【デレマスSS】監察医の白坂さん【R- 18G】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:26:43.55 ID:blOdmJnXO
(デレマスのアイドルを登場人物に使っているだけでデレマス要素は)ないです
(独自設定、残酷な描写が)ありますあります
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:27:53.90 ID:blOdmJnXO
 晩秋の朝のやわらかな陽光が、監察医の白坂小梅の青白く生気のない肌をじんわりとあたためていく。
仄暗い現代社会を生きる人間にとって
 日光浴は大切である。一日一時間の日光浴で、セロトニンの分泌量を増やすことができ、うつ病の防止に大いに効果がある。研修生の龍崎薫が日々取り組んでいる「白坂小梅健康促進キャンペーン」の一環で、朝の日光浴タイムが設けられデスクのブラインドは上げられていた。
 ぽかぽかとした血液が頭に上ってきて、かたかたと検案書を作成する小梅の集中力をじわじわと奪っていく。これはいけないとキーボードの横にある煙草とライターを取ろうとすると、薫の手がむんずと煙草とライターをつかんでいった。

「い、一本ぐらい吸わせてよ…」

「ダメです。お仕事中は禁煙って決めたじゃないですか」

「あのね、お、お仕事が多くてストレスが溜まってるの…これじゃお仕事にならないよ…ね、一本だけお願い…」

 容赦なく小梅の嘆願を切り捨てる薫になおも縋りつく小梅。

「ダメです。煙草吸う方がストレス溜まるって科学的に証明されてるじゃないですか。これで我慢してください」
 そう言って薫が小梅に手渡したのはココアシガレット。

「…わかった」
 震える手でココアシガレットを一本つまみ、バリボリとかじる小梅。数か月前に受けた健康診断は残酷にも小梅の不健康を立証し、薫を医者としての使命感に燃え上がらせてしまった。お前は監察医を目指しているんじゃないのかと突っ込んでやりたいのはナイショだ。
 甘ったるくなった口の中をコーヒーで洗い、二本目のココアシガレットをかじろうとした時、デスクの上にある電話が鳴った。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:30:28.08 ID:blOdmJnXO
「は、はい…白坂です…」

『白坂先生、ヒゲクマさんからお電話です』

 受付の服部瞳子の柔らかい声が告げるのは、気だるげな気分を吹き飛ばす名前。ヒゲクマは新宿区警察署所属の刑事、熊田浩一のニックネームだ。

「あ、つ、繋いでください…」

『おう、先生かい?朝っぱらからすまねぇんだけどよ。今日、検案頼めるかい?死体は一体で、損壊ありだ』

「ちょ、ちょっと待ってね…。か、薫ちゃん…今日は台って空いてるかな…?」

「はーい!ちょっと待ってくださいねー!」

 薫がパソコンの予約システムを起動して解剖台の予約を調べる。

「先生!1台が16時から空いてまー!」

「あ、ありがと…。ヒゲクマさん、16時からできるよ…」

『おお、そうか!16時だな!ありがとうよ!』

 電話のスピーカーが音割れするほどの大声でヒゲクマは礼を言って電話を切った。

「か、薫ちゃん…今日の16時から持込検案ね…」

「あーあ、今日もですか。新宿署からの持込、今月だけでもう10件ですよねぇ」

「しょ、しょうがないよ…新宿署の署長さんがウチを頼りにしてくれてるんだもん…」

 平成25年に施行された死因・身元調査法により新法解剖が運用されるようになってから、捜査のスピードを速めるために監察医務院が解剖を行うケースが増えている。
 裁判所が命じる司法解剖は被害者遺族の了承を得ないと行えないが、新法解剖は警察署長の権限で行うことができ、被害者遺族の了承も不要なため、死因の特定が速やかにできて初動捜査の方針を固めることができる。警察からしたらいいことずくめの制度だ。監察医からしたら死ぬほど忙しくなるので糞以下の制度だというのに。ファッキュー内閣府。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:31:11.50 ID:blOdmJnXO
「そ、それに持込班の私たちはまだマシだよ…市原先生は現場班だから昼でも夜でも現場に駆り出されて、今月は奥さんとお子さんに会っていないって嘆いてたよ…」

「とりあえず、残ってる検案書大急ぎで仕上げないと…先生、なんですかその手は?」

 小梅は薫に向かって無言で手を差し出している。

「先生、ダメですよ。お仕事中は禁煙だって決めたじゃないですか」

「じゃあ今日は深夜残業コース、だね…ふふふ…知ってる?ここって深夜にお仕事してると、誰かにじーっと見られているような気がしたり、誰もいないはずの廊下から、足音がしたりするんだよ…」

「そ、そんなのただのウワサです!」

「じゃあ…今夜は、そのウワサが本当か確かめようね…」

「………煙草吸って、気合入れてきてください」

 怖がりの薫は小梅に煙草を明け渡す選択肢を選ぶしかなかった。

「あ、ありがと…」

「あっ!一本だけですよ!一本だけ!」

「わ、わかってるよ…じゃ吸ってくるね…」

 薫はウキウキと喫煙所に小走りで向かう小梅を見送りながらため息を吐いた。そして薫も解剖の準備をするためにパタパタと部屋を出て行った。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:31:39.40 ID:blOdmJnXO
「おーっす。今日もよろしく頼むぜ」

 きっかり15時にヒゲクマはやってきた。新宿警察署の警部補である熊田浩一は恰幅のいい体と髭の生えたふてぶてしい面構えとクマのようにつぶらな可愛い瞳から、ヒゲクマの愛称で呼ばれている。

「こ、こんにちは…準備できてるよ…」

「お疲れ様です!」

「いつもすまねえなぁ。ほい、これ差し入れな」

「叙々苑の焼肉弁当だー!ありがとうございます!」

「わぁ…♪ありがとうございます…」

 焼肉は小梅と薫の大好物だ。人におごってもらう焼肉に勝る食べ物はないとは小梅の持論だ。

「ここんとこ連続で検案頼んじまったからな。肉でも食ってお馬力つけてちょうだいよ」

「じゃ、解剖が終わったら食べましょうね先生!」

「そ、そうだね…」

「あれ?薫ちゃん、解剖の後は何も食べられないんじゃなかったか」

 薫は監察医を目指しているが、死体に対して耐性がない。解剖の途中でバケツにげえげえと吐くのがいつものお約束だ。

「最近、吐いた後でもちゃんと食べられるようになりました。成長ですよ!成長!」
 どうだと言わんばかりと誇らしげに報告する薫。

「薫ちゃん、それ成長したって言えねえ」

「ちゃんとご飯食べられるからいーんですー。それよりも最近、新宿からの持込が多くないですか?先週もやりましたよ」

「あー…一ノ瀬先生がウチの署長に信用されてねえからなぁ…」

「一ノ瀬先生?」

「ウチの管轄にある東京女子医科大学の法医学教室にいるスゴ腕、いやスゴ鼻の先生だ」

「い、一ノ瀬さんは確かにスゴ鼻だね…」

「スゴ鼻って言葉、初めて聞きますよ…どんな人なんですか?」

「一ノ瀬先生はそりゃあもうすげえ鼻の持ち主でよ。何と死体の匂いを嗅いで死亡時刻から死因までビタリと当てちまう」

「匂いで?!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:33:34.19 ID:blOdmJnXO
 信じられないと訝しげにヒゲクマを見つめる薫。薫が持ち合わせている監察医の常識と知識ではとても信じられないのも無理はない。

「頭を鈍器で殴られた死体が来れば殴った凶器の匂いを嗅ぎとって言い当てちまうし、毒殺された死体の肌の匂いを嗅いで薬品を言い当てちまう。ありゃ人間じゃねえな。うん、妖怪だ妖怪」

「よ、妖怪ですか…」

「ま、そんなスゴ鼻の妖怪も東京地検の二宮検察官とタッグを組んで、難事件の数々を解決してるんだぜ。去年あった赤い洗面器殺人事件とか」

「えっ!あの事件、スゴ鼻の妖怪が解決したんですか?!」

「そ、そうだよ…い、一ノ瀬先生は変わった事件を解決してるよね…」

「しかも、あの先生気まぐれでよ。興味が湧いた死体しか解剖しねえ。しかも失踪癖持ちで、二宮検察官じゃなきゃ居場所が見つけらんねえから、ウチが解剖を頼もうにも連絡がつきゃしねえ。おかげでウチの署長からは嫌われてるって訳だな」

「い、一ノ瀬先生はメスいらずだから…死体をキレイにお返しできてうらやましいよね…」

「確かにそれはうらやましいですね。この間もご遺族の方からクレーム来ちゃいましたもんね…」

「ま、それでも俺は白坂先生がいいけどな!人間味があるからよ!」

 ヒゲクマがバシリと小梅の背中を叩く。

「も、もう痛いでしょ…」

「ウハハ!イテエってことは生きてる証拠だよ!」

「あはは!確かに!」

 ヒゲクマと薫の笑い声に交じってドアがノックされる音が聞こえ、ガチャリとドアが開きパンツスーツの女が入ってきた。

「ちわーっす。ヒゲクマさん、死体の搬入できたっすよ」

「おう、向井。ありがとうな」

 部屋に入ってきた乱暴な口調の女の名前は向井拓海という。ヒゲクマと同じく、新宿警察署に所属する刑事だ。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:34:19.51 ID:blOdmJnXO
「…あれ?」

 拓海は部屋に入るなり、鼻をひくつかせて小梅に近づいていく。

「おい、薫。白坂センセから煙草の匂いがすんぞ」

「………ここにもスゴ鼻がいましたね」

「向井は鼻が利くからな」

「あの妖怪と一緒にすんじゃねー!アタシは立派な人間だ!」

 ガルル!と吠えるように叫ぶ拓海は人間というより、犬だなと小梅は思った。☆

「薫!白坂センセを禁煙させるんじゃなかったのかよ!」

「ご、ごめんなさい!今日は仕事がたくさんあるからどうしてもって先生が」

「あのなあ、ウチの署長から言われてんだぞ?『白坂先生は体が細く、食も細く、声もか細い!白坂先生に倒れられたら新宿警察署の一大事!熊田君と向井君で先生の健康面をサポートするように!』…ってよ」

「ウハハハハ!おい今のモノマネ、今年の忘年会でやれよ!絶対にウケるぜ!」

「嫌っすよ!給料減らされちまいます!」

「拓海さん、新宿警察署のために先生をもっと健康にしなきゃいけませんね!」

「そうだなー………お、次はあれだ!スムージーで健康になってもらうか!」

「も、もう…!私の健康より、もっと大事なことあるでしょ…!」

 盛り上がる薫と拓海を見て、今度はどんな苦行を課せられるのかと小梅はゲンナリとする。話題をそらさなければ何をされるかわかったもんじゃない。

「お、そうだな。先生、今日の死体はちょっとハードだ。顔面をぐちゃぐちゃに潰された女で、右腕が切断されてる。これが現場写真な」

「ふうん…あ、こ、ここってお風呂屋さん…?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:36:16.42 ID:blOdmJnXO
「正解。借り手がつかなくて空きテナントになってた元ソープランドだ。発見者は近所のホームレスのジイサンで、あんまりに寒かったから中で寝ようと侵入したら見つけちまったらしい。しかも、現場から逃げる犯人の足音まで聞いてるってんだからお手柄だ。音がしたって所からしっかりとゲソ痕も取れたしよ」

「えーと、じゃあ犯人はもう見つかってるんですか?」

 薫は現場写真を見まいと窓の方を見ながら質問をする。

「いいや、見つかってねえ。あの辺はスキマって呼ばれててな、雑居ビルの隙間に監視カメラのない道、上海小吃の辺りみたいな感じの道がうじゃうじゃとある。あの辺を知ってる奴は監視カメラに映らずに逃げちまう」

「目撃情報もジイサン以外にねえし、身元もわかんねえ。歯もほとんどペンチで抜かれて砕かれてたンすよ。ったく、歯型の照合もできやしねえ!」

「は、歯をペンチで…うぇー…」

 薫は自分の歯がそうされたような感覚がしておぞ気がしたのか、口に手をあてて顔をしかめた。

「って訳だから、しっかりと解剖頼むぜ先生。向井、お前は解剖の間に現場で聞き込みしてきてくれ」

「う、うん…任せて…!」

「うっす、了解です」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:37:07.42 ID:blOdmJnXO
「先生!準備できましたよ!」

 解剖室の薄暗く、どこか湿っぽい空気に薫の元気な声が響き渡る。死が充満しているこの部屋で、薫だけが生きている。そんな風に小梅は思った。

「う、うん…ありがとう…」

「薫ちゃん、吐きたかったら素直に言ってくれよな。バケツは俺が持っておくから」

「ヒゲクマさん、今日はお昼も少なめにしたし、おやつも食べていないから我慢できるので大丈夫です!それに…うん、嫌な感じの臭いはしないので大丈夫です。…たぶん」

 鼻をすんすんとして、臭いを確認する薫。薫曰く、見た目のグロさは慣れれば大丈夫だが、臭いのきつい死体だと本能的に吐き気がくるらしい。

「うーん…おじさん、とっても心配だなぁ…薫ちゃん、見た目のきっつい死体でも吐くからなぁ…」

 ヒゲクマはバケツを抱えて、心配そうに薫を見つめる。薫は死体を見るのが吐くほど嫌なのに、監察医を目指そうとする意志が人一倍強い。

「か、薫ちゃん…無理はしないでね…」

「もう!大丈夫ですってば!」

「じゃ、じゃあやろっか………始めます」

 小梅の凛とした声が解剖の始まりを告げた。
 小梅が合掌し、薫とヒゲクマも続いて合掌する。
 数十秒の合掌が終わり、薫が死体袋のマジックテープを開けると、潰れた顔がでろりと現れた。薫の手がびくりと一瞬止まるが、ぎゅっと手に力を込めて死体を袋から出していく。死後硬直が始まっている死体を袋から出すのはちょっと大変だ。
 死体の右腕は肘から先が切断されていて、別の袋に分けられていた。全身に暴行されたのか痣がいくつかあるが、死にたてで腐っていない。死体愛好家の小梅が好きな状態の死体だ。腐った死体は映画の中だけで十分だ。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:37:42.87 ID:blOdmJnXO
「身長は172cm…女性…か、顔の全体に損壊…右前腕部が切断されてるね…全身に拳大の痣あり…首に索条痕があるから直接的な死因はこれかな…痕の形は…電気コードかな…生活反応はなし…硬直の具合からして…死後20時間だね…」

「はい」

「20時間てぇと、死亡推定時刻は昨日の夜の10時前後か。んで、死因は首を絞められたことによる絞殺だな」

「そ、そうだね…それと歯は…中切歯から第一小臼歯まで抜かれているね…第二小臼歯から第二大臼歯はペンチみたいな物で砕かれてるね…」

「…はい」

 黙々と記録をしていく薫だが、やはり歯の部分になると辛いのか反応が鈍る。

「か、薫ちゃん…この人が受けた傷を想像するよりも、記録をきちんと取らないとこの人がどうやって殺されたのかどうか判らないでしょ…身元だって分からないし、ちゃんと私たちで調べないと、この人は家に帰ることもできないんだよ…」

「す、すみません!」

 小梅は死体愛好家である前に監察医だ。被害者の利益を第一に解剖を行うのが信条である。被害者の死因を明らかにし、身元を割り出す手がかりを見つけ、犯人を追い詰める証拠を探し出し、被害者の無念を晴らさなければならない。

「じゃ、じゃあ続けよっか…か、顔の損壊だけど…うーんと…潰したって、感じじゃないね…削り取った感じ…こ、これって電動のグラインダーでやったのかな…」

「電動グラインダー?…成程、確かに合理的だな。肉も骨ごと削れるし、身元を手早く分からなくしちまおうってんなら悪くない選択だな」

「傷の表面に、ディスクの粉がたくさん付いてるね…科捜研で鑑定してもらおうね…」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:39:17.62 ID:blOdmJnXO
「おう、にしてもヒデェことしやがるなぁ。全身ボコボコじゃねえか」

「う、うん…殴られてあばら骨も何本か折れてるみたい…あとで切開して確かめようね…」

「はい」

「そ、それと首の索条痕だけど、吉川線がないね…縛られてたのかな…?うーん…あ、あった…親指の根本にきつく締め付けられた跡があるね…結束バンドで拘束されたまま首を絞められたのかな…」

「………先生」

「な、なあに…?」

「吐きます」

 薫はそう言うと、ヒゲクマからバケツをひったくり、部屋の隅へと駆け出してげえげえと吐き、口を拭い、新しいマスクを着けて解剖台に戻ってきた。

「すみません、お騒がせしました。先生、続けてください」

 顔色は青く、息も絶え絶えだが、薫の目には必ずこの解剖をやり遂げるという強い意志が宿っていた。

「うん…頑張ろうね、薫ちゃん…」

「はい!」

 死と向き合うことはとても辛く、その死が凄惨であれば目を背けたくなる。だが、監察医である以上その死から目を背けてはいけない。向き合うことに耐えきれず吐くことがあっても、絶対に目を背けようとしない薫には監察医の素質がある。少なくとも、自分よりは真っ当な監察医になれると小梅は思う。吐き癖は直してほしいけど。

「じゃあ次は切開に移るよ…まずは胸部から…」

その瞬間、小梅の耳に声がぞわりと入り込んできた。

『この事を漫画に…』

 その声はぐちゃぐちゃになって形もない唇から、確かに漏れ出た。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:41:42.56 ID:blOdmJnXO
「この事を漫画にねぇ…」

 そうポツリとつぶやいて、ヒゲクマはヘミングウェイ・カクテルをちびりと飲む。ヒゲクマの恰幅のいい図体と細いシャンパングラスはあまりにもアンバランスで小梅はくすりと笑ってしまった。

「なんだい先生、こちとら頭を悩ませてるってのに」

「ご、ごめんね…悩んでる時のヒゲクマさんってか、かわいいからついね…」

 身元不明の死体の解剖を終えて、小梅とヒゲクマは行きつけのパティスリーバーに来ていた。カウンターに座る二人の前には、ヘミングウェイ・カクテルが2杯とアップルパイが1ホール。一切れは小梅ので、あとはヒゲクマの分だ。

「おいおい…そこはしかめっ面で怖いとか言ってくれよ。俺はコワモテなのが売りなんだぜ」

「カ、カワイイのはカワイイんだからいいの…!」

 ヒゲクマは照れ臭いのか、返事もせずにアップルパイを手でつかみガブリとやった。

「うーむ………うめぇ!マスター、今年もいいリンゴ使ってんな」

「ほ、ほんと…?じゃあ私も…」

 小梅もヒゲクマに続いてアップルパイをフォークで切り分けてパクリと食べる。

「んー…♪リ、リンゴがどっさりでおいしいね…」

 そして、小梅とヒゲクマはヘミングウェイ・カクテルをぐびりと飲む。ヘミングウェイ・カクテルはアブサンとシャンパンで作るカクテルだ。アブサンの強烈な風味がシャンパンの炭酸でぐわっと口の中で広がるが、そこへアップルパイを放り込むと。

「うめぇ…」

「おいしい…もう、死んでもいいぐらい…」

 これがもうたまらなく、うまい。退廃的な飲み方であるが、アブサンのおかげで健康になれる。節度さえ守れば。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:43:18.90 ID:blOdmJnXO
「あはは…『午後の死』を飲んで死んだら、ヘミングウェイも大喜びじゃないでスかね」

 不意に、小梅の隣から声がした。声の主は、髪が少しぼさっとしている眼鏡をかけた女性だった。

「おお!アンタもヘミングウェイが好きか!」

「い、いやアタシは漫画のネタのためにカクテル調べてたら、たまたま知って、その短編を読んだだけでスけど…」

「ご、『午後の死』…?」

「ヘミングウェイ・カクテルの別名だ。ヘミングウェイの作品に同じ名前の短編があってな。そもそもこのカクテルは、かのヘミングウェイが考案したんだぜ。ちなみに、オリジナルのレシピはアブサンじゃなくて黒色火薬を使う」

「それはまた物騒でスね」

「ひ、ヒゲクマさんはヘミングウェイが好きだよね…」

「おうよ!ヘミングウェイこそ男の中の男よ!徹頭徹尾、男らしさに拘るあのスタイルが最高じゃあねえか!俺もああなりてえもんだ!」

「…あの、ヘミングウェイって確か」

「しーっ…」

 小梅は女性の方をちらりと見て、いたずらに笑いながら口に人差し指をあてる仕草をした。誰にでも秘密はある。小梅にも、ヒゲクマにも。

「ね、ねえ…さっき漫画のネタって言ってたよね…もしかして、漫画家さん…?」

「あ、はい、そうでス。といってもまだデビューしたことないんでスけど…同人作家といった方がいいっスね」

「へえ…」

「どんな漫画を描くんだい?」

「魔法少女とかファンタジー系の漫画を描いてまス。こんな感じの絵柄で」

 女性はそう言って自分のスマホを操作して、画像を二人に見せる。とてもかわいらしい女の子が、魔法のステッキでモンスターをボコボコにしている絵だ。

「これは魔法少女フルボッコちゃんって言うんでスけど」

「わぁ…♪いい…!いい…!」

 趣味に合ったのか、小梅は興奮気味だ。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:44:23.12 ID:blOdmJnXO
「ほぉーいい腕してるじゃねぇの」

「あ、ありがとうございまス。…あの、こんなこと失礼を承知で頼みたいんでスが」

「ん、なんだい?」

「お二人をスケッチさせてもらっても良いでスか?今、描こうとしている作品のイメージにお二人がピッタリなんでス!どうかひとつ!」

 怒られるのを覚悟しているのか、女性はわざわざ席から立ってぺこりと頭を下げて頼み込む。

「おお、いいぜ」

「い、いいですよ…」

「えっ!ほ、ほんとに?………あ、ありがとうございまス!」

 あまりにもあっさりとした返事に、女性は困惑しながらも礼をする。
「いいっていいって!断ったら土下座までされそうなオーラが出てたものなあ」

「う、うん…」

「あはは…じ、実はキャラクター像が全然浮かばなくって、どうにかなりそうだったんでス。お酒でも飲めばなにかアイデアが湧くかなってココにきて正解っスね」

 そう言いながら、女性は小さなスケッチブックと鉛筆を何本か取り出す。

「あ、ゴメンナサイ、自己紹介がまだっスね。アタシは荒木比奈っていいまス」

「あ…し、白坂小梅と言います…小梅でいいよ…」

 ふかぶかと頭を下げて小梅が自己紹介をする。

「俺は熊田。ヒゲクマでいいぜ」

 ヒゲクマはニカッと笑って自己紹介をした。

「じゃあ早速始めさせてもらいまスね。えーと、小梅さんから」

「こ、こわーく描いてね…」

「いや先生はカワイイだろ」

「先生?」

「あ、いけね」

「え、えっと私は公務員で…か、監察医をしています…」

 小梅は堂々と自らが監察医であることを告げた。

「監察医!?」

「は、はい…」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:45:27.32 ID:blOdmJnXO
 驚くのも無理はないとヒゲクマは思う。なにせ小梅は身長142cmで体重は34kgとぱっと見は子供にしか見えない。そのうえ髪は金髪、耳にはこれでもかとピアスがどっさり。タトゥーショップの店員ならともかく、これで監察医とは思わないだろう。

「信じらんねえだろうが、マジで先生は監察医だぜ。東京監察医務院に勤めてんだ」

「はぁ…世の中って広いモンでスね…」

 比奈はまだ信じられないという顔をしながらも、さらさらと鉛筆は動かして小梅の顔を描いていく。10分もしない内にスケッチは書き上がり、小梅の耳についているピアス、髪型、目のそれぞれのアップのスケッチも余白に描き加えられていた。

「ほぉー…見事なもんだ。あんた、写実画家の才能もあるんだな」

 比奈の後ろからスケッチをする様子を見ていたヒゲクマは唸って感心していた。

「あはは…バイトだけじゃ食っていけないんで、路上で似顔絵も描いていまスからね」

「か、描けた…?も、もう動いていい…?」

 10分間律儀にじっとしていた小梅の関節からはギギギと音がしそうだった。

「あ、もう大丈夫でス。長い時間じっとさせちゃってスミマセン」

「よ、よかった…」

 小梅は安堵の表情を見せ、灰皿に放置されていた火が消えかけの煙草をくわえて吸い、ぷかりと煙を吐いた。

 比奈はその様子をじっと見つめ、何かを思案しているようだった。

「この人なら、助けてもらえるかも…」

 よほど思い詰めているのか、ぽつりと言葉を漏らすほどに。

「あ、あの…助けてってどういう…?」

「へ?あ、ええと…」

「な、なにを助けて欲しいの…?」

「ウハハ!健康相談ならやめとけ、この先生は不健康に関しちゃプロだからよ!」

 そう言って、ヒゲクマはヘミングウェイ・カクテルをグビリと煽る。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:47:10.98 ID:blOdmJnXO
「も、もう…!私だってお、お医者さんなんだからアドバイスぐらいはで、できるよ…!」

「説得力ないでスね…」

「だな」

 唇を尖らせて抗議する小梅だが、まったくもって説得力はない。

「えーとでスね。アタシの友達に山咲ハナヨっていう漫画家いまして…」

「山咲ハナヨ?『路地裏の子供たち』の山咲ハナヨか!?」

「知ってるの…?」

「おお、虐待されてる子供とか、育児放置されている子供がテーマの漫画でよ。描写がもの凄く生々しいんだよ。冷や飯にマヨネーズかけて食うとか、公園で遊んでた子供たちの携帯ゲーム機を盗んで、親と一緒に中古屋に売りにいくとか」

「へえ…」

「短期集中連載の漫画だったけれどよ。単行本が飛ぶように売れて、ミニシアター系だけど映画にもなったんだ。確か3年前だったよな」

「そうでス。よくご存じでスね…」

「ま、職業柄な。次回作も楽しみにしてるって伝えてくれよ」

「はい、そう伝えたいのは山々なんでスが…実は、ハナヨちゃん、その次回作でとっても悩んでて…」

 比奈は複雑そうな面持ちでそう答える。

「次回作の構想が全く浮かばないそうなんでス。あたしや他の同人仲間も、そのうちプレッシャーに負けて失踪してしまうんじゃないかって心配で…」

 鉛筆をぎゅっと握りしめて、話す比奈はまるで自分のことを話しているようにも見えた。作家特有の悩みだというのが、小梅にもそれとなく感じられた。

「ハナヨちゃんが描く漫画はテーマがその、特殊といいまスか…社会派で、あたしはファンタジー系の漫画、他の仲間もオタク向けなジャンルなんで情報提供のツテもなくて、できることといったら気晴らしに飲みに連れてってあげるぐらいで…」

「うん…うん…」

 小梅は、比奈の手を優しく包み、静かに相槌をうちながら話を聞く。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:48:39.74 ID:blOdmJnXO
「…実は『路地裏の子供たち』はハナヨちゃんが子供の頃に経験したことが基に描かれていた漫画なんでス」

「なるほどな、どおりで妙に生々しい訳だ。…結構、キツイ人生送ってた訳ね」

「はい…ハナヨちゃん、作品を描き上げた後の打ち上げ会で「私、空っぽになっちゃったよ」って言ってたんでス…生活自体は印税やイラストレーターの仕事を細々として何とか食いつないでいるんでスけど、ハナヨちゃんに何とか漫画家として再起して欲しくって。白坂先生、どうかハナヨちゃんの力になってくれませんか!」

 比奈は、自身の時よりもさらに深く頭を下げていた。

「あ、あのね…私、監察医だから守秘義務があって被害者の方の事はあんまり話せないの…。で、でもね、お仕事の仕組みとか、よくある死因とか珍しい死因をお話することはできるよ…。そんな形でいいなら、お手伝いできるけど…」

 そう言って、小梅はメモ帳に自身の携帯の番号を書いてページを破り、比奈に差し出した。

「あ…ありがとうございまス!」

「良かったなぁ、先生なら面白い話をわんさか知ってるからよ。安心していいぜ」

 そう言って、バシリと比奈の肩を叩くヒゲクマ。

「はい!それじゃあ、あたしからの前金がわりといっちゃなんでスが、お二人に一杯おごらせてくださいっス」

「おいおい、ここはパティスリーバーだぜ?おごるなら酒じゃなくて、スイーツだ!」

「そ、そうだね…ここ、お酒よりもお菓子の方が安いもんね…」

「ス、スミマセン…ここは初めて来たもんでスから…なんか、オススメありまス?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:49:39.21 ID:blOdmJnXO
「ふーむ…そうだな、この店のオススメといやあカンノ―リだな」

「カンノ―リ?」

「シ、シチリアのお菓子でね…筒みたいにした生地を揚げて、その中にリコッタチーズのクリームをたっぷり詰めるの…」

「ここのマスターは本場シチリアにいって作り方を盗んできたんだ。絶品だぜ」

「はえー…じゃあそれで」

「おう、マスター!この姉ちゃんのおごりでカンノ―リ3つな!」

「あ、あ…それとイェーガーのストレートのダブル…」

「俺は山崎のロックを」

「あたしは…ヘミングウェイ・カクテルをお願いしまス。あ、それと次はヒゲクマさんのスケッチをさせてください」

「おう、男前に描いてくれよな!」

「はいっス!」

 小梅はポーズをきめるヒゲクマの邪魔にならないように、比奈の後ろに移動して、比奈の耳元で小さく囁いた。

「か、かわいく描いてあげてね…」

「あはは…じゃあ両方で」

 さらさらと描かれていく男前のヒゲクマと、デフォルメされたかわいいヒゲクマを見ながら、小梅はグラスに残っていたヘミングウェイ・カクテルをぐびりと飲み干し、煙草を吸ってぷかりと煙を吐いた。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/12/29(金) 13:51:43.50 ID:blOdmJnXO
今日はここまでっス
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 15:57:20.29 ID:fpuXsrwwO
監視官に見えた

潜在犯をエリミネーターして恍惚とする子産めちゃんかと思った
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 23:55:01.20 ID:oQFo+u1Po
色々とお疲れナス
続き楽しみだったからこのスレ超助かる!
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/01(月) 14:40:58.96 ID:dHt+5ryto
 それから三日経ち、小梅が喫煙所で煙草を吸っている時だった。今日は薫が休みなので、心置きなく煙草を吸い、良い心地でぼんやりと午後の落陽を浴びていると胸ポケットのスマホがぶるりと震えた。薫にバレたかと思い、慌てて画面を確認すると登録のない番号が表示されていた。小梅は不審に思ったが、とりあえず出てみることにした。

「も、もしもし…?」

『あ…こ、小梅さんでスか…?比奈でス、荒木比奈でス!』

「こ、こんにちは…ど、どうしたの…?」

『あの、その、それが…』

 電話の向こうの比奈はよっぽど慌てているのか、気が動転しているのか、声がうまく出せないようだ。

「ま、まず、落ち着こうね…深呼吸して…」

『は、はい………スイマセン、落ち着きました』

「で…どうしたの…?」

『えと、この前バーで話したハナヨちゃんのことなんでスけど。あの後、何度か電話しても出てくれなくて、それで今日様子を見に部屋まで来たら玄関が開いていて、中に入ったら誰もいなくて、一日待ってたんでスけど帰ってこなくて…』

「何か置手紙とかあった…?部屋とか荒らされてない…?」

『そういったのは特に…洗濯物とか干しっぱなしだったんでコンビニに行ってるのかなって思ってたんでスけど…』

「洗濯物が干しっぱなし…?」

『はい…どうしよう、ハナヨちゃんとうとう思い詰めて…』

「わ、わかった…今からそっちに行くから、場所教えてくれるかな…?」

『はい、えーとここは歌舞伎町のライオンズマンションの307室でスね』

「え…あそこなの…」

『えっ、な、なんかあるんでスか!?ここ!?』

 歌舞伎町のライオンズマンションといえば、闇金の事務所や半グレの溜まり場になっているとヒゲクマに聞いたことがあった。そんな場所に住むのはよっぽどの好き者だろう。

「だ、大丈夫だと思うけど…戸締りはしっかりしておいてね…」

『は、はい!』

 電話を切り、煙草を深く吸ってぷかりと煙を吐いてから、小梅は別の相手に電話をかける。
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/01(月) 14:43:34.39 ID:dHt+5ryto
『はいよ、もしもし?先生、どうかしたか』

「も、もしもし…ヒゲクマさん、今から外に出られる…?なんか、さわがしいね…」

 電話の相手はヒゲクマ、ちょうど警察署にいるのか、拓海が韓国語で叫んでいるのが小さく聞こえた。なにやら取り込み中のようだ。

『向井が引っ張ってきた不良外人が暴れててな…お、ヘッドロック決めやがった!たった今、ヒマになったぞ』

「え、えっとね…この間、バーで会った比奈さんから電話があってね…」

 小梅は、今しがた比奈と電話で話した内容をヒゲクマに伝えた。

『…確かにそりゃあ怪しい。あのマンションってのもそうだが、失踪する奴は洗濯物なんか干しっぱなしにしねぇな。身辺整理をして、自分がいなくなってもいいようにするモンだ』

「うん…それに、連絡が取れなくなったのが3日前って…」

『いや、まだわかんないだろ!とにかく、比奈ちゃんを一人きりにさせるわけにもいかねえ。とりあえず俺も向かうから現地でな』

「わ、わかった…」

 小梅は電話を切ると、デスクに戻り白衣を脱いでモッズコートを着て部屋を出た。小梅の体格でモッズコートを着ると、ロングジャンパーを着ている小学生のように見える。その上、袖はダボダボだが小梅はこの感じがとても大好きだ。
 廊下を足早に歩きながら、思案する。悪い予感が当たれば、あの部屋にいるのはあまり宜しくない。早くヒゲクマと合流して連れ出さなければ。

「あら、白坂先生お出かけですか?」

 受付の前を通ろうとした時、受付の服部瞳子から声をかけられた。マズイ、下手に答えると薫にチクられてしまう。

「え、えっと…ヒゲクマさんに呼び出しされたからちょっと歌舞伎町まで…」

「…先生、カルボナートの洋梨タルトでいいですよ」

 瞳子からしれっと口止め料を要求された。

「もう…!サボりじゃないってば…」

「うふふ…冗談です。もう夕方ですから、風邪ひかないようにしてくださいね」

「は、はい…じゃ、いってきます」

 正面玄関の自動ドアが開くと、外の冷気がひゅうと入り込んできた。今日の晩酌は熱燗と塩辛にしようと、小梅は思った。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/01(月) 14:45:13.76 ID:dHt+5ryto
 それから40分後、小梅の姿は歌舞伎町のライオンズマンションの前にあった。エントランスホールに入ろうとした時、小梅の肩がガシリとつかまれた。ばっと振り向くと、そこにはヒゲクマがいた。

「よう先生、待ってたよ」

「お、おどかさないでよ…」

「んふふふふ…いや、先生があんまりにも必死そうだったからついな」

「もう…は、はやく行こうよ…」

「はいよ」

 二人はエレベーターに乗り、3階で降りて307号室のインターホンのチャイムをヒゲクマが鳴らした。やや間をおいてから応答があった。

『…ハイ、どなたでスか?』

「俺だ、ヒゲクマだ。白坂先生もいる」

 ドアの向こうでバタバタと音がして玄関のドアが勢いよく開き、泣きそうな顔の比奈が飛び出してきた。比奈は小梅とヒゲクマの顔を見ると、安堵の表情に変わり小梅に抱き付いた。

「お、お待ちしてましたっス!」

「よ、よかった…無事で…」

「あ、アタシ不安で…っていうか、安否確認される程ここヤバいんでスか!?」

 小梅は何も答えず比奈の頭をよしよしとなでた。

「騒ぐな騒ぐな、目立っちまう。とりあえず中に入ろうや」

「あ、ハイ。どうぞっスって言ってもアタシの家じゃないでスけど」

 3人は中に入り、小梅と比奈はリビングのソファーに座り、ヒゲクマは食卓から椅子を持ってきてどかりと座った。

「さてと、話聞く前に言っておかないといけねえ事がいくつかあるよなあ。白坂先生が監察医なのは前にバーで話したけど、俺の事はまだだったよな」

「ハイ、あのヒゲクマさんってもしかしてヤクザの方でスか…?」

「良いねぇ〜、ほら先生、俺はやっぱりコワモテだってことだよ」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/01(月) 14:47:18.34 ID:dHt+5ryto
「きょ、去年、事件現場の聞き込みしてたら…ふ、不審人物扱いされて、重要参考人になりかけたのは誰だっけ…?」

「先生、それは言わない約束よ…。えーとな、俺は新宿警察署の捜査一課に所属してる刑事だ。こんな面してるけどな」

「ええっ!?け、刑事さんなんでスか!?あ、あの!大変失礼な事を!」

「んっふっふっ…まあ、気にすんな。それよりも、その山咲ハナヨさんの件なんだけど事情を聴いて事件性があれば対応させてもらうから」

「わかりましたっス」

 事務的な様だが、冷静に話を聞き出すには聞き手側がまず落ち着かなければいけない。感情的になっては聞き漏らしてしまうことがあるからだ。

「一応先生から聞いてるのは、「山咲ハナヨと3日前から連絡が取れない」「様子を見に来たら玄関にカギがかかっていなくて、洗濯物が干しっぱなし」この2点に間違いはないんだな」

「ハイ、間違いないでス」

「そんじゃ、次は失踪する理由に心当たりはあるかい?」

「………バーでも話しましたけど、ハナヨちゃん、作品の事で思い悩んでいました。きっと、それを苦にして逃げ出したんじゃないかって最初は思いました」

「ん?最初はってことは違うのか」

「ハイ…ハナヨちゃんの漫画ってとにかく現実的なんでス。登場人物が話すセリフも、現実に誰かが言った言葉なんでスよ。自分の悩みや境遇を他人に話して、そのやり取りを録音したり、地下鉄やスターバックスで周囲の会話を録音したり、とにかく生の言葉をかき集めてそれを組み替えてセリフにしたり、展開に考えたりしていくんでス。そんなハナヨちゃんが何も言わずに失踪するわけがないんでス。失踪するって話せば、山のようにネタが取れる訳でスから」

「ふーむ、転んでもタダじゃすまない人って訳ね…」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/01(月) 14:50:04.31 ID:dHt+5ryto
 唸りながら、ヒゲクマは「3日前から連絡が取れない」という点が妙に引っかかっていた。比奈の話からすると、山咲ハナヨは失踪するタマじゃない。連絡が取れなくなったタイミングと廃ソープランドで見つかった死体の死亡時刻、そして何より、小梅が聞いた「遺言」だ。
 小梅は死体から「遺言」を聞くことができる。どの死体からも聞けるわけではないが、とりわけ殺されて無念を抱えた死体からはよく聞けるのだという。その内容によっては、死因の解明にも役に立つし、事件捜査にも役立つ。これだけなら便利そうな特技だが、ひとつのデメリットがある。「遺言」は死の間際にそれを聞いていた人間に伝えなければならない。
 伝えないと耳にこびり付いて離れないというのだから、たまったものではないだろう。
 小梅曰く、「遺言」は死体が話す真実だという。そうなると、死体の身元は恐らく山咲ハナヨだ。だが裏付けが足りない、そもそも山咲ハナヨがああなる理由が見つからない。

「比奈ちゃん、今の話を聞いて、俺もこいつは失踪じゃあないと思うな。とりあえず警察に捜索願を出してもらえるかい?」

「わ、わかりました。…あの、捜索願って家族以外の人も出せるモンなんでスか?」

「それは大丈夫だ。捜索願は家族以外でも提出はできる。ま、受理されるかは警察署次第だけどな」

「はえー…知らなかったっス」

「あ、あと…山咲さんの顔写真とか…声がわかる物があったら探しやすいよね…」

「お、そうだな。比奈ちゃん、そういうのあるかい?」

「えーと、確かアタシのスマホに…あ、ありました。先月にハナヨちゃんと居酒屋で飲んでた時の動画です」

「み、見せてもらえるかな…」

「どうぞっス」

 比奈が差し出したスマホには赤ら顔で話す女性が映っていた。

『あのねー、比奈ちゃんの漫画には現実味が足らないのよ。だから展開もオチも甘ったるくなって…』

 その声は間違いなく、今まさに小梅の耳元で囁かれている「遺言」の声だった。


『この事を漫画にしなきゃ…絶対に…』


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/01(月) 14:50:30.57 ID:dHt+5ryto
今日はここまでっス
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/16(火) 03:01:11.51 ID:uNqcgv9oO
 比奈が新宿警察署に山咲ハナヨの捜索願を出してから4日後に、廃ソープランドで見つかった死体が山咲ハナヨであることが確認された。決め手となったのは、山咲ハナヨの部屋から回収された毛髪と死体のDNAが一致した事だった。

「よ、よく山咲さんの部屋に鑑識さんが入れたね…どうやったの…?」

 ヒゲクマが運転するクラウンの助手席で、小梅がコーヒーを啜りながらそう問いかけた。小梅が疑問に思うのも当然だろう。死体と山咲ハナヨをつなぐ線は物的証拠以外には何もない。死体の背景も見えていなかったあの状況で、捜査の許可が下りる訳がない。

「ふっふっふっ…歯形照合もダメ、聞き込みもダメときたらあとは捜索願が出ている行方不明者のリストを当たるだけよ。後はほら、背格好が似てるのと「刑事のカン」ってことで山咲ハナヨが怪しいと課長に進言したのさ。鑑識はその前にこっそりと入れさせたけどな」

「そ、それって…違法捜査だね…」

「違法だろうが結果が全てだ。新宿(ここ)じゃ事件が多すぎてじっくり捜査なんぞできねえからな。それに、先生がいなきゃあの死体も身元不明でロクに捜査されなかっただろうしよ…おっ、先生そろそろ着くぜ」

 ヒゲクマは牛込神楽坂駅の近くにあるコインパーキングに駐車して、車から降りる。服装は黒の上下スーツに黒のネクタイで手には数珠。続けて車から降りてきた小梅も黒のワンピースに黒いハンドバッグを持っていた。二人は山咲ハナヨの葬式に出席するために、牛込までやってきたのだった。牛込神楽坂駅のすぐ近くにある地域センターが葬式の会場だ。
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/16(火) 03:04:05.83 ID:uNqcgv9oO
「しかし、まさか区民葬儀とはな…ま、天涯孤独の身の上で葬式あげてもらえるだけマシか」

「や、安くていいよね…区民葬儀…」

 区民葬儀は、区民であれば利用できる制度だ。祭壇なしなら火葬料込みで26万強で済むので、大変お得だ。
 二人が地域センターに入ると、喪服を着た人間が大勢ホールにいた。

「た、たくさん人がい、いるね…」

「そりゃ有名漫画家の葬式だからな」

一発屋で終わった漫画家とはいえ、作品が映画化までしたともなれば、業界関係者が何人も来るのだろう。ざわざわと話すその様子から見ると、その大多数は義理で来ていて悲しみなど抱いてさえいないのだろうが。
 だが、それでも葬式をあげてもらえるだけマシだと小梅は思う。身元が分かっても引き取る者が現れず無縁仏や最終的に身元が分からず行旅死亡人になる死体も最近少なくない。死んだことさえ知られず、葬られるということに比べれば遥かにマシなのだ。

「いい式になるといいね…」

 はにかみながら小梅が言う。

「先生って葬式好きだよなあ。俺ゃどうもこういう辛気臭いのはニガテだよ」

「だ、だってお葬式のご遺体って、エンバーミングとか死化粧とかされててキレイなんだもん…」

「あ、そっちなのね…お、いたぞ比奈ちゃんだ」

 喪服の集団から少し離れたベンチにぽつねんと比奈が座っていた。喪服を着てはいるが、着慣れてないのか、ちぐはぐとした感じだ。

「よっ比奈ちゃん」

「あ…ヒゲクマさん、それに小梅さんも…」

「こ、こんにちは…」

「大丈夫かい?ちゃんと飯食ってるか?」

「あはは…ご心配おかけしてスミマセン…」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/16(火) 03:06:12.38 ID:uNqcgv9oO
 力のない声とやつれた頬から見て、食事も睡眠も十分にとれていないのだろうとヒゲクマは見定めた。山咲ハナヨの死亡を知らされた上に、あの状態の死体と対面したのだから無理もない。だが、比奈は泣かなかった。山咲ハナヨの死亡を知らされた時も、凄惨極まりない状態の死体と対面した時も、泣くことはせず、山咲ハナヨの葬式が一刻も早くあげられるようにと、警察の聴取にも進んで協力した。おそらく、この葬式も比奈が中心となって準備したのだろう。その証拠に、隈だらけの眼には式が終わるまで泣くまいという気丈な意思がはっきりとあった。

「式はこれからなんだろ?なんか手伝えることあったら言ってくれよな」

「ありがとうございまス。式の方は業者さんもいまスし、受付なんかも仲間内でなんとかなるので大丈夫でス」

「そうか、んじゃなしばらくして落ち着いたらよ、なんか旨いもんでも食いに行こうや。な?」

「はい…」

「ね、ねえ比奈さん…泣きたいなら、ちゃんと泣いといた方がいいよ…お葬式はそういう日だもの…たくさん泣いてあげたら、ハナヨさんもきっと喜んでくれるよ…」

「小梅、さん………」

 比奈は今まで堪えていた涙がどっと溢れてくるのを感じた。泣いてはいけない、泣き喚いて、騒いでは山咲ハナヨを冷たい死体安置所から連れ出せない。そう思って我慢に我慢を重ねてきたが、小梅の泣いていいという一言に、その我慢は崩壊した。

「は、ハナヨちゃん…ゴメンね…アタシがきちんと役にた、たっ、立てなかったばっかりに…うっ…うえぇぇぇ…」

「大丈夫…大丈夫だよ…」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/16(火) 03:08:01.25 ID:24d3s5EMO
 小梅は比奈の頭をよしよしとなでる。比奈の目からぼろぼろと涙が零れ、眼鏡をびちゃびちゃと濡らしていく。

「比奈ちゃん、ハンカチ使いな」

「あっ、ありがどおございまズうぅぅぅ…」

 比奈はヒゲクマが差し出したハンカチをもらうと、遠慮なく目に押しつけて涙をぬぐった。周りの人間も、泣きじゃくる比奈の姿を見て感傷を覚え、ざわざわとした空気がしんと静まっていく。そんな静寂をぶち壊すように男の声が飛び込んできた。

「あっ!荒木ちゃんこんな所にいた!もう式始まっちまうぞ!」

「ズッ、ズビバゼン・・・」

「まったく、荒木ちゃんが今日の中心なんだからしっかりしてくれないと困るんだよ!」

 ギーギーと威圧的に叫ぶ金髪のチンピラのような男は、泣いている比奈のことなど全く気にしていないように見える。小梅はその様子に嫌悪感を感じ、ぎろりと睨んだ。

「あー…失礼だが、あんたは?」

「あん?俺はあれだよ山咲ハナヨの担当編集者だよ。あんたこそなんだ。部外者が勝手に口を」

「そっ、その方は刑事さんでス!ハナヨちゃんの事件を担当してる!」

「え…?あ、そ、それはそれは…いや、大変失礼をしました!俺はS学館の竹ノ内と言います」

 男はヒゲクマが刑事だとわかった途端にへらへらと笑い、媚び繕った。

「そうか、俺は熊田ってんだ。近々、アンタにも事情聴取するかもな」

「あー…そうですか、んじゃお手柔らかにお願いしますわ。っても俺なんも知らないすよ?山咲ちゃんの担当になったのだって1ヵ月前の話だし…片岡の方が知ってんじゃないすかね。アイツの方が山咲ちゃんと付き合い長いし」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/16(火) 03:09:59.91 ID:kQl/A1lvO
「片岡?」

「俺の前の担当すよ。ほら、あそこで受付対応してる優男がそうっす。おーい片岡ー!!ちょっとこっち来い!!」

 竹ノ内が叫ぶと、受付の優男、片岡は小走りでこちらに来た。

「なんかありました?」

「なんかありましたじゃねえよ。あのな、こちらの方が山咲ちゃんの事件を担当してくれてる刑事さんで…えーと」

「熊田だ。アンタが山咲ハナヨさんの前の担当かい?」

「ええ、そうです。片岡といいます」

「『路地裏の子供たち』を連載してた時もアンタが担当だったのか?」

「はい。…あの、事情聴取なら式の後でもいいですか?」

「や、すまねぇな。つい、職業柄こうなっちまう」

「いやそんな…こちらとしても、ハナヨさんの件に関しては協力を惜しみません。彼女に何があったのかはわかりませんが、犯人には早く捕まって欲しいですし」

「そうか、そいつはありがてぇ」

 その後、山咲ハナヨの葬式は知人、業界関係者が集まる中、つつましやかに執り行われた。比奈が司会進行を務め、終始泣きっぱなしでの進行ではあったが、涙が涙を誘い、業界関係者のみならず、ヒゲクマまで泣かされることになった。
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/16(火) 03:10:28.40 ID:oOSUNagNO
今日はここまででス
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/17(水) 02:13:25.33 ID:s+SXU3TrO
やば、やば……(展開がどう転ぶか)分かんないね……(期待)
続きを楽しみにしてます!
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 11:57:34.78 ID:5SyHfVTSO
これ名前借りる必要ある?
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 12:50:13.25 ID:yP9Ewr7CO
>>35
ぶっちゃけオリジナルよね
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 16:40:51.44 ID:N27zwBlbo
別にいいんじゃね?
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/17(水) 17:03:22.56 ID:l90m4eIBO
 小梅の手の中には、ずっしりと重いビーフケバブサンドがあった。いつもは恥ずかしいからと小さな口で少しずつ食べる小梅も、ここのケバブとなれば話は別だ。あんぐりと口を開けて思いきりかぶりつく。甘いソースがたっぷりの千切りキャベツとスライストマト、ステーキのように厚切りにされた牛肉に絡んでたまらなく美味しい。さらに食べ進めて、野菜がなくなってくると中の具も終わりかと思うとそうではない。ここからがこの店のビーフケバブサンドの本番だ。後半になるとサンドの中身はぎっしりとつまった牛肉だけになる。そう、ずっしりと重い理由はこれだ。口の中に広がる肉、肉、肉!スパイシーに味付けされた肉がさらに食欲を刺激し、最後まで飽きずに楽しく食べられる。

「先生、おーい先生」

「………なあに」

「…いや、なんでもねえよ。先生ホントここのケバブ好きだよな。阿佐ヶ谷までわざわざ食いに来るんだから」

「ま、毎日きてもいいくらい、だよ…あむ…」

 小梅は手短に答えて、またあんぐりと口を開けてケバブサンドにかぶりつくと、目を細めてモグモグと口を動かした。

「確かにここのケバブはザ・肉って感じで俺も大好きだけどな!」

 ヒゲクマも大きく口を開けてケバブサンドにかぶりつく。山咲ハナヨの葬式が終わり、ヒゲクマと小梅は阿佐ヶ谷にあるケバブ屋へ車を飛ばし、少し遅めの昼食をとっていた。ちなみに、小梅が食べているビーフケバブサンドは2個目だ。

「んでよ、先生。そろそろ話しに入ってもいかい?」

「あ、そ、そう、だね…」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/17(水) 17:04:53.50 ID:l90m4eIBO
 辛口のジンジャエールをグビリと飲んで、ヒゲクマは話を切り出した。

「ま、結論から言うとあの二人はなんも知らねえかもな」

 霊柩車へ棺を運び入れる間、ヒゲクマは片岡と竹ノ内から簡単ではあるが事情聴取を済ませていた。

「片岡に関しては比奈ちゃんと同じ事しか言わなかったし、竹ノ内も会ったのは3回ぐらいでまだ名前を憶えられてないとかこぼしてたしな。ただ…あの、竹ノ内とかいう編集者が言ってたんだけどよ。失踪する直前に電話で話したときに、なんか妙に嬉しそうだったんだとよ」

「へ、へえ…」

「竹ノ内曰く、あれはなんかネタを掴んだんじゃないかって話だ」

「なにかあったのかな…?」

「そう、それよ。山咲ハナヨの周辺を調べてたら妙なことが分かってな。なんと失踪する2週間前に、銀行で200万も下ろしてた」

「に、200万も…!?」

「ああ、ホストとかに狂ってるわけでもねえのにそんな大金下ろすなんでおかしいよな。それともう一つ、まだこれは確定じゃないんだが、関わってるかもしれない奴が浮かび上がってきた。会計士の権田って奴だ」

「な、なんで会計士の人が出てくるの…?あむ…」

 小梅はビーフサンドにかじりつき、わからないと首を傾げた。

「あのマンションで向井と聞き込みをしたら、山咲ハナヨの部屋の付近でそいつを見たって証言が出てきた」

「な、殴り込みじゃなくて…?」

「そうとも言う。先生俺のこと分かってるねぇ〜!あそこに事務所開いてる闇金業者がいてな。そいつの口を割って聞き出したんだが、山咲ハナヨが金を下ろした日に見かけたそうだ。後で2課の連中にも権田について聞いてみたら、権田は資金洗浄や横領に関わってるんじゃねえかという噂がある奴でな、どこの顧問をしているわけでもないのに妙に羽振りがいいらしい」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/17(水) 17:06:23.97 ID:l90m4eIBO
「あ、あやしいね…」

「ああ、そんな奴だからヤクザマンションにいてもおかしくはないんだが、闇金業者が言うには山咲ハナヨの部屋があるフロアは一般人が住むフロアで、ヤクザも半グレもいない。どうせ愛人かなんかに会いに来たんだろうって話だ」

「ふうん…これから取り調べするの…?」

「ああ、2課の連中も尻尾がつかめなくて困ってるようだったからな。上手くいけば1個貸しだ。それでな先生ひとつ頼みたいんだけど」

「そ、その権田って人に「遺言」を聞かせればいいんだよね…」

「そうだ。明日の14時頃に任意で連れてくるから、すれ違いざまに聞かせてやっちゃくれないか」

「い、いいよ…」

「助かるよ、先生。礼といっちゃアレだけどここは奢るからよ」

「や、やった…じゃ、じゃあチキンケバブサンド食べたい…」

「マジかよ先生…」

 小梅はあんぐりと口を開けて、残りのビーフケバブサンドを口へ放り込んだ。
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/17(水) 17:08:09.83 ID:l90m4eIBO
今日はここまでっス

>>35
既存のキャラを流用すれば人物像そこまで深く考えなくて済むんで…
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 15:53:18.87 ID:clThuX910
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 10:31:27.90 ID:mjVf9XBto
本編終わってNGシーン集でもつければアイドルの出演作になるからセーフセーフ
48.63 KB Speed:1.7   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)