阿笠「わしの淫語を録音したんじゃが」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:34:16.22 ID:nmxBe4F20
阿笠「聴くか?」

コナン「いや……聴かねーよ……」

阿笠「残念じゃのう……」シュン

コナン「なんでそんなことしちまったんだ?」

阿笠「まぁムラ気の至りというやつじゃな」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:34:58.15 ID:nmxBe4F20
コナン「まぁいいけどよ……どうすんだその呪いみたいなデータ」

阿笠「うぅむ……何はともあれこうしてこの世に生まれ落ちてきたわけじゃし」

阿笠「簡単に捨てるのもしのびないのう」

コナン「なんでそこでは正常な倫理観を持ってるんだよ」

阿笠「まぁ発明家じゃからの。失敗作でも我が子のようにかわいいもんじゃわい」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:35:48.51 ID:nmxBe4F20
コナン「つっても中年の淫語じゃねーか」

阿笠「いや、このために専用スタジオも拵えての高音質バイノーラル録音じゃから」

阿笠「それなりに思い入れがあるんじゃよ」

コナン「性欲を向ける方向間違えてねぇか?」

阿笠「愛じゃよ、愛」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:36:16.87 ID:nmxBe4F20
灰原「ふぁ……まったく、朝から騒がしいわね」

コナン「オウ、灰原……ってもう昼前だぞ」

灰原「昨日は遅くまで研究してたのよ」

阿笠「そうじゃ!哀くんからも知恵を借りようかの」

灰原「なんの話?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:37:11.71 ID:nmxBe4F20
阿笠「実はわしの淫語を録音したんじゃが、その使い道に困っておるんじゃよ」

灰原「」

灰原「……」

灰原「工藤くん……?」

コナン「言いたいことはわかる」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:39:03.34 ID:nmxBe4F20
灰原「高血圧に加えて痴呆は笑えないわよ」

阿笠「わしは正気じゃぞい」

コナン「らしいぞ」

灰原「その発言が狂ってることの何よりの証左だわ」

阿笠「むぅ……」シュン
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:40:37.18 ID:nmxBe4F20
コナン「まぁまぁ灰原、介護だと思って協力してやってくれよ」

灰原「……はぁ」

灰原「仕方ないわね」

阿笠「おぉ、協力してくれるか哀くん!」

灰原「まぁ、先の短い老人の願いを無下にすればバチがあたるかもしれないからね」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:41:22.23 ID:nmxBe4F20
阿笠「し、辛辣じゃのう……」ビクンビクン

コナン「つーわけでよ、どうしたらいいと思う」

灰原「そうね……跡形もなくデリートするのが一番だけど」

灰原「円谷君にでも聴かせてみたら?」

コナン「それだっ!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:41:50.15 ID:nmxBe4F20
阿笠「それじゃあ早速召喚するかのう」ポチッ


光彦「……はぁはぁ……蘭お姉さん……」シコシコ

光彦「…………!?」

光彦「……えっここはど


コナン「オラァッ!!!!!!」ドゴォォ!!
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 10:42:19.93 ID:nmxBe4F20
光彦「」

コナン「テメェ光彦ォ!誰に断わって蘭をネタにしやがった!!!」ドゴォ!ドゴォ!

灰原「よしなさい工藤君」グイッ

阿笠「もう意識は飛んどるぞい」

コナン「ハァハァ……ふざけやがって……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/05/17(木) 12:00:30.72 ID:nmxBe4F20
灰原「まったく……目的も忘れて実験体を気絶させるなんて」

阿笠「そうじゃよ。これからじゃというのに」

コナン「あぁ……悪かったよ」

コナン「頭に血が上っちまってな……」

阿笠「バーーーローーは素直に謝れるいい子じゃのう」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 12:01:28.55 ID:nmxBe4F20
灰原「とはいえ……」グイッ

灰原「この状態の円谷君に音声を聴かせるのは無理ね」

光彦「」ピクッ……ピクッ……

コナン(本当に……この状態の光彦に博士の淫語を聴かせられねーのか……?)

コナン(いや、考えろ……何かあるはずだ……気絶した人間に淫語をぶち込む方法が……!)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/05/17(木) 23:51:34.80 ID:nmxBe4F20
コナン「……!」ティロリン

コナン「……そうか、そうだよな」

灰原「あら、何か閃いたみたいね名探偵さん?」

コナン「あぁ……たった一つの真実ってやつさ」

阿笠「な、何をする気じゃ?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:52:06.85 ID:nmxBe4F20
コナン「決まってんだろ?光彦の頭に電極ぶっ挿して脳に直接淫語流すんだよ」ニヤリ

阿笠「!!」

灰原「妙案ね」

コナン「そうと決まれば……灰原、電極貸してくれ!」

灰原「はい」スッ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:53:04.38 ID:nmxBe4F20
コナン「おーしこれを光彦の頭に当てがって……」

コナン「そんでもってキック力増強シューズを最強にセットして……」キュィィィィィン

コナン「っしゃあいけえええええらあああああああああああああん!!!」ドッパーン!

光彦「」ビクゥ

コナン「……ふぅ、オペは成功だぜ」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:54:06.14 ID:nmxBe4F20
阿笠「こっちも準備出来たぞい」

灰原「あとはこのスイッチを押すだけね」

コナン「よし、博士頼んだぜ」

阿笠「がってんじゃよ」

阿笠「……わしの淫語、最大出力!!」ポチィッ!
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:54:44.65 ID:nmxBe4F20
光彦「」ピクッ

光彦「!?」ガクガク

光彦「ガアアアアアアアアあああ!?」ビタンビタン

コナン「やべぇ!拒絶反応だ!」

灰原「工藤君!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:55:25.02 ID:nmxBe4F20
コナン「あぁ、この伸縮サスペンダーで!」シュルシュルシュル

コナン「食らえ光彦!」ポチ

光彦「グギャアアアアアア!!!!」ギシギシ

阿笠「危ないとこじゃったわい」

コナン「とりあえず麻酔針も撃ちこんどくか」パシュパシュパシュ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:56:48.64 ID:nmxBe4F20
光彦「あああああああああああああああああ!!!!」ガクガク

コナン「頑張れ光彦!耐えるんだ!」

灰原「円谷君!」

阿笠「わしらには……見守ることしかできんのか……」ポチッ

光彦「ああああああああああ…………!!」ビクゥ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:58:06.36 ID:nmxBe4F20
光彦「!!」ドクン

光彦「…………コナ……ん……く…………ん」ガクッ

コナン「光彦……?」

阿笠「ま、まさか……」

灰原「工藤君、彼はもう……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:59:14.81 ID:nmxBe4F20
コナン「嘘だろ……起きろよ光彦……」

光彦「」

コナン「光彦おおおおおおおおおおお!!」

阿笠「なんということじゃ……」

灰原「……惨いわね」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/17(木) 23:59:57.86 ID:nmxBe4F20
…………

……



目暮「被害者は円谷光彦君」

目暮「死因は断定されていないが、阿笠博士の人体実験中に起きた事故、か」

高木「当時現場にいたのは阿笠博士、江戸川コナン君、灰原哀さん」

佐藤「コナン君、そのときの話を聞かせてもらえるかな」

コナン「うん、わかった!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:02:49.13 ID:Xel19blL0
コナン「えっと、まず阿笠博士が淫語を録音したんだけど」

コナン「使い道がなかったからとりあえず光彦君に聴かせようってことになって」

コナン「けど気付いたら気絶しちゃってたから」

コナン「直接脳に音声を流しこもうとして」

コナン「実際にやったらこうなっちゃったんだ」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:03:33.16 ID:Xel19blL0
目暮「ふむ……特に怪しい点もないな」

高木「これがその淫語の音声ファイルですね」カチカチ

目暮「washijayo.mp3か……試しに聴いてみるとするか」

灰原「やめなさい」

目暮「?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:05:00.51 ID:Xel19blL0
灰原「奇妙な殺害現場に残された、得体のしれないモノ……」

灰原「それに易々と触れようとするなんて危険だとは思わないの?」

灰原「それとも、あなた達は毒殺現場に残されたグラスにも口をつけるというのかしらね」

目暮「むむむ……確かに……」

高木「では、これは後で鑑識に回しましょう……」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:05:45.45 ID:Xel19blL0
阿笠「……新一」

コナン「あぁ……絶対に見つけてやるよ」

コナン「光彦を殺した真犯人をな……!」タタッ

高木「あっ、コラ!参考人が動き回っちゃ……」

目暮「いや、コナン君なら事件解決の糸口を見つけてくれるかもしれん」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:06:49.48 ID:Xel19blL0
コナン「あれれ〜、どこからかイカの匂いがするよ?」クンクン

コナン「ねぇ博士、今日のお昼ご飯イカの刺身?」

灰原「馬鹿ね、この匂いは栗の花の香……」

灰原「もっとも……この家の庭に栗の木なんて生えてないけどね」

目暮「……!」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:07:35.09 ID:Xel19blL0
目暮「まさか……!」バッ

高木「何やってるんですか警部!被害者のパンツなんか脱がせて!」

高木「ってデカ

佐藤「小さいわね〜」

高木「」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:10:56.31 ID:Xel19blL0
目暮「これは……精液だ」

佐藤「どうして被害者の股間に?」

コナン「……そういえば、気持ちよすぎて死んじゃうことを」

コナン「―――腹上死、って言うんだよね?」

一同「!!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:11:43.75 ID:Xel19blL0
佐藤「警部……まさか」

目暮「あぁ、にわかには信じられんが……」

目暮「……阿笠博士」

阿笠「ど、どうしたんじゃ」

目暮「どうやら、あなたを逮捕せねばならんようです」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:12:45.06 ID:Xel19blL0
阿笠「!?」

阿笠「どういうことじゃ!」

灰原「馬鹿ね……まだ気づかないの」

阿笠「哀くん……」

コナン「光彦の精液、淫語音声、そして謎の死……」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:13:23.30 ID:Xel19blL0
コナン「そこから導き出される真実はただ一つ」

コナン「……光彦はエクスタシー・アンド・ダイしちまったのさ」

阿笠「ば、馬鹿な!」

コナン「あぁ、馬鹿げた話さ」

コナン「だからこそ誰も気付かなかった……いや、認められなかったのさ」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:14:41.60 ID:Xel19blL0
コナン「博士……あんたの淫語が激エロだってことにな!!」ビシィ!

阿笠「!!」

目暮「そう、初めからその可能性は捨てていたんですよ」

佐藤「中年の淫語がエッチなはずなんてない、ってね」

灰原「けれど、打ち棄てたその可能性にこそ真実は宿っていたわけね」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:15:38.53 ID:Xel19blL0
阿笠「ば……馬鹿な!ありえん!」タジタジ

阿笠「わしは確かに淫語を録音した!しかしそれは一時の性的興奮によるもので……」ポチッ


阿笠『―――わしじゃよ。ふむ、前置きはなしじゃ。そこの期待で膨らんどる大きなイチモツを―――』


阿笠「!!」

コナン「バーロ……今のが何よりの証拠だぜ……」ギンギン
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:16:21.40 ID:Xel19blL0
目暮「中年の脂ぎった声で発せられる淫猥な言葉……」ギンギン

目暮「その意味不明さに脳が誤作動を起こすんですな」ギンギン

佐藤「」

灰原「」

高木「」ギンギン
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:17:05.11 ID:Xel19blL0
阿笠「そんな……わしが……わしの淫語が……光彦君を殺めたというのか」

コナン「バーロォ……なんで……なんでこんなことしちまったんだよ」ポロポロ

目暮「阿笠博士、猥褻物陳列罪の現行犯で逮捕する!」ギンギン

目暮「詳しい話は署でお尋ねしましょう……!」ギンギン

阿笠「くっ……むおおおおおおおおおおお!!!!!!」ポロポロ
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:17:53.66 ID:Xel19blL0
博士の慟哭は止むことなく、悲しく天を震わせていた。

誰かが悪かったわけじゃない。少しだけ、そう少しだけ間違えてしまっただけなのだ。

オレたちはどうすれな間違わずに済んだのだろう。

あと、抜き終わった後に流れ続ける淫語にどうしようもない虚しさを覚えてしまうのは何故なのだろう。

誰もその問いかけに答えはしない。

そう、そこにはただ残酷な現実があるだけだ―――。
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:18:32.53 ID:Xel19blL0
…………

……



歩美『そーれ、ごー!もうすぐイっちゃうよ?』

歩美『よーん!ねぇ気持ちいい?気持ちいいよね?』

歩美『さーん!今カウント止めたらどうなっちゃうのかな〜』

歩美『……にー!なーんて、とめてあげないよー!』

歩美『いちっ!ほら、もうすぐだよ!』
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/05/18(金) 00:19:13.43 ID:Xel19blL0
歩美『……ぜーろっ♡』

歩美『それ、うなぎうなぎうなぎ!!うなぎ!!うなぎうなぎ!!』

元太「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」ドピュルルルォォオオオオ


BAD END
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/18(金) 16:46:25.93 ID:OB/U2BhpO

泣いた
13.88 KB Speed:5.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)