善子「ルビィ!今日も儀式をするわよ!」ルビィ「ええ、でも・・・」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:27:02.62 ID:h6Vb4Tqa0
善子「何よ、何か問題でもあるの?」

ルビィ「火遊びはおねしょの元って言うよ。もしまた善子ちゃんがおねしょしちゃったらって思うと・・・」

善子「ブッ!?////ケホッ、ケホッ・・・・な、ななななな何のことよ!?こ、このヨハネがお、おねしょだなんて・・・・////そ、そそそんなこと有るわけがないでしょ!」

ルビィ「・・・・そうだよね。高校生にもなっておねしょなんて有り得ないか」

善子「うんうん。わかればいいのよ」

ルビィ「それで善子ちゃん。今日は何の儀式をするの?」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:28:04.60 ID:h6Vb4Tqa0
善子「今日は蛍の儀式をやろうと思うわ」

ルビィ「蛍の儀式?なぁにそれ?」キョトン

善子「・・・・・」ジュボッ

ルビィ「ピギィ!?よ、善子ちゃん・・・それタバコ。吸うの?」ビクビク

善子「バカね。未成年禁煙なんて浅はかなことをする訳ないでしょ」

ルビィ「そ、そうだよね。でもそれどうするの?」

善子「お尻の穴に突っ込むの」

ルビィ「・・・・・何故?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:28:51.37 ID:h6Vb4Tqa0
善子「お、おね・・・・/////」

ルビィ「え、なんだって?」

善子「・・・・・おねしょを治したいの////」

ルビィ「おねしょを治すのとアナルにタバコを突っ込むことの関係性について教えてくれないかな?あまりに話が飛びすぎて意味がわからないんだけど・・・」

善子「この間リリーが家に泊まりに来てくれた時に・・・その、失敗しちゃって////その時にリリーがいい治療法があるって言って、この方法を勧めてきたの・・・・」

ルビィ「ふーん」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:29:33.52 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「いやいやいや、そんな頭のおかしい治療法ある訳ないじゃん!」

善子「・・・・やっぱりね。でも、リリーったら自信満々、ドヤ顔でこの治療法を勧めてきたからもしかしたらって思ったけど・・・」

ルビィ「いやもしかする訳ないよ。タバコでおねしょが治るとか本気で信じてたの?」

善子「まさか。流石にそれは・・・・」

ルビィ「・・・・・とりあえず別の儀式をしようよ」

善子「あ、じゃあ鮮血の儀式とかどう?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:30:05.42 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「鮮血の儀式!?何だか厨二心がそそられる格好いい響きです!」キラキラ

善子「そうでしょ!そうでしょ!やっぱりルビィなら理解してくれると思ってたわ!」

ルビィ「それで、鮮血の儀式って一体何をするのでしょうか?」

善子「まあちょっと待ってなさい。これには3人以上の人間が必要だから・・・・あ、もしもし?」ピポパポ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:30:32.86 ID:h6Vb4Tqa0
花丸「いきなり呼び出すなんて、何の用ずら?」

善子「・・・・ルビィ」

ルビィ「?」

善子「・・・・・///」チュッ

ルビィ「!?!?!?!?!?!/////」

善子(鮮血の儀式、それは第3者を嫉妬を誘いヤンデレへと昇華させる儀式のこと!大好きなルビィの唇を奪われて、黙ってられる花丸じゃないはず!)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:31:26.83 ID:h6Vb4Tqa0
花丸「・・・・・\×*<^*%」ブツブツ

善子「よくわかんないけど花丸が壊れた・・・これは成功なのかしら?」

ルビィ「////」

花丸「むかつくずら!存在消滅の呪文、くらえー!」

善子「嘘っ!?か、体が透けていく・・・!?」

ルビィ「善子ちゃん!?」

善子「い、嫌!消えたくない!助けて花丸!」

花丸「人はいつか消え行くもの・・・」

善子「る、ルビィ助けて・・・」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:31:54.97 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「また召喚して貰えばいいよ」

善子「それもそうね・・・」シュゥゥゥゥ・・・・

花丸「ええ・・・消したマルが言うことじゃないんだろうけど敢えて言わせて貰うね。善子ちゃん順応早すぎないかな?」

ルビィ「厨二病だからね。ルビィも厨二心を理解することで懐が広くなりました」

花丸「厨二すげぇ・・・・・ずら」

ルビィ「さて、そろそろ善子ちゃんを召喚してあげて」

花丸「・・・・・・」

ルビィ「あの、花丸ちゃん?」

花丸「召喚の儀式ってどうやるの?」汗ダラダラ

ルビィ「」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:33:25.46 ID:h6Vb4Tqa0
数日後

善子「何か酷い目に遇った気がするけど、まあいいわ。儀式をするわよ!」

ルビィ「ハァ・・・儀式もいいけどまずはおねしょを治しなよ」

善子「ルビィが辛辣!?」ガーン

ルビィ「周りより成長が遅かったルビィでさえ、おむつは小学生で卒業したのに善子ちゃんと来たら・・・」ペラッ

善子「いやぁぁぁ!!にゃ、にゃにするのよ!////」

ルビィ「善子ちゃん、高校生にもなっておむつが取れないなんて恥ずかしくないの?」

善子「おむつのおかげでほとんど我慢する必要はないから、最近はむしろ快感よ」

ルビィ「・・・・・・・そう」

善子「だからもうおねしょのことは心配しないでいいわ。儀式を始めましょ!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:33:54.98 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「おしっこくさいお子様には付き合ってられません。帰らせて貰います」

善子「えっ!?る、ルビィ!」

ルビィ「今までお世話になりました。今日を持ってリトルデーモンは返上させて貰います。善子ちゃんがトイレトレーニングに励もうという意思を見せない限り、お暇を頂きます」

善子「ルビィ・・・・」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:34:23.60 ID:h6Vb4Tqa0
善子「あなたもよく漏らすってダイヤから聞いてるわよ」

ルビィ「ああああああああああっ!!!!/////おねぃちゃのばか!ど、どうして善子ちゃんに教えてるの!?」

善子「・・・儀式より先にトイレトレーニングを始めましょっか」

ルビィ「・・・・そうだね/////」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:34:49.47 ID:h6Vb4Tqa0
善子「じ、じゃあまず・・・トイレトレーニングの定番、どれだけおしっこを我慢できるか///」

ルビィ「・・・・善子ちゃんがどれだけ我慢できるか、タイムを計ってあげるね/////よーい、スタート」

10分後

善子「!?」ブルルッ

善子(や、やばっ!こんな早くにトイレに行きたく!?で、でも始まったばかりだし、直ぐにトイレに行くのは・・・・ううっ!?どうしよ?///)ギュッ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:36:07.41 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「・・・・」スッ

善子「ルビィ?」

ルビィ「・・・・・」ピトッ

善子「ひぅっ

ルビィ「・・・ほーれほれ」こちょこちょ〜〜

善子「あっダメ!い、今くすぐられたら・・・」

チョロロロロロ〜〜

ルビィ「えっ!?も、もうしちゃったの!?」

善子「〜〜、だ、だって・・・トイレトレーニング始める前に、トイレに行くのを忘れてたから////」

ルビィ「え、えーと・・・じゃあルビィも、同じ条件で我慢するから。何ならくすぐってくれてもいいから。ね?」

10分後

ルビィ「・・・・」

善子(ルビィは余裕なのかしら?今のところアンモニアの臭いはしないわね。ルビィはヨハネと違って、おむつを履いてないし・・・・)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:36:58.35 ID:h6Vb4Tqa0
30分後

ルビィ「!」ブルルッ

善子(おっ、あの感じは・・・・間違いない。ルビィにもそろそろ尿意が襲ってきたわね!)

ルビィ「なんてね」

善子「え?」

ルビィ「いやー、開始早々に漏らした善子ちゃんには申し訳ないんだけど、ルビィはまだ尿意が溜まってこないみたい」

善子「ええっ!?な、何それ!ズル!ズルよ!」

ルビィ「ええっ・・・・ルビィ、ズルなんてしてないんだけどなぁ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:38:09.55 ID:h6Vb4Tqa0
トイレトレーニング開始からおよそ1時間

善子(ど、どうしよう。またおしっこがしたくなってきちゃった・・・さっき失敗したばっかりなのに////)

ルビィ「善子ちゃん、どうかしたの?」

善子「えっ!?う、ううん。何でもないわよ///そ、それより・・・・もう1時間くらい経ったけど、トイレとか・・・行きたかったりはしない?」モジモジ

ルビィ「あー、ごめんね善子ちゃん。実は今さっきトイレ済ませちゃって・・・////」

善子「え?」

ルビィ「さっきからトイレに行きたいって言ったんだけど、善子ちゃんが何だかソワソワしてたからこっそり・・・・あ、ストップウォッチはもう止めてくれていいよ」

善子「わ、わかっt・・・」

しいいぃぃ〜〜

善子(や、やっちゃった・・・またおもらししちゃった///たった1時間しか経ってない内に2回もしちゃったなんて・・・・ルビィにはバレてないわよね?)ウルッ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:39:43.11 ID:h6Vb4Tqa0
善子「・・・・ちょっとトイレに行ってくるわ」

ルビィ「あ、うん・・・いってらっしゃい」






善子「ま、ママ・・・///」

善子ママ「あらよっちゃん。どうしたの?」

善子「えっと、その・・・・////」

善子ママ「・・・・もしかして、またちっちでたゃった?」

善子「////」コク

善子ママ「ふふっ、さあこっちにおいで。そこにゴローンしてね

ベリベリ

善子ママ「あらあらさっき変えてからまだ1時間も経ってないのにこーんなにびっしょりだなんていけない娘ね

善子「ママ・・・恥ずかしいから早く変えて////」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:40:26.63 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「そうだ!せっかくだからルビィちゃんにおむつになって貰うとかどうかしら?」

善子「何がせっかくなのかはわからないけど私にそんな変態趣味ないから!」

善子ママ「ふーん。でもよっちゃんは高校生とは思えないほどいっぱい漏らしてるし、もしかしたら半分くらいはわざとやってるんじゃ?とか思ったりしたんだけど・・・・」

善子「失礼ね!そんな訳ないでしょ!わざと漏らすなんて有り得ないし、今までのおねしょもおもらしも全部我慢出来ずにやらか・・・・あっ/////」

善子ママ「ふふっ、よっちゃんったら本当に可愛い

善子「ぅぅぅ////」






善子ママ「はい、これでお着替えは終了」

善子「あ、ありがとう・・・////」

善子ママ「そうだ!せっかくだから今日を機に平日もおむつって言うのは・・・」

善子「・・・・ママが換えてくれないおむつなんて絶対、嫌!」

善子ママ「」キュン

善子「ルビィ待たせてるから行くわ・・・」

善子ママ「善子ちゃん!」

善子「?」

善子ママ「」チュッ

善子「!?!?!?!?!?!/////」

善子ママ「・・・ふふっ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:41:35.95 ID:h6Vb4Tqa0
数時間後

善子ママ「・・・・何だかやけに静かね。どうしちゃったのかしら?」スクッ

コンコンコン

善子ママ「よっちゃ〜ん?」

・・・・・

善子ママ「入るわよ〜?あらっ

善子「ムニャムニャ」

ルビィ「スースー」

善子ママ「あら〜。どうりで、静か過ぎると思ったわ」

善子「ムニャリ、んんっ・・・・」

ショワァァァァァァ〜〜〜

善子ママ「ふふっ、流石善子ちゃんお昼寝時でもおねしょは欠かさないなんて、可愛い

善子「・・・ママ〜〜、ちっちまにあったぁほめて・・・ムニャァ」

善子ママ「ふふっ、よっちゃんったらおトイレに間に合う夢でも見たのかしら?」

善子「ママァ・・・

善子ママ「!?////」ドキッ

善子「ムニャムニャ」

善子ママ「・・・・寝てるときでも可愛すぎでしょ。何なのこの天使は・・・///ああ、私の恋人だったわね」

善子ママ「これ以上ここに居たら理性が持たないわね。部屋に戻ろっか////」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:42:22.88 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ふわぁ〜〜、よく寝た・・・・」

グショッ

善子「・・・ううっ、またやっちゃった////」

ルビィ「zzz」

善子(そう言えばルビィっておねしょするのかしら?ちょっと確認取ってみよ)ガバッ

パンパーン!!

善子「きゃあっ!?」ドサッ

ルビィ「えへへ〜。驚いた?実はルビィ、善子ちゃんよりちょっと先に起きてたから、たまたま荷物に入ってたクラッカーを忍ばせたの!まさに寝起きドッキリ!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:42:52.16 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ひっく!」

ルビィ「え?」

善子「ひっく!し、しゃっくりがひっく!!」

ルビィ「あれ?普通は驚いたらしゃっくりが止まるって聞くけど・・・善子ちゃんはその逆なんだね」

善子「冷静にひっく!分析してないでひっく!これどうにかしなさいっく!」

ルビィ「ええ・・・そんなこと言われても」

善子「は、早くっ・・・・」ウルッ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:43:22.36 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「あわわわわっ、くっ、首しめるビィ!」

善子「ぐええ〜〜・・・・・パタリ」

ルビィ「よ、善子ちゃーん!」






善子「ま、まぁヨハネは寛容な心の持ち主だからね。しゃっくりを止めてくれたことを感謝するわ。まあ元々しゃっくりもあんたのせいだけど、細かいことはまあいいわ」

善子ママ「よっちゃーん!ルビィちゃーん!ご飯出来たわよー!」

ルビィ「はーい!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:44:12.80 ID:h6Vb4Tqa0
食卓

善子ママ「・・・ふとんがふっとんだ」

ルビィ「ぶふっ!?」

善子「お母さん・・・食事中に寒いギャグはやめてよ恥ずかしい///」

善子ママ「え?でもルビィちゃんには大ウケよ?」

ルビィ「〜〜〜〜〜〜、w」プルプル

善子(え、ええ・・・こんなしょーもないギャグで笑う普通?)

ルビィ「ハァ・・・ハァ・・・あー、笑った笑った。千歌ちゃんに並ぶ面白さだったよ」

善子ママ「あら?千歌ちゃんもギャグが得意なのね。今度一緒にお笑い談義をしてみたいわ」

善子(ルビィの笑いのツボどうなってんのよ・・・)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:45:27.54 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ほー、さっぱりした!善子ちゃん、一番風呂譲ってくれてありがとうね!」

善子「いいわよそれくらい。んじゃ、ヨハネ入ってくるわね。あ、あとアイスは1番下の棚にあるから、いつも通り好きに食べてよ」

ルビィ「ありがとう






お風呂場

善子(あれ?今思うと、千歌ちゃんに近いくらい面白いのって、遠回しに面白くないって伝えてたのかしら?それともルビィとしては本当に誉めてたのか)

善子「何にしたって、ママのギャグセンスはないわね」

善子ママ「何がないって?」

善子「そりゃ・・・って何で居るの?」

善子ママ「そりゃ、愛娘と一緒にお風呂に入りたかったから

善子(ちょっと狭い・・・)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:47:12.56 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「次はママが赤ちゃん役ね。いっぱいちっちしちゃうから面倒見て・・・」

善子「嫌!」

善子ママ「んもう、釣れないわねぇ」

善子「私はそういうプレイ興味ないって言ってるでしょ!」

善子ママ「んもぅ、1回くらいよっちゃんにおむつ換えて貰いたいだけなのに・・・」

善子「1回だって嫌!」

善子ママ「えー、じゃあママがおばあちゃんになったら介護してくれないの?」

善子「えっ!?いや、そういうつもりじゃ・・・」アセアセ

善子ママ「ふふっ、まあ介護のための実習だと思って。ね?」

善子「・・・・1回だけだからね」

善子ママ「やった!何だかんだ言いながらママのワガママ聞いてくれるよね。よっちゃんのそういうとこ大好き

善子(何か上手く丸め込まれただけって気がするわね・・・)

善子「・・・そ、それより!おねしょのこと、ルビィと梨子以外には誰にも言ってないでしょうね?」

善子ママ「勿論よ。ママは口が堅いからね」

善子「・・・哺乳瓶のことをあっさりと梨子のお母さんに話した、その口が堅いんですかそうですか」ジトー

善子ママ「その疑いの眼差しやめて・・・本当に誰にも話してないから。ルビィちゃんにもちゃんと口止めさせてるし・・・」

善子「まあ、おねしょがバレたのがルビィ達だったのが不幸中の幸いだったかしらね」

善子ママ「おねしょに関してはママはボロ出してないし、しくじったのはよっちゃんの方よ」

善子「ぅぅ・・・////」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:47:45.02 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「久しぶりによっちゃんと入るお風呂は格別に気持ち良かったわ!よっちゃん、体拭いてあげる」ツヤツヤ

善子「ありがとう////」

フキフキ

善子ママ「ふふっ、じゃあお待ちかね、よっちゃんの大好きなおむつを履かせてあげましょう!」

善子「べ、別におむつは好きじゃないわよ!///わ、私が好きなのはおむつそのものじゃなくて・・・ママが履かせてくれるおむつが好きなだけ!////そこのとこ、勘違いしちゃ嫌!」

善子ママ(可愛すぎ天使////)

善子ママ「・・・・はい!上手に履けましたえらいでちゅね〜
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:48:17.40 ID:h6Vb4Tqa0
善子「・・・・ばぶー

善子ママ「ふふっ、よっちゃんったら本当、おむつを履いた途端に赤ちゃんになっちゃうわね

善子「・・・!」ブルッ

善子ママ「・・・ちっち?」

善子「うん。でも、せっかくママが履かせてくれたばっかりなのに汚すのは・・・」

善子ママ「ふふっ、気にしないで。ママは大丈夫よ。よっちゃんが気持ちよくちっちしてくれればそれで十分」ナデナデ

善子「あっ

ジョロロロロロロ〜〜

善子ママ「しちゃったね。履いたばっかりで早々だけど、換えよっか
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:49:08.90 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「あ、善子ちゃん。随分長風呂してたんだね。一緒にアイス食べよ。はい、いちご」

善子「ありがとう」パクッ

ルビィ「ふふっ、かかったな堕天使ヨハネよ」

善子「えっ!?る、ルビィ?」

ルビィ「そのアイスはみかん味なのだ!」

善子「・・・それがどうしたのよ」

ルビィ「えっ!?よ、善子ちゃんみかん大丈b・・・はっ!」

ルビィ(そう言えば、アニメでも普通にオレンジジュースを飲んでたような)

善子「とりあえず今日はもう寝ましょ」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:50:04.28 ID:h6Vb4Tqa0
翌朝

ルビィ「スースー」

善子「あううっ/////またおねしょしちゃった・・・ルビィは気持ち良さそうに寝てるわね。こっちはおねしょのせいで目覚め悪いってのに・・・」

ルビィ「スースー」

善子「何でルビィはおねしょしてないのにヨハネだけ・・・言っても仕方ない。ママのとこへ行こう」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:50:35.28 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「よっちゃんおはよう。今日もちっちでちゃった?」

善子「うん・・・///」コク

善子ママ「今日もいつも通りお風呂沸かせてあるから、一緒に入りましょ

善子「・・・・」

善子ママ「あら?元気がないわね。どうかしたの?」

善子「・・・・・・笑わないで聞いてくれる?」

善子ママ「勿論」

善子「あのね・・・私、ルビィに嫉妬してるみたい」

善子ママ「あらぁ?それはまたどうして?」

善子「だって・・・昨日の一緒にやったトイレトレーニングじゃ私は開始早々に漏らしちゃったのにルビィは我慢出来て、しかも今朝はおねしょまでしちゃうし・・・」

善子ママ「そっか。でもそれは仕方ないんじゃない?だってルビィちゃんは高校生で、よっちゃんは赤ちゃんだもの。何も恥ずかしがらなくてもいいわ。よっちゃんは赤ちゃんで、赤ちゃんはおもらしするのが仕事なんだから。ね?」

善子「ママ・・・・////」

善子ママ「さ、ママと一緒にお風呂に入りましょ

善子「・・・・うん!」

善子ママ(おむつ履いてる時のよっちゃんは甘えん坊だけど、朝は特にその傾向が強いのよね。朝から理性に耐えるのが大変と言うか・・・////)
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:52:15.14 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「・・・・ねぇよっちゃん。その、ママのおっぱいに興味ない?」

善子「へ?」

善子ママ「善子ちゃんさえ良かったら、入浴中におっぱい飲んでも、いいんだよ?あ、よっちゃんばんざいして」ヌギヌギ

善子「ば、ばんざーい////」

善子ママ「偉い偉い。さ、おむつの方もぬぎぬぎしましょうね〜

善子「/////」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:52:59.40 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ふわ〜〜、善子ちゃんおはよう」

善子「おはよう。朝食が出来たみたいだからちょうど良かったわ。行きましょ」

ルビィ「うん。でもその前にちょっとだけ身だしなみを整える・・・あ、善子ちゃん」

善子「何よ?」

ルビィ「下半身おむつ一丁って・・・大胆だね///」

善子「うっ・・・これは好きでこういう格好してる訳じゃなくて、最近おもらしやおねしょの頻度が上がったから、ママからのお仕置きというか////」

ルビィ「何だ、善子ちゃんに露出の趣味があった訳じゃないんだね」

善子「当たり前よ!私に露出趣味なんてないわ!そもそも変な性癖自体、ヨハネは持ってないんだから!」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:53:28.41 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「だったら・・・・ルビィがいるんだからお義母さんとプレイしてないで」

善子「な、ななななっ!」

ルビィ「善子ちゃんあれで隠してるつもりだったの?善子ちゃんがルビィの居ない場所でお義母さんのことをママって呼んでたのも、幼児退行して甘えてたことも、ルビィは全部知ってるんだから!」

善子「み、見られてた・・・・//////」プシュー

ルビィ「お義母さんじゃなくて、これからはルビィだけを見てよ」ウルウル
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:53:59.17 ID:h6Vb4Tqa0
善子「えっと、じゃあ・・・・おっぱい飲ませてくれないかな?///」テレッ

ルビィ「善子ちゃんっ!」パァァ

善子ママ「ダメよよっちゃん!浮気は許さないわ!」

善子「ま、ママぁ!?」

善子ママ「ねぇルビィちゃん。なに人の恋人を寝取ろうとしてるのかしら?」

ルビィ「お義母さんこそ、何自分の娘と近親交際してるんですかぁ?」

善子ママ「愛の前には性別も血縁も関係ないのよ!」

ルビィ「ぐぬぬっ・・・」

善子(あわわっ!?えっ?何でこの二人いきなり険悪な雰囲気になってるの!?)アセアセ

善子ママ「・・・・・!っと、いけない。そろそろ仕事に行かなきゃ。ルビィちゃん、くれぐれも変な気は起こさないようにしてね。おばさん、こう見えて結構嫉妬深いから」

ルビィ「行ってらっしゃいです!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:54:37.48 ID:h6Vb4Tqa0
善子「んで、今日は何して遊ぶ?」

ルビィ「まずはおっぱい飲むんだよね?」ニヤリ

善子「!」

ルビィ「ルビィのおっぱいはとってもちっちゃいけど、それでもよければどうぞ」ペラッ

善子「・・・・」ゴクッ

ルビィ「ほ〜ら、遠慮しないで。ね、よっちゃん

善子「・・・い、いただきます///」

チュパッ

善子「・・・んっ////」チュー

ルビィ「んっ・・・ど、どうかな?ルビィのおっぱい、おいしい?」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:55:18.64 ID:h6Vb4Tqa0
善子「しゅきぃ

ルビィ「えへへ///気に入ってくれたみたいだねルビィ、お胸は小さいから内心不安だったけど、この様子だと母乳は出てるみたいだね

善子「」チューチュー

ルビィ「よっちゃんさえよければ、いっぱい飲んでね

善子「うん・・・・・!」ピタッ

ルビィ「よっちゃん?どうかした?」

善子「え、えっとその・・・・////出ちゃったから着替えようと///」

ルビィ「じゃあ、ルビィがお着替えさせてあげるね!」

善子「い、いいわよ別に・・・着替えくらい一人で出来るから////」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:55:45.75 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「いいから身を任せなよ」

善子「っ///」ドキッ

ルビィ「じゃあ、おむつを換えてあげるね

善子(えっ?今のルビィは一体何だったの?)ドキドキ

ルビィ「よっちゃん、おむつがこんなびちょびょになるまでルビィのおっぱいに夢中になってくれてたんだね。嬉しいな
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:56:12.72 ID:h6Vb4Tqa0
善子「そ、そんな使用済みおむつなんてジロジロ見てないで早く着替えさせてよ///」

ルビィ「ああ、ごめんごめん。じゃあそこのソファーにごろーんして?」

善子「////」

ルビィ(う、うわぁ・・・////あのよっちゃんが・・・こ、こんな恥ずかしいポーズで・・・しかも善子ちゃんの大事なところも丸見え・・・/////)ドキドキ

善子「ま、まだぁ?」ウルッ

ルビィ「・・・すぐにおむつを履かせてあげるね」

善子「そ、その前に・・・・ここ拭きなさいよ////おしっこまみれで放置されたらかぶれちゃう////」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:56:41.67 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「・・・お口できれいにしてあげる」

善子「は?」

ルビィ「大丈夫。やさしく、やさしくなめるからそれはもうきっちりと色んな意味でペロペロするから・・・・」ハァハァ

善子「いやああああ!!私にそんな趣味ないっ!来ないでぇっ!」

ルビィ「大丈夫。ルビィに任せておけば大丈夫だから」ガシッ

善子「ひぃっ・・・!?」

ルビィ「・・・・なーんて、ドッキリだよー!」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:57:34.93 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ママ!?」

ルビィ「・・・・・・え?」ギギギギギ

善子ママ「うふふ私が居ない間に随分とよっちゃんのことをたらし込んでたみたいねぇ」ゴゴゴゴ

ルビィ「・・・・逃げルビ」

善子ママ「逃がしませんからね

ルビィ「」

善子ママ「あとよっちゃんも、ルビィちゃんにちょっと靡いてたみたいだからお仕置きしなくちゃね」

善子「な、何されるの?」ビクッ

善子ママ「春休みの間はおむつ以外の下着禁止。パンツは勿論、ブラジャーをつけるのもなしよ」

善子「そ、そんなあんまりよっ!////」

善子ママ「後家に居る間はおむつを丸出しで過ごすっていうお仕置きは継続させて貰います」

善子「な、何でそこまで////」

善子ママ「だって最近のよっちゃんはあまりにもおもらしばっかりするから、いつおもらししたのかわかるように家の中ぐらいは常におむつを見せて欲しいのよ」

善子「・・・・わかったわよ。とりあえず、帰ってきたならおむつを履かせて。後おまたを拭いて欲しい////」

善子ママ「任せて
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:58:01.33 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「はい、お着替え完了!」

善子「・・・・・」

善子ママ「よっちゃん、どうかした?」

善子「・・・ぎゅってして///」

善子ママ「ふふっいいわよ。ぎゅー

善子「あっ

ルビィ「むぅ、お義母さんばっかり、ずるいです!」

善子ママ「長年の経験は伊達じゃないのよ!」

ルビィ「今日のはもう帰るけどよっちゃんのことは諦めませんから!」

善子ママ「いつでもいらっしゃい。格の違いを見せつけられたいならね」ニヤリ

ルビィ「・・・・・・」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:58:38.83 ID:h6Vb4Tqa0
翌日

ピンポーン

善子ママ「あら?こんな朝早くから誰かしら?はーい・・・」

ガチャリ

ルビィ「通い妻ルビィです

善子ママ「あらルビィちゃんいらっしゃい。今日もよっちゃんと遊んであげてね」

ルビィ「はーい

善子ママ「よっちゃん!ママは今日も仕事があるからそろそろ行くね。さ、ルビィちゃん上がって」

ルビィ「お邪魔しまーす
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 13:59:20.39 ID:h6Vb4Tqa0
善子「えいえい!」ポチポチ

ルビィ「よっちゃんやめて!ルビィを一方的にいじめないでぇ〜」

※ゲームなう

ルビィ「ねぇよっちゃん、さっきからルビィ負けっぱなしなんですけど・・・・そろそろ別のゲームしようよ」

善子「・・・いいけど多分ルビィが勝てるゲームは完全に運の奴以外ないわよ」

ルビィ「じゃあそれで!このままよっちゃんに一方的にやられるのは何か嫌だもん!」

善子「言ってくれるわね。まあいいわ。じゃあすごろくでもやりましょっか」

ルビィ「確かにこれならルビィにも勝ち目がある・・・・うん。やろう!」

善子「あ、言っておくけどこのすごろくはヨハネの自作だから、マス目に止まったことが実際に起こるギミック付きよ」

ルビィ「え?」

善子「それでもやるの?」

ルビィ「・・・・・・やる!」

善子「いい度胸ね。じゃあやりましょ。準備するわね」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:00:28.72 ID:h6Vb4Tqa0
善子「先攻か後攻か、どっちがいいかはルビィに決めさせてあげるわ」

ルビィ「・・・・後攻で。先攻は何か怖いし」

善子「それじゃあ早速サイコロを回すわね・・・6よ、ヨハネにしては出だし上々ね!」コロコロ

善子「えーとこのマスでは・・・・・はぅっ!?////」ビクン

ルビィ「よ、よっちゃん?」

善子「う、ううう・・・・////」ギュッ

ルビィ「えーと、よっちゃんが止まったマスは・・・・・強烈な尿意に襲われる」

善子「・・・ち、ちょっとトイレの方に行ってくる////」

ルビィ(そう言うとよっちゃんは、大事なところをおむつ越しから両手で抑えてモジモジしながら部屋を出てこうとした)
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:01:27.41 ID:h6Vb4Tqa0
善子「あっ!ダメっ・・・・・・」

じゅいいぃぃぃいいぃぃいいいいいい〜〜

ルビィ(よっちゃんがドアノブに手を掛けるより先に決壊が訪れたみたいで、おしっこの音がこちらこっちにまではっきりと聞こえてきました)

善子「ううううう・・・・・/////」

ルビィ(おもらしの最中、よっちゃんはしゃがみこんで両手を抑えつける行為に出ましたが、最早後の祭りでした。自分の仕掛けたギミックでおもらしするとは・・・ある意味自業自得と言うか・・・・)

善子「る、ルビィ・・・・やっちゃった////も、漏らしちゃった」グスッ

ルビィ「・・・・ねぇよっちゃん。このすごろく、おもらしのマスが結構あるんだけど?」

善子「ギクッ!」

ルビィ「もしかして、最初からルビィのことハメようとしてた?」

善子「ううう・・・、ええそうよその通りよ!だって、ルビィはおもらししないのにヨハネばっかり、不公平だと思ったもん!」

ルビィ「もう、よっちゃんったら・・・・いけない娘だね」ナデナデ

善子「////」

ルビィ「さ、おむつを交換しましょうねちっちで濡れて気持ち悪いでしょ?」

善子「・・・・うん
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:02:26.39 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「さて、じゃあ次は何をして遊ぼっか?」

善子「え?ゲームはもういいの?」

ルビィ「よっちゃんの可愛い姿が見られた訳だし、もういいかなって

善子「・・・・バカ////」

ルビィ「・・・・る、ルビィもよっちゃんにおむつ替えてもらおっかな〜///」

善子「ルビィ?」

ルビィ「ほら、見てルビィも今日からおむつ履いてみたの///ルビィもよっちゃん程じゃないけど、おもらしの癖があるから。よっちゃんがおもらししちゃった間に、実はルビィも失敗しちゃって////」チラッ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:03:22.04 ID:h6Vb4Tqa0
善子「・・・・・」パシャッ

ルビィ「きゃっ・・・・んもう、よっちゃんったら、でもいいよよっちゃんになら、いくらでも恥ずかしいところを見せていいかな

善子「・・・・じ、じゃあ、換えるわね////」ゴクッ

ルビィ「お願い

善子「・・・・る、ルビィのおむつは、パンツタイプなのね////」

ルビィ「うん///パンツタイプだし、一人でも履き替えることは出来るんだけど・・・ルビィはよっちゃんに換えて欲しいな

善子「じ、じゃあ・・・脱がすわね///」

モワァ〜〜

善子(る、ルビィのおしっこの匂いが・・・って、匂いって何よ!無心無心!無心になれ///)フキフキ

ルビィ「んっよ、よっちゃん////も、もう少し優しく拭いて///」

善子「じゃ、じゃあお口でキレイになめ……拭くわよ?」

善子(わ、私ったら何てことを口走ろうと・・・・そ、そんな趣味ヨハネにはないんだから!)

ルビィ「んっそう・・・・・そんな感じ、そんな感じに優しく拭いて////」

善子(うわぁ・・・///ママったら、いつもこんな気持ちでヨハネのお世話してくれてたのかしら?何か、癖になるわね・・・・////)
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:04:25.19 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「よっちゃん、ルビィのおむつを換えてくれてありがとうね

善子「い、いえ・・・・・///」

ルビィ「頭撫でてあげるね」ナデナデ

善子「あっ」キュン

ルビィ「いい子いい子、よっちゃんはとってもいい子だよ

善子「ルビィ・・・///」

ルビィ「ねぇよっちゃん。ルビィはね、よっちゃんのことがとても大好きなの。こうやって何気ない日常を二人で過ごす今のような時間を、これからもずっと過ごしたいの。だから・・・・ルビィと、付き合って下さい」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:05:37.00 ID:h6Vb4Tqa0
善子「・・・ありがとう!嬉しい・・・ でも、ママが・・・・・」

ルビィ「そっか・・・そうだよね。ごめんね・・・・」

善子「うん・・・・」

ルビィ「・・・・あっ、あのねっ!これからもその、友達で居てね」ウルッ

善子「それは、勿論よ・・・」

ルビィ「・・・ありがとう」

善子「その変わりって言ったら何だけど・・・ルビィの好きなことして遊びましょ」

ルビィ「じゃあ・・・デートがしたいな」

善子「うっ!?そ、それは・・・」

ルビィ「ダメ?」

善子「だ、ダメってことはないけどその・・・///ヨハネの持ってる服が、その・・・ホットパンツか、スカートも丈が短いのしかないから////」

ルビィ「・・・・あっ!おむつが隠せる服がないんだね!」

善子「////」コク

ルビィ「そっか・・・じゃあ、デート出来ない」ウルウル

善子「そ、そんなことはないわ!デートは絶対してあげる!ただ、今のままじゃ」

ルビィ「・・・・わかったよ。今日のところはデートの約束が取り付けられた、ってことで許してあげる」

善子「ごめんね・・・」

ルビィ「服もルビィの方が用意しておくから、明日デートしよ!」

善子「あ、明日っていきなりね。まあ、わかったわ。明日デートしましょ」

ルビィ「えへへ////」

善子「はい可愛い」

ルビィ「よっちゃん?」

善子「や、何でもない何でもないわ」

ルビィ「?」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:06:52.63 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「じ、じゃあルビィそろそろ帰るね。あ、明日のデート、楽しみにしてるね///」テレッ

善子「ええ。じゃあまた明日。デートプランは私に任せてね」

ルビィ「・・・・・・」

チュッ

善子「///」

ルビィ「ほ、ほっぺだから・・・これくらいは許してね/////」

善子(そう言ってルビィは慌てて帰っていきました)

善子「・・・・柔らかかった////」ピトッ

??「何が柔らかかったの?」

善子「何がってそりゃ・・・あっ」

善子ママ「うふふ

善子「ま、ママ・・・!?」ビクッ

善子ママ「いつまで食われる側になっているの!このままではママもルビィちゃんも食らえる堕天使にはなれないわよ!欲望には本気を出しなさい!」

善子「!ママも、ルビィもって・・・・いいの?」

善子ママ「そりゃ本音を言えばずっとよっちゃんを独占してたかったけど、ママだってルビィちゃんのことは好きだし、よっちゃんさえ良ければ二股してもいいわよ」

善子「ママ・・・・あ、ありがとう!」

善子ママ「まあ、ルビィちゃんが二股を許さないって言うなら、悪いけどママ一筋でお願いね」

善子「わ、わかった・・・・」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:08:21.00 ID:h6Vb4Tqa0
翌日

ルビィ「よ、よっちゃん・・・遊びに来たよ////」

善子「あ、あのねルビィ・・・デートの前に1つ聞いていい?」

ルビィ「ん?」

善子「ルビィはその・・・私がママと恋人同士のまま貴女と付き合いたいって言ったら・・・・恋人になってくれる?」

ルビィ「怒るよ?」

善子「ひっ!?」

ルビィ「・・・・ルビィはそんな中途半端な妥協で二股されるくらいなら振られた方がマシ。今日だって、よっちゃんを諦めるつもりで来たんだよ」

善子「・・・・ごめんなさい。デートの前に聞くようなことじゃなかったわね」

ルビィ「わかればいいんだよ。さ、今からは明るく行こう!ルビィは今日のデートを楽しみにしてたんだから!それで、何処に行くの?」

善子「ちょっと新潟の方の遊園地にね」

ルビィ「遊園地なら夢の国とか、US○とか、何なら静岡にだってあるんじゃ?」

善子「・・・・おむつ履いてるんだから出来るだけ知ってる人に見られる可能性は避けたいのよ////」

ルビィ「あ、なるほど」

善子「そ、それで、ルビィ・・・・・」

ルビィ「あ、うん!ちゃんとスカート丈の長い服を持ってきたよ!お姉ちゃんのお古だけどね」

善子「あ、ありがとう・・・・////」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:09:04.41 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ま、まさかこの堕天使ヨハネがこんな・・・・純白のワンピースを着ることになるとは////」

ルビィ「よっちゃん可愛いよ可愛過ぎるよ!天使だよ!堕天使じゃなくて天使だよ!よっちゃんマジ天使

善子「ルビィの方が天使よ」

ルビィ「!」ドキッ

ルビィ「あ、ありがとう・・・・////ちょっとクサい台詞だけど、よっちゃんにそう言って貰えるのは嬉しい////」

善子「・・・・ほら、さっさと行きましょ///」スッ

ルビィ「えへへ〜」ギュッ
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:11:02.76 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「新潟まで片道で4時間以上かかるんだね」

善子「そうよ。それで、向こうに着いたらまずは現地でお昼を食べて、それから遊園地に行くつもり・・・ふわぁ〜〜」

ルビィ「凄い大きなあくびだねぇ」

善子「・・・・昨夜は(ルビィとのデートが楽しみ過ぎて)あまり寝られなかったのよ」

ルビィ「ふーん。あ、理亞ちゃんからLINE来てる」

善子「・・・もしかして、遊びの誘い?」

ルビィ「うん。何でも今度内浦に来るんだって。その時に一緒に遊ぼうって。よっちゃんも来ない?」

善子「・・・・うん」ウトウト

ルビィ「もしかして、眠い?ルビィのお膝元でよかったら貸すよ?」ポンポン

善子「ありがとう・・・・・・zzz」

ルビィ「おやすみ、よっちゃん」ナデナデ






善子「zzz」

ルビィ「よっちゃん起きて。おーきーて!」ユサユサ

善子「ムニャァ・・・・ルビィ、もう着いたの?」

○○駅〜、○○駅です

ルビィ「さ、よっちゃん降りよっか」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:11:52.34 ID:h6Vb4Tqa0
善子「んー、・・・・っと!さて、着いたわ新潟。まずはお昼を食べに行きましょっか」ノビー

ルビィ「うん!あ、でもその前に、よっちゃん。おむつの方は大丈夫?おねしょしちゃってない?」

善子「ちょっ、外でおねしょとか言わないで!」

ルビィ「あ、ごめんなさい。えっとそれで・・・・しちゃった?」

善子「・・・うん////」

ルビィ「じゃあまずは公衆トイレに行こっか。ね?」

善子「///」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:12:54.05 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「何だかんだで遂に遊園地に着いたね!」

善子「まずはジェットコースターに乗りましょ!」

ルビィ「えー、来たばっかりでいきなり絶叫系なの?」

善子「何よ文句あるの?」

ルビィ「いや、ないけど・・・」

善子「じゃあ早速乗りに行きましょ!」ウキウキ

ルビィ「いきなり激しいのに乗ってよっちゃん大丈夫かな……」

善子「ほら、早く早く!」

ルビィ「あ、待ってよー!」






善子「あ、私達の番来たわよ!早く乗りましょ!」

ルビィ「う、うん」

従業員「お客様。お荷物の方はこちらでお預かりします」

善子「あっ・・・・・////」

従業員「どうかしました?」

善子「いえ・・・・/////」カァァァ

ルビィ(鞄の中身が中身だもんね。恥ずかしくても仕方ない)
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:13:54.49 ID:h6Vb4Tqa0
ガタゴトガタゴト

善子「ね、ねぇルビィ・・・ち、ちょっと高すぎたりしない?こ、こここ怖いなら手を繋いであげてもかまわないのよ」ブルブル

ルビィ(やっぱり・・・・ルビィの予感は何となく当たりそう)

善子「ね?だから手を握りm・・・・・」

ギュオオオオオン!!

善子「きゃあああああああああっ!!」

ルビィ「ピギィぃぃぃぃ!!!」





ルビィ「はぁ、はぁ・・・は、早すぎだし、上り下りが激しいし、危うく漏らすかと思った・・・・よ、よっちゃんは大丈夫だった?」

善子「下の方はさっきおねしょで出しちゃったからまだ大丈夫だけど、上から漏れそう」

ルビィ「え?それって・・・」

善子「ぐすん、だって・・・・あんなんだとは思わなかったから、怖かった」ポロポロ

ルビィ「ああっ!?よ、よっちゃん泣かないで!」

善子「な、泣いてないもん・・・・」グスッ

ルビィ「え、えっと・・・・あっ!じゃあ次はコーヒーカップに乗ろっか」

善子「・・・・うん」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:15:15.37 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ほらほらルビィ!これぐらいでギブアップは早いわよ!どんどん回して、行っくわよおおおお!!」ギュルルル

ルビィ「め、めがまわる〜〜」グルグル

善子「あはは、あはははは!」

ルビィ(またよっちゃんが泣かないようにこっそり調整しないと)

善子「あははー!いいわよいいわよ!この調子でどんどん回ってー!」グルグルー
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:16:25.68 ID:h6Vb4Tqa0
善子「はー、すっきりした!」

ルビィ「よ、よかったね・・・・」

善子「何か、顔色悪いわね。もしかしてちょっと早すぎた?」

ルビィ「ま、まぁ・・・」

善子「よし、じゃあ次は・・・!?」

ルビィ「え?何どうしたの?」

善子「な、何でもないわ何でも」アセアセ

ルビィ「・・・・・あっ!オバケ屋敷!?」ビクッ

善子「!?」ビクンッ

ルビィ「ま、まさかよっちゃん・・・・あ、あんなとこに入りたいなんて言わないよね?」ブルブル

善子「リ、リトルデーモンの意を汲んでこそヨハネよね!」

ルビィ「よっちゃん」ホッ

善子「じゃあお化け屋敷に行きましょ!」

ルビィ(違うううううっ!!)ガーン

善子(ルビィにかっこいいとこ見せるチャンス!)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:17:43.20 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「うう、こ、怖いよよっちゃん・・・・」ギュー

善子「し、心配しなくても、こ、このヨハネの側に居れば・・・・お、おお恐れることにゃんてにゃにも・・・・」

善子(こ、こわい・・・・)ブルブル

お化けa「お、あの娘達超可愛いじゃん。こりゃ、気合い入れて驚かさないとね!」

ルビィ(うう、怖い・・・・け、けど・・・・・よっちゃんが近くに居てくれるって思うと、なんか怖さが薄れて来たような。むしろなんだか・・・・/////)

ルビィ「・・・あったかい」ピトッ

善子(こ、こういうのは・・・さっさと進んでさっさと終わりにs・・・・)

お化けa「(棺桶から)ぶああああああ!!」ガバッ

善子「きゃああああああ!」

ルビィ「ピギィぃぃぃ!!」

お化けa「きひひひひ

善子「な、なんなのよもう・・・・ルビィ、大丈夫だった?」グスッ

ルビィ「る、ルビィは大丈夫......それよりよっちゃんこそ、漏らしたりしてない?」

善子「な、なんでそんなことを・・・・?」

ルビィ「だって今・・・・よっちゃんもルビィに負けないくらい大きな悲鳴上げてたから・・・・もしかしたらと思って聞いてみたんだけど」

善子「だ、大丈夫!むしろヨハネが守ってあげる!」

ルビィ「そ、そう・・・////じゃあ、ルビィのこと、しっかり守ってね

善子「ま、任せなさい!」

ルビィ「

お化けa(あ、これやばいな。この百合ップルには激甘で行こう。他の皆は次のお客さんまで待機!)
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:18:57.06 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「えへへ////よっちゃんが守ってくれたおかげで、全然怖くなかった

ルビィ(今までお化け屋敷は嫌いだったけど・・・・よっちゃんがこうやって守ってくれるなら・・・お化け屋敷がむしろ好きになっちゃったかも

善子「名残惜しいけど、そろそろ帰りましょっか」

ルビィ「帰る前に、ルビィがおむつを換えてあげるね」

善子「////」

ルビィ「怖がりながらもルビィを守ってくれてありがとうご主人様だああああい、好き」チュッ

善子「ご主人様とか、えっろ」鼻血ドクドク

ルビィ「
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:20:01.91 ID:h6Vb4Tqa0
翌朝

ルビィ「ふわぁ〜〜」

ルビィ(昨日遊園地でたくさん遊んだ後、沼津に帰ってきた時間が遅くなったので終バスを逃してしまいましたが、よっちゃんが家に泊めてくれたのです本当によっちゃんはもう、優しすぎです

善子「スースー」

ルビィ「昨日はあんなにかっこよかったのに、朝になるとこんなに可愛いなんて反則だよ」チュッ

善子「んんっ・・・・」モゾッ

ルビィ「今日もおむつが膨れてる。ふふっさて、そろそろよっちゃんを起こすとしますか

善子「んっ・・・・んんっ」モゾモゾ

ルビィ(おや?よっちゃんの様子が?)

善子「っはぁ〜〜

ショロロロロロロ〜〜

ルビィ「えっ!?よっちゃんまたおねしょしちゃったの!?1日に2回もおねしょするなんて・・・ってそう言えばよっちゃん、昨日は3回もおねしょしてたし、これぐらい今更か」

ルビィ(昨日は新幹線の行き帰りでそれぞれ1回ずつのおねしょと、多分昨日の朝もおねしょしてただろうから少なく見積もって3回・・・)

善子「ムニャァ・・・・・ルビィおはよう」

ルビィ「おはよう、おねしょさん

善子「んー・・・・・!?」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:21:26.33 ID:h6Vb4Tqa0
善子「る、ルビィ・・・・ど、どうしよう?」ウルウル

ルビィ「よ、よっちゃん?ど、どうかした?」

善子「・・・・・・・お布団に世界地図描いちゃった・・・」グスッ

ルビィ「ええっ!?よ、よっちゃん・・・ちゃんとおむつは」

善子「は、履いてるわよ・・・////だ、だけど時々、ちゃんとおむつを履いててもこんなことが・・・・ルビィ、助けて」

ルビィ「た、助けてって、どういうこと?」

善子「ぐすん・・・ママを説得してほしいの。き、今日はいい天気だから、ママは間違いなく世界地図が描かれた布団をベランダに干そうとするわ」

善子「こ、高校生にもなって未だに世界地図を描いちゃうなんてご近所さんにバレたら・・・絶対バカにされちゃう。だからお願い。ヨハネを助けて」ウルウル

ルビィ「助けてじゃなくて助けてください、でしょ?」

善子 「・・・た、助けて下さい。どうか、ヨハネの世界地図がお外に干されないようにママを説得して下さい」ウルウル

ルビィ「とりあえず交渉はしてくるから、その間によっちゃんはバスタオルで水分を吸収しておいて。後消臭も忘れずに」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:22:12.37 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「あらルビィちゃんおはよう。」

ルビィ「おはようございます。あの、折り入って相談が・・・」

善子ママ「どうしたの?」

ルビィ「じ、実は・・・」

善子ママ「・・・何てね。おおよその検討はついてるわ。よっちゃんのおねしょのことでしょ?」

ルビィ「!?は、はい・・・」

善子ママ「普通におねしょしただけならわざわざルビィちゃんを寄越さず自分からおむつ交換を要求してくる筈よ」

善子ママ「それをしないってことは、大方おねしょの量が多すぎて世界地図を作っちゃった。でも外に干すのは恥ずかしいからルビィちゃんにママを説得するよう頼んだ。こんなとこかしら?」

ルビィ「す、すごい・・・ルビィが来ただけでそこまで見抜くとは・・・・じ、じゃあ、お布団を外に干さないようにするのは?」

善子ママ「逆にお布団を干してもおねしょと思われないようにしましょ」

ルビィ「と言うと?」

善子ママ「お隣さんはいつも決まった時間に出かけるからそこを見計らってジュースを溢したと外に聞こえるように騒いでみたりとかね?」

ルビィ「な、なるほど・・・・」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:23:49.80 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「って訳だから、お布団は外に干すけど、ジュースを溢したってことにして騒ごう」

善子「わ、わかったわ」

善子ママ「時間よ!」

善子「・・・・・ごくごくごく、ぷはぁー!ジュース超美味しいなぁ!こーんなに美味しいジュース初めてー!(大声)」

ルビィ「よっちゃんおはよー!あー!美味しそうなジュースだねぇ!ルビィにも飲ーまーせーてー!(大声)」

善子「だ、ダメよルビィ!そんなに暴れたらー!あああああっ!」

ルビィ「ピギィぃぃぃぃ!!」

善子「もうー!ルビィのせいでジュースを溢しちゃったじゃない!どうしてくれるのよもうー!」

ルビィ「ご、ごめんなさーい!」

善子「しょうがないから、お布団は外に干しましょー!」

ルビィ「・・・・・」

善子「・・・・・」

善子ママ「後はこれで上手く誤魔化されるのを祈りましょ」

善子「二人とも、ありがとう////」

ルビィ「えへへ///どういたしましてだよ////」

善子ママ「それにしてもよっちゃん、自分で作った世界地図の処理をルビィちゃんに尻拭いさせようとはいい度胸ね。ママ、ちょっーと怒っちゃったかな?」

善子「うっ、やっぱり?」

善子ママ「罰としてルビィちゃんのことは「ルビィお姉ちゃん」と呼びなさい」

ルビィ「あっ、それ凄くいい

善子「ううう/////」

ルビィ「さぁよっちゃん!今日からルビィはよっちゃんのお姉ちゃんだからねさぁ、ルビィお姉ちゃんって、呼んでみて?」

善子「る、ルビィお姉ちゃん////」

ルビィ「よっちゃんは可愛いでちゅね〜」ギュー

善子「えへへ////」

ルビィ「さ、お姉ちゃんと一緒にお風呂に入ろう。いつまでもびちょびちょのおむつなんて履いてたくないでしょ?お姉ちゃんがちっちまみれのお体を入念に洗ってあげまちゅからねぇ

善子「うん

善子ママ「お風呂は勿論出来てるから、ゆっくり入ってらっしゃーい」

ルビィ「はーい!」

善子ママ「ママはお仕事に行って来るから、ルビィお姉ちゃんの言うこと聞いて、いい子で待ってるのよ?」

善子「うん!」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:24:29.54 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「さて、これから職場へ・・・・向かう前にご近所さんの反応を見て回りましょっか。上手く誤魔化せたかしら?」

お隣さん「それでね〜〜」ペラペラ

ご近所さん「へー」

善子ママ「あら、あの人達何の話をしてるのかしら?ちょっとこっそり聞き耳を・・・」コソッ

お隣さん「お隣さんが朝からジュースの取り合いしてたらしくて・・・うるさいったらありゃしなかったわ」

ご近所さん「貴女のお隣と言うと津島さんかしら?まあ、高校生の娘さんなんてまだまだ子供だもんね」

善子ママ(よかったー!おねしょのことはバレてないみたいね。まさか高校生にもなっておねしょしてるとは普通なら考えにくいか・・・)

善子ママ「・・・・さ、仕事に向かいましょ」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:26:03.68 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「さっぱりしたー!気持ち良かったねよっちゃん」

善子「うん!」

ルビィ「ねぇよっちゃん。よっちゃんは今日何をして遊びたい?」

善子「新婚さんごっこ」

ルビィ「えっ!?////」ドキッ

善子「ヨハネがお嫁さんやるからルビィお姉ちゃんは仕事帰りの夫ってことで!」

ルビィ「・・・・・」

ほわわわ〜〜ん

善子『おかえりなさい貴女ご飯にする?お風呂にする?それとも・・・わ、た、し

ルビィ「イイ!凄くイイ!」ドクドク

善子「って訳だからルビィお姉ちゃんはヨハネのお部屋に居て!」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:27:18.48 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「と言われて部屋に待機してルビィ・・・」

善子「ルビィお姉ちゃん、もうこっちに来ていいよー!」

ガチャリ

ルビィ「!?」

善子「じゃーん!ヨハネの手作り料理でーす!」

ルビィ「えっ!?こ、これ本当に善子ちゃんが?」

善子「う、うん・・・お昼ご飯も兼ねてたくさん作ってみたんだよ。あっ!こ、今回のは堕天使の涙みたいな激辛じゃなくて、ルビィお姉ちゃんでもちゃんと食べられる味付けを・・・・」アセアセ

ルビィ「お、美味しそう・・・いただきまーす!」ジュルリ

善子「ど、どう?美味しい?」ドキドキ

ルビィ「とても美味しいよ︎」

善子「良かった///」ホッ

ルビィ「よっちゃん、ルビィのために美味しい料理を作ってくれてありがとうね!残さず全部食べるよ」ナデナデ

善子「うん……」

ルビィ「よっちゃん?」

善子「あのねルビィお姉ちゃん、その・・・・・////」

ルビィ「あっ!ちっち出ちゃった?」

善子「うん////」

ルビィ「じゃあ先に換えよっか

善子「えっ!?い、いいわよ別に・・・食事中くらいは自分で換えるよ。料理が冷めちゃうし、何より食べてる途中におむつ換えとか、汚いでしょ?」

ルビィ「そんなことないよ!よっちゃんのおもらしならむしろおかずにするよ!!」

善子「そ、そう・・・・」

ルビィ「あれぇ、引かれてる?まあいいや。そうあうことだからまずよっちゃんのおむつを換えてあげるね

善子「うん
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:28:30.27 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「はーい、おむつ開けますよ〜」ビリッ

善子「えへへ///」

モワァ〜

ルビィ(いい匂い

善子「////」

ルビィ「じゃあお股をフキフキしてあげまちゅね〜あらぁ?よっちゃん、おしっこに紛れてぬるぬるした液体が?」

善子「・・・・うう、言わないで

ルビィ「ふふっよっちゃんはママとお姉ちゃんにおむつを換えて貰うのが大好きな、ド変態さんだもんね

善子「やぁ・・・・ヨハネのこと、変態だなんて言わないで

ルビィ「ルビィもそんなよっちゃん見てお股をおしっこじゃない液体で濡らしちゃう変態だから平気だよ

善子「お姉ちゃん」キュン

ルビィ「はーいおむつを履けましたじゃあ、お昼食べよっか」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:29:10.46 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「よっちゃーん今日もお姉ちゃんと一緒にお風呂に入りましょう

善子ママ(ルビィちゃん、さも当たり前のように今日もお泊まりなのね。まあよっちゃんが喜ぶからいいけど・・・)

ピンポーン

善子ママ「あ、はーい」

ガチャリ

お隣さん「こんな遅くにごめんなさい」

善子ママ「あら、貴女はお隣さんの。どうしたんですか?こんな時間に」

お隣さん「今朝はジュースのことで騒いでたみたいなので、これ差し入れに」

善子ママ「わあ、こんなにたくさんのジュース!いいんですか?ありがとうございます!」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:30:12.41 ID:h6Vb4Tqa0
善子「はー、さっぱりした!」

善子ママ「よっちゃん、ルビィちゃん!冷蔵庫にジュースいっぱいあるわよ!お隣さんからの差し入れ!」

善子「えっ!?本当に!」

善子ママ「二人がお風呂に入ってる内にキンキンに冷やしておいたから、遠慮なく飲んでね

善子「これはお漏らしフラグね」

善子ママ「え?」

善子「ヨハネはそんなバレバレのフラグに乗っかるような真似はしないわ!」

ルビィ「そう?じゃあルビィに飲ませて貰うね」

善子「え?」

ルビィ「ルビィとりあえずりんごジュース飲も!」ゴクゴク

善子「あ、あの・・・ルビィお姉ちゃん?」

ルビィ「飲まないならよっちゃんの分ルビィが飲んじゃうね。あ、このりんごジュース美味しい

善子「あっ・・・・・」

善子ママ「つまらない意地張ってないで、たーくさん飲んでくれてもいいのよ

善子「う、ううう・・・・・」






善子「あー、美味しいりんごジュースは勿論、いちごオレにコーヒー牛乳にミックスジュースああっ、どれも美味しい

ルビィ「そんな冷たいものばかり飲んだらお腹冷えるのに…」

善子「ルビィお姉ちゃんもう飲まないの?じゃあヨハネが飲んじゃうよ」ゴクゴク

ルビィ「ちょっと、よっちゃんもう本当に飲みすぎだよ!もうどうなったって知らないよ!」

善子ママ「・・・・・ふふっ」ニヤリ
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:31:40.68 ID:h6Vb4Tqa0
翌朝

善子「る、ルビィ・・・・お、起きて」

ルビィ「んぁ?よっちゃん?どうしたのこんな朝から」

善子「また世界地図描いちゃった...////」

ルビィ「・・・・もう、だから昨日忠告したのに!」

善子「だって・・・・・お願い、今日も助けて」グスッ

ルビィ「・・・これはもうママに報告するしかないんじゃないかな?」

善子「や、やっぱりそうなっちゃう?」

ルビィ「ルビィも着いていってあげるから、ね?」ニッコリ
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:32:42.87 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ま、ママ・・・・////」

善子ママ「あらよっちゃんおはよう。随分とおむつがびっしょりね。歩く度にポタポタと雫が溢れてる・・・もしかして、今日も世界地図描いちゃった?」ニヤニヤ

善子「・・・・・・ううう////」コクッ

善子ママ「ヨハネはそんなバレバレのフラグに乗っかるような真似はしない!って言ってたのにね(笑)」

善子「・・・・・・うえええええええん!!えええん!!」

善子ママ「あっ!?ご、ごめん・・・・」

ルビィ「ママ・・・・・・よっちゃんに何てことを言ってるの?」ジトー

善子ママ「や、やめて!その下等生物を見るような目で見るのはやめて!ママ傷付いちゃう!」

ルビィ「よっちゃんはもっと傷付いてるんだよ?」

善子ママ「そ、そうよね・・・親としてあるまじき言葉だったわね」

善子「びゃあああああ!!」

善子ママ「よっちゃん!ぎゅっとしてあげるから許して下さい!」orz

ルビィ(ええ・・・それだけ?)

善子「・・・ママぁ」ギュー

ルビィ(あ、いいなぁ。ルビィもよっちゃんをぎゅってしたい)

善子ママ「さ、お風呂に入りましょうねいつまでもちっちまみれだと気持ち悪いだろうからね
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:33:29.18 ID:h6Vb4Tqa0
お風呂

善子ママ「さて、よっちゃんの世界地図、どうしようか?」チャプン

善子「ママ・・・・お願い、お外には干さないで」ウルウル

善子ママ「そうしてあげたいのは山々なんだけど、昨日のジュース(嘘)みたいに誤魔化しは効かないし、どうしたものか・・・」

善子「ママ…」ウルウル

善子ママ(ちょっ、その上目遣いは反則よ!は、鼻血が止まらない////)ドクドク

善子ママ「・・・そうだわこれよ!ちょっと待ってて!」ザバッ

善子「?」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:34:30.05 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「よっちゃんのあまりの可愛さに大量に噴き出した鼻血を布団に掛けて」ボトボト

布団「解せぬ」ドロー

善子ママ「やったわ!これだけドロドロならおねしょだと思われること無く堂々とこの布団を処理できるわ!」

ルビィ「じゃあルビィは新しい布団を持ってくるよう使用人に連絡入れるね!」

善子ママ「お願い!」

善子「・・・・何か、ママが遅いから勝手に着替えて出てきたけど」

善子ママ「あ、よっちゃん!カクカクシカジカって訳だから布団を処理することになったわ!」

ルビィ「新しい布団はルビィの方で用意してあげるの!」

善子「あ、ありがとう二人とも・・・本当にありがとう!」

善子ママ「さ、そういう訳だからママはお仕事に行ってるわね」

ルビィ「いってらっしゃーい!」

善子「ねぇルビィ・・・布団が来るまでの間何して遊ぼうか?」

ルビィ「おねしょしないように、なんでジュースを過剰に飲んじゃうのか考えようね」ジトー

善子「・・・・・はい////」

ピンポーン

善子「あ、チャイムが鳴ったわ!布団が届いたのかしら?」

ルビィ「ルビィ出てくるね」

ガチャリ

使用人「お嬢様」

ルビィ「ご苦労様。後はルビィがやるから、それ置いて帰って」

使用人「いえ、お嬢様にそのような手間を掛けさせるには・・・」

ルビィ「いいから帰りなさい。これは命令だよ」

使用人「・・・申し訳ございません」ペコリ

ルビィ「・・・・じゃあ処分する方の布団を渡すからちょっとだけ待ってて」

使用人「はい」

ルビィ「・・・・ありがとね。こんな朝から駆け付けてくれて」ボソッ
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:35:27.89 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「よっちゃん!新しい布団が届いたよ!さて、こっちの布団を使用人に持っていかなきゃ」

善子「だ、大丈夫?運ぶの手伝おうか?」オロオロ

ルビィ「・・・・おむつ丸出しの格好を見られても大丈夫なら、手伝って欲しいかな」

善子(あっこれ完全に説教モードだわ)

ルビィ「とりあえずよっちゃんは大人しくしてなさい」

善子「・・・・・はい」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:36:45.97 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「さて、一連の作業は終わったし、反省会を開始しようね」

善子「ううう・・・・/////」

ルビィ「よっちゃんは自分が重度のおねしょ癖を患ってる自覚ある訳でしょ?なのにどうして昨日はルビィの制止を聞かずにガブガブとジュースを飲んじゃったのかな?」

善子「そ、それは・・・美味しかったからつい////」

ルビィ「ふーん、つい飲みすぎちゃったんだね」

善子「・・・・ダメだった?」ジワァ

ルビィ「ちょっとずつ調整していこうね?」ギュッ

善子「ルビィ!」パァァ

ルビィ「いきなりおねしょしないように、とは言わないから、せめておむつから溢れる程飲んじゃわないように。ね?」

善子「はーい///」

ルビィ「さて、反省会はおしまいにして、これから遊ぼうか!」

善子「久しぶりに堕天使ヨハネとして動画配信したい!」

ルビィ「えっ!?」

善子「とりあえず堕天使衣装を来て・・・もし万が一おむつを見られたら大変だから普通の下着を・・・・そうだ!ルビィも参加してくれたら嬉しいわ!」

ルビィ「・・・・わかった」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:38:44.34 ID:h6Vb4Tqa0
善子「堕天使ヨハネ、久しぶりに降臨よ!今日は久しぶりにリトルデーモン4号も来てくれたわ!」

ルビィ「えへへ///今日もいっぱい、可愛がってね

善子「さて、今日の企画はお悩み相談!およそ堕天使がやることとは思えない善行ですが、まあいいでしょう。迷えるリトルデーモンを導くのも我が定め!さあ、最初の迷えるリトルデーモンは!?」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:39:29.27 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「えーと、最初のお悩み相談は沼津在住のヨーソローさんです!」

ルビィ「『幼馴染のことが小さい頃から好きでしたがつい先日失恋しました・・・』うわぁ、いきなりきついのが・・・」

善子「す、凄いことヨハネに聞いてきたわね・・・」

ルビィ(このお便り何か、ルビィの知ってる人のような気が・・・・まあいいや。よ、よっちゃんは何て答えるつもりかな?)

善子「吹っ切りたいのか諦めたくないのかによって変わるわよね」

ルビィ「お便りには失恋した旨しか書かれてなかったね」

善子「そう・・・・まあ、吹っ切りたいなら新しい恋を探すか、諦めたくないなら全速前進あるのみよ!」

ルビィ「何か、ヨハネ様にしては無難な回答ですね」

善子「う、うるさい!後3件行くわよ!」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:40:57.13 ID:h6Vb4Tqa0
善子「次、内浦在住のノッポぱんさんから!」

ルビィ「えーと、ノッポぱんさんからは・・・!?」

善子「どうしたの?早く読みなさいよ」

ルビィ『ヨハネ様のことが愛しすぎて夜も眠れません』

善子「な、何か照れるわね///今度ノッポぱんさんにはヨハネが直々に会いに行ってあげましょう」

ルビィ(何さ、嬉しそうにデレデレした顔しちゃって)ムスッ

善子「え、えっと・・・ヨハネのことを好きで居てくれるのは嬉しいけど、睡眠はちゃんととってね?・・・・つ、次っ!///」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:42:12.24 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「・・・次は北海道在住のメロン☆なうさんからお便りを頂きました」

ルビィ「『どうしたらでかめろんになれるのか教えて欲しい』ほう・・・・」

善子「これはあれかしら?ヨハネ達への宣戦布告と受け止めてもいいのかしら?」ビキッ

ルビィ「よ、ヨハネ様落ち着いて・・・ちゃんと返事してあげましょう?」ピクピク

善子「青筋たてながら言っても説得力ないけど・・・・メロンはなる物じゃないわ。揉む物よ」

ルビィ「貧乳の私達にはこれしか言えることはありません。ごめんなさい」

善子「それじゃあ最後のお悩み相談を・・・・・!」ブルッ

ルビィ(よっちゃん、まさか!?)
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:42:57.63 ID:h6Vb4Tqa0
善子「さ、最後のお便りは・・・んっ///こ、これまた内浦在住のみかんさん」モジッ

善子「お隣さんに毎日大好きアピールをしていますが、全く気づいてくれませ・・・んっ!////」

ルビィ(やっぱりよっちゃん、おしっこを我慢してるんだ!)

善子「ど、どうしたら恋愛対象として意識して貰えるでしょうか?な、何か今日は恋愛相談が多い気がするわね///」

ジョワッ・・・

善子「〜〜、・・・・」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:44:17.55 ID:h6Vb4Tqa0
善子「・・・好意が伝わりにくい相手にはストレートに愛してるを伝えるしかないわ。返事はすぐじゃなくていいと言うことで相手はずっと貴女を意識することになるわよ」キリッ

ルビィ(ああ、よっちゃん!本当は今にも漏れそうなのに画面の前のリトルデーモン達のために頑張って・・・)ウルッ

善子「じ、じゃあ今日はこれでおしまい。次回はまだ未定よ、じゃあ!」カチッ

善子「・・・い、急がなきゃ漏れちゃうっ!」

ルビィ「よ、よっちゃん!こんな狭い部屋でそんなに慌てて走ろうとしたら・・・っ!」

善子「あっ!?」ズテッ

ルビィ「よっちゃん!?」

善子「・・・・・・・」

しゅいいいいいいいいぃぃぃいいぃぃぃいいい〜〜〜






善子「・・・・・」ビッショリ

ルビィ「・・・・よ、よっちゃん?」

善子「うわあああぁぁぁぁぁああぁん!!」

ルビィ「・・・・あんまり泣くとチュウしちゃうよ?」チュッ

善子「る、ルビィ!?な、何してるの?私今・・・全身濡れてるのよ?」

ルビィ「そうだね。前から凄い勢いで転んで・・・うつぶせでおもらししちゃって濡れちゃってるね」

善子「全身おしっこまみれで、凄く汚いんだよ?」

ルビィ「汚くなんかない。よっちゃんのおしっこなら、全然大丈夫。だってルビィ・・・・よっちゃんのこと大好きだもん

善子「そんな事言われてもこっちは恥ずかしいのよ!」

ルビィ「まあ、そうだよね・・・・ちょっとタオル取ってくるよ。ついでにお風呂も沸かせておくね」

善子「・・・・お願い////」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:45:52.99 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「さ、よっちゃん!堕天使さんの衣装をぬぎぬぎしましょうねはい、まずはばんざーい!」

善子「ば、ばんざーい////」

ルビィ「ありゃありゃ・・・お腹周りだけじゃなくて、お胸の方にまでちっちが掛かったみたいだね〜。じゃあ次はスカートとソックスぬぎぬぎしましょうね〜

善子「・・・・ううっ/////」パッ

ルビィ「あれ?どうしたのよっちゃん?後はおパンツをぬぎぬぎするだけなのに、どうして隠すような真似をするのかな?」

善子「だ、だって・・・恥ずかしい////」

ルビィ「ルビィお姉ちゃん困っちゃうよ?ね?お願い」

善子「ううっ・・・・////」

ルビィ「・・・・えへへお姉ちゃんの言うことを聞いてくれてありがとう」スルスル

モワァ〜〜

ルビィ「・・・・ん〜〜やっぱりよっちゃんの出したてのおしっこの匂いは最高だよ

善子「お、お姉ちゃん・・・・に、臭いを嗅がないで早く拭いてよ恥ずかしい////」

ルビィ「臭いじゃなくて匂いなのにね〜

善子「そ、そういうことじゃ・・・」

ルビィ「はーいそれじゃあお股をふきふきしちゃいまちゅねぇ〜

善子「あっ・・・

ルビィ「どう?気持ちいい?」

善子「もっとぉ…

ルビィ「ふふっじゃあ、もーっと入念に、拭いてあげる

善子「」キュン

ピピピ・・・お風呂が沸き上がりました!

ルビィ「!」

善子「・・・お風呂入ろう、お姉ちゃん

ルビィ「・・・・うん////」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:47:03.88 ID:h6Vb4Tqa0
ザブーン

善子「気持ち良い〜

ルビィ「そういえばよっちゃんってさ、変態さんだよね

善子「んなっ!?////」

ルビィ「だってよっちゃん、高校生の癖にろくにおしっこを我慢できないばかりか漏らしちゃった後にお姉ちゃんやママに甘えて興奮するんだもん。どう考えたって変態さんだよ

善子「うう・・・////」

ルビィ「本当はおもらししちゃうのも好きなんでしょ?」ニヤニヤ

善子「そ、それは違うわ!おしっこが我慢できないことは未だに恥ずかしいし、今日だって凄く悲しくて・・・大泣きして・・・・」グスッ

ルビィ「あっ、ごめん・・・」

善子「だけどママやお姉ちゃんにお世話して貰うのは・・・・本当に、とっても大好きなんだよ

ルビィ「よっちゃん!」パァァ

善子「だからもっと気持ちよくして

ルビィ「任せてよ!何なら今から頭も体を洗ってあげる!お姉ちゃんに任せてよ!」

善子「えへへ///」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:48:07.99 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ(何だかんだで夜になりました。ルビィは今日もお泊まりです

善子ママ「ねぇルビィちゃん。洗濯機によっちゃんの堕天使衣装とバスタオルが何枚か入ってたんだけど、心当たりはない?」

ルビィ(・・・・あっ、しまった!今の今まで堕天使衣装の回収を忘れてた!な、何て答えよう・・・・)

善子ママ「私も着てみたい!」

ルビィ「・・・・それはよっちゃんの衣装なんだし、よっちゃんに直接聞いてみれば?」

善子ママ「わかった!そういうことなら本人に聞いてくるわね!」





善子ママ「よっちゃーん!ママも1度堕天してみたいからこの衣装を着てみてもいい?」

善子「ヨハネのママだからエリサベトね!」

善子ママ「そういうことを聞いたんじゃないけど・・・まあいっか」

善子「えへへ///今度一緒にニコ生配信しようね

善子ママ(あ、可愛い)キュン
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:48:46.27 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ねぇママ。ちょっと質問があるんだけど・・・」

善子ママ「いいわよ。何かしら?」

ルビィ「えっとね・・・よっちゃんのトイレ事情についてなんだけど・・・・よっちゃんってよくおもらしするでしょ?特に最近は凄い頻度で漏らしまくってるし」

善子ママ「まあ、そうよね」

ルビィ「・・・今のままのペースでおむつが外れないようだと新学期が大変じゃないかな?それに、もし仮に今からトイレトレーニングを初めてもとてもおむつ外れが間に合わないと思うけど・・・・」

善子ママ「ああ。その事なら心配しないでも大丈夫よ」

ルビィ「どういうこと?」

善子ママ「4月からママが働いてる長野の学校に転入することになってるから!」









ルビィ「・・・・・え?」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:49:40.69 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「ママが働いてる学校はちょっと変わってるって言うか、かなり知名度が低いんだけど・・・・日本中からおもらしに悩む女子高生を集めた特別学校なのよね」

善子ママ「何でそんな学校があるのかと言うと、高校生にもなっておもらしが治らないというのが何かしらのコンプレックスになったり、おもらし癖のせいでいじめられたりしてる娘達が、周りの目を気にせずのびのびと教育を受けられるように、って理由で国が創ってくれたのよ」

ルビィ「そ、そんなこと聞いてない!て、転校って・・・・どういうこと?やだよ・・・よっちゃんと離れたくない」ダッ

善子ママ「創立してからまだ5年ほどしか経ってない歴史の浅い学校だけど・・・・って、あっ!待ってルビィちゃん!」







ルビィ(嘘だ、嘘だ!よっちゃんが転校なんて絶対嘘だ!)

ガチャッ

ルビィ「・・・・よっちゃん!」

善子「る、ルビィお姉ちゃんどうしたの!?」

ルビィ「よ、よっちゃん・・・嘘だよね?転校なんて、しないよね?新学期からルビィと同じ学校に通ってくれるよね?」ウルウル

善子「あ、ヨハネが長野に引っ越すって話もうママから聞いたんだね!」

ルビィ「〜〜、・・・・・」ペタン

善子「わわっ!?ど、どうしたのルビィお姉ちゃん!?」アセアセ

ルビィ「やだぁ…行かないで…」

善子「い、行かないでって言われても・・・もう決まってることだし」

ルビィ「よっちゃんは慣れ親しんだ沼津を離れるのが寂しくないの?」グスッ

善子「そりゃ、ちょっとは寂しいけど・・・でも別に2度と会えなくなる訳じゃないし、大型連休の日は戻ってくるよ?新幹線を使えば片道で一時間ぐらいの場所に引っ越すから」

ルビィ「なんでそんなあっさりとしてるの・・・・よっちゃんのバカ!」 ダッ

善子「ルビィお姉ちゃん!?こんな時間に出歩いたら危ないよ!?」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:51:20.27 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「うう・・・・よっちゃん・・・・」ポロポロ

???「あのー、ちょっとお話いいですかぁ?」

ルビィ「ぐすん・・・・・・!?あ、貴女は!?μ'sの高坂穂乃果さん!?」

穂乃果「こんばんは。突然ですけど、貴女のお名前は黒澤ルビィちゃんで合ってますか?」

ルビィ「えっ!?ど、どうして穂乃果さんが沼津に!?」

穂乃果「それはn・・・ルビィぃぃぃぃぃ!!!

ルビィ「ピギィ!?」ビクッ

穂乃果「訳はダイヤちゃんから聞いた方が早いかな?」

ダイヤ「お母様から何日も家に帰って来ないと聞いて慌てて帰ってきたら・・・こんなところで何をしてますの!?」

ルビィ「お、お姉ちゃん・・・」

ダイヤ「全く、貴女という娘はいつもいつも私に心配かけてばかりd・・・」

穂乃果「まあまあ!とりあえず落ち着こダイヤちゃん。訳は家に着いてからでも話せるだろうし、ね?」

ルビィ「・・・・・うん」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:55:56.47 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「あの、ところでずっと気になってたんだけど」

ダイヤ「何ですの?」

ルビィ「お姉ちゃん、どうやって穂乃果さんと知り合いになったの?」

ダイヤ「・・・・秋葉のど真ん中でお漏らししていた穂乃果さんを助けたらなつかれましたわ」

ルビィ「えっ?」

穂乃果「いやんダイヤちゃんったら、ルビィちゃんに穂乃果達の馴れ初めを話しちゃうなんて

ダイヤ「憧れのμ'sの、それもリーダーである穂乃果さんのあまりの姿に思考停止してしまいましたが、普段からルビィのおもらしの後始末に慣れていたおかげで迅速に助けてあげられましたの」

穂乃果「へぇ〜〜!ルビィちゃんも穂乃果みたいにおもらししちゃうんだね?仲間仲間〜!」

ルビィ「わかった!これは夢オチだ!だって穂乃果さんが沼津に居るのもよっちゃんが長野に引っ越すなんてことも普通に考えたらおかしなことだもん!」

穂乃果「えっと、夢オチってのがなんの事かはわからないけど・・・・」

ダイヤ「ここに居る穂乃果さんは正真正銘μ'sのリーダー、高坂穂乃果さんですわ」

ルビィ「嘘だ!」

穂乃果「ええっ!?速攻で否定された!」ガーン

ルビィ「嘘だぁ・・・・このやりとりはルビィの夢、夢オチだもん。目が覚めたらよっちゃんの家で、引っ越しするなんて話もなかったことになってる筈だもん」ジワァ

ダイヤ「・・・細かな事情はわかりませんが、とりあえず善子さんが引っ越しすることになって、ルビィはそれを受け入れられない。これだけはわかりましたわ。でもそれはルビィの夢ではなく現実なのですよ」

ルビィ「・・・・ぐすん」

ダイヤ「とりあえず家に帰りましょう」

ルビィ「そうだね。いきなり飛び出してよっちゃんも心配してるだろうし・・・・って訳だからよっちゃんのとこに帰るね。じゃあねお姉ちゃん」

ダイヤ「えっ?」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:57:04.22 ID:h6Vb4Tqa0
ガチャリ

ルビィ「た、ただいま・・・・」

善子「バカ!」ギュッ

ルビィ「ピギっ!?」

善子「どれだけ心配したと思ってるの!バカ!バカぁ・・・・」ウルウル

ルビィ「・・・・ごめんね」ナデナデ

善子「・・・次は許さないんだから////」

ルビィ「うん」ギュー

善子「えへへ、お姉ちゃんが無事で良かった

ダイヤ「本当ですわ」

ルビィ「お、お姉ちゃん!?」

ダイヤ「あ、お構いなく。是非とも続きをね?」

ルビィ「・・・・・因みにいつからそこに?」

ダイヤ「いつからって、おかしなことを聞きますのね。最初からルビィと一緒にお邪魔してますわよ」

穂乃果「穂乃果も居るよ!」ヒョコッ
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:58:20.75 ID:h6Vb4Tqa0
善子「伝説のおもらシストの穂乃果さん!?」ジョボボボボボ

穂乃果「えっ!?な、何その不名誉な名前は・・・////」

善子「やっぱり貴女は穂乃果さん!穂乃果さんと言えば毎日おもらしは当たり前、どんなにおもらししても、決しておむつを履かずに日夜垂れなが失禁することで有名な穂乃果さん!」

ダイヤ「・・・・有名人になるほど垂れ流してるって、一体毎日どれだけ漏らしてますの?」

穂乃果「いくらダイヤちゃんにでもそんなの教えるわけないでしょ!」カァァ

善子「確か穂乃果さんはおねしょを含めば1日平均5回くらい漏らしてる筈」

穂乃果「何で知ってるの!?」ガーン

善子「ウィ○にまとめられてますよ」

穂乃果「うわああああん!!////」

ダイヤ「あっ!?ほ、穂乃果さん待って下さい!」






善子「行っちゃった・・・・何だったのかしら?」

ルビィ「よくわからないけど現実として受け入れるしかないみたい・・・長野に引っ越すんだよね?」ギュッ

善子「・・・うん」

ルビィ「ルビィ本当のことを言うとよっちゃんにはずっとここに居て貰いたい。でも無理なんだよね。それならせめて・・・今だけは、よっちゃんの側に居させて」

善子「・・・・」ギュッ

ルビィ「・・・ありがとう」

善子ママ「ルビィちゃん」

ルビィ「あの、ママ・・・」

善子ママ「おかえり」

ルビィ「!」

善子ママ「それと、ごめんなさい。引越しはもう決まってるから、おかえりって言ってあげられるのは3月いっぱいまでになっちゃうわ」

ルビィ「うん・・・・」

善子ママ「本当に、ごめんね…」

ルビィ「・・・・うわああああああんんっ!!」
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 14:59:39.25 ID:h6Vb4Tqa0
翌日

ルビィ(あれから1晩中泣き続けたらしいルビィは、そのまま寝落ちしてしまい、気付けば日付が次の日に変わっていました。よっちゃん達と過ごせる残り少ない時間を大切に過ごさなきゃ)

ルビィ「穂乃果さんが言ってたけどイナゴって美味しいらしいよ」

善子「えー、嘘だぁ。田舎者のヨハネ達でさえイナゴなんて食べないのに都会育ちの穂乃果さんがイナゴを食べるなんて・・・」

ルビィ「でも嘘ついてるようには見えなかったけどなぁ」

善子「ふーん。まあ、そんなことはどうでもいいわ。今日は何をして遊ぶ?」

ルビィ「何をしたいって言われても・・・ルビィ特には考えてないと言うか・・・・」

善子「じゃあ今日はヨハネと長野に付き合ってよ」

善子「長野がどういうとこなのか見ておきたいし、ちょっと下見に付き合ってよ」

ルビィ「・・・わかった」

善子「・・・・じゃあ、着替えてくるからちょっと待ってて////」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:00:28.15 ID:h6Vb4Tqa0
善子「うう、まさかまたこのワンピースを着ることになるとは・・・・////」

ルビィ「白い衣装を着てるよっちゃんって本当天使にしか見えないよ

善子「お姉ちゃんに誉められるのは嬉しいけど、堕天使的には複雑ね////」

善子ママ(運転中じゃなかったら話に加わりたいってのにー!)

善子「・・・・ママ、次のサービスエリアまであとどれくらい掛かる?」

善子ママ「そうねぇ・・・多分後十分ちょっとで見えてくると思うけど」

善子「おしっこしたくなってきちゃった///」

善子ママ「あら、それは大変ね。急いでサービスエリアまで行かなきゃ!」

善子「・・・・お願い////」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:02:18.89 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「ふぅ、着いたわよ。後は車を駐車して・・・・」

善子「は、早くっ・・・////」スリスリ

ルビィ「よっちゃん、あと少しの辛抱だから。ね?」

善子ママ「・・・・よし止まったわ」

善子「も、漏れちゃう漏れちゃう!」

ルビィ「あっ!?よっちゃん待って!ルビィもお手洗いに行くよ!」

善子ママ「せっかくだからママもお手洗いに行っておきましょ」







善子「〜〜、あ、あと少し・・・///」クネクネ

幼女「うう・・・・////」

ジャ〜〜・・・ガチャ

女性「ふぅ、すっきり

善子(や、やっと私の番来た・・・)

幼女「ま、まってっ!」

善子「え?」

幼女「っ!」

バタン!

善子「ちょっと!?ど、どういうつもり!?」ドンドンドン

幼女「ごめんなさい!どうしてもがまんできそうになかったから!」

善子「そ、そんな!?ヨハネだってもう、我慢の限界・・・・・っ!」ギュッ

しょわぁぁあああああああぁぁぁああ〜〜

ルビィ「ふう、着いた。これなら何とか間に合いそう・・・ってあれ?よっちゃん?どうしてよっちゃんだけドアの前で突っ立ってるの?」

善子「・・・・・」グスッ

ルビィ(あっ、間に合わなかったんだね・・・・)

善子「ち、違うもん・・・あの子が横入りしなかったら・・・・・本当はヨハネ間に合ってたもん」ウルウル

ルビィ「その子のせいにするの? だから長野にお引っ越しになっちゃうんだよ? ルビィだってよっちゃんと離れたくないけど、そんな悪い子はちゃんとおトイレトレーニングをするべきだと思う」

善子「うう・・・・///」

ルビィ「ここに来る前にも1つだけ、サービスエリアがあったでしょ?どうしてその時にトイレに行かなかったの?」

善子「あ、あの時は大丈夫かなって・・・」

ルビィ「よっちゃんがそう思っちゃったんでしょ?ほら、今回のおもらしはよっちゃん自身の油断が招いた結果だった訳だよ」

善子「・・・・・あっ」

ルビィ「人のせいにするのは簡単だけど、まずどうしておもらししちゃったのか、自分に否はなかったのかをちゃんと探さないと」

善子「うん・・・・ヨハネが間違ってたよ。お姉ちゃん、ありがとう////」

ルビィ「さ、おむつ換えよっか。濡れたままのおむつじゃお股が痒くなっちゃうからね

キィィィ・・・・ガチャリ

ルビィ「はい、よっちゃ〜んスカート捲り上げてね〜

善子「・・・」ピラッ

ルビィ「あら〜今日もた〜くさんのちっちが出ちゃったみたいでちゅねぇおむつさんがちっちでたっぷんたっぷん

善子「ち、ちょっと!ちっちとかおむつとか言わないで!と、隣の個室とかに聞こえちゃう////」

ルビィ「・・・・そっか。じゃあ、さっさとお着替えしなきゃね」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:03:07.77 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「あ、よっちゃんは先に車まで戻っておいて」

善子「え?ど、どうして・・・・」

ルビィ「・・・・お姉ちゃんも、おしっこしたいから////」

善子「あっ!?うん!すぐ出ていくね!」

バタン

善子「あ、さっきの・・・!」

幼女「あの、さっきはじゅんばんぬかししてごめんなさい」ペコリ

善子「いや・・・過ぎたことだからもういいのよ。でもわざわざ謝ってくれてありがとう。とってもよい子ね。どこから来たの?」

幼女「ながのけんから!きょうはお父さんと沼津の水ぞくかんにあそびにいくの!」

善子「ふーん。楽しんで行ってね。沼津はとっても良いところだから」

幼女「ありがとー!」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:04:19.18 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「さ、着いたわよ。ここがママのお仕事場

善子「ここが、春からヨハネが通う学校・・・1階建ての小さい校舎なのね」

善子ママ「まあそんなにたくさんの生徒が来るわけじゃないからね。でも新築だから結構綺麗でしょ?お手洗いだって個室が10個もあるんだから!」

ルビィ「ところで生徒って全部で何人居るの?」

善子ママ「そうね。開校年は5人入学してきて、そこから3人、4人から去年は2人で・・・」

善子「全部で14人ってとこかしら?随分少ないわね」

善子ママ「あ、でも今年はよっちゃんを含んで10人入学してくるのよね」

善子「10人も!?」

善子ママ「5年目にして初めての2桁入学よ

善子「ねぇママ・・・やっぱりママも、ヨハネ以外の子のおむつを換えてるの?」

善子ママ「そりゃ勿論よ。勉強を教えるだけじゃなくておもらしの後のお世話だって仕事なんだから」

善子「・・・・ふーん」ムスッ

善子ママ「よ、よっちゃん?どうしてそんな怒った顔してるのかな?」アセアセ

善子「怒ってない」

善子ママ「え?でも・・・・」

善子「怒ってない!」

善子ママ「はい怒ってません!よっちゃんは何も怒ってません!」

善子「・・・わかればいいのよ」

善子ママ「とりあえずママはこれから仕事があるから、よっちゃんは学生寮の方に行ってて。よっちゃんがお世話になる部屋はもう出来てるから」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:05:01.93 ID:h6Vb4Tqa0
善子「学生寮って聞いたからもっと質素なものかと思ってたけど・・・・まさかヨハネの今住んでる家とそう変わらない設備だとは思わなかったわ・・・」

ルビィ「な、何かあんまり他所に来た、って感じがしないね」

善子「全くよね。違うところがあるとすればまだ家から何も持ってきてないから部屋が広く感じるところかしら?」

ルビィ「・・・・えっと、今から何して遊ぶ?」

善子「せっかくの長野だし山登りでもしよっか」

ルビィ「山頂アタックだね!わかったよ!」

善子「えっ!?いや、頂きまでは・・・」

ルビィ「レッツゴー!」

善子「ちょっとおおおお!?」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:06:10.27 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ほらほらよっちゃん!早く早く!」

善子「ま、待って・・・私ワンピース、山登りする格好じゃないし道具も用意してないから・・・・しんどい」

ルビィ「もぅ、だらしないぞよっちゃん!」

善子「ハァハァ・・・何で山登りなんて提案したのかしら私・・・・」

ルビィ「あ、よっちゃん見て!あそこに休憩所が!」

善子「や、やっと休めるわぁぁ・・・」







善子「んっ、んっ・・・・ぷはぁー!美味しい!もう1本買ってこよ〜」ゴクゴクゴク

ルビィ「呆れた……こないだからあんなに注意したのにまたジュース買いに行って......」

善子「えへへ〜当たりでちゃったヨハネったら珍しく運が良いわ

ルビィ「・・・・とりあえず降りよっか。こんな軽装じゃこれ以上登るのは危ないし」

善子「」ゴクゴク

ルビィ「・・・」イラッ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:08:22.10 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ふぅ、やっと山の麓に着いた。たまの山登りもいい運動になるね!今度は万全の装備で山頂アタックを目指そうね

善子「お、お姉ちゃん・・・・おしっこぉ////」モジモジ

ルビィ「ここでしなさい」

善子「へ?お、お姉ちゃん?」

ルビィ「ねぇよっちゃん。よっちゃんは今どうしておトイレに行きたくなってるの?」

善子「そ、それは・・・生理現象だから・・・・・」

ルビィ「ん?」

善子「・・・・ごめんなさい。ジュースをいっぱい飲み過ぎちゃったからです////」

ルビィ「じゃあさ、どうしてこうなることがわかっててジュースをいっぱい飲んじゃったのか、ちゃんとルビィに説明出来る?」

善子「そ、それは・・・山登りしたから」

ルビィ「まあ一本目については水分補給は大切だし、むしろ飲むべきだと思った。でも2本目は明らかに余分な水分補給だったよね。しかも当たりが出たからってもう1本も飲んじゃってさ」

善子「ご、ごめんなさい・・・反省してます。だからおトイレに・・・・////」

ルビィ「ハァ・・・とりあえずそこにケーキ屋あるし入r・・・・ってよっちゃん?」

善子「きゃーここの自販機可愛い!キティちゃんが居る!」

自販キティ「冷たいりんごジュースは如何?」

善子「買っちゃう〜

自販キティ「7777、すごい!大当たりー!」

善子「やったー!」

ルビィ(えええ・・・何やってるの?)

自販キティ「えへへ、また来てね

ルビィ「・・・・あの、よっちゃん?おしっこはもういいの?」

善子「へ?・・・・・・・あっ////」

じゅいいいいぃぃぃぃいいぃぃぃぃいい

ルビィ「よ、よっちゃん!溢れてる溢れてる!おむつからおしっこがいっぱい溢れてるよ!」

善子「!?や、やだっ!」ギュー

ルビィ「あっ、ダメ!抑えちゃったら服が・・・・」

善子「う、うううう・・・・////」ジワァ

しゅぅぅぅぅぅぅ〜

善子「お願い、止まって!止まってよぉ・・・・・」ポロポロ

しゅ〜〜、ピチャン・・・ピチャン・・・チョロロロロ・・・

善子「・・・・」ポー

ルビィ「よ、よっちゃん・・・・」

善子「・・・・」

ルビィ「と、とりあえず戻ろ。学校の方まで・・・・」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:09:07.66 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「んー、さて・・・・一休憩入れますか。あら、あれはルビィちゃんによっちゃん?校舎まで来てどうしたのかしら?声かけてみましょ。おーい、よっちゃん!ルビィちゃん!」

ルビィ「はっ!ママ!よかった。探してたんだよ!」

善子ママ「探してた?一体どうして・・・・ってあら、よっちゃん?どうしてワンピースが黄色く濡れてるの?おむつ、履いてないの?」

善子「・・・履いてるけどいっぱい出ちゃったから溢れたの」グスッ

善子ママ「あら〜。それは大変」

ルビィ「問題はお洋服だよ。ルビィも、まさかこんなことになるなんて思わなかったから着替えなんて用意してないし、どうしよう?」

善子ママ「あ、その事なら心配しないで。学校にもちゃんとお洋服を用意してあるから」

ルビィ「本当に!?」

善子ママ「本当よさ、よっちゃんママと一緒にお着替えしましょうね
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:10:03.67 ID:h6Vb4Tqa0
善子「あ、あううう・・・////」カァァ

ルビィ「えっと、ママ・・・よっちゃんのこの格好は」

善子ママ「スク水よ。よっちゃんにとても良く似合うでしょ

ルビィ「そりゃとても可愛いけど、何故水着?」

善子ママ「水着は本来濡れるためにあるものでしょ?だからよっちゃんがどれだけ漏らしても怪しまれないようにって!」

善子「い、意味わかんない!そ、それじゃまるでヨハネが、これからもっと漏らすみたいな前提じゃ・・・」

善子ママ「あら、あくまでもその前提で着せたんだけど?」

善子「〜〜っ、////」カァァ

ルビィ「でもスク水だとおむつが履けないよね?おもらし前提で着せてるとして、次の服はどうするの?」

善子「〜〜、ママもお姉ちゃんも酷いよ!ヨハネが漏らす前提で話をするなんて・・・見ててよ!今日はもう絶対におもらしなんてしないんだから!」

善子ママ「・・・・・じゃあママ、まだ仕事が残ってるから」

善子「あっ、ちょっと!待ってよ!」

ルビィ「まあまあよっちゃん、ママだって仕事が残ってるんだし。それよりルビィと何かして遊ぼう

善子「・・・何かって何よ?」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:11:22.90 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ブラックジャック!勝ったら相手の好きところにキスできるというルールで

善子「じゃあ部屋に戻りましょ。トランプくらいなら探せば見つかるでしょうし」





ルビィ「じゃあ始めよっか。ルールわかってる?」

善子「あんまり細かいところはわかんないけど、大まかなルールは」

ルビィ「じゃあ十分だよ!じゃあまずルビィが2枚引くねー!♠の7、の8、合わせて15かぁ・・・カード引くのが躊躇われる・・・」

善子「・・・♠の2、♠の10・・・合計12」

ルビィ「カード引く?」

善子「・・・引かせて貰うわ」ペラッ

善子「ってげっ!?ここでバースト・・・・」

ルビィ「あちゃー、このタイミングで♠のキング来ちゃったねぇそれじゃ、早速チュウしちゃおっかな

善子「ど、何処に・・・?////」

ルビィ「姫、お手を」ニヤニヤ

善子「・・・あんたにそういう役は似合わないわよね。ルビィこそどっちかって言うと王子様とか騎士様とかよりお姫様が似合うわよ」

ルビィ「そんなことないよ!ルビィのお姫様はいつだって、よっちゃんだけだからね」チュッ

善子「・・・・クサい台詞ね////」

ルビィ「あ、酷いなそういうこと言っちゃうのは。でも耳真っ赤だよ」ニヤニヤ

善子「つ、次やるわよ!////」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:12:38.39 ID:h6Vb4Tqa0
善子「の4、の7・・・」

ルビィ「♣の5とダイヤの3・・・もう1枚引くね。ダイヤの2・・・」

善子「私も捲ってみよ・・・♠の5」

ルビィ「どうする?よっちゃんもう1枚捲ってみる?」

善子「やめとく。運の悪いヨハネが次引いてもどうせバーストするのは見えてるし」

ルビィ「じゃあルビィ引いちゃうね!・・・・♣の6、これは次引かないでおこ」

善子「えっと、これ引き分けよね。どうするの、これ?」

ルビィ「引き分けってことは「どっちも負け」だよね・・・」ドキドキ

善子「?」

ルビィ「よっちゃん・・・・////キス、して?ルビィもするから////」








善子「そ、それよりおトイレに行きたい・・・///」モジモジ

ルビィ「・・・・は?」

善子「と、トイレトイレ!」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:13:41.09 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ルビィもう知らない!よっちゃんはおトイレと結婚しちゃえばいいんだ!」ウワ-ン

バターン!

善子「ちょっ、ルビィ!どうしてルビィがおトイレに入るの!?開けて!開けてよぉ・・・」ドンドンドン

ルビィ「よっちゃんのバカ・・・ルビィはよっちゃんのことがこんなにも好きなのに・・・・」グスッ

善子「あっ、ダメ・・・・」

しゅいいいいぃぃぃぃいいぃぃぃぃ

ガチャリ

善子ママ「お仕事終わったから帰りましょ・・・・ってあら?」

善子「ぐす・・・・ママぁ!」ギュー

善子ママ「あらあらやっぱり、しちゃったんだね」

善子「えぐっ、うええええん!違うもん・・・ヨハネ本当は間に合ってたもん・・・・ルビィがおトイレに籠るから・・・・」

善子ママ「・・・ルビィちゃん?」

ルビィ「ぐすん・・・・よっちゃんの鈍感」

善子ママ「・・・えーっと、何があったかは後で話して貰うとして。と、とりあえずおむつだけでも履いちゃいましょ?」

善子「・・・」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:14:57.48 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「じゃあ、何か適当なお洋服を持ってくるわね」

ガチャリ

ルビィ「・・・あの、よっちゃん。ごめんね、ルビィのせいで」

善子「もういいよ。過ぎたことだし・・・それよりこの格好が恥ずかしい////」

ルビィ「ルビィは好きだよ、よっちゃんのおむつ一丁姿」

善子「は、恥ずかしいからあんまり見ないで・・・////」

ルビィ「えー、何で?ルビィはよっちゃんとよく一緒にお風呂に入るし、何ならおむつ交換だってしてあげるのに今更何を恥ずかしがる必要があるの?」

善子「そ、そういうのじゃなくて・・・」

ルビィ「そういうのじゃなかったらどういうことなのぉ?」ニヤニヤ

善子「〜〜、お姉ちゃんのいじわる////」

ルビィ「・・・・さっきのお返しなんだから」ボソッ

善子「お姉ちゃん?」







ガチャリ

善子ママ「よっちゃーん可愛いお洋服いーっぱい、持ってきたわよこの中から好きなのを選んでね

善子「ロンパース、メイド服、チャイナ服に体操着(ブルマ)・・・ろくなのない!も、もっとマシな服はなかったの!?」

善子ママ「あら、元はと言えばよっちゃんがおもらしばっかりするから悪いんじゃないのかな?ん?」

善子「うっ!?そ、それは・・・///」

善子ママ「さ、観念してこの中から選んで頂戴ねあ、なんならおむつ一丁のままでもママは興奮するからOKよ
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:16:02.39 ID:h6Vb4Tqa0
善子「トイレしたくなった時に一番困らないチャイナ服で」

善子ママ「流石におむつ一丁のままは無しか。わかってたけど」






善子「スースー」

ルビィ「スースー」

善子ママ「ふふっ、二人とも寝ちゃったか。長野に来てから結構はしゃいでたもんね。家に帰るまでもまだ時間が掛かるし・・・!」ブルッ

善子ママ「っと、帰る前にサービスエリアでお手洗いを済ませましょっか」

ルビィ「スースー」

善子「ムニャァ・・・」

善子ママ「さて、サービスエリアに着いたけど、おーい二人とも起きて。ママこれからおトイレに行くけど、一緒に行かない?」

ルビィ「ムニャ・・・よっちゃん、一緒に行こ」

善子「zzzz」

ルビィ「よっちゃん?おーきーて?サービスエリアだよ?一緒におトイレに・・・・」

善子「zzzz」

善子ママ「あー、これはしばらく起きないかな。こうなったらおねしょはほとんど確定ね」

ルビィ「せっかくサービスエリアに来てるってのによっちゃんったら・・・」

善子ママ「仕方ない。よっちゃんを置いておトイレ済ませましょ」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:16:46.61 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「はー、すっきりした」ジャー

善子ママ「私も

ルビィ「じゃあ車に戻ろっか」

善子ママ「ルビィちゃんの方は順調みたいね

ルビィ「へ、何が?」

善子ママ「トイレトレーニングよ

ルビィ「確かに、最近はほとんどおもらししてないかも・・・」

善子ママ「家に帰ったら好調の理由を教えてね今度よっちゃんのトイレトレーニングの参考にしてみたいから
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:17:39.80 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「よっちゃん起きて。家に着いたわよ」

善子「ムニャ・・・・ママ?」

善子ママ「おはようお家に着いたし、車から降りよっか」

善子「もっと遊びたかったのに寝すぎた……」

善子ママ「帰りの高速道路で何を遊ぶつもりだったの・・・それはともかく、おむつの方は大丈夫?おねしょしちゃってない?」

善子「あれ?してない」

善子ママ「えっ!?あら、本当ね。ちっちの匂いがしないし、何より濡れてない」サスサス

善子「やった!久しぶりにおねしょしなかったよ!褒めて褒めて

善子ママ「はいはい」ナデナデ

善子「

善子ママ「この調子でおねしょの回数を減らしていきましょうね
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:18:54.54 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ママー!冷蔵庫にこれ入れといて!ヨハネお風呂に入ってくるから!」

善子ママ「ジュース2本、これどうしたの?」

善子「山登りの帰りに買ってきた!」

善子ママ「わざわざ2本も?」

善子「ううん、1本は当たりが出たの」

善子ママ「ふーん。とりあえずママはルビィちゃんを家に送っていくわね」

善子「はーい

善子ママ「・・・・行ったみたいね。さ、ルビィちゃん」

ルビィ「わかってるよっちゃんのおねしょでびっちょりのおむつをクンカクンカするんだよね

善子ママ「ふふっ自力でおねしょしなかったと勘違いしてはしゃいじゃってるよっちゃんがあまりにも可愛すぎて鼻血を噴き出すのを堪えるのが大変だったのよあ、あの笑顔を思い出したら鼻血が・・・」ボトボト

ルビィ「さ、車に乗り込もう!」








ルビィ「はぁ〜やっぱりよっちゃんのおねしょの匂いは最高だよ」クンクン

善子ママ「このおむつのずっしりとした黄色い膨らみをつつくのも中々に趣があるものでね」ツンツン

ルビィ「よっちゃんよっちゃんよっちゃんよっちゃん」クチュクチュ

善子ママ「ちょっ!?人の車で何て事をシてるの!?ママにもさせなさい!」

ルビィ「よっちゃんよっちゃんあっ・・・・」プシャー

善子ママ「くっ、これから運転する訳じゃなかったらママもよっちゃんで抜きたかったのに・・・・」ギリッ

ルビィ「よっちゃぁん・・・」ポー

善子ママ「やっぱり我慢出来ない!!ママもよっちゃんのおむつでする!」

ルビィ「えへへ〜、よっちゃん

善子ママ「よっちゃんよっちゃんよっちゃんああんっ」プシャー
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:19:45.29 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「ただいま〜」ツヤツヤ

善子「おかえりなさい。随分遅かったね。お買い物してた訳でもなさそうだし、何してたの?」

善子ママ「ナニをしてました

善子「?」

善子ママ「それより、よっちゃんこそお風呂上がりに何をしてるの?」

善子「さっきは久しぶりにおねしょしなかったからジュースで祝杯をあげてるのこの調子でどんどんおねしょの回数を減らしていくんだから!」グビグビグビ

善子ママ(ならば何故寝る前にジュースをいっぱい飲んでしまうのか・・・まあ可愛いからいっか

善子ママ「お隣さんから貰ったジュースもまだ残ってるから、たーくさん飲んでしまいしょうね」ニタァ

善子「うん」ゴクゴクゴク
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:21:02.36 ID:h6Vb4Tqa0
翌朝

善子ママ「さーて、そろそろよっちゃんを起こしに行きましょっか

ガチャリ

善子ママ「よっちゃんおはよう、朝でちゅよ〜

善子「ルビィお姉ちゃんが用意してくれたお布団なのに世界地図描いちゃった......どうしよう... 」

善子ママ「よっちゃんおはよう・・・ってあらぁ?」

善子「!?ま、ママ!?こ、これは違うの!こ、これはおねしょじゃなくてその...////」

善子ママ「それがおねしょじゃなかったら一体何なのかな?」

善子「あ、あうう・・・////」

善子ママ「これで3日も連続でノアの大洪水(意味深)を引き起こしちゃったみたいねこれはちょっときつーい、お仕置きが必要かな?ふふっ







善子「ママ・・・・////お布団を外に干さないでよ。恥ずかしい・・・・////」

善子ママ「んー?恥ずかしい失敗を繰り返したのは何処の誰なのかなー?」

善子「そ、それに・・・この格好も////」

善子ママ「何もその格好で外に出ろ何て言わないわよ。でも家の中ではしばらくそれで過ごして貰うから。さ、今日は引っ越しのための荷造りだからね」

善子「・・・・うん////」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:21:44.95 ID:h6Vb4Tqa0
善子「うう、まさかこのヨハネが・・・お姉ちゃんみたいな子供っぽい髪形をするなんて////ヨハネには似合わないよこんな可愛い格好。ヨハネは美人だけど可愛いくはないんだから・・・////」

善子ママ(すごいナルシストな発言ね)

善子「こんな姿お姉ちゃんに見られたら・・・」

ピンポーン!

善子「ひっ!?」ビクッ

善子ママ「・・・ちょっと出てくるわね。よっちゃんは念のためにスカート履いた方がいいわ。おむつを見られたくないでしょ?」

善子「わ、わかった」






ガチャリ

善子ママ「おはようございます。どちら様で・・・あら、貴女は・・・」

千歌「おはようございます。今日は善子ちゃんに用事があって来たんです」

善子ママ「・・・・善子に?ちょっと待っててね」
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:23:13.67 ID:h6Vb4Tqa0
善子「・・・で、何の用よ。こっちは忙しいんだから手短にね」

千歌「この間は悩み相談に乗ってくれてありがとうね 」

善子「相談?何のことよ?」

千歌「ほら、善子ちゃんこの間動画配信してたでしょ?」

善子「見てくれてたの!?」

千歌「見てたと言うか・・・善子ちゃんが読んでくれた手紙のみかんって、チカのことだから///」

善子「・・・ああ、なるほどね」

千歌「善子ちゃんのあのアドバイスのおかげで、やっと梨子ちゃんにチカの気持ちが伝わったの///今日はそのお礼を言いに来たんだ」

善子「え?それならLINEとかで一言入れてくれれば良かったんだけど」

千歌「ううん。こういうのは自分の口でちゃんとお礼を言った方がいいと思ったから」

善子「・・・そう///」

千歌「善子ちゃん、ありがとう!じゃあチカ、もう行くね!」

善子ママ「あら?千歌ちゃん、もういいの?」

千歌「はい、用事はもう済ませたので。それに、チカにも一応この後予定がありますから」

善子「ばいばーい」






善子「あっ!?千歌にもうすぐ引っ越すって伝えるのを忘れてたわ・・・・まあいっか」

善子ママ「じゃ、荷造りを再開しましょっか」

善子「はーい」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:24:45.78 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「ルビィちゃんと離れ離れになるのが悲しくないの?」

善子「悲しい?どうして?・・・そりゃ、ちょっとは寂しくなるけど、もう2度と会えなくなる訳でもないし」

善子ママ「そう・・・」

善子「?変なの...」





ルビィ「えへへ、お邪魔しま〜す

善子ママ「あらルビィちゃんいらっしゃい」

ルビィ「・・・あれ?今日はママお仕事ないの?」

善子ママ「今日からしばらく引っ越しのための準備があるからね」

ルビィ「引っ越し・・・ルビィも一緒に長野へ行く!」

善子ママ「ええっ!?で、でもルビィちゃんは統合先の学校に通うことが決まってるんじゃ・・・」

ルビィ「お父さんやお母さんと話し合って何とか長野へ行けるようにする!」

善子ママ「いや、そもそもうちの学校への入学条件は・・・」

ルビィ「最近はほとんどしなくなったけど、一時期はルビィもいっぱいおもらししてたし!」

善子ママ「追うだけが愛じゃない。待つのも愛よ」

ルビィ「〜〜、」

善子ママ「よっちゃんと離れたくない気持ちはわかるけど・・・・」

ルビィ「わかんないよ!」

善子ママ「!?」ビクッ

ルビィ「ルビィはママと違ってよっちゃんと一緒に長野へ行く訳じゃないもん!大好きなよっちゃんが遠くへ行っちゃう寂しさが、ママにわかる訳ない!」

善子ママ「そ、それは・・・・・」

ルビィ「やだよぉ・・・ルビィ、もっともっとよっちゃんと一緒に過ごしたいよ・・・・」ポロポロ
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:26:13.79 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「ルビィちゃん・・・わかったわ!ママが浦の星の理事長にかけあってAqours9人全員で長野に行けないかを交渉してみる!」

ルビィ「え?何もそこまでは求めてないよ」

善子ママ「よっちゃんだってお友達はたくさん居てくれた方が嬉しいだろうし」

ルビィ「いや、だから・・・」

善子ママ「そうと決まれば早速話を付けに行かなきゃ!待っててねルビィちゃん!」

ルビィ「・・・・頑張って?」








善子ママ「という訳だからAqoursの皆さんで我が校に来て下さい!」

鞠莉「・・・・What's?」

善子ママ「いや、ですから、よっちゃんが春から私の勤めている学校に転入することになって、そのことでルビィちゃんが寂しがっているからどうにか我が校に来てくれないかと」

鞠莉「話がぶっ飛びすぎじゃありませんか?浦の星はもう廃校したから私は理事長ではなくなりましたし、そもそもマリーはもうすぐ日本を離れるんですが」

善子ママ「ええっ!?そんな!そ、そこを何とか出来ませんでしょうか?」

鞠莉「いやもう決めたことですし無理ですよ。私の同級生の果南も海外に行きますし、ダイヤは一足先に東京の穂むらってところで下宿してますし」

善子ママ「うーん、3年組の籠絡は失敗か・・・・」

鞠莉「という訳なのでお帰り下さい」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:27:00.47 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「って言われて帰ってきたわ」

ルビィ「まあそりゃそうだよね。進路が決まってるのにいきなりよその大人に高校生やり直せとか言われてはいって答える人まず居ないよ」

善子ママ「くっ、でもまだママは諦めないわ!こうなったら可能な限りの人数でいいからAqoursから何人か転入させてみせる!ママの交渉テクはこれからが本領・・・・の、筈!」

ルビィ「何て言ってるけどよっちゃんとしてはどう思ってる?」

善子「どっちでもいい」

ルビィ「そっか。どっちでもいいんだ」

善子ママ「じゃあママはこれから交渉に行ってくるから、二人とも家で待っててね!」

善子「えっ!?ちょ、引っ越しの準備は!?」ガーン

ルビィ「・・・・ルビィが手伝うよ」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:27:52.08 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ふぅ、これだけやったし、ちょっと休憩入れよ・・・」

ルビィ「ねぇよっちゃん。準備が終われば何して遊ぶ・・・」

善子「いや、今日は遊べないわよ。まだまだやること残ってるし・・・そもそもママが行っちゃったからその分動かなきゃだし」

ルビィ「マルちゃんと理亞ちゃんを呼ぶからさっさと終わらせて遊ぼ?」

善子「えっ!?ずら丸はともかく理亞?」

ルビィ「理亞ちゃんちょうど今家に遊びに来てるから」

善子「あ、そうなんだ・・・・じゃなくてっ!」

ルビィ「え?何か問題があるの?」

善子「もしあの二人におむつを見られたら・・・・////」

ルビィ「ああ、そういうことか。普通にスカートを履けばいいんじゃない?どっちにしろ二人だけじゃ中々終わらないだろうし」

善子「そ、そうね・・・それしかないか///」

ルビィ「じゃあ早速ルビィは理亞ちゃんを呼ぶからよっちゃんはマルちゃんを呼んで」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:29:17.27 ID:h6Vb4Tqa0
花丸「もしもし?」

善子「あ、もしもしずら丸?今時間あったりする?ちょっと家に来て欲しいんだけど・・・」

花丸「それってデートのお誘いですか////」

善子「デート!?いや、違うけど・・・ちょっと引っ越しの準備に人手が足りないから手伝って欲しいんだけど」

花丸「やっとマルと結婚する気になってくれたずらね待っててね善子ちゃん!今行くずら!」

善子「・・・・え?」

ルビィ「マルちゃんは何て言ってた?」

善子「いや、よくわかんないけど来てくれるって・・・・理亞は?」

ルビィ「理亞ちゃんも来てくれるって!」

善子「・・・・じゃあまたスカートを履かなきゃ////」

ルビィ「生脚を観ると理亞ちゃんが興奮しちゃうからパンツにしよっか」

善子「ちょっ!?ぱ、パンツってどういう意味よ!?ほ、ホットパンツってこと?それとも、おむつじゃなくてパンツを履かせてくれる、とか?」

ルビィ「ふむ・・・ホットパンツもいいかな」

善子「お、お姉ちゃん?」

ルビィ「・・・よし!じゃあおむつ脱がせるね!普通のパンツとホットパンツを履いて貰うから」

善子「わ、わかった・・・///」

ルビィ「はい、じゃあおむつ脱がせるね
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:30:31.27 ID:h6Vb4Tqa0
善子「先におむつにおしっこしていい?」

ルビィ「・・・・・いいけど、何で?」

善子「な、何でって、テープタイプのおむつだし、ただで脱ぐのは勿体無いかなって」

ルビィ「・・・ふふっ本当にそれだけなのかな?」

善子「な、何が言いたいの?」

ルビィ「ねぇよっちゃん。今はルビィとよっちゃん以外誰も居ないんだから、素直になってもいいんだよね?」

善子「・・・・る、ルビィお姉ちゃんに、ヨハネのおまたをふきふきしてほしいの・・・だから、おむつにちっちしちゃってもいいですか?////」カァァ

ルビィ「どうぞ

善子「んっ・・・・・」

・・・・・ジュッ、ジョロッ、

善子「はぁ〜

しょわああぁぁぁあああぁぁぁ〜〜








善子「うう、ひ・・・久しぶりのパンツは、何だか落ち着かないわね////」ソワソワ

ピンポーン

ルビィ「あ、誰か来た!よっちゃん、久しぶりに自分でドアを開けてみようね

善子「・・・・ごくっ」

ガチャリ、キィィィ・・・

理亞「・・・・お邪魔します////」

善子「あ、あら理亞!ひ、久しぶりね!さ、上がって上がって!」アセアセ

理亞「・・・・なんだかいいにおいがする////」クンクン

善子「へ?ヨハネはとくに匂いなんて感じないけど?」

理亞「気のせい?そんなことはないと思うけど」

ルビィ「あ、理亞ちゃんが先に来てくれたんだね!」

理亞「まあ、使用人さんにここまで送って貰ったから・・・それで、今日は何の用なの?」

善子「へ?ルビィ、説明してなかったの?まあいっか。実は私、もうすぐここを出て長野へ引っ越すの」

理亞「へえ。またどうして?」

善子「・・・・親の仕事の都合よ////とにかく今日は荷造りを手伝って欲しかったのよ」

理亞「ふーん。まあ、そういうことなら手伝ってあげないこともない・・・////」

ルビィ「じゃあマルちゃんが来るまで3人で頑張ろう!」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:31:41.38 ID:h6Vb4Tqa0
理亞「ねぇルビィ、一つ聞きたいんだけど・・・」

ルビィ「ん?何?」

理亞「帰っていい?というかもう帰る」

ルビィ「えええっ!?ま、待ってよ理亞ちゃーん!」






善子「二人ともありがとう!大分捗ったからそろそろお昼にでも・・・あら?ルビィと理亞は何処に行ったのかしら?」

ピンポーン

善子「あ、はーい!」

ガチャリ

善子「あ、ずら丸。ようやく来てくれたのね」

花丸「理亞ちゃんとさっきすれ違ったんだけど……泣いてたよ」

善子「え?な、何で?」

花丸「さあ?それはわからないけど、ルビィちゃんも慌てて追いかけて行ってたよ」

善子「そう・・・ちょっと心配だけど、理亞はルビィに任せましょ。ちょうどお昼が出来たからよかったら食べない?」

花丸「善子ちゃんの手作り?」

善子「そうだけど?」

花丸「・・・・激辛フルコースとかじゃないよね?」

善子「失礼ね!今日は皆に食べて貰おうと皆に合わせた普通の味付けにしたわよ!」

花丸「じゃあ食べるずら
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:33:07.33 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ハァ、ハァ・・・・理亞ちゃん待ってよ!」

理亞「ついて来ないで!」

ルビィ「理亞ちゃん・・・どうして泣いてるの?」

理亞「な、泣いてなんか・・・・」グスッ

ルビィ「・・・ご主人様にむかってその態度はなに?」

理亞「は?」

ルビィ(ピギィ!?や、やっちゃった!つい、いつものよっちゃんに接するような感じで理亞ちゃんに変なこと言っちゃったよ!あああ、どうしよう!ルビィ確実に変な子だと思われた!)

理亞「バカにしないで」

ルビィ(ああああああっ!そして案の定怒らせたああああ!!まあでも涙が止まってくれてよかった〜な訳ないでしょ!)

理亞「もういい。北海道まで帰るから」スタスタスタ

ルビィ「・・・・帰り方わかる?」

理亞「・・・・・戻ろっか、善子ちゃんの家に。多分今頃はお昼ご飯を用意してくれてるだろうから」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:33:53.03 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ただいま!」

理亞「・・・・・」

善子「遅いっ!ご飯冷めちゃうでしょ!」

ルビィ「ピギ・・・ごめんなさい」

理亞「ルビィは怒らないであげて!悪いのは、私だから・・・」

善子「そ、そう?何にしても冷めない内に食べて?」

善子(理亞にしてはやけに素直ね。一体何があったのかしら?)

ルビィ「・・・・・あの、善子ちゃん?」

善子「へ?何かしら?」

理亞「・・・ご飯って、何処にあるの?」

花丸「」パクパクモグモグ

善子「ああああああっ!ず、ずら丸!それはルビィ達のお昼ご飯!」

花丸「おかわりも欲しいずら!」ニッコリ

善子「・・・二人とも、お昼遅くなるけど大丈夫?」

ルビィ「ルビィは全然問題ないよ!」

理亞「・・・・同じく」

花丸「ハリーハリー!ずら!」

善子「あんたは少し自重しなさいよ・・・・・ちょっと待っててよね」
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:34:59.30 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ほい出来た。4人分作るのは大変だったんだからね」

ルビィ「四人?三人分じゃないの?」

善子「・・・何か、自分の分も作っちゃった////」

理亞「・・・・美味しそう、いただきます」パクッ

ルビィ「いただきまーす!」パクッ

理亞「これは…毎日作ってほしい…」ボソッ

善子「いや毎日は作れないわよこんな量」

理亞「き、聞こえてた・・・・!?」

善子「いや、聞こえてた訳じゃないけど口の動きからなんとなく?」

理亞「////」カァァ

ルビィ「る、ルビィにも毎日作って欲しいかな!」

善子「む、無理よこんな量毎日何て・・・」

ルビィ「り、量じゃなくて!その・・・・////」モジモジ

善子「いや、本当に勘弁して・・・流石に毎日は作れないから・・・・」

ルビィ「・・・善子ちゃんの鈍感!」

善子「えええええっ!?ど、どういうこと!?」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:36:47.35 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「・・・・」ムスー

善子「あの、ルビィ?機嫌直して。ね?」

ルビィ「ふん!」プイッ

善子(困ったわね。これどうしよっか)

花丸「じゃあマルが善子ちゃんと1日交代でお料理するね♡」

理亞「は?」

ルビィ「・・・マルちゃん?今凄く聞き捨てならない発言をかましてくれたような?」

花丸「だから、マルが善子ちゃんと1日交代でお料理するんだよ!夫婦は支え合ってこそずら♡」

ルビィ「いつからマルちゃんは善子ちゃんと夫婦になったのかな?え?」ゴゴゴゴゴ

理亞「妄想もそこまでよ。それ以上言うのなら・・・・」ゴゴゴゴゴ

善子(ええええええっ!?な、何だかよくわかんないけど三人が険悪ムードに!こ、こういう時は場を和ませるジョークを!)

善子「皆でヨハネ(のご飯)を奪い合うだなんて、ヨハネ(の料理センス)ったら本当に罪よねリトルデーモンの皆をトリコリコにしちゃうんだから

「「「・・・・・」」」バチバチ

善子(あれれ〜?誰もツッコミを入れてくれないぞぉ?)アセアセ

ルビィ「そこで全員ヨハネのモノよ!勝手に喧嘩して傷を作るマネは許さないわ!くらい言えなきゃ・・・」

善子「何でそんなこと言わなきゃいけないのよ」

花丸「そりゃ、誰が善子ちゃんのお嫁さんに相応しいか話し合ってた訳だからね!」

善子「・・・・え、マジで?」

ルビィ「マジで」

善子「狂ってるわそんなの・・・」

花丸「善子ちゃんは、やっぱり同性愛は理解出来ない?」ウルッ

善子「いや、そんなことはないわ!愛に性別は関係ないと思ってる方だから!」

善子(私も、ママやルビィお姉ちゃんのことが・・・////)チラッ

花丸「だったらどうして狂ってるなんて言葉が出たずら!?」

善子「お昼ご飯の真っ只中に修羅場を持ち込むのはおかしいと思わないの?」

理亞「・・・・確かに」

善子「せっかく友達同士でお昼を食べてるのに揉め事を持ってくるのはやめてよね」

「「「ごめんなさい」」」

善子「・・・わかってくれればいいわ。じゃあ食事を再開しましょ」
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:37:52.57 ID:h6Vb4Tqa0
「「「ごちそうさまー!」」」

善子「お粗末様。この後も引っ越しの準備に取り組むことになるんだけど」

ルビィ「パパっと手伝って、皆で遊べるようにしなきゃね!」

花丸「パパと手伝って?ようやく3人の中からパパ役を決める時が来たずらか」

善子(あ、また修羅場の予感・・・)

花丸「当然、マルがパパで、善子ちゃんがママ、そしてルビィちゃんと理亞ちゃんはマル達の子供ずら!」

ルビィ「ねぇマルちゃん?ちょーっと、調子に乗り過ぎじゃないかな?」ビキビキ

理亞「パパは私よ!」

善子(ほーら嫌な予感的中!)

ルビィ「善子ちゃんのお嫁さんはルビィだよ!」

花丸「いーやマルずら!幼馴染なめるな!」

理亞「過ごしてきた時間は関係ないわ!」

ギャーギャー!!






善子ママ「ただいまー・・・って、何この状況?えっと、ルビィちゃんと花丸ちゃんはわかるけど、あと1人は誰?」

善子「カクカクシカジカ」

善子ママ「なるほど。概ね理解したわ」

善子「だからあれはほっといて引っ越しの準備を手伝って・・・」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:42:05.37 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「長野の学校、開校できなくなっちゃった」

善子「ええええっ!?な、何で!?せっかくここまで引っ越しの準備してきていきなりそれはないでしょ!?」

善子ママ「でも、無理な物は無理みたいだし・・・」

善子「・・・一応聞くけど、何で開校出来なくなったの?」

善子ママ「それはね・・・・ぷふっwwよっちゃん慌てすぎよ!顔が凄いことになってるwww 」

善子「わ、笑ってる場合じゃないでしょ!人の顔見て笑ってる、じゃ・・・」

善子ママ「ごめんごめん。心配しないで。開校出来ないってのはママの単なる冗談だから

善子「・・・・・はぁ!?」

善子ママ「めんご

善子「・・・・はぁ、びっくりさせないでよ本当にもう」

善子ママ「本当に開校出来ないなら昨日わざわざ下見させに言ったりしないからね?」ニヤニヤ

善子「心臓に悪い冗談はやめてよね」

善子ママ「・・・ところであの子達にはよっちゃんがどういう学校に行くのか話してたりは・・・」

善子「・・・する訳ないでしょ。恥ずかしい////」

善子ママ「それもそっか」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:43:07.11 ID:h6Vb4Tqa0
善子「でももしかしたら気づいてるかも」

善子ママ「あら?どうしてそう思うの?」

善子「・・・お外に布団を干してあるし、もしかしたらおねしょのことバレてるかも////」

善子ママ「うーん、どうかしらね?ちょっと聞いてみる?」

善子「聞かないっ!////」カァァ

善子ママ「冗談よ」







ルビィ「引っ越しのお手伝いに丸々1日かかって、結局遊べなかったね」

善子「今日は手伝ってくれて本当にありがとうね。お礼はまた今度必ずするから!」

「「「じゃあねー!」」」

善子「・・・ふぅ、やっと行ってくれたわね」

善子ママ「尿意は行ってないけどね

善子「・・・じ、じゃあトイレに行ってくる!」

ガチャリ・・・

善子ママ「あらら、結構我慢してたのかしらね?」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:43:58.40 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「よっちゃんおかえり

善子「トイレに花丸が入ってたせいで漏らして、それをみんなに見られた・・・」ビッチョリ

善子ママ「あら〜、それは災難だったわね

善子「ぐすん・・・皆帰ったんじゃなかったの?」

善子ママ(今さっきよっちゃんにバイバイしたあの娘たちはママが見せた幻術なんですけどね

善子ママ「まあ何にしても、お着替えしましょ勿論、おむつは丸出しの格好だからね
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:45:16.11 ID:h6Vb4Tqa0
善子「あ、あううう・・・・////」モジモジ

花丸「ずら!?よ、善子ちゃん!?な、何て格好してるずらか・・・」ボトボト

理亞「は、鼻血出てるわよ////」プイッ

花丸「おっと・・・」

善子ママ「ふふっ二人には刺激が強すぎたみたいねよっちゃんはね、高校生になった今でもおむつが取れない赤ちゃんなの

ルビィ「本当は今日だって朝はおむつを履いてたんだけど、皆に見られるのは嫌だって言うから、ルビィが!仕方な〜くおパンツを履かせてあげることにしたの

花丸「んな!?そ、それってつまり・・・ルビィちゃんは善子ちゃんの裸を・・・・////」

ルビィ「勿論見るばかりか、何ならルビィお姉ちゃんがおむつを換えてあげることもしょっちゅうだからね!」ドヤァ

善子「ちょっと!?////」カァァ

花丸「羨まし過ぎるずら!マルも善子ちゃん・・・いや、よっちゃんのおむつを換えたいずら!」

善子ママ「そこで1つ提案が。春から私が勤める長野の学校に転入しない?」ニヤリ

善子「ま、まさかママ!最初からこれが目的で皆を帰らせなかった!?」

花丸「マルは当然長野へ行くずら!ライバル(ルビィちゃん)に先を越されっぱなしじゃよっちゃんのお嫁さんは夢のまた夢物語になってしまうからね!」

善子ママ「決まりで、えっと・・・理亞ちゃん、だったかしら?貴女も良かったら長野へ来てみたりは・・・」

理亞「行く」チョロロロロ

ルビィ「り、理亞ちゃん!?」

理亞「あっ!?またやっちゃった・・・////」

ルビィ「またって、もしかして理亞ちゃんも!?」

理亞「うん・・・・昔から、嬉しいことがあるとすぐにおもらししちゃって・・・・////」

ルビィ「もしかして理亞ちゃんが普段から他の人に厳しく接してるのって・・・・」

理亞「そう。この癖があったから仕方なく・・・」

善子ママ「素晴らしいわ!貴女のようなおもらしっ娘こそ、我が校の生徒にふさわしい逸材よ!」

ルビィ「えへへ///実はルビィも、ちょっとだけおもらしが多くて////最近はほとんどしてないんだけど、それでもいつ漏らしちゃうかわかんないから、念のためにおむつを履いてるんだ」ピロッ

善子「んで、あんたは何かあるの?その、恥ずかしい失敗のこととか・・・・////」

花丸「実はおら・・・本当に時々だけど、未来を感じると漏らしちゃうずら///」

善子「そういえば花丸って幼稚園の頃から時々漏らしてたわね」

花丸「そう言うよっちゃんは幼稚園の頃からおむつ離れが出来てないみたいですけどね」

善子ママ「そうだわ!せっかくだし今日は家でお泊まり会をしましょう!どうせもうすぐこの部屋とはおさらばなんだし、せめてもの思いで作りにパー!っとやっちゃいましょ

善子「何て唐突な・・・」

ルビィ「ルビィは全然オッケーだよ。どうせ今日も泊まるつもりだったし」

花丸「マルもお泊まりするずら!」

ルビィ「あ、今日は理亞ちゃん達と一緒に善子ちゃんの家に泊まるから。んじゃ」

理亞「連絡早っ!切るのも早っ!」

善子ママ「ふふっ楽しいお泊まり会の始まりね
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:48:21.36 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「皆ー!ご飯の出来たわよー!」

花丸「わーい!今行くずら〜!」

理亞「善子ちゃんの料理は美味しかったし、お義母さんの料理もきっと・・・・」ジュルリ

ルビィ「理亞ちゃんもう漏らしてるし・・・」

理亞「あっ・・・///」チョロロロロ

ルビィ「さっきのよっちゃんの料理の時はよく漏らさなかったね。それが不思議なくらいだよ」

善子ママ「あらら、もうしちゃったのね。お風呂も沸かせてあるから、先に入ってくることをおすすめするわ。こっちはママが片してあげる

理亞「・・・ありがとうございます////」

花丸「あれ?そういえばよっちゃんは?」

善子「・・・・・ここに居るわよ////」

ルビィ「顔赤いよ?あ、もしかして、漏らした?」

善子「・・・・」

ルビィ「どうしてだんまりなの?正直に教えてくれないと、お姉ちゃん困っちゃうなぁ・・・どう?漏らした?漏らしてない?」

善子「・・・漏らした////」

ルビィ「やっぱり。じゃあおむつを取り換えてあげなきゃね

善子「・・・優しくしてね
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:49:50.85 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「は〜いよっちゃんそこのソファーにごろーんしましょうねぇ

善子「////」コロン

ルビィ「ふふっ、偉い偉いじゃ、さっそくテープを破っちゃうね」ビリビリ

モワァ〜

ルビィ(はぁ〜やっぱりよっちゃんのおしっこの匂いは最高)ウットリ

善子「あ、あの・・・お姉ちゃん?は、はやく///」

ルビィ「あっ!?ごめん。ちょっとぼーっとしちゃった。それじゃ、この濡れタオルでよっちゃんのおまたをふきふきしちゃうね」ピトッ

善子「んっ・・・」ビクッ

ルビィ「なんで気持ち良くなってるのかな?」ニヤリ

善子「そ、それは・・・・////」

ルビィ「・・・ねぇよっちゃん。どうして気持ちよくなったのか、ルビィお姉ちゃんにわかりやすく教えて欲しいなぁ

善子「ううう・・・・////」

ルビィ「・・・言ってくれなきゃ、おむつの取り換えはお預けだからね」

善子「そ、それはダメ!」

ルビィ「じゃあどうして気持ちよくなったのか、ちゃーんと報告しようね

善子「・・・・よ、ヨハネは・・・お、お姉ちゃんにおむつを換えて貰うのが好きだから////」

ルビィ「ちゃんと報告出来てえらいでちゅね〜」ナデナデ

善子「/////」

ルビィ「・・・・よっちゃんはお姉ちゃんにおむつを換えて貰って興奮する、ド変態さんだなんだね

善子「やだ・・・変態って呼んじゃいや・・・・////」

ルビィ「口では嫌がってもやっぱり体は正直だよね。ちっちに紛れてえっちなおつゆさんがいーっぱい、漏れてるよ

善子「〜〜、」ゾクゾク





花丸「話には聞いてたけど、実際のおむつ換えの場面を見ると想像以上の興奮ずら・・・ま、マルも早くよっちゃんのおむつを換えてあげたい!」

善子ママ「ちょっと前まではよっちゃんのおもらし癖はママだけの秘密だったんだけどねぇ」

花丸「結構、ご近所じゅうにバレてるみたいだよ?」

善子ママ「へ?」

花丸「実はマル・・・聞いてしまったんずら」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:50:20.78 ID:h6Vb4Tqa0
お隣さん「お隣の津島さんのとこの娘さん。今日もおねしょしちゃったみたいなの」

ご近所さん「あら〜、またやっちゃったんですね。これで3日連続」

お隣さん「一昨日はジュースを溢したなんてわざとらしく騒いで、昨日は業者さん?っぽい人に布団を交換して貰って・・・」

ご近所さん「流石にここまで露骨ですと、ねぇ・・・」

お隣さん「しかも当人達はバレてないつもりで振る舞って・・・知らない振りも大変なんですけどねぇ」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:51:06.55 ID:h6Vb4Tqa0
花丸「という会話をこの部屋に来る直前に聞いてしまったずら」

善子ママ「あらら・・・余計な気を遣わせてたみたいね」

花丸「・・・どうする?この事をよっちゃんに話したりは・・・」

善子ママ「近いうちにまた生放送するって言ってたし、その時にコメントして伝えるわ

花丸「お、おう・・・鬼畜の諸行ずら・・・・」ヒキッ

善子ママ「どうせコメントするならいっそのことよっちゃんとママが恋人同士というのも同時にカミングアウトしてみようかしら・・・///」

花丸「マルも生放送を通じてよっちゃんと結婚してることを報告しなきゃね・・・////」
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:52:00.02 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「さ、そろそろおむつを履きましょうねあんよあげて〜

善子「////」

ルビィ「おむつを履いちゃう前に、お尻にベビーパウダー塗っちゃうね。ぽんぽんぽんぽ〜ん」パタパタ

善子「〜〜、」ゾクゾク

ルビィ「・・・・後はテープで止めるだけだから、あんよはおろして、おまたを開いてね

善子「

ルビィ「・・・理亞ちゃん覗くのやめて」ジトー

理亞「うえっ!?ば、バレてた!」

善子「〜〜っ////」カァァ

ルビィ「あっ!?・・・ほら、理亞ちゃんのせいでよっちゃんが前を隠した」

善子「み、みないで・・・////」ウルッ

理亞「こりゃホンマ勃起もんやで!私は女だからちんこはついてないけど」

善子「ちん!?〜〜っ////」カァァ

ルビィ「何故に関西弁?」

理亞「・・・・ノリ?」

ルビィ「ってかちんこなんて汚らわしい言葉、よっちゃんの前で使わないで!」

理亞「そのツッコミが後なのね・・・」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:53:07.67 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「何だかんだで皆ご飯を食べ終えました」

善子ママ「どう?ママの料理美味しかった?」

理亞「・・・さっき漏らしてなかったら嬉ションしてるくらいには・・・////」

花丸「おかわり欲しいずら!」

善子ママ「良かった・・・もし口に合わなかったらどうしようかと内心焦ってたけどそんな心配要らなかったみたいね」

善子「食べるとき美味しければ出すときも気持ちいいわよ」

花丸「ずら?」

理亞「どういう事?」

ルビィ(あー、そういう事か。でもこれは敢えて黙ってあげよ・・・)

善子ママ「流石、おもらしの常習犯は言うことが違うわね

善子「・・・・ぐすん」

善子ママ「あれぇ?」アセアセ

ルビィ(まーた失言してるよこの人・・・いい加減学習しようよ恋人なんだからさぁ)ビキッ

花丸「そんな善子ちゃんも大好きだよ

善子「ぐすん・・・・」

花丸「あのー、よっちゃん?マル結構大胆な告白をしたつもりなんだけど、聞いてくれてた?」

ルビィ「いや聞いちゃいないだろうね」

花丸「残念・・・」

善子ママ「あ、そうだ!皆にまだ聞いてなかったことがあるんだけどね」

ルビィ「この人数でも寝られる場所?」

善子ママ「いやそれも聞くけど今聞くのはそれよりも重要なこと。皆夜の方は平気?おねしょしちゃったりとかはしない?」

理亞「私は嬉ションだけだから」

花丸「マルも未来っぽい夢さえ見なければ何とか・・・」

ルビィ「ルビィ、おねしょはしないよ!」

善子ママ「ふふっ皆優秀なのね」
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:54:33.44 ID:h6Vb4Tqa0
善子「なんか足りないわよねぇ?」

善子ママ「・・・・ん?何の事かしら?」シラー

善子「目を逸らすな!実の娘にもちゃんと聞きなさいよ!」

善子ママ「あら、みんなの前で自分の口で言いたいのかしら?」ニヤリ

善子「うっ!?そ、それは・・・////」

善子ママ「よっちゃんがどうしてもって言うのなら、聞いてあげないこともないわよぉ?」ニヤニヤ

善子「・・・・堕天使ヨハネに死角などない」キリッ

善子ママ「えー、本当?」

善子「ほ、本当よ!堕天使は嘘をつかないんだから!な、なんなら今晩は絶対におねしょしないって約束してあげる!」

善子ママ「あら、大きく出たわね。じゃあもし明日の朝起こしに行ったときにおねしょしてたら、ちょーっとキツいお仕置きを与えるけど、それでもしないって誓える?」

善子「うっ!?そ、それは・・・」

善子ママ「んん?堕天使の癖に怖いのかな?」ニヤニヤ

善子「わ、わかったわよ!誓う、誓うわ!もし明日の朝おねしょしちゃったら、どんな罰でも受けてやるわよ!」

善子ママ「言ったからね!じゃあもし明日おねしょしてたら・・・」

善子「お、おねしょしてたら・・・?」ドキドキ

136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:55:35.49 ID:h6Vb4Tqa0
善子ママ「堕天使を卒業して貰うわ!」

善子「そ、そんな!?」ガーン

善子ママ「嫌なら、今晩おねしょしなければいいだけなんだよ?あ、それともやっぱり自信がないとか」ニヤリ

善子「そ、そそそそんな訳ないじゃない!いいわ、わかった!もし明日おねしょしてたらヨハネは堕天使をやめてやるわよ!」

ルビィ「話は決まったみたいだね。それで、ルビィ達は何処で寝ればいいのかな?」

善子ママ「そうね・・・じゃあ皆今晩はママのお部屋を自由に使ってくれてもいいわ。そのかわり、ママはよっちゃんと一緒に寝るから

花丸「安心して善子ちゃん!善子ちゃんが堕天使じゃなくなってもマルは善子ちゃんのこと好きだよ

善子「もうっ!皆してヨハネがおねしょする前提で話を進めて!」プンプン

ルビィ「寝る前にいつもジュース飲んじゃうよっちゃんを信用しろと言われても・・・・」

理亞「わ、私は・・・善子ちゃんを信用してもいいかな///」

「「「!?」」」

善子「理亞!」パァァ

理亞「私の愛は遊びじゃない!だから、好きな人を信じたいと言うか・・・////」

善子「・・・・今晩は理亞と一緒に寝る」キュン

善子ママ「ええええっ!?」ガーン

善子「ママはルビィお姉ちゃんやずら丸と一緒に自分の部屋で寝たら?さ、行きましょ」

理亞「////」

善子ママ「しょ、しょんなぁ〜〜・・・」orz

ルビィ「もう、しょうがないからママはルビィが慰めてあげる」

善子ママ「あざっす」

花丸「理亞ちゃんずるいずら!マルも善子ちゃんと寝る!」

善子「やだ!」

花丸「」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:56:39.54 ID:h6Vb4Tqa0
善子の部屋

善子「すー、すー・・・」

理亞「緊張して眠れない・・・////」ドキドキ

善子「・・・んんっ」

理亞「もう漏らしてる・・・」

善子「はぁ〜間に合った堕天使ヨハネは永遠よ〜・・・」

理亞「・・・隠蔽してあげなきゃ、善子ちゃんごめん!」ベリベリ

モワァ〜

理亞(うっ!?い、いい匂い・・・///これが善子ちゃんの////)

理亞「ってチガウチガウ!こ、これを何処かに捨てて、新しいおむつを履かせてあげなきゃ!誰にも見つからないうちに!」ブンブン

善子「zzzz」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:57:58.76 ID:h6Vb4Tqa0
翌朝

理亞「zzz」

善子「理亞!ねぇ、理亞ったら!起きて!」ユサユサ

理亞「何よ朝から・・・」

理亞(もしかして、おねしょしなかったってはしゃいでる?)

善子「おねしょしちゃったの・・・どうしよう」

理亞「えっ!?嘘っ!」

理亞(何で!?昨日の夜確かにおむつは取り換えた筈!なのにどうして・・・)

善子「昨日おねしょしないって約束したのに・・・り、理亞!お願い、ママ達にバレる前にこっそりとこのおむつを何処かに捨てて来て!」

理亞「そ、そんな・・・」

善子「お願い、もう理亞しか頼れる子が居ないのよ・・・」ウルウル
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 15:59:47.51 ID:h6Vb4Tqa0
理亞「そうだ、私がそのおむつ履けばいい」

善子「な、何バカなことを・・・」

理亞「今からじゃあの3人を出し抜いておむつの隠蔽なんて出来る訳ない。それは何となくわかってるんでしょ?」

善子「そ、それは・・・・」

理亞「それに、善子ちゃんはどうしてもおねしょしてないって言いたいんでしょ?だったらこれしかないと思うけど」

善子「・・・・本当にいいの?」

理亞「勿論」

善子「・・・・ありがとう///じゃあ、恥ずかしいけど・・・・」ビリビリ






理亞「ごめんなさい。実は・・・おねしょしちゃいました////これがその証拠のおむつです////」

善子ママ「ふふっ、次からは気を付けるのよ?」

善子ママ(理亞ちゃんに免じて今回は見逃してあげるか)

理亞(あっ、これ絶対にバレてるな。でも見逃して貰えそうだし、お言葉に甘えよ)


140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:00:51.52 ID:h6Vb4Tqa0
善子「ママー!ママー!見て今日はおねしょしなかったの!」

善子ママ「あら本当に?偉い偉い」ナデナデ

善子「

善子ママ「それじゃ、昨日疑っちゃったお詫びも兼ねて、よっちゃんの言うことを何でも1つ聞いてあげようかしら

善子「本当に!?」

善子ママ「ママに二言はないわ!」

善子「転校したくない」

善子ママ「え?」

善子「昨日までは転校してもいいかなって思ってたけど・・・おねしょのことが皆にバレたし、もう別にどっちでもいいかなって」

善子ママ「そ、そんなこと突然言われても!もう引っ越しの準備も転入の手続きも終わって・・・」

ピリリリリリ

善子ママ「あ、ごめんちょっと待って。はい、もしもし・・・・えええっ!?」

善子「な、何・・・?」

善子ママ「わ、わかりました・・・」ピッ

善子ママ「えーっと、ママの勤めてる学校がね、長野から静岡に場所を移すことになったみたいなの」

善子「えっ?」

善子ママ「何か予算オーバーが原因みたいでね・・・今年から元浦の星の校舎を使うことになったみたい」

ルビィ「それ本当!?」

善子ママ「ええ。せっかくここまで準備したのに、とんだ無駄骨よ・・・」

ルビィ「冷静に考えて近所の顔見知りの人達にお漏ら星女学院に通ってるってバレる方がつらくない?」

善子ママ「その事なんだけど、どうやらよっちゃんがおむつ離れ出来てないのはご近所中にバレバレだったみたい。昨日花丸ちゃんが教えてくれたわ」

善子「へっ!?」

ルビィ「そうなんだ・・・・まあ何にしても、よっちゃんが沼津から離れないでくれるのは嬉しいよ!」

善子「ご近所さんにはヨハネがおむつしてるのがバレてたんだ////」カァァ

善子ママ「・・・・さ、とりあえず朝ごはんにしましょ」
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:02:26.29 ID:h6Vb4Tqa0
善子「引っ越す必要はなくなったから皆で遊ぶことになったけど・・・」

花丸「長野に行く必要なくなったから正直に言うけど実はマルはお漏らしなんかしないずら」

善子「へ?」

花丸「理亞ちゃんは嬉ション、ルビィちゃんも一応おむつを履いてるけどマルは別に未来を感じたくらいじゃお漏らししないずら。もし未来を感じてお漏らしなんてするのなら、東京に行ったときに既にやらかしてるずら!」

ルビィ「まあ、薄々そんな気はしてたよ。マルちゃんはなんとなくおもらししてなさそうな気配あったし・・・」

花丸「嘘ついてごめんなさい・・・でもマルは大好きな善子ちゃんと離れるのが嫌だったから」

善子「別に気にしないわよそれぐらい。そ、それより・・・私の事が好きってのは嘘じゃない?」

花丸「それは勿論!マルは善子ちゃんの事が、だーい好き

善子「ありがとう////」

ルビィ「マルちゃんずるいよ!よっちゃんを口説こうとしないで!」ムッ

花丸「ずるいのはどっちですか!マルからしたら毎日善子ちゃんのおむつを換えてるルビィちゃんの方がずるいずら!」
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:02:54.94 ID:h6Vb4Tqa0
理亞「お漏らししてるやつは死刑・・・何これ?」

善子「あーっ!ちょ、なに人の机を勝手に漁ってるの!」

理亞「それより、この手紙何・・・明らかに善子ちゃんが書いたものじゃないわよね?」

善子「これは・・・中学の時に同級生から直接渡された手紙よ」

ルビィ「ひ、酷い・・・・」

善子「何か送り主曰く、自分の好きな人が私の事を好きになったみたいで・・・それが許せなかったんだって」

花丸「お、女の逆恨みは怖いずら・・・」ガクガク

善子「それから私は不登校になったわ。地元の高校に行かずに浦女に入ったのもそれが理由だし」

ルビィ「じ、じゃあ・・・長野の高校に通おうとしたのも・・・」

善子「いやそれとは全く関係ないわ。ママ曰く、ヨハネにトイレトレーニングを受けさせたかったんだって・・・ま、そんなことどうでもいいじゃない。そんなことより遊びましょうよ!何して遊ぶ?」
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:03:37.05 ID:h6Vb4Tqa0
花丸「海に立ちションしに行くずら!」

善子「ぶー!な、ななな何て事を言ってるのよ!た、立ちションだなんてそんな・・・////」

花丸「実はマル、生涯で一度くらいは立ちションしたいとずっと昔から考えていたずら!でも女の子だから立ちションなんて上手く出来ずにパンツを濡らして・・・今年こそは立ちションを成功させたいずら!」

善子「何バカなことを言ってんのよ!そんなバカな遊びに付き合う訳ないでしょ!」

花丸「・・・・善子ちゃんがダメって言うなら自重するずら」ションボリ

ルビィ「からのぉ〜」

花丸「だからマル一人で立ちションしに行ってくるずら!大丈夫、善子ちゃんに恥ずかしい思いはさせないから!」

善子「ええええっ!?」

花丸「ばいばい善子ちゃん!またお昼頃に戻ってくるから、お昼は善子ちゃんの手作りでお願いするずら
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:05:44.49 ID:h6Vb4Tqa0
理亞「・・・いっちゃったわよ?あれ、どうするの?」

善子「尾行よ!もし本当に立ち・・・////ずら丸だって女の子なんだから、そういうことしそうになったら止めるの!」

ルビィ「よっちゃんがお外に出るならルビィも一緒に行くよ!よっちゃんがおもらししちゃったらルビィがおむつを換えてあげなきゃだしね

善子「じゃあ早速尾行よ!」






花丸「内浦に戻ってきたずら〜♪ただでさえ人が少ない上に春先に海に来る人なんて地元民でもそうはいないから、絶好の立ちション日和ずら!」

理亞「あんな大声で立ちション宣言するなんて、ド変態か!」

ルビィ「立ちションがんばルビィ!」

理亞「頑張ルビィじゃないわよ!」

ルビィ「声大きいよ。マルちゃんにバレたらどうするの?ルビィ達は今尾行してるんだよ?」

理亞「本来の目的を考えればむしろ今こそ声を掛けに行くべきでしょうが!善子ちゃんも、花丸ちゃんが立ちションしそうになったら止めるじゃなかったの?」

善子「・・・・」

理亞「善子ちゃん、どうしたの?」

善子「トイレ行きたい…」

理亞「えっ!?と、トイレ!?こ、この近くにトイレなんて・・・」アセアセ

ルビィ「一応あっちに海の家があるから、そこまで辛抱出来る?」

善子「が、頑張る・・・////」ギュー

ルビィ「じゃあ理亞ちゃんはマルちゃんの立ちション見てて!後でどんな感じだったかルビィに報告してね

理亞「しないわよバカ!」

善子「お姉ちゃん・・・早くっ!」

ルビィ「あっ、ごめんね。そろそろおトイレに行こうか」

花丸「でもせっかくのおむつなんだし、そのまましちゃった方が良いと思うけど・・・」

理亞「・・・・普通にこっちに合流してきたのね」

花丸「自分で立ちションするより善子ちゃんのおもらしの方が見たいからね
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:07:37.48 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「あっ!曜ちゃんも立ちションしてる!」

曜「っ、〜〜はぁぁぁ気持ちいい〜

ジョロロロロロロ〜〜

花丸「な、何と!女の子のものとは思えない見事な放物線!マル、あんな綺麗な立ちションする女の子初めて見たずら。これは声を掛けに行かなきゃ!曜ちゃーん!」

曜「ええっ!?は、花丸ちゃん!」ガバッ

花丸「あっ!?い、今スカートで前を隠そうとしたら・・・」

曜「!?」ジワァ

花丸「あちゃー、遅かったずらか」

曜「・・・・ぐすん、何で花丸ちゃんがここに居るの?」

花丸「それはこっちの台詞ずら。曜ちゃんこそどうして春休みなのに内浦の海に居るずらか?」

曜「いつもこの辺で花丸ちゃんが気持ちよさそうに立ちションしてるって噂を聞いて」

花丸「なるほど。マルの噂を聞き付けてここまで来たんだね」

曜「うん。だけど噂を確かめようと待ってる途中でおしっこがしたくなって・・・誰も見てないししても良いかなって思ったら・・・・花丸ちゃんが」グスン

花丸「それは申し訳ないずら。そんな事より曜ちゃんに一つ、教えて欲しいことがあるずら」

曜「そんな事って・・・・」グスン

花丸「マルに立ちションのコツを教えて欲しいずら。マルも毎日立ちションに挑戦してるけどあんな綺麗な放物線は描けないから・・・だから曜ちゃんに立ちションのコツを教えて欲しいの!」

曜「腹筋の使い方がコツかな」

花丸「腹筋の?」

曜「えっと・・・言葉にして説明するのは難しいから今から花丸ちゃんの家に行っていい?・・・後おしっこで汚した衣服も変えたいです////」

花丸「勿論!曜ちゃん、ご指導とご享受、よろしくお願いします!」ペコリ






理亞「え?花丸ちゃん帰ったんですけど!?」

善子「お姉ちゃん・・・・////」グスン

ルビィ「間に合わなかったみたいだね。けどここまでよく頑張って我慢したよ、偉い偉い 」ナデナデ

理亞「あの、花丸ちゃんが帰っt・・・」

ルビィ「さ、おむつを換えましょうね

理亞「・・・・まあいっか」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:12:24.05 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「せっかく海に来たんだし、ここで遊ぼう!何しよっか。泳ぐ・・・のはまだ寒いからなしにして、ビーチバレー?砂でお城でも作る?それとも・・・」

善子「嵐が来たわ!晴れるまで遊びましょ!」

ルビィ「ピギィィィ!!」ビクッ

理亞「さっきまで晴れてたのにどうしていきなり嵐が来るの!?」

善子「・・・・ヨハネの運が悪いからじゃない?」ションボリ

理亞「いや、これは運が悪いとかの問題じゃ・・・ってこの家大丈夫なの!?さっきからガタガタうるさいんだけど!?」

ルビィ「無理だよ絶対に無理・・・この嵐で海の家は壊滅してルビィ達逝っちゃうんだぁ」ガクガク

理亞「いや、流石にそれは大袈裟じゃ・・・」

善子「わからないわよ。昔から不運の星に生まれたヨハネがここに居るのだからね」

ルビィ「バカな事言ってないで千歌ちゃんちに避難させてもらおう!」

理亞「千歌って、あの高海千歌?ここから近いの?」

ルビィ「理亞ちゃん!今はそんなギャグ言ってる場合じゃないんだよ!結構面白いけどさwww」

理亞「え?」

善子「多分、いや絶対に理亞はギャグなんて言ってないわよ」

ルビィ「よっちゃんも理亞ちゃんも無駄口叩いてないでさっさと千歌ちゃんちに行くよ!」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:13:24.26 ID:h6Vb4Tqa0
十千万

千歌「あ、いらっしゃいま・・・!?」

「「「・・・・」」」ビッショリ

千歌「どうしたのそんなずぶ濡れで!?と、とりあえず上がって!」

「「「お邪魔しまーす」」」





千歌「なるほど、海で遊んでたら台風が来たからこっちに逃げてきたわけだね」

ルビィ「そういうわけだから晴れるか、雨が弱くなるまでここに居ていい?」

千歌「勿論だよ!」

ルビィ「ありがとう!」

千歌「困ったときはお互いさまだよ。それはともかく、善子ちゃんに一つ聞きたいことが」

善子「な、何よ?」

千歌「なんでおむつしてるの?」

善子「うっ・・・////こ、これはその・・・・////」

ルビィ「よっちゃん。ちゃんと自分の口で全部話してみよう。ね?」

善子「・・・じ、実は」

カクカクシカジカ

千歌「はぇー、高校生なのにおもらしやおねしょがあまりに多すぎるからおむつしてると・・・」

善子「ヨハネだって好きで履いてる訳じゃないんだからね!そこのとこ勘違いしないでよ!」

ルビィ「でもママやルビィお姉ちゃんにおむつを換えられるのは好きなんだよねだってよっちゃんは変態さんだもん

善子「へ、変態って言わないで」ゾクゾク
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:14:21.90 ID:h6Vb4Tqa0
千歌「じゃあ私は梨子ちゃんちに遊びに行ってくるね!善子ちゃん達は自由にくつろいでて!」

善子「ええ・・・自分の部屋を後輩に貸して自分は遊びに行くとか・・・ちょっと危機管理能力が無さすぎじゃない?」

ルビィ「まあいいじゃん!せっかくだし有効活用しよ!」

善子「そうね。それじゃ、何して遊ぶ?」

理亞「ぷよぷよ」






善子「フィーバーターイム!!」

ルビィ「あー!また!?なんでよっちゃんだけそんなにいっぱいれんさ出来るの!?あー、また石みたいなぷよが落ちてきたー!」

善子「はい、また私の勝ち

ルビィ「うう、こ、こうなったら理亞ちゃん!勝負だよ!」
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:16:17.79 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「負けた・・・」orz

理亞「まあルビィって家柄からあんまりゲームしてるイメージないもんね」

善子「私にしてみれば理亞がゲームやってるイメージもあんまり想像つかないわよ」

理亞「よく言われる・・・・それはともかく、かれこれ5戦以上はやってるわよ。その、大丈夫?」

善子「何が?」

理亞「・・・トイレに行きたいとかはないか聞いてみたけど・・・////余計なお節介だった?」

善子「あっ!リリーがやってきた」

理亞「リリー?」

ルビィ「同じAqoursのメンバーである桜内梨子ちゃんの事だよ。よっちゃんの上級リトルデーモンなんだって」ギリッ

善子「さっき千歌が貴女の家に遊びに行くとか言ってたけど」

梨子「うん知ってる。さっきまで一緒に遊んでた」

善子「じゃあどうしてこっちに来たの?」

梨子「よっちゃんと一緒に立ちションしに来たわ!」

善子「リリーもなの!?ずら丸といい貴女といい、Aqoursは立ちション好きの変態集団なの!?」

梨子「冗談よ。この天候じゃ立ちションなんて出来る訳ないからね」

善子「この天候じゃなかったら一緒に立ちションさせようとしてたのか・・・」

梨子「それはともかく、ちょっとよっちゃんにお願いがあるんだけど」

善子「何よ?」

梨子「今夜家でお泊りしない?」

善子「い、嫌!」

梨子「あらどうして?もしかしておねしょが心配だったりする?」

善子「わ、わかってるなら聞かないでよ////」

梨子「・・・わ、私は気にしないよ。だから・・・今夜家に泊まりに来て欲しいな」

善子「みんないっしょがいい!」

梨子「・・・じゃあそれで!でも私の家にそんな何人も泊まれないから」

善子「なら千歌を説得しましょう!」

梨子「了解したわ」

ルビィ「念のために言っておくと、お姉ちゃんはもう東京に行ったからね。後果南ちゃんと鞠莉ちゃんはもう日本に居ないよ」
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:17:16.27 ID:h6Vb4Tqa0
梨子「って訳だから今夜千歌ちゃんちで皆でお泊まり会してもいい?」

千歌「梨子ちゃんがチカと一緒に寝てくれるならOKしてあげる」

梨子「ええ、そんなこと言われても困るんだけどな・・・」

千歌「・・・じゃあお泊まり会はなしってことにして貰うけど」

梨子「わかった。じゃあ曜ちゃんちいくね」

千歌「そんなぁ!?」ガーン

ルビィ「曜ちゃんは今マルちゃんの家に居るよ!」

梨子「そう。じゃあ案内して頂戴。ちょうど雨も止んだみたいだし」

ルビィ「わ、本当だ・・・」

理亞「あの、善子ちゃん。外に出る前にトイレ済まそう?」

善子「まだ大丈夫よ、行きましょ」

理亞(本当かなぁ?まあ、信じてあげましょっか)

千歌「あ、待って!私も行くよ!」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:18:16.79 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「マールちゃん、あーそーぼ!!」

ガラララ

花丸「あ、ルビィちゃん。皆も結局家に来たんだね。どうぞ上がって」

ルビィ「お邪魔しまーす!」

善子「も、もう限界・・・////」

ジョロロロロロロ〜〜

花丸「善子ちゃん漏らしてる…」

理亞「だからさっきトイレに行こうって行ったのに・・・」

善子「だ、だって・・・」グスン

ルビィ「バスに乗ればマルちゃんの家はそう遠くないもんね。だから油断しちゃったのかな?何にしてもマルちゃん、おトイレ借りてもいい?よっちゃんのおむつを換えてあげなきゃ」

花丸「おむつ交換ならおトイレ行く必要ないよね?マルの部屋で換えたらいいずら」

ルビィ「なるほど。皆が見てる中でおむつを換えてあげるのも悪くないか」

善子「い、嫌よ!なんでそんな・・・」

ルビィ「こら!嫌じゃないでしょ?さっき理亞ちゃんが千歌ちゃんの家を出る前におトイレに誘ったのに断って、結果的におもらししちゃったんだからこれくらいの罰は当然だよ!」

善子「あうう・・・////」
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:19:43.65 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「さ、おむつを換えまちゅね〜た〜くさんのお姉ちゃんによっちゃんの恥ずかしい失敗と情けない姿を見て貰いましょうね」ビリビリ

善子「やぁ・・・////見ないで・・・・////」サッ

ルビィ「どうして前を隠すのかな?そんなことをされたらルビィお姉ちゃん、よっちゃんのちっちでぬれたおまたさんをふきふきしてあげられないよ?いいのかな?」

善子「/////」カァァ

花丸「ハァ・・・ハァ・・・・よ、善子ちゃんの・・・善子ちゃんのおしっこまみれのおまん○!」

理亞(ルビィが羨ましい!!)ギリッ

梨子「み、見てないよ!わ、私は見てないから・・・続けて////」チラッ

曜「いきなり皆して花丸ちゃんの部屋に来たと思ったら何か始まった・・・////」ボタボタ

千歌「冷静に振る舞おうとしてるけどよーちゃん、鼻血出てるよ」

ルビィ「よっちゃん。そろそろお手手退けて欲しいな。お願い?」

善子「んなっ!?なんで曜まで居るのよっ!////」カァァ

理亞「あ、そっか。善子ちゃんは渡辺曜が内浦の海で立ちションしてたのも花丸ちゃんと立ちション談義してたのも見てなかったんだっけ」

曜「えええっ!?み、見られてた・・・////あそこに居たのは花丸ちゃんだけじゃなかったのか////」

梨子「曜ちゃん何やってるの」ジトー

曜「・・・・善子ちゃんのお股を目に焼き付けるであります!」

梨子(露骨に話を逸らした)

曜「って、あっ!!ルビィちゃんがもうタオルで善子ちゃんのおまたを拭いてるよ!見えない!見えないから!ルビィちゃんその手を止めt・・・」

ルビィ「うるさい!」

曜「」ションボリ

ルビィ「相変わらずよっちゃんのおまたさんはちっちでびっちょりだね

善子「・・・

ルビィ「乾きにくいから剃ろっか」

善子「〜っ、剃るの?////」

ルビィ「よっちゃんは毎日おもらしばっかりしてるお子様なんだから、大人の証なんていらないよね?」

善子「うう・・・////」

ルビィ「マルちゃん!お風呂貸して貰っていい?」

花丸「善子ちゃんのつるつるおまんまんをマルにも見せてくれるなら!」

ルビィ「・・・貸して貰う身だし仕方ないか。いいよ。さ、よっちゃんおむつの前に剃りましょうね

善子「・・・・うん
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:20:21.87 ID:h6Vb4Tqa0
曜「さて、善子ちゃんはお風呂に行っちゃったけど・・・」

モワァ〜〜

理亞「善子ちゃんのおむつ捨てに行かなきゃ」

梨子「なんで鞄にしまってるの?」

理亞「ギクッ!」

梨子「誰も見てないからってそういうことするのは卑怯だと思うけどなぁ」

理亞「うっ・・・」

梨子「さぁ、その堕天使の涙(意味深)を私に寄越しなさい!」ガシッ

理亞「そ、それは嫌!これは私のよ!」

梨子「離しなさい!」グイグイ

理亞「嫌ああああ!!」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:21:16.85 ID:h6Vb4Tqa0
曜「全速前進ヨーソロー!」

梨子「きゃっ!」

理亞「な、何を、〜〜っ!?」

曜「私、渡辺曜はヨーシコーのおもらしおむつを頭から被るであります!」

理亞「嫌ああああ!!善子ちゃんのおむつが・・・渡辺曜ごときに奪われた」orz

梨子「いくら曜ちゃんでもそれは絶対に許さない!」

曜「何とでも言うがいい!勝てば官軍なんだよ!ではさらばー!」

梨子「あっ、逃げた!待てー!」

千歌「何処へ行くのかな?梨子ちゃんにはチカが居るんだから他の女のとこへは行かせないよ」ガシッ

梨子「ちょっ、おま・・・」

理亞「・・・・まあ、善子ちゃんのおむつを捨てる手間が省けたとポジティブに考えましょ」グスン
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:22:20.84 ID:h6Vb4Tqa0
花丸「善子ちゃん湯加減はどうずら〜?気持ちいい〜?」

善子「うん、気持ちいい〜

ルビィ「気持ち良いからって漏らしちゃ駄目だよ〜」

善子「そ、そんなすぐには漏らさないからっ!」

花丸「どうかな?善子ちゃんなら案外漏らしそうな気がするずら」

善子「人体の構造的にそんなすぐおしっこが出る訳ないでしょがっ!全くもう・・・////」

花丸「それはともかくとして、善子ちゃんのおまたをじっくりと眺めるずら

善子「////」

ルビィ「よっちゃん、隠しちゃダ〜メ

善子「あうう・・・///」

花丸「ハァ・・・ハァ・・・・・善子ちゃん善子ちゃん

善子「あっ、恥ずかしくて尿意が...////」ブルルッ

花丸「さっきの台詞がフラグだったずらね

善子「お、おしっこ・・・////」

ルビィ「こっちでしちゃダメだよ」

善子「じ、じゃあもう上がろう!早くしないと漏れちゃうよ!」

ルビィ「わ、わかったから焦らないで!」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/06/03(日) 16:24:08.76 ID:h6Vb4Tqa0
ルビィ「ちゃんと体拭かないと風邪引いちゃうからね」

善子「お、お姉ちゃん・・・///早く、早くして・・・////」ウルウル

ルビィ「・・・・おっけ、おトイレに行っておいで!」

善子「う、うん!」






ルビィ「こうしてすっかり幼児退行しちゃった善子ちゃんは、ここから数年間おむつの取れない赤ちゃんとして過ごしました」

花丸「因みに善子ちゃんがいつおむつを卒業したのか、それはマル達だけの、ひ

花丸「という訳で、マル達のお話はこれでおしまい!」
165.70 KB Speed:10.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)