このスレッドはパー速VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

やる夫で紹介する歴史伝奇 - パー速VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :1 [saga]:2009/04/26(日) 20:04:02.16 ID:T4bK.I.0
 どもどもです。
ここでは、やる夫系AAキャラその他を使って、
あれこれの歴史伝奇作品を紹介していこうかと思います。

 作品のセレクトは>>1の好み全開ですが、
お付き合い頂けましたら重畳ー。
そして、ご興味を持って頂ければ欣快の至りでアリマス。

 それでは、はじめます。
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このパー速VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

二年生「Aqoursで一番カワイイのは誰だっ!? 」 @ 2017/06/23(金) 18:39:41.43 ID:NZ4Q01N+o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498210781/

グラン「僕をどう思っているんだろう…」【安価】 @ 2017/06/23(金) 18:23:43.36 ID:6/Li1wXfO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498209823/

仮面ライダーゴースト「化物語?」 @ 2017/06/23(金) 18:21:58.78 ID:4br2aMn00
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498209718/

福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」 @ 2017/06/23(金) 17:52:12.23 ID:JUraLr0/O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498207932/

湯川「巨人?実に面白い」 @ 2017/06/23(金) 17:45:07.39 ID:qVq7fsA+0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498207506/

花陽「曜ちゃんと」曜「花陽さんで」ようぱな「ようぱなラジオ」 @ 2017/06/23(金) 17:16:45.04 ID:lAxTfHow0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498205804/

提督「艦娘の性欲処理?」大淀「イエス」 @ 2017/06/23(金) 16:43:41.12 ID:XyWdK5d/O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498203821/

千歌「よーちゃん、結婚しよう!!」曜「はあ!?」 @ 2017/06/23(金) 16:35:02.83 ID:kJGt4Id90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498203302/

2 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 20:05:47.20 ID:l9eMskQo
おっけーい
3 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/26(日) 20:09:29.30 ID:ksIXJk2o
まだー?
4 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/04/26(日) 20:10:37.43 ID:T4bK.I.0
 今回は、荒山徹「魔風海峡」でアリマス。
本編では、名前欄の所に「やる夫で紹介する荒山徹『魔風海峡』」と入れますので
よろしゅうです。

 ではー。
5 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:11:37.49 ID:T4bK.I.0
 それは慶長三年(1598)、七月二十日の夕刻、
生駒山系の尾根筋ではじまった……。

           .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... ..
.. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .:::::
 :... . .:::: .. . .

          .. .. . ... .::::.. . . .:: : :..
                    . ... ::: :::.. ... .. .. . ...
                             ... ..::. .. . .. . .. .:::
                :: :: :. ... .::::: :... .
              .::::
          .. . .
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:-−''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :...
6 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:13:42.49 ID:T4bK.I.0
  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |      幸村!
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|      あれを見るのだわ!
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘
ー| l l'´「 ¨ーt:'´ ̄`ヽ::___ソ.: .:j.: .: .:/
         猿飛佐助

     ____
   /      \
  /  \    /\     …これで8人目かお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   「忍び装束の者たちも含めれば、13人になるのだわ」
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
    真田幸村
7 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:15:27.70 ID:T4bK.I.0
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : |-|l―|-ヽ-: : : ヽ: : : : : : :\: :.\
: : : : : : : : : :/\: : : : : : : : :.:|: ハ :|  \: : : :ヽ: : : : : : :.ヽヽ:.\
: :|: : : : : : :/ /l: : : : : : : : ハ:l  |:|二二、ヽ: : : l: : : : : : : : ヽ\: \
: :|: : : : : ://   |: :|: : : : : :j |:l  |:| {::::`ヽ\: : :ト、: :\: : : : :l  \|
: :|: : : : : :|' |   .|: :!: : : : :./ .リ  レ ヽ::::::::} 〉:.:.| ヽ: :ヽ: : : :|
: :|: : : : : :| .| /´l: :|: : : : /     ヽ `ー' ハ:.:j  ト|: :|ヽ:.:.:|
: :|: : : : : :|/-、ヽ|ll:: : : :/    三 ." ̄  V   l ヽ| ヽ :j
: :|: : : : : :|{:::::::::ヽlハ: :./;;    \ ゛'         l }|  V
: :ヽ: : : : :| \::::::ノ/V       ヽ         |_/j
: :: ::ヽ :: : lr‐、_,/ "        . j         |_ノ
: :: :: ::ヽト lT~ "  ,   ,                  j
: :: :: :: : | \l     ;;;      ,==ヾ、       /
: :: :: :: : | | |  ;;;          /_,-‐"^ヾ     /
r―― | | |  ″        | |       `ー-/
ヽ  ̄ヽ l | |            | |        /

 山中にて、薬草・毒茸の類を集めて廻っていた真田主従は、
その帰りに見たものは、点々と骸を晒す死体であった。

 その数、武士姿の者が8体、
そして柿色の忍び装束の者が5体──。
8 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:18:15.81 ID:T4bK.I.0
          ___
         /     \
         /   \ , , /\   佐助、行くお!
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

/:::: /  /        ,                       / !::::::::ヽ::::ヽ  
:: ィ  /   ,   /  /             ヽヽ ヽ      /::/`ー‐' |::::::lヽ 
 /,/ /  /   /  /      !          ! | ! !    /:/      |::::::| \
,/ / ,. ,'    '  ,/!        i!  !       / l! ! ト ,  /::/      |::::::|   |
 / / ,'   ,' /  !        i /!     /! | | l !  /::::|      ,|::::::|   
'  /' !   / /  | !     / /' |   / 〃 l /,' | '  ! |:::: !       .|::::::|  / 
 i /'|! |   i! |  │ l    / /  !  ,./_/;-//ナ' !/ ! Y!::.: |      /::::::/  /
 ! l l  | l | !   | |   /! / / ィ'//.=j/=.、 ノ'/ /! ヾ::::::|     /':::: /  / 
l ! ∧ !/! | .j___ l |   / j/  j/ ",ィっ::::::: ! 〉 / / .l  |/\!!  / |:::::::! / 
| 乂 ヽjヽ.ィf ! ,,.==.ゞ! ヽ'´           、`ー'.ノ, / /  |. │ i l  ,. '   
/\!|   \ハ!ヽハっ:::r!               ` ̄ ,/ /   .| .| ,// …本気で言ってるの?
 /: !   / ∧  ゝ- '                 ,. '' /   ,  |/        
 /::::l!  /  !ヘi                    ,  /     /,! |     きっとこれは忍び同士の暗闘。
レ ´  /   /  ゝ.       ` __ _   / /       ,   ,      たった二人で介入するなんて、無謀すぎるのだわ…!
   , '  , '     \      `´ー´  / ,´   / /  ノ     それがわかっていて?
 /, イ/_    __..ゝ、         / /  ./  /  ∧    
/ ' //::::::::\_ ノ::::: /:::::,.> 、._   / /_  ' _,-―'/  /::::::\   
  /:! !:::::::::::::::::ヾ/:::::::/::::::::::::::`ーi / /´::::::::::::/  /::::::::::::::\,/
 /::::l |::::::::::::::::/:::::::/:::::::/:::::::::::::://::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::: /   
9 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:19:39.66 ID:T4bK.I.0
         ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   「本気で言ってるの?」
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ    当たり前だおwwwwwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   こんな面白そうなこと、見逃してらんねーお!
| / / /      |r┬-|    | (⌒)/ / / //  何があるのか答えを知りたいお!!
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /     あとお前、仮にも家臣なのにタメ口とかねーお!
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン
10 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:21:37.91 ID:T4bK.I.0
 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕     白饅頭と呼ばれないだけマシだと思いなさい!
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´     でも、それでこそ私の主君よ!
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!      私も答えが知りたいのだわ!
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __
  /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |   さあ、行きましょう!
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉

 こうして、若き主従は山中を突き進んだ。
これが、長い戦いの旅の第一歩となるとも知らずに──。
11 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 20:21:42.60 ID:lx925Qwo
さあ伝奇タイムというかスーパー荒山ingアクションいくぜい!
というか、洗脳タイムの始まりざますよ
12 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:23:19.90 ID:T4bK.I.0
三三三三三三;;;;}!    /     .:/  .:::} : ..:}   \:ヽ::\::::∨;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三 ;;;;l    〃    .::/  .:::;イ .::! .:::!     }::::ヽ.:::ヽ:∨;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;}!  /..:/ .:/  :,'::. .::::/│:::| ::::|     |:::::::', .:::l:::::V;;;;;;三三三三三三三   中には何もありませんね…。
三三 三三三三;;;;;', /:::/  .::!  .:l::. :::/  |:::::|::::リ ――j‐:::ハ¬:::::::Y;;;;;;三三三三三三三  やはり、道臣斎が持っているのかしら…?
三三三 三三三;;;;;;∨:::,'  :::| .:::|l .:!:/:_/:::/!::,'  ァ-z=≠く |::::j::|:::::}!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三 三三;;;;;V .:::|  .:::| .::斗::七-‐// j:/   汀!l{:::::::ハ_:l::|::::::{!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;l|::::::|  .:::|.::::: |Yzf斥  /     V廴_ノij }::!l|::::::|{!;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;;}!:::::| | :::l::::::::| ,イ!{::::::ハ       ゞ-=≠ Y:|::::::i};;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;八 :::l:ハ ::',::::: |{代廴.ノij       ;.;;;;;;; ';; l|::::∧;;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三三;;;;;ヘ:::l ::\::ヽ::::\ ゞ'"¨    ::}     ;∴;;::', ハ/ .::ヾ、;;;;;;;;三三三三三三三
三 三三三三三三;;;;;;;ヘ:', :::::`ト::::\:ニ=-             ;,;・;'/`| ::: :::\;;;;;;;;三三三三三三
三三 三 三三三三三;;;;;\ \| :::ヾ、_:>  ,..,   -‥     ,';;"イ:::::| ::: ::::::::lヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三 三 三三三三三三;;;;}!\|_ ::| ::::::\ ,:';.       _∠⊥; 」 ::: ::::::::|::::{!;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;{| ::::l ..::| :::::::::::|>'゚、 __, -==≦-=: : : :|::::|:: ::::::l:|:::::ヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;i!;;:::|..::,' .::::::::: |⌒\/ ̄; : : : : : : : : : : :│::|:: ::: ::l:|::::;;;;;;}!;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;l{::|::/ :::::::::::| : :厂: : : : : : : : : -――: :│::|:: ::::::八:::;;;;;j!;;;;;;;;三三三三三
三三三三三 三三三三;;;;;;;;;;;}!|  ;:::::::::::|: : |: : : : : : : / : : : : : : : : |::::|:: :::::l::::::\シ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;}! .:::::::::::::ノ: : l:: : : : : : : /: : : : : : : : :|::::|:: :::::::::::::〃;;;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三三三;;;;U::::::::::: /.: : :|: : : : : / : : : : : : : : : : |::::|::. ::::::::::::}!;;;;;;;;;;;;;;;三三三三三

 柿色の忍び装束を纏った4つの影と、足元に倒れる武士達の骸。
柿色の影たちが探すものは何か?
13 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 20:23:43.33 ID:l9eMskQo
いきなりこえーよwwww
14 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:24:52.34 ID:T4bK.I.0
 \             ,. ´     )       \ ー-- ∠   _」
  丿        / /        (         ヽー-- __ノ  <二二ヽ
 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ厭l:::::::::::`!  ||:::::|   幸村!
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|  あれは隠形の声なのだわ!
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ ゝ'          u   | | |  | /::://    | |  |
            | :.   ヽ         リ| !/ /      | | |
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |
           /   \    //レごム {    /  〉/     ヽ   |   |
        く(   /|   /     ヽ> "  / 冫∧    ゙ |  |
         \/   \        '´    < |/ ゙     i|  |

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\     隠形って…風魔隠形鬼のことかお?
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \  「ええ、間違いないわ。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |   まだ生きていたのね…!」
  . \ ヽ           /

 因縁を含んだ相手との邂逅──。
15 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:26:30.89 ID:T4bK.I.0
      /:::::::::::::::::::::::::::::::ト、::ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::/::::::::::::::::: /::: ∧:! ヾ:::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::\
     |:::i:::::::::::::::: / ::::::| |::!   \::\::::::::: !::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     |:::|:::::::::::::: ':::::::::::| j_| .. -─十::|:` 、 :| ::: ::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::
     |:∧::::| ::::::|:::::::::√i::l _ __  |::::|::::::| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::i:::::::::::    …誰ですか?
     |:| |:::| ::::::|:::::::ハ j/ィ≡tiミ |::,イ!:::i| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::i::::::::::   そこに隠れているのは。
     |:| |:人 ::::|::::: |:::::/  l   | i/ |:::::i| :::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::
     |:| i::::| \l:::::::|:::::i   、 ノ /  |:::从 :::::::| ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i::::::::    …出てこないのなら……。
     ヾ.、 ヾ:\ \乂:,    ´,,,,   |/;;/:! : :::|:: ::::::::::|::::::::::::::::::::::::i:::::::
      \ ーゝ ゞ:/\ ´       ;/ ;|::::::::|:: ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i:::::
             く           /;;;;;| ::/ :::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::i::::
                 \  __      ;;;;;|:::/ :: ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::i::::
                   \      ,;;; j/ :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::i:::
                   >,. ─…;イ  ::::::::::::::::::|::::::::::::::::l::::::::::::i::
               /√      |  :::::::::::::::::∧::::::::::::::l::::::::::::i:::
              / /        イ  :::::::::::::::::|  ゝ:::::::::l::::::::::::i:::
             /:::::::/    〆   | :::::::::::::::::::::| ::::::::\::::l::::::::::::i:::
              / ::::ノ   /  ィ:::::: | :::::::::::::::::::::| ::::::::::::::\::::::::::::i
16 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:28:26.99 ID:T4bK.I.0
           .___
       /      \
      /ノ  \   u \    も、もう気づかれたお!
    / (●)  (●)    \  どうなってんだお!?
    |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ

        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/   気配は絶っていたのに…流石は風魔隠形鬼だわ。
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/   どうするの、幸村?
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |      「…どうするもこうするも、
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|       見つかったものはしょうがないお。
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|       久闊を叙するまでだお」
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、   
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|
17 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 20:28:30.50 ID:nM3yQ4Io
魔風海峡か。荒山徹入門としては、この前の『十兵衛両断』とともにいいチョイス。
18 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:30:00.12 ID:T4bK.I.0
    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(⌒)  (⌒) \      久しぶりだお隠形鬼!
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\    相変わらずおっぱい大きいお!
    |┃  |r┬-|     |⌒) また揉ませるお!!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)

    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃ (―)  (―)\
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~
19 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:32:22.71 ID:T4bK.I.0
        .___  
      /_ノ .,;;,.  \  ぐはあッ!
     / .iil(○)illi(O) \        挨拶にも程があるのだわ!
   / U   (__人__)   \        というかアンタ何やってたの!?
   |    U |ii!!ii!!||     |          i`゛''-.,,            ,,、-ー=ニニ==
   \     |o0Oつ   /        |::::::::::::::゛''-.,,      ,.,r'`,,、‐''`´   ./
   /  ヽ   |ェェェU  ‐'、.          {:::::::::::;、;;:::::::::゛'-.,_  /、,r'`      //
  /   ∩ _rヘ U ||     !.           }::、,r'`  ''r:::::::::::::7゛7''`‐r    、,r'`/'`´
 |   /_ノ U|   |  |            /     !:::::::::::::::゙i;;;';:::::::'r、rー`、,r'`
 |  / / /::、::  i`⌒''r-.,,/⌒゛'''‐-..,,,',r'/ 、,r' 'r::::::::::::::};;;;i::::::(`''‐r`
 lヽ、__./   ヽ丶(,(,,__、ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::iハ /  ,.,r'゛''r::::::::!;;;;i::::::人;;;;!ー'`゙i,,,
 |        丶      (,;;::::::::::::::::::::::::::::ッ,r'ォr'`,r'ッー、i''r:::;';;;i:::、' /:::::::::::::::::゙i,,,__
 \               \\ ゛''ー`´゛''-::;;::::::リ:゙i ,  i;;;iフ'r.| |!::( ),r'`´::::::::::::::::ァー::::::::!
                            ゛''-:;j|\rュ  _、'ハ!::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::|゙i
                      \       ゛''゛'''-゙''''`゙i;','`|!゙゛'i:::::::: ,.ッ'''-:;;:::::::::::::、`:::
                     \         ゙i、'、' .!,'  i-;::::::(, '; .; ; );-ー`::::::::
                                   ヽ,リ /  ゛'ヽ'==ー`:::::::::::::::::::
                                \ 」、(, .,゛''- ン::::::::::::::::::゛'':-::;;
                                     \ \、,r'`r:::::::::::::::::/::::::::::
                                      \    i:::::::::::/::::::::::::::::
20 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:34:25.48 ID:T4bK.I.0
            ____,......、_
           ,/´::::::::::::::::::`ヽ、.
         ,/´;::´;::::::;:::::,,;:::;;; ;,、:\
        /;';/:::;/;/´フノ リ`゙i::::`、
       ,/レ/;/!/○    ノ 、_!::!::;;i,    …あなた…幸村?
       ,/:/:/::::/  ,、      ○ リ:;:| i!   それに、隣にいるのは…佐助?
      ,/::::/:::::/  i  ヽ、_    |;ノi
     ,イ:::::;!:::::/|  |      フ  /:::|     そう、道臣斎の加勢に来たのね。
    ノ,/::::/;::::::|:ヽ、 ヽ    /  /::|:::|    まだあの三成の手下をやっているのね…
   / /::::::::|:|::::::|::::::`メ、`___ ´,, イ:::::|:::ト、
  / /::;::::::|リヽ、|;/~ \|ヽ;::::::::::::::::::;|;イ `
 ノ  /::/::::::|::::::::/::::ヽΤ`+´`、:::::::::::::::リ;|
   i::::|::::::::|::::::/:::::ノ:´゙レ、ノ、_ノ、;::::::::::::::|;|
  /:::/|::::::;/::::/:::/::::::::::::::ヽ´::::i`、:::::::::::|i!
  /;::||::::::;/:::::/;;;/::::::::::~::::::~::|::::|;、`メ;;::::|リ
 レ´|:| !;;;;|::_;/_ソ;;::;:::;:::::;::::;:::::|:::;:i´~ー´:ノ
   !j-ーイ_/,/,__|__|___|__|__|__|__ト;;;;/
 ''゙´"/'´`|\:::::/===/:::::::::::|===
 ^~~    ` `ソ::::::::/::::::::::ノ|::::::::|

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ   
   /( ●)  (●)\      …そんなもんしらねーお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   つか、さっきから言ってた道臣斎って、
  |    mj |ー'´      |   根来道臣斎殿のことかお?
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ
21 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:35:40.16 ID:T4bK.I.0
     _,, --―― - - 、
  ,. -''" : . :: . : . : . : . : . : .`゙ヽ、
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...  \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.,イ:.:.ヘ:.:.:.::.:ヽ:.:\
:.:.:.:.:.:.:.:.::/:.:./:.:.:/:.:.:.ノ'/:/''''ヽ::.:.:.:.:ヽ:.:ヽ
:.:.:.:/:.:.:./:.:/:.:,ィ:.:.:.:/ /:/  |:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:ヽ
:.:..:i:.:..::/:/レTナ:/   //-- 、|:| i:.:.:.::.::.:iヾ:゙i
:.:::i:.:.:,イ/ レ'|/     // _  !ト、i:.:.::.i:.::|!:!
:.:.i:.:..i レシン夭゙`   /'  r=ニメ  }:.:.:.:i:.:.| i!'  う、うふ、うふふふふふふまだとぼけるつもりなんですか
:.:.i:.:.:k;//;;;;;;;:i : /   :.;;;,;;ハヾ; i:.:.:.i !:.:! !   ちょうどいいですねここで逢ったからには三年前の恨み
:.:.:!.:.:i ゙、;;;;;;;;::ノ;      :;;;;;;:},.' ノ:.:.ノ !:ノ /   晴らさせてもらいますよいいですねいいですよねうふふふふふふふふふふふ!!
:.:.:.!:.! ゞ''⌒      ゞ< イ:.ノ! ノ
:!:.:.:゙、.ヽ   r、_  '   ヽ   /:.:.:.ト、
!:.:.:.:.! \   ヽ ̄ ̄/'   /:.:.:.:.|i ゙、
:.:ヽ:.:.:.! \  丶--',  イ!:.:.:.:.:.:.: !i ヽ
:.:.:.゙、:.:.:.:i    ` ー-, イ:::::.:!.:.:.::.::.:.: |:i   ゙
、:.:.:.::.ヽ:.i     |:::::|:::.:!.:.:.::.::.:.: |:i
弋:.:.:.:: \i、    !ヾ| :::.:!.:.:.::.::.:.: |:i
 ヽ:.:..::.:: ヽヽ、___ ヽ',:::.:!.:.:.::.::.:.: |:i

          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\     望むところだお!
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   さあ、行くお、佐助!!
    |      `-=ニ=-      |   また揉んでやるんだお!!
    \      `ー'´     / +

 積年の恨みを晴らすべく、襲い来る風魔忍者・風魔隠形鬼!!
22 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:37:27.20 ID:T4bK.I.0
                     /\
                    /.:.:.:.:.:.:`.、      .rv、
                /.:.:.:.:__.:.:.:.:..i ` - 、  j.:.:.:'
                   }.:.:.:.:/.:. , .- ヘ.:.:.:.:.:.i`::'i.:.:.:'{ __
                   }.:.:.:.:y // .ヽ.:.:.:.:i::::l.:.:.:{\/
                   キ.:.:/ / / / i .i i,ゝ::i::::l:.:.:.{.).\     私は部下を相手にするのに手一杯なのだわ!
                   .ヽ.:i/! |./ !.i | .| i! ',::i:::l.:.:.:/i/\\  自分で何とかするのだわ!!
                   .r‐.!| |.| iL|_||/仏ム_i',|@!/ ハ  .\\
                 ._v./ヘヘ, |iヘラ   ^ゞラi|/  ノ i    \\
  _____       7 //   .〕人 ' _._ //'           .\\
  ヽ  ヘ  ヘ  ̄ヘ.⌒ミ≠、 __,,.. //へ>-//:::::7 __        \\
   \ Y  Y!  Yi  _ Y:<ニ二二ニニニニ':.:r、<,-,>--r'⌒)    〉 /
    ヽリ   !!  ’!  }  ! ≧/:::/::Y-,(⌒| |.///):;:ノ-<,     / /
      \  ,リ    ll  /  ,!)<_∠__/:(._ノ::;/ ." "./^:;:;:r-ィ     / /
.       ヽ"   ,//  /(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(二、__〉__,ニ⊃(_/')  .//
         \=彡  /:;:;:;:⌒ソ.:.:.:._i.:.:.:.へrー、 ハ_ノ .//
.           ` ‐一 ´-、r-v,.:(:;:;:;:;ノ.:(:;.;/二二二二ニニニ(
        /^)  _..,-‐''"~.^‐^.:.:-'`"//.:.:.:.\{    .__
     . (~ ̄(、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、../,―.、.\
     /`つ.:.:.:.:.:.:.:(.:.:.:.:, -一.:.:.:.:/∠______/イ   \.\
     (_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー――――――'  ヽ   //
      `V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,- 、.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...`一'/
     ヾ~ r、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:Y⌒).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__,i/
      '、, 7′ワ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r.-'7 .ノ.:.:.:`一').:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
        ` 7′ (^)  r、_,'一'.:.:.:>'.:.:.:< ̄.:.:.:.:.:.:.:.:/'-'
          ヾ r-(,.:.:.:.:.).:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:く '.:.:.:.:.:.:-、__〉

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\  な、なんですとおおおおおっっ!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

 しかし、佐助は隠形鬼の配下3人に遮られ、
隠形鬼に立ち向かうは、忍の身ならぬ幸村ただ一人!
23 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:39:05.76 ID:T4bK.I.0
             ,,/` _,-‐'"゙^             `'''-,、
               /  ,/                    \
           /゛  /′ .,,,、                  \
              / .,,-'│                    ヽ    さあ、死んでください。
        ._,、,-へミ"゙} ,/` /  、        ,-、、        `'i、  風魔忍法、『隠形眼』──!
     ,,/",,,_,、 `l゙.,i´  | .,ト .,,i´./  .,‐ .,'"''ヘl|、         `'-、,,_、
   ._,/` ,,,i{!゙‐'''''゚'i、 .}" ゙ヽ,,| .,!| ,/l゙.,l} ,!|`,i´   │          `'-,,"゙''―-,,,,_
: ,,/`   |"  __、 ゙,!     | l゙,i´|,.゙,!i,,! ./.|│     ゙l,            `゙'ー-,,、 "
'"     ( / /:::.::|ラ     ゙l!|| l゙゙l.|.l゙`i、 .|l゙      ゙l、              `゙''-,、
     /  ./:.::.::.|    ヘ`ー .|゙l.| .リ、゙''┘.|! ゙゙”|゙゙゙゙゙I'ヘ ゙l
    /;    /::.::.:.::.|      .| ゙l! ゙l、 、`   `゙'''′ .,イ    .|-、、
   /::::::':;..  !::.::.::.:.::.:|       | `  ゙lヽ、 ,,,,_、  /⌒ヽ.    レ''\、
  /'::;:::::::::::'::,l! ::.::.::.::.|       ,!    .゙l.`'-, ̄._,,,-‐|    \ _--..,_  `'i、
../;!  '::;::::::::::::l:.:.:..::.::...|   ヽ¨゙゛'' ―- ...、、  _______,⊥ -ー"´´     `'‐ゝ\
'" l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!  !、        ̄           ≡三  ⌒\
  _|:.:..  /   \:::.:.:.:!  \              ....._≡三三,r'   ミミ\.
,/:!::::./      . \::.::゙:、.   ゛'''‐- ...___.... -ー \ : : : : :/    三三ン―- 、
   ゙く          \:.:.゙:              \    ゙l、} : : :/    .三、 r`    !、
 .   ` 、          \::゙:.、              l: :/     /  ゙,     ゛''‐-、
      `゙ ‐-  .,,__   _,,.>       ______、,,r'/      /: : : : : :|    :ll     ゙i
               ̄       ヽ ̄  : : : : : : :/     / : : : : : : :!      l|l    ヘ
                        ゛゛ー-----/     /:: : : : : : : : :|    ,r'',    | |

         ____
       /   u \ て
      /  \    /\そ
    /  し (○)  (○) \  な、なんだお、あれは!?
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

 そして、風魔忍法『隠形眼』が幸村を襲う!その秘術とは!?
24 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:42:06.66 ID:T4bK.I.0
 そして…

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:./ {:.:.:.:.!ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:|:.:.:.:.:.|: .:.|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.イ,.-t─.:!‐匕:.:.:.:.:.:.:.: .| :|:.:.:.:.:.|: .:.|
:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!.:.:.: |  `、:.! l \:.:.:i.:.:.:.l:.:i!:.:.:.:.:| : .|
:.:.:.:.:.!: .: |:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i !:.:.:.:|    _YLL__ ∨!:.:.:/:.:!|:.:.:.:.:!:.:.:|
:.:.:.:.:.!:.:.: |: .|,、:.:.:.:.:.:.l:.:.:.|.ヘ : .|  ,rァ===ミ゙ 、 !:.:/:.:/ !:.: ./!:.:/
:.:.:.:./:.:.:.:.!:.:l i:.:.:.:.:.:l:.:.:.| ヘ:.{ ⊂⊃   ''" ll.//、/ l:.:./ .!/
:.:.:/:.:.:.:.:./i:.:! ヘ:.:.:.:.:.l!:.: l  ヾ       イ ´  \,|:/    さ、真田さま…。
:./:.:.:.:.:.:.:i、ヘ  ヽ:.:.:.:!ヽヽ         !!     〃´    ここで真田さまに逢えたのは…天佑……!
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘト  \:ヽ ヽヽ、      〃 ___ /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;!`゙ーヵミヾ  `ー-    〃 /  ./ /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:! `           !! /   / /
:.:.:.:.:.:.:.:.: .:/: .:.:.:.:.:.,i         ハ{___ノ/
___:.:/:.:.:.:.:.:.:./            i! li   /
.    ` ー 、_,/         , -イ-=--‐'
         ` ー      /
             根来道臣斎

         ____
       /      \
      /  u   ノ  \   
    /      u (●)  \  道臣斎殿、しっかりするお!
    |         (__人__)|  もう大丈夫ですお!
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

 老忍者・道臣斎は、その死に際に何を語るのか…?
25 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 20:42:50.34 ID:lx925Qwo
魔風海峡の内容忘れてたのでググってみて、
荒山ヒストリー上で「アノオカタ」が初めて登場する作品だったのねああアレなのね
と思い出した。
26 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:44:01.30 ID:T4bK.I.0
::::;::::::::::/--ー|:::::;/─ーー|::::::,:;;:::::.:.:!::::....|
:::i::::::::/:..;:.._/:::/_ _ .:..|:::::::i:::::::.:::i::::.....|
::l:::::/:..:..'´/::;/-ー- 、_ ..:|::::::i:::::::::::i::::::::..|
::l:::/.:..: /://.:´::ヽヽ、ヾ,::/l::::::::::i:::::::...|       こ、これを、治部少さまのお、おんもとへ…
::l/:..: /'´  i.:i:::::::::i:.:.i '/ l::::::::/i:::::::.iヽ      お、お願いします…
::|:..:      つ::::::::i.:.:i ;/ i::::::/`l::::::/:..ヽ
ヾ、.:..:..    ト,;_.;..:'..;/  /::/=く:.i:::/::::;;:..ヽ     おそらくは、私に代わって、真田さまが…高麗へ…!
.:..: .:.:..:..:..::.:::...` ゙̄`  /:/) ノ /:/::::::::il;:..ヽ
..::i    u      /i、´' ,/;/::::::::::;:::|i::::ヽ
        u  / /ー:'~:::::::l::::::::::i!::l l;::::l
´ ``          /::::::::::::::::::l:::::::::::i!:::l l::::l
           イヽ、::::::::::::::::i|:::::::::::i!:::l ト-i
        ,. イ":.:.:.:.:.:.ヽ;::;;:::_| |-ーー''~~ r-i
    , イ":.:.:.:.:.:.:.:.    ヽヽ ` \-ーi i~i |::::|

       ____
     /      \      
   /  _ノ  ヽ、_  \      道臣斎殿…!
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   わかった、わかったお…!!
  |     (__人__)    |   必ずや、これを三成様にお渡しするお!!
  \     ` ⌒´     /
27 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 20:45:09.00 ID:l9eMskQo
やっぱり海渡るのねwwwwww
28 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:45:44.58 ID:T4bK.I.0
            _ {   /--t一-. 、
     .    /X/`ーァ'X X,}!工エエト、
     .   /'゙\/ー‐'/ ヽX}! ┼┼:十:ヘ.
       /\/\/\/ヽ}!-┼┼┼ 十ヘ
      〃/\/\/\/}!-┼┼┼ ┼:|ハ
      'iく\/\/\/ヽ,j|_|___|__|__ _|__|_1
      'ヽ/\/\/\/}!_|___|__|__ _|__|__i
     . /\/―/--/:ヽj|土土⊥⊥. _|__| |
     . ト- 'rf"下丁iー---个ドミ ̄T冖t-- ニ ユ,
.       ゙√ミf⌒! l/, f´Yミ-ァ`lヾ''ドミt,ミ X X XXXヘ.      これは…手裏剣?
      /ヽヽヘ  〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ` ドミ X X Xヘ.
     l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_`ドミ XXヘ   「いや、武器ではなさそうだお…。
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ` ̄´    武器というより…祭器?」
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  −、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ  l j
    l    l <´_    ̄ \三  \ レヽ\ \ `
  /⌒l    |` 三三⌒'ー - 、 \   へl |,r--ォ

 道臣斎が幸村に渡せしものは何か?
そして、末期の言葉「高麗へ…」の意味するものは…!?
29 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 20:46:26.21 ID:lx925Qwo
そらまあ「海峡」ですしww
海渡らないと朝鮮行けませんしww
30 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:46:52.55 ID:T4bK.I.0
 そして、数日後。
治部少輔石田三成邸…。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 石 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 田 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""
31 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:49:19.21 ID:T4bK.I.0
            /                 \
           /                 `ヽ 丶
             /        .:ノ            ',  ヽ
         / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l
         l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !    よく来てくれたわね、幸村。
         |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |   早速だけど…高麗に行って欲しいの。
         ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |
            ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |
             \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
              リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ
            _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
         , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
        〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
         l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
         {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
       〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
       {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ
                    石田三成

       ____
     /      \       ハハッワロス
    /  ─    ─\     ナイスジョークですお三成様。
  /    ⌒  ⌒  \
  |        ,ノ(、_, )ヽ    |    いくらウォン安でも、あんなところに行く気にはならないですお。
  \      トェェェイ   /   大体、行くならとっくに皆と一緒に行ってますお。
  /    _ ヽニソ,  く

 呼び出しを受けた幸村に対し、
三成が命じた突然の命令──それは『 高 麗 行 き 』!
32 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 20:50:20.34 ID:lx925Qwo
ツンデレみっちゃんキター!!

……今週のへうげものでこの配役にしたのだと勝手に信じてみる。
33 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:51:44.82 ID:T4bK.I.0
      /       /    、  \   ヽ  、
     l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
     |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
     ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ      幸村、これは、豊臣家に関わる一大事なのよ…。
     ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \   あんた、今、豊臣の蔵に金子がどれくらい残ってるか、知ってる?
      〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
     /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
   /    |  |             /   |ヽ、|     〉
   ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
    〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
   /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ

       ____
     /⌒  ⌒\      そりゃ勿論、山を成す金塊が果てしなくですお!
   /( >)  (<)\    成功体験で女中を二人抱えて小判風呂に入る者が
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  1個大隊いても足りないくらいですお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /  「…あのね………」
       ̄ ̄ ̄
34 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:53:29.00 ID:T4bK.I.0
       /\___/ヽ                           l
      /:::::::       \                  /\___/ヽ
     .|:::.   ''''''   ''''''  |                 /       :::::::\
      |::::.,(一),   、(一)|                |  ''''''   ''''''   .:::|
     .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |               |(●),   、(●)、.::::|
      \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /                |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::::|
     /   `一`ニニ´-,ー´                  \ `-=ニ=- ' .:::::/
     /  | |   / |                       `ー`ニニ´-一´ヽ、
    /   | |  / | |                      /    _    l
    /   l | /  | |                     /  ̄`Y´   ヾ;/  |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ _____________,|    |    |´  ハ
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                       |    |    |-‐'i′l
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ                       |__ |   _|   7'′
    `ー、、___/`"''−‐"       I            (   (  ̄ノ `ー-'′\
              (豊臣家の金蔵の中身のイメージ)
                  
           _, - ',,i'ゝ-、 
       __,,,-_' ,--'_ィ三ェヽ 
 ,ー '  ̄ ̄    i,-,ーi';itlTi  -. 、 
 ヽ.,   ̄i_, -─,-':ryjt ' 't=i i ヽヾ:\ もうやめて!豊臣家のHP(財力)はゼロよ!
  ヽ_   ヽ、 |l、:ヽ-' '_ /ヘヾ;::r' ゛ 
    ヽ、  ´ヽ-:、,.ヽ、_/iヾ゛゛゛´
      ヽ、 ヽヽ、ゝi''二iフ'ア、__        「……こんな感じなのよ」
        ヽ、 ヽ,i  ki--J"T'´,v l  
         ゛ヽ j: : 'ー--ゝ/ . .i  
           ヽ、 _.: : : : : l: :ノl  

 まさかの事実!豊臣家破産の危機!!
35 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:55:44.98 ID:T4bK.I.0
          ____
        / .u   \    ………マジ?
        ((○)) ((○))
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

           -─‐- 、
        -‐'´        丶
     / /  〃:./  {      ヽ     
     /  /  .:/:∧:l:.. ヽ:.: ヽ:. ヽ:.:.:.',     マジもマジ、大マジよ。
     l :i.:.l.:.:.:.:7メk!八:.:.  }厶匕:.jl:..:.:ハ    あんな無茶な出兵してるんだから当然だわ!
     Vl从 :.:.{/フ必ハ` イ/心 `V:.:.:.:i |   私が豊臣家の一大事って言った意味、わかった?
       ヽト、:f‘ 乏ン ノ/弋乏. !:.:.: | l  
       小:.:.ゝ :::::   '   :::::: /.:.: i ハ    …そして問題はただ一点、「あの男」なの。
      /..:l :.:人    ' ⌒ヽ   ,/.:.:  ,'  ',
    /.:.: l :.:.:.:.> 、.    , イ/.:.:  / :.:. ヽ
   / .:.:.:./:ヽ..:.:.:.\ j. `´ レ′  ∧:.:.:.:... \
 / .:.:.:.:./:.:/¨ヽ :.:.:.:.ヽ 、  /.:.:.  ,'7ヽ、:.:.:.:.:.:.:..丶
36 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 20:58:39.19 ID:T4bK.I.0
     ____
   /      \      …ああ、あのタヌキ殿ですかお…
  /  _ノ  ヽ__\   確かに、今の状況で金子までないとなれば、
/  u (−)  (−) \  余命僅かな殿下亡き後、かの御仁と渡り合うのは相当に…。
|       (__人__)    | 
/     ∩ノ ⊃  /   これは確かに、由々しき問題ですお…。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

        /                 \
       /                 `ヽ 丶
        /        .:ノ            ',  ヽ
     / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l    由々しき、なんて言葉じゃ済まないのよ。
     l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !   ホントに洒落になってないんだから…。
     |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |
     ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |    でもね…ひとつだけ、
        ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |   ひとつだけこの問題を解決できる方法があるの。
         \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
          リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ  それは…
        _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
     , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
    〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
    l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
    {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
   〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
   {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ
37 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:00:58.22 ID:T4bK.I.0
                    |              『 埋 蔵 金 』
                    |
             ____   .|                 ミ /〉__人__
         / ̄      `  、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  // )  ( ピシッ ̄ ̄ ̄ ̄
       ,. ‐'            ` ー-、     人_     ミ//  `V´
      /  / /    /   i       \   `Y´      //
     /  / /  / /    |   \  ',   _!_        //
     |  |  T ´厂 「`メ / i_」_    i   |    !       /,イ  _!_
人    |  |  |r坏テミリiイ/ / 「ノ `メ、  | | |          _///   !      これよ!!
'Y´   |  |  | トr:::リ  ∨ rテi{∨/  / |/リ       ///,イ
.    /  ∧ ハ ゝ‐'    ハr:リイ/__ノ/        ノ//.ノリ  _!_
 * /  / .∧  ヽ    __ ' `'´ ハ   \      {〈/レレヘ}   !
 __/  / / ∧   ', {  ノ   .ハ \   \      | / ` /
´    / /⌒マi   ',.    _. ィ  \ \  \    |` ー-く   *
     __/::::::::::::i i  i` f´、::>'⌒::<ヽ ヽ   ヽ rへ _/
-‐  /::::::::::::::::::::ノ  i   |.>r‐r|:::::レ-―┴'  ____,ノ |     〉 *
.  /:::,. ―‐' ´ -‐ ''   |::\女|::/     ,<  (  |     |__
/ {:::::|  /´  ,. -―::く::\ X::|     {:::::::>、`ー|     |、  \
  /:::::ハ  i.  (::::::―:::―::‐- !::∧     \:::::―`ー|ノ|从   |__ヽ  \
. /:::::::::::ヘ. \ \:::::::::_:_::://\\       ̄ ̄   /  |:::::::> 、 i
/:::::::::::::::::∧  \. \ー::‐:/i!   `r\      ̄  /   /:*:::::::::::\
::::::::_::_:::::::-:i}   ヽ. V/  .|!  i.  i!  '>、____/    |:::::::::人:::::::::::\
::/::::::::::::::::::レ   i  i!   i!  ,},._ __ ∨:::::::::::::>:..、__ノ:::::::::`Y´:::::::::::::::\

       ____
     /      \      …本気で言ってるんですかお、三成様?
   / ─    ─ \    あんなのはTBSと糸井重里に任せておけばいいんですお。
  / -=・=-   -=・=- \  これで視聴率2桁回復ですお。
  |      (__人__)  U |  つーか、どうせなら全員集合とたけし城でも再放送すりゃいいんですお。
  \     ` ⌒´     /

 なんと!三成が口に出したのは──『埋 蔵 金』!!
38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:02:25.78 ID:lx925Qwo
TBSwwww
本当にドリフ再放送すればいいのにねえ
39 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:03:40.19 ID:T4bK.I.0
        lア′                         \  _/\
.        /     /  :/  .:.:j  .:.      \    ヽ ∨ _/ 〉
       /     /  .:./  .:.:.; イ.:.: /    \:.:.:.. 丶    l ∨ _/
   __,/'⌒ヽ    /\.:./  .:.:.:./ |.:.:.:! :.:.  :ヽ:.\:.:.  l     ∨{/|
   \ /    `、 .:.!:.:.:.:/ト、.:.:.: /   {.:. j{ .:.:  .:.: |ヾ:.:}ヽ: イ´:. :.:|:  !´  ト、
     7     ∨.:|:.: / .|.:.\/    l:.:八.:.:.. ...:.:.jハ.:l/l:.:lヽ:..:.:l:  |__/  \    うるさいうるさいうるさーい!!
    i    ....   l.:.l:.:,'  j.:.__/\   j:/  \ :.:.:/ /! _j:/ jl :.:|:  |:.:.:.:.:.:.:.:    あるったらあるのよ!
ー―‐ |   .::::::::..  |:.:|:.{,>〃テFミ\/     }:.://チF千ヾ<|:.;':.  |¨ ̄`ヽ     でも、それは日本じゃなくて……!!
:.:.:.:.:.: ∧ :::::::::::::::: |:.:Wヘi{  !{ヘ  `トヽ_/  、ノ''´{iヘ  }:! }ハ l/.:.:  |
ー‐=≦仏 ::::::::::::::: l :.:.ハ. ヾ V:::ヽイj         V:::ヽイ/   /:.:.:   |
:.:_// ∧:::::::::::::: |\_:ヽ  _ ゞ‐='' :::::::::::::::::::::::::: ゞ=-'' _  /.:.:.:   |
:/ /_/_イヽ:::::::::::/{  :.:.}          '             /.:.:.:.     |
厂     |{ ::::::::::::::.ヽ :.八   __   -―=  ̄ 'ヽ  /..:.:.:.:    |  /
  __  |::\:::::::::::::::..∨.:.:.l丶、 ∨ ̄           〉ィ/..:.:.:.:.:   ヽレ'´ ̄ ̄
/ _`ヽ{/:::`::::::::::::::.:.\ :|  iく_> 、  _____,  <r:/.:.:.:.:.:.:     {:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 /´  `\}::::::/:::::::::::::::.. \ ヽ\__ ,>ー<    ノ,'..:.:.:.:.:.:.:    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
,イ    ::::|/::::::::::::::::::::::::.. ヽ、__〕/_____ `< i..:.:.:.:.:.:.:.:      \:.:.:.:.:.:.:
│    :::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........................    )  } |..:.:.:.:.:.:.:.:       \.:.:.:.
│    ..:::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::_/  / l .:.:.:.:.:.:.:.:..         \:.:

       ____
     /ノ   ヽ、_\ 
   /( ○)}liil{(○)\    もしかしてそれで…高麗ですかお!?
  /    (__人__)   \  埋蔵金が!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /
40 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:05:24.70 ID:T4bK.I.0
           .' /   /  / \/  /   /       !        、 ヽ
            | l ― く   /   i \/  /ヽ      ,′ ,       i  l
            レ'′     V  /| ∧ X    ',.    /  /    ,′ i  }
           | γ,⌒..ヽ│ / ≧レ、 V  `   }    /  /  __ /    ! ,′  そうよ!
           │ | i f i | l│ハ! /::::::::ミヾ    /  _..斗 7 ¨  /    , /   しかも、その額は小判に換算して三百万両!!
          〉 ゝ.゙ _'ノ ノ│V ゝ:::::::::/   ∠__. イ__..j// ,. イ    イ/ 
  ,. ' ⌒ ゝγ ⌒ヽゝ - イ   ', lハ:.:.:__/       7:` ミ,/イ /  / /      アンタには、それを持ち帰って欲しいの!
γ   , '⌒     |    ハ   ヽー‐ '        ハ..::::/ 〃,/ ..イ        極秘でね!!
'   .ノ    Y   ヽ  │ )   }:::::         /、.:.:._/ /'イ´  /
  ,'´     │    |  ヽ/    ノ         `− '′ //   /
{ |  l.    |    │   `ー < ..   /|     :::::::  //   ハ
  ゝ  ゝ  ゝ   ノ   i     ヽ> 二 .._____ ...ィ/!   {   \
  ゝ `ー`─ >…'三/`丁ゝ.  __  人  / |::三/ l   { ゝ   ゝ   `ー- 、

                  
                   さ、三百万両(石高にすれば7200万石分)…!?
          ____     ど、どういう額ですお!?エロゲで新東京タワーが建てられるくらいですお!
        / .u   \   そもそも、そんなの本当にあるのですかお!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /
41 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:06:48.61 ID:T4bK.I.0
             -――- 、
            , ‐'´         \        あるのよ!
         /            、 ヽ      だって、その黄金は、元々日本のもの…
         |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',     名づけて「欽明帝の黄金」(or任那日本府の埋蔵金)なんだから!!
          .ljハ トkハ  从斗j │ ハ
            l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \    承兌猊下とお父様から聞いたんだから間違いないわ!
    __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ  黄金は一〇八体の黄金仏になって、高麗に今も残ってるのよ!!
    {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
    ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
       7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
      /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
      ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ

         ____
       /   u \
      /  \    /\     な、なんだかよくわかんないけど、本当っぽいお!?
    /  し (◎)  (◎) \   で、でも、でも…。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /
42 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:08:39.78 ID:T4bK.I.0
     ____
   /      \
  /  \    /\      三成様、お尋ねしたいですお。
/. u (●)  (●) \    あの時、道臣斎殿から受け取ったものは、
|       (__人__)    |    それとどう関連するんですかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ       あれは、鍵よ!
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、   あれがなければ、地中蔵の封印が解けないの!
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \      だから、道臣斎に奈良まで取りに行ってもらったのに…。
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \    左近に預かってもらってるから、後で渡すわ。
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!
43 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:09:40.59 ID:lx925Qwo
あー任那日本府の埋蔵金だったっけか。
44 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:10:38.59 ID:T4bK.I.0
         ___          そこですお。
      /)/ノ ' ヽ、\        なんで幸村なんですお?
     / .イ '(●)  .(●)\      三成様には、もっとちゃんとした武将の方々もおられますお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__) u \     既に高麗に渡っている方々もおられますお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /     それを差し置いて、幸村になる理由がわかんねーですお。
    /            \

      /       /    、  \   ヽ  、
     l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
     |/     / 人      ヽ,   ',   |   !       あー、厳密に言えばアンタじゃなくて、
     ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ      アンタの部下の十勇士なんだけどね…。
     ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
      〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ    この任務はね、忍でなくちゃダメなのよ。
     /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
   /    |  |             /   |ヽ、|     〉
   ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
    〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
   /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ
45 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:12:28.24 ID:T4bK.I.0
           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・     忍でないとダメ…?
       /   (⌒  (●) /     どういうことですかお?
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/
    |        \
    |        |

: : .―-∧-: 、 : : |\: : : ヽ : : : : : : /\ : : -ヽ:─:| : : : :
: :{.: : :/ \: \: :|  \: : : : : : : :.:/ /ヽ: : : }.: :│: : : :
{ハ: : |   \:_:`ト、  \}: : : : ://_  \∧:/:| : : : :    …6年前に攻め入った時、
: :.个┝┯┯┯┯━\/∨ : :、/ ┯┯┯┯━∨: : : : :   宇喜多中納言様の陣で起きたことなんだけどね…。
: : ヘ   弋_辷'_ノ    ∠: :_/  弋_辷'_ノ  / : : : : :
: : : :'、                      ,′: : : : :
: : : : :'. /:/:/:/          /:/:/:/ : : : : : : :
: : : : : '.                    u  ! : : : : : ;
: : : : : :i                      | : : : : :,′
: : : : : :|、        〜〜‐-          ィ|: : : : : !

 6年前!そこで起こった怪異とは何か?
46 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:15:07.27 ID:T4bK.I.0
              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨    ……ま、そういうわけでね、大変だったんだから。
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /     でも、あれは妖怪乱神の類じゃない…きっと、人の技。
       |    |    | ィflテトミー ヽ /rえV /|/      つまり、忍術だわ!
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |         そう、高麗にも、忍がいるのよ!
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \
 弋´  r':::::::::::::::::::::::::::::/     W.}:/:::::::>―--、    _ノ
   \ V´ ̄ ̄ ̄`¨/      人リ:::::::::/:::::::\/ , <.
     ) |:::::::::::::::::::::/     /ー个ーく::::::::::::/ / ヽ ヽ  ____ __
.   /  V:::::::::::::../     /:::::::::::::|: |:::::\::/  (:::\  )ノ|/::::::::::::::::\::::::::\
 /  /|:::::::::::::/     /.... \:::::|:: ト、:::::/    `-- 孑/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
/   /  ∨::::::::|      { ̄`::ー::-ミ__|i!∨ !      /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::',
   /   V ̄人____ ` ̄ ̄¨ヽ::::ヽ ∨\___,/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::i
   !    /\::::::::::::::::::::::::\    |:::::::|   | \:/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|
   ヽ  /:::::::|ヽ:::::::::::::::::::::ノ    |:::::/\. | ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|
ー- 、   〈:::::::::|:::::::弋¨¨ ̄     /:::/   \./::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::|
   )   |:::::::::\/::\____/|//     /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::|::::::::::::::::::::|
__/    ∨:::/::::::::::::::::::::::::::::::::/\    /|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::::!:::::::::::::::::::|

     ____
   /      \  て     
  /  \   /\ そ    
/  u (−)  (●) \   高麗にも…忍びが…!
|       (__人__)    | 
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

──驚愕の事実!高麗(朝鮮)にも忍者がいた!!
47 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:15:50.85 ID:l9eMskQo
ΩΩΩ<な、なんだってー!
48 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:17:20.84 ID:T4bK.I.0
  │ /   /         /          |   \     \    l       l    ヽ
  レ'l   /         /        l    \     ヽ   l       |    l
   l    l:   ヽ/  / l |             ヽ       |         |    |
   |   i| l    l\/  |l     \  ヽ   l  l:       |         |    |
   |  /| l    | l\ 八      ヽ   ト、  l  :|\ヽ    |         |    |    忍には忍!
   l  /│!   l| |k_ \{ヽ      }  l ヽ: l  |  | ハ  i l        |    |   だから、こ、こんな事を頼めるのは、
   ヽ/ ノ∧  イ≧fテ气ミ ヘ     ハ ./  l│__j_l_!.」__ ∨        |    |   真田十勇士しかいないんだからね!
     〃 ヽ  {  |iヘ_イi ハ   ∨厶斗<丁! /  リ │ ` ,'        |    |
         \ N lr:::::::j ,'  }  /// 之fテ气千≦k |  /       /  !     |    せ、成功したら、10万石の大名にも取り立ててあげるんだから、
         | /. } ゝ--′ //     |iヘ_ ハ    ヾX/      /  /      !   あ、ありがたく思いなさいよ!
           イ/ ,′.:.:.:.:::::         l_:::::::::::j    〃∧       /  /      |
       / /  i{        ノ         r'  /    /     ./  /  l     |
      /  /   人              ` ヽ ′   /     /    /   |   l
   /   / /  :\     __     .:.:.:.::::::    /   /     /     l   人
  /    /:         \    V`ヽ          '   /      /      l    \
  /    /           lヽ、  ヽ ノ       /  /       /      i     \
 l     ∧           /   丶          _/  /         /       ヽ     ヽ
 |   /  ヽ      / /   // \ __, .r</   /           /_,ィ7_  -―― - 、
 l  ,′   ヽ     / /   //      \/   /         /   //         ヽ

           ___
       /      \      なんでそんなところでツンデレるんだお…?
      /ノ  \   u. \   しかし…いくら10万石とはいえ…
    / (●)  (●)    \  極秘で高麗にある一〇八体もの黄金仏を、
    |   (__人__)    u.   |  太閤殿下の亡くなって撤退が始まる前に回収するとなると…
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ

 悩む幸村、その決断は…?
49 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:18:23.25 ID:T4bK.I.0
 そして、幸村が決断を下したその時──!

             , '
             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ                             ミ     .ミ
         .i|      丶                            |     |l    /  +
         .i|       \                            .i|    |i      ´
          .i|        丶   .                      .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,                   i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `           \  i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
                                       /"`;丶
                                     / `,
                                     '
                                  /    ゞ
50 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:20:08.68 ID:T4bK.I.0
,rっっ
)' 'ィ´
 丿                         / ̄ ̄ ̄`\
ニ7                        / __ノ  /   \    な、なんだお、こいつは!?
./               バシイッッ!!   / ( >)  (○ )  \  三成様、後ろに下がってくださいお!!
\___ ___   ____´_  \ ,,_人、ノヽ   (__人__)  U  |
 ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡─‐ー-, ..|┬ー|     /
      ≡''=三≡    ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))─ \ ̄    <
 _____=≒=ー────;‐‐ ̄    ̄  ̄   \  ”    )
⌒ ̄              /^⌒`Y´^\      ̄ ̄    /
                       /           /

::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l   幸村!曲者なのだわ!!_
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l               〈´¨Y¨L,.=、
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!        _,.=t=t=≦¨!´:γ´¨ヽ丶
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/__,--─==''|三[l::[l::[l三ニ|::::{:::!⌒ヽ:l:::|
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/´¨三三三三三!三三三三ニ:|:::弋ゝ='.ノ::::|!.
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/三三三三三三三ニ:|三三三三ニ:!:::::::`ニニ´::::::!
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///'三、__,======BBG!}、三三::f}三',三三三三::_'.
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://l三:::IIIIIII三三三 BBBII|ー―――‐ゝ三三三::/
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /==t_,ゝ三三{T=、、f¨ヽ三ヽ====斤`ー―‐‐!三二ニ:〈¨
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ ..//´' ̄ ̄\三三三!三:、三三=ソ::j_|三三三ヨ==f ̄ ̄ ̄`ヽ.
/´¨ ̄7::::......、_   `7'フ'´ r'´ /   `¨ ̄ ̄{ ̄ ̄{  j三三fニニニニニニニ='庁´三ニ/三三ミ、ヽ
  ─t==='¨`ー、_/´ / |::!|f     __,=──''¨三三V三三三三ニ',::::,'三ニ::!::γ⌒ヽ::::}
/  /´ ̄ ̄√    |  |:弋|        {l`¨ ̄ ̄ ̄}==、三──`ー‐::::|三...::j::::{:::::::ソ:::::|
  /  /´´     '. ゝ、`'.   ー――――'¨ ̄ ̄}  \三三三三三三ヽ.三弋=='::::::j
 / ,.. イ         \  \'.   、___{l___ノ    ` ̄ ̄¨¨¨---==三三三:::/
               ヽ  `             ヽ

 突然の闖入者!突如始まる大乱戦!!
51 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:22:15.41 ID:T4bK.I.0
 そして…
         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\        追い詰めたお!
    /    (●)  (●) \      佐助、逃がすんじゃないお!!
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/      「承知なのだわ!」
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

        .___
      /\  |  |\
     /\/丶个ノヽ/|
     |"u,<二> <ニ>|     ま、まさかここまでやるとは思わなかっただろ。
    ..|ノ\ / (__人_)ヽ|    常識的に考えて…。
     .| /\/ ..| ヽ.y|
    . |ノ   人 .|. 人,}      し、仕方ない…!
    . .ヽ\ノ  \レ ハ}
      ,,_X \__,| ノノ
    ./ー-.l`メ-‐i< ̄``ヽ
   (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
    `´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ
52 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:22:27.88 ID:SZ3rDZso
スパイダーマwwww
53 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:23:24.27 ID:T4bK.I.0
   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::                :::::::::::::::
::::::::::::::::::           :::::::::::::::::       :::::              :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::「甲賀忍法、黒狭霧」…!
       ::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::       ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::          :::::::::::::
         ____
       /      \
      /  u   \  \     き、消えたお…!
    /      u (●)  \   しかし、甲賀忍法とは…まさか!?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

 黒霧と共に姿を消す侵入者。
だが、その術の名は…!その正体は!?
54 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:25:36.75 ID:T4bK.I.0
 それから暫くして、某所にて…。

          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、   ギャワー!マサノブスキー!
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | > 憎いアンチクショウの豊臣家が財力を回復しちまうんじゃよー!
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'  このままではワシとナオンの蜜溢れる約束の天下が取れねー!
      |  |  | ,───-_ |  |
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ
           徳川家康

     ,─ ̄ ̄ ̄─ 、
   /  ───、  \    
   | ̄ ̄    /     |     
  | _     J \     |   落ち着けこのバカ!
 | ̄├| ̄ ̄|──\─、 |  天海殿、その話、本当なのか?
 |_/ |__/     | /| |   
  / ヽ   〃    / //
  |  __      /| /
  \ |   ヽ      |/
   \ ̄ ̄      |
    \    /   |
      `┬┬───-┐
       ГT ̄ ̄ ̄ ̄|
      本多正信

 埋蔵金の情報を手に入れ、密謀するは──内府・徳川家康!!
55 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:25:59.61 ID:SZ3rDZso
家康ファーザーかよwwwwww
56 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:27:01.87 ID:T4bK.I.0
          ── ̄ ̄ ̄──
       ─ ̄ _── ̄  ─ ̄\
     /| / ̄__── ̄── ̄ |
    /\    ─── ̄ ̄ ̄── ̄ |
    ∧   ̄ ̄            ̄二|
   ├                   ┤
    | / ̄\      / ̄ ̄\   |
    |   ━        ━      |
    |                    | ─ 、    モチロン本当さ!
    |                    |/   |    この「T(天海)」マークにかけてもいいよ。
 / ̄ |                    |/ ̄ |   イエー!
 | \|                    |  )  |
 | ( |      /    |          | / /   ※Tマーク:天海が栄光を現したい時に出現する
 \  |      〜 〜          |  /
   \|                    |/
    |    (__───___)    |
    |    \_      _/    |
    \     \ ̄ ̄ ̄ ̄/     /|
  | ̄ ̄\      \   /     / |
  |    \    \   ̄ /   /  |
   ̄|  | ̄\     ̄ ̄    /    |
    |  |    \        /  ─ ̄ |
    |  |     \      /─ ̄    |
    |_|      | ̄ ̄ ̄ ̄
          南光坊天海

          ── _
         / ┌─ 、 ヽ
         | / _  ̄|
        ( V-|_H ̄|  (本当かなあ…)
         |  ゛  y~7
        /`   ─ /
        /`- ` -─′
   ─ ̄ ̄   7/-
  /  \       \
  /   |     O   |
 |   \/        |
57 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:27:29.97 ID:SZ3rDZso
天海うさんくせぇwwww
58 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:28:26.34 ID:lx925Qwo
徹は家康本気で嫌いだからなあ……
59 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:28:44.02 ID:T4bK.I.0
              ,─、
          , ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~─、
        /            \
       /               l
       l                 |    だから、マサノブスキーどん。
      |┌─-______──~|  |   こうなったらMG部隊(服部忍軍)を動かして、幸村を抹殺するんじゃぜ?
      |/               J  |  |   MO(モテる男)は皆殺しなんじゃよー!
      |   -─_       _─-、 |  |
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|    さあ行くんじゃよ!半蔵!!
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~l
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ /
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|

         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ○)(○)    ははっ!!
       |     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
       服部半蔵

 家康の指令により動くは…服部忍軍総帥・服部半蔵!!
200名の徳川忍軍、これら全てが幸村たちの敵となる…!!
60 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:30:33.56 ID:T4bK.I.0
 しかし!
           rー 、
         ,.. ┴- '、             、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
        r'´   ::::`i               . ’      ’、   ′ ’   . ・ 
          |─   ─ |  これで終わりだお! 、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”          
        (●) (●) |                   ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、 
   _ril    l (__人__) |           .  ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
   l_!!! ,、 ,..-ヽ `⌒´ /`丶--'ー--、 -―--、 ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
   | ! !_!|i::::::::: ゙^^ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ . 、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
    ! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\::::\  、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
   !、_,イ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::Y:::::::/::|        \:::ヽ、_( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]
   ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l         ヽ'◎ ヽ:::::. ::: >>***´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ    ヽ/´
    ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,!          ヽ __ '、ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ  
    ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ヽゞー'
     ヽ_ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::!

     .___
   ./ノ ヽヽ:
    ;| (0):(0)|:
   :|ヽ (人)/:   しゃ、洒落になってないだろ。
.   :| | ^ |.   服部忍軍的に考えて…!
    :h  ノ::
     :| /:
    / く、 
   ;| 、`、_、
   ;|ミ|  ̄^

 幸村の鬼謀、ここに炸裂──!
それは如何なるものであったのか…!?
最早、真田十勇士の高麗への行く手を阻むものは、無し!
61 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:31:55.62 ID:T4bK.I.0
                     _
                  , -‐'´   `ヽ
                   /         `丶
                 /               ヽ
              / /     /  、ヽ ヽ 、 ハ     凄いじゃない、幸村!
                { ,'  i_i」Li   、 L,」__ }  }  |    これでもう、心置きなく高麗に行けるわね!!
             l { i´lzL」_ト、 iソリ_」Lリ` l  l    豊臣家のためにも、きっと帰ってきてね…!
                ∧ヾ〈.代ラj }ノ' .代ラj.〉! /  ト、
               /  〉 ヘ ゞ-'   ,  ゞ-' / ト、   \
            〈   /  .iヘ "" r‐‐y ""イ / ヽ    }
         ___ ) /  /::/`ト ,_‐'_,.イ/ ∧   \_ ノ
.    /´ ̄     __ノ  /::::{ /i/ ,r‐''7´  !::::ヽ   `ヽ、
    {      /´   _,.イi:::::::! |不,/´{   |:::::::::}     ヽ
   _ ヽ     }  /:::::::/ヽ、,_!|,/_,::::-ヽ  ヾ:::::/     ノ
  ((__ノ__,ノ   }::ヾ:;/:::::::::,.不ニ::;;:_;;::ゝ,  ∨     /

        ___
      /      \
   /          \     任せてくださいお!
  /   ⌒   ⌒   \  十勇士のうち、三名は瑠璃(幸村の正室)の護衛のために残すけど、
  |  /// (__人__) ///  |  残る七名と幸村で、御使命、なんとしても果たして見せますお!
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ
62 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:33:18.47 ID:T4bK.I.0
     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r  
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬   やれやれ、本番は高麗に渡ってからだから、
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:  こんなところで喜んでいられないのだわ。
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:    ──猿飛佐助
.        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
       |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |

           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|     あら、幸先のいいスタートじゃなぁい?
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、   かがり火は景気のいい方がいいわぁ。
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>  ──海野六郎
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ
.   \:::::::::::::::::::i、:::::::::\  仍} ,/:::::l`ヽ:::::::::::::',
     T :::::::::::/ \:::::::::::` - 、/::::::::l  ヽ:::::::::..ヽ
63 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:36:03.35 ID:lx925Qwo
暴走が始まってまいりますた
64 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:36:05.47 ID:T4bK.I.0
   __,>: : : : : ヽ: : :ヽノ : : : :_:_:_:ノィ
  ({ : : : : : : : : :_:_)辷不辷シ、)、)⌒ヽ
  ({: : : :__r<入ノ`ヽノゝ-ヘヘ.ヽ.ヽ 〔
 く(hィ´: :x rチ {   |  i ヽ \\}`ヽ
   Yフフフ ノ ! !  ! {  l x‐l‐ 、', jヽく     そうなのー!
   ノlイ厂 i ヽ X´「从 jノ八ィ=ミハx彡く    ユリもパーっと行くのがいいと思うのー!
. 〃 | { ', ヽ /ヽィ=ミ``´ rし'i 》jイr‐=ミx
. ,′ l| 八 ヽ. i 《 rし'l   , ゞ゚''ィニニ」二二}    ──百合鎌之助
. `ー=ミー=≧トー=xゞ゚''  r ‐┐  ハ三辷ラ´
    )Y´ ̄ゝ-=ラ、  ヽ ノ .イー‐‐<
   辷ゝ=ニ三ハ=≧=‐r‐ イ:_:j: : : : : : :ヽ、
     ` ¬くく乙( x‐rく <⌒ヽヽ: : : :.:.:.:::.: )
            〃`小. ヽ ー' ノ: : :.:.:.:::ノく
         人ー彡∧ 〈 ̄: :`:ー:r : : :ヽ: \
        (::.:.:./// iヘ.丶: : : : :.i : : : : :ヽ: 〉
            〉:.〈// | i\\: : :.i : : : : : : \
        /:.:./j_j   | i:.: :\.>: :i : : : : : : : : \
          /:.:.//   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : \
.         /:.:.// i   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : : : \

                                  _, -―‐,r_j_ャ、
                                ,〈`ヽ、   {l´ ヽiユiュ
                               / ,\ ` ー- r―:薔:、ツ
 今からはしゃいでいちゃダメなのかしらー!    ,  /  ``ー 、__ゞ´、>イヘ            
でも、これからも幸村様の策で、           ! イ ー-、    , -ー'くヽ !         
楽してズルしていただきかしらー?          ', l ィぅ:ミ     ィぅ:ミ ハV        
                               .ゞ ゞ=″.::!  ゞ=" ムツ       
 ──霧隠才蔵                    /{ハ    T⌒T    ハソ\     /
                              l_- ゝ、  ヽ..ノ  ィ¨ー__,ノ-、   /
                               !, -=、/>:.二.:<lz―-イ 、 i_/ /
                            , -‐'´L_ソ 〈/¨\〉く, =く  ヽ
                           /.    く_」 : : / c ヽ: :l|iー'7  ,  , -ー‐
                           l i     L.ノ!: :|: :c: :|: :l|`ヽ.」 '´  /     
                            〉 ‐ _ト 弋:_:_c_:_:_ノ  ̄r---‐'′   
                          /  /´ 」   /T\   -L_
                       r‐ '´ ー、l/  /‐'    」!      `ヽ
                       !       | /       /」_\         \
                       |     /        /ノ: :ゝ ヽ          ヽ
65 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:38:03.64 ID:T4bK.I.0
                                  __     _
                                / ̄>t=ヘ_/ムイ-
                               /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
                              ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
 徳川なんかに黄金は渡さない…。        / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
この御使命、なんとしても果たしてみせる…。 /   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
                               ././ / / 〃     ハ | i  ‖ ヽ ノイ  ′ !
 ──筧十蔵                     // , ,  ″: | |i  Y| |‖ ,  ゙, ∨ /  j|
                            / .イ | | ‖||| || ,..⊥l | |‖  | i ' /|   〃
                               | | | ‖|l| | {f'´|メ | |‖ |! l/ / |  ||
                               | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |‖ |! / /, i| l|
                               ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|
                                | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l
                               イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
                             // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
                             __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
                            K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
                            | ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |

                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、      そうですぅ。
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈      高麗に渡りさえすれば、
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ     徳川なんかに手は出せないですぅ。
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ    もう楽勝ですよ!
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、 ──望月小六郎
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
           /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
          /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
         /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
        /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
.     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
    ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
 ,.:'´::.::./::.::.:r=ミ、 _/::}/ r彳 : : : : : : : : : ∠: -:'´: : : : : : : :\: : : : : `丶、:_ヽ         _
./::.::.:∠::r-r'´ /ヽ>'´: :r‐' /: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 〉: : : : : : : : : : `T¬ー―く  }
-―┴‐::`ニニ>'´: : : : : :〉 /: : : :!: : : : : : : : :/: : : : : / : : :.:/ノ: : : : : : : : : : : : : ヽ }: : : : : ヽ }
66 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:38:55.41 ID:nM3yQ4Io
乙女乙女しいww
67 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:39:57.71 ID:T4bK.I.0
 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |    ま、だといいけどね。
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |   なんにしても幸村様、そろそろ出発しようか?
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |    ──根津甚八
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /     それもそうだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /     じゃあ…高麗に向かって出発だお!!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /       「「「「「「「 オーーーッ!! 」」」」」」」
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

 こうして、幸村たちは海を渡る。
行き先は高麗…いや、朝鮮国!!
68 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:41:23.79 ID:nM3yQ4Io
さて、「彼」は一体誰になるんだろう。へうげものと同じだったら笑う。
69 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:41:55.57 ID:lx925Qwo
>>68
AAあるの?
70 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:42:23.06 ID:T4bK.I.0
 さて、舞台は変わる。
ここはそう、朝鮮の首都・漢城。

                   __ _,,,,,,,,,,,,,,__
               _,,-‐''´. : : : : : : : : . : `ヽ、
       ,,..-‐--.、 ,,-". : : : : : : : : : : ヽ: : : : . : . ` 、
      / '" ̄ ` 7ヾ. : : :_,; - ;, : : : : : : :ヽ: : : : . :  ヽ
    /´     ,/ . : ; ' : : : : : :` 、: : : : : ヽ : : : : : : `、
   /       / . : : ; : : : : : : : : : :`、: : : : : i : : : : : : . i
.  !      / . : : : トi: : : : : : : : : : : !: : : : : !: : :i : : : : l
          ! . : : i : ! ! : : : : :i : i: : : l : : : : :l:、 : l : : : : !     決めましたよ、春蘭…。
        i  : : : !: :l  !: : : : i ! :l i__;,;l: - : : :l ヽ: :!: : : : !    私は…。
        !i i: i : :l : :! l i :,; i''i !:¨!l: :レ!: : : : : !、,,-、!: : : . !
        l!l l: l : :!: _! ! i' : ! il !/レ!/ l : : : : : ! ,r 、 !: i :  !
         !ト、!、'´!、:l`レ'l: /レ'l,! _,,ノ !: : : : : :! _,丿! :l: : : l
          ` `ト!ヽ! 'レ′ ' ´    ! : : : :i :! ノ,/i : !: : l
            l l: : ヽ-'i        !: : : : ! l`i'’ :! : ! :  !
             ! ! : : :ト、!      l: : : i il l l: : :i : : ! :  !
           l il : :i_,,!-`iヽ、― '  ! : : l l l,!l : /: : : l :  !
           l,-K ̄ヽ `、iフ !`i 、 _l: : : !l  l /: : : : l: :   !
           / ,r‐-’¨、'’i'’l !l !: : :!: : ll,! ./: : : _,./;,ヽ_:  !
           〈 !_i `  !   ! l¨¨ >-ヽ;!/: :/      ヽ !
           ヽ l      ! !f´,r''´ /: : :/        ヽ,!
            i ヽ     l/ /ヽ /: : /          !
            ! `i     l,/    ! : /           !
            /   !    i    l: :/           l
              /   !    l     y′        _,   l
          /    !    l_  , ' /        ,,-"    l

 夜、その市中の屋敷に佇む一人の男──。
71 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:44:36.47 ID:T4bK.I.0
             , :',´_ ̄_`、ヽ、        ,,,、、
              //      `\.,..-.ー"´ ̄`ー-ヽ,,、_
            /"´       _.:"⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:´ ̄` ̄``ヽヽ_
         /       /´.:.:.:.:.:.:.:.′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヽ、
           /        /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:∨i
             //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:\:ヽ:.:.:.:.:.ヽヽ    ,,、
               //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|,:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:ヽヽ:.:.:.:..∨!  /∧\
           / /:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i,:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:∨:.:.:.:.:.i\  Υ⌒Υ
          /  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i l:.:ii:ヘ:.\:.\:.:.:| :/l:|:.:.:.:.:.ヘ:i\ Υ_Υ
       /   /:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.イ:.:/ l:.:|:l ∨:\:.\!/:.!:i:i:.:.:.:.:.ノ  i |i  |
     /    /:′:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:./:.l:/   l:.l:.l   ヽ;.:.! ヾjリ\|:.:./:/l  } .|i  |
      /    /:.:.:./:/:.:.:.:.:.:./ / //    !//   ,斗≦ミtr、li:/:/:.:l ./  |i  |   あなたの仇を討ち…そして死にましょう!!
    /    /:.///:.:.:.:.: /:/フ>く、、,,,__ノ/   γ斤辻刀′|/′:i!    |i  |
    /    //:/´/:.:.:.:////>斤三≧ゞ′     弋ソ少 /:.:.:.:.il.    |i:  |
    ′  /__//:.:./´:.://∧:く ヾ近:::少         ゞー''" /!:.:.:.:/ト、.   |i:  |
    ´ ̄/ /´ ̄/:.:.:.//_ゝ:\\弋ゞ'"´             / ,':.:.:/:!l::::::7 :|i:.  |
      ! |  /:.ノ//\: : ヽヘ:\\     !      / /:.:.:/`/;:::://´`\
        ///:/ ̄:`:\:\!_、     - ―  / '/.:.:/ / /  /`\ >
    ___//  i:.:i_\: : : : : : : : >        /i//:/   l  /     〉 〉
  ´ ̄ //     !:.:l\.:.:.\ー―ーー''"´八>  __/  /:∧   l  _/´`ヽ〈 /
 ´ ̄ ̄´      ヽi、_,>ー-ヽ_  __,ノ´`¨`-、._  /// /ヽ、ノ   / ゝ、入_
            /´\        ̄ソ   _∠ヘ/フ/_  / :|     /;;;;;!  ` ̄ヘ _____
           ノ    \_,    /_...-..´::::::::!;;;;;;;;!:::::::::::>ノ!    /;;;∧;;;;i  /ソ⌒      ̄
         _/     : . : :   ノ::::::::::::::;;;;;;;;;;ゞー〈;;;;;/ / !    /;;;/::∧;;∨/
        /     : . : : :;'   ヽ::::::::;;;;;;;;;;;;;/>フ´   /    人;;ヽ>´`\!
        ノ⌒ヽ    : : :;'     )∠;;;ー'''¨´  /     l  _ ,,/<       ヘ
        /. . .: : :ノ  `ー -- ー'''¨¨´´       i . . : : : |//´   \      ゝ: : : : : : : : :
      ノ: : : :                      : : : : l 0  0┤/       入. . . : o:/i:_:/二ニミミ
     /                    : : : : : !    _ 〉      }: :l: : 0///   ̄``ヾ
   /                     : : : :  : :ヘ、,,-</        !、,,,∨///
  /           . . . . . . . . . . . . . . . : : :;/=/:://        ii!∨i!;;i! /
  ./        . . . .       . . . : : : :_;./´: : : // , '         ;゙;;ヘ/;;;;i! :l
  (. . . . . : : : :_: : :   . . . . . : :.__,,、-ー''¨: : : : : :;'.:.′ i        ,'ヘ o ノ;l :l
  `ー-''¨´ ̄`ー=ニ=-ーヘ¨"゙´ : : : : : : : : : : : ;' : . . : :l  |   ト  i  i レ;;;;;;;ヽl :l
                        臨海君

 その男の名は朝鮮国第一王子「臨海君(イムヘグン)」──!
72 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:45:47.78 ID:lx925Qwo
アナタノコトガ、スキダカラー!
73 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:46:21.16 ID:SZ3rDZso
へうげのヨン様はやりすぎだとオモタwwww
74 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:47:10.59 ID:T4bK.I.0
  …このまま、あの明国の将軍に当たっても、
 必ず勝てるとは限りませんが…しかし!

      | l |  ト、 ヽ \    ヽ \  //、 |、ヽ l \ヽ!\     ヽ \ lヽ  ヽ 、
      | | |  l ヽ \ \   \、 /イト.ノ l ノ `ヽ,   !ヽ\    ', ハ ト、!,  | \
        ! l l   ! \  \ ヽ`、  \ `-‐'´        \ ! ヽ     V/l |     |ノ
      | !l ハ.  |  \ 、\ \`ヽ、_\             ヽ ヽ   | | !   |
       ! | l |、 lハ  l\ ヽ`ヽ.\  ``            l、ハl   l  il   /|
       !| ヽヽヘ ヽ\ヽ \ \|`ヽゝ              / l |ヽ  |   //
       ヽ \.l\ l ヽ|  lヽ|        ,. '´      / /' l ! !  |  //   /
          `   ヽ' `ゝ   | `ー-、   '´          イ/,ヘ. !| |  | ,/   /


 臨海君…。
彼は、かつて王世子の地位を剥奪され、また加藤清正によって虜囚の身となり、
挙句、恋人・春蘭を、援軍であるはずの宗主国・明の将軍に奪われ、
また彼女が自刃したことで永遠に失ってしまった…。

 悲劇の王子である。
75 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:47:19.72 ID:nM3yQ4Io
このAA誰じゃろ。最近のイケメンキャラはよう分からん。(ひでえ)
76 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:49:39.26 ID:T4bK.I.0
            /  |      |:;:;:;i;i.! ||
            {  |      |;:;:;:i;|:i ||
           `―|      |:;:;:;j;i:| ||
         r― ¬      |;:j:j仏L⊥.. ___
        ` ー ¬      |グ ,.  ̄ ̄` ―一¬--===
            |      | / /.  /!   |  |    ヽ
            |      |./i. |/! /!1   |i. ト、 !
            |      |{|i‐|/ | ヽト、Vハ厶斗 |_    …先生、どうか見ていてください。
            | i | i i|K`ト、代じ7'    ''iび外 |)/   この私の新陰流を!!
            | | | | ||ノハ. i` ̄       ̄| j/
            | | | | ||イ  |,ハ.   .!     /! /
            | | | | || |  |! iヽ  ‐ ‐  /!j/
.             __| | | | ||_ \ |∨--`――'― マ
.           /  | | | | || ``ト{ヽ S  '´_ {_}
         /    .| | | | ||  iソ --- ir ――  '´|
       〈.´  ̄  ̄| | | | || /   __j_      |
            |r‐'ニー、 |,/ r ´ し   \     |
         ヽ   | |i´〈〉 `i|.| /7 h  ヽ  \   |
..        \  | |{:.:.}{ :. }|.|     |         }‐0ヘ
          \「|.L,八_」.|'1           ,   \
           /:|.| 「,八`i | |:   ヽ     / / /
.       ,.ヘ.   / |.| J〈〉J | |\ヽ _レヘ. / ,人
      / \` ー- _____  !-‐   / ヽ,. イ}  \
     > ._\_/   ||   \_/_, イ      }--
    / / /  ー- .___||_..  r<.   |     /
.   / /  ,/  /   // {;:;} ̄`Yi__ ⊥   ---' ――
   | |   |   |.   |::〉十{-―く   ┼t==ァ十

 そんな彼が携えるのは…一振りの日本刀!
そして、彼の口を衝いて出た「新陰流」という言葉…!

文を尊び、武を蔑む朝鮮において、誰が彼に剣を伝えたのか──?
77 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 21:53:04.78 ID:T4bK.I.0
     ┌ァ'  ̄  `ヽ/ ̄\
    rf7´/ ,    , `ヽ、
   〈Yヽl l / / / | l l  }
    く{\| |ナメノ |_,L| l|
   〈Yニ| |仞}ヾ  rァラレノ    ──猊下
    }ハ._| |` ´   └', l!
   / /| |、   ‐ ノ l|
   〈__〈/| | `ーr ´ | l|
   /__/ ヽ| ̄`yヘ、 レリ
     ー-、/「ノ\
       〈_,/バヽノ
        /_/ }_〉
                    _ -‐ ¬ー―‐-  ___
                    iー  .,     __  , ....  ̄`ヽ
                     !  、   丶、:..         }
                         ',    、           ..:   /
                        >‐- 、__ -‐ー‐- __/
                    |  / / /ヽ ヽ ヽ  i   ヽ
                    i | |i‖リ  |il| |‖i|  l  l  i   フフフ、お待ちしておりましたわ。
                    从川レ  从レレリ!  |    |  王子…!
                       _ ノ}f_   ィ卞ix、|  i  l  i
               _  -‐   ̄/ |`¨j    弋jり /  /  ,   |
         /       _/`Y  ハ       /  /  !   i
         /       /`ヽ  V  ヽ ー;:-   / //  i  l  ヽ
       /   / /. : . : . ヽ  {ー-‐ `ーrーイ  '/」  |  l!   \
        i   ノ/. : . : . : . : . }  トー――マ7  /´ |  i       ヽ
       Vレ'/. : . : . : . : : : : :|  |     //  /   ヽ  丶、       \
         /. : : : : :. : . : . : ._:_.L_ノ     //  /     \   \      i
        /. : : : : . : . : . : . /      //  i         〉    〉     |
     /. : . : . : . : . : . :.く     ノ´ /: . |   l|        〈  /      |
      i: : : : : : : : :, '´/ノ\ ノ /: . . :/ヽ  リ       i  lハ         i
     ヽ __ -‐イ ( (∧ /: . . : :/  )/i       |  iハ    /  l!
           / rィ ) ) V : . . : /  ///   ,   ,  \ ヽ、  i  |
               )ハ ( ( 〈 : . . . L_ /イリ    l   l!__ソ从ソ   l   i
                        檀月

 明将の屋敷へ斬り込む前に、
臨海君が別れを告げるべく訪れた一人の老僧…。
名を檀月(タヌオル)。
78 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 21:53:12.69 ID:SZ3rDZso
また新陰流かwwww
79 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:01:23.41 ID:T4bK.I.0
            _,,..--‐‐--,,_
         _,,-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::`ヽ、
       ,,-";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::¨''::‐-.,,_
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;:: ---- ;;、;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::`、
     /;;;;;;;;;;;;;;;-''´    __,,,,,,,,`_、;;;;;;;;:::::::::::::::::::`、
      !;;;;;;;;;;;;i′  _,,-‐'''´ 、   ヽ;;;;;;;;;::::::::::::::::::::i
     ヽ、;;;;;;l ,,-f、     `、、' , `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   …王子。
       `ーi"  ! `、   i、、  ト、 ',  `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  王子の剣は、朝鮮の未来のために振るわなければなりません。
          !   !  `、  ! !i`、 !`、    !ヽ、;;;;;;;;;;/   今しばらく、愚僧に付き合いくださいませ。
        ! i   !  `、 l _l!-`、! , ! i   ! i  ̄l¨
        ! ヽ `、ヽ  ヽ!' ,,-i''、¨! !l   ! !   !     さあ、どうぞ、こちらへ…。
         ! `、 !ヾ!`、   i i。_/ l,!   l l  !
        ヽ  i、,ri¨、ヽ     /   /  !  !
         ヽ`!ヽヽ`''’i   / _,,,,,_/   ! i
          ,!′`iヽ、 _,r'´,' /;;;;;:::::::`、   `、
         /,'  ,l   ¨/ ,'/;;;;;;;;:::::::::::`、   ` 、
        / , '  / i    ! /;;;;;;;;;;;::::::::::::::::!      `、
       i     ! i _,,= !/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::!        !
       !     >''´:::;;;;;レ!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::!      /
        ` 、  f;;;;;;;;;;;;;// `、:::::-;;;;_;;;;;;;;;;/      i
         ヽ !;;;;;;;;;;/;;!    〉''´;/!;;;`Y´      ヽ
          ! ` 、/;;;;;;;ヽ /_;;;;/:.:.!;;;;::!         !

  / ̄\   _ __
     _ V´      `ヽ、
   /    ヽ. \    \
  / / // / /|  l     ヾ7ヽ、
  レ{ / l| ! l l|  |_   ヽ }Y7、   どちらへ──行かれるのです?
   V { 「Tナトt|  |__ _ ̄  ー }ソヽ
   _ノ` フハTヽ |   |ー- ニ = }人ノ
   ヽ   ̄ ´ |  |へー‐= -ノンY
    }ヽ      |  |ソノニ二ンート'
    !     |  |´-ニ ベー'_
    `ー┬┐  |!  |ニ´不ヽ、\\___
      レ上.ニ|ト、 |イ´ |_ \\ \_フ_ ___ ,
       7/  リ ソ L_   ̄ \\_/ー-- ―┴ァ
     / ̄` ¬  lL   ̄}_   ` ー― ‐ -- ―'
     r〈_ <フ/  `う)   L_   
   /    ̄TY    ヾ、   ヽ

 臨海君をいざなう檀月。
二人の向かう先は──?
80 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:03:07.86 ID:T4bK.I.0
                      ___   _,,,,,_
                  _,,-'' ´   `´ - ,;: ..:¨''' -,,_
                 ,r" ..:      .:  ::... :::    ` 、
               ,;'’ .:::             ` 、  ヽ、
                 /:: .::: .::   ,r'´     ,r'´       ¨'''`-,,_
                 /::..::: .:: .: .::/: .:   .:/     / ,r'      `ヽ
               i:::/:::.::: .:: ..:/: .:::::   .:/     / / .: .::   .: ..::/
                !::!:::::::::.::: :/:: .:::::: : ::i .::  .:   !./ .:: ../:: ./ :: .//!
             !::!:::::::::::: .:i:::..:::::::.::: .::!::::: :::-::;;i/!.:: //:: i /:::i:/l::!
                 i:::!:::::::::::: ::l::::::::::::::::.::i::::::: .::::::.::/ l:ヽ!/l::::/l i:::::!:!::!:l    王子。
              i:/::::: ::::::.:::i:::::::::::::::::::!:::::: : :i: ::/  !/l! l`:i、! /!://!::!;!   我が朝鮮がこうも悲哀の歴史に彩られているのは
            //:: :::: :::::::::i:::i::::: ::: :!::::::::.:.::!:.:i !` 、 , 'l:::! l ! !il///l;!   何故だとお思いですか…?
            //::: :::: :::::::i:::!::::: .::: !:: ::::::::::!::i l  `  l//:l,! l! /'′
            //: :: :::  ::::::i:/::::::.:::: l::i ::::::::l::l l      i::::!
            .//: .: ::..: :::::i/.::::::::::::i !:l ::::::::l::! l     _.ゝ!
          //: .: .:.::: .::;/.: .:::: .:::::! !::! :::::::l:l !  ,r‐'::i::::l
        /´ .:: .::::: .;r'.::: :::: .:::::/ /!:l:. :::::::::l! i /!::::::::ヽl
       /   ..:::::: .::;i :::. .:::/..:::i:l:l::!:::. ::::::::!ー'l::l:::!:::::::::::`、
    ,r'''´ .......::..::::::: ..:::::/ l:.. :::.:::/:::: /::l;!/::::::. :::::!::::l::l、:!::::::::::::ヽ
  ,r":: .::: ...:::::::::::::..;;-'"  ! ::. ::/;r'ヾ:::::/..:::::: .: ::::::!:::;!::lヾ、::::::::::::`ト、
  /::: .:..::::::   ..;rフ..::::_,,-" ..:::: i::   ヾ .: ::..:/.::::::/>'ヽ::! ヽ:::::::::::::! `、
 i : ::::: ..: .:::;r'/;;-''´ ......::...::  !   :::ヽ.::::::i:::;r''’l:::::::::`i _,,!:::::::::,ノ  `、
 !、  ::::.::::.: ;r'''´      _,,,,ノ   .::::::::i::. :ヽ!::  ! ::::::::l´:::::::;r'´     !

 廃墟となった景福宮にて、檀月が語る朝鮮の、
中国への事大による悲哀の歴史…。
81 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:06:16.27 ID:T4bK.I.0
              . ‐‐ -- ´ ̄  ̄ `   .
               . ´                  .
          /                       ヽ、
          '        , '´               \
        /      /  /                、   ヽ
        /      /  /  /   /   .       ヽ   .
       '    /   i  l   / / // / / ,i   l    i   i
      .'    i  i l  l / / // / / / ト、 l  i  l |   |
      l     l  l |  |_/__/.//_/ / / .| l l  l  l |   |
      l     l  l |  |/ / // / / /  | | 「 ト、.l |   |   さて、王子、この国に『希望』をもたらすための
      |     l  l |  | rテ〒〒く./  .ノ .ノ メ. ノハリ   !  「任那日本府の埋蔵金」をご存知ですか──?
      |     l  l |  | |{;::; c リ        ト==rト、レ'/   ,'
      |     l  l |  | `==''       trc;:リNメ./   i
      l     l  l |  |、""""     ,    ̄ / /  / |
      ,     / / /|  | \    、_ .  """ / /  / /
     /    / / //|  ト、   、    _ ,.. ィ ´/ /  / /
   _/     / / ///|  : i ̄`ヽ 「 ̄リ / ///  / /
. ̄      /   /_////   . |    N 〈レ く.∠/    / /!
     /  /´  ̄/      |    }   __   `ヽ  l  l |
    .' / /  、 /      .'  _ | /´/ ̄`ヽ l   l  | |
   | l レ'     V     /  f´ レ'     ⌒ヽ }   l  | |


   | l |  ト、 ヽ \    ヽ \  //、 |、ヽ l \ヽ!\     ヽ \ lヽ  ヽ 、
   | | |  l ヽ \ \   \、 /イト.ノ l ノ `ヽ,   !ヽ\    ', ハ ト、!,  | \   希望…?
    ! l l   ! \  \ ヽ`、  \ `-‐'´        \ ! ヽ     V/l |     |ノ   この国に、まだ希望があるというのですか!?
   | !l ハ.  |  \ 、\ \`ヽ、_\             ヽ ヽ   | | !   |    あなたは、一体…!?
    ! | l |、 lハ  l\ ヽ`ヽ.\  ``            l、ハl   l  il   /|
    !| ヽヽヘ ヽ\ヽ \ \|`ヽゝ              / l |ヽ  |   //
    ヽ \.l\ l ヽ|  lヽ|        ,. '´      / /' l ! !  |  //   /
      .`   .ヽ' `ゝ   | `ー-、   '´          イ/,ヘ. !| |  | ,/   /

 その「希望」とは何か。何故檀月が埋蔵金を語るのか。
また、ここで明かされる檀月の正体とは──!?
82 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:08:39.74 ID:nM3yQ4Io
ああそうかFateか。
83 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:08:53.13 ID:T4bK.I.0
              /       ヾト、
             /     __,. -¬ベY弋¬=- 、.__
                 厂/ , --  ヽ}}        \}_
                fブ ̄/              \ ヽ
               /ィ' /               ヽ.   :ヽ|
            ,/イ゙///  /          ヽ   ヽ  :::ト、
              // 」1' / .//   ,    /i   |:i ヽ i. ト、  ::∨
           〃 〈_/ / /イ',   / ,    / |  | | :::l ヽ!!  i:::::ト、
             /    ∧.イ / /  / /   /  |  | ト、.:::| リ  i:::::iV
         /   / ,.! .〃 /  / /:l   /   |   | |. |::::|:..}  .!:::::トト
         ,'    〃/ V/' / 下lメ、l ./     | ,|, ィ'|::.W i. トi::::|ハ!
         {   // /ハ./  厶==ミ_メ、     イ,.|==tド/ ,ハ | ト、| |   ならば、私は立とう…!
                l/ 〈/ .i:::liく ら!::::j:i`      う!:::j::!/ ,ハ ハ:::::|    この朝鮮の希望…「独立」の為に──!
              j! i:::ハ. ヽ辷ゾ        .ヾ二ソ' /./ |. i:::|
               〃 i::|∧           :.     / / ハ! ,ハ. i::|
                / |  i::|〈`ト、       :i     / / // |i | V|
            〈 |  i:::| |:::::|\     ,.. ..、  / /,.1/  ハト. ||
                Y  !::| |:::::|  ヽ     '    / /' ,}! /イ|| |.||
                || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |
               || !' |ハ:::ヽ「`_`ー―---一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|
          ___   | .|/||::ヽ__〉|:::: ̄ ̄| } ̄ ̄:::::/./二`=-―、.||
      ,...:::'::´::::::::::::: ̄V:::::_ノ_r―'::ト、:::::::::::| |::::::::__,,ノ /:::::::::ヽ二ヽ_:: ̄
     /:::::::::::::::::::::::::::___ノノ::::::::::/ \ ̄⌒  ̄ ,/ l,ハ::__/:::::::::ヽ.二
   /:::::::::::::::/,二..:--―:':::::::::::∧  -、 \ ソ / , -‐ ,人:::::::::::::::::::::::::;
  /::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::;イ___}ト .._____,..-〈_ハ:::::::::::::::::/::
 /:::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/          ||          ヽ::::::/:::::::
.〈:::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/    ,、 - ― :┴: ‐ 、       ∨:::::::::::::

 そして決意する臨海君──
84 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:10:07.85 ID:T4bK.I.0
          ,,-''¨ ̄ ̄¨'''-,,,_
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::;;`ヽ、
      /::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;:::::::::::::::¨'''ヽ
      i;;;::::;;;;;;;;;;r‐‐‐‐-- ;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;`、
       !;;;;;::;;;/ _,,,,,,,,,,,,,,,,,,___ ¨''''-、;;;;;;:::::::;;;;;;`i
      `ヾ、;レ" iヽ ヽ ヽ ヽ¨''i'''''`、;;;;;;;;;;;;;;/    
         l  l. ヽ .i i l i _!  l   `ヾ;;/     王子…あなたが立ち向かう真田幸村とその配下の忍びは
         !  i ! ヽ !V_,v-l、  !  ヽ l      並大抵の兵ではありませんよ?
         l ト、!、!__ l,! / 」__,!  !  i  !
         `l i i_,!,     `! `、  !  !      それでも、お一人で立ち向かわれると──?
         ,! ,! lヽ、 -   l   !  !  ` 、
          //   !:.:.`ヽ _,/!   l  ヽ   `i
        /´ ,'  l__;,;,;,;,;lV´/   /!   `、,,,_l
       i  ,'  ./::::>  l !  /`ー`--、 !::::ヽ_
       ヽ、;   l:::::::7 人 ヽ !'''''’i´:/  (:::::::::ヽ`、
        ,ri:`、  !::::::l/:!l:ヽ、! !:::::;!:::ヽ、___`ー-、:ヽ !
         V:::::;! ,/::::::::::://::;/  `!'::::::::::::::::::;!  /::::`!
      ,r''l::/,/:::::::::::://::::ヽ  /;;;::::::::::::;r'’i、 ヽ、::;!
      i   i' i;;;;;:::::::::::l.!;;;::::::::;`! ヽ、;;;;;;:::;;;`、/ `ー-7`ー-、
        ヽ ! lヽ;;;;;:::::::l,!::::;;;;f´ ,' ,!;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;i´  ヽ、!
     ,r''´ ,! !/!l !::::::::::::::::::/7、i、/’;;;;;;r‐''''´/ヽ:.:.! ヽヽ!、!
85 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:11:36.47 ID:T4bK.I.0
                 ,. = = =.丶
                       ヽヽ
                    .  ´ iノ  ̄    、
                  ,∠ -‐‐       、丶
                  /            \ \
                 /  ,       /il  .     ヽ. ヽ
              /  /  /  / // i  l  i  i   i i
                i  /  /  / / ! !  i ,l  i   l |
                 |l l   i // / /i i / / !  i   ! !
              从il i l ハ i/ il l l ./ / / /  ハ  | |
               N ! i,. -+‐‐lリ i/ / /-i‐‐‐i l、  l |
               // N ,.イ「ijl!  レ'  レ' イ「ij ト、 / .!   覚悟は──できている。
                 //  ハ   i仆ji       il仆j ノ ll  |
             //  /ハ   ̄´      ` ̄  リ   |
              //  /^ーヘ       '      /,' ,' l
            l,'  il/ ̄\    ー─‐   // ,' ,'
      / ̄`ヽ、il l i l|   /\         /,リ// /
     /´⌒ー-、 从 l i|  /   i`  ー‐  ´ i // /
        _____  |ル l l|/_____/{`ー───‐'^// /
      ∠´-‐‐-``=ルハ!ー'____ノノ ̄ ̄i i ̄ ̄// /__
       _____ _ノ^〜'´          / \ レ'レ'⌒ー==へー-‐‐‐- 、
     /´   //´          /     \         ̄ \   \
    /    //    i /    /         \   、、    ヽヽ   \
  /     //     l/   /__        __\  i !     ヽヽ    ヽ
  !.     〈〈 _    i /´     `  ̄ 「 ̄ ̄   `ヽ リ    .. -‐ //     /
  ヽ     ヽヽ     /             O|         ヽ. /   //    /
   ヽ     ヽヽ  l           O|            l    //     /
    ヽ      ´  l            |           i 、  //    , '
       \      i           Ol          ノ \     /
       >     入           / /ハヽ        /il       〈
      /    / il`ヽ、     / /   i ヽ   , .イ   i!       ノ
       〈       l|   ` ー- .       , ィ´    /i      〈
86 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:13:07.19 ID:T4bK.I.0
        ,./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''‐‐-、
       〃              \
    ,.r‐''"          i   i  ヽ
.    /             i  |! i |、ヽ `,、
   /   /    i    |  i !i i!. |ヽ. ヽハヽ
   !   /      !   ! |! !l.|ゝ i.! ! ヽ ), ハ
   ! //   /   !   l. !ゝ_!リ‐戈ゝ!从ノリ '     …その言葉が聞きたかったのです。
  / i i   /i   l   l |rイ、ィ彳i!ヽゝ、       ならば、王子に力を…「従者(サーヴァント)」を与えましょう…!
  |  i !    i.  .|. i イ! '" ,ゞゝ  `''‐ァ
  |  ! !   i   l l  i.!        <       出よ!『 檀 奇 七 人 衆 (タンギチリムヂュン)』!!!
.  !. i.l   i   i | i  l.!.      -‐i′
   ! il|   i   i |i. i   !!        /、
   ! ll|   !   ! ||/   i|      __,ノ .|
   ! lリ  i   i .リ!   !   /" ̄.:.:  !
   ! 〃  i / / /   /'ヽ、i.:.:.:i.:.:.:.  l
   ! ii    !./ / /  ! ./;;;;;;;;;`i.:.:.:.!.:.:.  ゝ、
  //   //,./ ノ!  ゝャ ゝ、;;;;;;|.:.:.:.ト、.:.:.:.  \
  〃  ノ ./ ./'ゞ!   `、__.  ̄`!.:.:ノi`ゞ:.:.:.:.  `!
,ノ   / ,.. i i;;;;;;;;`ゝ、   ヽ、 `、ノ  ).:.:.:.  ノ
  ,/,.r'";;;;ゝヽ;;;;;;;;;;;;;;`,、    ハ   \ノ.:.:.  ノ

 そして、遂に姿を現す朝鮮の忍者達!
その名も、『檀奇七忍衆』!!
87 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:14:12.16 ID:KSiIXbIo
朝鮮忍者ktkr!
88 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:16:06.98 ID:T4bK.I.0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .. . .     . .゚   .      .       
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:. . . . . . . .    . 。        .   。   .  .゚
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . .        .        .        
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .       .     。  .       *    .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .             .         .    。  
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,        .     ゚. .      . 
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、        .      + . 
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、       .       . .
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ       ゚      
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ         .  . 
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....       .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,       .     
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.  ...:.:.:;,;,;..;,;, .:.:;,;,:.,;,;..',     。      
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....       ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',       .    
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;        + 
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}      .    
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;        .  
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'          
           ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'      。 ゚  .
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /           
             、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'        .    
              丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../           .  
              \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '        ゚      
                ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                   ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"

        ;;;  ;;;   ;;;   ;;;   ;;;   ;;;   ;;;
       ;;;; ;;;;  ;;;;   ;;;;  ;;;;  ;;;;   ;;;;
       ;;;; ;;;;  ;;;;   ;;;;  ;;;;  ;;;;   ;;;;
       ;;;; ;;;;  ;;;;   ;;;;  ;;;;  ;;;;   ;;;;
        ;;;  ;;;   ;;;   ;;;   ;;;   ;;;   ;;;
        ;;;  ;;;   ;;;   ;;;   ;;;   ;;;   ;;;
        ;;;  ;;;   ;;;   ;;;   ;;;   ;;;   ;;;

 輝く月に背に立ち並ぶ、その七つの影は──!
89 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:17:16.47 ID:T4bK.I.0
                _ ,
              __ノ´:/   __
            /:.:.:.:./ノ´ ̄´::::<
     ヽ、 /i./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`\
      )∨:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\、_
      /:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ一`
     i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:./ ヾ;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   蚩尤旗(チウギ)だ──奇子忍法(キジャイムポプ)を
    \{:.:.:.:.:.!:.:i:.:|:.:.〃     `''ミ::::::/ ヽ::::::::::\|
  \,__ヾヘ::::i:::レ:レ′     /  ミ{ (、 )}:::::::ヾゝ
    \`:.:.:ヘヾ"     ,、<,rャソ    ) ノ!::::::!:::i
      `\ヘ      _/<弋歹     ソ::::::::iヘゝ
        ヾ、  ヾ彡"´`        iヽ::::::::',
          弋心            ! ヘ!レヘ
           `'" }         ,       ルヘ
            ヽ !、_,,,、   _/    /    >ヘ、__
             ` 、 ー "     /   ,、'´;;;;;;;\>.、
                \   /  _,、-';;;;;;;;;;;;,、-'´::::::ヘ_
                 ___> 〈 ┌''´;;;;;;;;;,、-'":::::::::::::_,、;'´`ヽ
               /::::::i;;工),,,L;;,、-'":::::::::::::::_,、;'´:::::___
              ∧::::::/7´:.:.:.:.:.:.:!:::::::::::::::::/:://´:::::::::
           __,、;'´i!::〉∧/:.:.:.:.:.:.:.:.:i::::::::_,,/://:::::::::::::::::::
     _.,,、、-ー'"´/:::::::i//;;;;;ゝ=ニ>ー''´:::::::/´/´::::::::::::::::::::::::
    //::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ二\//::::::::::::::::::/::/::::::::::::::::::::::::::::::
   /::::/:::::::::::::::::::::::,、:::::::::ノ;;;〉  ノ;;;;/7:::::/::::/:/´:::::::::::::::::::::::::::::::
  ,':::::i:l:::::::;'::::::::ヘ〈/::::/;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;Xヘソ:::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::
90 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:18:37.32 ID:T4bK.I.0
                                l゙:.:.:l゙:.:.:.:.:.:.:.l゙::::::::::::::゙゙゙゙゙゙゙゙::::::::::::|:.:.:.:.:.:l:.:.:.
        紫微宮卿(サミグンギョン)             l:.:.:.l゙:.:.:.:.:.:.:.;! 、:::::::: !三三!::::::::::;|:.:.:.:.:.:l:.:.:
         ──扶余忍法(プヨイムポプ)を      .,!:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:iヽ `'''"  ., `"'''"´|:.:.:.:.:.:l:.:.
                               l:.:.:.:,l:.:.:.:.:.:.:.;!:..\.  __,  /l:.:.:.:.:.:.l:.:.
                              l:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:}ヽ、.   ..‐.!:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:
                              l:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.l'''"┌'''"゙´::::|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:l:.
                             l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:._:./、 :;;_|__';;;:::::::::ミ、:.:.:!:.:.:.:.:.l:.
                             l:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:./'"゛          `'-l:.:.:.:.:.l
                            l_;::-‐/:.:.:.:.:.:.:./                 l:.:.:.:.:l
                           ,/   /:.:.:.:.:.:.:./-..,,,,,__,, -ー    - 、..,,,,,,,...l:.:.:.:.
                          l゙    /:.:.:.:.:.:.:./                    l:.:.:.
                            ,イ.   /:.:.:.:.:.:.:/                  !、:.
                         / .l   /:.:.:.:.:.:./         、 /         .l:.
                        /:.:.:.:|   !:.:.:.:.:.:.:ilン‐''''''''''''''''''― 、儿,,,,.. -―'''¬―‐'
                         /:.:.:.:.:.:;!  /:.:.:.:.:.:iイ ,..-‐''''''''¬ー- ..,,,,,__,,,,,,.... --.... ...
                       ,,/:.:.:.:.:.:/:.:! l:.:.:.:.:,i" l":::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::
                     //:.:.:.:.:.:/:.:.:.|/:.:.:.:.:,i―l::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /;/:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.〃',i .!、::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::
                  /;/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:/;;=ニ二ヽ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::
                   /:.:/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/:.:.:.;〃" ./゙';; ヽ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::
                 /:.:.:./:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:./:.:.:.ノ.l ._..-┴'''i`-!`゙'-___;;;::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ir‐''''''''';;l./
             /:.:.:.ノ':.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:゙〔:::::::::::: ;iソ,゙.l    !゙''!!-、::_;; -‐''゙~:l l''"゛ .|
            /:.:.:./:.:.:.:;/:.:.:.:.:.;/:.:.:./:.:.:.:.:.:.|::::::::::::l゙,レ,゙,゙ヽ._,,,../=!~'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.!   .l.
           /:.:.:.:/.:.:.:,;〃:.:.:.:.:.:./:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.!; ‐'"゛゙''' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:i/.!  ._,l、
          /:.:.:/.:.:.:.;r./:.:.:.:.:.:.:,/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,, -‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::-'"´:::::`'~゙´::::::::::
        /:.:.:/:.:.:.:.ノ./:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:..:.:/゙' /:::::::::::::::::::::::::::::::::::;:: -'"´ `"'ー- 、:_::::::::::::::
      ./:.:.:.:〃'゙:.:.:.;/./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.ヽ:::::::::::::::::::_;; -'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙'''ー-:
     ,/:.:.:,;/./:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.ヽ;;::-‐'´;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
91 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:19:11.57 ID:KSiIXbIo
どんな忍法か想像つかねえなぁwwww
92 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:20:51.83 ID:T4bK.I.0
                        _   -―  ´  ̄ ̄ `  ¬-   _
                     _. ‐ ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ‐ _
                  r ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
                  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ヽ.
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;〉
                   |!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
                  |i_/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: /
                  〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: /
                    }__,, -rttァt―一ir――― -;----、 、 ;:;_:;:;:;:;:;:;:/
                     /  /  .i公Mi.   |! |    ヾ   ヽ|   | 丁|)′
                        |  |   .|   |i. | |  |  i   |  ||   | ||
                  |  i.  |   | | i.|  |  |    |i.  ||   ! ||
                   ′ '  .|   |. ハ. | !   ト、 |、   |ヘ.  |    ||
                      /,  /  /---|!|ト、  | ヽ\ _|_,}! -|‐   .| i|   天暁一輝(チョニョイルフゥイ)
                  // /  /    |リ N  \.| ,. <\| ヽ |    |i|    ──高句麗忍法(コグリョイムポプ)を遣うわ
               //}. /  _i_,ゥfラi=x、,_    ヽ  _,,、ィ≦手ミ|_   | |
                 //イ./   /! | {{. |.!{:::::川ヾ      ヘ爪:::::川 j厂 ̄ ,ハ.|
               // ル'   /∧ヽ  ヾ三'∠       ゞ辷'ノ' |.   / |. |
               / /,〃' / // 仆 }!                  j   ハ. i |
          /  /// / /// 从|iiハ、        ’       ,.イ   / !.  |
          /    /// / // ' 〃 ,|i|  |i:.、    'ー- 一'   ,.ィi| :}  /  i|  |
.       /   //〃 ,  // ,:/ i  jji | i |ヽ、      ,. :i| :| |/ /  |i|  |
.      /    / / / ./ // !′i ./厶,斗--|____>¬ーく   厂`‐| '    |ii|  |
   /    /   / / iイ  | i  |  |/: : : : ヾソ: : : : : :ノ: : : :ヾ ̄: : :| ,     |iii|  |
  /    /   ./ //./i.  | | 厂八: : : : : : /: : : : : :/: :i: : : : ::\: //    |├ヘ. |
      /       //i/ .|.  ! ! :|: ,': : :ヽ::: : :/: : : : : :/: : :|: : : : : : :}ノ |     ||: :_}__|
.     /       //   |.  ! !:;:|:,': : : : : `ー{: : : : : :/: : : :|: : : : : : :| ./   /:|::レ'´: : : `ヽ
93 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:21:55.98 ID:T4bK.I.0
                   __________
                 ,r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、
               _,/;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`、
              i;;;;:::::;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`,、
.              i;;;::::;;''!i:::;r'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/
               i,_Y'ム'';';;r‐''''´;;;;;;;;;;;;/
               ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、    伽耶(カヤ)夫人
.              i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、    ──私は金官加羅忍法(クムグァンカライムポプ)を
               i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
            i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i
          r"',;,;,:.;,;,;,;,:.:.';,;.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:,!
          ,!:',:.:.;,;.:.;,;,;,;,;,:.:';,;,:.;,;,;,;,;.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.;,:,i
        _,r':.:,;,;.:.:,;,;,;,:.:.;,;,:.:.;,;,:.:,;,;,;,:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;i
       ,/:.;':.:.;,;,;,:.:.';,;,;,:.:.;,;,;.:.';,;,;,;,;,;.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;!
      ,/:.:.;':.:.:.;;,;,;,:.:.:';,;,:.:.:.;,;,;,:.';,;,;,;,;,:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.;!
.      i:.:.:.:.;:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.'.;,:.:.:,;,;,;,:.:.';,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;/
     ,r''!:.:.:.:,:.:.:.:.;,;,;,;.:.:.:.:.';,:.:.;,;,;,;,;.:.':,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;/
    ,!::;::!:.:.:.';,:.:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:';,;,;,;,;,;,;,;,:.:':.;,;,;,:.:/
.   ,r';;;::;::i.:.:.:.;,;,:.:.:.:.;,;.:.:.:.:.:.:.:.':,;,;,;.:.:.:.:,;,;.:.:.'':.:!
  ,f;;:::::::';.:i.:.:.:.;,;,;.:.:.:.:.;,:.:.:.:.:.:.:..:'.:,;,;,:.:.:.:,;,;,;,;,r′
  i;;,::;,;,:::;;;`、:.:.;,;,;,:.:.:.:.:.;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.;,;,;,;,;,;,;''.i,
.  !;;::;;;;::::;;;:::`、:,;,;,;.:.:.:.:.:'';,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:';,;,;,,';,;':.:i
.  i;;:::;;;;::::;;;;::::;;`、;,;,:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:,;,;',;,':.:.:,!
94 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:23:20.46 ID:T4bK.I.0
                  ノ    __ ,
               /::/,、ー'´/ー--ー/ __,,、
            /i/:::::::::::::::::::://:::::::::::: ̄//_,
           /i !i:::::::∧,_/´/:/::/ニニソ:::ノ
          ヽ、i::::::::/∨::/i::::/:::///:::::::::::二ニ彡
          ヾ:ヾ∨/:::/彡ミヘ"彡::::::二二ニ彡
           ∨ヾソ〃\:\  }:}"`ー-、彡彡彡  沙梁部曇厳(サリャンブタモム)
            /:/i!    ヾ:i  」i,,、-  彡/ヘ    ──新羅忍法(シルライムポプ)だ
            |/ !     斤7"リ      ソ )
            リ  ヽ   フ 、、,,,、-′   つ/
                }           ゝ〈ヘ
                  i           / i :iヘヘ
               ' ー 、. ー - " ´      ! j ヾ;ヽ.
                   \    /    _,ァ:::'.,
                    ヽ-、-     _,、ー′: :∨ヘ、
        __          イt、,,,、、i´: : : : : : : : :>ー-、_ _
      /´: : : / ̄>ー--、,,、ー'´:.| i丁厂ヘ__;, : : : :/: : : : :!√ヽ:`:\
     /',: : : : : i: : : : i: : : : /: : : :,、/Υソγ⌒ヽヘ/: : : : /: : : : : :,ヘ :\
     /:.:.',: : : : :l : : : l: : : : i:,、ー';;;;(( ノソ´;;;;;;;;));;/: : : /´: : : :.,、ー'′: :ヾヾヽ
      i:.:.:.:.',: : : : ! : : :.l: : : :|二ニヘノノヘ==≡∨: :/: : :,、ー':´: : : : : : : : : : :ヘ
     !;.:.:.:.:.'.,: : : ヘ : : ∨:._:゚/;:;:;:;:ヽ__/;:;:;:;:;:;:;i゚。∨: :,、ー': : : : : ; : :´: : :`: :': : ; :'.,
     'l:.:.:.:.:..:.:'.,: : : \厂゚/´;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!ト。_/: : : ; : :´: : : : : : : : : : : : : : .〉
     ';.:.:.:.:.:.:.:.:':.,: : : ゚ソ´;:;:;:;:;;;;;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ: : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
    ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.,/;;:;:;:;:;:;:;;;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ヘ: ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
   /:.;,;,;,:、;ー/7丁´:;:;:;:;:;:;:;;;;;;:;:;:;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
   `フ;:;:;:;:;:;//;:;:i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:\: : : : : : : : : : : : : : : :/
    /;:;:;:;:;:;//;:;:;:;ヾ;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;\: : : : : : : : : : : /
95 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:25:03.00 ID:lx925Qwo
良い喩えがある。
十勇士VS檀奇七忍衆を評して、
「『バジリスク』だと思って読んでいたら甲賀の十名(檀奇七忍衆側)が十傑集だった」

イン殺さんすげえやww
96 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:26:18.76 ID:T4bK.I.0
                                         ,r'''`ヽ、
                                      ,r‐'''''ヾ:.:.:.:.`、`.、
      紗羅骨笏覩(サラゴルホルド)             _,,,r‐''<:,r'´:,/;':ト、ヾ:.:.i,:.:ヽ                       __
       ──花郎道(ファランド)の道統でございます  ト:、:.`、:.`:、ノ`ー'l!:`:、ヾ:i:.:.:i,       ,r-、___   ___________,r‐''7´7,!
                                      l:.:.`ト、`;、:.ヾr、;'l!;!.i.:ト、i.:.:.;.l____,,,,,,,...-┬フ(´:.:゚.:`i ̄`''´:.:.:.;r--っ ̄>i,!|
                                 _,!:.:.λ/ァ、ヾ:ヽ,!;':,:':/ニl:.:.:,:.!__,,..---‐┴< i,:':.:.;r-ニ''''' ̄/ f'''´ ̄/,;';,
                      ___,,,,..,..---‐‐‐'''' ̄/.:.:/-ノ , ヾ:ヾ:!-‐‐''''/.:.:.;.:l,,r‐'''´ ̄l'''ヽ_二ニ;l_,f-、 ̄`ヾ ,ノ _,/ ,;' ';
           ___,,,,....--‐‐‐''''''' ̄__,,,,,...--‐‐‐''''''' ̄7.:.:./ `ヾ、/l:.:.l,:l::::;;;;;;/:.:.:,:.:,!;;;;;::::::;::::::!  ,ノ     ,'  `; `Y   ,;''  ';,
    __,,,..--‐‐'' ̄_,,..--‐‐‐''''''''''  ̄          ,r'フ.:.:/   _,,/;;/:.:_;!l:!;;;;;/:.:.:.;.:./;;:::;;;;;;:::::::::! ,r' , '  , '      `、,;''    ;;
-‐'' ̄,...-‐'''''''  ̄                    ,f:,i l:.:.i _,,r''´;;r'":,r";;;l;!;/:.;.:':.:.;/:::;;;;;;;;::::::::::::!' , '  , '      ,,;;''l `ヽ、  ,;'
'''  ̄                           レl! ,>''´;;:::::;;;レレ'´;;;;;;/;.:'.:.:.:,/::;;;;;;;;;:::::;;::::::::l;' _ , - '    ,r' ,,,;;''  ,!`、  `,;;'、
                                 `、;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;/;.:.'.:.:.:,/:;;;;;;;;::::::;;;;:::::::::l'´, , _      ''''" _ , , '  ヽ,,;;'' ,>
                                 ヾ:::::;;;;;;r''´:.:.:.:.:.:,;/::::;;;;;;;;;:::::;;;;;;:::::;;:::::!' , ' - ', ' ' ' ‐ -      ,;;;'"  ,/
                                    ,ゞ''´:.:.:.:.:.:,;/´;;:::::;;;;;;;;::::::;;;;;;::::::;;;;;::::!  ' ,  ` ' ‐ ,          i
                              _,r''''´:.:.:.:._;,r‐''´;;;;;;:::::::;;;;;;;:::::::;;;;;;;;:::::::;;;;;;:::l   ' , ' ,     ' ,       ,!
                           _,r'''´:.:.:_,;,.:-‐'´ `、::::::;;;;::::::;;;;;;;::::;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::::ト、  ;   ' __    '     _,ノ
                        _,r''´:._;r‐''''´      ヾ:;;;:::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;:::::::::::;;;::::::::l `ー-‐'''''7 ̄ ト、   __,,,..-'"
                     ,r''´,;,r‐''´           !;;:::::::;;;:::::;;;;;;;;;;::::::::::;;''::::;;;;;;;!    / _,,,,,,,,,! `ー'''´
                   ,r':´;r'' ´               l;;:::;;;;;;::;;;;;;;;;;;::::;;;;:::'::;;;;;;;;;<    _,/''´
                _,r'´;r''´                  >;;;;;::::;;;;;;;:::;;;;;;:::;;;;;;;;;;:::;;;;>''''' ̄
              ,r'´;r''´                    ,!;;;:::::;;;;:::;;;;;;;::;;;;;;;::::::;;;;;;;:::`、
             ,r".;r'´                     ,r';;::::;;;;:::;;;;;;::::;;;;:::::::;;;;;;;::::;;;;;:ヽ
            ,f:.;r'’                     ,r''´;;::::;;;;;::;;;;;;::::;;::::::::::;;;;;::::::::::;;;;;;;;;i,
            レ'                     ,r';;;;;::::::;;;;;::::::;;;;:::::::::::::::::;;;::::::::::::::::::;;;;;;l
97 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:27:37.54 ID:T4bK.I.0
          ,..--..、_,._
         /::::::;::;::::):::`'ーー-,.--.、
         |、-ヘ'^〉ヽ::::::::::r'ー-、::ヽ  棺靼帝(クワンダムジェ)──檀君忍法(タングンイムポプ)
          ,ゝi '´,ミi´ヘ;:::ン'{:::::::::ヽ:;}
         ヽ::ヾッ'に};:{ンニ'‐ヾ:イ‐'ヽ、
          };:'二ユ:シi;f´ニシシヘ´r'´入
         /-、二ニ!ー-、=彳ノバ;r',.ィヽ
         }、:;::\:/   }^ニヾ彡〈ヽ;::l:::|
         ,ノ‐-ニ={   _/ヾニニ=‐',.ヘ ,ソ:::}ヽ、
         ,ト、:::::::/  ,|:::`ー--‐''シ':/l:::ハ::l′
        _l::::`ーイ r'::、:::::::::::;r':::::::ヽ|/::;/ノ
         {:: ̄:7r'´::{::::l::;:/:::::::::::::::/::i'::/
       ,f、`,ュイ::::::;rヘ:::l:;::::;::ヽ::::::::;に`ツ
       /,ィヽ、Y:::::::{;ィ:::/:::/}:::::ヽ::/-`/
      /;ヽヽ V::::::/´{:::l:::/ニ!:::::::l/_:`;ハ、
     r';:、'-‐ゝイ::::::l;;;ノ::::!:/-、}::::::/-、7{`ヽ`ヽ、_
     l、r::::イ´;/::::::::i;;`l:::l:fスヾ!:::::ヒヽ|;ヽ. `ヽ、::(_
     ハ::{::::::|;〈:::::::l:{ヽ;|:::lツ:::::ノ}::ノ::::`:|_\ _ ヽ::/´
    /ヽゝ:!::::|;;;ト;:::レ' |;;{:::|ヾ::::ヽソ:::::::::リヽ、ヽ:::{ |:{.
   fーッヘ:l::r'´ }:::!、{:::!:::l !::::::}:{::i::i::〉ト、::! l;:l、ヽ;ゝ
   /ヽ::::};:イ:::| ノ:::/ {{::::〉 ト、:ヾトll=!:j} ヽ\`ヾ、 `
  ヽ:::::ソ」 l::::l ヽ:|  ノ,リ:;ゝ`i:|ヽ::`ぐ~   `ヽヽ、ヾ、
   ゝイ/  l::::l j:| }i ノ(.  ヾ、\::ヽ    `ーヽ、
     }!    |::::l `! {|  `   ヾ、 ヽ::\
         ノ::::::l            \::ヽ
       /:::;:-'´               ヽ::\
   ,ィ‐''´:::/                  {:::::::}
    ̄ ̄´                     l:::::::|
                          ヽ::::!
                            ヽ′
98 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:29:03.76 ID:T4bK.I.0
                ____    
         ,  ´ > ´     `ヾ `ヽ.
        /  /          ヽ.メハ
      /  , '             Vノj
.        /   . i ト.  ヽ       V !\
        i i il ll i i ヽ. __ヽ.   ト.  Vト.  ヽ   猊下、この者たちは──!?
        | i il ilハ ,ィ化 ', ', l| }  } i  ハ
        | l li ト.  `~´u. | i l l|ノ  ,'i li  jー'
           ハノく       リl l i|  / l li〜ヘ
             \ -    リ .i|/ヽ| ん〜''
.               .\ _ ,. ヘlliリ  _レ〜ヘ
                ル'r‐‐く / ̄  /´ ̄
/´ 「.i/ / >      _____| 〈 )「__
  | |ト r〜 _フ メ._ il´   .|  `   ト.  /
  〉く \ヽ.  ノ.ノr'   /__7/`  ̄ V /

                    _ -‐ ¬ー―‐-  ___
                    iー  .,     __  , ....  ̄`ヽ
                     !  、   丶、:..         }
                         ',    、           ..:   /
                        >‐- 、__ -‐ー‐- __/
                    |  / / /ヽ ヽ ヽ  i   ヽ
                    i | |i‖リ  |il| |‖i|  l  l  i    この日のために、私が育て上げた七人の忍法師。
                    从川レ  从レレリ!  |    |   この者たちならば…きっと我らの希望「朝鮮の独立」と、
                       _ ノ}f_   ィ卞ix、|  i  l  i   そのための「任那日本府の埋蔵金」探索の為にお役に立つはず。
               _  -‐   ̄/ |`¨j    弋jり /  /  ,   |
         /       _/`Y  ハ       /  /  !   i   そして、もう一人…。
         /       /`ヽ  V  ヽ ー;:-   / //  i  l  ヽ
       /   / /. : . : . ヽ  {ー-‐ `ーrーイ  '/」  |  l!   \
        i   ノ/. : . : . : . : . }  トー――マ7  /´ |  i       ヽ
       Vレ'/. : . : . : . : : : : :|  |     //  /   ヽ  丶、       \
         /. : : : : :. : . : . : ._:_.L_ノ     //  /     \   \      i
        /. : : : : . : . : . : . /      //  i         〉    〉     |
     /. : . : . : . : . : . :.く     ノ´ /: . |   l|        〈  /      |
      i: : : : : : : : :, '´/ノ\ ノ /: . . :/ヽ  リ       i  lハ         i
     ヽ __ -‐イ ( (∧ /: . . : :/  )/i       |  iハ    /  l!
           / rィ ) ) V : . . : /  ///   ,   ,  \ ヽ、  i  |
               )ハ ( ( 〈 : . . . L_ /イリ    l   l!__ソ从ソ   l   i

 力すら定かではない七人の忍者達。
そして…。
99 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:30:28.86 ID:T4bK.I.0
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     /::::::::::::::::::::::\    /    ...........i
     | ::::::::::::::::::::::: |  /   ..:::::::::::::::|
     | ::::::::::::::::::::::::: |  /  ..::::::::::::::::::l   ○○○○──甲賀伊賀忍法
     .| :::::::::::::::::::::::::.} ./  ..::::::::::::::::::::!
      | :::::::::::::::::::::::: }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ::::::::::::::::::::::::./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

 今一人、姿を現した8人目の男は!
──何故、彼がここに!?
100 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:31:34.88 ID:T4bK.I.0
                          __...._、
      /"゙'┐1----キ'- 、          │ |___ T゙│               r 、
     -一'''´ ゝ// _/        ..t一''´ 二广 丿        ∩    ___,' 「r1
     ,/フ  ,ノ'´,,_/ 、          `"│ 「'´ -宀-r       ノ /   ‐┴│j'"
   _ノ' ン'´  f'´ ___ /      ..u--‐;七ニ、 ..一―''''´      ./ /      卜'、
   ゝ‐|│   ゙゙"´ `1゙'、        ̄"´ / _..ニ丁ヽ        亅|′      │1
     イ | -‐⊂コ‐-'' /        __..‐ニ..r ―‐|| l        '、Lィ  .-..---../ !
    │'┬ャ--'' ,,..r- `ー-、    --ゞ‐‐´ :l ''?ー'亅 T        弋 ||  'fこエ..-- > 、
    ヘ__/ ゙゙‐''"´   ゙'ゝ_ ゙'       ゝユ二_ 丿         ‐′       `ー′
     ´           "‐′           `"

     _  ,,__  、-r-、、                           ....、                 _.. 、、
     "1 │ '〈''‐f' ,ノ __┘                            」│                 │ 亅
     イ :l _ ト「< _ェ三¬y                       _   / 〃゙'│               1 /
   _-一'´ ゙ナ‐';コこ  ''‐{!'こ                       `''⊂'´,,..-''" _......_             │ ,'
   `''‐'1 :lニ rf フI "」┐ 'l |l       ___..-..ュェっーtx_           / /  -fこ-ー'′           ナ ノ
    ,,ノ 丿 l i厶ィ !| │ | !    ''ーゞ-―"´    ゙1゙'、        ノ ノ-' _/               l_r′
  T'' _..r [ l ノニナ 1],,〉 l !             _,jニ┘       丿丿  ム_               '′
   '''''´ノ ! 「 |......「 fヽ__) |            ""`         _l'´./′  ゙tこ‐‐-..、         /'1
     "L| "┘ ゙ゝ丿 ゙ゝ_丿                       └′     `゙''―'′        │ 〉
               ´`                                            `"
101 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:32:31.63 ID:T4bK.I.0
  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´   ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l      /二ニ=‐-=ニ、\    ,>  Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘  , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ    ,ムイ/  .}、    ヽ. ヽ  ァ′   ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y    //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!  /   /    ノ,ト、 ,ィ ,ハ. ∨ト、  |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |   ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l  ∧  ;'  ,ノlノj,ィ込ァ`! ,), V \  {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|    // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/  | ! i,ァ示. ノ'ノ ゞr'リ リ   ! |      !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ    -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′  |!、ト、ト弋リ 、      l  ,ノ※      |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈        j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /  -'‐ \\   ア`ヽ _ムイi   !     ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/       .`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` 丶 イ.: j|  /{ ノ′  | ヽ.≧ ゝ._ノ ,: ィ´|.※ |       \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、       .-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ     |.※ | >x、. イ  ! i|.   !        ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/

            , -< ´ ̄ ` 丶、         , -― 、_ , -―-、_ __       ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
.       {\ , '´_   ヽ `丶\  ヽ       } __{ム-- 、   } -ヽ      ノノ         /  |    !    ,)) |  |
        ヽV`ヽ、 `丶、`ヽ \ 、 、       /´_, イ__〕‐- 、 }__/ ` /ー、    (´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
          〉、 /丶ミニ、丶 `丶、 `、ハ     ノイ  ,     ヽ:::ト、\ / ´ 入      /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
         {//X     `丶ミ、  \ ヽ}   }   /  l| | l__ ヽ Vハ ヽノ , ´ く、  ′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
         l// `丶、    _ヽ `ヽ lト--'′  {|   l| l ´l    |  j// /  ノ 〔    /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |
          ヾ! '⌒       、_,_` ミヽ∨     '.l   ャl! l lムZトj / / { /、 ソ  |/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |
           〉 ィ':うX     'r'::.うY }'^i      /ハ丶ソ   ゝ丿 /イ  / 佻)     /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |
           ハ 〉 <:丿  ,   ゞ:ノ ;`Y      {ノj , -―-、 xx { / / , -_―ノ     /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
        //ヽヘ ''   _   ''' ,イ彡|ヽ      〈f/,二.ヽ ', ィイ_, イ{ / __     /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
       < {{\_/> 、 _,   '´ム_ノ-勹      { l r j ! |, -、 {!_ノ `Y´      /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<

 ──幸村率いる『 真 田 十 勇 士 』!
102 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:33:47.74 ID:T4bK.I.0
      ,  ,.ィ                            _,. - ‐ ´ ̄ ̄`¬ ‐ 、_          __________
.     /l// ―‐ァ___           _,,.,.,.,.,.,.,_     ┌' ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\      ,r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、
     ,ハ __   ´  <   ---_,,-‐''''´:.:.:.:.:.:'''‐:.、ヽ、     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉  _,/;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`、
   /      ̄ >    \  '''´:.:.:.:.:.:.:.r:、-‐,;,-‐:.:.:.:.:.:.ヽ   |i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   i;;;;:::::;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`,、
   }7l =ァ=,=、‐‐ヽ   l ̄  ;,;,;-‐''''_;r‐ト、>´:.:.:.:-‐:、:.:.:.:.i   }_, ‐rt―ir―‐、ー、;;__;;;;;/    i;;;::::;;''!i:::;r'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   /ソ   〈〈_ハ /   |   ‐''''‐、;;r!,r' /;/;':,;,;r'´,!/:.:.:.:.:l   | | |/ | l | l i.  l |  | ||     i,_Y'ム'';';;r‐''''´;;;;;;;;;;;;/
    ` _     `'⌒l N      l f´ /;/,',;/ヽ ヌ_ フ,;.:./   j l |.__|ハ.| ト、  | |  .||     ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、
.    }   ̄    ニ 人!       !l_!/;/;.:/!_ヽヾ>'´;,/  〃/ / ..._  \|<、!_丁  .||    i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、
.   ヽ _ .. -'^T/`′    ,r'´ !-i:/;,;/‐-'-,''´;,:./    イ/ /T{ l!::jl`  ヘll::}!厂. /l|     i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
      } _ .. ― ユ、     :`ヽ、 l:.l:i,;,;,!;.':,;イ;.:.;,;,/     / ∧ト}  ̄   ,   ̄ l ハ. |      i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/
       r‐┐r 二   、    `ヾ、:.`l:.;!;.:l/!;,:.:.;/ ′     // /|i| i、  ー‐‐' イ.j/ l. |    ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
       L..ノ/       \   :::::::::ヽ l.:.;!.l:,/;,:.:./     _,_  / /i 厶」|_ > <T |/  |i|. |   /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7

          _,,,,,..----'‐=Hニニコ:.:.ヽ
         ,r'´;.:.:,',:';r'´,;_:.:.:.ノ`ヾ:.:.:.:.i   ..\   ‐ェ,,.,.,___iヽ、      
       . f'''ヾ.;.:,';.',;.:-;.:.:ヾ.:.:.:.:.:.i、.:.:.:.l,   \.,..,Yr'' ̄: : : :、: : :ヽ,iヽ   i::::i':::::i:;':::;:r ̄'´::`.-.,_
.       . !:.!ヾ、;,r;´,;z,;i:.:.:.i:.:.:.:.;/:.:.!:.:.:.l,    \l‐ : ミヽ ,丶,ヽ,', ; 〉、 l:::::i:;;/i:::::::::;;;;;;;;;;;;_::::::::`.、
       . !.:l      !:.:.:!z:.:':/:.:イ:、:.:.l     i `丶,`'i''フx,,ヽ,',レ'' /  ヾ;::i':::i:ヾ:/ヾ:::i::::;'ヾ:::::::::`、
       . !:.l    __,,,,l-'.:! `'''ヾ:.;!.:ヾ.:ヽ   i r‐,v‐'_i!  / `ヽ,r;レ     l:::`、ヾrl::::::';:†:;':::::l`i、:r'''''''''''
.       . l.:l`ー_   -__l,;,;.l に l/ !.:.:`、:.i  ,i( ┤ ヽrァ、!    i i;     l;:';::::`:l::lv、::'__'::;r;;!:l;r':::::::::::::::
       . !:.l、ー' ,    l:.;.:.! ,r‐'ヾ! !.:.:.:.ヾ'i ,〉;;;;''ヽ」   `''´  iヌ/     l;:::'::;:ヾ;!-、  ,- ,/::;r'´ ̄'''‐-:
       . !.:l ヽ、--一 l.:,:.:.!,!l'''''ト、 `、.:.:.:.:` / `vii ヽ ._,_ ゝ ノ\     ヾ::::'::;::ヽ ,,,i,,,,r'::::、ヾ、;;;;;;;;;;;r
.       . !:.l  ` ,、___, !.;.:.:!_,y'´:.:.i_ ヾ:.:.: ; `'k...''..''..ヽ...‐‐‐<, \,::'\    トヾ、:::`::'''''''::::::´::-‐'´7 `''
       . !.:l  ,l'-;;;;;l !,:.:.;!:.:.:.:.:.:.:.:,!--.ゞ、   >, / , ' , ' .:::'  ヽ, \::''\   ヾ;:ヾ:‐''''iヾ、`ーiフ'''''´  

 ──臨海君率いる『 檀 奇 七 忍 衆 』!!
103 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:37:02.43 ID:T4bK.I.0
         ___                          /´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ
       /     \ キリッ                    //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l
      /   \ , , /\                     /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !
    /    (●)  (●) \                     |/l | ! |、 | 、,,Xヾイ::;ヽ i' |   |r=く /,! 〉
     |       (__人__)   |                      l |、 トx‐!ヾ    ' ヾソ'´ |  .|'ノ  }/j〈
      \      ` ⌒ ´  ,/                      ヾ ヽ'i メ:`i          |   |ノ ノノ///
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ   ┌─┐  ┌─┐         | .l ゞイ           |   |;ン', '/く
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃    .1 .「   .,7 ,f´          | l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\
     |            `l ̄       |  |  ,/ /'            | ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!
.      |          |        |  l、,,/ /',. ‐ '二一勹      |   \         |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
       真田幸村           |   ,/' / /´  //       l   l. \  _,. ‐   l  /'´  ヽ!:::|!::|  ,. - ─ - 、
                        l、__/  l  .` ー 、         l    |   `´ l ,. -イ /    ヽr‐;! '´       ヽ,
                            `ー-、  /         ヽl.  |    r' ヘ / /    ///            l
                         //  _,/ ,ノ           ヾi l    /イ::/ヽ '/   / 〃               l
                       ∠-- 二 - ''´              ヽ ! ,ノ'::::i‐!:::::l  /  //   ,.:-‐''      /
                                         ,. ‐''''ヽゞ!'〃:::::| |:::::::l/    /_j-,.:-''´           /
                                                   臨海君

                   『真田十勇士』VS『檀奇七忍衆』

                日本忍者と朝鮮忍者の戦いの幕は上がった!!
104 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:37:49.68 ID:nJIpLbMo
AAだけで見たら十勇士が勝てるわけねえww
105 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:40:31.21 ID:T4bK.I.0
 そして、黄金を求めて朝鮮を進む幸村たちを襲い来る…脅威の数々!!

          ____
        / .u   \ て   な、なんだお!? 「あれ」は!?
      /((○)) ((○))\そ
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


 l|   l  l_|_|_|! L.  |! | l|  l/ ̄ ヽ |
  l!  l ̄|´l  l  |! |´  |! l l| /       ∨
l  ',  !l _ , === 、:l l |! l l| 」  何    V
ヽ lヽ川ィ´, イ::::.ヽ ヽ! ',l|!.::l l|〈   故    }
l 丶 ハ. l! { 〕:::::..|       |   :    /
:|   ハハ  弋こtソ          \     」
| /.::::ハ  `¨¨ ´         /     /
| ,  .:: l ;;       ,     / そ あ {
::! _/ ̄ ̄\          {.  ん あ 〉
 / な ど こ ヽ    , -- 、 | な    |
 | の .う れ |     ヽ二ノ }   :   /
 }  : い. は 論      ノ'´`ヽ.__.//
l〈. ? う    |´\     r ―― ----
||    こ     |:.:.:.: >‐-- |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
!: \.  と    /:.:.: :.:.:.:/こヘY}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
-:― ヽ. ___/‐- 、:.:.:乂りソ」:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:.
106 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:41:32.09 ID:T4bK.I.0
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ψ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ,.}{.、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ,.:'ナホヤ:、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     /´ ̄  ̄`:ヽ. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /        :.\       ::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /           :::::.`i    「塔が、塔が、川から迫ってくる…!!」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::     |    _________..:::::::::::|      ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ノ:い,.:ォ''緜;;絲;;絲;;綿`ぇy'.八.     ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::|i  / _;:Yf,,.-−―――−- ,iY_.::ヽ. ,l|.:::::::::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : :.iHh lれ|∩l|:┌三三三三三┐:|l∩|iう:l frti.  : : : : : : : : :
. . . . . . . . . . . l ̄├三三||: | |';';';';';_;;_';';';';';| | :||三三┤ ̄:i. . . . . . . . . . . .
"''''~"'"~~"'"~lr‐i | |f⌒i l|: | l';':'父乂父、';l | :|lf⌒i | | r‐i:|'"~"''''"~"''''
~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;|| |.| l|  .l:||: | |i'乂:ri‐i:i:乂'i| | :|||  .l:l | l l:l._,,,..;;;._,,,...~"''''~"
~~"'"~"''''"~".l ニ. ! !;:三:;l|: | ll;王;lエエl;王;ll | :|l;:三 :! !. ニ.:l"'"~
~;;;._,,,..._,,,.'~"' .|r‐i | lf⌒i l|, ニ;l;王;lエエl;王;l;ニ ;|:||f⌒i l | r‐i"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;.
;;;._,,,..._,,,..,, ;;;.,l|__l | ||_.l:l|, ニ;l;王;lエエl;王;l;ニ ;|l|_.l:| | |__|:!"~"''''~"'"~
~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::     .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
:::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::

 川を遡る幸村一行の眼前から、奇怪なる巨塔が迫る──!!
炸裂する新羅忍法「一塔随逐舟楫(イルダプウチュクチュヂブ)」!!
107 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:42:23.26 ID:QbO3Yh60
俺は耽羅忍法(タムナイムポプ)を使い手なのだが、相手が残念な事に新陰流を使ってきたので「お前それで良いのか?」と言うと「何で刀を取らないわけ?」と言われた。
108 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:43:29.01 ID:T4bK.I.0
                    _,,,,,,_     ________
                 _,,-''´    ヽ ,,-''´     `ヽ、
                ,-"       レ′         ヽ
              ,;''                    ヽ
             ,;",;'7                      `、
             /,;' /     /ヽ、 ,r'´!           ヽ
               // ! ,'    /` ` `′´ !             `、
            レ′i ,i i   i       ヽ  i  `、 、      i
            !   ! i ! i   l        ヽ ト、 `、`、       !
             !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
             !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
             !  l ! ! !  l              `、__.!      !    この男を手に掛けに参ったのでしょう。
            !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      !   させないわ──真田の忍び!!
            !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_
             !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/
          _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
         < 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !
          `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
           l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
           !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
           !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
             !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
           i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i
            /    l   ! l   /_         /   /   ヽ、 `′!
          /     l   ! l  /、::::¨:::''''‐----‐‐:i    /        !ー--!ヽ、
        /      !   ! !'´  ¨''''‐--------‐!  / ` 、     `ー,-,,_,! !
       /      __,,,,!   l ! i            !  /   `ヽ、 ___ ヽ   l

 /  /_ノ       r '´  ̄ `ヽ        \  ヽ    ,     / ! l1!| l!|`' !=!一 l!、 │  l     
/     \     __.ヽ      \         '     /:i/  , ′-!-'从-_ ノ!从! l   |   ′      
 ∠ ィ  > '´  r ⌒ゝ _ _   Y .._      V  /::/ / _,.zィ':≡==<t=.、 !ハ ,′ /       
  ::::/ '    /  γ⌒ノ r… vヽ レ ヽ    /  /: イ ::フ,.イ':o::゚::::::::::::::::ヽ ヾ;ゞ /  /       
 :∨ !    '    !   ゞ   ノ       !     , ィ '´.:: // l.::: f f:::ヾ!: ,. -’  !ゝ/  /  ! |   (こいつら…私達の正体を!?) 
/ハ  l     !   f ゝ .._`' -       /   / / u   i/   !::.イ ゞノ (._    l:! :: レ'   ハ∧   
, ∧  |:    │   \      ̄ ̄ 7   /  /    ∪   ヾ. ゞ ,.. ノ フ  ,〃/  イ / ,′   
 /ハ |    ,人     ゝ ..__ _ イ    '   .イ           ゞ- = -≦.. // /::::/ / /    
  / ',     ゞ       _ '   /  ノ:::::           - …−  / ィ':′:::/ / '      
/ イ´个 、.._    ` ー 'ア ´   `    ,ィ:::::::::       u   ::::::::: ,. ' //::::::  / /        
   // ィ  \   /      ___..ノ::::::                /  ′/:::::::: / /         
           ゝ       イ< ::::::::::::::::              /  /  ,.′:::::::/ /    i      

 術者を探す十蔵の前に姿を現す伽耶夫人!
その金官加羅忍法の前に、十蔵の運命や如何に!?
109 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:44:24.13 ID:lx925Qwo
やっぱり一度は言っておきたい。
「それはもはや忍法じゃねえ」
110 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:44:24.50 ID:NR0itQ.o
もう分けがわからないww
111 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:45:30.49 ID:T4bK.I.0
      _ i'i,,,/7-、,_          _ i'i,,,/7-、,_          _ i'i,,,/7-、,_           _ i'i,,,/7-、,_
     ヾ、゙ヽ ゙' '/彡         ヾ、゙ヽ ゙' '/彡         ヾ、゙ヽ ゙' '/彡          ヾ、゙ヽ ゙' '/彡
     =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、       =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、       =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、        =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、
   ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,     ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,    ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,      ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,
  ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_  ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_   ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_   ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_
  '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ   '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ  '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ    '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ
  l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙  l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙  l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙   l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙
  Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ   Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ   Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ    Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ
  .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,    .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,    .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,      .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,
  r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ    r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ   r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ     r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ
  ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉   ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉    ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉    ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉
  r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_    r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_    r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_    r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_
  .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ   .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ   .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ   .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ
              ゙ー゙´               ゙ー゙´              ゙ー゙´                ゙ー゙´
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  くさったしたいAはなかまをよんだ!                                           ┃
┃  くさったしたいHがあらわれた!                                              ┃
┃  くさったしたい I があらわれた!                                             .┃
┃  くさったしたいJがあらわれた!                                              .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「    くそっ、こいつら、倒しても、倒しても…!!
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}   このままじゃ…!!
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:

 根津甚八に危機迫る──!
夜の荒野を埋め尽くすは…死体!死体!また死体!!

 これは如何なる者の秘術なのか…!?
112 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:47:24.56 ID:T4bK.I.0
 そして現れる最大の敵…!!
                        __
                    _,..-‐''´.:.`''‐--、._
                 _,..-‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`''ー‐--、
              r‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__,..--、:.,__.:.:.:.:.:.:.:.:./
              }.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,..‐'´,ヘ    !   i `ー-、__{
              ヘ__,..-‐r´ ,.ヘ,// {.   l.   |!   ヽ ハ
               /   /  l.    l   ト、   l.l.   l. `、
              / / ,i.  |     ヘ   l ヽ. ! l   ! `、
              / / |  _l_,.--―-ハ  l ヽ,.l‐i-、 .}  `、      さあ、ここで終わりよ!
             / /  l‐''´ l_,..-‐-、_ ヽ. !  >‐、, メ、   `、     やっちゃえ、『 大 武 仏 (テムブル)』!!
             / /  _l   /l. f..::..}`   ヽ 'i.::.} ト、ハ.   `、
            / / /、} ,ィヘ.l. ゞ_,ノ      ゝノ ' ! ヘ.   `、
-、_          / /  ハ. l.   !` ー‐'     、 ー'  .!  i.    `、
:.:.:.:\‐-、,_     / /   i ヽl.   | ヽヽヽ __,  ヽヽ/  l    i `、
.:.:.:.:.:.:.\.:.:.`ー-、_,へ‐-...,,__ l    l      |   ヽ}   / !   l.   l }
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.\:.\:.:.:.:.:.:`ゝ.  ト、.     ゝ__ノ / ! !    l    |! l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:.:.:.:.:.:`ヽ`ヽ‐> 、   _イ、__ノ_,ハ-‐、 ハ   |l l             _
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:lヽ ヽ `ヾヽ-、_r‐'´〉'´ヽ_,.-‐~`ヽ__,ノ.i!__          / )
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:l:.:`、 ヽー-、.__l.  ハ.  ヘ.  /:.:.:.:.:.:.:.:`r、__,..--、r―'´\ ヽ
‐.,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:l:.:.:.:`、 `、‐-、_.|  l. ヘ   1:‐ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./'´:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:ヽ \
  `'ー-.,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  }:.:.:.:.:.|  |  l    ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.〉‐、 ヽ
      `ーr-..,__:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.l. l:.:.:.:.:.:|  i.     ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./     |
      / ∧:.:.:.:.`ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.l l:.:.:.:.:.:|.        |:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:,へ.   !
     / /  ハ:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.ヽ:.:.:.:.:.l.l:.:.:.:.:.:|        |:.:.:.:.:.:/'´:.:.:.:.:_,.--‐='-―‐'  `ー'
    / /  / ハ:.:.:./:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:ヽ:.:.:.:.リ:.:.:.:.:.:l.        |:.:.:.:.厶-―''´
   // /  /  ハ:./:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.|___,..-―‐ヤ:.:.:.:./
.  〃l/  /   ハ/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:./:|
. /  l  ハ   ハ /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:/:.:.|
113 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:49:14.23 ID:T4bK.I.0
 





               /´〉,、     | ̄|rヘ
         l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
          二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
         /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
         '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                       `ー-、__,|     ''





 
114 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:51:48.35 ID:T4bK.I.0
               /イ                   \::::::.ヽ
              /:/          l          \::::lL __
                〈l:′l    |  ‖ | |  l|l | |  Y(二二)〉
              |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\   な、な…
           ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
          く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |Uリ.ハ\ヽ\ 、
            ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
  ___       〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ三三ニ、
    ̄三三三≧ュ. ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /三三三三≧、
、______〕三三三三三≧|:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\三三三三三三
三}三三三三三三三三レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\三三三三三三{ ̄
イ三三三三三三三三/.:::::::::::::::| l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、::::::::::::|三三三三三三ト、
三三三三三三三三シ .:::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::∧三三三三三/⌒
三三三三三三三/..::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{ ヾ三三三三ゝ、
 ̄¨`ー三三三三| ::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ  ド三三三三三|
      ̄≧三アヘ :::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(   | ヽ ̄ ̄ヾ三三!
           ノ..::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l   |:|   ヾ〉   八   、::::::::::::::::::::::::::::::::〕 〈 (_
          〈 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::| l  |  ´         \ ヽ\::::::::::::::::::::::::{  丿 丿


       ┏┓   ┏┓                               ┏┓┏┓
     ┏┛┃ ┏┛┗━━┓            、 ,.、           .┃┃┃┃
   ┏┛┏┛ ┗┓┏━┓┃┏━━━━━.∧i ヽ-‐'ヽ、━━┓ .┃┃┃┃
 ┏┛┓┃     ┃┃┏┛┃┗━, 、,━━r'/ ∞ } fニ、i V⌒'|/  ┃┃┃┃
 ┗┛┃┃     ┃┃┗━┛ ,.,;゙::::::::ヾ ,,/!.:: ::/j_ `ー'  j,:: ∞!  ,. ,  .┗┛   なによあれー!!
     ┃┃     ┃┃       フ:::::::::::::::::::ゞ':: :: !/ハ ヽ_, イ }}:\::レ´〃::`ヾ┏┓
     ┗┛     ┗┛     7::::::::::::::::::(:: :: :: :{l  薔 |}::ノヽ::ノ::::::::::::::::`ミ、┛
                 /〃::::::::::;,〃´ゝ、_:: ::゙=∞=″:: :: ::{:::::::::::::::::::::;ゝ、
                   '″:::::;,.''  // /:: ::.介:: :: l`ー'´ `゙ヾ゙\゙ヾ、ヽ
                    / 〃:::;ゞ / // /:: :: :}{:: :: ::l l| i \   ヾ\
                  ,レ'  / /  /}:: :: ∧:: :: ::{ il l!   \
                         ,.:-‐イ´:\/`Xヽ/ヽ
.                ,. -───‐ァ'´.:::/:: :: :: :://  入:: :: \、_
.            /.:: ::. ::.::: :: :::/.: ::/:: :: /:: / \/   \:: ::.\`:.、
           \::.:: :: ::, ‐'´.:: ://:: :: ×.:: ::/ /\    \:: 、:\::\
115 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:52:34.88 ID:T4bK.I.0
      ,r''´ ,r‐'''´ ̄''''‐-、    `、 .....:::::::;::':..! ::.ヽ ` ....  ´;'::;! ,!:::::::..,r'      ....:::,r-  --- ,,_ `ヽ、
    ,r''´ ,r'´     ,,r‐'''''ー、 , , , ,::...:::::::::;'..::: ヽ:::.ヽ::.  .:: ;':::;' /:::::::::::::::::......    ,r‐'- ,_     `ヽ、 ヽ、
   ,r'’ ,r'´    ,r''´  , - ' ''‐- 、`ー-::;;_:::::... ..::ヽ.::.ヽ:......:::;'::::; .:/:.. :::::::::::::;;r'''''7_,,r<__    `ヽ、    `、 ヽ、
  f ,f´    ,r'’  , '       ヽ    ̄''''''ヽ'''ヾ、`、::::;'::::;';r'ー---‐''''''´ .::;f´    `ヽ、   ヽ、    `、 `、
  l ,i     f  , '        ,r’ー--   ____   ,ノー‐‐<  _,,r‐  --‐‐ヽ       `、   `、    ヽ l
  l i     i          ,r' '´     -‐-、 `Y    ,!''´   --‐‐‐  ヽ            ヽ    i !
  ,!i    /i        _,r''´ __,,          `ヽ,  ,r' ´        ヽ、 ` 、           !    ! .l
  / i  r'''´ !     __,,r'フ'´ '´      -‐‐‐ --ヽ,i  ヽ,r''´        `、`ヽ、`ヽ、        ,! `、  ,! ,!
. /  i / _,ノ i _,,,r‐‐''´ ,r'          --、   ,,r`、   ,r''´      ‐-- ,,_ヽ  `、ヽ `ヽ、_    !  `ヽ' `、
/   ,/,r'´  ,r'''´   ,f              ̄  ,r、,!  i,_,r‐''''''       `ー-、ヽ   ヽ    ̄ ' , i    `、 `、
   !/   ,!     i            __,,,..- ' ,!   ,)    ,__       `、ヽ  i      ',     i  ヽ
  ,r''’   ,!  ',',   ヽ `ー--‐‐‐ '''''  ̄     _,,ノ    `ヽ、     ̄ ''''''''''''''''  ̄,!  ,!       ',     ',  ,!

                 /´〉,、     | ̄|rヘ
           l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
            二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
           /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
           '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                        `ー-、__,|     ''

 
116 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:53:02.93 ID:T4bK.I.0
                              _,,.. -‐===x‐ 、
             x=≠ニ二. ̄`ヽ.   ,.≠"´         キハ
           キ     `ヽ_ Y´      _ .. -‐    キ ト、_
              キ    _/⌒'く^ソ⌒iヽ、´         l} ! ヾ
           j} _ ..∠ ≧=≠ー≒=辷z、_      _メ    }}
          ≠´              `く≠≦´_     〃
.         , '                  〈、⌒ヽ`ヽ=≠"
        /, ,   / ,               キヽ.     ヽ
         ///〃 / / /     }}川 i|!  i  } ハ   ト、 キ
.         jハl|‖{ { {  {     ノノ川 jj|  j / / j}_,メ ヾリ    ゆ、幸村ぁ…
.        l{八 ヽヽヽ \   //ノノノノノ}  /〃//  `二ニ=- 、   あれ、なんなのぉ…?
         八 、ヽ、 x≦ミヽ、{ { ≧=ミ.ノ/ノ_厶斗-‐== 二 」
        /  ゝ≧ミyィ゙j:i}  `  ´{゙j:;;!ii}ゞ≧=彡ヘ-‐=≡ ‐= ニコ
.    /  /{ミ辷彡}oー ' ,     ーo' {ミ辷__彡}二ニ=-  jノ
    {  / , ゝー=人""  cっ   "" °{ミ辷__彡}-‐==≡ミ〉
      \{ / /{辷彡}>  .. __    イj从ミ辷_彡ノ==≡ニ≦、
      `{ { f´≧=彡'´ ̄`ヽ_」    jァァ' ゞ=个辷ニニ=-テ′
       `ーァ `≠ x==く(´   /,≠=キテノハミ辷=≦
          ヤ/ 〈く   `'ァfj彡'゙     》/   ヽ_弓
          `{   ヾx、__,≠ハミヽ、    〃   丿 リノ
.             \/´   ̄_/,≠= 、 `'≡彡゙ '⌒'く  ´

          u         |;:
 U           u       |;
    ,-―- 、      ,-―- 、 |;:
   / /`~~ヽヽ     / /`~~ヽヽ |;
   { {..;;;;;; ノ |    { {..;;;;;; ノ | |;
  . ヾ_`'''゙",,,ノ    . ヾ_`'''゙",,,ノ }  わ、わかんねえ…お…?
  U   ̄          ̄||||ii /:   う…動いてる…お…!?
 !                  /
 j     /´   |   ゝ  丿;    な、なんで…?
      ゝ、____人_____ソ//:
      _ _   ./ /:
\     ` ̄   ,//;
  ` .、       /;
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、
117 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:53:47.19 ID:KSiIXbIo
忍法っていうか魔術の域じゃねえかwwwwww
118 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:54:24.77 ID:T4bK.I.0
::;;;::'':::;r'´ ,r'´ ̄ヽ、ヽ::::::ヽ ` 、::::::::::::::;ノ /:::;;_`ヽ、 `、_r、:::;! レ'   レ'  , ','    `′,:',   ,'  l:::;!  /
;;;::::::::l   ',,r‐‐、!:::r` l:::::::::ヽ `v'''''ヽ`.、 ヽ ! `ー 、ヽ、  !::l_ ,'   ,'    ; '  , ,'  ,' ,'  , ' ;  レ'  /
:::::::::::ヽ  i:::::::::::::::::l  ,!:::::::::;;r`ー<ヽ、ヽヽ `′ト、  `ヽ`、ヽ:::i   i:ヽ     /レ  ,', '  ,':::::;  ',  /
;;:'';::::::::;! ,!i、::::::::::::::! !::::::;/レ'´`ヽ、ヽ、ヽヽヽ  ヽヽ   `、 !::!  r.、ヽ;! i::!  イ r'7 '   ' ';::; '   /
:::::;:::::::l  l::! `、::::;r'’ /:::;/      >、 `ヽ `、!   ヽ;!     l:::!  l::;! ', l:;!   ! !:ム,r''7  ,':;'    /
::::::;::::::!  !::!  V   /:::::;>    l:ヽ`、::ヽ__ゝ ヽ___ '   ヽ、 ヽ:!  !i  ; l;! N’! !::;/レ'  ______   l
:::;:'::;;'':!  ヽ`''´;! /::;/  ';',   !::l ヽ;r、::::::::::; - 、ヽ   ヽ  ` l:ヽ ; l! ,!:://:/  ,r'´    `ー''’
:::;';:'::::;!   !::::::ー'’::::!   ';:':,   ヽヽ  ヽ::::::!  ,!:::ヽ   /   ヽ:ヽ ';! /:://:/  /
:::'::::::::ヽ  ヽ::::::::::::::ヽ    ';::',  ヽ:ヽ ', ヽ、`ー'’::::::::ヽ /      ;ヽ、! レ' /::;! /ヽl
:::::::::::::::::`.、  >::::::::::::/    ';::',   ヽ::> ' - `ー--::;;;;Vヽ      ,  l  レ',r'’   ヽ
:::;' ;:::::::::::::::`´:::;rv'''7ヽ、   ,':;'    `ー''''''''''`ヽ::;;__:::::::`ヽ、 , , '  ノ'!   f´  /! _,!
:;'  ' ;:::::::::::::::::::;!  l::::::::ヽ、/   ,r‐‐---..,,____    `、::::;;;;;;>‐''''´ヾ > _,,! _,/ __,,/   『なんで大仏が動いてるんだおッ!?』
',   ';::::::::::::::/  l::::::::::::/    /`ー'''''''‐-、::::::: ̄ヽ、 7;r'´  , ', ,' ヽ,' iー'7,! ̄
:::':..,  ';:::::::::/   ヽ_;;r'’  /7′     ヽ:::::::::::::::`ー'7  ,'::::,'  ,'´ /::〈 ,!
::::::::,'';::::::::::::::!    ,r' , ' ,' / /        _,,!::::::::::::::::/′, '::::::,'  ,'   !::::/ l   ガオオオオオオオオオオオッッ!!
:::::::; ';::::::::::::ヽ   i , ' , ' /::::`,r‐''''''´  <¨::::::::::::::;;r''’ , '::::; ' ,  ;  l:::::i !
::::::::', ' ,:::::::::::::ヽ  ; ,' ,/:::;/_      ヽ:::::::::::::i    ',:::::::,'  ,'  lノ!::l !     
:::::::::::'., ' ;:::::::::::::ヽ ',' i:::´i__;;r-、¨''‐--.,,____ヽ:::::::::ヽ __  ';:::;'  ;  /:レ’/
::::::::::::::::'.., ' ;:::::::::::::ヽ  ヽ::::':...,..,   ̄¨''‐----::;;__::::::::::::::ヽ_,' ;      レ'¨´
::::::::::::::::::::::', ',:::::::::::::::ヽ  i ヽヽ::!`ー'''''''''''''‐-..,,,,_ `ヽ、::::(_     /
::::::::::::::::::::::::, ;::::::::::::::::::::ヽ l i l:::! ,r'´ヽ::;r''´ ̄¨'''''''‐- ,,__`ヽ! _,/¨¨!
::::::::::::::::::::::;' ',:::::::::::::::::::::::ヽヽ`':::/  /´ ,r'''¨¨¨ヽ_______   /:::::   ヽ
::::::::::::::::::;' , ', ' ;:::::::::::::::::::::::ヽ`、;!   /  /    `7::::::::::;! i /::  ..::::::.....ヽ __
::::::::::::::::;'  '   ' ;:::::::::::::::::::::::ヽ   !  i     `ヽ:::::/  !::. .:::::::::::::::::::...... ̄ヽ
::::::::::::::;'      ' ;::::::::::::::::::::丶    !     ...::::::;!   !::. ::::::::::::::::;r‐ 、:::... ヽ
:::::::::::::',  ,' , ,  ', ' ;:::::::::; ' ' ´,'ヽ.._____`ー----‐'  , ' ヽ ', ,':::::::;/    !::   !
::::::::::::;' ,:'::::::::::::::':..,'::'., ' ' ' ,..':'::::::::::::::::::: ̄¨¨'''''''''''7´   ヽ::::;/     !  !
:::::::; ' ,...'::::::::::::::;::; ' ' ;:::',  ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/′    ヽ::ヽ、     ヽ  `ヽ、

 幸村たちを襲う驚愕の巨敵、その名は『 大 武 仏 』!!
仏の姿をしたこの無敵の巨兵を、果たして幸村たちは打ち破ることができるのか!?
119 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/26(日) 22:54:27.52 ID:JvviaBko
改めてAAになると「あれ?こんな頭ヤバイ話だったっけ魔風海峡」って気分になるな(;^ω^)
120 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 22:58:12.19 ID:T4bK.I.0
 その最中…

     //                 \  \  l|
   //         〃          ヽヽ   ∨\
   //   〃 〃  〃 ||   |l      ‖‖   |  ||
  //   〃 l |l  |l /∧ ‖ |l  ll  |l ‖   ト、∧
  | |l  |l |l ||  || ‖ |l |ハl  |l  |l ‖   | |〃
  | ||   |l |l ||  || ‖ |l |l |l   |l  || ‖   | |《
  | ||   |l 廾=|-」、|∧||  ヾ、|! |l_」斗 'i|´||  l| | 》
  Vハ  |l || z=≠≧、   ヽ/,z≦示z、||  l| |《     紫微宮卿──連れて行ってくれ。
   |ヾl|ト|| 《 |L:::j::|l``    ´´|L:::j:::l| 〃|  l| |/    
   |l lトハ  lL辷」!      l!L辷j」  ||   l| |     …真田幸村のところへ。
   |l  |lハ                 l||   l|/
   |l  |lトハ      {{        /z||   l|
   |l  |||‐人               /'´ ||   l|
   |l  |||  __\    ´ ̄    /ー、,||   l|
   |l  |||//7/iヽ、     ,. イ|ト、`\||   l|
   |l  |||////_」==>=≦zr‐zl|_ ヘ  ||   l|
    |l   |||////ム____|__|__|| }_ト||   |l〉
   |l  川 ̄ ̄ ̄ __    ,、- 、 ̄\| 〃

              ___,,,,,,,,,,,,__
            ,,,r'''´;;;;;;.:.:.:.:.:.:.:.``'',,,、
           ,r'´;;,r:.:.:.:.:.:.,rヘ,;;;;;;;:.:.:.:.:.:.`ヽ、
         ,i´;;;;;,i:.:.:.:.:.:.:,i;;;;;;;i;;;;;,,r'i,:.:.:.:.:.:i.:`、
         ,i;;;;;;;;,i;.:.:.:.:.:.:,i'''''' ''`´'''''''i,.:.:.:.:.:i.:.:`,
        ,i;;;;;;;;;i;.:.:.:.:.:.:.:i   蛇   i,:.:.:.:.:.i,:.:..i
         ,i;;;::;;;,i;;.:.:.:.:.:.:i"""''''''''''‐‐-i,:.:.:.:.:.i;,.:.:i
          ,i;;;::;;;,i;;.:.:.:.:.:.:i> ⊆⊇ <i,:.:.:.:.:.i;,.:.:i   …………(コクリ)
        ,i;;;::;;;;i;;.:.;:.:.:.:.:i.>  ⊂⊃  <i,:.:.:.:.:.i;,:.:i
         ,i;;,i:;;;;i;;;.:;;.:.:.:.:iヽ,,r''´`'ヽ,,r‐、i,:.:.:.:.:i;,:.:i
        i;;i',;;;;i;;;::;;,:.:.:.:.i    ゝ   i;.:.:.:.:.i;,:.i
          ,/,i;;;;;i,;;;:;;;.:.:.:.:i   -     ,/i;.:.i,.:.:i;;.:i
         ,i:.:i;;;;;;;i;;;;;;;;.:.:.:.:i,      ,,'"/i;;i;;:.:i,:.:i.:.i,
       ,i:.:i,;;;;;;;;i,;;;;;;;.:.:.:.:i丶、,_,r'"l;;:./;;;;i,:.i,;;,:ヽ,i,:.iヽ
      ,i:.:i,;i;;;;i;;;i,;;;;;;;:.:.:.:.:i-‐‐''''''''i;:i;;;;;;;;;i,;ヽ;;;,:.:ヽ、:.`、
       i:.:;i,;i;;;;;i;;;;i,;;i;;;;:.:.:.:.i,Rider. i.:!;;;;;;;;;;ゝ,,,i;;;;.:.:.:.`、:.`ヽ、
      i:.:;i;i;;;;;i;;;;;;;!,;i;;;;:.:.:.:.i,,,-‐‐'''''、,_,,,,ノ  i;;;;;:.:.:.:.:ヽ,:.:.:.:`、
      i,:.;;i;;;;,i;;;;;;;;ヽi;;;;;;:.:.:.:i;;;,,

 臨海君は向かう。
一人、幸村のもとへ!
121 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 22:58:47.03 ID:4kquLCMo
日曜の夜八時に放送していた日テレのドラマ『猿飛佐助』(主演:太川陽介)を思い出した
自分は間違いなくオヤジ。
122 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:00:29.91 ID:T4bK.I.0
              ,,、 __ _ __.         ___   
          ノ⌒ノゝ´: : : : : : :.:.``': 、  /´ ̄`\.
         />/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ/      )
       ,γ/;´: ´: : : : : : : : :,:': : : : : : : : ⌒ ヽ.     
      /::ソ:,': :´: : : ,: : ': : : ,:': : : : : : : : : : : : : :.、ヽ. 
       {γi,'::::´、 ´: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : ,: , : : : :',  
      ゝγ:丶`:.、 : : : : : : i:: : : : :l: :l .l ,l: : : } } |: : .i. 
     ((:〉i::::::::`::.:.:':.:.、: : : :i:. ! i: : l: :i! i! i!: ./ /i il : :.:}
      ゝ',`、:::::::::、::.:.:,、ー、,i:. i: i:.: li>ト、i,_/ / i il: : /  
   _ ,';;;;;;;;、,,',::::、:::::::`./(´( i:. i:. !:. ii///ノ / /!.:!:./   
  ,´;;;;;;,';;;;;;;;;;;ゝ:::::、::::::!、ヘ  i:. i;. i;. i`ヾゞ, ////      真田幸村殿…単刀直入に申し上げる。
  i;;;;;;,';;;;;,;';;;,' ヽ、;;、ヽヾ`ー  i:. i; i;.:l    '、/       
  l;;;,';;;;;,';;;;;,'  γ)      i:. i;.:.i;.i      ゝ       
  .〉;;;;;,';;;;;,'    /       i:. i;.:.:il! `` ´       
  ,';;;;,'ヾ;;;ソ   (ー-- 、     l:. i;.:.il:!. /           
 {;;;;{      /´ ̄`1T_ニヘ |:.l!l:.:il:l´ヽ          
  l;;;;;',     /:::::::::::::| |:::::::::`i' |!;l!:li::|!             
  ;;;',;;;   /´ ̄二ニヘ入::::::l へ:!/─、         
  ;;; ;;;;;,_ノゝ三二ニゝ;;;:| |:::::i へ、`> (|       
  ;;;; ;;;;;/::::::::::::::::::::::::ヽヽヽヽ_>  :| ,ヘ、_    
  ;;;;;‖;;;;;::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\\ ̄``ヽ〈二ニ>、、,,
 ;;;;;;;ソ;;;;;;;;:::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\\/ヾヽ``''-、、,,_ニ
 ;;;;;//::;;;;;;::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\\ ノソヘ    ``

           ___
       /      \
      /\  /  u \    (わ、わけわかんねーお!
    / (○)  (○)    \    こ、この方が、臨海君…!?)
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ

 邂逅する幸村と臨海君。
果たして、臨海君は何を語るのか──?
123 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:02:09.55 ID:T4bK.I.0
      \ へ\
       \ \ \
       rァ\ \ \-、r'⌒ヽ       __
 - ――‐‐'-  __\ \ \ヽ_ _____ ノ〉-‐〉
二二二二二 ―‐--\ \ \ r=コロfニ>' |! /__ __
      〈 {ミ「 {T ┬-\ \ \ニコ ロ「フ/≪/ 川]「l__}―r┐
      L{ミ| tL|_N レェ\ \ \ ̄フ 》 /,。'`ーイっ┘ ̄`´
       ヽr{ Kヒエ'  、 ト、\ \ \ヽ/。'\___//
       / ̄ ヽ、=‐/ヾ}= \ \ \へ、__,/´
      /    ーベ=ー―-ァ‐「\ \ \/      _
     ヽ、     ,r‐ _ _   {  \ \ \     |`\
       `ーr-<~ ̄小 `「7´\__/\ \ \   /  「|
          \_」\ヽ、ノ //         \ \ \/  //
          ヽ」_ゝ、ノYTヽ、       \ \/ ,r-―--、-―
         /`ーァ_:l l:r‐'   \       ン r'′_
        /   /  ⌒´|     \    /  /ヽ_}‐、 ̄\ _
      /l    /     |      ノ\ \ /_└〈_/7ヽ/´ヽ


 幸村と臨海君…切り結ぶ二人の決着は──!?
124 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:03:33.00 ID:T4bK.I.0
 そして、最後の戦いに姿を現す『海中王』!!

                    _
                ハrチ┘⌒>,_
               ひし二 <⌒二と ノz_
           _こ J:::::ハr∠=z 三ヘ   <_
          >   (J「_  _r>〒く/ ⌒  <_
         > r ー  己ffェn チヰケヨUハ      <   「此度の再会は…天の意志よ!」
        ∠       ムr LL!__,)ミハ! _     ゝ- 、
       、__こ⌒     ハニ亢rt少^/ノ   ` ⌒ゝ>  l
        イ     ‐、厂└冖チ’/   '´     了  |
      /∠      Yミへヽノ⌒二ノ       トj   `ヽ、
     /  >       {  {( )ー /       ヒ⌒`ゝ、   \
    |    厶ノ     jニニニニイノ   ト、N^___ノ^ヽ   ',
    |      {ノ   h::::::〈_ 〉、:::::::ハリ ,イハ      :::::   }:::  }
    |    /   ハ  |y〒::::〒` =r=チレ ヘ   rー'  :::: ハ:: l
        /    ハハ__《`l「 》__し<::弋_入 メ     }: ヽ! {
     l  /   // ハ》:::::|||:::::::::::::(_::ノ  ',:::::::ス     l  `ヽヽ
     ) /   / /  l:::ト:::::ノへ::::::::::/く__ノ  l::::/  `丶、_ノ/_jx Lヽ
    r' |    / /   l:::::l>-r-‐::‐<_ノぅ ノ:ノ    / く/ト’  _ 1\
    V }   / :/    l::::{L_}l{:::::::::::::ノ>う__ノく     l rイ  /, - V
    V/  / /    l:::::ノ:<^>‐ イ^う⌒ ノ_ 入    V  //‐ ¬V
    /    /    l::::::(  |l|    V  ノ    l   ヽ //::::∩rうリ
   / }         ハへ 山_ イ ^L-'´ l ,、 - ヘ    V::::::::U:::しイ/
  /          |xく  |   |!  | , イ           l::::(、:::::0:::l
 /           |   く__レイ             |::::::::>.7::::h
丿           |                      ノし ( (○!
                                 イー―、− ス
                                 ノーレ、_二,、r'
                                 L`i ノ( }^( l|
                                  L_ノ_∠'
125 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 23:06:14.58 ID:4kquLCMo
臨海の次は海中……ダジャレ?
126 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:06:17.02 ID:T4bK.I.0
 運命の開戦の中で、再び向き合う二人──!!

           ,. -‐ ' ̄ ̄ ̄ 'ヽ、    〉〉          ', : : : : : : : : : : : : : : :
                 r‐‐< ^ヾi,   /ヽ,         ,': : : : : : :::::::: : : : : : ::
               rヘ 、  ,-‐-V ノノ., ヽ        ',: : : : : : :::::: : : : : : : :
              ノ 、 >'´   ヽ'    `'ヽ       ,': : : : : : :::::: : : : : : : :
              〉ヽ/ ,. イ   へ、、 ヽヾ,      ,': : : : : : ::::: : : : : : : :
             」v'  / 〃,'  i  i ',  ヽヾ,     ',: : : : : : ::::: : : : : : : :
                 〉´  イ l | ,' ,:' |   i i ', \ヽ     : : : : : : : : : : : : : : :
            /   l__i レi | |    i l |  ト、    : : : : : : ::::: : : : : : :
            /   リir‐テ=v、i |  rィテ¬ リハ ヽ丶   : : : : : : ::::: : : : : : :
           /  /iヘ ヽL:;_,リヾヽ  L__ソ //',  i \  : :: : : : :::: : : : : : :
          rY  / i!、',       ,    /ソヽi  i',  i : : : : : : : : : : : : :    幸村ァッッ!!
          | i / ii >ヘ   r ― ┐  /ヽ }| / i  i : :: : : : : : : : : :
         ,.r‐〉!/i_,. i!´  `.i 、ー一' ,ィ'≡ ゝ' //      : : : : : : : : : : :
       r'´,.-‐i i   i!   rL.__`ー‐'__」>!_  '"__r――‐-,: ::: : : : : : : : :
       レ' r‐------r‐‐‐i.,___   ̄i!  _,.i、‐-‐i,;'     : :: '::,: :::: : : : :
        /;:;:  ., 、    ;| ヽ, ̄ ̄ /,. Vヽ ;:     : ::::::::;: : : : : :
.       /;:;:;:  ., _ ヽ ;  | ‐-   §  /ヽ;:;   , '   : ::::::::!: : : : :
       /  '':;:;:;,.   '' ;: r'^ `'‐-  _ -‐'   \:;'     : ::::::::::;: : :::
      i     '''''    /    ,. - ┴ - .,   ヽ, ,'  : ::::::::::;:: ::
      |        .., i   ,/       `' 、 ! ,',  : ::::::::;: :::
      ヽ      .,   \ '      i      i゙ | ,'   : :::::;: :::
       `' 、    .,.    \       /  ノ / :|,    : ::::;:::
           ̄ヽ   ' .,   \ ヽ   / / /  | ,';   : ::;: :
             ヽ    ' .,  \ ヽi i/ / ヽ,|    :: : :
              ',ヽ     ,.>' ̄ ̄ヽ'  _____ i   rov
              i;:;:;ヽ,  / ,==     ヽ__  ir‐―{__ ‐ヽ_
               |;:;:;:;:∨ /  o,.>   ヘ  f´   _」   i! ヽ
               ゝ;:;:;:i i   /  o\ ,. 〉 i-‐'  |o L_ i!   〉
                ,.」;| i   /    /oヽ ,L=====v  i! 、 /
             r―‐7;:;ヽ;  i    /    >/: :ー―く `' 〈 Y!
            /  ヽ¬‐-`'‐ゝ_  i   /  oヽノ ̄ヽ >  ', i
               /         ̄ 7‐-L  i    〃フ  Y^ヽjレ′
           /           i   `ヽl   〃  `'┬ゝ }iヽ
             /        ',   |     ヽ  〃 `' 」!..___ノ! ヽ
          /          ',   !      \ii `'  ]i , 〉′ ヽ
           /          /  |        ヽー―┤, /     ヽ
        /              |         i ,'i., ̄」{_,. ii     ヽ
         /              |         i!.,  ,i _,.7      ヽ
      /              _」         |.,  .i _,.}!       ヽ
      /; ; ; ' .,        ':,/           `ー┴‐‐' i        ヽ
127 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:07:11.52 ID:T4bK.I.0
                      _____
                    /         \
                   /            \
                 /       \,      ,/  \     臨海君ッッ!!
                    /    /´  `ヽii|||||ii/´  `ヽ \
              /      (   ○  l    l ○    )\
              |       ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ   |
              |         (    i    )     |
               \         `ー ─'^ー 一'    /
                \      _,..__ ̄ ̄     /
                      ゝ‐'     ` ー- _∠∠___`ー、... -― ''"゙¨フ
                  /⌒  三≡             ̄       ノ
                 ./ミミ   ヽ三三≡_.....               /',
              ,. -―く三三    \: : : : : / ー- ....___... -‐'''"ー┴-- .._
             ノ    `r 、三.    \: : : {    ヽ    ヽ             ̄ `''―- 、__
          ,.-‐''"     ,゙  \     \: :l     `ー、______)                     ̄ ー- .._
          /     ll:    |: : : : : :\      \ヽ、______./                           ` ー 、_
         ヘ    l|l      !: : : : : : : \     \: : : : : : :/                                 `ヽ
        | |    ,'ヽ    |: : : : : : : : ::\     \-‐''"                                  _/
        /  !   .,': : |    l: : : : : : : : : : :\     \                              __ -‐''"
          |   l: : :|    l_... -― ''" ̄ \    ヾ\                      _ -―'''"
          |   |: : :!    |  _______.\   ヾヾ\___________,. --― ''"
128 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:08:29.73 ID:T4bK.I.0
          ___、
      __、__ __ '「r ゙l  'lい 、
    '┬〈`「|!「丿 1 l′ `゙''′          .._.._          _.............._
     ゙'tト'' ぅ l 'l '1'-、     _l 、      ゙'lヽ、     ..r彡‐''〕'厂゙'く> 、
    '''| せ ∪ 」..-「 'ニ..r┘    〔 ゝ   、   ..┤│     1|` _/ 丿  } ゝ
     `'こ ニ/ `'''''l ∨Y      '、ゝ _」     `''′    {ヘノ ..‐′  〕 亅
   ......f'乙 ノブ゙_....r<'ゝ  ュ    ゙ゝ ̄ l            ⊥ィ'′   ノ ../
  "''''"´ 凵    ̄´ `ゞ'vノY     `ー┘                 ‐'゙゙"
      `′      `ゝ__〕
                ´
            ...._、         -r、_/'」`'、_
      」"゙'ェ  "゙1 │      '''ニニ、ノ「 ..┴⊂            ..lっ 、
     / と′ __/ −''┐       _ コ"'ゞゎ、        'l'' 、   ..ノ-'′
    ..(" ,"’,ア "ーャ j广′      'l 7く三' 丿        1 ヘ....-;ヒニ千‐⊂
    "匸‐''フ_ f广 __ ゞ     ____..> =-一‐┐    ーニニ、 l广   lュ--r彡′
     ア''彡/__,,とiモヤ‐y    `゙‐っ _丿|ゞト"'く ′      ヘ ヽ、   `""
   /.._..r' ン'’ `厂<ニ丿 /   ....⊂-''l ゙l゙| |{ 〕 j''- ニゝ、      弋 │
   ゙' 、/    `‐''ー-..U        >リ fゝノ    ̄        ゙┘
                         ヘ「

      ____               _                              /'、    _r‐ へ、
     ''、 )              /丿 __.............._       ┐   _........、       ゙〉 ,'    丿/´ `〉卜
      イ │ _、    ___     ノ /  ''冖''' ニニ''''′     /丿  -‐-/        ノ j′   ゙U  ./ ノ
   _..--「 二厂 ?-r=ニ-y │ ノ ン┐ --nU''┐T 〉      丿/              l 丿     `  レ′
   ゙ー''F ..二l 7 ゝヽ..-''´/   `" _l ,'  ヽ」' _/ ! l       「丿 、  L           {ノ       ノ´
     ゙ー.. ̄丿  └‐ー-′    〕 '、   ̄   l !     │し/   't>-- 、      ‐        、
   ヽ=ニニ‐'ゝ>           〈 イ   ..____〉│      ゝ l    `''ー--ニ     r'、      /1
                     ^′    `'く_丿      `’             凵       〈ノ
                             ̄                      ´
129 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:09:04.55 ID:T4bK.I.0
                                       ,,..:ァー-_
       _...._    ーt广゙┤                     _ 〕'  ゙ゝ、-―ー=ュ
       ニl‐  "│   ,,/ _/               +4辷辷ニ二--―┬ ヤ‐' ̄
      -r┴―-┘  〃 _jニ....----.. 、         ,,_ ,,  ̄ ̄│|l..__yノ '力ー
             :l{_  ̄  _,,-=┘           ゙l!゙t-..liエ’ .y「 丿  ..廴_
   ..ィ¬=_   、   ` ア _,j二              │|l ,,ノ゙ョ‐ ll!ョ匸;l工 ャ-こニ''ly_、
    ヽ、 丁  __l    ..r'´ _ ン广            j’ ユ ..ァ'l!|l ,'+二 |l    ゙゙̄′
     || 丿 ,,/┤   广 ェr´\ l  ||_           丿 |l’´  "l千-..廴 ]ll廴
     _lコ'´ y「__レyー'´_ニニ _こ厂 二 ゙̄‐ゝ__      丿 丿 |{'''L,,ユ -tj「 〕 │
    ,,j「jl_,〃 丿 广 _jニ]!  j「 |l  :厂゙゙"‐'ー广     丿 丿  '、 l''┬..l!ニ丿_j廴 _
    ゙1'' ̄  j′ ゙..二   ┴../  广         _〃_丿    )lニコ _rl┬j弋ノ゙゙
    ゙'、  丿     二"‐┬  '''''ゝ_       -┴''´    __ョj{ト''´l ..l千’‐―ャ 、_
     `ゝ_丿      "!゙゙゙゙’ _..r''ゝ、 了           __..r'll{│  '|l ヘ;冖"'ゝゞr手 ヽ、
      ゙゙´        ゝ、r‐′   ̄            匕r┘     "l辷ー―ー‐′ _│
                                   ̄       ´゙゙――――'"′

                  __
                 -l⌒゙┬
                  |l  │                __....--――-┬-= 、
       _       _y-―′ '‐'`ーァ         _   ー┴ー―‐" ̄⌒゙'l  ゙゙l
      ''厂゙┤     ´"''l-1  ォ―゙゙′         ゙l{ゝ'、 _ _--ーーッr  l′ 丿
       〕 |l      _r''´│ 廴ァー┐          |l |l ゙゙"ォ  _..r广  〕 :厂
   __   |l :,' ....--、 _r’ _-〕  l┘  _ノ          || 廴..rナ'' ゙七―'ゅ l │
   ヤ"'、'''广 _廴卜 |l '、 jl{ j′   _..廴_ _         l′r廴_,y┼ '厂 _l′l │
   l’ ..ムr┘ 二二 j'´_ 〕'"⌒  ゙゙゙゙" __ つ′       jF j′ゝ 工 _rt;广  │ │   、
  'キ_....一" ̄ >'´ iニ-Lr _j一' ̄ ̄         〃 j′  _丿 〃二'ー-t]!  ヽ  -'、
    ´          _丿 _r「__ ____         メ^_..l!'l匸ニニ ..--ー'"´│ __l'ゝ_ ゙ :l|゙'、
             _ノ'´_ノ'´  ゙゙゙'匸`ー-、     ー'―′  ゙゙ ̄´    ゙゙ ゙゙̄⌒ ゙ゝ `テ-/ ヤ
          ..-‐" ..r''´      ゙\  ゙ゝ 、                      ゙ぇ、  j′
         ‐''―''゙゙´          "ゝ_ "}                       ` ゙゙̄′
                         `゙゙′
130 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:09:33.82 ID:T4bK.I.0
                              ___
                          j_  ゙'||||ll'、
                        ...._||||llョョョllllllllllllllゎ
                         `゙゙゙''||||ョ||||l′_ ´
                        _____uョ||||llllllllllllゃ
                        "゙゙''''||||lll匸ニ厶_
                           ゞ||||l|ゞ||||~~
                         ,jl'、 ||||r |lllllL
                        _jlllll′jllllll `||||ll_
                        'llllll「  `〒  ゙||||llllllllョョ、
                         ´        ~~~~´
                           'l||||lllョ 、
                             ||||lllll′
                             ||||llll′ ___
                       :||||llllョュ_ lllllllll  ''||||ll'、
                       ゙||||llL ニ]lllllllllllu_jlllllllll′
                        ゙||||lllllllllll手千||||lllllll厂
                         "~~´      ~~’


                         uョョ 、'||||llll'、xllllョ 、
                        4||||勺L....j][ョョ、 jlllll廴
                        __jlll'、 ]||||||||廴||||lllllllサ
                      _u||||广 ||||l||||lll广゙゙゙||||、
                      '||||||||'、 ;jlll][||||l_ _||||l!
                        lllll′;||||lllll||||l ||||llllllニ
                       ..||||l  |||| |ll[||||l!デ゙゙'||||llョ、
                       ゙千  `′゙゙||||′    ゙゙千
131 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 23:15:30.61 ID:JvviaBko
終わりですかな。乙でありました。
根津甚八、というか翠星石がどうされるかと思うと……ちょっとトイレ行ってくる
132 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:19:39.92 ID:T4bK.I.0
 てなとこで、終了でアリマス。
お付き合い頂き、ありがとうございました。

 今回のネタである「魔風海峡」は荒山先生の第二作であり、
未だ荒山先生の中の柳生力(やぎゅう・ちから)が覚醒していない頃の作品なのですが、
その分、荒山先生の朝鮮力や特撮力がフルドライブしてる趣なので、
ちっともパワー不足に感じませんな。
というか、荒唐無稽度では十兵衛両断より上ですよ、これ。

 ちなみに、今回こいつをチョイスしたのは、
柳生ネタ以外の作品も紹介しておきたいなあ、というのと、
少し遅れたものの「へうげもの」での臨海君登場記念でアリマス。
や、指摘がありましたけど、当方も最初は臨海君に某芸能人を使おうと思ったのですが、
割とろくでもねーAA(下記参照)しかなかったので、
属性(正義のヒーロー/剣の達人/高貴な血筋/美形/人格者/カリスマ)などを持ち合わせてるのは、
ということで、今回のチョイスにした次第。

        ,.-ァ‐-、_                _,,,,,,,,,,,,_
      _,.-',ィ ァ ァ ニ≧ーヘ           /       \
    / ノ / //,ィ// ///,ィヽ        ノ  ノノハヽ\  ヽ
   r' ノ / /,//,ィ_ ///1ィノハ       ノ /''''''   '''''':::::::\ヽ
   ノ////ィ´〃 /ノ' 彡' |ヾ ハ      (  |=[二])=([二]、=::::| (
  ノ // 川/ノ-‐‐く ,.-┴.! ハ     ノ |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| )
  7 / 彡'_,r_,二`TニF二`L ,リ     (  |   `トェェェイ ' .:::::::| ゝ
  ┤  三ノ  ヽ 二ノ ヾ二.ノ!ハj      ノ  \  `ニニ´  .::::: /::(
  フ彡'ノ='    〃-:、 ,:- 、 ! ノ     ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
   イ ヾ-、   { i-rrrrrrrァ} }ノ     :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   ノハ、ーヽ  ヽヾ='='='/ /、         |  \/゙(__)\,|  i |
  _} ノヘ\ \_     ,ィ'ノ ト-、       >   ヽ. ハ  |   ||
       ↑これとか               ↑これとか

         /          \
       /              \
      /         |        │
      〃       / (       │
      〃     丿   (        ヾ ←こんなんしかなかったのです。
     (ノノノ ノ       \(人人))))ゞ
     ( (ノ /⌒\   /⌒\  ヾ(( 丿
       (│━(  / )━(  \ )━ /ノ
     6│  \_/   \_/  /9
    (ノ│     /  │      /
    (ノノ│   (○   ○)    /
     .ノ│           /人)) 
   (ノノノ│ ll\__    ノ    
       │ ヽ___/   ノ   
       │        /人)))) 
         \_____/
133 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 23:21:10.17 ID:JvviaBko
これは使えないwwwwww
134 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 23:22:28.72 ID:4kquLCMo
三番目、若い頃のビル・ゲイツ?
135 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 23:23:08.87 ID:fa/20rEo
新陰流の王子様は愛と正義の完璧超人だからなあ。
唯一の弱点は優しすぎて部下を切り捨てられないことだし。
136 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 23:23:17.02 ID:lx925Qwo
何ぞこれww
137 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:28:59.01 ID:T4bK.I.0
 ちなみに、この魔風海峡の特筆すべき点は、

       「正義の両班」

 であるところの「臨海君」が出てくるところにアリマス。
普通、荒山世界の韓人といえば、両班は北斗世界のモヒカンであり、
庶民や賎民はミスミ爺さんであり、要するに、

               /二二ニノ   ∧_ノヽ_ノヽ_ノ
                //´      ト、ノ
                 //        } ム あ い 生
        ,r/77くニニノ   __   く   シ り  ら き
        /{r==、ノ    /_r_,<>、  〉 ケ が れ て
      く/<} o {>  r、__{ `ハ¨ /}  ノ  ラ た る
       く/ o ゝ_r}ィ=ニ=-く__\  ど い だ
.      くレ´ ̄´ ーr ⌒ ,  ヽヽ/ く  も  と け
       { {_ ___、  /   ヽ廴ノ //  思
          ヽ__,,.rュ―ァ-イ⌒  }/ ) ・・   え
           {_L/^二二二ニ{ ⌒\     ハ    /
    両班→   }/ / ,  _ノ  }}     V⌒//⌒Y⌒
            | /j _}_r-=ニ廴___.   /厶___ くユユ
             ヾ,/, -r ´-=ニニヽ   \// ̄ ̄ ̄´
.               Y',',',',{ ニ=- ―ヽ―‐/厶____
           _rゝ',',',V//´   ー=ゝ∠-――― ´
            /´   ミ\',',V/´    -=ニ',   ___      /!
        r┴- 、_ イ.三>、/´  ー=ニ{    `二二    /|
       /´ ̄`ヽ ヽ} }} >´  ヽ , ―-、ヽ  ` ̄ ̄  //
       〉´ ̄ ゚ }ー厂´       Y /´ ̄>{   ___// /}
       〉-―‐゚/¨7        人V_/´_゚ゝ、` ̄ ̄ ̄_//
        (  _゚イ=/    _/{/ ___ ゝ、__゚ゝ、    ̄ ̄7/
      厂  。}}_/   /Zノ /彡彡^ ヽ} Z___゚ゝ、   ∠/ <77/7
      {__/7   /Y/,  {彡{{   ミ} /\_゚}}、       ∠/
.     /ー―'ニ{   ノ} {{ } 弋 、_Lィ /V\ ヽ―-
  r― ´    }ミ}  (二ニrmt≧-=‐'   ` ―-
                   ↑庶民
 
 こんな感じであり、本作においても基本はそうなのですが、
その分、この臨海君の異端っぷり(というか完璧超人っぷり)が浮き出て凄いことに。
この違和感は、実際に読んでみて感じて頂ければ実に重畳。
もォ凄いですからして。
138 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:48:19.04 ID:T4bK.I.0
 とりあえず、せっかくなのでamazonのリンクと、
魔風海峡用に作った高橋メソッドのリンクも張っておくですよ。
ご興味を持って頂ければ是非是非。

 【魔風海峡(単行本版)】
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396631839/qid=1146943551/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/249-1621634-7525964

 【魔風海峡(文庫版上下)】
  http://www.amazon.co.jp/%E9%AD%94%E9%A2%A8%E6%B5%B7%E5%B3%A1-%E4%B8%8A-%E7%A5%A5%E4%BC%9D%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%8D%92%E5%B1%B1-%E5%BE%B9/dp/4396331851/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1240756356&sr=1-2
  http://www.amazon.co.jp/%E9%AD%94%E9%A2%A8%E6%B5%B7%E5%B3%A1-%E4%B8%8B-%E7%A5%A5%E4%BC%9D%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%8D%92%E5%B1%B1-%E5%BE%B9/dp/439633186X/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1240756356&sr=1-3

 【魔風海峡」紹介(高橋メソッド)】
  http://www.geocities.jp/k_hisane/mafuu.html


 あと、余談ですが、今回は意図して女性キャラ率を上げてみました。
ちょうど7人だったので、どっちかをローゼンにするのは決めてたのですけど、
相手側どうすんべ、というところで、まあ、臨海君がセイバーだし、
他のFateの使うか、というのはありましたが。

 まあ、なんか意味あったのか、と言われると微妙ですけど。
萌えるんじゃろか…?

 てなわけで、また気が向いたらやる所存。
よろしゅうですー。
139 :やる夫で紹介する荒山徹 『魔風海峡』 [saga]:2009/04/26(日) 23:49:33.37 ID:T4bK.I.0
【魔風海峡・登場キャラ】
真田幸村    : やる夫
猿飛佐助    : 真紅(ローゼンメイデン)
海野六郎    : 水銀燈(ローゼンメイデン)
百合鎌之助  : 雛苺(ローゼンメイデン)
霧隠才蔵    : 金糸雀(ローゼンメイデン)
筧十蔵      : 翠星石(ローゼンメイデン)
望月小六郎  : 雪華綺晶(ローゼンメイデン)
根津甚八    : 蒼星石(ローゼンメイデン)

臨海君      : セイバー(Fate)
蚩尤旗      : アーチャー(Fate)
紫微宮卿    : ライダー(Fate)
天暁一輝    : イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(Fate)
伽耶夫人    : キャスター(Fate)
沙梁部曇厳  : ランサー(Fate)
紗羅骨笏覩  : アサシン(Fate)
棺靼帝      : 真・アサシン(Fate)

服部半蔵    : やらない夫
石田三成    : ルイズ(以下略)(ゼロの使い魔)
風魔隠形鬼  : 桂言葉(スクールデイズ)
根来道臣斎  : 西園寺世界(スクールデイス)
徳川家康    : ファーザー(神聖モテモテ王国)
本多正信    : オンナスキー(神聖モテモテ王国)
南光坊天海  : トーマス(神聖モテモテ王国)

檀月     .....: カレン・オルテンシア(Fate)
"海中王"    : イスカンダル(Fate)
大武仏     : バーサーカー(Fate)
140 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 23:56:08.12 ID:lx925Qwo
乙でした。

大仏は、あのインパクトをあらわすために、
3段ぶちぬきくらいでもよかった気がする。
一瞬、何の本を読んでるのかわからなくなったもの。
141 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/26(日) 23:59:38.57 ID:KSiIXbIo
乙乙ww
142 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 00:00:55.99 ID:926VR7so
乙ですた〜

色々とすげぇなぁwwww
143 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 00:02:15.21 ID:e0hUAI.o
乙です

やぎゅうちからwwwwww
144 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 00:27:41.40 ID:s9t69Hw0
俺の「G・ガランが出てくる時代小説」と言う理解でおおむね間違ってないから困る。
145 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 01:35:43.18 ID:s.jVKkgo
乙でした
噂には聞いていましたが、ここまでとは…ww

次も楽しみにしてます
146 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 01:53:47.32 ID:MmfkY0Qo
乙でありんす〜

いやぁ、荒山先生すげえ!
もう読んでいて、これって本当に伝奇なんだろうか?そもそも伝奇ってなんだっけ?
とか考え込んじゃいましたよwwww
147 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 07:30:12.72 ID:kYYvxrko
乙 いいな〜これwwwwwwww
148 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 19:16:35.59 ID:D/coPMwo


このキャスティングだと蒼の子がくさった死体の群れに・・・・

ふぅ・・・・
149 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 22:08:49.82 ID:l8DXq/so
こんにちは。はてな荒山徹グループが出来たのでご紹介します。
http://arayamatooru.g.hatena.ne.jp/
はてな荒山徹グループを使うと、長期的に見てGoogle検索に引っかかる可能性が上がるかも知れません。
はてなIDをお持ちの方や、これからはてなIDを持とうという荒山ファンの方はどうぞお使い下さい。

やる夫十兵衛両断まとめ
http://arayamatooru.g.hatena.ne.jp/a-kubota/20090101/1201171001
やる夫魔風海峡まとめ
http://arayamatooru.g.hatena.ne.jp/a-kubota/20090101/1201171002
150 :1 [saga]:2009/05/08(金) 22:07:42.17 ID:iW00O9Y0
 どもどもです。
今週は会社の研修のため、柳生の方の更新は無理ゲでありますが、
その分、うまいこといけばこっちなら更新できるかもでアリマス。

 なので、もし間に合えば、
日曜の夜21時を目処に投下を開始したくー。
よろしゅうです。
151 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/08(金) 22:08:19.97 ID:dNWuXyQo
おっけーい
152 :1 [saga]:2009/05/10(日) 21:02:44.84 ID:TcgyDwI0
 申し訳ない。
もうちょいだけ掛かります。
9時半を目処にしたくー。
153 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 21:08:37.60 ID:yPxZ/aoo
りょうかーい b
154 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 21:09:08.93 ID:2AstTmMo
りょーかい
155 :1 [saga]:2009/05/10(日) 21:35:05.37 ID:TcgyDwI0
 そろそろ始めます。
一応、柳生スレにもリンクだけ貼ってくるので、少々お待ちをば。

 あと、次から始めますので、
本編では名前欄にタイトル入れるですよー。
よろしゅうです。
156 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 21:39:35.01 ID:yPxZ/aoo
今日はなにかなー?
157 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 21:41:53.25 ID:TcgyDwI0
 時は寛永元年(1624)十二月、物語はここから始まる──


ヾ;;;ヾ;;;;; ;/_/ヽ;;;;ゝ;;;;; ヾ;;;;''"   ゝ ;;;;ヽ;;;;;;ヾ;;;;;;;;ゝ;;ゞ ;ヽ、、、ヾ
ヾヾ;;ヾ /_/ヽ;;;;ゝ                 ;;;;;;ゝゞ ;ヽ、、、ヾ
ヽ;;;ヾヽ/ /;;; ;;  「はあっ、はあっ、はあっ…!」   ゝゞ ;ヽヾ;;;;
;;;;ヽ|ll/_,/ヾ:::ヽ 「母上ッ!あと少し!あと少しです!  ゞ;|_,|、_,|
;;|_|;;;/ ./,i :::ヽiヾ;                     :;;;|_|_‖|_,|、_,|
:;|_|/.,,/,|_,| ||iil;;;;ヽヾヾ,|,|‖::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ''"\\:::|_|_‖|_,|、_,|
::|/ /、,|_,|l|||_|;;;; ヾヽ;;|_|‖:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ;;;ヽ_>|_|_‖|_,|、_,|
,,'___/;;;::|_,|;|||_| ゞゝ;;;;;||_| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ". ||;;ヽ_> l_ |_,|、_,|
  /||;; l|_.|;|||_|||;; l|_|;|||_|,;::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ,,|| |-|ヽ_> |_,|、_,|
__/;;||;; l|_,|;|||_|||;; l|_|;|||_| :::::::::;;;     :::::::::::,,; ;||;;|-|;;|ヽ_> ,|、_,|
,/ : ||;; l|_,|;|||_|||;; l|_|;|;;''"    ;;  ;;       .'"',| ,|;;|-|ヽ_>、_|
|: ||;; l|_,l;;''"          ;; .;;;;         "'''=,,...ヽ_>
;;''"'''"""               ;;;;   
                    .;;;   
                    ;;
 '"'''"'"'''"' '"'''"                  ' '"'''"' "'''"


 雪の街道をひた走る二つの影──
158 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 21:42:40.61 ID:2AstTmMo
キタキター
159 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 21:43:23.19 ID:GpS05Joo
また荒山ww
160 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 21:44:20.79 ID:TcgyDwI0


 ヽ人_从人__从_人__从人
 <             く
  )   待てッ!   (
 ノ             キ
 Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒YW

             ヽ人_从人__从_人__从人
             <             く
              ) 行かさぬぞッ!!(
             ノ             キ
             Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒YW



 更に、その2つの影を追う別の影が──
161 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 21:46:06.29 ID:TcgyDwI0

 ──そして場面は変わる。


    ̄`'―-  (≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡丿ヾ,,,
ー-- 、   ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;ヽ、,,,,
     ̄''/''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''ミ '''''''''''''''''''''''\,,,,,
     /" " " " """ "" """" "゛""" "" """""ミ ゛゛゛ """ ""゛"゛\
     (,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ミ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,)
    、___________________. /_//_//_//
     |緑|ノ-ノ‐ノ-ノ‐ノー|i!|ヽ-ヽ-ヽ-ヽ-ヽ-|,,__,,,,/_//_//_// !!
     |屋| .   |        |!i|           .|| ミ'jコ'ミ.| |┏┯┳┯┓|  ||
     |_| .   |        |!i|   _____    ||,_, _ _ _| |┠┼╂┼┨|  ||/
      |i!|   |   __ |!i|  \    \ .|      |┠┼╂┼┨|/||
      |i!|   | /.   / |!i|  ‖\   \     |┗┷┻┷┛|  ||
      |i!|  //   /ll..|i!|      \__ _\.    | i!i!i!i! i!i!i!i!i |  |/
      |i!|/ ‖ ̄ ̄l|.  |!i|      ‖   ‖   | i!i!i!i! i!i!i!i!i |/


 雪の降る相州鎌倉、円覚寺前の小さな茶店。
そこに佇む旅装の二人…。
162 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 21:49:02.69 ID:TcgyDwI0
      (^^^)
      |=|
      \/ ̄ ̄ ̄\
       /        |
      |    (・)(・) |
   ◇ 、|      ●   | /ヽ  そして、あれが有名な松ヶ岡東慶寺。
     >/|  ______, / ゝ_ノ    …俗にいう駆込寺、縁切寺ナリよ姫様。
     `^ヽヽ_\___ノ/ //  
 (⌒)二二)) ̄ ̄ ̄ ))/
   ̄   |   O O |
       |______,|\
      /    Y   \◇
      └----‐'ー---┘

         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::!
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|   縁切寺、ね。
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!    聞いたことはあるわ。
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、
  / /   l  L二// l ! l\ \ ...:':;: -‐‐‐ '´   `、ヽ
/  i    丿  //  ,,.l l- l ヽ/ ::::/         ∧ i
    l/ /   く/ ヽ/ l l  |  ! ::::|         / l !

 旅装の片割れ、老武芸者の言葉に応じるは、
真っ赤に熟した野苺を、指先でぎゅっと潰したような甘い声──
163 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 21:50:42.57 ID:TcgyDwI0
            _. .,、 .、
            i!、/'!'レZ゙l
         ゙'/'''!レ゙‐'
         │ | ._,,,..............,,,,、
             !..-'~゛ .、  、.   \
        /    .,r \i l'/''、  \      そして、この東慶寺の今の主は豊臣の姫、涼姫こと天秀尼ナリよ。
       /      ./   ゙l゙   !   .ヽ    数奇と言う他なりナリね。
      /         |  _,,/_  |    l
      /       `、 ...ノ ~' i '"     !         ,,,、
      |           ゙'- ′     .!   ._,,_  .,-',゙ヽl
      .!           _........ 、     / _./  `'ヽ /
      ゝ      ._,x;;´    ヽ   ./ | l     .|
       ヽ_.   ./   `''-,  │ / _..|  l     /
       iノ\ `────‐┴‐'´ l'|"、-'゙! ヽ'r‐'"
       `';; ー〔゙r‐ __、───‐/ニ、|/´ /´ヽ‐゙
          / ./ l /''''''''''''ヽ    l, _,/ /


      | li i ハ   〈        .ノイ i|  l  i l|     …城、というわけね。
      | li l、. \ ー一   / ! il| |  l  l ハ    なるほど、流石は豊太閤の孫娘、大したものだわ。
      | il lハ  l| l\   /  ├ ォ iト.    /∧
      | il l ! li! ! irー´    ノ  i ∨     // ヽ
      | li l ! l|_|_,ィ| <ー‐‐ ´   /    //   ',
      | リ,. ´ ̄  ヾ  ∧ . ' /  __ _.ォ /`ヽ、  ',
.       ノ/    ,    o//o  / r '´ / ./ ,. -- \ ',
.      /ハ  \ / <>===, ァ===<> 〈__  レ'´ , ' i    } ヽ
    // ∧   ノ     //    乂  `) , '   !   |  ヽ
    〈〈   V/     //      /イ´  /    ',.   |   li
    ヾヽ /     「フ        ,' /  、  ' ,  |   i|

 纏うは白絹大振袖に、猩々緋も鮮やかな羅紗の陣羽織。
それに真紅の皮袴──
164 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 21:51:15.91 ID:QL4l6bwo
薔薇剣かー。ちょい薄味だけど、徹の宝塚好きっぷりが出ていて悪くない作品だと思う。
165 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 21:53:02.99 ID:TcgyDwI0
          (|li||il||)
          `|ニ|゛
      , -‐‐‐‐-、|  て
    , '´, '''`v'‐-、  \ そ
   , '  i OiO  |   ヽ     城?
   ,'   ヽ〇`、,ノ  .u  !    まさか、大坂の残党の拠点にするためナリか!?
   i  (_          .|
   .i  ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
   ヽ  i , ‐'""゛`|  ./
     ヽ、`‐‐----',,/
        ̄ ̄ ̄


    | i / / ハ               ,トイi  |   |     違うわ。
    | i / /   、  '         ./ | i l   l  i i    城はね、女にこそ必要なのよ。
    |〃    i   `  .    ─     / .| i l   |  i i    男にそれがわからぬ限り、女には永遠に城がいる…。
    |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
    / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l     その天秀尼も、時に16歳だそうね。
    / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.   一度、お目に掛かってみたくもあるんだけど。
   {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l    丶
  .ノ  j/     |:::::::::{ L ノノ/77ヾ、     //::::l  ` ‐--‐ \
//i /    |:::::::::ト-- ´イ{{ }}\ヾニニ ∠:::::::ゝ --──-  \

 深編笠で顔は見えぬものの、明らかに女であった──
166 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 21:56:57.93 ID:TcgyDwI0
             i^:^:^j  
       , -‐- 、 `f=i"  
     /`i    ヽ ノ-ノ
   〇゙、O '      ヽ,' 、     姫様には無縁の場所ナリよ。
.    i          i        でも、もう姫様も二十三…。
    j          / , -''i`j
   ヽ--‐‐'´    ,i`ヽ',´,‐ '´    いい加減、考えてもいい頃ナリよ?
     \__,, ‥',, i、_j"
. ,.‐ 、‐.iニi), - '´, ‐ ' l)、iヽ,- 、
.i   j'´‐'', ‐''´   j  i '  i
..ゝ ' , -, '‐"''''、'''',''' "‐ 、 、, ノ
.゙`◎ (    j (    )
    `"''''''"  `"'''"´

.         |!: | :|:!.    ,    u ,ニ.イ i:| :::.,' : .:|     /〉
        ハ: | /i:\.  ャー-、   / |::ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7
         / :| レァ:、_ >、ー ',. イ ,ノ7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、    またそれ?
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ   私より強い男がいれば、いつでも良いって言ってるでしょ?
       / /  〈       !   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::| ..:::  o:i^!..  ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ     「…江戸は大和より広いナリよ」
    _,/      :. :.|..::  <ヽノ/ o ̄ | :  /    ____〉 厂L __ _,人
.  /        ;、_/    //ヽニ>   |...: | ./   } | :|   〉  〉
  \     __/::/     ://     __r' . :_丿/    {  | :|  :/  /
   |ヽ ー '´ {./     :`′   /:r一'´  /      ヽ,j | .'  /
   | :.   .:.:.{:... . . .:. :    ヽ{     く         /  :|    /

 しかし、腰に落とした大小は、朱鞘の拵えの業物──
167 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 21:58:00.45 ID:qxt3SN6o
この姉なら俺もダメになるわ(*´Д`)
168 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 21:59:38.18 ID:TcgyDwI0
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::!      …!
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!      なーるほど…。
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l     お父様がお前を使者に遣わせて、
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l     私を江戸に呼び寄せたのは、そういうわけね。
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、     で、どこの誰なの?
  / /   l  L二// l ! l\ \ ...:':;: -‐‐‐ '´   `、ヽ   私の相手とやらは。
/  i    丿  //  ,,.l l- l ヽ/ ::::/         ∧ i
    l/ /   く/ ヽ/ l l  |  ! ::::|         / l !

                    、
                iヘ..ミ!、}:"..ヽ
                  |〃::/V│゛,ノ
                ゙'゙‐'┼ー广
              __,,,,,,,,__, │´ |
       ,,..-'"´   _     `゙゙''ゝ、、
       /   ,..-\l l._,/、,     .`'-,
     /    /     |/_  ゙l       . ヽ      ワ、ワガハイはちっとも知らないナリ…!
    /     l゙  (`l/ ,i   | u      l     知らないナリよ!
   i′     .!、 .....,,.l`'′... /        l
  |       .l゙ .‐,! ゙  ..      u   :|      「ふぅ〜ん。
  .}   __.   .`゙´      u       :|       …じゃ、大和に帰ろっと」
  !   ヽ_._, _____,,,,,,,,,,,,,,,,,__            |
  l,    ヽ            `''、       /      姫様!
   ヽ    l,          ヽ     /
    ヽ.   l   .,.. ー''" ̄ ゙̄''''}    ./
      \   ...,_:'゛       ,、゙   ,./
     ,, i!.. ..,,, ̄'''''''''''''''''"_,,,,- l,

 「姫」と呼ばれるこの女は、一体何者か──?
169 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:01:40.82 ID:TcgyDwI0
 そして、立ち上がった女が、元来た道を戻ろうとした時…。


/  /    / /  /  |  i : ;ヽ        :       i /  |   ! !
 //    / // i  |  /; : ; ハ      . ;       /   i   | |    ……!?
//  / /  / / i   | i : ; : ; : ヽ.     `'      , '/  /   | i
 , , '  //  / /  i!   i | ; : ; : ;/´}\   ‐ ‐-一  /, ' , /  /  ! i
: i    //  // /!  /| i ,.-‐ ┘ ',j \     /,i , ' / /   |ノ
:.|   // //  -‐サ ̄ i ', 〈  、  ヽ、 `  -‐'´/, ´  /   /レ
   / i/  /; ; ;//i; ;.| :', ヽ、`   /ヘ} {ヘ  ̄/, ' /
  /  / Y; ; ; ; ;; ; ; ; ; ; i  ':,  \  /√ 勹ハ´


          (|li||il||)  
          `|ニ|゛
      , -‐‐‐‐-、|
    , '´, ''''Y'''` 、  \  
   , '  i OiO  |   ヽ 
   ,'   ヽ〇`、,ノ u.   !  どうしたナリか?
   i  (_          .|    姫様?
   .i  ヽ ̄ ̄ ̄`ヽ   / 
   ヽ_;;"゛゙:;; ‐'""゛`|  ./  
   i´ ``i:;; ‐----',,/
  /`‐-‐'." ̄


 急に立ち止まり、前を見つめた。
その視点の先には…?
170 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 22:02:55.65 ID:aUQVapk0
姉スキーな俺がシスコン十兵衛が出てくる本と聞いて
姉萌えな本を期待してwwktkして買った本ですね……
171 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:03:20.69 ID:TcgyDwI0
 その視点の先にあるのは、必死の形相で駆けるふたつの姿。
片方は五十ほどの女、もう片方は若き武士…。
                      __
               ___ ,.. イ´  `' .,,_
            ,.ィ´              ̄ ̄ヽ、
          /, '':; , '",.     /    /|    ヽ
         //    /  / / ヘ / ,i     ヽ
       //     //  / /''.,.レ// ii     ヽ
      // , '     /  / /    ゙`' ;l  i     ヽ
       i /      // 〃  、      i     l   i
       イ  /⌒V/__/i //r.,___ \     i  ,'  ,  i i  |
       レイ l   iji /  ̄ ̄i ( ソ`' ,\   i  /  ii  i i  |    母上!あとわずかでございますぞっ!
        i  | si        ヽー .,  ' '  / /i  /i  i i   !   ここは私が…!!
          i  〉、!       `‐ .,   ノ / | / | i i i |
          ! /  :;            ̄  ヽ,rァ‐zT // / i
        i;/   ,       r 、    ; ヽ`゙ ' /ノノ   /
          /  :  ',     /   \ ノ  ヽ_, 〃 /レ
       /   :,   ',   {     __,>   /
    厂 ̄ ̄`'‐-_  ヽ  ヽ    /   /     
  __,ノ        `'‐., ヽ   `一'´ _, ‐'´
    ̄ ̄i        /7'ー-‐‐''´
       丶、     // `Y
          、   ,','   /
           ` , i!i!  i
                   __________
                 ,r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、
               _,/;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`、
              i;;;;:::::;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`,、
.              i;;;::::;;''!i:::;r'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/
               i,_Y'ム'';';;r‐''''´;;;;;;;;;;;;/    
               ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、    ああっ、宗三郎っ…!
.              i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、
               i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
            i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i
          r"',;,;,:.;,;,;,;,:.:.';,;.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:,!

 そして、若者がその場に立ち止まり、
そして、女は足を止めぬまま、こちらへ懸命に駆けてくる──!
172 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 22:04:44.81 ID:QL4l6bwo
>>170
あの結末には「あねうえーっ! あ(ry」って感じにシスコンの魂を折ってしまいますよね。
173 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:05:56.92 ID:TcgyDwI0
          _,,,....-::::,,..-;:'
     _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
     _,.-'^ "              ̄=.、".
     -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
   >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
  :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
 /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
 /〆"           \       `i       丶
                 丶      |i     +   +
                  ミ     .ミ
                  |     |l    /  +
                   .i|    |i      ´
                   .i|    |i  ゞ
                  i|    |i  ´`  +
                 j|    ,/  '  /
                 .i|   ,/;:";:|;,/×
                i|   ,/";:`, 、 丶
            \  i|  ,/`,;:ノ`,
               .j|  /;`,;:+
               / ./+``
              ././  ,'
            /"`;丶
           / `,
          '
       /    ゞ
174 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:08:12.12 ID:TcgyDwI0
 そして、「姫」の前まで来た女は、必死の形相で──

        _,r-.,,__
     ,r'"::::::;ri:: ̄''‐-.,,__
    ,r'’::::::ヾ'’ `'''7::::::::::::::`.、
    `、:::::::::::`! ,r‐‐'’::::::::::::::::`、
     <;r'´;::::::`'::::::::::::::::::::::::、:::::ヽ
    /::::/:::::::::::::::::::::::、::::::::::`、:::::`i
    'ー'7ヾ、:::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;r-l;;r‐’   東慶寺、東慶寺はどちらでございまするっ!?
      ! u ̄ ̄''''''''''′ | !::::::`、
    ,r'i       u  ! !::::::::::;>
    `ヾl` 、 `ロ     ! .,!_;r'''´
      ヽ !、`ー┬--r''''7 人
     l ̄`:.:`ヾ;;ヾ'i';r‐レ':.:.::`.、
     _>:.:.:.:.:.:.:.(___):.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     ヾ、:.:.:.:.:.;r'ヽ:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       ! ̄''7:.:.:.ヽ!`''''lヾ、;,;,;,/
        !:::::/:!.:.:.:.:.:゚:.:.:.:ヾ:::::::`、
       !::::!:::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、::::::`、
      !:::l:;/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ト、::::`.、
      ヾl’ !_;i:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:_Y´``ー‐‐`
          X’`ー''''´ー`

 助けを乞うでもなく、ただ東慶寺への道を問うた。
その形相は、苦悶の色を張り付かせつつも、目は闘志が溢れ出んばかり──
175 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 22:08:55.44 ID:I3WJWDoo
>>170
姉萌え人は買っちゃだめなのか。残念。
176 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:10:05.81 ID:TcgyDwI0
 すう、と「姫」の右手が水平に上がり、ある方向を指差した。

               〃  .:/ .::! l        ,        ヾY /,ミ:7ー-‐'⌒
               /  .:::/ .:::::ぃ      _        , ‐/::::   ,
            / / ゙̄V  .:::::/:::ヘ           ,ノr‐!::::    i:     ご婦人…行きゃれ。
            , ー1  亅 .:::::/::::i::::ヽ         /_,.-':i:::::   i:.
          , ‐'´i   、 _,h:::::/::::::i:r:/ \   _,, -‐'´::「::::::i::|::::: ::.  !::
        /   l    !  tー- ._rv′`ー- 二_´ /:::::/:::i|:::::::i::|::::: i:..  i:::
.      〈 ',  !   li′ \_:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.::.:: ̄::〉:::i::::::i!:::::::!:l:::::::. l:::..  、
      ハ ヽ  i  リヽ.    `i:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.::.:イ:::::l:::::::l::::::::i::!:::::::..l:::::.
        {. ヽ__ゝ-‐`=-‐'`ー一':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ::.::.::.::!`ー―:--、:!ヽ:::::::.l::::::.

                   __________
                 ,r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、
               _,/;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`、
              i;;;;:::::;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`,、
.              i;;;::::;;''!i:::;r'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/
               i,_Y'ム'';';;r‐''''´;;;;;;;;;;;;/    
               ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、    かたじけのうございまする!
.              i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、
               i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
            i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i
          r"',;,;,:.;,;,;,;,:.:.';,;.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:,!

 そして女は、縺れる足でその指指された方向を目指した。
その指先にあるのは──。
177 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:12:11.63 ID:TcgyDwI0
';'.;'.';:,':;.ヽ..  f;';:': r';.';:;'.',';';、                   ,f;;ヘ,
.';.,':';:.';',:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;メ                   ,k;i;ゞ;;t .........:::::
':';.;';:;'.:,'.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;        l!      .......... j;ゞ;;ヘ;;ヾk :::::::: ,.,
;':';',:;';':. ;':'.;'、:';';f;.;':,;';.;...:';:;'.:;;冫      }{ ......:::::::::::.:.:.:.:. : ,i';f;ゞ;ヘ;ゞ;ヾ :´::::::
;';':';. .';:;'.;'.';':'};; ゞ;.;':';'.';',;:'.':' .;′  ........::::: {:} :.:.: : : : : :  ,. ,t;'ゞソ;y;ゞ;;ヘ;ゞ :::::::
;':';'.';:,';.;';.:';;'f;、;.'、;:;',':';.,' ,.,:':';"..::::::::::.:.:.:. : {ニ} : : : : .,..::´: 'K;ゞ;;ゞ;ィ;;;Y;ゞ;{, ::.::.:
;';.;';':':.;';:;.;';i;';:;`i;.;ゞ:;:;';;.';:;';';″:.: : : : _.. ‐'' ̄ヽヽ、 ´::::::::::: `,;`ニ;メ;;ゞ;;f;ゞ;;k :.::.:
;:;';:;';.;';.:';k';:;':';.;:i';!゙i:i`l:l|"':: ,__..__-‐____`_、,`__、__, 〃;;ヾ;;ゞ;;ヾ;;ッ';ゞ;メ, :.:
`:;';:l〃";';:;';:;';:ソ' :.l!l、|:l|、、  ̄`.ヾ、=ヾ=ヾ= Y=7'´ ̄.: ,ソ;y;ゞ;_;;メ;;~_;ゞ;;ゞ;y、
: :. 'lil't;、;:';';';イl:. :.´:.:.ll:|::.:.`丶.´:::::: |冂l冂l冂|[[l| ::.::.::.:: ゞ;k';_;lィ;'ニ';ハ;Y;;ゞ;"イ
:. :. lil:l.l´l:i` ;l!l;.:.:. :.:.:|l:|:. :.゙:.:.:..` ,[l盂盂盂盂l]莖l]、::.::.::.: ;t~;;ゞ;;y;.ヾi;,ヾ';iゞj'.
: :. :lll:'':.:,l:l;,:.:~゙:.:. :. :.;ll:|:. ,_._-_'______ヽ、,.__`_、_, メ;t;ゞ;_;tイ;~ゞt;;"Y :
:.゙:.:.lil:.. :.~:.゙:. :. :.゙:. :..'^::. :.:.  ̄`ヾ、==ヾ==ヾ=Y'=7'´ ̄: ,ゞ''ッ~,;;t;ゞゞ;;ヘ;i;k' :::
:. ゙:,jll、:. :. ゙ :. . :.`:. ゛:. :. :.゙:. :. :. :. |冂冂冂冂|[[l|``::.、 kY,;;ソ;;yゞ;;ヾ;ゞ;;ゞ゙.::.:
: :. ゙:~:. ゙:. :.`: :. :.゛:. :.゛:. :.`:. :.゛ ,[「盂盂盂盂l]莖l]、 ゙:.: ~ゞ;;ソ;ィ;j;t;';メ'  ..::.::.:
,t'ゞk'tyメ,,゙_ ゙:.゛:.゙:.`:.゙:.゛: ,_._-_'_______ヽ、,__`_、__, :..`~'i':il`i′```'':;..,
YゞKゞメヾ`ゞ、,,、 ゛: ゙:`:.゙:.  ̄`ヾ==ヾ===ヾ=Y '=7'´ ̄ .. `:.: |l:ii!;| ゙: ゛: `:.゙:.:
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,, ゙:. 僉 :. |l冂「丁 |冂l|[[[l| :.゙:.^:.`:.`:.: |i:il!;l;t,:y、,_ ゙:.゙:
ゞt;ゞ〃ゞヘY〆ゞヘゞヾメt' 幵 }}王王l]⊥[l王王{{王{ ゙:.`:. ,rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、:.
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",_,l_|,__.|_l/i!7三7' ̄,,l_冂,「,.,, ,_ ,t'ッ';;'メ;y;ヘゞ;;ヾ;ゞ; _,
;;、 `'|{'"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;f三三/三三三f;´;.'.:",:゙.;",:´.; ゙ゞkゞil´;i:.|ゞzゞゞ′;
.;".: ;{i!,fr'ゞt;、, :. :, ':.`,;`.;f三三/i!三三‐f:'";、^.:",:、;´,:゙.,:fi!",:`.|i:}:li;|:",:´.:",:".;
;.. ,t',ゞゞ;;ゞ`;;k',,、 ;.`:.":;f三三/三三三f;"^.:".;`.:゙,:"fi!:^;|i|:`.:"|l:l:i!;|:^.:",:´,:´,:
:. ,,``^Y;ィゞヾヘゞ' ,.゙;.`;f三三/i!三三‐f,`.;.'^.;.".;`,;´:|i|",;|i|´.;":|i.i:l!;|.:´;".:`.;".:
`;.`:.':, |!i}:.`:. ';.`;..`:. ;f三三/三三三f;,゙,:".:'";、^,:";´|i|.; '|i|.:´'"|i:!:}!|;^.:".;",:`,;
;.`:.`,;/'/;.`:,^:.`:゙;、`;f三三/i!三三‐f;`,:';゙.;´,:、",:`.;":|i|´.;|i|",:":|i:.:l!;|:`.:",:`,;".;
ュ;;`.:`"~:.";.'.:゙,:".`.;f三三/三三三f;.'、,.,:',:".;゙,:".:'".、:|i|^,:|i|".:´,|i;i:l!;|:",;´.;".;´.;
三ュ;,".:`:'_.:"_^.;";f三三/i!三三‐f;、,.:".,.:゛, :", ,:`,. .:'|i|.;´|i|;`,:´|l;l:i!;|.;".:´.;゙.;.`,:
ヾ三k;;゙;<ニニニ>;f三三/三三三f;´;.:rー、",:゙.:i''T!:".:´|i|;`:|i|`:.´,iリ;!、!l、;",:゙,:",:´;
w;;ヾ三ュ;‖‖;f三三 |! 三三‐f;`.;;rゞ='ュ",:」_」l_ :",:|i|,":|i|,、´'~';^`,`,`.;",:´.;":
~^~^~ ̄^~^~ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄~^~^¨''└ー'┘‐-~、:.;,~;,:__.:".;.:´.:`.,:".:;´,:",:
                                   ̄``^''‐'-:、.;".;

 ──女人保護を謳いし鎌倉・東慶寺。
178 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:14:25.10 ID:TcgyDwI0
 そして、女の通り過ぎた後、石段の前で佇む「姫」に向かい、
血刀を片手に、先刻の武士達が踊りかかる!

           f三ミミミミミミュ
          , - く    |lll!l|||!lllll|` 丶、
         /ミミミミミ、_             ,リjヽ
       lミミミミ '´           彡彡
        lミミミミ               ´彡l
      lミミミミ              彡|
       |ミミミミ ヽ、    ノ i     ,  彡|
    f`〈ミミ'´.zョョy、` ‐く  〉-‐ '´,..、´ ミ|      うぬっ、邪魔をするかッ!?
   i  |ゞ ミ'´  y'´r.ッヾ=yノ,! i zョョ=<` ||-、
   ` ‐〉r:ミ    `‐--‐' ゞ .ヲ 〈 .ワ..ノ´ |リ  ,
      lミミ     ´ '´:  . :l::ヽ、._ ,´   |ソ-‐'´
   ,ィ' l ミ .::.       r 、: :: 、::       /ト、
  /l | `ヽ丶::.      ,ゝ‐、_., ┘    //  ヽ
/ '´! ヽ::: ヽ.::::.    /   .:: ::  ヽ   /'´
'´     ヽ ::l:::::..   :  _,...、,...、  〉 .:/
│     \ ::l:::::   r' 亡二__フ‐  ..::/ 、
│     \\   、::..::::::::::::...:::::::::/l   ` 丶、
 l       \`ヽ、`´ ̄::`::::'::´:/ l      \
  l       \ ` ー -- - イ   l

ミミミミ三:.;:;,:.:.:...      .:,!
ミミシ'ー=:.:.:.;:;:;:;:;:,.,.,.,.,   ...:.:f
ミ:.:.:.:.:.:__,,z=、、__,、':':'  ',、_,,〉
ミ、:.:.:.,;:;':.:.. ``ー-;ツ::.  ,ィ'-''7゙
ソ:.:.:.:.:.:.-、‐z。ェァ:.,':.:: ,rェ。z′
':.:.:.:   ::;:;:;:;:;:;:;:'.:.:.:: ,!;:;:;::'l    そこ退けいッ!!
、:.:.:.:.       ':;:;:.:.:.:: l!゙'''"i!  
::丶:.:.:.:..    .:::,;;;:' ヽ ,ノ  
、::::::ヽ,:.:.:.  ,::.:(_r、';,ノ/´  
、:.:.:.:.:;:;,.:.:  ' ':.;:;:ij:!, /    
;;l:.:.:.:.:.;:;.:  ,_,_r=ニオ/    
;ヽ:.:.:.:.:;:;:.: '^丶=ラ/     
:.:.:`ヽ、:.;:;:, ':.:.:.:.:.:.:ソ
丶、;:;:;:\':;:;,    {
:::::::\ ;:;:;\':;.:.:.:.:.:ノ
179 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:16:19.11 ID:TcgyDwI0
                        `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                            `r      r'
                            )     (
                          , '´⌒`Y´⌒` 、  
                             , 
            `          
             \ ,,_人、ノヽ  
              )ヽ    (  
           - <       >
              )     て
             /^⌒`Y´^\
180 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:17:34.57 ID:TcgyDwI0
 しかし、瞬時の後、地面に這ったのは、二人の武士であった。
しかも、「姫」が手に持つは、腰の大小ではなく、別に持っていた乗馬鞭…。

         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::!
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|    …………。
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、
  / /   l  L二// l ! l\ \ ...:':;: -‐‐‐ '´   `、ヽ
/  i    丿  //  ,,.l l- l ヽ/ ::::/         ∧ i
    l/ /   く/ ヽ/ l l  |  ! ::::|         / l !

         ,. -iiメlリリリlli一- 、   
       ィ´    ゛゛'""'"'      ヽ,、 
      〃i|               }ll|i゙ッ    
      〃ill|                リl|lli゙ッ    
      ,ミミトiト、   u.           ノ}iイミミ,  
   i´、Yミミ、`                  "' 、ミミY、    御手前、あの女の縁者なりや?
   | {リ|ミミ j_             ,. - 、_j ミミ|リ}    我らはさる藩の者…かの女は主命により、
  人ヾミ ≦ヘミマュ、  八  ,.ィアィ' ⌒゛ ≧ミッ   捕縛せねばならぬ者…!
 〃/ ヒi{  {` ‐==ー->ヒ'__ ソ´ー==‐' ´r' l ヒi{     どうか手出しは無用に願いたい…お願い致す!
´ /〃`tミ `  ‐' 〈 ヽ ´7/ ‐ '  {  〉ミ
 /〃   `i     r'_ j   i_}、     〉 /        「……………」
  {    ゝ 、 _   ` = "   _ - l  イ
  i     {\   ̄`_ニ_´ ̄7   ,. ィ′  /
  i  \  ヾ ` ー 、      / 〃   く
      丶  ヾ   ´  ̄ ` 7  〃 _   ヽ
   ー―-=ニミ`ー―‐‐ ---‐― ' ´   `

 それに圧倒された4人の中から、年嵩の男が「姫」に声をかけた。
だが、「姫」は無言を貫き、石段の前に佇むのみ…!
181 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:19:45.24 ID:TcgyDwI0
 そして、その石段の上では…。

            -‐==ニニ==-、
       ,. -=ーv'    -‐===‐- 、 \
       / '//癶 / /       ヽ ハ
.      {// //' /  / ' イ       V小/`\
      | i'/从/  / !{ l         ii {ミハヽ  }
      | { } }i {介マトN、 {/}ハハ不 }} {ミi } }  !
      | | 川 f斤元  }ノ 斗ミ从从 {ミノ {  |
      | | イ'^! !ゞ=='   }   {ム'フ'〉j | /  |   |    さあ、こちらへ…!
      | | 八ハ. | "        `¨ イ {ハ.  |   |
      | | }| l小{   、- 、    / ,'イ   |   |
      | | || l i少、   `ー'´  / / / }   ! ,/
        j,ノ || l i } |7`ヽ..  イ { / /  {  | {
.         || i i | | ̄`ヾT卉'イ/ /   l   | |
   /⌒ー'T¨下´}ノ    Y  {/ート、__!_」_/
   / l    ||  | 广>、____j_,.イ  {     l |
  ,' l   ||  | 〈   }_」二.___ノ   }   l |
  }     ||  | { ̄ / \  `7  |   l |
  |     ||  ヽ `ー'′  \/  |   l |

                   __________
                 ,r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、
               _,/;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`、
              i;;;;:::::;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`,、
.              i;;;::::;;''!i:::;r'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/
               i,_Y'ム'';';;r‐''''´;;;;;;;;;;;;/    
               ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、    ………。
.              i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、
               i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
            i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、

 先ほどの女性が、尼僧と門番の老人によって、門の中へ姿を消そうとしていた。
182 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:21:03.39 ID:TcgyDwI0
 それを見届けた「姫」は、石段の前からすいと退いた。
声にこそ出さぬが、深編笠の奥から、笑い声が聞こえるようであった。

               〃  .:/ .::! l        ,        ヾY /,ミ:7ー-‐'⌒
               /  .:::/ .:::::ぃ    i- ..__      し , ‐/::::   ,
            / / ゙̄V  .:::::/:::ヘ   |    j     ,ノr‐!::::    i:
            , ー1  亅 .:::::/::::i::::ヽ  !     /   /_,.-':i:::::   i:.
          , ‐'´i   、 _,h:::::/::::::i:r:/ \`ー‐'_,,. -‐'´::「::::::i::|::::: ::.  !::
        /   l    !  tー- ._rv′`ー- 二_´ /:::::/:::i|:::::::i::|::::: i:..  i:::
.      〈 ',  !   li′ \_:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.::.:: ̄::〉:::i::::::i!:::::::!:l:::::::. l:::..  、
      ハ ヽ  i  リヽ.    `i:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.::.:イ:::::l:::::::l::::::::i::!:::::::..l:::::. 
        {. ヽ__ゝ-‐`=-‐'`ー一':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ::.::.::.::!`ー―:--、:!ヽ:::::::.l::::::.

         ,.-y
      __ /゙y'::rlV⌒!    ヽ.__,.、__
    / V:::../:::rlV ゙ー'!    _,.イノノ::}::}- 、_
.   /  / ::/-、lV::::::::/   ,.ィ'´: : :ヽ-ー': : : : iヽ、
  〈 Y:::.. lf^i l/   /ヽ /ミ{      ノ L 彡ソハ
   |ヽ| ::::lゝ'/:::..../ /゙l!ミド .:   .:::.u.⌒.::. 彡イ|,.-‐''´
   |`ソ l `'´:  /:. /: ハミ、 :::.......:::: :::.......::::: 彡イ!'ヽ,    …このままでは捨て置かぬぞ。
   | {:.. l: / l::.,:' ::: }`!〉 z=、、__    _,r=、 {ミlソ/ヽ   津田、保宮、野々村、行くぞ!
   |  : :  ::} '.: .:: /、:|: ーr‐-ミリj !/ィ-‐;r /リソ!、
  _∧  .: / / /  , ',rヽ.!::..  ̄`! { } l'´ ̄ /.::|ノ ヽ
// ヽ.:_/ / '´,ィ'´ { r'´j:ヽ、  .:(ニj__iニ):. / _, !ヽ、
l /   .:  :::: '´ jヽ.__ノ``ヽ、``ー-----一'´_ノヽ
| !  .::  ::::::::.::/|: : ヽ: : : : : :\_`¨ ̄¨´,.ィ' !!:|_ ノ
| |  .:::  :::/:::| ! : : ヽ: : : : : : :ヽ ̄ ̄´/ !|:ハヽ―-、
:! ! ::::  ::/:: ::::| |: : : : ヽ: : /´ ̄``ー-、 .::l !| : !: :ヽ: : :\

 武士は、残り三人を叱咤し、石段を駆け上がった。
183 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 22:21:23.48 ID:qxt3SN6o
このAAで「尼僧」なのかww
184 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:24:50.43 ID:TcgyDwI0
 石段を駆け上がった武士は、大声で呼ばわる。

         ,. -iiメlリリリlli一- 、   
       ィ´    ゛゛'""'"'      ヽ,、 
      〃i|               }ll|i゙ッ    
      〃ill|                リl|lli゙ッ    
      ,ミミトiト、   u.           ノ}iイミミ,  
   i´、Yミミ、`                  "' 、ミミY、  
   | {リ|ミミ j_             ,. - 、_j ミミ|リ}    開門賜ろう!
  人ヾミ ≦ヘミマュ、  八  ,.ィアィ' ⌒゛ ≧ミッ  今、貴寺に駆け込みし女、当方に引き渡し願いたい!
 〃/ ヒi{  {` ‐==ー->ヒ'__ ソ´ー==‐' ´r' l ヒi{    
´ /〃`tミ `  ‐' 〈 ヽ ´7/ ‐ '  {  〉ミ
 /〃   `i     r'_ j   i_}、     〉 /      
  {    ゝ 、 _   ` = "   _ - l  イ
  i     {\   ̄`_ニ_´ ̄7   ,. ィ′  /
  i  \  ヾ ` ー 、      / 〃   く
      丶  ヾ   ´  ̄ ` 7  〃 _   ヽ
   ー―-=ニミ`ー―‐‐ ---‐― ' ´   `

            -‐==ニニ==-、
       ,. -=ーv'    -‐===‐- 、 \
       / '//癶 / /       ヽ ハ
.      {// //' /  / ' イ       V小/`\
      | i'/从/  / !{ l         ii {ミハヽ  }
      | { } }i {介マトN、 {/}ハハ不 }} {ミi } }  !
      | | 川 f斤元  }ノ 斗ミ从从 {ミノ {  |     貴方様は?
      | | イ'^! !ゞ=='   }   {ム'フ'〉j | /  |   |    …名乗れぬと、あるのなら…
      | | 八ハ. | "        `¨ イ {ハ.  |   |
      | | }| l小{   、- 、    / ,'イ   |   |    「ま、待たれよ!…ええい!!」
      | | || l i少、   `ー'´  / / / }   ! ,/
        j,ノ || l i } |7`ヽ..  イ { / /  {  | {
.         || i i | | ̄`ヾT卉'イ/ /   l   | |
   /⌒ー'T¨下´}ノ    Y  {/ート、__!_」_/
   / l    ||  | 广>、____j_,.イ  {     l |
  ,' l   ||  | 〈   }_」二.___ノ   }   l |
  }     ||  | { ̄ / \  `7  |   l |
  |     ||  ヽ `ー'′  \/  |   l |

 扉を閉じんとする尼層に対し、意を決して、武士は名乗りをあげた。
185 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:27:39.38 ID:TcgyDwI0
         ,.-y
      __ /゙y'::rlV⌒!    ヽ.__,.、__
    / V:::../:::rlV ゙ー'!    _,.イノノ::}::}- 、_
.   /  / ::/-、lV::::::::/   ,.ィ'´: : :ヽ-ー': : : : iヽ、
  〈 Y:::.. lf^i l/   /ヽ /ミ{      ノ L 彡ソハ
   |ヽ| ::::lゝ'/:::..../ /゙l!ミド .:   .:::.u.⌒.::. 彡イ|,.-‐''´   我ら熊本藩加藤家の者、それがしは鷹ノ巣康祐と申す。
   |`ソ l `'´:  /:. /: ハミ、 :::.......:::: :::.......::::: 彡イ!'ヽ,   
   | {:.. l: / l::.,:' ::: }`!〉 z=、、__    _,r=、 {ミlソ/ヽ     …かの女は、我が家中の者の妻なれど、
   |  : :  ::} '.: .:: /、:|: ーr‐-ミリj !/ィ-‐;r /リソ!、    主君を辱めた憎き罪女でござる。
  _∧  .: / / /  , ',rヽ.!::..  ̄`! { } l'´ ̄ /.::|ノ ヽ   どうか、御引渡し願いたい!
// ヽ.:_/ / '´,ィ'´ { r'´j:ヽ、  .:(ニj__iニ):. / _, !ヽ、
l /   .:  :::: '´ jヽ.__ノ``ヽ、``ー-----一'´_ノヽ
| !  .::  ::::::::.::/|: : ヽ: : : : : :\_`¨ ̄¨´,.ィ' !!:|_ ノ
| |  .:::  :::/:::| ! : : ヽ: : : : : : :ヽ ̄ ̄´/ !|:ハヽ―-、
:! ! ::::  ::/:: ::::| |: : : : ヽ: : /´ ̄``ー-、 .::l !| : !: :ヽ: : :\

         /  /  /      ,      、  ヽ ハY⌒ヽ、
            ′ 〃 /  /   /       ',   i'  |ハ、  |
         i  /{  ′ / / ,'          i   | ノ|´`| i |
         | ' }V   ハ i |      /   l   |,′|  | l |    肥後の衆…それは罷り成りませぬ。
         | i |,|   {NVヽj、   イ ノ  |  リ ,ノ|  | l |
         | l {.|   |  `   {ヽレ'/イ .ィ ノ  /く  |  |  .'    我が東慶寺は女人救済の駆込寺、
.           l | !'|   |      ! ′ '´・'イ_r‐{,ノ  |  j  |    一度門をくぐった女は、構えて返さぬが寺法なのです。
           ', l |ハ   !、 、_     /^〈 ヽi 〉 | |  ;
           リ | ∧  Vヽ    ̄ .ィゝ'     /   i|  | /
             ノ ̄{'}ヽ. ',弌.¬=´/   x≦、__  l  l /
            〃  |:| }  }、 `Y}' 〈  ,/  {:} ハ |  l'
        /′  |:| |  | \jノ>'´ ̄ ̄ ̄! j:j' | | ′
          /      !:! ノ ノ_,.イ^ハ      | |:|  | |
186 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 22:31:04.98 ID:qxt3SN6o
五味先生wwwwwwww
187 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:31:47.95 ID:TcgyDwI0
       /三三三Ξ  ; ; ;;;;;;;:;:;:;:;:,.,.,::::::::.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; 人:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.,.::::::::::::::::::::::::,.;:;:;:;;;; ;;'z=≦三三三;  
     〈三三三三Zz_,' ' ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ::;;;;:ヽ、 _:;,.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;'毛三三三三三l  
        l三三三彡'" ̄  _, : : : : : : : : : : : : : : : :,、: ::;;;::'": : : : : : : : : : : : : : : : :     弋三三三 l!  
        |三zZ'"   ィ≦三二ニ=z、_,.,.,.,.、j!i、 : : j: ::;i:;: : :/: : :i、: : : : : : : : :_ィ===z、   乍三三キ   
        l彡´   /≠,/ ̄` : : ヾ三三三三シ: : ノ; ; l;;;: : {: : : l三二ニニZ孑冖¬べヾ    キ三三| 
       l彡    : : :::´;;;::.................,:;:;:;:; ;;;;;ヾ\,;;;;;;:;:;,-‐、;;;;l!;;;;;;;;ゞ=xラ"´:::........     `\  ヾ三イ     ならば…この門を蹴破り、
        lシ  ヾx、:;_,_,.-‐ァァナZ=≦- 、:;:;:;;;;;;;/:;:;:;:;:;:ヽ;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;_,..-zェァzュ、:;:;:;..,.,  :;:;:;:;:;, キ|! l   力づくにても女を引き立ててゆこう。
  ,-‐ 、. l!ノ  ,ィ '";:´ ̄`~'"` ̄ ̄ ̄ ̄'゙`'ヾ::;;/'ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;ノヽ;;;;;;;:::∠エ┴宀‐'‐─=-、 _,ィ'´..,    ニ|! 
  / ,、 ヽ、j!レ´;;:  ,ィ '"´ ̄ ̄ ̄ミ'‐-==='ア´;;::ノ ノ:;:;:;:;:;:;´弋 <:;;:.,;:斗 ::─:::-z__;:;:;:;:;-匕⌒ヽ、 iキセ`
 ,゙ /;;;;ヽ /;;;:: : / ´.:;,x-‐孑─-ェ、:::::::_,ノイ : : ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;/  l;;;;::冖=、:;:;:;:;:;:;:;::; ̄ ̄`.      \|!i|::
 l  l/ >{;;;;;;::     ´ / : : : : : : : ::::::;:;:;:;:;;:;;:;:;:;:;〉:;:;:;:;:;:/.::::::ノ´;:::: ::  ̄ ̄ ̄`'‐- -::_::       ヾレ
 l:: j: ::;;;;;;;;l;;;;::::.   : : : .: : : : : : :::::,.,.;:;:;:;::,イ-'⌒`:::/:;:;:;:;:;:;:;ヽ宀,_;;;;;:::::::......                l!;;, 
 ゙,ィ:  ;;;;;;;;;l;;;::::::.   . . : ::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:_,.ィ´(  ..........(:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;): : : ヽ:;:;:;:;:,.,:::::::::...,.,.,.,.,.          l|;;;;;;, 
  l:ヽ.,.,;;;;;;;;;;l;;;;;;::::.. .: : :,ェ=¬冖 ̄ ̄;;;:;,.,., ヽ弋;卞:;::;;;;;;;;;;;;/-z:::::ノ ̄ ̄ ̄冖¬──z_:,. :;:;-:;:;;;  l!;;;;;;;; 了
  l:: 亅;;;;;;;;;;l;;;;::ヽ、 ´;;;;::::       ;;;;:::::... `ー::;;;;ヽ、_,ノ;;´"-‐'  . : ::;:;:;:;:;: : : ": : :;:;:;;;;;;;;;;:::,.,.;:_  ;l!;;;;
  {:::: l;;;;;;;;;;;;l;;;;;: : 弋=zt-r--、___, ,., .,., ,.,., .,. ,.,' ''' '゛゙       ___,_」Lニr-─ 'フア/,  l|;;;;;;;;
 ヽ::.ヽ;;;;;;;;j;;\、升\;:;'-'ヽl;:ヽzヽノ、__jヽ ̄了 ̄了‐-‐z─< ̄フ ̄<二><_,-‐';;ヽノ;;i|!;:;:;ノノ//:;:; l!;;;;;;;;;/
   ヽ::.\ノ;;;::ノ'"´ヽ、`ヽ;:;::;:;:;_,、;:;:;:;:;:;:;:`'";:;:;:;:;:;:` ̄´;:;:;:;:;:゛";:;:;:;:;:;:;:;,.,;:;:;:;;;;:;:;:ィ '´゙1!;:;:;/.:/:   l!;;;;;;;,(
     l:::...,l::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;\;,`ヽ;(_,..ノィァイ´⌒`'ー─ -- 、,ィ´ '"'^'"'^'"'^'"'ー-z,;;:に二}!;;;イ.::/:;:;:;:;;,  l!/.:;:;/ 
    `ーl!:;:;:;;;;;;;'   :;;:;;:ヽ、; ヾz-<,; i : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : , : :,;;;;:イ>-、ノ;:;ノ.:/:;:;:;.  ;;;;  l!::::,ノ   
      l!:;:;:;;: :    ;:;:;:;:;:;:ヽ、ヽ、 )、ヽ: : : : :,イ'"´ ̄ ̄`゙ヽz__,ノ: : ,;;ィヾY_,ノ;:/,;/:;;;;;;;;::::. .    Y´    
      l:;:;:;:;:;:    ;;;:;:;   :;\, ヽ(_ヽ`,v-‐、:;:;:;:;:,- 、:;:;:;:;:,._.ノ^ヽ/-‐'_,ァァ´:,/::::::;:;:;:;:;::     l!     
       ヽ:::;:;:;:;,.  :;:;:;    :;:;:゙; ,:,.`ー─tz─'─'´-‐───--z-‐ '"´:;:;:;;/:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;:,., ,.,.;:;:;ノ     
        〉-z、:;:,.,.;:;:;;:;     :;:ヽ、__, z-────-z、___,,...-‐孑´  ::::;:;:;:;::;:;;::;:;;:;:;:;:;/
      /ヘ/l  `ー 、_::::::::.   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '"'"'"'"'"'"'":;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;;::;;   .:;:;:;;:;:;:;;:;:_」Lニ´1ヘ


 ──鷹ノ巣康祐は本気であった。
188 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:34:36.95 ID:TcgyDwI0
 しかし、尼僧は冷ややかに返した。

   .i  ::/:, i i:|: i    | ,  :::';:.:.. ::...l .i l |: :|:l::: !:: .::: ! ';:::. |
   |  :l:/ |l: !:|    l : l::. :i:!':;::i;::::::!. .l ll_!/-l:::/!i:: ::;'. l:::! l
    l :::/   ';. 'l  l   |:.: |,'-┼‐'-!ヽ;:::::: l| !'  |:,' ! | /  .|:l .!     …ご随意に。
   | .::/!  ヽ.:| l   l::i:! \:!  ヽ \:::l ,.z==ゞl:' .l l:l: | 
   .! :l:::l   lヽ!: l   ';l ! ,.z==x    ゙' ゙   , ,’ |:. l |:!:.l      ただ、当寺の法は、東照大権現様自らお認めになったもの。
    ', ::::|  | l.l.i';.. !.  ',ヽ ,, , ,        "    !: l il |:.|     それを破るは、将軍家に弓引くも同じ…。
    ヽ :::!  l.l.l.ヽ!. !:  .lヽ、        !     |: l l.| ';::l
     ヽ :'.,  i ! :l';:.';:.. |.,              l:.:l .l l ';::|      …お家が取り潰されては、
      \ヽ.|l i ::lヽ::.::.. ',ヽ      ー .. ´  /!:: !l .|. ヽ',    貴方も主君に顔向けできませんよね?
       ヽ:ヽl l::l::::\:::. ヽr丶 、      /l::::|i:::: l l   ';:i
        .i':;ヽ::ll:::::::l:ヽ:::...\ヽ ` ' - .. ' l::ヽ:::l|!:::. l !   !'    「………ッ!!」
        ,' .:i:l::ll:::::::l:::,r\::..:.'., `"'' -,-、 |:;'|l :、!:';:: ';:ヽ /
.       / .::::!|ll;;:r‐<´ ヽ:ヽ::.: i    // ':,l::l l.| ヾi-;::.';: i
      /.:;: -''!´ `ヽヽ ヽヽ::::i';.  i./  i:|',|.l.  ',',ヽ::.i`'ー ..... _
189 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:35:59.87 ID:TcgyDwI0
 ──この瞬間、鷹ノ巣康祐はそこに徳川三つ葉葵を幻視した。

                     _,,.  -- ....,,,_
                _,,. -'''"~        ~''''ー-.,,_
                _,.‐'"         _,,,,,_       ~''‐.,,_
           _,.-"    _,, -‐ ''"ヽ. ヽ  ~`'''ー-.,,_     '-,
           , "    _,-'" _,. ‐'''' ''¬  )''"~^''ー .,_ ~''-._    ヽ
         /    , '"  ,< _,. -‐(  )(  )‐- ,,,.へ   '‐.,,   \
        , '    /   ,く /  /フT   T~i \  ゙ 、 ゙>、  \   ゙、
         /    .'     レ'"__/ / |   l ゙i  \._\i    ゙、    ゙、
      /    ,'     ∨ /  /.  !   |  ',   ゙,__ヽフ      ヽ   ',
      .'     /       `7 _,,/|  /l   |  |\ L ノ        ゙,   ',
       !   ,'    ,.-, ‐- ._` -''_|/ ゙  l\. ト、/`/ _,,....,,_    l   i
     l     '  ,<~7∨∨ |/ l~- _ ''ー"_゙、 ノ∨_`-'~_,,.-'「∨ Vヽヽ.   l   l
      !   l  / .∨ ゙y'  レ" /ニー.,,_   _,,.. -~」 丶|  ∨  ',/ヽ.  l   |
.     !   l  l\/  / /  /,. -'‐''''フ  「` ┘-.,,i  \ ヽ  |/|. l     !
      !   l  ! `,. / /  ,.-'"   / l │ゝ、   `-,,_ ヽ. ゙, /  l l     !
     i   ゙, ',  レ‐-、 /    _,∠~フ| |、_丶,_   ''-,,r''~''  / /   i
       ',   ', \_ _ ノ  _,,.-‐''"   ~> l\   ~''-.,,_   丶 _,ノ _ノ     ,'
        ',   ' , / /⌒)ー‐--─<,>| l<_>- ...,,,...て⌒ヽ、 ~     , '
        ゙、   ' ' /(  くー- ..,,__ __,>/  i<,,__ _,,... -> ノ `7     /
       丶    ( \ ヽ- ..,,_ ~\>/   ゙< /  __,,,/  / , "    /
           \   ゙‐,_ 丶、ヽ ゙、_~>′   ` <7  /_,. ‐' /     , '
.            \     '-,_  ̄~"           ̄  _, ‐'"   /
               \      ~''-,,,_          _,,. -'"    /
             `-,,_      ̄''''''' ー ''''''' ̄     _,..-'"
                '''ー-.,,__           _,,.. -‐'"
                    ~~''''' ー--─ '''''~

 恐怖である。
鷹ノ巣康祐の心を過ぎったのは、「改易」の二文字であった──。
190 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:38:02.25 ID:TcgyDwI0
         ,.-y
      __ /゙y'::rlV⌒!    ヽ.__,.、__
    / V:::../:::rlV ゙ー'!    _,.イノノ::}::}- 、_
.   /  / ::/-、lV::::::::/   ,.ィ'´: : :ヽ-ー': : : : iヽ、
  〈 Y:::.. lf^i l/   /ヽ /ミ{      ノ L 彡ソハ
   |ヽ| ::::lゝ'/:::..../ /゙l!ミド .:   .:::.u.⌒.::. 彡イ|,.-‐''´  
   |`ソ l `'´:  /:. /: ハミ、 :::.......:::: :::.......::::: 彡イ!'ヽ,    …女はいずれ必ず貰い受けよう。
   | {:.. l: / l::.,:' ::: }`!〉 z=、、__    _,r=、 {ミlソ/ヽ   ことは将軍家にも関わる大事なれば…!
   |  : :  ::} '.: .:: /、:|: ーr‐-ミリj !/ィ-‐;r /リソ!、    
  _∧  .: / / /  , ',rヽ.!::..  ̄`! { } l'´ ̄ /.::|ノ ヽ    そういえば、あの女は何処に…?
// ヽ.:_/ / '´,ィ'´ { r'´j:ヽ、  .:(ニj__iニ):. / _, !ヽ、
l /   .:  :::: '´ jヽ.__ノ``ヽ、``ー-----一'´_ノヽ
| !  .::  ::::::::.::/|: : ヽ: : : : : :\_`¨ ̄¨´,.ィ' !!:|_ ノ
| |  .:::  :::/:::| ! : : ヽ: : : : : : :ヽ ̄ ̄´/ !|:ハヽ―-、
:! ! ::::  ::/:: ::::| |: : : : ヽ: : /´ ̄``ー-、 .::l !| : !: :ヽ: : :\

 そう言うと、鷹ノ巣康祐は門から下がり、石段を降りていった。
そこに、「姫」の姿は既に消えていた。

 彼女は今どこに──?
そして、鷹ノ巣康祐たちの言う「大事」とは?
191 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:39:32.43 ID:TcgyDwI0
 そして門の中では──

   .i  ::/:, i i:|: i    | ,  :::';:.:.. ::...l .i l |: :|:l::: !:: .::: ! ';:::. |
   |  :l:/ |l: !:|    l : l::. :i:!':;::i;::::::!. .l ll_!/-l:::/!i:: ::;'. l:::! l
    l :::/   ';. 'l  l   |:.: |,'-┼‐'-!ヽ;:::::: l| !'  |:,' ! | /  .|:l .!
   | .::/!  ヽ.:| l   l::i:! \:!  ヽ \:::l ,.z==ゞl:' .l l:l: | 
   .! :l:::l   lヽ!: l   ';l ! ,.z==x    ゙' ゙   , ,’ |:. l |:!:.l     さ、追っ手は消えましたよ。
    ', ::::|  | l.l.i';.. !.  ',ヽ ,, , ,        "    !: l il |:.|   私は桂香尼といいます…貴方の御名前は?
    ヽ :::!  l.l.l.ヽ!. !:  .lヽ、        !     |: l l.| ';::l    
     ヽ :'.,  i ! :l';:.';:.. |.,              l:.:l .l l ';::|
      \ヽ.|l i ::lヽ::.::.. ',ヽ      ー .. ´  /!:: !l .|. ヽ', 
       ヽ:ヽl l::l::::\:::. ヽr丶 、      /l::::|i:::: l l   ';:i
        .i':;ヽ::ll:::::::l:ヽ:::...\ヽ ` ' - .. ' l::ヽ:::l|!:::. l !   !'
        ,' .:i:l::ll:::::::l:::,r\::..:.'., `"'' -,-、 |:;'|l :、!:';:: ';:ヽ /
.       / .::::!|ll;;:r‐<´ ヽ:ヽ::.: i    // ':,l::l l.| ヾi-;::.';: i
      /.:;: -''!´ `ヽヽ ヽヽ::::i';.  i./  i:|',|.l.  ',',ヽ::.i`'ー ..... _

                   __________
                 ,r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、
               _,/;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`、
              i;;;;:::::;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`,、
.              i;;;::::;;''!i:::;r'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/
               i,_Y'ム'';';;r‐''''´;;;;;;;;;;;;/     …肥後熊本藩物頭三百石、
               ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、     貴月主馬が妻、うねと申します。
.              i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、
               i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/    「では、ご夫君との離縁を…「いいえっ!」」
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/    
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
            i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i
          r"',;,;,:.;,;,;,;,:.:.';,;.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:,!

 寺法に基づき、身元を尋ねた尼僧の問いに対し、
うねと名乗ったその女性は、尼僧の声をさえぎると、凛とした口調で一気に言い放った。
192 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:42:13.49 ID:TcgyDwI0
                    _,,,,,,_     ________
                 _,,-''´    ヽ ,,-''´     `ヽ、
                ,-"       レ′         ヽ
              ,;''                    ヽ
             ,;",;'7                      `、
             /,;' /     /ヽ、 ,r'´!           ヽ
               // ! ,'    /` ` `′´ !             `、
            レ′i ,i i   i       ヽ  i  `、 、      i
            !   ! i ! i   l        ヽ ト、 `、`、       !
             !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
             !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
             !  l ! ! !  l              `、__.!      !
            !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      !      わたくしの生まれた故国、
            !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_   朝鮮との縁を断ち切りたいのでございます!
             !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/
          _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
         < 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !
          `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
           l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
           !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
           !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
             !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
           i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i
            /    l   ! l   /_         /   /   ヽ、 `′!
          /     l   ! l  /、::::¨:::''''‐----‐‐:i    /        !ー--!ヽ、
        /      !   ! !'´  ¨''''‐--------‐!  / ` 、     `ー,-,,_,! !
       /      __,,,,!   l ! i            !  /   `ヽ、 ___ ヽ   l
        /_,,-‐'''¨¨ヽ   !   ! ! iー--- ..,,_       l  i---‐‐   /::::¨''''‐-〈,l_
     _,,-"::::::::::::::::::::::`.、 !   l ヽヽ    `      '´ ! l      /:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    ,-":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ! ヽヽ          l !    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   !   `          l !   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  !i            l  !/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ !ヽ            !.!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::::`..、       _,,-"::l,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー ----‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 「祖国と縁を切りたい」と言う、うねの真意とは何か?
そして、鷹巣たちの言う、彼女が犯した「罪」とは…?
193 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:43:29.47 ID:TcgyDwI0
 …時は遡り、場所は移る。
それは二ヵ月前、十月の熊本にて…。

          ,r'''''''Z,r‐.、
       ∠¨¨´:;r‐::ヽ::::::::::`ヽ、
       /;;;r'´;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::ド
       7;;/;;;;i;;i;;;;;;;;;;;:::::::::::i::::`、
       l;/;;i;;;l;;!;i;;;i;;;i;;;:;;::i;i;;!;;:i::;!     うね。
       l!r、l;;;!;Nヽト、!;;;;::;!レレ;;レ     忠広様の命により、
       !ヽV'`ヾニ=-ヾ',rニ7レ′    領内の朝鮮人全てが朝鮮へ返される事となった…。
_,r‐'7ヽ、   ヽ_ 、     !l  ,!
;,;,;/;,;,;,;,;,`ー''7`ト、`    _!,! /        …無論、お前もだ。
:./;,;,:.:.:.:.:,;,/´:.:/l  ` 、 -‐‐‐/
l;,;,:.:.:.:,;,;,/;,;.:./ l   `ー‐/`<ヽ      「そ、そんな…!」
;l;,;,:.:.;,;/;,;,;.:/ _,r'ー--‐'' ̄  /:.:.:/`..、
        貴月主馬

 主君、加藤忠広による命令。
それは、朝鮮国よりの使者による朝鮮人捕虜刷還要請に対する過剰な反応。

 「領内の朝鮮人”全て”を、朝鮮へお返ししよう」

 …と。
194 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:45:07.47 ID:TcgyDwI0
 1ヽ| │| / ,/.-' /         丶 ,, -.  丶_         
'、 /ゞノ ! !/'"゙' " − _...r''   ,.ィ;, /イvスヽ    ゙゙三 -、;-....,
〈゙ !_   ⊥  .r‐;"´_   ..r / ̄ ,__フ´  ,..t`;  .‐ `ー、\   
: t1 丶   !. ' l'' /´ 、 /l´   ,..r'''''´ − _t| `  丶亠< 、 `
ヘハ..,, ニー 、} 」'´ rlf゙′  /' ノ‐ ̄ ̄ヌニ! _,, !|i!'´    ,.r 1 ゛  
弋|  _丶 1, !l、lリ   _ / ....,    ;.! t   ||| ー‐‐'′ 」 ュ'
/土'゙゙゙‐ーll\ ,゙ヘ  /」 ( ◎)  ,ノワ ||  |l.j ____,/''´   |::.  
..`ヾゞハ-ヾnt l_ ゙Y''' : l;__............r;ニノ ┌   ffー...... -丶--nノ 
│ │ 《φゞ.. `丁弋 ニ `−- 、  'ヘ:  /ソ   -‐‐'''' / _. 、  
│  |ゝ..丿l'ノl‐ !'_  r { ;ー-―-t;"   /丿  ´ ー ノ'ニ..-"
U  │,,,..ハ| 1` !  '「 `l 1    ゙1  | ィ_____,..y____  / 
    |! - 「│ |    ,.j-..,,   丶.._ |.j    ,/ l'′  `"j
{    t、  l │  / ___,/ `''ャ、 ヽ| !゛ ''ヾ{   ゙ー..,,   l  
│    "゙ー、j  `1_l´ ,/ノ′  l′ > 、||\  │    ゙''t、ノl
丶      丶----ャ'' ヘ,r゛    _ '  /tl.  ヽ 丶.      │
 `ー 、      `ゝ;l!っ--'" ,,,..ここニニ」lll)! 、 `ー  ` .    l´|、
    `ー、    1|t l !エエ..工エ!-‐--||/゙fl \      \_,l'′゙ 、
      ゙l    ノl│‖ _,,..-----―-r'`'1 ゙ーヘ ││ / 、  l
       !   l!´│r~~ゝ.  丶     `‐「  ノ | l゙ゞ \ ヘ
       |,..-'"     ゙│ ! ヘ_  丶 ,,, | ] _/''´ . ,/ tj丶
      l'ン"        ゝ !........ゝ、..,,_ ├'"''゙゙ -__,..llゞ  ./゙「
      ! !                 ´     ヘ、`''‐‐'"´
               親:加藤清正

     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.| 
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|     主馬、お前の妻は、朝鮮人だったな…!
   |:::::::〉 ( ○) (○)|    息子達も大きく育ち、里心もついているであろう。
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒) 
    |  u   |r┬-|  |     …この際、いい機会ではないか。
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.  
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i  
    |  \/゙(__)\,|  i | 
    >   ヽ. ハ  |   ||
     子・加藤忠広

 加藤家二代・忠広は、父・清正に似ぬ愚物であった。
彼は、朝鮮よりの使者が求める捕虜の返還に対し、
「領内にいる捕虜以外の全ての朝鮮人の返還」を以って対応すると答えたのである。

 これも全て、朝鮮よりの使者に対し、細心の対応を命じた幕府に対する恭順、
その過剰反応であった。
195 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 22:46:05.46 ID:9Ugozrko
鷹ノ巣康祐とかやっといて五味先生尊敬してますとか
しれっと書くところは、荒山先生が伝奇作家として正しくイカれてるといえるが、

あれでナチュラルに自分の尊敬を表していると思い込んでいるところが、
ミスター天然荒山の恐るべきところである。
196 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:48:20.36 ID:TcgyDwI0
                                       
                                        
                                   _,,,,..-‐''''¨
             __,,, ... ---‐‐‐‐‐------- ...,,,,-‐ '',;¨''´_;,;,;-‐'''
        _,,..-‐''´: : :.:.:.: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::_;;-''´::;r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,,-''´::: .:.::::: : ;, - : :'': : ¨: : ̄: :  ̄: :''' : '':´: :.::::/;;;;;;;;iiilllliii;;;;;;;
    ,r"::::::.:.::: : : : '': - : '' : ¨: ヽ、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::: : /;;;;;;;;;;;iillllllllllllllliii;;   嫌です。
   /:::::: : : : : : :.:.: : : : : : : : : : : : :` 、‐:- :,;,;__;,;,-‐'7’;;;;;;;;;;;;i';llllll;;;;;;;;;;l`   私は、私を妓生にした朝鮮になど戻りたくありませぬ。
  .f:::: :.:.: :.:::: : : : : :.:.:._;,-:'': ¨: f¨ヽ¨ `、- ;,:.:.:.:::::::::i’;;;;ili;;;;;;;;;ll';llli;;;;;;;;;;;;;;   あの時、貴方が私を助けてくださらなければ、
  i::::.: .:::: .:.::: : :.:::;r''´: : .:.:.::::::::! r ` 、 l:ヽ、 _''_-;-!;;;;;;illllli;;;;;;;ll';llllii;;;;;;;;;;;;  今、ここにこうして、人間として生きていなかったでしょう。
  !::: .:.;;-::''::¨:::¨ :''' :- :,;;_:::::: : l l::::.、 `、ト、: : ::::::::: :l;;;;;;;;llllllli;;;;;;ll';llllllii;;;;;;;
  !: :::':::: :.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : ` 、 ;! ー、! l ! !:::.: ::::::::ヽ;;;;;;;lllllllii;;;;;l';llllllllii;;;   あの国は…朝鮮は私の国などではございませぬ!
  !::.:::::::::: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ   `、 `! "!ヽ::::.:. : :.:ヽ;;;lllllllliii;;;;l';::lllllllli
  !: :.::::; - 、:::::::::::.:.: : : : : : : : : `、ヽ、   !  ! ` -- 〈/;`;、;llllllllliii;;l'l;llllllll
  !::: ;.:-:::::;;ヽ_:.: : ::::`:、 : : :::: : : ヽヽ`   l  ヽ   / ヽ;;;;`、llllllllliii;;;;'l;ll   
  〈::::::.:.: : : ::::ヽ::¨_:‐::;;::`:、: ::::: : ::::iヽ`   !  ヽ._,/   !;;;;;ヽ;lllllllllii;;;;;';;
  i::: ::::::、:.:. ::::::!: :.:.ヽ:. `:、ヽ ::: : :::::!ヽ` l f i      ,,!;;;;;; :!;'ll;llllllllii;;
  !: :::::: : `::、:. ::!:.: : :.:`:、 : :ヽ :: : :::::!ヽ` l   ! ! _,,..-''´: ;;;;;;;; :l、;lllll'llll;lll
  ! ::::::::::: :::. `、 !、:.: : :`、ヽ: : !::: : :::::!ヽ、 !   `ト";;;;;;;; ;;; : ;;;;;;;; :!l;;llll;;;;;;;'
  ! :r;;、::. : :ヽ:ヽ!:`、 : : `、`、 l:::: :::::::!.,,,_ l '/`´;;;;;;;;;;;;;; ;;; : ;;;;;;; :!ヾ、_;;;;;;;;
   `ー -iヽ : : ヽ:l:、: ヽ: : ド、f¨!:: :::::::l、_ `l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;; : ;;;i;;; :!   ̄
     l: :`、: : :`l :ヽ : `、`〈l¨l!:: ::::::::!llll¨lヽr;、;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;; : ;;i;; :l   
     l : : `、: :`!ヽ:`ー/¨;;;rl:::.:::::::::!_;;:-!‐'`、` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; : i;; :!   
     !: : : ::`、、l;r''`´l`ー'";;!:::::::::::::!::::::_!;;-‐''ヽ;;-ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ :l /;
      ! : : : ::: 〈l;;;r‐--┐;;;;;;!i:::i::::::::レ"'''!¨:: ̄::::::::::::::::¨:::'''‐--、 '´;;iilll
      !: : : ::::<´!;;`;;-‐''´;;;;;;;!l::::!:::::::l::::::::::!::::::::::           ¨ `ヾ、
     i : : : ::;':`l、r"llli;;;;_;;;-、!;!:::!::::::::!::::::::::!:::::............          
    i : : :/::: l :`y''''´;;;;;;/l!!::l:::::::i:!;;_:::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........   
    /: /::::: : :!: ;;;l;;;_;;-";;;;;;;;r!::l::::::l;!--¨-l¨'''ヽ;;;;;;__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /''´::::::: : : :!;;;;;;;;;;ヽー --''";;;;!:!i::::l`y´;r"l:::::::::::::::::-i ̄¨¨i¨''''''‐=''''''''

 血を吐くようなうねの独白。
脳裏を過ぎるのは己を道具として扱った男達と、ただ一人、己を救った主馬の姿。
197 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:50:20.87 ID:TcgyDwI0
                ______,,,,,,,,____,,,,,,,,,..-‐;
            /l _,,-'"....:::::::::  .........::::::: ∠,,_
         _,,//'’..::::::::::::..:::::::::::::::::::......:::::::::::::.` 、
        /!/..:::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........... :::::..`ヽ、
      l::::!::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :::::::::::::::::::::::.. :::::::::、.>
    _,,,>.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::. ::::. :::::::. :.. `ヽ、
     /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. :::::. ::::::.:::.   i
   / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::.::: :::::: ::. `、
  /.:: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::i::::::::::::::i::: i::::::. i:::: 、::. ヽ
  ム'7.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::;i:/!:::: / l::::: /l l!: !、:::: !、::: l`ヽ、!
   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::/!::::/l:l l:: /  l::: i l,!l /  !: l i: l
  !.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:l V l;! レ′  !: !   l,!  レ′l、l
   !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l;!        V   ; ;     !     そうか。
    !:: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!              , ;     _!    …なら、東慶寺へ行け。
   !:i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  ,,..` = - - - -、 ..,,_   , ,r '´/    
   レ! ::::::::::::::::/¨_‐、:i::::::!   ,r ' ¨i¨ ''''7ヽ`   '  , r.'7′     かの寺は神君のお認めになった悪縁を断ち切る縁切寺。
    ! :: :::::::::/,r' -ヽi:l:::::!    ` ー`-‐'’- '  '    ! ー!     故、寺内にて三年待ち、その後、朝鮮との悪縁を断ち切ったこと
    ヽ::i :::::!、ヽ _ ノヾ::::! 、               ! !     天下へ知らしめん。
     レl  :::ヽ丶、` ヽ! ヽ                 ! ,!     
        ! :: :::`ヽ `ヽ,    `                `、       これは、我らと朝鮮との合戦だ。
        ! i :::::::/ ` '´ヽ              ` 7¨´      参るぞ、東慶寺へ。
        l/!:::/l;!     丶        , -‐ '''' ´ /′
          !;/       ::丶、          /          「あなた…!」
        /    .:   ::::::::::`..、          /
         /    .::::   :::::::::::::::::::`...、     _ /
        /    .::::::   ::::::::: :::::::::::::: `! ̄

 そこで主馬が口に出したのは、「朝鮮との合戦」。
それは、縁切寺の寺法を以って、朝鮮との縁を断ち切ることを天下に認めさせることであった。
198 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:52:00.57 ID:TcgyDwI0
 そして、朝鮮人たちの引渡し当日。
                        、       /|
                        ヽ\ 彡ヽノソ
                __       ゝ `  彡ヽ `、
               / __\  ー=ミヽ  _,,―'''`゙"'`、
              //__|ヽ ー=ミ  ,X  _, :.   〉
         ヽ⌒`ー'ソ ヽ  l )/ ー=ミ  | | ())、    |
          \  ヽ ヽ、  ̄7ソ、ー=ミ  | |   :.    |
          ,.'⌒ヽー--ゞつノー=ミ    |  |   :.    |     「なんだあれは!?」
        ,.'二,.'  ) ヽヽ /ー=ミ     ヽ ヽ  :.    |    
        ,.'二,.'  /ソ  〉 ー=ミ       `-、\.    l     「下がれ!下がれ!」
      ,.'二,.'  /   /ー=ミ         .: `、◇   |、   
      / __,,,ソ    /ー=ミ      _,,...-‐'''"/`l ヽ _,,ノ    「御使者殿をお守りせよ!!」
      |/\ ヽ    /ー=ミ  _,,...-‐'''"  .:  / ゝー='
      \ ヽ ヽ  / _,,...-‐'''"      .:  / 
       /( //`----─''''' ̄/        /
      /,,,,,,,,,,ヽ_,,"'''''─-二_ノ        〈
      /二二 ,.'´ _,,_ヽ             ヽ
     /二二  ァ'´  ヽ`             ヽ
    //ヽ  ヽ,.',,/⌒`)ー─--,,-'''"⌒\─--,,,,,-|
    /     / '''ー-/ _,,-'''"      ヽj j j j j |
   /      |   /             〉ノノノ人
   |      /   /        ミ    /////ヽヽ
   |      / / ミ       ミ    ///// 人ゝ
   |     <ヽ (  ミ       ミ    ゝ///   |
   ヽ     `-=ミ        /ヽ    \/   |
    \       \     /  ノ     ヽ.     |
             "'''ーー'"   /`ー ,,,_,,,ノヽ      

 うねを含む、朝鮮へ引き渡される朝鮮人たちの列に飛び込んだのは、
朱の面頬を施し、無言にて突撃した騎馬武者の群れ…!
199 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:55:00.00 ID:TcgyDwI0
 そして、突然の乱入に慌てふためく朝鮮の使者に対し…

      `
       \ ,,_人、ノヽ    パンッ!
        )ヽ    (
     - <       >─
        )     て
       /^⌒`Y´^\

                   __________
                 ,r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、
               _,/;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`、
              i;;;;:::::;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;`,、
.              i;;;::::;;''!i:::;r'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/
               i,_Y'ム'';';;r‐''''´;;;;;;;;;;;;/     
               ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、     人さらいッッ!!
.              i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、
               i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
                i;;;;ヾ i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
            i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i

 うねは、使者の頬を張り、朝鮮語で面罵すると、
そのまま騎馬武者に引き上げられ、姿を消していった。

 …貴月主馬と、その息子3名が逐電したのは、ちょうどその日である。
200 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:57:11.46 ID:TcgyDwI0
 当然、忠広は激怒した。
また、忠広以上に激昂した朝鮮の使者よりの抗議にも応じるべく、家臣に厳命した。

     _____
   /丿└:::::::::::::::::ヽ
    |.:::⌒γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ:::::─三三─|    主馬を絶対に許すな!追手を出せ!
   |::::::( ( ○)三(○)|   それに、かの朝鮮の女をなんとしても奪い返し、
   (@::::::::::::::::(__人__):::::)  朝鮮の使者殿へ引き渡すのだ…良いな!
    |:::::::::::  |r┬-|  |   
    \:::::::::  `ー'´ /  


 こうして、鷹ノ巣たち4名の追っ手が遣わされ、物語は冒頭へ繋がるのである──。
201 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 22:58:22.34 ID:TcgyDwI0
 そして、ところは変わる。
ここは江戸の柳生道場──。
                                                 「次ッ!」 ドカッ!
                                                 「また次!まとめてかかってこい!」
                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)     
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""
202 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 22:59:35.63 ID:9Ugozrko
シスコン、参上
203 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:00:19.35 ID:TcgyDwI0
                         `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                            `r      r'
                            )     (
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                             ,              キ人_,/
            `                                )  て
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
              )ヽ    (               、ハ,          \
           - <       >─           ^ <  て
              )     て              ./'Y''~ヾ
             /^⌒`Y´^\              `
204 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:01:50.77 ID:TcgyDwI0

     / ̄ ̄ ̄\
   /    ::\:::/:\          「ま、参りましたッ!」
  /   <−>::::::<●>\
  |      (__人__)  .| ≡_)_    よいか、先の太刀じゃ!
  \      ` ⌒´ /=_) ≡_)   心も先、心足も先、太刀も先─
   /_        _ =_) ≡_) 心の中でセンセン、センセンと唱えるのだッ!
  (___)        ≡_) =_)
   |        ノ
   /  ___  (
  (_ノ     ゝ_)

 そこで弟子たちを相手にしないを振るうは、
将軍家指南役・柳生但馬守宗矩が嫡男・十兵衛三厳の姿──

 時に十兵衛、18歳…。
205 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:05:08.86 ID:TcgyDwI0
 




  「くすくすくす…いっぱしの師範面をするようになったじゃない、十兵衛」




 
206 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:07:11.74 ID:TcgyDwI0
               _____
             / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
            /        ∪     \      ||  ||
          /   /´  `ヽ/´  `ヽ   \     o   o
         /    (    −ll●    )    \
       /      ヽ_   _ノヽ_  _ノ    ; \   ……そ、その声は…?
       |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
       |  ∪      `┬─'^ー┬'′ ∪    |
        \          |/⌒i⌒、|         /
         \ ∪     !、__,!    U  /
         /       、____,,      \
        /                        ヽ
        |  、                 ,   |

 唐突に、背後から響いたその声は──?
207 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:08:33.50 ID:TcgyDwI0
              __  __   ,ィ´ ̄/
     .__   ,. 〜'7`´      ` <_____メ
     ∨ ⌒ヽ  /,. ´ ̄`   ´  \ くヽ       ,ィ1
     i l   iく/      _ ..    ∨´ハ       / l
     | l   |__> l  i i i|`~~ヽ  . ハ  |     / /
     | i   | !l l  i i il    |i ! l/ リ  |    / /
     | l   |从ォト.-+Aハ   リナナ イ   |.    / /
     | i   |ト、 <弋j }`   f ソ リi!   |   / /
     | l   |t__、  ̄    ,   / i i  |   /__//〉
     | i   |  |\   ー‐‐ /   ! !  .|く´ __イ /
     | l   | r i  `  . __ イ  i   | ! / フ /ノ
     | i   | i `ー‐‐ -r ! `r.  l  il V      イ
     | l   |∧     | j Vハ !  l!__|_       /
     | i  リ  `ヽ、.ノノ/「 ト、`ー、f=ァ __ /
    /´ ̄`ヽ、 丶 \ / /rヘ ヽ/  iレ/∧V\
     i     \  ヽ.  ∨l iハ f   r.ァ.メァ /´ \
     |       ヽ  }  i | l ∨   //   〈 ヽ  〉
     |    \  j  ,'  / .i l/!         ∧   V
    i      \ /  / / /   i     /  \ハ
    ヽ.      /  / 〈ヽ. /     !   /\  レ'^\
     i\    ハレ'ー〜-;/    /   /   V .イ   ヽ、
     | l\       __ ノ         /    /      |
     K j  \    / /       /  /       ,'
       `ヽ  ヽ     i         / /       /
         V/∧     {      //        /
           Y\        /  〈V〉   /
              |   \     /\___ァヘ〉._∠
              |    弋ー‐ '    // /.   \
              |     \ _____,.ィレ' ト、    〉
              |                 | ヽ /\
           7ー .. __          |  `    \
           /     `` ー -- ‐‐‐ '´ ヽ、.       \

 振り向いたその先にいたのは、白絹大振袖に、猩々緋も鮮やかな羅紗の陣羽織。
それに真紅の皮袴──

 そして、編笠を外したその姿は、紛れもなく、先の「姫」であった。
208 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:09:11.28 ID:yPxZ/aoo
あー、こっちの十兵衛さんは、片目かwwww
209 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:10:02.94 ID:TcgyDwI0
                 l  >/ ./ .::/:// ./ /ヾvム i  i  ヽY´;.=--
                ,レ:´::::::! :' :::/:/./i' ;イ /   |::! :! ::i  :i::Y:::::_
                7:、:::::::l:i|:.,イ:/l/ !i_j:,′   , !,イ: :! :::! :.::l::l/´::::....
                 l ,ヘ::_:|ハi| li T¨´l! |{     ∨ !:/i :;'|:.:j::!::ト、:___;.
                   l /   ̄/l ,z==ミ !   / `/、,!/ !,イ:j!/:::.`ヽ   ほらほら、そんなんじゃ全然ダメよダメダメ!
                   ,'/  ,  f ,|            =ミ、′7'//リ::::::::.. \
               〃  .:/ .::! l        ,        ヾY /,ミ:7ー-‐'⌒
               /  .:::/ .:::::ぃ    i- ..__      し , ‐/::::   ,
            / / ゙̄V  .:::::/:::ヘ   |    j     ,ノr‐!::::    i:
            , ー1  亅 .:::::/::::i::::ヽ  !     /   /_,.-':i:::::   i:.
          , ‐'´i   、 _,h:::::/::::::i:r:/ \`ー‐'_,,. -‐'´::「::::::i::|::::: ::.  !::
        /   l    !  tー- ._rv′`ー- 二_´ /:::::/:::i|:::::::i::|::::: i:..  i:::
.      〈 ',  !   li′ \_:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.::.:: ̄::〉:::i::::::i!:::::::!:l:::::::. l:::..  、
      ハ ヽ  i  リヽ.    `i:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.::.:イ:::::l:::::::l::::::::i::!:::::::..l:::::.
        {. ヽ__ゝ-‐`=-‐'`ー一':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ::.::.::.::!`ー―:--、:!ヽ:::::::.l::::::.
 
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( −)}liil{(○)\   当たらない…全然当たらないお…!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

 そして、しないを以って十兵衛を圧倒するその剣技…!
いよいよ彼女は何者なのか?
210 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:11:12.80 ID:TcgyDwI0
 そして同時刻、江戸城にて──

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ
211 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:12:54.06 ID:TcgyDwI0
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |        やい、伊豆!
         (| ((・) (<) |)       上様がなんと言っても、ここは朝鮮使の言う通り
         |    ⊂⊃   |       …そのうねとかいう女を引き渡すんだ!
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |      
      / |. l + + + + ノ |\      これは天下のためなんだ!
     /   \_____/  \    朝鮮使の邪魔をするな!わかったな!!
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |
         土井大炊頭利勝

 、___________
   、>              .|
   >________   .|
    ̄   .|./_   _\ |   |
       | /  ヽ/  ヽ |  |      わ、わかったよ大炊頭さま。
 .      | |   ・ | ・  |  V⌒i     上様にはきっと納得させるから…。
    _  |.\  人__ノ   6 |
    \ ̄  ○        /
 .     \          厂
      /  _____/
       ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
        /./  ./o    i. \
       松平伊豆守信綱

 老中・土井利勝は、誇りを傷つけられた朝鮮使による「うねを引渡せ」という要求に応じるべく、
東慶寺への寺法を踏み破り、うねを引き渡す為の方策を組み立てていた…!
212 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:14:39.12 ID:TcgyDwI0
      ___
   /   ____\
 ゝ/     | ノ/⌒ !
  /     |_|  .|     そ、そんな!
  |   /^`u ,ヽ_ ノo   なんとかしてくれよ、伊豆!
  ヽ  ヽ  /⌒\_つ   あの寺の寺法は、お爺様が認めたものなんだよ!?
   \/  |
    ヽ  `──,  ( )二l
     j二二ヽ ̄  / `-ノ
  /⌒     l ̄「  /
 /\/    |‐┴−´
./  / |       l
   徳川家光

    ____
    \    ───___
    <             ̄ ̄ ̄ ̄|
    > _________     |
     ̄ ̄ | /       \ |    |
        | /⌒ヽ  /⌒ヽ  |    |    そんな事言ったって…
        | | ‘ |  i ‘   |  |    |   天下の為なんだから、この際、
        | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ u レ⌒ヽ   たかが尼寺のひとつ、見限るしかないよ。
       ノ   o          6 |
      /__   \      _ノ
          >        ノ
         <、___   イ
             |───┤
           / |/ \ / \

 それに反対するのは、三代将軍家光!
何故に彼はうねの引渡しを…東慶寺の寺法の護持にこだわるのか?

 しかし、側近たる知恵伊豆にすら叛かれ、孤立無援の状態に──!
213 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:15:28.56 ID:5wpcKMko
のび太wwww
214 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:15:54.91 ID:TcgyDwI0
 そこで、家光が最後に頼ったのは…

      _____
  ゝ/         \  /
  /  _______ヽ
  |  | : : : : : :\_人ノ: : :|   /
  |  | : : / ⌒ ヽ: :/ ⌒ ヽ
  /^v─ i      |    |       ま…ま……
(( |:d: :♯|     ((・|・))   !
  ヽ: : /^ヽ、 _ ノっ _ ノ−、
   |: :|   \_/^\/^\_:ノ
   |: :|               \
 /⌒\ヽ (⌒ヽ⌒)   ))
 |    \\_/^\_/ノ
 |     \─┬─ ´


,r'   _________゙i     //
|   |  ,r'⌒ \l l/⌒゙il     
(,   |_|       V    |      
,r'⌒゙il  |    ≫|≪   |       マ タ え も〜〜〜〜〜 ん!!
|     ♯#ー ∧ー#,r'⌒)   
!、_ ,r'⌒\ _____ /    
 | |         ,r'        \\
 l |           |          
 (, (, ,r'⌒,r'⌒゙i |         
  \`二二二二二⊃       
  、(,`──ー,            
  ,r' \/ \ |゙i          
215 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:18:46.78 ID:9Ugozrko
マタえもんww 荒木に変身しそうだww
216 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:18:49.15 ID:73Tsx0Mo
出たな。ww
217 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:19:05.43 ID:TcgyDwI0
          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl   (やれやれ、また上様が泣いてるよ…)
   i    /      ̄ ̄   | ── |   
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ
      柳生但馬守宗矩


 それは、将軍家剣術指南役・柳生但馬守宗矩──!
218 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:21:46.66 ID:5wpcKMko
宗矩ドラちゃんかよwwwwwwwwww
219 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:22:25.99 ID:TcgyDwI0
                       ____
    ゝ ───- 、         / - 、‐ 、    \
   / _____ヽ       / -| (・|・) |- 、  U ヽ     なんとかしておくれよマタえも〜ん!
  / |  ノ ─ 、‐ 、 |      /  `-●‐ ′  \   ヽ
  ! __|─|  //|ヾ  |       i 二 __|  二 U   i   i    どうしたんだい家光くん…じゃなくて上様。
  (    U ‐ o-U  l       _| ─ (__   ─   |   !
   |  /⌒ヽ__U___)/)  (__)    (_       |   /
   ヽ、ヽ ___ /ノ(⊃ )  |  ヽ            /  /
  /^\/\ノ\/ ̄/   ヽ  ` ━━6━━━━┥


       _____       _____
    /        \  /       \
   /      − 、−、 ヽ/_______  ヽ     うう、伊豆にまで裏切られて、
  /     -| /・|・ヽ|- |ノ−、 , ─ \  |  |    もう僕にはキミしか頼れる奴がいないんだよ、マタえもん…。
  |   /_ `− ●-′ /⌒)|    |_|___/
.  |   |  _ ̄   | 二 | ⊂ノ | └  |  6 |     ホラ、泣くのはやめて、わけを話してごらんよ…。
  |  |     ̄  | ─ |_/-c`─) )  - ′    なにかできることがあるかもしれないんだからさ。
  ヽ  |   ̄ ̄  |_) |  |‘┬─(、( /
   ヽ |   /(⌒|\  |  |`-`─- ´ノ^\
    ┝━/  /|~| |━l ヽ__|ヽ./\/ l  |
.    |     / | | |  |/ |       |  |
220 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:25:40.01 ID:TcgyDwI0
 そして語られる、家光が東慶寺にこだわりし真の理由。
それは…!

      , -─- 、
    /      ゙ヽ、
   / _ -- 、─, -- __.ヽ.
   .|┌ソ.⌒ヽ、./⌒゙''、!ヽ|
   !|. |   几.Y ..几 |_|.|、  
   ,、「.l .ノソ 人λゝ ノ.l.l   ………………………なんだよ!
  ( .` ゝ--,,'∩゙ -_''゙ .'~゙)
   ゙ゝ┬T.~   `゙~TT'''~
     l |     .| |   l
   | i . i rへ ,, ' 7 l |   |
  .| | .(~` ー - -'-'.つ |
  | | .`゙T -.-+ヤ'  |
  l !   斤-、 人ノ、.  !
     / ~)    ハ

          _ _ _ _ _ ____
        //   /    |    ̄ ヽ、
      / /  ・ / ・  /ヽ、      \
     // | __ ,,.-'-、  /    \     \
    /     i    i ̄        \    ヽ
    | ──_ `-,−′   _──  ヽ    ヽ     (…………へ?)
   |  _    /     ̄        ヽ     |
    |  ̄  / ̄ ̄      ̄ ̄──   |      |
    |  / ヽ__     \         |    |
   | /      |       \       |    |
    |        |             |    l
    ヽ.       |             /    /
     ヽ    i ̄             /   /
      \   ヽ             /   /
       |───────────┴─┤
.        ├──-/ ⌒ヽ───────┤
        | /   l===l   \      |

 舞い上がる家光、唖然とする宗矩。
221 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:28:41.89 ID:TcgyDwI0
【表】                  .....|【裏】
                      .|   …愚かな。だが、これこそ我が柳生家を
 さすが上様!             |  更なる繁栄に導く一手にならん!!
その心意気は見事!         .| 
男の中の男とは上様のことだよ!  .|         ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
                      .|       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ____           |     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::   
   /   − 、− 、 \          |     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::   
.  / , -|   ^|^  |- 、 ヽ  .     .|    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::   
 / _/   `−●−′ \ヽ       |    |::/::::ヾ≦ヘ,_ノヽ::::::::::::::::::::\:::::      
 |(_ 三   |  三 _) | .     .|   |Y::::::::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      
 | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | .     .|   |ノ〆:::::::::::::::l|::::::::::::::::::::::::::ー-:::::|     
 ヽヽヽ   (^U^)   /// ...     .|  /| /:::::::::::::::::l|::::::::::::::::::::::::::ー-:::::|    
  \ヽヽ(二二二)ノ ヘ         |   l / r   :」{,        ヽ  |    
    ━━, ─、━/○^        |   l,  ヘ_ _,,>ー=、_ _,,         '
    ,┴ 、二○= / ノ         |    ∧   `Σ,,、-‐─゙´     /    
   |   |ヽ_ ノ  /           |     ヘ   ===一      ノ      
    ` ─´ ─、_ /          |      ∧                 
         ( __ ノ     .     .|       \≧≡=ニー   ノ 

                 ___
        ____uuu_  /___  ヽ
      /        ヽ| - 、 - 、ヽ |  |    ありがとう!
     /          ヽ ミ|ヾ  |─|__ノ   そう言ってくれるのはマタえもんだけだよ!
 ((  i            |-o −U  )    じゃあ、東慶寺を頼むよ!!
     |            __(ヽ| ̄ ̄)  ノ
     !         ∈__ ) ̄ ̄ ̄)      いや、それはちょっと待って。
      ヽ         / ̄ ̄ ̄ / ノノ
      |━━━━━\     /

 だが、宗矩は、内心を表に出さず、家光の信頼を勝ち得る。
222 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:29:23.06 ID:5wpcKMko
ドラ宗黒ぇwwwwww
223 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:30:22.35 ID:9Ugozrko
ほんに荒山は家光をバカボン(でも結構かわいいところはある)にするのがすきだなあ。
多分家光のこと高く評価してんだろうなあ。
徹の愛は、他人には憎悪にしか見えないタイプだから。
224 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:30:44.96 ID:TcgyDwI0
        ( ⌒ ⌒ )   ⌒ )
          | | |    ( ヽ\  ___
        _____          /__     ヽ=@    なんだよ!
 .    /   −、− 、ヽ     |−\ |      i     さっきボクのこと認めてくれたじゃない!
     /  , -|/・|<\|-ヽ     |・) |─|_    !     アレは嘘だったの!?
    i   / U `−●-´   i    d −´  )    /
.    |  |    三. | 三.  !   └´⌒)  \ヘ/ ,- 、    そうじゃなくて、東慶寺は尼寺でしょ!
    | | /⌒\._|_/^i /     `─┐二二ヽ(  ノ   それに、朝鮮使には手出しするなって言われてるじゃない!
   ◯ヽ ヽヽ______ノ/◯ i⌒^)  /   )  ヽ| ̄| )) 将軍家指南の柳生が出向いちゃダメでしょ!
   \ ━━━━o━━ /  ヽ/\/  /   i   |
     |.    /      ヽ |′   \   /    |─′

          ____
.         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |−、 ヽ
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ      …でも、大丈夫!
     l /  .二    |    二  ヽ l     こんな難しい話でも、ボクならなんとかできるんだよ!
 /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |     今回の件について、ぴったりの奴がいるんだ!
 〉、__ノl |  \      |       ノ   l
 |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ    「すごいや、マタえもん!」
 ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
  ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
.    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
   l    /         \    |


 「柳生の関与を表沙汰にせず、且つ、尼寺へ入り込める凄腕の剣士」。

 ──この難条件を満たした剣士とは?
225 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:32:53.00 ID:TcgyDwI0
 そしてその夜、宗矩は「彼女」は呼び出した…!

                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨    お前に命ずる。
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|     …尼寺へ行け!!
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ
    ヘ::::::::::::::::::::::::::::ゝ--ァ\<´  〉-〈   \/r-、/::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::i:::::::::<:::::::::`ゝ、 |   | ,〆:::::::>:::::ヽ:::::::::::::}


    ノ /     .| }た彡!ハ   __    /l | l  |
 /// /      jノ せ_ノ i liヽ、 __ イ__l_ | i  |     もしかして…闇討のことかしら?
'  i  ハ , ィ'´ ̄_>〜へ__ ,ィ 7ハ「 ̄ _.ハ!V.   |
   ゝi  〉´ ̄ ̄     / i| 〃 .l|、   /    ,イー 、
  /ル'           //´ ̄{__jヽ\/  /    i
〜'          / ヽ// | ト /  / /     l
` ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7Ti    / /.ー.| |,'   , '  /.      |
226 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:34:49.26 ID:TcgyDwI0
                 _   __  /::::|
        ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
       / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ
.      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|      だったら、言ってやるわ。
.       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::|     私の夫になる男が、私より弱かったら
.      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|     話にならないでしょ?
         ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|
         | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|       なによあのヘタレ。
        | ヽ:|ハハ:||\!  ,_jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |      あんなのとくっつけられるなんて
.          |  `ヽli. '=-   ┴`-' /j/ハ| ::: ::' : :|      冗談じゃないわよ!
.         |!: | :|:!.    ,    u ,ニ.イ i:| :::.,' : .:|     /〉
        ハ: | /i:\.  ャー-、   / |::ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7
         / :| レァ:、_ >、ー ',. イ ,ノ7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ
       / /  〈       !   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::| ..:::  o:i^!..  ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ
    _,/      :. :.|..::  <ヽノ/ o ̄ | :  /    ____〉 厂L __ _,人
.  /        ;、_/    //ヽニ>   |...: | ./   } | :|   〉  〉
  \     __/::/     ://     __r' . :_丿/    {  | :|  :/  /
   |ヽ ー '´ {./     :`′   /:r一'´  /      ヽ,j | .'  /
   | :.   .:.:.{:... . . .:. :    ヽ{     く         /  :|    /

     ,. ‐'::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、
   ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\
  /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|:::::::::::::\
/:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l
:::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|
:::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!    やっぱりお前の仕業か…矩香!
:::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|
:::::::|  し'     _    |   ー- し'_  l|
:::::::l  ―― '´  ,r ┬个┬-、     ./
::::::::l    -‐='"┴┴┴┴ ┴=:、   /
::::::::' 、                 ̄ /   ,
\::::::\___________/  / |
  >------------r―-:、------ゝ、  し'
/::::::::::::::::::;;-‐'"´ ̄ト‐┬‐l ̄\:::::::::::\
::::::::::::::::::::/      ヽ -‐'   `:,:::::::::::l
227 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:36:54.23 ID:TcgyDwI0
                      _. -‐1
                  _   / / ,.  ト、
             _, /  ̄ \ ̄Y /   } |
            / /    \.  ヽ ヘ{__ / |
        /,>‐イ ハ ヽ.  ト、\.ヽ,ハイ  ̄` ー-r   
.      __,ィ'⌒y' ,.  ハ」ハヽ.|  | Y hi.Vド=、.  ,.ィ′     大体、それじゃあ将軍家剣術指南役の娘としても、
      \ `ー{ | i |'゙  !i l:| ハィ|T丁| i,ハ_  ,ノ! {      面目が立たないでしょ!
       ヽ才i | |l. |   j从「|,rfi片!'>リ∨,ハ「\.ヽ.\
        /| l | |ハ.l,≧、     ヒゾ'    )くヘ.  \  ヽ    …お父様!!
        ノ .乂.{ \K゙iじ!           ⌒,ノヽ.   ヽ  \
      ⌒ヽ个|\ハ. '´ヽ /ヽ.    /Гヽ. \  \  ` ̄
.           | j  | ハ   \_丿  / |   \ \  \
         リ  i八乂> ..__ ∠ ,ィ_士=- 、 \ \  \
.         / ,. /  ト、 ヽ..f´ ̄ /     ̄`>'7ー-x≧__
      / / /  /ヽ.\,./      / <二 ニ = '´
  _.. - '´_. /   /!  {  У /  /   ̄  /  ∠ - ―
./  /    / :|  _>',.. '     /  _∠ −'´
    /    /   / /      :// イ_‐チ''´ ̄ ̄´¨¬=ァ
.   /    /   / ,:′     ,〃/  :/         /
}.  !     !  /  .!       /       /       / /
 ,丿     /  :/         '       /       厂 ̄
  _ _./  :/          ,     , ' __   __,ノ \   /
 ̄      ハ /        ,     / /,   ̄¨ \  o ,>‐ '
         / {.        i l   /  ∨//     .ヽ /\
.       /  ,      ∨./}    <Х '^ト---:ァ'^′ }
.       /   l ヽ    {  V / /      ̄__/    丿
     /    i.\. \.  ヽ丿 |,.イ      イ   ト、_ / /
      /     ヽ. ヽ \  ヽ.   \     {_ヽ   >,r― ‐ '
.    /      ヽ   ∨ ,ハ、    ̄ヽト、 }|{/
.    ,'            、   /  ヽ-‐ ' ¨´ ̄l \
   i           _ /\   \ ___,」   ヽ
    |      __/ ヽ..     \   \ ̄ ̄`!  ,:仁>┐
.  |    __/ |    \    \   \.  |/ .〉  .}
.   |__/   |     \    \   \{ _ノ  └1
   |  |     ヽ.      \    \  /  ヽ-- '´ ̄

 そう、彼女こそは、柳生宗矩の長女にして、柳生家最強の剣士!

              「 柳 生 矩 香 」!!
228 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:39:04.20 ID:yPxZ/aoo
うわあ・・・・・・
229 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:39:34.50 ID:TcgyDwI0
       ( ⌒ ⌒ )
         | | |
      ヽ   _____
    \   / \/ ヽ   `\
  _   / |  .|.  |− 、   ヽ     だからって見合い相手を闇討ちする娘がどこにいる!
     //`ー ●ー ′   \   ヽ   お前はそんな事だから…!
     __l  三 |  三     ヽ   l
   .\______|__/ ̄`ヽ  l  |
     .   l          |   | /⌒ヽ
        |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ
 .     、ー┴─────┘ /   / ノノ
       >━━O━━━━/  /
    /⌒ヽ  /    \     |

  |┃
  |┃            __
  |┃    ガラッ     イ´   `ゝ、
  |┃ 三      / /     {{ \ ハァハァ…
  |┃       /_/、ヽ    ヽΥへ_
  |┃      [____|_|____|_|___]     あねうえぇぇっ!
  |┃ 三     |   ///(__人__)/// |    やはりこちらに来られましたかおッ!?
  |┃   ハァ… \     ` ⌒´   ,/     姉上の忠実なる下僕、十兵衛でございますお!!
  |┃        /ゝ     "`  ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
゙⊂二、,ノ──-‐'´|  ゚       ゚   .| l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |    (x)       |ヾ___ソ
  |┃      /  \     /   l
230 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:40:49.11 ID:5wpcKMko
十兵衛なにやってんだwwww
231 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:43:06.23 ID:9Ugozrko
マジメに作中で十兵衛の扱いこんなもんです。
232 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:43:24.56 ID:5wpcKMko
なん・・・だと・・・
233 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:44:15.55 ID:TcgyDwI0
      _ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
     / / ´`ヽ _  三,:三ー二
   / ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  /  }  ...|  /!
 |   _}`ー‐し'ゝL
 \  _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
 /  ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-

                 _   __  /::::|
        ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
       / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ
.      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|
.       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::|   
.      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|    相変わらず変質者っぷりに
         ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|   磨きが掛かってきてるわね、十兵衛。
         | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|   昼に見た時は少しはましかと思ったけど…
        | ヽ:|ハハ:||\!  ,_jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |
.          |  `ヽli. '=-   ┴`-' /j/ハ| ::: ::' : :|
.         |!: | :|:!.    ,    u ,ニ.イ i:| :::.,' : .:|     /〉
        ハ: | /i:\.  ャー-、   / |::ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7
         / :| レァ:、_ >、ー ',. イ ,ノ7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ
       / /  〈       !   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::| ..:::  o:i^!..  ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ
234 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:45:15.12 ID:TcgyDwI0
      ____
     /_ノ ' ヽ_\ハアハア
   /(−)   (≡)\    そ、そんなに褒められると困りますお…!
  / /// (__人__) ///\  この十兵衛、姉上のためなら、なんでもやりますお!!
  |     |r┬-|      | 
  \     ` ー'´    /

        ___
     /  ̄    ̄ \
     /          ヽ
   /              |      もうやだこいつら。
   |     , -===- 、i     長女は行き遅れだし、長男は変態だし…。
    |   /         ヽ
    ヽ /          | |
      |_|           |_|
      (.__.)        |_)
       │     -● |
       |     |   |
      ⊂二二⊃⊂二⊃

 十兵衛の矩香への態度たるや、下男が仕えるが如く…。
嫡男の醜態に渋面を作る宗矩。
235 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:46:49.89 ID:5wpcKMko
俄然興味が沸いてきますた
236 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:46:53.89 ID:TcgyDwI0
           _____
  .    /     /⌒\/⌒ヽ
     /   , −|   ・|・  |、\      ともかく矩香。
    /   /   ` ー ●ー ′ヽヽ    あらためて、柳生家の長女たるお前に命ずる!
    /  /     二二 |  二  ̄ノ    尼寺へ行け!
    l  /  /⌒\ ── |  ─ /
    |  | /     ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄       これは、上様よりの御下命なんだよ!
    l  | |          / /⌒ヽ
    l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ
     ヽヽ  `ー───┴─7  /
      >━━━━━O━━ /

          _,,....---/''''~-: : : :\! ̄~/
        ,r ',"----/   "/ヽ: : :ヽ、(
      //     \_______/  ヽ: : :ヽ     上様の…?
     /: : : : : : :\: \:\: \⌒\/: : : : :ヽ
   ,/~~: : : !\: : :\:\:\: \!: : \: : : : :ヽ
 ____!: : : : : !'',r''\\: :ヽヽヽ-!'__!.!、!'"ヽ: : : : :ヽ
r'" !: : : : : : !"  \ ヽ, .!'リ,\!ヽリ' \  \ : : : ヽ      , -‐‐''"''‐--....,,__,,,,
   !: : : : : !:!:ヽ   r'"ヽ:!/ヾ;;;;;;ノ   !/ |:ヽ: : : :丶   ,-'",-‐‐‐‐--,    /./ "'‐-,,,,,,,
\ ,-!:!: !: !:ヽ:ヽヽ   ! リ  -"     -": : ヽ: : : : :ヽ  "/ ,'/_,....._ ,"' .,_ .! !      ヽ
 /  !:!::!: :ヽ:丶r"~,,__           !ヽ: : : :丶: : : ヽ _/ ./' ./.....-‐´   '-! ! !      ヽ
 '\ ヽ!:ヽ: ヽ/ ,r';;;;ヽ          .! .ヽ: : : : ヽ: : : : '-'/ /-----‐、‐‐'"-'-!      ヽ
   '--ヽ:ヾヽ: ヽ,!_ヾ/  i   _    /  ヽ: _、: :ヽ: ヽ: :¬\ !    ヽ、   ヾ      ヽ
     \:ヽ、!:'''''''''       ' '    /  ,r V\\‐--...,,,,: : : : "丶___   ヽ   ヽ      ヽ
      ヽ : : : ヽ: ヽヽ 、__ _ _/-‐'" ヽヽ ,丶 二二二!  --- 、:_':‐-....,~~\ ヽ      ヽ
       !: : : :∧;r-‐-<、 \\  "'    >/ ', --、- 、-'      '-、: :'''-、 '-,ヽ       'ヽ
       !: : : : !'     ヽ  \\  //  / ! ヽ、~"'- 、      ヽ_: : : ヽ  ̄!        ヽ

 ともあれ、宗矩は矩香に対し、今回の使命、

 「東慶寺に匿われた朝鮮の女・うねを、土井利勝の手下から守り抜く」

 ことを伝えられる。
237 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:49:08.97 ID:TcgyDwI0
             _,,,...----..--....,,,
       __,,,,,___ ,,,./~::__,,,,,:::::::::,,,,,__:::\_,,,,_______
      <    /,-'"~:::::::::,::::::::::::::::~"'-.ヽ    7
       ヽ \/''::/:::::::/:/:ハM.ハ::::!:::::::::::::ヽ____/
        !'--/:!:::!::::!::!::!:!.!"""".!.!:!:::::!:::::::::!\!
      < /;!::::::!:::::!::!::!:!!    !.!:!!::::!::::::::!;ヽ >
       !\;;!!::::!-!‐!''!''!‐!   -!-リ‐!-!:::::/ ノ./    ふーん、面白そうじゃない。
       !::::::!/丶!rt:;;::t-、    ,,r;;::t-, !/ヽ--!   …わかりました、矩香は尼寺に参ります。
       !:::::::!  ! ',,!;;;;;!..     .!;;;;;!,.' !ノ./;;;:::!
       !:::::::!\,,', ヽヽヽ  , ヽヽヽ./,,/;;;;;::::!     では、早速鎌倉へ…。
       !::::::::!;;;;;;;ヽ.   _  _   /;:;;;!;;;;;;::::!
       !::::::::::!;;;;;;;,,!\    ̄ /~~~~''‐-,,;;:::::!!
     _____!::::::::::!;;;;;,|"''''','_-,,,/       ヽ::!:ヽ
   /"~  !: !:::::::::::!: : ̄ ̄ /‐‐‐‐--,,    /:!-,~‐、
  ./ 、\!: !:::::::::::::!: : : :/    //\../:::::::!: ヽ/ヽ

      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ     頼んだよ。
 l  /   ー ●ー    ヽ    明日の夜には大炊頭の手下が、
. |  /  三   |  三  | _  貴月うねの拉致に出向くだろうから、
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__) それまでに尼寺に駆けこんでおくれ。
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /   
 /    /    ヽフ  ヽ  l/    
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l
238 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:50:04.79 ID:yPxZ/aoo
今、ふと思いついたんだが…先生は藤原のりかが好きなんだろうか
239 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/10(日) 23:51:47.28 ID:9Ugozrko
>>238
それ以外考えられまい
240 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:51:48.44 ID:TcgyDwI0
.                  .へ、 /!
                    /   ∨  |                    __
              /   , イ´ ̄  ̄   `  .           ,  ´ /
         __ . ィ´ ̄ ̄ > /ヽ   /`ヽ  `ヽ、    .へ /   ./
         \   , '  / / /ヽ./   i     \  /   ヽ    /
             ヽ/ / / / /ヽ/彡}   l ̄ヽ/´ ̄`Y       ',  /
             / /  / / /   〜 | l l |  i ト、   !      ∨
.          /  , '  ./ i  |     | l l |  l | ト、 |  i     〈\ _
       / / //  / ヽ.!i |    / // ,'  l | l i  |  l      ',  /   承知しました。
       /  / //  / rr、.ハノ     /_// // / / l l  |   |       V/   …でも、この一件、どのくらい続きそうかしら?
.          ,'. //l  l  ir;ヾ    / //`メ/ / // / l〜|        ',
         ll // .l  | ⊥iノ    ≧ォ .、/ハレ'/ /  / .,'   i     i
          |i//  !   ト            ヒハ! i / /、 /.  !   i       |
          リ   /   liヽ       ⊥ ソト、ルレ X   |   l      |
.      /  / ヽ.  l| 、\ ヽ        レ イ ,.イ >-|   l      l
    /   /   ∨lト、ヽ >  __ .  ´    |/ 〈〜'⌒ |   l     /
.   , '    /   / ハ / ∠´__ . -‐ '´   レレ ヘ   |       /i
  /      /    //   `ヽ           /  ヽ  リ        , ' !
. /      /    //     〉  rーァ  _  /      X       /  |

        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ    ああ、長引かせはしないよ。
   l   /   二   |  二  |
   |  l     ─   |  ─  l
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ
241 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:53:14.70 ID:TcgyDwI0
         ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::      …二手じゃ。
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::      大炊頭には、二手だけ指させてやる。
   |Y     l|         ヽ      
   |ノ〆    l|       ー-  |       尤も、二手目は寺の外で
  /| /      l|       ー-  |      死体の山が築かれようがな。
   l / r   」{,        ヽ  |
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /
     ヘ   ===一       ノ
      ∧
       \≧≡=ニー   ノ 
242 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:57:54.04 ID:TcgyDwI0
        _ ___
  r‐;ァ'⌒7⌒7'´ ̄:ヽ;:.`.ュ_
  L/.:.:.:.:(;;;;_ノ:./:/:,.:_:l:.:.:.:.:.ヾニユ_
  r;'l.:.:.:.:广ヽ;./:./://^ー'1:l:.l:.:Y;;;;;;>
  ∨.:.:.:ハ;;;;rイ|_イlイ{ u  }.:|:.|.:.ト=く
  |:.:.:.:!:.ハノrflハ「リ  ./イ;イノ-;;r「    (…うわ〜自信満々の顔ね。
  .|:.:.:.:|:.:ト{ ゞ=′   /ナ>ム`'「:.:!       芝居がかっちゃって…)
  |:.:.i:.:|:.:トヘ.     , `" //|.:.|.:.:|
  |:.:.|:.:|:.:::::|\  一- ,. イ「::|.:.|.:.:.|      十兵衛、その時は…
  |!.:|.:.:|:.:r┴-.ニl、r;ニ´:::::||:::|.:.:|.:.:.|   
 ,||.:.|.:.:.l::|   /ハY ト-、--v冖、:!
-й.:.|.:.:.ヾ!  ノ什^l.ト 、j |  |  l::!

      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (−)   ⌒)\     なんですお?
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |
243 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/10(日) 23:59:17.43 ID:TcgyDwI0
                             __ ∧_ヘ__
                      _,,, --‐''''''''/ ''-!:::::ヽヽ、>
                ___  ,/:::::_::::ヘ::::::/  '''!::ヽ:ヽ::!'
              /   >'":::::::::!ミ,,ハヽ::~!'''''' ̄!ヽ:::::ヽ:::!
             ∠___/:::::::/::!:::!    ヽ:!:::!::::!:::!:::!::ヽ::!:::!ヽ
               ///::::::::!:::!:::!:!    !-‐!''!'''''!/:!::!ヽ:!:::! ヽ    私を助けてね?
              /r//!:::::!::!::::!:,,!,,!..   !!:::リ,,、、リ へ!:::::/!::::! ヽ
              /::::!::::!:::::!:::ヽ-'"リヽ  リ. "、、、、 !ゝ/::/::!::!::! !
            /::::::!:::::ヽ:::!:::::ヽ'r''""  、    ノ!-'/::::!:::!::! /!   「も、勿論ですお!
           /::::::::::/::,rヘヽ:::!ヽ ```  __ ノ/:::::/::::::/:::!:!//      姉上のためなら!!」
         /;;;;; ,/::/   /:::'':::!:\__   (:::::::::/:::::::/::::!'''~
     ,, -- ''"::::__,,,../    /:/:ノ::!::::!_:::~!''''''', ii::iヽ::::ノ:::::/
   /:::::,r''''''~ ̄ , -‐''''''~'''''"::::::/"--,-\~~   !:!.!:! '--i'''''''!--、
   /:::::/    /:::,r-/::::::::::::::::::/  ヽ、!  ヽ、  //,,ヽ''--!__ ! ! !
  !:::::::!    /:::/ /::::::::/::::::::::::ヽ  ヽ.  >''' >=!ヘ__/ .! ! ヽ
  !::::::!    !:/   (::::::::/::::::::::::::::ヽ   ヽ!  \///Vヽヽ ヽ/ /
  \:::!    !:!   ヽ::::/::::::::::::::::::::ヽ,   !  ,,,-''"/ ヽ ノ !  ヽ/
    \!_  !::!   !:::!:::::::::::::::::::::::::ヽ,  ヽ< /  ./ 丿  !
         \'==-\!:::::::、--、::::,-!ヽ,  ヽ ∨    ! /   /
              \;;;;;/ !::::! ヽヽ、 ヽ      !    /
                   ヽ!  ! ヽ  !      !   /
                       ! ヽ /     /   .!
                       .!  ヽ/      !    !
                        !__/\    !  /ヽ、
                     / ̄~      /、    \
                    /\,ヘ      /::::!      \
     ___,,,,....-------....,,,,,,_  __,,!/:::::::::\   //:::!  /~~~!~~
   / ̄   :::::::::::::::::::::::::::::::`''~ /::::::::/::::::::\/::::/:::::!/::// :::::::!!
   !\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/::::::/::::::::/:::::::_,-': : : :::::::/: !
   ) \:::::::::::::::::::: : ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/: : : : : : ::::::/: :!
   ヽ  ヽ:::::: .....::::::::::/:::::::: ::::::::::: ::::::::::::::,,, /: : : : : : : : : :::::/: /:!
    !   ) ...::::::::::::/:::::::::::: .:::::::::::: :::,,/~::::::::::: : : :   ...::::::::/: /::!
    ヽ,/:::::::::::::::::::::::::::: : : : ::::::::::::/::::::::::::::::::::::...........:::::::::::::::.../::::::!

 ──こうして、東慶寺をめぐる戦いが始まったのである。
244 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:00:14.56 ID:wbP7jxQ0
             , '
             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ                             ミ     .ミ
         .i|      丶                            |     |l    /  +
         .i|       \                            .i|    |i      ´
          .i|        丶   .                      .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,                   i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `           \  i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
                                       /"`;丶
                                     / `,
                                     '
                                  /    ゞ
245 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 00:01:25.09 ID:eMOxWQUo
あの伝奇史上に残る十兵衛のシーンはカットか。
本編を買って読んで腹筋ねじ切れろということですな。
246 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:01:32.40 ID:wbP7jxQ0
                そ| |||て|
        /::::::/       | |||         ヽ::::ヽ
        l:::::::l__        | |||       _,!::::::l
       l:::::::l. : :_:≧ト、‐...、_| |||イ_,....-::z≦._: : l:::::::l    そ、その剣は、新……!
      /::::::::! :ミヽ,.__○_ヽ、_| |||__;: ィ_○__,ノ彡:l::::::ヽ
     /::::::::::::l    . : : / | |||\: : : : .   /:::::::::::\    
  __,/::::::::::::::::::::l    ' ´   | ||i  ``   /::::::::::::::::::::\ 
 l::::::::::::::::::::::ハ:ヽ        .| ||i       ///、::::::::::::::::::::`l
  .l::::::::::::::::::::|く(ヽ:\  r--‐_ -| ||二._ー--  /イ/:>l:|::::::::::::::::::/.
   l:::::::::::::::::lヽニ、!ヽヽ. lシ^|||||| |||||||^ヽl   l:ニ〃!:::::::::::::::/
   .l:::::::::::::::l:::::`゚l     l:::,―-.| ||― 、::::l    /゚´:::::l:::::::::::::/.  
    l:::::::::::::l::::::::|ヽ   lヘ_: : :.| || : : /7   /|::::::::::l::::::::::/.   
    ∧::::::::::l::::/l lヽ  `、 二.| ||二ノ   //!:::::::::l:::::::/!l
   //:::\::::::!':.l l : l: :\ ` ̄| |i ̄ /: / !ト、/:::/:::l:l
   //::::::/\:l:.:.l l : l: : : ヽ ._|||__,/: : / / l:.//\:::::l:l
                  ||| て
                  |||
                   ii


              ,  ォ ´ ´ ̄ 、{`ヽ⌒ヽ
             、ー‐く / トへ ヽヽヽ>〜}  ヽ
           \__/// l|  ヽ i i iく_ハl l   i
              <_| i ! i|  リナナナレハi i  !  (これがお父様の言っていた
           ノ ム从 八  イ;rハノ' ´ l l  |   ”一つ目の指手”ね…次は何かしら)
    r〜オ´7´ ̄「iー‐ 、ヽrj〉   ´~   .ソl i  |
    ノ /     .| }た彡!ハ   __    /l | l  |
 /// /      jノ せ_ノ i liヽ、 __ イ__l_ | i  |
'  i  ハ , ィ'´ ̄_>〜へ__ ,ィ 7ハ「 ̄ _.ハ!V.   |
   ゝi  〉´ ̄ ̄     / i| 〃 .l|、   /    ,イー 、
  /ル'           //´ ̄{__jヽ\/  /    i

 深夜、東慶寺海珠庵において、尼僧「羽生りか」の振るう剣に一刀両断にされる伊賀忍!
247 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 00:03:35.67 ID:eMOxWQUo
天膳さまナニしてはるんですか
248 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:03:50.04 ID:wbP7jxQ0
       , − 、
  /⌒\ /___ヽ_
 l   /´ ______\
 |  /  /  へ  /  ヽ
  V   /  /⌒    ⌒ ヽ   羽生りか、そう名乗ったそうですね。
  l  l    | | ゚|   | |゚ |  l  …あなたは何者です。
.  |  l    ー    oー   |
  l  |            )   l
   ヽ ヽ     ⌒ー ´   /
     >━━━━,-、━ く
   /    /  ヽフ ヽ ヽ
       天秀尼

         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!   …今、斬った者達は、土井大炊頭様の遣わせた伊賀忍び達。
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l  貴月うね殿を守る為、私は、こちらへ参りました。
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|      (この方が豊臣涼姫さま?
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!      …随分とイメージが違うわね…)
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、
  / /   l  L二// l ! l\ \ ...:':;: -‐‐‐ '´   `、ヽ
/  i    丿  //  ,,.l l- l ヽ/ ::::/         ∧ i
    l/ /   く/ ヽ/ l l  |  ! ::::|         / l !
249 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:05:34.29 ID:wbP7jxQ0
\/ ` ヽ  
-┴‐- 、i,
.-─‐- 、ヽ,
., ヽ,   ィ, , l   
|〈カ   カ) ll   りか…あなたを頼っていいのですね?
` ´  ‐0   l
  , -‐‐,'  ,'
  ',___/  / ,.(__ )
==O=-|´ /
____ヽ i '
 XXXXノ l

                    _    _
       ___ ,. -- r'  ̄¨ ‐、|;;\__/;;;;;|
    t―‐く__/::::::::;:':::::::::::::::::::|;;;;{::::::\;;;ノ
    ヽ;;;;;;;/::::::::::::::!:::::::::::::::::ヽL;;;|::::::::::|;\
    ,r久;;/::::;::::::::トvi1::|:::::i:::::i:::::};;|::i::::::::|;;;;/
    く;;;;;;;|:::::|:::::|::「`^'|:::|::::|:::::|∠;;;|::|::::::i::|;ヽ
    /:`く:|:::::|i::::|::|  |:::|::::|:::::|::|/7!::|::::::|::|:::|      任せて!
   /::::::/ハ:::L|:::N   |::|l;土::|l/!/ヽ::|::::::|:::|:\    存分に働いてみせるから!!
   ,1:::::|:|川N ヽ!_   V {゚じ}ノ リイハ:::|::::::|:::ト、:ヽ   この「城」でね!
   |:|:::::|:|l:|:|:ハ  ̄ヾ      ̄´ _,人::ゝ┐ヽ:ト:\\
   |:|:::::|:||; -,-ヽ    ' __   ,ハ::::::|  /::、::\::::::\\
   |:|::::::|l' /   ヽ、 ヽ._,ノ  イ ノ'フ` _'ト、::\:::ヽ::::::::ヽ:`:::、
   |:|::::::|| |       `: -、イ/ /.| /  r\:::`ー:、::\:::\:::\
   |::|::::::ヽ |     |o. r┐   | ,ノ 厂l._ ヽ ` - 、:\::ヽ::::\:::\
    |::ヽ::::::ヾ|   r-、_}{ o  ├「 l  ' ̄`ト .._,)::::Y::l::\:\::;!
   ヽ:::\::::\   ̄`ー、 ,ニつ |. L.`ニア'ス::::ヽ::::}:::!::}:::ヽ:::::ヽ:::\
      |\_ヽ;::::ヽ    }|    ` ┬:'´,.イ::::ヽ:::∨:/:;ハ::::::|::::::::`ト;:::ヽ

 そして初めて逢うことになる天秀尼…豊臣涼姫。
彼女と矩香の間で交わされた会話とは?
250 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:07:50.67 ID:wbP7jxQ0
            ⌒ ⌒   
          (     ) 
             | | |   
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |      チクショウ!柳生の奴め!
         (| ((・) (<) |)    帆之介!何かいい手はないか!?
         |    ⊂⊃   |    
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |
      / |. l + + + + ノ |\
     /   \_____/  \
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |

            ,,、 - ー― ー- 、
         、- ' ~:::::::::    ;;;;;;;; ~''-、 
       , ''~; ; ;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;  ;;;;ヽ
      r";; ; ;;;; ;;;; z;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ヽ
     r';;;;;; ;;;;rr'((t"t、;;;、 - ーー 、;;;;;_;;;;;;、;;;;;;;; t
     ';;;;;;;;r';(;;ヽ,、-;;'''";;、、、;;;;;;;;r'"ii 」ー 、)'yヽ、i
    i;;;;、i~t''o't;;;;;;;;≪,,,。,~'ヽ;;ノ ;ii i;;、、,;;~',、'ソ )    ならば、オレの知っている
    i ;;;t'、、o「"`'ー ''"~~~~~~,,,,、::-';;; ~'-ゝ;;ヽ。ソ    市中の無頼者どもを使って東慶寺を襲わせてやるぜぇ!
    | ;;'t、ァo)ー- ''"r'' ,、":::: r'、~~~;;; ~'';;- 、''"*i/
   | ;;;;t,ュア;;;;::://',, i;;i ::::: i;;;i ::;;;リ~i :: ::~'ア,,ノ     「よし!任せたぞ!!」
   | ;;;;;;;t't;;:/;;/;、 ', i;;i :::: |z;i  ; リ;;i :::リリ : 〉j
    | ;; ;;;;;;i/;;; /i;;;t,、. i;;i ::: |ニ| ;;;;/ョリ :/;/::/::/
    i,,;;;;;;/;;;;:::/::t/リi |;;i :: |;;;i ;; /;;/ ://:::/ /
- 、,,ノ;;;/;;;;:::: /ー'"'' ,イi |;;;t__i;;t ;;/;;/: //::/ i,r'|    /i
::,,,:::::;>'";;;;;::::: /、、;;;;/:: ̄::::::::::::::~":::ヽ''〈::/ ''" ,/    /; |
 ~ ' 、;;;;::::::: /:::::::;;;;;;;;~;;'ー--ー''::~~~::''y"r''ヽ;;;r"    /;;; |    /;
  リ,ヽ;;;;/t~',,-、::::::;;;;;;t:::::;;;;;;;;;、- /彡 i |     /;;;;; |   /;;;;
'  /,i、、::::: :::t;tヽヽ;:::::;;;;;t;;;;;;;、':::: /彡  ,リ;'-、,,,,,,,, /;;;;;;; |   /;;;;;;;
)'"'/i:::;t::: '' tヽヽヽ、-ーt'"::::;;; j彡  ,'i;;;;~' -、'-~、,''ー+ 、,,/;;;;;;;;;;
//:ハ :::tt~' :::t、ヽ~' 、ヽ:::t'';;;  j彡  ''i;、;;,,"" ~'' -、、"""<;;;;;;;;;;
"t;;:::: ノt :::tt'':: ::::i;;ヽt;;;リ |::;;'i ;;;; / ;;" ;;;; i;;、ヽ、;;,,, ::;;;;tヽ i::ヽ;;~'' --
 t;: / t :::tt   i;;;;;;;;ヽi t;;;;;i;;; /"  ;;; /;;;;` ~'  ""' i t:::::::ヽ ::::::
             壮帆之介

 そして、「一手目」を失敗した土井利勝は、「二手目」を指すべく、
懐刀、壮帆之介に命じ、市中無頼の輩を動かし、東慶寺を襲わせる──!
251 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:09:45.00 ID:wbP7jxQ0
 、__人_从_人__/し、_人_入__、  、__人_从_人__/し、_人_入__、  、__人_从_人__/し、_人_入__、  、__人_从_人__/し、_人_入__、
 、_)              (_、  、_)              (_、 、_)              (_、  、_)              (_、
 _) 東慶寺は消毒だ〜っ!( __) 東慶寺は消毒だ〜っ!(__) 東慶寺は消毒だ〜っ!( __) 東慶寺は消毒だ〜っ!(_
  `)              (´   `)              (´  `)              (´   `)              (´ 
 '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒ ⌒  '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒ ⌒ '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒ ⌒  '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒ ⌒`'
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、         ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、          ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、         ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃         ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,         ゙、';|i,!  'i i"i,          ゙、';|i,!  'i i"i,         ゙、';|i,!  'i i"i,      
         `、||i |i i l|,          `、||i |i i l|,          `、||i |i i l|,          `、||i |i i l|,      
          ',||i }i | ;,〃,,          ',||i }i | ;,〃,,           ',||i }i | ;,〃,,         ',||i }i | ;,〃,,     
          .}.|||| | ! l-'~、ミ        .}.|||| | ! l-'~、ミ         .}.|||| | ! l-'~、ミ        .}.|||| | ! l-'~、ミ   
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ      ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ       ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ      ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ     .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡     Y,;-   ー、  .i|,];;彡      Y,;-   ー、  .i|,];;彡     Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ      iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ     {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,_゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三= ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-''''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ '''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-''''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

 そして、東慶寺の前に集いしは…無頼の徒、50名!!
朝鮮使の遣いを名乗り、東慶寺へ押し寄せる!
252 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:14:07.06 ID:wbP7jxQ0
                               rv  /`!
                  「\    _ _ __   !.:.V´.:.:.:.:.}
              ┌‐‐┘..:.:.ヽ/       `ヽ|.:.:.:r‐-ノ!
               \___」.:.:.:.:.!        、 L ノ  !`ヽ、
                   / /ヽ,.:.:ノ / / /ヽヘ   i l レ::ハ  ',.:.:.:.:>
               ノ! i  /.:Y | i i i |   i ', i l |.:.:.:.:':,  Y´
                  <」 i  /.:.:. | i |i | i|   i | i | レ〜┘  ヽ       心配要らないわ。
               / レ〜〜1 」L.!iリi   メ´ルレリ i  i   ヽ     この女の城を襲う鬼どもは、
                   /  /  /,' ハ rテtv     イ心Y |ハ i ト、  ヽ     私が一匹残らず成敗してやるんだから!
                  /   /   / ヽj ヽZソ    ー'´ レ'  i  | ':,    ヽ
            ノ  /  /  i ヽ.   _’__   /i |  ||  i ヽ   ヽ    「おおっ、りか!」
          /  ,イ  /   i|   ` .,_    ,イ ; |  i i  ヽ \   \   「りかさまっ!」
     _ -‐ ´  / /  /   i   i rくi  ̄  ノ! :!  !ヽ、 ヽ  `ヽ   ヽ、
   , ´   _ -‐ ´ /  /    i   i  」:::: ̄ ̄:::{! |  ヽ ヽ 丶  `ヽ   `ヽ、
  /  ,  '´      /  /    ,   / ̄  。 }{ 。  ` i   \ ヽ ヽ、  `ヽ、  `ヽ、
 i /          /  /     /  /.:.:.:.:}=== ==={.:.:.:.ヽ    ヽ 丶、`ヽ、   `ヽ   )
 |/       / /     / , ´ /. :.:.:.:.:.:.:.:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶    \       _ノ  /
    _ -‐ '´/  ,´     , ´/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.\    `ヽ、   / r '´
_..-‐.:.:.:.:.:..:.:.:.:/  /   //_, -‐ 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:`¬、__  ヽ (   ヽ..
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:i  /    /イ / ハ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i `ヽ、ヽ `ー‐- _`ヽ、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i  ,   /  i ,  /  |: : : : : : : : : : : : : : :./ ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   i       ``
.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ | i   /   |    i  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ノ ヘ,:.:.:.:.:.:.:.:.:!
.:_: ' '´    ! i  i    ヽ_   i 丿: : : : : : : : : : : : ::i   ノハ.:.:.:.:.:.:.:.i
        |    | _ノヽrヘ``` i.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.| レ'   i.:.:.:.:.:.:.:.|
     /`ヽト _ _ハ ヽ  ヽ  Y /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、    |ヽ.:.:.:.:.:.!
      /   | i | ヽ ヽ     Y..:..:..:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::r〜〜`i.:.:.:.:.:.:.:..|
    ヽ   i ハ!  ヽ. 〉   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   |.:.:.:.:.:ヽ.:!ヽ、
     )  レiノ   i/    {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〉  i.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ``ヽ、
    /             ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:-‐'¨´   !.:..:.:.:.:.::.:.|    ヽ
    ヽ              `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´       i.:.:.:.:.:.:.:.:.i     〉
    /                >ー 〜 ' ´    \       |.:.:.:.:.:.:.:.:|   /
.   〈                  / /  /    i  ヽ         i.:.:.:.:.:.:.:.!  /
    ヽ            /  /  /     i   ヽ \ \ L.:.:.:.:.:.:.i_ノ
     /    /      /   /  /     ノヽ._ _〜ヘ ヽ_ノ| ̄  ̄ }

 そして、東慶寺の門を守りしは、柳生矩香、ただ一人!!
253 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:15:35.87 ID:wbP7jxQ0
 だが、門前に詰めし二人の公儀目付。
その一方である宗矩は、無頼の徒を相手に、退去を命ずる。

                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨    止まられい!
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l    公儀目付、柳生但馬守宗矩である。
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|    事情あって、この地は立ち入り禁止になっておる!
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l     早々に立ち去られよ!
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ
    ヘ::::::::::::::::::::::::::::ゝ--ァ\<´  〉-〈   \/r-、/::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::i:::::::::<:::::::::`ゝ、 |   | ,〆:::::::>:::::ヽ:::::::::::::}


. |     (__人__)   …ちょっと待って欲しいだろ。
  |     ` ⌒´ノ  公儀の方針的に考えて…!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 しかしそこに、もう一人の目付が声を掛ける…!
254 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:19:18.41 ID:wbP7jxQ0
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    この度の東慶寺と朝鮮側の紛争…もとい、交渉に、幕府は一切手出ししない
. |  (__人__)  |   だったら、朝鮮側の使者だって言うこいつらを邪魔しちゃ駄目だろ。
  |   ` ⌒´  ノ   公儀の方針的に考えて…。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      
   /    く    
   |     \    
    |    |ヽ、二⌒)
小野次郎右衛門忠明

          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl    そんな事言ったって…こんな連中を通せっていうの?
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ

 宗矩を掣肘するは、もうひとりの将軍家指南役、一刀流・小野忠明!
255 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:21:33.97 ID:wbP7jxQ0
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /             l     \
    ./             ノ::::::::::::::::::::::.\
   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \
  |         / / ̄\\:;;;;;;:// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;::| |. ○ .||
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//     通すが我らの役目…。
   .|             ,/   ::|::     \      通さざるは公儀の方針に叛くものでござる。
    |            |    |     |
    |            |    |     |                       =二=二 ̄
    .|             \__/\__/|         ,. ,._   ,.-,.、       -=二_ニニ
    |.              トエエエエエイ  |         // j / / ノ     -=ニ_ ̄
    .|                   '.{    :l    }/ /     __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=
     |                   .{   :l    }/ )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
      丶                  .{       }  l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
      \                  、`ー一一 ' )       / -=j"  ,_/
       .\                  u     / ,.--、    /   /  /
        ヽ                / }ヽ \  ノ   _}  / \

 公儀の…その実、土井利勝の命に従う形になった忠明は、
叱責するが如き物言いで、宗矩に対し、無頼の徒の通行させることを迫る。
256 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:23:28.61 ID:wbP7jxQ0
       ____
    /       \
   /    ノ -、 -ヽ ヽ
   /   , -|/‘|< |-、 |
  ○/   ` - ●-′ |    …しょうがないなあ。
.  | |  三   | 三 /   じゃあ、行っていいよ。
  |  |  /⌒\_|/^/
  |  |━━━(t)━━、
  |   /__ ヽ |_|
.  i   l ヽ___/ノ j_)
  ヽ  ` ── ′/
   ⊂二⊃⊂二⊃

           ノ ~'' ー--ァ ,,、-ー-''";;;ヽ彡
' 、      ,,、-'"              ::::;;;',
从ミ''ー、 ,,r '"|:::                :::;;;;;;
ミミ  ::`:ヽ;;;;',                 :|;;;;;;
\  ::::::''");リ                 };;j|;;
'ミミ :::::'" ノ-'   、,,~~'''ー、从}}|从'":/   /;/|:}
ミミ {;;Y゙'ー 、、,,,,,,___`' 、  ヽ'〈 r'{ii"    /;} j;;|シ    へっ、最初からそう言ってりゃよかったのよ!
ヽj ヽ(::::::::::::__:::::~'''' 、{{、,,|;;;)| ヽ    ヽヽ'、レ   さ、行くぞお前ら!
ミj  `' 、::::::`'' 、,rェ、~'' 、::;;ヽ;;ノ ッッ-ー'''''' - 、,}リ l;;彡
;;|  ::::::: ~'ー 、ミ:::::::: ̄;;;;;;;;;;ii  Y;イこ弖ーミ:::::~'ッリ彡    「「「おう!!」」」
;〈 :::::::::::      ̄ヌ;;;;;;;''":::::i|:  |、;;;;;;; ̄::´;;;;;l"彡シ    
ミ;'、:::::::::::   " ,,、 '";;;r、;;彡リl: ', `""''''' " |リ彡:/:::
i;;;、}、::::::::::..  ヲ'''"´{;t   ;;r"  )}、    リ;;イ::/::::::
;;;| }}ソ';;、彡,、 '"  _.::::~'' ミiiヽ;;;y'r}}   イ/;;/:Y ::::::::
;;/;リ从::ii|" {ミ、二;;;;;;;;;`''':::、、;_;; 、   ::::, '/::レ ::::/
;;|/{从iii||| ヽ:ヽi|t { 」~ツーi-、、;;;;;;;;;ソ:::::/::::::ノノ  /
;;;;;;;} ii||||  ヽ::`'::、、,,|`''i''i''〈 {ソ;:/ ::::/::::イノ   j
t;;;;;;}  || 从:ヽ:::::::::::::::~"'''''''"::/ ::::/ jj    ノ  ノ;
: ヽ从  i|  ;;从::`'ーiiiiiii从iiiiiii''" ::::/::シ~   ii''"  ノ;;;;

 小野忠明の反対、更に、己の手勢と無頼の徒(&小野家の手勢)の人数差に考えを巡らせ、
宗矩は、無頼の徒に道を譲る…
257 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:26:14.61 ID:wbP7jxQ0
      / ̄ ̄\
     / _ノ  .ヽ、ヽ
     | (●)(●) |
     |  (__人__) |    柳生殿、これで正しいのでござる。
     |   ` ⌒´ ノ 
     ヽ  ._   .} 
      ヽ_/ }   ノ 
      /、 〈  く
     ハ ヽ Y`ー.、i
     { ヽ_ゾノ-‐1
     `¨´┬' . |

        ___
     /  ̄    ̄ \
     /          ヽ
   /              |    …………。
   |     , -===- 、i
    |   /         ヽ
    ヽ /          | |
      |_|           |_|
      (.__.)        |_)
       │     -● |
       |     |   |
      ⊂二二⊃⊂二⊃
258 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:27:38.83 ID:wbP7jxQ0
        ___
     /  ̄    ̄ \
     /          ヽ
   /              |    …………。
   |     , -===- 、i
    |   /         ヽ
    ヽ /          | |
      |_|           |_|

          ___;
      /  ̄    ̄ \;
     ; /          ヽ;
    ./              |    (…………ク、ククク…一刀流敗れたり!
    ;|     , -===- 、i ;;    この一件を聞いて、上様が貴様をどのようにお思いになるかもわからぬか…)
     |   /         ヽ     これで、将軍家の指南役は、我が柳生が独占したも同然…!)
    ;ヽ /          | | ;;

          ___;
      /  ̄    ̄ \;
     ; /          ヽ;
    ./              |    (…そして無頼どもよ…)
    ;|     , -===- 、i ;;   
     |   /         ヽ    
    ;ヽ /          | | ;;

 勝負と悟らせずに敗北に追い込む柳生新陰流の極意、ここにあり──!
一刀流、ここに葬られる…!(政治的に)
259 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:30:04.61 ID:wbP7jxQ0
         ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、      、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    三__|__
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::     口 |
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::    ‐┬‐
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::     │田│
    |::/::::ヾ≦ヘ,_ノヽ::::::::::::::::::::\:::::       ̄ ̄    (では行くがいい。そして全員死ね)
   |Y::::::::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       、 マ
   |ノ〆:::::::::::::::l|::::::::::::::::::::::::::ー-:::::|     .了 用
  /| /:::::::::::::::::l|::::::::::::::::::::::::::ー-:::::|     ."`ー‐
   l / r   :」{,        ヽ  |        ,
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_ _,,           レ |
    ∧   `Σ,,、-‐─゙´     /        ノ
     ヘ   ===一      ノ      
      ∧                   ‖‖
       \≧≡=ニー   ノ.        ゚ .゚


 更に腹の中で無頼50名に対し、死を宣告──!
この宗矩の自身の在り処は?

 そして、この”二手目”の結果は…!?
260 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:32:39.24 ID:wbP7jxQ0
 そして思いもせぬ”三手目”の登場──!

                    __,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,、
                ,..-'": : :          `゙'''ー..、
            /: : :              : : : :::::::\
              /: : :                   : : : :::::::....\
             /: : :                    : : : :::::::...ヽ
            /;:;: : : ._,,,,,,,,_,                   : : : ::::..!
          i" .,,...-..,,,  .´゙"''ー- ..,,,_ :::         : : :::: .!
     /..,ミ..-´::::: :::::::.`'-、: : :      ´゙'‐、:::、:::        ::: .l
      r'"^゙'":::::: ::::.,.. --..,,_ \: : :       `''-:::、:::     ::│     コーホー。
    ,!::: ::::,i- 、__/゛ ._,,,,,.  \ ヽ: : :            \.::: :::: !     久しぶりだな、但馬…戻ってきたぞ。
      !:::: :::.!l│ .!  'ニニル  ヽ. ヽ: : :         `'、::::..|     将軍家指南役の座、返してもらおうか…。
      !:::: ::::ヾ,、 .!  \ ." _.::::" ,.ヽ: : :           : : :ヽ.!
      !::: ::::/  ゙''ー-.........-‐″;:;: : : : ヽ: :          :::.ヽ
      !::.i∩,ヽ '',゙^゙ ̄´゛ |i;:;:;:: : : : : :;:;:.:ヽ: :             :::ヽ
    !::.l゙| .ヽヽ,`\:: .  .|!;:; : : ,/,: : ;:;:;:ヽ: :            :::ヽ
    !::.|/:::: ヽ,ヽ, ::::`、 |_::,../: : : : : : ;:;:;,ヽ: :         :::ヽ
     !::|,!::::.::::. \\::l::.//-二....-':: : : : :;:;:;`'ー ..,        :::ヽ
    ,!::!,!/::::,,... ,! '┐._,,,. -‐''": : : :      : : :::;:;:: ''ー ,,,   :::.ヽ
   i二,,,二-ー;;二>!′,:::::: : : : : :         : : : : ::::;:;: `゙''ー ..:::_ヽ,
     ゙''-,゙x x x x!ヽ::':;:;::::::: : : : : : :        : : : : : : :;:;::: '''"゛: `''‐ヽ
        `'''x x x ヽ::::'::;:;::,: :::,::::::: ::::::: : : : : : : _,,, ー'''"゛:;:;:;:;::;.:;:;:;: ::;:;:;`''ー、、
              `'''‐ミ へ ....,,,,.... -―''''''゙゙゙/゛:;:;:;:;:;:;:;: ;:;:;:;: ;:;:;:;:;_.__:;::;;:;: ;:;:;:;:;`'-、,,.
                 ,iヘ  .ヽ.::::::: , :::::,..-''',゙゙'- ..,,,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;___,゙,゙二二二"''ーニニ;\、
                 l::: l   │,..-'゙゙,, i ←'  . ̄´ア ゙̄,゙″   ._/.::゙''`-;;,,,\\,\゙
               _、,!::: !-....‐'´ / z'゙'":;:;:;:;:;./   ./:;:;:;/    / ,l''゙.、`ヽ::、゙'-::\, ,,ヽ
             ,..-'":;, 冫  ;;彡゙~″:;:;:;:;:;:;:;./    ./:;:;:;./     /  l>::l::`'-..ヽ`'' ..,`‐\,,ヽ
        ,/゛:;:;,/、 .",!.l|  ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/    ,i′:;./     /  /::. `┤ヽ,::::.ヽ''-、ヽ::::,\ヽ
      /゛:;:;.,/:;:;./、  ll「  l:;:;:;:;:;:;:;:;:;./    ./:;:;:;./     /    .l,::\::.ヽ::.\::.ヽ::.ヽ.::::::::,,ヽ
261 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:33:56.63 ID:wbP7jxQ0
                  , ―――――― 、
                 /              \
                 /                    \
               /          /⌒ヽ   /⌒ヽ ヽ
           /     , ――‐{ @ノー‐{ @ノ-、 |
             /     /      `¨´   `¨´  リ
.            |       |                  ,.イ     ………………!
.            |       |                  |
.            |       |        / ̄ ̄\  |
.            |       |   ーく <ニニ> >‐'|
.            |       |       \__/   |
.            |       |                  |
.            |       |                  |
.            |       |       ___     |
.            |   |  |    /      \   !
.            |   └―┴┬‐ 、| ┌ー――┐ | U
.            l_____________|___ヲ\` ー― '´/   !

 有り得ぬはずの「三手目」。
宗矩を驚愕に凍りつかせたこの男は何者か!?
262 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:36:15.89 ID:wbP7jxQ0
 遅々として進まぬ貴月りかの引渡しに業を煮やした朝鮮人使者たち…。
彼らが下した決断とは?

.     /  ,                \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヾ,、               ゙,
. /   イ/    ` ` 、              }
 { i   | ゙      、,,`' 、 ,           j
 レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l    フフフ…我らが兵器を以って尼寺を襲うわけにも参りませぬ。
   ゝ」、 、 , ,、‐''゙゙、゙'、-――t'''/ / l     |    ですから…
    ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゙, j     i
    ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j           妖 術 に 頼 り ま し ょ う!
     '‐レ゙             .,r'    ノ
      l` `      、     i'" ゙ヽ、,/       今こそ、「南師今」を呼ぶのです!
.      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、    「おお!妖術師南師今!」
.       ゙,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/
     ,、 - ''"´ ̄ ̄`゙i zz,,,/ \
   ,、 '"  ,、 ''"    | /    \
                姜弘重

 彼らが招かんとする朝鮮妖術師「南師今」とは何者か!?
263 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:36:46.98 ID:wbP7jxQ0
 そして
                   _,,..-‐‐‐‐---.,,_
                _,r'´         `ヽ、
               _,r'´           ヽ、 `ヽ、
            _,r'´        、       ヽ   ヽ、
           ,r"  r'´   、 、 ヽ`ヽ、   ヽ ヽ ',ヽ `、
         ,r"    ヽヽ、 ヽ` 、`ヽ、` 、ヽ、   ヽ ヽ ', ヽ ヽ
        / ,r'    lヾ、 ヽ、 `、`ヽ、ヽ、ヾ、 __ ',',ヽヾ''''''''''''''''''フ   ねえ、りか。
         /./     ヽ _,r''´ `、' ,`、ヽ,r‐''ヾ´`、 ', ; ; l', l´`y',r'''´`、  あなた、誰か好きな殿方はいないの?
       l / .,r' / / i l     `、`y'´、ヽ_,r‐-,_ヽ;.;.; l ',lv',。' ',.',  ヽ
       レ ,/ i i  ! l     ,! `,r',i´..::::: l l ;;' ,! .;l/ヽ ,!; ',  `、`、
         ! il  ! l ', l _l,r‐      ' _,!-‐''''´ ,! ; .,! ;l`、 ヽ;ヽ',   `、`、
        l !l i l  ! .', l' l,,r_,,,,_          /l ,'/ i !'l ;`ヾ,! l ',   `、`、
       l,!ヽ!l i ! ',ヽ`<ヾ_,!         / ,!;/  l/ .l ;ヽ ヽlヽ',   `、`、
         ヽ、i ヽ , ヽヽ´  ,!        / /,'  /   !.;ヽ`ヽ ヽ    ヽ、ヽ
            `,r'  , '. `、  `  _ ノ   /,'  /   l i `、 ヽ,!、   ', `、
           ,r’  ,'   ; `ー-.,_  '  / ;  /  ,'_,ri !l  ヽヽ、ヽ   ;ヾ;、
         _,r", '  ,     ; ;  ;  ̄''‐-''7 ; ,' ム'''´::::_;r!l'ヽ ヽ、ヽ,!、 ', ; ヽ`、
       r" , '  ,' ,    ; ; ;  ; ', ',  / ; ; <__;r''´___,,!l-ヽ ヽ`ヽ l , , l ヽ
      ,r" ,    , ,    ; ; ,  , , ', l ; , _!-‐''´;'::::'ヾ;:::`、 ヽ、ヽ! , , l
    ,r", ' ,  ,' ,  ,   ;  , ',  , ,  '! , ,r"::::::::::::::::::::::ヾ;::ヽ ヽ`、l , , .l
   ,/ , ,   ,  ,  ,   ;  ,  ,  , ' ,_l,,,,_/::::::::::::::::::::::::::::::::`:::`、 ヽヽ! ,  .l
  /  ,r-、  ,  ,     ;   ,  ', ,r'''y'::;;イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!::l、  ヽ!、   !
. /r'''y:::/:ヽ___,   ,    ;   ,r''フ:::/;r"/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::lヽ  Yヽ l
. lr'7::'ー-'‐":::::_;;>‐-、 ,    ; ,r'7:;人;/`''7’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::!;ヽ  l ヽ!

 再会し、打ち解けたうねから問いかけられた直截な一言が、
矩香の心を過去へと飛ばす。
264 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 00:37:28.42 ID:eMOxWQUo
荒山読んでない人にはナニがなんだかわからないと思いますが、
おおむねこの通りに進みますので、
読書中、時折正気に返ると即座にポルナレフ状態です。
265 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:37:53.92 ID:wbP7jxQ0
 それは封印されていたはずの遠い記憶。

                  ,   - ,‐――- 、 _
             /⌒/   / -、  ∧__{´  `V丁
            ノ⌒y'  `     \l ヽヘ.   ∨
           <  / /  :r vェ、 ヽ ヽl>ー l    l
               >‐|l l l |" " :l  !  !lヽ_}|  l  |
           \く|l |l l| l|   :l| l|  | ! }く__|  i  |   …何で今頃、アイツの顔が出てくるのよ…
             |ヽヘl {ト{从   リ_ル_斗レ彡=|  i  |
             | i r f代圷 ヽ'´弋乏ア ノ}:| ,′ |
             | i ヽハ`///j //////u _ノ/ /  /l
             │/ j_,ヘ、 -―――‐‐<∨ /  / ハ
     _..  -=ニ二 ̄ ̄/.:::...:::::.:::       .:.: ̄}∠/ l
    {::.:.:..    x -―  ニ二つ'__    .:.::  /   ̄`ヽ
    l::.:.:...::...::./        t-‐-`⊃.:.:.::::: :l      !
    |::.:.ヽ.:/         z、\  .:.:.::::: .:.,′    l
      l::.:./    /` ー-、ヾ、\‐'...:.:.:::  .::/     ∧
    l/    /  ::.:ノ:.:.:.\)\)::.:.    .:/     / `、
    /     /:ヽ      :.:.:、_:.:.   .:/     ∧  ヽ
    /     /::.:.:.            :.ヽ .:/     /     ',
  /     /::.:.: :.:.:.            :..∨      /  :j    }
266 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:38:29.84 ID:wbP7jxQ0
 ただ一人、自分に勝る剣を持った男の記憶…。

            ,_,.ィ_,._
           _ソ:::::::::::::´<,    ──憶えておけ、矩香。
           イ;;:::::::::::::::::〉   お前に対する俺の気持ちには、一点の偽りもなかったんだ。
            ,_'リヽ;;;::::;;;/
           /´ ̄ヾ:::フ'ヽ、    俺の本当の名は大休…幕屋大休だ!
.          {     ,}::/  l::`‐.、                 _,..:-=ー'
            ヽ, ノ {'′/ ヽ::::::l,         ,.    ,r-‐;=' "´     ,..ィ
          } !   ,!  ,/  〉::::l,      ,..‐'´::`ー‐'´::::::て_  ,.. -‐''´::::::
          〈 ヽ,  | /   /::::::::ヽ、  ,..-''´;::-ー''::´:::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::
          〉 ,.!ィ  l/ ,:へ::::::_;:::-:''´-ー'´::::::::::::__;;::::::::--:──:---:::::::;;____
         / ,/  ,;.ゝ'´::::``ニ´_;:::::-‐‐''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         /-/:''´ ̄'':´::::;;:: --‐、──t-、;:: -── '' ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ‐-
         /イ_;::::ィ‐''´ ̄l,     {::::::::::|
      ,/''::::::〉'´;;;;;;!;;;;;;;;:l    !::::::::::l
     ,<二ミ/;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;:}  /:::::::::/     「織部之介ッッ!!」
     i- 、:::::ソ ;;;;;;;ヘ:;;;;;;;;;;;;;:l,  ,ゝ、:;;:」
     └ター゙';;;;;;;;;;:l !;;;;;;;;;;;;;;:l, !_z'=〈
      l:;;;;;;;;;;;;;;;;:! |:;;;;;;;;;;;;;;;:l ゞー'´
       |:;;;;;;;;;;;;;;::l   !:;;;;;;;;;;;;;;:l
.       |::;;;;;;;;;;;;::/  ヽ:;;;;;;;;;;;;;:l
      |::;;;;;;;;;;;::/   ヽ:;;;;;;;;;;;;::!
       !:;;;;;;;;;;;:/      ヽ:;;;;;;;;;;;:|
     |::;;;;;;;;;::|      |::;;;;;;;;;;:l
      |:;;;;;;;;;;〈       |::;;;;;;;;;;;ヽ
     |:;;;;;;;;;::l′     ヽ;;;;;;;;;;;;:|
267 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:39:33.56 ID:wbP7jxQ0
 しかし、矩香が思いを馳せたその時、遠く北の地にて…

   ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::.........   :::...   /   `ヽ、ト、:. :::..  ::::.  :   .:   //7
   ,r''´:::::::::::::::::::........   :::.....::::___;;;,/         \::::、::. :::.. ::  .::   /'´ /
-'''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠´    ',          \ト、:::::.:: .::   / /′
`ー--_;;;::-‐::::::::::::::::.......... ..::∠´ `ヽ、   ',          ;\:::::.::    /
 -ニ::;;;;;:-::::/¨ ̄丶:::::::::::7´  `   \           ;  `ー'´-''´i /
    /::::::/ ,r'´ ヽ 丶''´'' ‐ - - 、 _,,,,,,`ヽ、         ;  ,'    ,l/
  /:::::::::::! ' l    〉         ',!   ,r'´''ヽ、       ;  ,'   ,' l!
∠ -''7::::::l   ヽ /           ヽ !  ゚ノト、ヽ、    ,' ,'   ,' !
   /:::;/::! i   ` !           `ー--- ′ `ー`      , '  l
 //!::::丶ヽ __  !              ̄ ヽ ー -、        !
'´-" /::::::::::::ヽ  ヽ                ヽ    ヽ ,r'ー==--,,,!   
   /::::/!::::/ `ー'`i                     ` 〉イ ゚! >´     …死ぬがいい、柳生!
.  /:/ !:::/      !                      !、ヽ_,/!
  ''´  l::/     l                     l   l
    レ′     i丶                 _   丶  !
  ,r<´      ! `、          __         ` _,,-''’/
-,/;:;:;ヽ      l  丶          ̄¨'''‐--      /
〈:;:;:;:;:;:;ヽ       !   ヽ                /
.:ヽ:;:;:;:;:;:;:\     !    丶            /
:.:.:丶;:;:;:;:;:;:;:\   l      ヽ           /
.:.:.:.:.:.\:;:;:;:;:;:;:;丶、!       丶 __      /
:.:.::.:.:.:.:.:.ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ、       /¨ ---'′
.:.:.:.:.:.:.;,;,:.:.:.ヾ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`、    ./、
:、.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;.:.:./;,/¨''ヾ、__/   /;:¨;:/‐,、
.:.ヽ.:.:.:.;;;;;;;;;;;;/;:/      ̄¨'''''''i;:;/‐''’!
ヽ;;;;ヽ.:.:.;;;;;;;/;:/         !:;:!;;;;;:.:!
;,:.:ヽ;;;;ヽ:.;;/;:;:!          !:;:;!;;;;:.:!,,_
.:;;;;;.:.:.丶`ヾ、;:`ヽ、         !:;:;!;;;r'’;!.:!__
:.:.;;;;;;;;.:.:.:`ー->-‐:`:;------‐’:;:l;;/:;;;/:/:.:.:.ヽ _____

 かつての矩香と唯一互角以上に立ち会えた男、幕屋大休、今再び…。
彼の目的は!?
268 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:40:32.87 ID:wbP7jxQ0
 そして、来日せし朝鮮妖術師・南師今!

          |l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::- 、__
        ,、-'";::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 
      /::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:、-一'''";:;:;:;:;:;:;:;:``''ー 、::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::;:;:;:;:;:/::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::`ヽ ト、:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ::::::::::::::::::::::::::/ ___,,,,,,,,,,j   ヾ-‐''二二`ヾ;::::i::} };:;\;:;:;:;:;:::::::::::::::::'、   …されば、寺を消せばよいことである。
    :::::::::::::::::::::/|::/:::; --、:!    |::`i::{ ロ } :::}::::{ }::;:;:;ヽ;:;:;:;::::::::::::::::::ヽ
    :::::::::::::::/:| |:i {. ロ j    |:::::l ´ ̄ ̄ :::::::::} .{:::::::::::゙、;:;:;:::::::::::::::::::::
    :::::::::::::/;:;:;| |::-┴''"´/-──ヽ;:::l      :::::::{ {:::::::::::::|:/:::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::;:;:;:;| |::::    |:「:l:::::::;「:Lヽ!     ::::::{  }::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::;:;:;{  |:::                i:::::{  |:::::::::/; ===、::::::::::;ィ'
   、::::::::::::;、-‐|:. |:::  ; -r┬''エエエ`ヽ:ヽ、   l::::::`i ヾ/:::::::::::::::|::::/‐|
    `ヽ、((:::::::::|::...| ∠ -┴┴''"二二二   ,.:::::::::::::レ'´::::::/ ̄``i'´ ___|
    ,二ヽ|:::``ヽ、:::|:::ヽ           ,.::::':::::::::::/::::::::/     |/
   /'´  |`ー 、::::ヾ|:::::::::、... -───‐r'´:::::::::::::;/::::::/      .:|  , -‐
   _{ , --ヽ  ヽ::::ヽ::::::|::::::::::::::::::::::::::::',::;、-'"/::::::/            ∨  __
    ヽ, -- 、!  ヽ:::::ト 、|:::::::::;;;;;;;:::;、-'´  /::::∠...___/ヽ、_,=====V
     |, --、|   \:ヽ   ̄ ̄ ̄ ____/|ヽ/       |_____,ノ', /
   ___|ニニヽ`ー----/ー─‐‐''"´::::::/ |          ヽ::::;、-'´ 彡|ハ:
  -- 、::::::::::::::ヽ三彡/:::::::::::::::::::::::::::::::::|/     .        \     / |;::

 事も無げに放ったその言葉の裏には、何があるのか?
その妖術とは!?
269 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:41:46.20 ID:wbP7jxQ0
 全ての人間が、決戦の地・東慶寺へ集う…!

                        、_,.-'='`'ーヾ、
                        r`      iィ
                       く         /´   幕屋大休、推参。
                        'イ,     /ク   朝鮮使の使いとして、貴月うねを受け取るべく、参上した。
                          〉;'^ニイ,/
                        _i´tr─/:`: ̄;'〃'ー;rー.、
                     ,..‐'´/‐''二|: : : : :;i/' : :/ ; : : : :ヽ
                  ,..- '´: : : :{イ!トヽ| : : : : l!: : /: :i: : : : : :l
                  /:!: : : : : : :;!';;||;;;;;;!、: : : ;!::::;i;:::.ヽ;:.: : :;/
                   〈: :i; : !: : :./;;;;;;!i;;;;;;;ヽ、: : : :::::ヽ;:::..`: : : 'i,
                 i: : ヾ;:i;::::/;;;;;;;;/;ヽ:;;;;;;>、: :.:::::::'i;::::...: : : :.ヽ
                    ,|: : ::::ヾ:;:|ヾ=イ{;;;;\<;;`ーヾ、::::::.!:::::...: : :!::::|
                /: ::::::::::::;ハ!;;ン;;;ヾi;;;;;;;;゙ii;;;;;;;;:/';イヽ;::..: : :ヽ::|
               /'i:.:::::::::::;/  ヽ、;;;;;}i;;;;;;;;;;}l;;;;;;!!;;;;;;;| ヽ::.: : :ヾヾ
                ! :::::::::::::;/   ノ゙::´ ̄: : : : : : ̄`ヾ. |::::. : : ::`|
               ノ: ::::::::;/   |;;;:; :-─ ── -、:、::;| ヽ:::::..: : : \
              i´::::::::::::/   ,r':'´: : : r'´: : : : : : : : ヽゝ `!;:::::.. : : :ヽ
             /i ::::::::: ;/   ,l.-': : : ;/: : : : : : : : : :.i ヾ\ |;::::::::.: : : :ヽ
            ,/ : ::::::::: ;l  r'´; : : : ::::.{::::::::::::.: : : : : : : : : :〈 l;:::::::::: : : : ヾ、
           /: : : :::::::./  /′: : : ::::::::l;::::::::::::: : : : : : :i: : : :\ヽ::::::: : : : : :゙|
           /.: : : : :::/ /: : : : : : : :::;ノ::::::::: : : : : : : : |: : : : : \ヽ;: : : : : : ll
          /: : :::::. ://: ;: : : : :〃: : /: : : : : : : : : : :.:::|: : : ヽ:: : :ヾ!:.;:.:: : : ::|!
          /: : :;:: -''´: :;/:: : : : /: : : /: : : : : : : : : : : ::::|: : : : ヽ:: : : |.::l: : : : :;!|
         ,./-''´: : : : : :/:: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : .::::::!: : : : :.ヽ::.: :.!;ノ:::: : ;〃ヽ.
     ,. - ''´: : : : : : : : : :/::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .::::::/: : : : : :.ヽ::.:.く::::.:.: :l|  '!
  ,.-'´: : : : : : : : : : : : : :/::::: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : .::::::/: : : : : : : :ヽ:: :{;----'i   ,!
/: : : : : : : : : : : :/: : : /::::: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : .:::::/: : : : : : : : : :ヽ;:,|´ ̄ `ヽ.ノ
: : : : : : : : : : : /: : : : : :i::::: : : : : : : : /: : : : : : : : : :.::::::/: : : : : : : : : : : : 〈'メ ,  ,  !\
: : : : : : : : .:/: : : : : : : :|::: : : : : : : : /: : : : : : : : : :.:::::/: : : : : : : : : : : : : : `ー':-:'=<ノ: : :ヽ.
: : : : : : .:/: : : : : : : : : :!:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:::/: : : : : : : : : : : : : : : : : .::::::::::::::::.: : : :ヽ
270 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:43:23.94 ID:wbP7jxQ0
         ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::    何をしに参った。織部之介。
   |Y     l|         ヽ
   |ノ〆    l|       ー-  |    …まあ、詮議の必要もなし。
  /| /      l|       ー-  |    なんとなれば、幕屋大休なる者が本日この日、
   l / r   」{,        ヽ  |    鎌倉へ現れた、などということのなきを以って…。
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /
     ヘ   ===一       ノ
      ∧
       \≧≡=ニー   ノ 

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\    …………!
    /:u:::::(−)三(○):\
   /::::::.::u::::: (__人__) ::::::::\  /l
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::

 大休を囲むは、宗矩、十兵衛に加え、30名の柳生衆…!
果たして、勝負の行方は…?
271 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:46:15.56 ID:wbP7jxQ0
 .( ヽ `、 li ,、             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.((:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ  ;;
  ヽ、 `、  ヽヽ、         /:.:.:.:.:.:.:.:.ノi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.) ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.((   /!
   )  )  (;;ノヾ_`‐- ,__,,,,,,   ':.:.:..、:.:.:.(´ノ:.:.:.:.-┼:.:.:.:.:.-┼:.:ノi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ノ   } !    誰も助けに来ぬぞ、涼公主よ。
   ヾ (;;` r‐、  ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)ヽ:.-┼:.:.:.:.:.:.:ノ|:.:.:.:.:.:.:.ノ|:(".ノ:.:.:.:.:.:.:-┼{.o oi:.:.ヽ  これぞ、我が術なれば…。
     `i  {;;;;l| ./:.:.─┐:.:.:.:.-┼('" ノ:.ノ|:.:.:, -‐ )ヽ─っ(‐-、i ( /i:.:.:.:.:.ノ|ノ 0 .ノ:.:.:.:.:\
     ヾ,_,,___,,ノ:.:.:..─┘:.:.:.:.:.ノ|:.ノ  彡'(/,,_i`"  Yヽ) ) 丿 V `ヽ、:.:.:.`‐ .'":.:.:.:.:.:.:.:.:`‐--‐ ' "
     .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   __,..ゝ,,-‐'.、 `ヾ,_ ノヾ-'"`‐'`-''`‐-(,,_ノ 从,、_,,)_ __:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ヽ,、     `、:.:.: ,    '"::::::::(_人_,,从, '", -‐ー────ー‐- 、 ヾノ ̄:::::::::::::::::::` 、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:v'"ヽ ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ノ:/.,=ニニニニ!"  `|iニニニニ=iヽ:::::::::::::::::::::::::;:;;;;;;;;;ヽ  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ i;;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::::::::/! (_::i {;;i二i;]_i|____!|_[;i二 i;;}::::!ノi、::::::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;! :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ヽ;;;;;;:;::::::::::::::::___!ヽ、__ ヽ   ̄ /;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ̄,-‐' ,_,ノ::!___;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;ノ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ヽ、;;;;;;;;;;;;;/ヽ::::::|::  |::!,,_`-‐、エエニエニエエエノ _ノ::| ::|:::::::/i-― '" :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     ̄ /\ \:|::  |:::::::| |ヽ、 ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡':i |:::l  ::|.//ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   \. \ . i:::::::| !エエエニエニエエエエ_l |:::!__/ /  `、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     \ .\`―-- 、,_二二二_, --‐'''/ ./     \:.:.:.:.:.:.:, -‐‐'"
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./__       \. \─--─=====─--/ /         .\].]/       /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___/ ̄ヽ__ ̄ ̄ ̄ ̄ `_>/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、,/ ---──---‐''"/ソ   (;;;ノ ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.:./          ̄ ̄ ̄ ̄     l: : : : : : : : : : : : : : : : | ---―――---- '" ( (;;;ノ   (:.:.
:.:.:.:.:.:.:/                  |: : : : : : : : : : : : : : : : l              )  ,,;;;'ノ  ノ:.
:.:.:.::/                      i: : : : : : : : : : : : : : : : l               ( (;;;'/, -‐':.:.

          , ─ 、      / ⌒ \
        /    \   /     ヽ
        /   , −´  ̄ ̄ ̄ ─  、|
       /  /    , ───── \
       | /    /            ヽ
/  /  |/     /   ⌒\     /ヽ ヽ
  /   /    /     ヽ l /      ヽ l /  ヽ
/      l     /      / ⌒ヽ     /⌒ヽ   l
   / |    l      | (‘l |      |(‘l |   |   韓人!この寺をなんと心得る!!
  /   |    |     l     l   _ l    l  l
/  / l     |      ` ー ´   (二) ー ´  |
  /    l   l          ___       !
/  /  ヽ  ヽ     ヽ/´      l     /
  //   lヽ   ヽ      ノ─-、    ノ     /
//    /ヽ\ ヽ   /____ノ_ /   /
/    /  \` ー` ‐─────── イ   /
272 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:47:20.99 ID:wbP7jxQ0
   |:::::::::::::::\:::::::::l:::::::::::::::::::/:::://:::::::::::::::;、-''´        __\/
    |::::::::::::ヽ ヽ;:::::\__ヽ;::::::|::/:::/:::::::::::::::/    _,,、-‐-、   \ __」
   .!::::::::::::::::::\__ヽ- 、:::::l::::|:::::|::::|::::::::::/   _,、-'´:::_,,、=≡、ミ、   ヽL,  豊   死
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::゙!V::::`ヽ;:::::/    /::_,、='" __   `ヾ;ヽ ....:}   臣   ね
  j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::| ,L==`二ヽ    |/;r'゙、 .r'ニ`i    l/::/    の   !!
  |_,,、-─────-、r=''"´:::::r''´r‐{ミ::一::.|;;;|`  `‐'"__,、-‐'゙:::ヽ    血
  |    __,,、---- 、 }二⌒::::::}:::ノ:''工ヾミ;:::::ヾ、_,,、-''´ _,,、==─‐}.    を
  |   r'´,、=='" ̄ヾ}ー、:ヽ::::///r:::l;`::::::、_:>=='''"´     /     継
  ゙!  ||;;r'゙` r=ヘ   ゙i:::ヽ:::r'::|:|:::ノ:::::::l`:::::::-、,,,____,,、-‐'''`ー 、 '  ぎ
   ゙i,  ||;;|_ `='゙"_,、-イ::::ト、:∧|::/::::::::::::|;;;;;;人:::::__,r‐、,,_::::::::::::::::::::::::::}   し
   l,....:ヾ;、_,、-'´.:::;ジ|:::::|:::ヾ::|/::::::::::::::|;;;;;;⌒ヽ=´>⌒y‐ 、`''‐-、:::/   者
    j:::::::ヽ::;、-‐'' ´ r':|::::::|:::::::_;、-‐''"´  ゙ヽ、;;;;;゙、::::-‐'´:::_;;、::::`'''/    よ
    /::,、-''´   _,ノV:::|;r‐‐''´     r''´:::ヽ ヽ/:::::::‐''´:;、-===彡____  !!
   〈´    ,r'´:::r‐'ニフ|  ,,,,,,    _,.ゝ:::::::::::"´_,,、-─''" /__;;;;;;;;\;:::ヽ 
   ゙i,   ,ノ::::::/ rL;;::::|  |::::::レ'"´:::::::_,、-‐'´ ___,、-'''´ |   Y⌒l-|:i::::} 
     ゙i,  .:::::::/rL;;;:::::::|`'´::::::_,、-‐''´__,,、-┬'"   |     |    |  | |:l:::/
     ゙i, ::::  レ'ー'''二、-''" __,、-'''"|     |     |     |.   |  | |::/   
       ゙i, :::: /,rr┬┬┬''"´|    |    |__,、-┴─‐┴─┼─'/  ,. -┬、    /:::
       ヽ ::Ll;;;|: | | |    |  _,⊥-‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;____;;;;;;;;;;;;::::::::ヽイ:|  |:::ヽ   /::::::::
       ヽ ゙i;ヾ|. | | | _,、-┴''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´:::::r'⌒ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;|::|.  |::::::l, /::::::::::::
        ヽ.゙i,ヾ!.| レ'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,、 -''":::::::::::::::::|::::::i:::::ヽ;;;;;;;;;;;;|::|   |::::::∨::::::::::::::
         ヾi, ゙Y´::::::::;;;;;;;;;;;;/´`゙''''":::::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::|::::::::ヽ;;;::::」::|   |:::::::::::::::::::::::::
        ヾi;. ゙i,:::::::::;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::/;;;ヽ;::::::;.イ´|::|   |:::::::::::::::::::::::::

 妖術師・南師今の妖術の前に、天秀尼絶体絶命…!
273 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 00:49:07.74 ID:wbP7jxQ0
          ___                                           __、  ___
     _jf''┐  ゙‖゙‖                                         :ll´ 卜 |l⌒'、
    _rfニyl┘____‖ 'ヤ?ョ、          ____..v一 ̄'‖                      ll  ll │ ‖
   '''冖"]!゙''、'ゞー'、:ll二ニv-.. 、   ..y-+‐亡ヌ='fllヒy4‐~~       E┐       ___      |l |l’ ll |l
    _〃_jlムャョヒニ..广l┴―亠   "゙'―~~  /'ア′         ‖ l|       '亡ゝ、   ‖|l′ |l ‖
   _l厂 ll゙゙'゙゙二 _..フ └'‐ぅ 、        ./‖           '、卜  _ 、    ヽ ゙   |lr卜  l| ル
  ..ョll4'│|l 'サil三―'''、|l ̄~~          l| l'、           1 廴jl手     ゙'、 |l、  |l ll   l||l
  "  |l ∫  ゙'に ゙ll l| │            'll ゝ、            ゙ゝ二|l′     ゙`ー′  ムト  ll‖
    |l ,,|l    ニ二l'、l|             "ゝ ゙゙'ゝ、           ̄′          _.... 、 _-_
    廴|l     ''丈  l′             "'ゝ、_ナ                      'll_]〉 ll_]l!
     ~~      ゙ー「                                          ~~´  `~~
274 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:01:25.50 ID:wbP7jxQ0
lllllllllllllllllllllll                 ,,_uuu_             lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll                ;lllllllllllllllllレ             lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll                ''|llllllllllllllllll!′           lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll                 ゙|lllllillll廴,,,,          ......lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll             _;ョョョllllllllllllllllllllllll圭レ          .lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll           ,,」lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllト          .lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll           :lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll厂        ......lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll           "゙ゞゞリllllllllllllllllllllllllll广           .lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll               ;llllllllllllllllllllll厂             lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll              :jlllllllllllllllllllllllll'、             lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll             _jllllllllllllllllllllllllllllll'、          .....lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll             |lllllllllllllllllllllllllllllllllll'、           lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll             |llllllllllllllllllllllllllllllllllll|          ....lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll             "llllllllllllllllllllllllllllllllll〕            lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll              |lllllllllllllllllllllllllllll'、          ....lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll              ,,lllllllllll厂゙lllllllllll'、           lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll              'llllllllllllll'、 ''゙lllllllllllL 、         lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll               lllllllllllll'、 ''llllllllllllllレ         .lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll               〈llllllllllllll!   'lllllllllllllllj       ..lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll               |lllllllllllll'、   'lllllllllllll'、     .....lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll               |lllllllllll′    ゙'lllllllllll        .lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll               ;llllllllll′      |llllllll        .lllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllll               '~~~~        ゙~~゙゙        lllllllllllllllllllllll
┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
│知れ、韓人よ。                                      .|
│ここ東慶寺は、元寇に対抗し、日本を守らんとした北条時宗公所縁の寺。  |
│日本を護持せんとの時宗公の御意思は、                      .|
│何処よりも、ここ東慶寺においてこそ今なおいっそう明らかになるのだ…  .|
│                                              .|
│人、それを「護国」という…!                            .|
└―――――――――――――――――――――――――――――――┘
275 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:03:42.40 ID:wbP7jxQ0
   |:::::::::::::::\:::::::::l:::::::::::::::::::/:::://:::::::::::::::;、-''´        __\/
    |::::::::::::ヽ ヽ;:::::\__ヽ;::::::|::/:::/:::::::::::::::/    _,,、-‐-、   \ __」
   .!::::::::::::::::::\__ヽ- 、:::::l::::|:::::|::::|::::::::::/   _,、-'´:::_,,、=≡、ミ、   ヽL,   何
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::゙!V::::`ヽ;:::::/    /::_,、='" __   `ヾ;ヽ ....:}   
  j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::| ,L==`二ヽ    |/;r'゙、 .r'ニ`i    l/::/     者
  |_,,、-─────-、r=''"´:::::r''´r‐{ミ::一::.|;;;|`  `‐'"__,、-‐'゙:::ヽ     
  |    __,,、---- 、 }二⌒::::::}:::ノ:''工ヾミ;:::::ヾ、_,,、-''´ _,,、==─‐}.      で
  |   r'´,、=='" ̄ヾ}ー、:ヽ::::///r:::l;`::::::、_:>=='''"´     /     
  ゙!  ||;;r'゙` r=ヘ   ゙i:::ヽ:::r'::|:|:::ノ:::::::l`:::::::-、,,,____,,、-‐'''`ー 、 '    す
   ゙i,  ||;;|_ `='゙"_,、-イ::::ト、:∧|::/::::::::::::|;;;;;;人:::::__,r‐、,,_::::::::::::::::::::::::::}   
   l,....:ヾ;、_,、-'´.:::;ジ|:::::|:::ヾ::|/::::::::::::::|;;;;;;⌒ヽ=´>⌒y‐ 、`''‐-、:::/    !?
    j:::::::ヽ::;、-‐'' ´ r':|::::::|:::::::_;、-‐''"´  ゙ヽ、;;;;;゙、::::-‐'´:::_;;、::::`'''/    
    /::,、-''´   _,ノV:::|;r‐‐''´     r''´:::ヽ ヽ/:::::::‐''´:;、-===彡____  
   〈´    ,r'´:::r‐'ニフ|  ,,,,,,    _,.ゝ:::::::::::"´_,,、-─''" /__;;;;;;;;\;:::ヽ 
   ゙i,   ,ノ::::::/ rL;;::::|  |::::::レ'"´:::::::_,、-‐'´ ___,、-'''´ |   Y⌒l-|:i::::} 
     ゙i,  .:::::::/rL;;;:::::::|`'´::::::_,、-‐''´__,,、-┬'"   |     |    |  | |:l:::/
     ゙i, ::::  レ'ー'''二、-''" __,、-'''"|     |     |     |.   |  | |::/   
       ゙i, :::: /,rr┬┬┬''"´|    |    |__,、-┴─‐┴─┼─'/  ,. -┬、    /:::
       ヽ ::Ll;;;|: | | |    |  _,⊥-‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;____;;;;;;;;;;;;::::::::ヽイ:|  |:::ヽ   /::::::::
       ヽ ゙i;ヾ|. | | | _,、-┴''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´:::::r'⌒ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;|::|.  |::::::l, /::::::::::::
        ヽ.゙i,ヾ!.| レ'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,、 -''":::::::::::::::::|::::::i:::::ヽ;;;;;;;;;;;;|::|   |::::::∨::::::::::::::
         ヾi, ゙Y´::::::::;;;;;;;;;;;;/´`゙''''":::::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::|::::::::ヽ;;;::::」::|   |:::::::::::::::::::::::::
        ヾi;. ゙i,:::::::::;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::/;;;ヽ;::::::;.イ´|::|   |:::::::::::::::::::::::::
276 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 01:04:30.64 ID:kdKHN3Qo
あ、あなたは!!??
277 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:04:38.86 ID:wbP7jxQ0
                          . ´   ,.イ: : i:::`: . 、 `  、
                         /   . .::´::.. : : |:::::::::::::`: . .  ヽ、
                       /. イ´::::::::::::. : : |::::::::::::::::::::::`ヽ. ハ
                       ,イ/:::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::_' .
                    /〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                      /:/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ
                       .′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::小.
                    ; .i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j:l::i
                     {.:.ト、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 刈 }
                     i:::{::ハ::::≫‐-冬:::::::::::::::::: |::::::::::::::::::>‐守:::::/::::j: !
                     |ハ:::ヾ::{::fテ云≧<:::::::}::{:::::::>≦云≧}:::イ::::/:::}
                    !::::ヘ:::::::ヾ  代:ォア >‐一''乏テア r'::::: ナ:':::::/::::リ
                   '.::::::ヾ---辷''´ メ    i   ` <辷;才: /:::::;′
                      ∨:: j::::::: Y了       |      Y}:厂::::}::::::/
                     ヾ:∧::::::::Yi       j        i:::i:::::::ナ::; ’
                     \∨:::: Y    -‐一    .'::リ::: //
                      \:::::::}:ト     ¨    ,.イi:::{: /
                        ` ーf  > .      イー:┴r'´
        -―-  .         ____j    >‐<   _____廴__.。rー……一ュ。.,__ .   -‐  ァ…‐-
.   .  ´ : : : : : : : : `  .     イ´ : : .。ュ≦j}}        .。r≦圭斧主才'"´ ̄`¨“''气ア´     /
.  /: : : : : : : : : : : : : : : ::ヽr f: : : : :.斥圭7a   .。r≦圭斧7才''"´¨ !` .:::::::::::::::::: . ´       . '
 .' : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:} ∨: : : :Z竺丞.。r≦圭斧j7才''"´    | ' .::::::::::/      /    ,.イ
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
│ 貴様に名乗る名はないッ!!                                         |
│                                                            |
│                                                            |
│                                                            |
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

  誰も立ち入れぬはずの妖術による霧の結界を抜け、現れたのは一体誰か!?
278 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:07:04.30 ID:wbP7jxQ0
 そして、矩香と大休、宿命の対決…!

     \.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;.ヽ、//  /  ヽ (       /.;.;.;.;..;.;.;.;.;,.\
       ヽ,:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;Y   , '    ヽ   _,.-‐'´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.ゝ
         >ー‐-;.;.;.;.;.;.;.;.}  /  /   ノ ヽ  ̄ ̄ ‐―‐--.:.:.:.:,;,;,く
      /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;>} / / /   / ヽ    __,.ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.)
    /,:,:,:,:,:,:,:_;:-‐T ̄/ ,' / / / /  / ∧ヽ <二_;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;/
   /_;:-‐ニ ̄ /// / |レ i / ,'  ,:'ヾ゙`゙´゙´^Y  // ` ̄ ̄ ̄ ̄i
    ,  '´ //  / /  i i! | i| |i  /      ,' //i  i!  i  |  |
  // / /  / /  イ | i  i i| ハ  u  / /// /|  |  i l |
// / /   / /  / i  i | iサVー‐-   / / ノj_ 」 i  i ,' i     大休…!
/// /    /    / i  | ',リイこTk    レ'´く_じ}jノi! i  |  i |
//  /   / / / i  i ヽ」i `ー‐┘          | ,:'  i  i|ヽ
/  /    / /  /  |  i : ;ヽ        :       i /  |   ! !
 //    / // i  |  /; : ; ハ      . ;       /   i   | |
//  / /  / / i   | i : ; : ; : ヽ.     `'      , '/  /   | i
 , , '  //  / /  i!   i | ; : ; : ;/´}\   ‐ ‐-一  /, ' , /  /  ! i
: i    //  // /!  /| i ,.-‐ ┘ ',j \     /,i , ' / /   |ノ
:.|   // //  -‐サ ̄ i ', 〈  、  ヽ、 `  -‐'´/, ´  /   /レ
   / i/  /; ; ;//i; ;.| :', ヽ、`   /ヘ} {ヘ  ̄/, ' /
  /  / Y; ; ; ; ;; ; ; ; ; ; i  ':,  \  /√ 勹ハ´

 ヽ、__  ヽ、
___\:::::`:::::`ヽ`:..、
:::<::::::::_::_:::::__:::::::ヽヘ
:::::::` ̄::"::ー:::、::、:::ヾ:ヽiヽ
:::::::::::::::::::::>::ー:、:、::::::::::::レ/
:::::::::::::::::::::::>ーミヘヾ:∨/:i
::::::::::::::::二::ニ::ニ> `"ヾソ:ノ
:::::::::::::::::::::::::彡" ー、,.   i
::::::::::::/⌒;彡"   ≧r,、_ ',
:::::::::::{/:ソ"′     `'ヘ 〉
::::://!ヘ:)         ヽ    矩香…!
/// `て          \
::://    i      _  /
:∨     、       `ゝ
        \       ,`
`"''ー-、、,,,_  ヽ:\   !
::::::::::::::::::::i;;丁`'┐ " ̄´
::::::::::::::::::::l;;;;|:.:.:.:.|i〕
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:二7==l、,_
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:(()ヘ\iヘ\
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヾヘ;;;;;;\_ 〉;;`\_
;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヾ==二);;;;;;;ヘヘ;;;;\\
279 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:07:40.44 ID:wbP7jxQ0
                          ___
           __-__            卜"‖               _______
      jョァ七ニ二..-斗            丿 _厂            _yltI工゙トーにフ 、
       `~~ ̄                〃 _j「            ,/'彡'~~∧ナ  "t,,"'、
                        〃 yl{ル 、          j「〃  /「丿    ll |l、
               ___       _jf ,〃  ゙llニゝ、        │|l  jl勹′    jl _‖
    ______-..--―宀―'~~゙゙''+ 、   ,ィくィ厂    ゙ゝ ゙ヾ_      エ'∨' 〃    _lf J′
   キ匸ニ-+一―''' ゙゙゙゙̄―'''―'′ _jtひ'´       ヽ、 "゙''ゥ- 、  ゙ゝrl广   _jョlル广
                    'ゞ~~          ゙―‐― ̄          ~~

            __、            ,,__
     :ァゥ 、    丁"卜           ''1`卜  __               _
     〃,jlllx、   |l |l  __      _____..│ トャ?二ニぇ      lll''┐     'で''、
    _ll /'リ^,]廴__--'、 辷二ニゃ   'llニコみー''、 l!゙゙二 ̄´        |〉 jl′    _│゙ト-ョ、
   jl'´'キ4ニll"'千一'''l! :厂二`       _____..│ ヤ匸力        ‖〃  '七コこ _ァ‐'′
   ゙゙゙'フリ|lゝ、 __..--┤ ヒニニぇ     ゙千tョF  丈  ̄        亅jl′     |l l|
   ..j宀匕九 〕"'―゙゙゙゙二 厶二      _yl' yョ lltクlu、       |l 卜__、    |l ll
  __>ll廴,lllナlllt宀エii千ゃ ‖     ,ylむf'´|l’ ll ヾ_ ゙ヾx_     l| l|ll了 _yy┬+│|l__
  |l|゙'ll,'ゝ‖ヾゞ゙'、'廴___,广j厂   _ul彡''´   │ ll   ゝ、__ ]ニ=   ゙l! `jl′'l{llにヌ廴nこヽ、
   'ゝ〃 ̄    ヘ_]l卩┴亠     ̄     ‖ |l            ゙―′  " ゙゙̄ ̄ "゙゙′
           ´                ゙ーゞ
                        ャ+ 、
      llH               lト ]l!   _____....r―+ 、    _
      亅 丿             _l「_jllレrャヒニ卩こョョ-一'′   'll ゙┐     ___..-_
      ,,廴jし- 、   ____-_    〃 lll ̄'゙゙二__l| ∫       ‖ 厂  ョtヒニム-r┘
  ____..i「 _]ll'、 llI'''土コ千┤ ‖  _jlしl'、l!lナll|テ'、 ]「ll |l       ル 厂   ´
  'にニur〃 ,'’,j「卜卜  jl! _广 _jll[lゞ 〕 |l ‖|lョ土〃 ll |l       亅广
    ` ll..lヒ彳〃 ‖'廴--「 il{   ~~   ll 亅 "゙ ̄ ̄  |l |l       |l |l ,jョ、 __、
     _yllニx_ ゙ゝ `ゝ..一'''''‐'´     ‖ l|       |l |l       l| 'ヤjl′ ゙llH----=+ 、
   .ujll聿''´ ヾ〃           ゙廴│    4ョッr「 l|       l'、 l|    "¬――‐′
   ´                   ゙ゝ「     "ゝ、_j′      ゙ー┘
                                ~~
280 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:08:10.27 ID:wbP7jxQ0
                     _、
                lllヽ、  ,,l! ゙]l---、      'llナ┐   _.. 、
             u--rむ'ゝ、_jl{,ャ-一‐′      l| │  _丿,入  __-_
              `ー二]lョ'、 _テ'゙コ        ___〕 ゙ー-rl{[jllニjャ-lIlル'、 ]!
               ゙'千 lf''、|l サ 卜      'flllニ‖ jl"|l _l|ヤ |l┤│ |l 、ル
               ,jl廴ヾ「 ゙lllしtフL___     _广 ニ广 ll‖ l|ll 廴lト l′
            ____jl!ll{{圭___ニニ[lyに..ニサ   ノゝ、:ll"lL 二 |l ll ?┐,jF
            ゙'千ハIFi三[土llll|斗 "'、     /ひ"l! |l ゙゙゙']l! 广l| │"゙゙
               '、|l}l?'lllテ ]l‖ 厂    '千  〕 │ ,jlリ′|l ll
               ''ll キ]lillllllllト「 丿        ┤ ll jll}广  |l ∫
                ゙ー宀 ̄"゙ゝ〃         'ー┘     ゙ゝ「
               __   ┌              ___
               'l[ ゙l!   jl! :厶-- 、          ''∨゙'┐
             :ョァ+'土 ll′il{,ィ-宀'‐′       :ョ+ 、  ! │
             "゙'lll{[}llllァ'lll匸_jl!'┐        _丿_〃 |l  lしr宀n 、
             _jlこjキ'l┤jl]l ゙]ll _l「 ____      ,j廴_ニエこ ..j宀‐―′
            fキfワ''二ニu儿illゝゞ''に卩   _jl{レ厂´   ll |l__n- 、
             _j广jllエi}ョf''ニニll∃ ‖     "゙゙  ..ョt土こ 卩―亠
           __jl彡'、|l"‖|ll| l| ]lll广j′         ̄` |l  l|
           ~~´ |l jl!,j凵ll| ゙゙]llllし..> 、      ______丿 ゝ+―宀'ゝ、
             ‖|ljlヤ´ 'ゝl|||广 ゙ヘ_ フゥ 、 'll亡箔l一―''''''''''''''''''―'┘
              ゙∀         ~~~~"   ´
               yu、      y- 、
               〃 ゙廴_     "l、 ]l
              _l「_/宀ご''ll_  l| l|
            _〃 ll>亡聿+iて┐l| l|
           ull辷コl'、'三冖lyl| |l |l |l
            `厂と‖ ll斗 _l冂 |l |l、|l
             'ゝ工 ,,ォ‐'ャ┘ ゝlト││
              ノf y=lフ+ 、   ll |l
            _yl彡''´  ヾu サ iョョ┘ ]l
             ̄′     ´   "ゝ、j′
                        ´
281 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:08:53.88 ID:wbP7jxQ0
                              ___
                          j_  ゙'||||ll'、
                        ...._||||llョョョllllllllllllllゎ
                         `゙゙゙''||||ョ||||l′_ ´
                        _____uョ||||llllllllllllゃ
                        "゙゙''''||||lll匸ニ厶_
                           ゞ||||l|ゞ||||~~
                         ,jl'、 ||||r |lllllL
                        _jlllll′jllllll `||||ll_
                        'llllll「  `〒  ゙||||llllllllョョ、
                         ´        ~~~~´
                           'l||||lllョ 、
                             ||||lllll′
                             ||||llll′ ___
                       :||||llllョュ_ lllllllll  ''||||ll'、
                       ゙||||llL ニ]lllllllllllu_jlllllllll′
                        ゙||||lllllllllll手千||||lllllll厂
                         "~~´      ~~’


                         uョョ 、'||||llll'、xllllョ 、
                        4||||勺L....j][ョョ、 jlllll廴
                        __jlll'、 ]||||||||廴||||lllllllサ
                      _u||||广 ||||l||||lll广゙゙゙||||、
                      '||||||||'、 ;jlll][||||l_ _||||l!
                        lllll′;||||lllll||||l ||||llllllニ
                       ..||||l  |||| |ll[||||l!デ゙゙'||||llョ、
                       ゙千  `′゙゙||||′    ゙゙千
282 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:09:20.55 ID:wbP7jxQ0
【今回の登場キャラ一覧】

柳生矩香      : 遠坂凛(Fate)
幕屋大休      : 衛宮士郎/アーチャー(Fate)
柳生宗矩      : ドラえもん(ドラえもん)
柳生十兵衛    : やる夫
貴月うね    .....: キャスター(Fate)
貴月主馬      : 葛木宗一郎(Fate)
貴月宗三郎    : 柳洞一成(Fate)
徳川家光      : のび太(ドラえもん)
土井利勝      : ジャイアン(ドラえもん)
松平信綱      : スネ夫(ドラえもん)
天秀尼     .....: ドラミ(ドラえもん)
小野忠明      : やらない夫
南師今     .....: モズグス(ベルセルク)
姜弘重     .....: ムスカ(天空の城ラピュタ)
加藤清正      : 岩本虎眼(シグルイ)
加藤忠広      : いく夫
鷹ノ巣康祐     : 牛又権右衛門(シグルイ)
庄田喜左衛門  : コロ助(キテレツ大百科)
桂香尼     .....: 祇堂鞠也(まりあ†ほりっく)
壮帆之介      : ジャギ(北斗の拳)
伊賀忍者      : 薬師寺典膳(バジリスク)
加藤家の追手  : 虎眼流高弟ズ(シグルイ)
           .
柳生友景      : ロム・ストール(マシンロボ クロノスの大逆襲)
           .
その他(雑魚) ......: 北斗系の雑魚
283 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 01:09:41.49 ID:Zafx7AUo
乙乙!

なんかしらんがすげーわwwwwww
284 :やる夫で紹介する荒山徹 『柳生薔薇剣』 [saga]:2009/05/11(月) 01:10:17.31 ID:wbP7jxQ0
 どもども、お疲れ様でした。
何ぞ今回はエラく重かったので、遅くまでお付き合いありがとうございました。

 さて、今回もまた荒山作品であり、つかまた柳生であるところの
「柳生薔薇剣」でアリマス。

 昔、Amazonのレビューでも書いたのですが、
実はこの作品が、荒山作品の中で、最初に日本人のヒロインが登場した作品でアリマス。
(まー、うねが真ヒロインで、矩香は主人公、とかなると、また話変わるのですけど…)

 で、それが、十兵衛より強い最強柳生であり、それはどちらの十兵衛ちゃんですか、
というところではありますが、そういう域を通り越して、本作品の特徴といえば、

  ・ 暗黒宗矩くん最萌え伝説
  ・ シスコン十兵衛

 この二点であり、なんというか、史上ここまでアレな十兵衛というのは
なかなかなかったのではないかと。
(単にかませ犬とか、雑魚っぽいとかじゃなくて、こう、キャラ的に)
しかも、これがまた後に影響してしまうわけで、すっかり十兵衛もAA的に
ラブやンのカズフサとかが似合うキャラになったねー、とか言われる始末。
どうなのか。

 あと、今回もAmazonと、高橋メソッドへのリンクを貼っておくですよ。
もしよろしければー。

【柳生薔薇剣(文庫)】
 http://www.amazon.co.jp/%E6%9F%B3%E7%94%9F%E8%96%94%E8%96%87%E5%89%A3-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%8D%92%E5%B1%B1-%E5%BE%B9/dp/4022644486/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1241961274&sr=8-1

【柳生薔薇剣・紹介用高橋メソッド】
 http://www.geocities.jp/k_hisane/soubi.html

 そろそろ荒山作品以外のもやろうかなー、と思うところですが、
柳生の方も進めねばアレですし、まだもうちょいかかるかと。
山風作品とかやりたいで砂…具体的に言えばイシカワ力(いしかわ・ちから)溢れるアレとか。

 ではまた、よろしゅうですー。
285 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 01:10:56.98 ID:Lo7AHYYo
乙ですた〜
286 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 01:13:27.34 ID:WHieSEgo
乙っした〜

さすが荒山先生ですねぇwwww
287 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 01:14:09.30 ID:eMOxWQUo
乙でした。
ロム兄さん、最後で名乗ってまんがな。
288 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 01:47:26.41 ID:5Q12UUko
あー、俺もケン・イズムあふれるあの作品みたいと思ったぜwwww

候補が二つに絞られるんだけど、どっちらをやるんだろう。
289 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 02:52:06.31 ID:o7RRDN.o
乙でした。すげぇやべぇ面白そうww 読んでみよっかな〜
290 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/11(月) 18:50:48.01 ID:9boAYvI0
 続編の「百合剣」もいいよ
291 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:13:17.61 ID:r4FcrQQ0
 どもどもです。
薔薇剣は個人的に好きなのと、あと、百合剣を紹介する前提になるので
ひとまずやっておきたかったので砂。
ご興味を持って頂ければ重畳ー。

 ちなみに、他の荒山作品で、今んトコ考えてるのは雨月抄と百合剣ってとこですかねー。
大戦争はあまりにもアレですし、他の作品も気にはなってるのですが。
あと、今のだとちょいと長いのかもしれんなあ、と思ってるトコもあるので、
もう少し工夫してみたく思う所存。

>>288
 まあ、やるなら原作版/イシカワ版/映画版の三拍子揃ってる方が先ですか喃。
できればせがわ先生が再始動するのに合わせたいところなのですが。

 山風作品については、長編もそうですが、短編の方もやりたいです喃。
「倒の忍法帖」とか「剣鬼喇嘛仏」とか。
292 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:16:02.83 ID:r4FcrQQ0
 あと、以下おまけ。
薔薇剣の真の主役であるところの宗矩くんについては、
実はこの二人のどっちかにすることも考えてたので、試しに公開。
他のキャラも適当に入れ替えたりして遊ばれると吉かも。

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、        
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  三__|__  
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  口 |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    ‐┬‐   (では行くがいい。そして全員死ね)
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    │田│
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     ̄ ̄
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    、 マ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /     了 用
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        '"`ー‐
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         ,
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/          レ |
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          ノ
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //           
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _     ‖‖
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\     ゚ .゚
              柳生但馬守宗矩(Ver.K)

       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:   、
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:  三__|__  
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/  口 |
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l      .‐┬‐   (では行くがいい。そして全員死ね)
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ     │田│
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',     ̄ ̄
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l   、 マ
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',          了 用
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',          '"`ー‐
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ           ,
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ         レ |
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \         .ノ
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____  ‖‖
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____   ゚ .゚
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :
              柳生但馬守宗矩(Ver.R)
293 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/12(火) 16:24:08.94 ID:f/fozW.o
月&ルルww
294 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:29:46.86 ID:r4FcrQQ0
 あと、都合で入れ込まなかった箇所もいくつかー。

(その1)
                                          /⌒\
                                          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                                         /;;;;;人;;;;;;;;;;;;;;;\
曲者ッ!                                   / / |;;;;;;;;;;;;;;;;;; ⌒ヽ、
朝鮮使の代理一行を襲う不逞者め!                /__);;;;;入;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                                      (__/;;;;/ ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\______
      / ̄ ̄\                           / /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;____つ
    /ノ( _ノ  \                         / / ( \/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    | ⌒(( ●)(●)                      /__)   ヽ、__ ノ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
    .|     (__人__) /⌒l                  (__/        \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
     |     ` ⌒´ノ |`'''|                              \;;;;( −);;;;;;;( ●)
    / ⌒ヽ     }  |  |                 //              \;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   /  へ  \   }__/ /                 /                    ̄ ̄ ̄
 / / |      ノ   ノ
( _ ノ    |      \´       _               ヒュッ
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ 三
       .|                        __ ノ
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄   ̄
         \       , '´
          \     (             〃
            \    \         、ハ/|,,、   タンッ!!
                           ̄ ̄´´ ̄
        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ
    /  /   `ー ●ー′ ヽ    ありゃー、逃げちゃった。
   i  /    二   | 二   l、  忠明殿の剣の腕に恐れをなしたんだよ、きっと。
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)
295 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:31:16.17 ID:r4FcrQQ0
(その2)
         ___ ___ _     /:::, :::,  :::,    イ7 /7/7__ _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄_ ___/  ::,' :::, :::,     / レ~ -' ____ _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ _ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄   j ::' ::i:;;; ,i''"`'''z、、u ./.r'´「L  ̄  ̄ ̄
 ̄ ̄  ̄ ̄  ̄    ̄ ̄  ̄  ̄ ̄  ,'_,..-ー;;;、、v;;; _;;  ゞ.//r'''´_ /_ __ _
─    ,r'´~_ ̄`'ー、 ,. : : ..:: .'.:: .' . .: :,.: {;;;;;rilllllliiii.;;;;;}ィ',。`''‐jj"レ´レ'´// _ ___ _
    { ;;;r'。''`≧豸: . : . : . : . :ゞ:lllllllllllリ;;;;ノ;竺;参 .u : .〃  ̄  ̄ ̄
     ) ノハノル.シ  .,. : : ..:: .'.:: .' . .: .ノ;;;;;;;;;;r'´.'ー、ハハjノ   i7〃/7 __ _
_ _ 丶-一 ''''´⊇ ̄て、.::,.:: .'.:: .' . .; {,MMイ:ゞ=''"____.:;:;:;  |ー  〃 ̄  ̄ ̄
    ̄ ̄  ̄   ) あ (___ __ヽ, ミ にニニヲ}:;;; u |! ;;゙i _ ___ _
__ __ __) あ (_ ___ _ 'j ;;;|! :::::: ,、;;|:j::.  ,j ;;゙i、  _ ___ _
   ̄ ̄  ̄    廴__{  ̄ ̄  ̄  ̄ | ;;|!、,,,、;;;;;;;| :::r';´;;;; ;;゙i~`''-、 ̄  ̄ ̄
   ̄ ̄  ̄  ̄ ̄  ̄   ̄ ̄  ̄  ̄   ヽ ヒ二二ン;;;/:::;;;;;;; ;;.゙i;;;.,  __ _
296 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:31:45.65 ID:r4FcrQQ0
     ,r'~三ミミ=ー亦父'・','                        , ' j i |/~'ヽ从、 ヽ、....:::::'ヽ
    //イ'"'''ヽtt))為i)))ゝノ'',・','          ノ''''''''''''' 、       ・∵:|/乂(ii从;;;i|::::',〉ヽ::::''"',
.   /;;イ从:::((二ii、Y从从乂・,・'        _/      ヽ       ;,:,<、ひY//;;::〈}::::i〉:::j〉 :::::i
.   | ツ〉})(:::ii三ミ、tノヽ)彡ii从・,,' '・ ,    ヽ    あ    |     :;':;'/::+Y メ;;::;;;;}}:〈}:::イ}::  ::::i
.   ', 人マ〈,r"リ-;;ミYYiノ込イ]i_,・,;:∴   _ノ         t     ','',':;/(ヌ((ri彡',, ,リ::リ;; リ::...:::::: |
   { |irルu..:::;;;;;;,,ミi、=从r)))アー(:;' ,j ,'"   ).    は    t    ∵゛<{;;人メ彡イ    "ヽiii::::リ
   j""....:::,r',、'シ彡;;;ラL、ツ从从∵,'゛,'    |          |   ・,,''; ;リ)::::/:::/;;;r'',_、ヽ、;;;,,,|ij:::: 〉
   (::::::::r'彡";;;;)彡彡彡ff三ツ从、,,'・    ノ    ら    j   ; ; ;;:/::://彡彡~'ーー ''ノー、:::;;;r'')
   ヽ~'i"::::::'''"彡Y::)"ノ<|,,>=ミ、ミY    '"~' 、   //    ノ   '',iii}}y}リ'>'"ーi;;Y'"~~~"i""'')从/y'
     t;t u   :リ~彡_;r";;、;;;;;;;i从、'',・     ヽ ・・  ,, '"   ∵,'゛フレ〈'')''""::::::::  U ,,;;;;''リ,,'
.     ヽヽ, u ii(::;;rt'''''');;;、ゝ〉;;;;;''iii}}','、゙     )ヽ  r"     ',',..'::イリヌマ'ー、、::::::: ,,;;iiij'','ノノ
      'tt::::::: リt从;`''~''" ((;;;;;;;;L|入',":     レ"       ::!!::サソ;;;;;'''"'''Y;;;ti:::::: :彡 ,r'ノ
       ヽ、、::::: 从';;;;ヽ-ー''";;;;;;;;;;;;ヽ入iI;i,';: ;           イリノノ、,,,二);;;;;;;;//i:::::彡 /'"t
      ,,,、-''|ヽ、、::: 从、ヽ;;;r、;;;r)''' 、;;;;ヽ、~'ー、ii          ソ 〉";;;;;;;;r、r 、;;ノノ/;:;:;:ノu /::: リ、   _ ,,,,,、- 、
( ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;t ::`'-、、::ヽ'i")( },ノ从从~'-、}て}}ヽ∴:        うノヽ〉M;;)、-''"ィ' /彡":::;イ ::/;;;;;~~~;;;;;;;;;;;;;;(リ
. '""'ー;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ::::::::::ヽ:::ヽ """"":::::::::::::::"`´::人ヽ; :       "::::::::::''   '''" ""::::::::::""
297 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:32:01.72 ID:r4FcrQQ0
           ,,,,,,,,,,.. ─- .,,,,,,___
        ,メf゙iじ~ゞ;;|iャ'",,,,,v,,yxh,,gl|ig,,,_
`レ、     ム《《《《《《《《|||||||||||||||||||||||メーヽ
. ,:';`・、 /ニ=ヤ|||||||||||f===''':::::::::~'''i|||f;;;;;;;゙i      ,r''' ̄~~~~''''''~ ̄ ̄ ̄
:::::' ;':;`!イ:: / ; ヤj=='';;;;;;;;:::::;;'''''''  メ||F,,,,,,~゙i     |  とめった !!
:::' ' ./7: ,べ '' ,;;;;;''',gt、_'''' ''' ,, ';='''./|||f=='''=;j     `-、_,,,,,___,,,__
::  .//:: /::::::`ャ ',,i||門|b,  '''~  ,イ|||||!;;;;;;;;':::::l
 :::イ~' /.::::..  |||ii|f’,._`ヾi ;;''  く||||||||i;;gg;;;;;:::|
:::;/i::: 人;,,._,イl`゙K_‘_`x''-  ''ャJ||||||||llll||iiiiii|
./,t':: / ./  'llll;;:~`'''''='゙^''- -=;:;||||||シ=ャllllll''ig,,,,_
. .ヤ::!| / ,.イlllli;;:      ヽ;;;;;;||||シ,,゙ ; l;;;ソ ^''''''''''''ァ
  l`ヾL,,,;;;;l,,,iiiii;__   ,,,,,,,,,,,,,,,';; l||f,,;;;;;i,  !;レ   _,,,..-'
  `、 __ ''='''~l゙i `''''  `ヾi'''''  メ|',='''' _,,ィ /''~~ ̄
   }゙i`二ニ二二'''ー'ヽ ゙i   /'゙,,;;;xx~~_,/
  { ,込,,,,,,,,,,_二ェi7゙    人_,,,,..ggjil||'
   'x,,,,__  ゙̄`''ー-一'     /;   7!||||'
  .l l!''''¨'''==;;;;,,,   ,,,  /;;   / ;:|  ___
  l ll,,     ''''  _,,d|メ,.,if::::;;ヽ、 "  ;;|f`':::;;;xx- ~''ヽ、
  ヽ_弐    _,,,d||lFiヅi;;;;;; .....ヽ.  ;;;|i|giji'~ ;;;;;;;;;;,,,, \
  _,,t''''llliiigiiiii='''';;;;;;;' i;;;;;::::::  ` _イ-' _,,,,,,イ;;'''';;'';;;;' i
-=''  ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ツ  i;;;;;;;:::: ,,-=''~,,-'''~,,--''',,-'' ,;;;;;' /
298 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:32:38.52 ID:r4FcrQQ0
              ,  ォ ´ ´ ̄ 、{`ヽ⌒ヽ
             、ー‐く / トへ ヽヽヽ>〜}  ヽ
           \__/// l|  ヽ i i iく_ハl l   i
              <_| i ! i|  リナナナレハi i  !
           ノ ム从 八  イ;rハノ' ´ l l  |    ま、こんなところね。
    r〜オ´7´ ̄「iー‐ 、ヽrj〉   ´~   .ソl i  |
    ノ /     .| }た彡!ハ   __    /l | l  |
 /// /      jノ せ_ノ i liヽ、 __ イ__l_ | i  |
'  i  ハ , ィ'´ ̄_>〜へ__ ,ィ 7ハ「 ̄ _.ハ!V.   |
   ゝi  〉´ ̄ ̄     / i| 〃 .l|、   /    ,イー 、
  /ル'           //´ ̄{__jヽ\/  /    i
〜'          / ヽ// | ト /  / /     l
` ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7Ti    / /.ー.| |,'   , '  /.      |
          / ノ |  / /O〉 | |〉   !  /.      |
        / / /  〈ノ /   | | //イ  ハ       |
       从 レ'イ.     O|.   V从ノ  / .ハ.     |
         ,イ/ハ      |       / 〈 l.     |
       〈/ レ!: l     O|      .〈 〈 〉 l      |
          /こ二.}  |    ____ __j レ'  !      |
            /       !    ー─ ヘ   |     |
         /     O/        i   〉     |
        /\   /      __ ... ヘ   i     |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)   …
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く 
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)
299 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:33:19.65 ID:r4FcrQQ0
(その3)
        ,  -───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐   死体の片付けなんて韓人にさせておけばいいじゃない。
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
::..:..:..:/::..   く :..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....:..::::..:..:
.::..:..: |::...   \ .:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒):..::::..:..::.:..:...::..:....
300 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:34:41.64 ID:r4FcrQQ0
(その4)
             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|    
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',| 
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
301 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:37:57.29 ID:r4FcrQQ0
(その5)
        ___ ,− 、
       /´_______ )
     / /  /    ヽ l
.     l  |     ┃__┃ | 、    
    /⌒`     (_ ) ヽj    
    ヽ_    , ─ 、___つl
  ,−´l  /      / ノ     / )
/    |ヽ ヽ、____ / /  (^ヽ/ /、、
     l  ` ー──,‐ ´\   l )(ノノノ
     ヽー───/     ヽ/ヽ __ ノ
.      \     /     |   /l
        ヽ /        ヽ /.ノ

       ______
      r' ,v^v^v^v^v^il
      l / jニニコ iニニ!.
     i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi
     ヽr      >   V     
      l   !ー―‐r  l
  __,.r-‐人   `ー―'  ノ_
 ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i
  ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
 ヾV /              ! /.入
302 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:38:55.02 ID:r4FcrQQ0
(その6)
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|    
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V    
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::

                、_
                ヾ\            i
                ヽ、__\:.:`¨"'ー、_i\.  |:l
               \ ̄: : : : : : : :ヾ`\l:ヘ.、 i、
           `=ニ二 ̄: : : : : : : : : : : : : : ヘ: ヽ |:!
            /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾハ /
        、_,,,/´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : レi  /
          ̄ノ: : : : : : : : : : : : :!ヾ: : : : : : : : : : : : : : レ′
         <二: : : : :, ヘ: : : :;;;;ミ  ヘ: : : : : : : : : : : /
          \: : : :((ヘ i彡""    ヘ!: :;: : : : :ノソ/
           ゝ: : : i:し ソ   \,    `ヾヘ:,://′
            ∨: : 〉Y   弋ftミ、、      ノ   (つくづく俺は、馬鹿殿と縁があるらしいな…)
             )ソ" 7    ´`´ ヾ´" ,,、≦"
             ソ  ヘ          iヾソ
        __  /  ____' ,         ∨
         //´ ̄ ̄7/::::::::∧   ー- 、_ /
       // ___ノノ==二∧、、,,,、、-/´、_
       ノノ´ ̄/::::::::::::::::::::::::::::::,::'':::´::::¨"``ヽ.
     ノソ: : : //::;;;:::::::::::::::::::::::::::;':::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    ノ!: : /´""l::::::::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
   //」'"´: : : : :.l::::::::::::::::::::::::::,:';;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ヘ
.  //: : : : : :/;;;::::::::::::::::::::::,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_
  i/: : : : :/´::::::::;;;;:::::::::::::::;:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
303 :1 [saga]:2009/05/12(火) 16:41:06.36 ID:r4FcrQQ0
 とりあえずこんなところでー。
セリフを抜いてるのは、一応展開バレ回避ということで。
あれこれ推測してwktkして頂けると吉でアリマス。
304 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/12(火) 19:12:42.08 ID:jpEiRUco
りょーかいですww
305 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/12(火) 22:48:17.57 ID:YCfrsoco
1のおかげで歴史伝奇系が本棚に並び始めました。
306 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/05/13(水) 09:10:11.01 ID:8Linzy.P
歴史伝奇系に興味があるなら、国枝史郎の『神州纐纈城』を読むんだ。未完だけど。
石川賢のマンガ版でもいい。「頭がおかしい」としか言いようが無いからww
307 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/21(木) 16:23:31.00 ID:dmnd2HM0
十兵衛両断読了。
すげえなこれ!

次が魔界転生ということで期待ww
ちなみに原作版と漫画版と劇場版を全部やるの?
それとも原作だけ?
308 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/21(木) 22:57:31.47 ID:GDU7pcwo
荒山先生の作風を見るに、
(1)やたら解説が長い。登場人物の口を借りてのアジテーションも長い
(2)善玉はとことん善玉。悪玉は北斗の拳の「汚物は(RY」的悪玉
(3)歴史のうねりを描くと、後半話の盛り上がりそっちのけで歴史展開描写に走る

などといった傾向があるので、
荒山作品を構成する「朝鮮」「柳生」「妖術」の3つの魂のワードの配分のうち、
「柳生」が重きを置く作品の場合が、
(1)の割合がわりと少なめ
(2)の欠点も宗矩をはじめとした多士済々な一族が入れ替わり出てきてバラエティ豊か
(3)剣士柳生一族なので、クライマックスに剣闘シーンが来るのは必然
と短所をうまく打ち消してくれていい塩梅(柳生大戦争のぞく)
309 :1 [saga]:2009/05/22(金) 21:16:35.06 ID:vf7mzj60
>>305>>307
 ありがとうございます。
当方が報われる瞬間でアリマス。

 あと、魔界転生をやるなら、まずは原作版からになるかと。
ケン・イシカワ版と劇場版は思案中でアリマス。

>>308

>(柳生大戦争のぞく)

 なんていうか、「※ただしイケメンにかぎる」みたいで砂。
まあ、大戦争の「荒山先生の捏造講座・檀君編」は強烈でしたしねー。
310 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/22(金) 21:41:25.74 ID:ER9Rv2wo
逆に興味が湧いてくるな>大戦争wwww
311 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/22(金) 21:48:31.93 ID:7XbUa.ko
未読なら、読んでみるといい。ものの見方が変わる。
朝鮮とか、衆道とか、柳生とか。単純な嫌韓ではいられなくなるだろうな。

いや、変わらん方がいいかもしれんがww
312 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/23(土) 00:00:54.98 ID:ftvHVKso
そうか、魔界転生は石川版が一番おもしろいと思うけど、原作の比較がないとおもしろさが半減してしまうんだ。
313 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/23(土) 01:18:07.34 ID:ZozyV56o
>>310
いや、本当に面白いのよ。
柳生悪十兵衛と、宗矩の息子ズとの決着とかの、伝奇的な展開も。
ただ、
第1部:HOW TO 捏造神話(捏造を捏造で糊塗するな! ←お前が言うな!)
昔々一然さんは、檀君神話をXX×からインスパイア(オマージュでもバスティーシュでもお好きなのを)
して、×××をパク……ヒントを得て作り上げました。
この神話、柳生悪十兵衛にささげるぜ!(マジで言ってる)
あとさりげなく耳なし法一をファックしてます。

第2部:時代は江戸に移り、第1部のあれを利用して我らが黒宗矩さんが色々しようとしますが、
荒山宗矩は、黒+ドジっ子属性つきなので、かえってひどいことになりました。十兵衛、朝鮮に渡れ!

と、今までになくフリーダムにはっちゃけて、果たして第三部はどんな惨劇に!と期待してたら、
朝鮮の歴史のうねりの方に重きが置かれて、ちょっと盛り上がりにかけるしんみりしたクライマックスに
なったというだけで。
オチとしては秀逸なんだけど、ちょっとカタルシスにかけるというか、本当に描きたかったのは、
第1部ですね荒山先生、みたいな。
314 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/24(日) 22:16:09.36 ID:3p2sWkMo
大戦争、先週読みましたよ。
友矩を救済したんだかしてないんだかさっぱり分からないのが
流石です荒山先生。五味先生にクレームまでつけといてアンタって人は〜wwwwwwwwww
315 :1 [saga]:2009/05/25(月) 21:52:47.78 ID:Qg0oMrc0
 やはり大戦争はみんな話したくなります喃。
つか、荒山先生はトーク企画において、

 Q「作品同士で世界が繋がってることがありますが、
   .その辺、整合性なんかをどう気をつけてますか?」
 A「いや、そんなの全然気にしてません」

 とか

  「これからも整合性とか気にせず、ガンガン行きます。
   .宗矩もどんどん使います。
   .その子供たちもバシバシ使います。
   .足りなくなったら双子とか女とかも出すよ!」

 とか堂々言い放ったド迫力伝奇野郎なのですけど、
その荒山先生のゴーストが作品内に光臨した怒涛の捏造講座の威力たるや、
1章のラストにおけるとある人物の登場も含めて、それはもう凄いものでございました。
つーか荒山先生は出オチキャラ使うの上手いよ!

 あと友矩のイメージがアイシャドウ濃い目になったのも、大戦争の大威力で砂。
若竹!(←僕らの合言葉)
316 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/25(月) 21:54:14.15 ID:bajzgXQo
か・・・漢だ・・・
317 :1 [saga]:2009/05/25(月) 21:59:07.81 ID:Qg0oMrc0
>>312
 イシカワ作品は単品で読んでも面白いけど、原作とあわせて読むと

                 .rニYニヽ          ,─────、
   |レ               //__殺_j |         / 教 原 オ i
   !!_           イ t` !_,` } |        ,'  え .作 レ i
   ゙- '´ ,、       /j ト ‐=' レj        l  て .破 が |
      -''´   ,r'´ ̄`゙} |二二j l|rニ二ト、    |  や 壊 本 |
           〉─7-'´l|jト、`}-イl;|`--l一〈   .|  る .を 当 |
     __ii__    |   レ ルリ-ト、|州リ   |  .|   `|        の |
     イi    j  j ,,  ヽヽ |/     |  ',   ヽ        ノ
      `  , イ  ハ ヒ、 ト、 |     j   ',   ` ───一 '
        ノ  }  / }、 ヽ} ヽヽ|    ノ ',  |  
      /   イ  } {ニ二ニニ}´7二ニニ}  ',  |
    //  / l  | ',ニ二ニニi |ニ二Y   ', |
.  //  /   l  } ヾニ二ニi |ニ二イ   ', ',
/ /    l    レミj   {ニ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{    {三i
 / i   /    } ヶ / `丶、 _, -'´ |    } ヽ
ん-ト、        |_彡 j 二ト、 }-|    |   ヽj-''
   ヽ/    /    {    / |    |     l
    ヽ   /    レ、   |  |    レ-、  /
     `-- ´--、__  j ヽ  j  |  ./', |  `丶{
             ̄|  ', / ̄| /  ij
             ',   〉{   |./   l|
              ',__,r' }  .|k   j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j

 という塩梅の「パワーあるヴィジョン(”スタンド”ッ!?)」が湧き上がってくる趣ですからして。
当方は漫画→原作の順でしたけど、原作読み終わってから漫画を再読して、
あらためて「ちょっと待てやコラ」とか思ったり。

 その辺の玄妙さは、イシカワ未読の方にも是非感じて欲しいので、
なんぞやってみたいとこではありま砂。
318 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/25(月) 22:23:02.23 ID:47PfgQso
                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< わかたけわかたけ!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< わかたけわかたけわかたけ!
わかたけ〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |  。 〈  | ┃ |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
319 :旧サーバーにロールバックしましたFrom vs302.vip2ch.com sv [sage]:2009/05/26(火) 18:47:56.89 ID:3rHIwng0
>>318
ちん…いや、若竹を立ててんじゃねえwwww
バロスwwwwwwwwwwwwww
320 :1 [saga]:2009/06/09(火) 23:42:01.41 ID:YD.Brz20
 なんぞ上で若竹登場ですが、
時を越えたシンクロにシティとでも言うのか、
今日、「柳生非情剣 SAMON」が出たので速攻でゲットしたところ、
その「完結編」が夢と希望に満ち溢れ過ぎていたので、簡単に感想をば。

 【柳生非情剣SAMON】
  http://www.amazon.co.jp/dp/410771487X
321 :1 [saga]:2009/06/09(火) 23:44:01.69 ID:YD.Brz20
 この「SAMON」の完結編、前週のバンチに載ってたそうなので
当方もこれが初見だったのですが、その「完結編」の威力たるや、
途中まで読んだところで当方の脳内は、

 Lニ¬ 「」「」                 _「 L_
  /∠.._  __                  L_   」, -‐-、    /7
 L -─-、ヽヽ\    ,ヘ从人从,M,、      | ''´, '⌒) }    / /
「│    } .} V  ,vレ'::::::::::::::::::::::::::::::^1ィ   /  r'  / /   /_/
L_フ  ∠ノ   ,イ:::: :::..    :::  ..::::  ::イ レ1_」 ∠/   ∠ゝ
         N :/⌒ヾ、::.. ::  ..::/⌒ヽ: レi      Lニ.ヽ
.         i :::l__‐-、` ー--‐'' , -‐ _i_ :1      <ノ
         l :::l `ヽ.\.ヾ、.___,/ / '"´!:: 1
     _,..-‐| ::i ー- 、\:、    ,.:'/, -ー |:: |‐- 、.
 _,.. ‐''´   _| ::{.:::ヽ. \\,, ,v// /´:: }: !   `'‐、
    ,.. ‐'''´i⌒! !.ヾ:ヽ._。_ゝ_lll!_∠。_,ノ〃 :|:i⌒!`''‐、
 ‐''´     | F|:|  `ミ≡vシ!│ミ≡彡'u, |:!,f; |    \
.        ト、_l:!ト、\U , |.│ 、v / ,イ|!_ジl
         リ ::| L|ヽ.`ー'ヽ.| | / ー' ,.ィ_」:|: :|│
      ミミノ ::l ヽト」`ーr-ゝ-'ー┬ 1_」/ l::  |彡
     ミミミイ   :! ヽ「`i┴r:┼‐i┴r'/j i::  |〃彡
   ミミミミ!イ :::ヽ.~U` ー┴┴┴‐'´J/:   :l〃〃彡
  ミミミミミミ:ノリ::   :l`''‐:、.~ ー一 , ‐'´:l::   :イ〃〃彡
 ミミミミミミミミミl:::   :::ト、:::::::`::ー::'::´::::::;イ::  :::リ〃〃彡彡

 となり、
322 :1 [saga]:2009/06/09(火) 23:45:34.37 ID:YD.Brz20
 更に読み終えてしまったところで、もォ当方の脳内は、

                 , -──- .、
                , '  ,.へ、    \     _|__  ゝ
              /  ./  v\     ヽ     |, -‐ 、
               ノ   〈 u \、  ヽ..___, 1 ',  .<|   _,ノ  続編ッ……!
         ,.. -一''´ /⌒i 〉 v v゙ヽ ヽ.__,. !. }
      ∠_-‐    l(7//u { \、l,,`ー'' レ  _|__  ゝ  続編ッ……!
_,,.. -‐'' " ̄,二ニ=‐、 ヽ/'∧ヾ:ヽ._。ン,,  _'.ニラ"´   |, -‐ 、
` 、,,. -‐'' "   │ i.  l |ヽヾ:ミ;;彡  <。_ノ   .<|   _,ノ
.  ヽ         | !.  ! ト、ヽ,\r- v' |ッ'           続編ッ……!
.   ',        | l │U\,.、`'ー`ュ、 :|      _|__  ゝ
   |.       |  !. |.\. ~`'ー= ェェシ`’        .|, -‐ 、  続編ッ
   !        |  |  ト、 ゝ、ー /! |       <|   _,ノ   続編ッ……!
.   !       .> レW%ラ'ヽ`´| | |
.   ,'         │  |%二7 /   | W       _|__  ゝ
  /        |.  |)// ./    |          .|, -‐ 、  続編ッ……!
、/          |  |/ / /     l        <|   _,ノ
 \         |.  l. /,.イ       l_,,. ‐''"           続編ッ……!
   \       |  l /'  l     l         -─-、
    \     | l∠..‐''"レ''" ̄``ヽ           __ノ
.       \ _,,. ‐''"     /      \      o
      , ‐'''`ー-、      {. /´⌒ヽ. ヾ.l i.゙、      o   ぞぉくへんッっ……!
ヽ.   /      `‐、     ヽ.)   } .」 } } }     o
.  ` (         、_ \       r'_,ノノ.ノ/
.   \  、 \ \、 ヽ       `         「|
      ヽ. !`、 .) } { |                    |!
       }_ノ .{_/.Lノ `'                 o

 もうこんな感じでございました。
あのラストには、隆慶ファンの夢とか希望とか色んなものが詰まってるのでアリマスッ…!
というか、なんという同時攻略フラグッ…!
323 :1 [saga]:2009/06/09(火) 23:48:18.33 ID:YD.Brz20
 しかし、通しで読んで改めて感じたのは、家光の圧倒的乙女力(おとめ・ちから)で砂。
どう見てもヒロインですよこの人。
具体的に言うとこの人(↓)が連想できるくらい。

      / : : : : : : : : : : :/: : :| : : : : : : :/.::   | :| |: :|::         |: : : : : : : : : : : :l
.     / : : : : : : : : : : :/: : : :| : : l : : :/.::  │:| |: :|::        |: : :| : : : : : : : : l
    /: : :/ : : : : : : : /: : : : :| : : i : :/.::     ! :| |: :|::       |: : :| : : : : : : : : l
.    /: : ,イ : : : : : : : / : : :/: :| :._⊥/-─‐   ! :l .|: :| ──- ..   |:|: :l!: : :l : : : : : |
   /: :/ │: : : : l : : !: : : :|:,.イ´.: l/.::::::::::  /:/  |: :|:::::::::::::... `メ |: :|!: : :l : : : : : |
  ,' : ,′ | : : : : l : : |: : :.イ:/|: : :/-─<  /:/  |: :| >─‐--、`下y'| : : l: : : : : :|
  │: |  | : : : : | : : |: : : :|:.:_,.ィ≠≦三ミ /'"   |: :l  彡三≧ェx |/ ヽ: : :l : : : : :|!
  │: |  | : : : : | : :│: : :l,イィ'::l|li|l|li|!:|      | /   |::l|il||i|li:ヾ;、 | : : :| : : : : i:!
  │: l  l: :/: : :| : : l : : 〃 {:::::l|l|l|l|l|::|        j,′   |::l|l|l|l|l|::::}ヽゝ : : :l : : : :,ハ
  |: :,′ ∨: : : :l : : l : : : l: .∨:!!|l|ll!!::|             |:::!l!|l|l!!::/ /} : : /: : : :/ : :l
  |: ′  ∧ : : : |∨ l: : : :|: :',∨:::::::::::j_           {::::::::::::::/ // : :/| : : :/ :| : l
  i,′  / ヽ : : | ∨ : : : |!.:ハ>=≦三三       三≧==<. //: : /: | : :/ : :| : |
    /   | \| : ∨ : : ハ : :{三三三三    三:.  三三三三ムイ: : :| :/ : : :| : |
         | : |: : : :|\: {\乂三三三    i!三三三三三三三/ :| : : :|/ : : : :| : |
         | : |: : : :| : :ヽ\  ̄        _Ξ三三三三三,/| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :|` |lヽ、        ´ ̄` 三三三三:,イ: :| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :| : |l |: |li:..、      三三三三才il| :l : :| : |: : : : | : : : :| : |
                       家光(イメージ図)

 なんつか、原作でもそれなりに乙女でしたけど、
今回、コミカライズされたことでその乙女ッぷりが物凄い事になってて
「コミカライズの威力…ここまでとは…ッ!」と妙な口調で感嘆したくなりますよ。
いやホント。
324 :1 [saga]:2009/06/09(火) 23:49:36.09 ID:YD.Brz20
 そして、当然のように当方の感想のラストを締めるのは
僕らのアイドル、柳生但馬守こと宗矩くんでアリマス。

 途中で「影武者徳川家康」のシーンとかも入ってたりして、
「何気に隆慶先生の石舟斎って虎眼先生よりタチ悪くね?」とか思ったりしつつ、
乙女チックセレナーデ全開の主君とラヴの一字な息子、そしてボンクラ他2人の間で
胃をキリキリ言わす様は、なんというか見ててたまりませんな。

 特に、家光の乙女☆力がSAKURETSUするところから、「尻ひとつで!」に流れる
怒涛のような宗矩くんの心の叫びたるやまさに珠玉の一品であり、
その一連の下りを見た際の当方の心情はまさにコレ(↓)

                   ,,、、- ──‐-、__
                ,.'".:;:;:;;;;:三ミミシ;:;:;;;;;;`ヽ
               ,..:.:.::::::;:;:;;;ヾミミシ三二ヽ.::;:;ヽ    こ .う
            ,〃彡.:.:.:. :;:;:;:;;;ミV三三ミミ:;;;;;;;;;;;;|   れ ん
            彡彡rr‐ァ'''""゙゙´  ̄``ヾミミミ;:;;;;;l    こ !
             彡イ l! リ          iミミ.:.::;:;:;!.   れ
                ハl´ ̄`` "´  ̄``   `ヾ.:.:;;;⊥   !
             〈z==、 ヾニニニ=ュ、    `゙゙い1
                ゙,r‐rテ 〈 ニrテュ .::::.:.:.   リ,!
                 l  ,′  ´ ̄       、_ノ
               ', ,′ _             i |
                |. L __ )          /  ハ
               l  、_ ___,,     /  /.:::::ト、、、,,_
                \  ー‐    /  /.:::::::::|::::::::.:.:.
                ,.:个、     /   /.:.::::::::::|:::::::::::::
          , .-‐''"´:/.:.::::::1ー‐‐'゙´   /.:.:.:::::::::::|:::::::::::::
          ,.イ.:.:.:::::::::::::/.:.:::::::::l  ハ   〃.:::::::::::::::::|:::::::::::::
        /.:/.:.:::::::::::::/.:.::::::::::::| / ∧  //.::.\.:::::/.::::::::::::::
       ./.:/.:.::::::::::::::::>.::.:::::::::::!/L_/  V /.:.::::::::::`く.:::::::::::::::::::
      ノ.:/.:.::::::::::::::::::l:::::::::::::::::| / !   /.:.:::::::::::::::/.:::::::::::::::::::
     「.::/.:.::::::::::.::::::::::|::::::::::::::::|/  |  ,/.:.:.:::::::::::::/.::::::::::::::::::::::

 いやぁ…久しぶりにいい宗矩くんを見せて頂きました。
やっぱり隆慶宗矩はこうでなくちゃいけませんよ。
素晴らしいほどの黒さ&絶妙なヘタレ加減でありました。
まーさーにー最高。
325 :1 [saga]:2009/06/09(火) 23:50:44.09 ID:YD.Brz20

 ともあれそんな塩梅であり、是非とも続編に続いて頂きたく思うので、
もし面白愉快に感じて頂けたのであれば、速攻で本屋にゴーするか、
amazonかどっかで注文頂けると当方欣快の至りでアリマス。
よろしゅうー。

                / ̄ ̄\  頼むぜ!
              /  ヽ_  .\
              ( ⌒)( ⌒)  |     ____
              (__人__)      |    /      \  頼むお!
              l` ⌒´    | / ─    ─  \
             . {          | /  (⌒)  ( ⌒)   \
               {       / |    (__人__)       |
          ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ,
        /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
           _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
           >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
        __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
                    l                   i   ヽl
326 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/09(火) 23:54:05.13 ID:3bktpgMo
うれしさのあまり鷲巣コプターする>>1さんを想像してしまった
327 :1 [sage]:2009/06/10(水) 22:46:27.48 ID:Cu5No720
 とりあえず、SAMONを象徴する名セリフ(というか宗矩くん珠玉の心の叫び)を
AAにしてみたので、こっちにもぺたしと。

     __     _        y-..、       _______、
    丿 |l ___ _nlll九       || |l       |厂 二二二二ニ`亅
 ┬一'′  ̄ |l ゙tノ~~  ___ l| |l____   l| ゙―'''''''''''''''''´ l|
 ┴-ゃ :ォ'''|li斗++- 、 ||二二二′ 二二二 |l  || |l亡‖ |l!亡亡'′
   丿 丿 ル++++r「  ~~~~~~゙゙│ |l~~~~~~~~  || |l|二   二` ll
  丿 〃j宀ァ           ‖ ‖      丿 丿 了 _|! 〕 |l:ァ-、
 〃 _j「 ゙廴 ――‐'''、      |l  l|      ..广 jlし┘ _l「 │ flナ |l!
 ゙゙'+广  `―'宀―''′      :廴_ll       ゙llィ"ヘ_u┘  ゙ゝ---┘
    ____               ̄
   |l ̄'、        :ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄|l!
    '、 'l__..-ー''、     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙゙゙̄′
    _]'、゙゙゙ ニ..rー'′    y----------- 、  ..---------------- 、
  _r" _..r‐ ̄        ──────┘  |________│
  :厂 广      _
  '廴 ゙ー--―一''''゙'、  ┌―――――――'┐
   ゙゙‐―++-――''′  ────────┘
       _、     ___________________________
     :ヒナ コョt┐   l二二  ̄二二二二 亅     ____..__
     _ilと ||六丈    ̄ ̄ll :llニニニニニニ ̄  ォ一''゙゙二___ "ヽ、
     ム匕lllI?コ′     |l  ___、 亅   ゙レ+― ̄´   "1 1
      ` _二       丿 j厂 ̄ |l  l!            _l′|l′
     ll匕iヌにフ'、    _〃 〃   〕 |〉      ______..r/’ 〃
      ̄  __|l!‖  _J'´ _〃 ..---〃 ‖      ゙l广 ̄ _ul┘
       llニニ=''´   "ゝr广  弋__,,..l′      ―'''' ̄´
   ___   ___    ________            ___
   l ̄ l!  │`│   l|二二  ̄二二二二 l  ..-----+――'''''゙゙゙゙|l、
   l、 ‖  l、 ‖    ̄ ̄ ]′j厂 ̄ ̄ ̄`  ゙廴..---ruァ __n'''つ'、
   '、 |l!   '、 |l!      _〃 ..lレ------┐      _〃 /厂'll ]lll卜
   |l |l   '、 〕    __..l┘  :ォ+++++ェ ||      丿 丿   ̄
   '詫′  詫′   ゙廴_rキ ||    ‖ │     廴 廴
   ァ'''┐  ォ宀'、     ̄ │ ┴――┘ │      ゝ、 ゙゙‐ー┐
   ゝ-┘  "+v┘      ⊥_ょ――-L__〕        ゙゙‐ー-「

>>326
 あれ見てると、どっかの備えガイとか連想します喃。
多分吹き飛ばされるのは裏柳生衆(エージェントスミス似)ですよ、きっと。
328 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/11(木) 13:42:49.56 ID:sM1AmM.o
鷲頭コプターは反則だよなww
329 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/11(木) 21:50:36.54 ID:i4qrLSIo
チャンチャンバラ チャンバラ
チャンバラバラ チャンバラ
侍戦隊シンカゲジャー 天晴れ!

流れ流れ 柳生は今
伝奇のスピリッツ 目覚めて行く

見せろ逆風 わしであったかい
殿を怒らしゃ 明日はないぜ

一尻大名! 天下御免!
歌舞伎に狂い 宗冬退場!
陰陽きらり いざ行け友矩!
大魔縁を守るため

きりきり まいまい
最後に十兵衛!
あねうえパワー爆発する
Let's捏造! 妖術しよう!
侍戦隊シンカゲジャー 天晴れ!
330 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/12(金) 00:01:38.92 ID:ZHq1jhYo
なに作ってんだwwww
331 :1 [saga]:2009/06/12(金) 02:34:39.99 ID:xS9Rm.I0
>>329
 ありがとうございます。
シンケンジャーはぼちぼち見てますが、
いつかきっと1つくらい荒山ネタが出るに違いないでござる、とか思いつつ見てる有様。
例えば、隻眼でシスコンの外道衆とか。

 …無理ですか喃。
332 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/12(金) 18:21:49.69 ID:/sSg7VEo
http://blogs.yahoo.co.jp/simba_240
333 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/12(金) 19:17:55.84 ID:2O52z5.0
 SAMONの帯は吹いたなぁ。あれ、絶対狙っていますよね、我々を。
334 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/17(水) 15:49:35.72 ID:jHj5BsQo
十兵衛両断を読んだけど、荒山にとっての朝鮮と柳生ってやる夫や誠みたいなものなのかね。
いくらでも汚くもできるし、無能にも有能にも、たまには綺麗な役にも使えるし。
335 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/17(水) 16:02:04.26 ID:ogqzvyEo
荒山の柳生に対する思いだが、
宗矩については、深さがなんとなく分かる。
ドジっ子ムネリン萌えみたいな。

ただ十兵衛については、持ち上げて落として持ち上げて落として、
ってやってるので、なかなかその思いの襞がどれだけなのかわかりにくい。
「他の時代だって、十兵衛コンパチ(卍兵衛とか悪十兵衛)だせばいいんですよ」
というあたり、”使いやすい”とは思って居そうだが、友景みたいに、
まったくのヨゴレじゃない重役とはとらえてないっぽい。

イン殺さんの表現を借りると「この人(荒山)の愛情は他人には憎悪と映る」タイプなので、
隆慶先生のように「とてもいい人だったのに」とか言いつつ生首にするのが愛情な可能性もある。
難しい限りである。

336 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/17(水) 16:09:00.32 ID:ITjAsnUo
柳生はまだ愛情がうかがえなくもないんだが
どうも朝鮮については愛も憎しみも何もかも行きすぎて
「俺が…朝鮮だ」のレベルに達してしまっている感
337 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/17(水) 22:26:21.42 ID:PKFHIDoo
俺が朝鮮だってwwww
338 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/17(水) 23:14:22.66 ID:yS6cSOco
「なんでこんなネタを紙上に落とす?これでは、頭がおかしくなって伝奇しか読めなく
なる。独り韓流になるぞ」
「日本に住む者は朝鮮のことを考えていない、だから執筆すると宣言した」
「作家が神話を捏造するなどと!」
「私、荒山徹が愛情たっぷりに描こうというのだ、読者よ!」
「恨(ハン)だよ、それは!」
339 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/17(水) 23:42:40.18 ID:lF0gBeoo
恨んでるのかよwwww
340 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/18(木) 00:04:42.59 ID:mmsbYKAo
朝鮮における「恨」は日本でいう恨みとはとても違うんですよ
日本語にはたぶんこの概念を表す適切な言葉はないと思う
いや、真面目な話で
341 :1 [saga]:2009/06/18(木) 03:25:04.78 ID:d5nGojg0
 なんという荒山スレ出張所状態…。
まあ、当方が言えるセリフじゃないですが。

 柳生スレの方に掛かりきり状態なので、
なかなかこっちが更新できなくて申し訳ないやらなのですが、
できれば、次にせがわ先生が「魔界転生」をコミカライズする前に
やる夫化しておきたいなー、とか思うところ。
あるいは、簡単でいいから百合剣とか、あと、雨月抄とか。

 その他だと、歴史伝奇以外でなんぞ考えるのもあるかなー、と。
新しいお客さんを招くべく、別ネタとか考えるのでアリマス。
でもどうしたものやらで砂。ふうむ。
342 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/18(木) 19:55:54.85 ID:9mCvEIAo
>>341
>できれば、次にせがわ先生が「魔界転生」をコミカライズする前に

       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |


やってくれるのでしょうか。
ベクトルは違うけど石川賢版に匹敵する何かが生まれそうな。
343 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/06/18(木) 22:46:27.61 ID:d5nGojg0
>>342
 やってくれたら欣喜雀躍でアリマス。
宣伝用ってことを考えると、魔界転生に関しては、
規制が解けてたらVIPか、さもなきゃ短編投下所でやるかもで砂。
344 :1 [saga]:2009/07/04(土) 14:05:43.32 ID:3FrLYIg0
 こちらに書くのも久々な趣ですが、
こないだ「多元」さんのところで、このスレをまとめていただけたので、
ご紹介をば。

【多元-やる夫で紹介する歴史伝奇 まとめ】
 http://tagenmatome.blogspot.com/2009/06/blog-post_9780.html

 柳生の方が相変わらず状態で、こっちが更新できないのはアレですが、
ただ、宗矩が遂に「但馬守」にレベルアップしたので
いよいよもって伝奇とクロスオーバーする趣でアリマス。

 あと、こないだ「黙示録の黙示録」も出ましたけど、
なんというか、好みが分かれそうな本筋を、
妖術と一刀斎先生の面白加減で全部フォローしてる有様で砂。
OVA版ジャイアントロボとか連想したですよ、当方。
345 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/04(土) 14:33:09.37 ID:IRUhCqEo
ほ、鳳凰の黙示録……
346 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/05(日) 22:03:37.97 ID:iiMg5rk0
ぜひ1による魔岩伝説をっ…!
347 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/07(火) 01:04:05.40 ID:019hj7I0
>>345
 言われて気づきました。ぎゃふん。
「2つの黙示録で普段の倍の200万アポカリプスパワー!」とか。

>>346
 何時になるやらですが、魔岩も結構バランスの良い作品なので、
いずれ紹介したくー。
348 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/07/10(金) 22:57:20.21 ID:e9brxpgo
ううっ
柳生卍兵衛を
やぎゅうまんじべえ
と読んでしまった俺の古傷が疼く!
349 :1 [saga]:2009/08/01(土) 04:14:36.88 ID:oa8tQsg0
 ううむ、柳生スレでも既に書いてしまったわけですが、
これについては、たとえマルチと言われようとも、このスレでも紹介せざるを得ないで砂。
これだけは!

【反町が時代劇初主演、柳生十兵衛役に意欲】
 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090730-524867.html

 というわけで、来年新春早々「柳生武芸帳」が7時間ドラマになるとの由。

>テレビ東京系恒例の新春ワイド時代劇「柳生武芸帳」(1月2日放送)で
>孤高の剣豪・柳生十兵衛を演じる。五味康祐原作の同名小説のドラマ化で、
>3部構成の7時間スペシャル。

 とりあえず主演扱いの人は(キャラも、中の人も両方)どうでもいいので、
肝心なのは真の主役にして僕らのアイドルのことですよ。
誰だ、誰だと思いきや、

>父宗矩を高橋英樹(65)、弟又十郎宗冬を速水もこみち(24)が演じる。

 坂崎出羽守!
昔、NHK大河「春の坂道」で坂崎出羽守やってた高橋英樹が宗矩に!

 「坂崎と言えば、あの坂崎出羽守か!」
 「そうだ!千姫を求めて将軍家に歯向かったあの坂崎だ!」
 「実は朝鮮陰陽師だったという坂崎出羽守が宗矩とな!?」

  荒 ま .左  /   ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、    ,r';;r"           _ノ   .宗 朝 な
  山 か 様  L_ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,';;/             )   矩 ..鮮 ん
  世 り .な  //;;/´         `' 、;;;;;;;;,,l;;'            /ヽ    と 陰 .と
  界 と. 話  /.,';/              ヽ;;;;,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;i  な 陽  、
  だ お が l |;|┌--‐フ  ┌----、、   |;ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;く  .!? .師
  け る   i  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;厶, ..  .が
  じ の   l _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;| `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;ヽ
  ゃ は   ._ゝ'|.    /   、       |; ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;レ、⌒Y⌒ヽ
  ぞ    「 | |    (    )       .ソ l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
        ヽヽ |    _,ニ ニ,,,,,_        ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     '' .', i、-----.、       `''"i`'''l
人_,、ノL_,iノ!  . ',   :i゙''''''''''`l'  ` _人__人ノ_ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\       ,'  ト、,
      /     ヽ   L__」   「 止 笑 Lヽ ヽ〈    i|         Vi゙、
ハ ワ  {.      ヽ.  -、、、、 '  ノ  ま い 了. ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
ハ ハ   ヽ.    ハ        )  ら が  |  ',.' ,  ̄ , '    ノ  //    ヽ,
ハ ハ    >  /|ヽヽ、___,,,,、 'く  ん    > ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
ハ ハ   /  ノ. | ヽ       フ      /  ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
350 :1 [saga]:2009/08/01(土) 04:15:28.09 ID:oa8tQsg0
 こないだのリメイク版「柳生一族の陰謀」では、
前に家光やってた松方弘樹が宗矩になったわけですが、今度は坂崎が宗矩に!
もしやこれは…ノッカラノウム!?
贋造宗矩1号、2号、V3で砂。

 なんにせよ、あの未完の大作を今、題材にするとは中々チャレンジブルで砂。
十兵衛主演ったって、あの作品の宗矩のラスボスっぷりたるや、
キャラの立ちっぷりが洒落になってないので、
ハンパなヒーローじゃ太刀打ちできませんし、どうするつもりなんじゃろか。
あと、友矩じゃなくて宗冬が女装するわけですけど、そっちはどうするのかしらん?

       、─- 、  __
    ,_ -─-ヽ   '´   ,∠.._
    ,> " " " ゙  、、 <`     まだまだ
  ∠_ " "  "  ヾ  、、ヾ     終らせない…!
   / ″, ,ィ /ヘ i、 ヾ ヾ !
.  /イ ,ィ ./l/‐K   >!ヘ|\ ゙ |     地獄の淵が
    |/ レ|==a= . =a== |n. l      見えるまで
.     | l  ̄ ´|.:   ̄  :|fリ,'
      `ヘ   、l.レ    :|"ハ     限度
.      /ヽ.  ̄ ̄ ̄ /|/  :!_    いっぱいまで
      _/   l\  ̄ / ./   |-¨二   いく…!
-‐ _''.二/    l:::::`‐:'´  /    |
¨´   l    ,ヽ:::::   /,へ   |    どちらかが
      |   /o |_   _,/   \ |     完全に
.    |./   |_.二../      `    倒れるまで……
         r_'.ニニ'' \
.        とニニ''_.   ヽ       勝負の後は
       /  ,. -、 \   \      骨も残さない
      /   / | o\)`ァ、  \:‐┐    ………!
    /  _.ノ   |     | ヽ.   \!
.  /   /   │    |  ヽ.   \
  五味世界の宗矩(イメージ図)

 とりあえず、今からwktkするしかで砂。
「魔界転生」もそうですけど、年末までに「柳生武芸帳」も紹介せねばです喃。
とはいえ、あんなの、どうやって紹介したらいいんじゃろ…。
悩みは尽きぬ有様で砂。
351 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/01(土) 09:25:24.03 ID:q1ULxHoo
頑張ってくだしあww
352 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/08/01(土) 18:49:06.45 ID:WFJEPLgo
「船が出るぞー」で終わらせたらテレ東に一生ついていきます(ノ∀`)
353 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/09/15(火) 09:07:40.26 ID:nTV7p8k0
ほしゅ
354 :1 [saga]:2009/09/19(土) 18:16:56.68 ID:yVP9vNM0
 どもども、こちらでは久々の更新でありますが、
荒山先生の新刊「徳川家康(トクチョンカガン)」を読了したので、
ひとまず紹介用として簡単なのを作ってみました。
ご興味を持って頂ければ重畳ー。

 さて、既に連載中にもちょこちょこ読んでいたとは言え、
やはり「影武者」を読んだ身としては、秀忠&宗矩が愉快痛快過ぎなので、
まずそこから紹介しておきたく。

 なにせ、隆慶世界に於いて秀忠&宗矩といえば、

          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、     ギャワー!
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >   またしても二郎三郎めにしてやられてクヤシー!
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'    速やかなる報復を希望するんじゃよムネノリスキー!
      |  |  | ,───-_ |  |
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ
            秀忠

     ,─ ̄ ̄ ̄─ 、
   /  ───、  \    
   | ̄ ̄    /     |     
  |ヽ  /   \     |   
 | ̄├| ̄ ̄|──\─、 |   無茶言うなこの馬鹿!
 |_/ |__/     | /| |  
  / ヽ   〃    / //
  |  __      /| /
  \ |   ヽ      |/
   \ ̄ ̄      |
    \    /   |
      `┬┬───-┐
       ГT ̄ ̄ ̄ ̄|
       宗矩

 斯様なへっぽこ暗黒コンビだったりするわけですよ。
それが本作では…。
355 :1 [saga]:2009/09/19(土) 18:19:56.91 ID:yVP9vNM0
            ,_,.ィ_,._
           _ソ:::::::::::::´<,     宗矩…。
           イ;;:::::::::::::::::〉    この国に生きる民の為にも、もう二度と戦を起こしちゃいけないんだ…!
            ,_'リヽ;;;::::;;;/     力を…貸してくれるか?
           /´ ̄ヾ:::フ'ヽ、
.          {     ,}::/  l::`‐.、                 _,..:-=ー'
            ヽ, ノ {'′/ ヽ::::::l,         ,.    ,r-‐;=' "´     ,..ィ
          } !   ,!  ,/  〉::::l,      ,..‐'´::`ー‐'´::::::て_  ,.. -‐''´::::::
          〈 ヽ,  | /   /::::::::ヽ、  ,..-''´;::-ー''::´:::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::
          〉 ,.!ィ  l/ ,:へ::::::_;:::-:''´-ー'´::::::::::::__;;::::::::--:──:---:::::::;;____
         / ,/  ,;.ゝ'´::::``ニ´_;:::::-‐‐''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         /-/:''´ ̄'':´::::;;:: --‐、──t-、;:: -── '' ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ‐-
         /イ_;::::ィ‐''´ ̄l,     {::::::::::|
      ,/''::::::〉'´;;;;;;!;;;;;;;;:l    !::::::::::l
     ,<二ミ/;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;:}  /:::::::::/
     i- 、:::::ソ ;;;;;;;ヘ:;;;;;;;;;;;;;:l,  ,ゝ、:;;:」
     └ター゙';;;;;;;;;;:l !;;;;;;;;;;;;;;:l, !_z'=〈
      l:;;;;;;;;;;;;;;;;:! |:;;;;;;;;;;;;;;;:l ゞー'´
           秀忠

           `―|      |:;:;:;j;i:| ||
         r― ¬      |;:j:j仏L⊥.. ___
        ` ー ¬      |グ ,.  ̄ ̄` ―一¬--===
            |      | / /.  /!   |  |    ヽ
            |      |./i. |/! /!1   |i. ト、 !
            |      |{|i‐|/ | ヽト、Vハ厶斗 |_      ヒデタダ…。
            | i | i i|K`ト、代じ7'    ''iび外 |)/    この宗矩、あなたの剣になりましょう。
            | | | | ||ノハ. i` ̄       ̄| j/     .如何様にも、存分に。
            | | | | ||イ  |,ハ.   .!     /! /
            | | | | || |  |! iヽ  ‐ ‐  /!j/       さあ、ご命令を。
.             __| | | | ||_ \ |∨--`――'― マ       マイマスター。
.           /  | | | | || ``ト{ヽ S  '´_ {_}
         /    .| | | | ||  iソ --- ir ――  '´|
       〈.´  ̄  ̄| | | | || /   __j_      |
            |r‐'ニー、 |,/ r ´ し   \     |
         ヽ   | |i´〈〉 `i|.| /7 h  ヽ  \   |
..        \  | |{:.:.}{ :. }|.|     |         }‐0ヘ
          \「|.L,八_」.|'1           ,   \
           /:|.| 「,八`i | |:   ヽ     / / /
.       ,.ヘ.   / |.| J〈〉J | |\ヽ _レヘ. / ,人
      / \` ー- _____  !-‐   / ヽ,. イ}  \
     > ._\_/   ||   \_/_, イ      }--
                宗矩

 もうそれこそこんな塩梅。
白い白いと聞いてはいたけど、ここまで白くなると吃驚で砂。
酵素パワーもびっくりでアリマス。
356 :1 [saga]:2009/09/19(土) 18:23:54.99 ID:yVP9vNM0
 そしてべらぼうに強くて有能な宗矩。
まさに超柳生。というか宗矩無双。
宗矩一人でほぼ他全部(朝鮮忍者とか真田十勇士とか武田忍びとか)と張り合ってます。

 そして終盤にちょっとだけ出てくる兵庫助の扱いたるや、
「 こ れ は ひ ど い 」と言わざるを得ない趣で砂。

>宗矩は確かに自分たちにとって剣師であり主君だが、柳生新陰流の総帥は兵庫助なのである、と。

 すいません荒山先生。
これだけ宗矩が無双した後で、今更そんなこと言われても、フォローにもなってないでアリマス。
そして絵に書いたような小者っぷりと怒涛のような驚き役&解説コンボ…アンマリニモアンマリダヨでアリマス。

                             ,, ..- 、  _,,.. --- ..,,_    ,!
                           ,.-"...::::...:f:`¨::`..、  ..:   `ヾ"
                        /.:::: .:::;;;:''7¨ヾ、:::::;;).::   ,:   ` 、
                    ,,..-'''フ.::: ..:::;;:'':;r'7ヾ::::::::>'ヾ; .: ; .,:' ; ; i
                   f” /,r' .:::::;::';:イ:://!:::i`:<::Y¨i :: .i∠.ノ/ i i,!   ふむ、斯様な化け物が
                    //7..::::: ;'7::::レ'/:::l::::ヽ::_`;'v!::: :::i 、!ヾレiレ"    この世にいようとは…。
                      レ i::::::;'::/ `''" L:;;!`''´<::;r'l::i::::.::::!   i:: i
                       !:::;:i、l        ,!,,_!:!l::::i: ;! -, イ:: l,
                        ヽ:;:! `        _!   l!,,ヽ!>'-、ヽ::!!
                       ヾ!   ,, -┬ '"`  '' /    ヾ’;!
                     /f¨''‐,,r"   ヽ、  ./       >‐ ''''''''i
              ,,.-、,, ,f¨ >i  `¨ 、  -、    `ー'"    ` 、,,r'"    ,,r`.、
            /:::::f:! レ´   ` 、   ¨ ¨7 、  ', ',    ヽ,,,, .....-‐ヾ-!;!''¨- ,,
 ,r-,、     ___,,//;;r'"i::ヽ !::: ::::::........:¨ ¨''''''フ ヽ  ; ', ' ,  /, !::::::::.   ::..` 、  i    __
 ヾ<_ノヽ、,r<__r_r  !'   !:f:! `、::...       /    ヽ   ;   //r"ヽ:::::::   .::::.. `、 !''¨lY´:::ヾ 、

::::::::  u.:::::::::::\\ヽヽ\彡彡彡彡 ←兵庫助
::::   _,,,,,,,==,、_:::\) ヽヽ、゙'''=、_ミ
:::   ((__ ○):i:::::::i゙   /ヽヽ、. ii    こ、こいつは…甲種無刀取り!!
:::   -ニ='゙::::::::::i  _r=ヘ、  |   初めて見たぜ、叔父貴…!
;;::    ::::::::_,,,,、;;へ、/:::_.\`-ヘハ. 
:ヽ、 u. ::::::( >-= V ゙i()、_i'''゙Yミミ
:::::::)   :::::`-(:::  ノ`i ``''ー'/ミハ彡^ヽ、,_,,,,、=   _、vヽ,r‐z_,,
:::;/  ,,,,,,, ,,mm゙=ー'''''゙゙  ` iミミヽハi \い、_  ..... フ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;く
::i:::((((((==ニニニ-w   _,,,,ノこ.ト、 ヽヽ、 `ヽ-  ..... 7;;;/::__,::::、__:l;;;;r`
::i:: ゙iー-エェェ、`'゙-'いミ-イ'゙゙/ミミニ=ヾ'''=-、`    ...... 'ィ;;|::::=::l::::=:::|;;i` ガビーン
彡ミ `'ニ=-、,\ェェiノミ`ノ,ノ=ミミヽ  )  `       . {!lu __  :|i}
::::((((    \,,,フ((ノ゙゙゙:::)ヽノナノヽ、            !、 |_| u,!
:::::::`-((( iハ , , ハリリ::::::::ノ / ト-、,_          ..  巛くー‐j〔 
::::::::::::::'''ハハ))ハ))リ:::::// /   \        ...... /l  }‐─'' `ヽ
\l.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.//
三                                           三
三  兵 庫 助 様 が 解 説 始 め た ────── !  三
三                                           三
//川川.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.|.l.\
357 :1 [saga]:2009/09/19(土) 18:25:54.28 ID:yVP9vNM0
 そして紹介が最後になりましたが、
本作の主役である「元信」が、極めて丁寧に描かれたキャラの為、
元信と秀忠、両方を等分に見ることができ、物語としての厚みがぐっと増した形になっております。
「徳川家康」「影武者徳川家康」に続く、「第三の家康」の宣伝文句は、
そう的外れでもないな、と思うくらい。

 メ/イ/ / /  /i fヽ、ヽヽヽヽ
    ノ/ i レレ´∨`゙` 6 } i i i ハ    最後にもう一度だけ聞く。
   仆从i イラ     イ i i i ゝ   …役目御免を受け容れる気はないんだな?
     `゙`}       i レi レハj
      /_      /  从 ヽ
       ヽ.-‐  /      ',
         `ー' 'i     _,.ノヽ
             |,' _-‐¬  _.ノヘ
          ///=三二v、.:.:.:.:.',
        /.:.:: 二三二三二.:.:.:.:.::',
      /.:.:.:.  三二三二三ゝ.:.:.:.:.:.

         、__  _,._,._
      ゝ.¬'´゙  ヽヽ  '―-._
     ,.ノ     ,;'  ‐-ァ   Σ_
   <.  ァ'゙  .;:;:;'´   フ     /
  ',Ξ´ /    ',:; .,,.,  ト、    〈 
   ヽ.  〃/  ,;:;  、  、    Z、    金輪際。
   /  イ   r ヘ ',ヽ  !    _,.ゝ
  Σィ  レ i  i  レハviヽVレレ/ヽ \
  ∠、   リ ト ミ   ィェヤ   ヒ  〉 了
    "^Vi  フzォ ミ、       v _ナ   >
      レリヘ   i       i i从 ',
         ヽ ,゙' _ ,.   / , ' ヽ7、__
          )ノ丶 , . , /  ;   /  〉i;ヽ.,__
           _,イ,' ̄、    /   / i: ; : ;i `'‐-- .,_
         _, ィ: ;:/|  i i  /    / /; : ; : !: : : : : : :  ̄: ‐- 、
     ,. -‐': ; /; : ;i | ,.人  _」ヽ   / /: ; : ; : |; : : : : : : : : :/: :ヘ
   /; : ; : ; : ;/: ; : i |;:;:;i / | /;:;\/ ,': ; : ; : ; :|; ; , , ; ; : ; /: : : : : ',
                元信

 いや、実際、夜中の2時から読み始めて、朝の6時まで一気読みでアリマス。
普段と比べると発狂度は低めですけど、物語として読ませる力はズン!としております。

 元からの荒山ファンの方だけではなく、「影武者」読者の方、
及び、未読の方がおられれば、是非是非。

 【徳川家康(トクチョンカガン) 上】
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/4408535540/

 【徳川家康(トクチョンカガン) 下】
  http://www.amazon.co.jp/dp/4408535559
358 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/19(土) 18:40:01.62 ID:M1fi0ZEo
乙でした
>発狂度は低め

荒山先生に一体なにが!?
359 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/19(土) 18:55:52.91 ID:YSL.yrgo
乙!
360 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/19(土) 19:17:30.21 ID:4kXP8kEo
乙乙wwww
361 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/20(日) 10:47:20.17 ID:ns0oHkwo
乙〜
362 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/20(日) 23:36:09.75 ID:m6nx2Aco
乙でありんす
ああ、また積み荒山が高くなるのか・・・
363 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/10/16(金) 16:03:07.44 ID:ALX3PLc0
乙です。
364 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/29(日) 19:33:15.71 ID:L9StDZs0
お疲れ様です、しかし、ロボットと名高いもこみちがやるのかあ…

地獄だなあ
365 :1 [saga]:2009/12/06(日) 22:32:37.32 ID:E3vt3V60
 どもどもです。
ここ最近、サッパリ更新してませんでしたが、久々にこちらに投下しようかと。
ネタは講談「柳生二蓋笠」でアリマス。

 それでは、始めます。
366 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 22:33:12.82 ID:gck9SToo
まってました!
367 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:35:46.37 ID:E3vt3V60
 時は寛永、三代将軍家光の治世…。

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ
368 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:37:13.16 ID:E3vt3V60

 時の将軍家剣術指南役は柳生但馬守宗矩。

                 / ̄ ̄\
               / ._ノ   \\     _,,
               | ( ●) (●) |     l;l    これでももう還暦越えてるんだけどな
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,  
                |   `⌒´   |, ト-=y  丶  
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l  
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i, 
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">-−  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /
                柳生但馬守宗矩
369 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 22:37:42.91 ID:sp36S4Qo
だが能はやる。他人の家で。
370 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:38:21.54 ID:E3vt3V60

 その息子には、惣領十兵衛、

                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ    我が剣は剛の剣!
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'   我が往くは覇王の道よ!
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"
                     柳生十兵衛三厳
371 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:40:15.26 ID:E3vt3V60

次男の形部、

             ,、- ー''''ヽri'''''''ーー ー 、
           ,r'";;;;;"";;;ミy''"彡三三ミミ;ヽ
         / ;;;;;" ;;;;;;;;;;;;;;ヽ'"彡三;;;;;;;;;;;;;;; ヽ
        /彡彡""へ、、ミミ;ii彡彡三;;;;;;;;;;;; ヽヽ
       ,/ ;;;;";;;;彡三三ミミ;;ソ彡彡三:::::;;;;;; ヽ t
       i ;;;;  ;;;;シ彡三ミミ;;;リツ;;;;;;;;;;;;;;ヽ:::;;;";;;iii;; i
      i ;;; ;;;;v;;;;"";;;r'ヽヽ''""'""""'t;;;;;;;;リ iii;;;; ;;; i
      i|i ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t、 -----―― ''i;;;;;ソ::::::::;;;;tt i
      ||;;リ;;;Y;; ;;、;;;;;;;i――― ーーー 'イ;;i;;;ヽ;;;;;;;ヽソ
      i|yリiソ;;;; ;;;ノノ/ソ,,,____,,,  ,,,,,,,,、|、h、;;;;ヽ;;;;;;;;tヽ     兄上…。
      'y ;;;;;;;;;;)rシモェテ'、;;;) r"z'モェテ与`>::y::: ;;;;リ    ならばその野望、私が止めてみせましょう…!
      ノ ;;;、-'";i  ~~::::: ̄""i |''::::::::::''ヽ  i;;;;;;;;;;;;;; i
     /:ツ/;;;;;;;;;/t  ::::"    | :::     '〉;;;,,;;;;,,,,,、
     /://;;;;;;;;;/こt     ,,,( j,,、::    ,'i;;;;;::::: ;;;;;;;i
    (:://;;r;;;;;;、;;;i::t     ヽr"  ,   ,r';;;;;;;;i;;;; ;;;;;|
     ワiii|ハ;;;;;;;;ti;;;i、ヽ,   ~''''ニ ''''''"  /;;;;;;/;;;;;; ;;;;;リ、
    ,ノ;;)し;;;;;;;;;ti;;リ:::::ヽ  'r''"~~   , ';|;;;i";;;;;;; ;;;;;;、、t
   ノ"/;;;;y;;;;;;;;;;;;|ソ:::::::::::ヽ  ,,、,,  、":::;t;;;;;;;;;;;; ;;;; ;;;; |
   (/;;;// "";;;;;;iリ::::::::::::::::::~'ーーー "::: ii ヽ;;;;;;;; ;;;; ;;;;ノリ
 ,,,、,,、t /リii"ii;;;;;;;;ヽ,  ::::::::::::::::;;;;;;;:::::: ii  /;;;;;;;; ;;;; ;;;;/;;ヽ,,,,,,,,,,,,,_
" /r"/;;;;'''';;;it;;;;;;;;,,,,ー、:::::~'' -;;;;;;;:::  ii  彡ノ;;;;;;;/|y;;;i、;;;iヽ'ニ三凸当ヽ,
 / i i;;;;iii;;;;、、ヽ;;;;ミ "" :::::  ;;;;::: ii  ''"フ";;;;";;/i;;;;|リ;j /)~'t)ヽヽ"
. リ |  ヽ;;;j;;;;;;;;ヽヽミヽ、、,,,,,;;;;;;;  ,,、-'""''r''i";;;/|;;;;;;i/;;;ノ";;| i/ /|  `i"  i
.i | t iiiitヽいい;;';;ソ tt    ~''ii:::  /  t;;;;| t(ii||r'/ ;;/ リ i:::  ii  ii
 y | :iiiiヽ t ソリtt 'tt     ii:::/  ::::ヽ、i `/ / /  " /:::   |i  |
  | t iiii ヽ、t ヽ  '-、 ヽ、,,  | /  ::::::::::,,  / /  ii   /::  i
 ||  i  iiii ヽ  ~'ー 、ゝ,,,,,,,,ゝノ  :::::: '"  j| ノ /ノ  /   ::|
 ||  |   iiiii  ヽ        ,,,,,,,;;;;''"  ,,,、- '":: /::::::     :i|::::、
 |.i ハ   iiiiiii  ヽ,,,,,,,,;;;;;;;;:::::::::::::::;;;、-ー'" :::::::  /       ::::i、::ヽ
 | | | i、、   iiiiii   ~~~ '''''''ー- ''~ーー'''""::::::::::,,, /         :::::::
             柳生刑部少輔友矩
372 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:41:36.18 ID:E3vt3V60
三男の又十郎の三子があった。

           ____
         /      \
        / ─    ─ \    兄二人の世界が違いすぎて
      /   (●)  (●)  \  どう見ても又十郎に出番はありません。
      |      (__人__)     |.  本当に(ry
      \.     `⌒´   ,/
      /     ー‐    \
          柳生又十郎
373 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:43:52.28 ID:E3vt3V60

 だが,惣領十兵衛は流浪の旅に出て行方が知れず、

 来 い 奪 こ |    |  今 恐 十
 る つ い の 了从从  よ 怖 兵
 が で た 命 (ヽ)))|  り. の.衛
 い .も く   /'')) "〈  始 伝
 い  ば  (,,,(从ノ| .ま 説
  /     (;;  {;;;;;;;;t る は
 ・  _,,,,r''{{;; ソ;;;;;;;从;;;ー、___/
ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::
,,,,,,,,,, ~'' - 、:::::" ::::::::: ::::::: ,/:::/ /:
 ̄ ̄~~'''''''ー~''ー    ー'" ::/ /:::"
374 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 22:44:56.15 ID:omaWIIIo
三男ひでぇwwwwwwww
375 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:45:44.97 ID:E3vt3V60

次男刑部は病気で若死にし、

 ま こ 剣 ひ わ な     ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,      近 死 わ
 っ の.士 と .た .ら   (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、     い 期 た
 と 生 と .り .し .ば   ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"     !.は し
 う .を し の .も    / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、       の
 し  .て       (  ソ | ti'| t、tig◎bm|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ
 た           )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,gi |i :| ヽソ
 い          ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    し
            (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く
             リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )
            `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,
             tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ
              )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、,
            /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
           ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
           i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
           ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
           、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (
            ,ゝ  ,,  / ヽi、:::::::::: """""";;;;  :::::::  /,, /"  ''::"  ::: |} ~'' 、
           (ii   iiiiソ ii  ) :::::::  ::::::::::   :::::::::  (|i  }}iiji、 iij、ハ  ヽ 、,)ヽ)
         ,r''"    iiii、  |リ  :::::::   :::::::   ::::::   :::::ヽ  ` ` !!!、\   )jj:~''- 、
       ,、-'  ;;、"-('   ヽ ミi   ::::::::  :::::  :::::::   :::::::::ノ/   )  、 ,, ノ" ::::::'' ~'
       (;;、- '" '"" i// iiiハi"    :::::  ::::: ;;;;;;   :::  ヽ、,,ノj ノ) ノr"i、((,,,,,,,、、
"""~~~ ''''''~       "  " `           ''''''''''' ー―  "''''''''''  '""""""
376 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:48:03.22 ID:E3vt3V60

そのため、残った三男又十郎が家督相続人になった。

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \    ………。
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ
377 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 22:48:53.97 ID:sp36S4Qo
剣士としてはともかく、
いろいろ子育て間違えた気がする。
378 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:50:07.63 ID:E3vt3V60
 だが、この又十郎が至って柔弱。
剣より本が好きな若者だったので、

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\    今月の吉原月報も当たりだお!
  / /// (__人__) ///\  ハアハア…
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /


       ↓(数刻後)


             @@
 _,,..i'"':,       @@@@ @    @    @
|\`、: i'、     @@@a@*@         @  @@ @
.\\`_',..-i    |\@@@/|          @ @@  @
  .\|_,..-┘    |   ̄ ̄  |         @@ @@@ @@
           | ゴミ箱  |         @@@@
           | ..     |  @
            \__/ @
      / ̄>く \
    / ─    ─ \
   .|  (〇)  (〇) |.   この柳生家を継ぐ身で何やってんの俺。
    |  > (__人__)< .|   
    \iiii  u`⌒´ /   
    /          \
379 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:52:25.80 ID:E3vt3V60

父・但馬守の悩みの種であった。

              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ   よりにもよってなんでコイツが残るんだよ…。
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (−)(− ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ
380 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:54:28.10 ID:E3vt3V60

 そこで家臣の平馬に命じ、稽古をさせようとするが、

              _,____
ノ(          / ̄lllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lll(        ノ´llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lllllll)     ノ'lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
丗ヲ    /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
llllノ    ノllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、ll|
llノ    ノlllllllllllllllllllllllllllll/´ ̄`ヽllllllllllllllllllllllllllノ `、ll|
/ ,   |llllllllllllllllll_,-'´ ̄  ヽ、 `ヽ、lllllllllllllノ .  Y
|l   ,'´l`、lllllllllllノ   _,-‐、 ヽヽ `l.`―‐'フ   ,、|
llll`ヽ|llllllllll`、llノ´   ‐―、ヽ、 ヽ、 |   | / ノ,→
lllllllllllllllllllllllll`l     -、_ヽヽ、_`l 、 l  /ン_/
‐ 、lllllllllllllllllllll`l     `、`三ン、、ニ、´ノヽノ/フノ/
     フlllllllll`l       _,-'´ `ヽ//-´   |      若ッ!稽古をなさりませいッ!
     /llllllllllll|`ヽ、   ,'´´     _  :   ) l     さあ、お竹刀を!
     `|llllllllノ、  ヽ、,´     i´ `  `,  ノ´
    人    \ i´ヽ、      `,ヽ、_ノ ,´/
    /::`、     `ン  ン  ,,-←三、-´ノ、'ノ
 _,-/:::::::ヽ、     ヽ、 `、 `,ニ,‐--‐ヲ //l
''´:::`、:::::::::::::::ヽ、    `i 、_ヽヽ二二二ノ/ /
:::::::::::`、:::::::::::::::::::`ヽ、  `l `、     / ノl
:::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::`ヽ、ヽ `ヽ、_,/ノノ`、__
:::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::`ヽ、――´ノ:::::::::ノ::::::::::::`‐ヽ、_
              大道寺平馬
381 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:56:12.52 ID:E3vt3V60
          ____
         / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\    ”さあ、お竹刀を!”
     /   ⌒(__人__)⌒ \
.    |      |r┬-|    |
    \     `ー'´    /
    ノ           \
  /´              ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ     やなこっただお!wwww
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)  どうせ使うなら又十郎は
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //   .股の竹刀を使うんだお!wwwwww
| ::::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/ 
|     .ノ      | |  |   \   /  )  / 
ヽ    /      `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン
382 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 22:58:16.74 ID:E3vt3V60

 又十郎は剣は嫌じゃ嫌いじゃと、なかなか首を縦に振らない。

      _ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
     / / ´`ヽ _  三,:三ー二   噴破ッ!
   / ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  /  }  ...|  /!
 |   _}`ー‐し'ゝL
 \  _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
 /  ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
383 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:00:11.92 ID:E3vt3V60

 そして平馬説得の末、ようやく首を縦に振ったのだが…

               _______
    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
  :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
    | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|     わ、わかったお…。
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :  じゃあ、せめて酒を一杯飲ませてくれたら
 | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/    その後やるお!
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
 | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
 ヽ__)_/ :  /            \   ハァハァ....


;;;;.,::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ゙: : : : : : : : : : : :.!: : 」::'、
./ : : : :`゙゙゙ ̄´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.!: ,i": :| .l
゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::,/./ : 、 |ヾl、   フウ…本当ですな?
: : : : : : : : : : : :_-、: : : : : : : : : : .y:i: ::/:/: :_〃 .l,!│   では、一杯呑んだら、稽古を始めますぞ!
: : : : : : : : : : : : `'->、: : : : : : : :/l !://゛,r / : : .l,/
: : : ::,/゙゙゙゙ヽ,,,,_: : : : ゙''i \ : : : : !:| ゙|" .'~ : : : : : l                 _,,........
: : : :: ̄ ゙̄'''ー .二二ニ二ニ,,.>ヾ: : l゙: ::..―-丶: : :}'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''''ー-,,, ./゛: : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-、: : ヽ、: : : : : : : ,ト- ,,,.: : : : : : : : : ::~'-、: : :.,..-
: : : : : : ...... ィi;;ニ二`-: ::,...: : : : : ::ヽ: : :',: : : : : : ./;;;;;;;;;;;;;;゙''-、.: : : : : : : : ::ヽ./ : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : :ヽ: : ヽ..、: ::,l| ,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.\,: : : : : : : /: : : :
: : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : , -.: ::、: -_ノ: :/ |: :`''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,: : : : │: : : :
: : : : : : : : : : : : : : :l゙: : : : : : : : :{: : : : !: : ::/: : :゙'i:.l: : : : :`く.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、 l: : : : :
: ,,.: : : : : : : : : : : : ゛: : : : : : : : : ゙''''" ゙̄''゙´: : : : ! ,!: : : : : : ゙'ir'"゙゙.l,,_;;;;;;;ヽ,:!: : : : :
: : :`'''''''''tr'"゙゙゙゙'''-、、: : : : : : : : : : : : : ,ニソ'゙lli....../ : : : : : :.,,' ,r‐  '!―、;;ヽ,: : : : :
ヽ,: : : : : ::ヽ: : : : : : :.!''-、: : : : : : : : ::,彡一'゙ ,!`l‐ミ゙‐'-、_:', .,       `''、;\: : :
: ::ヽ.: : : :  !: : : : : : :.l: : : : : : : : : : ./ :__._r'´ ./ : : `'''ー、. !           ,ノ;;;;;\:
: : : :`''ー- .. l、: : .,../''''ヽ、: : : : : : ''´ .,r'´: : ´.!: : : : : : :l、 ゙         ),;;;;;;;;;;;;゙‐
: : : : : : : : : : ::゙│: :.\.: :`'ー: : : : .,/: : : : : : ,!: : : : : : /          ,!;;;;;;;;;;;;;;
: : : : : : : : : : : : :`-、,.: :`": : ,,: : : : : : :i''''''': :./ : : : : : :,/..,,,、 ',    ,,..ノ丶;;;;;;;;;;;
: : : : : : : : : : : : : : : : :`゙゙゙゙!ニ,゙''-、_: : : ,' ._,/: : : : : ./ : : : : `゙゙/ゝ _....-゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`'-、,: ̄ ̄: : : : : : : ./ : : : : : : ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.......゙'-.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`''-、: : : : : : : ": : : : : :../
384 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 23:00:29.99 ID:sp36S4Qo
なんか一休さんみたいな
385 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:01:55.56 ID:E3vt3V60

 稽古の前に酒じゃ,酒をよこせと言うので,
仕方無しに酒を用意したところ、又十郎、大杯をぐいっと一気に平らげる。

          ,-‐-、
          | 糞 |  ング
   ング     | 正 |
          | 宗 |
      / ̄⌒)  (⌒ ̄\ング
    / ,. ^‐'_ヽ /__ー^ 、 \
  / // ̄ ` ⌒ ´ ̄\\ \
 (  </            \ノ   )
  \ \           / /
 ング \ \       / /
                   ング
386 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:04:09.57 ID:E3vt3V60
       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +  今日も酒が美味いお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \   平馬!お前も一杯やるお!
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}−| る|  |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|

                ,. -―‐-- 、 
             /    ,,ィ‐-、\
            / __,. ''´,、__,.へ、.ミ、     いやいや若、それがし下戸故にご勘弁を。
            |/_ノ>、  /‐‐''´ ̄`ヽ.i    それよりも約束の稽古をですな…。
            |',/ .\ '   r≦フ u l'ヽ
            ヾ,<´≧ヽ l   `¨´    {ノ|、
             r!.`¨´ノ| _ -、 ̄`ト、 レ' lヽ、
             ヾ、 ,/ (_,)‐'  u ヽ,>′/ / ト
              ` Yヽ、,ィ,ニ=ァ リ  / /  !_ヽ
             /  |\! .ヾニ´′,/ //  /  \
   ----──-- /   /  \‐-、 ,r‐''´./ /     \
  --──ー--/`i─--   ̄ ̄ヽヽ ヽ  ノ ヽ       \
  /ヽ__   / ./!    /ヽ   ヽ\ / /´      fi   i
 ./!ヽ!__ / ! |   .// /      V  '        |i!  l
-チ/ fヽ二=/ / i ̄ // /-、     |         ..::!'   `ヽ
.┼=| i-- (( ⌒! /´、 ( ./ ̄::....  /        ..::::::/ /   ヽ
 .!  ヽ )  〈 '' !,ヽ、!  |/     ヽ ......    ::::::::ノ::/
 .ヽ、  (  /   ij ヽ  i'  ....:::::::::::ヽ:::::::::::..........::::::ィ'/:..
二二=====── |  〈..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::ノ\::::....
  )vナ ( ヽ、_ノ`'ヲ‐'' ) ::::::::::::::::_,,,./:::''     / ヽ`''':::::..
  ヽ〈 〉:::::     /、
387 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:06:09.44 ID:E3vt3V60

 一杯飲んだ又十郎が平馬にも酒を勧めるので、
平馬は下戸を理由に断った。
すると…

         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\  
    /    (●)  (●) \    なんで下戸だから飲めないんだお?
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

    /'‐- 、\:::::::::::::::`´::::::::::::`|ミヘ
  ,へ' :::、=‐ ミ、.\::::::::::::::::::,... -、:\l
../r.V .:::::ゝ、○}ヾ}:::::::/''''´__--ヽ::リ
|lノ '''""".:: ̄:: ):::i'’´く○ >:::::i     若。
/...::::::::::::::::::. ,. 、{::::ノ::::::: ` ̄ :::::::::|´i   昔から下戸は酒が飲めぬものと決まっております。
:::::::::::::::::::::::::::.ゝr' ヾ__):::::  ゙゙'' 、::| )}   .
:::::::::::::::::::::::::::  `''´::::::::::::::::::::::::::::、レ/    「では、どうあっても飲まないのお?」
::::::::::::::::::::::::::∠ミ_'ヽ.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::ヽ.,__,,,>i:: ::::::::::::::::::::::::::::l    ええ、嫌い故にどうあってもお断りします。
; ,,,,::::::::::::::: '''''''ヾ;;::::  ::::::::::::::::::::::ノ
;;;,,''';;;;;;;;,,,::::::::::::::::::`::::.. .:::::::::::::::::::ノ
388 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:08:15.06 ID:E3vt3V60

       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \     ほら、嫌いなら断るお?
  / -=・=-  -=・=- \  なら…又十郎も嫌いな剣を断るお!
  |      (__人__)      |  剣も酒も同じことだお!
  \     |++++|」_キラッ/
       `ー''´ l

          ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
       ,.;;;;''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
     ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
    /r‐''"゙`ー-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::--ii'""\\
   /;;;;i´ ({    {{´´´"""    `i} 、 ヽ`、
  ./;;;;;;|/' ,〃、、   }}  b     )}~iiヽ |;;;;;i
  j;;;;;;;/  _,.--、          / {{、__゙i}`!、;;;|
  |;;;;;/ ,r'"¬、ヽ \      /  ノ ,r-=-、ヽ;|
  |;;;;!     `.`、 ヽ |    i ,.r,'.r'"     ‘;|
 :|;;|   __,. --、_\ヽ| }.|:| ,!-,'r'',...-'".、_   ||    (謀られた…ッ!)
. _j;;|  'ヽ   ◯_);;\,Y | `_j'" イ◯ _ノ`   ,!_
/_`{    _ ̄ ̄-_ノ  `).  (   | ̄ ̄、_ J | r}
| ,/i|  '"´ ,.r''" ̄   { c }  i  ̄¬、 ヽ :|(!、|
|//ト、   {    ., -'ヽ ,/`ヽ、     ,) ♭ノ、トj
|``;'、i`.、  `、   !;¬(  )-、,ノ    / ,r''|///
\ニ'}--`i  |       ̄      i /`ー|~/
  `i:| i, |  !、     __  __     / .ヘ J |,'|
  j !、 `、  、  rニ三三三ニ`ヽ   /  ,ノ |、
ッ'''|   `、.r`、   i'"__ニニニニ=ヽゝ  }-'"  |,))、
{ /    ヽヽ、 ~ヽ、_,........__/~' ,. ',/  ,. ,='.' ヾ--
`<、     `-、`ー、-―──--、一,r'",.c''"     }
  `ヽ、    `、 (        `./  `、      /
    `)    `.、_       _,.-'   `、     ノ
    /   `、  `ー---一'" /    `、  /
389 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 23:08:55.47 ID:omaWIIIo
上手いwwwwwwww
390 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 23:10:00.33 ID:gck9SToo
うぜぇwwww
391 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:10:03.24 ID:E3vt3V60
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }   お前は酒の下戸、
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ  又十郎は剣の下戸だお!
 ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!   もう剣の稽古を勧めるんじゃないお!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |       剣 の 下 戸         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


;:;:;:;:;:'''' `ー  ノ |   ,  ヾ' v'~ v`ヽ、''';;;;;;;;;l ,/; `i  冫( ~ヽ
;:;:;:;ノ '⌒  '´-‐、`ニ   ' , i,^{~` ,r‐、 ヽ'';;;;;;;lノ;   ; //~;ヽ ';
           | |    ' , ヽ`yゝ ノ ノ| '';;;;;lノ ;'  / | l l ,.r-''゙ |
                  ', `丶t./ノ ;;;;;;;l / / ノ,,;;/;/;;;;;;;;,,|
, ,       u          ' ' ' ' ' ' ; ,;;;;;;ノ_,ノ /;;;;;;;;:::'''''''''::;ヽ
  ' ,                    ' , ; ; =、、,,,;;;;'' ,.r‐‐-、  ~|
'i   ',                     ヽ  | |;;''' /~ ○ ソ丶 ノ
,l   ',        u             | l lヽヽ、{  yvノ ノ   …………ッッ!!
'|    ',                      i  |`ー`_ー_' ´,/
.|ー--、 ,', , ,, , , , , , , ,      ,  ' ' 'ゝ-‐‐‐r‐-、(      |
.|   /   ヽ     ' ,   , '    l´ ,,,,,,,,,(   `i       /
ノl   |    〉、     ',      ヽ''''' ''ノヽ、___丿       /
 |  丶    / ヽヽ   ',        ```ヾ、__ノ      ノ
 ゝ、 ヽ、/   〉     '     , r‐‐-、( ( `l   ,.r_''´
/´  ヽ、/     |        /_,.r‐-、 `ー‐-、  / /-、
    Y     |        / ´    `ー-、  〉  /  `ヽ、
    丿\    ヽ       ゝ_ ,.r‐-、    〉'゙  /     `ヽ、
   ノ   ヽ、___,....ゝ、___, . r‐‐‐‐‐- 、  \ 丿 ノ         l
  ノ  / ̄ \   /r ' 'ヾ   /   ヽ  ニ,.r '´          |ー─ 、
 /   /      \ (   、__ノ'''~ーゝ  ノ ヾ´        , . r‐‐ '´ー-、、 `ヽ、
/    |      ヽ  ノ 丶_ _ノ ̄` 丿     ,. r ' ´            `ヽ、
    |       `ヽ、_____ノ  ヽ、,.r'´   ‐--/                  ヽ

 又十郎、嫌いであれば酒も剣も同じである、嫌いならば断るが道理、
などと理屈をこねて、結局、稽古をせぬ始末であった。
これには平馬も大弱り。
392 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 23:11:46.37 ID:sp36S4Qo
トンチきかせてもしょーがねーだろーに。
柳生の二代目が。
393 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:12:14.59 ID:E3vt3V60

 さて、ここで場面は変わる。
当時但馬守は神田三河町の搗米屋、三右衛門の娘で
たまという女がいたのを気に入り、これを妾にしていた。

                       _,. === 、
                    ,ィ´     `ヾ、
                _. ,、  ,.、/_           ',',
            _/:...:/:.:.`´:.:.:ヽ:.:.:.ヾ´.ヘ     l!
         ,. ´/:...:/:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.: ヽ:.: ヽ   i!
        /:.:.:./: .:./:.:.:.:.:l:.:.:.....:.:.ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ.  ′
        ./:.:.:.:.:/:.:f:.:i:.:. f : |:.:l:.:.:...!:.:.i:.:.!:.:∧:.:.:.ヽ
      /:.:.:.:.:/: .:.!:.:|:.:. l:.:.il:.:l:.:.:. |:.:.ll:.:.i:.:.∧:.:.:.:ヘ
      ,|_,.:,/:.:.:.:i:.:.|: .:.l:.:.i.l:.|:.:.:. |:.:.||:. !:.!:.:ハ:...:.:.:ハ
      lニニ|:! :.:.;i,斗-ft‐l-!:|:.:.:. !ィセT:ト、!:.ハ:. !:.:.:ハ
        !ヽゝ|:l :.l:.|t,斗‐!-、ヾ,!:.: / 斗‐!、i:i!:.: |:.:|:.:l.:.:|
        !:.:.:.,.|:l:. !:|/f.fi`i    i/. ffi`! } .|: !:|:.:|:.:i!: }
        |:.i.:!.从:.:l:|.弋¨ノ        辷/ /.//:./,;イ!/
      /:.|:.ト、 ヾリ           ,    /ィ'/:i∧:.:l.′
      /:.:.|:.l:.:.T‐ 、      __´     レ':..イ:.:ヘ:.i、
     ./:.i:.:l:.:l:l:.:.i:.:li:\     ゝ ′   , 'i:.!:.:.:.:.!:.:.ヘ:ヽ
    /:i:.i:.:.|:.:l:l:.: i:.:li: .:|` 、      , イ:.:.!:.l.i、:...:i :.:i:.:`、
    |/i:.!:.!|:.:l:ト、.i:.i!:. |  ` ‐ イ:.|:. |:.:.:!:..!:.ヽ:...:i:.:.ト、:}
    i' .!:i:.lヾ:.!l:.ヽヾi.ヽ       ト.k :|:.:.:i:..}:.:.∧:.:i:.:| ソ
      !:i::|-ヘi´ ̄ヽ', \      \!ヽ:.;i:リ!:.:.:.:iヘi:.:!
     >'ヽ        \_    |  `ゞ、:.:| i/
    厶;;;;;;ヽ          ヾ 、 √|     !'〈
     ,\;;;;; ∧        ヽ  ,i       i;;;\
   /  \;;;;∧.     r- 、 `、/       ∨;;;;!
   / ./  \;;;;ヽ、_ ___|: : : :`乂  ,.---、 ∨i:!
               たま
394 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:14:21.75 ID:E3vt3V60

そしてある晩、但馬守がたまの部屋に向かったところ…

              ” `.  :;.;;、'::;.;;、':` ;;:.;;、':.;。:.;;:; :;.;;::;:;、':.;。::;./.;ヽ;;、':.; ;:;'`。::;.;;、':.;
ぃ=-==ー=ー=-==ー=ー``.;; :;;、':、、,...;:;.,.γ,.,;ヽ  ,i'; ;':;:;,,:,";、;、'..:.`;;:.;;、:;:;。  ::;/.;ヽ;、':.;;:。.:.
ヽ,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二:;.;;、'::;.;;、':;;、':.;"''""'''。::;.;;、':.;;::.;;:;'`。;:;'`::;:;'`;:;'`;.;ヽ、;
二,,、二,,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、:,"、':.;;::.;。::;.;;、':.;;;:;'`;:;'`:。;:;'`;:;'`。;、;、'..:.`;;:.;
、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二;,,.;:;',.,`;:;'`、':.;;::.;。;:;'`;:;'`::;.;;、;:;'`':.;;;:;'`:。;
;;、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二;:;'`;:;';::. ;。::;.;;、':.;;`\; ''i_,;/ ヽ::.;。::;.
;:;;、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,、二,;;;。::;; :;'`;:;'`;: ;'`.;;.γ  、':.;;'''。::;.;;、':.;;
⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y⌒y"''ー',.,.,;:;'`;:;'`;:;'`;:;'`,i'  /ー、;、ー':;、':.
二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二,_,二, ;:;, '';;'",,i' ...;; .,i''''。::;.;;、':.;;
  .:I,,i__I   |;;| |   I,,i__I   I,,i__I    |;;| i I,,i__I __,i` ;; ;:;/'''。::;.;;、':.;;
,;__,;____"''三二|;;| 二i]_,__,;_,;__,;__,;___,_;__,,,;;三二|;;| 二i]    、i ;:;: ;:`;:;:
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |  ;; ;;:;,i '|:;| |
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |  / :;;:;,;i.:..|:;| |
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:l | ,i  ,;,;,i' `-"__..,.,__,.,______、,/
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | |:i |,i`  :;:; ,___.,i.,__,,く.,__,,,_)___/
 li____li____li__,,,|;;i |li____li____,li          |;;| | l:i (ヽ ;;:;:;i,,___.,i.,__,,く.,__,,,_/_/
        |;;i |               |;;| | ゙,i` : ー /__ヽ,___.,i.,__,,く.,,./
        |;;i |               |;;| |  i  ;;:;:;i'ヽ,__く.,_.,ヽ.___/
        |;;i |               |;;| |,.,i' ..:;;;:;:;i'  ヽ.____i_, /
─────=|;;i |;;=─────────-i;;|_,,';; :;;:;,;:i':ノ    ヽ,./
______,|;;i |___________,_______ ,,i:'`.:.:;,.,: :;,i'ヽ;,,.   /
       ,.,’ー‘,,             .ノ;;,;, ':.;。::;.;;、' :.i /
                        ;'`、':;.;;::  .;。;:;'`/
__________,,.,______________,_____/
395 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:15:57.11 ID:E3vt3V60

なにやら中から男女の声が聞こえる。

          ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄
                 ||          ||          ||
                 ||          ||          ||
                 ||          ||          ||    <キャハハ,ヤダワカサマ…!
                 ||          ||          ||    <コレコレジットシテルオ…!
                 ||_____||_____||
                 ||_____||_____||
                 ||O ※※※※||※※※※※||
                 ||※※※※※||※※※※※||
         ____||※※※※※||※※※※※|| ____
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |   …こ、この声は…!
.       (__人__)   u  .|  ロクでもない予感がするだろ…。
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |
396 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:17:34.10 ID:E3vt3V60

 よくよく聞き耳を立ててみれば、声の主はなんと倅の又十郎。
何時の間にやら又十郎とたまは、斯様な仲になっていたのであった。

           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\     さあたま!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\   この股の竹刀で立ち合いを所望するお!
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)

                   ,..r:::´,..r::':´:r::'::::/::::',:ヽ'..、
             /:::,.r'´:::::/:::::::::::::::::::::':::::ヽ::'ヽ,
            /::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
             ,':::/:::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,':::,'::::,':::::::/:::::::::::l::::l::::::::::::::::::::,:::::,::::::::::::::::'、
              l:::,':::::l::::::::l:::::::/l::::从::::::::::::::::l::::::l:::::::::::::::::',
          l:::l::::::l:::::::l_,、/-‐l-:,' ',:.l::::::::__∧::::l:::::::::::::::::::l
           l::::l::::::l:,r'´l:/    ',l  ',l::::::/`ヽ::l::::::::,::::ll::::l
            l:::::l'、:::l::::l ´         l:/   l:::`l:::::l:::::l l::l
             l::::/r',::l'、:l,、rx=z,          l::::/::::/ l/   はいはい。
           .l::::'、〃,l ''   ´     r==、. /./:l:::/    若様ったら剣はお嫌なのに、
          .,'::::::::\ l       、       `'//l/     こちらは熱心ねぇ…。
          ./:::::::::::,'::¨'、       ___      ,':l
         /::::::::::::,'::::::::::ト、    '、__ノ     .イ::l
        ./::::::::::::::l::::::::::::l >      イ::::l:::l
       .,':::/::::::::::l::::::,、-}   ` .‐ T´::l::::l:::::l:::l
      .,'::/:::::::::::::l:::/ ゝ、     ,':::::/::::l:::::ll::l
      ,':/l:::l::::::::::l,r    `ヽ、  l,`',:::::/:::/ l,'
      l,' l:::,'l:::::, '           ヽ 'ヽ 'ヽヽ',
          l::.l.',/: : ´`:.':.‐.、      '、 ',  ヽ::',
        '、l/: : : : : : : : : : ヽ    `、、  ',::',
         /: :: :: :: :: :: : : : : : ヽ      ゝ  ',:l
397 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 23:18:50.07 ID:sp36S4Qo
父親の妾と関係とかイヤじゃないんかww
398 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:19:20.98 ID:E3vt3V60
     __
..:...::.ノ(..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./⌒.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:(…こ、こいつら…!:....
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::しかし、ここで怒鳴り込んで、
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..:::万一にも噂になったら柳生家の恥だろ、常識的に考えて…!)
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \

 そのまま怒鳴りつけてくれようかとした但馬守だったが、
万一これが噂になれば、お家の恥である。
399 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:20:59.75 ID:E3vt3V60
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   …平馬はおるか?
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

         /彡彡彡彡彡三三三ニ
        ////´ヽ彡三三三三三三
      i//  _  ̄ ̄ ̄`ヽ,.彡r‐-
      レ′,/,,. ≧      ヽイ /
      | ,// ,.イ     /__  〉ノ,    殿、何用でございますか?
      ゝレ′ Xi/     /   V / 
       )  ´ヽ、__  ト、 /ゝイミ
        |,,, ..、    `ヽ  i  /
       〈 ,.-'      `ヽノ,イ
       `´j _     .{   / |
           `┬‐-' __ノ_  ノ  :|
          `⌒!´  `/   .} ,/
             ヽ--‐'´ヽ、_/ /
                  /| /

 ぐっとこらえて自室に戻った但馬守は、平馬を呼ぶと…
400 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:23:03.12 ID:E3vt3V60

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)   …平馬、たまの部屋に”犬”がおる。
         |     (__人__)  たまもろとも屋敷より追い出せ。
         |      `⌒´ノ
          |         }    …この百両を添えてな。
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

   ヽ      /彡彡彡三三
 え |     レ''´ `ヽ彡三
 ? /    ,/  ,.へ  ¨ヽ彡
   >    { //⌒`   ヾ    (犬…?それをたま殿もろとも追い出せと…?
__ノ       >´''ljフ´          しかも百両…どういうことなのか…?)
         /   、    u
       /''' ヽ  \_    /
       `7''´     } /ヽ
       ヽ=、    ヽ
         (¨メ _ノ   | __ノ
         `l'⌒  /
           \__∠、
              ヽ

 と、このように命じた。
401 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:24:57.53 ID:E3vt3V60

 そこで平馬がたまの部屋に向かうと、
なんとそこにはたまの膝枕でごろ寝中の又十郎の姿が!

                            ."⌒ヽ.
                            ヽ  ,'
                             ゙、;´     フゴゴ……
                           _(_`Y´ )
                         / |r┬`| \
                        /   `ー'´   \   、´`ヽ
                      /           ヽ ⊂´rィ_;ヽ、
                      |   、__/;;:  `   `⌒ ̄ ̄`  >
           「`ィ、- -‐ャ,--─´⌒      ̄`,. ̄   ,イ  , -─ ´
          、'ゝ_ /,____`_     ゝ、          ヽ´
           X/          ̄`ヽ             ヽ
                         |             、
                          |             ヽ
                         |,´  `      ´   `ヽ
                         /                ヽ
                        /      .,_──‐-、      ヽ
                        ′    /         、     ヽ
                      , ′   ヽ'           ヽ,´    ヽ    ,-、
                    ,イ     /              ヽ     ゝ- ´`'"ゝ
                 l、` ̄      ,'                 l        `j ラ
                 ヽ       i                  `、_  ,_  _.,~ノ
                  ゝ- ‐ ^─´

     ,. -―‐-- 、  て
  /    ,,ィ‐-、\ そ
 / __,. ''´,、__,.へ、.ミ、
 |/_ノ>、  /‐‐''´ ̄`ヽ.i    こ、これかァ〜〜ッッ!!
 |',/ .\ '   r'o フ u l'ヽ
 ヾ,<´oヽ l   `¨´    {ノ|、
  r!.`¨´ノ| _ -、 ̄`ト、 レ' lヽ、
  ヾ、 ,/ (_,)‐'  u ヽ,>′/ / ト
   ` Yヽ、,ィ,ニ=ァ リ  / /  !
     |\! .ヾニ´′,/ //  /
   ィ=|\`\_,///  /

 これには平馬もビックリ。
402 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:27:06.80 ID:E3vt3V60

 そして平馬は又十郎に、但馬守からの勘当の命を申し伝えた。

                       ,;:'";;;;;;;;;;//ノ j;;;;;;;;;レ 彡;;;;;;`ヽ、
                      ,r'";lヽiヽ ft ノ / //;;;/ノ 彡彡;;;;;ヽ.
                     ,f"ミミヾ、l;;;;;|/;;;゙リ ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三;;;;`i,
                     /;;;;rー-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ノ;:r‐'"  ,r''`ヽ;;;;三;;;i
                   ,i';;;f"  `i゙`ー、;;;;;;;;,.ィ/   /   `t;;;;ミミ;;t、
                    l;;;;j    ヽ `^''" /   ノ     ゞミミミ;;)
                   l;;ノ/`ヽ、`!、 》    ,r'   ノ^=、. ヾ,ミ;;;;l ,__    
                  f`レ""~ヽ、ヽ〉〉 ハ i l / ,r' /,::'"~゛゙ヽ `i;;;y,,.,ヽ
                  f,〉l   ,...、ヽ`ゝノ ヽl レ' /ィ"ィ_,,..,、    l/人 .l    若ッ!
                  lt.ti  ,;ィ==、ヽ(  tj  ,j,/,;:=‐‐- 、,. ,,. l/ヽ),j   殿より勘当のお申し付けで
                  ゝ、l ゝ、 ● ) \ l  ,ノ  ( ●  ノ'='" レ/ノ   ございますぞッ!
                   `i  >ー‐'′ 〉- /   `ー‐="     j'"/
                    t ,.ィ'"~´   ( ヽi   ー--=、`ヽ  ノ、j"     若様勘当ッ!
     ,j              `i、     _,.」  ,レ-、     ``ー,.イ |      .若様勘当ッ!
     ( __、、,.          ,.l゙iヽ ,r‐='"( (´ .)_ノ   ー‐ヲ / l  t      .若様勘当ッ!
  ,,.==ニー彡三ミヾ、        (;;l l`i`i、 ,.==、ゝ、,,ノ,,.-‐=-、_,, / / ,j  i     
   ,..、ヾ;;;;;;;;;ミミ;;t-三ミ、   _f";;;;] t ヽi, i、(`ヽ、゙ニ,",ィ'",j+〈 / //  ,ノ   〉、   
    ,.tミ彡;;;;;;;;;;;;;三;;;;;;ヽ.__f;;;;;;;;j i  ヽ、.i fニi`ー-ニ-‐''"~ fニj'  / ,ノ   ,ノノ::i、  
     `ーミ三彡'''''"゙t;;;;;;;;;;;;;;;;彡f``t、 ~゙i ,t ゝ、_j_,,..,r'' ノ  イ'"   ,ノノ::::::ヽ  
       )      ``ー-‐"_」:::::::ヽヽ、__t ヒ`ゝ、.,___,.,. ィ"/ /  ,.ィ"ィ::::::::::::)、.,___
            ,,.. ィ '"´ ̄l:::::::::::::``ー-ゝ``ー- = -‐ ''" ノ,,..;:-=" "´::::::::::::::ノ:::::::::::``=ー-=、
        ,,..;::=''"::::::::::::::::::::::::t、::::::::::::::::::::ゝ、__    __,,.ィ"ー''"~::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::`` =ー-=、
     -= '"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::  ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ー
403 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:29:04.95 ID:E3vt3V60
::::;::::::::::/--ー|:::::;/─ーー|::::::,:;;:::::.:.:!::::....|
:::i::::::::/:..;:.._/:::/_ _u..:..|:::::::i:::::::.:::i::::.....|
::l:::::/:..:..'´/::;/-ー- 、_ ..:|::::::i:::::::::::i::::::::..|
::l:::/.:..: /://.:´::ヽヽ、ヾ,::/l::::::::::i:::::::...|      そ、そんな!
::l/:..: /'´  i.:i:::::::::i:.:.i '/ l::::::::/i:::::::.iヽ     若様が勘当だなんて…!
::|:..:      つ::::::::i.:.:i ;/ i::::::/`l::::::/:..ヽ    平馬様、ここは何卒お取り成しを…!
ヾ、.:..:..    ト,;_.;..:'..;/  /::/=く:.i:::/::::;;:..ヽ
.:..: .:.:..:..:..::.:::...` ゙̄`  /:/) ノ /:/::::::::il;:..ヽ
..::i           /i、´' ,/;/::::::::::;:::|i::::ヽ
         u  / /ー:'~:::::::l::::::::::i!::l l;::::l
´ ``          /::::::::::::::::::l:::::::::::i!:::l l::::l
           イヽ、::::::::::::::::i|:::::::::::i!:::l ト-i
        ,. イ":.:.:.:.:.:.ヽ;::;;:::_| |-ーー''~~ r-i
    , イ":.:.:.:.:.:.:.:.    ヽヽ ` \-ーi i~i |::::|


       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\       …いや、たま、いいんだお。
    /    (●)  (●) \     これは又十郎が悪いんだお。
    |       (__人__)   | 
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)
404 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/06(日) 23:30:59.56 ID:KUYBASgo
覚醒クルー?
405 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:31:01.11 ID:E3vt3V60

                つーかこんな家,こっちから出て行ってやるお!
       ____    たま、行くお!!
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o   ,. -- 、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::: /    __,>─ 、
  |     |r┬-|    /          ヽ
  |     | |  |   {            |__
  |     | |  |    }  \       ,丿 ヽ
  |     | |  |   /   、 `┬----‐1    }
  |     | |  |  /   `¬|      l   ノヽ
  \      `ー'ォ /    、 !_/l    l    /  }
           {       \     l   /  ,'
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
             \     ヽ、\ __,ノ /
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/
                    ̄

.        /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、ヽ:.\
.       ,.イ:.:./:.:.,.イ:.:.:.:.:.:.:r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:ヽ:.'.、
     /:.:./:.:.:.:./:.:.ィ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:ヽヽ:ハ
.    /:.:/:.:.:.:.:/:.:./:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.从:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.'、:',:.l
     l:.:/l:.:.:.:.:,':.:.:,':.从:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.从:.::ハ:.:.:l:.:.:.:.:i:.:.:.:',:.i:|
.    |/..l:.:.:.:.:l:.:.:.l:_,,斗t'':.:.:.:.:,.:.:.:、_:.:./ .l:.:.l:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:|
.     |:./:.:.|:.:.:.|:./__.ii:.:.:.:.イ:/ /`メ.、,.l:.イ:.:.:.:.:.:l:.:.:从:|   は、はい…ではまず私の実家へ…。
       V:.:.:.l:.:.:.l.イf示ト:.:.:レ'´ .ノイ,__ l:`トl:.:.:.::.:.ll:.:.:.l:.|  (大丈夫なのかしら…?)
       V: l:トv:l lr'::::| ',::l     .f爪心、, l:.:.:.:./:l:.:/:.:|
.        '、:V::::l ヒ_:ソ      lr'::::::リ.''/:.:.:.:ノv:/l::N
          lゝl:.:l           ゞ_:シ ./:.:/ゝl/:.:l: l
        ,'/:.:.:.ヘ   ´        /イ r‐_イl:.:.::.:.:'、
        /:.:.:.:.:.:.:.:\  ´`      イ`¨:.´:.:.:.:l:.:.:.:.:.:'、
.       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.,.>.、   ,.  <:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:',:.:.:.::.:.'、
      l:::l:.:.:.:.:.:.:.:/ .i  `.´   .i `'、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.',
       l...l:.:.:.:.:/   .i        ヘ \:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i

 かくして又十郎は柳生家を出ることになり、
たまと二人、木挽町の柳生屋敷から、まずはたまの実家に身を寄せることになったのであった。
406 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:32:29.32 ID:E3vt3V60

 かくして1年後−

        ___(⌒ヽ        .      γ⌒) ))
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ      ..      / ⊃__
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ    ......   〃/ / ⌒  ⌒\
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、    ...  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
  \ \    )┬-|   / /> ) ))   / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /     .(  <|  |   |r┬(    / / ))
  \ \ /          /        .( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
    ヽ_ ノ       │                       / /
          (1年を遊んで暮らす又十郎の図)
407 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:33:36.77 ID:E3vt3V60
     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |    【Before(1年前)】
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     これは若様!
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     ささ、お座敷へ…!
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
      たまの父親・三右衛門

             ↓

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |   【After(現在)】
  <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|     自分の履物くらい自分で揃えてくださいよ。
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     ウチにはアンタの履物を揃えるような奴ァいませんよ!
      \_!      _ '     !
        ヽ    /  `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、

 さて、又十郎が転がり込んだたまの実家の主、三右衛門。
最初に出した百両が利いて、当初は下にも置かぬ扱いであったが、
金子が目減りするに従い、扱いはみるみる粗雑になる。
408 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:35:38.10 ID:E3vt3V60

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・   三右衛門も最近妙に愛想が悪いお。
. | ( ●)   ⌒)   |    どうしたっていうんだお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\      まあいいお!
      |┃(●)  (●) \    たま!帰ってきたお!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)

 しかし、坊ちゃん育ちの又十郎に、金子のことなど分かるはずもなし。
今日も浅草から帰って、たまの部屋に立ち入ったところ…
409 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:38:03.13 ID:E3vt3V60
                          ,.、 - ‐ - 、,
                 __ /        `'ヽ
                ,、.r.‐::'´:::::::::::`'ヽ..、_         `,
            ,r:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`'...、      l
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,   i
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.        {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::',
.        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l::::l:::}
         |≡≡≡===∧====≡≡≡≡l:::l:::l::/l::l   ZZZ…
        |::::::::::::::::::::::::/::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::l/l/ l/
.         |::/:::::::::::::::::i:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::l
          |/:::::::::::::::::i::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::',::::',:l
.          /::::::::::::::::::i::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::ヘ
       /::::::::::::::::::::i:::::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::',:::::',
       /:::::::::::::::::::::::i:::::i:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::i::::::',
      /::::::::::::::::::::::::::i:i:i::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::i::i:::::',
      ,'::::i::::::::::i::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::i:::::::::::::::::i:::i::::::l
.     i::::从:::::::i::::::::::i:::::::::::::::::::::::i:::::::::i:::::::::::::从:::i:::::l
     l::::ハ::::::::::i::::::::::i:::::::::::::::::::::从::::::i::::::::::::::/ l::ハ: l
.       l::l V:::::从::::::::i:::::::::::::::::::/i:::::::/::::::::::::/ . l/ l/
      .V'´.l.\l, V::::::从::::::::::::://::::://:::::::/`'.ヽ、
     イ  l    \::l ゝ:::::::::://:://::::/     `ヽ


     ____
   /      \
  /  ─    ─\    …寝てるお。
/    (●)  (●) \  そういえば、たまの寝姿を見るのは
|       (__人__)    |  これが初めてな気がするお…。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

 たまは寝入ったばかりのところであった。
410 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:39:46.70 ID:E3vt3V60

 昔から、「女は男に寝姿を見られるな」などと言う。
男も女も寝顔というのはみっともないもので、
さて、又十郎があらためてたまの寝姿を見てみると…。

                 ,.‐''´ ̄`ヽ、
             /         \
      ,.‐'´ ̄ ̄`ヽ'           ヽ
     /                    `‐、
      !       iヘヘ              ヽ
     レ      イ  |            ヽ
    /     /ノ   ト                i
    ,'    _,. ‐'´    ヽ、.___         l
.    i    / /´ ̄`     ´ ̄`\`i       !
   |   ,/   ‐++++、     ,:++++‐ ヽ      !
    | ,r‐、 l.   "ヽ、._゚ノ ,   、ヽ.゚__,ノ゙  .| r‐ 、 .!
    | ! r、| !.       /   ヽ      .| |,ヘ |  |
.  │| ト |.|       /     ヽ     | ! ン !  |
.  │ヽ.__|.| ト、.__`ー^ー^ー'__,.ノl !.!__,ノ  .|
.   |.    |.ヽ`lココココココココココ,フ/ !      !
.   |    !. ヽヽlココココココココフ'ノ .!     |
.   |.    !   ` ‐-----------‐ '   /      |
.   |  |   `' ‐ 、.   ====   , ‐' ´ l    |  !
    L__|__l    l !` ‐ 、.__,. ‐' ´|  |__L.. -┴''´
         ̄ ̄`|           | ̄
     ___, o‐7        ヽo、.____
   ,. ‐''|   | 8          8  |   |ー-
     |   l ┌──────┐ l   l
      !   ! │ たま(寝顔) .| /   /
.      ヽ   ゙└──────┘'   /

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
411 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:42:14.36 ID:E3vt3V60

 これがまた、実にだらしのない、
百年の恋も一時に冷めるとはこのことか、という寝姿であった。

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\     こ、こんな駄婦のために又十郎は
     /    。<一>:::::<ー>。  家を出てしまったのかお…!?
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :   又十郎は、父上に
      \.....:::::::::    ::::, /   申し訳が立たない不孝をしてしまったんだお…!
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"

 どっと後悔の念の押し寄せ、又十郎、大いに嘆きだす。
412 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:44:17.87 ID:E3vt3V60

 そして…

             -─‐──‐-、
          /             \     …いや、でも、まだ又十郎は三十歳まで時間があるお…!
         / ;              ヽ.   今、この時から…剣の修行をするんだお!
        l  U                l
        |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
        !、   \   /   ∪         \
         ヽ ((●)  (●) )::  /⌒゛`       l:
          /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
          /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
            /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
        /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
     , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
    く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
     `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄

 今、ようやく又十郎は剣を志すことにしたのであった。
413 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:46:07.17 ID:E3vt3V60

          / ̄ ̄ ̄\
       /─    ─  \    こうなったら善は急げだお!
      / (●)  (●)  ヽ  上州の丸目蔵人殿のところで修行するんだお!
       |:::⌒(_人__)⌒::  |`ヽ
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムキュム
      〈、    /
       \、__ノ

 かくして、又十郎は即座にたまの家を出ると、
その足で、上州に道場を構える但馬守の兄弟弟子、
丸目蔵人のところに向かったのであった。
414 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:48:14.06 ID:E3vt3V60

 そして、又十郎は蔵人に会うと、これまでの経緯をすべて話し、
是非とも稽古をつけてくれと頼むのであった。

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      …なるほど、そういうわけでござるか。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +   事情はよくわかり申した。
   \  `ニニ´  .:::::/     
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
     丸目蔵人

          .____
       /    \
      /   \  /\
    /    (●) (●) |    では、お願いできますかお!?
    |       (__人__) .|  
    \     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
415 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:51:12.72 ID:E3vt3V60
  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |   いや、待たれよ又十郎殿。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  その話からすれば、そなたが就く師は
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|  但馬殿以上の腕でなければならぬ。
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

  /\___/\
/        ::\
|           :|    だが、それがしは知っての通り,
|   ノ   ヽ、   :|   但馬殿の弟分。
| (●), 、 (●)、.:::|   残念ながら但馬殿は及ぶ力はない…。
\ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
/`ー `ニニ´一''´ \


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   そんな…じゃあ、どうしたらいいんですかお!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

 しかし蔵人は、自分の力は但馬守には及ばぬため、
稽古をつけることはできぬと、又十郎の頼みを断る。
416 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:52:47.00 ID:E3vt3V60
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\
| (●), 、 (●)、 ::|    慌てなさるな。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|   故に、備中飯山に隠遁しておられる羽賀一心斎殿を訪ねられよ。
|   ト‐=‐ァ'   .:::|   それがしが紹介状を差し上げる故、今より向かうがよろしかろう。
\  `ニニ´  .::/
/`ー‐--‐‐一''´\

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ    ありがとうございますお!
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ   又十郎、きっと成し遂げてみせますお!
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

 しかし、そこで蔵人は、備中飯山に住むという名人、羽賀一心斎を紹介し,
彼に弟子入りするように又十郎に勧めるのであった。
417 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:54:24.44 ID:E3vt3V60
=備中飯山=

           .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... ..
.. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .:::::
 :... . .:::: .. . .

          .. .. . ... .::::.. . . .:: : :..
                    . ... ::: :::.. ... .. .. . ...
                             ... ..::. .. . .. . .. .:::
                :: :: :. ... .::::: :... .
              .::::
          .. . .
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:-−''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :...

 そして、又十郎は備中飯山へ向かい、
そこに隠遁する羽賀一心斎の庵を訪ねたのであった。
418 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:56:33.10 ID:E3vt3V60
          .____
       /    \
      /   \  /\    一心斎様…!
    /    (●) (●) |   どうかこの又十郎に稽古をお願いいたしますお!
    |       (__人__) .|  
    \     `⌒´ /
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 



  「ふうむ…但馬の倅か…いや、よく似ておるな」



 
419 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/06(日) 23:58:35.07 ID:E3vt3V60
         _, ─''''''''─ ,、 _
       , '´         `‐、
      /              ヽ
      |   __ ノヽ __    |    いいよ。
     .|  (/●)  (●\)   .|   僕のところで修行するといい。
      |    ̄ ̄    ̄ ̄    .|    但馬以上の腕前に仕込んであげるからね!
      'i      ___    _ ノ'
       `''─ ノ´└┘`ヽ ─''
     , '´            ` ヽ、
          ./ ̄ ̄ ̄\
         ├────┤
          羽賀一心斎

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    ありがとうございますお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /    きっと修行に耐えてみせますお!!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

 かくして、備中飯山の山中にて、
一心斎と又十郎、二人きりの修業の日々が始まったのであった。
420 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:00:46.25 ID:cf8nfIM0

 そして、七年の月日が経った…

          _Y_
            r'。∧。y.
         ゝ∨ノ     又十郎が修行を             ,,,ィf...,,,__
          )~~(             積んでいる間に   _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し    r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。      入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
                   ├―┤=├―┤ |li:,
                   |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
                   ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /
421 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:02:16.02 ID:cf8nfIM0

         _, ─''''''''─ ,、 _
       , '´         `‐、
      /              ヽ
      |   __ ノヽ __    |    又十郎…よくぞここまで耐えたね。
     .|  (/●)  (●\)   .|   もう君に教えることは何も無いよ。
      |    ̄ ̄    ̄ ̄    .|
      'i      ___    _ ノ'    あとは江戸に戻り、但馬と仕合するといい。
       `''─ ノ´└┘`ヽ ─''
     , '´            ` ヽ、
          ./ ̄ ̄ ̄\
         ├────┤

 



  「ありがとうございます、お師匠様…!」



 
422 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:03:41.12 ID:SGQHwyco
十兵衛が柳生の郷で知恵遅れのじいさまと修行して、
とかもあるし、この手の修行話ってのは定番なんだねえ。
徹も「十兵衛両断」で(ry
423 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:03:44.36 ID:cf8nfIM0
            ,、         ――ー、           ,〃
            /,!         `',   ヽ,        ノ./
            | !           ,.. -‐._,   .ヽ      / ./
            ', !      .,./  ./  `゙''ー..}    / ./
               l |    / ゝ―′      \ / ./
            ! !   ./                 ,ゞ  ./
               l..l  /             /  ./     又十郎、
                l..',. !   .:、 /        ./  / .!     この御恩は決して忘れませんお!
                l ゙'l _,,,,,,,_......,i-―'彡'´ ./  .!
              ゙l、ヽ 'i,;;iii./ '-..',iti,'!′  ./    !
   _,,,......................,,、   ...l `'--''゙,_゙''ー'"    ,r′   /      ___,,、
  .゛      / `''- ..,、.ヽ.  ( .゙|    ,/    . /  -'''"゙,゙二--‐
   ...'''''ーッ ./.r‐- ..,、 `''-.\. ..!  l,.,..-'" __,,,.. -'''゙  / .!---;;;;;;i;;,,
..--―-`- / ./     .゙,゙ ,,..,,......iニ`-`-''!;;三―- ..二;;i_l..゙`-`-゙‐''''
   ..___」./ /    _..;;,''"゙´/ `./ / ,l./ ./    \     l `' ..........
     ./ /   / ./  ./ 〃./ ,l" /   ...i|..-'ヽ   .!
     l ! ,. |―.l-_'ー-i゙‐'゙/ ./ / .`!';;ッ,','゙‐''''''ー、ヽ.  !
    │. /    ゝ./'ッ、、/ ././ ‐'"゛ |     .il"`'〃    _,,,.. -‐
..'''ー ..,'./ 、   ./ .,! / .,i/ ./ /     ヽ. ___,,,,,,..゙′./ヽ ー''"゙´
    .i゛ .i∠;;;;ニ二ニヽ| !.! ." ,'.;;;;;;;;;;ニ二ニ―‐ニ''、  |
  / ',  l `'-、    ! .! ! ,' .',.,!      .,/  !  !
  / ,i .',  |   .\  ', '" | ゙''',..,,  ,..-'"    .|  !
. / ./ .l  |   __,./     .!    `ヽ_,,,,,,,,,,___!  .,!
. ゛ .゙  .! `゙゙,゙,゙_,,,,,,,,,,......、| .....,,..............................,,、 .l
     ! .\.     ! ,! || .l       ,/゛  !
    .,,'-、 . \    ! | .!│|    _/゛  . _/゛
    l   \  `''- ,,,l. ..! ! .| l _,, ‐"  _.. -'"
    へ、、  `゙lー ..,,_,.`',゙゙,'゙゙~゙_,,,,.. -‐'"
      ../   l    ̄ ̄ ̄゛
              柳生又十郎(修行後)

 又十郎は七年の山中での修業の末、見違えるほどに腕を上げたものの、
その風貌は、髪はもじゃもじゃ、ヒゲはぼうぼうの山男のような有様になってしまったのであった。
424 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:04:50.57 ID:LT4TwKQo
ちょwwwwww

原型がないwwwwwwww
425 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:06:12.99 ID:cf8nfIM0
       -――‐-、 , -、
     /´_  __ `\ノ
    / γ__Y___ヽ  ヽ)    あ、でも、江戸に戻っても、
 _ |  |(Z  |(Z  |   |   僕から教えを受けたことは誰にも言っちゃダメだよ。
(、 `ヽ、 ヽ、__,人__ノ (⌒ヽ
 Y   ー―'===――‐(   )  そうだなあ…日光華厳の滝に打たれて、
  `ー┤ γ ̄ ̄ ̄ヽ (_ノ  天狗魔人に剣の奥義を教わったとでも言っておきなよ!
    |  | ̄ ̄ ̄~/   |   せっかくだから、その格好のままで江戸に行くといいよ!

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /   わかりましたお!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /   それでは又十郎、江戸へ参りますお!
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
426 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:06:51.00 ID:9IimZFUo
ヒゲガンダムww
427 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:07:37.74 ID:cf8nfIM0
                                               _,,,、
                                           _,,,-‐''",,-′三=-
                                      _,,,―'''二-ク':,/
                                     ,,,-‐'''゙_,,-‐'゙".,,r''゚,/三=-
                                  _,,-'"_,r‐''''":::::::_/_,r'"
                            _,,-‐'":_,_::::"''=、,,,,,,,r,":,r'"三=-
    絶好調だお!               ,,,-'"゛::,r‐'"゜ |::z--‐'"^;;│i″
           ,-=-、         ,,,-'"゙,,r''・i,、゙l;;;;;;;;;;;ヾ‐'i、、;;;;;;;゙l,::゙'i、三=-
          / ̄~\三=-   ,,,-'"`::,r'″;;;;; |::l゙;;;;;;;;;;;;;;;゙''i、:‘'-,,,,,,ノ::::::`ヽ,,_
        ヽr.=∀=,ュ/,,,,--,二,,,,,,::::::::゙''―--v,,]:\,,,,―-、,,,}:::.r、,,,r‐'''+,,,、::`''ー-,,、三=-
        ヽ二口l二ノ广゛;;;;;;;;│:┬――i、:,r-,,,,,-----,:::::ィ″;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~゙」:::::::,,,i´
         〔田´〉:(q)‘'i、::`ーv,、;;;;;;゙l::::゙l、:::::::::゙l,:゚r,,、;;;;;;;;;;;;;゙L::゙‐'‐'''"゙゙゙二二ニ-‐'"
         ヽゝ/´〉゚i、:::,,,,,,~'-_゚'i、:゙l、::::::::`r,,,:`'i、;;;;;;;;;;,r"::,,-―''''“′三=-
          ヾゝ_)三=-゙l,::゙'i、:ッニご:::ヽ,_::::::::::::゚'i、::‘'-,,,ト:::::::`''ュ
                   \:゚i、::ヽヽ .゚┐::::iご゙゙'''ー、,コ:::::::::::::::,! ̄″三=-
                 ゙l::)::::゙l::゙l, ゙ヘ、,,゙'巛―ー・'"゙'i、:::::|`        ゴーッッ!!
                 l゙: |:::::〔:::\_  `゙'''ー二冖-v_゙L:│
                 |、ヽ:_l゙:,r,::`''ー_   ~''ー-二::::|三=-
                 l゙::::::~ |_,,7::_,―=,,~ヽ、    `''''゙l,
                 ゙l,,,,,,,、'”,yiiir,ニニ,!テ::::.\、    `三=-
                       `i、-'''"^   .~'i、トヽ,\、
                            ベlv,,,,レ:゙'-、
                              `'――-ミ,!,,,、三=-
                                    `゚'ヘi、
                  又十郎移動中

 かくして、山男の風貌のまま、又十郎は江戸へ戻ることになったのであった。
428 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:08:15.17 ID:e/yIbAso
それは月光蝶やww
429 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:08:35.49 ID:SGQHwyco
月光蝶かww
430 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:09:17.77 ID:cf8nfIM0
 :       |      |::| |:|\,,l| l{イエiエiエiエiエiエiト、}/!  |  |   | |:::::::l| ||::::::||   /
  =======l======|::| |:|  l| |{|ttttttttttttttttttt|}|三|  └─┴─┘|:::::::l| ||::::::|| /: .: .
        |      |::| |:|  l| |}|k====i====i====ll|{|三|           |:::::::l| ||::::::レ': .: .: .: .
 :      |      |::| |:|  l| |{|:<ニiニ><ニニ><ニニ>l|}|ェレ'ェェェェェェェェェェェェェ|:::::::l| ||/ : .: .: ., -'"
 :\     |      |::| |:|  l| |}|_|二Lll二l_l二ll二ニl|{|U/三===========:|:::::::lレ' : .: . , -'":: . : ..
 :   >  |     |::| |:|  l| |{| l絲||::::::::::::::::::::||絲l|}|/三/i r─────レ' : .: ., -'": .: .: ., -'
  /:::ト  |     |::| |:|  l| |}| |絲||り通央中||絲l|{|三/:::! |   ||   /: .: ., -'": .: ., -'": .: .: .
    ヽ |:======|::| |:|i、 l| |{| |二|| ::::::::::::::::: ||二l|}|ニ/ii|::! |   ||  / , -'" : ., -'": .: .: ._,,.-‐'
  : : ::..))     |::| |:|iiiヽl| ニニニニ二二二二二ニニニコiiii|::!├──‐/: . : ., -'": .: ._,,.-‐''": : : :
 : : :::ノノ-------|::| |:|/////|::|ニl|i|____ri    l|國|::| iiiiiiレ'i ̄ ̄ ̄ |, -'": ._,,.-‐''" |: : : : : : : :
 `゙''ー-、,_i      |::| |:|/////|::|=ii|i|{ニ}    r-|料|::| /  !   ィ==二二二二| i:::|__,,.. -‐ '
 : .: .: .: .: .}ニニニニ:Li::: |ト、///|::|i__:|i|ェェェi   ゙ |理|::|},/|_|___/.._ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ| |:::|: : : : : : : :
 ------ '二二二コ:::::|:i|゙'ー、,|::|iii :|i|(;)_(;)_(;)_(;)└ii|::|':::::::::!ニ二二二二二| l二| |:::|: : : : : : : :
  , --ー -、=i=i=i|:::::::|:i| \ii|::|iii-|i|ォ|i: : : i|レ毳i|::| Eコ|l r----------i | |--| |:::|l=======
 / ,r    、 i.fififi|:::、,,,,,|iiiii |::|r-、,,, ィュ,-、,-、,-、,-、,:| l:i:i:i| l,-、王王王王|,イ;;;ヽii| |:::|l=======
::t,i,.-、_,=、l l rェェ、〈イ;;} Eユ r'ニミ  rー、 ぐリ r.^.i ,,,,,,, r'^;;)ハ} {゚_゚リ  r'、"`oノii| |:::|l=======
: :::i`~'!.`~´`リ' {-r リ イ/ }/ じノ--'ト、rー-'ヽ rノ}ハ-'ト、(-゚リ 〉-' ヒ'ヽ/Vヽ /  ヾ'   __ ‐-  .
::  ! fニフ.,イ' 冫^<}ヽ ┤L」l    }+i+i+lノ|__|ェoloノ 〉〉}| Lヒァ |ノ : ノ{ {⌒ヽト、/   ノ ''‐- 、
 _r'=、,.='-‐i__l  V/,イ ///|| Y   i'++i++|/∧{ Yノ∠/::||∧ |  | | : | | \__二二ソ)"rー-、
7゙l,.>‐`ーニフ ヾ`ー- 、ヽゝ   |    l----i'  ハヽ 〉 L::ノ|Eヨ |--' ケイ| |----|..==| |:::| {ヽ,;;;;} `
/  i i' 、 ─' .:.:.:.:.::ヽ . .: : ::トー-''|:::::::::〈   ゙' }_}  |::| |_____| lノ〈〈| | |::ヽ:::::|  | |:::| 〉ー {、

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /    江戸も久しぶりだお…。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /    しかし、勘当の身では柳生屋敷に行けないし,
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l      …そうだ!
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘     駿河台の伯父上を頼るお!
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 かくして、七年ぶりの江戸に着いた又十郎であったが、
勘当が解けていない身では、柳生屋敷には行けぬと、
駿河台に住む伯父のところへ詫び入れを頼みに向かうのであった。
431 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:10:16.45 ID:4XkUj8Io
ムスカがおるwwww
432 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:10:25.39 ID:SGQHwyco
なんかムスカいないかコレww
433 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:11:06.06 ID:cf8nfIM0

 その伯父こそは、ご存知”天下の御意見番”大久保彦左衛門──!

        / ̄\
          |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \    よくぞこのスレを開いてくれた。
    /   ⌒   ⌒   \  褒美としてこの御意見をくれてやろう!
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|--'  /  御意見  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄御意見 ./|  ̄|__」/__ /御意見  ./||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見 . /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見  /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     大久保彦左衛門
434 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:11:41.89 ID:znyT6AUo
めんどくさい人ktkr
435 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:12:35.23 ID:4XkUj8Io
ワゴンなご意見なのか
436 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:13:19.94 ID:cf8nfIM0
                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││|| 大 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 久 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 保 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   ああ、ここだ、ここだお。
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /  頼もう!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 かくして又十郎は大久保家を訪れ、彦左衛門への取次ぎを願った。
437 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:13:36.78 ID:SGQHwyco
どーゆー血縁関係?
438 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:15:25.00 ID:cf8nfIM0
           _ ,-‐、
         /   \ )
          | 。    | ̄ ̄ ̄ \
         \.0 /         \
            /.  ̄           ヽ    ああ、はいはい…って、
        /  ノ     `ヽ    |   なんだい、君?
        |    ●    ●      |   残りものなら勝手口に廻って貰ってきなよ。
         ヽ ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃    /
         \_ /⌒l        /
          l/  /三三三三三l.
         / |   l   ___ ヽ.
            高尾畿内

             ┌┐、
            _____`ヽ ヽ
          . -└┘-`、l  ヽ
        /        \ ヽ.
       /  ∀  /      ヽ /l    畿内!久しぶりだお!
   /  l .-、__.ィ---、     レ |   
   l.  l K)l_l-く> ゝ  . ´./|
   |ゝ、_|└/\―--_'.  ´ /|ヽ_|  _____
   ヽ ` ̄| ̄| ̄ ̄   /7/ ̄ /__ ̄`\\
    `' 、_.|_|______./___//  /∠        \\
   __/「l__`ノニニニ/ ̄l ̄\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ヽ
  / (/) ̄/// ̄(/)'\ ̄ ̄ ̄/ | ̄ ̄      // ̄ヽ
 '/\/  ///  /__/\   |  \        //
 l_/( ̄ヽ///  / ̄ ̄ヽl\  |________//

 しかし、出てきた用人の高尾畿内、変わり果てた姿の又十郎にそうと気づかず、
これを追い払おうとする。
439 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:17:37.83 ID:cf8nfIM0
            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \
.     /              ヽ    コラッ!
    /  \      /    |   ボクは君みたいな汚い男に知り合いはないよ!
    |    ●    ●      |   なんだい馴れ馴れしく!
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
 /⌒ヽ_\    |::::::|      /⌒i
 \ /:::::/;l三三l;;;;;;l三三三l/  ./
.   /:::::/ |_  `ー__  ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |   | ヾ:::彡'

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /   これでもまだわかんないかお?
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   ほれ、柳生家の三男、又十郎だお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘ 
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
440 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:19:13.32 ID:cf8nfIM0
         _
       /O \
         | °  .|
       \,_/
         |
      /  ̄ ̄ ̄ ̄ \    l_
    /             \   /
   /     ノ      ヽ ヽ  >     ええっ…!?
   |    u  ●    ●   ',  \   あ…で、でも、確かにこの声は柳生の若様?
   |     ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |
   ヽ        {_ノ    /       どうしてまたそんな汚いお姿に?
    \        l⌒'、 _/
     .l三三三三三 '、  '、l
     / ___   l   | ',

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /     いや、面目次第もないお。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /     ともあれ畿内、伯父上に取次ぎを頼むお。
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l     お目通り願いたいお。
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘ 
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--   「はっ、只今。
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |       …でもその格好じゃ座敷はちょっと。
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |       .お庭でご勘弁くださいね」
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 話して見せてようやく畿内にも納得のいったようで、
又十郎、座敷は流石に無理にせよ、庭先にて彦左衛門に目通りできることになった。
441 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:21:04.75 ID:cf8nfIM0
              _
             /O \
              |. °  |
             \_,/
             /
.     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
.   /             \
   /   \        ヽ    …というわけで、又十郎様を庭先にお通ししたのですが、
.  /   =           |   その、ちょっと一目見てわからないくらい変わっておられるので、
  | 、_,、_, ⊂⊃ u      |   驚かないでくださいね?
  ヽ {_ノ           /
   \            /
  (`ヽ l三三三三三三三l
  ヽ、/     ___ ヽ

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \
      /  ::\:::::::/::\     お前は何を言っておるのだ!
    /    <●>::::::<●> \   自分の甥がわからぬ伯父などおるわけなかろう!
     |       (__人__)   |   というか、主人の甥を庭先に通すなど無礼じゃぞ!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  …さて、どれどれ…?
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

 畿内、彦左衛門に訳を話した後、
まずは一見と、彦左衛門、屋敷の窓から庭先をひょいと眺めた。
442 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:22:19.26 ID:cf8nfIM0
                                   ,. ‐-、
                    ト、 ,.-±-、 .ノ|       /   : ヽ
                   rゝ,ヽrVyュノ ノ  ノ7   ノ   :  `.  (暇だお…)
                    |Y| ト、l^l_, イ  /7    |    : ,-, ',
                _,.-ッ-'y-yテテ‐‐Xー'‐'--、.._ ||    : | | |
              ,.-'''   7rニニiiニニニY∠7__||   _:_|  |_|
             く--ー=|∠.○||◯...ヽ,ノ|  _...イ|| ̄ ̄ :   |
             __ `''ーr-、,|L(`ヽ|レ'' )....l | ̄::〔 `'y|:|   :    |
            / /\ ノ  八i=〒'||''〒=ii ハ⌒「`'>'|::|--―'''i ̄ ̄||
           / /\ Y~~l}_/`トー-r--―'^i"´l~  |i^|:::|:   |   ||
          /フ`' ,  /7"|{ス 〕Tへ.,ニニ.ヘ|_〔, -、 ヽ|::::|:   |     ||
         //  /ヽ/_/ /|___`i|^''r''^|i'"  _,||´', '.  |::::|::   |    ||
         //~l .//>'X_..ノ λ|| || ¶ .|| ̄|| λ | .|  |:::|::;, |    ‖
       //‐'´ /,.へ,<く  ||。ゝ.,,|___|__,||  |レ。|;;'., l |   |:::|::;; |    |
       //   //  /`>/  || |  |   | `''´', || ' ト''   |:::|::;ノ|    |
     //   //ヽ.//`′ ||,ヘ |   |    レ'ttヽ |    |::::|  |   |
    ∧  /7 //~     y7 '.,レ、._λ    {-||‐‐'〉    |::::|  ヽ.  |
   「 7ヽ./ / //       //ー‐X..__}     λ|| ∧    ':;::':,  ヽ.|
 .  l/ / / />   .    |:|  ノ~iョ ||     ト、|レ', ',    ヽ;::ゝ..,_ |
    レ / / /'′       ノT´  | X_.|     | |   V''、    ゝ:;;;;_ノ
   トy〈/,/        / 7  ,.イ __....l     ト.|]  | ∧
   |//         / |∠ -‐'i   |     | |-‐‐t ハ
   '´          ノ ̄|   λ .|     |ノ|   V |
             7―メ、   ノ;;}  |     | .l__',ノ|
             //7/ >y'|-―フ   ,,,,,,,,,Y∧ |r-,| | |:::;;;;,,
              //// / / | /::::::::;;;;;;;;;;;;;;;|_...',|| || |イ;;;''"
           / ̄7ーv'⌒l~~ |_,/:;;''""     ヽ, ', ̄ ̄'|"
           ー‐'‐‐''′   ̄           `'ー-- ┘
                庭先に佇む又十郎の図
443 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:24:12.67 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\      畿内…なんじゃあれは?
    /      u <●>:::::::\   あんな汚らしい山男が何故当家の庭におる?
    |         (__人__)|   それに又十郎はどこじゃ?
     \    u   .` ⌒/
     /           |

              _
             /O \
              |. °  |
             \_,/
             /
.     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
.   /             \
   /   \        ヽ  
.  /   =           |    いやその…あれが又十郎様なんです。
  | 、_,、_, ⊂⊃ u      |   ハイ。
  ヽ {_ノ           /
   \            / 
  (`ヽ l三三三三三三三l
  ヽ、/     ___ ヽ


      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::− :::: −:: \     なん…だと…!?
    /  <○>::::::<○>  \ 
    |    (__人__)     |
     \    `⌒´    /
    ノ           \
444 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:26:30.50 ID:cf8nfIM0
     |┃三        / ̄\
     |┃           |     |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃         __|__
     |┃  ノ//   ./:::\:::/:::\      又十郎!
     |┃三    / <●>::::::<●> \   これ、又!
     |┃    /   (__人__)  u  \  どうしたというのじゃ!
     |┃     |       l;;;;;;;l        |
     |┃三   \      l;;;;;;;l     /
     |┃三   / ̄ ̄ヽ`ー'ノ ̄ ̄ ̄\

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /     伯父上!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /     お変わりなくご壮健で何よりですお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘     「うむ、お前も変わらぬようで…といいたいが、
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--    随分と変わってしまったようじゃの。
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |       一体どうしたというのじゃ?」
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |    
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 慌てて庭先に飛び出した彦左衛門。
近付いて話せばこれは確かに甥の又十郎。
そのあまりの変わりようにビックリ。
445 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:28:06.91 ID:cf8nfIM0
           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \    まあ、しかし、あの生っちろくて柔弱なお前が、
      /  .<●>::::::<●>  \  立派な姿になりおったな…。
      |    (__人__)     |   ただ、それはそれとして、この親不孝者め!
      \    ` ⌒´    /   今、但馬の奴がいくつか憶えておるか?
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \      
      /  ::\:::::::/::\     あの歳で毎日の将軍の御手直し…
    /    <●>::::::<●> \   彦左衛門も気の毒でならぬわ!
     |       (__人__)   |   
      \      ` ⌒ ´  ,/    詫び入れをしてやるのは吝かではないが、
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ それなりの手土産というものが要るであろう。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃   又!それはどうなのじゃ!
     |            `l ̄
.      |          |

 事情を聞いた彦左衛門、詫び入れをするに際し、
それなりに得たものはないのかと又十郎を問い質す。
446 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:29:16.97 ID:cf8nfIM0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /   実は日光華厳の滝に打たれて、
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  天狗魔人より剣の奥義を授かってきましたお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

         / ̄\
         .|    |
          \_/
           |
        / ̄ ̄ ̄\  ,
      /  − −  \ -
     /  <●> <●>  \     ほほう、天狗魔人より剣の奥義とな…。
     |    (__人__)    |    なら、それをこの場で見せることは出来るか…?
     \     `⌒´    /
    /,,― -ー  、 , -‐ 、  
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|
447 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:30:26.19 ID:cf8nfIM0
      / ̄\
     |     |
      \_/
        |       …ハアッ!
    /  ̄ ̄ ̄ \
   /   ::\::  ノ\              /)       ........._
  /   < ●>::::::<●>|           r//つ    /'´::::::::::::::::ヽ
  /     ` (__人__)  |         //ハ     /0:::::::::::::::::::::::',
  {      |r┬-/ ' |        / /ソ /  =  {o::::::::::::::::::::::::::::}
   \    ` ⌒´ /r┬───'   ヽLL,      ':,::::::::::::::::::::::::::/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \\ヽ____.. -‐'´ ̄  =   ヽ、__;;;;::/

             ┌┐、
            _____`ヽ ヽ
          . -└┘-`、l  ヽ  て
        /        \ ヽ.  そ
       /  ∀  /      ヽ /l
   /  l .-、__.ィ---、     レ |     効きませんお!!(ヒラリッ
   l.  l K)l_l-く> ゝ  . ´./|
   |ゝ、_|└/\―--_'.  ´ /|ヽ_|  _____
   ヽ ` ̄| ̄| ̄ ̄   /7/ ̄ /__ ̄`\\
    `' 、_.|_|______./___//  /∠        \\
   __/「l__`ノニニニ/ ̄l ̄\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ヽ
  / (/) ̄/// ̄(/)'\ ̄ ̄ ̄/ | ̄ ̄      // ̄ヽ
 '/\/  ///  /__/\   |  \        //
 l_/( ̄ヽ///  / ̄ ̄ヽl\  |________//

 その言葉も終わらぬ瞬間、彦左衛門、抜き打ちに切りかかったが、
又十郎、ひらりとこれをかわして…
448 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:31:48.97 ID:cf8nfIM0

 彦左衛門の腕をひょいっと掴むが、
彦左衛門にとっては”ひょい”とどころの騒ぎではない剛力、たまらず悲鳴が口を出る。

      / ̄\
      |     |
      \___/
      ノ ̄`ヽ、  ムンズッ
    / ´`ヽ _ \
   ヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
   }  ...|  /!
   }`ー‐し'ゝL
   :ヘr--‐‐'´}    ;ー----
   ヾ--‐'ーr‐'"-´
        人
      / (\
     / ノ    \
   /    :::<◎>\    ギャアアアアアッ!?
  /  <◎>:::::: u   \  や、やめよ又!
  | /// (__人__) /// |  ボンボンを…ボンボンを離せええええええっっ!!
  \   `|!!il|!|!l|   /
  /  ̄ ̄ |ェェェェ| ̄ ̄ \
449 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:33:13.07 ID:cf8nfIM0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   伯父上、ご納得頂けましたかお?
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /  
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
  / /   /::\::::::/::\  \ \   う、うむ…ちょ、ちょうどよい力加減であったな…!
  (  く  ./< ◎>:::::<◎>u\  .> )
  \  / u  (__人__).    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /
450 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:34:50.94 ID:cf8nfIM0

 かくして見せた又十郎の腕前に、流石の大久保彦左衛門も納得。

      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\
   /  \ /  \     …いや、あっぱれあっぱれ!
  /   ⌒   ⌒  \   これなら親父にも負けぬ腕前。
  |    (__人__)    |    十分詫びの手土産になろう。
  \    `⌒´    / 
  /,,― -ー  、 , -‐ 、   
  (   , -‐ '"      )
  `;ー" ` ー-ー -ー'|


       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \
    /   ノ::::::::::\\    …だが待てよ。
  /    <●>:::::<●> \   このままお前を連れて
  |       (__人__)   |   「又十郎が戻った」と申せば…
  /     ∩ノ ⊃  /   
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /
451 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:36:20.21 ID:cf8nfIM0

                やっと帰ってきたんじゃねえか。
     |ヽ      ノ|  喜んで迎えてやるだろ、親の情的に考えて…。
     |  / ̄ ̄\│
     |/   _ノ  \                ⊂ニニ⊃
      |    ≪@><@>                   ノ L
      |     (__人__)              / ̄ ̄⌒
     |     ` ⌒´ノ              / \  / \
       |         }               | (● )(● ) |   勘当までしておいて、
      ヽ        }             |  (__人__)   |  ハイそうですかと迎えられるわけないだろ!
        ヽ      ノ             │  `|iiiii|´   }  お家の面目的に考えて…!
       /  ー‐  ⌒ヽ               |   |iiiii|    |
     /             \           │  `ー'   |
   :::::: ::;;::  ,,, ;;::: ,,::  ;;;;::::''         \      ノ
    ::::;; ::::::: ;; :::: ::::::::;;;::  ::::::;;   γ⌒⌒/    ー  \⌒⌒ヽ
     ::::::::;;::::::;; :::::::;;;:::::        (_ノノ/       ヽ !l ヽしし_)
       :::::::::::;;:: ::::::::         (   丶- 、    しE |
         ::::::;;;::::::::;;;;        `ー、_ノ   煤@l、E ノ (
           :::::: :::::::         ::::::;; ::::::: ::::: :::::;;   ⌒
             :::::::::           :::::;;; ::::::::::::::: :::;
                / ̄ ̄\   :::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
              / ─  ─ \ :::;
              |  <○><○> |
              |  (__人__)  |
                  |   ` ⌒´  }
                 |        |
                ヽ       │
                ヽ     ノ
          (柳生但馬守の心中想像図)

 「…あの意地張りのことじゃ。
  心の中では嬉しかろうに、家臣にも”あんな不孝者はもう要らぬ”と
  言っておる手前、会わぬと言い張るに違いない」
452 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:37:27.44 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
         |    |
         \_/
         _|__
       /     \キリッ
      /  :::\ ,::::, /:\. .    そこでじゃ!
    /    <●>::::::<●> \.   又!お前はその格好のまま、
     |       (__人__)   |.   南部の恐山よりやってきた山男となるがいい!
      \      ` ⌒ ´  ,/.   
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l  
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /   お、恐山からの山男…ですかお?
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   / 
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 このまま連れて行っても、
但馬守が意地を張って会わぬというやもしれぬと懸念した彦左衛門、ここで一計を案じる。
453 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:39:01.99 ID:cf8nfIM0
            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \      そうじゃ。
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \    そして口を開いてはならぬぞ、
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \   声を聞けば、流石にばれるからの。
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     | 
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


         / ̄\
        |     |
         \_/     なぁに、あとは万事この彦左の胸にある。
         _|__   任しておけ、任しておけ!
        / \ /\
 ミ ミ ミ /  ⌒  ⌒ \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l  
     li   l r' (−)r‐i (−) `ヽ   l レ' /  (…流石にちょっと不安になってきたお…)
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__
  -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
454 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:40:26.65 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
         |     |
         \_/
        __|__.
       / ::\:::/::\
      / <●>::::::<●>\    そうと決まれば善は急げじゃ!
    /     (__人__)   \.  畿内!ワゴン引けい!!
     |       ` ⌒ ´     |
      \            ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

          _
         /O \
          | °  |
         \_/
           |
.         /  ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /             \
.    /               ヽ   はい、只今!
.     |              ',
.     |      ⌒     ⌒    |
  i⌒ヽ   ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /
  ヽ  ヽ.      {_.ノ    /_,/⌒)
    ∧__,ヘl三三三三三三三;i'´::::ヽ/
   ヾ_:::ッリ ___     _|::::::::ハ
    i     |    |    |  | >'''
455 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:42:26.02 ID:cf8nfIM0
 かくしてワゴン…ではなく馬が引き出され、
ひらりひらりと乗り込んだ二人は、一路柳生屋敷へ─!

    -=三 =-=三 / ̄\
            |    |
            \_/ヽ
                 \
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \
   -=三=       /     ::\::::ノ\
             /    < ●>:::< ●>ヽ
             |       (__人__)  |
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..-    | ワ      ゴ      ン   R |
       .二三 |                      |
         |______________|
             ◎           ◎

,.,,,_
′-,,゛''‐-,,,_
  \,:'ク-二'''―,,,_
 -=三\,゚'ヽ,.゛゙'‐-,,_゙'''‐-,,,
     ゛ヽ_\_:::::::゛''''‐r,_゛'-,,_
       ゛'r,:゛,r,,,,,,,、=''゛::::_,_:゛'‐-,,_
       ″i│;;^゛'‐--z::| ゜゛'‐r,::"゛'-,,,
       、i'゙::,l゙;;;;;;; ,.、i'‐゙,r';;;;;;;;;;;l゙ ,.,i・'ヽ,゙゛'-,,,          、-=-,
  .-=三_,,,r'`::::::(,,,,,,,-'’:、i''゙;;;;;;;;;;;;;;;゙l::| ;;;;;″ヽ::´゛'-,,,    -=三/~ ̄\
  ,.,,-ー''´:: ,.,,,+'''‐r,,,、r.:::{,,,、-―,,,,/:],,v--―''゙::::::::,,,,,,二,--,,,, ,゙iュ,=∀=.r,r'
  `i,,,:::::::」゙~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;″ィ:::::,-----,,,,,-r,:、i――┬:│;;;;;;;;"广!、ゝ二l口二,r'
 ゛'‐-ニ二二゙゙゙゛'''‐'‐゙::L゙;;;;;;;;;;;;; ,.,,r゚:,l゙::::::::: ,.l゙::::l゙;;;;;; ,.,vー`::、i'’(p):〈`田〕
        ′”''''―-,,::゛r,;;;;;;;;;;、i'´:,,,r`:::::::: ,.l゙:、i'゚_-'~,,,,,,:::、i゚〈`゙iゝ,r'
         -=三ュ''´:::::::ト,,,-'’::、i'゚::::::::::::_,,r':::ごニッ:、i'゙::,l゙::.l゙  (_ゝッ
          ″ ̄!,:::::::::::::::コ,、ー'''゙゙ごi::::┌゚. ,r',r'::、i゚:/
      ゴーッ!!   ´|:::::、i'゙゛'・ー―巛'゙,,、ベ ,l゙::l゙::::(::l゙
             │:_l゙_v-冖二ー'''゙´  _/:::〕:::::| :゙l
           -=三|::::二-ー''~   _ー''`::,r,:゙L:,r' ,.|
             ,l゙''''´     ,.,r'~,,=―,_::7,,_| ~::::::゙l
             ´     ,./.::::テ!,ニニ,riiiy,“' ,.,,,,,,,l゙
                ,./,,r'イ、i'~.   ^゛'''-、i`
               ,.-'゙:J,,,,vl゙ヘ
          -=三 ,.,,,!,ミ-――'`
          、iヘ'゚´
456 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 00:43:07.12 ID:SGQHwyco
貧弱な坊やだった僕も、
このブルワ……天狗魔人を1日30分やるだけで、
こんなマッシブなガイに!
今では女のこにもモテモテさ!!
457 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:44:20.32 ID:cf8nfIM0

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      / ̄\
     |     |     ∩_
      \_/    〈〈〈 ヽ
      _|___   〈⊃  }
     /:::\:::/::\   |   |   これ、彦左衛門が参ったぞ!
   / <●>::::::<●>\  !   !  但馬殿はおられるか?
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l.
  |     |!!il|!|!l|      |  /  「はっ、只今!」
  \     |ェェェェ|     //
  / __         /
  (___)       /

 さて、柳生屋敷へ到着した彦左衛門と又十郎。
早速、彦左衛門が来意を告げ、するすると中へ通される。
458 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:45:30.42 ID:cf8nfIM0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     これは義兄上、ようこそ参られました。
   |      (__人__)   …本日は何用で?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \     うむ…本日はの、
      /  .<−>::::::<−>  \   柳生一万二千石に関わる大事の話をしに参ったのじゃ。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /   「当家の大事、ですと…?」
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l
459 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:46:59.89 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     うむ、実はな、先だって御老中松平伊豆守に
    /   <●>::::::<●> \   但馬守は下手じゃ未熟じゃと申した山男がおっての…。
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
  / /   /::\::::::/::\  \ \    試しに数名に立ち合わせてみれば、
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )   これがまあ強いこと強いこと…赤子の手を捻るが如し、というやつでの。
  \  / u  (__人__).    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/     そこで、伊豆守殿が仰るに…。
      \             /
460 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:48:31.41 ID:cf8nfIM0
                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj    ははは、これは大したものだなあ。
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   じゃあ、こうしよう。
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/     この山男と但馬を仕合させて、
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     山男が勝ったら、指南役を山男に換えようじゃないか。
               iN \.  ` ニ′/}'
                h   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´U
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖
                老中・松平伊豆守
461 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:49:54.27 ID:cf8nfIM0
             / ̄\
               |    |
             \_/ 
               |     …と、こう申されたのじゃ。
           /  ̄  ̄ \
     / ̄\/  ::\:::/::  \/ ̄\
     |   /  .<●>::::::<●>  \   | ))
   (( |   |    (__人__)     |   |
     |   \    ` ⌒´    /   |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)   (…なんだそれ…!?
  |     |r┬-|    おかしいだろ常識的に考えて…!)
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ::\i||i/::\      無論、お主の事。
  /   <−>::::::<−> \   そう遅れは取るまいとは思うてはおるが…。
  |     (__人__)    |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /
462 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:51:51.73 ID:cf8nfIM0
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /          \
                 |             |
                 |             |
                 |             |
                 \          /
                  \ ____/
                       |
                       |
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              /                \
            /                   \
           /      \        /       \        …お互い歳じゃ。
         /       ...::::::\ :::::::::: /::::::..       \     歳には勝てん…!
        /       _ .::::::::::::\:::::::/:::::::::::.. _       \ 
      /      /,..::::::::::.ヽ\:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/,..::::::::::.ヽ\     \    「………」
    /      <  {:::::::::::::::::}  >::::;;;;;;;;;;;;;::<  {:::::::::::::::::}  >      \
   /       \ ヽ;;;;;;;;;//::::::::::::::::::::::::\ ヽ;;;;;;;;;//       \
  /                /     i     \              ヽ
  |              /        ∧      ',              |
  |              {        / ヽ     }             |
  |              ヽ___/ __ \___ノ                |
  |                ヽ   ´    `  '                 |
  \                                      /
   \                                    /
463 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:54:05.74 ID:cf8nfIM0
         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      / _|__\
     / ::⌒:::⌒\     そこでわしゃ閃いた。
    /  <●>::<●>\   ならば、その山男を柳生家の養子にしてしまえばよいのじゃ!
  /    (__人__)  \ 
  |      `⌒´     |  ・・・とな!
  \            /
  /              \


   / ̄ ̄\   て
 /   _ノ  \  そ
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)    (なん…だと…!?)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、
464 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:55:24.97 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
         |     |
         \_/
        __|__.
       / ::\:::/::\
      / <⌒>::::::<⌒>\     そうすれば、柳生一万二千石に傷もつかぬ…。
    /     (__人__)   \.  せっかくなのでその山男を今、連れてきておる。
     |.      `⌒´     |  …どうじゃ?
      \            ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |  …………。
       |::::::::::::::    |   
     .  |::::::::::::::    }    
     .  ヽ::::::::::::::    }     
        ヽ::::::::::  ノ     
        /:::::::::::: く      
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,―
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
465 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:57:04.86 ID:cf8nfIM0

    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\
  |:::::::::(●)(●)|
 . |:::::::::::(__人__)|   …義兄上。
   |::::::::::::` ⌒´ |  老いの身で指南役の勤めは果たせぬとの侮りを受けては、
 .  |::::::::::::::    }   この身の名折れ。
 .  ヽ::::::::::::::    }  
    ヽ::::::::::  ノ    ご希望通り、仕合を受けましょうぞ。
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \
466 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 00:58:05.12 ID:cf8nfIM0
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /   ノ L     .|.  | | | | | | | |\ .|
    ./    ⌒      !、 | | | | | | |  /\
   /             _`'- | | | | | |;-'´:::: \
  |         / / ̄\\:|||||||// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;::| |  ○ | |
   |         \ \_/ /::;;;;:::\\_//    ただし、柳生流は御留流故、
   .|             ,/    ::|::     \     宝蔵院の管槍にてお相手仕る…!
    |            |     |     .|  
    |            |     |     .|     無論、使うはこの真槍でござる。
    .|             \__/\__/|     もし敗れることあらば、その場で切腹致す!
    |.              トエエエエエイ  .|    
    .|                   '.{| | | | | |.|  }  ./      そのような山男を当家の養子にするなど、
     |                   .{| | | | | |   }  /       有り得ぬ事でござる!
      丶                  .{| | | | |   }  l 
      \                 、`ー一一 ' /
       .\                       /
       /ヽ                /
467 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:00:12.22 ID:cf8nfIM0

    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\
  |:::::::::(●)(●)|
 . |:::::::::::(__人__)|   ああ、無論それがしが勝てば、
   |::::::::::::` ⌒´ |  その山男は槍玉に挙げてくれるのでその御積りで。
 .  |::::::::::::::    }
 .  ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \

      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::− :::: −:: \  
    /  <○>::::::<○>  \ 
    |    (__人__)     |
     \    `⌒´    /
    ノ           \
468 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:01:18.16 ID:cf8nfIM0
      / ̄\
      |    |
      \_/
       _|__
     /      \       (こりゃいかん。ちょいと薬が効きすぎたか…)
    /\ :::::: /:::: u \ 
  / <○>::::::<○>    \    あいや但馬殿、しばらく!
  |   (__人__)    u.   |   今、当の山男にも相談してまいる…!
  \ u. `⌒´      /
  ノ           \

 流石に薬が効きすぎたかと、彦左衛門、
別室の又十郎のところへ戻り、相談する事に。
469 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:02:49.47 ID:cf8nfIM0
       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ::\i||i/::\     又よ、えらいことになってしもうた。
  /   <−>::::::<−> \   但馬の奴、お前を真の山男と思うて、
  |  u   (__人__)    |  真槍を以って相手するとか言い出しおった…。
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |    とりあえず、槍はたんぽの槍に変えさせるが…。
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l    いや、伯父上。
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /   その心配はいりませんお!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
470 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:04:33.60 ID:cf8nfIM0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   たとえ真槍が真剣や弓鉄砲に変わったとしても、
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /  それを防ぐ術がありますお!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    その又十郎の獲物は…!
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー-
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


         / ̄\
         |    |
         \_/
         ___|__   て
       /     .\   そ
      /   .\ :::: /\     な、なんと!?
    /    <○>:::::<○>\  ”アレ”であの但馬の真槍を相手するというのか!?
    |      (__人__) u. |
     \    u.` ⌒´   /
    ノ            \

 又十郎の所望した獲物に驚愕する彦左衛門。
はたして、又十郎が望んだものとは何か!?
471 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:05:55.00 ID:cf8nfIM0
        / ̄\
          |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \       はっはっは、但馬殿。
     /  \ /  \    あの山男め、真槍が真剣でも弓鉄砲でも構わぬ、
    /   ⌒   ⌒   \   なにでこようがぺぺーっとあしらってみせようと言いおったわ!
    |    (__人__)     |   さ、はじめられい!
    \    ` ⌒´    /
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/☆
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ


  / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)  ここまで言われて引き下がれるわけないだろ、
  |;;;    ` ⌒´ノ  武士の面目的に考えて…!
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 又十郎の話を引き受け、但馬守を挑発しまくる彦左衛門。
怒り心頭に発した但馬守、いざ、山男(の風体の又十郎)との仕合に…!
472 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:07:57.57 ID:cf8nfIM0
       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ
   /::::::::::::::::::     ヽ  (…このわしが、このような仕合などせねばならぬとは…。
   |::::::::::::::::::::::    /   わしには息子が三人おれども、いずれも役に立たず…)
   .|          /
    \        /


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |  (ああ、せめて又十郎の奴だけでも残して修行させておけば…)
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |

 いざ、山男との仕合となって、
但馬守、心中の悔恨に思わず涙ひとしずく…。
473 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:09:36.55 ID:cf8nfIM0

 …今、全てを決める仕合が始まる。


                 / /         .....             ____ __
                ./ /          ....            'ーr‐‐r、`、 \
               / /           ...          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
               / /           .....      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
              ./ /            .....      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     / ̄ ̄\   ./ /             ...     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /
   / \i|||i/_\ / /                    |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
   |  (○)(○) .|/ /    \ ,,_人、ノヽ         ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
   |  (__人__) / /      )ヽ    (          ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
   |   `⌒´ / /    - <  V S  >           >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
   |.      / /|       )     て  .... -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
   ヽ     / //      /^⌒`Y´^\    .     | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
    ヽ    ./ //                 ...     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
   /    / / \                     (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
    柳生但馬守                          山男(柳生又十郎)


 果たして又十郎は如何なる手を以って但馬守に立ち向かうのか!?

 そして、この仕合の後の展開や如何に!?
474 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:11:24.42 ID:cf8nfIM0
                ,__ , _ 、           _, .._ 、
             _....j|lllll_|lllll_|lョ__      _j|lll|l|llll|:ョ 、
         __uョllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll亡uョllllllllllllllllllllllllョllllllllllllllllョョu_
       _ullllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllF]lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllョ_
     ,,,ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〔ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllL_
      ̄ ̄ ̄’ ̄ ̄lll ̄ ̄”'lテ ̄"匸 二 ̄""'lllll_ ̄lllll"、lllll" ̄_]ll厂゙゙"ア''llllllll'、
              ゙゙ゞlll_ _____llll′"lllllL_ `゙lllllj リlr 'lllll!_ョll厂 __llll广
               __;]lllllテllll′    ゙゙''lllllョj ]lllllョェ__,三ニ_jllll广′
              ulll广    ゙lllll       ´~~~~`lllll~~゙lllllニ

            ''l>r   -.._               く''‐ 、
            卜卜  _ノ _冫  _,,-,,_      __  l  l′
           ___l 一-< <_ャーコ「イ 〕     ノ │ ! ||___-..,,_
         ‐ニニ丿 f"│||│ l││ 卜│    /’ ┴‐┤ ゙ ニ---′
           ./  ニ''’ ||_l 〕1 │ l 丿   ノン"゙""`卜 [ ___
           / _」 !"'、 _、:l || I'┐丿   ' ̄  ..---┘ ゙二 .. コ′
          /ン’}│ ''''^j’丿卜卜"´        `''''"│ !
          ̄  〉 l  / /  1 !            │ 」__........--.._
            ││ ..lト′  | ト      ..ッー''‐亡犯---------..ニ
            `ー′     ゝ′      ゙''" ̄
                              __
                         'く''''L  '厂'L__        f'''''y   |!"'Y __....__
          ____..―- 、        ---':'、 L__ f ..ニ--┘      丿 ┴'二?’__二ニ--′
       < ニ---―‐′       "‐''´ ヘJ `コく--..、      ,,l'ン''ゞ1ノ / ゝ │
                        <ニ〔冫 」コエニ‐ 、、    /‐′ ゙゙''ヽ `1__.. 二
                       =ヒコニ厂_一'┬辷―''′      _--r七.. ニ _--ゞ
               _____        ┌^ '七ニ┴、 │         `''に _  〉 卜
    ,,_....----ー‐'‐ 亡ニニ二__ "┐    -..×F「七''' ニ`゙T          ヽ │/ /
    "ー-ー‐‐''"" ̄´    ̄ ̄"      ヽ 't"l "│:l │ ,' ___       ___ /-――'' ̄''┐
                      _----!_ 辷_...... ⊥ニ7    に ニ--ー‐''''''" ̄ ̄ ̄"′
                      `'''' ̄ ̄
475 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 01:11:52.80 ID:SGQHwyco
い、いい所で……!
476 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:12:32.64 ID:cf8nfIM0
【登場キャラ】

 柳生又十郎宗冬    : やる夫/∀ガンダム(∀ガンダム)

 柳生但馬守宗矩    : やらない夫
 柳生十兵衛三厳    : ラオウ(北斗の拳)
 柳生刑部少輔友矩  : トキ(北斗の拳)
 丸目蔵人       ...: ダディ
 羽賀一心斎     .....: ガチャピン(ひらけ!ポンキッキ)
 大久保彦左衛門    : オプーナ
 松平伊豆守     .....: 夜神月(デスノート)
 大道寺平馬     .....: 烈海王(バキ)
 高尾畿内       ...: オプー子
 たま           : 西園寺世界(スクールデイズ)
 三右衛門       ...: 伊藤誠(スクールデイズ)
477 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 01:13:36.87 ID:e/yIbAso
つづくんかい!?
478 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 [saga]:2009/12/07(月) 01:14:30.78 ID:cf8nfIM0
 てなとこで終了でアリマス。
本日もお付き合いありがとうございました>皆様

 最後までやるのも手かなー、と思ったのですが、
基本、このスレはあくまで「紹介」なので、今回はここまでということで。
この講談「柳生二蓋笠」は、又十郎こと宗冬の話になる時、たまに引用されるのですが、
あまり書籍に話が載る事もないし、メジャーな講談というわけでもなさそうなので、
結構知らない人が多いみたいなので砂。
というわけで、今回はコイツをチョイスと。

 ちなみに、元ネタはこちらでございます。

 【講談 「柳生二蓋笠」(五代目一龍斎貞丈)】
  http://www.nicovideo.jp/watch/1250225059

 ニコ動なので、人によっては好みがあるかもしれませんが、
今のところ、ここでしか見つけられなかった(というか当方も教えてもらった)ので、
続きが気になるお方は、是非こちらを聞いて頂ければ。
一龍斎師匠の軽妙な語り口は実に愉快でアリマス。
ああいう雰囲気はなかなかテキストじゃ再現しづらいです喃。

 あと、なんで十兵衛が失踪扱いなのとか、
丸目蔵人が宗矩の弟弟子でしかも上州在住ってなんぞやとか、
大久保彦左衛門が宗矩と義兄弟とかどこに論拠があるのかとか、
色々突っ込みどころもあるでしょうが、昔の講談というのはこういうもんだということで、
講談話の真偽の程度を知る一助として捉えていただければ重畳−。

 さて、次こそは「魔界転生」をやりたいところ。
あと、それとは別に、さっさと柳生スレの方も進めねばです喃。

 それではまたまたー。
479 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 01:17:56.07 ID:SGQHwyco
おつおつ。
480 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 01:18:02.95 ID:e/yIbAso
乙だぜ
ニコ動みれね・・・
481 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 01:51:00.41 ID:9IimZFUo
乙です
482 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 05:31:55.93 ID:HrYnghgo
乙でした。講談て後先考えずに突っ走っているところがいいよね。
483 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/12/07(月) 05:32:29.49 ID:4PHPAQg0
宗冬は、ヘタレだけど大器晩成型のヘタレ童貞人格者というのが
勝手な個人的なイメージ
ヤリチンな宗冬がイメージに合わない
すごく勝手だけど
484 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 09:39:17.35 ID:m/VVwyw0
乙でした
勝手ながら、蔵人が但馬守より弱いとは思えない、と蔵人の弟子の流派の地元人としては思う
柳生二蓋笠、昭和11年に映画化されている様ですが、こういうベタな武家の意地が出て来
る話を新作映画でも見たいですね(今ならジャニーズ出演になるからいいか)

しかし、世界は登場して10レス以内に死ぬか酷い目に遭って登場が多いな
一番ましな役が元就の母(1レス目で死亡)だったし
485 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 11:47:35.92 ID:Q9hrgxIo
乙!
486 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/07(月) 13:56:57.08 ID:chZW.4so
おお、講談とは意表を突かれました。こういう話だったのね。
これで徹には一本話を書いてくれないかなあと思ったが、
これを十兵衛にして細部をいじれば『十兵衛両断』になっちまうな。
487 :1 [saga]:2009/12/08(火) 22:14:48.04 ID:nSgBXbg0
 どもどもです。
むう、やっぱニコ動を見られない(というか聞けない)方がおられたようで申し訳なし。
つか、Youtubeに上がってたら一番良かったんですが。

 なので、ちょっと例外になりますけど、
そのうち暇な時にでも山場の部分(>>470以降)を作りましょうか喃。
まあ、出版物じゃないし、どこぞで決まった時期に
講演される類のものでもないようですし。

 とりあえず、時期にはあまり期待せずにお待ち頂けましたら重畳ー。

>>484
>勝手ながら、蔵人が但馬守より弱いとは思えない、と蔵人の弟子の流派の地元人としては思う

 その気持ちは自然なものですから、別段「勝手ながら」とは思わんですよ。
例えば、当方も隆慶作品の暗黒宗矩くんを愛でること山の如しを自負するところですが、
それと同時平行に、その評価や作劇手法については色々思うところもあるわけです。
史料を調べてると尚更に。

 「まあ、創作だから」と言ってしまえばそれまでなのですが…難儀でアリマス。
488 :1 [saga]:2009/12/08(火) 22:17:59.15 ID:nSgBXbg0
 ちなみに余談ですが、
「戦前だと十兵衛より宗冬の方が人気があった」という話があって、
それを聞いた時の当方の反応といえば、

      ∧∧
∧    < え >
  ヽ.   <  |  >
 ノ |   <  |  >
 ()|   <  |  >
u____つ / !!? >
[_____ U  ̄∨∨
  ノ
ヽr
  ヽ

⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
 ____,,,,,,,,,,,ノノ
彡 u. _,ィ      うそくせー
∩-‐●{     なーんかうそくせー!
.し  )rつ
    r=='
.l u. ||
.゙l  l!,=っ
  \. _,f
   \

 という塩梅だったのですが、
今回、ニコ動以外に「柳生二蓋笠」が上がってないかどうか調べてたところ、
戦前、「柳生二蓋笠」の映画の情報がワラワラと。

【大久保柳生二蓋笠(1921)】
 http://www.jmdb.ne.jp/1921/aw002350.htm
【柳生二蓋笠 (1928)】
 http://www.4ureyesonly.com/jfilminfo.asp?n=%E6%9F%B3%E7%94%9F%E4%BA%8C%E8%93%8B%E7%AC%A0?43;%281928%29
【柳生二蓋笠(1936)】 ※ あらすじに最後まで話が載っています
 http://www.matsudafilm.com/matsuda/c_pages/c_e_10j.html
【柳生二蓋笠(1938)】
 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=132794

 あと、映画じゃありませんが、戦中の歌舞伎の演目の一覧でこういうのを発見。

【近代歌舞伎年表京都篇別巻: 昭和18年~昭和22年補遺・索引 - ”柳生”】
 http://books.google.co.jp/books?id=v9rMgqQtGMQC&pg=RA1-PA373&lpg=RA1-PA373&dq=%8B%DF%91%E3%89%CC%95%91%8A%EA%94N%95\%8B%9E%93s%95%D1%95%CA%8A%AA%81@%96%F6%90%B6&source=bl&ots=CO5Vr80_os&sig=I-gO_DdY1UkD5BYJJocphUGXnMs&hl=ja&ei=RusbS7SkPJLs7AOjvpzPDw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CAoQ6AEwAA#v=onepage&q=&f=false

 結構な数、宗冬主役の演目(「柳生二蓋笠」「柳生又十郎」「二蓋笠柳生実記」など)が出てま砂。
この中で十兵衛メインっぽいのだと、浪曲で「柳生旅日記」があるくらいですか喃。

 いや、こういうのを見ると、
「戦前は十兵衛より宗冬の方が人気があった」というのは
もしかして本当だったのかしらん、と思ったり。
ふうむ。
489 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/08(火) 22:44:09.05 ID:84F9iI.o
やあ、続き読めるならありがたい
楽しみにしてまww
490 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/09(水) 00:35:04.32 ID:t1dN7nko
>>487
これで見られるかと

http://www.nicozon.net/watch/sm7924405
491 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/09(水) 16:23:31.36 ID:lTlnVvko
隆慶一郎の宗冬はかっこよかったな
492 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/09(水) 21:11:33.58 ID:olp6lJE0
確かに隆作品での宗矩の扱いはかなり悪いよねえ・・・
なまじっか影響力があるだけに影武者以降、時代物の宗矩は影武者宗矩の劣化コピーが増えたし、
またそれを真に受ける奴も出てくるし・・・

武蔵や慶次の扱いが良くなったのと逆の現象の被害者だな、宗矩
493 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/09(水) 21:15:13.68 ID:yQ9ygxYo
剣豪としては史上でもトップクラスの勝ち組だからなあ
実際に凄い人だって知れ渡ってるからオレキャラの引き立て役に使うにはちょうどいいんだろう
494 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/12/09(水) 22:54:22.94 ID:rcCDBOU0
>「戦前だと十兵衛より宗冬の方が人気があった」という話があって、


石舟斎:剣聖面の好戦的な頑固者→鬱
宗矩:腹黒→萌え
十兵衛:宗冬の当て馬(ラオウポジション)→僕らがヒーロー→変態
友矩:宗冬の当て馬(トキポジション)か雑魚(柳生一族の陰謀とか)→尻の穴ひt(以下略)
宗冬:偉大な兄を超えて家督を受け継いだヒーロー(ケンシロウポジション)→噛ませ犬でヘタレ
と昔と今で、キャラの扱いが変化していったのか
495 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/09(水) 23:59:19.41 ID:3oAXpvo0
社会的地位の高い人間を、社会的地位の低い人間が踏みつけにするとドラマになるが、逆
だと面白くないと思う人の方が多いだろうし、第一日常であって非日常にならない
宗矩(更に言えば宗冬)の扱いが悪いのも、そんなところだろう

地位が高くても、学歴があっても、実力がある(読み手に近い地位の)人間に負ける
これで喜ぶ人が多いのだろう
刑事ドラマで、東大出のエリート官僚やキャリア組の刑事が叩き上げにしてやられたりとか
創作物で東大出なんて、無能か理解ある裏方のキャラ付けであることが多いし
496 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/12(土) 10:45:10.37 ID:lyB76wso
隆慶の宗矩の扱いが悪いとは全然思わないけどな。
実際、あの作品より魅力的な秀忠や宗矩はなかなかいないぞ。
497 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/12(土) 16:10:39.66 ID:5XjoGyg0
作品内の重要度で言えば、あの秀忠&宗矩がいなかったら、
話の盛り上がりどころがなくなるからな。
影武者だけじゃなく隆慶作品を代表する悪役コンビだろ。

ただ、>>1>>496みたいに、悪役というか、やられ役の魅力も楽しめるなら問題ないんだろうけど、
見方によっては、ただの小物に見えるのが残念だって話じゃないの?
それまでの宗矩は、大抵主役かボスクラスの強敵の大物だったから、
かませ犬の小物という描写は人によってはカチンとくるだろうし。
498 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/12/24(木) 01:02:26.85 ID:3mbu3X2o
すみません。はてなグループの方の者ですが、一身上の都合で保守作業の継続が困難になりました。
対応として年内に(別の荒山徹ファンの同士の方に)引き継ぎを行うことが決まりました。
極力皆様の不都合にならないようにしますが、年内はご迷惑をおかけします。

ということで、以後こちらでよろしくお願いします。
http://arayamatooru.g.hatena.ne.jp/inugamikoubouathangul/
499 :1 [saga]:2010/01/01(金) 23:36:52.30 ID:x8awBr60
 あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

 まあ、柳生スレの方でも挨拶を書きましたけど、せっかくなのでこちらでも。
伝奇の方では、「二蓋笠」のオチの部分を追加するのと、
「魔界転生」をやらねばなあ、というところが現状の思案としてありますが、
その後はどーしたものやらでアリマス。
つか、柳生の方も進めないといけませんしね。

 てなわけで、こちらは相変わらず不定期更新気味になりそうですが、
よろしければ気長にお付き合い頂けましたら幸いでアリマス。
よろしゅうですー。
500 :1 [saga]:2010/01/31(日) 21:00:42.40 ID:qGR642E0
 どもども、お疲れ様です。
今回は私用で柳生スレ本編を書くだけの時間がなかったのですが、
その分、中途に時間が空いたので、いつかやると予告していた
「柳生二蓋笠」をラストまでやってみようかと。

 場面としては、>>470の続きからになりま砂。
では、始めます。
501 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:01:38.56 ID:qGR642E0
                ,__ , _ 、           _, .._ 、
             _....j|lllll_|lllll_|lョ__      _j|lll|l|llll|:ョ 、
         __uョllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll亡uョllllllllllllllllllllllllョllllllllllllllllョョu_
       _ullllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllF]lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllョ_
     ,,,ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〔ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllL_
      ̄ ̄ ̄’ ̄ ̄lll ̄ ̄”'lテ ̄"匸 二 ̄""'lllll_ ̄lllll"、lllll" ̄_]ll厂゙゙"ア''llllllll'、
              ゙゙ゞlll_ _____llll′"lllllL_ `゙lllllj リlr 'lllll!_ョll厂 __llll广
               __;]lllllテllll′    ゙゙''lllllョj ]lllllョェ__,三ニ_jllll广′
              ulll广    ゙lllll       ´~~~~`lllll~~゙lllllニ

   _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_ィ
  __,ノ                               L_
  ソ.   あ、あの、二蓋(にがい)の塗笠じゃとう!?   く
⌒ヽ                                (_
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                                    ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
                                 j`‐'             ‘ーィ
                               、- '              L_
                               _ )    そうですお!    く
                               )                 (_
                               ⌒)-、 ,. 、         〈
                                   ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「

 但馬守の真槍に対し、又十郎が望んだのは…なんと二枚の塗笠!
502 :パー速のローカルルールが変わりました [sage]:2010/01/31(日) 21:01:59.40 ID:gOckzIgo
バッチコーイ
503 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:03:16.51 ID:qGR642E0
 この又十郎の提案には、流石の彦左衛門も吃驚。

          / ̄\
             |    |
           \_/
        ノ L__|__
       ⌒:::\:::::/::\        これ、又!
       / <●>::::<●>\     .冗談もほどほどにせよ!
      /    (__人__)   \    いくらなんでも笠で槍の相手がかなうものか!
      |       |::::::|     |   常識的に考えよ!
      \       l;;;;;;l    /l!|
      /     `ー'    \ |i
    /          ヽ !l ヽi
    (   丶- 、       しE |
     `ー、_ノ       煤@l、E ノ
                レY^V^ヽ ワゴンッ!

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   
     li   l r' (−)r‐i (−) `ヽ   l レ' /    …いや、伯父上、聞いてくださいお。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
504 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:05:25.69 ID:qGR642E0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や        \ 、  l |
.      l.  /  _ノ == .ヽ、___    l i  ノ l  
     li   l'o゚((●))((●))゚o`ヽ  .l レ' /    今更ながら思い返すに、又十郎、
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   あまりにも父上に不孝を重ね過ぎましたお…。
     ヽ`'┴ー(__人__)---‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  `⌒´      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や        \ 、  l |
.      l.  /  _ノ == .ヽ、___    l i  ノ l     そして、その上に
     li   l'o゚((>))((<))゚o`ヽ  .l レ' /    更にしないを用いて父を打つなど、
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /     不孝の上にまた不孝ですお。
     ヽ`'┴ー(__人__)---‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  `⌒´      _,,.. イ /┘      又十郎は、そんなの嫌ですお!
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


        / ̄\
          |    |
        \_/
         _|___
       /       \
      /  u   ノ  \    又、おぬし…。
    /      u <●>:::: \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
505 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:07:25.03 ID:qGR642E0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |    でも…あの二蓋の笠なら、
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   まず一蓋で槍の穂先をずらし、もう一蓋で父上の頭を抑えられますお!
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /    
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /    笠ならば、元々頭に被るもの…。
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    これなら、頭に当てても不孝にはならないですお!
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \  て
        /  ::\:::/::  \  そ   …………!
      /  .<○>::::::<○>.u \
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l
506 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:09:40.60 ID:qGR642E0
         / ̄\
         |     |
         \_/
            |
         / ̄ ̄ \
       /   " `..,::\
     :/       ::::;::::::|:.   ……………う、うううぬぬぬぬぬぬぬっ!
     :|         :;;::::::|,,
       ヽ.....::::::::::::  ::::_::/
       r "     .r ミ~.
     :|::|    ::::| :::i ゚。
     :|::|    ::::| :::|:
     :` |    ::::| :::|_:
     :.,'    ::(  :::}
       ::i     `.-‐"

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l  
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /  (…もしかして、怒らせちゃったかお?
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   でも、又十郎はこれが一番だと信じるお…!)
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__
  -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
507 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:11:19.82 ID:qGR642E0
             _,-‐===--、   て
           ./ .i、 /\, ,ィ \  そ
          / _| `"  " |_.ヽ
          .! .ゝ 表示価格の/ |
          .l .<   10倍!. `>..| て
          ヽ  ̄| , 、 ,.,、 ┌┘/  
          \ ´ ヾ  ヾ /
  ,r'ニニニヾヽ、    `ー-===-'"    //ニニニヽ、l|l        /\     /|
 ("; ̄ ̄ヾ))     __|___   ((/ ̄ ̄`゙`) \ \、_ハノ  ヽ、|/ |
 |   、ィ_ノと)'   / ::\i||i/::\  (つ(_,,ア   |!  \)'
 i|   ` イ_/  / :<⌒>::::::<⌒>: \. \_Y   |!   /. 
 .ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  / ヽ,)   …ぬぬぬううんんっ、えらいっっっ!!
   \  \l     i|    |!     l/  /  /-、 
  l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l   /ヘ
      \  ヾ   `ー一';  ィ    /   i   /  //7/ヘ /l ト、 |
         ヾ、    ``";      / l|l           /   V | ,l ヽ|
    ゚   |!  Y           ィ |!  。
    ,.  '  、/               ヾ ; ;  `
  ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。l|l
   ヾ从ソヾ、, ;;ソ'人゚;,ィ~;;へ、ィヘ;;;ンy从/ゞ〆;  ,.,
 _..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ;::ゝ .::::...ヽ _.:::`
508 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:13:24.34 ID:qGR642E0

         / ̄\       )    よう言うた、又!
         |     |       )   そのくらいの了見でなければ勝ちは得られまい!
          \_/        )
         __|___       )    しからば、早速但馬の奴を煽りに煽ってこようぞ!
       ./:::\:::::/::\      ヽ  待っておれ!
      / <⌒>::::<⌒>\ ,    )
     /    (__人__)   \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |   
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l   
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /    お、お願いしますお!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   (…でも、ちょっと心配だお)
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
509 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:15:28.22 ID:qGR642E0
 そして、但馬守のところに戻った彦左衛門、但馬守を煽る煽る…!

           / ̄\
             |    |
           \_/
             | __
            ┴´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ       いやいやいや、但馬殿!
         /:::\::::::::<● >   `ヽ     あの山男め、真槍が真剣でも弓鉄砲でも構わぬ、
    ((   / <●>::::::::::⌒      )     なにでこようがぺぺーっとあしらってみせようと言いおったわ!
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
         人           \


   / ̄ ̄\  て
  / \. ./ \ そ
. |  (○)(○)  |   な、なんと…!
. |  (__人__) u.│
  |    `⌒´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |
510 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:18:35.20 ID:qGR642E0

         / ̄\     しかもそれが凄い!
        |     |    なんとあの山男、笠でお主のお相手致すと言うておる!
         \_/    こりゃあたまげたもんじゃ!
         _|__   すごいのうwwwwwすごいのうwwwwwwwwwwww
        / \ /\
 ミ ミ ミ /  ⌒  ⌒ \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


     / ̄ ̄\
   / u.  \ ノ
   |    ( ○)(○)   …………!
.   | ノ(  (__人__) 
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |  u.      }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ    
     l/   く  
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)
511 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:20:34.72 ID:qGR642E0
        / ̄\
          |    |
        \_/
          |            はっはっは!
       /  ̄  ̄ \       今からでも遅くはない。
     /  \ /  \     養子の話、受けてみてはどうじゃ?
    /   ⌒   ⌒   \.    今ならわしの御意見もつけてやるぞ?ん?
    |    (__人__)     | 
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|--'  / 御意見   /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄御意見 /|  ̄|__」/__ / 御意見 . /||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見 . /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見 /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

  / ̄三\
 ノ(;;;  _ノ 三 \
 ⌒;;;  ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)   そこまで言われて引き下がれるわけないだろ、
  |;;;    ` ⌒´ノ   武士の面目的に考えて…!
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }    ならば、今すぐ始めましょうぞ…!
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 煽りに煽りまくる彦左衛門によって、但馬守、怒り心頭に達し、
いざ、山男(の風体の又十郎)との仕合に…!
512 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:22:44.53 ID:qGR642E0
              ./ /
     / ̄ ̄\   ./ /
   / \i||i./.\ ./ /
   |  (○)(○) .|/ /   ………。
   |  (__人__) / /
   |   `⌒´ / /
   |.      / /|
   ヽ     / //
    ヽ    ./ //
   /    / / \

             ┌┐、
            _____`ヽ ヽ
          . -└┘-`、l  ヽ
        /        \ ヽ.
       /  ∀  /      ヽ /l    (…父上……髪が白くなって…。
   /  l .-、__.ィ---、     レ |     もう、そういう年だったんだお……)
   l.  l K)l_l-く> ゝ  . ´./|
   |ゝ、_|└/\―--_'.  ´ /|ヽ_|  _____
   ヽ ` ̄| ̄| ̄ ̄   /7/ ̄ /__ ̄`\\
    `' 、_.|_|______./___//  /∠        \\
   __/「l__`ノニニニ/ ̄l ̄\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ヽ
  / (/) ̄/// ̄(/)'\ ̄ ̄ ̄/ | ̄ ̄      // ̄ヽ
 '/\/  ///  /__/\   |  \        //
 l_/( ̄ヽ///  / ̄ ̄ヽl\  |________//


 さて、遂に仕合う事になった但馬守と又十郎。
ここで八年ぶりに顔をあわせた親子であったが、
今の又十郎は山男、怒り心頭の但馬守に、我が息子と気づけるはずもなし。
513 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:24:35.73 ID:qGR642E0
       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ
   /::::::::::::::::::     ヽ  (…このわしが、このような仕合などせねばならぬとは…。
   |::::::::::::::::::::::    /    わしに息子は三人おれども、いずれも役に立たず…)
   .|          /
    \        /


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |  (ああ、せめて又十郎の奴だけでも残して修行させておけば…)
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |

 しかして、いざ、山男との仕合となって、
但馬守、心中の悔恨に思わずほろりと涙ひとしずく…。
514 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:27:03.75 ID:qGR642E0
       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ::\i||i/::\    …但馬殿、いかがなされた?
  /   <−>::::::<●> \ 
  |     (__人__)    |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (⌒)(⌒ )。  |
    (__人__)     |    …いや、失敬。
     (`⌒ ´     |   では、早速お相手仕る…!
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |
515 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:29:17.15 ID:qGR642E0
                 / /         .....             ____ __
                ./ /          ....            'ーr‐‐r、`、 \
               / /           ...          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
               / /           .....      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
              ./ /            .....      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     / ̄ ̄\   ./ /             ...     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /
   / \i|||i/_\ / /                    |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
   |  (○)(○) .|/ /    \ ,,_人、ノヽ         ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
   |  (__人__) / /      )ヽ    (          ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
   |   `⌒´ / /    - <  V S  >           >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
   |.      / /|       )     て  .... -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
   ヽ     / //      /^⌒`Y´^\    .     | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
    ヽ    ./ //                 ...     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
   /    / / \                     (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
    柳生但馬守                          山男(柳生又十郎)


 さて、こうして互いに気づかぬまま、親子の仕合が始まってしまったのであった…!
516 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:31:42.48 ID:qGR642E0

      (…こやつ……!)  / ̄ ̄\                                     
                  /     \                                    
───----,,,,,________、,  |    .u  ( ○)                                     
───--,,,,____i.  フ.┬|      (___)                                  
             |   >.┴|           ,r' ''''‐‐‐‐---..,..,,,,_____
           ,-f,_l;ニl  __|          } `` ̄'''''''(' 二⊃‐--...,,,,,__ ̄'''''''‐‐‐--....,,,,___            
           |    ̄´  ゛'      < ___/ ソ        ̄ ''''''''''‐‐‐--..,,_ ̄''‐‐--..,,,__     
           ヽ                    _ノ                   ̄'''''''‐-..., ̄''‐- 
            `-‐---,_          | ̄ ̄ ̄                           ̄ ''' 
                 `~|          l                                   

            ,、         ――ー、           ,〃
            /,!         `',   ヽ,        ノ./
            | !           ,.. -‐._,   .ヽ      / ./
            ', !      .,./  ./  `゙''ー..}    / ./
               l |    / ゝ―′      \ / ./
            ! !   ./                 ,ゞ  ./
               l..l  /             /  ./    (…流石は父上だお……!)
                l..',. !   .:、 /        ./  / .!     
                l ゙'l _,,,,,,,_......,i-―'彡'´ ./  .!
              ゙l、ヽ 'i,;;iii./ '-..',iti,'!′  ./    !
   _,,,......................,,、   ...l `'--''゙,_゙''ー'"    ,r′   /      ___,,、
  .゛      / `''- ..,、.ヽ.  ( .゙|    ,/    . /  -'''"゙,゙二--‐
   ...'''''ーッ ./.r‐- ..,、 `''-.\. ..!  l,.,..-'" __,,,.. -'''゙  / .!---;;;;;;i;;,,
..--―-`- / ./     .゙,゙ ,,..,,......iニ`-`-''!;;三―- ..二;;i_l..゙`-`-゙‐''''
   ..___」./ /    _..;;,''"゙´/ `./ / ,l./ ./    \     l `' ..........
     ./ /   / ./  ./ 〃./ ,l" /   ...i|..-'ヽ   .!
     l ! ,. |―.l-_'ー-i゙‐'゙/ ./ / .`!';;ッ,','゙‐''''''ー、ヽ.  !
    │. /    ゝ./'ッ、、/ ././ ‐'"゛ |     .il"`'〃    _,,,.. -‐
..'''ー ..,'./ 、   ./ .,! / .,i/ ./ /     ヽ. ___,,,,,,..゙′./ヽ ー''"゙´


 そして、しばしの間、互いに隙を窺い、構えを解かぬ二人…
517 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:33:24.33 ID:qGR642E0
                                        /\     /|
                                \ \、_ハノ  ヽ、|/ |
                                  \)'
        |   |         |         /   /. 
        |   |      _____     /  ヽ,)  
        l   |    /        \ /    /.  
        .l  | \/   , -―- 、      \    ヽ     はあっっ!!
        .l  | /   /     \     \   _)  
        .l  |     |        i      |__,..,)   
         l   |   /|  \,.i||i,/_ |      |  /-、 
          .l  i  /  丶 (○) (○) /      |    /ヘ
            l ^ ト、     \(__人_/  ̄ ̄ ̄ / .__  /  //7/ヘ /l ト、 |
          { ー'U         `ー./_/ ̄/  /// 7       /   V | ,l ヽ|
           {,='ヘ     ___/   匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
          ミ  ' ̄ ̄         // ./     l /l / / ./
          | .|ー――------- '  / ./        /./
        / .| .|          |   ̄       \  ̄

 だが、如何なる隙を見出したか…!
518 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:34:34.92 ID:qGR642E0
           `'''ー ..,、   `''-..、  `'-、      \         1.|./   ! l ./  〃  / /
=xii_,_           `゙''ー、,,,  `'ー、、  ゙'-、     .\        !.|:  / / / .〃  ,r゙/
    `゙"'`-=t;;ii ..,,_        `゙''ー .  "    \     .\         !./  .;"/./ . /   / ."  . /
_、         `゙''''´゙''ii,,;;.,,,、      .丶      `'=i、   \     !./ . "., ./   :'   ,/゛
`゙''“'┴- ..,,,,,_                              `ヽ   `'.    −  :   .゛    '"   ._...
,,,,___     . ゙゙゙̄''''''―- ....,,,_、                           丶           .,..-'"゛
'''¬ー`-`-ニニニ';;';;ー-.- 、...,,., 、  . ̄"'''―- ..,,,,_                                :
             ´`.""'                  ̄''''―-....,,.、
_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,     _
--ー‐ー‐ ―‐¬'' ''''''' '''"  `                     __、
               __,,.... .;;;;,,ッ-一゛''         _,,,,iiiiiillll!!!!″
   . _,,,,.. -;;ニニ`-ー'''"゙´             _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″  ,,iilllli
二`-‐'''"゙´                 _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″    .,,iiilll!!゙゛                      ゛'.‐
       . _.....‐         _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´          ,,iillll!!゙゛                '、        ..
 _._..ぃー''"´       ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´          ,,iiilll!!゙゛            、      ヽ        .''
゙~         _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´               ,,,iilll!!゙’        :     |        ヽ       `
     ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″                _,iiilll!!゙゛      '       │        . l
 ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´                   ,,,iilll!!゙’ .,   , /         |         ヽ
illll!!!!゙゙゙″                  ,,iiilll!!゙゛  /   ././          .l          ヽ  ..
゛                     ,,iilll!!゙´   ,r′  ./ ゙             !     ..     ヽ  '、
                       ,,,iilll!!゙’   . /    ,i'゙               ,!      .l      ヽ  ヽちゃっ!
                  ,,iiilll!!゙゛    ,r′  /              ,!      .!      .ヽ
                   ,,iillll!!゙゛    . /    : ″                 |       .!      ..l,
                    ,,iilll!!゙´     /     :                   |       .!       ヽ
             _,iiilll!!゙゛      /     :                  !      : : |       ゙‐

 但馬守、構えた管槍より繰り出される紫電の早業!
519 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:35:20.85 ID:qGR642E0
                                          __/ ヽ、  /   \ /    /
                                          /l|   \  /      /   /
                                     /l |     || ∧     /   _,∠ニ=一¬
                                   /|  l \   / /  ヽ  // /   ヽ   _」
                                 /Tl |/ヽ     / /    〃/     レ' ̄  |
             __                    _/7 |  \    ∠={     / /ヽ     /     /
          / \   `丶、            / / |  |   `T ̄   ',   / /   \ /   /ヽ
         , -{   \     `丶、 / ̄'、   /  |  |  ヽ ニン   ヽ   ヽ ,イ /     //  _∠L._ ヽ
      //ハ     \  , ==ニ7 rlニム _  |   /|_≧=ニイ      〉   V∧     /厶イ´    |  l
     /∠二ニハ      V l二/ └┘ \ |  | ∧          /    /  ヽ  /  ヽ    | |
.     厶ニx.    ∧ヽ  ∧Vニ7         ',|  | ∧        /     |     /∧     >=一/   |
    └辷フ^¬=ーヘ \/ ∧ヽ.l   ヽ  厶=/ |  |  /\        /      l   //  \ /     / |  |
             ', | {lY\\l下-ヲ-kニン / | | |  \__/         ヽ//   /    /  |  |
              ヽ∨7   \ `¬T^Y / ,|  | |       /          ∧   /     /l    |  |
                ヽ〉|    ヽ>ュト-f´ / |  | |    |            〈  ヽ/   / /   /   .′
                   | \   \|_」/   |  | l     |          l|  /   /   /   /   /
                ,ィ|  \     |   _∠」  | ヽ、   |          人ィ  / /   /  /
                /  l/下、,ニT丁 r¬  フ!  |   \   l           /  `>く /   /  /
             |   ∧  ヽ{  } ! └イ∠、'、 \    \ ヽ _, -─'´  _,二ニイ   /  /
             |  ,//∧ { ̄`ヽ.| / ̄   j厶x  \   \_,二ニ-‐' ´     \ /  /
             | _厶 fヘ二≧=-┴─'T゙ ̄_ハ\  \       |   _, -‐ ' ´  /
                  `7フ||   >' / | |} /| l ̄ / ∧ \  \_____`二 ̄         /
              ∠ニ/  ! L //  `Tテニ| L.//lンヘ、 \_              /
           //  |  八__/    / / Lニイ//   ` ー─────────‐ '´
         /l /    L厶ィ7      rl /  /  //
.        / ハ  / /  /       厶「\∠<イ

 しかし又十郎、この早業をひらっと交わすと、片手に構えた笠にて槍を受け流し…!
520 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:36:10.96 ID:qGR642E0
     _  [][]
    |  |
    |  |__
    |  ___|
    |  |
    |  |
      ̄
              `
               \ ,,_人、ノヽ
                )ヽ    (
             - <       >─
                )     て
               /^⌒`Y´^\
                               __
                              |__|
                                      /\
                                    / /
                               ___/ /
                               |___/

 そして、間髪も入れぬ次の瞬間…!
521 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:37:30.00 ID:qGR642E0
                    /              \
 , ;                /                 \
        c==ー^      /li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ :     | :.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦    ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ    .::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一   .:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i  か さ   ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
    グハアッ!? く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
            :` 、: :ト ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/,  |¨¨"¬r一=,,___ : :
               |     \   ⌒        /.   |
                 |.                     |
.                |.                      |
              ィー-ヽ                    ノ
            /     ヘ、__       彡彡 ´ _ ー'
           /       . : : : ´¨¨¬     , /
      .    /              ヽ、   /

 又十郎の笠は、但馬守の頭をはっしと押さえたのであった…!
(※ 拳に見えますがこれは笠です。心眼でご覧頂きたく)
522 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:39:20.54 ID:qGR642E0


                    ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
                 j`‐'             ‘ーィ
               、- '              L_
               _ )                く
               )      勝負ありっ!   (_
               ´)                ,=-
                )                (_
                )               (
               ⌒)-、 ,. 、         〈
                   ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「


 こうして、仕合は見事又十郎の勝利となったのである。
523 :パー速のローカルルールが変わりました [sage]:2010/01/31(日) 21:40:18.55 ID:z7s6qN.o
はいはい心眼心眼
524 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:40:59.23 ID:qGR642E0
       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \
    /  :::_ノ:::::::ヽ、::\     …いや、正直、ほっとしたわい。
  / u .<−>:::::<−> \   まさか本当に勝ちよるとはのう…大したもんじゃ。
  |       (__人__)   .|
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /


        / ̄\
          |    |
        \_/
         _|___  て
       /       \ そ
      /  u   ノ  \     さて、但馬殿、って…おい!
    /      u <●>:::: \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
525 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:42:53.12 ID:qGR642E0
   .     . / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、 \           この将軍家御指南役のわしが敗れるなど…!
        | (J)(J)  |  ./´`;     最早こうなれば、どうしておめおめと生きていられようか…!
  .      |  (__人__) .|. ./   / ,. -、
        |   ` ⌒´  ノ .ィ.  / / /
         ヽ      }./  /''  ∠__,,,...、
       / ̄ヽ   _....ノ_   . ´    __.ノ
     . /  ∧r'"´    `ヽ    <´
   .  /    i | `''ーr 、,        ,._ `ヽ.
     {  /\ノ       ̄'ヽ、.,__,.イ  `' ー'
   .. `‐|\ \___
      |_ヽ-' /
       ヽ__/

           / ̄\
          .|    |
           \_/        
         __|__ て    こ、こりゃいかん!
        / ./::::::\u\ そ  但馬殿、しばし、しばし待たれよッ!!
      / <●>::::::<●> \
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  u \     /⌒)⌒)⌒)
| / / /   u. `|::::::|      .|  (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)     |::::::|    /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ      l;;;;;;l    \  /  )  /
ヽ    /      `ー'      ヽ /    /

 又十郎の勝利にほっとした彦左衛門、
だが、目をやれば、今度は但馬守がもはやこれまでと、
腹を切らんとし始めて、慌ててこれを引き止める。
526 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:44:34.64 ID:qGR642E0

          これ!とにかく待たれよッ!
         人の話を聞くのじゃっ!
    / ̄\
    |    |
    \_/      / ̄ ̄\     |ヽ
     _|__   /ノ L \ /\   .|| |   いやいや義兄上ッ!
   /      \  |  ⌒ ( ◎)(◎)   || |  お止め下されるなッ!
  /  _ノ::::::ヽ、_ \| u   (__人__)   .|| |  武士の情け、武士の情けでござるッ!!
/ u. <●>::::<●>  |     ` ⌒´ノ   f∋
|     (__人__)    |         }.   .|∪|
\    ` ⌒´    ヽ.        }___|  |
 /  ̄\   / ̄ ̄ ̄ .ヽ     ノi    .__丿
 |  ヽ、 \/  /(⌒)       ξ) ̄ ̄
     \ ./  / /         |
527 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:46:03.02 ID:qGR642E0
         ○  
 ○/ ̄ ̄\     ぐはっ!? 
 /   ⌒ ⌒\〃
 |    `ヽ/ ̄\〃   ○        ___
. |     ミ }    |             /      \
  |      >、_/   □        /\:::::::/::::  \   だから待てっての!
.  |    " ノ`ヾ}  \      /:<○>::::<○>:::    \
.  ヽ ○       }    \     |   (__人__)       |
   ヽ     ノ ■    \   \   ` ⌒´     _/
   /    く. \      \  ノ           \
   |     \  \    (⌒二              |
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |
528 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:48:14.47 ID:qGR642E0
         / ̄\
         |    |
         \_/
         _|__
       /     \       ほれ!腹切る前によく見るがいい。
      /  :::\ ,::::, /:\. .   今、お主を破ったのは山男などではない。
    /    <●>::::::<●> \.
     |       (__人__)   |.    あれはお主の息子、又十郎じゃ!
      \      ` ⌒ ´  ,/.
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |     (__人__)   ………………はぃ?
  |     (
.  |     ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \\
    |    |ヽ、二⌒)
   l    l     \

 ここで彦左衛門、ついに真実を打ち明けた…!
流石の但馬守もこれを聞いて、一瞬その手が止まる。
529 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:50:22.90 ID:qGR642E0
         / ̄\
         |     |
         \_/
        __|__.
       / ::\:::/::\
      / <●>::::::<●>\     かつての放蕩息子、又十郎…。
    /     (__人__)   \.  しかし、己の非を悟り、修行に修行を重ねて、
     |      `|::::::|      |  今見せた通り、見事な腕前になったのじゃ!
      \     .|::::::|    ,/
      /⌒ヽ   l;;;;;;l    ィヽ
      / rー'ゝ   `ー'    〆ヽ
    /,ノヾ ,>       .ヾ_ノ,|
    | ヽ〆         |´ |


                   __ノヽ、_ノヽ
            / ̄\    )
            |    |   )   但馬殿!
            \_/   <.  この見事な腕に免じて、以前の事、許してやってくれい!
              |     ノ
           /  ̄  ̄ \  ̄ヽ,.-- 、,. -‐-
   ∩     /  ::\:::/::  \     ∩
   l ヽ∩ / .o゚<●> <●>゚o \ ∩ノ j
   ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
    | ヽ \    ` ⌒´    / / j
  .  \  ̄ ───────  ̄  /
  .    \              /
530 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:52:40.07 ID:qGR642E0
      / ̄\
     |     |     ∩_
      \_/    〈〈〈 ヽ
      _|___   〈⊃  }
     /:::\:::/::\   |   |
   / <●>::::::<●>\  !   !    これ、又!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l.   お前も早く父に詫びぬかい!!
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //
  / __         /
  (___)       /

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l    ………父上…。
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
     | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 これまで口を閉ざしていた山男…いやさ又十郎、
ここにようやく口を開く事を許され、縷々語りだす。
531 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:54:18.96 ID:qGR642E0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や        \ 、  l |
.      l.  /  _ノ == .ヽ、___    l i  ノ l   …父上、お懐かしゅうございますお。
     li   l'o゚((●))((●))゚o`ヽ  .l レ' /  又十郎、只今戻ってまいりましたお。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   
     ヽ`'┴ー(__人__)---‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  `⌒´      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や        \ 、  l |
.      l.  /  _ノ == .ヽ、___    l i  ノ l   
     li   l'o゚((>))((<))゚o`ヽ  .l レ' /  長らくの不孝、何卒お許しくださいお…!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)---‐‐ ''"´  ,ィ l    
      ヽ、_  `⌒´      _,,.. イ /┘    
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
532 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:56:05.90 ID:qGR642E0
                        ヽ
               ,,  、       l
         ゝ_    _/  .. >..、     l
          `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
       / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
    / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .
    | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
    `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i
       `- − ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.    ま、ま、またじゅうろう!?
                        ´ /   いや、この声は確かに…又十郎ッ!
           /            `)   お、お前なのか…!?
           f        丿   ヽ/
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′
          ''-二ニ -=  `'`ソ /
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
              ニ   ′ 丿
                     !.
                     !.
     丶.._              /
       `゙ ‐--- ____-''
                 \
                   \
                     \

 但馬守、最早諦めていた息子の声を聞き、
驚きの極み達するも、その声、確かに三男又十郎。
思わず刀も取り落とし、山男ならぬ又十郎に一歩二歩と…。
533 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 21:58:35.75 ID:qGR642E0
 そして…

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     父上!
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |   …又十郎…ッ!!
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |
534 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 22:00:12.84 ID:qGR642E0
          / ̄ ̄\  
        .ノ  \,_.  .\  
  父上!  ゚⌒ ⌒゚     |   又十郎!!
     / ̄(__人__) //// |  おお、又十郎…よう戻ってきてくれた!
   /  _ノ .ヾ⌒ ´     |  
  /   ゚⌒  {    .  /
  | ///  (__人\    .カ
  \     ` ⌒´ン     .ノノ ギューッ 
   /  ̄   ./  . .. し}
     .(⌒二_刄j⌒)  .i


            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \     はっはっは…!
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \   これにて一件落着じゃ!!
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


 又十郎と但馬守、親子はひしと抱き合い、しばし嬉し涙に暮れましたとさ。
535 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 22:01:31.50 ID:qGR642E0
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

 さて、こうしてこの一件は無事に落着──
536 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 22:02:35.40 ID:qGR642E0

           / ̄ ̄\
         /  ヽ_  .\  又十郎、後は任せるぞ!
         (>)(<)。  |     ____
         (__人__)  ゚  |    /      \
         l` ⌒´    | / ─    ─   \  承知仕りましたお!
        . {          | /  。⌒     ⌒ o  \
          {       / |      (__人__)     |
     ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ./_
    / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ...ヽ,
   /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
      _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
      >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'

 又十郎は復帰して立派に家を継ぎ、但馬守は無事隠居。
537 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 22:03:35.61 ID:qGR642E0
                        X     ______          X
                     /}  /. \     /,ヽ
                 ×   / / /    __\   /   ヽ、 . . ゜
                     _ノ_,ム′   ((:::::) ) (─‐ ) ヽ、        ,
               _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ   
        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ   これからは超時空指南役
            ×x .   ぃ     .ノ                 .|  飛騨守宗冬と呼んでくれお!
       . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ; ☆
   x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    / ゛キラッ☆
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
    ー 、 --−'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X

 又十郎も名も改まりまして、「柳生飛騨守宗冬」と相成りました。
538 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 22:05:07.85 ID:qGR642E0

           \ 柳生飛騨守宗冬の発奮談、
            \ おなじみ「柳生二蓋笠」の一席でございました〜!
               ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∧..∧
           . (´^ω^`)
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
          彡※※※※ミ 旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ どっ!!  /   \ ワハハ! /
     \     /      \    ∞
 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )
                 パチパチパチ
 パチパチパチ

【講談 柳生二蓋笠】  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
               .d⌒) ./| _ノ  __ノ
539 :やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) [saga]:2010/01/31(日) 22:06:20.03 ID:qGR642E0

 てなわけで、長く間が開きましたが、
これが「柳生二蓋笠」の一連のお話でアリマス。

 まー実際は講談を聞いていただくのが一番面白いので、
前はクライマックスの前のところで閉じましたけど、
そうそう聞けるものでもない(ニコ動のも入れない人がおられるようですし)のと、
テキスト化されてるのは殆どなさそうなのもあって、今回は最後までやってみました。
時間が中途だった事もあって、柳生スレの本編は間に合いませんでしたが、
怪我の功名的にこっちがまとめられたのは個人的には重畳ー。

 さて、次こそ「魔界転生」をやりたいところなのですけど、
柳生スレの方もあるので、相変わらず時期は未定でアリマス。
パー速でやる夫スレやるのも微妙みたいですし、さてはて。

 ともあれ、本日はお付き合いありがとうございました>ALL
それではではー。
540 :パー速のローカルルールが変わりました [sage]:2010/01/31(日) 22:08:21.31 ID:iwqWzI60
乙乙
ラスト、ギャグ漫画ならやる夫が宗矩に殴られる展開だよなぁとか思っちゃったww
541 :パー速のローカルルールが変わりました [sage]:2010/01/31(日) 22:10:17.90 ID:z8QtDnco
乙です!
542 :パー速のローカルルールが変わりました [sage]:2010/01/31(日) 22:13:17.13 ID:Jjp0Apgo


まあいい話ではあるんだよな。たしかに戦前じゃ広まりそうな話だ。
543 :パー速のローカルルールが変わりました :2010/01/31(日) 22:22:24.34 ID:KPZUQls0
おっつー
柳生スレの方はあんまり急がずのんびりやって下さい。
544 :1 [saga]:2010/01/31(日) 22:22:32.53 ID:qGR642E0
 今、気づいたのですが、
>>508が一部抜けてたので、以下、差し替えて頂ければー。
すいませぬ。


         / ̄\       )    よう言うた、又!
         |     |       )   そのくらいの了見でなければ勝ちは得られまい!
          \_/        )
         __|___       )    しからば、早速但馬の奴を煽りに煽ってこようぞ!
       ./:::\:::::/::\      ヽ  待っておれ!
      / <⌒>::::<⌒>\ ,    )
     /    (__人__)   \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |   
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l   
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /    お、お願いしますお!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   (…でも、ちょっと心配だお)
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


 又十郎の心意気に感じ入った彦左衛門、
これは見事、こうでなくてはいかんと、上機嫌で但馬守のところへ。
545 :パー速のローカルルールが変わりました [sage]:2010/01/31(日) 22:32:12.91 ID:gOckzIgo
乙乙!

本編も楽しみにしてま〜
546 :パー速のローカルルールが変わりました [sage]:2010/01/31(日) 22:35:44.83 ID:R61.fTMo
乙でした!
オプさんが結局話をややこしくしたようにしか見えないのは、AAのせいだろうかww
547 :1 [saga]:2010/02/18(木) 02:23:01.38 ID:kY2nTjI0
 昨日はパー速が落ちてたこともあって書けず、
当スレを見ている方ならば既にご存知の可能性大なわけですが、
また荒山先生が蛮勇を!蛮勇を!

 【竹島御免状】
  http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200907000535

>「竹島」とは何だったのか? 構想10年、満を持して放つ渾身の書き下ろし!

>[ 内容 ]
>日本海に浮かぶ「竹島」で、日朝漁民の睨み合いが発生した。
>将軍綱吉は80年間続けられてきた竹島渡海を禁止、衝突を回避する。
>世に言う「竹島一件」である。事件は解決したはずであったが・・・。待望の伝奇長編!

>発売日:2010年 02月 27日
>定価(税込): 1995円
>発行元:角川書店
548 :1 [saga]:2010/02/18(木) 02:23:53.07 ID:kY2nTjI0

               . -―- .      やったッ!! さすが荒山先生ッ!
             /       ヽ
          //         ',      おれたちにできないことを
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {              \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |   `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ


 なんというか、タイトルの時点からして二重の意味で
チャレンジブル極まりないシロモノで砂。
その昔、「荒山先生は一体何と戦っているのか」などと思ったことがありましたが、
昨今は、

 「…もしかすると何も考えてないのかもしれない。
  アレだホラ…平常心?(兵法家伝書的な意味で)」

 などと思うこともあったりしますが、きっとそれは当方の勘違いで砂。

 つか、このタイトルだと、竹島の上で朝鮮ニ天一流を修めた遊郭の主が、
六丸こと列堂和尚とガチバトルした挙句、友景の孫の友傳とか、
変な当て字の怪獣王とかが出てきたりするんでしょうか喃。
まあ、蛾と亀と三つ首竜とプルガサリと大魔神は出たわけですし、
そろそろ残ってる大物が出てもいい頃だと思うのです。
とかいってたら変な植物とか出てくるオチが出そうでアレですが。

 まあ、それはともかく、竹島ネタといえば、まだ単行本未収録の
「密書『しのぶもじずり』」なんてのがありましたな。
つか、「金髪くノ一絶頂作戦」もまだ単行本化されてないわけですし、
そろそろそっちも出て欲しいところ。

 なんか話逸れましたけど、なんにしても2/27が楽しみで砂。
荒山先生のことなので、良くも悪くも現代の政治情勢とか日韓の相互感情とか
そんなものは心底どうでもよくなるようなオチがつくであろうことは想像に難くないで砂。
いや欣快欣快。
549 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/02/18(木) 12:42:13.29 ID:JuhaXxUo
>竹島御免状
うわーい、やっぱり荒山先生はどうかしてるぜ
550 :1 [saga]:2010/02/24(水) 23:59:36.33 ID:0Xj1pHk0
 本日アキバの書泉タワーにて、
「竹島御免状」を発見&即確保(サーチ&デストロイ)
コイツは嬉しい驚きでアリマス。
いえふー。

 というわけで今から読む所存ー。
感想とかレビューとかも用意したいとこですが、さて引越しはどうなる。
551 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/03/30(火) 11:17:00.60 ID:6dIlUVso
金髪くノ一絶頂作戦とか、タイトルが格好いいなぁ・・・・
いつまでも脳内で響く
552 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/04/24(土) 16:45:31.14 ID:zKUrWEYo
>>551
あれ考えたの担当じゃなかったっけ。
553 :1 [saga]:2010/04/24(土) 23:12:39.79 ID:TEcaaGQ0
>>551-552
 前にやってた対談の記録によると、

>細:短編の「金髪くノ一絶頂作戦」のタイトルは誰が考えたのか
>荒:「小説新潮」の担当の綺麗な女性の方が考えた。
>  最初は「金髪くノ一作戦」だったが、私が「絶頂」を付け加えたと思う

 あるいは、

>Q:金髪くノ一絶頂作戦って誰が考えたの?
> 荒「編集者の(実名)さんが”金髪くノ一作戦”を。
>   私が”絶頂”を足したので、合作ですね」

 というところのようです。
ちなみに荒山先生はこの時、

>Q:タイトルには凝る方ですか?
> 荒「いや、まったく。
>   直せって言われたら即直します。
>   なお、柳生大戦争の時は、
>   ”頭に柳生ってつけたらなんでもそれっぽくなるね”と
>   奥さんと二人して色々出した案の中のひとつ」

 などと仰っておられたわけですが、
そうすると尚更「竹島御免状」を誰も止めなかったことに因果を感じざるを得ません喃。
554 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/28(金) 21:07:42.76 ID:.TZ6MKU0
     /     \
   /::::::::::::::::    \        もしもし、タウンワーク見まして、
  /::::::::::::::::       || |      紹介されていたお仕事に応募したいと思って電話したのですが…
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ _   年齢は30歳なんですけど…
  \::::::::::::::::       | ー ノ      いえ、卒業後ずっと司法試験の勉強をやってまして、
   | :::::::::::::::    | i j  ̄ ̄ ̄|     資格ですか… 資格とは異なりますが、法務博士というものを・・・
   |  :::::::::::::    ゝ__/____i   いえ、実際は博士号というわけではなく、修士号に相当しまして・・・ 
   |  ::::::::::     /      /  そんな詐欺的な名称といわれましても事実ですから・・・
  (__(__   ヽ⌒⌒⌒ヽ  ハイ… 難しいですか… わかりました…
  /  ,_/  ___ノ    /
  `ー'  `ー'       /         ありがとうございました、失礼します…
555 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/28(金) 21:29:06.23 ID:.TZ6MKU0
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
パキスタン地震の被災者にモナー毛布を届けよう

1年前、新潟中越地震の際、みんなで新潟にカイロを送ろう!! のOFFが催され、
2ちゃんねら有志により新潟の被災者さん宛にたくさんのモナーカイロが送り届けられました。
そして今年。インド・パキスタンで大地震が起こり、被災者たちは
食糧もテントも毛布も乏しい状況で、厳しい冬を迎えようとしています。
今こそ、またもう一度、2ちゃんねらーが支援に立ち上がりませんか?

下記スレでモナーのネームの入った毛布を送るプロジェクトが進行中です。
あなたの力をぜひ貸してください。
                                    ∧_∧
2ch発@パキスタン北部地震・被災者支援◆2        (´∀` )<待っているモナ!
ttp://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1130812887/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ご協力をお願いいたします。
556 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/28(金) 22:46:41.74 ID:.TZ6MKU0
最近日本史に興味を持ちました(´・ω・`)
557 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/28(金) 23:29:18.85 ID:.TZ6MKU0
>>551-552
 前にやってた対談の記録によると、

>細:短編の「金髪くノ一絶頂作戦」のタイトルは誰が考えたのか
>荒:「小説新潮」の担当の綺麗な女性の方が考えた。
>  最初は「金髪くノ一作戦」だったが、私が「絶頂」を付け加えたと思う

 あるいは、

>Q:金髪くノ一絶頂作戦って誰が考えたの?
> 荒「編集者の(実名)さんが”金髪くノ一作戦”を。
>   私が”絶頂”を足したので、合作ですね」

 というところのようです。
ちなみに荒山先生はこの時、

>Q:タイトルには凝る方ですか?
> 荒「いや、まったく。
>   直せって言われたら即直します。
>   なお、柳生大戦争の時は、
>   ”頭に柳生ってつけたらなんでもそれっぽくなるね”と
>   奥さんと二人して色々出した案の中のひとつ」

 などと仰っておられたわけですが、
そうすると尚更「竹島御免状」を誰も止めなかったことに因果を感じざるを得ません喃。
558 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/28(金) 23:30:03.62 ID:.TZ6MKU0
>>551-552
 前にやってた対談の記録によると、

>細:短編の「金髪くノ一絶頂作戦」のタイトルは誰が考えたのか
>荒:「小説新潮」の担当の綺麗な女性の方が考えた。
>  最初は「金髪くノ一作戦」だったが、私が「絶頂」を付け加えたと思う

 あるいは、

>Q:金髪くノ一絶頂作戦って誰が考えたの?
> 荒「編集者の(実名)さんが”金髪くノ一作戦”を。
>   私が”絶頂”を足したので、合作ですね」

 というところのようです。
ちなみに荒山先生はこの時、

>Q:タイトルには凝る方ですか?
> 荒「いや、まったく。
>   直せって言われたら即直します。
>   なお、柳生大戦争の時は、
>   ”頭に柳生ってつけたらなんでもそれっぽくなるね”と
>   奥さんと二人して色々出した案の中のひとつ」

 などと仰っておられたわけですが、
そうすると尚更「竹島御免状」を誰も止めなかったことに因果を感じざるを得ません喃。
559 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/28(金) 23:30:36.69 ID:.TZ6MKU0
>>551-552
 前にやってた対談の記録によると、

>細:短編の「金髪くノ一絶頂作戦」のタイトルは誰が考えたのか
>荒:「小説新潮」の担当の綺麗な女性の方が考えた。
>  最初は「金髪くノ一作戦」だったが、私が「絶頂」を付け加えたと思う

 あるいは、

>Q:金髪くノ一絶頂作戦って誰が考えたの?
> 荒「編集者の(実名)さんが”金髪くノ一作戦”を。
>   私が”絶頂”を足したので、合作ですね」

 というところのようです。
ちなみに荒山先生はこの時、

>Q:タイトルには凝る方ですか?
> 荒「いや、まったく。
>   直せって言われたら即直します。
>   なお、柳生大戦争の時は、
>   ”頭に柳生ってつけたらなんでもそれっぽくなるね”と
>   奥さんと二人して色々出した案の中のひとつ」

 などと仰っておられたわけですが、
そうすると尚更「竹島御免状」を誰も止めなかったことに因果を感じざるを得ません喃。
560 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/28(金) 23:31:41.55 ID:.TZ6MKU0
>>551-552
 前にやってた対談の記録によると、

>細:短編の「金髪くノ一絶頂作戦」のタイトルは誰が考えたのか
>荒:「小説新潮」の担当の綺麗な女性の方が考えた。
>  最初は「金髪くノ一作戦」だったが、私が「絶頂」を付け加えたと思う

 あるいは、

>Q:金髪くノ一絶頂作戦って誰が考えたの?
> 荒「編集者の(実名)さんが”金髪くノ一作戦”を。
>   私が”絶頂”を足したので、合作ですね」

 というところのようです。
ちなみに荒山先生はこの時、

>Q:タイトルには凝る方ですか?
> 荒「いや、まったく。
>   直せって言われたら即直します。
>   なお、柳生大戦争の時は、
>   ”頭に柳生ってつけたらなんでもそれっぽくなるね”と
>   奥さんと二人して色々出した案の中のひとつ」

 などと仰っておられたわけですが、
そうすると尚更「竹島御免状」を誰も止めなかったことに因果を感じざるを得ません喃。
561 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/05/29(土) 00:52:21.12 ID:zO0grWIo
何だBOT荒らしか?
562 :1 [saga]:2010/05/29(土) 02:17:35.96 ID:OzFitKU0
 む、なにやら妙なことになってるようで砂。
しかしまあ、こっちのスレも更新したいところですが、こう時間がないと厳しいで砂。
来月には「柳生大作戦」が出るので、そっちで小ネタの一つも書ければいいのですが。

【柳生大作戦】
 http://www.bk1.jp/product/03278607

>魔人・石田三成を阻止すべく、新羅縁の柳生一族が時空を超えて戦いに挑む。
>壮大なスケールで日朝裏面史を描く、荒山ワールド全開の長編伝奇。
563 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/05/29(土) 04:37:48.10 ID:eUfY1dco
魔人・石田三成……ギブッww
神話的に柿ぶつけられてシュワシュワ溶けてく姿しか思い浮かばないww
564 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/29(土) 12:34:07.73 ID:aEHfiS60
(´;ω;`)
565 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/05/29(土) 13:26:20.38 ID:Y6ffE.AO
しにたい(´;ω;`)
566 :1 [saga]:2010/06/16(水) 00:01:14.88 ID:Ul/taCQ0
 どもどもです。
久々の歴史伝奇スレですが、これから投下を開始したく。
タイトルは「やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』」で。

 それでは始めます。
567 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:02:07.39 ID:Ul/taCQ0

   とうとうこっちでも解説役だお。
  柳生スレの小ネタの再利用回とか
  手ぇ抜き過ぎだろ常識的に考えて。
                            / ̄ ̄\
           ____           /   ヽ_   \
         /     \        (−)(−)    |    まあ…そういうこともたまにはあるだろ。
        /  ─    ─\       (__人__)  u.  |    あと俺の台詞取るな。
      /    (●)  (●) \      ヽ`⌒´      |
      |       (__人__)   .|      .{         |
.       \     `⌒´  ./  _________ ノ
      ノ            \ /          / ⌒l
    /´                /          / |  |
    |               /          /  |  |
__(_______ 二二⌒)    /          /__.|  |_______
                \/          /   (U ⊃
568 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:03:28.37 ID:Ul/taCQ0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    ま、それはともかく、
|       (__人__)    |   山風先生こと『山田風太郎』作品の話が
./     ∩ノ ⊃  /    やっとできるわけだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     …漫画版だけど。
  \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     まあ、知らない人に紹介する分には
   |      (__人__)   却っていいかもしれんな。
.   |        ノ    .現役の連載だから追いやすいし、
    |      ∩ ノ ⊃   『バジリスク』『Y十M』で実績のあるせがわ先生だから、
  /     ./ _ノ     安心してオススメできるだろ。
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
569 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:05:04.91 ID:Ul/taCQ0
   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /     というわけで、いきなり紹介だ。
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../    現在、月刊ヤングマガジンで連載中の『山風短』。
  |    ` /       ``77   /     こいつは、山田風太郎作品のうち、
.  ヽ   /          / /   /     .短編に的を絞ってコミカライズ化するという作品だ。
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /        最新号で、第一幕『くノ一紅騎兵』が完結したから、
   |. \   〈\.\,〉 `,  f        次回からはまた別の短編が始まるんだが…。
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ


【月刊ヤングマガジン/『山風短』(原作:山田風太郎、漫画:せがわまさき)】
 http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/KA00000576

> 山田風太郎は、短編にも多くの傑作があった!
> 『Y十M 柳生忍法帖』以降、お待たせしました。せがわまさきの待望の新連載は、風太郎の短編!
> 第一幕は『くノ一紅騎兵』。
>天下分け目の「関ヶ原の戦い」の前年、不穏な空気に満ちた京の遊郭に、ひとりの美少女がいた。
> 名は、陽炎(かげろう)。この美しき者が、天下の形勢を、大きく動かしていく!


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\      おっ?次はもう決まってるのかお!?
    /   ///(__人__)///\    短編集だし、忍法帖以外の作品からも
     |       `Y⌒y'´    |    .出るかもしれないから、ドキドキするお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      やらない夫!
      / rー'ゝ       〆ヽ     早く教えてくれお!
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
570 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:07:06.90 ID:Ul/taCQ0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)     それがなぁ…『剣鬼喇嘛仏(けんき らまぶつ)』なんだ。
  |     ` ⌒´ノ  
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ    【剣鬼喇嘛仏】
   ヽ    ヽ く      http://www.amazon.co.jp/dp/4480039627/
   /     ヽ \


         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・
571 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:08:21.59 ID:Ul/taCQ0
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\      ら、喇嘛仏ゥッ!?
  /    (__人__)   \    やらない夫!ネタにしたって程度ってもんがあるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | 
  \    |ェェェェ|     /


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |   いや、俺も話を聞いた時は流石に疑ったよ…。
.             | u.(__人__) .|  でもしかし、本当なんだ。
        r、      |   ` ⌒´  .|  .こいつを見てくれ。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ 
      \\\ヽ}   ヽ     /    【「剣鬼喇嘛仏」予告カットです】
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ     http://twitpic.com/1v24xv
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´
572 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 00:08:35.92 ID:kcgAbfwo
頭がフットーしちゃうよう(AA略)
剣法ですな。
573 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:09:38.25 ID:Ul/taCQ0
        ____
      /::::::::::  u\       …マジかお。
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\     よりにもよって喇嘛仏をコミカライズとか、
   /:::::::::: ( ○)三(○)\   流石にこれは無いお…。
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |
   ノ::::::::::u        \   | |              |
. /::::::::::::::::     u      | |              |
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)     ああ、俺もまさか喇嘛仏がチョイスされるとか
    |     ` ⌒´ノ    想定外だっただろ、常識的に考えて…。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }   
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ
574 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:11:27.72 ID:Ul/taCQ0

      / ̄ ̄ ̄\      上の絵だって、せがわ先生が描いてるからアリっぽく見えるけど、
   γ⌒)      (⌒ヽ   それまで喇嘛仏と言えば、ビジュアルイメージは
   / _ノ ノ    \  \ `、  「コレ(↓)」だったんだお?
  (  < (○)  (○)   |  ) 
  \ ヽ (__人__)   / / 


【「剣鬼喇嘛仏」のビジュアルイメージ(例)】
 http://internet.kill.jp/wiki/index.php?%BE%AE%C0%E2%2F%BB%B3%C5%C4%C9%F7%C2%C0%CF%BA


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/   いや…この喇嘛仏は流石にオチ担当過ぎるだろ
.   | u.      ノ l;;,´    作家的に考えて…。
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
575 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:13:01.57 ID:Ul/taCQ0
                 / ̄ ̄\
               / ._ノ   \\     _,,
               | ( ●) (●) |     .l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,          というか、俺たち二人であれこれ言ってるだけじゃ、
                |   .`⌒´  |, ト-=y  丶        未読の方々には、どうして喇嘛仏がそこまで言われるのか
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l        わかんねぇだろ、常識的に考えて。
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,       というわけで、簡単にでも
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,      あらすじ…というか導入部については語るべきだろ。
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">-−  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    まあ正直、上の絵を見たらわかる人にはわかりそうだけど、
   /( ●)  (●)\  !   !   確かにそれもそうだお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    じゃあ、キモの部分は伏せた上で、
  \     ` ー'´     //     『剣鬼喇嘛仏』が誕生するまでの話を紹介するお!
  / __        /
  (___)      /
576 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:14:59.65 ID:Ul/taCQ0
【 爆誕!剣鬼喇嘛仏! 】

  /⌒ ̄ ̄ ̄\ ρ     「う〜〜仕合仕合」
  /川‖‖| ‖|  ゝ  
 〈巛《〈〈 \巛 |       今、「とある剣士」に挑むため全力疾走している僕は
  │个 个 ヘ |       ごく一般的な武家の子弟。
  │┌−   )/       強いて違うところをあげるとすれば
   ヽヽ 丿//     
    ┼┬┼         「 親 父 が 細 川 忠 興 」ってとこかナー。
 /┴┴┴┴┴ ̄\  
 | │       ┤ \     名前は長岡与五郎興秋(細川興秋)。
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ‖   ヽ   / │
├-┤   /   /   LllLノ
  長岡与五郎興秋

 細川家の次男、長岡与五郎興秋(細川興秋)は剣に傾倒し、かなりの腕前であると自負していた。
「仕合(や)りてえ!強ぇ剣士(オトコ)と思い切り仕合ってみてえ!」という感情の趣くまま、
ある剣士に挑むのであった。
577 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:16:51.48 ID:Ul/taCQ0

 その剣士とは…宮本武蔵!

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    ウホッ! いい剣士(オトコ)・・・
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_
               宮本武蔵
578 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:18:45.44 ID:Ul/taCQ0
        ,....::::::::.. ..    
      ,..::::::::::::::::... ..      ああ…あんないい剣士(オトコ)と
     ,.::::::::::::::::::::::... ..      思う存分斬ったり斬られたりできたら、
   ,.'::::::::::::::::::::::::::::::... ..     どんなに素晴らしいだろう…。
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... ..
  /,::::ヾ,:iヾ;:::ハ,;:::::::!;::::ヾ;::::::::::... ..        ..:::
  !!;;〃i::i' `i:::i、ヾ;:::::!;:::i, ヾ;:iヽ;:::i,':::::::::::::........ ....::::
. !! ;l| i:i,  'i:i、  ヾ;;i.ヾi  ヾi ヾiヾ;::::::::::::::::::::::::::
 .i; ;;|  ヾ、 ヾ、 ヾ!||;i;i;i;i;i;i;!!!!!!!ヾ ヾ;::::::;'´_ '';:::
  ! |l;i;i;i;l;l;l;l|ヾ     〃;杰i"ヽ.   i:::/ ,' i. ';::
    ヽ,〃杰i|     .,_ヾシ__ ,    i/ ,''^'; ', ;::
     i ヾツ|   ,,,.  ,,,;;////""    ^i ! ;::
      | ,//|///"             /  ,::::::
      !  i'                 .,::::::::
     |  ヽ-='"            ,‐''';;;:::::
      !    _           /   '';
       !、  ヽ___`二ン        ;
.       !、   ,,, ,,,,,      ..  ;
         !、    ̄      ,.:
         ヽ        ,.::::
           !、     _,.:::::::
            ー‐=Ξ::::::::
                i:::::

 かくして与五郎は武蔵に挑んだのだが…。
579 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:20:19.05 ID:Ul/taCQ0
               _,,-i、
              _,,―''"`  ゙l,                        __
        _,,-‐'″      ゙l、                         /| `゙'''ー-
    ,,,,-‐"`         _   |、                     ,i´l゙     .l゙
 .,,-''"`       _,/"|   ,li、                       丿 .l゙     ,l゙
..〔       _,,,-'"゛  .|   ,"|、                     ,/  │    │
 `ヽ   .,,-'"` ,,,-, ,l゙   │ ゙l、                 ,/   ,|    ,i´
   ヽ ,/  ./′ ゙ッ′  丿  .゙l                 ,/   ,l゜   │
    ゙'ヽ、   ヽ      .,/_,,,,,,,,-←i、  ,,-‐i、         丿    l゙    ,l゙
     `'-,、  ゙i、   .,,/` ゙l  |  .゙l  ゙l  ゙l .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ィニ,,,,,,,、 .|   ./
       `'-、 ゙l   ゙レ、 ゙l  .゙l  .゙l  |  .| .l゙゙l             |  .|   │
         `''-|    | \ │ .゙l  ゙l .|  .l .| ,←―――――-r",,-“',,,Z″
          /    |  `'i、l,--←'''''゙l /  .l│l゙        ,,-ンシ广゛ l゙
         丿    .|   ゙'ミヽ.__,,,,-'"  .,iト|│      ,,/ンシ'゛ .l゙   .|
           ,i´    /     `!|、    ,l゙l゙|.l゙     ,,r'/シ'".,,/゙~゙゙二''"
         `'ヽ,、 .,/       ゙゙l,_,,,,-''"` ||,l゙    .,,/゙lソ'゙,,-'"_,,,-‐'″
           `'ヘ-,,,、      `'i、   ,lリ   .,,,ji!'彡‐,ン‐'"
               `゙''ー-_   `ヽ  .l|" ,,,il|リニン''″
                   `゙'''ー-,,,,\ ,リ,,,終゙‐'゛
                        `゙'"゙'゙″

 しかし、殆ど相手にもならず敗北する。
580 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:21:33.13 ID:Ul/taCQ0
     ヽ       j   .す
  無.   ゙,      l.    ご
  念    !      ',    .く
  で    ',        ',    :
  す    ト-、,,_    l
   :    !   `ヽ、 ヽ、    _
   ;    /      ヽ、`゙γ'´
      /         \
      !   ト,       ヽ
ヽ__  ___ノ ,!   | | ト,       ゙、
  レ'゙ ,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
 ,イ ,/ ./〃/ / | / .リ/ //イ|.リ
// //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/
´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7
,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙
  ゞ‐゙''  ,. ,. ,.  l`'''゙" ,'
  〃〃"      !   |
              !  l
 !       (....、 ,ノ  !
 j        `'゙´  ,'
     ー--===ァ   /
      _ _   ./
\     ` ̄   ,/
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、
    `゙三厂´
581 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:21:56.63 ID:Ul/taCQ0
      (______________ J
 そ 若  (__          ┌―‐―┐    ) き
 ん !  (_             |`l TT了|     }  ゃ
 な     (_           j .| .|:| .l |     /  あ
 か 待  (_            | | .|j .j |     イ  |
. っ ち  (,_             |.| .|l .|:|  ,. -‐ /_.  っ
 こ  な  (               |.|. |! |/     / !
 う  さ  (`           `ー /..:::::\≧,,,、:::7___
 で れ  (―――――――――(:::::::>'´ == \::⌒l^⌒
_     (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ノ く彡/// ∪,ノ   ;|
.レ⌒Y^'⌒`\________ く:::::∧ '_,. -、 く/::::::::/
   |:::| \xく    _,,,...,_       \:::::l、ヽ ,ノ  \,,∠,,__
 \|:::| _,....!,,_ \  iれ巛、ヽ      lF〒`ヾ.\,,..イ    |::::::::,
   `7´ _,,.ィ  ヽ{|iュ ェッリ      | ||  _,..-/7゙h _|:::::://
 \.{n|.ィァ it}    ', _'_ j)    r'"三¨7´\|    |´.|:::://
   |:::トl、 rュj .    ト ニ イl、  / ゚`.|n./  .イl   ,∧ |:://
   |::,|  'ーケトr'TTlイ  /_`ヾtっ r'l゙    /⌒`lくミV /
 ,r1´|`'六´ //` ̄´ `Y´     |└┬シj  ./ 7ヽ〈  /ヾ)<
./ | ∨|::|∨ ! { r  ,、 _,シ /゙丁〈 /      } { { \
  |   ',|::|/ !  ,ゝ-< (   /   .| |/     ∧ \|
   l  .Y。 .|  |`  〃 ̄ ̄⌒  / 〈     /! ', __,,....::-‐
  .∧.  |。 {  ゙爪` ' ‐- 、..,,,...イ   '、   / .|  `|::::::::::::::::
\/  l  |。./  ,l | l,  .|  .  ||    `'ー' i |  j:::::::::::::::::
ヽ、`'::、L.∧/  / |.{  u   〈.|        イ 〈  /::::/:::::::::::
::::::::`ヽ、 ∨  / ̄| | 、   /  l:l.       | j /::::/:::::::::::::
:::::\::::.....  ̄`|   l |  鬱鬱  .l:l//    l| ∨:::/::::::::::::::::
       (細川家を出奔する与五郎の図)

 これを無念に思った与五郎は、一念発起し、細川家を出奔。
そのまま修行の旅に出てしまったのである…。
582 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:24:02.98 ID:Ul/taCQ0
=2年後=

              _,____
ノ(          / ̄lllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lll(        ノ´llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、
lllllll)     ノ'lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
丗ヲ     /lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`l
llllノ    ノ llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、 ll|
llノ    ノlllllllllllllllllllllllllllll/´ ̄`ヽllllllllllllllllllllllllllノ `、ll|
/ ,   |llllllllllllllllll_,-'´ ̄  ヽ、 `ヽ、lllllllllllllノ .  Y
|l   ,'´l`、lllllllllllノ   _,-‐、 ヽヽ `l.`―‐'フ   ,、|
llll`ヽ|llllllllll`、llノ´   ‐―、ヽ、 ヽ、 |   | / ノ,→
lllllllllllllllllllllllll`l     -、_ヽヽ、_`l 、 l  /ン_/
‐ 、lllllllllllllllllllll`l     `、`三ン、、ニ、´ノヽノ/フノ/
     フlllllllll`l       _,-'´ `ヽ//-´   |      大坂城は不穏ですと…?
     /llllllllllll|`ヽ、   ,'´´     _  :   ) l     私は一向に構わんッッ!!
     `|llllllllノ、  ヽ、,´     i´ `  `,  ノ´
    人    \ i´ヽ、     `,ヽ、_ノ ,´/
    /::`、     `ン  ン  ,,-←三、-´ノ、'ノ
 _,-/:::::::ヽ、     ヽ、 `、 `,ニ,‐--‐ヲ //l
''´:::`、:::::::::::::::ヽ、    `i 、_ヽヽ二二二ノ/ /
:::::::::::`、:::::::::::::::::::`ヽ、  `l `、     / ノl
:::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::`ヽ、ヽ `ヽ、_,/ノノ`、__
:::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::`ヽ、――´ノ::::::::: ノ::::::::::::`‐ヽ、_
            長岡与五郎興秋
               (修行後)

 そして2年後、別人の如く腕を上げた与五郎は、父の前に現れると、
再び武蔵に挑むべく、武蔵がいるという大坂城へ向かうことを告げるのであった。
583 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 00:24:19.27 ID:kcgAbfwo
別人すぐるww
584 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:26:17.05 ID:Ul/taCQ0
  、〈    、 、   ∠ニニ/  >く \\\  〉  
   \  < ̄\_∠_ //´ヽ\∠\\\   l
    ̄≧-∠_\ \|\  ̄\   Y∠三\\\ 
   \__.    ヽ ` |>、   ヽ//.  // / ヽ 
  \ー┴‐    /イニニ二\___`∨/ 〉      |\     /\     / |   //  /
    >┬‐‐ト--'´ il{〈 句 `Yiト<__, ヽ >    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
  \//」 ̄´| 〉  u u`ヽ-‐'人、ニ/ ニニニニニ \   そんなことを           /
  ―‐ 'イ´トヽ、___ij_ .ト-</7/ \   〉    ∠   認めるわけにはいかん!!! >
  >ーハ. l ヽー----、.入二7//0 0 ト ニニニニニ /_ しかし与五郎は強い…っ!! \
   ̄ン'ヘ. |    __ト、.__レ'´//0〔リ0丿./<      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  /  ハ|.   / \__/{.[ 0 0./jレ'  |       //   |/     \/     \|
  、_/, ハ`、,、 / 丶=∠イ〉〉、,- //∧ ∠//  
  `‐'".__/ハ[' `ー-,_,,.,/ノ// ./||∧ヽヽ.///. 
  //`7ィノ .l`ー---‐'´.// ./|lィ|ヽヽ///    
  / /  /ゝ、____/// ./ィv\>// \    
  ―'   ` └-‐─7/ ./   /    / /  〉   
      /|ヘ     l_l__」 /    / //// 
  、   ./ | l      ._/     ////\  
  冫 ∧ 丶 ` ̄ ̄´|  >、    ///  └  
  / /、  ̄ ̄ ̄ ̄/ / / \ ///    /.   
 ./ / 丶     / / /   \       >
          細川忠興

 当然、反対する父・忠興。
しかし与五郎の力はすさまじく、実力で留める事は困難であった。
585 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:28:00.50 ID:Ul/taCQ0
 与五郎様をこの地に留める術でございますか。
親子の情・・・家臣の軍勢・・・・・・いろいろございますなァ・・・。

 ただ――――
たった一つだけだというのならやはり・・・
                            __
                        ,, -‐ ''''"~´   `゙ヽ、
                     ,r'"            `ヽ、
                     /               \
                     /  ,-‐-、 ヽ、,,__        ヽ.
                   ,/ ,ノ、_.,.,.,、`ヽ、 `~゙゙`''      ゙i
         ご        r''"´r―-=、ヽ、 `゙`''ー ‐--、、     !    忍
                ,r‐-、l _,ィ''''"ヽ、ヽ、`''ー――--=、    l
              / ,-、 ,i '"´ ̄`ヽヽ、 `゙''ー- -―-=、 ` ! リ
         ざ    i′ /`l   ,,..==、\ヽ     __,,,..ィ''ヽ、 ヽ/     .法
              ゙i,  r'^i  /_,,;;;;;;,,,ゝヽ),ノ ir ''",--‐'"`ヾ、 /
              ヽ l (.l ヽ"~"゚"゙`''ニ (  レ"´,r‐-、     ,レ=‐、
         い    ゙i ヽ┤ `ー '":  /  .`ヾ:;;;;;;,,`t  ノィ"^i. l.   で
               l  ,ノ`・"  _,ィ''' / / 、  ヽ`゚゙゙'ゝ  f 人.ノ ノ
               `゙゙7′,r''"''ー-≧i′j_,ノ、・ : `゙゙",' ,ト'`) /
         ま       ! ,:"(`ヾゝ、,,_`゙''ー-ゝ、 ・  _,, ノ,,ノ/    
                 ヽ(  ゙i ヽュヽ-'`iコュァ:、ヽ i´ f、,,/
                 ゝヽ, `''tヾ、iココュ/ ,,ノ,イ  ノ
         す        i`フ′ `゙´` '亡,,..ィ"/ ヾィ''i′        
                  l f' r       , ,'リ,,.ィ''´ l l
                  !リ, ゝ     ,r く"´ i !  l、、
                 ,┤ハノ     ( ミミ      ) )`'ヽ、
                ,ィ' i-'"′     )r''" i  l / /: : : :\r::、
            r::::::、ノ t ゙i((^i    , ヽ)ノ l ヽ // : : : : : r::::::<,
           ノi ::::::::) \ V′ iヽl,ノ ノi   i //: : : : : : : :i .:::::::)、
   ,,,r――f´~Y´ >--く   ゝir  ヽ`ー l !   //: :\: : : : : : ゝ-<ヽ`ヽ、
 ,,/    (  i  (o:::::::)   ij、ヽ i 'l `ヽ l  //: : : : : \: : : (0::::::): ``''ー`゙`'ー-=
                       袋 兵斎

 そこに出てきたのが、忍である青龍寺組の頭、袋兵斎。
そして彼が話す「術」とは──?
586 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:29:42.82 ID:Ul/taCQ0

 かくして、与五郎の前に現れたのは、お登世と名乗る娘であった。

                   _,.=--‐‐--、..,__
               ,.;:-''"´        `ヽ、
             ,.-'"              `i、
            ,i''                 \
           ,!                   ヽ.
           ,l'                    ゛!,
        ,i´ニr|、                       |
       /7i( `-、           /         j
       ((( l;;;`=、`ー―――-=、   ノ       、l
        i ヽl;;;;  `! ∠ニニニ、-、`ヽ、/  _,,,,,,,,,,_   t、
        |、l;;;;;  `! |`~^´ニゝi  ) ~~^^ニ---==ニ-、ノ|.l
        し;;;;;   `i|   -一~  丿!ーi l´  ,i‐┬ 、.) j ,!    
        ノ;;;;;;:   `ぃ,,,,,,,,,,,,_.ィノj   |l ー ̄ ̄ .ノノ/    与五郎様…。
        /;;;;;;;;;;;,,     ̄ ̄~(~ソ  l、`=-.........ィイ      
      ,i‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;(  j-'  ̄~~~´/        
     ,=' i、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''''''''_''''`~´;;;;;;;,,,,,,,,,,,;;;;t       
  _,,,,,,,i'   `i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ~´ー、三ゝ、_'';;;;;;;;;;;;;;;;ノ       
,.;:'"  l     ヽ、'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;;;;;; ̄,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;>、      
    `t     `i、'':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノi !    
     i      \ '':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ノ  〉ー、___....  
.     `i       `ー、_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.ィ´    j    `ー、. \
     `i、     ,.=''"ゝヽ ;'''''';;;;;;;;;;;,=‐'"´    /      ヽ-、
                 お登世


                ,. -―‐-- 、
             /    ,,ィ‐-、\
            / __,. ''´,、__,.へ、.ミ、
            |/_ノ>、  /‐‐''´ ̄`ヽ.i      いやいやいや、
            |',/ .\ '   r≦フ u l'ヽ    このAAはおかしい。
            ヾ,<´≧ヽ l   `¨´    {ノ|、
             r!.`¨´ノ| _ -、 ̄`ト、 レ' lヽ、
             ヾ、 ,/ (_,)‐'  u ヽ,>′/ / ト
              ` Yヽ、,ィ,ニ=ァ リ  / /  !_ヽ
             /  |\! .ヾニ´′,/ //  /  \
   ----──-- /   /  \‐-、 ,r‐''´./ /     \
  --──ー--/`i─--   ̄ ̄ヽヽ ヽ  ノ ヽ       \
  /ヽ__   / ./!    /ヽ   ヽ\ / /´      fi   i
 ./!ヽ!__ / ! |   .// /      V  '        |i!  l
-チ/ fヽ二=/ / i ̄ // /-、     |         ..::!'   `ヽ
.┼=| i-- (( ⌒! /´、 ( ./ ̄::....  /        ..::::::/ /   ヽ
 .!  ヽ )  〈 '' !,ヽ、!  |/     ヽ ......    ::::::::ノ::/
 .ヽ、  (  /   ij ヽ  i'  ....:::::::::::ヽ:::::::::::..........::::::ィ'/:..
二二=====── |  〈..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::ノ\::::....
  )vナ ( ヽ、_ノ`'ヲ‐'' ) ::::::::::::::::_,,,./:::''     / ヽ`''':::::..
  ヽ〈 〉:::::     /、
587 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:32:06.55 ID:Ul/taCQ0
               ノ(,._           ,,..ノl ) (ノ
              ヽー´救 (         ノr l ;;;;;;l (
                `i .命 ゝ,     _,,.;:''"l | |l;;;;;,,.ィ'.
          l.     ノ 阿 (    丿l l | ,.,.,.ノ"
          |  ii  |⌒ヽ-イ   (ii l l l -i l(.
       |  | i || _,.;-:、 ,i'";ヽ,,ノノl l l );;;;;)
       |  | | _.ィ´/   `/`ノ-‐'ノ; lノ l l //
       ,.;:-‐'"  (   i fニヲ ノノ___l l l/     なっ…なんだこれはッッ!!
       .!' '"´`;、 ,,ゝ、 〉`ー''"´ノ /`ヽ
       !, ,.;:-ヽ! l、 )~(ーi''"´ /    ゛i,
       ヽ/ r‐=┤ヽ,(. ノ l  .ヽ     li
        !:'l ii i、ッ, / ) ii ,l ,,.=-''`i,     〉
        ヽ!`'~''''i1i"/ ./"  ,.;:''"   ,;i"
         i"l l ノノ」=",.;:-'= 、`i  _.ィ
          ノ l レ丿   '-",ィ,-!、,ゝ'"
     「何か」に挟まる与五郎(イメージ図)

                               _,,,,,,,__
                            _,,.r ''"~´  ,.,.,.,.、`゙゙`''ヽ、,,
                     ,. -―‐-frヽ    ,.r'――゙'--:= 、 `'ヽ、
                    f7',r ''"""''ヽ,にニ='"r''"~~`゙`'''ー 、 ヽ、  `ヽ、
                    i .i′    ,r'"  `ヽ. l        ) `ヽ.    ゙li,
                    ヽヽ、,,,r ''^ヽ、   ヽ.ヽ、.,,,,___,.ィ'"ノ^'i,. 'i,.    'i,
                   ,r^`'''フ,′ ,,.、ヽ、   `゙''ー---、<   'i 'i,    ',
                   l,,,,r''''゙ー'''^ヾ:::ヽ, )、         ゙:, ゙'   ゙i i,    ',
                 ,.,.,f;:;:;:;r'''''ー ''''ヾ;`´:;く,ヽ        ゙ヽ.   'i, 'i,     !
                ,.:'";:;:;:;rイ,ノ´ ゙̄ヽ、゙t;:;:;:;:;`゙i                'i 'i,    l     与五郎様…。
               ,';:;:;:;::/ `ヾ、 ̄ ̄,゙ィ'ヽ=゙i;:;:;:;:゙t,             i, 'i    l    これはえらいことになりましたなぁ。
              ,.ノ;:;:;:;:;:;l  ,ノ`゙'7'´     );:;:;:;:;ヽ.             'i, i,  ,'    (棒読み)
             ,:';:;:;:;:;:;:;:;:;:゙ー'";:;:;:;:t,   ,,.ィ'";:;:;:;:;:;:;:;:゙i,    __,,.::-=,.,.,., 'i, i, /
             ゙t;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`゙゙゙"´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゝ、,,,f"´,.;:;:;:;'"´;:;:;:;::`i-'レ′
             ,.,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::ィ''" ,r--, ゙)
           ,;:";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:, -、 ⊂ニ= シ / 
           (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;t_.二ニ -‐ '′
            ゙'''ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     /
         ,r''"´ ̄  l゙'''ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ィ''"゙゙     /
  ,.;:=―――/   ,.∠ヲ´  /;:ハ彡;:;:;:;:;バ( '"=",.ィ'"'''"'ー''"     _,.ノ゙`)
      /  /" ,,:イ      ゙゙''´'゙      _____,,,,,,.,.;:ィ'"~   /゙t,,_

 そして、お登世がしかけた秘術『忍法喇嘛仏』により、
与五郎は、大坂城に向かうどころか、剣士としてすらまともに戦えぬ身となる─!
588 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 00:33:06.51 ID:kcgAbfwo
チェンジ! ビジュアルチェンジでお願いします!
589 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:34:18.01 ID:Ul/taCQ0
 だがしかし、
『不屈の精神を持った剣士にあっては、自己に与えられた過酷な運命こそ、
 かえってその若い闘魂を揺さぶられて(以下略』なのであり…。

;:;:;:;:;:'''' `ー  ノ |   ,  ヾ' v'~ v`ヽ、''';;;;;;;;;l ,/; `i  冫( ~ヽ
;:;:;:;ノ '⌒  '´-‐、`ニ   ' , i,^{~` ,r‐、 ヽ'';;;;;;;lノ;   ; //~;ヽ ';
           | |    ' , ヽ`yゝ ノ ノ| '';;;;;lノ ;'  / | l l ,.r-''゙ |
                  ', `丶t./ノ ;;;;;;;l / / ノ,,;;/;/;;;;;;;;,,|
, ,       u          ' ' ' ' ' ' ; ,;;;;;;ノ_,ノ /;;;;;;;;:::'''''''''::;ヽ
  ' ,                    ' , ; ; =、、,,,;;;;'' ,.r‐‐-、  ~|
'i   ',                     ヽ  | |;;''' /~ ○ ソ丶 ノ
,l   ',        u             | l lヽヽ、{  yvノ ノ
'|    ',                      i  |`ー`_ー_' ´,/     これしきのことで、
.|ー--、 ,', , ,, , , , , , , ,      ,  ' ' 'ゝ-‐‐‐r‐-、(      |     この与五郎が諦めると思うかァッッ!!
.|   /   ヽ     ' ,   , '    l´ ,,,,,,,,,(   `i       /
ノl   |    〉、     ',      ヽ''''' ''ノヽ、___丿       /
 |  丶    / ヽヽ   ',        ```ヾ、__ノ      ノ
 ゝ、 ヽ、/   〉     '     , r‐‐-、( ( `l   ,.r_''´
/´  ヽ、/     |        /_,.r‐-、 `ー‐-、  / /-、
    Y     |        / ´    `ー-、  〉  /  `ヽ、
    丿\    ヽ       ゝ_ ,.r‐-、    〉'゙  /     `ヽ、
   ノ   ヽ、___,....ゝ、___, . r‐‐‐‐‐- 、  \ 丿 ノ         l
  ノ  / ̄ \   /r ' 'ヾ   /   ヽ  ニ,.r '´          |ー─ 、
 /   /      \ (   、__ノ'''~ーゝ  ノ ヾ´        , . r‐‐ '´ー-、、 `ヽ、
/    |      ヽ  ノ 丶_ _ノ ̄` 丿     ,. r ' ´            `ヽ、
    |       `ヽ、_____ノ  ヽ、,.r'´   ‐--/                  ヽ

 かくして、
古今絶無の怪剣士『剣鬼喇嘛仏』が世に爆誕するのであった──。

【 爆誕!剣鬼喇嘛仏! 】 終
590 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 00:34:53.93 ID:XYZc/qco
AAがひどいwwww
591 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:37:17.30 ID:Ul/taCQ0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( −)(−)
   | u.    (__人__)    …あれ?
.   |        ノ    キモだけ抜かして読むと、それほど変でもない…か?
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

             ____
           /      \
          / ─    ─ \     いやいや、そのキモが一番の問題なのであって、
        /   (●)  (●)  \   それはやはり現物を読んで頂くのが一番だお。
        |      (__人__)     |
        \     .`⌒´    ,/  
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |
592 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 00:37:39.68 ID:kcgAbfwo
これをさらにいじってナニしたのが、
柳生百合ラブラブ天驚剣なんだろうか。
乙でしたというか。
AAチェンジでもっかいプリーズww
593 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:39:03.74 ID:Ul/taCQ0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     まあ…確かにあのキモの部分を踏まえるなら…
 |    ( ー)(ー)   やっぱ…普通は”ナシ”だよなあ。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }      / ̄ ̄ ̄\
   ヽ     ノ       /  ⌒  ⌒ \
    i⌒\ ,__(‐- 、    / u (ー) ::::(ー)ヽ    まあ、他と比べて
    l \ 巛ー─;\  |   :::⌒(__人_)⌒:l   これをチョイスするってのは…”ナシ”だお…。
    | `ヽ-‐ーく_)  \    `  ̄´ /
.    |      l      i⌒\、___ ィヽ
    |      |     .l \ 巛ー゙‐;\  
     リー──‐‐t____.  |   ヽ-‐≠ー '′
    l   " ~ ̄ ̄⌒ヽ`ヽ.|゙ ̄ ̄⌒ヽ ̄ヽ
───`ー───ソ  |  |┴‐─-r  |i'  |───────┐
           |  |  |       |,_|, __|              |
            |_、| __|.     (´_)゙_)             |
            l'___)__)               
594 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:40:36.29 ID:Ul/taCQ0
              ,    ../', .  
       .、、    ..,'.',   ./ .|     ,,
       .ヽ\  ..、'ー、_ ../<~ヽ,..、__//
        ヽ ミ、_ノ)  .`:_,,ノ ..'`  ヽ'
        ..1  ./''  ´`、__,,,,, ..rー'ニ=く、
         | / ,,。  .ヽ‐・" .`~´、____,)
       _,,ノ,.'  ノ  ..,、__,.,,。‐‐    ..ヽ
      `ヽ.´ー‐''フ´  r'ー'~´..__,,,a ..iェェェ´'ー,
       ..| /´ ,,  ||\  __|j~j ..|f、 r´
       ノ,'_,,ョ,〆j  .|'~~ ____ ~  `.)i/
     .<´.~   ..|  ..|.i゙゙゙ー‐、_ヽ、_//|
       `、__   `゙゙エ・´ '、`ー‐'~ . ̄..`'ヽ、
       )~ ヽ、  ,,,,,,,,,、 .\_,・‐ェ~'  ノ.j,'
      ./   .〉、_ `i  ix´~ヾ゙/_,,,。´ェ'´
     .c'   ,/.,| `ー' ..__,,,,‐',・'ー'・ー、、(
     ..,i  /.'´ゝェュ ../、‐゙゙゚´,,,.  ,,,Jjヽ、
     ..| /./´   / ..ノノヽニ〆,*´~‐´_,・‐
     ..| |/‐、  /  ///.´、____ノ゙' ̄ヽ`。
    ..i´  `j,i ..r´ ..//..|、.      ..,,ノ..ノ
    ..ゝ__/,゙/~、__ノ/,。‐、エェニニニニニミv'、'
       ''´   .| /´  ヽ ../   `\ヽ
            |./    ヽ/      `'`
            `'     ..'
595 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:41:36.64 ID:Ul/taCQ0
      ,-,                                __,ノ
    -、 `、`、      _                          ) 
    \\ `、`、   f ./                       -=ニ    ちょっと待ってください!
      ヽ、 -  ‐ l l                          ,)  これは”アリ”ですよ!!
   _ ,,.._-二      l                  ,ィニニニニ=z、 ⌒ヽ
   '''-=二      ン‐ 、              /ミ_三三三三ミぇ  ノ-、
       ~"'' _ ノ 、   `丶           /ミ/丶三__/-三三-   ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
              `丶     `ヽ      .lミ/ヽ  ‐--',三_三| 
                  丶、    ヽ、   . |ミl'ヒj  モソ /  `ア .
                    丶、    丶、   ', _   _ノ-  
                       `ヽ、  | `丶、 `‐  ,イ|       バ ン !!
                        f;;;;`;;;;y   丶  \|    
                        l;;;;;;;,ノ     | ', ―l ̄l    
                        `イ_      `、  ハ   
                             ̄フ.    ', /  ヽ  
                            /      \  /、
                           /  _       \/ `、
                          .//;;;;;;;ト 、      |  ヽ
                          ヽ;;;;;;;;;;;;;|-――、、 | ' ´
                            `ゝ/::::::::::::::::::` 、l  `
                          _,.-'''":::::::::::::::::::::::::::::ヽ  `、


      / ̄ ̄\  て
     /  u  ノ \ そ
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)   な、なんだアンタ、突然に…!
     |      ` ⌒ノ   それに”アリ”ってなんのことだよ?
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

         ___      
        / .u   \    っていうか、どうやって入ってきたんだお!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /
596 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:43:09.52 ID:Ul/taCQ0
                  ____
                 ,..zチ三三三三三モt、
             ,ィチ三三三三三三三三モt、         私の名前は風浦可符香!
           ,イ三三三三三三三三三三三モt、      通りすがりの女子高生です!
          /.三三ア"l三三三三三三三三三三t、   
          ,' .三ア´  V三三三//三三三三三ーニミt、   そして”アリ”というのは、
         ;.三アl `ヽ   マ三ニ=',.'ニニ]三三三三li     もちろん、喇嘛仏のチョイスについてですよ!
           lニ/ l,.ィハ    ゝミ7./三三三三三三il
         l/  l. lhミl    ,..二マ三三!i三三三三!
               l ゞ '    ん'卦ヾ三!l三三三ミ/    __
           、       ヤ彡゙  ヾチ=ミア゙    ,'  V
            ヽ. .、   ///   ,_'ノ´}` l'´.     ,'  ./
                ヽ.ゝニ='    ,. '「、ー_'_,.ィt、      ,'  /
              ヽ--‐r '"   .Vヾミli ̄ ̄   .ノ ./、
                  ',     ヽ.ィュ`   ,. '"    .  ヾ゙':,
                  l!   ,.ィチf゙'ー=-‐ '"   ゙'ー'ヽ、 .〉':、
           ,..イ     ,.lレチ三チヽ...,---‐-、    ./ / ./ヽ.
        ,.. '´  l      〈三ヂ'" /l三l!    `'ー-ォ<! ,'_/ /
         l´    .l     ,.'"´   /. l三li、    ,.'リ´ l! ` 〈_/
      ,-.!    .l   /    /   VニVミzzzチミ/ /
    ,.. ー'―i_   l  ,.:'z-‐ァ        マミぇ.三彡゙/
   .f,. '" ̄_,.ノ  .l .,.イ,ヘ. ,:',:'         ̄チ''"´
  .r'゙ / .,、'゙   lイ_,,..,.',.'       ,.. '" /


         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /        いやだから!
     /    (__人__)   \/   /   /  )  なんでやる夫の部屋に女子高生が…!?
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)     いや、そんなことより、
     |     (__人__)    喇嘛仏がアリってのはどういうことだいお嬢さん?
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \    話を聞かせてほしいだろ。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
597 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:44:42.21 ID:Ul/taCQ0
                   ,  ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄` ' 、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /:::::/|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::/   |:ト::::::::::::::::::::::::/〉::::::::::::::::::::\
             ':::::::/    |:| ',:::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::\     ええ…。
             l::::::::′   l:| \ニニニニニニコ:::::::::::::::::ヘ
              l:::::::l  ̄ヽ l:|  _>:://:::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::',     「喇嘛仏はアリ」
             l :::::l r=、  ヽ    `<:::::::::::::/j::::::::::::::::::/\:|
             |::ト、| f::::l     /斤ミヽ\__//::__::::::::/      これがどういうことかと言いますと…!
            |:j |. マソ      h::::::} '   レ'r   ',:::/
            レ. l   ,     ヽ--'    ,ノ   }/
                  '、             r―_'/
.        /¨l       \ `マ: :‐┐     / ̄::::::::::\
       / /        \ `ー‐'    .イ ∧:::/ ̄ ̄ ̄
      ノ /            ` -r ' ´   ./ V
     ∠ /           _l       '
   /__ \/.)     ,.  :'´:__/      |__
  / _ \ | / ,ィf.:.:.:.:.:.:.:./    ,.  :'´.:.:.:{
. / _  }_/7/,イ:l |.:.:.:.:.:./\ ,. :'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
/   {_,クノ'  /.:|.:l |.:.:.:../ ,. :'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\

       ____
     /      \
   / ─    ─ \   (…この女、やる夫の話はスルーかお…)
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \      `⌒´     /
598 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:46:17.49 ID:Ul/taCQ0
       /:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      /:::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::,ケi   
      l:::::::::::::::::::/    \::____//__:l    即ち、
      l::::::::::::i::::::| ` ー- 、 `ヾ¨¨¨77 ̄::|   
.      l:::::::::::!、:::| _,ニ二、 ヽ  `'ー<:::::::::::|    「喇嘛仏がアリなら
      l,:--、::lヾレf´ ̄ヾt     ./7ァニヾ:l.   他の作品だってアリなんじゃね?」
      / .>、ヾ.  {:Cサ::}      {:::Cサリ.|.  
      {  ト、 ヽl  `ー‐'       `ー‐'/   という考え方ができるということなのです!
       \ .ゝ-l              >.  
 _|\i  _二Zー':ヽ、     _     フl.  
 〉 y-- ..___   ̄7:::::>、   や"  ̄7  ,.ィへl  
  /  y、__.`Y'¨∨/  `ゝ.、 `   ´,.イ   :l  
../ ..,/ ,__ ̄)、. ゝ、    .| `ー '  :l   l   
〈  ' _ノ‐'´ ̄>、ゝ、ノ  ._|      :l‐-:|   
く、  ´   /y 〉 ) r';;ィ=j.      ヾっ!   
 ノ    / /./ / /;;;;;ソ        `´ ̄ ̄ヽ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
599 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:47:24.52 ID:Ul/taCQ0
    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
.
 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、   |
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |


.     ./ ̄ ̄\
    _ノ  ヽ、  \ (…俺たちの出番が取られただろjk)
   (○)(○ )   |  .___
   (__人__)  u . |/ー  ー .\
     ヽ`⌒ ´    /(○ )) (○ ))\  (また人が増えたお…どうなってんだお?)
     {      /  (__人__))    \
      ヽ    |     )r┬リ u. .  |
        ン   \   ` ⌒ ´     /
      i´    . ン          \
      |   . /             \
600 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:48:49.51 ID:Ul/taCQ0
           __
        ,. ´     ̄`  、
       /            \
     , ´               \      ,ィ
.    /     /   ,ィ 小  ヽ    、    / /
    ,     /  ,rイ/ イ | ト、  l    i  r  /
        / ,ィ「| /,/ ! .| | |ヽ |    |  |   ̄ >   じゃあ、「のぬふ」こと
    |   / / \ |/ | レ'  ̄∨!   |  |   /    『姦の忍法帖】もアリなの!?
.    |   レ'  ┃      ┃  |    ,  l  \
.     l  | __    、___」  /   └―--ヽ
.      、  |         | | | | |/  /          【姦の忍法帖】
     ノ   、   「 ̄ ̄ |   /  ヽ           http://www.amazon.co.jp/dp/4480039554
  ∠ -┐  \ |   | /   __ \       
.      |  /  }ヽ、_∠ィ  i   |   ̄`
.     //レヘ|     |、 ト、  |
      ´ / f{     |7ヽ! \|
     /   l       /   \ `
    ,rく \    lー―‐/   /_>、
 / \\ \   ヽ /  ,// /\


           ____
       ,.ィ..'´ ̄::.::.::.::.::.::.::.`.ヽ.、
     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`ヽ
   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.゙ァ、::.::.::.::.::.::.ヽ
.  /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} \::.::.::.::.::.∧
 /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l   \::.::.::.::.∧
/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/   / \::.::.::.:.l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ァワソ>、/    ,ァニ=、i、::.::.:l
::.::.::.::.::.::.::.::.::i::.:乙(_)‐ヌ`     /三i lヾ::.:|     勿論アリですよ!
ヘ::.::.::.::.::.::.::.::l::.::.::ゝツニ._      マリ .!r、゙;!
 V::.::.::.::.::.::.::l::.::.::./三ミヽ     ~  ∨'
.  マ::.y‐ヽ::.:ゝ/ !ハ ≡ リ         ハ
   ‐{ r-、ヽ!    `ー '        ,イl、ヘ
    ヽ、ゝ.ニ_、         ., -ァ' <‐.、l:ヽヽ`
    ノゝ=..- イ` 、.    `ー-' / ヾ ヽ~` l \
   ∠..-‐''".  l    ` ー- _,.'   Y l`.ソ   i
         ,'      /        l '" {   |
.        /      /        .l  ヽ、.  |
     _∠__     (         `ヽ、    |
601 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:50:18.87 ID:Ul/taCQ0
            ___
           ,....'"::::::::::::::::::::::`::::.....、
         ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  て
      ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':.,  そ
    ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
   /.:::::::::::::;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.  ,'.::::::::::::::;' 、.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
. ,':::::::::::::::;'  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    なら、結城秀康の鼻がアレになっちゃう
 l::::::;:::::::::l    ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   『羅妖の秀康』もアリ!?
 、::::l.:::::::::l⌒_    `ヽ,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 
  、:::l.::::::::ヘ 'rュ、     ,.ィtュ、:::::::::::::::::::::::::::::::::!
   、:l、::::::::ベ l'ム,.-zr'´  ゙ー''ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l    【羅妖の秀康(『剣鬼喇嘛仏』と同じ本に収録)】
   ヾヽr―'; ヾ'ヘ´ ヽ.__,..l-l‐l'"'、::::::::::::::::::::::::::!     http://www.amazon.co.jp/dp/4480039627/
     ヽ.ヽ_ヽ.l-'   __,.-、   ,、::::::::::::::::::::::l
       ` ヾ':::....、ヾミ!  ,.! ,.ィ' ';:::::::::::::::::::::l
          ゙、::::::;:`:::...-‐':::l  .l:::::::::::::::::::::l
             ゙;::::l i::::::::::::::::l   l::::::::::;:::::::::::l
             l:/-L,-‐i::::::l   .l:::::::/
                .l:::,!    l::::/,


        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヘ
     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム
      l:::::::::::::::::::::::::;:'::::::::::::::/   ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      l::;:-- 、:::::::;:;':':::::::::/`ヽ、   .∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
.      / 7ー、゙i:://:::;: ''"-ニミ、 ヽ   ∨_,-、-、_:.:.:.:!
      l  { ./<.l/ '"  ´/ヌミぃ}     ,゙ーゝゝ‐'゙:.:.:l
  --‐ヽ、 ヽ.__l     ヾ三ア     ,zュ、マ:.:.:.:.:.:.:,'  
   `¨¬フー-ヘ  / / .`´     /カふ} 〉:.:.:.:.:/    アリに決まってるじゃないですか!
     /_,. -‐|ヘ  / /         〈カ/ '/ ゙;.:.:/
     ̄    |. ヘ   {`ヽ、   / /¨ / 丶/
         |  へ   ヽ ノッ'  __.. /
.           l   :ヽ__,,. zニ二...___
          ,l   ヽ::::::l‐―=-ィミア
          ,イl|     `¨ヽィ'"》 :|!
       ,.イア゙:l    ,.ィ'"〈 .Y"}-:l
602 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:51:02.39 ID:Ul/taCQ0
                            __
                         ,.ィ''":.:.:.:.:.:.:.:`:.ヽ.、
                         ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                       ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:`ヽ
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.):.:.:.:.:.l
       _            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:./`i:.:.:.:.:.l
.      /  ゙i           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:_/    |:.:.:.:.:.}
      {   i        /:.:.:.:.:.:.:.Y二∨,. ア-<~゙tッ   _,,.|:.:.:.:.:l
      ∧  ∨      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ !、{'" ち;;リ ヽ   =''"./:.:.:.:/   だったら、『忍法聖千姫』や
      ∧  ∨     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ーハ  `¨    /チ`/i:.:.:/   『忍法死のうは一定』もアリなのかしら!?
     .,,, -ヘ  ∨  /:.r:、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヘ.  r-..._, ¨ /.//
  _..,, -ァ‐'' ̄ヘ  ∨/:.:.:.|;;;r--二>‐‐-'、  ゝ、 ゙ ヾ'',...イ "
 f" r''"y-―''"ヽ、_ `ヾ=,-'ー''" ̄      `ヽ ./:.:`¨´:.:.:.:..l       【忍法聖千姫】
. l .l  |  __{  ./  トミt、`ヽ.、        ト'、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l         http://www.amazon.co.jp/dp/4480039597/
 ヘ. ヘ :l  `:;;;;;;':,/   トミミミム ` ‐ _     :|;;ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l        【忍法死のうは一定】
.  ヘ_.〉 l  >―''- ..  ゙i三} }};;〉    `ヽ   :ト、;}:.:.:.:.:.:.:.l         http://www.amazon.co.jp/dp/4480039619
   ト、ー:ア       jミ////          :i/:.:.:.:.:.:.:.:|


       ,.-、               r-、    /、/
  _ ,.'ニー'´ィ'"               `Y.ヽ..- ' l f;
'´ ,イチ‐、r'´                  }、 r‐'''".ノ
`゙ヾrチ''ニl                  .,'ニミty'´
   Vチ''"',                  ,'≧tュ/
.  ∧.  ∨               .;カフヵ;'
   ∧.  ∨              ,'  `;
    ∧:.  ∨    __       .,'   ;
     ∧   V ,.ィ'´:::::::::::::`:::...、   ,'   .;
     ∧.   /.::::::::;:::::::::::::::::::::::`ヽ、;    ,'
     ∧  /.:::::/l___,.ク:、::::::::<,'   .,'
.      ∧ l.::::/_ヽ.\/`ヽl:::::::::;:'    ,'    どんなものでもアリですよ!
.      ∧∨.l l:j  Tミrヾ'l:::;-;:'    .,'   
        ∧ l     `"  l'゙ .,'    .:,'
.         ', ヽ、ヽ.7 ,. /ー.,'     .,'
.         ',  `>‐j´ lァ';'      ,'
         l  f゙vL.イチ;;'      .,'
.         l   、_l/"ィy'.ヘ    ,'
          l ,i´ 〉'";   ヘ.  ,'
        ,.-''"X7´ .,'   ヘ ,'
        ,ィ'´ XXX/       `l
     /XXXXX/         |
.     L_,,..-r''゙         .|
          /           |
603 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:52:22.37 ID:Ul/taCQ0
                  ____
                 ,..zチ三三三三三モt、
             ,ィチ三三三三三三三三モt、
           ,イ三三三三三三三三三三三モt、         ノ.
          /.三三ア"l三三三三三三三三三三t、        ).
          ,' .三ア´  V三三三//三三三三三ーニミt、      ヽ   あらゆる忍法帖はアリになるのです!
         ;.三アl `ヽ   マ三ニ=',.'ニニ]三三三三li         . i   だって…「喇嘛仏がアリ」なんですから!
           lニ/ l,.ィハ    ゝミ7./三三三三三三il         く.
         l/  l. lhミl    ,..二マ三三!i三三三三!         .厶,
               l ゞ '    ん'卦ヾ三!l三三三ミ/    __      ヽ
           、       ヤ彡゙  ヾチ=ミア゙    ,'  V      レ、⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ
            ヽ. .、   ///   ,_'ノ´}` l'´.     ,'  ./
                ヽ.ゝニ='    ,. '「、ー_'_,.ィt、      ,'  /
              ヽ--‐r '"   .Vヾミli ̄ ̄   .ノ ./、
                  ',     ヽ.ィュ`   ,. '"    .  ヾ゙':,
                  l!   ,.ィチf゙'ー=-‐ '"   ゙'ー'ヽ、 .〉':、
           ,..イ     ,.lレチ三チヽ...,---‐-、    ./ / ./ヽ.
        ,.. '´  l      〈三ヂ'" /l三l!    `'ー-ォ<! ,'_/ /
         l´    .l     ,.'"´   /. l三li、    ,.'リ´ l! ` 〈_/
      ,-.!    .l   /    /   VニVミzzzチミ/ /
    ,.. ー'―i_   l  ,.:'z-‐ァ        マミぇ.三彡゙/
   .f,. '" ̄_,.ノ  .l .,.イ,ヘ. ,:',:'         ̄チ''"´
  .r'゙ / .,、'゙   lイ_,,..,.',.'       ,.. '" /


           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ○)    ( ○)   |  .人    やらない夫!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´   やる夫の部屋に女子高生がこんなに!
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /       これがモテ期ってやつなのかお?
 | ___)  ::|+ヽ     `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   
. |     (__人__)   ああ、絶対違うから安心しろ。
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´
604 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:53:42.86 ID:Ul/taCQ0
               ,.....::::´::/
         ,......:::::´:::::::::::::::/
      ,.ィ'´:::::::::::::::::::::::::::::::<
    ,.ィ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ;:::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
. l:::::::::lヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. 、::::::::l. ,ィへ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r---‐'    なるほど、ここまでなんでもアリなのですか。
 ヽ::::::ヾ f ,.ィァ、:::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::\     ならば…。
.  ヽ::::::::゙Yヾミ, `¨ー-`ー-、:::::::;:::::::::ヽ ̄
   ヽミfヾ、`       ';::::;' `ヽ::::::l
     ソゝ'        _ ヽ'   lヽl
     `¨`゙'-‐-   ,. '´ l__,,,....L_,...._
         `ヽ._/'"´ : : : :,.ィ''゙,.. '"´
             l: : _,,..-‐''"_,.. '"
           ,.-レ'" : : : :ヽ.`ミ''ヽ、
           l: :`゙''ー--------`゙'ーニ-ヽl
          ,l.---、________`ミ
        ,.ィ彡三三三ミ|! :: :: :l三ミ\
      ,.ィチ三三三三三ミ! :: :: ::l三三三丶
605 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:54:20.04 ID:Ul/taCQ0
     ,:'   ,.. -‐ " ̄ ̄ ̄ `>..、
   ,イ/ ,.ィ''":::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.>ュ.、 _
   // /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::>‐'"
  {:::レ ':::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.\
   〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::∧     
   /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::∧  
   l:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::∧ .
.  l:::.:::.:::l\:::.:::.:::. トヾ、:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.∧    …なら、『金髪くノ一絶頂作戦』も
  !:::.:::.::|_\:::.:::ヘ >へ、:::.:::.:::.:::.:、:::.:::.:::.:::.:ヘー`   アリだということですね!?
.  l:::.:::.::|_゙ヾi. \:::.::〈 ,>'7:モッ,、:::.:::.ヾヶ、:::.:::._:| 
   k:::.:::ヘ'~iヽ、  >、::ャ‐‐、ー'  ト`‐rソ:::.:::.'、` 
   ヾゞr‐ヽ`‐'ヾニト、_ヾ_ノ   ゙' l ´ヾ::lヘ:::\  
    ヾヽ‐ゝ‐'´ `´ ̄      /;;;  ゙i:| ヽ ̄
   .fリ、ヽヾ:ヘ、` 、z--―.j   ,.イ;;;:'   !   ` <、
    ノ .ノ/) `マヽ、゙'.   '  /、;;:'           ` ー- 、 _
   { {'´/‐~)  ゙ヾ> .、_/ .,.ィ'`ヽ、   、            ̄ ̄
  /i ヘr‐ '"     rr7  ,.ィ'    ヽ   l         ,. -'"
 ./ !、:{、       /ゝl /       !   l     ‐  ̄
606 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:56:02.22 ID:Ul/taCQ0
                ,....:::-――-...、
                ,..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::`::...、
            /:::::::::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::::/ l::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::\
             /:::::l:::;/   ヽ__::://:::::::::::::::::::::::r、:ヽ、
           l:::::,.l:/、`     マ:::ァテ==!::::::::::::::::l  ̄
           l::/ .|'/r}     ̄V/::::::::::::l:::::::::::::::::l
          `l/ / じ′     ア心、::::::::!::::::::::::::::;!    …………。
            {       に.ィリヽ::::l:::::_:::::::::/
            ヽ `     ` ´   y/__ ヽ/
              ヽ` ー┐     ,.∠∠ノ ,/´
              ヽ.二.   - ´ iヾーャK
                |      ト.、ヾ|\!
                |    ,...::´::::ヽ
            .    /|  /:::::::::::::::::ヽ
607 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:56:59.75 ID:Ul/taCQ0
         ,.. -―‐-...、        ,. -‐‐-- .
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、   /       \
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:`、 /          \        ____
      /:.:.:.:.:.:.,ヘ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',   十 ヽ  十 ヽ ヽ    ,,.-'" : : : : : : : : :`¨ー 、
     l:.:.:.:.:.:.:/ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ./ i    ./ i   .|  ,.-": : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
     {:.:.:.i:.:.:レ‐' \:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.}    ◯、   ◯、  ,.-'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      l:.:.:.',:.:.|.  ,   `ヾ:.:.:.:..l:.:.:.:.リ             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ';:.:.::乂='`Y‐Y ゙≡、:ノ:.:.:.:/   |     |   /: : : : ::/\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ∨:.iー-‐ ''  `ー'' 〉:.:.:./l.    .レ  !   .レ !/: : : : ::/   \: : : : : : : ::',ヘ:: : : : : : : :
      ∨ヽ.  、---ッ ノ:.:.:.:.:{ ',          l: : : : :/     ─ 、: : : : : ', ',:: : : : : : : :
        }:.:.:.::.`.. .¨¨ イ:.:.:.:.:.:.:.:i  ヽ        l: : : : :l/       >、: : :', ',: : : : : : : :
     r、_,!:.:.:.:.:.:メ}  ̄ ト、:.:.:.i、:.:.',  ` ー-----‐‐l: : : : :l /¨ヽ    /  ≧キ', ',: : : : : : :
     ヾヽ`ヽ<',:〔   〕::\,ィ+、ヽ         ',: : : ::l  fハ      {:::::::}  !: : : : : : : :
       〉、ヽ.._ヽゞマ⌒レ''"-'./、ヾ         ',: : : :l  tij        ¨´  l: : : : : : : :
     /゙\ ゙ヽ / ̄´,ィ' /、゛\            ヘ: : :',            /,イ: : : : : :
    ./    ヽ '  ,ノ ´/    \          /ヽ: :',    __,,..-‐─;  /' /: : テ: : :
   /  _/三ェ.、 ,---、ノ.      ∧      r‐、 ./ /: : : :>、 ヾ、   ノ  ,,.-'7::/ `ヾ、
   /  /"/、 `ヾ≧::.ハ:::',       ∧     l  ヽ-==i: : / `> 、__,,.ィ'  /'"l
 . / / \::\,イ:::|::::::l::::',       ∧   f´ヘ \   l::/    ハ   ,,..l      l===ぃ
 / /    `¨゙ }::::!::::::::::::::〉       ∧.  .l   ',.  \彳   / i,,.-': :/     ヽ/: :ヘ
(         ∧:::::::::::::/         ∧  ∧.  ',   `ヽ  /  j: : ::i/     /: : : : :
. \       ./ \::/          ∧  ヘ      ヽ,/  ./: :∠..-‐─/: : : : : : :
608 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:57:55.15 ID:Ul/taCQ0
               _____ | 
              ....:::::::::::/::::::::::::::::|    ─┼─
           /::::::::::; イ:::::::::::::::::::::::|      /
         /:::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::|      /
        /::::::::/    |:::::::::::::::::::::::::::|.       ヽ  
          /:::::/       ト、:::::::::::::::::::::::|     ヽ  /
       /::::::/\.、      |. l:::::::::::::::::::::|       ノ
       |:::::/ _ ヾ|    ⊥ l::::::::::::::::::::|      |  ヽヽ
        |:::::|/.n`i ゙|   ∠斗キ:::::::::::::<     \_ノ
.      |:::∧ じ |    , -‐-、\::::::::::::|     
.       |:::| `ー´    く  /⌒tヽ \:::/:|     や
      |:::l           \ゝ__ノ > V:::|      っ
       |:::ヘ          ̄ ̄  ムイ      ┃
        |::::::ヽ ト、               /      ・
        |::::::::::\`ミ三三ヲ       < /
        |:::::::::::::::\___  -‐ ´ √/____∧___
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::|      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::|    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.       |::::::::::::::::::::::::::::::::::|   /::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::::::
609 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 00:59:03.31 ID:Ul/taCQ0
  ナシだな
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /       |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |  うん、ナシだ
    |'' !゙  ―  〈―!     ii ―   ― !'.__ ' ' ``      |
.   ,`|        ..ゝ!     ‖  .j     (}―  ―   |',`i
_,,..-<:::::\   ―  /      !   `    / |  /     |i'/
. |、 \:::::\ '' / ナシナシ  \  ̄ /〃.ヽ `'' _  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \_-‐' //`
610 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 01:00:25.51 ID:Ul/taCQ0
             ____
           /      \
          / ─    ─ \     おめーがどこの誰だか知らないけど、
        /   (●)  (●)  \   喇嘛仏以上に絶対ありえねーお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     つーか、赤青の女子中学生2人組が知り合いにいそうなツラだお。
 r、     r、/          ヘ    ここまできたら一緒に連れてくるのが礼儀ってもんだろjk
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ   
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    どう考えてもそれだけはナシだろ。
. |  (__人__)  |   常識的に考えて…。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く  \  
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、
611 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 01:01:48.22 ID:Ul/taCQ0
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::,:-´i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
      ,::::::::::::::::/    ';::::::::::::::::::i7:::::::::::::::::::::::::::::::::\
      i::::::::::::/      `;:::::::::::::l./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
      |:::::;'イ ` 一    `、==≠=ゞ:::::::::::::::::::::::::::::,:::::\    …残念ながら、
      |::/ i  ,ィチ、    `‐-∨/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  `  先生のオススメは、
      レ. ,. /cリ      ,-==<::::::::::::il:::::::::::::::::::::::::'     全会一致で「ナシ」と看做されたようですね。
       ,' .ヒシ         /℃ミム.`;::::::i!::::::::::::::::::::::;'
                 も:::::::リ  `'/::-―、:::::/
       `、             `¨´   / .-‐`、';/
        `、    _          / _ノ .ノ、       n    _
            `、.`、 _ >     , 'ト 、, -‐'´:::::`..、    ノ i   / i
           \   __,  - ‐ ´  |、 , -.、ヾ ̄     ./ .,'  / /
             ̄  !      , r 、:.:.:.\      / __i   / /
               ハ      / l`l l:.:.:.:.:.:..\    ./ i l./ //
              /:.:.:.、   /.γ-.j |i:.:.:.:., -‐´ ̄/. / j .// /
                ノ:.:.:.:.∧ /:.:./ / ,' i //     | / /ヾ、 ./ _
           /i.:.:.:.:.├∨:.:./ / .,' i  ,.'       |/  `、  `ー'´__
           /.  |ト、:.:.| / / / ,' ! / r‐‐,.   |   `、    ト´
.        /    ヽ ゝ、/ /| / /  /  /   |    }   | ',
          { 、     / ̄ |  `、   `、 |  {    .|   ノ  ノ  ',
        | \  ,/`丶 ,|    ',   Y  |    .|  ´  /    ',

                 _ _
            >''"´:::::::::::::::::`゙:''ー....,,_
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''ー-....,,__ て
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;斗'''"´  そ
        /::::::;ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ,'::;::::/ ィ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        !:;'!::::!'>ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ     なっ…何故です!?
        |' ';r;j┃ ,ilト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r<::::ヘ   何故ビジュアル的には喇嘛仏以上にアレな
         ノ!j  'l|| !ヽ:::::::;、:::::::::::::::::::::::::::::|   `゙''ヽ  『羅妖の秀康』ですらアリなのに、
        ヽ       \:ヘ>::::::::::::::::::::::::|       『金髪くノ一絶頂作戦』がナシなのですか!?
         '、ィ1      `ヾ|::::::::::::::::ト、:::::|  
          ∨        !::ヘ::::ト、:'; \!        納得いきません!
              ヽ_. -‐ 、   |;' .ハヽ!__ゞ、        理由(ワケ)を…理由を話してください!
                     ',  _,,. 斗''"´  |
                 i./     井 |
                 /  井      .|
               / ,ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  / / 井           ヽ
              /./        井     ハ
612 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 01:03:30.94 ID:Ul/taCQ0
              ___
         ,.....:::::´:::.:::.:::.:::.:::.:::`:::....、
       ,...:´:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::`ヽ.、
      ,.:´:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.`..、
     /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:`:..、
   /:::.:::.:::.:::.:::.: /{:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::`:..、
   ,:::.:::.:::.:::.:::.:;イ -\:::.:::.:::.:::.:::.:::_::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::、ー=ヽ、
  ;:::.:::.:::.:::.:::.:/_|二 \:::.:::.:::.r"゙レ ''`ヽ:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.',  `゛
.  l:::.:::.:::.:::.:::.;'ニ|二   ` <:トー'゙ヌ-'ニ}:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:',
  |:::.:::.:::.:::.:::.;_二|二、     `ヾ、≠)へ、:::.::';:::.:::.:::.:::.::}
.  l:::.:::.::;.:::.:::l 二.l‐  `ヽ    ,.-'ヽ:、:ヽ':;:::.:l:::.:::.:::.:::.l
  l:::.:::.:::、:::.l二三三         ,==ヽヾ/:::.:::.:::.:::l       だって…それは
.  〉'~゛ヾヽ|/ィZZユヽ      '´ィZZt゙ヽ ゙l:::, - 、::/      荒山先生の作品じゃないですか。
  { -r.、-゙i- {::7三l::|       {:7三j::} ゛ '´ ,.ィ'. ヽ
  l ーlー‐ヽ二ゞ、二ノ       ゞ二ン  レ'´ /  } 
   \二二、二二-              jー ' ..,/    【服部半蔵秘録 金髪くノ一絶頂作戦(作:荒山徹) ※単行本未収録】
    `フ´::..、二二-           /`t-=''二ミt、    http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2006/09/post_b62f.html
   _/ -'7:::.>、二二 __,.    /ヾ、:::.ヽ、    ̄
       //  `‐二 `ー ´  ,.ィ'    `ー-`-
      "      |‐ヽ、__ ,. '´ :|
         ハ ̄ニl二二    |二 ゙̄i
        ;ミt マミノ二―    l三/ ,ハ
        /ヽミt\二―     〉'/ミ/t、
613 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 01:04:52.12 ID:Ul/taCQ0
     ,ィ''" ̄ ̄`ヽ、
   ,ィ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`,、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
 l;;;;;;;;;|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ-''
 {;;;;;;;;;|l|l|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ
 {;;;;;;;;;;|l|l|l|l|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i`ー`゛
. Y';;lヾ! l|l|l|l|l|`¨``メ、;;;;;;;li     ………あ。
  ヽ、t  __  ,lノ,リ `ヾ
.  ヾ;;;j`、ヾ ″イ;|∨
   `ソ;;;;|:`ー''´|~l;;j
    jクi   :ト,:`、
   / 「~7~ヾ‐7 `、
   /  .| `ー'' |   ヽ
 / * :| ̄ ̄~|  *

                       『山風短』の前提条件は
      ク    ク || プ  //   『山田風太郎の短編』だろ常識的に考えて…!
      ス  ク ス  | | │ //
       / ス    | | ッ //   ク   ク  ||. プ  //
       /         //   ス ク ス _ | | │ //
         / ̄ ̄\     /  ス   ─ | | ッ //
       /  _ノ  .\     /         //   
       |  ( >)(<)       ____        
.        |  ⌒(__人__)     ./ ⌒  ⌒\
        |    ` Y⌒l    /  (>) (<)\   別の作家の短編が入るわけねーお!
.         |    . 人__ ヽ /  ::::::⌒(__人__)⌒ \  
        ヽ         }| | |        ` Y⌒ l__    |
         ヽ    ノ、| | \       人_ ヽ /
.         /^l       / /   ,─l       ヽ \
614 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 01:06:20.65 ID:Ul/taCQ0
                   _ r----t
     ,ィ''" ̄ ̄`ヽ、      | | ニコ 三          
   ,ィ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`,、     | | ニコ ナニコ,,..-‐‐.     
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、  | |、!フ /'";;;;;;;;;;;;;;;;;     
 l;;;;;;;;;|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ-''  レ'  ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     
 {;;;;;;;;;|l|l|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ   , イ;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;,.      どうせお兄様の事ですから、
 {;;;;;;;;;;|l|l|l|l|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i`ー`゛ ,イ;;;;;;;;;/,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,      どさくさまぎれで言ってみただけなのでしょう?
. Y';;lヾ! l|l|l|l|l|`¨``メ、;;;;;;;li   .,';;;;;;;;;r',:';;;;;;;;;;;;;/,;;;;;;;;,     .まったくお兄様らしい姑息さですわ!
  ヽ、t  __  ,lノ,リ `ヾ /;;;;;;;;;;/,';;;;;;;;;;;/,';;;;;;;;;;;;;;,.    
.  ヾ;;;j`、ヾ ″イ;|∨   /;;;;;;;;;;/ `、;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,      大体、荒山作品のコミカライズなら
   `ソ;;;;|:`ー''´|~l;;j     /;;;;;;;;;;/、 `''´,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,    まずは『十兵衛両断』あたりを推すでしょうに、
    jクi   :ト,:`、.   /;;;;;;;;;;;/ ヽ.  `ヾ;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;,    .そこで『金髪くノ一絶頂作戦』だなんて、
   / 「~7~ヾ‐7 `、 /;;;;;;;;;;;;/   ゙     ゙`‐::;/,';;;;;;;;,    自分の性的嗜好を晒す露出プレイかなにかですの!?
   /  .| `ー'' |   ∨;;;;;;;;;;;;;{           `ー-;;;;,   この変態!!
 / * :| ̄ ̄~|  */;;;;;;;;;;;;;;;;!        -=z,,,  /;;;;;;,. 
'"    :|   :|* ./-!~`ヾ、;;;;`、  、        ̄¨゛l;;;;;;;;,      「そ、そんな…!」
      |   | .ノ;,>、. ` 、.`ヾ、;t l|iヽ、       /;;;;;;;;;,   
*    _l,.-―'''";;;;l、 `ヽ、`ヽ、`ヽ、  `ゝ     /;;;;;;;;;;;;, 
    r'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;f`、  ヽ、 ヽ  ` t "     /;;;;;;;;;;;;;;;,  
.    Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、 `、  ヽ    ∀‐T''' ̄,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
  *   };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、 `、       ∨;l|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, 
    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`t `      `、j: /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
615 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 01:08:11.00 ID:kcgAbfwo
でも、たぶん短編第3作は、羅妖の秀康だと思うんだ……。
616 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 01:08:30.21 ID:Ul/taCQ0
  l::::::::::::::::::|_!::lヽ::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::! ノ
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l ` ヽ   幺ク 亡 月 |  ┼‐ .|] |]
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l   /   小巴 三l三. ヽ_ノ / こ o o
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l   \
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l   /  荒山作品のコミカライズの路の険しさに絶望した!!
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|  /
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l   ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     / 

【やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』】

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ
617 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 01:10:07.92 ID:kcgAbfwo
乙でしたー。

まあトクチョンカガンコミカライズされるよりはマシかと……
618 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『山風短』 [saga]:2010/06/16(水) 01:10:27.24 ID:Ul/taCQ0
 どもどもです。
書き終わって思いましたが、あんまり紹介になってない趣で砂。
というか、必要以上に喇嘛仏をネタにし過ぎた感もあって反省する次第。
申し訳ない。

 まー『山風短』の次回作が、
『剣鬼喇嘛仏』ということが発表された際、うわ超嘘くせえ、とか思ったものの、
いざ、予告画像を見てみると、

 「これはこれでアリなのかも…」

 という思いが脳をよぎった瞬間、絶望先生を連想してしまい、
そのまま小ネタを一気書きしたら、何故か結論が荒山先生に。
どうしてこうなった。

 ともあれ、そんな具合で即興で作って柳生スレに投下したものの、
最近こっちを更新してないし、歴史伝奇ネタであることには間違いないので、
若干加筆修正の上で投下した次第ー。

 まあしかし、ビジュアルイメージが凄いのでイロモノ扱いされがちな喇嘛仏ですが、
実際のところ、キモの部分を除いて、話の筋だけを取れば、そう極端に変な作品でもないとは思うですよ。
元々忍法帖は下半身率が矢鱈高いので。
(『怪異二挺根銃』とかもビジュアル的にはタイトル通りですし、
 「忍法馬吸無(ばきゅうむ)」の出てくる『〆の忍法帖』とかも相当なもんですし喃)

 ちなみに、「細川忠興(の息子が主役)」と「(モーニングと月刊ヤンマガは同じ)講談社」という絡みから、
へうげものとコラボするという蛮勇をかましたりしないかしらん、と密かに期待したり。
もし実現したら担当編集者の頭のおかしさ(褒め言葉)は相当なモンですよ?

 なんにしても、楽しみなところでアリマス。
619 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『???』 [saga]:2010/06/16(水) 01:11:32.44 ID:Ul/taCQ0
 あと、せっかくなので、
歴史伝奇…特に剣豪ものがお好きな方で、もし未見の方がおられれば、
是非お勧めしたく思うものも併せて紹介したく。

 …少し話が逸れますが、
その昔、まだ『範馬刃牙』のタイトルが『グラップラー刃牙』だった頃、
板垣先生が「地下闘技場最大トーナメント編」というものをブチあげした事がありました。

 あれは、UFCなどで実際の「バーリ・トゥード(なんでもあり)」のミもフタもなさに失望した板垣先生が、

 「これがッ!俺が見たかった地上最強を決定るトーナメントだッ!
  お前らだッて、”これ”が見たかったンだろォォッッ!?」

 という情念の限りを尽くして描き上げたシロモノだったわけで、
入場シーンだけで1話丸々使うその蛮勇ッぷりにメロメロになる者数知れず、
後に「全○○入場ッ!!」のテンプレとして長く語り継がれ、
当方も、別に上がってた剣豪版ネタで一発ネタ作った事もある始末。

 【やる夫で学ぶ柳生一族・一発ネタ「全剣客入場ッ!」】
  http://tagenmatome.blogspot.com/2009/09/blog-post_8321.html

 「名プロレスラーVS中国拳法の最高峰」
 「現役へヴィ級チャンピオンVS暴走族特攻隊長」
 「最強の喧嘩ヤクザVS天才空手家」
 「達人VS武神」
 「明日を捨てたドーピング喧嘩屋VS最強のレスラー」

 などという具合に、
連載中、全世界の強者達が勝敗を競い、優勝を目指す姿は
当方も大いにドキドキしたものでアリマス。

 というところで本題に。
620 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『???』 [saga]:2010/06/16(水) 01:13:07.18 ID:Ul/taCQ0
         _,、―― 、_       
       /´        `\_     
     /            \   
    /                `ヽ    
    /        ,     __   \  
   |      ,_ノ    ニ―こ、   `l 
   `l  ,−、        ̄―― ,ヽヽ―、|  
-―/| //)\           | )`― 、| 
llllllllll|:|'( (/|  |      ,-==ミ,   /`/ 
llllllllll|::|'ヽ ν  \     ヽ、 `'フ  /=、ノ     これをお読みの諸君…
llllllllll|:::| ノ入    ヽ、  \_>'´   |`')'. 
lllllllllll|:::|ノ(     ノ     イ    l、フ   
lllllllllll|::::|/ヽ   イ / _,、-'´ `ヽ__,、ノ)  . 
llllllllllll|::::ヽ |`ヽ/|| /―=、‐-、/_ |/´   
lllllllllllll|::::::|  )、 >、 |ヾ、_冫`フ//     
llllllllllllll|::::::|  / Y 、,―ミヽミ彳ノ         .
lllllllllllllll|:::::::|/ _ ヽ、 / `―l´´
lllllllllllllllll|::::::|/::::::`| ̄`――'´
lllllllllllllllll|:::::::|:::::::::/|
llllllllllllllllll|:::::::|:::::::|::|


\\\、       , -l|─‐|!-|-//  // \
\\\丶  ,  ´        / \ /   ヽ
  \   /  ⌒ー=====一⌒  \ /  }
     /     ̄\___/ ̄  . ヽ <  
     ,′   ̄\ ヽヽ } {. j´ / ,/ ̄  '   )  『地上最強の剣士』を
    .|   x===ミ} ヽ. U / / ./x==ミ   |  く  
   r‐|l ミ{. ○ ,}:  }j (_/  {′○,)彡 |x‐、,)  見たいかァ──ッッッ!!
   /ヽ| '⌒ ̄ミ彡≧く} l {`≦.辷´ ̄⌒ .! /  
   V .{     //(__,〉´ .Y__)、、    ∠__
 ̄ .| V\  //./   `ー‐'   ' ,ヽ  /∨,/  ヽ
= .Lノヽノヽ//./  _____   ', V´ヽノ!_j   /
.    ∨{ ノ{l :{,x<LL⊥⊥L!>、} | Y j  ∠-─、
.     `ー{ | :{  ノ/⌒ー'⌒ヽ(.  } | j/       )  /⌒ヽ
       \! { Fl⌒\/⌒Fl ,/ ./´          |  /
//     lヾ、|┤   l  ├j/,イ     \\丶 | ./
/  __,. -‐|.∧.Vユ、___rく7./ |、__    \\ j/
-‐  ̄∴/ ̄j :|ヽ `┴┴┴'´ノ|  | ̄\`ー- 、_丶
∵∴∵.|   ノ ノ  `ー─一 ´{ .廴 `ー  | }∴∵∴\\\
621 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『剣客バトルロワイアル』 [saga]:2010/06/16(水) 01:14:05.17 ID:Ul/taCQ0
 


       
         _■_ _____________________
        |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー ─ーー--ーー─ーー--ーーーー-ーー-ー||
        |∵∴∵|::::                             i ||
        |∵∴∵|::::                             ; ||
        |∵∴∵|::::                             ; ||
        |∵∴∵|::::                                 :; ||
        |∵∴∵|::::                              | ||
        |∵∴∵|::::   【剣客バトルロワイアル】           .; ||
        |===|::::    http://www15.atwiki.jp/kenkaku/      .! ||===-3
        |∵∴∵|::::                             ; ||
        |∵∴∵|::::                             |  ||
        |∵∴∵|::::                            i  ||
        |∵∴∵|::::                             ; ||
        |∵∴∵|::::                              | ||
        |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ー-ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
          ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 
622 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『剣客バトルロワイアル』 [saga]:2010/06/16(水) 01:15:30.34 ID:Ul/taCQ0
 そう、これこそが、「地上最大トーナメント」の剣客版とも言うべきシロモノ。
「剣客バトルロワイアル」でアリマス。

 元ネタこそ「バトルロワイアル」ですが、その実態は、

 「こいつとあいつ…殺りあったらどっちが強いッッ!?」

 という好奇心こそが原動力とも言うべきものであり、
惹き句にある

>夢が現か現か夢か ある者は泉下から、ある者は永劫の未来から
>妖しの力によって、謎の孤島に集いし 古今東西の剣鬼八十名
>踊る舞台は蠱毒の坩堝 果たして最後に立つ影はいずれの者か

 まさにこの文句の通り、古今東西虚実を問わぬ剣士八十名が、
戦って、戦って、戦い抜いて、最後の一人になるまで争うという
もォ好きな人にはたまらない有様でアリマス。

 まーさーに夢の世界。男のロマンここにあり。

   / ̄ ̄ ̄丶                        ____
.  /  : 「男 ・ ヽ                           /      `丶、
  |  : の. ・   !                           |.  :  よ   ヽ
  |  : 世. ・   |                          |.  :  う.    |
  |  : 界」・   |                          |.  :  こ   |
  ヽ. : へ  __/                      丶   : そ     |
   ` ――-へ|                         )       /
         ヽ、    /                   // ̄ ̄ ̄ ̄
         ゙i '! li,/X -t=、    メ、          /'′
    ,イ     /},! l,ノ} / ,!=ェ、ヽ'i,   ,}l!
   /'i′ __,,ィシノ/"イツ /三ニ,フ l}=ァ',イ_, ィ
   ll |zテ三う'´ム彡',ィイュニ=' ≦=-<__l /´
  ,ィ!l |ィ彡'"zニ'"ニ-‐f:Zニ==ニ"´ ̄フブ
. ,イ/ リl,,ノ{/-三r_,三ニ=、y‐、-ミヾミ三ア
/ '′ノ,!ニィ"チシ/;f'r-一'ニ''゙::  ー゙"''"´!ノ
  / /ノ/彡ノィ'/:::ヒ,zィ哉、:  ,;  ,ッ  |               /`ァ=‐t、
 ノ / ,:' ,r''/イ;;;/...::'´;ェ゙f^´::. 丶_'"_:-ム            / __ `'"⌒ ヽ
  彳イ /f,ノ,ノ^フ:.::      、 ノブ,ィニ^ゞ、         / くニ、    ヽ
  ,ケ ゝiァ〃;;し'{' :.:.:.....     i´,i゙,イム=‐'´,)          ̄`丶ミミ、,    ヽ
t,_,ィZ/i;l fイy'゙r'シ" ::::::.     l, ヾ'´ィ::r''。"・ヽ           〉:.:lヾ;;t   ヽ
ハ;f´  ,  `':.゙'^           ヽ 丶. ゙ーt_nッ'ヽ          ,:イ:.:,j:.:.:.ヽ    丶
 { ヾニに              丶 ゝ  ,, :: 、)        /:.:,ッ'':.:.:..:.:.゙i, 、
 ゙ト、 ``ー- 、>、,,        ,r'^,`ィ"´:.:.:.:ツ′     ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:人ヽ
  'i,!`''ー-‐''":.:.:.:.:`丶、    , - '":.:.:.:.:.:.:./    _ , ィ":.:.:.:.:.:r、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ト
  ヾ トヽ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.`'ー-‐'":.:.::.:.:.:.:.:.:./_,, .ィ".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f〉!:.:.:.:.:.:/:::::゙i, t、
   ヾ  ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,rくr''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/i リ:.:.:/:::::.:.:.:.:.〉 il
:.:.:   `丶、``三ミz'ヽ:.:.:.:.:.:.:-‐ ''"~    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/y'/:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/
 ヾ-=ミ、 `ヾヾミ)ヽ〉  `'::..        '´`ヽ、、:.:.:.__:.:.:// { --―‐-- 、{!
         丶、    '::..  :::::...     `ヾ´    _, ,;ク,ィ';;/        ヾ、
          ,..う、丶、    ,ンヽ、           '",ン=く;;;f        ヽ
          `ヾ^、 `ニ二´っ  `ヽ、、           `'         l
623 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『剣客バトルロワイアル』 [saga]:2010/06/16(水) 01:16:55.35 ID:Ul/taCQ0

 で、その互いに殺しあう剣士の面子というのが…

○足利義輝/○伊藤一刀斎/○伊東甲子太郎/○岡田以蔵
○沖田総司/○奥村五百子/○小野忠明/○上泉信綱
○河上彦斎/○清河八郎/○近藤勇/○斉藤伝鬼坊
○斉藤一/○斎藤弥九郎/○坂本龍馬/○佐々木小次郎
○佐々木只三郎/○白井亨/○新免無二斎/○芹沢鴨
○千葉さな子/○塚原卜伝/○辻月丹/○東郷重位
○富田勢源/○中村半次郎/○新見錦/○服部武雄
○林崎甚助/○土方歳三/○仏生寺弥助/○宮本武蔵
○師岡一羽/○柳生十兵衛/○柳生連也斎/○山南敬助

 斯様な塩梅であり、もうたまりませんな。

  「塚原ト伝VS宮本武蔵」
  「上泉伊勢守VS岡田以蔵」
  「伊藤一刀斎VS近藤勇」
  「足利義輝VS沖田総司」
  「柳生連也斎VS白井亨」

 などという按配に、ある程度剣豪ものを読んだ人間なら、
妄想してみたであろう「あの剣豪とこの剣豪」の立ち合いが、
この話ではバリバリ展開するのでアリマスよ?

   .i;;;;;;;;;三;;;シ\ .                :::: // し/彡i  /
   } ;;;;;;;ミ;;;;j   \``   、_    i   u ' ::::.://  /;;;;;;彡i/
   i;;;;;; ミ;/:   u     i   -U  ''   ::; ..::::::/::ヾ,;;;;彡;;i.  塚原ト伝と
   ,ゞ、;;;./:::::..  ,,,、   \      i   u / .::,ィァェ-、、`i;;;;;;;;;j   宮本武蔵が
   i ヾ/::::: ,ャ=彡ミ、   `ヽ_, i |   ./ i,ィ彡':::: ̄`::::ヾ;/^゙i  闘おうとしているッッ
  .|ヽ |:::   _,,r‐・,=ヾョェ、,彡 , .ノ .!、..-=彡''゙  ゙̄ゝ::::::::: Y: .|
  . | .)|、    ''゙‐┴--'==ゞ-=く‐、_, >''://(_,)、=-‐'゙:::::::::: |、:: |. 今ッ 謎の孤島でッッ
─┼ /ヽi:      u   ノ::_..  i / ::::::::::..二--、 ::::::::::::::::.ノノ::| 
  ヽ' i |::  u    -‐''   ヽヽ !/::::::::::..    `   :::::/;::)丿 ホントかどうかワカリませんッッ
_二=─‐          , へ、 ' .::::‐-、::::..  u   :─=二  でもホントだったらエライことですッッ
─  ヽ、\:..    U   (       ):::::::...    .:O::::|::::::|
     ! |ヽ::      。   ヽ,    /__::ノつ:::, っ.::::::::::::| .ノ   僕はこれからまとめサイトへ行きます
     ヽ!:::::::::    O  ,r‐-≧--‐''_ `ゝ::::ノノ::::::::::::: ::|    この情報がウソでもかまわないッッ
      | ::::::::゚     r、//コ`'‐─i¬' i>、 )彡'::::::::::::::::\!    確認するだけの価値はありますッッ
     /::/::⊂ニヽ「゙ ./ノ》 `シ=-┴=!'' (ヽi ゙っ::::::::::::::::::::::!\
   ../ /O:::  `ヽ /'/ヽニi^ヽ_ ,,,r‐、 ヽヽ,⊃::::O::::::::::/ | \. 見たかったでしょみなさんッッ
  / / i、::::  ⊆゙ -く 「ニ.Y:::::::::::::::::_:/ミソ ゝ::::::::::。::::/::: | \.. ト伝と武蔵が立ち合うんですよッッ
。/ /// .\:::。  ノ` iヽ, `T゙┬'イ `/  ` ‐-=::::ノ::::::::|  \ 見逃していいんですかァ───ッッ
624 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『剣客バトルロワイアル』 [saga]:2010/06/16(水) 01:18:36.51 ID:Ul/taCQ0

 そして、本作の更におそるべきところは、
「虚実を問わず」であるということでアリマス。

 即ち、

 【明楽と孫蔵】 ○明楽伊織
 【明日のよいち!】 ○烏丸与一
 【暴れん坊将軍】 ○徳川吉宗
 【異説剣豪伝奇 武蔵伝】 ○佐々木小次郎(傷)
 【うたわれるもの】 ○オボロ/○トウカ
 【仮面のメイドガイ】 ○富士原なえか
 【銀魂】 ○坂田銀時/○志村新八
 【Gift−ギフト−】 ○外薗綸花
 【月華の剣士第二幕】 ○高嶺響
 【剣客商売】 ○秋山小兵衛
 【魁!男塾】 ○赤石剛次/○剣桃太郎
 【里見☆八犬伝】 ○犬塚信乃(女)
 【三匹が斬る!】 ○久慈慎之介
 【シグルイ】 ○伊良子清玄/○岩本虎眼/○藤木源之助
 【史上最強の弟子ケンイチ】 ○香坂しぐれ
 【神州纐纈城】 ○三合目陶器師(北条内記)/○高坂甚太郎
 【駿河城御前試合】 ○屈木頑乃助/○座波間左衛門
 【椿三十郎】 ○椿三十郎
 【東方Project】 ○魂魄妖夢
 【八犬伝(碧也ぴんく版)】 ○犬坂毛野/○犬塚信乃(男)
 【バトルフィーバーJ】 ○倉間鉄山
 【刃鳴散らす】 ○伊烏義阿/○武田赤音
 【ハヤテのごとく】 ○桂ヒナギク
 【BAMBOOBLADE(バンブーブレード)】 ○川添珠姫
 【必殺仕事人(必殺シリーズ)】 ○中村主水
 【Fate/stay night】 ○佐々木小次郎(偽)
 【用心棒日月抄】 ○細谷源太夫
 【らんま1/2】 ○九能帯刀
 【ルパン三世】 ○石川五ェ門
 【るろうに剣心】 ○鵜堂刃衛/○神谷薫/○志々雄真実
           ○四乃森蒼紫/○瀬田宗次郎/○緋村剣心

 このように「無節操ってレベルじゃねーぞ!」と言わんばかりに、
ガンガン創作キャラもメジャーマイナー問わず入りまくりなので砂。
625 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『剣客バトルロワイアル』 [saga]:2010/06/16(水) 01:20:18.39 ID:Ul/taCQ0

 その結果、

 「土方歳三VS志々雄真実」
 「岡田以蔵VS四乃森蒼紫」
 「柳生連也斎VS岩本虎眼」
 「柳生十兵衛VS三合目陶器師」
 「東郷重位VS武田赤音」
 「林崎甚助VS緋村剣心」

 などという、カオス極まりないながらも、夢のような組み合わせがガンガン出てきます。
まさに好き放題であり愉快絶頂。

                (      ./ ヾミ;、  》   ヾ、彡三彡=ミミミミ
   _「]_ヽニ三ニニラヘ,  >    i    ヾ!  .‖    /    》  ミミミ
   ゙ヲ ,! i='   ,!ヽノ/  (    .丿ヽ=、, ::|i/  ''    /   ./    !ミ
   彡'',| |    ノ ,ノ''    >  /  i.  ヽ :ll ノ  /  ノ (   /ヽく   
     .`'    ノ/     (   /   ヽ(_゚)' :| /  し_,,、ェァッ彡ミッ、 ))  
   _「]_ '=' 、_ =、,,   > |     ` :ノ ソ /゙~ ̄ ̄   `゙ 
   ゙ヲ ,! i='  | |  | |  (  ノ     :::ノ  .::/..::::  _  
   彡'',| |   │ |  | |   > //^ヽ  ,、/ ..:::::    ' ̄ ヾ、, 
     .`'   `'''  ノ..ノ  (, /./(_  .r''  ..: :::::  ヽ ヽ、(_゚)_,ィ       丿
   _「]_   /ィ'     / ! .|`ヽ 、_ノ、_.ノ::::   \        / ̄ ̄ヽ
   ゙ヲ ,! i='   ヽ`> <<> |  / (ヽ_‐-、 :::::::          ,r-<、/   ノ|
   彡'',| |  ヽ==j ,'=〒ラ  .ヽ ./  ヽ、`゙ ‐、ヽ:::  、 .,_   .-‐イ /.^!   / ノ
     .`'    .//.  ! .!   l //`>  `‐ヽ`ニ=‐ッ、ヽ))  _,.ノi ヽ‐!  / /
   iヾi.) )゙>  ノノ.ヽ、ノ ノ  /i( ,=、_⌒ヽ-‐.,-‐v,-‐〈,,レ-‐''゙ ./  /イ /
   `'' .ノノ  '゙~┌、 `イ   l ヽト、!   ̄`゙・‐(  ヽ  ヽ  彡'   .!レイ
    彡イ    . | !、_   ヽ、`ヾゝ、__,  ヽ.  ヽ  \/  ‐,イ'
     .`'     | |ヽ_) ,,> ヾ、__/:::.. ゝ、  `   、   `   /!
   iヾi.) )゙>   | |  ( ヽ    | 目_ノ`゙ .,   , ヽ ノ .)  ./ ) i
   `'' .ノノ  . ゙='   >\  ヽ.《/゙   '......../  .,/   ,ィ'゙ ノ ノ
    彡イ        (   .\  .》     ::::::::::::::::::/ ./ ノ

 そして、これほどの剣客揃いなのに、
既に1/3近く(26名)が死んでいるという怒涛の展開であり、
その間にも、新境地に目覚めるものあり、更なる狂気に陥る者ありと、
まさに先の読めない展開でアリマス。
626 :やる夫で紹介する歴史伝奇 『剣客バトルロワイアル』 [saga]:2010/06/16(水) 01:23:00.61 ID:Ul/taCQ0
 ちなみに僕らのアイドル宗矩くんは、
当然のように

    「 主 催 者 」

 でアリマス。
師匠筋の伊勢守ですら参加者なのに、なんというなんという。

 【主催者】
  駿河大納言徳川忠長
  柳生但馬守宗矩
  南光坊天海
  果心居士

 この通り、流石に主催者は宗矩一人ではありません(余計にろくでもない面子揃い)が、
主催側で参加者の前に顔出ししてるのは基本的には宗矩だけなので、
実質、参加者からすれば、「主催者=宗矩」なので砂。

 なので、当然のように「殺す!宗矩殺す!」とか言ってる奴が
片手の指を越えるくらいいるので その意味でもドキドキもんでアリマス。
はっはっは。

   ヘハ..,, ニー 、} 」'´ rlf゙′  /' ノ‐ ̄ ̄ヌニ! _,, !|i!'´    ,.r 1 ゛
   弋|  _丶 1, !l、lリ   _ / ....,    ;.! t   ||| ー‐‐'′ 」 ュ'
   /土 ‐ーll\ ゙ヘ  /」 ( ◎)  ,ノワ ||  |l.j ____,/''´   |::.
   ..`ヾゞハ-ヾnt l_ ゙Y''' : l;__............r;ニノ ┌   ffー...... -丶--nノ
   │ │ 《φゞ.. `丁弋 ニ `−- 、  'ヘ:  /ソ   -‐‐'''' / _. 、  l   おのれ柳生!
    │  |ゝ..丿l'ノl‐ !'_  r { ;ー-―-t;"   /丿     ノ'ニ..-"     .おのれ但馬!
     │,,,..ハ| 1  !  '「 `l 1    ゙1  | ィ_____,..y____  /     やってくれた喃!!
       |! - 「│ |    ,.j-..,,   丶.._ |.j    ,/ l'′  `"j
   {    t、  l │  / ___,/ `''ャ、 ヽ| !゛ ''ヾ{   ゙ー..,,   l
   │    "゙ー、j  `1_l´ ,/ノ′  l′ > 、||\      ゙''t、ノl
    丶      丶----ャ'' ヘ,r    _ '  /tl.  ヽ
    `ー 、      `ゝ;l!っ--'" ,,,..ここニニ」lll)! 、 `ー       l´|、
       `ー、    1|t l !エエ..工エ!-‐--||/゙fl \      \_,l'′゙ 、
         ゙l    ノl│‖ _,,..-----―-r'`'1 ゙ーヘ ││ / 、  l
          !   l!´│r~~ゝ.        `‐「  ノ | l゙ゞ \ ヘ
          |,..-'"     ゙│ ! ヘ_    ,,, | ] _/''´ . ,/ tj丶
         l'ン"        ゝ !........ゝ、..,,_ ├'"''゙゙ -__,..llゞ  ./゙「
     具体的な「宗矩は俺がぶった斬る同盟(命名適当)」の一人

 ご興味を持って頂ければ、是非是非お読み頂きたく。
ではでは。
627 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 01:25:32.07 ID:b5ApFMso
乙乙〜
628 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 03:22:15.82 ID:uNGhU4.o
読みてぇえええええ
629 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/16(水) 19:53:14.54 ID:36NMKU.0
乙ー
ラマ仏は一発でネタばれになるAAがあるのがねえww

あと剣豪バトロワめちゃくちゃ面白いんですけど
思わず一気読みしてしまった・・・
紹介感謝
630 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/06/20(日) 19:52:24.64 ID:a6sNqb.0
駿河大納言(´・ω・`)は世継だったんだよね。
631 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2010/06/23(水) 22:23:34.52 ID:0ZW7KXg0
姦の忍法帖は、確か食キングの人が一度漫画化してたような
632 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/06/24(木) 00:31:42.40 ID:RA2R8o20
聖千姫は普通にアリだと思うんだけどな
アクションシーンも多いから漫画栄えしそうだし

ただ、せがわまさきがY十Mで千姫(若)をそれほど美人に描かなかったのが最大の難関だね……
忍法帖だと一二を争う美女だと思ってたんだなぁ
633 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/07/07(水) 21:18:31.84 ID:Agd5nbU0
>>5
タウンニュース鎌倉版(7/2号)
「中途に関しては募集11人のところ300人の応募で、
倍率は27,27倍と高倍率だった(昨年は4,20倍)」

3では倍率書き間違えた…。
634 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/07/07(水) 21:50:45.22 ID:Agd5nbU0
知ってしまったんです
635 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/07/10(土) 06:09:16.25 ID:wOES23s0
>>633
鎌倉市は他の市と比べて良いのかな。
636 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/07/10(土) 07:16:43.62 ID:wOES23s0
聖千姫?
637 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/07/10(土) 07:27:28.64 ID:wOES23s0
勝負に負けても気にならなくなった。
世間の評価とかもういいよ。
638 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/07/10(土) 07:34:00.42 ID:wOES23s0
荒山徹「魔風海峡」?
639 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/07/10(土) 07:34:57.34 ID:wOES23s0
姦の忍法帖?
640 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2010/07/10(土) 07:36:01.70 ID:wOES23s0
>>634
何をですか?
834.24 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)