【剣と魔法と】ここだけ世界の境界線★23【光線銃】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

41 :ソーマタージ ◆.zilz3o6.U [saga]:2018/03/18(日) 22:34:28.48 ID:JE8g9YX80
>>37
(((どうせなら、年代物でもいいから固形物の食べ物を用意しとくべきだと思うがね、俺は)))

「…知らないか、ならいい」
機械、昔、少年の言葉が頭の中で回る。どうやらオーガニックで有機的なものはとうの昔に無くなったらしい。
「スゲーんだぜ。こう、空を飛んでな。そいつの存在を知ったやつを悪夢に引きずり込んで食い殺すんだ」


体調は16フィートて…、としつこく続けようとしたところにかかる疑問の声。
当然の疑問だ。少年の話からすると、この世界は長らくどん詰まりの状態らしい。それを知らない者など、怪しいに決まっている。

「───信じてもらえないだろうが、旅の集団でね。いろんなところを旅してまわっている。
 ここに来るのは初めてなんだ。このリーダーの爺さんが道に迷ってね」
やや苦しい言い訳だが、なんともない顔をしてシレッとのたまうソーマタージ。嘘を吐くのに慣れすぎたのだ。

「本音を言えば、早いところ出ていきたい。何か道を知らないか?」

「ちなみにさっき出ていったのは借金のカタに売られたガキだ。
 下手に手出すなよ?おっぱいのグラインダーで人をズタズタにするのが大好きなサイコなんだ」
冗談と本音を混ぜた飄々とした態度。これで襲われるなら仕方なし。口下手だっただけの事。
「信じてくれるかい?信じてくれるね?グッドラック」
777.72 KB Speed:8.6   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)