__).:.|]|:::|||||||:: |lllИiii|リ_」L..|77ァ竺竺王王王竺ニY.:| {___ノ__,|
「「「「「「「「| |_/イ⌒ ̄``'マ「|,,ノ)」」i||」」」||(__( :|]|:::|||||||:: |lllИiii|リ_」L..|⌒|i凵|「|l_l|し|_凵,| || | | }_人``|
=======ァ7,ィ(二=-     -弌ノ)」」i||」」」|| )__).::|]|┌「 ̄i┐,Иiii|リ_」L_|二||丁|「lニニi|し||¨|¨| || | | {___ノ__,|
「「「「「「レ'´/厶三二ニ=‐  -=ニ刈[[[[||[[[[i||(__(ロ_|]|::`||⌒||^||Иiii|リl⌒| |_|レ'⌒'| ,ノ|し||_,|_,| |トl_| }_人``|
=== √/:辷二三三三三二=- _豺]]||]]]]i||/\\::::||  ||_,||'" ̄`丶_|_|ヽT__ノTT┴┴─|_「|_{___ノ__,|
| | |_|_{し{::{三二ニ=‐___-=二廴丁「「「||||⌒||^|─||二||=||─zzzzz==「「」_ノ'´           |_| |√ ゙̄|
三丈二二二「区区]二[区]二二「/〉=¬'' ¨||─||‐|弍三三て二L  丿 | {┘             └|`T<`¨¨
| | 圦弐廴リ{ 人乂ノ ノ^Y^し'〉/7   Τ三三三丁_|| || || ノうTi(    ̄             └ |  |`丁
二ニ弍__ノ⌒乂_ノ⌒乂____ノノ/_ア    「「 ̄|| ̄ ル'´ `'くノ||{{  ̄                         |_| :|
    \弌__ノノ⌒)ーノノ⌒>'/     ||  ||  圦   ノ└                            | :|
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三



真姫「…偶に鋭いのか鈍いのか分からなくなるわね」



穂乃果「?」キョトン



真姫「ええ、そうよ…"ちきゅうぎ"貴女の世界だとそう呼ぶのよね…あの球体状の地図は」










真姫「一つあれを見て何を思ったかしら?」


穂乃果「えっ、何って……」










穂乃果「…あっ」


真姫「世界は丸い、そうね当たり前なのよね、貴女のトコなら…」



▽26マス×16マス…計400マスだけの四角い世界、透明な壁があって遠くの景色は見えるのに先に行けない


▽箱庭みたいな世界、それが此処だ

90 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 01:41:52.03 ID:I7QA9eHW0

 
真姫「空を見れば月がある、夜になれば星は光る…遠い彼方、宇宙の向こうからその光は来る」

真姫「それが自ら光る恒星だったり、あるいはただの石っころが光を反射させているだけだったり」



真姫「…文献もそうだけど月とか太陽だとか見てれば星が丸いくらい分かるわ
     貴女の世界だってまだまともな文明の無い時代の人間が世界は丸いって事実に考え抜いた末に到達したのよ?」




真姫「この世界だって本当はもっと広くて、大きかった私はそう睨むわ」



真姫「大体…少し歩いたら熱帯雨林でもうちょっと歩いたら極寒とか、1マス(1区画)で環境が大きく変わったりおかしいじゃないの」



真姫「…あの見えない壁の向こうにも世界がずーっと続くなら暑い所寒い所、土地の高低はどうなってるとか色々考えちゃうじゃない」






穂乃果「それは…」



真姫「私にだって正解はまだ分からないわ、…もし、何か自分なりに意見があるなら、その時は私に言いに来てよね」





▽真姫と会話をした


▽知識値+200
『知識値』>4840


『0時10分』


1 『仲間と会話』(10分消費)

2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)

× 『ここに杖を取る』(0時40分まで取れない)

4 『ここを拠点とするッ!』

5 『物色』

6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)

7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)

8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)

9 『ここに陣を描く』

10『ここを出る』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
91 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 01:59:45.22 ID:I7QA9eHW0
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 01:57:58.93 ID:pwUYo7GX0
では真姫と会話
92 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 02:10:35.87 ID:I7QA9eHW0
▽@『仲間と会話』>真姫


▽そんな会話の後しばらく二人は長椅子に並んで座っていた


▽真姫は真姫で資料を見ては時折、気難しそうな顔で髪を弄っていて


▽そんな彼女を横目で見ていた穂乃果は何か手伝えることは無いかと模索する





▽結局自分にできることなど茶汲み程度の事なのだが…







―――
――



真姫「ふぅ…此処までってとこかしらね」パタッ

穂乃果「あっ、終わったの?」


真姫「まだよ、まだ」スッ


真姫「あくまで終わったのは今読んでたファイルだけ」



▽後ろに積み重なった資料の山から一冊、次の本を手に取る




穂乃果「―――」



@ そ、そんなにあるの…

A 魔物娘の欲望を下げる道具を作れそう?

B 何か気になる項目はある?手伝えるかわからないけど私にも教えてほしいなーって

C 宇宙で気になったんだけどさ、見えない壁ってどれくらい上まであるんだろう

D 内容自由(知識値消費)



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
93 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 02:35:38.61 ID:I7QA9eHW0
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 02:29:24.66 ID:pwUYo7GX0
戦術指南の立場からお勧めの隊列に入れ替えてもらう
前衛でにこにメインの火力+真姫の火傷を出したい+ここで戦うと仮定して
94 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 03:07:10.48 ID:I7QA9eHW0
▽知識値消費 最低値の300消費



真姫「…」



真姫「…」









真姫「…」








真姫「…ハァ…貴女は馬鹿なのかしら?」ヤレヤレ



穂乃果「うっ…」




穂乃果(…今更隊列の紙間違えたとか言えない)


真姫「白妙の魔物相手に全員前衛とか何考えてる?これがただ殴るしか能の無い敵なら『必中』や『鈍足』等の状態異常の活用
    あるいは相手が本格的に動き出す前に叩き潰すなりできるけど、白妙相手にそれはないわね」





真姫「…少し休んできた方がいいわよ」



▽真姫に呆れられてしまった…


『0時20分』

このレスが01〜10で兎が突入…


1 『仲間と会話』(10分消費)

2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)

× 『ここに杖を取る』(0時40分まで取れない)

4 『ここを拠点とするッ!』

5 『物色』

6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)

7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)

8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)

9 『ここに陣を描く』

10『ここを出る』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
95 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 03:16:07.52 ID:I7QA9eHW0
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 03:13:08.02 ID:7u/aO/7E0
E

そもそも会話でやるより戦闘時にやればいい件
96 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 03:21:00.67 ID:I7QA9eHW0
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
             。o< 。s≦ __________//
          。o< 。s≦>''“” ̄   ____  { {
       ,.ィ´。o<>''´      ______ ̄VA
      / />''´    > r''^^丁  I/I }…ー ,,_<>s。
     く xく/  ,.ィ彡ペ。 弋___ノ  /∨ トミ:::⌒^^'=- ,,_
    /^\\/〉ィヘ _゚o     o゚c xベ''_。:::::::::::::::
  ,.:':::::::::::::::ソィn::::/\`'ミ≧s。s彡'′、:::\\::::`_。::::
 /:::::::::::::::::/ィn:::,ィク::::://::メs。__,,。si(、:ヾ:、::::ヽ\::::::`''7
./:::::::::::::::::/∠:::::://::::://:://::| |:::::| |:マ::::ムマ:ペ。:::::\\:::/
′::::::::::::://  Y//::::://: j{.{::::| |: : | |ムマ:::ムマ:::ペ。::::::\'′
::::::::::::::::/、ゝ-ヘ、::::://::::j{.{ :::| |:::: | |::ムマ::::ムマ::::ペ。/  /
::::::::::::::/〉 `メs。 `メ::::::j{:{:::::| |::::::| |::::ムマ::::ムマ>'´  /
::::::::::::/,{  ,′  7s。 ^'=- 」」::::::| |:::::::ムマ''“´  。s彡
:::::::::/{/i{ .,′ .,′ ``〜=Y二Y ̄ ̄_,,,,..。s<∧
:::: /}::}/,{/   ,'.j{⌒^^'=┐:lー‐‐| ̄ ̄    ∨ ∧
::/〉 |::{ 圦ワ ,' j{       |:│  :|          V ∧ [二]┬┬
/ /_{!::[i-{_,' j{       |::.|  :|   ┌‐.┐   V。sf「 |i:i:|斗┴
__(__){:::Y:::l′⌒^^=- ..,| .l   |   |  | /|| 。o≦|i:i:|i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:{!:::::|::::|  || ̄ ̄~.| | .|___|   |_,.イ ||/i:i:i:i:i:i|i:i:|i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:ム::::|::::|\||____|_| .|.  ○  ,.イ || レ'´i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:|──
i:i:i:i:i:i:iム:|::::|i|i|i\ f⌒Y^゙|ニニ|^|/|| ||/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:|
i:i:i:i:i:i:i:i:iY:::|\|i|iミs。s(:: |i:i:i:i:i:|トミs。llィ´i:i:i:i:i:i:i:i:>''´..|i:i:|(___)
i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::ト、::\|i|[ニ]\|i:i:i:i:i:|||`トミs。i:i:i:i:>'´    .|i:i:| }-{
\i:i:i:i:i:i:|::::li:i:i\」」二圦_)ニニニト、||.||..|| ||`'トミs。   .|i:i:| }-{
  |>'゙´:|::::|\i:i:{::}TTTZソニニニニ〕ト」| || .|| ||`トミs。|i:i:| }-{
   ̄ ̄|::::|\ヽ|::|i| | ||::||二二二二二〕ト.」| || || `'トr=ニ二
      |::::|  [;;):| | ||::|L============┴`トミ  |:|i:i:}::|i:i:
_,,,,,.... |::::|---}:::| | | ||::|:|================┴\圦_}::|i:i:
┬十廾''|::::|TT''}:::|_|_LLノ }===================┴=ュi:i:乂
││ ||.│::| | |ノ::/i:i:i:i:i:i:ア======================┴=ュ
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

▽Eを選択


  『〜 展望エリア 〜』



戦術がちゃんと書かれた紙『』


穂乃果(間違って全員前衛って書かれた紙をポケットから出しちゃったなぁ…渡す前に気がつけば…)トボトボ







「そんな顔でどうしたの?」





▽ふと階段を登り切った所から声がする、声の主へ顔を上げてみればそこには―――




@誰かと寄り添って月を見る(人物指定)10分

A月を観察する(人物指定)10分

Bただ山の景色を見る(人物指定)10分

× 誰かがよく使った席を調べる(もう調べ終えた)

Cやっぱりやめる

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
97 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 03:35:48.68 ID:I7QA9eHW0
641 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします[sage]:2017/11/04(土) 03:30:59.23 ID:pwUYo7GX0

A月を観察する(人物指定)10分

98 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/04(土) 03:37:22.02 ID:I7QA9eHW0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


          今回は此処まで!


   次回は火曜日 11月7日 夜23時00分予定


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
99 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/07(火) 23:01:46.22 ID:BSqYwuIg0
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
↑安価&コンマ専用スレ


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログイン・ボーナス]知識値+300



 人間が死ぬのは、いつも早すぎるか、遅すぎるかのどちらかである。


<ジャン・ポール・サルトル
    フランス哲学者 小説家 劇作家 1905〜1980>

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>2800

『知識値』>4840+300=5140

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
100 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/07(火) 23:09:46.42 ID:BSqYwuIg0
▽A『月を観察する』>希


[BGM:ロマサガ3より…ポドールイ]
https://www.youtube.com/watch?v=jd9d0VVpEVU



▽見上げればそこには―――






                 _.. -──- ..___
                  /:::::/:::::::´:::::彡-、:ヽ
               , '::::::/::::::::::::::::::´:::⌒:::≧:、
             /〃〃:::::::::::彡'´:::::::::::::::/|::::::ヽ
              l::::::/|::::::〃/:::::::::::::,:::::::/:,'::、::ii::l
               |:::::' :|::::::::,:::::::::::_/::/ /ハ:::l:::::|
               |:::::::;;!::::::::|彡'二≦  /'⌒Y:::::l
            ,|:::::/^、 ::,kチ示}ヾ /fzx }::::,'
              /:|::;;;ヾ_ゝ ::| `""     ヒソУ::/
           ヽ:}.;;;;;;;;;;;;リヾ、      ' /:/
           (´/`ー-、_}|\   ー_ - 彡ヘ
          />∠_| ハ  > _.. -≦;;;;::ノ、
         /::::__ムr‐f、_>r≦r─!ヽ─<ヽr'
        /':::r'´::::::::/::!////| |/////|:::|:::::::≧ト.、
       //::::::ハ:::;;;:::::\レ'´⌒Y⌒ヽ//::/:::::::::;;:,':|::\
    ,,'' /::::::::|;;;;;;;:/::<ヾ////人///ヾ:く::::::::::;;/ :!:::::::丶
    ,.''  /:::/:::::!;;;;;/:/::::\ヽベ  〉、/:-:´::::\;|;;;リ:::::::ヽヽ
  /  /:::/:::::::};;;;,゙;:':::::::::::::丶.、|/::/===:::::Y;;|:;;::;;:::ハ::゙.
  ,    !::/:::::::::|;;;;i!::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::::::::::::::::;;::};;;!:::;;::;;::::l|:|
 ,'   |/::::::/:::!;;;l!::::::::::;;;;;;;;;;;;0;;;|;;;;::::::::::::::::;;;;;;;::,';;ハ:::::;;:; ::|l:|
 |    /::::::/::;;;|;;;ハ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/;;ハ;;゙:::::;;::::||:!
 |   ,':::::;,':::;;;;;|;;;;;;;};、:::::;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,;';;;,{;;;;;;;゙.;; ::!!|
 |  ,:::::/; :::;;;/!:;;;;;;ヾ\:::..;;;;::::::|:::..;;;;;;;;;;;;:::::;;{;;;;;;;|;;;;;;;;;;::;;:::|リ
 |  ,'::::,';;':::;;;/|;;;;;;;;ハ::;;;:::::::;;;; :!::::::::::::::::::::::;;|;;;;;;ハ;;;;;;;;;;:;;:::i!


希「そないな顔して…穂乃果ちゃんは明るい笑顔が一番似合う子やろ?なんなら相談に乗ったるで」コツッ…コツッ…



▽階段を下りながら、彼女、東條希が靴音を鳴らしながらやって来た



―――
――



希「ふぅーん…そりゃぁまた、おっちょこちょいやったね」

穂乃果「う"っ、全く以ってその通りです…」ショボーン





希「真姫ちゃんにはウチが後々フォローしとくから、そんな気ぃ落とさんといて?」ポンポン


穂乃果「うぅ…のぞみちゃぁん…」



101 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/07(火) 23:19:06.64 ID:BSqYwuIg0



希「はいはい、ハンカチ貸したげるから涙拭いて」つ『ハンカチ』


穂乃果「ありがとう…」






                   _.....-─‐-.._
                .-≦:><:::::::::::::::::::::::.r、    ,、
                 /〃/ :::::::::::::-───゙. ゙.   .}.|
           r、    /:::::/:...〃. / ::::::::::::::::r、::::゙.V^ヾ〈 {
    ,-、     } !   ::::::,':,:::::::::::/::.〃..._....-‐:>、\!__「ヽ_} }{
    ヽ.゙.  _ .ノ }  ,:::::// :::::::/__:::::::::-::‐//!、  `ヽ`'丶
     ゙. V^ヽヽ〈 ,rァ:::::_|::::::::/-zァ≦彡イ//‐|:::ヽ     }
     } 「~ヽ}、} y’/::::/ハ:::::::|≪込う}ヾ//__ |:::!:::`ー、  \
     | \ フ´ ハ:::::V,ヘ::从 ,,.,,`"    芝ヌハ:/:::::::::/:ヘ   \
     ゝ   _.イ::::|:::::`ー }::|         ヾソ}」::::::/ / ゙.   \
     /   /ヽ∧_::__ハリ   rz、_ '   ""/::イ:|/   ヽ.     \
    ,. '    ' rノ⌒ト─/.イl\  ` ー‐′ -彡':::::::|::|     丶     ヽ
  /     / ∧>‐r─ゝ |へ 丶  ̄ _.....イ::::>─|__  _ゝ      ヽ
, '     / _//    V::|::}.|   \ ` ̄ハヽ} -7ハ   ヽ ヽヾ   `ー-    ゙.
.     /イ\\≧=-リ::イハヽ___ フバy‐リ、彡'ハー─'ノ  } }         _ノ
    /ヽミ=-ヽ_>'イ | `{:/:::>‐ィ:/::\.イ:::::゙.\.イ    '    _.....-‐''"´
.   /  ゙.゙. ヽ  ,' ,'  }:::/-r‐ノ,'─<!_!::、:::゙.:::!   ' '-‐''"´
   /   ‘.    ヽ / ,'   У| ::::|:::|`!──‐ヽ \::、::|__/ /
  ,イ   _...-} }   У/   ヽ ! ::::!:リヽV:::::::::/    、::! `
_...-─<ヽ / / .ィア /      ヽ::::|ノ\,ヘ ̄ノ     ::::.
   |:| ∨_/.イヽ彡'       `´  `{`´       l:::::.
   |:|/::::::::::::::|   {                   !:!::::.
   |/:::::::::::::::ハ   ゙.                 ∧l :::!
   |:'::::::/::::/:::!   丶         _  __....イ::::::| ::|
   |::::::,':::::,':::::|     ` ─   ''"´    /|::::ハ:|:::::::| ::|


希「こーゆー時はお月様や!お空に浮かんでる綺麗な月を見て和むのが一番!ほらっ!行こ!」

穂乃果「うんっ!」



―――
――



▽展望エリアにある席…それは元の世界でよく行った公園のベンチによく似ていて、背凭れに身を預けながら希と月を観察していた





         /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::_::彡:;r‐::::::::::丶
        /:::::::::::::::::::,/:::::::::::::::/:::::/::::::::::::l:::::!::\
      /:::::::::::::::::::/,' :::::::::::::::/::::::::/:::::::::::,イ::ハ:::|::::::::.
       /::::::::::::::::,:':::::/:/::::::::::::/::::::::/::::::::/ //_|:/:::::::、゙.
      ,:::::::::::::::::/:::::::|:::!:::::::::::,'::::::::/:::::/-/─7ハ::::::::||:|
      |::::::::::::/:::::::/|:::| :::::::::|::::::::l::/_/,.ィ斥ミ !|::::,' |:|
      |:::::::::::/:::::::/:::|::ハ::::::::::!::::::::!:{   =《 乂} ヽハ|::/ !'
     l::::::::,:':::::::/:::::ハ:,ゝ::::::::| ::::::|:| \  ヾリ_ ∨'  /
     ∨:/:::::::::::::ノ:::{Yヽ::::::::l:::::::|ヽ           \
    /::/:::::::::/:::::::ハヽ(ヽ::::::゙.:ヽ \         ノ
   //::,:' :::::/:::::::::::::::::>、≧:.、::::\:\     ___ }
   {:|.|://::-‐:: ̄:::::::::::{`ヽ\:、\       ノ
    \!:{::://::::::-=ニニミヾ   `ー、      /
    _,.>≦>r<::_r'"        ≧:.._   .'
    ( )f⌒) (゙ヽ| V   ≧=- .._    /    ̄
  _..-≦フ:::`ー':<__ノ≧-、     ><
≦:::::::::::::::::>'三≧、三三ニ-、    _ >、
::::::::::::>≦三三三三≧、三三-、  { ><|
::>≦三三三三三三三三ヽ三ニヽ、 ゙.::ハ_,イ}
'三三三三三三三三三三三゙.三三-レ':::::}:}:!:!


希(月、かぁ…)


102 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/07(火) 23:26:17.81 ID:BSqYwuIg0
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .. . .     . .゚   .      .           .       .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:. . . . . . . .    . 。        .   。   .  .゚     +    . .   .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . .        .        .         .   ..      。.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .       .     。  .       *    .       . .  .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .             .         .    。   .     .      .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .      _,.   -―-  .,_        .     ゚. .      .  ゚     . +   .. .
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,. ' .,,,::::;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::..`  、        .      + .          .    .
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙;:::::"''''' ::::: ::::..."'':::::''::''::;;;:   ` .、       .       . .    ゚   .    . .
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , ':::::::::'' ,;;;;;;;;;;;:::::::::::::.    ;;;;;;;::;,.   .ヽ       ゚        。
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.':::::::::;;;::::;;:::;;;;;;;;:::::::::::::::::::..,;;;:::::::::;;:";;.     ヽ         .  .      .    . ゚  .
:.:.:.:.:.: . . .       ,.';::::::::::.:.:.:.::..;;;;;;;;;;:::::::.:.:.:.:::.:.:;;;:;:;;::;;:::::::.  ,.  . '.,       .     .       * .    。
:.:.. . . .        /;;;;;;;;;;;:;:;::;;;:;:;::::;:;:;::::::::::::''",,..,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::::,,. .;;;;;;;,. ',     。       ゚  .    . .     .
:.:. . .        ,'::;;;;;;;;;;;;;:: : ;:;:;::;::.:::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:: ";;;;;' ',       .     .    。   ゚ .
:. . .       ; ';;;;;;;;;;:;:;:::,,:::::.:.:.:.::::::::;:;;;;:::::.:.:.;;;;;::::::;;;:;:;;;;;;;;;;;;;::::::.,  ;;;. ;        +      .     。.  .
. .          { ,. ';;;;;;;;;;;;;;:;:;::::::.:.:.:..:::::::::.:.:.:::..    '';;;;;;;;;;;'''';:';;:;:;;;;;::::.. }      .       .        .  .
         ', :;;.';;;;;;;;;;;:;::;:;:::::;:;:;::.:.::;:;:.        ::;;;;;:::: '::;;;;;;;;;;'''::: ;        .   。    +  .     .
         ,  ';:;;:;;:.:.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;::::..        ";;;;;;: "'';:;;::::. ,'            .      .   ゚
          ,  :::::: ,;;;;;;;;":;:;:;;;:;;;;;;;;;:         ';;;;;;: '',:;;;''::: ,'      。 ゚  .      。       .
..          '.,   ':;;;;;:;:;:;:;;.;;;;;;;;;;;::.          ''    /              .   .
.            、   ..'':.:. ::::::.:. ''                 ,.'        .     *         。  .
            丶  ;;. '',.                  /           .     .          .
                 \  ::,.               ,. '        ゚             +  .
                '  ,              , '゙
                    ゙   、 ,,,,,,_____,,,,... ''"


───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三


▽"月"、夜空に浮かぶもう一つの太陽



▽それは時として人に安らぎと安心感を、時として狂気の象徴を象り人の不安を煽る





▽これを見て希は…




判定

00 自分の中の魔物が騒いで、穂乃果を襲いたくなった…っ!

奇数 神秘的な光に包まれた気がする…(戦闘を1回終了するまで魔力値ブーストが掛かる)

偶数 活力に満ちた心地がする…(戦闘を1回終了するまで生命力&攻撃力にブーストが掛かる)



ぞろ目 魔物として血肉湧き踊る…!何かに満たされていく…ッ!(戦闘、1回終了まで全ステ値 最大値2倍 ブースト)

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
103 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga  なん…だと…!?]:2017/11/07(火) 23:31:31.42 ID:BSqYwuIg0
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:28:23.77 ID:un1zw79A0
はい
104 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/07(火) 23:40:11.96 ID:BSqYwuIg0





▽『77』ぞろ目!!






                   ..-< ̄ ̄ ̄ ≧-..._
                 /             ≧-.._
               ,'                  >、
.              {                    \
                _.>‐≦: ̄:≧=-...._                \
              /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:>..._           ヽ
.          У:.:.:.:.:.// .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.゙.:.:.:ヽ>._           ゙.
        /:〃〃:./ :.:.:.:.:,':.:.:.|:.:.:.:.:.゙.:.:.:.゙.:l:.\         ゙.
       V:.:.:.:.:.:.:/ 〃:/,',':.:.:/|:.:.:.:.:.:.:゙.:.:.:l:.:.l:.:.:.:\        ゙
         ,':.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:// :./ |〃〃:.l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.ヽ.        l
         |:.:.:.:.:./⌒:.:.://':.:/  l:.:.:.:.:.:.:.l:. 〃〃:〃|!:.:.:ヘ       |
.         l:.:.:.:,'彡<‐'"´,.'/⌒ヽ、l:. :.:.:.:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:|l:.:.:.:∧     |
          |:.:.:.l y'示ヽ-''"  __ ヽ.:.:.:.:. |:.:.|:.:.:,':.:.:.,':|:.:.: :.:ハ    l
        !:.:.:.|K{んlミ    ア示ミヽヽ:.:.:.:|: /: /:.:.:∧:゙.:.:.:.:.|   リ
         :ム:.:.:.l:l Vり    ´ んうヽヽ\:|/: /:.:.:./:.ハ: \:.:.:|_彡'
            、{:.!=@      V_り _}_ゝ /: /:.:/⌒V:.:.:.:.ヽ'
.          >ト|、       =@  /:.:.:/〈ヘ  ノ∧、:.:.:.:ヽ
          {::| {  `      ー─≦‐ァ/ ノ ノ..イ:.:.:ハヽ:.:.:.:ハ
           ヾ ヽ  r、         /:/ ,、_ア:´:.:.:.:.:.:.|:.}:.:.:.:./
              ー、\`′       {:.{≪ァ=〜〜‐-ノ:.:/-‐┐
            〃 \    _...-ァ彡、!     _...---. <   __|─..._
             {__{ `ー≦/У    \__ /     ヽ `<:.:.:.:.:.:≧-..._
.          f ̄ ̄ ̄ ̄ ≧ァ {/     __/           l\ /:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧
        〈≧‐r< ̄≧ー-、|ー´     r‐'´/            |ノ^′:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       _{_二〉、`-、`ヽ ヽ  _,-─'   '             l:.:.:.:.:.:\:.:.\:.:.:.:.:.:.:.
       { -─}ヽ\ \ ` ト<     ′   _..-'     l:.\:.:.:.:.:.\:.::\:.:.:.:.
       { ァ‐l´ ヽ `     |;;;;;\   ,' _..-≦       l:.|:l:.|\:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:











 ――――月は魔力の源…その思想が欧州から東洋まで、世界の広い範囲で広まった



―――月は今、此処に居るの魔の子に祝福を与える














                 ドクンッ…!




105 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/07(火) 23:54:52.28 ID:BSqYwuIg0


希(この感じは…血が騒ぐあの感覚…!せやけど…)



▽隣に居る穂乃果を襲いたい、その感情が無い



▽あの気持ちが湧いてこない、隣で一緒に笑ってくれる子を押し倒して組み敷いて、喉笛を掻っ切りたい、衣服を破って肌に牙を突き立てたい

▽唇を貪るように奪いたい、泣いて許しを乞うてもひたすら凌辱したい、腹を喰い千切って、内臓を食べたい、彼女の子宮に精を吐き出したい


▽そんな歪んだ感情がまったく無い、燃え盛る欲望、滾る激情が……衝動が無い、『制御できている』のだ…っ!




穂乃果「希ちゃん…大丈夫?」ユサユサ


希「」ハッ!

希「ん、ああ、どないしたん?」



穂乃果「なんだか希ちゃんがずーっと遠くを見てるみたいで、やっぱり穂乃果の風邪うつっちゃったの?」



▽海未から人間の病などなんともないと言われたがそれでも心配そうに、希の身を案じる穂乃果



▽そんな彼女がたまらなく愛おしい、やんわりとほほ笑んでから悪戯な笑みで希は言う



                 _..r≦ア=ー──-..._
              ..ィチ   _......-────≧‐....__
             ,ィ´ /_...-≦─< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ≧=-≧ァ
           /:,'>≦<                    |
            /-<< (>、                   |
          /へヽヽ゚ >-、                      |
        /./ {うrヘ//ヽヽ __.-─< ̄ ̄ ̄ ゙̄.≧=-〈
        ,' ,'  >≦    } ,'チ7|:| _>、_:::\::::::::::::::::::!:、::::::::゙.
        | '  \ 束カ //::::/.':,'/  __ーヽ : :::::::::|::::\:ヾ、
        \   }! 令 ,',':/ |/ ,r≦=≠zxヽ::::::::::|,:、:::丶::\
         \ ,' 隋  |:/  /'  〃{::ぞうノ ’|::!:::,',ハV::::::゙.::l\
           Y 身   ,辷z/      `"´ ,,.,,. |从/ )'7}:::::::::l::::! }!
          / イ呆 /ハぞう`         ノ' |リ -'/::\:::|::::!/'
           / /\ ハ スヽ'"´           _ノ|:!「「´:::::::::ヽ!/、
          ,'  石F7 !|ヘ、""  `   ノ     У |__::::::::::ノ  ノ≧=r-、
           |l    |  |:!ヽ:ミ=-   ーr..<:ヽ     へノノ|ー{___,.-'─、 }::... \
           ||.      |:!|:|ハ:\   `ー"   //´  V|、:/ ___У、:::::. \
           ||  _.-‐''"´|:| __>、::≧=-......_,.イ,/     ハ `ー'─‐'"/ ヽ、:::::.  ヽ:.、
           レ'´  _..-ァヾ| >ニニZr、ノ\//,、_   /  |\__,イ|   Y:::::゙. ゙.\
            / /_>"´     {{´ (}<ニ>{こ} /   |ノ //─ 、 |:::::::::!  :::. \
         __..≦‐≦ヽヽ     r7  \|||  /   / ./ '/    ヽ.!::::::::|   ::::::.  \
____...-≦       ゙、゙.    ,r7   /へ\     '  / .' /      \:::::!   !::::::\
                | ! _Lノ ___/' o  `ー-、 /_  l .! .!        l::::!   !:   \
                jノ' >''"_.....-─/‐-.._   Y-、},r!=!=!=rr⌒)     |:::|   |::..
           _...>─// ,r'">──'─‐..._ヽ、 !しチ`|=|=|-ヽー<. \   V   .:::::::
      _..>r≦|   ヽ.' ,.'  / ,.' ./! / ./ /\ ヽ丶 |.   ! .! .!  `"   \ l  /:::::::::::..
_>‐ァ≦:::/:|   ヽ  ,' /   ' ! / ┘ ,' └ 丶 ゙. ゙.   | .| .|  ,r‐、    \!/::::::::::::::::.
  /::::::/:::::::ヽ  |ヽ| i!  | |└─┘└──┘ L_|_∩_r|=|=|=<≪ヽ      ヽ:::::::::::::::::::::.

希「んっふふ〜、なら責任もってウチの事温めてもらおうか?がおーっ♪」ダキッ

穂乃果「きゃあっ!も、もう!希ちゃんってばー!」



<アハハ! ジョーダン!
<ワカッテルヨォ


▽希との会話を楽しんだ!      『希のステータスにブーストが掛かった!!!』
106 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 00:10:07.52 ID:x5DvGP1Y0



【東条 希】
(夕・夜)攻撃力A【290】
(夕・夜)生命力・耐久性 S 【3550/3550】
(夕・夜) 魔力 S【2840/2840】


         ↓


【東条 希】 (戦闘一回終了まで2倍ブースト)
(夕・夜)攻撃力A【580】
(夕・夜)生命力・耐久性 S 【7100/7100】
(夕・夜) 魔力 S【5680/5680】




───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
:|::::::::::::::;;;;;;;;,'::::::::/:_:>、ー‐ヽ:::\::::::::..ヽ\            ゙、 !::::::://'' /'
:|::/:::::::;;;;;;;;;;:::::::/   >ァ-|::\:::\:::::.、\              〉::// /
:|,':::::::;;;;;;;;;;;:::/  /  //::|::::::::X/`\:::..、             ,.'/
:{::::::::;;;;;;;//  , '   // ハ!::::/X`\  ` ー    ____ _ / .'
ヾ::::::;;;;,';;;;/  /    /:/ |l!::,'/            ` ー─ ´,イ
 ゙.:;;;;';;;/    _...ィ::::::,'  |:::|              ー ,イ:,'|
:::::::\_;_| _...ィ´─ァ:::::/    ゙、!    `: ._            ,イ://,'
:::::::::::::::::!'´:::::|r' ̄::/      \     ≧:.、      /|:'//'
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三



          希(…やっぱり、身体全身、今まで以上に力が漲っとる…)


          希(【夜】が来れば誰だって身体能力が上がるもんやけど‥この巧く力を制御で来てる感…)


          希(…どういうことや?)

                 …ポゥ…!

                             ,,,,,,,,,.
                       i|i|i|i|i|i|i|i|iiii丶
                        ∠|i|i|i|i       i|i|i|i|iヽ
         ,ィ⌒ヽ       Λ|i|i|i|i          i|i|i|Λ
         ',    ':,      Λ/|i|i           i|i|Λ
         ':,     ':,     .|i|i|i|i           i|i|i|i|
          i':.    i     |i|i|i|i           i|i|i|i|
          :i::::.   .{   , -- 、i     ,ィ二ニヽ .i| , -- 、   , -、
          ::':,:::   ':  /:::::`ヽ',i|i    //::::::::::/ i|i|/,'⌒:::!  ./ .::::,'
           ',::.   >':::::::::::. '/ヽi|i|i|i;/:::ヽ::::::/ |i|i|,' :::::::::::! / .:::::i
           i:::  /:::::::::::::  / ´''- ;/ ::::::::::::/''  ,' :::::::::::::! i  ::::::',
           ヽ;:. /:::::::::::: ,イ、_    /::::::::::::::/   ! ::::::::::::i  !  :::::::i
             ヽ::::::::::: /ヽ  `ー/ :::::::::::::/、  ! ::::::::::::!,ィ  ::::::,イ
              /::::::::::. /  !  ,ィ ::::::::::::::/ . ̄ ̄! :::::::::::|  ..:::::/
            〈:::::::::::::../::...::::::::/..:::::::::::::::/`ヽ'´ ...:::::::::::!:::::::/
             ` ー--ハ:::::::::::ヽ::::::::::::::::::. /...:::::::::::::::,:/::::;イ
                 /ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::,:イ
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

…ペラッ

真姫(…月の輝き、夜時間、魔物の血、遺伝子の疼き…この施設の研究は確かね…もっとデータを――)ペラッペラッ


『0時30分』

このレスが01〜15で兎が突入…


1 『仲間と会話』(10分消費)
2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)
× 『ここに杖を取る』(0時40分まで取れない)
4 『ここを拠点とするッ!』
5 『物色』
6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)
7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)
8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)
9 『ここに陣を描く』
10『ここを出る』

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
107 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 血の判定はこの後]:2017/11/08(水) 00:13:47.26 ID:x5DvGP1Y0
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 00:12:05.71 ID:qBlkjjpB0
8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)
108 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 00:29:29.97 ID:x5DvGP1Y0
▽G『プラネタリウムシアター』を選択


───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

                                          _/ ̄ミh
                                       __ノ}{ニニニリ
                                    ィi〔ニニニニ<~´
                                   ノニニニニニニニ)h,
                                 <ニニニニニニニニニ}!
                                  弋}lニニニニニニニニ}!
                      __         ヾニニニニニニニニリ
                    ///////ミh、      /~~~''<ニニニニノ,
                       八//////////)    /XXXXXX\ニニ//
                     ~'<///>'´_/ヽ,/XXXXXXXX/~~~~´
                 _ __‖ . ̄ニニニ〕=ヽ\XXXXXX /
               r=={//{〔//>''~ ̄>''~~ヽ,:.:.:.\ヽ,XXX./
           r====i弋//>''~:.:.:.:.>''~<‖ニニ\:.:.:.:\>==〈
             ノニニニ>''~:.:.:.:.>''~ ‖><‖\ニニ==、≠<:.:.:./~~}
         /_>''~:.:.:.:.>''~}!.  .‖><‖///ヽ>''~ヾ///\ヽノ __
          ‖} ̄ ̄}!∨}!ノ    ‖><‖~''<//、>''~ヽ//ィ=v弋ア
             ‖∧/ }!‖::}!    .‖><‖、////~''<ノ:.:.:∧ ゝイ>'
           ‖7 .Y }!‖Y}!  .‖><‖)h、///////)h、ノ∧{ゝ´
        _,,.. -ァ=-v.}!‖_.Y}!  ‖><‖三三ニ====イ |i.><.i|∨
    -=ニニニニ}!/~.}!‖、/.Y}!..‖><‖三三三ア..  ..|i.><.i|=∨
___i|ニニニニ=-'{  }!‖_ヽY}! 7><‖三三Ξ{    |i.><.i|ニ∨
//////≧=‐/二二ニ===┐{.><Y}!.><‖\三Ξリ..   ..|i.><.i|ニニ}!
/////////‖‖ ̄ ̄ ‖‖{=== Y}!:. ‖ニニ><}i____|i.><.i|ニニ}!______
..///////..‖‖ ̄ ̄ ‖‖∧><.Y}!‖ニニ∧∨.//////..|i.><.i|ニニ}!/////////
////////‖‖ ̄ ̄ ‖‖:.:∧><.Y}!ニニ∧∨...//////..|i.><.i|ニニ}!/////////
///////.‖‖ ̄ ̄ ‖‖:.:.: ∧><.Y}!~~~´´´//////// |i.><.i|ニニ}!/////////
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三



▽小学校の頃、穂乃果はクラスの皆と共に学校行事の一環で東京都内のプラネタリウムを見に行った事がある


▽赤白帽子を被って全員で一列に引率の教師について行って部屋が暗くなって部屋の中に星空が浮かぶのを覚えていた






穂乃果「これ、だよね…」




▽展望エリアからすぐ近くの長い渡り廊下を進んだ先、案内図に書かれた道順通りに彼女はそこへ到達する



穂乃果(どうしよう、私一人で入って良いのかな、それとも誰か呼んどいたほうが…)





▽映像機を稼働させるには知識値が300要ります

▽人物指定が無い場合は穂乃果単体となります

@ やっぱり帰る


A 星座を見る(ただ見るだけ 好感度up or 希望値上昇 )

B 月の名称・月齢を見る(特に上昇等は無い)


C フロッピーディスクの中身を見る


▼血の判定 直下判定レスが01〜32で誰かの血が昂る

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
109 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 00:34:47.68 ID:x5DvGP1Y0
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 00:32:41.63 ID:+5nDqje30
4
110 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 00:47:21.31 ID:x5DvGP1Y0
▽Cを選択










              ▽フロッピーディスクの中身を見ます





.               :.:.:.'_:,:.! -ー '、_,---' 、`=======ニ|
             . ", . ": : : : : : : : : : : : : : : `: 、_,====ニ|
           ,."´: : : : : : : : : : 、 : : : : : : : : : : \=y"ニ!
         / : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :_: : :ヽ: : : : : \'、=!
     ,..、_ , :´ : : : : ; : : : i : : : : : : : ; '," ゙"`'ヾ、: : : : : :'、t!
     !   ̄,': : : : : : !: : : |i : : : : : : : ',: ',    ヽ: : : : : :',|
   , --'、  .f : : : : : : i : : !ハ : ト; : : : : :',、:',   ___',: : : : : |
 ,.:': : : : :>=} : : : : : : l : :!.| ; :i '、: : : : :',゙、i '"´   '、 : : : |
 |: : : : /   ', : : : : : : i : : l  '; !_,'、: : : : | ',!  _,z=x、 '; : : |
 | : : :,'    ,: : : : : : :',: : |,. '"リ  ヽ: : : l ! 〃 .)。_心',: : |
 | : : :  ̄ i ー"', : : : : : : ',: :i  ゛   \: | ! 乂 ン ツ !:|: |
 |: : : : : : !-:ー-:',: : : : : : ',ヽ', x==ミ  ヾ     ` "´  リl :!
. ! : : : : : : : : ; i ',: : : : : :.:', ヾf' )゚_小       、、、j i: !
. | : : : : : : : : i | :',: : : : : : :', t弋 :ツ     '     ' j/|
  !: : :, : : : : : | l : ', : ; : '、: :.',   ̄              /!
  |:i : i : : : : : | :!: :.',: ',: : :ヽ: :',  ' ' '      ,.-,   /"|
.  !:!: :l. : : : : ハ:jト,: :',: !: : : : \ヽ          "    ,.' ゙, |
.  |.| : i : : : : | |l '; : リヽ: : : : ',_ヾ、 .. ,, _       ./'  l !
.  リ| : l : : : : ! リ  i: :| : '、 : : : ', : : : : : ハヽ ヽ. ̄ ,. "   !|
  / ',: :! : : : :l |  |: :! : l \: : :ヽ: : :, '  ',`、  \rー 、_,- "|


   穂乃果「…これをこう、かな?」カチッ!










   穂乃果「あっ、部屋が暗くなった…」






[聖剣伝説2よりBGM:ねがい]
https://www.youtube.com/watch?v=iV5385W6IiQ

111 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 01:10:50.50 ID:x5DvGP1Y0





▽ プラネタリウムの映写機が回る…人工的な星空、そして…一人、そこに一人の少女の姿が映る






 ウェーブの掛かった長い金糸雀色の髪をした子が映っている…水色のワンピースに麦わら帽子の子だ









   どこか、ぼんやりとした、眠たげな印象のある子だ…





??『所長、見てる?』

??『私ね、もうデータも必要なだけ取れたから別の場所でお仕事をすることになったらしいんだよ?』



??『これ、所長がくれたワンピースと麦わら帽子』クルッ



??『……たぶん、私はもう用がないから処分されちゃうんだと思う、【断頭台の森】に連れてかれるのかもしれない』

??『そうじゃないかもしれないけど…でも私が所長に逢えるかどうかわからない』


??『人造魔物娘の私にたくさんお話を聞かせてくれた事とかお勉強を教えてくれた事、本当に嬉しかったよ』


??『温かくて雪が少しだけ溶けてる時期に一緒に登山をして、…偶然【星巫女】さんにあったり…色んなことがあった』




??『所長…ううん、理華!……私、逢沢遊宇は!所長の事ずっと大好きだから…!出発前にこの麦わら帽子とワンピースは』


??『私の思い出は【E-11】に埋めておくよ、もし帰ってきたら…その、見つけてほしい、かな…じゃあね』





プツッ




▽映像は途切れた
112 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 01:16:07.35 ID:x5DvGP1Y0

『知識値』>4840


穂乃果「これだけ、か…」





▽見え終えた映像はそれだけだった、大切な人から貰った贈り物を埋めておいた、それだけを伝えるモノ



▽…人造魔物娘、やっぱりそうだったか





穂乃果「理華、此処の所長の名前だよね…」



▽その人がどんな人かは知らないが此処までを知る限り、少なくとも映像の中の子の口ぶりでは魔物にも親しく接する人柄のようだ

ピョコ…ピョコ…!


▼合流した


このレスが01〜15で


『0時40分』

1 『仲間と会話』(10分消費)

2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)

× 『ここに杖を取る』(0時40分まで取れない)

4 『ここを拠点とするッ!』

5 『物色』

6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)

7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)

8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)

9 『ここに陣を描く』

10『ここを出る』

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
113 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 0時40ぷんだから×を解除するべきでした…]:2017/11/08(水) 01:26:41.45 ID:x5DvGP1Y0
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 01:22:11.36 ID:qBlkjjpB0
杖が取れるのだとしたら杖を取る

できないなら安価下
114 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 01:33:15.46 ID:x5DvGP1Y0
▽B『杖の回収』




ガチャ…!



穂乃果「うぅ…外はまだ吹雪いてるよぉ…!!」ブルッ





▽牡丹雪がべちべち当たる中、手早く『杖』を引っこ抜き、そそくさと室内に戻る、こんな寒い所に居られるか!私は帰るぞ!






穂乃果(…ん?)パタンッ




▽扉を閉める寸前、多分気のせいだと思う















.              ,,
.             i´,,,レ''""'ヽ
.               l ;;;/ .:::..  i
.            l ;;;;l :::::::  |
.             l ;;;l ::::::::: l
.            l ;;;;l ::::::: /      __
           _,,i ''ノ ::::: ,ノ   _,,-''"   ゙゙゙゙'''''-,,,
         ,r".::     "''''''''"           ヽ
        /.::                         ヽ
       ノ.:   ○                       ヽ
.      〈x                             l
        ゙-,_                          l
.         ゙''-,,,                         ..::l
           ゙i;::          ::..         ...:::::i
            ゙i;:::           .、      ..::::::::,,'ヽ
          _,,-''"\        ..:::::〉    ,r":::;;;;;ノ ノ
        と__,,,;;;>-''"""""""゙'''(_,_,_,_,_ノ"""  "'''"











▽雪の白に紛れて、何か『白っぽいモノ』がこっちを見ていた気がしたが…それは目の錯覚だと彼女は考えた



115 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 01:40:24.34 ID:x5DvGP1Y0



▽『杖♧』のエネルギーが溜っている!!


『火・90』

【土・200(MAX)】

『風・190』

『水・120』





穂乃果「みんなー!杖の充電が終わったよー!」つ『杖』


絵里「ハラショー!!風に続いて土属性のエネルギーも溜ってるわね!」


▽風と土がほぼ200倍化する、これは戦力として非常に喜ばしいことだ



穂乃果「どうする?もう出発する…それとも」チラッ


真姫「…別に良いわ、また来ればいいだけだし、それに此処のデータよりも0番の方が私個人としては優先したいからね」



▽本の虫になっていた真姫に目配せをする、彼女は行きたいならそれはそれで文句はないと口にする

▽すべてはリーダー…もとい、自分の心臓を託した相手の赴くままである


『0時40分』 (時間消費無し)

1 『仲間と会話』(10分消費)

2 『仮眠室へ向かう』(時間指定)

× 『ここに杖を取る』(0時40分まで取れない)

4 『ここを拠点とするッ!』

5 『物色』

6 『天体観測をしに行く』(まだ時間消費無し)

7 『記録を読む』(時間消費、この後の行動であり)

8 『プラネタリウムシアター』(時間消費、この後の行動であり)

9 『ここに陣を描く』

10『ここを出る』

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
116 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 01:52:18.81 ID:x5DvGP1Y0
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 01:49:52.17 ID:+5nDqje30
じゃあ10で
117 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 02:05:27.61 ID:x5DvGP1Y0
▽10『ここを出る』を選択



▽聖句箱を渡した真姫は基本的に穂乃果の行動方針に従う、先刻のメモの件で呆れても


▽自分のルーツをズバリ的中させた事柄や目の付け所から"不死王"という高貴な身分でありながら人間に自分の命の半分を委ねた




▽…ある程度信頼はされてるのだ






▽施設内の暖房器具をOFFにして旅団は吐息も白くなる夜空の下へと駆り出す




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

▽『…!空虚なる雪山』
希望値-20

『希望値』>2780


▼ 夜の闇で見えない!

▼ 一度施設内に入った事で穂乃果の防寒着が消失している


・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』



1マス先
▽南はみえない(↑↓→)
▽北はみえない(↓←)
▽西はみえない(→←)
▽東はみえない(←)

▼移動時 01〜50で転落判定あり

▼ な に か い る !!   移動時 偶数で―――

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
118 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 02:13:53.24 ID:x5DvGP1Y0
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 02:07:04.13 ID:PbffFa2D0
にこで灯り
119 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 02:25:30.10 ID:x5DvGP1Y0
▽『MAP<アーツ>』使用


                         、- 、ヽ、 ‘,   l l
                            \` `丶、. И
                           ミ、,   丶 И  -‐ ` 、    , ィ
                             _ミ   ヽ/    _  ヽ   /γ´/
                            ,.>‐ィ、7'' ー ''"´     ̄ ゙Y' ,'//
                           /::::::( ,.ィ'l      _,,.........-‐..| {//─‐...、
                             /:::::::/:::::::::::::`::''::´::::::::::::::::::::::八 /:::::::::::::::ヽ
                      {        ./:::::://:::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::iヽニニニ,ヽ‘,
                     |',       /::::::/::|::::::::_、‐'/::::::/:::/ 、:::::::::::::Yト \,ィ彡":‘,
 スッ                 ';ゝ、___,、ィ'::::::::::l ::|::::::// /:::///-‐ 、ヽ :::::::::l::',ヽ´ヽ:::::::::::'
                 \ミ::::::::::::::::::::::::;ィ::::l::::/ィf斧i     x=ミ ` '|:::::::::/| lゝ":::::::::::',     __
.   ヾヽ   .l ヽ         ` ー---‐ ''" .‘,:::Vl 弋ツ     ´ト卆》 |::::::/ 、┘::::::::::::::::::`ー=::''"<..、、
.   ∧∨  | |                 /:::::: |    ,     ゞ-" /::::/゙l   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-‐‐-
    / ∧ ヽ/ >'、_                  /::::::/',           /ィ2,ィ     \::::::::::::::::;>''"
    /.八 ' /`' ォl               /; ィ'  || 、  `  ´    ィo''"       ` ¨¨ ´
        ヽ _  ∪       `ー=ニ=''"´       ||  ヽ    、rf〔   ヾ、
        丶_ヽ ‘,                 __ j‘, ´_、‐''゛ 〉ゝ、_ゞ__
          ァ ィ ヽ            , ┌ '"l::::::ヽri,ィ.‐‐‐z/    /`ヽ
           |__ ノ、            ./  |  /:::::::::ィ::}:::::::::::}"    /   ‘, _
           ∧   丶       _、 ‐'   ,', _、‐`''::'/ ',::ー‐::{    ,/   '"´_',__
          / ∧   \   _、‐''゛  、 、 l∧  ゝィ  l;:: '´   ノ/        /`ァ
.           / ∧     ヽ ゝ      `ヾ '、 \ | /   _、‐''´ '       / //
            / ∧     ‘,  ∨    ./ `o/ゝ.|/_.、 イ´     ‘,       ./ ./   \
.             / ∧      ∨   ./ /  lニニニニニO     ゝ≧s。、/ ./      \
              / ∧     .ィi〔ゝ /./     |. |    \         /  `ー‐''`丶_,,.  - \
.               / ∧ ,。s≦    // ',     | .|      )h、       ‘,     /      〉



 にこ「ふっふふーん!にこの出番ってワケね!」スッ






▽にこは指先に魔力を込める、爪先に熱が…輝きが…火が灯る!小火は宙を舞いピンボール玉から人の頭部相当の大きさへと移り変わる



▽周囲に火球が舞う、糸の無いゴーストのランタンは雪以外の何物も移さぬ世界を照らし出した…!!




□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷☆□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


▽周囲に灯りが灯った!!

120 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 02:31:17.68 ID:x5DvGP1Y0




ザッ…!

                    __
                 / (__
              / ̄ | /〈___
           /:{: : :.V∨ ノ : : : : : : `丶、
.          /\: : ト( \l ̄) : : : :-――\
          /: : : : :\\ : :∨/: : : : : : : : : : :
.         /: : | : : ヽ : : : : : ∨: : : : :./: : : :.:∧
         ′: :|: |: : :.', : : : : : ∨: :./: :/: : /: :|
        i| |: : L:l ―‐',: : :.:.| : |:/: :/: : :.:/: : :|
       八乂:イ r笊ァ |: : : :|: /⌒Y: : : : : : : : :|
            ハ V  |: : : :|/ 〉Yノ: :.|: : : : :.:..|
             ノ :::: |: :/   r个: : :|: : :.:.:|: : :|
           〈     /   ||: : : : : : : :| : : |
              ヽ _,         _|_ : : __: : :|: :.:|
                \   イ | └┘  〉: |: : :|
              |`´| : 〈 ̄ -=ニニ\ ーへ: :.|
              |: く ̄ -=ニニニニ∧ 〈_: : |
               |_ノ/二ニニニニニ=∧ /ヽ|
.       r‐-ミ   / /二ニニニニニニニ    ||
.       _ノ   ヽ {__/ニニニニニニニニニ|/「: |
.      //    }/{二ニニニニニニニニ=|  L|
      八`、   {´ ̄\ニニニニニニニニ|/ /.:|
         \   V   / ̄ ̄ ̄ ̄\ニニ/ 厂: : |
.      } ∧   V //____   √l_厂: :| : : |
        |/  ,    V/\/    ,\ / /|: : :|: : |
.      ′  i   ∨∨     /ーイ /| |: : : |: : |
.        {|  |    ∨     /ニニ=/: | |: : : |: : |
.       ∧   |    }   ,イ\ニ/: : | |: : : |: : |


ことり「…ぇ」クルッ



ことり(…今、灯りが付いた一瞬そこに何かいたように見えたけど…)



▽  雪  それしか見えない



ことり「きのせい?」



・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』

・『標高の確認』


1マス先
▽南(↑↓→)は雪と氷に覆われた岩肌
▽北(↓←)は雪と氷に覆われた岩肌
▽西(→←)は雪と氷に覆われた岩肌
▽東(←)は雪と氷に覆われた岩肌


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
121 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 02:42:32.80 ID:x5DvGP1Y0
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 02:36:42.84 ID:t/EIswmA0
マップアーツ
絵里の千里眼

気づけば戦闘になるかな?
122 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!inaba_res]:2017/11/08(水) 02:58:47.70 ID:x5DvGP1Y0
▽『MAP<アーツ>』使用



ことり「穂乃果ちゃん…っ!聞いて欲しいの!」グイッ


穂乃果「わわっ!どうしたのいきなり…?」



ことり「さっき、そこに何か居た気がして…最初は気のせいかと思ったけど、でも、でも―――!」










穂乃果「…ことりちゃんも、なんだね」


ことり「えっ」


穂乃果「さっき杖を取りに来た時、何かに見られた気がしたんだ…穂乃果一人だったらまだ勘違いかなって思うけど二人だと」





▽それが単なる取り越し苦労であったなら…杞憂であったならばそれはそれでいい…

▽だが"万が一"という事が起こってしまったら?




絵里「…成程、目を使ってほしいのね」


ことり「うん、お願い!」
穂乃果「ごめん、絵里ちゃん!どうしても見過ごせないの」




絵里「謝ることはないわ、白妙の魔物なんて不安材料がまだ居るんですもの、用心するに越したことはないわ」パチッ☆



▽ウインク一つ、彼女は快く目を凝らしてくれた


□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂



▼近くに眷属の存在を検出
『A-12』に1体
『B-9』に1体
『B-10』に2体
『C-8』に1体
『D-10』に1体
123 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 03:06:25.26 ID:x5DvGP1Y0
.                        ┌ ┬‐v─ v 、//////////> '"  \'/////////
.         _________∠| / /   / .〉-、///> '        >ァァ77777
.         / }─〉////////////////,L.{__∧_/ーヘ }{{`'ー'"~ ̄ ̄`77//∨∧/////
.      {_/ /く>く>く>く>く>く>く>く>く>く>く><>// // }77/     {{// ∧∨/////
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'ー‐< ̄ ̄{二´ /////   ....::::: `∨//∧∨////
                           ̄ ̄\フ´ `¨¨7  / ///\.'/∧∨///
                                  ゙'ー'゙ー'^'ー'ー'゙ニ==-\__`\_
.                             キンッ!         /'//////////,
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三
/ / .::::::::::::::::::::::/ l :::::::/   l :::::::::::::::: } :::|   '::::|\::::::::l ::::::::::::::::::::: i
 l  .::::::::::::::::::::/ |::::::/    l ::::::::::::::: } :::|     ':::| ヽ::::::l :::::::::::::::l::::: i
 | .:::::::::::::::::::/─|-:/     l ::::::::::::: ハ ::|    _ -|‐''^ ',:::l :::::::::::::::l::::: i
 | ::l:::::::::::::: ,゙  |:/ `''‐ ..,,_ハ ::::::::::: リ _」 ‐''" ::}    Vl :::::::::::::::l::::::j
 | ::l:::::::::::::: |__  |     ⌒^ :::::::::::l ^⌒    /     | :::::::::::::: :::::,゙
 l ::::::::::::::::l::|rf弌=ッニ=孑ト、  ゙、:::::::::|  ,,x弌=ッニ=孑トx | ::::::::::: ,' ::/
  , ::::::::::::::: l小、,,弋┘::::ソ    ヽ::::::|    弋┘::::ソ ,,ノリ ::::::::::/:::/
  , ::{:::::::::: l:l      ̄         ヽ::|       ̄    ,' .::::::::::::::/|
.  '八:::::::::::ト、  :.:::::::::::.:                :.:::::::::::.: / .::::::::::/}::|
.   ' :::\:::: ヘ\            ;              / .:::::::/ イ::::|
    l ::::::\:::.\丶                    u  / .::::イ- '::::|:::::l
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三

海未「絵里!本当ですか!?」


絵里「ええ、不味いわ!何かわからないけど囲まれてる!希、にこ!そっちはどう!?」


希「いや…なんも居らへん」



花陽「…こ、こっちにもいません!」

凛「うぅぅ…」キョロキョロ…




真姫「これは突っ走った方が良いかもしれないわね…ただ、相手がこの険しい山中でどれだけ追跡して来れるのか…」


・『アイテム』
・『この場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『採取』(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』

・『標高の確認』


1マス先
▽南(↑↓→)は雪と氷に覆われた岩肌
▽北(↓←)は雪と氷に覆われた岩肌
▽西(→←)は雪と氷に覆われた岩肌
▽東(←)は雪と氷に覆われた岩肌


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
124 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 03:27:48.15 ID:x5DvGP1Y0
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 03:23:20.39 ID:jmCkiT/6O
絵里、飛行
南3
東2
125 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 03:30:12.56 ID:x5DvGP1Y0

標高の問題で途中でぶつかります


南へ3、東へ【1】しか進めません

着陸地点は『D-13』となってしまいますが構いませんか?



15分たって何も無い場合はそうなります
126 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 03:50:45.28 ID:x5DvGP1Y0
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 03:32:33.94 ID:qBlkjjpB0
他レスでもよければ
南 南 東 東 南 でお願いします


671 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 03:45:09.38 ID:jmCkiT/6O
あ、ごめん670




673 :このレスは判定に含めない [saga]:2017/11/08(水) 03:49:02.98 ID:x5DvGP1Y0
>670様


今回、ID:jmCkiT/6O様よりご指定があったので可能としますが、基本は【不可】となります
127 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 04:21:28.49 ID:x5DvGP1Y0
絵里(夕・夜) 魔力 SS【3780/4480】




絵里「突っ走る?」ピクッ


▽真姫の言葉を聴いた絵里に閃きが…っ!





絵里「そうね…何も迎え撃つ必要性などないじゃないの!!」



絵里「ことり!!飛ぶわ!準備しなさい!」


ことり「と、飛ぶ!?でも何処へ!」


絵里「なんだって良いのよ!辺りは複数の何かに囲まれてる!袋叩きだけは避けなきゃならないわ!」







にこ「そうね…っ!絵里の言う事も尤もだわ、このままじゃ混戦になる」

海未「兵法の一つですね」



▽戦い慣れている二人はすぐに絵里の意見に賛同する

▽兵法三十六計の一つ、相手の退路を断ってからの包囲殲滅…相手の力量がこちらより上か下かは分からないが包囲されているというのは宜しくない





▽時代劇に詳しい人物が居るならば、かの剣豪が敢えて狭い廊下に一旦退き
  入り込んできた者を次々と切り伏せる戦術があることを知っているだろう







▽もしくは不思議なダンジョン系ローグライゲームの経験者だ、落とし穴でモンスターハウスのど真ん中に落っこちたとするならば
 四方八方から袋叩きにされるのを避けるために、1対1の状況へ持って行く…


▽戦慣れした海未、傭兵のにこ、そして絵里はすぐに全員に飛び立つ準備をさせる





希「で、でも…本当に何処へ行くん!?」


にこ「花陽!ノートにこの山の標高を書いてたわよね!絵里に渡しなさい!ことりは絵里の後を離れず飛ぶのよ!空適正の高いアンタならできる」


絵里「海未!そっちの先導頼んだわ!」


海未「はいっ!」


128 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 04:24:21.77 ID:x5DvGP1Y0
|l!1!|!l                     i| !i| !li| |i! |! |                        !|!l
|l!1!|!l      , へ       /~\     i| !li| |i! l:                         !|!l
|l!1!|!l       /  /   , へ /   /┐   l !li| |i! |                         1!|!l
|l!1!|!l     ′  ̄ ̄  / / / /    !li| |i!                          !1!|!l
|l!1!|!l    /  / ̄ 7   / |/|/     .li| |i                       |l!1!|!l
|l!1!|!l   ./  / r―'   ./             i| |!:                          |l!1!|!l
|l!1!|!l  ..l  / 'ー,   /              :!| |                         |l!1!|!l
|l!1!|!l  ..|/    /  /               | |                         |l!1!|!l
|l!1!|!l      ../  /                .| |                         |l!1!|!l
|l!1!|!l      ./  /                | |                         |l!1!|!l
|l!1!|!l      |  /               |                            |l!1!|!l
|l!1!|!l      |/                   |                            |l!1!|!l
|l!1!|!l             くヽ   r ┐                               |l!1!|!l
|l!1!|!l              .V  / /                                 | |l!1!|!l
|l!1!|!l              __/ /                                  i| |l!1!|!l
|l!1!|!l |          ./___./                               l| |l!1!|!l
|l!1!|!l |           ̄                                      l| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!                /|        |                        l| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!                 / ./ /|      |i                      || |l!1!|!l
|l!1!|!l |!                / / / ./    ...|/レ'i                         || |l!1!|!l
|l!1!|!l |!,              / / / /      .|/|i | i                      || |l!1!|!l
|l!1!|!l |!i               / / / /     .|    l     /            .i    i.|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!l             .∨. / /   |i | |     И  /|               l    l:|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!l            ./ヽ .∨.  \儿八ノ     |从/ i| /           l    l:|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!l          ヽ´/ヽ  . \ノ           i|レ'  iレ/           l    l:|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!|.i               ヽ´.  ⌒ヽ         И  イ/            l|.i  .l:|| |l!1!|!l
|l!1!|!l |!|.|                   \ノ           /(//       .l|l|   il:|| |l!1!|!l
129 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 04:32:08.25 ID:x5DvGP1Y0





▽その場から飛び立った瞬間だった







▽もこもこと、土竜<モグラ>が雪を押しのけて出て来るように…"ソレ"等が這い出て来たのは




                     _,..-‐' ¨ ヽ、
               丿         `ー- 、
                  / :.         ノ:.、 \
                /  .:.:.,_        fj::::::\   ヽ
             / : : ; j::{込         `ヾ;::::\  ゚.
.             ‖.:.://::       :.:.:.:.:    マ:::::::ゝ、ヽ
              ,'.:.:.:::! }:.        :::::     〈 ̄`ヾム  \
              }:.:.:::ノ人     丶-r'´  / ',    `¨'ー′
              |;;シ イ   `  .__, ィ'´ ̄`¨´   ヽ、
              l//   : : : : : .:.:. : : : :    }
              ,'       : : : : : :        {
                {        : :  , jヽ`   ‘.
.              j                  ',
            ‖   / ‖                 ハ
.            ,″           `=@      ’
              ,’ :            ::             {
          {: : :  ,,      ;;   : : ; : :       }
          ゝ、: :   " ;; ' : :||  :  : :     ,ノ
              \;    }     }{     !    <
               (    ,'    ハ    {   ;ノ
                 `~`ー'^ヽ.___/ ̄丶-‐''^ー-‐′











三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::‖:::::::::::::: イ::::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::‖::::::::::/ .!:::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::/::::::::::::::::..-!:::::::::::::::{::::::"_..'"´   .!::::::'::::::::::'::::;::l
::::::::::::/::::::::::::::. ´  |::::::::::::::::|:::::'    丶.  |:::::{ }:::::::'::/:::}
:::::::::;:゙:::::::::::::::::|   .,!::::::::::::::::i::::{  ,,x  \|:::::|/::::/:/::‖
::::::::'、:::::::::::::::;ヘ  |:::::::::::::::ハ:::.! 〃 ,ィ_、 {::: !;:::/′,:/
:::::.′V:::::::::::/ ヽ_.!::::::::::::::{ ゙.:::l  し,ル"´ ,゙:::|:/ ノイ
:::::{   l:::::, '"     .}::::::::::::::{  ゙.:!  ``´   l t|′
:::::|   i''"      {::::::::::::::!      U     {
:::::l.._/        {::::::::::i::|           〉
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
             / .:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             ,' ;'.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:,.' .:.:.:/,' :,:.:.:.:.:.:i, :.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.゙、
            , :,'.:.:.:.:.:.:,'.:.:.:/.:.:./ ,' :.j.:.:.:.:.:.:|゙、:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:. '
            | ;.:.:.:.:.:.:,:.:.:./:.:.,"   ,':.:/|.:.:.:.:.j ! ',:.:i,:.:.:.:.:.:.:. ',:゙,
             | :,:.:.:.:.:.:,:.::/|:./\  !:./ j :.:.:/l,'   j:.|',.:.:.:.:.:.:.:.l,:.',
              |.:.i.:.:.:.:.:.;.:,' ,x==ミ、:,'  ':.:./ /_,.∠j/ !.:.:.:.:.:.:.:|'、:i
.           /!.:.l.:.:.:.:.:.;.|〃 '_.)゚小'  ,'/  '"笊゙心 |.:.:.:.:.:.:.:| ゙,:!
           //}.:.:';.:.:.:.:.:.| 弋 ンツ ,ノ : : . 弋ヾ,ツン !.:.:.:.:,'.:,' リ
           /' |.:.:.:゙、:.:.:.:.゙、 , , ,      ,     ̄   j.:.:.:.:/!'   !
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
  i i   :./  ヽ 、  _>ミ : : : : :ヽ;,     .   .:.:.  i:. }
  i i   :,`ー- \    ,.. `ニニニ i    .:.:.  .:.:i:.:  V:.
  i i   i    丶\     ,笊芯テ=、い  .:.:. .:.:.:.i.:.:. 、ヽ}
  i i   、x笊芯テ、 \    廴匕リ ぃ  .:.:/:.  //.:.:.  、: ヽ
   ぃ、 . 、ヽ 廴ソ     \    ̄  // .:.:/ ヽ |/.:.:.:.  、:. ヽ
    ぃヽ :.:. ヽ  ̄       .:.:.:.:.  /:./  } |.:.:.:.  | ∧:. )
    ぃ \ミ` 、.:.:.: 、        彡/// , '  |.:.:.:.  i ,' :}.: }
    \  》ー-             / / 7:.:.:  i:.:.:  //  リ /
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
130 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 04:36:37.63 ID:x5DvGP1Y0








              「 な、 なによ!あれ!兎じゃないの…!? 」


        「馬鹿!よく見なさい!あの兎どーみても今、にこ達が居たトコに突っ込んでったでしょーが!!」


       「ええ、そうね‥‥何を一体どうしたら突撃で地面にクレーターができるのかしら…私のメテオより威力があるわ」


              「にゃ!?周りからたくさん出て来るよ!!」バッ

 
              「ひえっ!!あんなのに私達囲まれてたの…」ゾーッ


             「こ、ことりちゃんバランス崩さないでぇぇぇ…!!」











      バサバサ…!



            バッサバッサ…!






131 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!蒼_res]:2017/11/08(水) 04:44:03.37 ID:x5DvGP1Y0














            ヒュゥゥゥ…―――






                                ビュォォォォォォオオオオォォォ…





















    穂乃果「ぅ、…ぇあ…?」パチッ









▽何がどうなった




▽振り返ったら兎が空を飛んでた



▽地面に隕石でも落ちたようなクレーターを作る兎なんて馬鹿げた存在だったが宙に飛んだときは度肝を抜かれた気分だった






▽とにかく形振り構わずに逃げた




ことり「穂乃果ちゃん…!良かった…」


穂乃果「うっ、…頭がくらくらする…なんかすっごく気分悪い」


▽…あの速度で戦争物の映画に出てきそうな航空機の曲芸なんぞやられたんだ
      元の世界に帰っても絶対に絶叫系アトラクションには乗りたくないものだ


132 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 04:54:03.84 ID:x5DvGP1Y0


穂乃果「みんな…居る?誰かはぐれたりしてない?」


希「あ〜、それは大丈夫やで、穂乃果ちゃんの言う気分悪いんは同意やけど…あかん、目ぇ回っとる」フラッ






真姫「…回ってるのはアンタたちの眼だけじゃないみたいよ?」スッ









穂乃果「…ぇ、なにこれ」











方位磁石<コンパス>『  』グルグルグルグルグルグルグルグルッッッッッ!!










真姫「…西も東も南も北も…全然ワカンナイ…、まぁ幸い空は晴れてるから星座の位置で大まかな方角は分かるけど」





真姫「それより異常よ?この辺の土地、そこらじゅうから妙な力を感じる」




133 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!桜_res]:2017/11/08(水) 05:03:29.11 ID:x5DvGP1Y0

▽gagagaザザッ  が――‐――   ギーー



□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■☆0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


Λ《…/虚ろなる雪山〕時間を@0プン消費 【ガガガガッ 零時 50分』






・>アイテム <
Θ『この場に留まり休む】
。『MAP<アーつ》 ]
・『採しゅ〕(10分)
・『移動』
・『メンバーの状態の確認』

・『標高の確認』


1マス先
▽南は凛とした寒さと銀世界が広がっている
▽北(↑)は雪と氷に覆われた岩肌
▽西(↑↓→)は雪と氷に覆われた岩肌



▽東 は    .





直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
134 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 05:11:51.89 ID:x5DvGP1Y0
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 05:09:35.08 ID:+5nDqje30
採しゅ
135 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 05:19:39.93 ID:x5DvGP1Y0
▽『採取』を選択






▽こつん、足の爪先が何かに当たった。



▽何に躓きかけたのか、足元を見た。













穂乃果「これ、金庫だよね、ダイヤル式っぽいけど」






▽地盤に埋もれた金庫、年季の入った温泉旅館の個室に置いてあるようなそれは家族旅行の時に見た事がある




絵里「…札、はついてないわね」フム?


真姫「開けてみましょう、札が無いなら力の強い子で物理的にこじ開けられるわ」






               コンマ判定


01〜16 知識値+800 希望値+200

17〜32 魔力回復剤(大)

34〜65 魔力回復剤(MAX)

67〜98 輸血パック

ぞろ目 ギミック・アーツ『七色の雫』

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
136 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 05:24:53.04 ID:x5DvGP1Y0
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 05:21:39.38 ID:jmCkiT/6O
バクってるな
137 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 05:32:01.15 ID:x5DvGP1Y0
▽結果『38』


                  . : :. -―- 、: : .
                : : 〈(⌒)    ヽ: :
              : :_:}\     }: :
             . : :{、`ヽ、二フ¨´: :
           . : :_ノ\ヽ.__,ン: : :
          . : :∧/  / T〈: : :
          . : :/ / 丶 / _|__〉: :
         : :/,:/-―/―-/、/: :
          : :/:./:.: ー/:.-‐/:./: :
       . : :/:./:.:.:. /.:.:.:./:./: :
       . : :/:./ :.:. / :.: /:./: :
       . : :/:./ :.:.:/.:.:.:/:./: :
       . : :/:./.:.:.:/:.:. /:./ :
      . : : /:./ .: / :. /:./ :
      : :/ \ :/:.:.:/:./ :
     : :\ ` ー‐ァ :
        : :`: :ー一' :


【魔力回復剤(MAX)】
味方1人の魔力値を最大まで回復させる

▽誰に持たせますか?

穂乃果
・【同人誌】 ・【デュラハンの劔】
・【白雪の日記 Last】 ・【運命ダイス】
・【性的倒錯のススメ】
・【転移の魔石】 ・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>

花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】 ・【折り鶴】
・【防寒着】 ・【   】


・【淫誘の香水】 ・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】 ・【必中の紋章】
・【風魔手裏剣】×1 ・ 【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【フレイル】
・【山彦の帽子】 ・【バシリスクの牙】
・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】 ・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】 ・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【裁縫セット】 ・【裁縫セット】
・【カレー粉】


・【ステーキ肉】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【キャンバス】
・【醤油】
・【    】×2

真姫
・【水の魔石】 ・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】 ・【まきびし】
・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】
・【  】 ×3



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
138 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 05:35:40.80 ID:x5DvGP1Y0
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 05:34:28.80 ID:qBlkjjpB0
希へ
139 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 05:37:37.88 ID:x5DvGP1Y0
訂正

花陽の持ってた缶詰が抜けてた


穂乃果
・【同人誌】 ・【デュラハンの劔】
・【白雪の日記 Last】 ・【運命ダイス】
・【性的倒錯のススメ】
・【転移の魔石】 ・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>

花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】 ・【折り鶴】
・【防寒着】 ・【缶詰セット(やきとり)】


・【淫誘の香水】 ・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】 ・【必中の紋章】
・【風魔手裏剣】×1 ・ 【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【フレイル】
・【山彦の帽子】 ・【バシリスクの牙】
・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】 ・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】 ・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【裁縫セット】 ・【裁縫セット】
・【カレー粉】


・【ステーキ肉】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【キャンバス】
・【醤油】 ・【魔力回復剤(MAX)】
・【    】

真姫
・【水の魔石】 ・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】 ・【まきびし】
・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】
・【  】 ×3



こうですね…
140 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!桜_res]:2017/11/08(水) 05:42:54.57 ID:x5DvGP1Y0
□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□M森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■☆0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


Λ《…/虚ろなる雪山〕【壱 時 00分』



▼血の判定
直下レスが01〜32で魔物の本能が騒ぐ、人間を喰いたい、孕ませたい、恐怖と絶望でその顔を歪ませたい


▼魔物遭遇判定
このレスが01〜11で東から  飛んでくる





花陽「ふんっ!」バキィ!



小瓶に入った液体『』チャプン…


絵里「…驚いたわ、まさか魔力回復剤、それも相当純度の高い…」スッ

絵里「希!持ってて頂戴!」


希「分かった!」







・>アイテム <
・『この場に留まり休ム/
。『MAP<アーつ》 ]
×『採ぢゅううううううう【
・『i動』
・Lメソバーの状態の確認』

・『標高の確認』


1マス先
▽南は凛とした寒さと銀世界が広がっている
▽北(↑)は雪と氷に覆われた岩肌
▽西(↑↓→)は雪と氷に覆われた岩肌



▽東 は    .





直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
141 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 06:16:44.67 ID:x5DvGP1Y0
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 06:13:00.88 ID:qBlkjjpB0
絵里 飛行 東東東北北 でお願いします
142 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 06:33:23.92 ID:x5DvGP1Y0
▽『MAP<アーツ>』使用






にこ「間違いなく0番の施設はこの近くにあるわね」




穂乃果「…」



海未「ええ、此処から東…あの位置に冬の大三角形があるので、方角的にはあちらでしょう」ビシッ





穂乃果「ねぇ!場所が分かったんならさ?一度拠点に戻らない」






にこ「はぁ?…アンタねぇ、確かに場所は分ったけどまだ陣も―――いや、今回はアンタの言う事も一理あるか」


にこ「あの妙な兎だかなんだかわかんない生物が居る以上、悠長に探索なんてできないわね」




▽禁忌、その名を冠する程の施設だ、何が待ち構えているかなど分からない


▽ここいらが潮時だろう…、廊下に逃げ込んで1対1の戦術も結局の所は退路を確保しているという前提での事

▽1対1が前と後ろを挟まれた2対1なんて事になったら目も当てられない




―――
――




▽結局の所、一度山を下り街の近くまで行こうという話に落ち着いたのだ


▽標高差は問題ない、高所から低所に向かって滑空していくだけだ、湖に誤って堕ちることさえ無くば問題ない







▽真姫は最後まで不満そうだったが、致し方無い





143 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 地形効果 空虚なる]:2017/11/08(水) 06:39:56.40 ID:x5DvGP1Y0
                      /.: : : : : :. :./.: : : : : : : : : : : : : : :.\
                      /.: : : : : :. :./.: : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : \
                    /.: : : :. :. :. :./ : : : : : : : : : : : : : : : : : |.: :. :. :. :.\
                      /.: : : :. :. :. :./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : }.: : : :. :. :. :.ヽ
                  /.: : : :: :: :. :./.: : : : : : : : : : : : : : : :./: :./ : : : : : : : : : }
                    /.: : : :. :. :. :./.: : : : : : : : : : : :. :. :./}.:.:/ ∨: : : : : : : : |
                {: : : : : : : : :.{: : : : : : : : : : : > ´ //   ∨.: : : :. :. :.|
                |: : : : : : : : :.|.: : : :. :.──一   /      ∨.: : :. :. :.|
                |: : : : : : : : :.| ̄ ̄´       / \_    i.: :. :. :. :.|
                |: : : : : : : : :.| 芹云≧ミ            }.: : : :./.:.|
                |: : : : : : : : :.|  ゞニツ       芹云≧ミ /: : : /: :/
                /∨: : : : : : : |  ` ̄         ゞニツ ノ /: : :./: :/
                  /: : ∨: : : : : : ト           ,         /: :/{: :/
              /: : : : ∨.:: :: ::.∧              /:/.:..:.|:/
                /.:.:/.: :. :.∨.:: :. .:.∧              / : : : : |
            /.:.:/{: : : : : ∨.:: :. .:.∧     ̄`      /.: : : : :.人
               {:i{:.| .|.: : :. :. :.∨.:. :. .:.∧、_        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |八{.人.:.\.:. .:.∨.:. :. .:.∧ >ー=≦:.//             ∨
                \ \ \.:.:∨ 、: : :.∧    ノh ∨ / / /___ ,     ∨、
                > ´/个<\.:..:.} 、  /  }.:.∨.〈 〈: :/  }: :.∧    /}
        r───── ´   /  |    }:ノ  ∨∧ .|: : :.ヽマ }´  ///∧ /  マ}
       /           /   .| 厂 ̄ ̄\_}_冫ヘ: :.//∧_〉 / ./  У   /∧
.      /           /   ∨     ∧ __乂/  ヽ   〈 ̄´   ./   ∧
     /           /   ./ ∨/ ̄   ∧     \/   ∧   /      ∧
.    /            \/  く      / iト、     /.     ∧/         ∧
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三

  真姫「  」ムッス…



  穂乃果「…みんなの安全が第一だったから」



  真姫「わかってるわよ、チャンスはまた来る、今回はその時じゃなかった、ええそうよ、たったそれだけの話」





□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□☆森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


▽14番、『H-14』地点に到達しました



- 14 -節制-(Temperance)
【 昼夜を見据える節制の天使像 】


144 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga訂正 ×空虚なる  〇虚ろなる]:2017/11/08(水) 06:44:28.93 ID:x5DvGP1Y0
ヾ;;ヽ;;;;ゝ;ヾヾノソ)ミ:::k<ヾゞ::::::::::::::::::::::::::::〃ゞヾヽゞゞ;;;ヾゞゝ´::::
,、li;ilゞ'ヾ”::〃ヘミゞゝ::く;;ヾ::::::::::::::::::::::::::::::ゞ;;i;jヾく"ヾヾゞ"ゞ''::::
ソ;il;;l|/"ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ヾゞゞ;;::;ミ;;:::::::::::::::::::::::::ヾソゞ〃ヘヽゞキ::::::::
;;ilヘl|::::::::ゞ゙li〃ノ ミ;;ゞゞくヾ:::ヽヾ:::. :::. ::::. ::ヾ丶ji;;;i/ゞヾ'`::::;;
li::;;lil|::::: : :|;;li;:i|'´: ヾ|:i;く::;z.f:: |;i!':.:.:.::.:.:.::.:.:::.::.|it:f:;:il:|/,|;'::::::;;;;;;
:::il;;i|:::::: : |;kソ.!::::::.:.:|liz|::::! |ノ;|:|: : : : : : : : : :::|;;:キ;:f'I|;fl|、:::;;;;;;;;
:::::;;;;|,;,;, , ,|キ;il|::::: : ;|::|l|、i;i|;;)''´.: .: .: .: .: .: ,.,.|;:i;;:il;;lj|::::::;;;;;;;;;;;;;
::::Yx;;iiiYゞ〃ゞゞゞ::ノwll,ヾ;'"        ,,ヾヾゞ〃ゞゞ/;;k:::ゞ
::::ゞゞ;;;wXヾゞ::::ミ彡;;"'"'        ,,;;;ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;く
::::TTTTTTTTTTTTT     l.TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT
:::::| | | | | | | | | | | | |__  :::ll| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
:::::| | | | | | | | | | | | |/   .l l::| | | | | | | | | | | | | | | | | | | |



https://www.youtube.com/watch?v=6EgA6CH7ZR4
『BGM…FF5よりダンジョン曲』











@ 『入る』

A 『この場に留まり休む』

B 『この施設について尋ねる』

C 『移動』

▽南は湖なのだろう…魚か鴨か、何かが泳ぐ音がする
▽北は…?車輪の後のようなモノが視える
▽西は森のようだ…木々のざわめきが聴こえるようだ
▽東は森のようだ…木々のざわめきが聴こえるようだ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
直下
145 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 06:48:24.44 ID:x5DvGP1Y0
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 06:45:37.71 ID:jmCkiT/6O
そうか、施設だからか

北へ移動
146 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 07:01:43.12 ID:x5DvGP1Y0
▽北へ移動! 『H-11』から【H-10】へ


□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森☆←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

▽『…!不思議な街道!』時間を10分消費『1時10分』

・『アイテム』
・『その場にとどまり休む』
・『奇妙なオブジェを調べる』
・『その辺の民家を物色』
・『MAP<アーツ>』

・『10分消費して Iが来るのを待つ』


・『移動』



凛「案山子がたくさんある…」

花陽「夜中だと生きてる人みたいに見えてちょっと怖いよね」




▽北上し案山子が無駄に刺さった街道を歩いていく、よく見ると朽ち果てた鍬の残骸と思式ものが所々散らばっている


▽昔はこの付近は畑だったのかもしれない




1マス先
▽南は閑静とした、それでいてどこか神秘性を感じる入口が視える
▽北は…?車輪の後のようなモノが視える
▽西は森のようだ…木々のざわめきが聴こえるようだ
▽東は…?車輪の後のようなモノが視える


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
直下
147 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 07:23:30.25 ID:x5DvGP1Y0
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 07:11:03.25 ID:qBlkjjpB0
絵里 飛行 東 東 北 北 でお願いします
148 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/08(水) 07:24:44.38 ID:x5DvGP1Y0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


     今回は此処まで 金曜日 11月10日夜21時再開予定


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
149 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 21:22:26.14 ID:f3PJWSKu0
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
↑安価&コンマ専用スレ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログイン・ボーナス再現コラム] +300




  親が子に対する愛情こそは全く利害を離れた唯一の情緒である。



<サマセット・モーム イギリス小説家 1874〜1965 >

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>2800

『知識値』>4840+300=5140

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
150 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 21:31:59.03 ID:f3PJWSKu0


□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E☆G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

▽『…!空虚なる街』『1時20分』





『アイテム』
『その場で休む』留まる
『適当な民家から物色』
『MAP<アーツ>』

『拠点へ』

『移動』



1マス先
▽南は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない
▽北は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない
▽西は華々しい通りがあり、見て居るだけで心が弾むようだ!
▽東は和風の物件があり、煙が立ち上る

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
151 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 21:40:42.05 ID:f3PJWSKu0
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 21:39:38.87 ID:QGlEV0Sj0
拠点
152 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 21:42:51.16 ID:f3PJWSKu0
▽『拠点』へ戻ります





▽『1時20分』


@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『眠る』

E 『食事』

F 『魔物の欲を満たさせる』

× 『お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
153 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 21:47:49.29 ID:f3PJWSKu0
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 21:46:48.61 ID:D86ZY5dU0
食事 ステーキ肉
154 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 21:49:31.02 ID:f3PJWSKu0
▽『食事』>【ステーキ肉】を使用します


穂乃果
・【同人誌】 ・【デュラハンの劔】
・【白雪の日記 Last】 ・【運命ダイス】
・【性的倒錯のススメ】
・【転移の魔石】 ・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>

花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】 ・【折り鶴】
・【防寒着】 ・【缶詰セット(やきとり)】


・【淫誘の香水】 ・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】 ・【必中の紋章】
・【風魔手裏剣】×1 ・ 【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【フレイル】
・【山彦の帽子】 ・【バシリスクの牙】
・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】 ・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】 ・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【裁縫セット】 ・【裁縫セット】
・【カレー粉】


・【     】 ←使用


・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【キャンバス】
・【醤油】 ・【魔力回復剤(MAX)】
・【    】

真姫
・【水の魔石】 ・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】 ・【まきびし】
・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】
・【  】 ×3


155 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 21:52:47.24 ID:f3PJWSKu0

                      _,.斗-‐-ミ _
.           「 ̄ ̄\ /`ー'/: : : : :.: ̄\ 、Y´\
.           / ̄ : : : : :〈   /: 斗-―-ミ: :__ \\ 〈__
          / : : : : : / ̄ ァ'´ ̄`: : : : : : : \:.\厂\  \
.          {: :¨¨¨ア'ヽ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ 〈
         \_人:ノ /: : : : /: : :|:|: : : :.:.|: : : \: : : :∨ )
.           |: /: : : 〉/: : : : /: :/|:| |: : : :|: | : : : : : : : ∨
.          |:.|: : :八|: : : :.:.| :/ 八:|V|: : : :|V\: : |: : : : :|
            l |: : : : :|: : : :.:.|/ ´ ̄` └―  ̄`L 」: : : : :|
.          八|: : : : i|: : : :.:.| x==ミ     x==ミ  |: : : : :|
.            |: : : :八 : : : i|〃ん:ハ      ん:ハヾ|: : : /
.            |: : : : :| \:.从 乂:ソ    乂:ソ //: :.イ     〜♪
.            |: : : : :| | {\(\    ,     /イ/} |
          |: : : : :| |:.ヽ込              /,/:|
             : : : : :| |: : :`¨\    `  ´   /: : : : |
.          /: : : : :.| | : : : : : :个     . イ: : : : : :.:.|
         /: : : : :.:厂\: : : : : : : 人≧≦人 : : : : : :/ ̄ヽ
           | : : : : -{    ヽニ=‐¬\/[ ト、 /¨'T く   〈_
           |: : /ニТ   /  / //=八=\  ',  ∨ / ̄ヽヽ
           |: /ニニ/ ̄ ̄/   ,⊥_ヽイ|o|\/l l l ',  ∨   _| ∧
           |/ニ二{__ ,′ |/// ̄\ | |l| ,  ∨ イニニ∧
.         /ニニ{ニ{  ,′  l く// ̄` ∨_    l  ∨ |二ニ=∧
      /=ニ二∧ `ー/ =-―〈|`¨`'⌒ヽ  ∨¨¨''冖‐-=',イニニニ∧
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三


    ジュゥゥゥ…!


                                 て:.:.:.:. _
          ー.. 、                         ヾ
          ...::::::)             (:::::.:.::::    _ノ
       , -=   ::::ヽ              .:.  ..:.:.::_,)
      (:::::::::::   :::::ノ                ..::: :.::_
       >::::      ::j     '" .::)     (::::._ .:)
      (_::::     :::::r'      (::. .:)         O
        ̄  (_::::ノ                 o
        Ο     。      Ο     。    (::ノ
              o      。            "
        _ 、 ―_…― - 、_    。    (.::)
―>. .:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : . \、―――――――――――――――― 、、
〃 . : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;r≦二 ー≧  _____                \
!、: : : : : : : : : : .::::::::::. : : : : (、_λ ̄・ヽニヽ: : : : : : : : : : : : . ― 、__         \
: :V/、ニ三 、::::::::::::::::::::.. : : : .≧ー ≦に. :_: .丶 ̄ヾ:::::::::::::::. : : : : : : : : : : \、___      \
V∧三三二V.:::::::::::::::::::::. : : .::::::. .`ー "、_≧: .ヽ丿.:.. : : : : : :::::::::::. .:.:::::::::::::}///∧        li
:.V/三三三ニ))/  ̄"ヽ : : : : : : : : : r≦7. : : : : : : : : : :::::::::::. : : .:::::::::::::::::::::; ////∧     ||
::::{三三三三り、 ':.   ∨. : : : : : : : : : : : : ::::::::::::. : : : : : : : .:::::::::::::::::::::::::::‖'/////i     ||
(ヽ ニ三三ニノ_λ≦ニ八: : : : : : : ::. : : : : : : : : : ::::::::.. : : : : :.::::::::::::::::::;:ィ::l //////|     ||
品品呂ニチ/  / ::.    ヽー … 、.::::::::.. : : : : : : : : ::::::::::::. : : .:::: : /.:::::::}////// !      ||
'品品呂呂1   !  ::.    ハ:::::::::::::. . ̄ ̄ `ー …… =ニニニ ≦"..::::::::////////|     ||
≧呂品品 l   丶  :..... ィ, ノ.:::::::::::::::::. : : : . .::::. . :.: . : : ::::::::. : : . :::: .:.'//////// ノ     ||
'///////'八 __入__、イ"`ー―_……… --". ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; :≦ ////////、`      ||
////////////////////////////////////////////////////////////       /l!
≧======================================================_≦      / ‖
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "     /   /
――――――――――――――――――――――――――――――― "   /
_________________________________、 `
156 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 22:01:55.19 ID:f3PJWSKu0
                  _...-≦二二二≧‐-、
                  .ィチ:::::::::::::´:::::>:´:::::::::::::>-、
                  /::::::::::/:::::::/::::::/::::::::::::::ヽ:::::\
                /::::::::::/:::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::゙:.:::ヘ
            /:::::::::;/:::::::::/;;::::::::::::::::::::::::::/:::::::::!:::::l::::::∧
            ,'::::::::;;/:/:::::/;;::::::::::::::::/::/:::/}::|::::::l:::::::l::l
            |:::;;::;;,'::,::::::,';;;;:::::::::::/_/:::/ /ハ:、::::|:::::::!::l
           /::::;;:;;;::;;::::::!;;;;;;;:::彡_/-`ヾ   .'/ ヽ:::!:::::::|::|
           //;ハ:;;;:;;;;:;;; :::| ̄ _三≦ミヽ.  /´ '⌒ヽ:|::::::::!::!
        //;;':::;;V;;rヽ;; ::|,.ィチ乂ソハ `` /  _,rzx、  V:::/}:|
          У;;:::::::::;;;;;{{rヽ;;:ハ. ヾ辷_ソ     7チうXヽ,'::/ .'/
          {;;;;:::::::ヽ::;;;ヾー}:ト、ヘ ,,.,,       V_ソ_ゞy:;ヘ/'       「おおぉ!!」
       γ⌒ヽ:::::;;;;::;;;:`ノ:八 \       ,  ,,.,, //::;;゙.
       {::::::*:::人L⊥f´|::|           _     イ;;::;;;:::;;::}
      ...-`≦≦ニ=‐|:!::、ヘ  \     (_ノ    .イ;;;;:;;;:::;;;:/
   //,r''"´: : : : : : :.l:∨:、:\  丶    ..-<;;;;;;;;;_;;/
  _./:,:': ,:': ヽ: : : : : : : : : ゙.:ヽ:ヽ:.>、_/`7´: :\ ヽγ*::::ヽ
/::':/: /: : : :ヽ: : : /: : : : : ヽ: ヽ:`ー-7{´,': : : : : :ヽ: Y、*:::ソ
;;;;;;|:.!: :|: : : : : :゙.:/: : : : : : : : ≧ー/-ク: : : :l: : : : :リ!;;;;;:;;ハヽ
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三




▽台所から南ことりが調理済みの肉を持ってくる


▽拠点内に調味料はほぼ無い、塩だけの簡素な味付けとなっている





▽塩、たったそれだけ、しかし…調理場から漂う重厚な匂いは食指を働かせる



▽ことっ、グラスによく透き通る透明な水は照明の光を静かに反射させていた



▽レア、ミディアム、ウェルダンと火を扱う事に長けたプロの絶妙な火加減でそれぞれご要望通りの焼き具合だ!






                 _  -─ >-- 、                 / / //
                    /__ < ミzxミミヾx>            / / / /
              /  {////'> 、ミミxz、ヾミ> 、      ./ / / /
             ノ   }/////////\\ヾミミzxξゝ-、 / / / /
              \ ////////////`ヽ、ヾゞミミxzミ/ / / /
               ` <///////////// \ ヾミ/ / / /
                   <////////////\ヾ{ソ´ }ヾ/{ミミ\
                     <///////////:\ミzxミミヾxミミ /}
    _   -‐ ´¨ ‐-- 、        <//////////\ミミxzヾゞミ:{/
-‐ ¨巛 X三 巛三ニ ≡ニニニz       ` <///////// \ミヾxミミ:/
彡巛巛巛巛巛巛巛巛巛巛三三二ニ\    \/////////:\/ミ/
三ゞ彡三ミヾ巛巛巛三ミ三三三二三彡 }     \///////// }:::ノ
X彡ミ巛卅卅ヾ巛巛二三二三三三ミミミ }゜゜。・。゜。。` ‐- /////
三二三7三彡ミミzヾ巛巛巛彡ノ 彡彡ノノ {゜…゜。・。゜゜。・   ̄
フ/イィ{彡三二ミ彡巛巛ミミノ巛ミ彡彡彡{ ゜・。゜。・。゜゜゜。
{発卅 {彡三三巛巛ミ彡三二ニニ==ー ´ ゜。゜゜・゜。。゜。・
ヾ彡巛{三二ニ==ー─ ´         。。゜。゜゜゜。。・。
157 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 22:16:22.61 ID:f3PJWSKu0

▽一切れ、熱々の肉を口の中へと運ぶ








▽熱い、…そして旨い!面々の中には「塩だけかぁ…」とあまり期待していない者もいたかもしれない、だが食ってみればどうだろうか


▽噛み締めると同時に溢れだす肉汁、なるほどどうして和風おろしから洋風までと味つけも発展した現代社会で塩だけのステーキを注文<オーダー>するのか




▽今、その意味を垣間見た








                             ────‐
                         /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
                        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                      /.: : :. :.ィ ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                        / : : : / |.:|   : : : : : :\: : : : : \: : : : :.
                      : : : v__」:|  ヘ、 : : ___: : : : : : : : : : : : .
                         l: : : /x=ミ      ̄\ : : : : : : : : : |: : : : |
                         |: : 〃r じハ    〃⌒_ ┤:.:.: :. :.|: : : : |
                         N: :| 弋_少       r/じj小|: : : : : :|: : : : |
                        l: :|:/:/: ´     乂_少 | : : : : /: : : : ′
                   __,/:W        :/:/:/:  ノ : : : イ: : : : /
                  ⌒∠:_:>、          <: : : / / : : : /    パクッ!
               三ア¨´─< ====‐(      ア^¨¨:.:ハ: : :l
               /   ⌒ミ ⊃/: : \ __    /.: : : : : : : :.l : 人__
              /     rヘ } j/⌒V: :/      /:/7: : : : : /: : : :|⌒
              .′   ノ     __/ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄〕 ⌒ア: :/ : : : /
              ┘  ノ〕    _/__」//」_ -=二 _{  ¨⌒フ__: /
             「-‐   _ノ!  / ( ⌒\ /      ヽ










             =----   ──=ミ
          /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : 、
         /: : : : : : : : : : : : : : :. :.、: : : : : : :\
.         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : :.:\
         /: : : : : : : : : ィ:|\: : : : : : : : :\: : : : : : :
      /: : : : : : : : / |:.!  \: : : : : : : : 丶: : : : : : .
        |:| : : : : : : /   j/_,.   \ : : : : : : : : ,: : : : : :.
        |:|: :Χ==/` ̄ ̄~     丶: :_:___|: : :. :. :.|
        |:|: : : :|:.:|  xr=ミ      xr=ミ、  |: : : : | :|
        |:. :.:. :.|:.:| 〃_ノ::i/}       l_ノ:::i心 |: : : : |:/
       :∧:. :Y圦乂,z以  l ===l 乂z少^ji j.: : :./l′
       〉:∧.: :.| ||とつ   l|   ll   とつ / : : /!    ブワッ…!!
     _ノ : : |\:|└======彡  ' └=====./:.:./八
     7: : : :\ >‐'"⌒ヽ            ムィ /: :.:\
.      |:/: : : : /      |  ⌒⌒        /イ: : : : :l⌒
      从.: : :./         |   ´      /: : : :.:ハ: /
       \:.|       ハ     _ r<: : : :/j:/ j/
         ┤        i | ≧==チ/ ト──‐=ミ
     / /.|        l |     i   !      ゙
.    / (  |        l |     | /^|
    ′ \/         人     /'  j        l
.    {   /        |  )   ′ ./           |
.    |   (,_          |/ \/  ./ /    |    |
.    |    |⌒ヽ ___|\  o} / /       |    |
.    |    |      /`|^\\_」/ /      j    j
158 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 22:23:19.55 ID:f3PJWSKu0
                /: : : : ::{: : |: : : : {  ` 、: ヽ: : : : : : :ヽ: : : : : :ハ
                /: : : / ∧: :| |、: : | 、__ 入ヽ:ヽ: : : : ヽ: : : : : :ハ
               ,: : : : : / ヽヽ{ 、: :{   z- _ ヽ: : : ;;: : };;;,:;,: : : :ハ
                 {: : : : / ノ ヽ、 ヽ:{   /z=、ヽ_ヽ: : ;; : :};;;;; ;;;:;: :}ハ
                 |: | : : {   z= ヽ \   {_。しハ ヽ }:,;;;: : };;;;;;;;;;;;: :}、}
               |: {: : λ _{{ しハ      乂ン ' /:;;;;: /-、;;;;;;;;;: :}、}
               ヽヽ: : :ヘ {、乂_ソ      , ,  /イ;;;;/  Y;;;;;;}:/ ノ
                ヽ、: : : :ヘ `    ,          /;;/ ノ /;;;;;;//
                 ヽ、ヽ: \ ''          /イ 、_ノ;;;;;;;;//
                  ヽ \、`   ノ ー‐     / ;;//;;;/
                      へ          /  {-、
                        `   、   /二 ̄ヽ//∧
      >二 、                  λ/_   ヽ//`ー――--、
      /   Yヽ_                / (_     V//////////\
      |  ̄ヽ}/ ヽ         z===//// }( __     V/////////// ヽ
      |  ̄ 、 }し /       ////////////}   ヽ     V/////////////}
      ヽ 、__)  /      //////////////}   ヽ    V//////////// }


凛「かよちん、かよちん…何も泣かなくてもいいでしょ?」


花陽「うぅ…だって、だってぇ…」




                          ____
               . ‐''´ ̄ ̄ ´     `  .._
            l⌒ー--く  ..::::/            `丶、
      r─-、 |    /..::::/    .:    .::::::::::ヘ :. :::::.   \
      | :::::::弌ニV .::::≠    .:::  .:::::::::::::::: l ::. ::::::.   ヽ
       l :::::/   }::::/     ..::::   .::::::{:::::::::::│::::. ::::::::::.  ,
.       l .::/    }:::l     .:::::/ .::::/|::::::l:::: | :::::::.ヽ:::::::::. l
      l :::: ̄/\_∧:l     .::::::l .:::/  :|:::::l l:: |ヽ:::::::::.ヽ:::::: |
.     l :::::::::{     }|    .:::::::::| ::::/   |:::::|:|:: | \:::::::ハ::::::. |
     l ::::::::::: ̄`ー ┘   .:::::::/|:::::_,,.. -‐1:::| |:: | `'ー-::::::|:::::: |
     | ::::::::::::::{::::::::::::|  .::::::::| |::/    l:::| |::リ  ,__ \:|:::::: |
     | :::::::::::::∧:::::::::|  .::::::::::l |/_,,k=弌ッ、l:| /   イ{「[`V:::::::リ
     | :::::l:::::/ V{:::::ハ :::::::::::| /'{(r:':::カ        ト::::リ 从::/
     | ::: l:::/   \{^| ::::::::::::|ヘ;, 弋:::ソ       'ー'' ゙イ /
     | ::::l::/     {(l :::::::::V|             ,  、、、{
.    / :::::l/      \ :::::::::|:|  ```             }
.     ,゙ .:::::::{       ∧:::::::::l::l            __      '
    | :::::::::::、      { V{ :::| ト       ´   .イ|
    | :::|::::::::\       ;:::::| |  `   .._    イ::::::}:|
    | :::| \::::::.ヽ       ∧::| ヽ       「¨¨ }::: }:::::::l
   从 :::|  \.        / ∧|        ト、 丿::ノハノ
      \|            イ |        \\   /
       \       / /  |          |\`ヽ._
           /     l \ ─-    -‐l  ヽ  V}]\
         .  '       :l   \       /   ハ   vハ l
        /            ::l\\ `ー-- ☆  /,ハ  Vハ :l
.       |          ::l  \` ー-----‐' / ∧  ∨ :l



にこ「気持ちは分かんなくも無いけどね、…兎とか、本当に運が良い時に鹿が数年に一度取れるか、とかがこの世界だからね」


にこ(記憶で見せてもらった穂乃果んトコの世界と此処じゃ大違い…此処まで上質な物が手に入るなんて普通はあり得ないわよね)パクッ






絵里「…」ボーッ

真姫「…エリー、要らないなら貰うけど」


絵里「うぇあ!?ち、違うわよ、ちょっと考え事してただけよ!要るから!」

159 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 22:32:14.36 ID:f3PJWSKu0


▽にこが今しがた何気なく『兎』なんて単語を出したから、そのことであの奇妙な存在を彼女は思い出していた



絵里(…あれは、なんだったのかしらね)パクッ…











        /{ :/   / ./    | i    \       \
.       /: }/   / /     | |     \   \  \
       ′:i   / '゜ ______   l { 、 \.    \   ヽ:::.. ヽ
         |{:::|   .′''"     `  、::. \_____ \. ヽ   :::::::::::}
         |:::/|   |  ,.斗=ミヽ   \ゝ ̄`ヽ\  、   ゚,ハ:ヾ
       y: :{   lイ __)尓 \    ,.斗=ミk  |ヽ }: ‘.  .| }::i
         :.:.:.个t ハ 乂r少      ″__)尓‘, }:::}八:::}::.. | |::|
         i:.:.| l:.:.{\\:i:i:i:       乂r少 }〉'::/:::::}::ハ:::,  }ノ
         | | | {         ′   :i:i:i::  ´∧:::}:::// ノ/ /
         | ゝ   :,     r――- 、     /、:}::}/レ }′ ′
         |  {\ :,    、   /       / }/:イ::::.. 〈i
         l\ ハ  ヽ}、  ` ー         _,ノ::}\::::: . |
          : .{\ゝ-/ 丶        ィ7´ `ヾ}  :,::|│
         乂   `¨¨¨ヽ ー―ァ f´:.:.:./    j   ノ人|
        ´ ̄`\ー―-- \ /、_,|:.:.:. {    / 〃  ノ
    /           ヽ    \j] ;.:.:.  、
    .′          ‘, 厂 ̄}i  \  \________
   ;            ‘,} : : ノ丁j⌒¨¨ヽー―=ミ`ヽ
   /{           \   |、/:/ `ヽ¨¨¨¨ヽ :,   } 
   | |            \ い/: : : : : |\: : : }、}   ノ
   | :           \_}\: : :.:.:ト  \_〉 \
   |  :    \        `i `ヽ:_j \ {    ヽ
   |  i     \          L.       ー'      :,

   絵里「あっ!本当に美味しいわ!」パァァ…!










海未「…恋人通り…っ!このようなモノが大量にあるというのですか?…信じられません」



穂乃果「本当だよ、スーパー?みたいな所にたくさんあったんだよ」


海未「"すぅぱぁ"…あらゆる品を揃えているお店の事ですね」フム?






凛「ねぇねぇ!こういうのソテーっていうの?」

ことり「ソテーは少量の油でいためる事だね、この場合だと…」







▽賑やかで楽しい団欒(?)の時間が経過した!

160 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 22:38:56.41 ID:f3PJWSKu0
▽20分経過



▽日付が変わって遅めの夜食を終えた一行はそれぞれの部屋へ、ある者は至福の味の余韻に浸るように誰かとの会話を楽しみ

▽ある者は舌の上でとろける肉の旨味ですっかり忘却の彼方へ葬っていた兎案件を思い出し、作戦会議を

▽ある者は『休める内にしっかりと英気を養う、それも戦いに必要な事です』と休息を取った





▽…少しばかり物足りなくはあったがそれでも胃に何も詰めず、空腹感を抱えて眠る事はないのが救いではある




▽『1時40分』


▼血の判定 01〜32で血が騒ぐ!!





@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『眠る』

× 『食事』

F 『魔物の欲を満たさせる』

× 『お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
161 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 22:46:46.03 ID:f3PJWSKu0
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 22:44:00.98 ID:QGlEV0Sj0
眠る 7時まで
162 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 22:52:57.17 ID:f3PJWSKu0
▽D『7時00分』まで眠ります


▽睡眠の為、魔物血判定が2時間毎となります 約5時間÷2=2.5 【合計 "3" 回】


▽3時間毎の記憶判定は

【4時】【7時】→ 2回分の判定 となりますので…



 知識値を500消費で希望値500消費を防げます
 最大で2回まで防げます

『希望値』>2740

『知識』>5140


▽知識値を何回使って防ぎますか?


↓1
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/





▼【魔物の血】判定



ゾロ目…▼EV

00 ファンブル


↓2〜4 (連取可)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/


01〜16(眠る選択時)が出た回数分 仲間の魔物 が衝動に駆られる
163 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 22:56:09.36 ID:f3PJWSKu0
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 22:54:57.39 ID:k1zhHmi+0
2回防ぐ
164 : ◆zJZqNVVhtuCN [sage]:2017/11/10(金) 23:19:10.26 ID:f3PJWSKu0
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 22:58:21.50 ID:QGlEV0Sj0
165 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 23:19:47.66 ID:f3PJWSKu0
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 23:08:21.09 ID:wml/jnou0
結構睡眠時間短いけど寝坊しないのか
枕判定はこの後かな
166 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 23:20:58.23 ID:f3PJWSKu0
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 23:14:37.88 ID:QGlEV0Sj0
167 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 訂正 希望値は2780でした]:2017/11/10(金) 23:28:55.36 ID:f3PJWSKu0
▽2回防ぎます

知識値消費1000


『希望値』>2780

『知識値』>5140 -1000 =4140





▽結果

『50』

【09】>奇数 喰人欲

【 88 】 ▼








▼誰の欲望値(喰人)を増加させますか?

花陽【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

凛【色欲:10 小】【食人欲:0 極小】

にこ【色欲:0 極小】【食人欲:10 小】

絵里【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

ことり【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

希【色欲:20 小】【食人欲:0 極小】

真姫【色欲:10 小】【食人欲:0 極小】

海未【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】



↓1
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
168 : ◆zJZqNVVhtuCN [sage]:2017/11/10(金) 23:37:31.26 ID:f3PJWSKu0
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/11/10(金) 23:34:03.02 ID:n7P+LN7W0
海未
169 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/10(金) 23:42:07.75 ID:f3PJWSKu0
▼海未の喰人欲が10%増加した…!!







【 88 】 ▼




▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼



 00 💀


 01〜32 欲望値 色欲 喰人欲 ランダム増加 ×10

 34〜45 誰か一人の欲望値、どちらか片方が50%


 46〜70 つよい兎が現れる


 71〜89 知識値 1500減少

 90〜98 白妙の魔物が起床と同時に動き出す


 ぞろ目 白雪の誘い



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

170 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga >708 お気になさらずに…]:2017/11/10(金) 23:53:37.52 ID:f3PJWSKu0
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 23:50:09.98 ID:wml/jnou0
魔物の血というより下半分ファンブルに近いけどましなイベントだった
171 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/11(土) 00:03:39.41 ID:D4Zddf2u0



▽彼女、園田海未は寝付けなかった



▽割り当てられた一室で水色の羽毛布団に包まり、何度も寝返りを打つ





海未「…いけませんね、平常心を持たねば」







▽元より9人分の晩餐とするには聊か少量の肉だった



▽旨味のある肉汁、歯応えある肉感…どれも"有名な伝承として語られる狼"の名を自らの種族<ルーツ>に持つ彼女も納得の味わいだった

















▽余韻が残っているのだ




▽ "肉"を喰った という余韻と興奮が 体内の血液中にある"ソレ"が本能的に悦びを感じた



▽話を戻そう、9人分の晩餐とするには実に少ない


▽空腹感も少しはある…小さな子供が夜中に起きて、何か食べたいと駄々を捏ねたくなるようなそれに似た感情だ










▼ もっと喰いたい




▽…その思想が浮かんできては寝返りと共に打ち消す、煩悩を拭えないとは…まだまだ自分は修行が足りないと彼女は自身を戒めた


172 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga いつも枕しよう判定を忘れてすいません・・・]:2017/11/11(土) 00:06:03.84 ID:D4Zddf2u0








           『夢見枕』を使いますか?予約しない場合は 使用しないで







        YES or NO



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
173 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/11(土) 00:18:49.02 ID:D4Zddf2u0
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 00:13:08.59 ID:Pm+ZCjG0O
まだ使わないでもいいかな
174 : ◆zJZqNVVhtuCN [sage]:2017/11/11(土) 00:27:05.07 ID:D4Zddf2u0
   :.:.:::.:::.:::.::.::(
..       :::.:::.::.::ヽ
:::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ
.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .
                 ):::..        : . : : : : : : : : .
                /:::::.:.::..
               (_::::..:.:.:.::..
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..
               : : : : :::.. :::: : : : :..









 ∨/∧                        -- .
.  ∨/∧                     / __ \ミ,
   ∨/∧                 .′//\ \\
.    ∨/∧                  {  ////\   `、
     ∨/∧                { {'/////,} } }
.      ∨/∧                      ∨//// / /
       ∨/∧                  ∧  }//  / |
.        ∨/( ̄ ``丶、        { \/ _,,.. -‐┴‐-ミ
         ∨/^ニ=-‐…\        /).、丶``    ___\
.          〉'´  _____    \     { /      _,,..  -‐……‐-ミメ、
         /  / 、丶`   く\  /    、丶``    /       \\
.         ゝ-'゙〉'`   、ヽ     }}}< ̄``丶、    /  '"~ ̄ ̄`丶、}
           /  ,∠__   く//   `丶、  \ //          |ノ
.          ゝ-へ,__   /      \  \<⌒\.,_       |
               ∨/∧ ̄/``ヽ、       `    \ \ \``ヽ、   ゙
             ∨/∧/    |\     |      \ \  \∧
                 ∨/∧    |::::..\     |           \  `、\


             『おはよう、清々しい朝ね』ニコッ
175 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/11(土) 00:33:43.75 ID:D4Zddf2u0


▼朝!!白妙の魔物は既に飛び立って、MAP上の何処かに居るッ!





※兎が3匹屠られました


―――
――



穂乃果「みんなー、おはよー…」ゴシゴシ



▽欠伸を一つ、目を擦りながらも高坂穂乃果は下りて来る



海未「…あ、おはようございます」ギンギン


穂乃果「海未ちゃんどうしたのその眼?真っ赤だよ」


海未「ええ、はい、妙に眼が冴えてしまいまして、中々寝付けなかったんです」


ことり「あ〜、わかるなぁ、ことりも枕が変わると眠れなくなっちゃうから」

ことり「ほら?小島にあったお家から旅立った時も肌身離さず持ってるんだよ?」つ『ことり専用枕』


▽海未の寝不足はそういう問題ではないのだが、それは彼女等の知る由のない所であった


@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『(二度)眠る』

E 『食事』

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『(朝風呂)お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
176 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/11(土) 00:43:47.74 ID:D4Zddf2u0
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 00:35:31.00 ID:pXfgliDD0
J 『戦術:隊列変更』
@海未 前衛
Aにこ 前衛
B凛 支援防御
Cことり 支援防御
D絵里 前衛
E花陽 支援防御
F希 支援防御
G真姫 支援防御
177 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!nasu_res]:2017/11/11(土) 00:56:59.06 ID:D4Zddf2u0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




――――――コンマ00は何時如何なる時もファンブルッッ!




             コンマ00<ファンブル判定>



※今回は選択式で




ゾロ目だった場合どれを選んでいても 【『白雪の思念』の呼ぶ声に穂乃果が誘われてしまう…】


@ 【魔物の欲望が大幅に高まる】
  前回同様、大幅に上がる

A 【白妙の魔物 強襲】
  白妙さんが遊びに来る!3ターンだけみんなと楽しいふれあいの時間だぞ!

B 【0番から数匹脱走する】
  強さ&個体数は後程

C 【断頭台の森で火事発生】
  状態異常の煙、霧、ガスがあちらこちらで発生する

D 【施設設備 故障】
  魔術師を始め恋人通り等、ダンジョン系以外の主要設備が故障

E 【希の陣が幾つか何者かに消されている】
  メイン以外を消されます



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
178 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/11(土) 01:39:11.58 ID:D4Zddf2u0
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 01:36:07.87 ID:s6ou2Pbg0
5でいこう
179 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!蒼_res]:2017/11/11(土) 01:47:33.71 ID:D4Zddf2u0

        ブクブクブク……
         -   o -
   - ─⌒ ─ o ゚ -  ⌒ o
 ≦二=-j_ o - ゚  -⌒ ゚-o ≧二弐ラュ,_ _
  ―  ´' −---゚__−oニ-==ニニ´
       ̄   ̄ ―  ̄





ごぼっ

                       こぽぽぽ…








                ○ O   。
                 O 0      O      。
                   O O   O           O
                   ○O 0  0        O
                   0 O    ○    0        O
                    ○ ○ 0   O
                    ○ 0   O    0
                      0 O  0   。            。
                     ○   0   O    O
                      ○    0   O
                      ○  0   O
                       ○ O    O
                      ○ 0   O     。
                       ○O  。
                        O O
                         ○    。
                        ○  O
                        O
                        ○  O




















                 アアア   ―――チャン…  







180 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/11(土) 01:58:00.51 ID:D4Zddf2u0
                     ┌┐
                     | |
__________,、∧,、| |____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨`'`.| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    └┘
                   ┌┐
                   └┘
            , <  ̄ ̄>、
           /        \
           ./            \
         .′            ヽ      キュピーン!
            |              }
            |             ノ
       /¨≧s。.     .。s≦ ̄>、_
     , <ヽ    `¨¨¨¨´     。s≦`ヽ
     ./             > ´     ヘ
    /                      }、
  ,ィ           --─ '' ´        >、
  .{ 、   \                     , -、/
   ヽ!\   ヽ              /   /: : |
   .| : : ヽ                /  ./: : : : ヘ
    .!: : : :/ヽ       __..> ´> ´!: : : : : : :ム
   /: : : /  ` <_____.。s≦ マ ム: : : : : : : :ヽ
  ./: : : /      }: : : : : : : : : : : {   マ ム: : : : : : : : ム
 /: : : /      i }.:: : : : : : : : : : :',    ', ヘ: : : : : : : : ム
./.:: : :,'         }ノ: : : : : : : : : : : : マ   }  ',: : : : : : : : :ム



白妙の魔物『 ! 』ハッ!














       /                           :::::::::ヘ
      /     /                   ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /     /                  ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    /     /                    |:::     :::::::::::::|
    |     /                         |:::     :::::::::::::|
.    |    /                       i|:::    :::::::::::::|
   |    /                         |:::     :::::::::::::::|
   |   /                           i|::::    ::::::::::::::|
   |   /   _,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_    i|::::    ::::::::::::::|
  ,/   ゙<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|
   \ /::::::::::::::ハ  |::::::小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/
    \:::::::::::/::::::|  |:::::::i::::ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |::::::::::::::::::`ヽ._,. /         _,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/         /、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/    ,' /:::::::::::::::;;_::::::::::/___,.. -─        ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/    ,' /::::::::::::::::| ヽ-'´                   ::::::〈
  /::::::/    /.、-───-ト、                      ::::::/
. /::::::/    /.::::》      '{  ≦=≠                 :::::{
. /:::::/    / :::::::\_,.==≠、/二 ̄                  :::::j


   白妙の魔物『…そう、胸騒ぎがするから予定よりも早く出て正解だったわ』




   白妙の魔物『供給エネルギーを容量の限界を超える程送り込むことでキャパオーバーへ―――設備の故障を引き起こすわけね…』



   白妙の魔物『さてさて、忙しくなるわね…』


181 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/11(土) 02:05:03.02 ID:D4Zddf2u0


―――
――






@海未 前衛

Aにこ 前衛

B凛 支援防御

Cことり 支援防御

D絵里 前衛

E花陽 支援防御

F希 支援防御

G真姫 支援防御



カキカキ…!




穂乃果「う〜ん、こんなんで良いのかなぁ」カキカキ

穂乃果「…ん?」



バタバタ…!


凛「ほ、穂乃果ちゃん!大変にゃ!」



穂乃果「どうしたの!?」ガチャッ!ギィィ!


▽札つきの扉を開け、凛の後へ彼女は続いていく…
        そして程なくして、恋人通りの方からエネルギーが消えていったという報告を耳にすることになる



182 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/11(土) 02:08:38.93 ID:D4Zddf2u0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


          今回は此処まで!


   次回は火曜日  11月14日 夜23時00分!


 ▼施設が6時間後 【13時00分】到来まで使えなくなってしまった!



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
183 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/14(火) 23:02:45.47 ID:TIjgsdFU0
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
↑安価&コンマ専用スレ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[再現コラム]知識値+300




   人間は善良であればあるほど、他人の良さをみとめる。


  だがおろかで意地わるであればあるほど、他人の欠点を探す。





<レフ・トルストイ  ロシア小説家

        代表作『戦争と平和』 1828〜1910  >

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

『希望値』>2780

『知識値』>4140+300=4440

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100

184 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/14(火) 23:20:28.92 ID:TIjgsdFU0


▽恋人通り…そこは明方から陽がそこそこ高い位置に昇って尚、街灯が点灯し、正午近くになってようやく消灯する

▽そのくせ、安宿が軒並みに並ぶホテル街を始め、空に赤みが掛かる前に点き出すのだ









▽…湯水の如くエネルギーを無駄に使う、贅沢の限りと捉えるかどうかはさておき、そのような理由もあって恋人通りは
 夜中の雪山からでも方角と障害物さえなければよく見える



▽花陽と穂乃果が海未の拠点『A-4』へ突入前に眺めていたのだってそうだ






▽その恋人通りから―――












穂乃果「それ、本当なの…?」


絵里「ええ、信じられないでしょうけど…にこと希が隠密行動で周辺を見に行ったときに確認できたそうよ」




▽昨日の謎の兎の存在から隠密に長けた少数精鋭で外の見回りを行っていた、そこで西側を担当した二人がいつもと違い灯りが消え

▽不審に思い、調べた所周囲一帯からエネルギーが無くなっている事が判明したのだ









▽一行に沈黙が流れる、それは一時的なモノなのか?一生治らないのか?原因は何なのか?




▽豊富な食料資源のあるドームに入れないというのは大事だ




にこ「…此処でまごついたって、しゃーないでしょ」


にこ「外に出て調べるなりなんなりするしかないわ…」

にこ「…安全のために拠点に籠るのも良し、問題を一先ず後回しにして他所へ探索に行くのも可、アンタ次第よ」




185 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/14(火) 23:23:06.21 ID:TIjgsdFU0



▽『7時00分』




    【…ダンジョン系を除く、ぷれいやぁに益を与える施設が6時間使用不可能となった▼】



@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『(二度)眠る』

E 『食事』

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『(朝風呂)お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
186 : ◆zJZqNVVhtuCN [sage]:2017/11/15(水) 00:47:47.19 ID:6/TbcSGm0
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:44:08.86 ID:/FFqtInA0
今倉庫の空きいくつあったっけ?

とりあえず空きがあれば同人誌と性的倒錯のすすめを倉庫へ入れる
187 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 00:49:56.89 ID:6/TbcSGm0
▽『アイテム』>倉庫選択


「    アイテム倉庫    ¬


  1 同人誌
  2 白妙の記憶@〜B
  3 白雪の日記@〜B
  4 白雪の日記C〜E
  5 貞操帯
  6 性的倒錯のスス
  7 晴天の日光浴diary
  8 赤ワイン
  9 飴玉(メロン味)
  10 飴玉(メロン味)
L               」


穂乃果
・【デュラハンの劔】
・【白雪の日記 Last】 ・【運命ダイス】
・【    】
・【    】
・【転移の魔石】 ・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>

花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】 ・【折り鶴】
・【防寒着】 ・【缶詰セット(やきとり)】


・【淫誘の香水】 ・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】 ・【必中の紋章】
・【風魔手裏剣】×1 ・ 【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【フレイル】
・【山彦の帽子】 ・【バシリスクの牙】
・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】 ・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】 ・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【裁縫セット】 ・【裁縫セット】
・【カレー粉】


・【     】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【キャンバス】
・【魔力回復剤(MAX)】
・【    】
・【    】


真姫
・【水の魔石】 ・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】 ・【まきびし】
・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】
・【  】 ×3
188 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 00:56:12.47 ID:6/TbcSGm0
▽時間消費無し


▽倉庫にはアイテム…書物を2冊ほどおいておく



▽砂漠は広い
 その広大な砂の海で何がサルベージできるか分からないが…持ち物を入れておく"枠"はあった方が良い、それに越したことはない




▽旅団の方針としては施設の調査をするにせよ、近隣から利用できそうな物資を探すにせよ
 余分な荷物は持たない方が良いという話に落ち着いたのだ




穂乃果「ごめん、待たせちゃったね!」


絵里「いえ、大丈夫よ…それより―――」




@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『(二度)眠る』

E 『食事』

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『(朝風呂)お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
189 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 01:07:16.80 ID:6/TbcSGm0
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 01:04:12.53 ID:tldqmFiG0
B 『一時的に此処を出る』  全員で 転移陣で砂漠の陣へ
190 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 01:13:52.13 ID:6/TbcSGm0
▽gateA『Y-7:砂漠 星空凛の棲家 -捨てられ船-』へ飛び移ります!



□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂☆
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂





───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
'   .|!゙'''=_   .,..′,.'/     /.,..'./ \.\ ! .〃  ..-ー'''' ̄ ̄ ̄"゙゙'''‐--.._ .!  !`ヽ ヽ      `ヽ
    |!   ゛'''‐=!__, ', '     / , '/   ∠\.' !,〃   /     |  |      ',_! !  `ヽ..`ヽ
   ,,'゙''''‐=__   "''‐=_,  ,.'  ,', ′ /  〃 ,`'-,ヽ,,./   _,,=‐!  !‐=,,,_    .! !ヽ く `ヽ ヽ
  .,,'゙''''‐=_..゙゙゙゙゙゙''‐=_  ~''‐=_  |  γ  〃 /′_/.',', _,=‐''"_,,=‐''''"""''''‐=,,_"''‐=,.| | `ヽ.\ `ヽ ヽ
  |!    ゙"'''‐-=._.゙゙'''ー-=_ | .| , ' ..〃 /′/ | |'´ ,.'           '',  | |''‐=,_`ヽ`ヽ ヽ ヽ
  .|!         ゙゙゙'''‐-=_.゙゙ .| ,' .//  / /_,,=-''| | ノ             '・, | |   ゛''''  ヽ ヽ ヽ
  .|!              ! .γ,' //  ,'  ,'''゛   | |''゙                .| |゛゙‐=_     ヽ ヽ
  .l!           γ γ!|  .// . /  /  _、‐"| |                  _,,=‐=, `ヽ    `ヽ ∨
  .l!          .γ γ |.| // ||  || ./   .| |      __......-....,,__     γ   ',', .゛ヽ   `ヽ
  .|!          γ  ,' ..|.| // 1  .1/ _,,,,,  | |   _..‐'"     `゙゙‐ 、  ,.'     .,', ,,,,,  \
  .',          ,'   i! ..|.|∠ |!  |! γ´l_l_',,| |  /           ヾ、,.'      ',',_l_',, .ヽ
  |!         ,'   .i!__ノ.',`ヽ ̄ ̄ ̄ `ヽΧ|_,,!| | /              ゙v       !iΧ|_,,!  ',
  |!         !      .|!  ' ,      ', l.ノ.| | |               !       !l__l.ノ.   ',
  ',‐--------、、,,,l,,,,,,,,_______ ゝ,,,,,,,,,',._____',  .| |{               !       ,!!
  .,' ,.‐‐┐|┌‐,,', ,,' ┐!  i!゛   |      |  | | '、              ',       .i!
  ,,'/   .l...| !  ',.l!l  | |.|  i!    .|     . .|  | ', ヘ              / .',      ,,′
  |!    l.・l・!  i l!l.  .|゚|゚|  i!、   |      |  |  .', ゙ゝ、         _/  ',    ,'/
  |!_______.l .l !___,,!.ヾ. ___,,,,=‐‐!!__  | ,,,==-‐''''゙!|  |_____\  `ー..,,_  ___,,..-''′   \,__,ノ''
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三


凛「ただいま!」シュンッ!シュタッ!


穂乃果「お邪魔します!」シュタッ!




▽描かれた陣から9人が次々と飛び出す、世界の最西端へものの数秒でやって来た


@ 仲間達と話す

A 此処を出る(MAP上へ)

B 船内をもう少し見て回る(まだ時間消費は無い)

C お風呂(20分)

D 休む(時間消費 自由)

E 物色(10分消費)

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
191 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 可能です]:2017/11/15(水) 01:27:17.95 ID:6/TbcSGm0
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 01:22:55.65 ID:IZD6F0U40
MAPに行く前に可能なら絵里の目で索敵したい
駄目なら↓で
192 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 01:35:55.29 ID:6/TbcSGm0
※よくよく考えてみれば朝・昼ステ書いてなかった…

『小泉花陽』(下級魔物)
(朝・昼)攻撃力 A 【230】 "ダメージ固定タイプの特殊武装装備中"
(朝・昼)防御力 A 【生命力・耐久2390/2390】
(朝・昼)魔力 S 【3850/3850】

『星空凛』(中級魔物)
(朝・昼)攻撃力 B 【60】
(朝・昼)防御力 A 【生命力・耐久2000/2000】
(朝・昼)魔力 C 【500/500】

『矢澤にこ』(上級魔物)
(朝・昼)攻撃力 S 【690】
(朝・昼)防御力 S 【生命力・耐久5470/5470】
(朝・昼)魔力 A 【1900/1900】

『絢瀬絵里』(上級魔物)
(朝・昼)攻撃力S 【410】
(朝・昼)生命力・耐久性 SS 【7300/7300】
(朝・昼) 魔力 SS【4000/4000】 →【3600/4000】

『南ことり』(中級魔物)
(朝・昼) 攻撃力 B 【70】(全体攻撃)
(朝・昼) 防御力 A 【生命力・耐久【2450/2450】
(朝・昼) 魔力 B 【970/970】

『東條 希』(中級魔物)
(朝・昼)攻撃力A 【190】
(朝・昼)生命力・耐久性 S 【2650/2650】
(朝・昼) 魔力 A【2040/2040】

『園田 海未』(上級魔物)
(朝・昼) 攻撃力 S 【495】
(朝・昼) 生命力・防御力SSS【10500/10500】
(朝・昼) 魔力 SS 【2700/2700】


『西木野 真姫』(上級魔物)
(朝・昼)攻撃力C 【50】
(朝・昼)生命力・耐久性 S 【4900/4900】
(朝・昼) 魔力 SSS【5100/5100】
193 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!inaba_res]:2017/11/15(水) 01:40:12.87 ID:6/TbcSGm0
訂正
希のアイテムから醤油が抜けてました+知識値は『4140』













□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂☆
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□〇砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂



▽周辺5マス以内に1体、魔物娘の反応あり『U-9』




194 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!inaba_res]:2017/11/15(水) 01:41:40.18 ID:6/TbcSGm0
□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂☆
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂




絵里「!」


穂乃果「何か居たの?」




絵里「…ええ、居たわ」





@ 仲間達と話す

A 此処を出る(MAP上へ)

B 船内をもう少し見て回る(まだ時間消費は無い)

C お風呂(20分)

D 休む(時間消費 自由)

E 物色(10分消費)

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
195 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 凛のHPなんで2000にしてるんだよ…orz、1000ですね]:2017/11/15(水) 02:00:35.98 ID:6/TbcSGm0
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 01:56:00.25 ID:tldqmFiG0
@ 仲間達と話す
絵里
196 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 02:08:28.46 ID:6/TbcSGm0
▽@『仲間達と話す』>絵里


───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
         丶   \:.:.:. `           rリィ'...|      \ \ ノ
          \__ト--   -−     /个 、.|\}、    \ ヽ/
             |入        // .! }...|   `¨¨¨¨⌒ヾ〈
             | / `  .,    /  / ̄/ ハ、       ノ }
             | {   } `¨∧ / ////`¨¨¨¨¨⌒ヽイ
              乂    }  / 「ハ ィニ/ニ/ニニニニ/ニニニニニ'.
               /⌒}__j´ ̄`}/{=:/ニニニニ ′ニニニニニハ
             ___/⌒¨{/---、:./ 乂__ニニニニニ{ニニニニニニニi
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三


絵里(まずい…この圧倒的なまでの力量は…)ブルッ



▽喩えよう



▽それは上着の襟首を引っ張って背中に氷を突っ込まれた気分だ






▽自然と手は震えたし、膝も笑いそうだった






穂乃果「絵里ちゃん…」ギュッ

絵里「!」







穂乃果「"あの人"が居るの…?そうなの…」



絵里「それは…」



穂乃果「―――」






1 私は、あの人に会って色々聞いてみたい

2 無理しなくて良い、怖いモノは誰だって怖いんだ

3 いざとなったら私を盾にしていい、あの人なら…たぶん

4 逃げ切れると思う?

5 内容自由(知識値消費)

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
197 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 02:18:55.60 ID:6/TbcSGm0
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 02:16:41.70 ID:IZD6F0U40
3
198 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 02:26:36.45 ID:6/TbcSGm0


穂乃果「いざとなったら―――私を盾にしていいからね」



絵里「っ!」



穂乃果「あの人なら、多分…ううん、あの人が相手なら私が「やめなさい!!」








絵里「そんなことを…言うもんじゃないわよ」






絵里「万が一、億が一でも…私は―――私はッ!」









───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
―――
――

                                         __
                                      zfチ / /`ー-、
                                     イ {_// /. . . . \
                                     /} //⌒ヽ: : : : .  ヽ
              __  _            , -=  ̄´  ̄   `  、: : : .  ヽ
          ,   ^   /    `  、       イ       ⌒ヽ     \: : :
       ,         /     ̄ ヽ  \   //     .| :|    ヽ ヽ   \: :. ',
      /      /          \ ヽ//    / | λ    ヽ  ',   ヽ:  }
    〃      /      入ヽ     ヽ ヽ / /__  { { ヽ    ヽ  ,    ヽ }
     /         /    // ヽヽ     ヽ V  〃´  `  { { ヽ     ', l   l l |
    ,        ,    //   ヽヽ、     ::. | /  _   ', ,  ヽ⌒ ヽ :. :|   } | |
    l         l  l :/   -‐-\\ z==、:: | /ィfチ芒笊  ヽ   \   : }    } } |
    l      ヘ|'|ク:|__ | /     `ー==  | |` 込sリ    ヽ   ⌒\  ソ   ノ :ノ |
    l    l  フ||ヘ ̄ |    --、    ⌒ λ、{          z=ミ `:/  :/ :/ |
    l l   :l   :|  :l :|     ニ     x=ミ : |ヽ` '''      ,        ` /  / ノ } ヽ
    、}   :|  _:|  :l :|  /⌒`     ,, | || `            '''  ノ イ:/ノ,' '  / )
    }   :l  ( |  :l :|   ,,,      ,  | |ヘ    \         彡 イr 、:::,' ' / /\
    }    :l   ヽ|   :|           _   ノ: | }:\      ̄     /_ノ } V ,'::/ /}ヽ
     '   l l   :{     |       マ   ノ  /: ::| } /へ        イ ///:}    :/_ノ }:}
    ,   :l l ___{    l 、         〃: : :| :/r-->ー‐=ニ´| : : ://: : :}  ヽ  / ∧ノ
   ,'   //´   、   l  >  、 __/{  {: : | :// |: | :| :| :| :| :|/ {  / }从:|  ヽ し /
   /  //     、   :l \ /     、: l: : ヽ{: : : : : : : : : : : : : `{ / ノ ヽ:、_   /
  /  〃      、  :l  \      、 l : : ::{: : : : : : : : : : : : : : }/: : : : : :{: : : : : : `
―――
――

───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三






          絵里「二度と自分が『大切だと思う子』を失いたくない…!」




▽脳裏に一瞬"失ってしまった子"が浮かんだ


▽冗談でもあって堪るものか、絵里は穂乃果の手を掴み語気を強めた

199 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 02:41:50.73 ID:6/TbcSGm0




              /         ヾー‐ 、={_   ヽ
           __/    ---    \ \=}    !
           ´ ハ        \   \ ヽ   |
        /    { {\       ‘。       '.   l、
          /   ハ .|  `ー=ァ…‐- 、‘。   ∨ }   \
             /  丶、 /ぅr气ミュ,_ヾ }   }/}  l  丶     ,ノ
       |   | {―-- \  弋少/ リ  /i}/}  | {\ ヾ¨¨´
       |   | | ィ汽     :.:.:.:   /...イ⌒!ノ  |  、 \ \
       リ 乂゙入少          /⌒i | /|     \ \ '.
         丶   \:.:.:. `           rリィ'...|      \ \ ノ
          \__ト--   -−     /个 、.|\}、    \ ヽ/
             |入        // .! }...|   `¨¨¨¨⌒ヾ〈
             | / `  .,    /  / ̄/ ハ、       ノ }
             | {   } `¨∧ / ////`¨¨¨¨¨⌒ヽイ
              乂    }  / 「ハ ィニ/ニ/ニニニニ/ニニニニニ'.
               /⌒}__j´ ̄`}/{=:/ニニニニ ′ニニニニニハ
             ___/⌒¨{/---、:./ 乂__ニニニニニ{ニニニニニニニi
            // :.|| .:.:|==== ノ /___ニニニニ{ニニニニニニニ|
            __/、 :.||.:.||:.:/|==厂/‐──┘二ヾ{ニニニニニニニ|
           ノニニ{\__|lイ/¨¨/ニニニニ二二二二{ニニニニニニニ{
        /={ ニ{ /  / イニニニニニニニニニニ二{二二ニニニニニヽ
.         /ニニニ:,ニハ Y /ニニニニニニニニニニニニニニニ∨ニニニニニニニニ}
        {ニニニニヘニム l/ニニニニニニニニニニニニニニニニニ∨t{ニニニニニ}ニハ
        |ニニニニニヘニ}ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ∧{ニニニニニ}ニ∧


絵里「私の種族<ルーツ>の名に懸けたって良いわ、貴女の障害になる者は私が撃ち抜く…!」ガシッ ギュッ





▽その手を握り、真摯に眼を見つめ返す…




▽この人は本気だ








         |  У / /        |      ヽ    ヽ
         | /  |〃=V  /         ゙.     l
         | ,'   ! |     |  /ー‐ヘ =V−=V−
          /, |  | |:l     |  |    V     |      |
.         /  |  | |ヽ    | ,'     l     |: |:   |
       / '|  l| |─、   ハ/__   |      |:.:.ハ   |
        /// | ! :. |斗zミ、  | | ァ─ ̄ ̄l|    ハ| |   |
     //|イ | :. ヽ‘ 代ト、|   7アラzx/リ ,!  /'⌒リ  l !
     l.|. |l |リ ,| :ヾ、 `^ \   乂zクヌ /l  / }ニ7!  ||
     |l  |lノイ | ヽ\         /// / (/イ| l  | |
      | l| ヽ.!\ :.:、\`      /´// ,r:チ|:|:! |  l l
     |  ヽ  ヽ} `>>、  、 _   / ´.イ |l::::::: |:| |:  l ヽ
          \  / /:::::::>、     _ ..< /|\: |ハ.!.:. lヾ.
            /,イ{:::::/:/ |` ̄\ r<  !  ヽ、リ:.:. ! l| 
            {/_リ-ァ´ r‐亠、/、_V_ヽ___|__  ヽ>、ノ /'   ヽ
         _....-≦  <  l  ||__>-rr< ||  //7  ヽ  >、_ 
          /}      \ } >'"、/リヽ \ヽ{//\/     >-、
       / l       / /ヽ//Y |l=|ヽ Xヽ、 \       / ヽ
        /  l       〈 \/ _У/ | レ X /   /      /    ハ

穂乃果「うん…」





▽恐らく、この絵里には言っても退かないだろう

▽…希と真姫と穂乃果の三人で未来を占った事がある…その結果…大事なモノを失うという内容だった


▽穂乃果は…何も言えなかった…
200 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 02:44:55.37 ID:6/TbcSGm0


▽絵里との絆が上がった…




▽10分経過『7時10分』



















▼白妙の魔物が近くに複数の魔物娘の気配を察知した





      重要判定

 直下レスが 01〜16 あるいはぞろ目で―――


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
201 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 02:57:27.89 ID:6/TbcSGm0
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 02:55:23.65 ID:tldqmFiG0
えい
202 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 03:01:28.32 ID:6/TbcSGm0
▽『65』



▼白妙の魔物は無視して西へ5マス進んだ…!



絵里(…範囲外から消えた?)


絵里(分からない、私達に用はないというの…)ギュッ




▽未だに穂乃果の手を握ったままの絵里は冷汗を浮かべていた、正面から戦えば間違いなくタダじゃ済まない相手

▽…闘いを避けられるというのならば喜ぶべきだが…




@ 仲間達と話す

A 此処を出る(MAP上へ)

B 船内をもう少し見て回る(まだ時間消費は無い)

C お風呂(20分)

D 休む(時間消費 自由)

E 物色(10分消費)

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
203 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 03:25:05.16 ID:6/TbcSGm0
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 03:21:45.74 ID:tldqmFiG0
A 此処を出る(MAP上へ)
204 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 03:34:24.16 ID:6/TbcSGm0

□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂☆
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□■
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■□■□■□
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J□
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□■
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


▽『…!朧気な砂漠!』


:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :



凛「凛に任せてほしいにゃ!」スタッ!


▽ハッチを開けてすぐそこは―――砂風の世界だった、だがそんなものは初めから存在しないとでもいうかのように凛は先頭を歩く

凛「こっちこっち!」トテトテ!


△地形補正『砂漠S』の魔物が居る、朧気でも方向に迷うことなく進む(MAPが開示されないだけで済む)



・『アイテム』
・『場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『砂堀(遺物発掘)』砂漠適正Aが居る Sが居る為選択可能

・『移動』

1マス先
▽南は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽北は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽西は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
■東は視えない壁に阻まれて通れない

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
205 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 03:54:55.71 ID:6/TbcSGm0
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 03:50:17.93 ID:tldqmFiG0
・『砂堀(遺物発掘)』砂漠適正Aが居る Sが居る為選択可能
にこりんで
206 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 別にキャラ指定する必要はないのですが…]:2017/11/15(水) 04:12:52.46 ID:6/TbcSGm0
▽『砂堀』を選択




  判定!


01〜60 スカ!(魚の骨)

61〜80 知識値50

81〜99 ギミック・アーツ










            ☆砂漠適正『S』が居る! step up!



                 __ _
              . .‐ : ´: : : : : :`: : . 、
           ,. :´: ; : : : : : : : ヽ: : : : : : :\
          /: : : '{ : : : : : ,: : : : :ヽ: : : : : : :.ヽ             _
          /: : : : : ,| : : ; : : |'、: : : : : ' : : : : : : : :'.,            ,' !
      , ': : : : : ; :/ |: : :i : :,:| \: : : : :', : : : :', : : ',            i  l
.      /:, : : : : : i/  ',: : l.: :|| , ' ` 、: : : ',: : : : i : : :',         i  i
     /;/: : : : : : | , - .',: :|'; |l   x==ミ、',: : : :|.: : : i            l  l
    /'/ : : : : : : |'   ヽ:i.'|   〃 )゚ 心 i: : : |‐、 : }     i"ヽ   ,'  {_
     l i : ,'i : : i : :i  .z=ミヽ'    弋_ .ッ' !: : ,'ニ. i:/-─--',  ',ー/  、 ヽ、_
     `|:/! !: : :|,: :.', 〃. )゚小        . . |: /, 〉' ./ / i  ',_/  _}  /  ) 、
      {  '; : : !ヽ: :',弋_ ツ  '        ,'/,ニ"  ./ ./    |  ヽ  '、_ / , '  }
     ヽ ヽ: :|,: ヽ: \. .  ,  ´  `i  .ノ / l       ,',   ヽ  `‐、.. f´
.      ` ヽ:.',: : :i.ヾ `   ヽ.   ノ   /|  l    i    {. ',        ,.'
.        r‐ヾ、ヽ: ; : ヽ、       ,. ' / {   l    ヽ   ', ',ヽ、 __ _,. 'ー 、
         ヽ、 ` ヽヾ\ヽ` ー, - <  /  ',  |,..-,   '  ', __\ニニ" ノヽ    ` 、
          ` 、 `  /`ゝ'、_ ', ヽ',|.i`'ン´==ニi      ヽ、 ̄ ,/ヽ、 .>     \
             ` 、/ ´/ ,}‐、',.|ヽ_'.|/=ニニニ/        `´    ヽ         ヽ
               ',     '  /、==ニハ==ニニニ',              ヽ   , ´ ̄ヽ',
          _ .. - ´ ',     | ` =ネ=ニニニニ}\   O       O  , ´     ヽ
       ,   ´       ヽ,     !、   ` 、ニニニ}  ` 、        ,  ´         , 、
     , ´ /   ,. ´  「`ー- 、.i'==`: .、   ` 、'     ` ー‐― i´ }"`ヤー-- .、 ._  /  ` ‐ へ.
    / /  ./´ー二二 |  \ l` .、ニ}`: 、    ` .、        |  ',  ',ー―-=ニ二_ , ´   ヽ
   , '  "   , -ー ´ ̄`ヽ、|    ヽ ー´ 〉‐V´ ` 、    `  、     !  |  }`ニ二_    ー‐-  _ ヽ:ー,
  ,'    , ´        | ヽ      /.\     ` 、    ` 、     | /` 、   ̄ニ=.__    /. \' {
  ,'   , ´ ̄` ー 、      /  ヽ    /  /\       ` 、     ` 、 ,' /、   ` 、     ==:/  ミ.:ヽ{、
 ,'  /       \  / :   ヽ  /  /   `  、      ` 、    ` ' 、 、     `ヽ      |  ミ.:.:.:.:\
. ' /          ` i   ;    ヽ,_,/        \ ー    j 、     ` 、     _ヽ,  ー f K"',.:.:.:.:.:.:/
,'/             \ ;      }            ヽ     ヾ. `l 、     ` 、ーニ二 ̄  ノ ミ  ',:.:.:./
                \      |        , ー‐-´ " ー‐ ": ̄  、` 、     ` 、:ニ二/:"´   ',:./
                  ` 、 _ ノ       , '  ーニソ ヾ   ',    ヽ ` 、     `  !:f      ',
                           r " 二 ノ   / \ ',     ヽ   ヽ` 、       ` 、.   ',
                           } ニ "     ,'     ! ー  __ ',_  ヽ ` 、    ,. :"`: . 、 ',
                              }    ー.´ /  :   }   :   ',    ヽ /` 、 { : : : : : : :.` 、
                             | , i二´ , ´   ,'   /   :    } - , _ `i      `` 、: : : : : : : : :.`:.ー-


 凛「いっくにゃー!!」



01〜16 偶数(サンゴ礁) 奇数(貝殻)

17〜32 ポテチ『魔道味』

34〜65 輸血パック

67〜98 荷物枠+1

ぞろ目 偶数 ギミック・アーツ『欠けたロンギヌスの穂先』

ぞろ目 奇数 ギミック・アーツ『荒野の輝石』


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
207 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 魚の骨は合成、鍛冶屋LVup素材]:2017/11/15(水) 04:37:18.01 ID:6/TbcSGm0
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 04:29:13.20 ID:tldqmFiG0
はい
そういやスカというか魚の骨はアイテム欄に入らないほどのゴミなのね
208 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 04:50:36.79 ID:6/TbcSGm0
結果『20』





ズババババババババッ!



穂乃果「ほ、ほわぁぁ〜…」





▽なんともマヌケな声だったが、目をまんまるにして見つめる穂乃果の気持ちもわからなくもない



▽凛が砂を掘り起こす、それは良いが、あの速さはなんだ!?彼女は掘削機械か何かか!


▽砂の大陸にみるみる大穴が開いていく、その中心は10代半ばの少女…実にシュールだ






バババババ―ガツンッ!


                  ,. -.‐ー.-.‐ーー-.、,
              , . :'". : : : : : : : : : ゙:': : : : .`: 、
              /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
         , " : : : : : : : : : : : : . . : : /: : : : : : i : : : : . : .゙、
.         /. : . . : : ,': : : : : : : : : : ; イ: : . : : : : |ヽ: : . . : : .゙、
        ,' : : : : : : ,': : : . : :,: . : / ,' ; : : : : : i j ゙、: : : : : : :',
       ,'. : : : : : : i : : : : : ': : :/  f ハ: : : ; : i:,'  ',: : : : : i :j
       i ; : : : : : :j : : : : :,' : / _, -リー|: : :j.:/リ '" ̄リ: : : :j : !
       !ハ : : : : : i : : : : :i :/      l: ://   ,,x=ミ、!: : :ハ:|
        リ ',: : : : : :',: : : i: l;'  ,,ィ'テ气ミレ'    " _)゚ハj : :/ リ
.          ',: : : : : :゙,: : :l',:l 〃 _)゚小     弋ツソ: ;/   '
       ,. --ヽ: : : : f ',: :| リ ヽ弋_:ツ       、、/;イ
      /     `゙、:',l゙弋'、|     、、        '   ",'
.     ,'       ';l゙ ゙、jヾ; 、      , - ー ,    /
     i        ',  i ',\.\    i    .ノ  /゙、
.    |        ', l ', \ ` 、   `` ´,. " ,'  !
.    l         i |. ',__ `' 、 ノ`'rー‐ ´  .,'   }
.    !         j ! j ニ\   |ハ l {    ,'   |
    j         ! l  f ニニニヽj_, -'ニフ  /   |
    |       .:. | ヽ{ニニニニ f j ニニj  /    l
    |        .:. | j/ニニニニjニハ ニj  .,' .    }

凛「にゃ?なんか当たった!」ザック!ザック!





凛「!―――サンゴだよ!」



▽その手には…サンゴ礁が握られていた



穂乃果「…サンゴ礁…そうだよね」


▽昔は海だった砂漠の底から証拠を一つ、これを―――



209 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 04:52:09.28 ID:6/TbcSGm0

穂乃果
・【デュラハンの劔】
・【白雪の日記 Last】 ・【運命ダイス】
・【    】
・【    】
・【転移の魔石】 ・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>

花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】 ・【折り鶴】
・【防寒着】 ・【缶詰セット(やきとり)】


・【淫誘の香水】 ・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】 ・【必中の紋章】
・【風魔手裏剣】×1 ・ 【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【フレイル】
・【山彦の帽子】 ・【バシリスクの牙】
・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】 ・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】 ・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【裁縫セット】 ・【裁縫セット】
・【カレー粉】


・【醤油】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【キャンバス】
・【魔力回復剤(MAX)】
・【    】
・【    】


真姫
・【水の魔石】 ・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】 ・【まきびし】
・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】
・【  】 ×3


▽『サンゴ礁』を誰かに持たせますか?捨てますか?

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
210 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 05:06:42.42 ID:6/TbcSGm0
訂正

サンゴではなくポテチでしたね…


▽『ポテチ魔道味』を誰かに持たせますか?捨てますか?

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
211 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga 一旦此処まで]:2017/11/15(水) 05:16:25.51 ID:6/TbcSGm0
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 05:13:38.63 ID:tldqmFiG0
希に
212 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 05:17:45.03 ID:6/TbcSGm0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



    一旦此処まで、続きは昼13時00分頃に再開予定

   ※不可だった場合は随時連絡します


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
213 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 13:02:25.82 ID:6/TbcSGm0
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
↑安価&コンマ専用スレ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログボは既に受け取りました]


          それでは昼の部再開です




    }三三^三三ニ二三三二ニニ二二ニ==ニニ{
     | |〈〉|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     |└┘-ァ-‐_/77o-‐'フ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:|
     | └ァ.く-‐/ノ`ヽフ''".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     ヽ,ノヽイT_.:.:.:__.:_.:.:.:__i^i__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      |.::└i┌ァノ ノ ハ.V|└ハ i┘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
      |.:.:.:.:|_|.:.:≦イ.:レ´.:ノノ|」ーァO_.:_.:.:〈
      }.:.:.:.:∠__ ノ______.:.:__フ /.:.:`ァ/.:.:.:.|
     ‖.:.:.:`フ ./--'´└y'7__/.:.:.ノ人ゝ___.:{
     i.:..::.:.:.:i__ノ.:.:.:.:.:.:└''´.:.:.:.:.:.:.:.:|    | |
    ‖/´ ̄`ヽ/´ ̄`ヽ.:.:.:.:.| ̄ ̄|____| |
    ノ ゞ●ω●ノヽ>ω<ノ.:.:.:.:|    |.:.:.:.:.:ハ
    }三二二ニ二二三三三三二二ニ二二三{



【ポテチ〜魔導味〜】
   食べると空腹値が30%回復する!
   一口だけで大分満腹感が出る不思議物質

   最大魔力値が10上がる


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>2780

『知識値』>4140

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
214 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 13:15:20.48 ID:6/TbcSGm0

ザック!ザック!・・・ガツンッ!




▽金属の塊に爪を突き刺したような音、それは…




凛「見つけた!」





            ダイヤル式金庫サイズのコンテナ『』ゴトッ…





穂乃果「これが冷凍コンテナ?」


凛「うん、一番小さいタイプだけどね」カリカリ…カチャカチャ



▽器用に爪の先端を隙間に通して、てこの原理で外していく人間の筋力なら到底不可能だが彼女等ならではこそである





ベキャッ!メシィ!!





              ▽ポテチを発掘した!








穂乃果「…おぉ、お菓子を発掘するってなんていうか凄いね」


▽お菓子を地面から発掘、そんなものは幼稚園児の夢物語のような世界観だ

▽ピーターパンだとか、宇宙海賊だとか、海賊王に俺はなる!だとか…そんな夢を見る子供の絵空事をそのまんま現実にしたような形






『7時20分』

▽白妙の魔物が西へ5マス移動

・『アイテム』
・『場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『砂堀(遺物発掘)』砂漠適正Aが居る Sが居る為選択可能
・『捨てられ船に入る』
・『移動』

1マス先
▽南は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽北は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽西は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
■東は視えない壁に阻まれて通れない

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
215 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 15:24:37.29 ID:6/TbcSGm0
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 15:16:02.96 ID:7LBCEcwo0
南へ
216 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 15:36:47.15 ID:6/TbcSGm0
▽南へ移動! ? ?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


▽『…!不明瞭な砂漠』時間を10分消費『7時30分』



ことり「きゃぅ…!?」



▽凛のベースから南下し、採掘の範囲を広めた…進行は上々何ら問題も無いかに思えた

▽しかし突然の、本当に突然の砂嵐に歩みを阻まれる




ことり「うぅっ…砂が口の中にぃ‥」うへぇ…

凛「この辺り流砂もあるから気を付けて?」


穂乃果「流砂って蟻地獄みたいな奴だよね」

凛「そうそう…気づかない内に踏んでたなんてことが稀にあるからね…凛も小さい頃は危ない時があったよ」


▽白妙の魔物が西へ5マス移動

・『アイテム』
・『場に留まり休む』
・『MAP<アーツ>』
・『砂堀(遺物発掘)』砂漠適正Aが居る Sが居る為選択可能
・『捨てられ船に入る』
・『移動』

1マス先
▽南は砂の所為で見えない
▽北は砂の所為で見えない
▽西は砂の所為で見えない
■東は視えない壁に阻まれて通れない


(移動時 01〜60で流砂に脚を取られ10分消費)→凛が居る(01〜10で足止め)
直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
217 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 20:11:49.04 ID:6/TbcSGm0
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 19:14:49.22 ID:bbMiFgh20
南へ
218 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/15(水) 20:13:23.87 ID:6/TbcSGm0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


  此処まで、次回は金曜日 11月17日 夜21時00分


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
219 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/17(金) 21:15:24.38 ID:2aFt1rhw0
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
↑安価&コンマ専用スレ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[再現コラム]+300



  私たちの一切の不幸は、私達が独りでおれないところから生ずる。



 <ジャン・ド・ラ・ブリュイエール
   フランス作家・モラリスト 『カラクテール』著者 1645〜1696>

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>2780

『知識値』>4140+300

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
220 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/17(金) 21:34:07.66 ID:2aFt1rhw0
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三

 (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \    (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,,.(     )、,,(
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (          ゝ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /          />  />
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....:::::::::::::::::::::
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+::::::::....... ...::::::::. ......::::::.....:.:
《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  |  /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::..... .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...:: ......*.....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
〜;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     | .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
    /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚〜〜~゚^ |__/〜〜・。,,,,:〜"~~。〜・" ゚''〜。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
 /w;w;w,'                                 ~^^゚〜・,,。,, 。....゚......。..。....
/;;;i;;i;i;i;i;i
;w;w;w;ii
;;i;;i;i;i;i;i
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三



▽オアシス、それは砂漠にポツリと点在する生命の源、尊い……楽園



▽砂と風に脚を取られながらも凛の先導に従い南下した旅団がたどり着いたのが蒼と緑に恵まれた園であった






                ,‐ 、 , -→ 、.         ,  -――-- 、
               __ ∠, 、 ,ヽ_ .__ ヽ,  .,..::"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
        , . :´         .`'ヽ、. /  i. ,:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:l :.:.:.:`、
        /               .ヽ   | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:。0.:.:.:.:./.:.:゜_.∧.:.:.:.:.:.、
     /. ,  .〆               ', . |. .:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:,'>.:/.:.:.,'l:/``t.:、.:.:.:.l
      /  /. ,:" `、.V   \.ヽ  u . l . l...|. .:.:.:.:.:.:.|.:.:イ.:,,:''.;.‐" .ソ   ヘl.:.:.:.|__
     ∧. ,':/ ,. - \ヽ、_ ´`ヾV   l .l...|..:.:.:.:.:.:.:.|.:ノ‐"‐´      __.|.:.:,'  ヽ
    l  ,'/ '     ``ー`` ーl   .,l イ | .:.:.:.V.:.:.:l u  .z≠      ̄´.}:/l
.     l  l                 l  ./ '.ノ |...:.:.:.;ゝ、.:.'., . ", , ,    _' ' ' "ノ:.|
     i l、 . ‐十''     ‐十‐ l /´i.' l゙..l.:.:.:ヽ,|.`‐、=ゝ u  .,'´ .ソ,..:'.|.:.:i  つ
     ヽ、',////      ////ム', '  .,' .l、.:l.:.:.:Vl、.{‐--≧、_ t‐".:.:.ノ-、 、ヽ.
      `、‐ u    ∩    ,.≠ 个./V.   `>-、_:_.:ソ,:,=;'て`大´〉ヽ,-'、  `´
    ー>'´ヽ‐= ..... =, ≦、`.、  ,'ヽ     ゝ"ゝ_ノ-}/ -、l.ヽ、.|':,ノ 丶.:.:ヽ
   ミ"、´,,... -‐ `'' _´,. '´  _, V.ゝ'- ..... ,,,,, __,'.:.:.:.:.:.:.: |,'ー-.l   i  |"、.:.`,
  ``丶'     そ_,,.. ''"            ̄` ゛ ¨.  ̄ ゛゛ '''''' ー− --  .....


希「う〜ん…やっぱウチ等に【砂漠】はキツイなぁ…」ペタンッ

絵里「そ、そうね…あっ、木の陰涼しい…」


.          /⌒in:::::::::::::::::::::::::::``丶>、__:::`、
        //i〈/:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::〈i:i:〉::::\
         /::〉i/:::::::::::|:::::::::: |、::::、::::`、:::V\::::::::`、
.       /::::::7::::::|::|/| ::::::::|\::\:::: :::::|i_-,|::::::::|::.
      /::::::::′::::|::|八 ::::::: |. /\:}::i__::|-,《|::::::::| :|
      .′::::: :::::::::|::トミメ、:: |   _]i::i┐|,《/|::::::::|八
      {::::::::::|::::::::::rf斧_\| reニ]hノ:ノi/|ノ}/
     '.:{\|:::::::::」[迯-ク   ヘ (\」〔i(]^|三|.′
..     \:八::::::込、〃  く _,ノr个x,,_ア 乂_,ノ
.        \.\:::::([匚「 ̄]e:i:厂
             匸{_,_,ア    ̄ ̄

     にこ「だっらしないわねぇ〜♪この程度余裕余裕!」



希「そらそうやろ…にこっちはこの程度なんともあらへんやろー」ブーブー!

絵里「寒い所に行ったら貴女鼻水垂らすじゃないのー」ブーブー!


221 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/17(金) 21:44:23.11 ID:2aFt1rhw0
―――
――




───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三

          ri_r‐r=x   _ _,,..  _
        r‐ヘ V- _.}´    `ヽ   `゙  、
        k_  ン゙ マ' /      丶    ヽ_「`!ヽェ、_
         ゙'ーイー-'' ,.{    ト、   ヽ.    八_| l l ,ヽ
       r i .‖ l / |i   l | y__   ',   ハ ーミ^ーヒ  l
     r「ヽi l .l    ,' _」Li  | i'´ \  il   ,ハ  ` r'  |
    rf' い }:〉 ヾ.   i'´ l八  レ' ,.ィ==ミx、i|  il 个i、_    i
    t.レ'   /   y  | ,.rテミ \l   { トッj.)〉i   i| l | `   |
     ヽ i   ,}i   i〈弋_ツ      `¨´  .'   ム .リ  .}    |
       }_   从  ヽ ,,.。  '     ゚゙` / ィ ノ }ノ/   l   |
       ,    /ヘ ヽ  \   f´ ̄ `l   ム ィil:/   l    l
     ,   /   ` .ヾベ`  、   ノ   /~L彡'    |     !
    ,     /      `゙ミト ._    ,.ィ'i|「/     l    .|
   ,.    /    ,.--、     _]i゙¨  ,、__」__,,.'´ ̄`ヽ i'     .!
  ,    / _,.ィ ´   `>ョ-{ミf_j彡'- ' /ハ       l      l
     /-'´     i /if </^ ^ヾ> /  il      {        |
      /      /  .il     /   .i|     |        !
         _,.ャ/    il    /      il rx.  八.      '
  _ェ=-‐  ´  ‖  ヽ _il   //       ヘ  il\       /
          {i     k__,,//       `゙リ  `゙ 、 _ _ '
          |l   _ィ<i^i>‐、_        i'
          l}ッセ'´      `ヾミ、    /
             !              `゙ー--{
             |   /               i'
           l                   l
          l              ,'
              l                 {
           l              ヽ
            }              `ヽ
           /                 \
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三


 凛「ここ涼しいからお気に入りなんだよ!」


穂乃果「おお!砂漠(?)でオアシスに来るなんて初めてだよ!!」



▽まだ高校生だというのにこうして実物のオアシスをお目に掛かれるとは…何があるか分からないものである


穂乃果「水って飲めるの!?」ハッ!


▽…失念していたが此処は昔は海だった、そこら中から【岩塩】がドロップできたりする辺り大昔の潮の塊があるのだろう

▽このオアシスの湧き水は飲んだらしょっぱいのではないか?


                _____
           , . : '": : : : : : : : : :``: .、
         /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.        , ' : : : : : ; : : : : ゙、: : :、: : : : : : : : :ヽ
        /. : : : : : :i.: : : : : : :',、 : ヽ: : : : : : : ',: ゙、
.       / : : : : : : ;'!: : : : : : ', ', `' 、:ヽ: : : : : :i : :゙,
.       ,' : : : : : : / i |',: : : : : l',:l--‐ \: : : : : !: : :',
      l. : : : : : :,'  ';| ',: : : i: | リ x==ミ゙、: : : .l: : : :i
      |: : : : : ;.| ‐'" ゙、ヽ: : |リ "' _)゚:心゙; : : j、: : : !
.       !: : : : : '|  ,x=ミヽ:|   弋ツ.ノ l: : ,' ゙,: : :|
.      l ; : : : :.゙, 〃 _)゚小 リ     、 、 /: :/h /: :.j
      ',:゙、: : : : ゙,込ツン   ,     //_,ノ: : /'
       '; :\: : : :\ 、 、    , 、   " ,': : ://- 、,
       '; : : `: :、:ー-`-    !, )     ./:./:/'    `ヽ,
        >ヽ\:',ヽ:ヾ、        /ー、メ       ヽ
       /   ` `ヾ `'〈``' t‐ -- '"  |  ',j       ゙、
.      {        ', /,ノ      ゙、/        }
       i          !/、,_      _ ,'         ,.ノ
       〉        ノ、   `  ' "´/゙、          メ,
.      ,' ゝ、_   , - '"jヽ、`' ー -- '",. '/ \,  _, /  ',
.      ,'  f    ̄   l   `',o、ー '" /     ̄  )   |
     i  l      j    /  ヽ  ,'       /.  ,  |
      |.   l        !   ,'    ', .,'       , ' ! /  .!


 凛「??? そりゃお水だから飲めるにゃ」
222 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!美鳥_res]:2017/11/17(金) 21:58:08.39 ID:2aFt1rhw0

海未「凛、おそらく―――」ゴニョゴニョ


凛「…!あぁ〜そういうことかぁ、大丈夫!普通の水にゃ!」


穂乃果「それなら…!」





▽少し空いた水筒につぎ足すのも悪くない、既に木陰で寝っ転がってる3年生組が居るオアシスへと彼女達は歩きます





▽南へ移動…!




▽『22』ぞろ目!


『…!穏やかな憩いの砂漠』



判定

@アイテム入手  『白妙の記憶』



A手持ちの<アルカナ・アーツ> ワンランク LV UP


Bメンバー全員の生命、魔力全回復+、空腹も満たされる 希望値&知識値1000+


C『白妙の魔物』のステ値をひとつだけ 開示


D最上級拠点発見


E MAPの開示 選んだ地点から □型に9マス


F『一つだけ何処でも転移陣作成』


お選びください…!(ただしコンマ00が出ると)



直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
223 : ◆zJZqNVVhtuCN [sage]:2017/11/17(金) 23:04:50.41 ID:2aFt1rhw0
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 22:57:05.01 ID:OvaZKtgf0
A手持ちの<アルカナ・アーツ> ワンランク LV UP

聖杯

でお願いします
224 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!蒼_res]:2017/11/17(金) 23:11:58.92 ID:2aFt1rhw0


キラッ…!



穂乃果「!聖杯がオアシスの水を吸って―――」



         _ .. _
      .,._"´ 、‐ - ~"_ .
    / '´_..-`-'〇‐=._ 、 ヽヽ
   /,.' ´    ´ ̄` `. .`、`、
  .,'.,'                    i ',
  .i.i ゝ _                ノi i   _
(、 l.l -_= = ̄="‐"=_ニ ニ  ,l レ'"´ ,ァ- ̄`ゝ
とヽ、_          ~" > ´   /
.ヽヽ、*)- ..,_       ィ'    ,.'
  .トvヘヽ ̄      ∠l ト   /
  ´ヽニヽ 、_ .,_⊂⊃_,..ノ.l ``、、 {
     .ニ ヾ `"テ'' " i/.イl   >ヽ
     '.ニ、 ヾ ノ  ./  ',i /
      .`.ニ、i´ `'/ _,.`、
       `ニY  ヽ_´.\ `
       ,r-.>.ー i  .、ヽ \
    _,∠ュァ,ヘ`ー'(  ) ノ  ヽ
   ,ィ'ァ   )  r‐ > .〉ヾヽ  .i
  ./.i' .,r''" ̄" '' ‐- `',,_ ノ   ,'
  i , / ,.イ´`ノ"i ‐ 、      ノ
ノ ノ i././  i     i ~"'' T" i、',
Y .{  ii .i   ノ    ヽ ヽi  ` } }
 ` ー " `ー-.L _ ,,ィヘ、_」 L.ノ.ノ‐'






▽聖杯が、かつて海だった土地に長い年月が経った今も残る水を吸っていく…!





『総合蓄積pt4210 現在3010pt』


      ↓



『総合蓄積pt5210 現在4010pt』











               ☆☆『聖杯:♡』がついに完成した☆☆



225 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!蒼_res]:2017/11/17(金) 23:22:22.77 ID:2aFt1rhw0



https://www.youtube.com/watch?v=w0BPa3iLwk4
『BGM:マリオRPG スターピースGET曲』




三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
         }/: / : : : : /: : /:/ /: : : : : : : : | : : : : : :‘,
         /: :/ : : : : / :  {: / :′: : : : : : : :|ミ : }: : : :‘,
.       /: :/ : : : : / :/-‐{/" {: : : : : ∧: : |  V: : : : : }
      /: : ′ : : : { 从x==ミ ∨: : :/  V |   }: : : : :/
.     /: : :|i: : : : : :| 〃__)ハ ヽ ∨ /  `}メ  /: : : : /
    /: : : :|i: : : : : :|{i 込zツ    V x==ミ  ∨: : : : :{   「…"解る"、解るよ…これで完成なんだって」
    :' /i : :从 : : : : :. " "       __)ハ }  /: : : : :从
    {/ {: : : : :\ : : : \u      込ツ,ノ/}: :|: : : :} \
     x===≦ニヽ: /⌒   __ '  " " ゚゚゚ /´|:N: : : ノ
   /ニニニニニ\ }∧丶          イ:|ニ|リ },x ァ
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────






蒼の世界…<戦闘時>

敵全体の時間を2ターン止める

再び時が動き出すと同時に敵全体に【鈍足】【必中】が掛かり味方全員に『風の脚』『見切り』『防御壁』を付加される



時間の流れを何処までも極限へ…加速、遅延させる











―――
――




226 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga!蒼_res]:2017/11/17(金) 23:38:11.28 ID:2aFt1rhw0
▽『7時30分』『穏やかな憩いの砂漠』!


□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森13□■19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森□■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街■街↓原12原■□■砂砂砂砂☆
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


▽ぞろ目地形!『縦横4マス開示』『魔物or眷属反応"アリ" 【T-9】に1体反応』

▽時間消費無しで1〜2マス進める



穂乃果「聖杯はこれ以上強くならない、解るんだ!」


▽手にしたそれを眺め、確証はなくとも絶対的な自信を持って言えた




絵里「<アルカナ・アーツ>を見てそう思うなら、貴女の感覚を信じた方が良いわ」スタスタ


絵里「剣にせよ金貨にせよ、使い手の意志や思想に反映される事が多い、なら貴女のその感性があっているとみて良いわね」



▽いつの間にか陽射しバテから回復した絵里がそう告げる


穂乃果「穂乃果の感性……分かった!」


<ちょっとーなにしてるのー!はやくあそぼーよー!



絵里「っと、呼ばれてるわね!行きましょう」


・『仲間と話す』

・『採掘』
・『収穫』
・『沐浴』(希望値+300 & ――?)

・『木陰で休む』

・『水底を見る』



・『移動』


1マス先
▽南は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽北は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽西は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
■東は視えない壁に阻まれて通れない

2マス先
▽南は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽北は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽西は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
■東は視えない壁に阻まれて通れない

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
227 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga YES]:2017/11/18(土) 00:01:03.25 ID:XDYI7qHL0
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 23:56:19.14 ID:OvaZKtgf0
『収穫』

状況確認的なの以外は時間を消費するとみてよさそうだけど 気になるコマンドがちらほら
228 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 00:21:54.03 ID:XDYI7qHL0
▽『収穫』を選択




凛「あまーいフルーツがなってるの見える?」


穂乃果「あっ!あるね!…砂漠って果物とかできないイメージだったけど」












真姫「そんなことはないわ、トマトは元は南米の高原…乾燥した地域が原産なのよ」ヒョコ







穂乃果「!?」バッ!



ササッ



穂乃果「今、真姫ちゃんが…」キョロキョロ



凛「なにしてるの!早く収穫するにゃ!」

穂乃果「う、うん…気のせいかな」ハテ





判定

01〜16 メロン

17〜32 卵

34〜56 葡萄

57〜76 檸檬

78〜98 オレンジ

ぞろ目 サボテンの実




直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
229 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 00:43:45.96 ID:XDYI7qHL0
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:39:13.11 ID:Yu16MNxy0
はい
230 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga ドラフルのAAなかった…]:2017/11/18(土) 00:57:24.99 ID:XDYI7qHL0
▽結果『11』

                       ,.........,,,_
                   ,  '"  ,  "  `"´ ̄ ̄ ̄ >、
                , "   , '"                 ム
              /  ,  "                   j
             , '   /                    _У
             , "  /                 ,  '"´  `ヽ
         /  /                ,  '"´        }
         / /              ,  '"´           /
          ,′          ,  '"                   , ′
          l/        ,  '゚                  /
          |     ,  '゚                   , ´
          |  ,  '゚                 ,。<
          ` <               ,。<
             `−-=ニニニニ=-− ' ゚´


                    ―――コロン

穂乃果「? なにこれ」スッ


穂乃果「凛ちゃーん!なんか変なのみつけたー!」オーイ!

凛「ん〜、どれど―――!!珍しいね!ドラゴンフルーツだよ!」


 〜 コラム 〜

ドラゴンフルーツとは、メキシコ原産、サボテン科の果物で感触としてはキウイに似た味わい
ビタミンから鉄分まで豊富で…『【染料】や【口紅】に使われる天然色素としても使える』、服に着くと洗濯が大変だ


『ドラゴンフルーツ』 空腹値5%回復
健康食品、体調不良時に食べれば治りが少し早いかもしれない

"加工すれば何かに使える"


穂乃果
・【デュラハンの劔】 ・【白雪の日記 Last】 ・【運命ダイス】 ・【    】 ×2
・【転移の魔石】 ・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>

花陽
・【避妊薬<ピル>】 ・【白妙の記憶C〜F】 ・【折り鶴】
・【防寒着】 ・【缶詰セット(やきとり)】


・【淫誘の香水】 ・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】 ・【必中の紋章】 ・【風魔手裏剣】×1 ・ 【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【フレイル】
・【山彦の帽子】 ・【バシリスクの牙】 ・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】 ・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】 ・【輸血パック】 ・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】 ・【魔力回復剤(MAX) 】 ・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】 ・【裁縫セット】 ・【裁縫セット】 ・【カレー粉】


・【醤油】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】 ・【キャンバス】
・【魔力回復剤(MAX)】 ・【ポテチ〜魔導味〜】
・【    】


真姫
・【水の魔石】 ・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】 ・【まきびし】 ・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】 ・【  】 ×3

▽誰に持たせますか? 直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
231 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 01:10:00.13 ID:XDYI7qHL0
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 01:03:54.76 ID:0Db1/KAI0
絵の具にできそう
希に持たせる
232 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 01:17:05.84 ID:XDYI7qHL0
▽希に持たせます



ほのりん「「あま〜いフルーツダンス♪」」


希「やぁやぁ!ご機嫌やね!なんか面白いモンあったん?」スタスタ


凛「あったにゃ!」つ【ドラゴンフルーツ】

穂乃果「この辺りで獲れそうなだけサボテンの実をとっておいたんだ〜♪」つ【籠に入った数個のドラゴンフルーツ】


希「ほぅ〜!本で見た事あるなぁ!乾燥した地域の人が白い布に果汁で絵を描いたりするやつ」



穂乃果「絵?これ絵の具の代わりになる?」

希「加工すれば良い感じなるんよ」


穂乃果「なら!これ希ちゃんにあげる!」



希「ええの?じゃあ!お言葉に甘えて――」




『7時40分』

・『仲間と話す』

・『採掘』
×『収穫』
・『沐浴』(希望値+300 & ――?)

・『木陰で休む』

・『水底を見る』



・『移動』


1マス先
▽南は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽北は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽西は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
■東は視えない壁に阻まれて通れない

2マス先
▽南は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽北は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
▽西は砂漠が広がっている…蜃気楼のように揺れる世界が広がる
■東は視えない壁に阻まれて通れない

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
233 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 01:31:53.66 ID:XDYI7qHL0
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 01:29:25.31 ID:Yu16MNxy0
『採掘』
234 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 01:48:12.67 ID:XDYI7qHL0
▽『採掘』

[BGM:ここ掘れチョコボいたスト仕様]
https://www.youtube.com/watch?v=vL7lNCM7mt0

                ,.. -‐…・・・…‐-  ..,
               /: . : . : . : . : . : . : . : . : \
            . : . : . : . |: . : . : . : . : . : . : . : ..ヽ
           /: . : . :/: . |: . : . : ./\.: . : . : . : . :..,
             /: . : . :/: /|: . : . : ′ ヽ: . : . : . : ..:′
           ′ : .../:./  .|:..|: . :j|  ,. ‘。 }: . : . : ...i
          i: . : |: { / \│:|: . :j|_/   ‘。: . : . : .l:|
          |: . : |:../,x==ミV{: ./リ x==ミ、゚: . : . : .|:|
      j⌒y'^:,! :..:.:|:{《 _)爪} ∨ / _)爪 》 }:.:.:.:.:.r‐.y‐ 、
   r‐j⌒し' し' r┐:..{:{  乂ソ       乂ソ   ′ :.:.:|し' し'⌒!
   じし′  ,ノ 〉、:.:ヘ ⊂⊃  ’   ⊂⊃ イ: . : ノ )    し⌒!
    }  ,. '⌒ ,ハ: \ミ   ーf⌒iー'    /:./{ ^ー    し'
   ∧ゝ.,__ __,ノ  \ト     |  |   ー=彡イ入______    ィ}、
.  /ニムヘ  /}  ,,ニニニニ>.  ゝノ   イニ|ニニニニニ∧ー― ´jハ
 /ニニニ\ーイ./={ニ二|{ ̄`ヽ≧≦ ̄ ̄ }|=ニニニ/ニ{\_____/ ∧
./ニニ=o=/ニ/ニ二|ニニニL}:.:.:.:.:.--{_}-- 、:.:.:{l」ニニニ/ニ.∧ニニニニニ∧
ニニニo=/ニ/ニニニニ|ニニニニ}/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:\!二ニニ′二∧ニニoニニ∧
ニニニニニニ/=ニニ二|二二く:.:.:.:.:.: / ‘,:.:.:.:.:.:/ヽ=ニニ|ニニ二∧ニニoニニ∧
ニニ二二/ニニ二二|ニニ二} \:.:∧ ./:\/=/ニ二|ニ二二∧二二二ニ
=ニニニ/ニニニニニe|ニニニニ\ニニニ∨ニニニニイ===ニ{ニニニニ∧ニニニニニ


凛「この辺りなら良いもの埋まってるかもしれない!」


凛「それぇ!!」ズガガガガガガガガガガッ!




01〜32 転移の魔石×2

34〜65  ギミック・アーツ『吸血夫人の杯』

67〜98 ギミック・アーツ『ヨルムンガンドの蛇鱗杖』 1

ぞろ目 既に陣が画かれたキャンバス『召還の陣』

ぞろ目 ギミック・アーツ『魔笛の譜面』




直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
235 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 02:01:25.05 ID:XDYI7qHL0
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 01:54:12.75 ID:0Db1/KAI0
はい
236 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 02:12:50.45 ID:XDYI7qHL0
▽結果『75』





                ´ ̄ ̄ミヽ、_
          /           `  、_
          ,       , -‐/        `、
        /     ィ /  / /|    |     ヽ
        ,      / | {__{ i |    ト、    |
.       /     / 'l「  | l` |     } i   |
.       ,゙  !   i  l `゙ ト、 li   / ハ }   |
      i 从  ,斗≠ミx   リ //`  ,!   |
      |  rヘ  {  、、、 `  / ィ斗=x, イ}   |
      lハ { rュ\      ,    、、、ソ/ /  l l    〜♪
      い、ヾ、」、`    r‐  、    / イ  八_
        \ト込,_   、   ノ    人ノi /
      __   ゛ / >-,_     _.. イフ/厶イ
    _/   ~ミ={ ´ ィ'´_}ェ‐「ヾへ'^i
  「~ ̄¨^''ヽ、」三i    ´ィノ ク    }-- 、
  }‐―- 、  ヾ込    V´    ノi   )ェ
  く     ヽ、  )、  {     , 仁{ ,イ }
  )´      \/   ハ   f―‐‐''´   人
  (      | /   /‐.}   L____,,.イ  )
.  }        |: /   /   |   V       {



 凛「みーっつけたっと♪」





 穂乃果「うわっ!包帯ぐるぐる巻きの棒みたいなのが出て来たよ!?ミイラ?」



 凛「違うんじゃないかな」



▽地中から掘り起こした箱は棺のように細長い長方形で中には…布で包んだ何かがあった、その布を取り払えば−――





 花陽「杖?」


 真姫「杖ね、…『♧:杖』とは違うわよ?言っとくけど」


 穂乃果「わかってるよ、…杖の先端についてるこれって蛇の鱗かな」





  『ヨルムンガンドの蛇鱗杖』


<ギミック・アーツ>

土属性、戦闘中に使えば敵全体に1000ダメージ

MAP上で使えば 自分の居るマスを中心に両隣のマス1 つまり横幅3マス、前方∞への拠点攻撃
拠点内に居る魔物娘、MAP上に居る魔物娘に3000ダメージ

237 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 02:16:28.28 ID:XDYI7qHL0
穂乃果
・【デュラハンの劔】
・【白雪の日記 Last】
・【運命ダイス】
・【転移の魔石】
・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>
・【    】 ×2


花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】
・【折り鶴】
・【防寒着】
・【缶詰セット(やきとり)】


・【淫誘の香水】
・【輸血パック】
・【水兵さん帽子
・【必中の紋章】
・【風魔手裏剣】×1
・【硝子の盾】

にこ
・【   】
・【魔力回復剤(MAX) 】
・【フレイル】
・【山彦の帽子】
・【バシリスクの牙】
・【獅子の咆哮<バウリング>】
・【魔力回復剤(大)】
・【魔切りの詩集】


絵里
・【絆は強固なる盾である<シールド・オブ・トリニティX>】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】
・【輸血パック】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】
・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【裁縫セット】
・【裁縫セット】
・【カレー粉】


・【醤油】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【キャンバス】
・【魔力回復剤(MAX)】
・【ポテチ〜魔導味〜】
・【ドラゴンフルーツ】


真姫
・【水の魔石】
・【山彦の帽子】
・【魔力回復剤(MAX)】
・【まきびし】
・【蝋燭】

海未
・【魔力回復剤MAX】
・【風魔手裏剣(×5)】
・【  】 ×3




▽【ヨルムンガンドの蛇鱗杖】を誰かに持たせますか?捨てますか?

直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
238 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 02:20:33.93 ID:XDYI7qHL0
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 02:18:48.96 ID:ZQ+mXEjA0
海未ちゃんに持ってもらう
239 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 02:30:15.71 ID:XDYI7qHL0
▽海未に持たせます
                     ____
                  _,≠´:::::::::::``丶、
                    . . :::7^:::::::::::::、:::::::::、::::\
                  /::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::_::::::.
                 ′::::::::::|i::::::::|{\::::::::::`_::::::`_:::::
               . ::::::::::/八 ::: |{\_>、:::::`:::::::`::::
               |:::::::::〈厶-\乂_ぅ=ァ笂ki:::: |::::::::
               r|:::::::::{ x恣k     V)ツ ノ::::ノn::::::
.             //;>、::《 V)リ       /|/<八:::::.
           | {  し>、   '      ノ _/|::::\\
.             _|.     {沁、  ー:‐'    イ ::::::|::::::::::\\
          // >、___,ノ  |介: .、      |h:::::|::::::::::::::::\\                 )
            /   ///〉  |:::|::::「`II´   /_ |i:::|::::::::::::::::::::::\\          /
         _′  [ミメ、{_,,. -‐=ニ⊆[_ /人-八 |::::::::::::::::::::::::::::\\______,,.  -‐=
.         _´   |i:i:i\;、</:i:i:i:i:i:i:i:i|{/_/⌒>, |``丶、::::::::::::::::::::\---‐=ニ⊆¨” ̄
        _´    i|i:i:i:i:i:i「:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|-_7{       \::\\::::::::::::: ‐--------
      _´     八:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|-/ノ            }::::::\\≧=‐--------=ミ
.      _´    ん `、i:i:ト、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|/     ;.      !::::::::::\\  \
     7     ′  .`、|{ {\i:i:i:i:i:i:i:i|     {       }:::|\::::::::\`、
     {        _,,ノ  | 、\.\て厂0     '.      〈::::|\丶::\:\   \
.      \____,,. '´    _|_     }i        〉    ,′:::|:\\\::\:\    \
                   `_ \    八      」__     ′:::::|\.`、`、::   \
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────


海未「おや、皆さん…その杖は…」



真姫「凛が地面から掘り起こしたのよ…土の魔力を感じるんだけど」

花陽「う、うん…それも凄いくらいに!」





海未「…でしょうね、その蛇鱗杖…間違いなく【ヨルムンガンド】のモノです」


真姫「!! 【ヨルムンガンド】ですって!…これが」ジーッ


▽名前を聞き、まじまじと見つめる真姫、ぎょっと目を見開く花陽



穂乃果「よ、よるんむがんど?」


海未「ヨルムンガンド、です…ご存じありませんか?そちらの世界でも有名な名前だと思うのですが」


穂乃果「私はあんまり神話は詳しくないから…」


穂乃果「あっ、ならさ!海未ちゃんがこれ持ってよ!これがどういうモノか詳しいんでしょ?」



▽餅は餅屋に、専門家が居るなら詳しい奴に託した方が確実だ


▽どんな杖なのかは正直よくわからない、だが真姫も花陽もすぐにわからなかった物を一発で解した海未ならば有効活用できる

▽高坂穂乃果はそう思い杖を彼女に託した


『7時50分』

・『仲間と話す』
×『採掘』
×『収穫』
・『沐浴』(希望値+300 & ――?)
・『木陰で休む』
・『水底を見る』
・『移動』


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
240 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 02:35:50.57 ID:XDYI7qHL0
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 02:32:26.92 ID:Yu16MNxy0
『水底を見る』
241 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 02:48:07.57 ID:XDYI7qHL0
▽『水底を見る』


▽透き通った水、手で掬ってみれば指の間からキラキラと輝きながらそれは零れ落ちていく





▽それは眺めているだけでも不思議と心が落ち着くようだった







▽照り付ける太陽とじんわりと熱を孕んだ砂、上下からの熱気に当てられれば両面焼きグリルで焼かれる魚の気持ちすらわかって来る




▽水辺ゆえに生息できる緑の絨毯、芝の上でこそそれは避けられる、憩いの場で彼女はしばし無色透明に澄んだ水を眺めていた



        『一点の澱みも無い澄んだ水辺を眺めて―――』



花陽【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

凛【色欲:10 小】【食人欲:0 極小】

にこ【色欲:0 極小】【食人欲:10 小】

絵里【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

ことり【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

希【色欲:20 小】【食人欲:0 極小】

真姫【色欲:10 小】【食人欲:0 極小】

海未【色欲:0 極小】【食人欲:10 極】




▽水辺を眺めているのは――――

@ 穂乃果だけ(人間性 05回復)

A 花陽 会話のみ

B 凛 会話+欲望値減少

C にこ 会話+欲望値減少

D 絵里 会話のみ

E ことり 会話のみ

F 希 会話+欲望値減少

G 真姫 会話+欲望値減少

H 海未 会話+欲望値減少


直下
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/
242 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 03:15:28.60 ID:XDYI7qHL0
『水底を見る』 792 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 03:05:44.45 ID:Yu16MNxy0
F 希 会話+欲望値減少
243 : ◆zJZqNVVhtuCN [saga]:2017/11/18(土) 03:17:04.07 ID:XDYI7qHL0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


          今回は此処まで

   次回は火曜日 11月21日 夜23時00分


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
379.16 KB Speed:10.7   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)