奴隷落ち貴族を安価で遊ぶ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/23(月) 00:35:41.57 ID:/oCjRd7q0
様々な理由で貴族と言うのは奴隷になる。

よくあるのは政争で負けて売られたとか、人攫いだとか、国が無くなり貴族ではなくなった、とか。

俺からすればどうでも良い、遊べる奴隷が市場や依頼で補充できるからな。

貴族を奴隷としてみると病気は持ってなく、良いものを食ってるから免疫もある。

教養があるから物覚えがマナーも良く、荒んでないから純真で弄びやすい。

「良いのはあるか?」

競りに出されてるのは少し危険だ、人攫いの雑な仕事で追っ手が来て殺される、と言うのはよく聞く。

日銭目的のチンケな奴でなく、人攫いの専門家が一番良い。

「ええ、ありますよ」

「顔だけ見させてくれ、その後買うか決める」



↓買う元貴族の特徴
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/23(月) 00:36:29.37 ID:0hIo2mSl0
爆乳の金髪美女
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/23(月) 06:39:51.03 ID:/oCjRd7q0
「……良いじゃないか」

整った顔に、出るところは出た身体つき。

身体に比べれば顔は少し幼いが、まあ遊ぶ時に楽しませてくれるならそれで良い。

「買う、二割上乗せで買ってやるから屋敷まで連れて来い」

「へへへっ、まいど」

金払いは惜しむとこいつらはより良い方に流れる。

上客であり続ける、と言うのはこの市場では重要なことだ。

(さて……あの金髪、どう接するかね)

始めの接触は重要だ、自分が引き取ったと甘言で油断させるか、それとも最初から過激に行くか。

……奴隷は弄びがいがある、だからやめられないな。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/23(月) 06:50:17.53 ID:/oCjRd7q0
……馬車に揺られ、どこかに連れられていく。

また、私は自分の意思ではないままにあっちこっちへ動いている。

(……これじゃあ、婚約者の怒りを買わないよう生きていた方が良かったかも……)

後悔と無気力感で体が重い。

……私を買った人物はどんな人だろう、なにをされるのだろう。

(皿洗いも、掃除も、料理も自信ないわ……よ、夜伽も……その、初めてだし……)

「降りろ」

行者の乱暴な言葉に逆らわず、大人しく屋敷の扉の前に出て行く。

……大きな屋敷だ、お城のようにも見える……。

「入りな」

「……はい」

……気を、強く持たなきゃ……いくらでも耐えて、逃げる算段をつけなきゃ。



↓金髪巨乳にどう接した
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 07:06:33.40 ID:JMdcM3UjO
ペットを扱うように接した
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/23(月) 15:18:25.24 ID:/oCjRd7q0
今回は少し突き放す様に扱うことにした。

使用人の部屋、愛妾の部屋、奴隷の部屋。

弄ぶように部屋はある、だが金髪は服を奪い犬の様に首輪と鎖をつけ廊下を歩いていた。

「……こ、こんな……っ、せ、せめて……服を……」

「黙れ」

鎖を引き、絨毯に転ばせる。

「っきゃぁ!?」

「メイド達に庭に小屋を作らせた、寝床兼便所だ好きに使えよ」

そのまま吊るす様に体勢が崩れた金髪を鎖で持ち上げる。

……さて、腕力の違いくらいは分かったかな?

それじゃあ、次……ああ、そう言えば名前を聞き忘れたな。

「いつまでも金髪でもあれか……」



↓金髪の名前と次どう遊ぶか
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 15:21:08.96 ID:Bit5Df0b0
フレンダ

犬耳やアナル尻尾バイブをつけて庭を散歩する
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/23(月) 15:51:47.76 ID:/oCjRd7q0
「フレンダ、いい名前だな、賢い犬っぽい名前だ」

ま、今は全然だけどな。

「ひ、くぅ……は、はへぇ……」

……今のだらしない顔はまさに雌犬だけどな。

「おい、こいつの寝床は?」

「はい、こちらに」

ケツに尻尾をねじ込んでああも感じる、才能はあるのかもな。

「へえ、中々頑丈そうだな……お前が?」

「はい、ご主人様」

うずくまって寝れる程度には広いな。

「フレンダ、さっきのメイドな、俺が調教したんだ……お前もさっさと諦めて犬らしくしろよ」

雨でも降れば心折れるだろうな。

「ほら来い、犬どうし挨拶しないと噛まれるぞ」

「あ、ま、まって……ふひゃぅっ!?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/23(月) 16:05:12.46 ID:/oCjRd7q0
「や、ぁぁっ!? た、助けっ、ひぁぁ!?」

「あー……オスしかいないんだよ、買った奴で遊ぶためにな……ハメてもらうか?」

「やっ、やだっ、助けてっ、ひぃっ!?」

仕方ないか、まあいずれはやるはめにはなると思うけどな。

生憎駄犬フレンダと違って躾は出来てる、指を鳴らせばあっちへ行く。

「さてと……庭は一週したか……街までは……面倒だ、メイドにでも行かせるか」

ふむ、じゃあ次はどうするかな。

薬も鞭もある、一度徹底的に折るのも……逆に依存させるのも面白そうだな。



↓駄犬フレンダにどう接するか
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 16:09:41.64 ID:8dfWpWFgo
1週間の間完全に犬扱いした後上手く媚びたら少しだけ生活の質を改善してやる
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/23(月) 16:28:25.72 ID:/oCjRd7q0
「…………え…………?」

思わず、自分の耳を疑いました。

「一週間犬だ、犬として遊ぶんじゃなく、マジで犬として扱う……その間上手く媚びれたなら少し生活の質を上げてやる」

そうして、この男は本気なのだと思い知る。

つまり、人としての尊厳を捨てさせようと……している。

それはそうだ……身の回りはメイドが奉仕している……“犬”が一匹死んでも、資産としての損失は少ない。

「わかり、ました……」

涙が出そうになる。

いや、いっそ流して媚をうった方が楽なのだろう……。

「がんばれよ、駄犬フレンダ」



↓フレンダは一週間どう過ごしたか
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/23(月) 16:35:18.81 ID:rzxjIkKoO
六日間はなんとか耐えるが最終日散歩の途中で道端に脱糞するよう促され流石にブチ切れてしまい、苦労は水の泡に…
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/23(月) 23:57:37.09 ID:/oCjRd7q0
1日目、床に置かれた皿を口だけで食べた。

少し汚く食べたらあの男は満足げに笑っていた。

2日目、メイド達に連れられて街を裸で歩いた。

顔から火が出るほど恥ずかしかったけれど、どうせこの人達にどう思われようと関係はないと割り切ろうとした。

3日目、戯れに芸を教えられることになった。

どれも簡単だけれど、屈辱的だった……表に出さないよう我慢した。

4日目、ついに我慢できなくなり……排泄をした。

メイドに土の中に埋められる様子をあの男共に見て、礼を言うように言われ頭を下げた。

5日目、諦め始めた。

どうせ反抗しようにもない、家は滅んだので後ろ盾もない……何をせずともご飯が出るのはきっと想定よりも良いはずだ。

6日目、媚びを売るようになった。

あの男に気に入られる為、以前渡されたお尻の穴に入れるオモチャや耳をつけ、撫でられれば嬉しそうにした。

ご褒美にご飯もくれた、いつもよりも多く食べられて嬉しかった。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 00:18:47.92 ID:YskJn0fJ0
終わりだ、終わりだ。

やってしまった、やらかしてしまった。

昨日のご飯は罠だった、今日のように排泄させるための。

散歩の為についてきたメイド達が人を呼んで、私の身の上話をして。

蔑むように街の人たちは私を見て……それで、あの男を非難した。

上手くやれるはずだった、犬の真似なんて、少し恥ずかしいだけなのに。

あの時、あの人は酷くつまらなさそうに私を見ていた。

私はどうなるのだろう、今よりも酷い生活を強いられるのだろうか。

いやだ、いやだ。

あの黒い犬が私を見ている……まさか、あの時の、続きをさせるのだろうか……。

やだ、やだ、やだ。

ごめんなさいごめんなさい、言う通りにします、助けて見捨てないで。

犬だなんてやだっ、やだっ、ごめんなさいごめんなさい!

昨日みたいに媚を売ります、言われた事はすぐにします。

「やだ……いやぁ……見捨てないで……犬となんか……ご主人様ぁ……」




↓フレンダの処遇
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/24(火) 00:20:49.70 ID:3LjRYo8f0
いっしょにお風呂入って全身を愛撫する
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 00:44:59.26 ID:YskJn0fJ0
丸一日放置したのは良い方に転がったな。

「ほら、汚れてるから隠すなよ」

「ふ、ふぅんっ、くぅんっ……」

5日くらいで楽な方に転んで、7日目に依存。

初日の犬がいい後押しになった。

「犬になってそこらじゅうボーボーだなぁ、犬の体臭だなこれじゃあ」

人が犬になったらどう変化するかなんて数パターンしかない。

その中で貴族という人種は、尊厳を守ることに終始して結局手放す……まあフレンダはその例にもれなかったわけだ。

さてと……小綺麗にして、ワガママな体も堪能した……次は……。



↓駄犬フレンダにどう接するか
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 00:52:04.70 ID:AoLN2HTK0
今度こそ散歩中に脱糞させ
きちんとできたならよくやったとしっかり褒める
ペットとして
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 01:33:17.20 ID:YskJn0fJ0
……ああ、終わった。

そうだ、尊厳なんて邪魔だったんだ。

犬には要らない、だって無い方がご主人様は喜ぶのだから。

「うわっ、本当にやったよ!」

聞こえない、聞こえない。

人の言葉なんて耳に入らない、どう思われようが、街の人に媚を売っても褒めてはくれない、ご飯もくれない。

媚びるのは1人、ご主人様だけ。

「よくやったな、ちゃんとできたじゃ無いか」

褒められた、褒められた!

ご飯か、お風呂か、暖かい毛布か。

どれでもいいっ、ちょうだいっ、ちょうだいっ!

「ははははは、よしよし」



↓フレンダへのご褒美
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/24(火) 01:34:50.84 ID:3LjRYo8f0
中出しセックス
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 10:45:24.88 ID:YskJn0fJ0
「ふぁっ、あっ、あんっ! はひっ、んんんっ!?」

屈服さえさせてしまえば、この雌犬は遠慮なく媚びを売る。

処世術の心得があるからこそ、利がある方へ傾く。

「わんっ、わんわんっ!」

「よお、犬みたいに犯されて、媚びて、様になってきたなぁ?」

「ひっ、わふっ、へひっ、へひぃ……」

調教は終わった。

あとはどう遊ぶか、か……。



↓フレンダでどう遊ぶか
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 10:50:24.49 ID:SBIyH8oXO
奴隷雌犬の品評会に出してみる
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/24(火) 11:27:22.87 ID:/3v9Jsko0
うへー
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 15:26:13.11 ID:YskJn0fJ0
同好の士、と言うのはどの趣向にも存在する。

とくに金のかかる奴隷調教など、彼と同程度の階級しか存在しない。

「今年は間に合ったみたいだね」

「ああ、遊び潰し続けてな……だが今回は良い素材だった」

フレンダは楽しそうに同年代の雌犬と裸のままじゃれ合う。

「貴族かな? 肉付きが良さそうでいいね」

「そうだな、元が出来上がってるから躾は楽だ」

雌犬になっている少女にもそれぞれ背景がある。

媚びる元貴族、暴力で脅された使用人、性に溺れた愛妾。

ほかにも興味を持った少女や、歪んだ愛を注がれた娘。

「フレンダ、上手くやれたらまたご褒美だ」

「はっ、はっ、はっ……わんっ!」



↓品評会の結果
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 15:32:09.35 ID:KPHZdfDVO
上位入賞
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 15:56:35.18 ID:YskJn0fJ0
顔立ちの良さ、清潔さ、肉体の黄金律。

追加で躾、調教、従順の度合いを測る。

審査員は毎年変わり、何年か前は彼が審査する側になったこともある。

(まあ、優勝はその時の巡りあわせがつよいからな……趣味から離れない調教なら上位には入るだろう)

壊れる寸前まで狂った雌犬を好む者もいれば、人間を捨てた駄犬、主人に愛情をむける忠犬……飼い主の数だけ雌犬は種類がある。

……暫く身体を触られたりしながらも、フレンダは大人しく受け入れた。

そうして……彼女は上位に入賞する事に成功した。

「わんっ! わんわんっ!」

ご主人様が喜べば自分の待遇はよくなる、故に彼女は喜んだ表情を見せ盛り下げぬようにする。

……もしくは、犬として完全に自己暗示をし本当に喜んでいるか。

「よしよし、帰ったらご褒美だ」

「わんっ!」




↓フレンダへのご褒美
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 16:05:27.74 ID:AoLN2HTK0
雄の大型犬との結婚をセッティングしてあげる

大衆の軽蔑の視線が降り注ぐ中、2匹は幸せに交尾をするのでした
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 16:38:36.25 ID:YskJn0fJ0
メイド達は厳かに式を進める。

金髪の雌犬と、大きな黒い犬の式は街の中心で執り行われる。

見物に来た客は好奇と軽蔑の視線で二匹の式を見守る。

「……えー……新郎、あなたは愛を裏切らないと誓いますか?」

神父役のメイドはぎこちなく黒い犬に尋ねる。

勿論返答はない。

……気の毒だな、あのメイドにはマスクでも配った方が良かったか?

「新婦、あなたは……永遠に夫への愛を誓いますか?」

「……ワンッ」

何とも感動的だ、ベールと首輪を白にしたのはやはり似合っている。

(客の俺も楽しめる結婚式とは、中々式としては上出来だぞ?)

名犬フレンダの嫁入り、暇つぶしに本でも書くか……はははははっ。

「それでは……誓いの交尾を」

……さて、ここからが本番だ。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 16:46:33.87 ID:YskJn0fJ0
「ワンッ! ワハッ、ンンッ!? ンワンッ!!」

正しく犬の交尾、あの胸も突かれるたびに揺れて滑稽だ。

観客もみな興奮と侮蔑で湧き上がっている、そこの浮浪者などメイドの制止を振り払って今にも乱入していきそうな具合だ。

「くく……淫らで、下劣で、愉快だな……フレンダ」

所詮犬、飽きれば買い替える予定だったが……良いじゃないかフレンダ、予想以上だぞ。

「ワフッ、フゥッ!? ンヒ、クゥゥンッ!?」

庭で盛らせるのも良いな、また雌犬愛好家に譲るよりはこっちの方が大分面白い。

「見ろ見ろ、幸せそうじゃないか……くくっ、あははは……!」

俺も良い事をした気分になれるなぁ。

「……好きなだけ犬が犯したら連れてこい」

「はい、ご主人様」

いい子に育ったなフレンダ、育て概があったよ.

「ワンッ、フアッ!? クゥ、ウウンッ?!」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/24(火) 23:49:12.98 ID:YskJn0fJ0
一ヶ月ぶりくらいだな

フレンダ自体に構うことも少なくなって、ただ眺めるだけだったのに飽きがきたなぁ。

「めぼしいものは、と」

この市場は辺りでは最大、今出回っていなくとも個別に注文すれば自宅にまで攫ってくる人攫いもいる……それに。

「俺の子飼いもいる、いざとなれば……ん?」

ふと視線を競りの場に向けると……顔立ちの整った俺好みの貴族らしき女性が檻の中にいた。

「面白い、買ってみるか」

即決でも良いが、駆け引きくらいは応じてやるさ。




↓買う元貴族の特徴と名前
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/24(火) 23:52:07.48 ID:K0y2mZs0o
特徴 フレンダの妹 ロリロリ
名前 アリア
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/25(水) 11:51:20.56 ID:taxhPftQ0
「骨のない奴だったな」

あの四倍は出せたんだが……。

「…………」

……ああ、見覚えのある顔だと思ったら。

「犬の妹か?」

「……なんの……ことですか……」

「こっちの話だ……ほら、出てこい」

胸も背も小さいが……なるほど、思ったよりも楽しめそうだ。

「なにを、させられるのですか……?」

「家に帰ったら決める」

馬車は……もう呼びに行ったか、あとで褒めてやろう。

「名前はアリア、だったな……行くぞ」



↓屋敷に帰りアリアにどう接した
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/25(水) 12:07:45.36 ID:k8/Bss99O
もはや犬そのものの振る舞いをする姉と対面させる
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/25(水) 14:30:15.34 ID:taxhPftQ0
……そんな、嘘……。

「フレンダは賢くてな、誰に尻尾を振るかはすぐ覚えたんだ」

「はっ、はっ、はっ!」

姉は……嬉しそうに男にすり寄ってくる。

私には目もくれず、懸命に媚びる。

「犬にしても良いと思ったんだが……別に二匹目はフレンダがいるから要らないな」

思案する様子のこの男は……何か非常に薄気味悪く感じた。




↓アリアの待遇は
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/25(水) 14:36:22.30 ID:hkem9NYio
フレンダの世話をさせる
フレンダを犬として扱ってる間はそれなりの待遇をする
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/25(水) 15:30:29.78 ID:taxhPftQ0
「……姉さ……フレンダ……ご飯だよ」

酷く哀れだなと、自分の姉を見下す。

自分が元貴族だということも忘れて……。

「はふっ、んっ、はむっ」

全裸で、犬の様に地面に置いた皿に顔を突っ込む。

メイド達が食べていたものの残飯だというのに……。

(……仕方ない……仕方ない……犬だって思わなきゃ、そうしたら、待遇をよくしてくれる)

フレンダが犬になって気に入られたんだから……私は、犬として扱わなきゃ。



↓アリアの待遇はどうなったか
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/25(水) 15:44:17.51 ID:nnEDGcy9o
不服そうだからフレンダはちゃんと幸せだと分からせるため1日交替で立場を交換
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/25(水) 17:10:55.70 ID:taxhPftQ0
「…………」

……あの男に不十分と言われ、数日前からフレンダと交代で犬と世話を交換していた。

「ふふ…………」

犬の役をしていないフレンダは、世話役に回ればそれを完璧にこなした。

つまり、媚びているのだ。

(プライドが無いのか……嫌になる……)

綺麗だと思って尊敬もしていただけに、フレンダの今の有様は嫌悪の対象でしかない。

それに……あの男も……。



↓アリアは強情だ、どうする
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/25(水) 17:18:15.28 ID:SO/tTb0F0
「犬が不満なら家畜にでもするか」と豚小屋に入れて豚に犯させる
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/26(木) 22:59:15.03 ID:2DDULVGj0
気が強い奴は好みだ。

特にそれを叩き折ってやるのは、生きがいとも言える。

「ここがお前の家だ」

湿気った……涼しげで、暗い……落ち着いた豚小屋だ。

「………………」

「屈しなくていい、だがまあ暫くはここで住んでもらう」

だってそっちの方が面白そうだからな。

「頑張れよ」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/26(木) 23:58:01.70 ID:2DDULVGj0
大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫。

「ふぎっ!? あがっ、ひあっ!?」

細くて、小さいっ、豚の陰茎なんて……全然、なにも感じないっ。

孕みもしないっ、ただ重いだけっ。

大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫……!

「あっ、あぐぅっ!? へ、んひぃっ!?」

絶対に、負けな、い……っ!

「まへ、なひぃぃ……っ!!」



↓マリアはどうなった
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/27(金) 00:20:37.18 ID:WqvvyeuFo
豚のチンポに負けなかったのを褒めて牛、馬とランクアップ
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 15:24:32.70 ID:UhOfnwDc0
「よく頑張ったな、大抵は音を上げるんだがな」

フレンダの堕ちっぷりを見てなかったらもっと早かっただろうな。

成功した、といえる。

「それで、次の相手はコイツ等だ」

「……ひ……っ!」

あれが貧相な豚じゃあ、まだまだ物足りなかったらしいからな。

「音を上げるならさっさとしておけよ、壊れてからじゃあ襲いからな」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 16:04:40.66 ID:UhOfnwDc0
「あぐ、げっ、ふぎぃっ!?」

死ぬっ、死ぬぅっ!?

「やめっ、へぐぅっ!?」

無理だっ、屈しないとか、そういう、はなしじゃ……っっ!?

「やだっ、や、ぁぁぁぁあ!?」

死ぬ、死ぬ死ぬ死ぬ死ぬっ!?



↓アリアはどうなった
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/27(金) 16:11:07.67 ID:bIqyHfS+O
お願いします 許してくださいと涙しながら全裸土下座
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/27(金) 16:32:16.39 ID:UhOfnwDc0
豚は三日もったが……ははははは。

「ゆるして、くださいっ……」

「……………………」

笑いをこらえるのが辛いくらいだよ、アリア。

「お願いしますっ! 許してくださいっ!」

「許すも何も、俺はどっちも出も良いんだ……犬だろうが豚だろうがな?」

所詮、遊び潰す為に買ったんだからな。

「ただまあ、そう言うなら俺も考えてやるよ」



↓アリアの処遇
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/27(金) 16:37:45.22 ID:SNWL2OFA0
姉のオモチャ
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/28(土) 11:40:30.43 ID:DCymqxZ40
「わふ、ふ、ふぅっ!」

「ぁ、やぁっ、ふれ、んだぁ……っ!」

驚く程に、フレンダは玩具として渡された私を優しく抱いてくれた。

2人の間を行き来する張形越しに、フレンダの愛情を感じる。

「フレンダ……おねぇ、ちゃ……んっ、んひゅっ!?」

「はふっ、へっ、へっ、へぇっ!」

嗚呼、駄目なのに……心を許さないと決めたのに……っ。

絆されるっ、求めてしまう……っ!

「もっと、お姉ちゃんっ、もっとぉ!」

「んっ、はふっ、わふぅっ!」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/28(土) 11:57:56.75 ID:DCymqxZ40
「どうだ? アリア」

「はい……幸せです……フレンダ姉様に、毎日愛されてます」

く、くくくっ……心底嬉しそうじゃないか……っ!

そりゃあそうだよなぁ、俺が徹底的にやるって分かったんなら楽な方に逃げるに決まってる。

自分の命の危機に比べたら、雌犬とまぐわう方が万倍マシだよなぁ。

「そうかそうか……お前の態度次第じゃ俺はそのままでいいと思うんだが……どうだ?」

「お願いします……姉と一緒の雌犬にしてください……」

「……く……あはははっ! 分かった分かった、姉妹共々犬として飼ってやるよ」

「っ! ありがとうございますっ!」

……こいつらの親も災難だな……姉妹揃って犬の性処理道具とはなぁ。

最高に笑える姉妹に育ててくれて感謝しかないな。
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/04/28(土) 12:08:16.89 ID:DCymqxZ40
久しぶりに人攫いに名指しで注文した。

たまに来る上物を待つよりも、注文する方が手っ取り早いし競合相手もいない。

値も張るしバレる可能性もあるが……俺にはそれの対処法もある。

「お、旦那……早いじゃねえか」

「まあな、ちょうど調教も終わったんだ」

「へへへ、どうだい? 俺等のスポンサーになるのは」

「お前らの客でいいよ俺は……それにチンケな金稼ぎは必要なくてな」

それに、お前らのドジを全部カバーしてやる義理はない。

「こいつ、ちゃんと攫ってきただろうな」



↓買う元貴族の特徴と名前
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/28(土) 12:16:26.72 ID:dqJZ7GXYo
箱入り娘で世間の常識とか何も知らずのんびりした性格、今の自分の状況も理解してない
イリア
23.13 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)