【舞台を焦がせ】能力者スレ【炎を燃やせ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

77 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage saga]:2018/04/14(土) 23:39:29.27 ID:8w4g4x8c0
>>73


――――――…、……物騒ですねえ。


【深い色合いの瞳で眼前の魔力の渦――異能の猫を、見下して】
【その大きさや鮮やかな黒の毛並み、そして瞳。漆黒のケモノを前にしても】
【明らかに武闘派とは言えないこの妖狐は引くどころか】
【むしろ相手にする気もないというように、ただ見下げ果てた視線だけを送り】
【あまつさえ、ため息すらついて。やがては瞼をパチリと閉じると、薄く開き】


嫌ですけど?退けって言ったり待てって言ったり、我儘な方ですねえ
私は"私の知り合いの鈴音さん"を探すのに忙しいので、邪魔しないでもらえます?

……まっ、敢えて言うなら?なーんにも知らないからこそ想像がつくと言いますか。
客観的な第三者として状況を見れば、容易に判別できると言いますか。
要は貴女が無知なだけで、返事も無い連絡をしただけで相手を知った気になっていただけの話では?

――――ではでは、私帰りますね?獣呼ばわりされて、結構気分悪いのでっ♪


【力づくで止めて聞き出すか、或いは――この狐は言外に、別なものを要求していた】
【それが何であるかは推して測るべしというところ、ではあったが】

【相手の優位を悟る事が出来るなら。黒猫の如き彼女には、その求める所が理解できるはずだ】
【それは絶対性。確実たる優位、そして敢えて口にする「獣呼ばわり」「気分が悪い」という言葉】
【頭を下げろ≠ニ言っているかのようだった。――人の意識から隔絶されたとはいえ、往来の中で、だ】


/すみません、ちょっと眠気が出てきちゃったので持ち越しお願いできますかっ!
/私明日でしたら21時頃からこれるので、其処らへんから続きか……
/でなければ置きレスでお願いできないかなーと!
1043.22 KB Speed:57.4   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)