このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【剣と魔法と】ここだけ世界の境界線★23【光線銃】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

45 :クルト・カントール【深紅の篭手】>>510 [saga]:2018/03/18(日) 23:23:24.42 ID:+lKo1aQyo
>>43

「………」

 クルトは頭が痛くなって、とりあえずマキナの口にドロドロをマシマシで突っ込む!
 終末論者など冗談ではない。

≪それをやったら俺も本気で怒るぞ?≫

 ため息と共に。実際、この手の世界でそれは洒落にならんのだ。

>>44

≪伝承の中の『災厄』の名残かもな。感染率はさほど高くはないようだが、ぞっとしないというのは同意だ≫

 遥か昔に本来の機能を喪っているが、それでも奇病として蔓延るところに、
 ある種の徹底したおぞましさが伺える。ゲートの早期発見は必要不可欠であろう。

 −−−−−−−−−−−−−

>>43-44

「出入り口なんて概念もなさそうだ。さて、何時起こるかもわからないランダムジャンプを待つか。
 どこかで越境ゲートを見つける以外に手段は――」

 ここでクルトはふと外を見た。それは偶然であったし、長年のランナーとしての経験がそうさせたのかもしれなかった。

【何やら赤い点のような光が夜闇(超大規模建造物の内部とわかった以上、昼夜があるのかも怪しいが)の中で瞬いたのだ】

「おい、坊主。ありゃあ何だ?」

 クルトが告げると、狙撃手の少年は血相変えてライフルを構え、スコープで窓の外を中止する。

「…『野良』?見つかった!あんたら直ぐに逃げろ!!」

 少年が叫ぶ。瞬間。外の赤い点よりバシュウ!と小気味よい音と共に噴煙の尾が立ち昇る。
 それは途中で向きを変えてこちらに真っ直ぐ――

飛翔体/ミサイル/着弾まで――

 クルトのサイバネアイに情報が流れる。高速徹甲誘導弾(LOSAPZ)――

「シーカー(探知誘導)作動を確認!ロックされたぞ!」

【敵性存在よりの強襲!少年が外を警戒していた事から、この手の存在がいるのは自明であった!】
892.32 KB Speed:6.3   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)