曜「じゃあスクールアイドル、やめる?」千歌「うん、やめる」曜「…え?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 17:45:50.16 ID:Z0Ln5zcw0
ラブライブSS初投稿です。暴力描写がありますので、お気をつけて。書きためたやつを淡々と貼っていきます。
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 17:47:59.79 ID:Z0Ln5zcw0
曜「千歌ちゃん、今なんて…」

千歌「だから、もうやめるの。スクールアイドル。曜ちゃん、今までありがとう」

曜「うん…」

曜(そんな…なんで?なんでやめちゃうの?いつもなら、ここで千歌ちゃんがやる気を出して…それで…)

千歌「どうしたの、曜ちゃん?具合でも悪いの?」

曜「うんん、大丈夫。大丈夫だから…」

千歌「ふーん…明日にみんなに伝えないと、なんて言おうかな」

曜「あはは…突然やめるだなんて、みんなびっくりだよね…冗談にしても、なんて…ね」

千歌「冗談じゃないよ」

曜「えっ…うん…」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 17:51:17.05 ID:Z0Ln5zcw0
〜曜ちゃん家〜

曜(結局なんにも言えなかった。私のせいだ…私のせいで…)

曜(自分はヘタレなのに…千歌ちゃんを試すようなマネをして…)

曜(とてもみんなには言えない…言えるわけない…こんなこと、みんなに知られたら嫌われる!)

曜(そんなの嫌だ!怖い…怖いよ。黙ってなきゃ。そもそも千歌ちゃんが決めた事だし…黙ってればいいよね?)

曜(そうだ、言わなきゃいい。言わなきゃいいんだ。何がきっかけかなんて、分からないんだし。私のせいじゃないかもしれないんだし…)

曜(なんだかきが気が楽になってきた、私のせいじゃないじゃん)

曜(千歌ちゃんがスクールアイドルをやめるって言ったのは残念だけど、それはそれだし…だからこれは…うん…)

曜「私のせいじゃない…よね?」

〜千歌ちゃん家〜

千歌「言っちゃった♪言っちゃった♪」

千歌「ついに言っちゃった!」

千歌(これまでずーっと、言ってみたかったんだよね)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 17:54:08.92 ID:Z0Ln5zcw0
千歌(あの時の曜ちゃんの顔、思い出しただけでも…ププッ!)

千歌「そうだ、まずは梨子ちゃんに!」窓開け

千歌「梨子ちゃーん!梨子ちゃーん!」

梨子「はいはい」ガラガラ

千歌「ついに言ってしまったのだ」

梨子「急にどうしたの?」

千歌「曜ちゃんがまた千歌に『じゃあスクールアイドル、やめる?』って言うから…ね?」

梨子「…まさか」

千歌「やめるって言ってしまったのだ!」

梨子「千歌ちゃん…それで、曜ちゃんは?」

千歌「うーん、最初は冗談だと思ってたみたい…でもちゃんと釘を刺しておいたよ」

千歌「冗談じゃないよって」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 17:56:28.48 ID:Z0Ln5zcw0
梨子「曜ちゃん…大丈夫なの?」

千歌「曜ちゃんのことだからすごく悩んでるかもね。自分のせいだ〜、みたいな?」

梨子「スクールアイドルをやめるっていうのは、嘘…なんだよね?」

千歌「嘘に決まってるじゃん!千歌がやめるわけないよ!だから明日になったら曜ちゃんに謝るつもり!」

梨子「ちょっと可哀想じゃない?確かにあの言い方は私も気になってたけど」

千歌「梨子ちゃんもそう思ってたの?確かに可哀想だけど、千歌も少しイラッとする時もあったしお互い様だよ!曜ちゃんにも反省してもらわないと!」

梨子「うーん。千歌ちゃんにそう言われると、なんだかそんな気がしてきた」

千歌「でしょ!今日はなんだか冷えるし、もう寝ようかな。おやすみ梨子ちゃん!また明日学校で!」

梨子「うん。おやすみ、千歌ちゃん」

ー朝ー

曜「あれ?梨子ちゃんは?」

千歌「今日は風邪で休むって」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 17:58:48.05 ID:Z0Ln5zcw0
曜「そうなんだ、昨日は寒かったからね、帰りにお見舞いに行かなきゃ」

千歌「うん!一緒に行こう!」

曜「ところでさ…昨日のことなんだけど…」

千歌「昨日のこと?」

曜「スクールアイドル…やめるって」

千歌「あー…」(そういや言ったっけ、そんなこと)

千歌「あのね曜ちゃん、あれはー曜「私がさ!」

千歌「え?」

曜「私が代わりに、みんなに言ってあげる!千歌ちゃんに何があったかは分からない、でもみんなに伝えるよ!」

千歌「えーっと…」

曜「だからさ!何があったか教えてくれないかな?ほら昨日、私もあんなこと言っちゃったし…ね?もしかしたらあれが原因だったのかな、それならそれで私からみんなに伝えてあげるからさ!」

千歌「曜ちゃん…」ヒキッ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 18:07:11.96 ID:Z0Ln5zcw0
千歌(なんなの…これ、なんで曜ちゃんそんなに必死なの?どうしちゃったの?)

千歌(昨日の事を気にしてるの?自分があんな事言ったから、千歌がスクールアイドルをやめるって言い出したと思ってるの?)

千歌(だから自分から、伝えてあげるとか言ってるの?)

千歌(そんなに自分が大事なの?そうなんだ…ははっ…そう言うことか…そうやっていつか千歌のこと…)

千歌「裏切るんだね、曜ちゃん…」ボソッ

曜「っ!! ち、違うよ!だからさっ!ちゃんと話し合わなきゃって!」

千歌「曜ちゃんから言う必要はないよ、千歌がリーダーだから。でもね、スクールアイドルをやめようって背中を押してくれたのは曜ちゃんなの、だからね…」ズイッ

千歌「…絶対に逃さない」

曜「あぁぁ…なんでぇ…やだよぉ…怖いよぉ…みんなに嫌われちゃうぅ…いやだよぉ…」ポロポロ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 18:09:31.76 ID:Z0Ln5zcw0
千歌「…でもね」

曜「え?」

千歌「曜ちゃんが、どうしても続けたいって言うなら、千歌も続けてもあげてもいいよ?」

千歌「スクールアイドル」

曜「ほんと?」

千歌「ほんとだよ。曜ちゃんのためだけに続けてあげる、これで全部元通りだよ」

曜「全部…元通り…また元に…戻れる」

千歌「そうだよ」

千歌「だからね、これから言う千歌のお願い、聞いて欲しいな」

曜(千歌ちゃんのお願い…聞く…元に…戻れる…)

曜「なんでも…なんでも聞くよ…千歌ちゃんの…お願い…私の…千歌ちゃん…」

千歌「ありがとう、曜ちゃん」ゾクゾクッ!
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 18:12:54.66 ID:Z0Ln5zcw0
ー梨子ちゃん家ー

千歌「梨子ちゃーん!お見舞いに来たよー!」

梨子「いらっしゃーい。ごめんね、心配かけて」

梨子「症状も軽いし、明日には学校に行けると思う」

千歌「そうなんだ!よかった、明日からまた練習できるね!」

梨子「うん、それはそうと…曜ちゃん、なんでさっきから一言も喋らないの?」

千歌「ふふふ…実は曜ちゃんは、新しい芸を覚えたのだ!」

梨子「…え?」

千歌「まぁ見ててよ、あ〜やめちゃおっかな!」

千歌「スクールアイドル」ボソッ

曜「」ビクッ!

千歌「曜ちゃん言ってよ、いつものあれ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 18:15:05.32 ID:Z0Ln5zcw0
曜「あぁ…ぁぁ…」ガクガクッ!

梨子「…曜ちゃん?」

曜「ぐがぁっ!…………あぁっ!」カヒューカヒュー

梨子「曜ちゃん!?どうしたの!過呼吸を起こしてるじゃない!」

千歌「あはははははははは!!おもしろーい!」

梨子「曜ちゃん!しっかりして!どうしちゃったの!」

千歌「あははははははははははははははははははは!!!!」

梨子「千歌ちゃん…!」(普通じゃない!なんとかしなきゃ!)

梨子「曜ちゃん!私の顔をしっかり見て!」

梨子「いい?曜ちゃん、大丈夫、大丈夫だからね。私と一緒に、ゆっくり深呼吸して!」

曜「ううぅぅぅうう!無理だよぉー!でぎないよぉー!助けてよぉ…!」

梨子(どうしよう…どうすればいいの!)

千歌「あはははぁー、はぁ…梨子ちゃん、ちょっとどいて」

梨子「どいてって千歌ちゃん何を…」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 18:16:56.70 ID:Z0Ln5zcw0
千歌「ふんっ!」ドゴォ!

曜「ぐぅおおぉぉおおおえ!」

千歌「おらっ!おらっ!」ゲシッ!ゲシッ!

曜「ぐぇっ!があぁっ!」ビクッビクッ!

梨子「ひいいいぃぃぃいい!」

千歌「ふーっ!ふーっ!」

曜「あぁ…ううぅぅ…」

千歌「ふぅ〜…おかえり、曜ちゃん」

梨子「千歌ちゃん…なんなの、これ」

千歌「あー楽しかった。今日はもう帰ろうかな、曜ちゃんは自分で帰れるよね」スタスタ

梨子「ちょっと!このままにしておく気なの!?気は確かなの!?千歌ちゃー!」ガシッ!

梨子「…曜ちゃん?」

曜「いいんだ…これで、全部私のせい…だから…」

曜「私が昨日、あんな事言ったから…千歌ちゃん…怒っちゃった…その報いなんだ…きっと…」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 18:18:49.76 ID:Z0Ln5zcw0
曜「私が…千歌ちゃんを試すようなことをしてきたことへの…報い…これは、その償いなの…だから、このままで…いいんだ、だってこれで…」

曜「元通りに…なったんだから」

梨子「曜ちゃん…何を言ってるの?」(昨日の…まさか!)

曜「えへへ…スクールアイドル、楽しいなぁ…千歌ちゃんと、スクールアイドル…えへへへへへ」

梨子(こんなの見てられない…千歌ちゃん、何があったかは分からないけど、この状況は見過ごすことはできない…)

梨子(まずは、今日学校であったことを聞かなくちゃ。千歌ちゃんがおかしくなったのも学校が終わってから…私がなんとかしなくちゃ…!)

梨子(曜ちゃん…一体何があったの?)

ー終わりー

一応終わりです。続きが見たい方います?
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/01/20(土) 18:19:18.83 ID:Z0Ln5zcw0
ここにはない
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/01/20(土) 19:12:12.91 ID:3m15J49mO
つまらんから他のss書いてくれ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/21(日) 10:47:02.30 ID:nxWBMcvSO
書きたいように書けよ
9.51 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)