【安価】力こそ正義の魔人学園【コンマ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 00:13:39.33 ID:CO4kBUAS0
私立真仁学園、通称「魔人学園」……そこは異能力者「魔人」の在学率40%、隠れや無自覚未覚醒を含めれば80%を超える魔人のための学園。

学園が存在する真仁島はほぼこの学園の敷地であり、学園は日本から魔人を隔離するための箱庭になっている。

日本の魔人やその疑いがあるものはここに送られ、卒業時にまた別の島に送られる。

……四月、それはこの学園の力関係が大きく書き換わる時期。

有望な者は派閥に取り込まれ、危険な者は数人によって殺害される。

法を敷くのは魔人、刑を処すのも魔人、罪を犯すのもまた魔人。

その魔人の学園に、大勢の新入生に混じる人物が一人。

その人物は何を目論み、何を成すのか。



その人物の名は(性別も)
下1〜3で高いコンマ
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:15:21.70 ID:fjwc1SK7O
真島 陣 マジマ ジン
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:15:34.90 ID:TRKn7Cse0
ヤマト 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:17:27.01 ID:crW/p+A3O
魔鬼 闇斗(まき あんと)
5 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 00:21:30.65 ID:CO4kBUAS0

コンマ、90
主人公の名前はヤマトになりました


ヤマトの学園における立ち位置
00〜81名の知れた魔人
80〜61魔人
60〜41隠れ魔人
40〜21無自覚
20〜01未覚醒
下コンマ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:23:34.79 ID:BH3RtBXi0
はい
7 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 00:26:39.86 ID:CO4kBUAS0

コンマ、79
魔人として事件は起こしてはいないが強力な能力を持っている
8 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 00:35:31.93 ID:CO4kBUAS0
彼の名はヤマト、魔人として品行方正な方だろう。

魔人になった者や魔人としての力を自覚している者はその力を振るう傾向がある。

だが、全員がそうとは言えないが……それでも、彼はここに来る間に人を殺してはいない。

少なくとも表沙汰にはなっていない、と言う話だが。

ヤマト「………………」

南端にある港には新入生がまだまばらに入る。

多くは一年生の寮がある東側に向かっているか、もしくは島の中心の学園に向かって入る。

荷物を持った彼は少しだけ息を吐き、一先ず歩き出す。



ヤマトの行動
1、島の中心の学園に
2、東側の一年生の寮
3、西側の二年生の寮
4、北側の三年生の寮
5、安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:48:14.58 ID:TRKn7Cse0
4
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:48:52.09 ID:7UFaGgAF0
3
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:54:25.94 ID:xQzOwRG3o
1
12 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 01:11:01.41 ID:CO4kBUAS0
何人かの生徒と同じように、ヤマトは学園に向かう。

途中から道は広くなり、学園へ続く通りには店などがあった。

辛うじて成立している経済であり、これらを襲う魔人は存在しない。

奪い殺すことはできても、明日以降はその店は存在しなくなる。

それだからこそ成立し、故に損なうのを嫌う魔人がいざとなれば襲う者を撃退もする。

商店街を通り抜け、学園の正門にたどり着く。

学園、そこはこの真仁島の中心。

立地的にもだが支配者が必然的な学園に存在している。

生徒会、この島の警察機構兼支配階級。

この島の支配者は圧倒するための力が必要であり、その力を支配に使うのは常に生徒会だ。

意にそぐわぬ者は役員に排除される、これはこの島の不文律だ。

……もちろん他にも魔人組織は多数ある。

それは委員会の形をしていたり、部活の形をしていたりする。

人が集まれば、魔人が集まれば一先ずの相互扶助による身の安全が成立するからだ。
13 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 01:20:40.33 ID:CO4kBUAS0
ヤマト「これは……」

校庭はまさに死屍累々であった。

肉片や体の部品などがあちこちに散らばっている。

それを片付けているのは、どれも腕章に『美化委員』と書かれている生徒だ。

ヤマト「戦闘か」

しかも大規模で、長く続いた物だ。

……勢力図が書き換わるの行事、入学先と双璧を成すのは卒業式だろう。

勢力図の勢いがなくなれば必然的に他の物に足を掬われる。

ヤマト「…………」

旗のような残骸には、『魔人愚連隊』と刺繍されていた。

おそらく、無法主義の魔人達の組織だろう。

おそらく、法治国家日本においてこの類の魔人こそが排除したい存在筆頭だ。

ヤマト「……何か用か?」

比較的障害物のない場所、校庭の中心でヤマトは背後に声をかける。

おそらく商店街からつけていた何者かだろう。

その何者かは、校庭に入った途端露骨に戦意を向けてきた。

目的は分からないが、ヤマトは静かに振り返る。



最初の敵の容姿(学年も)
下1〜3で高いコンマ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:26:54.66 ID:VuEZ7UgX0
高校3年

身長160cmの女生徒。黒のポニーテール
弓道着を着て長弓を持つ優しげな凛とした雰囲気
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:37:29.02 ID:QDNifIvNo
二年
ヒョロガリ手足なっがい
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:41:00.95 ID:I7in7PTy0
高校2年生
銀髪ロン毛で恐ろしく冷たい眼差しを持つ少女
特攻服を纏いサラシの中にはち切れんばかりの爆乳を押し込めている
武器は木刀
17 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 01:44:28.30 ID:CO4kBUAS0

コンマ、95
特攻服の二年生

二年生の名前と能力
下1〜3で高いコンマ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:46:42.58 ID:eZ/G6aOpO
乱立荒らしが帰還か
またなすでそこら中のスレ潰れる予感
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:55:13.87 ID:WzWmREglO
綺羅 アヤメ
木刀から超音速の斬撃を繰り出す
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:58:12.31 ID:NmJqKlzK0
南部 サキ

能力は振動強化、打撃を敵に通しやすくしたり音を遠くまで伝えたり、刃物を持てば高速振動でスパスパ切れる
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:59:31.08 ID:ic9gA8NoO
木刀塚 鞘
木刀で触れたものをへし折る能力
22 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 02:11:41.58 ID:CO4kBUAS0
アヤメ「よう新入生」

殺気を放つ特攻服の女は、銀髪の間から見える冷たい瞳でヤマトを射抜く。

アヤメ「お前、愚連隊には入れ」

ヤマト「……考えさせてくれ」

アヤメ「首縦に振ってくれや、兵隊が減って困ってんだ」

頼む態度とは思えぬ語調で、アヤメは木刀をヤマトに向ける。

アヤメ「手足の1、2本ぶち折っても構わねぇんだぞ?」

ヤマト「…………」

戦闘が避けられぬと感じ、ヤマトも拳を構える。

アヤメ「『膝丸(ザッパーブレイド)』!」

木刀を上段から振るうと斬撃が校庭を切り裂きヤマトに向かう。

しかし木刀の動きを警戒していたヤマトは即座に反応し四肢の欠損を防ぐ。

アヤメ「避けんじゃねえよ一年坊ぉ……!」



戦闘 1/3
00〜61ヤマトは素早く距離を詰める
60〜31続く斬撃を躱し攻撃の隙を窺う
30〜01アヤメの連撃にヤマトは回避に徹する
下コンマ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 02:15:50.38 ID:I7in7PTy0
どうだ
24 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 02:34:13.24 ID:CO4kBUAS0
アヤメ「っらぁぁぁ!」

続く下段からの切り上げも躱し、距離を保つ。

ヤマト(威力の減衰は10メートルほどからか……中距離で戦うタイプだな)

冷静に分析し、ヤマトは足を止めず思考を走らせる。

アヤメ「使ってこいよ一年坊ぉ!」

さらに右からの一文字切り、スライディングで斬撃を掻い潜る。

緩やかに円を描きながら走り、ヤマトは次の行動を思考する。



戦闘 2/3
00〜61意を決しヤマトは死体を掴む
60〜31一進一退の攻防が続いた
30〜01だが、それはアヤメの罠であった
下コンマ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 02:51:31.85 ID:WzWmREglO
26 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 02:58:59.09 ID:CO4kBUAS0
ヤマト「おおおおっ!」

死体を盾に、アヤメへと駆け出す。

すぐに下半身が千切れるが、かえって取り回しが良くなる。

アヤメ「ち、おらぁ!」

愚連隊の死体に攻撃を行うが、斬撃が触れると同時に受け流しさらに距離を詰められる。

ヤマト「はぁぁっ!」

アヤメ「な、この、ぐぁ!?」

上半身を投げつけられ咄嗟の対応が取れず、ヤマトに腹を蹴られる。

魔人の肉体は程度によるが常人とは比べ物にならない筋力を備えつけているものが多い。

時には常人と変わらない者もいるが、ヤマトは魔人の中でもアヤメと同じく高い筋力を持っていた。



戦闘 3/3
00〜81間合いの内側に潜り込み能力を発動する
80〜61木刀を取り上げさらに拳を叩き込む
60〜31アヤメも木刀を捨て拳を構える
30〜01腕を掴まれそのまま投げられる
下コンマ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 03:41:01.66 ID:IIThZo4Qo
28 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 07:42:11.57 ID:CO4kBUAS0
アヤメ「ごっ、がはっ!?」

右手首を掴み上げ、ガードの空いた腹部に容赦なく拳を叩き込む。

木刀を取り落とし、アヤメは地面に蹲り何度も咳き込む。

ヤマト「…………」

転がった木刀を踏み潰すと、ヤマトはアヤメを見下ろす。



ヤマトの行動
1トドメを刺す
2見逃す
3安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 07:44:06.27 ID:murIa8KW0
3 犯されても文句言えねぇよなぁ?
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 07:49:13.63 ID:I7in7PTy0
3 うむ 犯そう
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 08:14:14.86 ID:AZPN+xC2O
3 犯して捨てる
32 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 09:25:41.60 ID:CO4kBUAS0
ヤマトは彼女を担ぐと、校庭の脇に建っていたトイレに入る。

清掃はされているが、どの個室も強い男女の匂いが染み付いていた。

……つまり、そう言う用途の者は多数いるのが分かった。

アヤメ「て、めぇ……」

ヤマト「黙れ」

組み伏せたアヤメから晒しを引きちぎると、拘束から解放された乳房がどさりと垂れる。

屈辱に歯を剥いてアヤメは威嚇するが、そのまま頭を下げさせられ壁に手をつく。

ヤマト「無駄にでかいな、牛みたいだ」

アヤメ「てめぇ……っんぁっ!?」

侮辱に反抗しようとした時、アヤメの膣に彼の男根が突き刺さる。

十分に濡れていない膣を抉るように掘削され、子宮が押しつぶされる。

アヤメ「ぐ、あっ、ひぎっ!?」

背中から手を回し乱暴に胸を揉まれ、しだいに彼女は甘い声を漏らし始める。
33 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 11:12:35.90 ID:CO4kBUAS0
何度も何度も犯し、時間が過ぎるほどに彼の形に馴染んでいく。

アヤメ「あっ、あんっ……んんっ」

絶頂を繰り返し意識は朦朧とし始める。

前後不覚に陥り、今はただ快楽に身を委ねている。

ヤマト「牛女っ、受け取れ!」

アヤメ「あっ、ひっ……おほぉぉっ!?」

ドクドクと熱い精液を流し込み、そして膣から引き抜く。

行為が終わり乱雑にアヤメを個室の床に放る。
34 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 11:54:02.92 ID:CO4kBUAS0
校庭に戻ると美化委員が校庭にできた斬撃も土で埋め整えようとしていた。

……午前で授業が終わったのか、二年生や三年生が帰宅し始めている。

ヤマト「思ったより時間を使ってしまったな……」

時間を確認したのち、ゆっくりと玄関に向かう。

どうやら委員会や部活でだいぶ人はまだ残っているらしく、校内はまだ賑やかだった。

ヤマト「まだ人はいるか……」

ふと玄関前の校内地図の前で足を止め、どこへ向かうかかんがえる。



ヤマトの行動
1職員室
2生徒会室
3部活棟
4一年の教室のある階
5安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 12:05:17.89 ID:k2V3DJdSo
3
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 12:24:29.63 ID:ts3idyjwo
3
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 12:28:38.39 ID:CjmMUXTWO
38 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 15:44:44.67 ID:CO4kBUAS0
本館の北に位置する別館、部活棟。

様々な部活が部屋わや分け与えられ、更に実力がある部活などは校舎から少し離れた場所に施設も保有している。

……真仁学園は詰襟とセーラー服が制服であり、詰襟には襟の位置に、セーラー服は左肩に校章がある。

その色によって学年が分かり、今年の一年生は赤だ。

その赤の校章の生徒が校舎棟よりも見かけた。

ヤマト(……招待でもされたか?)

委員会や部活が有能な魔人を入学前に声をかけるのは珍しくない。

ここにいる多くの一年生は招待された有望な魔人と言うことだろう。

……ふと、ヤマトは自分がここにいる理由を思い返す。



ヤマトがここにいる理由
1手紙で招待されたから
2自分の入る部活を決める為
3知り合いの先輩に呼ばれ足を運んだ
4安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 15:46:51.26 ID:k2V3DJdSo
1
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 16:04:15.54 ID:8SjYk006O
3
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 16:05:04.19 ID:7Xkz/ZaPO
2
42 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 19:13:12.82 ID:CO4kBUAS0
彼は同じ島の中等学園の先輩の誘いで部活に顔を出すことになったのを思い出した。

入部するしないに関わらず、上級生に挨拶をして損はないだろう。

彼は案内板を見上げ、どこに行けばいいか探す。

最悪、呼ばれてから来るまでの間に全滅していることもありうる。

ヤマト「……あった」

幸いに案内板には記載されていた。

後はこの表記が遅れていないことを祈りつつヤマトは階段を登る。



先輩の所属する部活
下1〜3で高いコンマ
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 19:16:48.29 ID:ts3idyjwo
水泳部
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 19:18:27.80 ID:dWB2fqJCO
アメフト部
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 19:25:09.83 ID:VuO+BX+gO
陸上競技部
46 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 19:57:03.67 ID:CO4kBUAS0

コンマ、83
陸上競技部

陸上部所属の先輩の容姿と名前
下1〜3で高いコンマ
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:00:31.20 ID:murIa8KW0
砂原凛空(すなはら りく)
栗色髪のボーイッシュな女性。中々のナイスバディ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:04:29.94 ID:5vvHTgBAO
>>47
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:10:15.24 ID:ts3idyjwo
金剛
筋肉マッチョのナイスガイ♂
50 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 20:17:52.23 ID:CO4kBUAS0
凛空「お、ヤマト! 迷わなかったか?」

二階の階段のすぐそばの部室にジャージ姿の彼女がいた。

栗色のショートヘアに、よく焼けた肌。

自信に満ちた瞳は少年的にも印象付けられるが、その肢体は紛れもなく成長中の少女だった。

ヤマト「校庭にもグラウンドにも部員がいなかったから、部室を見に来ただけだ」

凛空「よしよし、とりあえずみんなに紹介してやろう」

そう言い、ヤマトを壇上にまで上がらせる。

ヤマト「……あー……」

1日早い自己紹介にため息を吐く。
51 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 20:31:23.64 ID:CO4kBUAS0
一通り自己紹介を済ますと、凛空は近くにヤマトを座らせる。

凛空「中等学園はどうだった? 何か変わった?」

ヤマト「……いや、人が入れ替わっただけだ」

その言葉につまらなさそうにするが、凛空はヤマトに向き直る。

凛空「ま、これからもよろしくな!」

ヤマト「……ああ」

彼女はヤマトの手を掴み激しく上下に振る。

凛空「それで、陸上部には入るか!?」

……普通、部活動にはそれにあった能力を持つ魔人が属する。

弓道部には弓矢に関するもの、陸上部にはそれに関するもの。

……アヤメのように入らない者もいるが、しかし部活と関係のない魔人は滅多に入らない。

ヤマト「まあ、一週間後の説明会の後にな」

凛空「ちぇ、つれないな」

つまらなさそうに口を尖らす。

ヤマト「まあ、頭数が欲しいなら別の派閥に入っても声は掛けろ、敵対しなければ力くらい貸す」

一通り挨拶を終えたヤマトは部室を後にする。

凛空「お前も困ったらこの部室か二年生の教室に来いよー!」

背後の声に背中越しに手を振り応え、一年生の寮に向かう。
52 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 20:40:25.92 ID:CO4kBUAS0
……ビルのような、マンションのような寮が島の東側に建っていた。

通常、寮は二人一組で一年間共同生活を送る。

振り分けは同性同士ではなく、能力が拮抗する魔人同士が相部屋になる。

実力主義であり暴力主義が多い魔人は自身よりも弱い魔人は支配する傾向が強い。

互いに拮抗さえすれば、その関係を取り除ける。

やや問題視はされているが、人間の作った数少ない思いやりが感じられる制度と言える。

……勿論全ての魔人に同格の魔人がいるわけでは無い。

そして魔人学園とも言えど、6割は公的には魔人では無い。

隠れ、未覚醒、無自覚、無能力……そして強力な魔人は上層の一人部屋を割り当てられる。



ヤマトの部屋は
00〜51相部屋
50〜01一人部屋
下コンマ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 20:41:44.32 ID:reRiem5k0
54 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 21:07:52.32 ID:CO4kBUAS0
ヤマト「一人部屋か」

特に不思議とは思わなかった。

言うならば同じ身長体重筋力の者としか同棲できないものだ。

偶然見合う者がいなかっただけ、彼は中等学園と同じ様に素早く割り切る。

ヤマト「……高いな……」

彼は知らないが、この学園は無能力や未覚醒、無能力者や隠れなどはヤマトの様な魔人と下層の魔人を仕切るために中層に部屋が配置されている。

つまり、最上階付近の魔人は学園から危険視される能力や凶暴な魔人が密集している。

必然的に不満を感じさせぬ様豪華な作りになっているのが多く、ヤマトの部屋も同様だった。

ヤマト「さてと……なにをするかな」

荷解きを終えたヤマトは時間をどう潰すか思案する。



ヤマトの行動
1隣の部屋に挨拶に行く
2上層の食堂で夕飯を食べる
3夜風に当たるため屋上に向かう
4安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:09:47.99 ID:RhBOc0ixo
3
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:11:26.71 ID:9IVJhi7y0
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:11:28.49 ID:murIa8KW0
2
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:11:42.94 ID:reRiem5k0
4 学園の情報と戦力のためにアヤメを拾いに行く
59 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 21:38:47.08 ID:CO4kBUAS0
夕涼みに彼は屋上を目指す。

……屋上は解放されており、一面が庭園が広がっていた。

少し歩けば、西側に校舎がぼんやりと光っているのが見えた。

ヤマト「……良い風だ……」

春の風は少しの暖気を孕み、ただただ穏やかな雰囲気を醸し出していた。

庭園のベンチに腰掛け、西に沈みかけている太陽わや見つめる。

……僅かに人の気配を魔人の研ぎ澄まされた感覚が感じ取るが、敵意が無いのを察すると警戒を解く。

その人物はベンチまで来ると彼に声をかける。



現れた人物の容姿と名前
下1〜3で高いコンマ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:44:05.51 ID:TRKn7Cse0
茶髪トランジスタグラマー

山辺 くるみ (やまべ くるみ)

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:46:24.51 ID:9IVJhi7y0
銀原慎太郎(ぎんばら しんたろう) 三白眼の痩せた男
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/11/14(火) 21:50:54.04 ID:jsA6OKTIO
花園 荊(けい) ♀
毛先が赤のグラデーションの緑髪、甘い匂いのする少女
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 21:57:05.65 ID:9IVJhi7y0
珍しい
64 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 22:01:55.54 ID:CO4kBUAS0
慎太郎「おう、お前さんも上層の送りの一人か?」

くるみ「こんにちわぁ」

痩身の男と小柄だが女性的な体つきの少女が話しかける。

慎太郎「1506号室の銀原、こっちは1507号室の山辺 くるみ……よろしく」

親しげに彼は自己紹介をし、二人は向かいのベンチに座る。

ヤマト「……1520号室のヤマトだ」

慎太郎「反対側かい、まあ同じ階同士仲良くしようぜ」

ケラケラと慎太郎は笑い、くるみは茶髪を揺らしながら頭を下げる。

ヤマト「ああ……敵対しない限りはな」

いつもの様に返答するとくるみは困惑し慎太郎はさらに降格を釣り上げる。

くるみ「敵対なんてしませんよぉ」

慎太郎「ま、しないなんて保証はできねぇが……しない間は、仲良くしようぜ」

手を差し出され、ヤマトは躊躇なく握り返す。

慎太郎「さてと……これで15階はコンプか?」

くるみ「はい、多分」

慎太郎「んじゃあ俺ら帰るわ、同じクラスだと良いな」

二人が去っていき、月が真上に登る頃にヤマトも自室に帰る。
65 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 22:11:01.54 ID:CO4kBUAS0
次の日、十分程の徒歩で学校に登校し入学式が始まる。

大勢の一年生と、委員会に所属している上級生が数十名。

厳粛に進んでいき、生徒会会長の言葉の後一年生代表の生徒が挨拶を終え全ての予定が終わる。

慎太郎「…………」

くるみ「お、起きてぇ……終わっちゃったよぉ〜」

少し後ろには昨日あった二人がいるのを確認すると、ヤマトは同じクラスなのだと察する。

教師が先導し数十名の生徒が順に体育館から出ていき、ヤマト達の番になる。

ぞろぞろと移動する時には慎太郎も起きた様で、欠伸を噛み殺しながら列の後方をノソノソと歩く。
66 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 22:22:52.82 ID:CO4kBUAS0
席は名前順ではなく、クジで適当に決めるらしい。

慎太郎とくるみは偶然近くの席になった様だ。

ヤマト「…………あそこか」

クジの結果窓際最後尾の席になった彼はぼんやりと空を流れる雲を見る。

……どうやら粗方席は決まったらしく、数名の生徒が席を取り替える交渉をしていた。

ヤマト「…………」

その後すぐに自己紹介が始まる。

……彼の隣の席の番になり、ふと気になったヤマトは隣席の生徒を眺める。



隣の席の生徒の容姿や性別
下1〜3で高いコンマ
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:26:36.36 ID:7UFaGgAF0
本場 文(もとば あや)

黒髪ロングの美乳で眼鏡をかけた、文学少女を地で行くような少女
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:31:57.04 ID:xSK55bBZ0
木更津 纏(きさらづ まとい)
男の娘 一見だと男と分らない 低身長
性格 天然
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:32:22.07 ID:RhBOc0ixo
本条 綾香(ほんじょう あやか)
長い黒髪の儚げな美女
70 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 22:59:54.37 ID:CO4kBUAS0
文「……本場 文です……趣味は読書です……」

か細い声を聞き流していると、あっという間に終わる。

少し沈黙が流れるが、しばらくしヤマトの列の一番前の生徒が自己紹介を始める。

……滞りなく自己紹介を終え、最後のヤマトに回る。

ヤマト「名前はヤマト、趣味は無い、好きな言葉は信賞必罰、入る部活などは未定」

ほぼ彼の情報のない自己紹介に、クラスメイトは少しだけ困惑する。

……慎太郎はどうやら可笑しそうに笑っていたが。
71 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/14(火) 23:08:38.60 ID:CO4kBUAS0
自己紹介を終え教師が今後の予定を話し始める。

四月の第4週の休日、つまり一週間後どの部活動や委員会に入れる用紙が配られる。

二つの組織に一人の生徒が入るのは原則禁じられている、勢力図が複雑化し混沌となるのを避けるためだ。

そして五月の第1週、この真仁島の近くの無人島に一週間程の親睦会を行う。

ひとまず大体の説明が終わり、皆それぞれ帰り支度をする。

入学式のみで終わったため、休日の登校でもまだ半日ほど時間が残っている。



ヤマトの行動
1慎太郎とくるみとともに帰る
2文に話しかける
3学園内を見て回る
4学園外を散策する
5安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:09:08.59 ID:9IVJhi7y0
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:14:17.05 ID:7UFaGgAF0
2
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:28:31.49 ID:grrNo0jRO
3
75 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/15(水) 07:10:34.73 ID:9wFx9/Zh0
慎太郎「いよう、帰ろうぜ」

くるみ「帰りましょぉ」

支度を終え教室を出ようとしたところに、二人から声をかけられる。

特に断ることもなく了承し、三人で校門を出る。

ヤマト「お前はどこに属すつもりだ?」

静かな調子で、真太郎に尋ねる。

慎太郎「俺か? さてね、まだ決めてないが……って、俺お前に能力をバラしたっけ?」

その言葉にくるみは首を振る。

慎太郎「そうだったか、んじゃあ改めて」



銀原 慎太郎の能力
下1〜3で高いコンマ
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 07:13:02.03 ID:yjoSdGpAO
女を操る
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 07:23:28.02 ID:0Nm7TofO0
相手の身体を数秒間強制的に動かなくする魔眼
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 07:23:52.48 ID:VEO3bgqC0
自分から発生する音の大小を操る
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 07:24:48.87 ID:by2205r1O
物に金属を纏わせる
80 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/15(水) 10:22:28.17 ID:9wFx9/Zh0
慎太郎「『奏者(オルフェウス)』……音の大小を操れる、隠れるにも攻撃するのにも使える能力だ」

自慢気に慎太郎は説明するが、その軽薄さとは裏腹に強い能力だと考える。

慎太郎「で、お前の能力は?」

ヤマト「……時期にわかる」

質問を躱し歩を進めていると、明確な敵意を向けられる。

慎太郎「やろうぜ、なぁ」

ヤマト「…………」

凶悪な笑みを浮かべ、慎太郎が上着を脱ぎ捨てる。



ヤマトの行動
1挑発に乗る
2挑発に乗らない
3安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 10:25:23.84 ID:sI6YHaiz0
2
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 10:26:04.31 ID:IjgaM9BB0
2
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 10:39:11.06 ID:J7HHhmH9o
3 凶悪な笑みを浮かべ、下着を脱ぎ捨てる。
84 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/15(水) 13:46:24.34 ID:VHZgOWVAO
ヤマト「……くだらないな」

一言だけつぶやき足を止めずに置いていく。

慎太郎「つれねぇなぁ」

つまらなさそうに上着を拾い、くるみはホッと息を吐く。

くるみ「そう言えば、二人はどこに入るか決めましたか?」

そう言ってくるみは様々な部や委員会の書いてある髪を取り出す。

どうやら新聞らしく、真仁学園週報と書かれていた。

くるみ「いっぱいありますよ?」

慎太郎「どうするかねぇ……部活も委員会も趣味じゃねぇんだよなぁ」

ヤマト「…………」

くるみ「あ、見ます?」

新聞を受け取りじっと眺める。

ヤマト「思ったよりあるんだな……」
85 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/15(水) 14:29:40.80 ID:VHZgOWVAO
慎太郎「どうするよ、半日暇だぜ」

くるみ「着替えて街に出ましょうか?」

慎太郎「こっちには付き合うよなヤマト?」

ヤマト「……わかったわかった」

その言葉に慎太郎はニッと笑い、ヤマトの肩を揺らす。

迷惑そうな仏頂面をしているヤマトをみてくるみは少しだけ吹き出す。

くるみ「これ、地図です……どこ行きますか?」

慎太郎「どれどれ……?」



どこに行くか
1港近くの繁華街
2学園前の娯楽施設
3大通りの商店街
4危険と書かれている場所
5安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 14:34:47.42 ID:c+K7adN90
2
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 14:37:00.02 ID:l0OUUh9d0
3
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 15:15:17.89 ID:nO9u6zCIO
1
89 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/15(水) 22:58:33.50 ID:9wFx9/Zh0
潮風が少し香る港前の繁華街。

主に飲食店が多く、この島のグルメはここに集約されている。

寮の定食に飽きた生徒などがここを利用し、またここでバイトに励む生徒も少なくない。

慎太郎「何食うよ」

ヤマト「中華」

くるみ「たくさんお店あるんですねぇ……」

三人は適当に歩きながら繁華街を物色する。



出来事
00〜81安価で出来事を決める
80〜61陸上部を発見する
60〜41生徒会と相席に
40〜21小競り合いに遭遇
20〜01愚連隊が現れる
下コンマ
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 22:59:23.38 ID:c+K7adN90
ほい
91 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/15(水) 23:18:39.18 ID:9wFx9/Zh0
往来の真ん中で、何人かの魔人が戦闘を繰り広げていた。

特攻服や改造学ランを着ているのはおそらく愚連隊の者達だろう。

では、対抗しているのは……?

慎太郎「よその派閥と揉めてんのかね」

その言葉にくるみは首をかしげる。

慎太郎「俺の中等学園の話だが、委員会や部活以外の上級生を中止とした仲良しグループはどこにでもある……けどまあ、魔人がよれば戦闘集団だ」

ヤマト「……上級生ともなると成熟し始めてる、他の魔人との戦闘は数で叩くのが効率がいい、なにせ何代も続く派閥があるくらいだ」

中等学園から所属していた二人がくるみに説明する。

くるみ「なるほど……どこに入るかの候補が増えたってことですか?」

慎太郎「向かい側の店に入りづらいってことさ……どうするヤマト」



ヤマトの行動
1小競り合いを鎮圧する
2慎太郎に任せる
3他の店にする
4どちらかにつく(愚連隊か敵対派閥か明記してください)
5安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/15(水) 23:24:59.42 ID:POKpnMlD0
4 アヤメがいるなら愚連隊に味方するが、なければ3
93 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/15(水) 23:27:21.25 ID:9wFx9/Zh0
このレスのコンマが51以上ならアヤメがいる
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:35:44.53 ID:VEO3bgqC0
3
95 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/15(水) 23:37:02.43 ID:9wFx9/Zh0
ヤマト「中華ならまだある、あの店は諦めるぞ」

手に持つ新聞を見ながらヤマトは踵を返す。

その様子に慎太郎は肩を竦め後を歩き、くるみもそれに続く。

慎太郎「中華好きなのか?」

ヤマト「無難だからな、合わない店はあるが不味くても食えるのが大きい」

くるみ「あ、なんだか分かります」

そんな言葉を交わしながら、三人は無事に昼食にありつく。
96 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 00:03:33.28 ID:NvSf6Qe20
休日、2日目。

明日からが学園の本番であり一応授業が始まる。

そして明日辺りから様々な勧誘が始まるだろう。

委員会や部活は正々堂々と、派閥や愚連隊などは虎視眈々と。

帰宅部などは多数いるが、派閥や愚連隊にすら入らないものはだいぶ少数派だ。

ヤマト「身の振り方を決めるか……」

だが羽を伸ばせるのも今日限りかもしれない。

彼は自室の扉の前にあった新聞部発行の新聞と真仁島の地図を見る。



ヤマトの行動
1寮内を探索する
2街に出る
3学園に行く
4上級生の寮に向かう
5安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 00:05:59.42 ID:yqp6aaVy0
3
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 00:09:02.04 ID:E86dkXqFO
4
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/16(木) 00:13:15.94 ID:JG9EcXd00
4
100 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 00:29:21.91 ID:NvSf6Qe20
彼は身支度を済ませ一年生の寮を出る。

朝の日はまだ傾いており、少しのオレンジ色に周りは染まっていた。

ヤマト「さてと……」

彼が見ているのは三面、上級生の紹介コーナー。

……おそらく、大きな派閥のトップはこうして名や顔を売っているのだろう。

少なくとも、新聞部の紙面に介入できる程度の力は持っている証左だ。

三面は三年生、四面は二年生が有名な上級生紹介という体で書かれていた。

大体の目星をつけたのち、ヤマトは上級生の寮に歩きだす。



これから会いに行く上級生の容姿(学年も)
下1〜3で高いコンマ
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 00:35:48.07 ID:kkyYJB5XO
鳥羽 夏蓮(とば かれん)
二年
金色の流れるようなロングヘアー
身長165cm、日本人とイギリス人のハーフで、スタイルのよい華やかな雰囲気の少女
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 00:36:15.15 ID:JG9EcXd00
高3 青い髪を後ろで纏めている凛とした女性。籠手と甲懸が武器
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 00:38:51.97 ID:B3V2iZ3n0
仮面で顔を隠している。爆乳以上の奇乳と巨尻露出の激しい服を着ている。3年生
104 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 00:49:48.37 ID:NvSf6Qe20
奇乳とか膨体とかの良さが分からないのでちょっと書けないです
それらをオミットして採用してもいいでしょうか、一応少し時間を置くので>>103の方に別案があるならその間に書いておいてください

後、特に隠す必要がないなら名前も明記してください
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 00:57:02.06 ID:B3V2iZ3n0
りょーかいです。申し訳ない。

音無 空(おとなし くう)

奇乳ではなく爆乳で
106 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 07:35:44.77 ID:NvSf6Qe20
新聞で紹介された上級生の中で、一際目を惹く人物がいた。

音無 空、仮面をつけた三年生。

物見遊山……と言うわけではないが、ヤマトはまずこの上級生に会ってみることにした。

港とは反対方向、部活設備や廃棄物処理場の横を通った先に三年生の寮があった。

……さほど一年生の寮と違いはないが、根源的な威圧感があった。

ヤマト「伏魔殿だな……」

彼は管理室に向かい、音無の部屋を訪ねる。



出来事
00〜81安価で出来事を決める
80〜61エントランスで鉢合わせする
60〜41剣呑な雰囲気の場面に出くわす
40〜21いないと突っぱねられる
20〜01どこかの派閥に目をつけられる
下1〜3で高いコンマ
107 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 07:36:13.54 ID:NvSf6Qe20
訂正

下コンマ
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 07:46:58.60 ID:yqp6aaVy0
てい
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 09:06:40.83 ID:uuTZ52Pq0
えい
110 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 13:39:25.60 ID:NvSf6Qe20
……管理人室に向かいエントランスを横切ろうとした時、数人の魔人が睨み合っている剣呑な雰囲気が巻き起こっていた。

ヤマト「……参ったな……」

普段ならば無視しているが、しかし今回はヤマトは逡巡する。

数人の魔人達の半分は仮面をつけている、恐らく音無 空の派閥のものだろう。

ヤマト(もう片方は昨日見た顔がいるな……愚連隊と揉めてた連中だ)

……ヤマトが見ていると、魔人達は寮の外に出て行く。



ヤマトの行動
1どちらかに助太刀する
2他の上級生に会いに行く
3どちらも鎮圧する
4戦いを静観する
5安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 15:05:28.05 ID:ctHDfl3+o
3
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 15:46:48.96 ID:6U4iJqxR0
1
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 16:12:02.19 ID:xai0ry5KO
4
114 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 18:30:35.65 ID:NvSf6Qe20

助太刀する勢力
1仮面勢
2その敵対勢力
下1〜3で高いコンマ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 18:32:17.46 ID:bafXudln0
1
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 18:33:17.78 ID:ADZ4muoCO
1
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/11/16(木) 18:34:41.30 ID:Rl9RArbT0
1
118 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 21:44:50.92 ID:NvSf6Qe20
ヤマト「あんた、音無か?」

音無「……そうだが、お前は?」

仮面に外套を纏った女性、音無が返答する。

……厚いコートの下にある豊かな胸が主張し、性別はすぐに分かる。

ヤマト「顔を出しに来たんだ……力を貸す、見てくれるか?」

音無「…………見せてみろ」

そう言うと、音無は自らが戦っていた相手に背を見せ下がる。

ヤマト「さて、と……」



ヤマトが戦う相手の容姿と名前
下1〜3で高いコンマ
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 21:48:52.37 ID:JG9EcXd00
渥美 焔 (あつみ ほむら)
真っ赤な髪のロングで学生服と膨らんだ胸元、荒々しい感じで戦う
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 21:51:30.76 ID:EPCAlGn+O
>>101
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 22:27:16.55 ID:s0oyBEGcO
飯畑 稔(みのる) 男
三年生、異常な巨体で口から常によだれを垂らしている
黒髪をスポーツ刈りにし上半身はランニングシャツのみ
122 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 22:32:38.51 ID:NvSf6Qe20
夏蓮「……あら、後輩に任せて観戦ですか?」

空「………………」

挑発に乗らず、空は静観する。

ヤマト「売り込みに利用させてもらうぞ」

夏蓮「あら、生意気」

後輩の調子に笑いながらも、夏蓮は殺意を向ける。

……空と戦おうとしていた人物だ、能力に自信があるのだろう。



夏蓮の能力
下1〜3で高いコンマ
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 22:34:28.15 ID:tr+NuJm+0
男性の能力を受け付けない
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/16(木) 22:56:16.77 ID:V67gudXvO
>>77
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 22:57:25.36 ID:r9i9TyH0O
肉体を獣に変化させる
126 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 23:35:52.48 ID:NvSf6Qe20
夏蓮「……『睥睨怪蛇(ゴルゴーン)』」

青い瞳が紫色に光る。

ヤマト「――――ッ!!」

突如目の前が真っ暗になったかと思うと、ヤマトは蹴りをくらい吹き飛ばされていた。

受け身を取り体勢を立て直すが、夏蓮は余裕の笑みを浮かべる。

夏蓮「んふふっ、可愛い顔……ほぉら、後輩くん? いいとこ見せるんでしょ?」

挑発するように笑い、小さく手招きする。



戦闘 1/3
00〜61周囲の人物の影に紛れ込みながら距離を詰める
60〜31木々の陰に隠れ様子を伺う
30〜01再び動き視界が暗くなり攻撃を受ける
下コンマ
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:37:05.81 ID:+K8AX4az0
はい
128 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/16(木) 23:54:34.83 ID:NvSf6Qe20
ヤマト(……他の奴らは戦っていた、時間を止めるものじゃない)

横に駆け出しながら能力を推し量る。

夏蓮「ふふ、逃げちゃダメ!」

再び瞳が光るが、ヤマトは戦闘している者達の後ろを駆け抜ける。

能力をかけられた者達を観察し、夏蓮の能力に見当をつける。

ヤマト(見つめた相手の自由を奪う能力……思考や眼球が光を取り込むことすらできなくなるが、どうやら数秒ってところか)

紫の光が瞳から消えるのを確認すると、ヤマトは夏蓮に向かい駆け出す。



戦闘 2/3
00〜81背後に周り拘束する
80〜61視界の外に潜り込みながら接近戦を行う
60〜31一瞬動きが止まり距離を離される
30〜01視界が黒に染まる
下コンマ
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:55:15.56 ID:tr+NuJm+0
130 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 00:16:07.31 ID:hGB14CmL0
夏蓮「ふふ、真っ直ぐすぎ」

ニヤリと笑い、ヤマトの接近を目で追う。

……視界が暗くなったと思ったら、すでに夏蓮は倍近く距離を話していた。

夏蓮「おーにさんこーちら!」

無邪気に笑いながら、クレバーに立ち回り続ける。

ヤマト「面倒な……っ!」



戦闘 3/3
00〜81能力を使い押し切る
80〜61遮蔽物を盾にし突き進む
60〜31空が割って入る
30〜01接近するが夏蓮は余裕の笑みを浮かべる
下コンマ
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:19:33.20 ID:4Qv+tlOOO
ほい
132 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 00:43:53.85 ID:hGB14CmL0
地面を蹴り、土埃を上げる。

夏蓮「へぇ……?」

砂埃を警戒しながら、夏蓮は攻撃に備える。

だが、それは囮だった

ヤマト(とった!)

余裕の笑みを浮かべているカレンの背後から、ヤマトは渾身の拳を構え……。

ヤマト(……なんで笑ってると―――)

視界が暗転する寸前、紫色の瞳がコンパクトミラー越しにわらっていた。

明転すると同時に、夏蓮が背後を取っていた。

夏蓮「ねえ、どうこの子? 入りたがってたみたいだけど、合格?」

空「………………」

夏蓮「貰ってもいい?」

挑発するように、ヤマト能勢に抱きつき笑う。



空の返答
00〜81安価
80〜61「こちらの物だ、離せ」
60〜41「やるくらいならこちらが使う」
40〜21「……それよりも、次は私だが」
20〜01「くれてやる」
下コンマ
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/17(金) 01:09:18.31 ID:3ptBaQL3O
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 01:12:47.96 ID:hopV7cGI0
135 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 01:25:45.98 ID:hGB14CmL0
空「それよりも、次の相手は私だが」

一歩、彼女は踏み込む。

空「その目玉抉り取ってやろう」

夏蓮「じゃあ、その仮面剥いじゃおうかしら?」

素早くヤマトの両腕の骨を外し無力化させ、夏蓮は戦闘態勢をとる。

二人は睨み合いながら、互いに間合いを探る。



音無 空の能力
下1〜3で高いコンマ
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sag]:2017/11/17(金) 01:32:49.41 ID:3ptBaQL3O
周囲に虚無を作る能力
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 01:46:02.33 ID:a7XP2UQaO
音や振動を無くす
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 01:47:18.90 ID:CBehWUSp0
触れた生物を仮面の姿に変形させ、装着することでその生物と同一の存在に変身できる
139 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 01:56:59.67 ID:hGB14CmL0
彼女は黄色の仮面を外套から取り出すと、それを装着する。

空「……『喝采仮面歌劇(マスカレード)』……」

白の無貌の仮面から、獅子を思わせる黄色の仮面に付け替える。

すると空は獣のような前傾姿勢をとり、夏蓮に牙を剥き唸る。

夏蓮「ふふ、どれくらい強いのかしら?」

面白そうに、夏蓮は獅子を見下ろす。



戦闘結果
00〜81空の圧勝
80〜61空の勝利
60〜41引き分け
40〜21夏蓮の勝利
20〜01夏蓮の圧勝
下コンマ
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 02:04:22.24 ID:f5v2iJR80
141 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 07:19:55.47 ID:hGB14CmL0
魔人は常人を圧倒的に上回っている。

能力を使わずとも、強化された身体能力は差はあるが常人を殺せる。

魔人のなかでも若干の差が生まれる。

頭を潰すのがクルミ程の硬さに感じる者や、豆腐程度の柔らかさに感じる者まで。

空「ガァァァァァッッッ!!」

その中で、夏蓮もまた魔人からも飛び抜けた身体能力がある。

夏蓮「遅い遅い」

動体視力である。

並大抵の身体能力や強化の能力では夏蓮の視界からは逃げられない。

空「――――――」

夏蓮「退治完了、案外大したことないのね」

薄く笑いながら空の仮面を剥がし、その後思い切り頭を殴る。

完全に気を失い空は解除した途端倒れ伏す。



夏蓮
00〜67ヤマトを気にいる
66〜34敗者には手を出さず帰る
33〜01空を攫いついでに拉致られる
下コンマ
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 07:23:31.49 ID:wM/WRFykO
どうぞ
143 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 07:36:45.17 ID:hGB14CmL0
ヤマト「ぐ、ぁ……」

夏蓮「また遊びましょ? 入りたくなったら来てね?」

右肩の関節だけ入れ直し、彼女は立ち去っていく。

……他の戦闘も、仮面をつけた者達は皆倒れている。

夏蓮「じゃあね」

他の物を引き連れ、夏蓮は彼に手を振り消える。

ヤマト「く、そ……っ!」

木に体当たりし、左の関節も入れ直す。



ヤマトの行動
1空を起こす
2夏蓮を追う
3寮にかえる
4安価の行動を実行
下1〜3で高いコンマ
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 07:47:46.39 ID:gdas6LAp0
1
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/11/17(金) 07:48:38.06 ID:LEFbs8ls0
1
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 07:52:27.51 ID:fIAhKG0wO
2
147 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 07:59:17.50 ID:hGB14CmL0
夏蓮「追って来たんだ?」

ヤマト「はぁ……はぁ……」

愉快そうに目を細め、ゆっくりと歩み寄る。

瞳は青いままだが、ヤマトは下手に動けない。

ヤマト「まだだ、まだ戦える」

夏蓮「へぇ? ……ふーん? なるほどね」

珍しいものを見たと言う表情でヤマトを眺め、そして笑いかける。

夏蓮「ツバつけとこうかな? 私は鳥羽 夏蓮、また会いに来てね?」

……視界が暗転すると同時に明転し、辺りには誰もいなくなっていた。
148 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 08:12:20.94 ID:hGB14CmL0
4月第4週、前半。

本格的に授業が始まる晴れやかな日に、ヤマトは暗い顔だった。

くるみ「ど、どうしたんですか?」

ヤマト「……盛大に負けてな」

偶然出会ったくるみとともに登校しながら先日のことを話す。

くるみ「じ、上級生と戦ったんですか? わぁ……私にはとてもとても……」

驚きを隠せないくるみは色々と顔色を変えていく。

ヤマト「……なんとなくだけど……お前秘密を守れなさそうだな」

くるみ「えぇっ!?」

そんなことを談笑しながら、ヤマトは学校に向かう。

くるみ「……そ、そう言えば部活はきめましたか?」

ヤマト「…………まだだ」



放課後のヤマトの行動
1部活や委員会を見て回る
2派閥について調べる
3学内を見学する
4知り合いとあそぶ
5安価の行動を実行
下1〜3で一番高いコンマ
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/11/17(金) 08:22:50.64 ID:LEFbs8ls0
2
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 08:25:26.86 ID:aOD0/plPO
1
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 08:31:23.16 ID:Sxfvol4A0
1
152 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 08:39:18.50 ID:hGB14CmL0
放課後になり、彼は学園紙を片手に口内を歩く。

……部活は大小さまざまであり、強豪ともなると一定の水準以下は門前払いを食らうだろう。

同じく委員会もそれは同様であり、必然的に先鋭化していっている。

くるみ「……私入れるかな……」

ヤマト「……さあな」

朝の登校の時に話していた二人は、他の一年生と同じく見学を始める。



見に行く部活や委員会 1/3
下1〜3で一番高いコンマ
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 08:41:21.74 ID:Sxfvol4A0
風紀委員
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 08:52:28.10 ID:QYNM1hB3O
文芸部
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 08:55:19.64 ID:dtq7mvjNo
飼育委員
156 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 09:12:15.25 ID:hGB14CmL0
生徒会が警察機構ならば風紀委員は何か。

この学園においては罰を与える懲罰機構と言える。

どちらも暴力を用いるのは変わらないが。

ヤマト「ここか……」

校舎の特別教室などがある別館、西にある校舎に委員会などが部屋を持っている。

その中でも広めの部屋をもらっている風紀委員はどれほどの力を持っているかが窺い知れる。

くるみ「し、失礼しまぁす……」

戸を開けると、目の前には風紀委員長の腕章をつけた生徒が立ちはだかっていた。



風紀委員長の容姿と名前
下1〜3で一番高いコンマ
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 09:22:12.17 ID:QYNM1hB3O
青みがかった腰までの黒髪ロングをうなじ辺りで束ねた、スレンダーなモデル体型の男装の麗人
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 09:24:24.59 ID:Xddq7ePkO
綺羅 アヤノ
肩位で切り揃えられた銀髪で目付きが鋭い女
「風紀」と刺繍された学ランを着ていて爆乳のせいで胸元のボタンが悲鳴を上げている
竹刀を持ち歩いている
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 09:28:20.20 ID:Sxfvol4A0
正川 リリ(まさかわ りり)

見た目は小学生ぐらいにしか見えないロリっ娘。
金髪碧眼のツインテールで、腹の部分に『風紀』と刺繍された熊のぬいぐるみを抱えている。
160 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 09:37:35.00 ID:wdETpb4AO
アヤノ「一年生見学者、一号と二号だ」

にこやかに笑いつつ、二人を中に強引に連れ込む。

アヤノ「私の名は綺羅 アヤノ、風紀委員長だ」

風紀委員長という言葉に二人は同時に疑問符を浮かべる。

通常改造制服は校則違反であり、反省文を書かされる。

だが、目の前の委員長は白ランのボタンを酷使しながら踏ん反り返っている。

ヤマト(……まあ、いいか)

気にはなったがヤマトは口を噤む事にした。

アヤノ「それで見学か? それとも、我こそはと血気盛んに風紀委員会に入りに来たのか?」




ヤマトの行動
1「見学しに来ただけだ」
2「ああ、ここに入ろうと思っている」
3「山辺の付き添いで来ただけだ」
4安価の行動を実行
下1〜3で一番高いコンマ
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 10:07:37.74 ID:z4M69C1lO
2
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 10:20:02.51 ID:dtq7mvjNo
3の後にあの牛乳特効服の知りあいか聞く
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 10:35:17.99 ID:f5v2iJR80
2
164 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 12:02:31.38 ID:wdETpb4AO
くるみ「わ、わたしは見学しに来ただけで……」

ヤマト「俺はここに入ろうと思う」

彼女の言葉を遮り、ヤマトがそう言い放つ。

その言葉にアヤノは満足気に笑う。

アヤノ「では少し試験させてもらおう、私と手合わせ願えるか?」

……ヤマトはこの笑みに見覚えがある。

魔人に覚醒した時に試したいという衝動、そして強敵と出会い本気を出せる機会。

この状況に、多くの魔人は悪魔のように無邪気に笑みを浮かべる。

……慎太郎もそうであった。

アヤノ「おっと、その前に能力を教えあおう、殺し合いではないからな」



アヤノの能力
下1〜3で一番高いコンマ
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 12:16:56.63 ID:8Wb9/PSBO
相手が抱いてる悪意を性的快楽に変える。
悪意が強いほど効果は増し、例えば対象が誰かを殺したい程の悪意を持っていれば強制テクノブレイクで逆に殺せるレベルの快楽に
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 12:57:00.19 ID:Sxfvol4A0
相手が今までに行った『罪』に比例して自身の身体能力と竹刀の強度が上がる。
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 13:18:10.29 ID:uDShrcnE0
来歴探査(サイコメトリー)
物品や場所の過去を見聞きでき、他人にもそれを味わわせることができる
戦闘においては「その場の2秒前」の光景を見せ混乱させるなど
168 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 13:47:29.84 ID:wdETpb4AO
アヤノ「私の能力は『神通・顕明連(バイラス・ノイズ)』……悪意を愛撫に変える」

くるみ「え、ええ!?」

アヤノ「というのは冗談だが、あながち間違いでもない……まあヒントだな」

ニヤニヤと笑い、竹刀を刀袋から取り出す。

アヤノ「表でやろう……それで、君の能力は?」

その言葉にくるみもヤマトを見つめる。



ヤマトの能力
下1〜3
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/11/17(金) 14:02:28.24 ID:LEFbs8ls0
絶対命令(インサイトメント)
言葉で生物を操る能力(意識を持ったまま従えやその相手の常識を変えられるなど催眠術に近い)
聞いた聞くわけではないので、例え耳をふさいでいても能力は有効
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 14:07:34.29 ID:lC7wtsN8O
『時間の反逆者(タイム・リベンジャー)』
自身の時の体感速度を最大1000万倍にまで引き延ばし、その中でも普段通りに行動できる。
ヤマトにとっては周囲が停滞しているように見えるが、周囲からみればヤマトが超高速で移動しているようにしか見えない。
ヤマトからすれば単純な打撃でも、周囲にとっては『超高速の打撃』となる。
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 14:37:19.49 ID:ZbVnR7mcO
体のあらゆる場所から衝撃波を出せる
172 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 14:52:31.20 ID:wdETpb4AO

ヤマトの能力
1『絶対命令(インサイトメント)』
2『時間の反逆者(タイム・アヴェンジャー)』
3『激流撃風(テュポーン)』
先に二人に選ばれた方を採用
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 14:58:38.47 ID:Sxfvol4A0
2
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 15:01:50.22 ID:dtq7mvjNo
3
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 15:05:13.06 ID:bTtsv/OWO
3
176 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 15:11:55.67 ID:wdETpb4AO
ヤマト「『激流撃風(テュポーン)』……単純な攻撃能力だ」

アヤノ「つれないな」

少し肩をすくめながら、アヤノは外に向かい歩く。

彼女の後ろにヤマトが続き、最後尾にくるみが歩く。

ヤマト「……別に他のところを見に行っても良いぞ」

くるみ「み、見てちゃダメですか?」

……少しだけ間を置き。

ヤマト「時間は取らせない」

短くそう返答すると、ちょうど中庭にたどり着く。

アヤノ「使え、私が普段使ってるものの予備だ……対等に戦いたいからな、私が」

ヤマト「……そうか」



戦闘 1/3
00〜61強く地面を踏み、彼が最初に仕掛ける
60〜31互いに距離を詰め、激しく打ち合う
30〜01踏み込んだと思うと、目の前に竹刀が迫っていた
下コンマ
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 15:13:48.00 ID:dtq7mvjNo
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 15:14:16.85 ID:9KpBesnHO
179 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 17:38:21.78 ID:hGB14CmL0
一瞬早く彼の踏み込みが彼女を制す。

アヤノ(ほう、地面が揺れて……衝撃波か?)

体勢を崩され数瞬遅れをとる。

その隙をヤマトは見逃さず上段から竹刀を振る。

アヤノ(左に重心が寄っている……ブラフか)

容易く攻撃の意図を既に彼の二者択一の攻撃が迫っていた。

アヤノ(百点満点な攻撃だが、敵意が強すぎる)

自動発動の『神通・顕明連(バイラス・ノイズ)』が正確すぎる攻撃を僅かにブレさせる。

アヤノ「ぐ、おぉ!」

ヤマト「ちっ……」

右手の本命の攻撃も竹刀も防ぎきるが、以前アヤノは初手の遅れを取り戻せない。



戦闘 2/3
00〜81防がれたのに関わらず、ヤマトは不敵に笑う
80〜61ヤマトの手から衝撃が放たれる
60〜31そのまま超接近戦が繰り広げられる
30〜01素早くヤマトを投げ飛ばしさらに追撃を行う
下コンマ
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 17:40:11.09 ID:5UvSXebXO
181 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 18:20:57.92 ID:hGB14CmL0
アヤノ「中々効くだろう、私の能力は!」

ヤマト「まず……っ!?」

振動を流す直前に投げ飛ばされ、さらに追撃が迫る。

とっさに竹刀で受けるが、左手ではろくに防ぎきれずダメージを食らう。

アヤノ「ほら、もっと来い……はは!」

ヤマト「ちっ、このっ!」

右手に持ち替え、凄まじい速度の攻撃から身を守る。



戦闘 3/3
00〜81竹刀の直撃をあえて受ける
80〜61竹刀に振動を流し武装解除させる
60〜31なんとか体勢を立て直し何度か打ち合う
30〜16甘い防御を鋭い突きで竹刀を弾き飛ばす
15〜01その防御をねじ伏せ倒す
下コンマ
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 18:21:32.26 ID:dtq7mvjNo
どうだ!
183 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 19:04:33.55 ID:hGB14CmL0
アヤノ「はぁぁ!」

下段から切り上げ、竹刀を弾き飛ばす。

ヤマト「…………」

アヤノ「慣れない武器に付き合せて悪かったな」

そうは言いつつも満足気にヤマトを見下ろす。

アヤノ「武器を持つと敵意が出やすいだろう? 拳と違って初心者は加減できんからな」

したり顔のアヤノを見上げ、自分がはめられたのに気づく。

アヤノ「合格だよヤマト、これから風紀委員の一員だ……よろしくな」

そういい、ヤマトの手を握り立ち上がらせる。
184 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/17(金) 23:14:50.41 ID:hGB14CmL0
4月第4週、後半。

少し早めの起床にも慣れ、彼は寮を出る。

文「……こん、にちわ……」

ヤマト「……ああ、おはよう」

偶然、隣の席の本場 文と出会う。

物静かな彼女は、特に彼と接することなく歩いていく。

慎太郎「おう、珍しい組み合わせ……でもないんだったな」

背後から慎太郎が声をかけ、その後3人で歩く。

慎太郎「で、放課後どうする?」



放課後のヤマトの行動
1派閥について調べる
2学内を見学する
3知り合いとあそぶ
4学外の街に繰り出す
5安価の行動を実行
下1〜3で一番高いコンマ
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 23:20:23.72 ID:ZYkhPklv0
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 23:22:04.96 ID:9KpBesnHO
1
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 23:23:39.32 ID:Sxfvol4A0
3
188 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/18(土) 00:21:27.74 ID:7TvWoWjl0
慎太郎「へぇ、派閥をね……」

ヤマト「ああ……お前、夏蓮って二年生を知っているか?」

肩を竦め慎太郎は首を振る。

一応文を見て見ると、小さく首を振る。

ヤマト「風紀委員に入る予定だからな、情報は頭に入れたい」

慎太郎「熱心なこった、良いぜ付き合う」

ニヤリと慎太郎は笑い、そのまま学校に向かい走る。

文「……えっと……頑張ってください……」

ヤマト「ああ、俺も先に行く」



手に入れた派閥の情報
下1〜3
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:26:34.55 ID:OXKUh05p0
風紀委員会は最近生徒会から分派した派閥。生徒会は他の派閥を取り締まっているが暴力制裁が苛烈極まる。
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:32:25.48 ID:edGrZ77w0
愚連隊は他の派閥に喧嘩を売りまくっているが、派閥と愚連隊の両方に入っているものもいるらしい。戦って負けた相手には従う奴も多い
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:35:51.17 ID:NOe57MERO
夏蓮のいる派閥は4月にできた派閥で最小だったのが他の派閥を攻撃することで増やしていってる
192 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/18(土) 01:09:37.34 ID:7TvWoWjl0
彼が集めた情報は以下の三つ。

風紀委員会の結成理由。

最大派閥の愚連隊の事。

そして急成長中の派閥。

慎太郎「共有しようか、まずは譲る」

ヤマト「……生徒会は取り締まる者達だ、そして風紀委員会は罰を与える者達」

アヤノから聞いた話しを反芻しながら語る。

ヤマト「起きる前に潰すのが目的の生徒会は暴力装置として制御できていない、だからこそまともな方は風紀委員会に移ってらしい」

慎太郎「ああ、罰するってのはそういうわけか」

その後も、ヤマトは愚連隊の成長方法などを丁寧に説明する。

ヤマト「こんなものかな……銀原、お前は?」

慎太郎「新聞部に掛け合って顔写真をもらった、結構な大きさの派閥のトップ連中らしい」



派閥のトップの容姿
下1〜3
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 01:13:04.30 ID:OXKUh05p0
柔和な笑みを張り付けた長髪の男
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 01:20:15.13 ID:GKK3edtA0
四条院 豪(しじょういん ごう)
身長2mはあろうかという暑苦しいながらも、人の良さも感じられる学ランを着た大男
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 01:35:45.69 ID:JfNe6uRQ0
>>101
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 01:41:33.96 ID:CHht7yb/O
>>14
名前は佐倉 時雨(さくら しぐれ)
197 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/19(日) 00:13:19.69 ID:spSCgGQY0
机に並べられたのは3枚の写真。

見知らぬ男の写真と見知った女の写真。

どうやら慎太郎が名を知ってるのは一人、四条院 豪。

魔人らしからぬ竹を割ったような性格らしい。

慎太郎「まあ有名な奴だからな……他は生憎」

ヤマト「この女、名前は鳥羽 夏蓮……見つめた者を止める能力だ、食らった俺の分析だが」

その言葉に慎太郎は目を光らす。

慎太郎「やったのかよ? へぇ……いいねぇ、手合わせ願いたいもんだ」

ケラケラと笑い……そのご少しだけ笑みは質が変わる。

ヤマト(この顔は……)

先日のアヤノを不意に思い出す。

慎太郎「なぁ、この中の一人を闇討ちしようぜ」

ヤマト(試したがりの笑み……)



ヤマトの行動
1やめさせる
2豪を狙う
3夏蓮を狙う
4長髪の男を狙う
5安価の行動を実行
下1〜3で一番高いコンマ
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 00:15:17.12 ID:vCYXZRklO
4
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 00:16:18.44 ID:tgL2uqSP0
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 00:17:15.42 ID:XW3xDQ4G0
5 あえて空を狙ってみる
201 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/19(日) 01:16:35.88 ID:spSCgGQY0
慎太郎「俺は居場所を探す、派閥の情報とかは任せたぞ」

そう意気揚々とどこかへ走っていった慎太郎を見送り、ヤマトは別館へと向かう。

戸をノックし、そしてできるだけ礼儀正しく中に入る。

ヤマト「アヤノ、四条院と言う奴の情報はあるか?」

アヤノ「やけに唐突だな……」

そう言いながら、彼女はファイルを取り出す。

アヤノ「能力はうまく隠す奴だ、よくわからん……派閥に関してだけだが目を通してみろ」



四条院の派閥の情報
下1〜3
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 01:20:07.62 ID:tgL2uqSP0
四条院の下に5つの部隊があり、それぞれを統率する5人の幹部がいる。
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 01:26:04.74 ID:07JCABYfO
四条院の実力とカリスマにより、5つの部隊は上手く纏まっており、その派閥内と周囲は規律が保たれている
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 01:37:49.87 ID:5bKY7ItsO
派閥の幹部は実力はそこそこ程度
構成員は実力はイマイチだが性格は良い人揃いらしい
205 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/19(日) 02:19:17.49 ID:spSCgGQY0
アヤノ「四条院はいわば穏健派でな……あまり無茶はするなよ」

彼を見ないまま、アヤノはそう忠告する。

ヤマト「さてな」

アヤノ「はぁ……まあ釘をさすくらいはできるだろう、やってみろ」

その言葉を背に、ヤマトは風紀委員室を後にする。

……ちょうど良く慎太郎から連絡があり、指定された場所へ向かう。
206 : ◆73T..bN9kk [saga]:2017/11/19(日) 15:03:15.17 ID:spSCgGQY0
慎太郎「へぇ、五人の幹部ね」

ヤマト「ああ、俺に一つ考えがある」

興味深そうに、慎太郎は身を乗り出す。

ヤマト「一人ずつ潰す、正直四条院とその五人以外は雑魚の集まりらしいからな」

慎太郎「なるほどね、確かに長く楽しんだ方が良いわな」

ニヤリと笑い、慎太郎は人の集まりを指差す。

慎太郎「四条院の周りにいる五人がそうだろ? どいつから潰すよ」



標的の容姿
下1〜3で一番高いコンマ
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 15:09:39.99 ID:tgL2uqSP0
包帯を巻いたオッドアイ(カラーコンタクト)の男。
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 15:10:21.94 ID:4KGraOXyO
老け顔の男
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 15:12:28.53 ID:HgL2BkR6O
細身ながらもがっちりした、軍服の少年
62.75 KB Speed:37   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)