モバp「抱いてしまった…」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 22:43:49.51 ID:edeqr3Xo0
モバマスssです

地の文ありです

たぶんハートフルラブコメディーです

2 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 22:44:57.99 ID:edeqr3Xo0
蜜のように甘く。

毒よりも強く。

間違っていると分かっていても、止められない。

背徳と快楽が離してくれない。

本能であなたを求めてしまう。

戻れない。

戻りたくても、もう。


抱いてしまったから。


3 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 22:48:03.38 ID:edeqr3Xo0
「ぁっ!あんっ、い、いいですよっ!プロデューサーさん!!」

安っぽい手触りのシーツの上で、激しく乱れる女。

普段の彼女からは想像のできないその姿を見て、ひどく興奮する。

耳朶を震わせている荒い息が、彼女のものなのか自分のものなのかすら分からなくなるほど、その行為に熱中する。

汗ばんだ体を打ち付ける度に彼女は声を上げ、その声を聞くたびに俺の腰を振る速度は速くなる。

どうしようもない泥沼のようだった。

「あっ、あぁ!!んあっ、す、すきぃ!すきですよぉ!!」

蕩けた顔で愛の言葉を叫ぶ彼女。

なんて愚かなんだろうと思う。

彼女が、じゃない。

嘘だと分かっているその言葉を、信じてしまいそうになる俺が、だ。
4 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:05:19.13 ID:edeqr3Xo0
誰よりも、何よりも、理解しているはずだ。

俺と彼女のこの関係は、利害が一致しただけの紛い物だって。

ただ、買うと買われるの関係だって。

それなのに、彼女の嘘を信じてしまいそうになる。

「くっ、あっ、俺もっ!好きっ、ですよっ!」

嘘に、本気になってしまう。

紛い物でしか無いのに。

…俺の想いは、届かないのに。


「ちひろさんっ!!」

5 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:11:31.20 ID:edeqr3Xo0

彼女の名前を呼びながら、俺は快楽の絶頂に達した。

ビクンと体が痙攣して、下腹部から精力やら気力やらを含んだものが搾り取られていく。

その直後、強烈な脱力感に襲われる。

「はあ…」

同時に頭が冴えていき、冷静になっていく。

俺は一体何をやっているんだろう。

金を払ってまで、彼女を求めて。

何度買ったって、本当に欲しいものは手に入らないのに。

陰茎に纏わりつくゴムの感覚と、その中に満ちた自分の体液。そして彼女の温度。

その全てに急激に不快感を覚えて、俺は彼女の膣から陰茎を抜いた。

「あは、もう抜いちゃうんですかぁ?」

その声は蜜のように甘く俺を満たしていく。

だがしかし、その声によって俺は毒よりも強く蝕ばまれていく。

求められたことで喜び。

それも買ったことなんだと胸が痛み。

結果的に陥るのは自己嫌悪。

こんなことを体を重ねる度に、俺は繰り返している。

…本当に、愚かだ。
6 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:15:55.52 ID:edeqr3Xo0
事後になると、俺たちの間で会話はパッと無くなる。

彼女は、薄いシーツを抱き締めながら、蛍光色のライトをぼんやりと見上げている。

俺は、目に五月蠅い色のカーテンを開き、喧騒に包まれている街を見下ろしている。

夜でも留まることの無い人の行き交いに、この都市の大きさを改めて実感させられた。

窓の外を見つめる。

正直、その行為に意味なんて無かった。


ただ、怖かった。

目が会うことが。

俺の想いを覗かれてしまう気がして。


7 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:21:05.87 ID:edeqr3Xo0
なんでこんな形でしか、あなたを抱けないのだろう。

本心から好きと言い合えたら。

…あなたが、本心から好きだと言ってくれたら。

俺はあなたの何にも恐れはしなかったのに。

こんなにも俺は、自分に嫌気がさすことは無かったのに。


…分かってる。

ただの、八つ当たりだ。

8 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:22:34.31 ID:edeqr3Xo0



そこに愛がないのに、俺たちは愛の形を作っている。

そんなの、どんなふうに作ったって歪にしかならないのに。


9 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:31:46.56 ID:edeqr3Xo0
「…」

沈黙がこの狭い部屋を占めていた。

音が切り取られた訳ではない。

その証拠に、耳を澄ませれば、いろんな音が見つかる。

例えば、彼女が小さく身じろぎをする度にシーツの布ズレの音。

淀んだ空気を吐き出し続けるエアコンの低く鈍い機械音。

それに、遠くからの喧騒なんかも、この部屋には運ばれてきている。

多種多様。

雑多といっても差し支えないほど、音に溢れている。

なのに、その中に彼女の声はなく。

なのに、その中に俺の声はない。

いや。

だからこそ、こんなに色々な音が見つけられるのか。

ただただ二人とも押し黙っていた、そのせいだ。

「…」

沈黙。

それが占めるこの部屋は、決して音が切り取られた訳では無い。

けれどその代わり。

喧騒の止まないこの都市からは、取り残されているように感じた。

10 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:34:29.63 ID:edeqr3Xo0
その後、結局俺たちは一言も言葉を交わさなかった。

先に部屋を出たのは俺。

シャワーを浴びて、脱ぎ捨ててあった服を着て、机の上に一万円札を置いて、ついでに室料分の金も置いて、そして、部屋を出た。

その間、彼女は変わらずにルームライトを見上げていた。

ただぼんやりと。

きっと彼女も、電球の形に興味がある訳では無いのだろう。

なら、その瞳が本当に映しているものは何なのか。

もちろん。

彼女の目を見ない俺に、分かるわけがなかった。


11 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:41:12.61 ID:edeqr3Xo0
こんな関係、どう考えたって間違っている。

彼女との関係は客観的に見ても、主観的に見ても、唾棄され、糾弾され、罵倒されるものだ。

これを肯定するのは、同じ立場の人間くらいだろう。

俺と彼女―――千川ちひろの関係。

それは、2つある。

1つは共に働く関係。

毎日のように顔を突き合わせ、隣合ったデスクで事務処理をして、暇があれば一緒に居酒屋なんかに向かう。

健全な同僚という関係。

もう1つは買うと買われる関係。

俺は彼女の体を買い。

彼女は俺に体を買われる。


不健全な援交という関係。


12 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:44:35.95 ID:edeqr3Xo0
あぁ、間違っている。

どう考えたって間違っているさ。

昼にはより正しい作業を求め合って、夜には嘘に塗れた言葉で求め合う。

そして明日になれば、今日も一日頑張りましょうね、なんて笑い合う。

間違っている。

誰に言われなくたって、俺が1番分かっている。

こんな関係、早く絶ってしまうべきだ。

たった1つ。

買わなければいい。

それだけなんだから。

13 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:49:05.67 ID:edeqr3Xo0

それでももう、止められない。

きっと知ってしまったのがいけなかった。

過ちを犯す背徳感とそれがもたらす快楽を。

彼女の細い腕で抱きしめられる悦びを。

もう、離してはくれない。

俺の記憶に焼き付いた、彼女の首筋の味が、胸の谷間の匂いが、腕を回した腰の感触が、艶やかな声が、火照った頬の色が。

知覚できる全てが。

千川ちひろという女から、俺を離してはくれない。

ここまでくると、もはや本能的なものだ。

いや、むしろ本能でなくてはおかしいか。

雌の体を求める雄の欲望を本能と呼ばなければ、逆に何と呼ぶんだ。

…求めてしまうこの心を、本能と名付ける以外にどうすればいいんだよ。
14 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:50:35.30 ID:edeqr3Xo0



いつからだっただろうか

そう思い、振り向いた。


15 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:53:24.64 ID:edeqr3Xo0
俺たちが援交を行っているホテルは、事務所から二駅ほど離れている。

飲み屋街とも住宅街とも離れているそこは、知り合いと会う心配が少ないため、というのが理由だった。

一方、俺の自宅は事務所はホテルとは逆側に二駅離れている。

通勤のことを考えると、もっと事務所に近い場所に住めば良かったのだが、生憎良い物件が探せなかった。

つまり、俺の自宅からあのホテルまで4駅分ほど離れていることになる。

だから、自宅の前まで来た今、振り向いたところで、もうとっくにホテルは見えなくなっている。


なのにどうして俺は、そこを探してしまったのだろう。

戻れないのに。

戻りたくても、もう。
16 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:53:57.00 ID:edeqr3Xo0


いつからだっただろうか。

戻れないと悟ったのは。

17 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/18(日) 23:57:51.47 ID:edeqr3Xo0
戻り方を忘れてしまった訳ではなかった。

戻る場所が無くなった訳でも無かった。

ただ、きっと遠くに来すぎたのだと思う。

あまりにも離れすぎて、ここから戻ろうとしても、時間が邪魔をする。

時間は戻らない。

残酷でもなく、非情でもなく、ただただ絶対として、時間は流れていく。

遠く、元の場所すら見えなくなった今じゃ、過去になんて戻れやしない。

戻れるわけが、無かった。
18 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/19(月) 00:00:53.78 ID:tEGSKj2l0
「本当に、いつからだったのかね……」

自嘲気味に笑いながら、黒革のビジネスバッグから、自宅の鍵を出す。

―――あぁ、そうさ。

鍵を差し込んだ。

―――戻れるわけが無い。

鍵を回した。

―――戻るつもりも、無い。

鍵が開いた。

―――だって俺はもう。

扉を、開けた。




あなたを抱いてしまったから。




―――パタン。
19 : ◆3wmi.HUQIo :2018/02/19(月) 00:01:23.22 ID:tEGSKj2l0
とりあえず今日はここまで
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/19(月) 00:07:57.12 ID:+NwRKkUDO
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/19(月) 00:48:29.24 ID:xcKaQGMSO
スレタイも後悔で縮こまってるな
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/19(月) 08:07:12.65 ID:EwAG8evDO
×自宅は事務所はホテルとは
○自宅は事務所からホテルとは
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/20(火) 00:38:56.15 ID:qPK9ZwRCO
期待
9.98 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)