穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『54』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 21:33:01.43 ID:ls2WZQED0
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

           ]]]]]]]]]]
           ]【残酷表現注意】]
           ]]]]]]]]]]

        れんあいげぇむ 一周年記念project 2.5


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
2 :初っ端からスレタイ誤字ったぁぁぁぁ!!!!!!!! [saga]:2018/06/29(金) 21:36:46.75 ID:ls2WZQED0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
{再現コラム}



  ――――――我信ずれば魔

           ――――――人信ずれば愛




          エゴなくしては我にあらず

           愛なくしては人にあらず





  <〜1999年 BBNT・魔獣の絆より〜>

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
3 :ある人物の記憶 [saga]:2018/06/29(金) 21:40:36.62 ID:ls2WZQED0


―――― 子供の頃、大切にしていた宝物がある


 ――――それは"雪"で出来た小さな小さな兎さん


  ――――真っ白な雪の塊に樹の葉や赤い木の実をつけて飾っておく





―――たったそれだけの存在

―――それっぽっちの小さな存在


――――真冬でも晴れた日が続けば溶けてしまって







――――――兎さんが死んでしまった日は悲しかった






――――――ある日、大切な兎さんができた


――――――今まで見てきたどんな兎さんよりも素敵な宝物

――――――どんな事があっても失いたくない宝物


――――――お母さん、明日からどんないう事でも聞くから

――――――兎さんを冷蔵庫に入れて欲しいの


――――――お小遣いだっていらない、おやつだっていらないから

――――――アイスクリームも食べたいなんて言わない




―――――兎さんが溶けないように冷蔵庫に入れてあげて


―――――私の兎さんを死なせないで


――――――"雪"で出来た兎さんはすぐに死んじゃうから…だから




  ―――――お願い
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 21:41:07.79 ID:ls2WZQED0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
{再現コラム}





   怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。

       おまえが長く深淵を覗くならば、

      深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。







  < "ドイツ哲学者" ニーチェ 1844年〜1900年

     〜 『善悪の彼岸』 第146節より〜 >



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 21:42:04.67 ID:ls2WZQED0
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ジャンル:ふたなり魔物娘異世界ダークファンタジー
        くっ!鎮まれ俺の邪気眼120%中二病ゲー【R−18】







  − あなた は …人間を尊いと思うかしら? −



  今、此処に居る あなた は 果たして人間なのかしら

  今、此処に"在"る あなた は "自分が自分である"と証明できる




       − 我思う、ゆえに我あり −



  全てを信じて、【魔】に蝕まれ

  全てを信じて、【魔】に喰われ…




  人はいつだって 心に 【魔】を持つ者…





  あなた は "人間性" をどこまで 保てるかしら―――




  わたし は いつだって "あなた" を 見てるし、診てもいる



  何を信じて

  何を欺き

  何を疑う


  何を得て

  何を奪い

  何を失う
 





 ―――――――これは…何かを頼りに『家』へ帰るための げぇむ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 21:42:37.51 ID:ls2WZQED0
                 /          ノ}
                  〃  x===ミー=彡ノ⌒ヽ
               __ {{ /: : : : : : : : :/
            r 、 \__V: /{/{__彡く            __
        rーz}/>  〉. :´: : : : : : : -=ミ:ヽ    )/: : ⌒ヽ
        と//ノ/ : : : : : i{xーz:_:_: : :\:\__彡: :/ イ
        |  /〃: :/: : : : 从, -‐-`ヽ: : :\: -=≦: : : :ノ/
        _j,s≦}{ : : {: :ト : : : {       ‘,: : : :ヽ : : : : 彡"
      r{oニ/ニ/ V: :i|X{´ \‘,  斧ミメ } : }: : :‘, : : : :/{  / }___
       lニo/ニ{  }: : | ,x斧ミ \ 弋ツノ : /_: : : } : / : ノ⌒/ /辷 }
.       V/ニニi ノ: 从{ 弋ソ ,       ノイぅ}: :ノ: く:_:彡  /  辷_}
      }ニニニ| ⌒i: : :\   ,  ¬  __}_ノ´: }:} : :\  ′   /
        ニニニ人  ゝ :\〉  V___ノ  {: :r-=彡ヘ: :}ヽ} r┴─‐{
      ′ /ニイ   }:从≧s., __ r―'/}≧=-  }ノ  fニニニTo〉
     {ニニ/ニ{⌒ヽx≦V⌒ヽ }/}/_〉/ニニ∧   |ニニニi|o|
     ゝ ニニニ八ニニ{ニ/_/ {_/ /ニ〈〃/ニニニニ‘:、 |ニニニi|_/
         ` ≪ニ\/ニ「  〔〕\/ニ/{ニ{ニニニニニニ\.|ニニニi|′
             `ヽ/ニ/ // //ニ≧=ミ、ニニニニニ八ニニニハ
             /ニ{/  {/ 〃ニニニニニニニ\ニニニ{ニニニ/ニ} _
             ニ/。 : . . . . . ..{ニニニニニ=孑≦ニ\ ニニニニニニ.′ニニヽ
              {_イ . : . . . . . . . Vニニニニニニニニニニ}i\ニニニニ/ニニニニニ‘,
              {ニ!  :      \ニOニニニニニニニニニ`ー=彡〉ニニニニニ}
           Vj   .          ` ≪ニニニニOニニニニ/ニニ/ニニニニニ′
           ‘, 。:             イ` ≪ニニニニニ〈ニニ/ニニニニニ′
              |   .         {ニニ/ ̄` ≪ニニニニニニニニニi|
              |  :         V/        ` ≪ニニニニニニノ
            ,  。 .       ,., '" \          `ー―=彡
             ‘,      ,., ´  ,., '" `ー 、
               {  ., ´ ,., '"/ \ 、 / / / 、
             ` く_,., ´/ マ〉/ / / マ〉 / / / \
               }/〈〈 / / マ〉 / _ / マ〉 / / / /‘,_
          r|ヽ/} く/ /マ〉/. __} } /i\ }_}' / / / / }/ \_
          _N }:i:i:V⌒ く__} }/:i:i:}/i:i:i:i:i:i:} .〉_    ノハ / / /}
           ⌒Y⌒}ヽi:iーヘ〉∨⌒{_ノ~~~`ヽ:} / /}/}彡〃} / /く
          〈___人_人_}xく厂      ∨/`V j/ / / / /
         /       /           ァ^⌒~厂\/_厂`く
         /                    /:i:i:i:/` く:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ、
      〃       〃          〃:i:i:i/ハ¬  \:i:i:i:i:i:i:i:i:}
     /       /            /i:i:i:/:i:/:i:} 」   ヽ:i:i:i:i:i:iリ
      /       /         xく:i:i:i/:i/:i:i:i:i:‘,     `辷彡
.    /       /         '"  )/ ⌒ 、:i:i:i:i:i:i:‘,
    ′         ′     ., ´   /     \i:i:i:i:i:i:}
   {        {        ,, '"           V:i:i:i:i}
   ゝ ____., ´ 乂____,., '"            辷彡



【主人公:高坂 穂乃果】



以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/20(水) 12:40:07.24
ハノケチュンが異世界に召喚されて脱出しようとする話

他のμ'sが生えてる、もんむすくえすと的なのでお願い(^8^)






『げぇむ概念』


本作はれんあいげぇむprojectではあるものの…

にこverと違い、難易度をあげた延長線上のモノとは違う…


謂わば全くの別ゲー…




   『 穂乃果は無限残機じゃない … ゲームオーバーになって良い回数に限り有』




   増えた残機と減った残機で現状 残機4になった "5回目のGAME OVER"でスレ打ち切り


現状:残機券0/6
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 21:48:02.74 ID:ls2WZQED0
『穂乃果の手持ち、ステータス等』


『希望値』>3660/5000 ←上限5000にup
『知識値』>9150
『思い出・帰郷心』100/100
『人間性』100/100



持ち物:
穂乃果
・【道程の案山子】
・【デュラハンの劔】
・【白妙の記憶@〜B】
・【運命ダイス】
・【中華まん】
・【転移の魔石】
・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>】

花陽
・【避妊薬<ピル>】
・【白妙の記憶C〜F】
・【折り鶴】
・【素材:ミスリル】
・【バンシーの肖像画】



・【淫誘の香水】
・【輸血パック】
・【水兵さん帽子】
・【表情<カオ>の無い仮面】
・【風魔手裏剣×5】
・【   】


にこ
・【輸血パック】
・【魔力回復剤(MAX) 】
・【輸血パック】
・【山彦の帽子】
・【バシリスクの牙】
・【鶏のぬいぐるみ】
・【輸血パック】
・【コーラ・マジック】

絵里
・【山彦の帽子】
・【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
・【輸血パック】
・【浮力の羽のペンダント】
・【デコイの呪術書】
・【魔力回復剤(MAX) 】
・【銀の祝福】


ことり
・【水兵さん帽子】
・【登山用ロープ】
・【   】
・【カレー粉】


・【奴隷姫の髪飾り】
・【天叢雲剣<あめのむらくも>】
・【ケルピーの尾】
・【   】
・【風魔手裏剣(×1)
・【絵の具】

真姫
・【輸血パック】
・【メディウス・リボン 】
・【魔力回復剤(MAX)】
・【まきびし】
・【シルバートレイ】

海未
・【ヨルムンガンドの蛇鱗杖】
・【風魔手裏剣(×4)】
・【魔力保存器=『林檎煮のパンサンド』『林檎ジャム』【ステーキ肉 調理済み』】
・【   】
・【   】
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga!inaba_res]:2018/06/29(金) 21:51:42.18 ID:ls2WZQED0
現在、共に行動中の魔物娘

【小泉花陽】種族<ルーツ>…???まだ看破していない
【星空凛】種族<ルーツ>…???まだ看破していない
【矢澤にこ】種族<ルーツ>…サラマンダー
       火を司る4大精霊であり、小さなドラゴンでもある
【絢瀬絵里】種族<ルーツ>…???まだ看破していない (吸血鬼らしいが…

【南ことり】種族<ルーツ>…ローレライ・???
          欧州の伝承に残る半身人魚、半身鳥人の魔物
【東條 希】 種族<ルーツ>…アラクネ ・まだ看破はしていない

【西木野真姫】種族<ルーツ>…リッt…ゲフンゲフンまだ看破していない

【園田海未】種族<ルーツ>…???まだ看破していない

出会った魔物

『白妙の魔物』種族<ルーツ>…???まだ看破していない


◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□火火■□■砂
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火火火火火火砂砂
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱火■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□熱火■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森L森荒19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑EG街街↓森原森森■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街街街↓原K原■□■砂砂砂砂砂
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


 ← ぷれいやぁの現在位置

 ← 主要EV発生位置(次の目的地や大事なEVが発生する地点  道に迷ったならとりあえずここを目指せばOK)



☆アルカナ・アーツを4種集めた事で『 塔 』への侵攻が可能となった!


【R-14】施設16番『 塔 』が存在する、此処からげぇむのクライマックスへ向かう




『現在のMAP状況』


恋人通り内に居る


MAP移動時に関して

ゾロ目…????

00(如何なる時でも) ファンブル

01〜32 空虚なる

34〜65 右側奇数 虚ろなる
34〜65 右側偶数 移ろいの

67〜86 右側偶数 朧げな
67〜86 右側奇数 不思議な

87〜92 右側奇数 歪で醜い
87〜92 右側偶数 美しく清らかな

93〜98 右側奇数 明確な
93〜98 右側偶数 不明瞭な


なお、MAP移動に限らず、どのような場面でもコンマ00はファンブル判定
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 21:58:02.14 ID:ls2WZQED0
<今まで到達した施設>



::.:.:..... )                 γ⌒  ...........:::::....
::::... ノ                 r'⌒ ...::::::... .::::..... ::⌒)
                     、.......:::::  ........:::    ノ

          _,,.. ...,,,_  _              _,,,.. ,,,.._  _
        r'l|:':':|l;|:':':'|;l|:'`l;li              l´i|:':':':|l_|:':':|l:|:'`l:、
        |' ´ `~  `  ..:|              |      ~´ ´ |
         |    ...:.:.:.:.:::;:;;:;|              |    .....:.:.:.:.:::;:;;|
    ___| _  ._..:.:.:._:::;:;;:| __   __ ,_」_. _  ...._.:.:.:._::;:;;:| ___
 ̄|i_/:':':':':':':':'| l」 ..l」:.:.:.:l」:| ̄|;_|. . . .|l_|. . . . |_l|. . . | l」  ..l」..:.:l」.:.::;|:':':':':':':':'
:':':':':':':':':':':':':' |  .....:.::.:.:.::;:;|: : : : : : : : : :_ : : : : : : : : :.|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|:':':':':':':':':
':':':':':':':':':':':':':'|    ..:.:.:.:.:::;:;|. . . . . .  ,: ' ! `:、. . . . . ..|    ....:.:.:.:.:::;:;;:| ':':':':':':':':
:':':':':':':':':':':':': |    ..:.:.:.:.:::;:;| : : : : / ,:;´;;;`;、 \.: : : : |    ....:.:.:.:.:::;:;;:|':':':':':':':':
':':':':':':':':':':':':':|   ....:.:.:.:.:::;|. . . ./´ r';,;,;;;;;;;;;,;,;,、 ';, .. ..|    ....:.:.:.:.:::;:;;:| ':':':':':':':'
:':':':':':':':':':':':' |   ....:.:.:.:.:::;| : : :,' ,';;;;:::: ' ' ::::::;;;;', i: : :|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|':':':':':':':':'
':':':':':':':':':':':':'|     ...:.:.:.:.:::;|. . . | |;,;;:.:     .::;;;| |. . .|    ....:.:.:.:.:::;:;;:| ':':':':':':':'
::'::'::'::'::'::'::':: |     ...:.:.:.:.:::;|: : : | |;;;:.: .     ..::;,;| |: : :|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|'::'::'::'::'::
:'::'::'::'::'::'::'::':|    ...:.:.:.:.:::;:;| . . .| |;,;.:..    .:.::;;| |. . .|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|::'::'::'::'::
:;:':;:':;:':;:':;:':; |    ...:.:.:.:.:::;:;|: : : | |;;,:...,,,,,,,,,,,,,,,..:::;:| |: : :|    ....:.:.:.:.:::;:;;:|:':;:':;:':;:'
~~~~~~~~~~ """""""""" ',,: ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` :;,,,, """""""""" ~~~~~~~
         ,,,...:: ""                  ゙゙゙  :::....,,,



21番<世界>…【焔<ホムラ>の城】
※【業火の茨】に囲まれ侵入不可能…この世界から脱却するための施設…らしい?

16番<塔>…【世界へと続く"バベル"の塔】
※塔は東側へ傾いている

12番<逆さづりの男>…【逆さづりの収容所】
※攻略済み:伝説の<ギミック・アーツ>入手

10番<運命の輪>…【 永遠に廻り続ける存在 】
※汚い機関車トーマスくん(アルカナ・アーツ入手済み) …真姫が居るため改修可能

15番<悪魔>…【悪魔像の祠】
※…うぷぷ! だれか の わらいごえ が する!

5番<教皇>…【亡き司祭の教会】
※知識値を得る為の施設

6番<恋人たち>…【恋人通り<ラヴァーズ・ストリート>】
※スーパーレジャー施設

8番<力>…【力に溺れた鍛冶屋】
※使い捨て武器が得られる 現在鍛冶屋LV4(45/110)

7番<戦車>…【闘技場<チャリオッツ・ホール>】
※アストラル体の亡霊が居て、聖杯入手の為に必要な順路

14番<節制>…【 昼夜を見据える節制の天使像 】
※<アルカナ・アーツ>聖杯の力を強める

3番<女帝>…【巨万の富を持つ"女帝"の屋敷】
※ぅ絵里ちゃん家

1番<魔術師>…【蜃気楼庵】
※なんかすごいハイテク施設、占いや穂乃果ちゃん達の心の中を覗ける

20番<審判>…【人形三姉妹の別荘<モイライたちのべっそう>】
※住居人はことりとお人形三姉妹(身代わり穂乃果人形に留守番)物件売買やリフォームを受け付けます

2番<女教皇>…【贄を貢がれし祭壇】
※自害専用祭壇

17番<星>…【星巫女の地】
※風の力を感じる山の頂上、夜に星に願えば…

18番<月>… 【 月の魔力<バイオタイド>研究観測場 】
※魔物娘の欲望…即ち、喰人欲や人間の女性を襲い繁殖しようとする欲、それらの抑制研究が主、恋人通りの首輪も此処で開発

13番<死神>…【断頭台の森】
※昔たくさんの命が此処で亡くなった…初期パートナーが絵里陣営or海未陣営だったら此処が最初にチュートリアルダンジョンだったかもしれない



0番<愚者>…【禁忌なる総合病院<命が始まり 終わる場所>】
※最難関ダンジョン、白妙の魔物が中に入る住人を虐殺しに来たり、何かを探してたりする
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 21:59:12.23 ID:ls2WZQED0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



 伝説の<ギミック・アーツ> …<アルカナ・アーツ>状態



   〜 脆弱な人間が魔物娘という怪物に対抗すべく生み出した人類の英知 〜

   〜 この異世界から元の世界に穂乃果が帰還する為に必要な存在らしい 〜

     〜 4種揃え、<塔>を目指せ…さすれば<世界>へ行けるだろう 〜


          ▽▼ 4つ集まった! 最終ダンジョンへ突入可能! ▼▽



『♢ :金貨』…【偉大なる錬金術師の産物<けんじゃのいし>】 act5


・『攻撃型』+1
・『防御型』+1
・『特殊型』+6


☆使えば使う程強くなる、あらゆる物質を生み出す
★死亡した魔物娘の武装が手元にあると――――

                          ,ニ=、
                     , - 、/⌒'ーi   'y
               , == 、_〈  〈   { /  / }‐、
              (( 〃´ 丶 \≦) /ニミy ノ ノ┐
               ` {i    `/ノ /     xイ ノ
             `>一'´  /     ∧ヾ`ヽ
                /            { ', )) ))
           /                    |彡'
             '                  |
           {                     |
           ヽ                  /
            \             /
                  丶        /
                ` ー---‐=ニ´

                                  ,-'''''''‐-、
                                i ヽ、   \
                        ,,,-‐'''''‐- 、   .ヽ ヽ 、   ヽ
                       /       ヽ、  \ \_  ノi
                      .i         j、    `''‐-二フ'
                      .i、         ij
                      ヽヽ、      //
                       `ヽ、、___,-'/                      ,==、───---,,,,,__
       ,,-''''''ヽ-、___      _,,--'''''''''''<            ,,,,,‐- 、       i‐-`_'''''''''''‐----‐‐''''i
     /    j .j───'''''i   /´,,,-‐'''' ゙̄ヽヽ- 、         .i 〈   ` ヽ、    i‐-,,,_ ''''''''''''''''''''''''''''''i''
    ./     ./ ./ ̄ ̄ ̄ ̄i / /      // 'ヽ、\ニニニニニi‐‐-ヽ ヽ     ヽ    ̄i_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''''''''''i
    .i'     / / ̄ ̄ ̄ ̄jj ヽ〈_   ,,,-''‐-ji. i  ゙ヾヽ──j j二 >-ヽ-‐‐‐‐‐゙─、   i二二二ニフ ̄ニフヽ
 /二>-‐''''' ̄二二ヽ ̄ヽ二二二'''''<二二-===========-i二二二二i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i,,   i二<-‐‐''''''''´ ,,,-'''
..-‐‐i'´,,-''''´ ̄ ̄ ̄ ヽi ̄‐、 ` ヽ 、`''''ヽ、i二j、____,,,,,,,,,,j-、-‐‐‐‐‐‐i‐------------i=ニニi─ゝ---‐<ニii-‐‐
‐-‐゙゙i´     i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二i‐-ヽ∠-‐‐i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-‐‐''ニニニニニニニi‐-------‐‐.i‐''‐--------------i二
ニ二''ヽ‐--‐'''''j二二二二二---‐i  ヽij二二i____,,,,,,,,,,j二二二二二i_____,,j‐-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,j_,,,,,


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 21:59:57.62 ID:ls2WZQED0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『☆act3を超えた事で 75〜99 の判定が 65〜99』に変動しています

♢【粘りつく黄金の鉱物】特殊型(5/5)
  知識値 -0 コンマ65〜99で敵の攻撃を失敗させる可能性を生み出す
               (※あくまで可能性)

♢【富がもたらす盲目】特殊系(4/5)
 知識値200 触れられない黄金の幻影が目を惑わす
 【幻惑】をコンマ75〜99で付加


♢【小さな金属花火】特殊攻撃系(0/5)
 知識値100 火属性の攻撃ダメージ100(コンマが90〜99で【火傷】付加)


♢【眷属(癒し)召喚】特殊防御型(5/5)
知識値 -0 コンマ数×10回復 味方単体 (ただし戦闘不能まで回復不可)


♢【分裂金塊】特殊型(5/5)
 金塊が一つだけ袋から出ます
 敵の足元目掛けて投げます、増えます、めっちゃ増えます、歩くことすら難しいくらい増えます、邪魔です
 75〜99で状態異常【鈍足】を付加 消費知識値 -0


♢【銅の楊枝飛ばし<ブロンズ・ピック>】攻撃型(0/5)知識値-150
敵一体に銅で出来た針をダーツのように打ち出す 命中率50% 80ダメージ



♢【棘の鉄甲冑】防御+攻撃+特殊(0/5)知識値-200
味方一人に1ターンだけ物理攻撃が来た時に60ダメージを与える守りを築く(防ぐではない)
※無論、攻撃されないならただの無駄遣い



♢【水のヴェール】(0/5) 知識値-200
火属性の攻撃を一度だけ50%減にする盾をそのターンのみ出す
(攻撃されなければただの無駄遣いで終わる)


♢ 【硬質化ガス】(1/5) 知識値-200
コンマ65〜99で味方一人に『防御壁』を付加できる

♢【アストラル体結晶弾(粒子)】(0/5)
 知識値 400 敵1体に【魔封じ】を付加できる!(成功コンマ 65〜99)


♢【眷属召喚・模造人形<イミテーション>】(0/5)
 知識値 900 味方一人のダメージ一度だけを完全防御


♢【幻想の柘榴石<カーバンクルの額>】(1/5)
 知識値 1200 味方一人の『<アーツ>反射壁』を付加できる!
 熟練度がMAXになれば全体掛けが可能になるぞ!


♢【治癒の霊薬<ポーション>】(0/5)
 知識値 1000 味方単体の生命力 5000 回復


♢【万治の霊薬<エリクシィル>』(0/5)
 知識値 800 味方単体の状態異常完全回復

              r―-、__r―-、
           |―‐z__,r:、__)
              |  |   /  /___r-、
           >―-、__ノr―‐┴'′
       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
.      /           \    `〇
     |              ヽ
     |              |
     ヽ             /
      \_______/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:04:33.01 ID:ls2WZQED0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


『聖杯:♡』…【満ち征く時の涙を授かる聖杯<くろのすのなみだ>】
      『総合蓄積pt5870 現在3970pt』


☆時間経過型成長…1時間経過毎にptが10貯まる



         _ .. _
      .,._"´ 、‐ - ~"_ .
    / '´_..-`-'〇‐=._ 、 ヽヽ
   /,.' ´    ´ ̄` `. .`、`、
  .,'.,'                    i ',
  .i.i ゝ _                ノi i   _
(、 l.l -_= = ̄="‐"=_ニ ニ  ,l レ'"´ ,ァ- ̄`ゝ
とヽ、_          ~" > ´   /
.ヽヽ、*)- ..,_       ィ'    ,.'
  .トvヘヽ ̄      ∠l ト   /
  ´ヽニヽ 、_ .,_⊂⊃_,..ノ.l ``、、 {
     .ニ ヾ `"テ'' " i/.イl   >ヽ
     '.ニ、 ヾ ノ  ./  ',i /
      .`.ニ、i´ `'/ _,.`、
       `ニY  ヽ_´.\ `
       ,r-.>.ー i  .、ヽ \
    _,∠ュァ,ヘ`ー'(  ) ノ  ヽ
   ,ィ'ァ   )  r‐ > .〉ヾヽ  .i
  ./.i' .,r''" ̄" '' ‐- `',,_ ノ   ,'
  i , / ,.イ´`ノ"i ‐ 、      ノ
ノ ノ i././  i     i ~"'' T" i、',
Y .{  ii .i   ノ    ヽ ヽi  ` } }
 ` ー " `ー-.L _ ,,ィヘ、_」 L.ノ.ノ‐'




『使用可能』☆ コンマ操作…その名の通り 戦闘中、MAP上でも使える、自分の好きなコンマを出せる
              消費pt 400

『使用可能』☆ 分針後退…時間を『30分』だけ戻す<MAP上限定> 既に起きたEVやステータス変化が戻る訳ではない
             【朝】〜【夜】、3時間ごとの希望値判定を気にする時に使うモノ
              消費pt30

『使用可能』☆  時の切り取り…<戦闘中限定> 敵のターンを消し飛ばすッ!『何もできなかった』という結果だけが残るッ!
        要するにキング・クリムゾン
            消費pt90

『使用可能』☆  瞬歩遠征… <MAP上> 時間消費無しでMAPを4〜6マス移動
             消費pt70


『使用可能』☆  時間停止…<戦闘中> 穂乃果以外に後もう一人、それ以外を残して敵味方全ての時間が停止する
       2ターン動けない
           消費pt200

『使用可能』☆  昼夜反転…<MAP上> 自分の好きな時間に『夜0時00分』から『23時50分』まで自分の好きな時間にできる
        消費pt150

『使用可能』☆時の逆流…<戦闘時>
       2ターン前の状況まで完全に戻すッ!使用アイテムもステータスも何もかも戻る
        消費したptだけは戻らない
         消費pt450




『使用可能』☆蒼の世界…<戦闘時>
        敵全体の時間を2ターン止めて、その後動き出すと同時に敵全体に【鈍足】【必中】が掛かる
        そして味方全員に『風の脚』『見切り』『防御壁』を付加される

          消費pt950



   これ以上、聖杯の進化は望めそうにない

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:08:22.61 ID:ls2WZQED0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

『♤ :剣』…【現像と事像と空間をも切り裂く剣<かんそくしゃのつるぎ>】act5(MAX)


☆使えば使う程強くなる"諸刃の剣"…

            ‐ = =‐ ‐ =       |      == ‐ ‐= =‐
                       ,;;;';'".:;i i:;
                     ,.;:;';" . :il li: .
                 ,.;;:':.;:;'" : : ::ll ll: :
                ,.;;:':;::.'"  : : ::ll ll: . .
              ,.;';:;;:.':"   : : : ;ll ll; : .
             ,.;';:;';::'."   : : : : ;ll ll; . : .
            ,:';;:.:;:':."    : : : : ::;li il;: : : .
            ,:';::;:;;':;."    : : : : :.:;li il;: : : .
          ,:';::;:;:;':;."     . : : : : :.:il: :li: : : :.
          ,';::;:;:;':;.'' .     : : : : : ::ll: :ll:: : : :.
         ,:';:;:;:;:;':;''   :   . : : : : : ::ll: :ll:: : : :
        ,';::;:;:;':;:.:''.    :   : : : : : : ::li il: : : .
        ,';::;:;:;':;:.::.''     :   .: : : : : :li il: : : .
       ,':.:.:;:;:;':.:;' '.     :  : : : : : : :li il: : :
       ,'.:.;:;:;:;:;':;.' , .    :   : : : : : :li il: : :.
      ,'.':.;::;:;:;':;.' :,  .   :  : : : : :;li il; : :.
      .'.:. .:.;:;:;;':;. : .  .    : . : : : : :.;li il; : :
     ,' .: .::.;:;:;':;.'. . .;. .   .: : : : : :.;li il; : .
     ' . :;.; ;':;: ' o     .   . : : : : :.:;li il;: :.
     :o'. : .:;.:':;. ,.、   .,.  .    . : : : ::.;li il; : ::.
     ; . ::;.:;  `.' 。        : : :.;li il; : .
     : . : .;. .,、 o .: : , .       :.:;li il;: :.
      : .,. ;:`.'   : : :.;. ゚      // ̄ ̄`ハ
      : ': ;.  。  ,,、 ,,,,     /´,'_,'-==-<` 、
      : . .,.  ゚ o `;´: : `ヽ. l ソ-=ー- 、 )ノ
     . : . : : . .   l:: :. . ; .l |l,:'"`ー=-、 )
       ' : .: ;. . . ゞ、._;;:_ノ  |i ,;;;;;;ッー-ィ、
       :  : . 。 o .   .,:  l' il::::r'.;‐==__゛ヽ
        : :  : :   : . . : : i,;::ハ;;r´  ___ヾ`i
        : :: : : :  : :  l :i;; ; ,ヒ ̄ _ ,` .l
          :: . . .,. ,、 :  :  l ;::;  ヒ´ ̄     l
          : : : :: : :   i ;::::; |`=ニ=イ,;,;'  ヽ
          : : : : : :   : : | ;::::;  |.   i:::::.   丶


現状:最低でも 知識値1000&希望値100の消費 (…精神崩壊率80%down)


   これ以上、剣の進化は望めそうにない

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:08:49.45 ID:ls2WZQED0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



『♧ :杖』…【真理と摂理を測る王杖<ちからをこえしちから>】

地脈からエネルギーを汲み上げ、内部で爆発的に増幅
それを使い魔物娘一人の能力を飛躍的に向上させる



放置充電型


 ♧エネルギー充電は40分かかるので、土地に刺したら時間が来るまで放置


※夜中0時になるとエネルギーが全て10%落ちる
 差しっぱなし(充電中の状態)にしておけばエネルギーdownは回避可能
              _
            γ<} {>ヽ
        _ _ヽ} {γ_ _
.        /::γ _ ヽ:γ _ ヽ、ヽ
      {:.:i:{ i:,-ヽ }:{ γ、:} }i }
      マムヘゝ'ノノ_マムゝ'ノノノ
.        ´/γ/}.Y.{\ヾヽ`
          {i弋ゝ').人(ゝ' ノノノ
        ´ `¨/三マ¨´ `
          〈≡≡〉
             マ「!/
              i.i.||
            !!.!!
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i.||
             |i」!
               <->
            ゝ'




【杖:現状エネルギー充電率】


『火・190』

『土・190』

『風・180』

『水・110』



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:09:17.67 ID:ls2WZQED0
『上級魔物:計4体』
『中級魔物:計3体』
『下級魔物:計1体』

μ'sメンバーの魔物達の戦闘能力順


   ・園田海未(条件次第で絵里を上回る)【属性:水】
   ・絢瀬絵里(条件次第で海未を上回る)【属性:風】

   ・西木野真姫【属性:土】

   ・矢澤にこ【属性:火】

   ・東條希【属性:土】

   ・南ことり【(特殊系)属性:水(風)】 現在風のみ

   ・星空凛【属性:風】

   ・小泉花陽【属性:土】




この世界の属性関係


火>水

水>土

土>風

風>火


となっております…



・戦闘に置いて属性攻撃で弱点を突けば3倍のダメージとなります

・↑とは別でぞろ目ならばクリティカル補正で3倍ダメージ



地形で適正が『S』の場合 生命力に500の増加と戦闘中、敵に与えるダメージが1.2増加する仕様となっております

逆に地形適正『E』だと魔物の能力が下がり、被ダメが1.5増加、与ダメが1.5減となります








  ―――――
  ――――
  ―――
  ――
  ―
  -
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:09:54.83 ID:ls2WZQED0
                 ___
               / __ \::\
              / ./::/  ヽ. ヽ::ヽ
                |_|__|   |  |:::::|
                      __/ /::::/
                / ._/::/
                 / /::/ ̄
              |_|_
                   _           ___
                  /\::\        / __ \::\
                 .\/::/       / ./::/  ヽ. ヽ::ヽ
_      / r‐ 、ヽ              |_|__|   |  |:::::|   ( /⌒ヽヽ
r‐、ヽ   {__{__ 〈 (                   __/ /::::/      ̄ ノ ノ
!  { {  / __`∨、               / ._/::/      r__..´イ
〉  ヽ. {_/    }○}             / /::/         ○
     O      ノ ノ              |_|_|             ,. ―- 、
        _././                _             /_r ⌒ヽ.ヽ
     / r‐ 、ヽ                /\::\              ノ ノ
_     {_j  }. {                .\/::/        ( 二 イ
、ヽ、     ○ヽ{                  ̄        ○
 ー' O       ○      ―――記憶の読み込み        j -―- 、
      ____                                  {_/⌒ヽ }
    / r‐ 、`ー、 O                               __ ノ ノ
  __{ .{   `¨¨   _                            _ (_r‐ ´
 (r‐、ヽ二フ    ((⌒j)                        (_r‐ 、○
   /ノ  _    ((                            ノ }
  o′ (__ `ヽ   o_.                          _/ ノ
        ) }                          } r‐ ´
                                  ○








魔物娘、全てに共通することだが、魔物は人の額と額を合せる事で一方的に記憶を盗み見る事ができる



それは、人の伝承や記憶の中に生きた存在だから、アストラル体から始まった生物だからとも言われている








現状;穂乃果の住んでいた世界の記憶を実際に見た魔物


知ってる ☆

向こうの世界に住んでた頃の穂乃果の記憶を見た ○

口頭で、話で知ってる △

知らない ×





小泉花陽 ○

星空凛 ○

矢澤にこ ○

絢瀬絵里 ○

南ことり ○

東條希 △

西木野真姫 △

園田海未 〇


白妙の魔物 ☆
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:10:34.26 ID:ls2WZQED0
../    \_,,,,,,,  _,,,。-ー'''"./ゝ=,,;;;;;;;;;;;;;;;;マ`"''ー--===,ィッ、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
。,,_      ゞ=イ"´ ̄ ヽ,  ,イ;;;;;;;;;;;≧ェ、''<_{、,,     ゞ=イ   ̄""'''''ーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
: : : : : : "'''''ー--ッ.。,,,__   ヽ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≧、`"''ゝ、==--.{i、_       {i;;;;;;;;;;;;;;;;;;
: : : : : : : : : : /彡彡彡シ"''''´:::`""´´´ ̄    ゝ。, .`ヽ.,  {:.:.:.: ̄`""''''ー┘:.:.:.:.:.:.:.:.:.
: : : : : : : : /彡彡彡シ::::::::::::::::            } ゝ、 `ヽ.,ゞミッ、,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
三三三三}彡彡彡シ:::::::::::::::::::            マ   ゝ、, .`ヽ.,  .{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
三三三三ミii彡シ´.}                  .マ     `''ー=、、{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ゞ===ニニ二ミシ:.:.:.:.:}                   .マ       `ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}                    マ       {:.:.ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i}                    マ      .{:.:.:.:.:.:ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.}                    ..マ      {:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ、,,,,_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./...}                     .マ     {:.:.:.:.:.:.:./i{ミ、ゞi、ヾ}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  .}                      .マ    .{:.:.:.:.:.:.:{三ミ≧ェ≦
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   }                      .マ   {:.:.:.:.:.:.:i三三ミ壬ニ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ''''"".}                       ミi  {:.:.:.:.:.:.:.マ三三三三
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}                     __,,,,。}i .{:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ三三三
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}           _,,,,,,,。==-ー'''''ー--==ッ、,_{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ィ=-ー''''''''"""´´´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

        『せいぞん・たんさく・げぇむ wiki』
↓URL
http://rgp-project02.memo.wiki/d/%a5%c8%a5%c3%a5%d7%a5%da%a1%bc%a5%b8



wiki用語集
http://rgp-project02.memo.wiki/d/%cd%d1%b8%ec%bd%b8


wiki魔物娘の現状、本を読んだことで知った種族<ルーツ>等
http://rgp-project02.memo.wiki/d/%a1%da%b5%af%b8%bb%a4%c8%a4%ca%a4%c3%a4%bf%bc%ef%c2%b2%3c%8e%d9%8e%b0%8e%c2%3e%a1%db








|トュ、,rィ|              ,ャ‐ 'ニ"フiヾ`ニ' -ュ、              _     ._
||lll.| .|.ll||              || l'"   |   .`l ||           l'" ̄   ̄`i''" ̄_ ̄`l
||lll.| .|.ll||              || l    |    l ||           | □ 三三 .| | ̄  . ̄| |
||lll.| .|.ll||          ,-イ .|| l    |    l ||           | .三三三  | 三三三¨ .|
||lll.| .|.ll||         ∠ゞ-|  || l, -‐ '"´`` ,_l,||           | .三三三  | 三三三 |
||--、|rイ|       ,/ ノi .|                        l, -‐‐'''─-、|, -─''─-.、|
ヾヽ .レ/       || l.il | .| .|                       .iゝ、  , -‐===-- 、  ,.<i
            || l.il | .| .|                         ゙ ̄ ̄   _     ̄ _
            || l.il | .| .|                           .l'" ̄   ̄`i''" ̄_ ̄`l
            || l.il | .| .|                           .| □ 三三 .| | ̄  . ̄| |
            || l.il | .|/                            | .三三三  | 三三三¨ .|
            || l.il |ノ                            | .三三三  | 三三三 |
            !!¨ ̄                             l, -‐‐'''─-、|, -─''─-.、|
                                           .iゝ、  , -‐===-- 、  ,.<i
                                           ゙ ̄ ̄         ̄ ̄
kヘヘ ,.イ                                    /| k.リ/>fl
|ト\V,⊥ __                              __ ⊥リ / l|
|l  トィr─-ニ三7!                       下三ニ-¬卞イ ∴l|
|l  | !|l     l|i|                       |i|l      l| |∴’ l|
|l  | !|l ‥・ … l|i!                       |i|l      l| l ’  l|
ヘ、│ !|l … ‥・ l|i|                       |i|l      l| |  /
 ヾ| !|l     l|i|                       |i|l      l| l/
  \lj _ _j|il                       |i|     」|/
     ` ̄ ̄ ̄¨                        ¨ ̄ ̄ ̄´
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:11:33.18 ID:ls2WZQED0
前スレ達

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461687780/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『2』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1465141250/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『3』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1468347675/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『4』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1471800402/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『5』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1475594336/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『6』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1480435750/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『7』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1485269709/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『8』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1489322540/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『9』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1492538344/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『10』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1496166039/ >>830まで



穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『10-2』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】 (途中より安価コンマ募集用スレに変更)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1499722218/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『11』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1500978487/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『12』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1509114958/



穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『13』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】(仕様を従来のモノに変更)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1518179889/

穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『14』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1523985062/





安価&コンマ募集用スレ 前スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1504634665/



安価&コンマ募集用&外伝用Uスレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1513348287/
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:20:10.60 ID:ls2WZQED0



・なお、安価取りに関してですが『円滑化の為、次の安価を出されてから15分経って誰も取らなかった時は連続で安価を取る事が可能』です


例  
2018/06/29(金) 【22:11:33.18】 に 安価、コンマ指定を出されたならば、同IDであっても2018/06/29(金) 『22:26:33.18』と15分後ならば
それは適応されます



・ 仲間の魔物のステータス値

【小泉 花陽】
 (夕・夜) 攻撃力 A 【260】 >特殊武装『大地の籠手』固定ダメージ:MAP開示数
 (夕・夜) 生命力・防御力S【2570/2690】
 (夕・夜) 魔力 SS 【4630/4650】


【星空 凛】
(夕・夜)攻撃力 B 【85】
(夕・夜)防御力・生命力 S 【生命力・耐久1600/1600】
(夕・夜)魔力 A 【1300/1300】

【矢澤 にこ】
(夕・夜)攻撃力 S 【770】
(夕・夜)生命・防御力 S 【7730/7450】
(夕・夜)魔力 S 【2700/3100】

【絢瀬 絵里】
(夕・夜)攻撃力S 【620】
(夕・夜)生命力・耐久性 SS 【10013/10500】
(夕・夜) 魔力 SS【3780/4980】

【南 ことり】
 (夕・夜) 攻撃力 A 【150】(全体攻撃)
 (夕・夜) 生命力・耐久S【2580/2700】
 (夕・夜) 魔力 A 【1700/2100】

【東条 希】
(夕・夜)攻撃力A【290】
(夕・夜)生命力・耐久性 S 【3430/3550】
(夕・夜) 魔力 S【2990/2990】

【西木野 真姫】
(夕・夜)攻撃力B 【70】
(夕・夜)生命力・耐久性 SS 【7700/7900】
(夕・夜) 魔力 SSS【9850/10150】

【園田 海未】
(夕・夜) 攻撃力 S 【590】
(夕・夜) 生命力・防御力SSS【11950/14500】
(夕・夜) 魔力 SS 【1820/3220】
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:31:56.42 ID:ls2WZQED0
▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽


重要アイテム



『白雪の日記』

※高坂雪穂、と書かれた魔本…



@〜Bまで読破 、C〜Eは仲間達がこっそり見た扱いであって

読破した、という扱いにはなっていない







△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△





本編を再開します、がその前に1つ





   このスレはpart『15』です、『54』は間違いです、いや本当すいません
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 22:35:16.64 ID:0Tyt32yA0
たておつ
本当に54まで行くかもしれない
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:41:14.51 ID:ls2WZQED0





―――――カリカリ、カキカキ……サラサラ









希「うむむむ…っ!」





▽1人の魔物娘が、無数の円を積み重ねたスケッチブックを前に腕を組んで気難しそうな顔をしていた




                 /:: :/:: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \ :: ::‘,
             /:: :/:: :: ::〃:: :: :: :: :: :: :: } :: :: :: :: :: :: :: ヽ: :: :.
               /:: :/:: :: ::/:: :: :: :: :: :: :: :: ノ:〈:: :: :: :: :: :: :: ‘, :: :|
            ′ ': :: :: /:: :: :: :: :: :: :: / }::∧ :: :\:: :: :: ::i| :: |
            |::/ :: :: ::′:: :: :: :: :: /  ,::/ ‘,: :: ::‘,:: :: ::| ::!
            |:{:: :: :: :|:: :: :: :: :: /   /:/   、:: :: ‘,:: :: ::| :: |
            |:{:: :: :: :|:: :: :: ::/   {:/     \:: ‘,:: :: |:: ∧
            |:{:: :: :: :|:: :: /ニ=一     ー=ニ"  ヽ:}:: ::ハ:/::∧
             j∧:: :: ::{彡  竺竺     竺竺   リ: /ぅ}::/::∧
             ∧:: :∧ く__ヒ赱ア^      癶ヒ赱ア /::∧iノ:: ::/:: .
             /:: :V:: ∧  , , , ,   ::   , , , ,  /::∧::}:: :: :: : ::}
                { :: :|:∨:八       ,      幺イ":}::} :: :: :: :ノ
                乂 :: :{::{:: ::.、 u           イ{:: ノイ:: :: :/`ヽ
          xくん \:V〉:: :: \   ⌒こ⌒   / V_`ー==彡ー==ァ¬ミ:、
        /:: -‐┴―==≦ニア≧s., _ _,., '"   }ニニ}ニニニ./  /ニ〃∧\
       /:: /ニ|ニニニニニニニ/ニニ}_ ∧_∧ ___ノニ∧ニニ/  /ニ/ニニ∧ :\
      /:: :: :′_|=ニニニニニ/_{´/ / / /`Y^Y´/ / / / 〉ニニ}ニ ′ /ニ/ニニニニ∧:: ::\
     〃:: :: ::′ニi|ニニニニ/ニニ〉/ / /-=ニ! :|ニ=- 、/ '′ニ}¬{  ′ ′ニニニニ∧:: :: ::ヽ
.    / :: :: :: :|ニニi|ニ./ニニVニニ{/ // / .人_ノ/ / /\{ニニニ/⌒ヽ {ニ/ニニニニニニニ‘,:: :: :: :.
   / :: :: :: :: |ニニi|ニ/ニニニVニ/く' / / / /八' / / / /〉\/⌒ヽ \{ニニニニニニニニ.} :: :: :: }


 希「もーちょっとで、天啓が舞い降りてきそうなんや…、曇ったお空から光が射してスピリチュアルなお告げが来そうな…」ブツブツ



 希「 」グヌヌ…



 希「―――ダメや、閃かへん、やっぱりランダム転移陣とか無理かなぁ、拠点からどっかの施設に強制的に出口を開設する」


 希「そう巧くはいかんか、旅がめっちゃ楽になると思うたんやけど」




<ドゴォォォォン!

<Boooon!!!




希「うおぉっ!?めっちゃ揺れたわ…外で演習してるみんな張り切っとるんやね」


希「…」

希「完成するか、失敗かは兎も角、ウチももうちょっとだけ頑張ってみるかな…」



―――
――

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 22:54:02.48 ID:ls2WZQED0
                    ,/                            /          ヽ
               /                          /               l
              ,./                           /              l,
、           /               _..-‐''.'".`゙゙´^"'''ー ..,,/                !
.l          /              ,/゛             / `゙'ー..、              !
..!,           /               /               /      `'-、            |
 |       /               /            /          `'-、            !
  〉     /                  /              /              \        l
  l    ./               /             ,/                    \      |
   l  ./                   l゙         /           ,,,    : r ̄y  .\   │
   l ./                   l′      . /            ,iilll!  .,iii、弋_ノ    \  !
   .X      ,,ii   __         |      ./               ,illll゙   llll             \/
   / l     lllll,,iiiiill!!!′     .l゙    .,/              ,illll゙   lllll     iii、,,,,,  /'、
  ./   .l    lllll!!゙″       :!  . /   ,,,iiiiiiiil           ゙゙゙    .'llll,  .゙!!!! ゙゙,illl!゙’ / .ヽ
 /   ..l   .lllll _,,,,iiiill!!′    |./    ' ゙゙゙lllll,,,,,,、                ゙ ̄     illl!゙  /   ヽ
../    ..l.   lllllll!!!゙゙´     ./|     .,,iiiiilll!!!!!!゙                       /     .ヽ
/      .l,          . /   .l                                     /       .ヽ
       . l.       ,/゛    !                               /        l,
        ヽ    _/       l、                             /         ._,,コ-'''
            l. _/゛         !                             ,i′   ._,,.. -'''"゛   l
        .,/./            l                           ,i--‐'''"゛        ゙l、
      ,/゛  ヽ            l                        _,,,.. -‐''゙゙/
    /       ヽ               l                 _,,,.. -‐''''"゛    /
. _/゛         ヽ           ヽ      _,,,.. -‐''''"´             /
″            ヽ         __...んー'''''"´                    /
               __,......+-ー''''''^゙´    .ヽ                     /
──ヽ‐.''.''."゙゙゙゙´     ヽ             ヽ                    /
                \            ヽ              /
                  ヽ         ヽ            /







   ことり「それそれそれそれぇぇぇぃ!!」ヒュパパパパパ!







▽可愛らしい声とは裏腹に繰り出されるのは石畳をズタズタに裂くロングレンジ格闘武器による連撃だった


▽長剣や槍とは比較にならない、長射程の格闘武装、振り回せば長さ故に隙は当然生まれるのだが










絵里「接近は許さないわよ!海未ぃ!」

海未「ええ!言われるまでもありません」





にこ「くぅーーーーー!ちったぁ手加減しなさいよぉぉぉぉ!!」



真姫「『風よ、針となりて仇敵を討て』」キィィィン…!ギュンッ!




ドガガガガガッ…



穂乃果「わわっ…!」



真姫「当てはしないわ、けど…ことりが砕いた石片を更に細かく砕いて視界を塞ぐ粉塵くらいにはさせてもらうわよ」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 23:07:13.95 ID:ls2WZQED0
'´ ⌒``ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_r'⌒(
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ブワァァァ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ノ`...:.:::::ヽ
   :::     ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r‐‐‐--、:::::::::::::::::::::::::::::: : r' .:     `ヽ
    `:::::::::::: ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: -‐''''''´     ヽ_::::::::::::::::::::::::::::).::.:.   .:.:.:::::::::)
       ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::モクモク:::::::::::::::::: : /           ``-、::::::::: : く.:.    .:.:.::::::  ⌒
        --、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : !,:´      ::::::::::::::.   ...::::::::::::::::::: ヽ  .:.:.:::::::.:. .:.:.::::::
          `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       `:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ).:.:.....
        ..:::   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j              `;:::::::::::::: _r'⌒    .:.:.:::::::::.
  ..::     ...::::::::.... }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !/       .............::::::::::: _r‐-、!  ....    .:.::::::::::...:.:
 ...::::: ::::::::::::::::::::::::::::::<::::::::::::::::::::::::::::::: : /    ......:::::::::::::::::::::::    _ノ .:::.....  .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:..
.:´    ` :::::::::::::::::::::: ヽ::::::::::::::::::::::::::: : {   .....:::::::::::::::::::..    _,.-‐'.:.:.::::::::::::::..    ... ..:.:.:::::::.:.:.:
        `;::::::::::::::::...........:`ヽ_.      >ー  ::::::::::::::::::::_rヾ⌒Y´    .:.::::::::::::::...     :.:.::::::
   .......    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::..   __r'  .:.::.:.:.   .:.:.::::::....   .:. .:.:.:..... .:.:




穂乃果(うっ、煉瓦石が粉々になって…ただでさえ見えづらいのにこれじゃあ!)




<はぁっッ!

<貰ったわっ!
<凍りなさい…
<ちゅんちゅん…♪




穂乃果「み、見えない…!」








真姫「悪いけど、サポートはさせないわ」(浮遊状態)フヨフヨ…



真姫「この演習は、"どんな非常事態でもスムーズに使えるようにする"、エリーはそう言ったわ」










真姫「本気の戦場で、敵がわざわざご親切に何の妨害も無くやらせてくれる筈がないわ」




▽いつだって上手くいくわけじゃない、もしかしたら100/1くらいの確率でカウンターを喰らったり、妨害による不発に終わる事も重々あり得るのだから








<ぐ、…ほの―――


<海未、ことり…一気に行くわよ!蝙蝠よ!
<にこ、悪く思わないでくださいよ!せいっっ!!
<てぇーーーい!


穂乃果「くっ、金貨よ!にこちゃんを護っ「やらせないわよ!」金貨袋目掛けて蹴り

穂乃果「あっ!」パシッ




25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 23:19:10.13 ID:ls2WZQED0

―――
――


凛「はいはーい!そこまでにゃ!絵里ちゃん達の勝ちだよーっ!」

花陽「にこちゃん…お疲れ様」ポゥ…




にこ「あたた…、悔しい」ムスッ

            __   ,、    ,. . . -‐-. .、
.           /: : `ヽ./ >: :´: : : : : : : : : `: .、
         /: '´ ̄ヽ/./: : : : : : : : : : : : : : : : : \
          |: : : / `//: : : : : /: : : : : : : : : : : : : ヽ
.         |: : : :>. / : : : : : : /: : : : : : :|: : : : : : : : : ',
          |: : :/ `/: : : : : : : :|: : : : : : :|:|_: : : :、: : : |: |
        |: : :ヽ/: : : : : : : /|: |: : : : ;イ:|  ̄ヽヽ: : |: |
.          | : : : |:/: : : : |: / |:∧ : : / |:|     `| : : |:.|
        | : : : |:|: : : |: |:.|  |_, V: ;' |'、    .|: : : |:|
         | : : : |:|: : : :|/|:|二._  ∨  _二_‐-.|: : : |:|
         /'|: : :/||:|: : l:|ィ|iう`    'i心ヽ.|: //|/
          |: : |/,|: |: :|:.| 弋_り      弋_り |:/:/ハ
         |: |:|/ハ∧: |: |     ,       /イイ/:ヽ:ニフ
.          |:|:|ノイ: :ヽヽl      _       /'´: : :|、ヽ
.           ヾ、| |: /: l\l> 、  ´ `  ,. <ヽ: : :|: : |ヽ:|
              V|/´::/:::::|_ `r┬<__}:::ヽ:`ヽ!∨ }'
             /:::::::::/:| ̄  \_/    ̄ハ:::::::`ヽ、
             /::::::::::::/:::::|     _| |_    |:::::〉::::::::::::::`ヽ、
          /::|:::::::::::::::`>L. / X `ヽ、_」:/::::::::::::::::::/:::::|

穂乃果「…ごめんね、護るって言ったのに」



にこ「…良いわよ、人数的に分が悪かった、それは仕方ないわ」



▼結果【18】成長はしなかった…

▼にこの好感度が下がった

▼にこが少しダメージを受けてしまった… 180ダメージ

【矢澤 にこ】
(夕・夜)攻撃力 S 【770】
(夕・夜)生命・防御力 S 【7550/7450】
(夕・夜)魔力 S 【2700/3100】


―――
――



【20時00分】

▽【聖杯:♡】に時が満ちる!10pt蓄積された!
 『総合蓄積pt5880 現在3980pt』




穂乃果「期待に応えてあげたかったなぁ…」トボトボ




@ 『おしゃべ―――



――――バンッ!!


 希「で、で、できたぁぁぁぁぁぁ!!!」

 穂乃果「うえぇぇ!?」ビクッ!


☆1000特典
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 23:25:12.35 ID:ls2WZQED0
         _              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        ,'   ヽ           ,:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.>:.:.: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        |    マ          ,:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:>:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.V
        |      マ     __ノノ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.>:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:V
        、  . : : .. i    >==彡:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:i
         ., : : : : : i  /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:i
         、 : : : : : i//:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:./:.:i:.:.:.:,i i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡  / /|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.i
          i : : : : : i { /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{|:.:.i:.:.:.i:./----―`、 ̄  ム _|:.:.:.:.:.i:.:.:.:.,;,;,;i
         _ノ| : : : : : i__、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` λ:.:.i i z=≡=ミ   ィ/ ___、 、:.:.:.:i:.:.:.:,;,;,;,i
      > ̄  ` : : : : :i  ヽヽー--y``、 {:.:.:.i:i     `  ̄   三、 V:.:/:.:.;,;,;,//
    /    ヽ: : : : : :、ヽ  ヽ  { | |  :.`、ヽ  :.:.:.      ´ ̄`ミ /;,;,;,;,;,;/
   /       ヽ: : : : : }ヽ、  ヽ { | | リリ ` `  _      :.:.  / /;,;,;,;/
  /    ヽ    ヽ__,: : : \ヽ  } ヽ|_}_ノ_ヽ   {  == 、 `  -イ: /; /
 ,      ヽ    ヽ: : : : : `ー―  . . . . . .Yヽ  V__>"   _ィ:::} ̄ヽ
/        ヽ    }: : : : : : : : : : : : : : : : : イ ≧ _  -   リ::リ   `ヽ
,    ヽ     ヽ  ノ : : : : : : : :ィ--―― ヽ }/|_ノ---、    /タ    ,  \
{     \    }´: : : : : : : //  {/  /ヽy // //}   , /     /    ヽ
ヽ 、     ヽ、__ノ: : :_ : :- // /   {__ イ ⌒ノヽ、 // }  ,'/   /      | ト、
  >ミ 、  ノ: : :x : : : : //   / } } ノノ {ニニイ V   ヽ -        リリ  ` ー 、
     ` 、_  イー--- "     人 } } } } λ   ノヽ   、ニニ- 、    ノノ        `  、 _/ ̄ }
          |; ; ; ; ; ; ;        ヽ  } }/ヘニニ彡/    i  ` 、  _ - = イ _               つ
          |; ; ; ; ; ; ;        ヽノノヽ∧_ノ´     i    `ー  ̄      ―-- ------  --―



         希「まさか、最後の最後で直感任せでデタラメに書いてたら完成なんて!…ぃやったああああああ!」バンザーイ!






     |::::::::|___|::::::::::::::::::::: ,、丶 |::|::::::::::::::::::::|⌒Z:∧::::::::::::::::.
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/|   |::|:::::::::::::::::::   ⌒^マ:::::::::::::::.
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|∧|   |∧ :::::::::::::/.       |::::::::::: : |
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|.,__|__,,.ノ '..:::::::/〈__,,. .---|::::::::: : |
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|ーeニ対  .::::// reニ対 |::::::::::: : |
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|| ′_,朮^  .∨     _,朮 }〉|::::::::::: : |
     |::::::::::::::::::|::::::::::::::::|H Virク . . : : : : . . Virグ . 八::::::/:: |
    l::::::::::::::: i|〉 :::::::::八 , , ,     '     , , , /:/:::::/::::::|
.     l::::::::::::: 八 〉:::::::::{ \           u /:/|::::/}:::::::|
      |i:::::::::::::::::/∧::(\\   .,,_____________,,.  u /.ノ 八::::::|
      リ::::::::::::: .′:∧::\\  `  .,__  __,ノ   厶イ : ::::::::|
    /|i::::::::::::: : :/:::::::::⌒ニ- _         _ -ニ⌒::::: ::::::::|
      |i:::::::::/| | /|:::::::::::::::::::::__〕=- _  _ -=:::::::::::::::::::::::::::::八
    八:::::/reニニ=‐-ミ/⌒ニ=- _  〈::::::::::::::::::::::::::::::/|  \
       :/       \}\     ⌒ニT>---ミ::::::/}/丿
      /    : .     \I\_..二二.._|_|\  マ /
.     /     \: .    }  マニニニTTニ|ニ}>、 }


  穂乃果「ど、どうしたの?スケッチブックを掲げてクルクル踊ってるけど」





▽ランナウェイ!ランナウェイ!と、サングラス掛けてクルクル回転してそうな勢いで踊り出す希にとりあえずワケを聞いてみます

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 23:27:16.90 ID:Co651u0k0
どこがいいかな やっぱり裁判所? 現在17番と捨てられ船Y-7に設置済み
安価下
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 23:37:26.88 ID:ls2WZQED0
           /           `ー ヽ--、
          ,             `ー' ヽ_)、 _
                 ∧     z==:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧.、
          l        /ノ    ,イ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:\
          l       _、__/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.|:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
       _ ',     /   ヽ:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:/:イ:ハ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.::.ヽ
     <   `ー        /:.:.:.,':.::./:.:.:.:./ ,:,'  \:.:.:.ヽ:.:.:.:. :ヽ
        ヽ   `        |:.::.:.:.:j:.:./:.:.:.∠  ノ  ´⌒` 、:.:.:.:.:.:}  ,
        ヽ --、      :|:.:|:.:.::{:./:./-- `    彡示ミ `:..:.λ l     __  __
        / つ し' _    ハ:.{:.:.:.レ ,ィfr笊     弋r少 》 |:.:/:.:乂     しヽ(  l
      / つ `  ヽ  Y__ハ:.:.:.:.', 《 込斗      ,,,  /:.ハ:.:.:.',     j |ノ jとヽ
      〉-、         l   :.:.:.:.ヽ:.ヽ  ,,,    '    彡イヽj:.:.:.:.)∧ /つ      /_
      人 /        / 、 {:.:.:.:.:.:{\:\    -―ッ   j.ノ:.:}:.:/ / ヽ       `ー)
        ` 、_  / 〈 \:.:.:.:.:.|{ ヽ   `ーニ´   イ:.:.:.:}}//:.:.:≧s、、     <
          {   , .....:.:.:.:人ヽ:.::{{=ヽ>、      イ=´ /  ̄ヽニN:.:.:.ヽ    l
          j   j|:.:.:.:.:.:.:/   ヽ ヽ´    ー   l  /      }} ヽ:.:.l',     l、
        イ j   j :.:.:.:./   :.    3       /       E  ;,ヽ{ ',    ヽヽ
       イ /    / } /      :.     3=- 、  /      / E  :. | ,    V∧
      ..///   / }/ :.       :.    3            ヽE  .:  l  .,    V:∧、
   ,..:.:.:///   /  }   :..      :.    3  . . . . .      ,.E  / } l  .,    V ∧ヽ
  /:.:.:.///   ノ    j    :.  ::.   :.     3  ヽ: :/     Eイ  / jj     ,    ,: : :}ト、ヽ
/:.:.////  ,     j      ヽ:..    :.     3   Y    、Eイ   / j/ l    ヽ   :l: ::l l:.ヽ ヽ
 /:.:., :{  /     j        Y    :.    3  l  zEイ    / j  l     ヽ  j: : l l:.:.:ヽ ヽ
〃:.:.:.:,  |  /     /       :.:{:..     :..   `y<    イ .: ::/  l      ヽj: : l l:.:.:.:.:ヽ ヽ
:.:.:.:.:.:.{  {/     /        / ヽ: : .     :. . . . . .` 、< : :_:_:/ {  l        ヽ: l l:.:.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.|  |      /          / ミ` 、: : : : : : : : : : :_: : :-=ニ三三三ミs、 |         ヽ |:.:.:.:.:.:.:.:ヽ


 希「おお!?穂乃果ちゃぁん…ええ所に!この感動を今、誰かに真っ先に教えたいと思っとたんよ!あとついでに完成記念にわしわしさせてぇな」


 穂乃果「だ、ダレカタスケテー!!」ヒィ!





ガタッ!

<ピャァ!?トラナイデッ!
<ヴェエエ!!それは私の…!

<二人共突然どうしたにゃ?



―――
――



希「ふっふっふ、冗談は半分さておき…どーしてウチがこんなにハイテンションか分かるかなぁ〜?」


穂乃果「えー、っと、何か完成したんだよね?」





希「そ!半ば完成を諦め取ったんやけど…これや!!」つ【1000特典 転移陣】バァーン!



穂乃果「わっ!?なにこれ、鉛筆書きで円がいくつも重ねられてる……な、なんかずっと見続けてたら目がぐるぐるしそう…あっ、酔う…」


希「そやろ?ただのぐちゃぐちゃなラクガキとちゃうで、ただの人間でさえ見てれば引きずり込まれて酔うくらいには力があるんや」


希「これはな、『一度っきりしか使えないけど、自分が指定した好きな施設と拠点を必ず繋げられる転移の陣』なんよ!」




穂乃果「指定した施設と?」


希「そーそー!こっから遠く離れた0番だろうと20番の裁判所でも何処にでも解説できる優れモンやで」

穂乃果「ほぇぇ…どこでもドアみたいだね」


希「その、ドコデモドア、言うんが何かわからんけど、そういう認識でたぶん合っとる」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/29(金) 23:42:35.69 ID:ls2WZQED0

『20時00分』


▼血の判定
 直下レスが01〜32で魔物の血が強まってしまう…!





穂乃果「これを額に当てて、行きたい場所を想像すればいいんだね?」

希「そ!後は鉛筆書きのソレが穂乃果ちゃんの脳内イメージを勝手に読み取って『行きたい場所の風景に形を変える』それで転移の陣となるんや」





@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『本格的な睡眠』

E 『食事(調理も可)』

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』

K 『アルカナ・アーツの修行』



L『1000特典の陣 早速使用してみる』←new




直下
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 23:49:05.64 ID:UdKZDyIg0
早速陣を使ってみたさはあるけど、修練もう一回やってみたい、駄目か?
安価下
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 23:50:19.19 ID:Co651u0k0
質問ですがL『1000特典の陣 早速使用してみる』はまだいける条件に入ってない9隠者はOK?
それともやっぱり灯台で照らしてから?
安価下
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/29(金) 23:51:39.06 ID:Co651u0k0
K 『アルカナ・アーツの修行』 カーバンクルで
33 :>>31 隠者は、『隠者の隠されている場所』にだけ行けます、灯台で照らさないと入れない条件ですので [saga]:2018/06/29(金) 23:59:47.28 ID:ls2WZQED0
▼【06】偶数>色欲値



花陽【色欲:30 小】【食人欲:0 極小】

凛【色欲:30 小】【食人欲:0 極小】

にこ【色欲:10 小】【食人欲:10 小】

絵里【色欲:20 小】【食人欲:0 極小】

ことり【色:10 小】【食人欲:10 小】

希【色欲:40 中】【食人欲:0 極小】

真姫【色欲:10 小】【食人欲:0 極小】

海未【色欲:30 小】【食人欲:10 極】



▼色欲値を10%上昇させるメンバーを1人選択してください
↓1







▽K♢【幻想の柘榴石<カーバンクルの額>】(1/5)を選択



穂乃果「もう一回、…今度こそ成功させたい!」


穂乃果(一度失敗してるから、何処を直せばいいかも分かった…さっきよりはうまくいく筈だよっ!)





    判定

※ぞろ目が出れば熟練度が大幅upの可能性



 00 ファンブル+…?


 01〜20 → 01〜10 失敗 成長しなかった(知識値消費無し)

 12〜70 成功 熟練度+1

 71〜98 大成功 熟練度+2



奇数ゾロ目 熟練度+2 & 系統up(知識値消費無し)

偶数ゾロ目 一気に熟練度5になった(マスター)


※穂乃果と共に戦うメンバーをお選びください
↓2
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 00:03:07.81 ID:1j0keTiz0
真姫ちゃん
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 00:09:11.27 ID:ibvy/Z730
絵里
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 00:24:36.37 ID:g53ENJlr0
▼真姫の色欲が10上がってしまった…

真姫【色欲:20 小】



▽絵里を選択、結果『27』成功



▽小休止、花陽の手当でにこの怪我を治し…先の戦闘の反省点を見つめ直す

▽その最中で、テンション高めの希と合流し、完成品とやらを見せに来たそうで…




絵里「今度はことりの代わりに希が入るのね?」



希「やっとこさアレを完成させたからね、ずっと座りぱなしで体動かしたい気分やったから」







海未「では、私、にこ、真姫、希の編制でよろしいですね」


絵里「ええ!」




にこ「絵里、今度は逆の立場だから覚悟しなさいよね!!」

絵里「さて、どうかしらね?二回目だから穂乃果も成功率が上がってる筈よ、今度も私が勝つ側とさせてもらうわ」フフンッ♪












真姫「海未、希、エリーが慢心してるから全力で潰しにかかってあげましょう」

希「あいよ」

海未「了解です」



―――
――



BANG!!


ヒュルッ! キィィィィ――ン!





絵里「ふっ!はぁっ!」グルンッ!シュタッ! BANG!


にこ「そっちに飛んだわよ!希ぃぃ!!」

希「糸ならもう張ってある―――!嘘やろ…あの狭い隙間潜り抜けた…っ!」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 00:34:37.40 ID:g53ENJlr0





       海未「くっ!ちょこまかと…」シュバッ


                          ピキーン!



                                絵里「貴女の火線は正直すぎるのよ!そこぉッ!!」BANG!



                         `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                            `r      r'
                            )     (
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                   パキィン       ,              キ人_,/
            `                                )  て
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
              )ヽ    (                             \
           - <       >
              )     て
             /^⌒`Y´^\                         `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                            `r      r'       ズガガガガッ!
                            )     (
         ペキッ               , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                             ,              キ人_,/
            `                                )  て
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
              )ヽ    (               、ハ,          \
           - <       >─           ^ <  て
              )     て              ./'Y''~ヾ
             /^⌒`Y´^\              `











     絵里「ふっ、全弾撃ち落としてあげたわよ…時折、横やりで撃って来る真姫のも含めてね!」ニヤリ





真姫「ちぃ…!いつもポンコツな癖に本当戦闘に限っては…!本領を発揮してくれるわね!!」


にこ「跳弾や、『風』を利用した変則的に曲がる弾道…宙返り付きでアクロバット披露しながら撃ってくるとか馬鹿にしてぇ…ッ!」




穂乃果「」ポツーン


穂乃果(あれー?これもしかして穂乃果いらない?)








花陽「凄いよね、絵里ちゃん…」

凛「うん、本当に戦闘時だけはめちゃくちゃ頼りになるもんね」

ことり「0番で蟲の大群を一人だけ突破できなかったりとか真姫ちゃんは言ってたけど、本当にこういう時はね…」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 00:40:58.01 ID:g53ENJlr0

.      /≧s。_ /7,
     /ニx===、、ニ≧s。_
.    ///::::::::::::ヽヽニニ./>。_
   /..|.|::::::::::::::::::} |ニニ/ニニニ>。
.  /ニゝ、::::::::::::ノノニ./ニニニニニ>。,‐、_
 /ニニニ.`ー=彡ニニ/ニニニニニニニニ>L
./ .7ニニニニニニニニニ′ニニニニニニニ/三/
三/ニ,-‐、ニニニニ/ニニニニニニニニ/三/
ゝゝニゝ-′ニ/ ̄≧=- ____ニニニニ/三/
 丶 、__ニニノ三三三三三三≧sニ,/三:〉
   ` 、_三=ニ三三三三三三三三/¨    ジャキッ!
          ̄7三7/_三三三/⌒ヽ
          /三.//(_ヽヽ三、__j-‐  〉
           ゝ三三ニ=-三三:}   /
          ( ` 、   _≧三i!  ノ
            (` 、 `ー ´(三ニi}.イ
           ヽ ` ー´}三三!|_,..ノ
           /`ー ´三三./
             {´三三三三,/
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ



   絵里「このまま勝たせてもらうわ!」





                              /::〉,,,_  《k、ニニニニニ=-__
                            /〈_/::〉::〉\》亞h、ニニニニニニ-__
                          /;;;;::::〈_/-ーへイニ`'守k、ニニニニニニ-、
                           /⌒ヾ::::::::::::7 ̄¨¨¬-`守k、-ニニニニメ
                            /   √¨¨´  ,、 -‐……―ミ、'=<¨ ̄,、―-ミ、
                        /    ゙    /  ,、 ‐ ̄        `'寸Zk、 ::⌒\
                          /    ,′   /   //.:,、丶7 / `ヽ  \ 寸Zk    ::‘,
                      /    ′     //.:/  / /   ハ  ハ  マZk、   :!
                        /      ′    /,/ / ヽ, / /|l     !     Y;刈   ::!
                              ,′   ,/‖yぅ示x,    |!     !     从メ    ::!
                         /       /|/  vrツ   ‐|!‐-   八  !  l|  \:::!
                    ,′  -'"〜、   /八::::: "     =乂   /     j  ||:    \乂
                      \       x、_{ {    、    んr心V  /  /  /从::::...    \``丶、
                 /|    \    //ニ乂_   、   ...`xシ ハ / /′メ/ハ\:::...     ``〜、、
                    |/      \ //ニニΛ  l `ヽ、  :::::::=彡イ/‖ /   乂_.....
                 O         //ニニニΛ `¨´   ー=彡⌒刈 /イ         ̄⌒'''=- ミ、
                     ゙k,        _\ニ_kx ≧=― _/( (-=彳 {                    \
                     ゙k, ,。*''゚゚_*x*x*※・・・气ハVハVハV\く乂  乂_
                    ゙k*x*x※才"´ ̄ニニニニ气ョョガk) ) ((  `¨¨ ̄ミヽ
                      /ニニ/ニニニニニニニニ气ョガイ   ))         }
                        {ニニ7"―- 、丶ニニニニニニニョμ /
                    j=‐        ヽヽニニニニ,i{’ニニ‘ヌk
.   ,.、            ニ‐¨          _| |ニニニ,i{’ニニニニメ                       ,。*'゚
  〈::::\、        ニ‐            _ -ニノノニニニ,i{’ニニニニ                    ,。*'゚
.   \::::7¨气、   ニ‐          イ¨7ー<ニニィイニニニニ/                   ,。'゚
     Y:::::/:::::::ヾ、           イニ//ニニ¨¨¨ニニニニニ/                   ,。'゚     ,。*''゚
      V/:::::::::::::::::l、     _‐ニ〉ニニ//ニニニニニニニニ/,,。x**x。               ,。'゚     ,。'゚
      ‖:::::/   ハ  _ ‐ニ    .〈ニニ//ニニニニニニニ/:::::::::::::;。*'j!             ,。'゚     ,。'゚
     l{ :::::l!::::::::::::::У     _/ニ//ニニニニニニ/:;;。*'''゚゚´   j!          ,。'゚    ,。'゚
.     /丈_」!''"::::::::/    _ノヘΛ=//ニニニニ,。*'气¨'く  ,.__    j!x      ,。*゚      ,。'゚
  /::::/:::_y/:::::::/ _,/乂ヘΛ, 〉/ニニニ。*'゚:::::::::。'゚ハ }!と__   ,.イノハx_,。x*'゚      ,。'゚
 /:::::/:::/'''´::://¨7乂ノヘ Vニニ//ニニ。.゚::::::::::::。'゚  j{ メ。x==冖"´'゚'゚'゚'゚”       ,。 '゚
 ゝ'"`¨´  `¨´ ⊥/ハ乂ノヘ{ニ//ニニ。゚:::::::::。*゚     j{ニ- ゚'*。,。,        _,_,.。x*'゚'゚
        o {¨7⌒乂ノ乂乂_ニニ{**'''゚       j{ニ-イヘ乂ノ`”゚'゚'゚'゚”´╂ハ
    〈○〉x*'"¨气⌒气乂ノヘ`7气ーΛ       j{ハ乂ノヘ乂ノヘ乂ノヘノ┿╂
   (*)、*’  {┿╂气⌒气,ノ乂ノヘ乂ノヘ        j{ ゚;乂ノヘ乂ノヘ乂ノ╂┿ ,,。x*…・* 。,
    (\‘''*x*x*x*x*气⌒气乂ノヘ乂ノヘ     刈  ゚:。乂ノヘ乂ノ┿╂┿。*''゚       ゚'*。
     `¨  {_ヘ┿╂┿ /┿╂┿╂乂ノ 乂_ィイ+:    ゚'*。┿╂┿>''´             ゚*。
         廴Λ┿ /┿╂┿╂ィi(┿╂ マ┿╂┿゚。      >''´    ,。x*・冖・*x。,        ゚ 。
         乂 くメ┿╂┿╂ィi(┿╂┿╂ マ┿╂┿゚*。,       ,.。*''゚           ゚'*。      ゚。
         {_〈 乂┿╂ィi(┿╂┿╂┿╂ `寸 ̄¨マ┿`”゚'゚'゚'゚'゚'゚”´                 ゚ 。     '。





         絵里「いっけぇぇぇぇーーー!」BANNG!!


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 01:03:15.42 ID:g53ENJlr0



▽大気は旋回し渦を創る、不可視の壁に内側に6人の少女等が居て、その中で脚光を浴びる者が居るとすらば間違いなく

▽自分こそがこの大舞台の主役だと主張して止まない銃士であろう、発砲音が1つ鳴るたびに渦同様右軸に流れるように飛び交う跳弾が増える



▽無尽蔵に増え続ける跳弾は数を増やしていく、最初こそ視界にまったく映らない量の小雨だったモノが勢いを増して目に見える程に雨粒が増えるように




▽渦中は空気弾の豪雨と化すッ!絵里は自身の背に下がらせた穂乃果を護りながらも4対1で相手より優位に立ち回っていく





BANNG!







―――このまま勝たせてもらうわ!…半分目的を忘れかけてる絵里の撃ったショットは、一発の跳弾とぶつかり合う



▽ビリヤード台の上にバラまかれた無数の球が一見すれば無軌道にしか見えないパワーショットで全てに当てて落としていくように








真姫「……」


真姫「気分がノッてくるといつも慢心するのがエリーなのよね…」ハァ




真姫「海未!にこちゃん!」








▽"冷気"と"熱"が同時に放たれた




▽紅い両目から二条の紅い光、指先から螺旋を描きながら蒼い凍気がそれぞれ放たれる



40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 01:18:06.64 ID:g53ENJlr0





▽【熱】と『冷気』がぶつかり合う、するとどうなっただろうか?







▽渦の中心にもう一つ渦ができた、外側の渦とはまったくの逆方向に旋回する渦が








カァンッ!
    カキィィン!



ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
.    / /       /    V〉∧   \       \      |   |  ‘,  ‘,
   / /       ′    V〉∧    \       \     |   |   :,   :,
    {,/         /、    V〉∧    \       `ー‐ |   |   ‘,  ‘,
   ′        ′`ー === V〉∧   {__,.≧==--   __|   |
    |        | i|    ‐- 、 \ \     x≦丐ミx、  |   |    }   }
    | i|      i| i|  x=≠ミx\ \ \  〃  斧ミ 、\ |   |i
    | i|      i| i| 〃 __)r心ヾ   `¨¨¨`     _ノr小}  }Vリ  リ   ′  .′
    | i|      i| i| 《  乂__ソ         、乂__ソ  ノリ/  /   /   /
    |从     ト {    ____彡    .:.       ≧====彡 〃 /  〃   ′
    |'   、   ‘, \:: :: :: ::      . : ; : .     :: :: :: :: / 〃  /}   |
       \ ト  \ :: :: :: ::            :: :: :: 幺イ,  /'" }   |
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ


             絵里「んなっ!?―――ぁああぁぁあああああああ――っ!」ビュオオオオオッ!!




▽絵里の操る気流とは全く異なる渦、そして、駄目押しと言わんばかりに【風】を増やす四属性<アーツ>を司る赤毛の魔術師


▽宙を飛んでいた金髪の蝙蝠は下から上へと突き上げられる気流に体を持っていかれた




穂乃果「え、絵里ちゃん!!」






キィン!  ガキィンッ!     ヒュンッ!ヒュンッ!








▽宇宙遊泳を嗜む宇宙飛行士が360度体を回転させている、見る人が見ればそんな態勢だろう、視界が常に廻り続ける金髪伯爵の眼には…






▽"自分の撃った弾丸" 赤毛の術士が放つ雷撃、火蜥蜴の眼か出る熱線、氷柱のミサイル、花弁からのレーザーが一斉に来るのが視えた


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 01:24:36.84 ID:g53ENJlr0











                  絵里(あ、私終わったわ…)ビュオオオオオ…クルクル

























            穂乃果「『幻想の柘榴石<カーバンクルの額>』」カッッ!!








           .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
         . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;|  / ,.:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:\__ノし// 、. . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;..__)/⌒ヽ(_ ',      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;: ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄        .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
  .:;:;:;:;:.:.:/⌒|「⌒\         |  / ,:.:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .             \__ノし// 、:.:.:;:;:.
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .          ..__)/⌒ヽ(_ ',.:.:.:;:;:.―――キィンッッ!!
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .           ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..    |  / , /⌒|「⌒\.:;:;:;:;:;.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:\__ノし// 、  .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;..__)/⌒ヽ(_ ',. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
       ,:;:;:;:;:;:; ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
         . .:;:;/⌒|「⌒\.:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
           .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....





 ▽直後、諦観し始めた絵里の身体が淡い赤色の輝きに包まれた…


 ▽攻撃が絵里の身を貫くよりも早く、速く…!"金貨"が絵里の眼と鼻の先に打ち上げられた、それは砕け散る




  ▽一枚のビスケットをフォークで叩き割ったような音、金属の破片が赤い宝石の破片へと変貌する様、紅い光になって身を包む、全てがスローに映る



42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 01:27:20.02 ID:g53ENJlr0











             ▽ 絵里 に 『<アーツ>反射壁』が付加された! あらゆる アーツ攻撃 が 反射される !










        ヽ             /     /    ,..-彡 -‐'''"´    ___z―――――z____
         ヽ        /    /     : ¨´   _,,, -‐'''"゙´                        ゙゙゙̄'''''― ..,,,_
.、、 : '-、    ヽ       ,i′ ./      _,, -'''"゛                            ,i――--.... ......,,,,,___"'''ー
  `'ー..,.゙'l;;、    ヽ     / ./    ._..-'"                            _____. `'-、,          ̄
     `'''∨-、  ゙L    l /     ,/   _,,,.. -―――――------z____   .`'ー ,,,  .  ゙゙゙̄'''''!― ,,,_
         `'-,  l   .! /    ./ _..-''"゛                      ´゙"''ー- ..,,_`'ー ,,,
           `'、..l  .l./    " ./                                 `゙''ー二;;-,,,
            `'!  .│                                           `'''!≒,,、
: 'マ¬―-- ......,,,__、    .゛                          ;;――――――-..,、            : `''- 、、
   .`''-、                                       `゙゙''''ー-..,,、    .`''ー ..,、               `''ー、,、
._,,.. -‐''"    _,,, -ー''''                                  ゙゙̄'''''―- ....,,_,`'''ー ..,
     ,.. -'''"_..-                            ,,                    : ´゙゙'''―ニニ;;y、
  _..-'"゛ _/゛                             ゙”`-ハニ;; ..,,,_,                   `゙'''ー
'"゛   ,/   .,                                  `゙'''ー 二¬- ..,,,_
   ./    .!                                          `゙'''ー ..,,_ ´゙''''ー- ..,,_
  ./      .!                                                `'''ー ..,_   ´゙'''ー ..,,,_
. /      │                 ―――バシュッ!                      `''ー ..,、    `゙'''ー
│       .!                                                        `゙''ー ,,、
..i|          !                                                         `゙''ー、,、
/ |       l
! .l       l
  .l、       !                      、
  リ、       .l                      \    .゙'ヘ、、
   }iヽ      ..l,                   、 .\    `'〈\、
}i   }i L      .ヽ                   ヽ  \     `'-,`''-、、 
..}i   }i.lリ、      .ヽ                ヽ  .\     . \  ゙''-..、
 }i    }i  ヽ.      ヽ                ヽ   .\      ゙'-、  `''-、、  .'ミ-、 
  }i   ゙l]l, \      ヽ,               ヽ    \      `'、、   `''-、、.l, .`''-、
  }i    '}i   `'、      \                  ヽ    \.      `'-,     `゛    `'-..、
   }i    ゙}i   .\      \              ヽ     .\.      `'-、          `''‐、、
   }i    .ヽ   .ヽ,       \                 ヽ      \       \                `'ー..、
    }i     ..ヽ    \       .`''-、              ヽ      .`'-、      ゙'-、                `''-、、











ヒュ―ーーー‐ッ!








ズダダダダダダダァン!


―――
――


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 01:30:50.43 ID:g53ENJlr0






                 海未「 」(瀕死)       希「 」(瀕死)



        にこ「 」(瀕死)


                           真姫「 」(瀕死)

























凛「そ、そこまでぇぇ!!お終い!お終いにゃ!かよちぃぃん!!」


花陽「み、みなさん!今行きますからぁ!」




ことり「あ、あわわわ…絵里ちゃんの銃弾複数回分、希ちゃんのソーラービームに、にこちゃんの熱線、海未ちゃんの攻撃も真姫ちゃんの雷も…」


ことり「ぜ、全部跳ね返って当たっちゃったよ…」




44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 01:34:17.85 ID:QvLVAymSO
1000特典で得た転移陣も普通の転移陣と同じように敵も使えますか?
安価下
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 01:37:39.11 ID:g53ENJlr0

♢【幻想の柘榴石<カーバンクルの額>】(2/5)
 知識値 1200 味方一人の『<アーツ>反射壁』を付加できる!
 熟練度がMAXになれば全体掛けが可能になるぞ!




▽熟練度が上がった!


『知識値』>9150 -1200= 7950




希「い"っ……痛く、なんてないよ…」


花陽「そ、そうですか?」


にこ「…今度こそ勝てると思ったんだけどねぇ」ハァ…

真姫「…全弾絵里に返してやったと思ったら逆に倍返しを喰らうなんてね、やられたわ」




穂乃果「みんな、大丈夫…」オロオロ



海未「ええ、心配無用ですよ」ニコッ

にこ「アンタはあの感覚を大事にするのよ、良いわね?」


『20時10分』

@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『本格的な睡眠』

E 『食事(調理も可)』

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』

K 『アルカナ・アーツの修行』


L『1000特典の陣 早速使用してみる』




直下
46 :このレスは判定に含めない [saga]:2018/06/30(土) 01:41:18.74 ID:g53ENJlr0
>>44
その質問に関しましては 敵も使えます 希の『転移の陣』のgate行先に新しいポイントを追加するだけですので

雑魚共や白妙がそれ等がそれを踏んで自由にMAP上を行き来すること自体は可能です


Mainegate『『拠点:【J-8】屋敷内』』

gate@『C-3:17番『星』』保全性100%
gateA『Y-7:砂漠 星空凛の棲家 -捨てられ船-』保全性100%
gateB『―――』
gateC『―――』
gateD『―――』
gateE『―――』
gateF『―――』
gateG『―――』



希本人の認証が無ければ通過できないMainegateは別として、他は誰でも自由に行き来できます
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 01:43:15.74 ID:YJBMRXSa0
L『1000特典の陣 早速使用してみる』
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 01:50:33.17 ID:YJBMRXSa0
西と東にそれぞれ出来ているから作るなら北と南だけど
裁判所につくるなら 外に人造魔物娘とふわふわ浮く兎が出て来ているから
船を使ったり飛ばずに裁判所にいけるのはうれしいが 裁
判所から移動する時は悪魔像に泊まってる船をつかうから 専用か飛行前提で作ることになりそう
飴ちゃん知識稼ぎOR増築にはいいかも
安価下
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 01:53:12.56 ID:g53ENJlr0
▽1000特典使用! 時間消費無し


地図パサァ…


◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□火火■□■砂
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火火火火火火砂砂
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱火■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□熱火■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森L森荒19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E☆G街街↓森原森森■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街街街↓原K原■□■砂砂砂砂砂
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂



希「おぉ…!使ってくれるん?」ワクワク


穂乃果「うん!やれるなら早い方が良いのかなって」






穂乃果(どこにしよっかな…やっぱり簡単に行って帰って来れない場所の方がいいよね)





※21番以外でお一つ施設を選択してください


※21番を選択しても構いませんが、【白妙の魔物(最終形態)】が陣の出口で待ち構えています



直下
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 01:58:53.21 ID:G02xFc+b0
>※21番を選択しても構いませんが、【白妙の魔物(最終形態)】が陣の出口で待ち構えています
なにそれ怖い、安価下
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 02:03:25.05 ID:QvLVAymSO
20
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 02:19:52.49 ID:g53ENJlr0
▽20番…<審判>…【人形三姉妹の別荘<モイライたちのべっそう>】 を選択



          _  ,、_
       , :´: : : : : :`ヾ,,`、
.       /:, : : : : : : : : : :i:: :l
      |l.:l: : : : : : : : : ::,':: :|
.       !l:{,l: : :::::: : : :::::l::::: 、 (魔術師…は北に行ってすぐだし)
.      `゙l,': :::: ::::::::::: :.',',::ノゝ
        '゙ヾ:、..: :::::: : ;|′  (拠点の場所がそもそも街の中心で周辺施設からも近い…)
.        , ‐´、、ヽ'`、,ノ、
       l   i.i     `,、
      ノ__  lノ     l. !    (砂漠方面は凛ちゃんのお家から行けるでしょ?…となるとやっぱりなぁ)…う〜む
      〈´l`ヾl       l _!
      `|  |  ヽ     ,'´|
      ,:'  l.   ヽ  .{ . |
      / , ´      l. |
     / ,.,'        ヽ,'
..   /. , ' ,′        、
..  / ,' 〈-‐ 二二二二二i
  / /  |´ .l  |   |  | i
  巛《   .| | .|  |   |  | l






▽頻繁に使いそうな鍛冶屋、恋人通り、次に利用回数の多そうな教会もそう遠くない、魔術師の施設なんて最悪飛べば10分で着く


▽街の中心だけあって【J-8】地点は立地条件が普通に良い物件だ





▽そこから遠い場所も、東にせよ、西にせよ、近場に陣を開設はしているのだ



▽気軽に拠点から直通で行きたい場所……







穂乃果「決めた!裁判所、あのお人形さん達が住んでる場所にするよ!」


ことり「私のお家だね!」







▽アイテム倉庫の増築、書斎の充実化…あとは家具だってそうだ



▽本格的な睡眠をとる事で20分毎に魔力値が100回復するが、もっと回復量のの増える『寝心地の良い寝具』だったり
 『家庭菜園』やらカラオケ設備ありの『娯楽室』なり頼めば大体建築してくれる


▽値は張るかもしれんが、飴があれば案外安くまけてくれるかもしれない
        …もしかしたらイチコロかもしれない、完堕ちするくらいチョロいかもしれない





穂乃果「それじゃあ…!」ジッ

53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 02:23:43.73 ID:YJBMRXSa0
やっぱりあるんだ最終形態 手抜き 腹ごしらえ 第一形態 第二形態
大ボスはそうでなくっちゃね(シロメ
飴を倉庫から出してすぐ向かうもよし 恋人の品揃えを確認してから向かうもよし
そう簡単に知識値が無限増殖できるとは思えないが知識値に余裕があれば金貨鍛えられるし
まあ金貨を鍛えるなら4番でもやるのもいいけれど
安価下
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 02:30:12.91 ID:g53ENJlr0





――――グググッ! グニャァ… ザザッ


▽ラクガキが"絵画"に変貌していく!




▽鉛筆で書かれた無数の線が、生物のようにうねる、曲線、直線、長い何本もの黒線が折れ曲がり、重なり、影を表現し、立体感を表現する





▽波打ち、水辺、芝が生い茂る小さな離れ小島、野生のアルパカが点在し、建物が1つ、その上でデフォルメ化されたモイライの顔が三つ…








  i'⌒  \   
  |  | \ \  
  |  |  / / 
  |  レ /   
  |    <    
  |  |\ \   
  |  |  \ \ 
  弋,丿  . \ )


『<ラド>』:移動・変化・旅
Mainegate『『拠点:【J-8】屋敷内』』

gate@『C-3:17番『星』』保全性100%
gateA『Y-7:砂漠 星空凛の棲家 -捨てられ船-』保全性100%


gateB『―――』→『J-15:『審判』玄関内部』 保全性100% new!!



gateC『―――』
gateD『―――』
gateE『―――』
gateF『―――』
gateG『―――』






▽希の転移陣に新たなポイントが追加された!!


55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/06/30(土) 02:33:29.95 ID:g53ENJlr0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


           今回は此処まで!


   次回は金曜日の夜 7月3日 23時00分頃予定!


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 02:42:18.75 ID:G02xFc+b0
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 02:47:05.66 ID:YJBMRXSa0
>>1乙 新スレ乙 火曜日の夜でOK?
知識値に余裕があるけどこれを何に使うべきか 地道に修行 恋人でゲーセン 鍛冶屋で謎のアイテム購入
0番攻略(本当はあの3階の書物全部読みたい)は白妙さんの攻めてこない貴重な朝と昼にするとして
今夜は穂乃果の体力が献血でなくなってそうだから 少し歩き回る程度で済むことがいいかも
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 13:21:59.24 ID:U/nogeuI0
乙乙
コンマ緩和あったはずだしゲーセンチャレンジのほうがよさそう
あと10番改修は後回しで行く感じ?それともやってから0番?
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 14:27:27.67 ID:G02xFc+b0
10番改修は真姫ちゃんが身動き取れなくなる筈
60 :ゲリラ再開 [saga]:2018/06/30(土) 23:55:15.84 ID:g53ENJlr0
>>57
【訂正】

次回の本格的な再開は 7月3日の 『火』曜日でしたね…

―――――





穂乃果「できてるね、島に生えてた樹の1本1本…おまけにアルパカさんまで」




希「便利やろ?…けどなぁ、これと同じモンもう一個作れ言われてもできるかどうかは正直怪しいところ」


       ,  -――-- 、
    ,..::"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
  ,:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:l :.:.:.:`、
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:。0.:.:.:.:./.:.:゜_.∧.:.:.:.:.:.、
   .:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:,'>.:/.:.:.,'l:/``t.:、.:.:.:.l
   .:.:.:.:.:.:.|.:.:イ.:,,:''.;.‐" .ソ   ヘl.:.:.:.|__
  .:.:.:.:.:.:.:.|.:ノ‐"‐´      __.|.:.:,'  ヽ
  .:.:.:.V.:.:.:l u  .z≠      ̄´.}:/l
  .:.:.:.;ゝ、.:.'., . ", , ,    _' ' ' "ノ:.|      たはは…
  l.:.:.:ヽ,|.`‐、=ゝ u  .,'´ .ソ,..:'.|.:.:i  つ
  .l、.:l.:.:.:Vl、.{‐--≧、_ t‐".:.:.ノ-、 、ヽ.
   `>-、_:_.:ソ,:,=;'て`大´〉ヽ,-'、  `´
    ゝ"ゝ_ノ-}/ -、l.ヽ、.|':,ノ 丶.:.:ヽ
   ..,'.:.:.:.:.:..:.: |,'ー-.l   i  |"、.:.`,
           ̄ ゛゛ '''''' ー− --  .....


希「途中までは良かったけど、最後らへんは本当に直感でやったんよ」


希「作ったことない煮付け料理を作って、紛失したレシピの記憶をうろ覚え状態で再現して…あとは調味料ドバーッて入れて誤魔化しました!みたいな…」


希「そんでもって奇跡的に完成したと、そんな状態やったからね…」



穂乃果「そっか…」





『20時10分』

@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『本格的な睡眠』

E 『食事(調理も可)』

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』

K 『アルカナ・アーツの修行』



直下
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/30(土) 23:56:34.30 ID:ibvy/Z730
10番改修するなら残りメンバーで近場で絵の具や飴を集めたいな
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 00:02:19.65 ID:J0weadwp0
ゲリラ来るとは思わなかった
安価は倉庫から飴を2つ出す
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 00:03:10.27 ID:kCPO0/AA0
B 『一時的に此処を出る』

まず恋人行ってみよう
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 00:08:59.87 ID:bDhv4tei0
▽アイテム倉庫>飴玉2つ取り出し




「    アイテム倉庫    ¬


   1 同人誌
   2 白雪の日記 Last
   3 醤油
   4 ただの案山子
   5 貞操帯
   6 性的倒錯のススメ
   7 晴天の日光浴diary
   8 防寒着

   9 飴玉(メロン味)  ←取り出し
  10 飴玉(メロン味) ←取り出し

L               」





                      _____
                   ´ : : : : : : : : `丶、
                    / : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            _「∨ : : : : : : : : : : /{∠Ζ\: : : : : : :,
             /: :V.: : : : : : : : : .:∨    _\ : : : : :,
           /ノ⌒7: : : : :|.: : : : : .::|   ´ _,,ハ: : : :ハ.
.          | \__ : : : : 八 : : : : l八    イf笊^Yレ|: : : :j:\
            | : :〈_|: : : : : ::{\ : 八 \    乂_ツ |/| :/| : : \
           | : : 八|: : : ::八  >、__>      :::::.: 丿Y: | : |ハ
          | : : : 八: : : : : ∨ イf笊^   、       }:|: | : |/ ̄ ̄\
          | : : : : :∧ : : : 人 ヘ{ 乂_ツ      /   ∧:.ノ:_/::::::::::::::::::::::-_
          | : |: : : │: : : : : >   :.:::::   ー    / /]:::::::::::::::::::::::::::::::::-_
          | : | : :|  |│ : : : : (⌒丶、         イ/ /|::〈:::::::::::::::::::::::::::::::-_
          | : | : :|  |人j: : : : :个ー: `''¬冖Ti:「\|> ゙┴/::::: |::::::::::::::::::::::::::-_
          | : | : :|     | : : : : : : : : : :>‐=ニ广>{] ⌒∨¬:八::::::::::::::::::::::::::::-_
         ∨|: 八   | : : : : : : : : 〃:::::::::::{_/  j|  /::::/==:::\{:::::::::::::::::::::::-_
           人{    八|: : : : : : : {{:::::::::::: 〈\ 八__/::::/::::::::::::: ∧:::::::::::::::::::::::-_
                 / :八: : : : : : : ∨::::\〈::::::く.│/::::/:::::::::::::::::: ∧::::::::::::::::::::::::-_
                  \ : 卜、: :∨:::::::: \ ::\|:::/:::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::-_
                         \|  ーヘ/:::::::|:::::::::::_∨ :::::::::::::::::::::::::: ∧::::::::::::::::::::::::-_
                         \.   \:八:::::::::(入 :::::::::::::::::::::::::::: ∧::::::::::::::::::::::::-_
                           ∨:\::::: _\::::::::::::::::::::::::_ノ⌒^::::::::::::::::::::-_
                   __  __rァ^ア^''ー--<\::::::: ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::\:::::::::-_
                  r「 {>┴┴'┴'^ー=ニ二..,,\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
                   「|_y'             ¨''¬ニ()()::::::::::::::::__;;::二ニ=-く
                 / 7                  ``''<「\:::::└───::::::::\
                    {        \_            ∨^ ̄\::::::::::::::::::::::::::∧
                {            `丶、              ∨ニニ| |\:::::::::::::::::::::::::廴___
                 八   ` 、                         ∨ニ.| |ニ. \::::::::::::::::::::::::::::::
                      \          `ヽ        \ | |ニニニ \::::::::::::::::::::::::
                       \    \         /∧        〈〈\\ ニニ>、__,/
                      ヽ.    \       ///∧          ∨/ \\//\/__


  穂乃果「確か戸棚のこの辺りに〜〜…在った!」つ『飴玉(メロン味)』×2





  穂乃果「裁判所に行くかもしれないなら持ってても損は無いよね」

65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 00:14:08.13 ID:bDhv4tei0
▽荷物枠の空いている、凛、ことり 2人に手渡しておきます


                 |\__
                 | 厶
            ─<//_ 〈
       /      '^∨⌒
.        /       |
      |        /
.   |\_∨/     /
    \. /l⌒¨
.    < _|      …コロン☆

              -‐‐-  .
      (    y'゚          v'´  )
     )ニ={{         }}=ニ(
      (  ノ人          人   )
       ̄´  `  ‐--‐  ´  ` ̄





穂乃果「ことりちゃん、凛ちゃんが確か鞄空いてた筈だよね…」

穂乃果「あとで届けに行こう!」



▽アイテム倉庫使用の為 時間消費無し

『20時10分』

@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『本格的な睡眠』

E 『食事(調理も可)』

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』

K 『アルカナ・アーツの修行』



直下
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 00:20:35.68 ID:kCPO0/AA0
鶏のぬいぐるみ登山用ロープを倉庫に入れる
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/01(日) 00:27:08.53 ID:bDhv4tei0
▽ぬいぐるみとロープ、了解です


>>7からことりの所持していた『登山用ロープ』にこの『鶏のぬいぐるみ』を入れます




「    アイテム倉庫    ¬


  1 同人誌
  2 白雪の日記 Last
  3 醤油
  4 ただの案山子
  5 貞操帯
  6 性的倒錯のススメ
  7 晴天の日光浴diary
  8 防寒着

  9 鶏のぬいぐるみ ←new
  10 登山用ロープ ←new

L               」






▽用途がイマイチわからないぬいぐるみは兎も角、登山用ロープ…雪山で標高を一段飛ばし可能となるこれを使うことは今のところ無い予定だ


▽この二つを仕舞って置いてくれ、そう頼まれていたほ彼女は飴玉の代わりにそれを仕舞うことにした







▽…危うく要件を忘れるところだった




穂乃果(倉庫には…今のところ用事は無いね、出すのも保管もやったし…)


▽アイテム倉庫使用の為 時間消費無し


『20時10分』

@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『本格的な睡眠』

E 『食事(調理も可)』

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『お風呂』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

× 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』

K 『アルカナ・アーツの修行』


直下
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 00:37:49.78 ID:gYe57VG80
B 『一時的に此処を出る』
69 :今回此処まで [saga]:2018/07/01(日) 00:46:42.10 ID:bDhv4tei0
▽Bを選択 全員で一時的に拠点を出ます




◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
02□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
03■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
04□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
05■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
06□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
07■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
08□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
09■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
10□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
11■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
12□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
13■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
14□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
15■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
16□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



【夜闇 で 一面真っ暗だ! MAPが見えない!】


【MAP が 記録 されない!】

【マイナス効果地形率が上がっている!】




凛「金貨の特訓してた時はまだちょーっとだけ明るかったのにね」

花陽「お月様が雲に隠れちゃったね…」



にこ「本当に歩いてすぐの地点なら方角さえ間違ってなきゃ灯りをつけるまでも無いけど」

にこ「どうする?にこの力、必要かしら?」



『その場に留まり休む』
『その辺の民家から物色』
『アイテム』
『MAP<アーツ>』

×『拠点へ入る』 (今出たばかりです)



『移動 1マスor2マス』

▽1マス先…

▼南は見えない!
▼北は見えない!
▼西は見えない!
▼東は見えない!


直下
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/01(日) 00:49:32.54 ID:J0weadwp0
西1マス
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/03(火) 23:39:37.98 ID:UD1971YQ0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[再現コラム]知識値+300


         冒険こそが、わたしの存在理由である。


<パブロ・ピカソ  芸術家、彫刻家 1881〜1973>

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>3660/5000

『知識値』>7950+300=8250

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 23:49:28.09 ID:bnUaWDYm0
さて恋人に普通にたどり着けてるだろうか 安価下
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/03(火) 23:52:11.48 ID:UD1971YQ0
▽西へ1マス移動





▽暗がりの夜道は、足元さえも見えにくい

▽底の見えない泥沼に膝元まで浸かっているんじゃないかと錯覚するくらいには見えないモノで…




◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
02□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
03■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
04□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
05■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
06□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
07■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
08□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
09■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
10□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
11■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
12□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
13■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
14□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
15■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
16□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



▽自分が居る場所さえも、本当に地に足がついているのか? 自分は大地ではない別の何かの上に立っているのではなかろうか

▽そんな不安に駆られることだってもしかしたらあるかもしれない





絵里「此処だけは明かるいわね…」




▽雲の彼方にうっすらと見える月の輝きも星の照明も当てにはしない、西へ…何度も歩いた通りから記憶通り西へ一直線



▽この世界で何よりも強い人工の灯り、巨大な卵状のソレはそこにある…辛い現実も死への恐怖も何もかもを忘れて生きる


▽それを怠惰と呼ぶか、一時の希望と呼ぶかは人によりけり


▽人類にとっての嘗ての揺り籠は確かにそこに在った


【恋人通り<ラヴァーズ・ストリート>】


@『お札びっちりゲートに入る』"入場料" 知識値50

A【その辺の安物ホテル(札があまりないから、魔物も侵入できそう】

B【その場にとどまる】

C【この通りの事を仲間に尋ねる】

D【アイテム】

E【MAP<アーツ>】

F【移動 1マスor2マス】

▽1マス先
▼暗くて先が見えない
▼暗くて先が見えない
▼暗くて先が見えない
▼暗くて先が見えない

直下
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/03(火) 23:59:07.12 ID:bnUaWDYm0
@『お札びっちりゲートに入る』"入場料" 知識値50
75 :書き忘れてましたが 現在 20時20分です [saga!美鳥_res]:2018/07/04(水) 00:00:41.10 ID:t6DhCkMp0
▽知識値50消費
『知識値』>8200





□▽□△◇□▽□△◇□▽□△◇□▽□△◇□▽□△◇□▽□△◇

…………☆
       …*
………☆          ………☆
   ………☆
             ………☆



『恋人通り<ラヴァーズ・ストリート> 内部 専用 BGM』
https://www.youtube.com/watch?v=9-5J_P141Tc




…………☆
       …*
………☆          ………☆
   ………☆
             ………☆

□▽□△◇□▽□△◇□▽□△◇□▽□△◇□▽□△◇□▽□△◇
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 00:07:24.98 ID:t6DhCkMp0
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
          ̄⌒^^''=- i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。.         /:∧     |
 ̄ ̄ ̄~~゙|\          ̄  ‐= _i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。     /:::: ∧  / ',           }i:i:i:i:
      |\|                ̄ .|^^'' <i:i:i:i:i:i:i≧s。., |::::::::: |  /__',        ___j{i:i:i:i:i:
.       __|\| -ミ               |: : : :|ハ ``''*ミi:i:i:i:i:≧s。.,::::|  |「」「l|         |::::::/i:i:i:i:i:i:
_  γ´   `Y:::::::ム            r┴ |: : : :|:::|     `ヽ <i:i:i:i:i:≧s。.,:::::|    _   |:::/i:i:i:i:i:i:/
 `Y      ,:::::::::::::}            _〕:: 〔|: : : :|:::| ハ      \:::`'<i:i:i:i:i:≧x     |: : |  |/i:i:i:i:i:i:ア::::
  }',    ノ.:|\_ノ         <ノ: ::::||: : : :|:::|]|::|>     ∨|:| `゙Yi:i:i:i:i}‐ュ.  |: : |/i:i:i:i:i:/::::::::
 ノ ≧=≦: ヽ|: : :\|        x=ミr|: : : :||: : : :|:::|_|::|_    ,ハハ |::|:|。o彡i:i:i:ソ: :|  |,.イi:i:i:i:i:/::::::::::::::
´     :|、\|: : : : :|      /  _ヽ: :[]: :「」: :|:::|::: :: |   (ニニ.イ:|:|i:i:i:>'": : ,.。o≦i:i:i:斗r彡::::::::::::::::::
]]]]]]]]]]]],,l_\,|: : : ::::|n,,    /_ ̄ ̄__∨:_:_:_」二「二。。⊥。。zzzz彡,|::|:|'"...-=≦≫r:个ニニii|/=========
______,| l、 .|_::::::::: |::::|zェェェェェ| ̄~゙|:|::┬r…¬ニT「「 ̄ |: :,.。s≦i:i:|::|:|-┬=≦:_:_:|__,|: : : : ||」」」」」」」」」」
_|_|_|_|_|_|_|,| |:l: | |::::__::|:::::Yェェェェ|: : : :|:|zzzzzzzzzzzzzzzzz彡ケニニ|::|::|:|:::::| | :|====|: : _||」」」」」」」」」」
______,|_|」└:::(_:::::= : |_|.,八/|: : : :|:|::::| l\:|: : |:_|_`ーr:┬': :(ニニ|::|::|:|zェ| | ,|ィ=ミ:| _|_|」」」」」」」」」」
_|_|_|_|_|_|..| |ZZZZZZフ:::::|:l:|:::::|::|:_:_:_:|:|、_| l _,|<===>|:::|TTTTT_|::|::|:|:::Y⌒Y_|'   Y |:::_:|_|__|::::::| | |
         |i:i:i:||:::::::|:||=:::|:l:|::|^Y:::::::≧s。 ̄__,「」ニ>…<「」===| |zzzzl二二二二二l .|___ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━┓ |i:i:i:||:::::::|:||=:::|:l:|/  Y::::::::::::::|__ /|/...,,,_ ヽニニニニニ|癶 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|     ̄ ̄ ̄ ̄
二二二二二二二二二二二ア.. ∨i:i:i:i:i:i:i|_|_|_|ヽ:|    | ̄| || ||::| |二二二二二二ニニ|_|``ー|
: : : : : : : : : :/‐,.イア_,ィzzz寸:i:i:i:i:|_|_|_|ニ|    |  | || ||::|_|-|:|‐‐|「≧o。.,____|_|``ー| |=-
: : : : : : : : /‐‐/:/| |_l|「二l|、\i:i:i|_|_|_| | トミ_|、.::| ̄ ̄:::|‐|:|‐‐|≧o。.,_|::|::::: :: |_|``ー| |:|:|:|:「lTi=
: : : : : : :..:/__,/://|_|_l|o‐o.|ト\\|_|_|_| | l]]]]]| |、| |:::::::::::: |‐|:|‐‐|: : :|`r、`Y:::::::::|_|``ー| |:|:|:|:|:|:|:|:|
: : : : : : /   /:://::| |{≧=≦::\\|_|_|_| | |::::::::| |、| |:::/ ̄¨|‐|:|‐‐|: : :|::|:::l`|:::::: : |_|``ー| |≧o。.,_:|:|
: : : : : / ̄ ̄7:::://::/| |{ニムマムマニ\| | | | | |::::::::| |、| |:::|``'ー|‐|:|‐‐|: : :|::|:::|::|::|:::::::|_|``ー| |:::::::::::::::
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────


▽ヒトの夢、滅んだ人の一時の、その場凌ぎの"酔い"


▽人類が居なくなった今でも、そこを利用する人類の為にと永遠と動き続ける儚い夢が詰まった卵



▽もう利用客など居ないのに、それでも軽快な音楽も心ときめく光の渦も、"人"をこれからも、この先もずっと持て成し続ける


▽機械には、人が滅んだ事実など分からぬ、知った所で意志を持たない道具にソレをする事以外の何かを選択することなどできぬ








▽今日も明日も、その先も、終わらない明日が何度訪れても舞台装置は廻り続ける




【20時20分】

@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』

A 『食べ歩きができる通り』

B 『ゲームコーナー』

C 『夜景の綺麗な場所』

D 『出店』

× 『此処を出て行く』 (来たばかりです)

直下


77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 00:09:34.10 ID:5fv7ShmDO
3
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 00:19:46.91 ID:t6DhCkMp0
▽B『ゲームコーナー』を選択



▽昔は人々が溜め込んだフラストレーションを爆発させたであろう娯楽施設、そして、トンデモ武装が置いてある場所



▽それがこのゲームセンターなのであった





希「今日こそあの乗り物の奴、勝ってみせる!」





凛「凛だって!鼠さんにいつまでも負けらんないにゃ!」







▽ぬいぐるみが顔を覗かせるクレーンゲームの前に立つにこ

▽ダーツコーナーをさすらう真姫

▽ゾンビを銃で撃ち殺すゲームのデモムービーに思わず顔を引きつらせる絵里



▽それぞれ興味のある場所へ向かったようだ…


穂乃果(誰かの所に行こうかな…)



☆どれでも1ゲームに付き20分消費します、また知識値は200使います

※↓1〜3の合計値が250に到達すれば特殊武装を取得でき、以後自由に装着、交換が可能となります



【1000特典、コンマ25緩和 所持数2】


@猫爪

A『取得済み』グローブ・籠手 (交換可能)

Bナイフ

C釣り竿・鞭

Dチャクラム

E銃

F槍

G薙刀・日本刀

H やらない



※1000特典のコンマ緩和をしようする際は使うと安価にご明記を願います


直下
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 00:31:11.50 ID:Job4G/VQO
誰のにするか
安価下
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 00:31:36.61 ID:C4/FWi7M0
@猫爪
コンマ緩和を使用で
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 00:44:29.21 ID:t6DhCkMp0
▽@猫爪>コンマ緩和使用  250→225



チュー!

       _,,,,,,,,,,,, __
  ,,..-‐'''"´   ''"´ )
  (    ●    / ミ
  ゛、          ミ
   \,_         ミ
  /""ヽ,ゞ``        ミ    ピョコ♪
  ^ヽ、 `゛         ミ
    ヽ、          ミ
     ヽ           ミ
     i           ミ
     /           ミ
    (           ミ
     ゝ          ミ
   ∠,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ミ;、,,








凛「そこにゃ!」ヒュッ!




スカッ!




凛「あっ…」シュン




穂乃果「凛ちゃん、調子はどう?」スタスタ…


凛「むぅ、いつもあとちょっとで勝てない」


穂乃果「…んー」








穂乃果「その鼠の人形さ、出て来るのってパターン決まってたりする?」

凛「にゃ?」


穂乃果「よくあるでしょ?リズムゲーとか、難しい難易度だと本来決まった場所にしか来ないリズムアイコンの配置が1プレイ事に異なるけど」

穂乃果「なんどもやってると出だしを見るだけでどの配置なのか大体わかっちゃうみたいな…」


凛「そういうのは…正直あんまり考えたことないかも」


凛(…考えながら動く、か…)



↓1〜3 合計コンマ225で成功
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 00:45:32.05 ID:5fv7ShmDO
にゃ
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 00:47:22.77 ID:Job4G/VQO
一番にゃ
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 00:47:34.85 ID:C4/FWi7M0
はい
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 00:48:07.43 ID:iqVdyLn50
はい
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 00:49:00.13 ID:C4/FWi7M0
合計200位か おしいな
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 00:59:26.52 ID:t6DhCkMp0
>>82【05】×1.2=『6』
>>83【77】×1.2=『92』
>>84【85】×1.2=『102』

▽結果ジャスト200




※特殊武装の取得に成功はしていない為、1000特典はまだ失っていません







                  __  /⌒ヽ
         /´ ̄` ー-ァ`''"´. : : : : :`'ー 、 { |
      / ⌒ヽ  /: : : :_: : : : : :'': : : `_:くノ
      {     } 〃: : ::´(::゚;;;>:: : : : : : パ;;):{
      ヽ   j'': : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、:ヽ ,
          ーァ': : : : : : : : : -―‐- : : : 丶ノ/:-―-
         フ: : : :'": ; -: :''"´/   /ヽ. ニi ‐- 、   ―――ヌッ!
        ノ: : :::   :   / / /  ヘこ/ \ !`丶、 \
       /: : : :   '、,/  / /   `ノ  /\
      /: : : : : :.   /` '' / '  :.:.'"  /   ヽ
     〃: : : ;': : : :.       /    ,,.: /:!
    /: : : ::  : : : : :  ':,     . .:.:''.: 〈: :|
    /: : :    ` : ::     :.:.:.:.:.:.::;':.:  .: |










               ,. . - .ーー. .‐-. .、
            ,. :' : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        /. : : : : : : :,' : : : : : ; : : : : : : : \
       ,.'. : : : : : : : : ,': : : : : : :i : : : : ; : : : : ヽ
      /. : : : : : : : ; イ: : : : : : : :} 、: : : ', : : : : : ゙、
      ,': : : : : : : :, '  !: i: : : : :j : ! ゙、: : :',: : : : : : '
     ,: : : : : : : :/,  l: f',: : : :,'i ;'   >: : !: : : : : : '
      i : : : : : : / ヽ、,'; ! '; : :,' リ__,./ ゙、:i : : : : : : i
      !: : : : : : j ,x=ミ、j '; :j ' z=ミ、 'j : : : : : : }
.     |: i: : : : :.l〃 _)゚リ'   ヾ  ' _)゚ 心. j: : : : ,' : :'
      ';.|゙、: : : :',弋ンツ      弋ツン",': : : ;.' :/:,'
       '; _,ヤヽ: :', 、、    ,     、、 /: : ; '/:/リ
     , "  ヽ,ヾ、        __     ////  ヽ
     /       ゙ヽ       f  i     u /シ '"     .',
.     }          \   ` - '   , "/        }、
   / {        ヽ `i .,   , イ l/          {. ',
.  ,'  ゙、        ',j    ̄   /        ,/   ,
  i   ゙、        }``ヽ  , -'"{       /   ',
  j    ヾ 、      ,メ ヽ、, _ /f.、,    メ /     `,


凛「! 視えた!そこだぁぁっ!!」ぺしっ





鼠の人形「」ペシンッ!



<チューチュー!
<ヂュイッ!

<チューッ


凛「そこと、そこ!そして次の奴はフェイントで本当はその一段上の奴!」ぺしっ!




凛「これで終わりにゃああああ!!」バッ!

88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 01:03:59.55 ID:t6DhCkMp0








―――――スカッ!






凛「あ、あぁ!そうだったこれと同じそうだったパターンのがもう一通りあるんだっt―――」




ビーッ!ゲームセット!





            『200』デェンッ!






凛「う、うぅ〜!!!今の外さなかったらぁ…」


▽20分消費 『20時40分』
『知識値』>8000



▼血の判定
直下レスが01〜32で魔物の血が強まる


【1000特典、コンマ25緩和 所持数2】


@猫爪

A『取得済み』グローブ・籠手 (交換可能)

Bナイフ

C釣り竿・鞭

Dチャクラム

E銃

F槍

G薙刀・日本刀

H やらない



※1000特典のコンマ緩和をしようする際は使うと安価にご明記を願います


直下
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 01:07:05.71 ID:Job4G/VQO
惜しかった
安価下
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 01:13:37.28 ID:iqVdyLn50
釣竿
コンマ緩和
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 01:22:34.54 ID:t6DhCkMp0
▼【28】>偶数>色欲値10%上昇


花陽【色欲:30 小】【食人欲:0 極小】

凛【色欲:30 小】【食人欲:0 極小】

にこ【色欲:10 小】【食人欲:10 小】

絵里【色欲:20 小】【食人欲:0 極小】

ことり【色:10 小】【食人欲:10 小】

希【色欲:40 中】【食人欲:0 極小】

真姫【色欲:20 小】【食人欲:0 極小】

海未【色欲:30 小】【食人欲:10 極】



▼誰か1人の色欲を10上昇   ↓1







▽C『釣り竿・鞭』を選択


凛「ちょっとだけ疲れちゃったかな…」

穂乃果「ならさ、息抜きついでに穂乃果と皆の様子を見て回ろうよ!」


凛「様子見?」


穂乃果「うんっ!自分でやるのも楽しいけど、誰かのプレイを見てみるのも結構面白かったりするもの」


凛「息抜きかぁ、それもアリかもしれないね!良いよ行こう!」


穂乃果「オッケー!それじゃあことりちゃんの所に行こう、多分あの魚釣りゲームのトコに居るから」


―――
――




ことり「」ジッ




魚の玩具「」ウィーン

魚の玩具「」パック!パックッ!



ことり「狙いを定めて…そこぉ!!」ヒュッ!(磁石付きおもちゃの釣り竿)




↓2〜4 合計値225で成功!
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 01:23:27.06 ID:C4/FWi7M0
にこ
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 01:29:51.62 ID:gTXyorKn0
任せろー
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 01:30:28.30 ID:Job4G/VQO
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 01:39:57.48 ID:C4/FWi7M0
この状況は迷うな コンマ操作で99を出せば合計約229になってとれてしまう
安価下
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 01:50:19.24 ID:gTXyorKn0
取らぬなら取る
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 02:01:48.76 ID:t6DhCkMp0
▽にこ色欲値10上昇 にこ【色欲:20 小】


>>93【62】×1.2=『74』
>>94【30】×1.2=『36』
>>96【24】×1.2=『29』


合計『139』Miss






魚の玩具「」パック!パック――こつんっ☆



ことり「あっ、お魚さんの上唇にあたって…はぁ…失敗しちゃったぁ」





凛「おーい、ことりちゃーん」

穂乃果「やっぱり此処にいた」



ことり「凛ちゃんに穂乃果ちゃん…あはは…こっちは全然かな」



穂乃果「釣れない?」


ことり「うん、口を閉じるタイミングと竿を振るのが微妙にずれてたみたい…」





▽おもちゃの魚の口に楕円形の黒い磁石が張り付いている

▽ソレ目掛けてタイミングを合わせた一振り、それが中々巧くいかんというもどかしさに顔を伏せる





▽20分消費 『21時00分』
『知識値』>7800

▼血の判定
直下レスが01〜32で魔物の血が強まる


【1000特典、コンマ25緩和 所持数2】


@猫爪

A『取得済み』グローブ・籠手 (交換可能)

Bナイフ

C釣り竿・鞭

Dチャクラム

E銃

F槍

G薙刀・日本刀

H やらない

※1000特典のコンマ緩和をしようする際は使うと安価にご明記を願います


直下
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 02:08:29.92 ID:C4/FWi7M0
H やらない
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 02:20:11.29 ID:t6DhCkMp0
▽H『やらない』を選択

三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
______|_II_II II II I| II.|                             _,rー┬z|: l    |::: |
 ̄ ̄\\\\\==|==|__              _  _  「|      |::::|::::::|::|:|:_| ̄| |‐┴ュ
:¨ ̄ ̄~|:::|:::::|::|¨|Τ)ニ)ニ))_|_|__   __          |:|::| |::|:::|‐v゙:| ̄:| ∧「:| ̄|:::|::|:|:: | ̄¨|¨゙|::::||┐
::::::::::::: ::|:::|:::::|::|: |::l:┬‐f壬ニ:| | |‐   |::|‐| ̄|    「::|::| _l:_|:::|:::|ー|: : :|_|__|:::|: : |:::|::|:|:: |::::::::|::::|::::||::|
ニニニニニTニニTニニT:::|_」__,| | |:::|‐‐|::|: |__/´ ̄`ヽ-|::|_|::::|:::|:::| ||:::::::| |:::: l:_:_|:::|::|:|:: |::::::::|::::|:::jI斗-────_‐-
______,|  |_______|_,|  |_l.| | ̄ ̄ ̄ ̄|'    r‐:|::|::|:|‐┴─rz|:::::::| ̄ ̄|:::::|‐r‐┐:|::::::::|γ´γ´γ´ ̄ ̄`ヽ_ヽ
   | ̄|_」L⊥ -|‐|  |  | |ニTニTニTニT「 ̄| ̄ ̄ |ニニニニニl==|三三|二二TニTニト::::| ̄~~|ニニニTニニニT三三|:|:|:|:|
   |_|_」L⊥ ‐r‐ュ_|,,,.。o≦|ΤZZZZZ7_「二二二|_|_|TニTニT|\|TTT|┴┴┴`|ニニニ|^Y⌒Y⌒Y竺竺竺竺竺
',   |_〉___/‐イ| | ̄|_| ̄|:|_|_|。o≦ ̄ ̄_____ ̄ ̄`ヽ^ヽ| r=====ョ、二二二」二二l二二二二|二二二
∧  / /:|::||  /   |:| | ̄| |_|」 Y≧s。..__ ̄// ̄______,,,....。o1_|: Τ|≧===≦、 ̄ ̄\i'´ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄
/∧/ / |::||/|:::|   |_| | ̄|:|:|::|.: |≧=-------------ーー==≦| |: │ ̄| ̄| \| ̄ ̄ ̄|≧s。..,,__ ̄ ̄| ̄ ̄
∨∧/  |::||  |:::|,.。o≦ヽ 弌‐'"| │|_|| ̄ ̄ ̄|二二二l|二二二| |: │ ̄|_|   ̄ ̄ ̄ゝ    __「二二二二
. ∨∧  |::||  |:::| |:i|  |:::|  |  | └|_||二二二|__|_|___|_|‐┘ ̄ ̄ \  : : |\_ ̄ |\_\ ̄\| ̄
  ∨∧ :|::||  |:::| |:i|  |_」_|/__/    /___/ ̄ヘ___\ ̄ | ̄| ̄|]| ̄| : :\|_|\_|___|\ ̄ ̄ ̄
_|_∨∧l::||  |:::| |:i|/ ̄|二二二二二二二|二|:|_|_|| ̄|_||‐|‐||‐|| ̄| ̄|  |  | |  |\ : : : :\|\\_\ヽ ̄ ̄
_|_∨l|::||  |:::| /ー─|│=============l| | | ||_|_||_,|_,||_,||_|二二二二二二二l : : : : \| ̄|‐〈 ̄|`r─
.. ,.ィi〔」.|::||  |:::| |___|┴.┬rzzzzzzzzzzz┴示示示示示示示示__|__|__|| : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
イxK「|:| |::|| /:://  /: : :::|::|_,||_,||_,|:_:_:_:||__:__||V||V||V||V||V||V||:|│ | ̄|| ̄| |‐‐| : :          : :
''|:|::||:::|:| |::||':::/   /:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||ハ||ハ||ハ||ハ||ハ||ハ||:|┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: :
::|:|::」斗≦>'゙  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〜:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : : : : : : : :
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────




凛「でも、最近少しだけコツがわかった気がするんだよね」

ことり「ちょっぴりだけわかるかも、今までよりもノルマが高く感じないような気がするよね」



▽数値で言ったら25点分くらい取りやすさが変わったような感覚だ、歩きながら各々がそう語っていた








@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』

A 『食べ歩きができる通り』

× 『ゲームコーナー』 (今出たばかりです)

C 『夜景の綺麗な場所』

D 『出店通り』

E 『此処を出て行く』


直下
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 02:35:14.01 ID:kTc4GDXI0
4.夜景の綺麗な場所
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga!美鳥_res]:2018/07/04(水) 02:52:10.82 ID:t6DhCkMp0
▽C『夜景の綺麗な所』を選択

『BGM:FF7デートイベ専用曲』
https://www.youtube.com/watch?v=6Pi9xgOXvTs





  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚





花陽「この旅が始まって一週間近くが過ぎて…」


花陽「思い返せば人生の中でも激動の日々でしたよね」



絵里「そうね…日々糧の為に戦って〜って感じだったのに、全員で蟠りを解消して知らなかった真実にも触れて」

絵里「濃すぎるくらいよね」





▽恒例の場所でこれまでの冒険を振り返る…自分達は何者であったか




真姫「まったくだわ、…この調子だと何が起きても最終的に驚かなくなりそうね」







▽天を見上げていると、思考の泡が水底から浮かんで行く…高坂穂乃果もまた、仲間達と同じように元の世界の事や
  この世界に来る直前の出来事…思い出せない記憶について考えていた、するとどうだろう、誰かが隣に座り込んだのだ…それは―――


※【魔物娘】から穂乃果に対しての会話or行動(魔物ゆえに制限なし)

直下
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 03:06:38.11 ID:C4/FWi7M0
ことりの呼びかけで 希が持ってるはずの白雪の日記4〜6を穂乃果含む全員で読む
(内容の再掲載は無しで)

効果は希望値-500or+1000で -500が一つだけのはずはないと>>1が過去に答えていたから
希望値オーバーはしなさそうなので
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 03:33:56.86 ID:t6DhCkMp0
▽ことりの呼びかけで全員で日記C〜Eを読む



  {{ :. N、 ヽ: : :。弋リ      , ,  ,//イ/ / |:|
  {{ :..|  ヽ \:..、 , , ,        /イ ノ | ,': |
  {:V ::|     |∧   '        ノ : : :| :i : :|
  ` \{     } ヽ    ⌒     / |: : ::| :|: : |
    \    }  : :| > 、   イ  <} 、| :| :ハ
          | |___:| : : : :∧  イ  /; ; ;`ー、_ハ_
         リ; ; ; ; /ヽ ∧} ∧ /; ; ; /; ; ; /; ; ; ; ヽ
        /; ; ; ;/ //ヽ V /===、; ;/; ; /; ; ; ; ; ; ; ;}
         {; ; ; ;;}   /   }////; /; ;/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;}
        {{; ; ; ;;}  Y    iV//} ̄; /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;}
         j{; ; ; ;ノ  ||      〉//〉; ;;{ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;}
       ∧/;/ ` 、}x=-----//; ; ; ;ノ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;}
       /; /; ; `、/; ; ; ; ; ; ; |/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;リ


ことり「…」スッ





▽隣に座り込んだ子は――――南ことりその人だった





ことり「此処なら、落ち着いて話もできそうだよね」ボソッ




▽それは隣にいる向日葵少女に対しての言葉か、はたまたことり自身の独白だったのか…どちらの意味で出た言葉なのか理解するのに暫し間が空いた

▽彼女は徐に鞄から取り出したソレを彼女の目の前に掲げる、本来それを持っているべき人は東條希で、この子ではない



▽一瞬面食らったような顔をしたが、ことりの背後に立った希の申し訳なさそうな顔が目に留まり、「話を続けて?」とだけ切り出した


▽どういう経緯か知らないが、お互いに承諾した上で手渡したということなのだろう

▽今は幼馴染が何を目的として『白雪の日記』を取り出したのか、ソレを聞こうじゃないか





ことり「ずーっと気がかりがあったんだ」

ことり「穂乃果ちゃんが元居た世界、それは…たぶん"この場所"なんだと思う」コツッ、コツッ


▽ドアをノックするように、手の甲でコツッ、日記の表面を数回叩いていることり…彼女の傍らに集い始める仲間達





ことり「…穂乃果ちゃんが私達の世界に来る直前の事、きっと読めばわかると思うの」


ことり「こんなにゆったりできる場所も時間も限られてるから、だから…ね?」







▽…此処で読め


▽そう言いたいのだな



▽高坂穂乃果は小さく頷き、ソレを手に取り捲った
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 03:45:25.47 ID:t6DhCkMp0
-内容カット-





ペラッ…ペラッ…




穂乃果「ァ」ズキッ




穂乃果「ぁぁ…」














穂乃果「ぉ、おもい、だした…」













穂乃果「わたし、帽子を取ろうとして足を滑らせたんだ…頭から石に思いっ切りぶつけて」ガタガタ…

ことり「―――」ギュッ



穂乃果「っ」



ことり「手、握ってるから…震え、ことりが止めてあげるから…」ギュッ


希「…辛かったら、無理せんでもええんやで、此処でお開きってことにして日を改めるなり、そもそも止めておくとか…」





穂乃果「…ううん、読む、読むよ!…向き合わなきゃ、いけないんだ…っ」






▽C読破

▼希望値-500

▽人間性回復!(しかし 既に MAX だった…)

▽思い出・帰郷心回復!(しかし 既に MAX だった…)

105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 03:49:26.63 ID:C4/FWi7M0
ええ人間性と思い出回復するんだ……。3-572に書いてなかったからないと思ってた 惜しいことしたな
安価下
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 03:57:07.76 ID:t6DhCkMp0

-内容カット-


ペラッ…ペラッ



穂乃果(…雪穂っ!…穂乃果なんかの為にこんなに苦しんで…私のせいで窓から飛び降りようとしたなんて…!)








▽もしも、言葉が届くのであれば言ってやりたい



▽あの時足を滑らせたのも帽子を探しに行ったのも何もかも全て自分が勝手にやったことなのだと

▽だから気に病む必要性も、罪悪感を感じることも苦しむのは間違っていると




▽だが、自分の言葉は伝わらない


▽やるせない…このどうにもならない儘ならなさ…




▽唇を噛む穂乃果の表情には悔しさとも、自分への怒りともとれる顔色が滲み出ていた





穂乃果(お母さんもお父さんも…あっちに居る皆にも…すごく辛い想いさせたんだね)





▽魔物娘ではない人間の8人、それにクラスの友人達……自分はこんなにも周りの人に大事に思われていたんだと分かる


▽もし、事故や病気で死んでしまったとして、"お空の上"から自分の居なくなった後の世界を見る事ができたとしたら

▽それはこんな感じなのだろうか、こんな風に胸が痛くなるんだろうか…









穂乃果「…」ペラッ ペラッ






▽D読破

▼希望値-500

▽人間性回復!(しかし 既に MAX だった…)

▽思い出・帰郷心回復!(しかし 既に MAX だった…)
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 04:07:56.65 ID:t6DhCkMp0
-内容カット-






穂乃果「……」




穂乃果「…」ポロッ





▽日記の頁も残り僅か、自分が昏睡状態に陥りそのまま川に身を落とした出来事


▽それが切欠で家族や友達…たくさんの人を悲しませてしまったこと




▽綴られた文章を追いかけていく度に日記帳を持つ手は小刻みに震え、胸の奥にはぽっかりと穴が空く思いだった…











▽特に、自分の身勝手のせいで、あれほど笑顔を護りたいと心に決めた雪穂を…っ


▽穂乃果自身が雪穂に【死にたい】と言わしめる程にに傷を負わせたのだ、外傷ではない、心にだ













▽…そんな彼女が少しずつだが立ち直ろうとしている…




▼▽なんとも複雑な心境だ




▽寝たきりになってしまった自分の為に、甲斐甲斐しくも雪穂は毎日通いつめ、穂乃果に語り掛けてくれている





▽それは正直言うなら『嬉しい』


▼だが同時に"雪穂の人生からあらゆる可能性を奪ってしまっている"…それが【悲しい】




▽嬉しいけど悲しい…実に複雑な心境だとも



108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 04:19:16.45 ID:t6DhCkMp0



穂乃果「…」グスンッ



穂乃果「…ことりちゃんも希ちゃんも穂乃果より先にこれを読んだんだね?」




希「…ごめんな」
ことり「うん…怒って良いよ」



穂乃果「怒らないよ」



穂乃果「…」










      穂乃果「私、すごく嫌な子だ」






     穂乃果「雪穂の人生から無限の可能性を取っちゃってる…、生涯の重荷になってる、なのに…なのにっ!」




     穂乃果「雪穂が、こんな…動けない状態になった私に、これだけ尽くしてくれてるのを『嬉しい』って」


     穂乃果「ここまでしてもらえるような人間じゃないのに…っ!なのにッ!」


     穂乃果「もしも来てくれなくなったら嫌だなってっ!私に構ってくれなくなるのが怖いって思って―――」








     穂乃果「…自分が勝手に真夜中に出かけて、こうなった発端だって自業自得で」

     穂乃果「その癖に雪穂に見捨てられたら…って考えたら、怖くて」






     穂乃果「本当に凄く嫌な子だ…最低じゃん私…」








 花陽「それは…違うよ」


 真姫「自己嫌悪を感じちゃってるわけね…貴女も面倒臭いわね」

 真姫「何様のつもり?聖人様にでもなった気なの?…人が人から愛されなくなるのを恐れる、当たり前でしょ」

109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 04:36:40.02 ID:t6DhCkMp0



希「真姫ちゃんが言ってる通りだと思うで」




   希「何て言うんかな…それが"人間らしさ"なんだと思う」






絵里「心にはいつだって二面性があるモノよ、コインに裏と表があるように…良い面もあれば悪い面だってあるわ」


絵里「それは感情を持つ生物全てに言えることよ」




凛「うん…雪穂ちゃんに大切にされて嬉しいって気持ちも、見捨てられたくないって心もそれそのものが悪いとは言えないよ…」



海未「穂乃果、貴女はその気持ちを快く思わないかもしれませんがそれが一般的な感情で人が誰しもが持つ感情なんですよ」



にこ「そーそー、…んな事でウダウダ言ってるよりやるべきことがあるんじゃないの」



にこ「私がアンタの立場なら、さっさと妹の為に目覚めるわよ」






にこ「読み始める前にことりが、その日記の場所が本来アンタの居た世界だって言ってたでしょ」

にこ「どーいう理屈で今アンタが寝たきり状態じゃなくてこの場所居るのか、とかその辺は分かんないけどさ」



にこ「にこがアンタの立場なら『妹の為にさっさと帰って元気な姿を見せてやる』わ」



にこ「1日でも早く戻れば雪穂ちゃんの人生の時間を奪わないで済む、なんか間違った事言ってるかしら?」




穂乃果「…」






ことり「日記の中の雪穂ちゃんは、形はどうあっても前を向き始めてるんだよ」



ことり「自分から命を断とうとした雪穂ちゃんはもういない」


ことり「穂乃果ちゃんが目を覚ますその日まで進み始めてるんだよ」






花陽「穂乃果ちゃん…引っ込み思案な私が言うのもどうかと思われるかもしれない、けど…これは前向きに考えても良いと思うの」



穂乃果「みんな…」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 04:45:41.76 ID:t6DhCkMp0




穂乃果「……」



穂乃果「頑張る…私、頑張るよっ!絶対に雪穂の所に還ってみせるっ!」










▽希望値が1000上昇した!!



▽人間性 全 回 復 !(しかし 既に MAX だった…)

▽思い出・帰郷心 全 回 復 !(しかし 既に MAX だった…)






―――
――




▽穂乃果のアライメントが変動した!!


▽記憶を失う直前の事を思い出した!
※エンディング――――解禁




――
―――




▽20分消費 『21時20分』


希望値-500 -500 +1000=0


人間性=大幅回復

思い出・帰郷心=大幅回復


エンディング――――解禁




@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』

A 『食べ歩きができる通り』

B 『ゲームコーナー』

C 『夜景の綺麗な場所』 (もうちょっとだけ居る)

D 『出店』

E 『此処を出て行く』

直下
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 05:01:02.71 ID:C4/FWi7M0
D 『出店』
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/04(水) 05:12:38.79 ID:t6DhCkMp0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



      今回は此処まで!次回は金曜日の夜

       7月6日 夜21時00分頃再開予定


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 05:32:07.26 ID:C4/FWi7M0
>>1乙 拠点で読むと拠点が破壊されそうなので ここで白妙の記憶も読んでみたいけど
体力回復してからのほうがいいかな さて飴は売ってるだろうか
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 20:43:13.89 ID:YSO5VVNz0
乙乙
まだ瀕死のままだっけか
今更だが白妙の記憶は<裏 れんあいげぇむ>世界線の話なんだよね なかったことにされた世界って意味?
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/04(水) 21:07:23.94 ID:kTc4GDXI0
運命ダイスのくだりが微妙に本来の結果と違うな、勝ったのは〇〇だった
>裏 れんあいげぇむ世界線
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/06(金) 21:27:47.84 ID:yTf/2ZrJ0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[再現コラム]+知識値300




   垣根は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている




<アリストテレス 古代ギリシア哲学者 紀元前384〜紀元前322>
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>3660/5000

『知識値』>7800+300=8100

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/06(金) 21:41:47.34 ID:yTf/2ZrJ0

『恋人通り<ラヴァーズ・ストリート> 内部 専用 BGM』
https://www.youtube.com/watch?v=9-5J_P141Tc



▽D『出店通り』



▽家を飛び出す前までは重たかった鞄にも今は余裕があった

▽『枠数は "5"』出店通りを訪れたのは即戦力になる仕掛け武装<ギミック・アーツ>、もしくは食料品を始めとした目ぼしい雑貨が無いか見に来た為だ


▽見て回ってそれで欲しかったら会計を通す、それだけの話である






            /⌒\: : \ _ノ , 斗-―‐-ミ    \
.           / : /: :/\_//: : : :  ̄`: : : :\/    廴_
         |: :_L斗-〈 ,>┤=-―‐-=ミ: : :\ ∨    {
.           <´::::::::::::/: : : : : : : : : : : : :\: : :', ∨/  L\
           \::::〃: : :.:.|: : : : : : : : : : : : :\/∨\/  {_ ',
.            /∨: : : /|:|: : : : :.:.:.|: : : :∨ : : : :.:∨   ノ: :
           /::/: : :.:/ |:|: : : : : :.:.:.| : : : :∨: : : : :.|/ {: :.|
           : :′:.:./  八|\ : : : :.:|: : : : ∨: : : :.|  /: :|
         i: :|: : : |/ ̄    ー―‐L:__: : : |: : : : :l/ 〉: : :|
          |: :|: : : |   x=ミ     x≠ミ  ̄|: : : : :|  」 : : |
           |:.:.|: : : |',〃 _)ハ       __):ハY ′: : : 厂: : : : |
.         |:.八: :八', 乂ツ       乂_ソ /: : : : :∧: : : :.|
.          |: : : \: :\ :::::        ::::::: /: : : :/} }: : : :|
        |: : : : : 「¨T^   ′      /: : :/ー'/: : : : :|
        |: : : :.:| 人    r_,     ̄ ̄/¨´: : : : : : :|
        |: : : : |                イ |: : : : : : : : : :|
        |: : : :.:.|      |> ,__,,. <    ト,: : : : : : : : :|
        |: : :.:.|  _|: : : .,-|  ___彡' ∨ : : : : : : |
        |: : : : | /  \::__/ _jr'´       }\: : : : : |
        | : : : 厂\ \/ //Χ|     / />―ァ¨¨ ̄>、
        |: : :.{___   ア /|/[_ト、   / //  /ァ-ミ__」 ノ_
        | : : _|_ `ア  //'=/| |ニ| / //  / {二ニニ\ \ノ|
        | : {    ア / /〈_,,//| |__|V  /  / ̄  /ニニニ=  |
        |/ヽ___/ / / /=/ :|ニ|: // ,   / { ̄二二ニニニ|┌┘
.       /=ニ〈 / / / /=/  |ニ|// /  / ̄/ニニニニニニ|└┐


ことり「何処のお店に行くの?」

穂乃果「ああ!それならあそこだね!」スッ




@ 『ご飯屋 GOHAN-YA』

A 『アイドルグッズ(主に衣装)店』

B 『<ギミック・アーツ> 優雅なる魔導書店』

C 『<ギミック・アーツ> 鋼の美筋肉ゥ!』

D 『大人の玩具屋』

× 『この通りを後にする』 (今来たばかりです)

直下
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 22:12:57.85 ID:pLeEF0tt0
@ 『ご飯屋 GOHAN-YA』
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/06(金) 22:32:40.33 ID:yTf/2ZrJ0
▽@を選択



※お月見団子に見えますが串にささった団子です
                                  ,. '  ̄ `ヽ
                                /       ',
                                !          l
                           ,. '  ̄ `ヽ  ,. '  ̄ `ヽ
                          /       'y         ',
                          !          !          l
                      ,. '   ̄ ヽ.  , '   ̄ `ヽ  ,. '  ̄ `ヽ
                     /       ',/       'r        ',
                     __  !          l         l         l  __
              ,r´ ̄    ̄`x、       ノ、        人       y´ ̄    ̄`ヽ
                       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   \_________________/
                           |                  |
                           |                  |
                           |       .γ ⌒ヽ         |
                           |        i    i       |
                           |        ゝ .___,ノ        .|
                           |                  |
                           |                  |
                           |                  |
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

カランカラン♪



▽穀物を主に取り扱うこの店、食べ歩きの通りにはスーパーマーケットもありはするが
  武器や衣服を買ってその帰り道に寄って行こうという人は此処を訪れる




花陽「」じーっ



▽花陽 が 米俵 を 欲しそうに見ている !


穂乃果「あはは…そんな目で見られると困るよ…」



@ 『米俵(軽) 食料 30% 回復』ただし、水、火を焚ける環境が必要

A 『米俵(中) 食料 60%回復』ただしry

B 『米俵(重) 食料 80%回復』ry

C 『カレー粉 食料5%回復』お米にかければ回復値が15+

D 『焼きおにぎり 食料 19%回復』 醤油からみそ!色々あるよ!

E 『お団子セット 食料 15%回復』 どこでも食べれるおやつ


お値段

@ 知識値 400
A 知識値 650
B 知識値 890
C 知識値 250
D 知識値 250
E 知識値 200
F 帰る



直下
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 22:38:42.39 ID:TvWZ9XQFO
2
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 22:45:29.54 ID:yTf/2ZrJ0
                    _,.. -ーー ー- .. ,_
                _, "           `ヽ、
              _,."   ,. ,- '"´ ̄ `゙` ー- 、   ヽ
.             /   _, ": : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ,.  ゙、
             ,'  ,.": : : ; : : : : : : : : ヽ; : : : : : : : :ヽ : :',
            j ,/: : : : :ハ: ; : 、: : : : : : :ヽ; : : : : : : : ヽ .}
.             j j : : : : / ', ',、: ヽ : : : : : : :ヽ : ', : : : : ゙, i
            { i : : i :/  ヾ、\: ヽ: : : : : : :ヽ ', : : : : ',.}
            } !: : :i:,' ,. ‐''"ヾ、 `ヽ、; _ : : : ヾ; : : : : i}
             j', !: : :l,'  ,.z==ミ `     x==ミ.,__!: : : : j:',
.           /: :', : :ハ 〃 )゚刈      ' _)゚: 心 | : : : j : ',
          _/ : : :゙、: : ',弋 ソ.ツ      弋.ツ_ノ ,': : : /: :ヾ、
          ,'ハ: : : :',\:.ヽ 、 、    ,    、 、 、 / : /: : i : |`
          リ ',:l : : :ヽ',``             ,.'/ ノ: ; : |ヽ!
            ヾ゙、,ヽ|-゙、     , ー- - 、   "/'" --'、/
             /‐ー- 、,ヽ、   t ____ ノ  / -ー― 、 ヽ
           //     `ヽ`, 、,     ,.  '"'        ヽ ',
           ,','  .; __ _   ヾ、 ` ー " /      i   ',゙,
          , ' r f"ヾ ヾ .}    `゙ー}:{-‐'"    f'`r‐,r‐,..、  !.i
―───―― '-"ヽヾ, ! f、j――――'‐゙―――‐| ! ,' .,'/ メ―' 'ー――――――‐
ニニニニニニニニニニニニニ:` 'ヽ'ソニニニニニニニニニニニニニニニ゙"リリf_/.ニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
─┬─―┬――,―――ッ―――‐┬ー┬────、―――、―‐, ,―ー‐┬ー‐┬─
  |.ニニニニ|'/  ,."     /´      |ニ.ニ|        `ヽ   ヽ,  ',゙,   |ニニニ|
  |.ニニニニ|' /゙メ     ./;: .       lニ.ニ| .         ',    ,}ヾ、',゙、   .|ニニニ|
  |.ニニニニ|"ハ,     ハ:゙: : : . . . . . . . |ニ.ニ! ;_:_: : . . . . _ ; ': i,  ,ノ  }ヽi }   |ニニニ|
  |.ニニニニ| ヽ ` ー '} i ',: : : : : : : : : : lニ.ニ|: : : : : : : : : : : :〈゙、 ̄  ノ ノ' j  |ニニニ|
  |.ニニニニ|  ` ー-‐".j ',: : : : : : : : : :lニ.ニ|: : : : : : : : : : : : :゙、`ー ' " /`'/  |ニニニ|
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────


 花陽「穂乃果ちゃぁぁん…」ウルウル


三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
.:::::::::::::::::|:::::::|:::::::/     |::::|::::::::::::::::::::::::::|:::::::/        ヽ,::::::::::::::::::::::::::......|
:::::::::::::::::i::::::::!::::/      |::::i:::::::::::::::::::::::λ:::/          ゝ:::::::::::::::::::::::......|
::::::::::::::::i::::::λ::|       !::::!:::::::::::::::::::::/i:::/           ミ:::::::::::::::::::::::.....|
:::::::::::::::i:::::/'´l::|´""'''''──'゙、ハ::::::::::::::::ノ i:ノ`゙゙'''ー---──--  i:::::::::::::::::::::::.....i
:.:::::::::::::i:::/  |::|   ゙ー--x `、ヽ::::::::リ  ノ y-──         i:::::::::::::::::::::......i
:.:::::::::::::i::{  .リ          `、:::::i                }:::::::::::::::::::......!
...:::::::::::::V      ----─    \!    ー----        i:::::::::::::::::.......i
....:::::::::::::|  ィtォゥtrzrtfキヨヲ≦"        アヲオエftォzwx、,__   .}::::::::::::::::........}
::....:::::::::::{弋:::xメΟノ:::厂  !         ! xメΟ:::::厂 ゙弋_ /:::::::::::::::...!..../
.:::、...:::::::::、  弋__ノ  ''"          弋__ノ   ノ゙'"´/:::::::::::::::.../|./
.:::::\.:::::::ヽ                            /:::::::::::::.../::/λ
...:::/(.\.::::::\  〃         !        〃   /ヘ:::::::::::::.../::丿..i.|
...:::| { ハ\:::::::ゝ                         /::/ノ../}:::::::::..i..{
....::ヽ ゝi `ゝーヽ、                     /,/!///::::::::::.λ、
....::::::\ !   ∪                     /´  彳'´´ /::::::::!:::...|ヘヽ
::..:::::::::::ヽヘ        `゙'''''"゙ ゙゙̄''''"" ゙̄'''''"      /ノ  /:::::::::ハ::...| 、ヽ
::..:::::::::::::::::::\           `"゚´            ,イゝイ::::::::::::./ |::...}  `、ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::\                      /::::::::::::::::::::.../ /:.../  }  }
::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、                 , '´::::::::::::::::::::::::..../ /:../  / ノ
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────


 穂乃果「…」





 穂乃果「…わ、わかったよぉ」





 海未(折れましたね)

 凛(折れたにゃ)

 希(折れたね)


 真姫(チョロいわね…)カミノケ クルクル



▽A、米俵(中)を購入します!
122 :残り知識値7450 [saga]:2018/07/06(金) 22:49:23.37 ID:yTf/2ZrJ0
               __
           , . :-: : : : : : : : :`. . 、
           /: : : : : : z====ミ: : \
        〃: : : : //: : : : : : : : : :\: ヽ
       /: : : : ://: : : : : : : : : : : : : : ヽヽ
       /: :_:_:_//: : : /ヽ: |、: : : : : :ヽ: : ヽ、
       {: }_//-、: /  ,ヽ、ヽ: : : : : : : : ヽヽ
       }: :/ }、_//  ̄  ヽ、`  、: : :}: : :} `
      /: :ヽ/{ }: :{ ィ芍芹、  ` 芍笊 }: : :} }     …♡
     /: : : : : {\: :{〈弋少    弋ソノ/: :/
     {{、: :{: : :ヽ_ \ 、、    ,  、、/::ノ   _
      `\ヽヽ: : :\`    _   /彡*'`'`'`}}}: : :}}`ー--、
          `ヽ} \   ´ '  /';;::TT: : :三88/`、`、':: : : ヽ
         {{  {     > </ノ{: : : }}: : : : 88/: : : '.,',、、、`、`、、z⌒ヽ
       / ミミ  ヽ   ' ヽ /{三三: ; :;、: : :88/: :{ :、: : :/: : : : : / ニ  ヽ
       /     ミ  ヽ__  /} : :`ーミ_ {{ー88/}: /: : :}: : ): : ): : ( z⌒ヽ }
     /      ミ  ヽ  {}ミ: : : |: : : : {{: :88:/:`ー//ー--三彡//}  /
     |        ミ、_ノ}} ミ、 }: : ; ; :;:;: :88: : ;: ; : ; ;; ; :;: ;: ;: ;: : }:}} /
     }          ミ_//: : : : :ミ、; ; ; ;;;88:: ;: ;: ;;; ;; :;: ;; ::::  :: :}/}
     }、         ヽ }}::;; ;i:; :; :;;;:: ` ミ、三三======彡
      }        () }ニ}: ; ; ;; : |: : :: : 88: : : : : ; ; : : : : : : : : : ,'
      | |       /_/ミ}}ミ、、: : :|: :; ;;; : 88: : : |: : : : : : /): : : : :}
      、 、_ ` 、_//\}}: : `ミ、、、: : : : 88: : : |: : : /)_//): : : :彡
      }     (_/  {z=、ノ \: : : : `: ミ、、88:_:_:|:_:_/   /三彡/
      /     `(__ノ     `ー―  _  --'    /: : : : :,'
(_) ̄ヽ 、}         \              _/: : : : : :}
     { ヽ         }{: \_ ==―; ;: : :| ̄: : : : : : : : : 彡
 /  /  ヽ_        /} |: : : : :` ミ、、三三三三三三三彡: :/
/   /    、____ {ミ、: : : : : i: ; ; ; :88`:':`:':`:':`:':`:':`': : : :/
   /            ヽ` ミ、、: : i: : : :88: : : i: : : :i: : i: : : : : /}
  /       `*- 、   }: : : ` ミ、、: : :88: : : i: : : :i: : :i: : : :z彡
 ,'         __> ミ、、: : : : `ミ三三三三三三彡彡:/
 {        ´    ` 、、: :ミ三彡: 88: : {{: : : : : : /: : : :Y
 {                `ー-、: :; : ;:; :;:;: ;: ;: _三彡ミ__/
 ヽ                   ヽヽ       /-(_
  ヽ 、                  \\     /__ノ Y
   ヽ ` 、                 _ \_/ ̄) ノ
    ヽ  `               /―、\_)z== 彡
     ヽ   \            /__)⌒' ヽヽ
_z==ミ     ヽ         ∧_//      ヽ
/  /-―ヽ     ヽ      /  /`'       ノ
⌒`ヽ{/ ̄      ヽ     /ヽ__)  、___ノ





穂乃果(あんな目で見つめられたらそりゃ勝てないよ)トホホ…



穂乃果(…でも、喜んでくれたならいっか)





@ 『ご飯屋 GOHAN-YA』 まだ買い物する>>119の品リストから選択

A 『アイドルグッズ(主に衣装)店』

B 『<ギミック・アーツ> 優雅なる魔導書店』

C 『<ギミック・アーツ> 鋼の美筋肉ゥ!』

D 『大人の玩具屋』

E 『この通りを後にする』

直下
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 22:53:55.71 ID:jOlKVd/10
B 『<ギミック・アーツ> 優雅なる魔導書店』
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 22:54:43.49 ID:vEUF+PPi0
4
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/06(金) 23:06:01.33 ID:yTf/2ZrJ0
▽Bを選択




にこ「花陽、アンタもう持てないでしょ私が持ってあげるわよ」ヒョイッ


花陽「あ!…ありがとう」



にこ「はいはい、どういたしまして…」テクテク

花陽「…」テクテク




にこぱな「「…」」テクテク








にこ「別に米俵を取って食ったりしないから安心なさい、っていうか生じゃ食べれないわよ」

花陽「あ、…あはは//」カァ///




▽米俵担いだにこちゃんの背後をピッタリと続くかよちん




―――
――


【恋人通り内部:『優雅なる魔導書店』 】



@ 『バイオタイド理論文』
      月の満ち欠けによる潮の満ち欠けと体内の血液の動き
      その戦闘中に限りいずれかのステータス最大値が減少する『月輪の眼差し<ルナティック>』の効果


A 『幻夢の巻物』
        敵一体に100%の【幻惑】を付加


B 『幻想闘魔の書』
        敵全体に【幻惑】が付加できる(ただし1体につき01〜32)

C 『植物学の法則』
       コンマが奇数ならば敵全体に【鈍足】を付加

D 『気流録』 コンマに応じて強い風が出る
       【風】属性 コンマ数×60ダメージ


お値段

@ 知識値 1200

A 知識値 780

B 知識値 690

C 知識値 780

D 知識値 400


直下
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 23:15:34.73 ID:vEUF+PPi0
可能なら買わずに帰る
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/06(金) 23:25:51.15 ID:yTf/2ZrJ0
`ー、           `ー―`                          'ー―'
  .`┌─────────────────────────────────────‐‐┤
    │ ._______________________________________.|  イ
    ┴┴─、、王―――――――――, ,――――――――――――――――――――‐, ,―――‐| ./.||
    -,    i.i ~|ー,──、、|i!il||i!ilil||i!il|i| ||i!il||i!il|i!il||i!il|i!il||i!il|i!il||i!ill||i!il|i!il||i!il||i!il||i!il|i!il||i!ill||i!il|| |i!il||i!il||i!ill|/ ||
     ̄l    i.i  | ̄ ̄|  i.iー──、、== ======================================== =======.|| .||  _
     ̄ ̄l.  i.i‐┴‐,‐‐,.  i.i‐-,__ i.i──、、i!il|ii!il||i!il||i!il|!il|i!il||i!il!il||i!il|||i!il|i!il||i!ill||i!il|i!il||i!il||i!ill|| |!|i|i!il|i!ili|i.|| / ̄/
        |   i.i   |.  |  i.i | | . i.i ̄| .i.i======================================= =======∠_/
    | ̄ ̄l   i.i.ー┴., .|.   i.i~|~|. i.i二i_ i.iil|ii!il||i!il||i!il|!il|i!il||i!il!il||i!il|||i!il|i!il||i!ill||i!il|i!il||i!il||i!ill||| |||i!!l|i!il||i!.|
    |    |.   i.i    | ̄|   i.i ̄|. i.i   | i.i====================================== =======.| _,,-ii
    | ̄ ̄| ̄ ̄i.i ̄ ̄| ̄| ̄~i.i ̄ ̄i.i. ̄| ̄i.i|i!il||i!ill||i!il|i!il||i!il||i!ill||||i!il|i!il||i!ill||i!|i!il||i!ill||i!il|i!il||i| |!il||i!ill||||i!||   ||
    |    |    i.i    |  |..  i.i   i.i.  |__,,i.i.===================================== =======.||   ||
    |    |    i.i   |__,,! --'‐‐'''ニニ--‐冊'~i|i!il||i!ill||i!il|i!il||i!il||i!ill||||i!il|i!il||i!ill||i!|i!il||i!ill||i!il|i!il|| ||i!il|||!ill|l|.||   ||
    __,,, ニニ--‐‐'''ニニ--‐‐''' l.l冊|llllll.lllllllllllllll森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森==ニiニニ
    ニニ--‐‐''' ~l.l|.|.|.|.l.l.l||||||llll.lllllllll圭圭圭圭圭圭圭ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.|
   |. |. | | | |.|.|.l.l|.|.|.|.l.l.l|||||lllll圭圭圭圭圭圭二一|~________________i'i'i二二\ .||~''-
   |. |. | | | |.|.|.l.l王王王王王王王王二一 ̄|   |                                 | 'i'i.二二二||  .||
    王王王王王王王王王王二一 ̄|.     | /                             | 'i'i. ̄ ̄__||  .||
    王王王王王王王二一 ̄|    |    /                               l. .'i'i二二、`-、||、
    三三三三二一 ̄|    |    |   /                            l   'i'i..__|`ー―`
    三三二一      |    |    |. /                                   l.  'i'i.─||~'-,
    ,ー ̄.   |    |    |    /                                     l   'i'i.__||  ||


※買わない


穂乃果「状態異常系の術書が多いね、こっちは鈍足でしょ?それに幻惑が二つ」



穂乃果「一番値打ちが高いモノが『バイオタイド理論文』かぁ」スッ




▽バイオタイド理論文…"月"の重力と引力、それが齎す生物への影響などが書かれた魔術論文、著者は理華という名の女性のようだ



穂乃果「他の店舗にも行ってみて気が変わったらってとこかな」

真姫「つまり、保留ってことね」




@ 『ご飯屋 GOHAN-YA』 まだ買い物する>>119の品リストから選択

A 『アイドルグッズ(主に衣装)店』

B 『<ギミック・アーツ> 優雅なる魔導書店』>>125の品リストから選択

C 『<ギミック・アーツ> 鋼の美筋肉ゥ!』

D 『大人の玩具屋』

E 『この通りを後にする』

直下
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 23:27:40.84 ID:i/zWcU5gO
あれ、飴ちゃんどこだっけ?とりあえず4
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 23:38:05.22 ID:jOlKVd/10
確かめたら出店どおり出て 食べ歩き通り行って 食材売り場のお菓子コーナーだった
なかったら600ごとに引けるくじのおまけ賞で狙いたい お米とカレー粉あるから
野菜(BBQセットでいいだろうか)と肉買ってカレー作るのもいいな
安価下
130 :>>128 飴ちゃんなら この通りでは無く 食べ歩きできる通りの スーパーマーケットですね! 本日売られてるかは兎も角… [sage]:2018/07/06(金) 23:50:24.57 ID:yTf/2ZrJ0
▽Cを選択



▽書店から下り坂を下りて行って、二本目の曲がり角を右折…和風チックな佇まいの物件がある

▽小さな小池は竹の鹿威しまでついていて、水がたまると"カコーン"なんて日本庭園にありがちな音まで鳴る仕様…




▽よく見ると小さな蛙の置物も置いてあって可愛らしい





穂乃果「あった、小さな看板だったから見落としてたけど、此処曲がるとあるんだね〜」



凛「『鋼の美筋肉ゥ! 〜6号店〜』 だってさ、幾つ店舗あるんだろうね」






@ 『スタン・ナイフ』

   相手を痺れさせる電流が発生する投げナイフ(ナイフではあるが真姫専用の特殊武装ではない)
   その人の攻撃翌力分のダメージ+コンマ30〜45で1ターン行動不能にする
  (ギミック・アーツではなく物理的な武装の為、人間には扱えない


A 『登山用ロープ』

   武器では無い、雪山で標高差を一段飛ばしで進める、一回使うと消える



B 『大き目のリュックサック』

   荷物の持ち運びに、キャンプや旅行でも使える便利グッズ、最大持ち物枠+1


C 『ガーゴイルの瞳』
  一度だけ全ての攻撃に風属性を付加+【魔封じ】が付加される
  (元からある属性もちゃんと適用される)


D 『ケルピーの尾』
  一度だけ全ての攻撃に水属性を付加+【幻惑】が付加される
  (元からある属性もちゃんと適用される)

お値段

@ 知識値150

A 知識値500

B 知識値5000

C 知識値950

D 知識値950



直下
131 :>>1 [saga]:2018/07/06(金) 23:51:47.02 ID:yTf/2ZrJ0
失礼、saga忘れです


直下
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 23:55:00.56 ID:jOlKVd/10
買わない


持ち物枠は町を出歩いて手に入れよう
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 23:56:50.07 ID:vEUF+PPi0
リュックはありがたいが5000はなぁ
安価下
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/07(土) 00:08:10.55 ID:kgwuMNCp0



穂乃果「うわっ!?知識値5000ッ!?このリュック高過ぎやじゃないの…」えぇ…




▽荷物枠が1人だけ+1となる鞄!…でもお高いんでしょう?



穂乃果「これは買えないよ…」

絵里「そうね…それなら何処か街の中心部で煌びやかな街にでも入り込めればまだチャンスはあるわね」





凛「あっ!見てみてバスケットボール!」

凛「わぁ〜砂漠で偶に埋まってるの見たけどこういうとこにもあるんだね」


ことり「一応スポーツ店(?)だし、ボールはあって当然じゃないかな?」



▽ドラゴンの身体の一部とか、ガーゴイルの眼玉とかナイフや斧が売られるスポーツ店でボールを見つけた凛は…思った事をそのまま口にする


凛「うん!ボールの武器とかってないのかなってちょっと思って…」ニャハハ!

ことり「ボールの武器?そんなのあるかな?」






真姫「…」

にこ「…」




にこ(ありそうね…あの溶岩肌の魔物娘は燃えるボール投げて来たし)

真姫(…材料さえあれば、普通の鍛冶屋で造れなくても私のMAPアーツで合成できそうね…そんなのあるなら、だけど)





@ 『ご飯屋 GOHAN-YA』 まだ買い物する>>119の品リストから選択

A 『アイドルグッズ(主に衣装)店』

B 『<ギミック・アーツ> 優雅なる魔導書店』>>125の品リストから選択

C 『<ギミック・アーツ> 鋼の美筋肉ゥ!』>>130の品リストから選択

D 『大人の玩具屋』

E 『この通りを後にする』

直下
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 00:28:21.14 ID:yb9x01TY0
E 『この通りを後にする』
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/07(土) 00:37:29.77 ID:kgwuMNCp0
▽Eを選択




―――
――

三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
          ̄⌒^^''=- i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。.         /:∧     |
 ̄ ̄ ̄~~゙|\          ̄  ‐= _i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。     /:::: ∧  / ',           }i:i:i:i:
      |\|                ̄ .|^^'' <i:i:i:i:i:i:i≧s。., |::::::::: |  /__',        ___j{i:i:i:i:i:
.       __|\| -ミ               |: : : :|ハ ``''*ミi:i:i:i:i:≧s。.,::::|  |「」「l|         |::::::/i:i:i:i:i:i:
_  γ´   `Y:::::::ム            r┴ |: : : :|:::|     `ヽ <i:i:i:i:i:≧s。.,:::::|    _   |:::/i:i:i:i:i:i:/
 `Y      ,:::::::::::::}            _〕:: 〔|: : : :|:::| ハ      \:::`'<i:i:i:i:i:≧x     |: : |  |/i:i:i:i:i:i:ア::::
  }',    ノ.:|\_ノ         <ノ: ::::||: : : :|:::|]|::|>     ∨|:| `゙Yi:i:i:i:i}‐ュ.  |: : |/i:i:i:i:i:/::::::::
 ノ ≧=≦: ヽ|: : :\|        x=ミr|: : : :||: : : :|:::|_|::|_    ,ハハ |::|:|。o彡i:i:i:ソ: :|  |,.イi:i:i:i:i:/::::::::::::::
´     :|、\|: : : : :|      /  _ヽ: :[]: :「」: :|:::|::: :: |   (ニニ.イ:|:|i:i:i:>'": : ,.。o≦i:i:i:斗r彡::::::::::::::::::
]]]]]]]]]]]],,l_\,|: : : ::::|n,,    /_ ̄ ̄__∨:_:_:_」二「二。。⊥。。zzzz彡,|::|:|'"...-=≦≫r:个ニニii|/=========
______,| l、 .|_::::::::: |::::|zェェェェェ| ̄~゙|:|::┬r…¬ニT「「 ̄ |: :,.。s≦i:i:|::|:|-┬=≦:_:_:|__,|: : : : ||」」」」」」」」」」
_|_|_|_|_|_|_|,| |:l: | |::::__::|:::::Yェェェェ|: : : :|:|zzzzzzzzzzzzzzzzz彡ケニニ|::|::|:|:::::| | :|====|: : _||」」」」」」」」」」
______,|_|」└:::(_:::::= : |_|.,八/|: : : :|:|::::| l\:|: : |:_|_`ーr:┬': :(ニニ|::|::|:|zェ| | ,|ィ=ミ:| _|_|」」」」」」」」」」
_|_|_|_|_|_|..| |ZZZZZZフ:::::|:l:|:::::|::|:_:_:_:|:|、_| l _,|<===>|:::|TTTTT_|::|::|:|:::Y⌒Y_|'   Y |:::_:|_|__|::::::| | |
         |i:i:i:||:::::::|:||=:::|:l:|::|^Y:::::::≧s。 ̄__,「」ニ>…<「」===| |zzzzl二二二二二l .|___ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━┓ |i:i:i:||:::::::|:||=:::|:l:|/  Y::::::::::::::|__ /|/...,,,_ ヽニニニニニ|癶 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|     ̄ ̄ ̄ ̄
二二二二二二二二二二二ア.. ∨i:i:i:i:i:i:i|_|_|_|ヽ:|    | ̄| || ||::| |二二二二二二ニニ|_|``ー|
: : : : : : : : : :/‐,.イア_,ィzzz寸:i:i:i:i:|_|_|_|ニ|    |  | || ||::|_|-|:|‐‐|「≧o。.,____|_|``ー| |=-
: : : : : : : : /‐‐/:/| |_l|「二l|、\i:i:i|_|_|_| | トミ_|、.::| ̄ ̄:::|‐|:|‐‐|≧o。.,_|::|::::: :: |_|``ー| |:|:|:|:「lTi=
: : : : : : :..:/__,/://|_|_l|o‐o.|ト\\|_|_|_| | l]]]]]| |、| |:::::::::::: |‐|:|‐‐|: : :|`r、`Y:::::::::|_|``ー| |:|:|:|:|:|:|:|:|
: : : : : : /   /:://::| |{≧=≦::\\|_|_|_| | |::::::::| |、| |:::/ ̄¨|‐|:|‐‐|: : :|::|:::l`|:::::: : |_|``ー| |≧o。.,_:|:|
: : : : : / ̄ ̄7:::://::/| |{ニムマムマニ\| | | | | |::::::::| |、| |:::|``'ー|‐|:|‐‐|: : :|::|:::|::|::|:::::::|_|``ー| |:::::::::::::::
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────


穂乃果(とりあえず、お米を買ったくらいかな)


▽目ぼしいモノはそんなには無かった、穀物は必要な物だったから買った、…という事にしておこう




▽装備に関して言えば、属性攻撃を付加できる瞳や尾は特に必要とも言えない

▽書物にしても同じ事が言える、絶対的に必要ではないのだ







@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』

A 『食べ歩きができる通り』

B 『ゲームコーナー』

C 『夜景の綺麗な場所』 (もうちょっとだけ居る)

× 『出店』 (今戻って来たばかりです)

E 『此処を出て行く』 (MAP上へ)

直下
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 00:42:54.76 ID:g5ubl4t0o
2
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/07(土) 00:51:51.70 ID:kgwuMNCp0
▽A食べ歩きができる通りへ



にこ「折角だし、武具じゃなくて食品も見て回んない?」




▽米俵かついだにこがそれを提案したのはすぐだった



にこ「いや、別にお米だけに不満がある訳じゃないわ、綺麗な白いご飯とか貴重だったし」


にこ「でも、やっぱりもう一品欲しかったりするじゃない」



花陽(私はお米だけでも大丈夫です!)キリッ

花陽(とは言えないよね…)



海未「一汁三菜とも言いますし、確かに見るのは大事ですね」



穂乃果「此処からすぐの場所にあるし…そうだね!行ってみよう!」




三三三i = }|                        ____
rfzrfzrく=くj::{                         }/////{
ルルル{リイ!|                     _///////\
 ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}三三三三く
        | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ|      |!  : : :.
        | | {玄!                    }文{イ  !       |!  : : : :.
        | | {rfi{                       }fマ{  |      |!  : : : : :.
        | | {セi_____________忙リ   ゞ===彡  . : : : :
====<| | {り>≦i{     __ ノノ    : : : : . . .       . . : : : : : .
        | | {爿辷之}    .// ̄ ̄      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
        | | {k八K{   //            . . . . . . . . . . . . . .


@ 和の味わい 〜料亭 おじゃる丸 〜

A カフェ・カップ・チーノ

B 中華・熊猫飯

C 美しい夜景とワインを…レストラン『サークレット』

D モスドナルド・チキン

E 食材売り場 いちばいち

× とりあえずお腹を満たす (さっき拠点で満腹にしてきました)

× この通りを去る (来たばかりです)

直下
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 00:53:03.74 ID:yb9x01TY0
E 食材売り場 いちばいち
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/07(土) 01:28:39.42 ID:kgwuMNCp0
- ''-''.,''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''ヽ. ` "、.""""""""""""""""""7
   ゛.゛ ‐..________\--`、___________,'-- ,!.'
旦旦‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_旦旦旦‐_‐_‐_‐_‐_‐_レ'  
_____________凸__________      
~|¨|¨"i | ,..'.| .|幵幵| | |ミ| ||.in` r ~‐-,  ~-     8 ,' .,.    
. ! .!  ! , 'ттттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 "  "   .゚.,'.,.', -'".
. ! ー!┌.――.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"' ー- .',.' 
_レさ/.| .(ェ)Aツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.  
  ',i .| f i ヾ.ヘ、...| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾ
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、mi      i_ ,.7A.fヽ_―――.<
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿皿` ._,ィ(,,,,、)_., 、|ス.「「 ̄「 ̄|__}f"ヽ
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 , -'"_フζ(`ー'―`-'"~| l  .|  .| |ニニコ¨ 
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ 
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.    
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、 
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".| 
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、
/,,.、 `>''"''"ヽ,r' .〉- l,.r=|.ノ  i i  i ', .ll .レ'-'i.i `‐'ィ|`rY 口 ',コ ト、´ ', } }`、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
__________ |__________ |________ ト、
ー‐―――――――――――――――――――――――――――――┤
ー―――┬―――――‐ー┬―――――ー‐┬──────ー┬───┘


▽E食材売り場いちばいちを選択

※コーナーが多く1安価出して見に行くのも大変だと思うので一括でメニューを出しておきます

※詳細説明が省かれているので、購入の時に聞かれればお答えします、その後で買うか買わないかも選べますので

            『本日のお品書き』


・野菜
190¥ 『バーベキューセット(野菜のみ)』 回復量20%
100¥ 『トウモロコシの束』回復量11%
180¥ 『大玉スイカ』回復量19%回復
100¥ 『ピーマン詰め合わせ』回復量10%回復
115¥ 『綺麗なトマト』回復量19%

・肉
200¥ 『ピリ辛チキン』回復量20%
150¥ 『干し肉』回復量15%
130¥ 『鳥の手羽先』回復量19%
140¥ 『豚ヒレ肉』 回復量20%
130¥ 『ひき肉』回復量16%

・魚
250¥ 『海鮮丼』回復量30%
200¥ 『お刺身』回復量20%
180¥ 『タコさん』回復量13%
100¥ 『秋刀魚』回復量10%

・お菓子&パン

160¥ 『チーズバーガー』回復量15%
400¥ 『虹色マカロン』回復量5%
430¥ 『かっぱえびせん』回復量10%
300¥ 『チョコレート』回復量14%
550¥ 『業務用雛あられ』回復量25%

・調味料


250¥ 『カレー粉』回復量5%
290¥ 『ラム酒』 回復量4%
200¥ 『ソース』 回復量6%
200¥ 『ケチャップ』回復量6%
270¥ 『お味噌』回復量6%




×何でも良いから食べて空腹解消(満腹です)

帰る


直下
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 01:40:29.62 ID:yb9x01TY0
『かっぱえびせん』『チョコレート』『業務用雛あられ』
このあたりは特殊効果ありそうだなあマカロンが魔翌力全員100回復だったし
安価下
142 :>>1です [saga]:2018/07/07(土) 01:46:52.17 ID:kgwuMNCp0
>>141

基本的にお菓子系は全部特殊効果ありですね、調味料は特定のモノと合わせれば回復量upだったり
食材の中にはMAP上でも何処でも生食可だったり、焼いたり煮たり調理しなきゃ食べれないモノもある
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 01:47:44.80 ID:yb9x01TY0
190¥ 『バーベキューセット(野菜のみ)』 回復量20%
140¥ 『豚ヒレ肉』 回復量20%
300¥ 『チョコレート』回復量14%

144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 01:49:36.25 ID:yb9x01TY0
ではよかったら参考までに『かっぱえびせん』『チョコレート』『業務用雛あられ』 の特殊効果を
教えてください 安価下
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/07(土) 02:10:35.12 ID:kgwuMNCp0
>>144
『かっぱえびせん』…普通に食べても良いし、水の上でばら撒いても良い…撒くと魚群が集まる

※24時間の間 MAP上『湖』でのプラス効果がかなり上がる

移動時ゾロ目地形に補正値±01 『 (76+01) 『77』 (78-01) 』でぞろ目地形扱いになったり
『不思議な〜』『美しく清らかな〜』…etcの出現コンマ率が20上がる

ことりちゃんの釣り師としての腕の見せ所である




『チョコレート』…普通に食べるより、誰かと二人っきりで食べると好感度や依存度が上がる

特定人物だとめちゃくちゃ上がる



『業務用ひなあられ』…味方全員の魔力値がコンマ×10回復する、00だと回復しないけど


――――――――


穂乃果「お肉コーナーで豚ヒレ肉でしょ…それにバーベキューセット!」



▽野菜だけがどっさり乗った竹ザルを買い物かごに入れる、ご丁重に串までついてるようだ


凛「やったね!にこちゃんお仕事が増えるにゃ!」

にこ「そーねー♪お外でバーベキューするならにこにーが焚火代わり〜…って、ぅおい!」ビシィ!




海未「茄子に椎茸、人参、南瓜と定番揃いですね」

穂乃果「うん!…ピーマンもあるのがちょっと…」


海未「好き嫌いは許しませんよ」ニコッ


穂乃果「…はい」シュン












絵里「 」じーっ






チョコレート『 』デェン☆




真姫「…欲しいの?」


絵里「!? べべべ、別に欲しくないわぁ」カァ//


希「我慢すること無いと思うで」

真姫「穂乃果ー、悪いけどコレ会計に追加ねー」スッ『チョコレート』


絵里「ああっ!!」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 02:18:39.78 ID:yb9x01TY0
かっぱえびせんすごくよさそうだなあ
スレ冒頭の手持ちの空きが5個だからそれ以上は無料でもらったまきびしをすてるしかなくなるけど
安価下
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/07(土) 02:19:48.66 ID:kgwuMNCp0



チャリーン 知識値630¥




現在:知識値【6820】


ウィーン!


穂乃果「あ、600を超えたからくじが引けるみたい」

               /⌒\ /`Y >────
             /: : :._ ノ≦´.: : : : : : : : : : : : : : :.\
               /: :く: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           |: : :.入/.: : : : :.|.: : : : : :.i.: : : :.\: : : : : : :.\
           |: :./ /.: : : : :. :./{.: : : : : :.|´´≦ミ: :ヽ.: : : :. :. :.}
           | : ∨.: :. :. :. :./ .|.: : : : : :.|    `Y.: : : : : :. :.|
           |.: .:.{.: : : :.{:.|:.| .|.: : : : : :.|     |: : : : : : : :.|
           ∨: |.: : : :.|人{⌒{.: : :. :. :.|´ ̄ ̄\.: : : : : : : :.|
               }.:.:|.: : : :.| 芹云\: : : ノ芹云ミ  |.: : :. :. :. :.|
               |.:.:|.: : : :.|〈 辷リ  \  辷ツ ヽ|.:..:. :./ : : |    ―――!
               |.:.:|.i{.:. .:.|                  | : : /.i: : /
               |.:.:|八.: :.|      ,        /: :./ }.:.:{
               |.:. :. .:.|\、               /: :./ .ノ : |
               |.:. :. .:.| }ト     n      厶イ_/.:. .:.|
               |八.:..:.| |: :\          イ.:. :.:.i.: :. .:.\
                 \{ /.: : : :.`>、_  <´ }.: :. .:.|.: : : :. :.}
                  /{.: :. :. .:./⌒\   _/i、.:..:.|.: : : :. :.|
                |从 イ´ {_ ∧ ∧  人: :/: : : :.八}
             > ´ ̄´ |  / ̄ ̄\/ ̄ ̄}⌒ </
           /、     /  {   /}i     | ∨  `\
           {  ∨    {  ノ ̄ ̄ 八 ̄ ̄ \ ∨    }
           |.   ∨     \\    /  ∨    //     |
           |    ∨    <  \_/    ∨_/⌒\    i |

      _________
    /            /|
   /    =====   /  |
 /            /   |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |
 |                  |    |
 |                  |    |
 |        抽        |    |
 |        選        |    |
 |        籤        |    |
 |                  |    |
 |                  |   /
 |                  |  /
 |_________|/






「  抽選くじ!コンマ1桁 ¬

 00  淫惑の香水(取り出した瞬間瓶が割れる
 ゾロ目 銀の指輪
  1 スカ!
  2 残念賞 飴玉(いちご味)
  3 スカ!
  4 地図の切れ端T字
  5 スカ!
  6 スカ!
  7 ホテル割引券
  8 スカ!
  9 スカ!
  0  ホテル割引券
L               」


直下
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 02:22:57.77 ID:M5fr0I5r0
任せろ
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 02:23:35.61 ID:M5fr0I5r0
ドヤァ…
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 02:23:40.39 ID:yb9x01TY0
いつもまかせろの人はすごい
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 02:25:02.79 ID:PxG75F4m0
せい
152 :結果『77』 ゾロ目! 銀の指輪 入手! [saga]:2018/07/07(土) 02:32:15.93 ID:kgwuMNCp0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



       今回は此処まで!次回は火曜日の夜


        7月10日 夜23時00分頃予定!


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/07(土) 03:24:30.39 ID:yb9x01TY0
>>1乙 ホテルの割引券と指輪両方じゃなく 指輪のみ手に入るんですね 指輪のほうがレアなのか
24時間移動時にいい効果があるとするならかっぱえびせんはすごく買いな気がする
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/07(土) 23:59:23.92 ID:kgwuMNCp0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[七夕ログボ]





   さーさーのーは さ〜らさら♪





    贈り物があります




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/08(日) 00:06:56.36 ID:hNrvOlJW0
ミスった途中送信


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[七夕ログボ]



 さーさーのはー さ〜らさら!


  贈り物があります、次の内からお選びくださいませ…




                          rー 、
                   _   (⌒ヾ-、::\
          ∧       /::::::ヽ/⌒,へ:::ヽ\:|
           |::::',     ∠/⌒ フ:::/  `V  !
     __  {:::::} ,イ      /|:::/
      \:::::ヽ、V/::/     /   V ,イ二ニ=、
       \;;;;;;水;;ノ   ,ィ' _ rーー(⌒ヽ⌒ヽ、
       <二ヽ|/   /ソ" ̄ /::::/ \::::\;;;;;`、
           |  / "     |/   iヽ:::::| \:|
<⌒ヽ     ,.イ レ'/     __      i \|  !
  \::::\  /:/ /ソ    ,ィ /:::::::::::ヽ   | ̄ |
<⌒ヽ:::::)/::::/ //   // (::::::/ ̄ `\ | 七|
  \::::\{:::ノ //  {;;,イ⌒i:::::\      |   |
    \:::::Y // r-く   |:::::|\:::::\    | 夕|
       ̄|///(::::::\ l:::::|  ヽ::::::',     .|__|
       /7"  i\:::::ヽV    \|
     //   | ̄ |`V
     //     .| 天|
    ,'/     | の|
    |.|     | 川|
    |.l     .|_ |






  @ 知識値 700 & 希望値 700

  A 『♡:聖杯』pt 70加算

  B 『♧:杖』全部 充電率MAX200

  C ホテル割引券(有効期限なし)1枚(フロントに送られる為 荷物枠は圧迫しません)

  D 何かの間違いで吸生や吸精が出ると穂乃果ちゃん昏睡するかもしれんし魔物の欲望値を全消し


↓1〜3 一番コンマの"低い"モノ採用


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>3660/5000

『知識値』>6850

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 01:50:04.12 ID:aa7feXb7O
5
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 05:44:49.83 ID:L0z/jXjio
5が一番お得かな?
5
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/08(日) 09:39:08.11 ID:E34ykhLq0
決まったかもしれんが
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 07:07:02.02 ID:HXKcMqPo0
>>7のアイテムのうち 凛の【淫誘の香水】は14-44居住区に侵攻したときに敵に投げてなくなって
絵里の【銀の祝福】は14-339か350で盾Xと順番は前後しますが結局両方とも使われてなくなっています
にこはアイテムがフルのはずなので米俵(中)は別の子にお願いします
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/10(火) 23:22:24.47 ID:Mpam1dZw0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログインボーナス]知識値+300




 七夕ログイン・ボーナスの結果は>>158『11』でDとなります



欲望値 全消し!


花陽【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

凛【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

にこ【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

絵里【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

ことり【色欲:0 極小【食人欲:0 極小】

希【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

真姫【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

海未【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>3660/5000

『知識値』>6850+300=7150

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100

>>159 ありがとうございます、にこですが鶏のぬいぐるみを倉庫に入れているので空きががあるはずです

現:持ち物

穂乃果
【道程の案山子】 【デュラハンの劔】【白妙の記憶@〜B】
【運命ダイス】【中華まん】【転移の魔石】 ・【勝利者の咆哮<ザ・ウィナー・バウリング>】

花陽
【避妊薬<ピル>】 【白妙の記憶C〜F】 【折り鶴】
【素材:ミスリル】【バンシーの肖像画】


【    】【輸血パック】 【水兵さん帽子】
【表情<カオ>の無い仮面】 【風魔手裏剣×5】 【飴玉(メロン味)】

にこ
【輸血パック】 【魔力回復剤(MAX) 】 【輸血パック 】
【山彦の帽子】 【バシリスクの牙】 【輸血パック】
【米俵(中)】【コーラ・マジック】

絵里
【   】 【血染めの匙<ブラッディ・スプーン> 】
【輸血パック】【浮力の羽のペンダント】【デコイの呪術書】 【魔力回復剤(MAX)】 【山彦の帽子】


ことり
【水兵さん帽子】 【かっぱえびせん】【飴玉(メロン味)】【カレー粉】


【天叢雲剣<あめのむらくも>】【奴隷姫の髪飾り】
【豚ヒレ肉】【ケルピーの尾】 【絵の具】【風魔手裏剣(×1)】

真姫
【輸血パック】 【メディウス・リボン 】
【魔力回復剤(MAX)】 【まきびし】 【シルバートレイ】

海未
【チョコレート】【風魔手裏剣(×4)】
【ヨルムンガンドの蛇鱗杖】【   】【魔力保存器―――既に満杯】
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 23:35:08.09 ID:HXKcMqPo0
いつもうっかりしててすみません 今なら煌びやか地形特典出たら金貨の攻撃防御特殊上げなんかに使えそう
安価下
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/10(火) 23:41:28.39 ID:Mpam1dZw0
▽結果『77』






穂乃果「と、特賞!」





▽引き抜いた籤にはそう書かれていた、書かれていた二文字を確認した直後祝福のベルは鳴り響く







          カランッ!カランッ!  〜♪ オメデトーゴザイマス





真姫「あのスピーカーからの音声ね」




▽真上からお祝いの合成音声、そしてぶわりと飛び散る紙吹雪、変に凝った仕掛けでした

▽無人でも、籤の内容を認識してこれだけやるなんて技術の無駄遣いね、と誰かが言った呟いた気がする





凛「ねぇねぇ!特賞って何!何貰えるのー?」ワクワク



穂乃果「ちょっと待ってて、えっと……指輪!『銀の指輪』だって!」

凛「あの綺麗な奴?なら早速交換所に籤を持って行こう!あのカウンターのとこだよね!引換所って看板の下にあるの!」



―――
――





  銀の指輪『 』コトッ☆




穂乃果「…綺麗」



▽手に取った、銀の環…古来より人が手に祈りを込める大事な存在、成功や健康、あるいは愛の誓い

▽親指と人差し指で摘まめるサイズの小さな装飾品は着飾らないそのままの輝きを保っていた




穂乃果「絵里ちゃん!前にアクセサリー作りの参考にしたいって言ったよね、持っててもらっても良いかな!…ダメ?」


絵里「あら?ダメな理由なんて無いわよ、寧ろウェルカムって所よ」ウフフ♪




▽持ち物枠の空きから絵里に手渡します

163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/10(火) 23:46:39.39 ID:Mpam1dZw0
           /         └⌒ヽ
          / /___  _ノ__ 」{⌒},」 ,,,,─┐
         _ノ / 「;;o。;。゚;;o;;;;;;\ ___/゚;;;;;o;。;;;;}
       ⌒ 7 l   V;;;0゚o;;o;;;;;;0; \)。)」;;。;;;;o。O;〈
           八ノ   Y;;;;;。;;;;O゚;;;ox<   ̄ ̄   > 、
         /    |;;;;;;;;;ニ=/´⌒^'"⌒  '´     `
     乂_ イ     从;;/;;〃 /            、    \
    \,._,/    / ^¨。/ l /             \     丶
      ⌒ ー─'彡'o。;;;;゚;′|,.′      r‐┐l
         /;;。;;;o;;;;;;;; l /      /  i! ト、     ',    ,
         入;;;;;。 ;;;;;;;; | l,/ /    /       l \      '     l
           ニ=-‐'" | l  | |i   /  ̄ ‐ムj   丶  \ i     ト、
              ∧i | | |   ′ _,,,..   `'     ヘ  :|     |^ ',
               八从 |:.斗ャr_);;小_       \|     |  ’
                   | 丶! i|{ 乂zン      xャ=ミ l! / /j   }
                   人   ト八 .:::::.      "    У,イ /i/ ノ
                   \ /\        ,   .:::イく//ノ
             /    〃ノ'\`           /\く
               //'′ ', \    マ ̄ア    イハ ` }
       ニ=   -─ 彡 八{   ri   、  /´),.. <   l--i|
     //⌒         \(⌒}   _>イ /\ ノ /( _ノ
.     //             ( ∠,.<く V '\/ / )-=く
    八(       _/⌒ヘ-='"{ゝ--、 ヽ`  /./⌒/(´    \
     ⌒    / / /_ノ .(⌒) V⌒/     /〃.. //       }
          /  〉^}. .|(⌒/⌒ ′  ,イ.{(⌒ト.j         |
          .′  }ノ. . | /)/. .l    /. .入_^ ,ノ         '^>
            ′_/.. . . ..(_/(⌒Y|    {. . . ..(_人}  ___,//
       /´ /.. ... ..../ / . (⌒○|   |. . . . ../=-'"´.. ..(⌒). .`Y
       Y.ノ. ..′.... ....ノ ′.....(__乂|    ,.. ...〃.(⌒). ..(⌒◯⌒) |.、
.       |..(⌒|.. .. ... .../(⌒). . . (. .|    ,/(⌒○⌒)..(__乂__)..' 〉
        .′〈八... ... ...i|`'○⌒)... ...|    〈_'(__乂__).. . . . . . . .| く
     / . . . . ∧. . . . |__人__). . . . ,     ' a7⌒^.. .. .. .. . . ..L.ノ
      .′. . . . ./⌒^ーー<_,∠⌒^^,     、,/|. . . . . . . .(`). .厂`}



絵里「〜♪」ルンルン





▽別に特別な意味があったわけではない、それは分かる


▽しかし考えてみて欲しい、気になる女の子から銀の指輪を渡されたらそりゃちょっと舞い上がっちゃうのがヒトのサガというモノである





真姫「エリー、顔が若干にやけてるわよ」

絵里「えっ!?そ、そうかしら…!」

真姫「キモチワルイ」

絵里「チカァ!?」


@ 和の味わい 〜料亭 おじゃる丸 〜

A カフェ・カップ・チーノ

B 中華・熊猫飯

C 美しい夜景とワインを…レストラン『サークレット』

D モスドナルド・チキン

E 食材売り場 いちばいち でもっと買う>>140の品から

× とりあえずお腹を満たす (満腹です)

F この通りを去る (来たばかりです)

直下
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 23:53:46.73 ID:WYLBljJAO
6 かっぱえびせんを買う
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 23:54:26.34 ID:SB9ibZszO
通りを出る
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 00:03:07.05 ID:6HTZ/fks0
▽E>かっぱえびせん購入


  ことり「お買い物も終わったからもう帰るんだよね?」


  穂乃果「うん!いやーまさか籤が当たるなんてねぇ〜」



  ことり「ラッキーだよね!」


  穂乃果「うんうん!…あ、そういえばことりちゃんは欲しいモノ無かったの?」




             {__{__{___,,.. ―{}_;ノ. . -‐…‐- . ..`ヽ \
            /. . /. `ヽ:.:./. . . ...\. . . . . . `ヽ..\
              /. . /. .../. . /´. . . . . . . . .\. . . . . . .\..}ヽ
            ′ /. . /. . /. . . . . . . γ ⌒ ヽ. . . . .|. . }ノ. . ,
           |. . . . . :′ .′. . . . .i. ./     |..|. . ...|i. . . . . .′
           |. . . ../│. .|..|. . . .....|./,. --、 |..|. . ...|i. . .|. . .|.i
           |......./{ |. ...|..|. . . レj'´ __    }ハ......|i. . .|. . .|.|
           | . . /  }. . {..|. . . | ,ィ芥_     __ー乢_./. ....|.}
          /. .′ }. . ハ. . ..|代r少      イ芥 〉 /././/ノ
           / . . /    ,....ヘ ‘。...|           込ツ /././/
        '゜. . ..../   ハ.......ー乂} :.:.:      ' :.:_ノイ/
        /. . . . ./   /. ...ハ.......}  、   、 _,.    彳´
.       /. . . . ./   /. . /. .}.iへ   \       イ...|
     :′. ...../   ,,/_._./ィ=j |   丶   ーr<......../. . |
     : . . . . /  /ニニ乂__,ノ.ノ=ヘ   ` ┬iノ.......ノ . . ノ
     i. . . ...′ /ニニニヽニニニニ}ニニヘ   / | {ヘ-===彡´
     |. i. . .{  ′ニニニ∧ニニニー‐ァムー‐.. 、,. -=ァニム
     |. i. . .レ{ニニニニニ∧ニニニ/ニニ}::i::i--{}--{‐ 、ニ}
     |. {. :'゜. j二ニニニニニハニニニ\二/::i::i::ハ::i::i\}=′
      乂/. . /ニニニニニニニニ}二二ニ丶⌒ヾ/ハ ゝ::i:/ニ{
.      /. . /ニニニニ二二二}ニニニニニニ丶ニニ∧ 「ニニム
     /. . /ニニニニニニニニ二}ニニニニニニニニ≧=∧}ニニニム



  ことり「私?私は特に欲しいモノなんて…」チラッ






  お買い得コーナー『ピクニックのおやつに!漁船からばら撒く撒き餌に!か〜っぱえびせんっ♪』






   , ' ‐-、     , -‐―‐=、-、
../. . . . . . .l .,、 /. . . . . . . .`ヽ、
l ,:'´`l>、. . l/::::l'. .......__. . . . \ヽ,
ヽ',.:.:.:.:.:._,.ヾゝ-'. . .¨´. . . . . .`ヽ.、. ...ハ、
./ヽ-<´::::/. . . . . l. . . . . . . . . . . . 丶ハヽ
. . . .....`l/. / . . ././l.l. . . . .ヘ. . . . . . . `'. . .、
|. . ....../. ./. . . /./ ',lV. . . . l}.l. . . . . . . . . . .
|. . ....i . . l. . . .l./  リ V. . .ヽ}l. . . ., l', . . . . l
|. . ...i . . .| . . .i/_,. -‐‐ `ー-' └- 、ルi . . . . |
|. . ...l. . . l. . . i ,, ==ヾ     '',, == 、 `l. . . . i
|. .....i l . . i . . トイ { i:i小     ´ { i:i小'_l . . . .′
|. ......i.l、. . l. . .lヽ弋.ノ      弋.ノ ''/. . .../
|. .......',l.Yl´ヽ. ヽ            //.....,イ
|. .......,リ lヽl`ヽ.ゝ        '    _ノ....ノll. |
|. .......| |. ..`.‐-、ヽ    − -   ク,'-'´ |.i.l
リ ......l. |.l..............ヽ、        ,...'...... . .| i.|
.| .....|.|. i.,'l. .................个 、  , .ィ..'..................| .i l
.| .....|,' .i,' |. . . . . . .,l`丶 、`,、-'`i...................l .i. l
.|.......| ' | .........__/_|  __l`l l _l_',__....... . .l.i. .l
ヽl|...|_,. -‐'''"´ニlニ',r´:i:i:i:[]:i:i:i:i:`〉iニ"'' ‐-' ,,.'
. /レニニニ二二iニく ̄ ̄:ハ ̄ ̄:>ヽニニニ.,`l
 |ニニ二二ニニ>'ニ\:i:i:/l l:i:i:i:i:/゙<'二二ニlニ}
 |ニニ',ニ,'ニニニヽニニヽノ | ヽ.ノニニ〉ニニニl二
. l二二',,'ニニニ二.ヽニ∧ | /ニニ/二二二/ニニ|
丿ニニ;;;ニニニ二二ヽニ∧ /ニニ/二二ニニヽニニヽ

ことり「…ほしいもの、なんて、特に…」じーっ
167 :訂正を>>160ですでにことりちゃんが えびせん持ってますがミスでした… [saga]:2018/07/11(水) 00:12:04.63 ID:6HTZ/fks0
     /⌒ヽ{ /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     〃: : : : : ∨  }/: : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : ヽ
   /: : : : : : : 〈j  / : : : : : : : {: : : : : : :V¬ーz: : : : : : :.
   :′: : : : : : : { /: : : : : : :/ ∧ : : ∧: :‘,   `ヽ : : : : :.
   | : : : : : : :/V{: : : : :|/ { { V: : :∧: :}-‐-  ‘,: : : : |
   |: /: : : : 〈 /: |: : : : : |/ {ム-∨: : ∧ノ__      } : : |
   ∨ : : : : : V:|i |: : : : : |/   __ V: : : {´ __    .′: i |
   } : : : : : :/: |i | : : : : :|    -‐ \: :{ ´x===ミ {: : : i |     _     「…レジ、持ってこうか?」
   /: : : : : :/ 从:ノ : : : : :|  x===ミ  ヽ{ "       : : i |    〈 ‘,
  ′: : : : /:/  } : : : : : :{ 〃                 |: : :从    〉 `ヽヘ、
  {: : : : : :/:/  /: : /: : :从           '   u   从/  rー-、/     ‘,
  {: : : : : {:/  /: : / : : :ゝ:_:、    r ー― =@〃i|    ⌒ヽ x======ミ
  {: : : : : /  .′: :{: : : : : :}/ \   乂_ .ノ / } |       }′|__j__j__jハ}
  ∨: : : {  {: { : :∨ : : :_:{ / / ≧s., __ .,イi}  } |     //    `ヽ
   V: : :|  {从 : : ∨ / \/_/_/_/_/ } } } }  V     ′       | }
    ∨: |    \: :∨     { { { {≧s._}_ノノ{  {       |        | }
     V:|      ヽ/    _{ { { {__     V〉  ‘,       }         | }
      }リ         {   /   V‘, V‘, `ヽ   V〉  ‘,      }         !」











                            ___
                /⌒(^\ /\/ : : : : : : : : __>
                  | : : : : \:∨ / : : : : : : : : : : : `丶、
                  | : (こY⌒〈ア´   ̄ ̄⌒^丶 : : : \:\
                  人_,ノヘ/ . . : : : : : : : : : : : :\ : : : : : ト、
               / : : : : : :/  . : : : : : : : / : : : : : : : :ヽ : : ∨ハ
                | : : : : : / . : :/: .: : :./|::. : : : : : : : :|:ハ: :/ : : : ,
               | : : : : ,′: : :│: : : /_|::ノ: : : : : :|:│ |∧: : : : :,
                    | : : : : : : : : : :|..:|: /   八 : : :| : : :|:│ : : | : : : : ,
                   | : : : :!: : : : : :|斗斧ミx  \」|_ 从|: : : :| : : : : |
                  | : : :│: : : : :j〃 r'゚::し     斗斧ミx : | : : : : |
                 | : : 八| : :│从 弋^ツ       r'゚::しハ∨ : : : l |    「うぇあっ!?そ、その…良いよ!ほしいとかじゃ――」
                 |: : : :i小、 |八 i::i::i::        弋^ツノ/: :./ :八|
                 |: : : :|∧(> : : \      '    i::i::i::厶イ/
                 |/: : :| |:个ーヘ⌒^  r‐  、    ∧ /|
                / : : :リ |.: : : : : :.、     _ノ     厶イ: :|    -/ )_
                  /_/Y^|  |/: : : : : :|\       イ : : : : |:   / / // )_
               rく/│| |  ': i : : : : j|     ー=≦| : : :| : : : i: | _/ / // // }
            /| | |│ |_/r‐i___ノ7       L,,__:|:___i:_|/ }  {/ // /
              /: | | |│ ト、l |::::::::::〈        |:::::::∧  / {.    ´ /
.             | く| `    ヽノ |\ ::::::\-- 、   /|:::::::::::|__,′ 、    /
.             | : ヤ        | ̄ ̄\__>、_   _/___厂 |{        ′
.             l: :∧  \.   |      〈    |ー┘  /   八   }  ′
.             |/|ーヘ.        厂       |    /   / ∧      ト┐
               ∨^\___ス                 {  ー‐─┘人
               /\_____丿               {¨ニ=-----  -ヘ





穂乃果「いや、傍から見てて凄く欲しそうなオーラが出てるからね?」



 ことり「…」カァ//


 穂乃果「こういう時くらいは良いから」

 ことり「…お、お願いシマス」カァ///




7150-430

知識値残り>6720
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 00:18:49.80 ID:JCUwGCDe0
黒猫ブーツと比較して考えて喉から手がでるほどほしかったのでうれしい

質問ですが 米俵中60%肉20%野菜20%をカレーライスにする時にカレー粉は1つで充分ですか?
(なんとなくルー一箱をイメージしてしまうのですが)余ったご飯はおにぎりでもいいかもしれませんが
安価下
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 00:19:38.22 ID:6HTZ/fks0




穂乃果(いやぁ…いつだったかな、元居た世界で花陽ちゃんとダイエットした時があったけど)


穂乃果(ことりちゃんスナック菓子は結構好きだったよね、生徒会室で食べてたし…)チラッ







ことり「〜♪」ルンルン(釣り竿手入れ中)


真姫「ことり、浮かれ過ぎでしょ…」

ことり「えっ!そんなことないもん!」アセアセ



穂乃果「…食べる為よりも釣りに使いそう」



▽こっちのことりちゃんは生き残る為、半ばライフワークになってるからか異様に釣りにご執着と来たもんだ

▽かくして止められない止まらないお菓子の袋はレジを通されたのであった



※えびせんです、誰がなんと言おうと
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|
      ∨   。o≦≧s。                            /
      ∨   ||>'´`'<||          _              /
           ||≧o。s≦||   __  - _¨ -‐‐‐(せ)‐!    /⌒∨
       |   ≧s。...。s≦- ¨_ -(い) ̄:.:.:.:.:(幸):.:.:.:.:.⌒ヽ、`ヽ/:./^ヽ{
       |/ ̄\ ,(お)- ¨:.(し):.:.:.:.:.(っ):.(て)..:.:.:.:.:.:.:.:.ァ⌒ヽ':.:/ //|
       | Y⌒Y、´ /:.:.:.(い):.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:./⌒〉-'''⌒i:.乂_ノ:.:/ // |
       | :|  |,ィ=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ァ^ヽγ´_ `v゙  _  l-ー‐ 、/ // /|
       |l |  |、  '/:.:.:.:.:.:.:.∧  〈  (:) }  /^ヽ〉 ハ__ノ/ // /│
       || |  |∧  ∨_ ,ィ=ミ_∧  rゝ __ノ_ ̄ \  ,::.:. : .:∧ .// / |
       ||│  |:.∧  ',⌒)、_ノ⌒〉 {:.:.:.:(__):.:.{  {: .| `'′ーァノ  .|
       |l :|  |:.:.∧  '〈:.:.:./ ∧ └‐…ュ:.:.:.:.:.:.乂ノ:.:廴_/´ ☆ |
       || :|  |:.:.:.∧  ∨:(__/:.:.≧=-=≦:.:.:.:.:.: .:.:./ ̄`ヽ、  ☆  |
       |l |  |:.|\:.ゝ-':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、丶/ ⌒ ‐、 }    |
       |乂ゝ‐'乂  >-‐-ミ ‐‐--  ‐  ̄n / (() ィ=ミ } ☆  |
       |-、`¨¨¨¨´/ .: .: .: : ヽ   , -‐…‐- { { {  _人_   }    |
       |:. ∨   / .: .: ::   '. / .: : .: ∧V   ゝ-'   /ニ⊃'⌒|
       |:.:. ∨  ,  .: .: .::..   レ' ☆ * * }〈>ーーーー<〉´. .: : :|
       |:.:.:. ∨ ,'  :: :: .::....:.  / o ☆ .: .: ☆ ☆丁 ーo‐ く´ :. :. :. :.│
       |:.:.:.:. ∨  .:: :: :: .:::.:. / .: : : : |>.:.. : :|/ノ::::_/\__>.:.. .:.. . |
       |:.:.:.:.:. |  .:: :: :: .::..::./ .: .: .: .八 .:...:./   ̄`'<< } .:.. .:.. ..:.|
       |:.:.:.:.:. | .: :: :: .:.. .:/  .: .: ∧|[i]|∧' . ._、、 -‐ ¨ ̄ //´:|
       |:.:.:.:.:. | :: :: :: :: ::/  .: .: .:|二二二| ̄         〈 .: .:.:.|
       |.:.. . . j :: :: : :: :/  .: .:.. 〈 ̄〈              __ヽ..: .::|
       j.:.. . ..{ .: : :: : /  .: .:.. .:...〉  〉_  -‐   ̄/ ̄.. .: ..: ...:/ヽ
      /.:. .::..八..: .: .: : { ..: ..: ...:::..¨7⌒ .: ..: ..:: ..: : /.. .:: ..: ..: .::/:.:.:.:.:.\
      |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 |
      |__________________________|




@ 和の味わい 〜料亭 おじゃる丸 〜

A カフェ・カップ・チーノ

B 中華・熊猫飯

C 美しい夜景とワインを…レストラン『サークレット』

D モスドナルド・チキン

E 食材売り場 いちばいち でもっと買う>>140の品から

× とりあえずお腹を満たす (満腹です)

F この通りを去る (来たばかりです)

直下
170 :このレスは判定に含めない [saga]:2018/07/11(水) 00:21:11.95 ID:6HTZ/fks0
>>168
問題ありません
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 00:21:49.61 ID:G6GJC4GDO
ハッピーターンじゃねーか!
安価下
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 00:24:01.51 ID:JCUwGCDe0
F この通りを去る

くじがちょっともったいないけどまた今度
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 00:30:33.29 ID:HrWt1Jlv0
ハピ粉は草
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 00:36:54.33 ID:6HTZ/fks0
▽Fを選択



『21時00分』

三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
: ││|==:| | | | |´ ̄ ̄\ニニ\ | |ゝイ| :| |/ ,.ィi〔ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|  |  |‐‐| | |/::: イ  ||   |====\,.。o≦二二
: ││|==:| | | | |__  ` 弌ニニ弌二_| :| |〕イ‐l|||                ///:|  |  |‐‐| | |::::,イ=|  :||   |\,..。o1ニニニニニニニ
: ││|==:| | | | | | | | |〔:|:|==_〕::|==弌二| :| |〕 |l‐||||l  癶        /| ゙̄| 〈//,::|  |  |‐‐| | |/===|_,||   |二乂__|」 | | | ̄
: ││|`ヽ| | | | | |_|_|_|〔斗==_ミ |、:| |ニ}| :| |〕 |l‐||||zzェ|ェ:|zzzzzzzzzzz|:|:::: :|__ ∨/_|  |  |‐‐| | |_| |'´____|| ∩.:|_|li'´ ̄|」 | ,,.。o≦
: ││|`ヽ| | | | | |二∠二Y´ `Y:|_,,|ニ}| :| |〕 |l‐||||  ││││    |:|:::: :|: |//‐‐|  |  |‐‐| | |_| |]_||_ノ|| |:::| | |   |」/ __
: ││|`'||| | | | | |s。.,__|____|\,,|___}|_:|_,,|〕_| ||||-‐┴┴┴┴=ニニニ|癶: :| //ー‐ |  |  |‐‐| |/ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ̄`Y´_」Lニニニニニ
: ││| ||| | | | | |  ≧o。l__|\|_|_|ヽニニニニ二|_: : 冂:_:_:_:_:_:_:_:|_jI斗也/ー/|  |  |‐‐|/::::_:_|二二二二斗--<_,,.. ===
: ││| ||| | | | | l`|゙'ー- _≧rー|‐-|/_,|¨゙`ヽ|_|_|_|_| ̄|::|Y,,|┬ェ| ̄|'":::。o≦>イ_|_|/| ̄|,イニニニr≦i:i:i:斗===」_  -─…
: ││|‐l||| | | | | |│ |  :l``| ̄|_|ニ|二二ハ_|_|_|_|_|┴|二二「」_|__>''"   /ーーーー/ーー//i| ̄|,.ィ〔二二{{二弋 ̄__二二ニ
: ││|¨:||| | | | | |⊥,,_|  :|.,,_| ̄|~|│ll_//i|ニ∧二二二≧s。`ー─────=ァ'´ ̄ ̄ ̄ ̄~`ヽi|「」|‐l||│ ̄ || ̄~| | ̄:::: | |::::::::::| |
: ││|_,,||| | | | | |丁 Ti=-|.,,_| ̄|~|│l|/:|_i|三|ハ‐_─‐、 、──ー┐|]]]]]]]]ア´: |::::______ム「」|‐l||│ : : ||::: :::| |:::::::::::| |::::::::::| |
‐┴┴─:|| |二二|┴- 廴_|_|_|TTT|┴l| | i|Ο| ̄|_^Y。s≫l|=CZZZZZZ>'_,。oT|::: | ̄ ̄二ニ=マ::::ム ̄~||│ : : ||::: :.:| |:::::::::::| |::::::::::| |
ニニニニニニl| |__|_____,|TTTTTTT | |_i|Ο|  |_|≫''^ }|=C |::::| |:l|ィi〔|:|:|:|:|:|:::::|T「|:|:|::| |::| マ: ム  ||└─ ||ー‐| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===/ //,'|| |∧マヘ'⌒ヽl|^||二二二二l|Y | ̄丁丁}‐┐....0|=C,.レ--ミ| |:|:|:|:|:|:|:|: : |:|:|:|:|:|::|_|::|─ マ::ム‐||___||____,| | : : : : : : : : : : : :
==/ ///::|| |::: |: |:∧:::: || :||:::|:::|:::| :|:|:|:| Y|'´ ̄マフ| ̄|_ -=|>--、'  rxニミs。|:|:|:::: |-<二≧廴_|::::::マ========ミ|_|──────
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────

▽食べ歩きができる通りから恋人通りの入り口へと帰還する

▽一通り買い物は済んだが、これからどうするか…もうやり残したことは無いか?

▽MAP上…ゲートを出て夜の世界へ駆り出すか




にこ「灯りつけて行ったことのない所まで遠征するの?」

にこ「それならにこは付き合うわよ」


絵里「止した方がいいんじゃないかしら?また奇妙な兎型のスライムと出くわすかもしれないわ」


海未「ああ、雪兎ですか…」

にこ「昼でも夜でも変わらないと思うけどね」







@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』

× 『食べ歩きができる通り』(今出たばかりです)

B 『ゲームコーナー』

C 『夜景の綺麗な場所』

D 『出店通り』

E 『此処を出て行く』


直下
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 00:52:21.91 ID:JCUwGCDe0
アーツ花陽の修復の奇跡全体
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 01:04:06.31 ID:6HTZ/fks0
▽<アーツ>使用!花陽の修復の奇跡全体
▽結果『91』×消費魔力10=910





【小泉 花陽】
 (夕・夜) 生命力・防御力S【2690/2690】
 (夕・夜) 魔力 SS 【4620/4650】


【星空 凛】
(夕・夜)防御力・生命力 S 【生命力・耐久1600/1600】
(夕・夜)魔力 A 【1300/1300】

【矢澤 にこ】
(夕・夜)生命・防御力 S 【7450/7450】
(夕・夜)魔力 S 【2700/3100】

【絢瀬 絵里】
(夕・夜)生命力・耐久性 SS 【10500/10500】
(夕・夜) 魔力 SS【3780/4980】

【南 ことり】
 (夕・夜) 生命力・耐久S【2700/2700】
 (夕・夜) 魔力 A 【1700/2100】

【東条 希】
(夕・夜)生命力・耐久性 S 【3550/3550】
(夕・夜) 魔力 S【2990/2990】

【西木野 真姫】
(夕・夜)生命力・耐久性 SS 【7900/7900】
(夕・夜) 魔力 SSS【9850/10150】

【園田 海未】
(夕・夜) 生命力・防御力SSS【12860/14500】
(夕・夜) 魔力 SS 【1820/3220】





花陽「はいっ!!」パァァァ…!




穂乃果「…皆の怪我も治しておく、外に出るなら準備は怠りなく、だよね!」



海未「これくらいなら大丈夫な気もしますが」


穂乃果「駄目だよ!…そういうの"ふらぐ"っていうんだよ、そうでなくても…皆が心配だもん」シュン


凛「あー、海未ちゃんが穂乃果ちゃんを心配させちゃったにゃ」

希「いーけないんだ!いけないんだ!」


海未「うっ、すいませんでした…」


絵里「二人共!あんまりからからわないの!海未も気にしないこと!」




@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』

× 『食べ歩きができる通り』(今出たばかりです)

B 『ゲームコーナー』

C 『夜景の綺麗な場所』

D 『出店通り』

E 『此処を出て行く』

直下
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 01:19:53.72 ID:JCUwGCDe0
C 『夜景の綺麗な場所』
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga!美鳥_res]:2018/07/11(水) 01:33:48.32 ID:6HTZ/fks0
▽C『夜景の綺麗な所』を選択

『BGM:FF7デートイベ専用曲』
https://www.youtube.com/watch?v=6Pi9xgOXvTs





  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚






▽花陽の<アーツ>による治癒を終え、一行は最後にもう少しだけここで休んでいく事にした



▽地図の確認と、荷物の最終チェックも兼ねてだ





花陽「海未ちゃんの怪我はほとんど治せたけど、まだちょっとだけ痛む場所があるよね?」


海未「この程度ならば腕を振るうのに支障はありません」


花陽「無理だけはしちゃ駄目だよ?」


――−
――



穂乃果(手の届く位置にに『杖』『剣』…制服の右ポケットに『金貨』の袋を結び付けてっと)



穂乃果「あとは『聖杯』をぶら提げておけば、これでよしっと!」





「準備は完璧?」スタスタ…


穂乃果「あっ――ちゃん!」




▽傍に寄って来たのは…


▽メンバー1人選択、行動or発言  魔物ゆえに制限なし


直下
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 01:49:56.10 ID:JCUwGCDe0
真姫主導で 白妙の記憶@〜Bを全員で読む
(特典使用済み4-542-567なので再収録はなしでお願いします)
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 02:04:27.44 ID:6HTZ/fks0


真姫「荷物が邪魔で肝心な道具を出せない、なんて馬鹿な事にだけはならないように気を付けるのよ?」


        { `ー<: : : : : : : : :  `ー 、
     /⌒} /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /-=, ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     , \/: : : : : : : :i: : :○o: : :z--、: : : : : o:ハ
    ,: : :,': :○O: : :/|: : : : : : |/    ヽ: : O: : }
    ,: : :|: : : : : : メ |: i: : : : :|   z  V: : : : }
   /: : : |: : : : ,': / `ヽ|、: : :|、| /     }: : : : :}
   /: : : : |: : : :|: /   ヽヽ; |ヽ      |: : : : |
  /: : : : /|: : : :V    `  ヽ       |: : : ::|
   ヽ( / }: : : :|ミ=彡    ミ=彡  //ヽ: :|
       /ヽ: : { 、、、       、、、  /イ ノ: 、ヽ
     _r-、/: :`ー    、_ ノ    __/: :リ
     }  ノっ、_>、       , ィ´: : : :}:/   y 、__
     {   /}ニニニニ{---、_>―/     / /‘`*、
     ヽ___/ニニニニニ`ー} /|\|ヽ    / /    /
 γ⌒ノ    ̄ ̄ ̄  |ニニ、ヽ|ヽ/}ニヽ_ / /   ___/
  (_v__)          }ニニヽ V:ニ/ニニ/ /    /  ノ
               {ニニニ`'ニニ|\\ /     Y
             /ニニニニiニニ、 / /     /

  穂乃果「ふっふーん!任せてよ!穂乃果バッチリだよっ!」



                 , -─── 、
               / : : : : : : : : : : : ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
.                /: : : : : : : : : : : : : : : : : ム
              { : : : : : : : : : : : : : : : : : }: }
               リ:.: : : : : : : : : : : : : :. :. :.}: }
             ,イ.:: : : : : : : : : : : : : :. :. :.弋リ
.              /: :/: : :.,イ: : ,': : {.: : : :.ヘ : :`ヽ
             /: :,': : : :,イ. : : ,':ハ: :', : ゝ、: :ヽ :ヽ:Y
.            { : {i : : (: {.: : : :. :.', :ゝ:ヽ、: : : :.Y: : }
.            乂、;、:从ゝ、:_:_:,、_ゞーゝイーァ:ノソノ
.               ,イニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
.              ,イニ',ニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ>、
           ,イニニニVニニニニニニニニニニニニア、ニニニニ.>、
.           /ニニニア゙{ニニニニニニニニニニニニム  ゙くニニニニ>、
           {ニニニア゙  ',ニニニニニニニニニニニニ}   `<ニニニ.ヘ
          ゞ=イ.    ',ニニニニニニニニニニニイ      >ニニニリ


 真姫「ふぅん?…"バッチリ"ねぇ…じゃあそこのベンチに落ちてる本は何かしら?」

 穂乃果「えっ」クルッ




  鞄に仕舞い忘れのアイテム(白妙の記憶)『  』ポツーン






               __
          ,ィ ⌒ 7゙゙ _〉ー≦ ̄ ̄ ゙゙̄≧ - 。
           /   「,ィ´             - 、 \
        /   /        : .      \.  ヽ
        ,′            !: : : .      ヽ  ',
         /: : : ;′  ′,′     i: ; : : 、:        ': :.l!
      /: : : : :!: : :/: /l!: : : : : : : :.}¨'└-L: :     ',: :l}
     ,イ:,/: : : :i: : :i:,/ {: : : : : :i: : !    `V: : : : : : : :.!: :l
    r/i′: ; : l: : :i:ト、_ V: : : : :l!: j    _, l!: : : : : : : :}: :!
      {: : /レ{: : :ト! ,r二V 、: :lV `,二二、 }: : : : : :′!: :!
      V/   ハ: : l lイ!トイハヾ\j  仆イハ ヾj′ : : :/: /〉:.l}
           V:ヘ. {!弋ソ     弋ニリ /: :,: : /〉'' /: ハ   ――――!?!?
           Vヘ〉  ^''      '''^ 厶イ/__ ノ: : : :}
            {: :人   rーー 、       /: : : : : : : : l
                ∨ レ >n ゝ──' __ 。<: : :ハ: : :i: : j;/
             / ´ ´)ーニ≦    ヽ:人リ }; ノレ′
              /ゝ、_r ゚l | ⊂ニい∩n   ',  ´
            人:.:.:.:/j | | ⊂ r'、  ∨ ハ
             `´/ じ (o)ヽj\   八`〉}
               `r= .__     く:.:.:.:./
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.ハ `ー´

  穂乃果「そ、そこに置いてたの忘れてたぁ!?」ガーン
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 02:21:00.89 ID:JCUwGCDe0
さて白妙さんに気付かれたらどうなってしまうだろうか 安価下
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 02:23:33.34 ID:6HTZ/fks0
    /      ..:..:.:.:.: /     .:.:.:.:.:/   .:     ..:.:.:|:. . \     \
.    /       ..:..:.:.:.: /     .:.:.:.:.:/  '´ ..:.::  .:.:.:/.:.:ト、:.:. . \    ヽ
   |     : .:.:.:.:.:.: /   .:.:.:.:// ..:.:.:.:.:.::   .:.::/| .:.:| \:.:.:. ヽ    ,
   |      : :.:.:.:.:.:   ..:.:.:.::/  ..:.:.:.:.:.:.:.: ィ .:.:.:/ l .:.:|   ヽ :.:. l     ′
   l      : :.:.:.:.:: |  .:.:.:.::/ ..:..:.:.:.:.:.:.::/,' .:.:.:/  l .::l     :.:.: |    |
.   l    : : :.:.:.:.: |  .:.:.:.::/  ..:.:.:.:.:.::/ /.:./   } :リ  _.. - :.: |  i:  |
    l   . : : :.:.:.:.: |  .:.:.:.,′..:.:.:.:.::/ //      .::/ '"    ∨  i:  l
.    l    . : : :.:.:.:: | .:.:.:.:L.  -‐' -‐/"^~ ̄   //   _,,.ニャ, /.:l  .:i   ,
    l    : : :.:.:.::!:.:.:.:.::|     __,,  __、   // .ィ仞「_i jノ,::::l  .:i  ,'
.    ∧   : :.:.:.:.:: l .:.:.:.:| _,ff斤才弌「`゙ヾ    /   ヒリ:::ノ ハ::リ  :i /
   /.:./\  : : :.:.:.:.: l  :.:.:| ^ヘ{ {圦;;::ru '          `¨´  .:::/ .:.::} /
.  /.:.イ   \ : : :.:.:.:: , :.:.:.::、  弋_;:少'          :.::::.: {/.:.::从
  _/ l       : :.:.:.:.:. ' :.:.\                  ,   /.:.:く     (・・・まったく、うん?)
    l .:.l      :.:.:.:.:.:.:、:.:.:.{\ :.:::::.:.:               イ:.  \
.   l .::|  .:   : : :.:.:.:.:.:. :.:.::、            _    人:.:.:..  \
   l .:.|  .:.:.     : : :.:.:.:...\:.:.\         '´    /..:.:..ヽ:.:.:..\ 丶
   | .:.:.| .:.:{:.      : : :.:.:.:.:..辷- .._              /..:.:.:.:.:.:.:..} \:.. ヽ
   |.:.从:.:.:.:.:、 :..       : : :.:.:..\  ` ‐- .._   . イ ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.  ヽ:. }
   八.:{ 、 :.:.:.:、:.:.:.:...  ‐=ミ:.:.:.:.:..\     /.:.:: 「.::: {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ∨
    \ \:.:..\:.:.:.:.:.:..   \:.:.:. ヽ  ∧^弋ト.._:.:.:.: ⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
.       \ > '^\:.:.:.:.:.:..   ヽト、   { ハ  `ー-ニー-ミ:::} \:.:.:.:.:  }
       /     | `ー-ミ:.:.:...   ,       '    \  \  ヽ:.:.}  ,
   _,. ‐''´      |       \:.:.:. '     /'.     /     | ∨ ,′
 /         |        \:.:.|─-    ∧   /     | / ∧






真姫「…それは、知識値の塊みたいね」フム




▽興味を抱いたのか、真姫は"本の形をしたアストラル結晶体"に顔を近づけます



真姫「…雪山にも、人の知識値の結晶体はあったけど、それは何処で手に入れたの?」



穂乃果「なんていうかな、説明し辛いけど偶に街?で見つかったりかな?」


真姫「なんで疑問形なのよ、というかソレ…ただの『コラム』、とかじゃないわよね」







穂乃果「…うん、白妙の魔物の…物らしいんだ、中身見てないけど」



真姫「白た――!?なんでそんな貴重な物見てないのよ!見るべきよ!」




穂乃果「え、でも…」


真姫「仲間が皆集まってて尚且つ頑丈なドームの中よ?何の問題があるっていうの!」



穂乃果「そう、かな…?」


真姫「そうよ、絶対に見るべきだわ!」


穂乃果「…」


穂乃果「分かった…でも、傍に居てね?」スッ


183 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 02:33:31.00 ID:6HTZ/fks0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



                  >---、
                /     \
              人       /
          -==、"  ヽ   / ̄: : . . .、
       /    \   >:´: : : : : : : : : : : :`: 、
      /  /    >:´: : : : : : : : : : : : : ー^: : : :\     ナイヨウ  カットダヨッ!
      ,         /: /: : : : : : : : : : : : : `: : : : : : : :\
      、     /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :r ⌒、:ヽ
       ヽ、_/ /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ  ヽ、
      /: : : : : /: : /: : : : : : : : : : : :/_}: : : : : : : : : : i  `ヽ 、
      /: : : : : ,':: : :i: : : : : : : : : : : :/´ |: :λ: : : : : : /    ヽ     
     /: : : : : : ;;;; : ::i: : : : : : : :∧: :/   : :i i: : : : : /     i
  z==/: : : : : :/; ;;i: : i: : : : : : ::i  、/   V  、: : : /    _ リ
  (  {: : : : ∧; ; ;ノ  }: : : : : : :i   =======`ヽ/     ==}
  `ー、: : : / ヽ: :{  i: : : : : : :,'                /
    、_:_:/  ーヽ i: : : : : : :', 〃 ̄ヽ       _   (,'、
      `ー----{/i:、_:_:,、: : :、 `ー‐ '    i ̄  /  /  ヽ
           /: ::: ̄ \: }        乂_、 ノ /,   ヽ
          {/     ヽ` 、 .....     ...,`' ´`*、_....ノ
           、 __ ノ      ̄ ̄




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲















▽▼ 頭 の なかに 白妙の記憶 が 入り込んで くる !





知識値+500



『知識値』>7220












              ピキーン!






 コンマ判定

01〜16   ???「ハッ!…誰か、視てるわねッ!」バッ! (白妙の魔物、手加減を止めてくる)

それ以外  特に何も無し


直下
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 02:34:37.74 ID:G6GJC4GDO
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 02:35:08.55 ID:HrWt1Jlv0
はい
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 02:41:12.80 ID:JCUwGCDe0
運のいい人がいて助かる
白妙の記憶C〜Fは星に願って入手したものだから事前読み特典がついてないけど
読んでおくかは迷う 安価下
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 02:48:27.85 ID:gnpvVT9ao
ここまで来たら読んでしまいたい感もあるが。
さて、穂乃果ちゃんは気付くのか
安価下
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 02:57:25.50 ID:6HTZ/fks0
https://www.youtube.com/watch?v=6BCUsyv9qiU&index=47&list=PLtfx2ncino2SUM9pKbZ6DlKSygSmna8jU
『BGM:FF8より…』


▽白妙の記憶@〜Bを見ました…





              ☆施設5番、『教会』にて祈りの内容に変動が…!



     ☆エンディング ―――― √解禁フラグ@達成






―――
――



穂乃果「―――っっはっ!」


凛「ど、どうだった?」



▽額に本型のそれを押し当てる…知識の読み取り…魔物娘が人間の額と自身の額を合わせることで相手の記憶を読み取るように…

▽アストラル結晶体を額に当てた、そして流れ込んでくる"知識"





穂乃果「…わかんない、全部、靄が掛かったみたいにぼやけてて断片的だったっていうか…」


絵里「…」スッ


絵里「今、私も見終えたわ…はい花陽」つ『白妙の記憶@〜B』


絵里「そうね…たぶん時系列もバラバラなんじゃないかしら」


絵里「…最初に視えた映像の時点で既に今のフード被った状態だもの…元は人間だったけど人を辞めた、この映像の中での白妙はそう言ってるわ」


絵里「その次に視えたのは、自動車が走ってる何処かの景色…この世界に自動車なんてないもの、それこそ別世界よ」


絵里「……」


絵里「白妙も元々はこの世界の住人じゃない、そう考えるべきなのかもね」





<花陽ちゃん、次ウチに貸して
<にゃ!凛の番だよぉ!
<ピャァ!?使ったからか、消えかけてるよぉ!!

<ヴェエエェ!は、早く私に!



海未「すいません、穂乃果…おでこ失礼しますね」ガシッ

にこ「あっちで騒いでる方の、アレ消えちゃいそうだからね、アンタから読み取らせてもらうわ」

穂乃果「ええぇっ!…あ、そ、そうだね!」


189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 03:05:01.43 ID:6HTZ/fks0


―――
――




穂乃果(…白妙の魔物は元は人間)


穂乃果(元の世界では、誰か…ううん、多分恋人さん、だよねその人とお出かけしてその帰りに…)







穂乃果(恋人の人が車に轢かれた…その後は何処か暗い部屋に引き籠ってテレビずっとその時のニュースを眺めて)ズキッ







穂乃果「あ、れ…」






穂乃果「…なんで、だろう、すごく胸が痛いな…」


穂乃果「"あの人"のあんな姿を見たくない、そう思っちゃったよ…」ツーッ、ポロポロ




花陽「『あの人』?」

希「白妙の魔物の事わかったん!?」



穂乃果「えっ、あ、あれ?…ううん、分かってない、筈? あ、 あれ なんで   涙止まんない…っ」ゴシゴシ




穂乃果「なんで、なんでなの…うっ、うううっ…」グスッ







▽無意識に








▽穂乃果は白妙の魔物になる前の彼女、『     』を"あの人"と呼んだ






▽暗い部屋、『ザザッ学―』の彼女の寮室、同じ…スクール―イドルザザッ の…ガガッ―― 視たくない姿が…胸に突き刺さった



190 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 03:09:31.08 ID:6HTZ/fks0
▽20分経過…



『21時20分』




穂乃果「ごめん、ちょっと取り乱したね」


希「気にせんときぃ、それより目がまだ真っ赤やで?」


穂乃果「…もう、平気だよ、本当だよ!だから…うん」ニコッ







((((全っ然平気じゃなさそう…))))








@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』

A 『食べ歩きができる通り』(今出たばかりです)

B 『ゲームコーナー』

C 『夜景の綺麗な場所』

D 『出店通り』

E 『此処を出て行く』

直下
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 03:22:57.06 ID:JCUwGCDe0
C 『夜景の綺麗な場所』
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 03:24:13.79 ID:G6GJC4GDO
核心ぶっこむ気か
安価下
193 :今回ここまで  [saga!美鳥_res]:2018/07/11(水) 03:34:01.28 ID:6HTZ/fks0
▽C『夜景の綺麗な所』を選択






  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚






にこ「はぁ〜…なんでアンタが今ここに座らされてるかわかってる?」


穂乃果「…」




にこ「…見た感じ大丈夫じゃないって判断したからよ、もうちょっとさ、深呼吸するなり気持ちに整理つけてからにしなさい」

にこ「泣き腫らして真っ赤な目なんてダメよ、アンタ可愛いんだからさ、良いわね?分かったら返事しなさい、ほら!返事!」ビシィ!


穂乃果「うん…」シュン



にこ「…」ポリポリ


にこ「絵里、これ立ち直るの時間掛かるんじゃ?」ヒソヒソ

絵里「大丈夫よ、この子ならすぐ立ち上がるわ」


真姫「いっそ荒治療でもしてみる?」

海未「荒治療って何する気ですか!」


花陽「あ、あんまり過激なのは…穏便に済ませましょうよ…」




―――
――




穂乃果「…」ポーッ

穂乃果(靄が掛かったみたいで声や顔までは視えなかったでも、あの人は…私の知ってる人で…)


スタスタ…

穂乃果「あ、―――ちゃん」


▽メンバー1人選択、行動or発言  魔物ゆえに制限なし


直下
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 03:34:15.91 ID:JCUwGCDe0
今のままだと白妙さんに会ったときとか別の資料や形跡などを見たときにコンマ判定すら起こらない感じだし
なにかのルートが開けるといいけど 

質問なのですがアイテムとしての白妙の記憶C〜Eはどんな効果かわかりますか?(知識が+されるのみ?)
安価下
195 :このレスは判定に含めない [saga]:2018/07/11(水) 03:38:57.36 ID:6HTZ/fks0
>>194
知識値500+ですね

白妙の記憶は全て読んでいくと白妙のフードの下の顔と本名がハッキリわかる
そして、――――√が解禁される
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 03:51:11.34 ID:JCUwGCDe0
真姫主導で 白妙の記憶C〜Eを全員で読む

荒療治なりますかね 夜も遅いので内容は次回からでもお願いします
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/11(水) 03:57:08.72 ID:6HTZ/fks0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



      今回は此処まで次回は金曜日の夜!


      7月 13日 の夜21時00分頃予定!


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 04:04:37.80 ID:HrWt1Jlv0
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 04:06:41.83 ID:gnpvVT9ao
おつおつ
Fは読まんの?
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 04:16:54.83 ID:JCUwGCDe0
>>1乙 次回も気付かれないといいな さて穂乃果はどの辺りまで知ることになるのだろうか
穂乃果自身なんとなく白妙さんの世界線のことにも理解があるような感じなのが気になるが
白妙さんがずっと見てきた冷凍の子の事が主なのか 穂乃果の体担当の子の事情まで分かるのか
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/11(水) 04:35:22.88 ID:JCUwGCDe0
ずっと3冊セットだと思い込んできたので日記同様C〜Eだと思ってたけど
確かに入手直後の11-949には【白妙の記憶C〜F】とあってそれ以降C〜Fなのと
コンマ表や1000特典に載ってる次回入手予定のものには
番号が書いてない「白妙の記憶」としてしか書かれていなかった
うっかりしててすみません
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga!red_res]:2018/07/13(金) 21:30:27.51 ID:QTEsR1fi0
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
[特殊ログイン・ボーナス]+希望値400




  何を信じて

  何を欺き

  何を疑う


  何を得て

  何を奪い

  何を失う






 ―――――――これは…何かを頼りに『家』へ帰るための げぇむ




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
『希望値』>3660+400=4060/5000

『知識値』>7220

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/13(金) 21:42:32.44 ID:QTEsR1fi0



真姫「回りくどい言い方はしないわ、もう気になるならさっさと続き見なさい」


穂乃果「えっ」ドキッ





▽面食らった顔で真姫、っと『白妙の記憶』を抱えた花陽を眺めている穂乃果に声をかけ続ける



真姫「そんな顔で歩いてたんじゃ木にでもぶつかるわよ、気になることがある――ならそれをハッキリさせて踏ん切りつけるべきね」


花陽「あの…これ」スッ『白妙の記憶 C〜F』





穂乃果「…」



穂乃果「……やっぱり、そうだよね」



▽今抱えている謎や問題に向き合ってそれを打ち破った時、人は前に進める

▽だが、向き合っている謎が"具体的に何なのか"それが分からない場合は向き合うも何もあったもんじゃない




▽あの人のあんな姿は見たくなかった、あの人はどうしてこんなことを…


▽沸々と湧き上がって来た感情、…その『あの人』とやらがどんな顔でどんな名前なのかさえ知らないのに



▽だというのに、















▽ ・・


▽ ・   ・  … そんな感情だけは浮かんできて、ずっと悩ませる








▽真姫が言うように踏ん切りがつけるかどうかなんて定かではない、でも…現状打破の足掛かりくらいにはなるかもしれない





穂乃果「…行くよ」スッ


▽続々と周りに集まり始めた仲間を尻目に、高坂穂乃果は…   『あの人』が…白妙の魔物がまだ人間だった頃の記憶を読み込む
204 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/13(金) 22:02:09.35 ID:QTEsR1fi0



ピッ…ピッ…ピッ



「――さん、今日もお見舞いに来たんですね」




□あの日、私が彼女を背負い事故に遭ってこっち側へ来た日から数えてどれだけになるだろうか





白妙になる前の―『はい、…この子は私にとって全てと言っても過言ではありませんからね』




□若くして看護婦を務める彼女とはすっかり顔馴染だ、街から遠く離れた土地だというのに、熱心に住み込みで看病をする人だ






白妙になる前の―『本当に眠っているみたいね、…絵本のお姫様を思い出すわ』


「――さんの世界のおとぎ話でしたか?確か『白雪姫』でしたっけ」



白妙になる前の―『ええ、愛する人の手によって永遠の眠りから目を覚ます、ありきたりだけど素敵な物語よ』






白妙になる前の―『…現実は、そんな素敵な物語とはかけ離れてるけどね』



「…――さん…」



白妙になる前の―『ふふ、ごめんなさい辛気臭くなっちゃったわね』


「いえ!良いんです!こうして熱心に来てくださるんですもの、きっと目を覚ましますよ!頑張る人を神様は見捨てませんから!」



白妙になる前の―『"神様"…ね』





□励まそうとする彼女の気持ちはは嬉しかったけど、私は神様とやらが好きになれそうにない



□天は人を見ない、結局は人がソレを自分にとって都合のいいように解釈するだけでしかないから




白妙になる前の―『そろそろ行くわ…今日は、教授たちに会う約束だから』


「教授…あ、あぁ…あの…」


白妙になる前の―『…彼女達との意見交換は貴重よ?魔術もそうだけど医学にも多少の心得があるもの、将来的に―――を目覚めさせるためにも…』

205 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/13(金) 22:16:49.07 ID:QTEsR1fi0

―――
――



ヒュンッ


□…この"陣"というものには初めの内はよく驚かされたわ



□まるっきりドラえもんの秘密道具を思い出す、病院からこの施設までは馬車をお借りしても3日間掛かる程の距離なのだから








「――――!―−!」ブツブツ




白妙になる前の―『教授、お邪魔します』コンコン







眼鏡を掛けた少女「―――ブツブツ――…むっ! おお!!キミか!カカカ!よくぞ我が研究所に来たな!」



眼鏡を掛けた少女「今日もキミの世界の"かがく"とやらを教えて貰えるか?我が所員らもそれを基にさまざまな物を開発中だ!」


眼鏡を掛けた少女「ああ、待て待て、来客に対して失礼だったな、茶とクッキーを出そう、それとも梅干しでも――」



白妙になる前の―『いえ、それは結構です』


眼鏡を掛けた少女「そうか?」




白妙になる前の―『本日も<アーツ>と<ギミック・アーツ>についてご教授願いたいのですが』



眼鏡を掛けた少女「カッカッカッ!結構結構!勤勉なのは大いに良い事だ!教えがいがあるというものだ!」



眼鏡を掛けた少女「今日も治癒系の<アーツ>であろう!!寝たきりの少女の脳を治す為にだな!」



白妙になる前の―『はい』





眼鏡を掛けた少女「今日は吾輩の友人が此処へ来る約束でな、吾輩程ではないが奴も中々に優秀だ、お前さんの事を話したら興味を持ってくれたさ」



白妙になる前の―『ご友人、ですか?』



眼鏡を掛けた少女「ああ、吾輩と奴とで"4種の神器"の試作開発も手掛けた事があってな…今は、1つの施設を預かる所長の身分だ」


眼鏡を掛けた少女「ただ、…何をトチ狂ったか、最近モルモットと並々ならぬ関係を囁かれていたり、立場が危ういとの話も耳にしてな」
206 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/13(金) 22:26:36.86 ID:QTEsR1fi0



コンコン!




眼鏡を掛けた少女「むっ、噂をすれば影か」




ガチャッ…


白衣を着た少女「おっと、お取込み中だったかな?」


眼鏡を掛けた少女「気にするな、それよりお前さんに前話しただろ、彼女だ」



白衣を着た少女「…ああ!キミが例の、おっと自己紹介が遅れたね、私は――という者だ、よろしく」スッ



白妙になる前の―『−−さん、お会いできて光栄です』スッ ギュッ





眼鏡を掛けた少女「お前さんは数々の魔術論文を書いてきた、どうだ?目覚めん娘を起こす為の知恵を貸してやって欲しいのだ」


白衣を着た少女「そういうことなら任せて欲しい」





物陰から不安そうに覗く少女「…」オドオド



□ふと、入口の方からこちらを窺うウェーブの掛かった金髪が目についた




白衣を着た少女「遊宇くん、大丈夫だからこちらへ来たまえ」







□遊宇…物陰から覗いていた子の名前だろうか





眼鏡を掛けた少女「…おい、お前さん、これが噂のモルモット…こんなとこまで連れ出して上から色々言われるんじゃないか?」


白衣を着た少女「上にはこういうさ『様々な体験をさせることで感情を発達させる、それが欲望値の研究にも繋がる』とね」



遊宇「…所長」ギュッ


白衣を着た少女「大丈夫だ、安心したまえ」ナデナデ


遊宇「…」カァ///



眼鏡を掛けた少女「はぁ〜〜…−−、話を戻すぞ、寝たきりの少女の件でな」
207 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/13(金) 22:38:09.54 ID:QTEsR1fi0


―――
――





白妙になる前の―『今日は貴重なお時間を頂きありがとうございました』



白衣を着た少女「いや、私も中々興味深い話が聴けたよ、こちらこそありがとう」


眼鏡を掛けた少女「カッカッカッ!全くだな!魔力も使わずに人類が星の海に進出するとは末恐ろしい技術だな!」


遊宇「お星さま、近くで見れるの?」





□ふと、時計の針を見れば短針は私が此処を訪れた時から6つ分、数字を跨いでいた


□それだけ、この『月』の所長さん、そして『魔術師』で開発に携わる教授の話は楽しくて有意義だった










白衣を着た少女「それにしても…キミたちが此方の世界にどうして来れたか…私なりに仮説を立てたが聞いてくれるかね?」





□私は、空になったティーカップを眺めていた


□顔を上げて、所長の顔を見やる、教授は腕を組んで静かに眼を瞑り…遊宇さんは所長に言われてお茶を汲みに行った







白衣を着た少女「さて、彼女がお茶とお菓子のおかわりを持ってくる間のちょっとした他愛も無い話さ」



白衣を着た少女「――くん、キミの世界には"アストラル結晶体"…いや、アストラル体の概念が無いのだったね」





□この世界にはある存在する概念、私の世界で言うならそれこそ漫画やゲームに出てくる魔力というモノだ


□それがこっちの世界では普通に存在して大気中に漂っていると






白衣を着た少女「まず、真っ先に別の世界から此方側に何かが流れつくという事で思い当たるのが【迷家<マヨヒガ>】だ」


白衣を着た少女「これに関してはどれ程、ご理解の程を?」

208 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/13(金) 22:52:02.62 ID:QTEsR1fi0




白妙になる前の―『無数にある平行世界から神隠しにあった物が次元の狭間を流れてきて』



白妙になる前の―『最終的に漂流してきた物がこっちの迷家という存在から出てくる』


白妙になる前の―『迷家は謂わば、漂流物を掴む網のようなモノで、そこに運良く掛かった物がこの世界に来る』







白妙になる前の―『郵便物を受け取る為だけについてる玄関の郵便受けのようなモノですね』


白妙になる前の―『向こう側からこっちに入ってくることはできる、でも此方側からは外に発送できない』





□"自宅の玄関先についた郵便受け" は荷物を受け取る事は出来ても、他所へは贈れない





白衣を着た少女「ふむ、概ねその認識で合っている…1つ付け加えよう」



白衣を着た少女「マヨヒガは…極稀に本当に小さな生物が紛れ込む事はある
         だが人間サイズの生物が来るという事だけはこれまでの例からも一度だってない」





白衣を着た少女「もっと言うならばこの世界に、別の世界から人間が迷い込んできたというケース事態、"厳密"に言えば無いのだよ」






白妙になる前の―『…すいません、意味をもう少し分かりやすくお願いします』





白衣を着た少女「そうだね……ん?あぁ、ありがとう遊宇、そちらの二人にもお茶を頼む」



白衣を着た少女「さて…原則としてマヨヒガという"穴"を通って此方に来れるモノは『無機物』であると考えて貰って良い」



白衣を着た少女「石ころ、食器、本、小さな機械、金属の塊、…そして情報だ」






白妙になる前の―『…"情報"』ピタッ





眼鏡を掛けた少女「…お前さんも此方での暮らしも少し慣れてきたはず、吾輩たちの世界にお前さんのトコの伝承や伝記がある事」

眼鏡を掛けた少女「おかしい、と思わんかったか?発明王エジソンだの…ギリシャ神話だの、別の世界の偉人の知識<コラム>や神話が何故ある?」

209 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/13(金) 23:06:30.48 ID:QTEsR1fi0




白妙になる前の―『こっちに本が流れて来るので、それで知られているのかと…』




眼鏡を掛けた少女「にしても、魔物娘共が…それも気が遠くなる程昔から生きてる連中がその種族<ルーツ>を持ってる、変だと思うであろう」




白衣を着た少女「こっち側に流れて来るのは…『無機物』…生命体でも何でもない『物』だ」


白衣を着た少女「その『物』というのは…何処までが"物に含まれる"と思う?」






白衣を着た少女「…人の感情や想い、希望…恐怖……」




白衣を着た少女「ただ、認識できたり、形にならないだけで、精神のエネルギーは確かに存在している」


白衣を着た少女「それこそ、目に見えない塵埃や粒子が大気中に漂っているのと同じさ」





白衣を着た少女「人が心の奥底で怖いと思った感情のエネルギー、嬉しい事や楽しかった…希望に溢れた思い」








     白衣を着た少女「そういった精神的な概念、思想もある種の『物』、として扱われているとしたら?」


     白衣を着た少女「一緒に流れ着いた『目に見える物体』とは別で、『目に見えない物体』が気が付けば大気中に漂っているとしたら?」





眼鏡を掛けた少女「…−−、お前さんが『月』の施設で職務に勤しんでいる最中にも書いてた論文だな、【精神エネルギー<アストラル体>】とは何か」







     白衣を着た少女「お化けや怪物、現実に居もしない存在の情報<データ>が次元の壁を越えて、こっちに漂流して…」



     白衣を着た少女「それがこっち側で、キミで言うところの化学反応とやらを起こし、視えない粒子が視えるくらいに集まって…」


     白衣を着た少女「受肉、何も無い所から突然、人型生命体がパッと現れる、っと」






  白衣を着た少女「魔物娘と人間の女性の間に出来た子供は、普通の人間のように胎児で産道を通って生まれない」

  白衣を着た少女「"気が付いたら"そこに人型の生命体が存在している、何の前触れもなく突然現れる…」


   白衣を着た少女「確証は持てないし、それを立証できない…あくまで私の仮説でしかないがね」
210 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/13(金) 23:17:36.67 ID:QTEsR1fi0











□…なんとなく、わかってしまった気がする











白衣を着た少女「…キミたちはこの世界に来る前に、確か、"クルマ?"だったかな…大きな鉄製の馬車に撥ねられたのだったね」


白衣を着た少女「それが――さん、キミの覚えている限り最後だったと」





白妙になる前の―『……』コクッ





白衣を着た少女「…無機物では無い者、有機生命体…要は人間のような生物はマヨヒガから来ることはできない」




白衣を着た少女「…極稀に小さな微生物ならばあり得ないことも無いが、肉体を持った人間はまず来れない」










    白衣を着た少女「…肉体が無かったら? "『生き物』のカテゴリーから外れた存在"だったらなら?」







 白衣を着た少女「おそらく、クルマとやらに撥ねられた時に、『生物』ではなく【物】になったんだ」




 白衣を着た少女「先程、『別の世界から人間が迷い込んできたというケース事態、"厳密"に言えば無い』と言ったね」







  白衣を着た少女「別の世界から、生きてる人間が来た、というケースはない、だが―――」



  白衣を着た少女「――― 大気中に漂うアストラル体…つまり……知識値<データ>と化して此方側に来た、というケースはある」


  白衣を着た少女「知識<データ>…情報であって、生物ではない、本の上に乗ったインクと同じただの『物』だ、だから"厳密"に言えば無いんだ」
211 :世界線 No.『RG-66666555554446』 [saga]:2018/07/13(金) 23:29:33.77 ID:QTEsR1fi0
白妙の記憶D



【西木−ザザッ病−ザザッ】









白妙になる前の―『………』



…ガクッ




白妙になる前の―『ぁ―――あ、ぁぁ…』ポロポロ






「ひっぐ…うぅ、ううっ、なんで、なんでなのよっ!!」

「…結局、私達がやって来たことって何だったんでしょうね」

「3ヶ月…っ、悪魔から、ずっと救ってきた、つもりだったのに…」

「は、ははは…タイムリミット過ぎて、試合終了…かと思って油断してたらこれやもんな…悔しい、やんなっ!」


「…【超高性能バウリンガル】にももう何の反応も無い、…【アルパカ小屋】に行ってももう何も、誰も言わない…」ギリッ










□…彼女の友人が集まって何かを話していた、意味の分からない単語が多かったことも相まって私にはあの8人の会話内容がどうでもよかった






「……−−−」


白妙になる前の―『……』ポロポロ




□私の名前を呼ぶ声、隣には同じ、【UTXザザッ】でスクールアイドルをやって来た親友が重々しい顔で立っていた




「――――さんは、死んだワケじゃないんだ、きっといつか目を覚ます…だから、その」



白妙になる前の―『……』



□最後まで彼女の言葉を聞かずに逃げるように、私は病室を出て行った…あの場所に居たくなかった


□認めたくなかった

212 :世界線 No.『RG-66666555554446』 [saga]:2018/07/13(金) 23:36:21.59 ID:QTEsR1fi0


―――
――




□目を覚ます、…ああ、嫌な夢だった


□昨日は、夢の中で最後まで話を聞いてあげなかった―――が来たんだったわね





□洗面所に行って顔を洗いたかった、涙の痕、指でなぞって分かるくらいに感触があったもの









白妙になる前の―『………』





白妙になる前の―『ひっどい顔ね…ふふ、本当に、ひどい顔だわ』







□鏡に映った自分は、頬なんか自分でも分かるくらいに痩せてて、髪もボサボサで目元なんてアイシャドー塗った覚えも無いのに真っ黒で







白妙になる前の―『……』








□いつだって欲しいモノは何だって手に入れて来た




□自分の手で走って、自分の力で掴み取って来たつもりだった







□心の底から欲しいと彼女をみて思った、心の底から愛したいと願った…そして想いが伝わって手にして…その直後でこれか




□神様とやらは余程、私が嫌いなのかもしれない


213 :世界線 No.『RG-66666555554446』 [saga]:2018/07/13(金) 23:54:13.15 ID:QTEsR1fi0

―――
――




□あれから、どれだけ経ったかしら


□ラブライザザッ勝戦において、9人に勝ったことで私達3人がニューヨーク行きになった
   私の回復の為本来の予定より向こうでの公演は遅れさせてもらっていた、だけど結局私は回復する兆しが無く…



□−−−、−−−−…二人には最後まで迷惑かけたわね、ごめんなさい




□二人だけで日本を発ったのが昨日、帰って来るのが3日後、だけど…私はきっとこの世に居ないと思う



□1通の嫌な知らせが、きた…









□彼女が脳死と告げられてから今日まで、この通知を一番恐れていたかもしれない


□こんな、一枚の紙きれが…夢にまで見る程恐れたのだ





□…あの子の、葬儀の知らせが






□この寮室が完全防音で良かった、二人が居なくて良かった


□滅茶苦茶になった部屋の机の上に書きなぐった文字の書を入れた封筒を置いて私は飛び出した

□ごめん、後追い自殺とかするなよって約束破るわね






□私は、その晩、これは本当はまだ生きてるんじゃないか、そう思える程に美しくて、愛おしい彼女を背負った




□……

□"これは"…? ふ、ふふ…ふははは…うふふふ!!これ! "これ"か あはは…なによその言い方、『これ』なんて、もう生きてない物扱いじゃない





□あははははははは!!!


□ははははは!!!


□……


□………認めたくない。 頭では認めたくない、と願う、 でも咄嗟にでた言葉が、…もう、ね
214 :世界線 No.『RG-66666555554446』 [saga]:2018/07/14(土) 00:00:40.60 ID:LjD1cxg10



□私が背負ったこれ……




□私が、背負った"この子"…この子は…思いの外、重かった





□こんなこと口に出したら、「も〜!私太ってなんかないよぉ!」なんて言いながらポカポカ叩かれるかもしれないわね



□なんて事を考えてた














□寝静まった街




□草木も眠る【丑三つ時】…






□雪が降り積もる中、息を吐けば真っ白になる中、私は彼女と何処へ行く気だろう、自分でも行く先なんて分からない








□目を瞑る



□この子が居て、笑ってくれて、ついつられて私も微笑んで




□…ご両親は私達の関係を否定したかもしれない、それなら海外へ駆け落ちしてでも良いとすら思った




□もうこの子は笑わない、何処に行っても私に笑いかけてはくれない



□声も聞けない、動いてもくれない






□私はずっと先の見えないままに歩いてた…



215 :世界線 No.『RG-66666555554446』 [saga!nasu_res]:2018/07/14(土) 00:04:06.65 ID:LjD1cxg10
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲




   いやっふぅぅぅぅ↑↑ わたくしさま またまたさんじょー!


   今時はやりの てんせい いってらっしゃーい!キラッ★




▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
216 :世界線 No.『RG-66666555554446』 [saga]:2018/07/14(土) 00:11:49.02 ID:LjD1cxg10




□ ひどく、不愉快な声色が聴こえた気がした




□ どこまでも調子っぱずれで、人の神経を逆なでするような、癇に障る声というのはきっとこんな感じなのだろう








□ 他人事のように思った








□ 草木も眠る丑三つ時の夜道、突然点灯した二つのライト、自動車の駆動音











□ 鈍い衝撃、身体の内から聴こえて来た何かが潰れる音…一瞬目に映った、誰も乗っていない無人の車が電柱にぶつかり火を噴く瞬間





□ 私と彼女が橋の上から凍える程に冷たい川に投げ出される瞬間、それが私の覚えている最期だった





□ …もっと、静かでこの子と穏やかに眠れる最期が良かったな










―――
――






「次のニュースです、昨晩、路上駐車されていた軽自動車が電柱に激突した事件です
          エンジントラブルが原因による急発進との事で工場側がリコールの呼びかけを――」







217 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 00:15:15.20 ID:/nKAi/xK0
かみが生きてる世界線か…
218 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 00:23:05.27 ID:LjD1cxg10


――――
―――
――






チチチチチ…





□ …冷たい水底に放り出されたのが最後に覚えている光景だった


□ 陽射しと鳥のさえずり、真っ白なシーツ…病院に搬送されたのかしら


□ よく生きてたわね私…ううん、私なんてどうでもいい、あの子は…






「! た、大変!司祭様!眼を覚まされたみたいです!!」ドタバタ




□ 慌ただしく出て行った女の子の服装はどう見ても看護婦のソレでは無かったわ



□ 教会のシスターさんって感じで、キリスト教か何かで?…いえ、此処は病院じゃないの…?




□ 痛む頭を押さえていたら、慌ただしく出て行った子が大人を連れて此処へ来た…



「良かったわ…!眼が醒めたのね…あ、貴女の服だけど汚れが酷かったから洗濯させてもらったわ」




□……あ、私、裸だ





□ 急に恥ずかしくなって、真っ白なシーツで身を包むようにシーツを引いた




「あらあら…ごめんなさいね、酷く凍えていたからびしょ濡れの服を着せたままもどうかと思って…」



「あっちの部屋に昔私が使っていたローブがあった筈よ、…ええ!そうよ、白妙で出来てる奴よ!すぐに持って来て頂戴!」


バタバタ…


「慌ただしくてごめんなさいね、貴女と一緒に居た子は目を覚まさないけど、息はしてるわ安心して」



白妙になる前の―『っ!? "息はしてる"!?  生きてるんですか!』


「え、えぇ…落ち着いて?  貴女名前は言える?」


□私が 此処へやってきた初日がこんな感じだった…
219 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 00:41:58.59 ID:LjD1cxg10
白妙の記憶E

―――
――



「きゃああああああああああああああ"ああ"」

「うわぁああーーーっ魔物だぁ!!!」





白妙になる前の―『きゃっ!』


「―――さんっ!」ガシッ


白妙になる前の―『し、司祭様』


「立つのよ!早くシェルターに逃げなさい!」


白妙になる前の―『し、司祭は――』


「私はまだ逃げ遅れた子を!」




□けたたましい音が耳に突き刺さる


□昔の戦争映画で爆撃機が爆弾を落としに来る映画、防空壕に避難する昔の人の気持ちを今なら分かる



□アラーム音に混じって人の悲鳴、街の至る所から上がる煙と火柱、何度見たか分からない






―――
――




「あぁ…もう、この辺りは駄目だ…」

「聞いた?『千歳橋通り』は完全に壊滅状態だって…」

「っ、千歳橋って…白木さんの家があるじゃないか!」



「あ、あの『紫苑女地区』に暮してた方はいませんか!く、黒羽咲良――私の知り合いの子が居ないんです!」



「『青藍区画』は…やっぱ無事だよな、【女帝の館】付近だし…」

「上流階級が住んでる区画だから…ちっ」
「おい…止せよ」



「『東雲4丁目』から避難してきた人はこっちへ!…くっ、理華が…所長が生きてさえ居てくれたら!!」




白妙になる前の―『……』


□近頃、魔物の動きが活発化し、大規模な大攻勢が展開されているとは聞いていた、犠牲になり行方の分からない人も数えきれない

□街の大半、通りや区画も殆どなくなっていて…この世界で私が知り合った人も、当然、亡くなっていく…
220 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 00:55:30.47 ID:LjD1cxg10
―――
――


□外が静まりかえり、シェルターを出てみれば…辺り一面が更地だ

□私は前から決めていた事を実行する時だと思った



□…


□…まだいくらかマシだった頃、平和とは言い切れなかったけど、それでも笑ってられるくらいには余裕があった頃


□所長、教授…それから遊宇さん、4人で集まって医学と<アーツ>を組み合わせた研究を進めたり




□教授の作った水上ジェットボートで、本来なら半日掛かる裁判所までの道のりを1時間で往復したり


□所長の趣味で4人で雪山の山頂を目指して星巫女さん…と比較的に友好的な魔物娘とちょくちょく会って談笑したり






□だけど、それももうできそうにない






「……そう、貴女、行ってしまうのね」


白妙になる前の―『…今日まで行く宛ての無い私のお世話をしてくれた事、一生忘れません』バッ!



「うふふ!…私も自分に娘が出来たみたいで楽しかったわ」



白妙になる前の―『―−っ!』



□これ以上此処にいると泣きそうになる…だから足早に私は去った、矢澤ザザッんに勝った思い出の【運命ダイス】を置いて行って

□あるいは、形見のつもりだったのかもしれない









□私は白妙で出来たローブを着て、【悪魔像の祠】へ脚を運んだ




□一か八かだ、所長らから貰った医学論は私が寿命を迎える前に完成するかどうか分からない


□そもそも、非力な人間でそれまでに生きられるかすら分からない




□ローブの下には、所長、教授、遊宇さん、3人が遺してくれた贈り物がある



□あの子を目覚めさせる為のこれまで研究を重ねたまま未完成の魔術医学論文、遊宇さんのデータから【色欲】【喰人欲】抑制の試作型腕輪…

□…あとは、賭けに私が勝てるかどうかだ
221 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 01:02:13.04 ID:LjD1cxg10
――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
―――――――――
―――――――
――――――
―――――
――――
―――
――









              ―――結論から言おう





















■   私は、賭けに勝った





■   何の種族<ルーツ>に気に入って貰えたのか、まだ自分自身分かっていない、だが何かが自分の中に入り込んできたのは分かる



■   力が溢れだすのも分る…  …あの子への愛が一層強くなった













■      喰ってしまいたい






■    知りたくなかったけど、今なら分かってしまう…化け物の気持ち、ああ、段々何の種族かもわかって来た…



■    けんきゅう せいか の 腕輪を つけ よう【色よく]【喰じん欲】をおさえる うでわ…



           カチッ



□  ………試作品は完璧だったみたいよ
222 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 01:08:11.40 ID:LjD1cxg10



――――
―――
――




「ぐぎゃ――ッ」ザシュッ

「お前なんぐっぶ」ズジュ!ブシャアアアアア













   "白妙になったばかりの魔物"『……白雪、この先に居るわね?答えなさい』







「き、さま…どこの陣営の者、ダ」








   "白妙になったばかりの魔物"『陣営?…私は貴女達みたいにくだらない陣取り合戦がしたいわけじゃないわ』ブンッ






「ぎびっッ!?」ザシュッ





   "白妙になったばかりの魔物"『……貴女達は未来のの事を考えず人間を絶滅させた』



   "白妙になったばかりの魔物"『そして今じゃ、生き残った者同士で醜い奪い合い…そんなのが居たんじゃ』



   "白妙になったばかりの魔物"『いつか私が拠点で保護してる"あの子"を襲いくるわ』



   "白妙になったばかりの魔物"『降りかかるかもしれない火の粉は大火に変わる前に握り潰す、…私の考えている計画の為にもね』



223 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 01:25:47.01 ID:LjD1cxg10

―――
――




「ひ、ひぃぃ…なんてことなのよ、ついに大激突が始まった…」


「三つ巴の戦いどころじゃない!あの御方…  白雪の【リヴァイアサン】だけじゃなく…」


「デカい鎌振り回す白フード…白妙の魔物…だったか」




「白火の【アンラ・マンユ】がこの世の火属性魔物娘全員を引き連れて最終決戦を開始したぞ!」




「白雪…白妙、 白火に白亜…月白までいやがる…」





「白練の魔物が墜ちた!ボルカノ火山が吹っ飛んで地中からマグマの噴出が―――ああ"あ"あ"あ」ボジュッッッ

















□ …身体中が痛い、私はなんとか立っている…周りはもう誰も居ない



ゴゴゴゴゴゴ…









□…世界が壊れてく、完成したジグソーパズルが今私の立っている大地だとするなら、下から誰かが握り拳で何度もパズルを殴りつけてるみたいだ




□溶岩が噴出して融けていく大地、海水が全部毒々しい色合いで水面の匂いを嗅いだだけでバタバタ死んでく鴎、風に運ばれるだけで腐れていく土地



□……




□私の種族<ルーツ>が……  【バハムート】で良かった…  バラバラになる世界、断片を可能な限り掴んで繋ぎとめて…


□どんなに小さくても良い、 それこそ半日掛からず世界の端から端まで行けるくらいの箱庭でも良い…繋ぎ留めなきゃ


□…外からアイツ等の毒で汚染された毒海水の腐臭が漂う…まだ無事な土地をつなげて土台は造った、周りに壁を…

224 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 01:29:28.16 ID:LjD1cxg10





















                     白妙の記憶 F












225 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 01:40:57.33 ID:LjD1cxg10









白衣を着た少女「――と、まぁこれが私の仮説だ……キミにはショッキングな話だったかな…」






白妙になる前の―『…いえ、なんとなく、わかってました』






白衣を着た少女「ふむ、そうか……キミは強いのだね」


眼鏡を掛けた少女「カッカッカッカッカッ!!!!それもそうだ!なんで吾輩の一番弟子だからなァ!」




白妙になる前の―『…ふっ!ふふ、そうですね』




眼鏡を掛けた少女「なっ!何故笑う!そちらの世界の情報の駄賃としてこっち側の魔術論を教えるのだ!
                     講師と受講者の関係!つまり吾輩の弟子で間違いないではないかっ!」ガーン







白衣を着た少女「しかし、不思議なモノだね、夜道を歩いていたら、誰も乗っていない車が突然暴走してキミたち二人を撥ねたか」

<オーイ!ムシスルナ!




白衣を着た少女「それに、背負っていた寝たきりの子はこっちに来たら意識不明なのは変わらずだが息を吹き返した、か…キナ臭い」

白衣を着た少女「何者かの意図すら感じるな…案外その世界にはキミたちの人知を超えてた化け物が本当に居たとか―――」





      眼鏡を掛けた少女「 吾 輩 を 無 視 す る な っ っ!!!」ウガァ




白衣を着た少女「あ、すまない…」



眼鏡を掛けた少女「ぜぇ、ぜぇ…まったく、それよりそろそろ帰る時間じゃないか?あの教会の司祭が心配するであろう」



白衣を着た少女「むっ、…思った以上に時間が過ぎたようだね、楽しい時間というのは体感時間が早いモノだ」


白衣を着た少女「続きはまた今度話すとしよう、さ…私達でまとめた医療<アーツ>に関する論文だ」


白衣を着た少女「今あるコールドスリープ機能の機械も更に改良した設計図も次までには完成させておこう」


226 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 01:42:49.62 ID:LjD1cxg10




白衣を着た少女「では、また会おう…ええっと―――」






























                白衣を着た少女「綺羅ツバサくん」
















       白妙になる前の―綺羅ツバサ『はい、所長さん今日は本当にありがとうございました』
















227 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 01:48:56.49 ID:LjD1cxg10

―――
――







ツバサ「…ん」






□ 私は、機械仕掛けの棺桶の上で眠ってしまったようだ




□ ひどく懐かしい夢



□ まだ教授も所長も、遊宇さんも居て、司祭も生きていらっしゃった…私が腕に手錠のようにこの腕輪をつける前、人間を辞める前だ








ツバサ「…」ゴシゴシ





ツバサ「涙の痕がくっきりついてるわね、洗面所で顔を洗いましょう…」






ツバサ「…」スタスタ…ピタッ



ツバサ「ひっどい顔ね…」




□鏡には、ローブのフードを外した自分の顔が映ってた、涙の痕が渇いてカピカピで、眼も泣き腫らして真っ赤で




□…デジャブを感じるわね













□ 自分以外の全ての魔物を葬った後、この小さな小さな楽園を創った、視えない壁の向こう側には行けない


□ 見える範囲よりもずっと、ずーっと先は、腐った死の大地……無駄に広くする必要なんてない、視界に入れたくないしね


228 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 01:56:09.83 ID:LjD1cxg10




ツバサ「…なんで、かしらね」








ツバサ「本当に神様って人は私が嫌いみたいよね…」









□唇をかみしめた




□なんでなんだろう






□やっと、完成したのに、…寝たきりの貴女を完全に起せる医療技術が完成したというのに…っ




□この箱でいつまでも歳を取らずに眠り続ける貴女を起こせるのに!!…それができない











ツバサ「…冷凍保存中の貴女と違って、人間として生きてた私は少しだけ背が伸びたわね…」


ツバサ「大学生くらいの年齢だったかしらね、魔物娘化したのって…あれから顔も何も変わらなくなったわ」









           □人を…人格を構成するモノはなんだと思う?


           □そう問われれば、答えは複数あるが…私の場合は"体験"だと思う



           □人生で生きてきて、例えば親から『愛』を貰ったとする


           □悪い事をしたら、ちゃんと叱って、良い事をしたら褒める、それ1つの違い…『教育』もそう




           □その人がこれまで生きてきて学んだ、与えられた"体験"が今現在の人格形成に繋がる、と


229 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 02:05:18.15 ID:LjD1cxg10




           □誰かに優しくされた思い出、誰かと過ごした思い出や楽しかった記憶…それが1つの人間性にもなる



           □もしも、もしもの話だが……中身が無い、人間はどうなると思う



           □何の思い入れも、記憶も何も無い空っぽな人間、虚ろな中身のない人は…













   - ツバサ『…遂に!遂に!完成した!これでこの子を目覚めさせることができる!!』-



   - ツバサ『…今すぐにでも!――――』-







   □あの日、気が付いた…、幸か不幸か、完成した直後で





   □白衣を着た所長はこんな論文を書いた、【この世界は大気中に知識値<アストラル体>が漂っている】




   □まだ所長ですら完全な解明はできていないけど、どういう理屈か…

       この世界は人の記憶や覚えた知識が抜け落ちて、それが夏場のアイスクリームさながらに溶けて大気に混ざる






   □雪山なんかにはその融けて大気中に粒子の如く混ざった、人の知識、記憶が結晶体―――知識値<コラム>となって発見される












          ▼"三時間が経過した!" 人の記憶から思い出がきえていく! 溶けだしていく!










            魔力冷凍保存装置の棺に "何年も" 入った誰か『――――――――』

230 :世界線 No.『SG-000000000000000001』 [saga]:2018/07/14(土) 02:14:16.52 ID:LjD1cxg10




              - ツバサ『―――――――――』-







□声に、ならない





□その日、気が付いてしまった…






□もし、今、目覚めさせたとしよう




□目覚めた時、そこに居るのは…"自分の恋人で、自分が何を犠牲にしてでも護りたいと願った人の人格"なのか…






□初めて、デートした日、手を繋いだ時…自分と彼女だけが共有していた『かけがえのない思い出、希望にあふれてた時間』



□自分が苦しい時にそっと、それとなく励ましてくれた気持ちや優しさ…









□その何もかもが無くなっていたら

□心臓は動いてる、脳は動いてて、喋ることもできる…体も動く







□だが、"本当にそれだけ"になってしまっていたら…?  記憶の無い人は、奥底にある小さな、1bit分の思い出からでも少しずつ断片的に思い出し


□そこから本来の自分、の行動や言動、思考ができていくだろう









          ―――――もしも、その1bit分の知識<データ>すらも、完全に存在していなかったら?

          ――――完全にメモリが壊れていて、その人の本来の形が読み込めなかったとしたら…






             それに気づいたツバサは…絶望した……
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/14(土) 02:20:03.30 ID:LjD1cxg10
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲






ザザッ…







             白妙の魔物…判定





※記憶を終盤付近まで見た事で察しやすくなっている…




   01〜32 ツバ…白妙の魔物が察した
       白妙戦が逃走コマンド使用不可能になる+殺気だった戦闘判定コンマ表になる

   それ以外 悟られなかった

          直下



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 02:35:30.73 ID:B0bpDsgw0
はい
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 02:36:50.30 ID:B0bpDsgw0
なんだかすごくうれしい あとFまで読んでくださってありがとうございます安価下
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/14(土) 02:46:34.09 ID:LjD1cxg10
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


        短いですが今回は此処まで



   次回は 火曜日の夜 7月17日 23時00分頃予定



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 02:52:06.81 ID:PaAKTiKJO

今までメタ視点の読者しか分からなかったけど
これで穂乃果側が白妙さんがバハムートだってわかったんだよな。
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 03:11:46.40 ID:qsuEYlNl0
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 03:49:09.14 ID:B0bpDsgw0
>>1乙 @この世界に穂乃果を呼び出す直前 A結ばれた穂乃果が酒気帯びに引かれて植物状態に
Bラブライブ決勝戦前のダイス勝負 Cこの世界の病院に預けたあと理華遊宇教授
D焼かれる前に穂乃果を連れ出し再び轢かれ転生する E魔物になり殲滅し生き残る
F理華教授と魔翌力冷凍保存装置の棺の誰か 
時系列で言うとBADC(F前)6-574 9-952 2-143 1-911E(F後)@かな
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2018/07/14(土) 09:50:00.16 ID:KLHHDFaB0
おつー
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 13:52:41.54 ID:TiA+GzLPo
これ白雪の日記と白妙の日記、世界線が違う?ということでおけ?
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 14:28:26.44 ID:vI6YTQse0
せやな、違う世界線で合ってる
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/17(火) 23:15:43.13 ID:6hWKGA9G0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログインボーナス・コラム]知識値+300


   簡単すぎる人生に、生きる価値などない。


 <ソクラテス 紀元前399年 古代ギリシア哲学者>

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>4060/5000

『知識値』>7220+300=7520

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/17(火) 23:26:51.89 ID:6hWKGA9G0




―――――ブゥン




▽額に当てた、アストラル結晶体……『白妙の記憶』は確かにその映像<メモリー>を使用者に視せた

▽役目を終えたそれはサラサラと崩れていく、コーヒーカップに投入する角砂糖が1つ、融けて無くなる様に…




▽消える前に我先にと、急ぎでそれを回す者…先の状況の再現だな、と冷静に穂乃果から見た映像だけを引き出す者…全員にそれは共有された




 : : :/: : : : : /   |: : : : : : :| {      ` V : : : : |′´          |: : : |: : : 从
.′:/: : : : : /    i|: : : : : : :| x≦f 笊苅ミV : : |:|   斗 笊苅ミメ | : : ハ: :/: :∧
{: : {: : : : : :{   从 : : : : : ‘, \ ヒzzzソ  ∨: :N   弋zzzzソノ  : : /」}/: : : :∧
∨ ト  : : 从  .′: :、: : : : ‘,        \{           / : /,ノ : : : : : ∧
 V{ \ : : ハ {: : : : :\: : : : :、                 . : /: : : : : : : :} : ハ
.  \   ヽ: : } ∨: : : : : \: : : \        '        /ィ" : : : : : : } : ∧ : :}
       }: /  ∨: : : : : : :`⌒ヽ}       __ __      /: : : : : : : :/: /  V }
      ノイ    ∨: : : : : : : : : 个 .            . 个 : : : : : : : /: /   V}
             \: .,s≦ | i|  、≧s., __ .,s≦  :| i| ≧s.,/: イ     り
           x≦       | i|    \      /   :| i|      ゚'*。.
         /′ /      V〉    `¨¨V¨¨´      / /       V〉 \
        / |   ′      V〉___ /`}´\ __/_/_         V〉:} 丶、
      〃   |  |       {ニ//ニニ//:`Y¨Y´ /ニニ//ニニ}      | |
     {    |  |       ∨/ニニ//ニニ|ニi|//ニニ//ニニ/         | |    }



穂乃果「……」










穂乃果「…そ、っか…わかっちゃったよ」








穂乃果「…あの人は―――」






            , <  ̄ ̄>、
           /        \
           ./            \
         .′            ヽ
            |              }
            |             ノ
       /¨≧s。.     .。s≦ ̄>、_
     , <ヽ    `¨¨¨¨´     。s≦`ヽ
     ./             > ´     ヘ
    /                      }、
  ,ィ           --─ '' ´        >、
  .{ 、   \                     , -、/
   ヽ!\   ヽ              /   /: : |
   .| : : ヽ                /  ./: : : : ヘ
    .!: : : :/ヽ       __..> ´> ´!: : : : : : :ム
   /: : : /  ` <_____.。s≦ マ ム: : : : : : : :ヽ
  ./: : : /      }: : : : : : : : : : : {   マ ム: : : : : : : : ム
 /: : : /      i }.:: : : : : : : : : : :',    ', ヘ: : : : : : : : ム
./.:: : :,'         }ノ: : : : : : : : : : : : マ   }  ',: : : : : : : : :ム
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/17(火) 23:30:56.76 ID:6hWKGA9G0




――――――バサッ…














        /        /       \ \
      V         /     / ∧   \ \
       /  /     / / //// ヘ |ヘ     ヽ
      ,  /    / /  / ´ ´    | ヘ|ヘ   ヽ
     ,  ,    / /             | 、    ヽ
      |  i :   :::::  ― 、           i     ,
      |  i :  ::::       ` 、         | |   |
     |::  i :  ::  マ===、、       -―-- | |   ,
     |::  r、 ..  、  ` Y__)ハ癶      ,___  | ,   ,'
    ノ:: Y ヘ :: ∧  乂::ツ      彡テ〒ミ ノ , ,
   ノ::   | ヘ::  ∧           乂::ツ " / / /
  /::    ヽ ヽ:: ヽ\               / / /
  / /     ヽ-ヽ::  ヽ `、      `    ノ .ノ 人
  |::/ |  |   ,  ヽ:: 、 ヽ  ヽ        ノ // |
  ヘ| ∧ λ ト |、   i  i 、|      ´     ノ / ∧ |
   `  `、 ` `| ヽ| N  } ノ、        < /  い |
      `     , | |::リ  ヽ __  ィ ´x  ,乂 乂 ノ
          / リノ      Y、 イ― へ  \
        // ノ ` 、   / ∧ヽ、 _  `  `
       /ぃ |    /\/\  Y \` ――――- 、
    >  ぃ  |    山ニニニ-山、  |    ` ぃ     / ヽ
 >   ぃ   i  / iニニニi  \ |    ぃ    /  ヽ
'     `ぃ    i/   iニニi    |   <ぃ    /    ヽ
      > >  ヘ    /ニニヘ   ,    \\ /      i



















   穂乃果「…ツバサさんだ、ツバサさんなんだ…っ!」





244 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/17(火) 23:36:56.27 ID:0ZszLnU50
ファンブルによってルーツ当て無効になってることまではわからない というのがなんとも
さてここまで白雪白妙読むと ホテルのフロントで得られる情報はどこまで増えるだろうか
安価下
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/17(火) 23:38:24.78 ID:6hWKGA9G0





▽綺羅ツバサ…








           _                                    __
        |ヽ/: : :ヽ___                             ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ノ|_/: : : : :}_/:`: .、                         〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      /:{_{: : : : /_/: : : : ヽ                        ヽ;;;≧ニニニニ≦;;;;;;;;;;;ヽ
      /: : : /: : : :/: : : : /:/、: : ヽ                       /、,、: : : : ヽ: : : : \厂;;;;;)
     /: : :/: : : : :|: : : ::/十 |: : : :|                       |´_.., ヽ: : : :ヽ: : : : : :\、
     /: /: : : : : ||: : : / __ |: :/:リ                          | =、 }: : : : }: : : : : : : :ミ
   /イ: : : : : : : { |: :|:|   ̄ |"                         | 'リ ` |: : : : |): : : : : :ヽ:ヽミ、
  / /: : : : : : : : : | |: :|`     〉                        ノ   /: : : : :|: : : : : : 、:}ヽヽ_}
   /: : : : : : : : : :/ 、: :   フ /                        ヽ  _ , "| : : /): : : : : : : )
   {: : : : : : : : : /  ヽ,r 、_/                          ヽ   |: : :/  }: : : : :/
   ヽ: : : : : /ニ<ミ{                               `ー V z-==/>、
    ヽ`/ニニニニ`^ヽ                                 ∧  /////∧
     /ニニニニニニ ヽ                               ナ/ヽ〃 //////∧
     |ニニニニニニニニ\                          彡// ̄ ̄/////////∧
     |ニニ\ニニニニニニ\                      >////   /∧ ////////
     |ニニニ \ニニニニニニ\                >/////////   〃/∧///////{
     |ニニニニニ\ニニニニニニ>、          >/////////////{  /┐/∧///////}
     |ニニニニニニ>- 、ニニニニニ\――-v-―-{//{ {/////////// { /{_||_|//∧///////|
     |ニニニニニニOニ }  >、ニニニ//  / 、__{//{ {//////> ¨´ V///O///∧////// |
     |ニニニニニニニニ/     >、 //_  ̄ \  ヽ∧ヽ ¨´      }ヽ///////∧//////|
     |ニニニニニニニ/           ⊂ミ―<  ̄           }o///}//////}///// |
    〃ニニニニニニニ{                             }////}//////}//////|
   /ニニニニニニニニ |                             }////ヽ/////|//////|






▽元の世界で、廃校の危機にあった音ノ木坂を救う為の"何か"を探しひたすら奔走していたあの日


▽高坂穂乃果はモニタースクリーンに映る彼女を見た、そしてスクールアイドルを始める事を決意した







▽全ての始まりである人、そしてその人自身は自分達と対等な誰かが現れる事を常々想っていた






▽結果的に追いかけ、そして超えていく目標になった人

▽結果的に待ち望んでいた人物となり、惹かれていった人






穂乃果「…ツバサさん、なんで、どうして…」








▽そんな人が、何故『白妙の魔物』だなどと…

246 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/17(火) 23:45:58.67 ID:6hWKGA9G0





希「…」う〜ん

真姫「…」







にこ「ん?アンタ達どうしたのよ、なんか神妙な顔しちゃってるけど」

絵里「まぁ…白妙の魔物の正体が、その…こう言ってはどうかと思うけど穂乃果と同じ世界の子で、しかも知り合いだなんて」










真姫「…いや、なんか、そこが、…その引っ掛かるっていうか」

希「あ、真姫ちゃんも?」




真姫「この映像を読み取ったはいいけど、途中で変なノイズみたいなの出てこなかった」

希「あー、無人の車?言うんが突っ込んできた時とかね、なんか【人を小馬鹿にしたような口調】の…」






花陽「う、うん…確かにあったけど」

海未「それは気になりましたが…正直何なのかさっぱりで」









真姫「…なんか、私知ってる気がする」

希「ウチも……知ってる、と思う?」


にこ「なんで疑問形なのよ」



希「い、いや…だってな!?言葉で上手く説明できへんのよ!こう…心が知ってるっていうか…いや〜な感じになるっていうか」

真姫「腸が煮えくり返る気分ね、本当に反吐が出る」






にこ「…え、そこまでする?」ヒソヒソ

絵里「いや…ちょっとそこまでは…」ヒソヒソ
凛「しない、よね?」
花陽「う、うん…」

ことり「んー、人を馬鹿にしてそうだけど…真姫ちゃん達は程ぴりぴりは、しないような」

海未「二人の態度は此処にいる私達以上の不機嫌さが出てますね…」ハテ?
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/17(火) 23:52:41.74 ID:6hWKGA9G0



真姫「っ!なんで!そんなに他人事なのよッッ!」キッ




ことり「えっ!?」ビクッ
海未「ま、真姫…?」オロオロ





真姫「アイツのせいで!穂乃果も私も…!!!!!」ハッ!?







真姫「…今、私は何を言おうと…」

希「……先に真姫ちゃんに言われてもうたけど、いわんかったら多分、ウチが同じような事言ってた」



希「あかん、ウチ等変や…なーんか、心がザワザワする…こう、奥底でなんか…な」



真姫「…どういうことよ、これ」ブツブツ





花陽「な、何かよくわからないけど二人共ベンチに座って休もう!?…たぶん情報が多すぎて混乱してるんだよ…」オロオロ




海未(…真姫と希があれだけ感情的になって、私達6人はなんともない?)


海未(…一体何がどうなって…?…真姫と希…あの二人だけに共通して私達に無い何かがあるとでも?…わかりませんね)





▽アイテム:『白妙の記憶』を使った!知識値+500

『知識値』>8020




☆5番の施設にて、祈りの項目に変化が!


☆――――エンドのフラグがまた一つ解禁された

248 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 00:01:55.07 ID:yZDoLkV40

▽▼>>16…ザザッ

『21時40分』


▼血の判定
  直下レスが01〜32で魔物の欲望値が上昇してしまう…!


穂乃果「…」
花陽「大丈夫?」


穂乃果「…大丈夫、じゃない、かも…」



花陽「…っ」


穂乃果「でも、旅は続けるから、安心して…」スッ


花陽「ぁ、で、でも―――無理しなくても!」




スタスタ…




花陽「…、こういう時、私の<アーツ>は治したいモノを治せないんですね…」





▽怪我を…体を癒せる魔物は、心をすり減らした人間の背を切なげに眺めるだけしかできなかった







穂乃果(…まだ分からない点は確かにある、だけどハッキリしたことはあの人の正体がツバサさんだってこと)

穂乃果(そして種族<ルーツ>は【バハムート】…テレビゲームや漫画に出てくるなんかすごく強い竜だよね)



穂乃果(そして…キーワードは度々出てくる【棺に入ってるって子】…)



穂乃果(…この世界の端には見えない透明の壁があったけど、それはツバサさんが作ったモノってことだよね、あの内容からして)


穂乃果(…っていうか世界の破片を集めて、繋ぎとめたって…ならこの箱庭みたいな小さな世界はあの人が維持してるってこと?)

穂乃果(透明な壁の向こうは毒とかで汚染されて生き物が、【生存できない世界】になっている、と?)





穂乃果「…仮に、ツバサさんが倒れたりしたら、この世界ってどうなるんだろう」


@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』

A 『食べ歩きができる通り』(今出たばかりです)

B 『ゲームコーナー』

C 『夜景の綺麗な場所』

D 『出店通り』

E 『此処を出て行く』

直下
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 00:03:58.84 ID:NVHAW7Hf0
ゴッツンしてないメンバーもいてよかったのか
実はμ’sのメンバーも向こうの世界で殺されてこちらの波長を知ってるかみさまに送り込まれた転生組かも
穂乃果の記憶を送り込まれていない分元の記憶が残っていたのでは  この世界の過去モブについても同様の可能性を考えてたけど
モブ魔物娘は由来のあるキャラでかつかわいいほうがいいという>>1のげぇむ上のはからいかもしれないし
安価下
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 00:07:47.16 ID:NVHAW7Hf0
@ 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』
フロントの宿帳名簿が見られるならお願いします
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 00:15:31.56 ID:yZDoLkV40
▼結果【16】偶数>色欲値10%上昇

https://www.youtube.com/watch?v=7tZvQun1chc
『BGM: ホテル専用 "FF14ver" ゴールドソーサー』



::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。+o::::::::。 :::::::,/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄≧';;'゙;;:';;;'';;ソ;';';;;';';';;;'〃;;;';;';;;
::::::::::::。゚。:::::::::::::::::::::::::::::.゚。゚。::::::::::/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄,xzミ ';;;';';;;';'彳;;';';;;'彡;';;;';;';';;'ゞ;;;'
。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::..:::::::::::/ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄,xテ';;;';';;;';';;;';';;;';'/{;;;';';;;';';;;ノノ;;;';
::::::::::゚::::::::。::::゚::。゚::::。::::。::::゚+::::::/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「'⌒X';;;'ソ=ニ二ヾ;';';;;;';'ミ';';;;';
:::.゚。。+o:::::::::::::::::::,::::::::.::::::::::::/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| ̄冫シ;';;;';';;;';';;'爻;';;;';'彡;;;;;';;';
::::::::::゚::: :::。 ::::゚::。゚::::。::::。::::゚+/──/──────|─,x'ミ;;;';';;;';;; ノ;';';;;;';;;;'ヽ\';';;
::。::::゚+:::: :.::::.... ..:::::::.....::::...::::/    /          |    |x_;';';';;;';';'〃;'';';';;'\ ̄
──────────/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ""`ー '⌒ー- 、;;'ヽ
7777777777777777777/    /            |    |  |「「「「「「「「「「「「ヾ;;ハ
7777777777777/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|ΓΓΓΓΓΓ,,-';;'
                /    /             |    |  |:.:.    __x彡;;'ヾ;
7 / ̄/ ̄/7     / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|:.:.    |   | _;;';;;
 /_/_//     /    /                |    |  |:.:.    |   |  '⌒
   ̄ ̄ ̄´     / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|:.:.   二二二二
/ ̄/ ̄/7     /   , -────────-、  |    |  |:.:.   |   |   |
_/_//  / ̄ ̄ ̄ / / HOTEL   ― ― |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|   |   |   |
 ̄ ̄ ̄  /____/,. -────────- 、|_____|」    ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::: / / ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄`| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/ /  ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


▽@ホテル兼旅館 "女王蜂の巣"を選択


        | | | |            ___            | | | |
        | | | l             /,.-┼-、\        | | | |
        | | | |          | Λ__,|,__Λ |         | | | |
        | | | |          | |____f|f____| |         | | | |
        | | | |          | |f⌒゙|゙⌒f| |         | | | |
        | | li< ゙̄>、        |_|_____|_____|_|         | | | |
____________| | r'| | ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄´          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー''´ ̄ ̄ ̄
i込込込込ir‐厂| | |  | |_______i< ゙̄>, ______________
ーー―‐厂| | | | |  | |ー――――| | ̄| |ー――――――――――――
     | ', l/:| |  | 「「「 ̄「「 ̄「「| |  | | ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「
       '、У ,.イ| |  | |」」_」」_」」」 |  | |_|」_」」_」」_」」_」」_」」_」」_
      /.:.;イl l.| |  | l二二二二二| |  | |二二二二二二二二二二二二二
        |.:.{ l/| |  | |  、__,、__,、_,. | |  | |}`iー――i"{      | | | |
____| .:レ /| |  | |  }l了下|{. | |  | |} {‐。┬。‐} {_____j厂 ̄}___
__________j| .:|/  厂´゚ ̄| }l込上l{. | |  | |}_{__|__}_{_込込ヒ/  /|込込込
________{| .:|  |______| ⌒⌒⌒゙ | |  | |_______________,/  ,.イ|j|
______{|:.:{  _,| |  | |_____| |  | |___ _ _ __,,,.イ |,!'/
____{|:.:∨ ,.| |  | |厂厂厂厂厂| |  | |厂厂厂厂厂厂l´ |_,!イシ′
___________{|:.:.:∨i| |  | |辷辷辷辷辷| |  | |辷辷辷辷辷辷辷>'′
___________liト、__}fヘj_j/           ',i_j/
_______lli:::::::|
_______,ゞ、__}、
_____,ノ  )
           ,/




花陽【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

凛【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

にこ【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

絵里【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

ことり【色欲:0 極小【食人欲:0 極小】

希【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

真姫【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】

海未【色欲:0 極小】【食人欲:0 極小】


▼誰の色欲値を10上げますか?

直下
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 00:32:02.37 ID:NVHAW7Hf0
凛で
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 00:44:48.61 ID:yZDoLkV40
▼凛の色欲値が10上昇してしまった…!

凛【色欲:10 小】【食人欲:0 極小】



      ``''弌ミs。.,     `'弌s。.,   `'弌s。.,        辷辷彡;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';爻彡
          ``'弌ミs。.,   `'弌s。.,   `'弌s。.,       x彡;';';';';';';';';';';';';';';';';';';'从;';';';';';';'リ
二ニ=-  _      ``'弌ミs。.,  `'弌s。.,   `'弌s。     辷彡シ;';';';';';';';'爻爻爻爻;';';';';'ミ
 ̄ -=ニ二二二ニ=- _    `'弌s。.,  `'弌s。.,  `'弌s。.,   ,.爻彡;';';';';';';';';';'刈爻;';';';';';'ソ
        ̄ -=ニ二二ニ=-zzzzzzzz≧zzzzzzz≧zzzzzzz≧zz爻爻;';';';';';';';'ミソソ爻爻彡'⌒
      _,,,,...;';';';';';';゙ミx ̄| ̄ x、、x ̄ ̄≧s。.,__`'弌s。.,_``'弌s。.,_乂;';';';';';';从|i:|//_|
-=ニ二 ̄__ f;';';';';';';';';';'}::::|: : j;';';';';';'、二≧s。.,_>zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzマム|i:|/゙| |
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄~゙|;';';';';';';';';'ツ : |: : {;';';';';';'リニニ| |: : |  | ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ム|i:l .| |
    |: : : : :_: |``゙'YY'"´::::::|: : 乂;';'.ィ¨゙|¨゙| | |: : |  |::::::: :: |                |∨i:| | |
    |: : : :││|: : : :|i|: : :::: ::|: : : : :||: | .|::::| | |: : |  |「」┐_|_     __    __|__|i:i| |_|
    |: : : :└┘|: :xWWWx: : |: :_:_wwww_|:,,:| | |: : |  ||¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨.|i:i|  ||
__|:_:_:_:_:_:_:_|二二二二二|┴───く__|_|:_:_|_||zzzzzzzzzzzzz||ァ========ノi:i|==||__
-_-_-_-_-_-_-_/:::/  }::::|__x<二二≧zzzzzュ _‐_‐_‐_‐_‐, --< ̄ ̄ ̄>xWWWWWWWWW
-_-_-_-_-_-_-_|_/-_-_|__|:_:_:_:_:_|_||-_-_-||tt‐tt┘_‐_‐_‐_‐_‐_|:_:_二「「¨¨¨7洲洲洲洲洲洲洲洲
-_-_<____>t_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐< ̄_二ニニ7州州洲洲洲洲洲洲洲洲
_‐_‐r<___,>ュ _‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐< ̄ ̄>''":::::::::::::::::::/ 从乂从乂从乂从乂从乂
_‐_‐|        | _‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐|   ̄¨|\:::::::::::::::::: |~゙|¨ ''' …──‐--==ニ _
_‐_‐≧=------=≦ _‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_ーゝ_____|::::::≧s。.,:_:_ | |
-=ニ二三_ _‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐ [] -_|::::::::::::::::::::: ::  ̄ ̄|¨¨..| ''' ……─----
: : : : : : : : : :  ̄ ''  ー-=ニ二_ _‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐ ≧s。.,:_:_:_:_:_:_:_:__|  |:::::::::::::,.  -─…
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄  ''  ー-=ニ _ニΞニΞニΞ::::|  |::::::γ´
:_:_:_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄””““ / ̄ / ̄ \
ニΞニΞニ=-   :_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/   /── |≧s。..,,_
ニΞニΞニΞニΞニΞニ二ニ=-   ..,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  /     |:::::::|`''<二



ペラッ…ペラッ…




真姫「…フロントの宿帳から名前を一通り眺めたけど…」

真姫「綺羅ツバサって名前は載ってないわね…」ポイッ…ドサッ




凛「んっ」ゾワッ


凛「…ここを利用する魔物娘ってやっぱりみんな人造だったのかな」

ことり「そうなんじゃないかな、まず人間と一緒じゃなきゃゲート開けられないし…」



@フロント 宿泊手続き(止まった場合、恋人通り内で魔物は血の暴走をしなくなります
      おひとり様500、9人で知識値4500となります


A 知識値換金所(10分消費)


B 此処を後にする

直下
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 00:50:52.83 ID:mURybfGg0
3
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 01:00:08.68 ID:yZDoLkV40
▽Bを選択、ホテルを後にします




――−
――



▽まだ落ち着いた、とは言い切れないがそれでも情報を少しずつ整理していく

▽思い当たる限りの事を言って、それを花陽にメモしてもらうように頼み込んだ…





穂乃果「それで、気になる事は……【ツバサさんがラブライブ!決勝戦で私達に勝った】って部分」


穂乃果「見た映像の中だとツバサさんが9人に勝ってしかもニューヨーク行きが決まったみたいな事を言ってて…」



穂乃果「少なくとも私が覚えてる限りだとツバサさんたち、A-RISEに勝ったのはμ'sで、ニューヨーク行きが決まったのも私達の筈」

穂乃果「この辺がおかしいんだよ」



花陽「ふむふむ…」カキカキ




花陽「…」カキカキ ピタッ



花陽「もしかして、白妙の魔物さん…は、その、穂乃果ちゃんとはまた違う世界から来たんじゃないですか?」

花陽「並行世界はそれこそ夜空のお星さまと同じで無限に存在します、だから…似て非なる世界から来たとか…」




花陽「だから、実際に知ってる結果とは違う…"IF"の世界…パラレルワールドから来たんじゃないかなって」

穂乃果「…なるほど」




× 『ホテル 兼 旅館 "女王蜂の巣" へ』(今出たばかりです)

A 『食べ歩きができる通り』

B 『ゲームコーナー』

C 『夜景の綺麗な場所』

D 『出店通り』

E 『此処を出て行く』

直下
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 01:09:20.86 ID:NVHAW7Hf0
E 『此処を出て行く』
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 01:22:27.53 ID:yZDoLkV40
▽Eを選択


◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
02□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
03■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
04□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
05■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
06□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
07■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
08□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
09■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
10□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
11■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
12□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
13■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
14□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
15■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
16□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



穂乃果「うわっ、外は真っ暗だ…」

凛「中が眩しいと尚更だにゃ〜…」





【恋人通り<ラヴァーズ・ストリート>】


×『お札びっちりゲートに入る』"入場料" 知識値50 (今出たばかりです)

A【その辺の安物ホテル(札があまりないから、魔物も侵入できそう】

B【その場にとどまる】

C【この通りの事を仲間に尋ねる】

D【アイテム】

E【MAP<アーツ>】

F【移動 1マスor2マス】

▽1マス先
▼暗くて先が見えない
▼暗くて先が見えない
▼暗くて先が見えない
▼暗くて先が見えない

直下
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 01:26:10.00 ID:7F8nz7gh0
mapアーツで明かり
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 01:27:15.70 ID:7F8nz7gh0
ア゛
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 01:32:34.52 ID:NVHAW7Hf0
ドンマイ 久しぶりのファンブルだけど 何がやってくるだろう
白妙白雪関連 病院で何かあるのもありそう 野良っ娘増えるとか 忘れた頃の拠点焼き討ちも大穴で
安価下
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga!nasu_res]:2018/07/18(水) 01:40:41.33 ID:yZDoLkV40




     コンマ00は如何なる時もファンブルとなる―――








▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲


00 後ろから本気で大鎌が振るわれた…… 残機 -2


01〜21 欲望値 大幅上昇

23〜45 白妙の魔物と遭遇時に『逃げる』コマンドが使えなくなる

46〜65 かなり強い人造魔物娘が0番から抜け出てくる

67〜87 おや?雪兎の様子が…



89〜98 偶数 白雪の声が聞こえ始める…▼▼
89〜98 奇数 白妙が夜中でも動き始める▼▼

ゾロ目 偶数 白雪が夢の中に出てくる

ゾロ目 奇数 後ろに白妙の魔物が笑顔で立ってる…


↓2


▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 01:41:25.47 ID:Bh5x5wJA0
任せろ
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 01:48:53.72 ID:NVHAW7Hf0
はい

欲望か兎でなんとか
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 02:05:00.10 ID:yZDoLkV40
▼結果【72】





  …!MAP上に大量の雪兎が出現したぞ…!▼




  …?▼





https://www.youtube.com/watch?v=9EQQuCI7GJY
[進化BGM]

 …おや?雪兎の様子が▼








   ボゥン!!







  テーレーレ♪テレレレレレー♪









  ▼おめでとう!雪兎が【白夜の兎】になったぞ!



                          r=┐  _
                         人f⌒7´ ̄  ̄ =ー 、
                         YZ,  {、_ ,, /j!    \
                          V メ j 「 ヾ/  /_  ノ  j〉
                          ゞr= r' / ィ /ア´イ {∨j
                           ∨ム / /ノ/ /_ ノ  Y {!
             rー- _           マ_V / イ j}/   j! レ{
              ヽ..  ー  ̄ `¨ =ュ、__,,z=ー/ {_ノ イ´    |! i j!
                 ̄ ¨⌒ マ-ァ´   ´ ヘ__jリ_       j! j!/
         __  _,,z=ーミy≦{イ        У j!    Y '/
      ,,ィ´ ̄  ` マ      ){ ji!   。  。   j{  /      ハリ
    r=7{、 _      ヽ}  _ィーヾ人   x   ノ人 {!  ,,ィァ´イj
    f! ト人 {⌒ー    个ァ'´    マ`>=rァ≠ ⌒Y7「彡  /jリ
     メ{  `ヽ、     `ミj!     ヾ _jレ ´ ̄ ̄ jリ / j!  }/
     {! ヽ    \_彡z_イ! `′  ニ7´ニ´      /{´  i{  /
    八     、j}⌒`ーマ八    ニ7ニ    r,  イ/   jレ'′
      \ ヽ、  ヾ、    }个、_   _八ニ       彡′ ィア´
       ` マヽ!  \ jトム、 ≧f「 _、ミz _、_ イ/  ソ´
          ヾ}    ∨Vj!  ヾj⌒ァミ ̄ ア ノ´__彡f |ヽ.    ゴゴゴゴゴゴ…
            {! 、 トy'jイ⌒ヽッ(_  メーォアz イ_ム |L:::ヽ
             ム  ∨ム j!   7~´ ̄ ス_ノ{ 7_/ツ| }__ム ):::::ハ
           Ljzノ´YУ`ヽ/   彡zヘイア´:::(_rf‐=「¨::::::::::::ハ
            ,イ{ ハ{  jア⌒ ̄ツ ィ{7 :::::::::::`¨i::::::!::::::::::::::::j!
           jニ、 ′ ヽ j{_z 、[,  )ム~`゙ 。:::::::i::::::!::_:::::::::::;
           ムニニ {!  У     Y_,,zニニム  ゙マァ、::::::j´j):::::::/
          イニニニニ、!  {!     ノニニニニニニ、  }L ゙Tニ} |「::::/
          /ニニニニニニ≧{、_ ,,ィニニア⌒マニムノ::::| Yイ |レ′
          /ニニニニニニニニニニニニニニイ   {  マム、_」  V ´
         fニニ7´ ̄ヾ⌒ マニニニニ/ }!      マ}! ̄
         jニ7 {      } マニ八        マ!
         マ7       j!  マ{   {       、!
         マ       (  }ハ  i、       j}
          ヽ       ヾ j! i{`ヽハ     イ!
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:07:06.53 ID:Bh5x5wJA0
bbbbbbbb
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 02:11:43.99 ID:yZDoLkV40





ゴウッッッ!!





海未「ッ!?」バッ


海未「な、なんですか…この威圧感は…」

絵里「…や、ヤバい感じだわ、0番で戦った蟲の子と溶岩肌を1人で相手取るくらいの戦力さよ…」ブルッ



にこ「灯りをつけるわ!」ボオォォォ!!



にこ「…周囲に敵は?」




絵里「い、いない…と思いたいわね…」


絵里「きょ、今日はもう帰りましょう…嫌な予感しかしないわ」



◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□火火■□■砂
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火火火火火火砂砂
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱火■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□熱火■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森L森荒19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑☆街G街街↓森原森森■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街街街↓原K原■□■砂砂砂砂砂
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

×『お札びっちりゲートに入る』"入場料" 知識値50 (今出たばかりです)

A【その辺の安物ホテル(札があまりないから、魔物も侵入できそう】

B【その場にとどまる】

C【この通りの事を仲間に尋ねる】

D【アイテム】

E【MAP<アーツ>】

F【移動 1マスor2マス】

▽1マス先
▽南は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない
▽北は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない
▽西は…?車輪の後のようなモノが視える
▽東は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない


直下
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:12:04.85 ID:NVHAW7Hf0
あ これやばいやつやった
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:12:49.35 ID:NVHAW7Hf0
すみません 安価下
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:22:12.41 ID:DrNzNdiC0
ウサギきめぇw
安価下
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:32:17.20 ID:NVHAW7Hf0
アーツ 絵里 千里眼

寝たら魔翌力回復するだろうし使おう
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 02:40:01.96 ID:yZDoLkV40
▽MAP<アーツ>!千里眼使用!

絵里 魔力値【3380/4980】



◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□火火■□■砂
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火火火火火火砂砂
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱火■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□熱火■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森L森荒19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑☆街G街街↓森原森森■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街街街↓原K原■□■砂砂砂砂砂
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂




絵里「…5マス以内には何もいないみたいね…」ホッ


絵里(…ただ【東】の方角からあのプレッシャーが来たのよね…)

絵里(あんまりあっちの方には遠出はしたくないわね…何があるか分からないし)



絵里「穂乃果、できれば東側にいかないことをお奨めするわ…拠点にすぐ帰る分には良いけど、それよりずっと行くのは問題ね」




絵里「どこにいるか、まで正確な位置はわからないけど、東に居るっていうのは確実よ、うん」

海未「あの兎が"初めて出て来た場所"とかがあるなら…その地点に居る可能性が高いかもしれませんね」

海未「仮に発生現となる場所があると仮定してですよ?念を押しますが」



×『お札びっちりゲートに入る』"入場料" 知識値50 (今出たばかりです)

A【その辺の安物ホテル(札があまりないから、魔物も侵入できそう】

B【その場にとどまる】

C【この通りの事を仲間に尋ねる】

D【アイテム】

E【MAP<アーツ>】

F【移動 1マスor2マス】

▽1マス先
▽南は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない
▽北は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない
▽西は…?車輪の後のようなモノが視える
▽東は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない


直下
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:42:18.79 ID:y5MYC1xSO
7 東に1マス
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:45:46.95 ID:DrNzNdiC0
つまり12がやべーやつか(確か収容所からウサギが出た

東1
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:51:43.30 ID:NVHAW7Hf0
雪兎(最弱)が増えてそのうち1体が白夜化したのでいいんだろうか 本体の居場所と力の出所違うのね
寝る前に星にいって願いかけてもいい?
安価下
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:55:51.23 ID:kXCYoS1vo
拠点からゲートtoゲートだしそれくらいならいいんじゃない?
安価下
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 02:56:22.32 ID:yZDoLkV40
▽東へ1マス移動!『I-8』から【J-8】へ


◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□火火■□■砂
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火火火火火火砂砂
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱火■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□熱火■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森L森荒19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E☆G街街↓森原森森■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街街街↓原K原■□■砂砂砂砂砂
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

▽『…!不思議な街』時間を10分消費【21時50分】




▽時折、険しい表情をした仲間が進行方向を警戒しながら進む…


▽五感の優れた魔狼や感覚が鋭い吸血鬼、それに修羅場を超えて来た火蜥蜴と寒気のする魔翌力を感じ取る不死王


▽陣術士も異様な雰囲気を感じ…いつの間にか主戦力と化していた小鬼の子も張りつめた空気を感じていた…背中に雪玉突っ込まれたような悪寒だ





凛「ね、ねぇ…わかる?」
ことり「う、ううん…全然」


凛「あぅ…なんだか凛たち、かよちん達にどんどん置いてかれてるみたい…」シュン




▽書物が売られていたであろう店が多く並ぶ通りを歩く一行…見覚えのあるこの道を抜ければ拠点は目と鼻の先だ!




・『アイテム』
・『その場で休む』留まる
・『適当な民家から物色』
・『MAP<アーツ>』
・『古本屋』


・『拠点へ』

・『移動1マス or2マス』



直下
277 :このレスは判定に含めない [saga]:2018/07/18(水) 02:57:59.34 ID:yZDoLkV40
>>274

※増えてから、全員集まって某キングなスライム的な1体になりました
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 03:03:34.45 ID:NVHAW7Hf0
『適当な民家から物色』

真姫ちゃんにたよろう
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 03:18:57.45 ID:yZDoLkV40
▽『物色』を選択

三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
┴| |: : : : :: : :::| |┬|  .:||┬┴┬┴┬ /|  |           __
  | |'TTTTTT'| |┴|  .:||┴┬┴┬ //|_|            /|: : :.:::|
┬|_|ニニニニ|_|┬|  .:||┬┴− .//┴ {_}          l   | : : : :|
┴┬.//\\.┴|  .:||┴┬ //. ┬ :/ :|           |   |: : :..:_|___________
 .://┴┬ \\|  .:||┬://┴┬┴〈_,;!           |   |::/\ . . . . . . . . . . . .
//┴┬┴┬:'\|  ::||//:┴┬┴ー |  :|へ、      |  |:|/\\: : : : : : :∠二/\
┬−┬┴┬┴┬┴┬┴┬−┬ー┬─┤ .::| : . \     |  |:|.    \\: : : : .: :\  |lニlニ|
_|___;l___;!___;!__,;|___;!__.;l__,;|___;!_;!: : : : :.\  /|  |:|   __ \\ : : : :  : \|lニlニ|
ー|__l___|___l┴┬┴┬┴┬┴┤ .::|: :[]: :[]: .,//|  |:|  ||:::::|   \\_;_;_;_;_;_
-|_| lニニニニニ;!|_|┬┴┬┴┬┴┬┤ :::| : : : : : :||/  |  |:|  ||:::::|    `:| |: : : : : : : : : : : :
ー|_}:| |:: : :||:: :.::| |{___;l┴lニニニニニl:┴:;|_;;!. : . : : :.||    |  |:|   ̄      | |: : : : : : : : : : : :
-|_| | |:: : :||: .:.::| |.l_|┬| |:::::::||:::::::| |:┬┤ .|___||__|;,_ |:|   ____.___|_|;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;
ー|_}:| |: : ::||::: :.:| |{_;l┴| |:::::::||:::::::| |:┴┤ .|:_l__;!__;!__;|._|;|__//__;!__;!__;!__;!_
-|_| | |ニニニl==:| |.l_|┬| |:::::::||:::::::| |:┬::ト‐‐{;;_;!_;!__;!__;!__;!__;!、__;!__;!__
ー|_}:| |::  ||::.: ::| |{_;l┴lニニニニニl:┴ |__;!___:l__;!、__:l__;!__:l__;!__;!__;!__
-|_;l.|_|_,;||_;;;;;;|_|l_,,;;}┬┴┬┴┬┴┬┤ .:::|__;!__;!___;!、__;!__;!__:l_,、,、.v,,;..v、,,
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:::|_;!__;!__:l__;!__;!___:l_ vミyゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:"
         ~゛'''' ┴'::⊥ . .,.|  .:|  .:|ー‐|、yWv,,:l__;l、__;!__;!_yミ゙':;ゞ;,”v:";v;oゞゞ;yゞ
 `     , '  .   .`      . ~゛`┴ -:⊥ ,;ミyミゞ;ヾ.:゙;;ミ゙'_;!__;!__;!;ミ゙ゞv;oヾ;ゞ;yゞ;.:゙;;ミ゙o:”:"
             ,   `           "゛ゞ;ヾ.爻-:: ⊥. .,_..:::l .;:ミ゙ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻v
                     ,,       `           ~゛'' ‐-ミ;ゞ゙vヾ;ゞ;yゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ
  `             .,     `    ,.          '       ~゛'' "´ヾ.;y彡ゞミ;ゞミ
.        `                                 `



三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────



海未「…ふぅ、拠点は目と鼻の先、大して…この強大な気はまだ『街』の外周どころか『森』を少し抜けた先…」


海未「一安心ですか…」



▽胸をなでおろし安堵の吐息を吐く、海未の横をすり抜けて赤毛の不死王が一件の民家の前で立ち止まる




真姫「…」じーっ




真姫「穂乃果、この家の中少し見てみない?…良いモノがありそうな気がするわ」


穂乃果「そうなの?それじゃあ…」ガチャッ



判定

ゾロ目 札つきの地下室ありの屋敷

01〜32 一般的なご家庭

34〜65 少し裕福な家庭

67〜98 札つきの家


直下
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 03:20:37.33 ID:DrNzNdiC0
ゾロ
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 03:21:04.48 ID:DrNzNdiC0
うおっ出た
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 03:26:40.66 ID:NVHAW7Hf0
あら素敵 いいものでるといいけど 地下室は何に使うのだろう
安価下
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 03:36:16.01 ID:yZDoLkV40
▽結果『33』ぞろ目…!




ゝ.;:_:_;:;:_:_;:;:_;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:||  /
ミゝ、___/\二`>、;:_:_;:;:_:_;:_||ー========----......__
ゝミミミ / /\\  ̄7 \__||三三三三三,ィ=‐--,,,..三三,kニニニニ、
彡彡/ /lll;lll;ll;\ \i\  \,',',.ヘ,',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',','/,',',',',',',',','/ \
彡/ /ll;ll;ll;ll;ll;ll;ll;\ \ \r-\,','},',',',',',',','ハ,',',',',',',',',',','7,',',',',',','/ /\\
/ /l;;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l\ \/ヽ、__\ ̄ ̄∨ \,',',',',',',','|,',',','/ /ll;ll;ll;ll;ll
;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \,',',',',',',\,',',','\,',',','\,',',',.ヘ,/ /l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;
:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:;\_ゞ;; iiニ三f;|_/__ヾ´/ ,/_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:
_;:;:_:_;:;__:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:_|; ||k三三|_;;:_;:;:_:_;:;:_:〈__/:;:_:_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:
_;:;:_:_;:「_,:,.,:,.,:,.,:,.,:,.l!;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||三三ミ|_;;:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|:_:_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:,.-'"
_;:;:_:_;:l.,.,.,:..,:,..:,..:,.,:l!;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||_三三|_;;:_;:;:_:_;:;:_:_;:_|_:_;:;:_:ri―":.:.:..:..
_;:;:_:_;:l_:_,:_,:_,:_:,:__」!:::::_;:;:_:_;:;:_:;:;:|; ||三二t|_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:;:|_;:;:_:_|;|:.:.:.:.:.:
_;:;:_:_;:; ̄ ̄ ̄ ̄:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_;:|; ||[三三|;;γ⌒ヽ_;:;:_:;:|:_;:;_;_|;|:.:. .
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:|; || 三二|_; | ____|__:_;:_|_:_;;:;_|;|::
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_/ ̄/ ̄ ̄`!;;;;;;;;;;;;;;|_:;:|__ __|;:_;:;::;|:;:_:__:|;|.
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:__|  i;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;/;|_;:;|___  |:;:;:;_:;|;:_:_;:_|;|      /
_;:;:/ ̄ ̄ ̄/l:_;:;:_:_;:;,ィ´⌒i;;;;;;;;;;;;;|;;/,.;;;;;;|_;{  ___};:;_:_;::|_;:__:;:i;|    ,.-''"
_;/_;:;;_;;:;;:;_/__:_;:;:_:_;:_|ミ_ ノ..{   {     {  ゙ミ、 ン::::--┴-―┴'""´
             ` ┴―┴――┴―'''"´



▽札つきの扉を穂乃果が開き、その後を蟻の行列が如く他の面々も続いていく…




穂乃果「わわっ!結構広いね!」

凛「凛達の今のお家と同じくらい広いにゃ!」


絵里「そうね…でもあっちと違って階層が少ないし部屋数も―――」



真姫「いえ、此処は地下室があるわ、ほら」スッ


絵里「あら、本当だわ…」




穂乃果「…」カチッ カチッ



電気『 』パッ!



穂乃果「電気も通ってるし…」テクテク…

穂乃果「水道も生きてるね」キュルッ、キュルッ―――チョロチョロ…


にこ「ガスもあるっぽいわ!魔物娘襲撃用だったんでしょうけど、倉庫にプロパンやら小型のカセットコンロまであるわよー!」


穂乃果「へぇ…!"倉庫"があるんだね」


海未「お風呂に…家具も一通り良いモノがありますね」キョロキョロ



花陽「じゃあ私達が住んでる家と基本的には同じってことですか?」




絵里「…」


絵里「いえ、違うわね、此処は『書斎』が無いわ」

真姫「代わりに…地下に『鍛冶:工房』があるみたいね…」テクテク

284 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 03:45:32.99 ID:yZDoLkV40


穂乃果「鍛冶…こーぼー?」


真姫「…要するに、私のMAP<アーツ>の錬金術、あれを魔力値消費無しで使える部屋だと思えば良いわ」

真姫「と言っても大した物は造れないわ、造ろうと思ったら砂漠で『石油』なんかを手にする必要があるでしょうね」






▽今の拠点を破棄して、この拠点に引っ越しますか?

YES or NO


↓1







真姫「そんなことより物色よ!この辺りから力を感じたんだから!」


西木野真姫 地形補正『街』S


01〜32 『転移の魔石』×2

34〜65 『真名を見通す眼鏡<太陽神ラーのまなこ>』

67〜98 『隠者の案山子』

ゾロ目 ↑+『荷物枠+1』





 地形補正  ↓


▽どれでも好きな物を選択(ぞろ目が出たら 荷物枠+1)

↓2
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 03:47:07.52 ID:NVHAW7Hf0
工房……!! ちなみに今の拠点の『物件情報』スペックは8-673
もし住み替える場合家に書いた陣は 消えるのか 場所の書き換えが起こるのだろうか
安価下
286 :このレスは判定に含めない [saga]:2018/07/18(水) 03:53:47.52 ID:yZDoLkV40
>>285

Mainegate『『拠点:【J-8】屋敷内』』 を描き込んだ今の拠点を破棄するなら残念ですが消えます
引っ越し直後は当然、陣が無いので移動ができません


ですが、他の地点は別に消えません、あくまで"Mainegateを描き込んだ拠点"を捨てるだけですので

引っ越した後、新たに『絵の具』を使って新しいMainegateにしてしまえばそれまでです




ちなみに、倉庫の中身はちゃんと此方側の倉庫に持って来れますのでご安心を
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 04:00:23.57 ID:NVHAW7Hf0
どうしよう >>魔物娘襲撃翌用 と書いてあるけどこの拠点自体が野良っ娘などの焼き討ちに対して
迎撃するわけではなさそうだから特にメリットはなさそう 
書斎←→工房に関してはいままで手に入る機会のなかった書物さんサイドにも問題はあるが
絵の具もったいないので変えないでいいだろうか
安価下
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 04:05:37.12 ID:NVHAW7Hf0
引っ越さない
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 04:06:57.70 ID:DrNzNdiC0
引っ越しはしなくていいと思う
No
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 04:21:05.25 ID:DrNzNdiC0
選んで良いなら3
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 04:30:17.41 ID:yZDoLkV40
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




   今回は此処まで!次回は可能であれば今日の昼14時ごろ




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 04:36:52.93 ID:NVHAW7Hf0
>>1乙 リアル優先で 隠者の案山子? 8マスが東西南北斜めまでを指すならMAP上の大部分
試しにここに刺すとするとB1B16Q1Q16まで覆う範囲□なんだけど 斜めでないなら◇かな
希の隠密の陣みたいに1回敵に発見されると効果は失われるのか持続するのか
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 04:45:29.66 ID:DrNzNdiC0
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 14:05:26.95 ID:yZDoLkV40
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログインボーナスは既に受け取っています]


     それでは、これよりげぇむを再開します


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>4060/5000

『知識値』>8020

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100


295 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 14:19:21.51 ID:yZDoLkV40
▽拠点にはしない

▽案山子を選択




絵里「今ある拠点で十分だし、気にすることも無いでしょうね」



▽書斎にしろ工房にせよ欲しければ最悪、モイライ達に飴玉をちらつかせて改築させればいいだけだ





真姫「…これね」ガシッ



▽真姫が徐に手に取ったモノ、それは…





凛「えっ、竹箒が欲しいの!?」







▽地下の工房の片隅に山積みになった竹箒、箒を持ってどうする?お部屋のお掃除でもしたいのか?



真姫「あのね…よく見なさいよ、入口のすぐ傍に掃除用具入れがあるでしょ?」

真姫「なんで此処に無造作に箒が山積みになってると思う?そうでなくてもこんな大量に…此処は箒工場か何かかって話よ」ズボッ



▽手に取った"ソレ"を引き抜く


▽見た感じ清掃用具の量産工房にはどう見ても見えないその場所で箒の山からひきぬいたソレは…先端が床を掃く為の穂丈にはなっていない




真姫「…ふふんっ♪どう?わかったでしょう」




▽先端は…人型だった、箒にまぎれて一本だけ案山子があったのだ



にこ「」ポカーン


にこ「真姫、アンタやるわね…いつか私とトレジャーハンターとしてコンビ組まない?」


真姫「私はコソ泥になる気はないわよ」



<誰がコソ泥よーーーっ!!

<事実デッショー



海未「ほう…これは案山子の<ギミック・アーツ>ですね」ヒョイッ ジーッ

穂乃果「これが……」

296 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 14:46:22.35 ID:yZDoLkV40
       __
     /   \
    /____\
     ̄ ( ^-^ ) ̄
. ==|Ξ≡V≡Ξ|==
    |≡|###|≡|
     ̄`|卅卅|' ̄
       ̄|.| ̄
 _._.,_,,,,__.|.|__、、_,,

【隠者の案山子】

使うとその地点から8マス先まで他の魔物娘に知覚されなくなる
(有効範囲内から1歩でも先に出ると効力が失われる)





穂乃果「案山子ってさ、顔が"へのへのもへ字"だと思ってたけど違うんだね」ほへ〜…



▽眉毛が「へ」で眼玉が「の」お鼻が「も」で口が「へ」




※8マス先…つまり J-8地点で使ったとすれば

◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
02□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
03■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
04□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
05■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
06□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
07■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
08□■□■□■□■□☆□■□■□■□■□■□■□■□
09■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
10□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
11■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
12□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
13■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
14□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
15■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
16□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01■□■□■□■□隠隠隠□■□■□■□■□■□■□■
02□■□■□■□隠隠隠隠隠□■□■□■□■□■□■□
03■□■□■□隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■□■□■
04□■□■□隠隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■□■□
05■□■□隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■□■
06□■□隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■□
07■□隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■
08□隠隠隠隠隠隠隠隠☆隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□
09■□隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■
10□■□隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■□
11■□■□隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■□■
12□■□■□隠隠隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■□■□
13■□■□■□隠隠隠隠隠隠隠□■□■□■□■□■□■
14□■□■□■□隠隠隠隠隠□■□■□■□■□■□■□
15■□■□■□■□隠隠隠□■□■□■□■□■□■□■
16□■□■□■□■□隠□■□■□■□■□■□■□■□



この範囲で敵に近くされなくなる、ただし絵里のような【千里眼】や、【狩獣の嗅覚】など一部のMAPアーツや
白妙の魔物など規格外の敵には低確率で見つかる可能性がある…それでも通常よりは欺ける可能性が高い


297 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 14:58:46.45 ID:yZDoLkV40

▽【隠者の案山子】を凛に持たせました



凛「案山子さん!ゲットにゃ!」ビシィッ!





穂乃果「私も今のトコ案山子持ってるけど…顔とか見た目が随分違うんだね」



▽穂乃果が持ってる、今居る地形を移ろいに変える【道程の案山子】は見た目土木工事のおじさんと表現するに相応しい見た目だが

▽凛に持たせた【隠者の案山子】は黒装束の……その、なんか盗賊とか暗殺者とか、いかにもファンタジックな見た目だ、正直カッコイイ




▽物色終了、10分消費…【22時00分】

▼血の判定
 直下レスが01〜32で魔物の欲望値が上がる


▼遭遇判定
直下レスが89〜99でこの場所に直接、敵対勢力が突っ込んでくる



▼3時間判定!

この世界での3時間が経過した…!人間の脳から記憶が薄れ、大気に溶けていく…!
▽知識値500消費で 希望値の減少を防げます

防ぎますか?

↓1



◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□火火■□■砂
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火火火火火火砂砂
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱火■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□熱火■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森L森荒19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E☆G街街↓森原森森■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街街街↓原K原■□■砂砂砂砂砂
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


・『アイテム』
・『その場で休む』留まる
×『適当な民家から物色』
・『MAP<アーツ>』
・『古本屋』


・『拠点へ』

・『移動1マス or2マス』


行動コマンド
↓2
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 15:35:06.83 ID:yHrNbXC20
知識値使用
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 15:54:32.97 ID:esQbe9DiO
古本屋
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 16:15:14.18 ID:yZDoLkV40
▽知識値使用

『知識値』>7520


▽『古本屋』を選択



         ノ: : : : : : : : :─=: : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : :.
.       /: : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.
       /:/ : : : / !: :\ : : : : : : : : : : : : :':,: : : : : :.
       : l: : : :/  ヘ:.:.、\: : : : : : : : : : : : ': : : : : : |
     |: |: : : |   -‐: :.、 ゙ 、 :_:_: : : : : : : :.|: : : : : |
     |: |: : : | /   \〉    ≫=-ミ __| : : : : ハ
       : |: : : |   x≦ミ       ノ:刈゙, | : : : / ':.、
      ∧: : : :. 〃 ノ:小      乂__ツノ,. : : /  }ヘ
     :.∧:. : :.:圦弋_ 少       .:.:.:.:.:/: : /    }: :\
    /: { \: : :\.:.:.:.:.:.   ′     ムイ     /:小⌒
   ノイ:..   \: : :}               |  / : /
     j/l:ヘ    下^      (  )      广^⌒∨ン
      八ト: 7ー‐ \              /^⌒   }
        {      ≧=―-- __, rチ  く     \
          〉   >  >  >  、`\ く    く   }
        /              \  \ く    _人___
         {    >  >  >  >        -=ニ / / /\
      /⌒ー               -=ニl l l l l,/ / / l l ヘ
.      /^ー-------───r─< アl l l l l l l l l ' ,  ,′l l 小
     /l l l l l l l l l l l l l l l l l \\/l l l l l l l l l l { { /l l l l l l |


花陽「本屋さんがたくさんありますね…」



ことり「少しだけ見ていかない?もしかしたら変わった本もあるかもしれないよ」






▽案山子を手に入れた少女等は拠点へと続く帰路で立ち止まる、本屋に目ぼしいモノはあるだろうか…






判定

01〜32 『地図の切れ端T字』

34〜65 『葬送行進曲物語』

67〜98 『気流録』

ゾロ目 『理想郷開拓者の地図』


直下
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 16:48:57.37 ID:yHrNbXC20
はい
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/18(水) 17:01:30.98 ID:yZDoLkV40
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


『葬送行進曲物語』入手の所で今回は此処まで!



   次回は金曜日 7月20日 夜21時00分頃です



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/18(水) 17:15:33.61 ID:esQbe9DiO
乙乙
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/20(金) 21:31:55.57 ID:31j7vM970
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ログインボーナス・コラム]+知識値300





       誰かの曇った心にさす虹になりなさい。



<マヤ・アンジェロウ


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
『希望値』>4060/5000

『知識値』>7520+300=7820

『思い出・帰郷心』
100/100

『人間性』
100/100









>>249
>実はμ’sのメンバーも向こうの世界で殺されてこちらの波長を知ってるかみさまに送り込まれた転生組かも

…既にげぇむ内で出た確定情報である為、これはネタバレにならないと判断し言わせて頂きます

全然見当違いです


アルカナアーツに触れられる魔物娘、つまり【悪魔像の祠の魔法陣などで魔物化した元人間】とかでもなんでもなく
普通に0番で造られた人造魔物娘である事が確定してます

305 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/20(金) 21:43:46.23 ID:31j7vM970



『葬送行進曲物語』

※魔の強い魔物やアンデット系統の眷属・魔物娘に1000ダメージ




真姫「ヴェェ…」



▽本を1冊見つけた、その表紙を見た途端苦々しい顔をする不死王と吸血鬼…


絵里「これは…私と真姫以外の魔物には1ダメージも入らない魔術書ね…」





海未「私には効きませんよ?」




▽死せる者は、天へ、地へ、各々が向かうべき場所へと還す為の術書
 真姫と絵里の身体を流れる血脈には…遺伝子にはアンデットの種族<ルーツ>が交わっている



▽そりゃいい顔はしないだろう





▽穂乃果に持たせました

◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□火火■□■砂
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火火火火火火砂砂
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱火■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□熱火■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森L森荒19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E☆G街街↓森原森森■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街街街↓原K原■□■砂砂砂砂砂
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□S原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂

【22時10分】

・『アイテム』
・『その場で休む』留まる
×『適当な民家から物色』
・『MAP<アーツ>』
×『古本屋』


・『拠点へ』

・『移動1マス or2マス』


直下
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 22:59:43.54 ID:brCeZ92A0
拠点へ
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/20(金) 23:08:49.58 ID:31j7vM970
▽『拠点』へ




ズシーン、ズシーン




▽嫌な地響きが東側からこっちへ近づいてきている気がする

▽なまじ五感が優れているからこそ、"好くないモノ"が近づくと過剰に反応する上級組



▽そんな彼女等を気遣い早めに探索を切り上げ、拠点に戻ることをリーダーは提案した


▽頼れる4人が顔色を損ねるくらいには遭遇することが望ましくない存在なのだと、オレンジ髪を揺らしながら少しだけ急ぎ足で札つきの戸を開けた







▽拠点に入っただけなので時間消費無し『22時10分』




穂乃果「よっと」パタンッ

穂乃果「これで戸締り完了っと!」



▽札つきの戸を閉めて、完全に外界と拠点の境界を閉じる、これで人間である穂乃果以外は誰も開けない、出れない、入れないワケだ





@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『本格的な睡眠』

E 『食事(調理も可)』 (満腹です)

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『もう一回お風呂に入る』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』

K 『アルカナ・アーツの修行』



直下
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 23:17:01.75 ID:+FQouNfT0
時間経過無しで調理のみ
米俵中とカレー粉と豚ヒレ肉とバーベキュー野菜で 可能ならシルバートレイに盛ってください

椎茸とかは焼いてから後乗せしてもらったほうがいいのだろうか
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/20(金) 23:39:38.12 ID:31j7vM970
            __   _   /\「 ̄\
            /: : : : :.\/:::\( / ̄ ̄ ̄`<⌒ヽ
             ノ: : : : : :_く ̄`く/: : : : : : : : : : : :\ Уヽ
            ヽ¨¨¨ア::__/) / ̄ ̄`〜、、( ̄\( ̄: 、〈_
.             \〈::/  /: : : : : : : : : : :  ̄: : : : : : : :\ ヽ
.           /: :.: ̄ソ /: : : :/: : /l: |: : : : : \ : : : \ : : ヽノ
          l : : /: :∨: : : : : :.:/ :l: | : | : : : : |: : :ヽ: :|: : : : :
          |: : :| : /: :.|: : :.|: / 八| : | : : : : |: |: : l: :|: : : : :i
           : : :|: :|:||: : :.|/´ ̄ ̄ヽ|\__|リ_|__|: : : : :|
            |: : |: :|:||: : :.| x==ミ     ,x==ミ | : : : :|
            |: : |: ∧|::|: : :.|〃__):ハ      __):ハヾ|: :/ : /
            |: : |:/ : |人 : :| 乂_ソ      乂_ソ / / : /
             |: : /: :/ | {\\_      ,      /イ /|   ことり「カレーを作ります♪」
              |:../: :/  :|人 ', ̄           /'´/ :|
           ' /: :/   |: 个ー:、    ` ´    /ー个| |
.          //: :/    :|: :.|: : : 个        イ: : : :|:.| |
         //: :/     |: :.| : : :.:|: : :_|> <|_: :.|: : : :.|:.| |
.        //: :/   ‐-ミ」 : |: : : :.l: :ノ \ / ヽ: : : : : :| |
       //: :/  {    `7''^7´∧  /'Xヘ  /`ー‐--┬ '''¨ ̄|
.       _//: :/   /Т¨¨ 7  ,' / ,'∧/ ,ハ ヽィ   ',  | __/
.    ⌒¨^7: :/   / 厂¨¨ 7  ,    l 〈_, イ  l\〉| i  '  |     {=ヽ
.      : :/   /ニ{    ,'    l|  | | o | |  | | i i |  ̄ ̄}∧
      |: | _/ニニТ¨7  i l||   :| | o | | || | | | _____/=∧
      |: |/ニニニニ{ ̄ム=-┴ー―-=ニ| |ー‐| |=-―――ミ |  (ニニ∧
      |: l{=ニニニニ∨           |_l:  |_|          V /二ニニ∧
.       八| \二ニニニ′                      「ニニニニニ}
.         /      |             i               |二ニニニ/






希「わーい!カレーやカレー!」

凛「やったー!カレー!」(>ω<)カレーニャ!






▽カレーって聞くと訳もなくテンション上がるよね!!!!!!!!


▽両手を上げて喜ぶ子、カレーには言葉では計り知れない魅力があると豪語する子、小学校の給食で出ると嬉しかったなぁと感傷に浸る人間の子







穂乃果「お野菜結構あるよね」つ『バーベキュー用野菜』



▽カレーの基本、玉葱、人参、芋(ただしサツマイモ)…カボチャに茸、玉蜀黍<トウモロコシ>、茄子…etc





ことり「うん!お野菜たっぷりカレーだよ!…あのね、お願いがあるんだけど、『シルバートレイ』を貰っても良いかな?」


ことり「あれを使えばいつでも熱々のカレーとして持っていけるから、駄目?」



穂乃果「それならいいよ、今持ってくるから待ってて?」

310 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/20(金) 23:57:58.04 ID:31j7vM970





ジャン☆
                 _,..................,____
          ,,...!..゙,r:、゙ ̄          ̄~`''ー-.、_
       ,,r‐'"   r'^"⌒^Y.....,,,,r''""゙`ヽr-、,、_    ~`ー、
     ,r''"....   f>''" ;y{            "  ヽ,_      ゙ヽ,
    ,r"      ry' :r  ,jr‐==x             `'ヽ,、_    ゙:、
   ,i".   _,,rf⌒ト、 :y1ノ ,,. _j               ゙''j     ゙:,
  ,!.     j;,ヽ   r‐:゙'^´ '"  , }      _,,,.___,.,  __,、,   "ヽ,   l,
  |    {_;,... ゙ ;,..廴;, ,. :―''" .;ノ..゙::::'''''"::::::::::::::::~~::::::::゙''"`ー:'''':、   |
  i,   ,r'::r:゙`ー''^ー{ j^ヽ  ,:ノ :::::(;;;;シ:::ヾ::::::,r':,r、:::::::::::::::::::::::::::゙i   ,!
   ゙i  !;:::::ヽ''':::::::::{_  :Y/::::::::::::シ:ヾシ:::::::::::::::〉::::::::'''''シ:::::::::::::::::ノ ,:'
   ゙i、 ゙i、:::::::::〈::::::::`^'''"゙::::::::::::::::`ー''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r" ,r'
    ゙ヽ、゙ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ーミ;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::,,r'" ,r'
      ゙ヽ、~゙ヾ;:::::::::::::::::::::く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,r''",,r''"
         `ー-ニ_ー--、::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,,,,r‐'二.:r''"
             ~゙`''''ー---゙二二二~--―''''"~


  『大盛カレー』が出来た!

 全員の空腹値を完全回復+ 喰人欲が味方全体30%解消される












穂乃果「おおっ!!」キラキラ



ことり「ことり特製カレーライスだよっ!花陽ちゃんのお米とよーくマッチする自信作なのですっ♪」



▽銀のお盆の上に置かれたそれは目に見えない神秘のベールに包まれているらしい…

▽喩え、極寒の地に持っていても、湖のど真ん中に空から落下しても、もうカレーは冷めないしグシャグシャにもならない、腐らない



▽ことりに『シルバートレイ on 大盛カレー』を持たせました

▽カレーがまだお鍋にたくさん入ってる!持っていくことができない為、拠点内に置いて行きます


@ 『おしゃべりする』 時間消費 10

A 『家の中を物色』 時間消費 20

B 『一時的に此処を出る』

C 『拠点替え 此処を捨てる』

D 『本格的な睡眠』

E 『食事(調理も可)』
  ・鍋の中に1食分の大盛カレー&お米

F 『魔物の欲を満たさせる』

G 『もう一回お風呂に入る』

H 『MAP<アーツ>』 ※転移陣等

I 『アイテム(使用orアイテムを倉庫に保管)』

J 『戦術:隊列変更』

× 『書斎(空っぽ)』

K 『アルカナ・アーツの修行』

直下
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 00:14:38.57 ID:mQLNOk7jo
鍋のカレーはこのままにしていても腐らないんでしたっけ
安価下
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 00:14:54.04 ID:+3w5YJ000
B 『一時的に此処を出る』 転移の陣で全員で裁判所へ
313 :>>311  鍋のカレーは腐ります、腐らないのは銀お盆に乗せた奴です [saga]:2018/07/21(土) 00:28:11.98 ID:HjqFCyQW0
▽B一時的に此処を出る…HMAP<アーツ>転移の陣>gateB『J-15:『審判』玄関内部』 保全性100%




穂乃果「あ、希ちゃん!これってもう使えるんだよね?」




▽これ、玄関先に新たに開設した転移の陣を指して問う




希「もっちろん!ウチの自信作ゆうたやろ?」フフンッ♪


希「あ!試しに皆で行ってみぃひん?」




海未「それは興味深いですね!」ヒョコッ


穂乃果「海未ちゃん!?」



海未「私、浮島の方はあまり足を延ばしませんでしたからどんなものがあるのか興味があります」


真姫「右に同じく、裁判所の施設に動くぬいぐるみが居るんでしょう?動力とか気になるわ…できるなら解剖しt―――」
絵里「私は真姫を見張るわね」ズイッ



ことり「久しぶりに実家(?)に帰るのもいいかなーって!」

凛「みんな行くなら凛も行く!」

花陽「あ、じゃあ私も」


にこ「にこ1人だけ留守番させる気?退屈で死んじゃうわよ」テクテク…




穂乃果「んー、じゃあ行ってみようか?」






▽満場一致で決まった、ちょっと深夜にコンビニ行ってくるようなノリで裁判所まで飛ぼう…、と






―――
――


314 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/21(土) 00:34:47.97 ID:HjqFCyQW0
                     ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄
 .    ,   " . .   ,,       ,,,   '. .       ,,  .   ''     " ,   .     .

- 20 - 審判 (Judgement)【人形三姉妹の別荘<モイライたちのべっそう>】





◇ⒶⒷⒸⒹⒺⒻⒼⒽⒾⒿⓀⓁⓂⓃⓄⓅⓆⓇⓈⓉⓊⓋⓌⓍⓎ
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷氷P■雪森□森原@熱■熱熱熱■火火□火火■□■砂
04氷氷氷氷雪原森原原原熱□熱熱■□■火火火火火火砂砂
05氷氷□■雪B□■森森森■熱■□■熱熱火■□■□■砂
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□熱火■□砂□砂
07氷■□■□雪原↑街街F街街↓森■森L森荒19砂砂砂砂
08氷A氷氷雪雪D↑E街G街街↓森原森森■□砂砂砂□砂
09氷氷□■□雪原↑街街街街街↓原K原■□■砂砂砂砂砂
10氷氷18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂砂
11氷■□■□■□14森森湖N原■□原荒■丘丘□■砂J砂
12氷□■□■□■□湖□■船湖□■原森□■丘■□■□砂
13□■□■氷0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■砂
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖C森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□☆原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂





シュタッ!


穂乃果「おお…!本当に来た」

希「なっ?ウチの言うた通りやん?」




315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 00:41:48.88 ID:+3w5YJ000
朝ごはんからカレーかな 冷蔵庫の中のものを食べて移し変えることもできそうだけど
μ’sの魔物は冷凍睡眠中の穂乃果の記憶から作られたとすると 思い出がその分抜けないか白妙さんが心配しそう
白妙さんの記憶から作られたとすると 穂乃果が違和感を抱かないレベルで白妙さんがイメージできてたことになる
安価下
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/21(土) 00:43:59.82 ID:HjqFCyQW0
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : : : :|/|            |/|: : : : : :|     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     |     |/|: : : :  |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     ┼     |/|: : : :  |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|     |     |/|: :    |     |  | : :|
        | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
        | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
        |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄ ̄ ̄
────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |───
 ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄ ̄ ̄
                          〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                           |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                          〔三〕/         ゙〔三〕::::::::::: :
                      __________
                       / /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |:
  ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
───┬─────┬───f -f '-, ' , '-, ' -, ' -, ' -, '|−|───┬─────‐:r───
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 7 '",""' ,"' ,"' ", . '" ,"T" |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \        \ _,,,... -‐'/  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' |   |: _,,,... -‐'''"~        \
    \  _,,,... -‐'''"~    ./  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , '.:|   |:   \         _,,,... -‐'''"~
_,,,... -‐'''"~    \      /  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' :|   |:     \ _,,,... -‐'''"~\
 \          \ . /  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' .:|   |:_,,,... -‐'''"~         \
   \    _,,,... -‐'''"~ ./  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |   |: \          _,,,... -‐'''"~





https://www.youtube.com/watch?v=fsiRVJNNSxA
[BGM:FF12より…クラン本部曲]


- 20 - 審判 (Judgement)【人形三姉妹の別荘<モイライたちのべっそう>:『運命を司る三女神の間<モイライちゃんのお部屋』】




にこ「…なにやってんのアイツ等?」


『む、むぎーー!そのあめちゃん私のーー!』
『違うわ!私の飴よ!』
『なのーーーーっ!!』




▽3体のぬいぐるみが、1つの飴(イチゴ味)を引っ張り合っている



真姫(ほ、本当に動いてるわ…一体どういう仕組み!!き、気になる、解剖したい・・・!)



@ 『世間話でも…』

A 『モイライ達に名前をつけてあげる』

B 『必要ないアイテムを売却して知識値に替えてもらう』

C 『飴ちゃん取引』

D 『物件(MAP上の拠点、街でもどこでも可)が欲しい』

E 『今ある拠点のライフラインの取りつけ依頼』

F 『拠点の改築リフォームを依頼』

G 『家具を買いたい』


H 『陣に飛び込む』

I 『MAP上へ』

直下
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 00:55:47.57 ID:7uQztmW0O
家具ってどんな意味がある?
安価下
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 01:00:52.36 ID:+3w5YJ000
F『拠点の改築リフォームを依頼』

7-541におおまかな説明があるけど家を丈夫にしたい場合はFとGどっちがいいのだろう
319 :>>317 拠点での回復量が増えたり、書斎に本を置いたり、夜の為のダブルベッドを買ったり [saga]:2018/07/21(土) 01:27:34.66 ID:HjqFCyQW0
▽F『拠点の改築リフォームを依頼』を選択


穂乃果「ねぇ!ちょっといいかなーっ!」




『むぐぐ…こないだあげたあめちゃんの貸しが利子つきで足らないの…?』パッ!

『ほぎゃっ!』ピューーーン
『なのーーーーーーーーっ』ピューーーン



▽引っ張っていた1人が飴玉から手を離す、そしてギャグマンガよろしく勢いよく飴ごと吹っ飛ぶ2人…



ヒューン! ドッガァァァァン!ドンガラガッシャーン




『お客さん!あめちょーだい!』


『痛い!頭から綿が出たらどうするの!』ムーーーッ
『ひどいの!おこるの!プンプンなの!!』ムーーーッ




『おこるのは後!あめちゃんくれそうな、カモが来たよ!』

『あっ!本当だわ』

『カモなの!ネギ背負ってやってきたの!』




▽モイライ達がこちらに気づいたようです



『ささ、お客さんどうぞー』

『有益なビジネスにしましょう』

『へい!らっしゃーせ!なの!』



※お品書き

T.『家をMAP<アーツ>で爆撃されても耐えられるようにしたい』( 知識値6000 or 飴玉10個)

U.『家に魔物娘が近づくと自動で迎撃ミサイルが出るようにしたい』(知識値6000 or 飴玉10個)

V.『家にカラオケルームを創って欲しい』(知識値7000 or 飴玉11個)

W.『家に書斎を創って欲しい』(知識値6000 or 飴玉10個)

X.『家に鍛冶屋、工房(第1段階)を創って欲しい』(知識値6000 or 飴玉10個)

Y.『家に家庭菜園を創って欲しい』(知識値6500 or 飴玉10個)

Z.『家に洋裁室を作って欲しい』(知識値6500 or 飴玉10個)

[.『家にアトリエを創って欲しい』(知識値7000 or 飴玉11個)

\.『家に それぞれ仲間魔物娘が気に入りそうな 娯楽室 を創って欲しい』(知識値7000 or 飴玉11個)

].『家に 好感度・依存度・アライメントを知れる水晶玉を設置してください』(知識値8000 or 飴玉12個)

Ⅺ.『家に和菓子精製室を創って欲しい』(知識値 8000 or 飴玉12個)

Ⅻ.『家を空飛ぶ起動要塞に改造してください』(知識値10000 or 飴玉13個)

『やっぱ、やめる』

直下
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 01:37:25.21 ID:+3w5YJ000
・苺飴ちゃん 1つ → 飴1つ分の価値 ・メロン飴ちゃん 1つ →飴3つ分の価値
で今持ってるのがメロン味2つ 飴6つの価値と足りない分は知識かな
工房(第1段階)が気になるけど他のものも見ないと
安価下
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 01:42:27.15 ID:7uQztmW0O
起動要塞めっちゃ気になるんですがそれは
安価下
322 :このレスは判定に含めない [saga]:2018/07/21(土) 01:50:34.63 ID:HjqFCyQW0
>>320
足りない分知識値で補填も可能です



>>321
天空の城です、時間消費無しでMAP上何処にでも"拠点と一緒に"移動できます

つまりJ-8から0番の1マス隣にだって着地できるし、空から海未が敵だった頃やってたMAP<アーツ>の爆撃擬きもできます
施設に居る敵魔物の生命力・魔力値にダメージを与えます…一方的に(戦闘不能)殲滅できます

323 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 01:55:59.16 ID:+3w5YJ000
『やっぱ、やめる』で



ひとまず家具をみてから
もし起動要塞にするならメロン飴2個と知識がどれ位必要ですか?
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 01:59:09.28 ID:A8JinF3Q0
起動要塞って飴ちゃん一個分お得なんですか?
安価下
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/21(土) 02:15:05.13 ID:HjqFCyQW0
>>323

>>324
飴玉1個につき基本相場は知識値600です

メロン飴玉は1つで3つ分扱いされます



全額飴玉なら13×600=7800なので飴玉オンリーの方が2200知識値お得です


飴玉+足りない分知識値補填だと…飴玉が全て知識値に両替されます…

メロン2個で1800×2=3600 残り代金7400知識値




―――−
――



▽『やっぱり、やめる』





にこ「たっか!?」




『こちとらビジネスなのですっ』エッヘン
『世知辛い世の中に、あまーいあまーい飴ちゃんを』
『辛いのはやなのー、甘いのでお口直しなのー』




真姫「」ウズウズ ソワソワ


真姫「ねぇ、アレ一匹持ち帰って――」
絵里「やめなさい」



@ 『世間話でも…』

A 『モイライ達に名前をつけてあげる』

B 『必要ないアイテムを売却して知識値に替えてもらう』

C 『飴ちゃん取引』

D 『物件(MAP上の拠点、街でもどこでも可)が欲しい』

E 『今ある拠点のライフラインの取りつけ依頼』

F 『拠点の改築リフォームを依頼』

G 『家具を買いたい』


H 『陣に飛び込む』

I 『MAP上へ』

直下
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 02:19:08.20 ID:mCWBYaYF0
家具を買いたい
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 02:32:56.68 ID:+3w5YJ000
移動要塞いいな アーツで索敵してんが砲みたいに迎撃できるかも
中に移動の陣の他にも陣がかけるならキャンバスの代わりにもなるし 草原の近くに移動して絵の具の節約もできる
超お高いけど 安価下
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/21(土) 02:57:21.48 ID:HjqFCyQW0
訂正

今更だけど、リフォームで倉庫の拡張が抜けてた…


『家に倉庫を創って欲しい』(済み)
『家の倉庫を大きくしてほしい 倉庫荷物枠+10』(知識値6000 or 飴玉10個)


―――
―――


▽G『家具を買いたい』を選択


『家具、買う?』
『家具ね、良いわ』
『かぐー?なのー?』





@『ダブルベッド』(知識値3000 飴玉4)

誰かと夜を一緒に過ごす場合にお使いください…ゆうべ は おたのしみでしたね !


A『ぎっしり本の束』(知識値2200 飴玉3)
『書斎』があればそこで知識値、書物系<ギミック・アーツ>、ルーツ当て資料が漁れるようになる


B『食器棚』(知識値3000 飴玉4)
料理を作った後、必ず【シルバートレイ】を入手し、その場で使えるようになる"無限にある為"遠慮せず使ってしまおう


C『ハイパーお料理キッド』(知識値700 飴玉1)
調理で消耗する時間が10分になる


D『快眠枕』(知識値5000 飴玉5)
凄く寝心地の良い枕、頭を預ければぐっすり、すやすや夢の中…その昔女帝の館の使用人も愛用した
【本格的な睡眠】を取った時の、"血の判定"が無くなる


E『ヒーリング・ソファー』(知識値3800 飴玉5)
拠点での魔力値の回復量が3倍になる、生命力も拠点で20分経過毎に500回復するようになる


F『デザイン机』(知識値700 飴玉1)
画家やデザイナーの為の机、洋裁室、拠点の『アトリエ』とは別で陣研究や洋服作り系の際、コンマ+15の恩恵を得られる


G『筋トレグッズ』(知識値1700 飴玉2)
拠点内で魔物娘の最大ステータス上昇のコマンドが選択できる…ただあまり効率が良いとは…



H『天蓋付きお姫様ベッド』(知識値5000 飴玉5)
あの恋人通りのホテルでも使われる最上級のベッド!!!


本格的な睡眠後、1回戦闘終了するまで魔物娘の最大ステータス値にブーストが掛かる(※1つしかない為、1人しか強化できません)



I『アルパカのぬいぐるみ風貯金箱』(知識値7777 飴玉11)

真っ白なモフモフで可愛いぬいぐるみです、抱きしめて眠っても良い、後頭部に貯金箱の穴みたいなのがある
知識値を9999投入すると残機券が一枚出てくる





『欲しいのは無い』


直下
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 03:08:54.39 ID:+3w5YJ000
>>調理で消耗する時間が10分になる
今まで必要時間無しだったので増えてるような
7-578が知識値への変換表だけど 晴天の日光浴diaryで知識値50だから普通に知識値稼いだほうがよさそう
安価下
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 03:17:17.89 ID:mCWBYaYF0
欲しいのは無い
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/07/21(土) 03:35:49.03 ID:HjqFCyQW0
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
>329 作るというか食べるですね、速攻で料理して食べる(10分消費


        今回はここまで



   次回は火曜日 7月25日 夜23時00分頃です



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 03:39:01.80 ID:+3w5YJ000
もし仮に知識を貯める行動で10分で200貯まるとしたら3時間で3600
3時間判定で500減って3100 1時間で約1000貯まる 300貯まるなら1時間で1600
多く見積もりすぎかな まあ教会でもできるしね 安価下
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 03:49:34.68 ID:7uQztmW0O
乙です
倉庫容量を増やすのが良さそうな気もしなくない
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 03:55:06.41 ID:+3w5YJ000
>>1乙 24日ですかね はやくこいこいにこ誕 お給仕ロボかな?
星に願って寝ることが出来るかどうかは別として明日は何しよう
ファンブルとか不意打ち受けると盾も剣もすぐに使われてしまうから 盾入手のためにも貢献アイテム探ししたいな
398.81 KB Speed:15.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)