女性P「次のオーディション合格したら何でも一つ言うこと聞くわ」愛海「ん?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 01:20:56.17 ID:Vo298+a4o
愛海「今何でもするって言ったよね?」

P「言ったわね」

愛海「ほ、ほんとに…? なんでもいいの?」わきわき

P「このオーディションは、ステップアップのためにも絶対に落とせない。ご褒美くらい用意した方がいいでしょう」

愛海「いや! でも…本当になんでもいいってわけじゃないでしょ?」

P「なんでもよ。二言はないわ」

愛海「せ、誓約書にサインを…」

P「はい」サラサラ

愛海「マジか」

P「愛海なら変なことは言わないでしょう」

愛海「プロデューサー…信じてくれてありがとう! 今まであたしの何を見ていたのかわかんないけど!」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 02:44:15.41 ID:Vo298+a4o
愛海「こうしちゃいられない! レッスン行ってくるね、プロデューサー!」ダダダ

P「頑張ってね」

シーン…

P「………」

P「ホヒッ」ブルッ

P「ついに! ついにこの時がやってきたわ!」

P「ああ、愛海と出会って数年…ついに私と愛海が結ばれる日が来るのね…!」

P「いえ、気が早いわね…もう少しの辛抱よ私!」

P「ちょっとそっけない態度も、全てこの時のため…無駄には出来ないわ」

P「はぁ…それにしても私のお山であんなにやる気になっちゃって、可愛い…」

P「あわよくば私も愛海のお山で登山パーティーなんて…ふひひ☆」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 02:45:04.19 ID:Vo298+a4o
そして…

審査員「合格は12番、棟方愛海さんです」

愛海「やったよ! プロデューサーっ!」

P「おめでとう、愛海! 頑張ったわね!」

愛海「えへへ〜褒めて褒めて〜」

P(はあああああん! ぎゃんわいいいいいいいいいいいいいいい)

愛海「そ、それでなんだけど…えーと、例の話をですね…」

P「え? なんのことかしら?」

愛海「…いじわる」

P(んんんんんんんんいじけちゃってかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいい)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 02:46:18.67 ID:Vo298+a4o
愛海「今、誓約書持ってくるから…」

P「冗談よ、冗談。ちゃんと覚えてるわ」

愛海「ほんとに!?」パアッ

P(あーもうほんと可愛いなあちくしょう!)

愛海「えーと、それじゃあね、あたしの願いは…」

P(待って、もしかして愛海が別の願いを言う可能性も…)

P(『これからもあたしのプロデューサーでいてください』なんて言われたら…それはそれで悶絶死するでしょうけど、それだと私の野望が…)

愛海「プロデューサーのお山、登らせてください!」

P(よっしゃあ!! 千載一遇のチャンスを逃す愛海じゃあないか!)グッ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 02:54:00.64 ID:Vo298+a4o
愛海「な、なんかドキドキするねプロデューサー…」

P(登山をするなら二人きりの方がいいと、愛海をお城みたいなホテルに連れ込むことに成功した)

愛海「で、では…」わきわき

P「このままでいいの?」

愛海「え?」

P「服の上からじゃなくて、直に触ってみたくない?」

愛海「そ、そこまでやっちゃっていいの…?」

P「あら、別にいいのならいいけど」

愛海「お、お願いしますっ!」

P「それじゃ…シャワー浴びて来るわね」

愛海「は、はい」カチコチ

P「一緒に入る?」

愛海「そ、そこまでは! 大丈夫ですっ!」

P(ふふ…固くなっちゃって。怪しまれないか心配だったけど、この分だと大丈夫そうね)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 02:57:46.33 ID:VQKsKf7lo
>>2
>P「ホヒッ」ブルッ

すき
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 03:04:52.82 ID:Vo298+a4o
P「お待たせ」

愛海「ま、待ってました…!」

P(ここまでトントン拍子で来たわね。あとはこのタオルを脱いで登山してもらうだけだけど…)

P(もう少し焦らした方がいいかしら? あまり簡単に許すと愛海としても燃えないだろうし)

P「なんだか、シャワー浴びたら眠くなっちゃったわ。このまま寝てもいい?」

愛海「え…」

P「じょ、冗談よ。そんな顔しないで」

P(捨てられた子犬みたいな顔しちゃって…どこまで私を惑わせれば気が済むのかしら)

スルッ

P「…どうかしら」

愛海「こ、これが夢にまで見た、プロデューサーのお山…」

P(夢にまで見たのは私も同じよ…相思相愛ね、愛海…)
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 03:07:05.16 ID:Vo298+a4o
愛海「では、大地の恵みに感謝して…」

P「なによ改まって」

愛海「念願のプロデューサーのだからね。ちゃんと心の準備しなきゃ」

P(愛海…)キュン

スッ…

P「あ…」

P(愛海が、私のお山を登ってる…!)

愛海「一合目…二合目…ううっ、この存在感…!」

P(自分で登らせたのは初めてだけど…)

P(この子、上手い…! 伊達に登山が趣味じゃないわね…!)

P(ああ、駄目だわ…このままじゃ、自分を抑えられなく…)

愛海「九合目…はぁ、はぁ…山頂が見えてきた…」

P「んんっ…」

愛海「じゃ、じゃあ…制覇するよ…」

P「あ、あ…」

プチン

P「愛海っ!!」ギューッ

愛海「うぷっ!?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 03:08:30.40 ID:Vo298+a4o
愛海「お、お山が…押し付けられて…はぁぁ〜…」

P(愛海のとろんとした顔…かわいい…)

P「あ、愛海…」

愛海「はぇ…?」

P「愛海…」スッ

愛海「え、ちょっとプロデューサー…? 顔が近…」

ズキュゥゥウン

愛海「んっ…」

P「ぷは…」

愛海「プロデューサー…? い、今…あたしの口に…」

P「結婚しましょう、愛海!」

愛海「え」

P「あなたのことが好きだったのよ!!」

愛海「ええっ!?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 03:09:18.16 ID:Vo298+a4o
P「初めて会った時から、ずっとあなたのことを想っていたわ!」

愛海「えっ、えっ」

P「愛海もそうよね!? 私達、これからは恋人として…」

愛海「あ、あのさプロデューサー…」

P「ん?」

愛海「あたし、女の子の柔らかい部分は好きだけどさ…そういう意味で好きってわけじゃないと言うか…」

P「は?」

愛海「プロデューサーをそういう目では見れないよ…ごめん」

P「………は?」

愛海「なんか…ごめんね、あたしの紛らわしい趣味のせいで…」

P「………」

愛海「プ、プロデューサー?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 03:12:13.33 ID:Vo298+a4o
P「ふざけないでよ!!(水谷絵理)」

愛海「ひゃっ!?」

P「そういう意味じゃないって何よ!? これまで私といたのは体目当てだったの!?」

愛海「そ、そういうわけじゃ…」

P「わたっ、私がっ!? いまっ、今までっ、どんな気持ちでっ、うっ、ううっ、うううううううああああああああ…!」

愛海「えーと…そっとした方がいいと思うから、あたし帰るね…?」

P「………」

愛海「あのさ。あたしプロデューサーはそういう目では見れないけど、プロデューサーのことは好きだし、アイドルのことは楽しいと思ってるよ?」

P「………」

愛海「だから、落ち着いたらまた話そうね?」

P「そうよ…」

愛海「え?」

グイッ バタン!

愛海「プ、プロデューサー…?」

P「そう、私はプロデューサー…そういう目で見られないというのなら、見られるように育て上げればいいだけじゃない…」

愛海「ひぃっ!?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 03:12:56.23 ID:Vo298+a4o
P「ゴールデンフィンガーと呼ばれた(大嘘)私の力で女の良さをたっぷり教えてやるわ…!」

愛海「た、助けて〜!!」ジタバタ

バンッ

早苗「警察よ!(パッション片桐)」

P「ゲェーッ、早苗さん! 何故ここが!?」

早苗「レイプは犯罪! 現行犯で逮捕するわ!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 03:13:39.37 ID:Vo298+a4o
ファンファンファン ファンファンのファン

愛海「なんかごめんね、プロデューサー…こんなことになっちゃって…」

P「ううん、いいのよ愛海。全てはあなたに理想と欲望を押し付けようとした私の罪…ギルティ。逃れられるカルマよ」

こうして意味不明な言葉を残してプロデューサーは逮捕された。

あたしは一体どうすればよかったのか…今でもわからない。

愛梨「よしよーし。怖がらなくてもいいですからね、愛海ちゃん」

愛海「うぅ〜愛梨さぁ〜ん」ハァハァ

ともかく、あたしはまだアイドルを続けている。慰めに来てくれるアイドル達のお山を堪能しながら…

終わり
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 04:44:17.37 ID:M03zuvPm0

なんか(IFエンド)足んねえよなあ?
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 08:45:47.04 ID:4Fsnt6nSO

やはり師匠には俺のチョモランマで男のよさを教えてやるしかないな
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 10:56:42.76 ID:1daRgOafO
おう、その天保山しまえよ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 20:00:57.53 ID:UI2o+F3Po
まぁあんな趣味持ってる子がノンケだなんて普通思わないわな
乙でした
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/06(月) 21:50:29.68 ID:7DCJrVtgo
ちんぽしゃぶりたいけどノンケみたいなもんか
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 23:52:46.59 ID:Vo298+a4o
>>18
それはホモでは?
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/07(火) 00:41:16.58 ID:Bp/RW7Gio
>>19
なんだァ?てめェ……
チンポいれて貰いたくてもけしてホモではない
続きを書いてくださいお願いしますなんでもしまむら
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/10(金) 01:01:36.06 ID:DK0Ui4Q+O
ふざけないでよ!!(水谷絵理)は流石に草
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/10(金) 15:46:46.40 ID:BKD2sb2So
逃れられるカルマだから早く出所して
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/12(日) 11:12:46.09 ID:AvOXjQ5DO
まゆが大好きな女性Pの同人誌でも読んどけ
10.04 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)