安価で進める無人島生活

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆U0x3qO1XPbnj [sage]:2018/04/29(日) 00:35:22.38 ID:0FyCFYW70
男「ん……ここは……?」

目を開けると、そこには一面真っ白な砂浜が広がる。
自分の背後にはだだっ広い海があり、前を向くと、うっそうとした森林が生い茂っている。ここは……無人島だろうか……?

男「俺……さっきまで何してたんだっけ……」

記憶の片隅に残っているのは、高校の修学旅行で乗っていた船が沈没していく様子。
どうやら自分は、船が沈んだことによってこの無人島に漂着したようだった。

??「ぅぅ……」

突然発せられた声に気付き、足元を見る。
どうやら、一人の人物が砂浜に倒れているようだ。




ここで安価とります。
足元に倒れていた人物の性別、名前、特徴と得意なこと(才能)を書いて下さい。
オリジナルの者でお願いします。
条件が整っているキャラで最初のやつを採用します。



安価↓

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/29(日) 00:41:32.05 ID:1dMLq+R20

ミナ
学年のアイドル的存在、ポニーテールで美乳
基礎的な医療知識
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/29(日) 15:05:58.44 ID:Zfp6fERlO
性別 女
名前 京子
特徴 前髪が長くメカクレ おどおどと自信なさげだが、意志が強い
得意なこと ボーイスカウトの経験があり、基礎的なサバイバルスキルがある
4 : ◆U0x3qO1XPbnj [sage]:2018/04/30(月) 00:27:06.37 ID:0HzUu37F0
倒れている人物をみる。
ポニーテール……女性か……
ここまで見て、眼下の人物の正体に気づく。
彼女の名前はミナ。
学校のアイドル的存在であり、その人気は学年の壁を越えて、先輩から後輩まで、男女をも問わない。
噂によると、彼女の両親は両方とも医者であり、彼女自身も、両親が経営する病院の手伝いをしていたそうだ。

そしてもちろん、今回の修学旅行に彼女は参加しており、俺と同じ遭難者でもある。

ミア「んっ……」

どうやら意識を取り戻したようだ。

ミア「あれ、ここは……?」

ミア「っ……! どういうこと……!? 何でこんなところに……!」

少々混乱しているようだ。
まあ、無理もないな。
さっきまで船内でゆっくりしていたのに気がついたら辺り真っ白で後ろは真っ青だもんな。
普通、驚く。

男「どこかの島に流れ着いたみたいだぞ」

ミア「どこかの島……? えっと………あなたは……男くんだよね?」

思いの外状況把握がはやい。 彼女は学校で成績上位者だっただけのことはあり、なかなか優秀なようだ。

男「ん……何で俺を知っているんだ? 初対面のはずだが…」

ミア「噂でよく聞いてるからね、こっちは。 まあ、初めて会うことには変わりないから初めましてって言いたいところだけど……そんな場合じゃなさそうだね……」

男「そうだな……とりあえず話をしたいんだが、暑い。 日陰に行かないか?」

ミア「うん、そうだね」

ここは太陽の日差しが強く、ギラギラとしていて、肌が焼けるように暑い。
滅多に汗をかかない俺ですら、けっこうな汗をかいていた。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/01(火) 00:10:39.00 ID:Wo8gqK3IO
期待
2.95 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)