【舞台を焦がせ】能力者スレ【炎を燃やせ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

84 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(愛知県) [sage saga]:2018/04/14(土) 23:58:06.96 ID:WAaDbTBq0
>>75

【やはり"模造品"では火力不足であったか。最大火力の一撃を浴びせた筈であるのに】
【未だに動くことが出来るのか。今何かしらの行動を起こされれば、ひとたまりも無い】

―――…ッ、…ぁぁッ

【先程の最大同士の衝突で白い人物も唯ではすまなかった】
【この結末に至る迄の出血量の多さ。この結末に至った原因である巨大な光線の一撃】
【それは白い人物を完全に"抑圧"し"制圧"しており、地面に平伏せたままであった】

【身体がダメージに打ち負けている為に、精神を奮い立たせても身体はいう事を聞かない】

(…思考が纏まらん。体も動かん。チェックメイトという状態か)

【死を覚悟する。自身が死を覚悟する事は微塵も思っていなかった故に】
【すると、この戦いに終止符を打つかのように二つの人影が現れる】
【一人は魔術師たる男の仲間…であろうか。もう一人は白い人物と同じく公安の人間】

「おやおや…9番目(ノイン)。精神安定剤風情がこんな所でノびてるだなんて
 何時から君は薬の安売りを始めたんだい?君の役目はここで乱痴気騒ぎを起こす事ではないよ」

【白い人物は答えない。そして、突如現れた魔術師の男に対応するは同じく突如現れた公安の男】
【上下黒色のスーツを纏った、黒髪で、糸目が特徴的な飄々とした男であった】

「ふむ…謝罪は結構かな。んでもってソレはどうぞご自由に持っていって頂戴なー。
 多分そっちから喧嘩を吹っかけたんだと思うけど、
 こっちの出来損ないの九番目(ノイン)も煽りに煽ったんだろうし、喧嘩両成敗かね。」

【暗に仕事熱心ではない事を仄めかす黒色の男。満身創痍のノインを担ぎ上げケタケタと笑いを飛ばす】

「ああ、一応。申し訳程度に職務に励もうかね。お宅ら何モンよ?
 ボクらはこう見えても公安の人間なんでね、まあアレだよ。"任意"ってやつさ」

【けれど、自身の身分を活用しての情報収集は怠らないのであった】
【そしてその言葉は、勿論身分を明かしてくれるよねという無言の脅しでもあった】
605.46 KB Speed:54.2   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)