【舞台を焦がせ】能力者スレ【炎を燃やせ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

60 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage saga]:2018/04/14(土) 22:33:17.64 ID:7O3igN+8O
>>52

「そんな……そんな事ない! ぼくも貧乏で、親がいなくて、学校に行けなくて馬鹿にされてきたけど
それは他の人のせいじゃないでしょ。能力(これ)も――――」

【同じだが、同じようで違う。折れても迫害されてもなお国のために歩こうとした者と、自らを守ろうとした者】
【境遇が同じなら、互いに歩み寄れる筈だと。互いに舌を尽くすほどにすれ違い】
【雑居説得にならない説得――それも虚しく、向こう側へ新たな火が点る。逃れる術はない。熱と眩さから顔の前で手をかざし――――】

【無機質な破裂音。炎が届くことはなかった】
【恐る恐る目を開けて。理解した途端、すとんと腰から崩れ落ちる】

「っ……、うっ」

【コインが手から零れる。物言わぬ死体となった彼を見、口を押さえて】
【そこに安堵はなく、恐れの涙のみ】
【誰かを救った、助かったという考えは微塵も浮かばなかった】
【罪悪感からくる、胃から込み上げる酸っぱいものを堪えるしかできなかった】
【脱力した身体に降りかかる厳格な声】

「はい、従います……」

【協力、という言葉に僅かに首を振って】
【しかし指揮官らしき軍人の要請には力無く頷いた】
【立てるようになるまで時間が掛かるだろう。もし急かされるなら手を借りながら立ち上がり、指示に従う】
846.01 KB Speed:56.9   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)