【舞台を焦がせ】能力者スレ【炎を燃やせ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

62 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [saga]:2018/04/14(土) 22:49:43.55 ID:gJuTlL8sO
>>61
【何者かの気配を感じて身構えたのは、こちらも同じだった】
【粗悪な銃を取り出し、戦闘に備える。けれどそれが】
【不必要な心配だったと分かるのは、相手がもう少し近寄ってからだった】


…………ぎゃは、邪禍じゃねぇか!
ちょうどよかったっつうのはこっちのセリフだ
あたしもあんたに色々と用事があったところだからな!


【──少し、ほっとした表情だった。最近、イラつく事情が増えすぎて】
【気楽に話せる相手がいるということに、心が救われる。銃をしまい込み】
【代わりに取り出したのは、魔石で出来た指輪だった。僅かな魔力を放つそれは】
【明らかに何らかの術式が組み込まれている。通信を暗号化する術式──】
【高度な技術だ。少なくとも、ルーキーが真似できないくらいには】

【ミラはその指輪を、邪禍に投げ渡す。色は何色だろうか。何だっていい】
【何せ、ポケットには似たような指輪がもういくつもある。色占いみたいなものだ】
【今日のラッキーカラーは、なんて。ミラの左手──その薬指にも、同じような指輪があった】
【色は赤。いやにぴたりとはまっているリングだ。それと、耳元にはまた別種の魔力】
【こちらは金属のイヤリングだ。あまり洒落っ気のある女ではない。魔道具の類だろうか】
【指輪もイヤリングも、前回会った時は身につけていなかったが──だが、所詮は装飾品。気付かないやつは、徹底して気付かない。そんなものだ】
604.30 KB Speed:54.1   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)