このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【置き去りにしてた】能力者スレ【大切な言葉】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

15 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage saga]:2018/01/06(土) 00:35:56.22 ID:dKwxGh2r0
>>14

――成る程。どんな戦士でも人間は人間、ということですか。

【郷愁の情。素直にそれが理由だと答える青年を】
【妖狐は、笑いはしない。――なにせ、自分の行動理由もそれなのだから】
【ただ、アレだけ論理的に話していた青年が感情で動く】
【それがおかしかったというように、くすりと笑って】

【けれどすぐにその笑みは消す。先程垣間見えたように、プライドがある】
【たとえ真意で無くとも、嘲笑うように見えてしまっては】
【そんな底の浅い種族だと思われてしまっては、気分が悪い】

それでは――交渉は貴方にお任せしましょう。
単純な事情、私の誓った不殺、結界の一時的な解除。
これらを伝えてくれればよろしい。……では、参りましょうか?

【妖狐の姿を焔が包む。次の瞬間には、汚れの付いた白い装束は】
【陰陽師のそれにも似た、水干――狩衣の衣装に変わっていて】


【――あとは、かの妖狐が導くまま。寺院の数は3つであり】
【いずれも一つの山を囲うように四角を描いて築かれていて】

【足を運べば、武装した僧がすぐに事情を尋ねに来るだろう】
【なにせ、山の向こうで火の手が上がり、結界が崩れかけているのだから】
【そこで先程の3つの要件――これを伝えれば、しばし待たれよ、と】
【茶室で数時間ばかり、お茶と菓子だけは自由な状態で放置され】

【その後にようやく、半日であれば結界を開けてもよろしい】
【――と、合議の結果なのだろう。案外折良い返事を貰うことが出来て】

【小用が、とでもいえば一度その場を抜け出すことも出来るだろう】
【どうなったのだとせっつくように、青年の懐に忍ばせた紙の人型】
【式神が震えて、温かく熱を放っていた】
1383.80 KB Speed:19.4   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)