【剣と魔法と】ここだけ世界の境界線★24【光線銃】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :おんも :2018/07/05(木) 20:05:09.37 ID:PRvqabQbO
【新世界へようこそ!】
ここは様々な世界が融合して出来た世界。ここの住人は親しみを込めてこの世界を『新世界』と呼んでいます。
この世界にはオーバーテクノロジーから魔術まで何でも存在します。超能力や宇宙艦隊もあれば大魔王の領地も、
獣人の集落や神の軍勢すら勢揃いの『なんでもあり』の世界。それが新世界なのです。
あなたはこの世界の新たな住人となり、先駆者や新入り、そして異世界の住人達と関わってゆくことになります。

【ゲートについて】
この世界には『ゲート』と呼ばれている様々な世界同士を繋げる空間があります。
時にそれは魔界へ、時にそれは天界へ、時にそれはダンジョンへ、繋がっている先は様々です。
稀にそこから『厄災』なるものが流れ着き、それがこちら側の世界を荒らす事もしばしば……
その度に貴方達『能力者』はその能力を最大限に行使して『厄災』を元の場所へと送り返したり倒したり……
この世界の様々な事がこの『ゲート』を切っ掛けにして起こります。

【来訪者について】
この『新世界』はその性質上、別世界からの『来訪者』がやってくることもあります。
彼らの来る世界は様々な世界。時には人間や獣人。時には悪魔や妖怪。そして時には異星人すら『来訪者』として現れることすらあるのです。
『来訪者』はこの世界に来る過程で新たな『能力』を得る事も、そして自分が持っていた能力を引き続き使うことも出来ます。
しかしあまりにも強大な『能力』は『ゲート』の力によりその効力を失ってしまうこととなるでしょう。
次の『来訪者』はあなたかもしれません……

◇ここは自分だけの『能力』を手に入れ、様々な能力者と戦闘、交流するスレです。
◇オリキャラは勿論、様々ななりきりスレのキャラも参加する事が可能なスレです。
◇まずはしたらばで能力登録。ここに設定を纏めておくことでロールをスムーズに行えます。
◇戦闘、交流、基本は何でもありですが、相手が不快になるロール、確定ロールは避けましょう。
◇チート能力や人外級の身体能力など、相手に勝利の余地を与えない設定は避けましょう。最強設定は御法度です。
◇荒らしはスルー。絶対に関わらないようしましょう。

☆次スレッドは>>980、立てられない場合は>>990が立てること
☆次スレッドを立てるまで>>980からは減速推奨(重複を回避するため)

★避難所★
http://jbbs.shitaraba.net/internet/20393/

★wiki★
http://www60.atwiki.jp/kyoukaisen/

※前スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1520866698/
2 :プロローグ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/06(金) 22:51:17.71 ID:bjJJGtLv0
七八が放った星爆竹が炸裂!

WDS兵「うおっ!?」
WDS隊長「なんだあ!?」

面食らうWDSの二人。
対してヴィランはその音と光に怯みもせず兵士らに近寄る!

WDS兵「あ、やっべ!?」

ヴィランが隙だらけの兵に拳を繰り出す。

シュヴァ「づぅっ!?」

その一撃を防いだのはシュヴァインの頑丈な大剣。
剣の腹の部分で拳を受け止めそのまま押し合いの形になっている。
既に戦う事を選択していた大男は兵士らを庇う様に前に立っているのだが…

シュヴァ「なっ!?」

大男の体がヴィランの拳圧に負けてWDSの二人共々後方へと吹っ飛ばされる!!

クルツ「ああ、こりゃやっべーな?」

クルツは戦うつもりがないようで皆から少し離れたところで様子を見ている。
3 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/06(金) 23:02:31.60 ID:2oRivEPT0
>>2
黒い影は四五六の爆竹に驚くこともなく
更にシュヴァインの巨体をものともしないとまさに化け物

「喧嘩売る相手間違えたなぁったくよぉ!!」
デモンレッグ発動 青き霧を脚にまとわせ 抜いた拳銃撃鉄起こし

クルツから離れてから二発発砲 こちらに意識を向けようとする

「ベティ 怒ってる暇はないぞ 相手はヤバイヤツだ!!」
―――ギィ!!

ベティもばっちこーいと言わんばかりにハサミを振り上げ準備万端 さて 相手の出方や如何に?
4 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/06(金) 23:02:56.78 ID:AZeeYOVC0
>>2
「……いよっ……いしょぉっ!!!」

シュヴァインが弾き飛ばされるとほぼ同時!
七八はヴィランの背後に回り刀を抜き放ちその刃を首に走らせんと唸らせていた!
忍者の早業である、気配すらか細い必殺の一撃!喉笛斬り(スロートスライサー)!
5 :プロローグ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/06(金) 23:16:47.96 ID:bjJJGtLv0
>>3>>4
アキレスの銃撃に反応しヴィランが視線を向ける。
真っ黒なヒトガタに目鼻などはないのだが、
見られていると言う感覚が出自不明の薄ら寒さと共にアキレスに叩き付けられる。

だがそれは七八へ注意が全く行っていないことの証左であり、
即ち必殺の一撃が会心の出来で決まったことに直結する。



結果はついてこない。
必殺の一撃はヴィランの首に触れ、そのまま弾き返される。

クルツ「…ああ、不味いな。こっちからの干渉が一切出来ない手合いか、奴さんは」

数回の攻防で解析を終えるクルツ。
離れた位置でやっていたのは分析だった。

クルツ
「ケツまくってとんずらかますぞお前らぁ!何やっても無駄だ!
 理屈が分からんと対処のしようがねえタイプだ、ソイツは!!」
6 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/06(金) 23:20:59.38 ID:AZeeYOVC0
>>3
>>5
「星爆竹もダメだね」
「……はいはーい、それは任せといて!」
「……アキレースっ!!」

逃げるのは己の最も得意とする分野なのだ
立て続けに星爆竹を投擲!爆ぜる騒音と閃光!
アキレスの名を叫び、撤退の礼儀の仕上げの完了を委任!
スタコラサッサと遁走にシフトするであろう!

「マジでもー!私じゃない人呼べばいいのにー!!」
7 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/06(金) 23:26:58.50 ID:2oRivEPT0
>>5-6
「全くだ!! オッサンとか鈴虫とかギガース呼べよ!!」
まさか攻撃が効かない相手が来るとは思いませんでした

「あいよー!! イグニッション!!」
四五六の言葉と共に デモンレッグのバージョン2 スタントマンイグニッションを起動

もうもうとたちこめる青き霧と 跳ね馬が如き甲高い爆音が爆竹と相乗効果で辺りの聴覚を混乱させんとする

そしてそのまま逃げることになるだろう
8 :プロローグ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/06(金) 23:30:12.70 ID:bjJJGtLv0
>>6>>7
ヴィランへと背を向け逃げ出そうとするクルツが一歩も動かない。

クルツ「…まじか、閉鎖空間だと?」

クルツが見上げているのは空。
何時の間にか曇りガラスが張り巡らされているかのように薄暗い。
理屈は不明だ。
しかしヴィランを認めた瞬間から既に相手のフィールドに入り込んでいたとしか考えられない。
閉ざされた世界の中で更に発生している閉鎖空間、逃げ場なし。

クルツ「決戦のバトルフィールドってか?どーしろってんだ、対処法がねえんだぞ!!」

吠えるクルツ。
その背後に迫る影。
ヴィランがその右腕を振り下ろす。

クルツ「あ、終わったなこりゃ」
9 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/06(金) 23:36:19.71 ID:AZeeYOVC0
>>7-8
「お、おぉっと?」
「ウップス、こりゃマズイ……あ、ちょっとごめん!」

バリアフィールドの存在を視認、成る程これは非常にヤバイ!
なんならマンホールを探すなりなんなり取れる手段はなくはないが、不発に終わった時のリスクを鑑みれば悪手といえよう
クルツを抱きかかえながら豪腕の範囲から離脱せんと飛翔!一足飛び!
バリアフィールドの壁面を蹴飛ばし方向を変え人型の脇を通り抜けんと!

「……どーした、もんかね……!」

10 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/06(金) 23:39:38.58 ID:2oRivEPT0
>>8-9
「・・・oops」
まさに最悪な状況だといえよう

逃げる特化の2人 in 閉鎖空間

広いフィールドが必要なのにそれを封じられてしまったらもうヤバイなんてもんじゃない

とりあえずクルツは四五六が対処しているので もう片方のシュヴァインがどうなったか援護にむかいましょう
11 :プロローグ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/06(金) 23:49:49.13 ID:bjJJGtLv0
>>9>>10
七八の速度と技術であれば相手の脇を通ることも容易いと思われた。
しかし既に動きを見切ったとでもいうのか、ヴィランはその動きに完全に対処する。

クルツ「がっ!?」

抱えていたクルツがヴィランの拳で吹っ飛ばされる。
行きつく先は…

シュヴァ「…くっそ、馬鹿力め」
WDS兵「ぐへぇ…」
WDS隊長「うぉぉ…ま、まだ諦めんぞぉ……」

ドラム缶二つを犠牲に辛うじて無事だった大男。
しかしそこへクルツが突っ込む。

「「「「へごあっ!?」」」」

よし、四名ほど意識を失った。万事休すだ。
ヴィランは左手を意識を失ったおしくらまんじゅう状態の四名に翳す。
とどめと言わんばかりに掌から扇状に広がる黒い光が放たれる。
12 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/06(金) 23:59:05.08 ID:AZeeYOVC0
>>11
「……チッ……!」

勝てない事を察してはいる、しかしそれは足掻く事を諦めるのと同義か?
否、断じて否だ
七八は生き延びる事を最も重要な事項として行動を起こしているし、可能ならば手の届く範囲で誰ひとり生を奪われて欲しくない

「く、そ……ッッッがっっっ!!!」

奥歯を噛み砕かん程に軋ませ、色味を帯びた颶風となりて七八は疾駆た!
忌まわしき大ワダツミへ、深淵の怪物へ向けて!
それが義務だと確信しつつ、己の運命を全うすべく波濤めいて飛翔!
倒れる者たちへ向けられた腕、それを蹴り付け射線を強引に変更せんと!
まだだ、まだこれが祈祷の最終節とあってはならないはずだ!
13 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/07(土) 00:01:50.99 ID:ep5l0+A70
>>11
「オイ!! 大丈夫k」
駆け付け 倒れ伏す三人に声をかけようとしたところ すっ飛んできたクルツがとどめの一発

「・・・大丈夫じゃなさそうね」
ヒクつく目元で振り返れば 黒い人影から放たれる扇状の光

「・・・・ッ!!!!」
駆けだす どこへ?それはヴィランと呼ばれた化け物に対してだ
波動を跳躍で躱し 化け物の顔面めがけて渾身のドロップキック

斃せないことは分かっている だがそれでもやらねばならぬのだ
14 :プロローグ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/07(土) 00:12:45.91 ID:SsegsDJ30
>>12>>13
七八とアキレスの蹴りが決まるも二人に帰ってくるのは鋼鉄を蹴りつけたような衝撃だけ。
結果は変わらない。

迫る黒が視界いっぱいに広がる。
終焉をもたらす闇の進行、万事休す。

それを切り開いたのは落雷。
天より突き抜け空間を砕いて突き刺さる白刃。

闇を吹き飛ばし、日の光と共に幅広の武骨な長剣が大地にあった。

「…後は私が引き受ける」

長剣の周りに何かが集まっていく。
映りの悪い映像のように、無数の塵がひとつの人型を成していく。

「アームズギアの私がっ!!」

塵が成した赤い鎧を纏う金髪碧眼の女騎士が長剣を引き抜きヴィランへと剣を向けた。


突如として送り込まれた世界で遭遇する理不尽。
そこへ現れる対処法っぽい存在。
強キャラ感を醸し颯爽と現れたが一瞬にして決着がつく筈が勿論あるわけない!

今日は此処まで次回に続く、お疲れさまでした!
15 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/07(土) 00:16:30.24 ID:gkfQdlnB0
>>14
「そういうのはもっと……!!」
「速く来なさーーーいっっ!!」

嵐の如くに咆哮!蹴り足が痛い!
ともあれ何あれ次回に続く!お預けなのであったとさ!

//お疲れ様でした、ありがとうなのでしたっ!
16 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/08(日) 22:07:21.94 ID:dzvMeRtzo
【???にて】

「くやぢいデス…」

 働いたら負けと描かれた胡乱なTシャツに
 ガスマスク装着という凡そ見る者が正気を疑いそうな格好なのは、
 カノッサ機関のトンチキトルーパーα-12である。

【ぶくぶくと泡を吹かすヌカコーラ片手にクダを巻いている姿は正にダメ人間!!】

「レアメタルの利権ぜーんぶ盗られたデス!逆転不可能!ナミアミダブツデス!!」

 とあるファンタジー世界で巻き起こった戦役の影響により、
 境界線世界でも有数のレアマテリアル資源採掘エリアの利権に関して、
 最終的にエーカー・アウトキャストなる越境組織が勝利した。

【各世界をまたに賭ける組織であるカノッサ機関も当然コレを狙っていたのだが、すべておじゃんである!!】

 なお、越境者の皆様の立場としてはフクザツな心境かもしれない。
 α-12が属する、カノッサ・テクノロジー社こそ越境者とキョウリョクカンケイにあるが、
 基本的にカノッサ機関もまた危険と狂気に満ちた組織であることに変わりなく、
 危険な組織同士がつぶしあった結果ともとれなくもないのだ。

【それはともかく、テーブルにズラーっとならんだ空きジョッキと自棄食いの痕跡は見ているだけで胸焼け必須案件だ!!】

//とんちきがグダ巻いているシーンからスタット
//速やかに戦闘っぽいシチュになる可能性あるある
17 :タェンティース・イルム E.月光.赤刃.ヘルメスの靴 [saga]:2018/07/08(日) 22:15:29.75 ID:DCkDPjmv0
>>16
「こんこーん、入りますよー」
「……あら、あらあら全く……」
「ダメですよー、この時期は虫がわきますよー?」

口ノック、そしてお返事を待たずに間髪入れずに扉をガチャリ!
オカンめいたムーブで掃除機片手にやって来た半人、ゴミ袋にぽいぽいぽーいとゴミカス達をダストシュート!
越境者として歴は長い半人、組織間の抗争でもカノッサ側に付く事が多い
しかし当人としては割とのほほーんと傍観気味であったり、巻き込まれない限りあんまりアクションはなかったりするのだ
18 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/08(日) 22:16:37.89 ID:EYhIhDna0
「ああ、うん成程な、越境組織にも色々あるんだな…どこに履歴書出すかな」

あっちへフラフラ、こっちへフラフラ
まさしく糸の切れた凧状態で就活中の元執事がテキトーな相槌を打つ。
その手の雑誌やチラシを見ながらの相槌なので誰に何の相槌を打っているか自身でも把握していない。

「…アウトキャスト……は、止めとくか。
 こっちのホワイトネスなんかどうだろうな?
 名前の通りホワイト企業っぽい……いや、こういうのがブラック企業だったりするよな」
19 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/08(日) 22:23:08.10 ID:YIatUfQ80
そんなくだを巻くα-12に混じって 面白くなさそうな顔をしているのが2人ほどいる

ロイ「・・・・・。」
鈴虫「・・・・・。」

片や復興を手伝いたいのに越境を喰らって戻れない地元出身者
片や極上に楽しそうな闘争を逃したツジギリスト

ヌカコーラに混じって度数の高い蒸留酒やらニポンシュやらつまみやらが転がっていますが 気にしないであげてください

アキレス? まだ金属の王国で絵を描いているようです
戦いの様子と立役者 戦没者を掻き終えたので 例の重戦士と神官ちゃんの都落ちを題材にした絵画を作成しているそうな
20 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/08(日) 22:37:09.14 ID:dzvMeRtzo
>>17

「デスゥ〜!!ぽんこつ=サン〜」

 へにょーっとしているα-12はお掃除も半人に任せたっきりでぐっだぐだしている。
 しかして、タェンティースが率先しておそーじしているのナンデ?
 たぶん趣味じゃないかとワタシ思います!(決め付け

>>18

「デス?ほわいとねす?」

 ふ〜にゃふにゃしながらその手の雑誌とやらに眼を通す。
 しかして、越境組織もリクルートな時代とはニッポンの人手不足は深刻やで(謎

「え〜っと、アットホームで明るい職場デス。直ぐに即戦力になれるチャンス。若いエージェントが多いデス。デス」

 読み上げるα-12である。次の瞬間にはガスマスク越しにウォルターに怪訝な眼を向ける。ナムサン!!

>>19

「デスデス」

 苦い顔のロイにはサービスとして定期的に故国のほーこく書をくれてやっているα-12。
 カノテクのアフターサービスは万全です。

【ややこしい時期にどっかの惨劇が国内うろちょろしています。う〜ん頭を抱えたくなる】
【邪悪な死霊術師が街一つ汚染しようとして阻止。街に甚大な被害をもたらしつつも%「伐とか。おもわず国外追放したくなるNE!】
 −−−−−−−−−−−−

【全員対象】

「傭兵(ランナー)の皆さん…と、私達の恥部――もといエースのα-12と穀潰し(鈴虫)。そろそろ予定時刻です」
「アホやっていないで、準備してください」

 ほうきとちりとりを持って、半人と同じようなムーヴをしにやってきた、
 γ-33とγ-67(※クローントルーパーγシリーズは後方支援専門のクローンユニットだ)

【おもむろに閉じていたカーテンを開く。そこには――】

 流れるは暗黒の帳と星々の煌き。眼下には赤茶けた惑星が佇む。
 広大なる宇宙。大地を踏みしめて生きる者には決して肉眼で見ること叶わぬ光景だ。

「デスデス。ぐだぐだタイムも終わりデスか――瞬着!!」

 ひょいと席を立つと、胡乱な格好だったα-12の姿は瞬時に漆黒の戦闘舞踏服に覆われる。
 流れる白銀髪が顕となり、ガスマスクを外して、片目を覆う布状ゴーグルを装着した。

「おっしごと、おっしごとデス。皆、ドロップポッド室にごーごごーデス!!」

【居場所:???→カノッサ機関のスペースシップ】
21 :タェンティース・イルム E.月光.赤刃.ヘルメスの靴 [saga]:2018/07/08(日) 22:44:06.35 ID:DCkDPjmv0
>>18-20
「あらあら、皆さまお揃いで……トゥエルブがすみません……」

一行に頭を下げる半人、おい何様だ!

「もー、ほらほら、シャキッとして下さいー?」
「女子力が下がりますよー」

そしてトゥエルブへ魔法の言葉で呼び掛ける、多分お掃除は趣味でしょう

さてしてはてさて?

「……何処の世界でも、宇宙の色は美しいですね」

かつて帆船に乗り込み、虹の追跡者を駆り巡った宇宙を想起
ドロップポッドへは全くの普段着で乗り込むのであった

「……宙間戦闘はないですよね?流石に……」
22 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/08(日) 22:47:15.51 ID:EYhIhDna0
>>20
「あ?何だよ…兎に角金がない事にはおちおち越境も出来ねえだろ?」

α-12の視線に首を傾げる壮年のプータロー

「仕事か……そういや俺、執事しかやった事ねぇんだった」

後頭部を掻きながらα-12の後に続く壮年。
歩きながら服装もα-12の習ってかSF風コンバットスーツへと変化する。
シェイプシフターの一種である《影の様な何か》であるからして
こうも簡単に見た目は変わるが格段に防御力の変化があるわけではない。
と言うかちゃんとした防具を身に着けた方が良い場合もある。
23 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/08(日) 22:50:27.35 ID:YIatUfQ80
>>20
ロイ「・・・これなんだよなぁ」
報告書を受け取り 頭を抱えてため息一つ

ロイ「今国中で死が蔓延している 死霊術者としては最高の実験場なんだ
   隣の同盟国にいる武装神官たちの力を借りて一生懸命浄化してるんだが・・・」

ぐぬぬと拳を握って悔しがる 国の一大事に自分がいれないことがもどかしいのだ

さて カーテンが開き 広大な宇宙が人がるや

ロイ「はぁ…うだうだしてるよか 体動かしてた方がなんぼか健全だ 行くべ」
ぐったりと動き出すロイと


鈴虫「おっしごとーおっしごとー♪」
先ほどのグダりぶりはどこへやら 実に楽しそうに移動を開始する鈴虫

ごく潰しだって? 鉄火場を用意してやれば有能何でノーカン
24 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/08(日) 23:03:38.37 ID:dzvMeRtzo
>>21

「シャキーンデス!!」

 なお、瞬着の間際に女子力云々な言葉があったとかなかったとか。
 しかしこの半人、すっかり保護者めいたムーヴである。

>>22

「カノテクはマネー払いいいデスよー?オススメ!!」

 実際、マネーが欲しいウォルターに対してはオイシイ条件である。
 電子マネーから各世界でも換金しやすい貴金属まで支払い方法は希望次第。
 諸経費もカノテク側が負担と、まあ飴の多いこと多いこと。

>>23

「デスデス。カノテクの購読サービスのご利用ありがとうデス。今後も配信OKデスね?」

 わざわざテックにアレなロイに合わせてプリントアウトまでしていたりする。
 カノッサテクノロジー社が越境者に提供するインフラはバカにならない。
 もっとも、依存度が高まるほど、影響力の行使も容易になるというビジネス的な思惑もありそうだが。

【ビジネスの範疇にとどまっている分、むしろ誠実ともとれなくもなし】

 −−−−−−−−−−−

【全員対象】

 なお、γシリーズがα-12と、鈴虫に対してものっそい塩対応な理由であるが、
 まあ、片やとんちきユーチューバーで、片や平時ではガチで役に立たない暇人である。
 後方支援で日々多忙を極める彼女達からしたらさもあらん」

「デスデス」

 ドロップポッド室では凡そタェンティース以外は幾つかの薬物の投与が推奨される。
 低軌道航行するシップからの強襲降下は様々なテクノロジーの恩恵があっても、
 なお、肉体への負担はかなりのものだからだ。性質上、降下直後にフラフラになっていましたでは話にならない。
 半人?肉体性能の頑健さは随一っぽいので無問題だと思われるので。

【ドロップポッドに乗り込むと、皆の身体が人口筋肉で出来たショック吸収材に包まれる】
【ポッド内の証明が消え、代わりに中空にホロディスプレイが投影され、外部の様子と降下予定ポイントが表示される】

「相手はカノッサの別支部デス。カノッサ機関は今日も変わらず内ゲバ一直線。ダイジョブですかね?この組織」

 カノッサ機関は大組織である。そして肥大化しすぎた。
 境界線の大変動により、世界の帳が大きく解れた時、中枢(アクシズ)との接触は絶えて久しく、
 各支部は変質し、磨耗し、あるいは異形化していた。覇権を求め、打算と虚偽に満ちた陰謀が繰り返され、おかげでこの有様だ。
25 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/08(日) 23:11:41.64 ID:YIatUfQ80
>>24
ロイ「頼む」

実際紙触媒で提供してくれるのはありがたいのだ

んでもって ドロップポッドの中

ロイ「ダイジョブかと心配するなら 仕掛けるのやめれば?」
鈴虫「それをやめるなんて とんでもない」

緩衝材に包まれ苦しそうなロイと 実にテンションの高い鈴虫

ロイ「いかん酒なんぞ飲むんじゃなかった ヤバイこれ吐き散らかす危険性g」

どうぞご自由に落下させちゃってください
26 :タェンティース・イルム E.月光.赤刃.ヘルメスの靴 [saga]:2018/07/08(日) 23:14:17.30 ID:DCkDPjmv0
>>24
「……」

ドロップポッドの中、半人は瞳を閉じて過去を想う
いつもそうだ、あの流れ星を見た夜……半人の運命が今のモノに固定された夜
かつて己が越境者でなかった頃、宇宙からのエントリーを果たした相手と出会い、全てが変わった

「……、」
「……あ、えーっと……あ、はいっ、カノッサ支部ですね……分かりました」

……少し過去に馳せ過ぎた思いを今に戻し、頷き意識を集中させる
琥珀色の惑星への突入に備えよう、今はこうして今なのだから
27 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/08(日) 23:19:24.22 ID:EYhIhDna0
>>24
「金払い良くてもコレじゃあ何時おまんま食い上げになるかわからねーな…
 それでもお前就職勧めるのか?」

お勧めから舌の根乾かぬ内に開示される内ゲバ模様。
世の中ブラックだらけだぜ!

「…切り替えていくか、んで?大まかな作戦は?
 降下後好き勝手に暴れまわるってな雑なもんじゃねえんだろ?
 そんな指示を出すのはウチのお嬢だけで間に合ってるからな」

薬物投与を一応受けるシェイプシフター。
三半規管やら諸々の生理機能はそもそもあるのか?
あるとしたらセルフ内臓移動なんぞ日常茶飯事で
今更降下時のGとか大丈夫なんじゃとか色々考えられるが…そういう小難しい事は抜く!
28 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/08(日) 23:27:13.25 ID:dzvMeRtzo
【全員対象】

「歩くの止めたら潰されちゃうんデス。やばいチキンレースな時代になったもんデス」

 どうやら、ロイの想像以上のカノッサ機関の内情はよくないらしい。
 アウトキャストが戦力の拡充・充実化を図っている状況でこれは――

「まずもっては先行するβチームとの合流が目標デス。
 状況よろしくないらしいので降下直後に戦闘…事実上の救援作戦デスね。
 畢竟、支援爆撃は無いと思ってくださいデス」

【これが巡り巡って越境者達にどのような影響を与えるか。今の時点ではそれを見通せる者などいない】
 【各々の思いを馳せたところで、無骨な振動がポッド内に響き、遮ってしまうだろう】

≪3・2・1・マーク≫

 無感情な電子音声の音と共にポッドが降下を開始する。
 身体に感じる気持ち悪い浮遊感と加速感。内臓を揺さぶる振動。
 外部の様子…地上からの阻止射撃が始まった。

【近接信管のミサイルが炸裂する度にポッドはさらなる振動に見舞われる】
 【→ある意味で兵士にとって最も不快な時間かもしれない。ここで撃ち落されれば培った戦闘力とは無関係に散ることになるのだ】

「オゲーッ!!」

 そして自棄食いしていたα-12はやはり吐いた!!ゲロイン!!女子力!!
29 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/08(日) 23:33:02.48 ID:YIatUfQ80
>>28
ロイ「実に困ったもんだな!!」
鈴虫「いい時代になったもんだ!!」

α-12の言葉に逆の見解を示す2人であった

そして投下 阻止射撃の雨 揺れるポッド

ロイ「これだからハイテクってのはきらいなんだぁぁぁぁぁぁップ!!」
叫ぶ途中で戻しそうになり 意地でこらえるロイと

鈴虫「はいよぉぉぉぉぉ!!!殴り込みだぁぁぁぁぁぁ もっと飛ばせぇぇぇぇぇ!!!!」
テンション駄々あがりの鈴虫であった
30 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/08(日) 23:37:07.79 ID:EYhIhDna0
>>28
「作戦開始直後なのに大惨事になってんじゃねーかっ!
 降下後まともに動けるんだろうなあ!?」

なんかもう撃ち落とされる心配よりも現在巻き起こっている惨状に気が行ってしまった壮年。

「えーっと作戦なんだっけか?サーチ&デストロイして味方と合流?
 …よし、何時もの仕事と変わんねえ!行ける気がしてきた!!」

元執事は気持ちを切り替え作戦に集中しようとしている!

31 :タェンティース・イルム E.月光.赤刃.ヘルメスの靴 [saga]:2018/07/08(日) 23:37:32.46 ID:DCkDPjmv0
>>25-28
「……アブナーーイッ!!」

すささっ、と半人は動いた!
激情の揺籠めいて響く振動!しかしその体は容易に、まるで百合野原を行くように機動する!
手に持ったエチケット袋を素早く!的確にアルファそしてロイにお届けなのだ!
ウォルター?そもそもショック吸収の必要があるのかと疑問なのであった!
32 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/08(日) 23:48:51.52 ID:dzvMeRtzo
【全員対象】

 最終加速レトロバーナーが点火。その莫大な推進力で地表からの迎撃射を振り切る。
 振動と共に周囲に撒き散らされる寸前であったα-12のアブナイは、エチケット袋が見事に包んで阻止。グッジョブ!

【地表…赤灰色のアッシュグラウド(汚染土壌)と、幾重にも交差する火線が見えてきた。間もなくだ】

 ドン!と底部バーナーが低高度で火を噴き、着地衝撃を和らげんと重力に抗う。
 直後、ドン!と一際大きな振動が響き渡ると共に周囲に対してポッドの重機が弾丸をばら撒く!
 ホロディスプレイで投影されるのは次々にケチャップと化していく不運なる敵の歩兵達だ。

【そして、一定距離を掃討を終えると、外部装甲隔壁がバン!と開き、肉眼で戦場光景が顕となる!】

「あー、空気がウメー…やっぱ不味いデス。到着到着〜って…」

 降りた直後、幾本ものランス(ロケットランチャー)の軌跡がこちらに向かって延びてきている!
 降下直後を狙った重爆による殲滅狙い!中々反応が早い!

【空には他のドロップポッドの降下も行われており、まるで天を赤い爪で引っかいたような痕跡が幻想的ですらある】
【が、地上に堕ちれば即座に修羅界の住人と化さねばならぬとは、まさに皮肉そのものであろう】
33 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/08(日) 23:55:03.98 ID:YIatUfQ80
>>31
電光石火のお気遣い=ジツ ロイに届けられるエチケット袋 そして

鈴虫「オボロロロロロロロロロロ・・・」
完全なダークホースであった鈴虫がリバースするのであった ナムサン!

>>32
ロイ「オボロロロロロロロロロロ・・・」
エチケット袋に未消化の酒とつまみをリバースさせながら事態は進む
着地の衝撃を和らげるブースター ポッドの火力支援 キャノピー?がはじけ飛び 外気にさらされる

ロイ「俺は不味くてもいいから地上の空気がいい・・・」
中身がたっぷり詰まったエチケット袋をポイと捨てて飛び降りる

すぐさまハルバートを手に着地地点の制圧に乗り出す

鈴虫「っははははははははははははは!!!」
なお鈴虫は吐しゃ物でキタナイ上半身のまま飛び降りキリングマシーンと化していた
34 :タェンティース・イルム E.月光.赤刃.ヘルメスの靴 [saga]:2018/07/08(日) 23:58:16.65 ID:DCkDPjmv0
>>33
「そっち!?」

思わず半人、ツッコミを入れずにはいられない!どちらかといえばボケなのに!

>>32
「……さ、行きましょう……いつも通り!」

天使の側近く、ポッドの反射が煌めき落ちて行く
苦い深淵のヴィーナスの眼に留まらぬ事を感謝せねばならない、爆煙の中にチリと化して失せなかった現実に於いて
いざ進軍、両の手に携えたブレードは敵兵へ向けて振るわれるであろう!
35 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/09(月) 00:05:28.78 ID:pcVQo7pK0
>>32
「着いて早々、中々の歓迎っぷりだなこりゃあ!」

やっぱり降下の影響は皆無だった壮年がイの一番に駆け出す。

「そらよっ!!」

右腕が不自然に脈打つと伸張膨張し巨大な腕を形成、
振り下ろすようにしてそのままランスに叩き付ける。
おそらくは腕諸共ランスも弾け飛ぶ筈だ。

「消耗激しいから多様出来ねえからな、これ!」
36 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/09(月) 00:13:56.69 ID:ue+784Hho
【全員対象】

「―――」

【判定(魔力感知)…魔力感知能力を持つ者は言い知れぬ不安感/頭痛を覚える。//現時点では原因不明】

>>35

「デス!!」

 降下直後にα-12が抜き放った高振動ブレードが煌く。ウィルターと共にミサイルの迎撃行動!
 それは噴煙を尾にして迫っていたロケットを一文字の軌跡と共に次々に寸断!
 量産型のクローンらしからぬ天稟により、その剣の冴えは増すばかりであった。

【そして皆々が制圧に乗り出すためにすぐさま駆ける…のだったが――】

「…相手は組織の構成ユニットで人間デス。そういう想定デス」

 α-12はいぶかしんだ。ウォルターにも見えるはず。戦場の様相の奇妙さが。↓↓↓

>>33-34

 鈴虫とタェンティースが切り払う敵。個々の戦闘力は決して高くなく、銃撃をまともに浴びなければどうとでもなる。が、

【兵士一人ひとりが両の手で構えるアサルトライフルの火線。そして、背中よりの手で保持するハンドガンの射撃】
【あるいは、接近を許した直後、盾代わりのアサルトライフルが切断され、反撃に背中からの三本目の手でナイフコンバットを仕掛ける】

「………」

 観察するならば、相手はディープメイカー等の機動的な擬似腕を持っているわけではない。アラズァヘッドではない。
 しかし、共通点もあった。血液が濃い赤紫だった。第三の腕にバイオ接合の様子はなかった。生まれたままの腕
 弱敵というほど弱くは無いが、極端に強くも無い。しかして、妙に連携が取れている。取れすぎている。

【そして、これはロイの知識には該当しない。レンジャー知識は働かない。ファンタジー由来ではない】
37 :タェンティース・イルム E.月光.赤刃.ヘルメスの靴 [saga]:2018/07/09(月) 00:23:37.45 ID:7HizAyY+0
>>36
「……魔力の何がしかを感じます!」

原因不明、しかし半人は確信を持って叫び伝える
成る程カノテク製アラズァヘッドが苦戦を強いられる程の相手、油断の覚えはないが更なる意識を持って挑むべきだと再確認

(……出来る!)

総体を持ってして波濤めいて襲う敵兵、冒涜的とすら思える奇妙な姿
クローン兵士だろうか?いやしかし初見のタイプである、それならば魔導兵?
ともあれ今は思考を極力除き、救援という本懐を果たすべきである!
剣旋風となりて、虚空の刃を従え道を切り開くのみ!
38 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/09(月) 00:24:45.85 ID:pcVQo7pK0
>>36
「っ…ああ、やっぱ薬なんぞ投与するんじゃなかったぜ。くっそ、妙に頭痛ぇじゃねえか」

失った腕を再構成しつつ被りを振るウォルター。
あまり豪快に肉体を欠損すると魔力枯渇で自身が消えかねない。

「人間ってのは背中から腕生えて赤紫の血液が身体巡ってるのか?
 じゃあウチのお嬢は人間じゃねーな…
 いや、冗談のつもりだったが実際そうかもしれねえと思わないでもねえな!

 言ってる場合じゃねえか…如何する、作戦続行か?
 第六感じゃねえが妙な感じもするしな、一旦様子見で下がるか?」
39 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/09(月) 00:27:18.77 ID:Jnsbkt430
>>36
ロイ「チッ!!」
穂先を突きさした雑兵を盾に火線を掻い潜るが ハンドガンが邪魔臭い
どうにか接近し 連発銃を寸断するも 即座に反撃を受ける

ロイ「クソッ・・・なんだ なんだ・・・これは!?」
脳内のデータベースをフル回転して対処法を探るも

ロイ「違う・・・違う・・・! 魔力が流れているのに違う!!」

自分の知識にない症例に苛立ちを覚える

とにかくナイフの一撃をサーベルでしのぎ 切っ先で突かんとする

ロイ「幻想由来じゃない・・・つまり黄昏の眷属じゃない・・・? いや 早計はいかん 俺の知らん症例だってあるはず・・・!」
今はただ 知らぬ症例を相手に近接戦闘を仕掛けるのみ


なお鈴虫はわれ関せずと突撃を殺戮を楽しんでいた
40 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/09(月) 00:31:03.32 ID:ue+784Hho
>>37-39

「…状況がワケわかんねーデスがともかく当初の予定通りに動くデス。
 ここを制圧してβの姉妹達と交流するデス」

 βシリーズは偵察・情報処理専門のクローンユニットだ。
 主に戦闘ユニットであるαシリーズに先行するスカウトとしての役割を担う。
 異様な気配を漂わせ始めた任務であるが、それゆえに現状の把握は急務となろう。

「行くデスよ!!」

 後ろ腰より四本のディープメイカーを展開。各擬似腕にサブマシンガンを保持させ、
 α-12は越境者達と共に戦闘を開始するのだった。

//ここまで!
41 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2018/07/10(火) 08:46:07.11 ID:eO5ZiamA0
なんかVIP警察なるものが965以上のスレを連投で終わらせてる
42 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/12(木) 21:54:59.05 ID:HJDuY6NO0
前回までのあらすじ
『閉ざされた世界で出会ったのは真っ黒い怪物と赤い女騎士でした』

さてさてヴィランに剣を向け越境者らの前に現れたのは赤い騎士。
しかし勇ましい台詞とは裏腹になんか、こう…ちっさくないですか騎士様?
具体的に言うと140センチ位である。
ヴィランのサイズは170前後、相対的に敵が大きく見えるなあ。

赤「いくぞ!」

だが身長差を気にせず勇猛果敢にヴィランへと切りかかる騎士。
動きは悪くない。
何よりの違いは今まで一切の防御行動を見せなかったヴィランが
振るわれた剣を後ろに跳ねて避けたことだ。
即ち、騎士の一撃はヴィランへの有効打足りえることの証左であった!
43 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/12(木) 22:00:21.57 ID:iOqkA9cI0
>>42
「ゴーゴー、ちっこいヒーローさまっ!」

さてはて一方、吹き飛ばされた皆の衆の様子をスタコラサッサと見に行く忍びの少女七八
彼女も大概ちっこいのだが、それよりもちっこいヒーロー様に声援を送りながらの行動である!
44 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/12(木) 22:04:03.16 ID:SDQqoQOb0
>>43
「いけーがんばれーいいぞーそこだー」
―――ギィ!!ギィ!!

デモンアームを起動し パワードスーツ?の中の隊員たちを救出しーの シュヴァインを引きずり―ので救助活動しながらの声援を送るアキレス

ベティちゃんの声援にも熱が入るぞ!
45 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/12(木) 22:11:15.22 ID:HJDuY6NO0
>>43>>44
吹っ飛ばされた大小の越境者は両方ダウン。
二体のドラム缶は拉げハッチが開かないので動きそうにない。

WDS隊長「うぐぐ…なんたる……しかしアームズギアが来たか、これで何とかなるな」

流石現地人、事情をある程度知っている様子。

WDS隊長
「勇敢な民間人諸君!とりあえず自分の身の安全を確保するんだ!
 私たちは大丈夫だ、大丈夫に見えなくても大丈夫!!」

騎士の動きは悪くない。
だが相対するヴィランは七八の動きを見切り対応した機敏さを有している。
騎士が得物を持ちヴィランが素手である事で間合いの優位は本来騎士にある。
しかし身長差がその優位を微妙なものへとしていた。

結果

赤「うわあっ!?」

ヴィランの拳によるカウンターが炸裂。
女騎士くん吹っ飛ばされたー!!
46 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/12(木) 22:19:44.84 ID:iOqkA9cI0
>>44-45
「あーむず……なんだって?」
「……って、あれ、何もしかしてマズイ?」

何やら事情を知っているらしいドラム缶に尋ねてみる
取り敢えずヴィランに対抗するには知識が足り無さすぎるのが現状なのだ

「もー、ガッツが足りないよ、ガッツが!」

一先ず援護だ、ワイヤ式の苦無を投擲、ヴィランの脚に絡みつかんと蛇の鎌首めいて襲い掛かる鉄線!

47 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/12(木) 22:26:11.41 ID:SDQqoQOb0
>>45
「うるせぇなぁ」
仕方がないのでデモンアームの腕力でドラム缶ごと引きずって近場の物陰にでも移動させておきましょう

「おらー腰が入ってねぇぞー戦えるのお前だけなんだから根性見せろー」
外野からやんややんやとヤジが飛んできますが 気にしないであげてください

―――ギィ!!ギィ!!
ちなベティちゃんは小さな旗をフリフリ応援していた
48 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/12(木) 22:37:51.32 ID:HJDuY6NO0
>>46>>47
WDS隊長
「アームズギア、だ。
 君たち何処の田舎からやって来たんだ?それともニュースは見ないのかね?
 まあ連中と対峙してから一か月も経っていないし情報も錯綜してるからな。
 …アームズギアは現状、ヴィランに対抗できる唯一の武器だ。
 しかし何時もなら数体のアームズギアでやっとヴィラン一体を撃退しているんだが…」

七八の放つ鉄線が火花を散らして弾かれる。
絡みつけようとするその意思を読み取るかのように弾いてきやがる鬱陶しい!!

赤「ぐふっ…分かっている!」

ヨロヨロとふら付きながら立ちあがる騎士。
…なんか身体が透けてません?
49 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/12(木) 22:44:11.27 ID:iOqkA9cI0
>>47-48
「えー……ウソでしょ、ダメじゃーん……」

露骨に落胆!ヒドイ!
ともあれ複数での戦闘が基本となれば支援をしない訳にはいかない
とはいえぶっちゃけ出来る事などたかが知れている

「……ニガテなんだけどなぁ、こういうのっ!」

思い切り仰け反ってからバネを活かして逆に超前傾!
腕を振り抜く所作が加わり、加速的に放たれる十の苦無!
両手の指それぞれに繋がれたワイヤ、微かな調律でその軌道を自在に変えて多方向からヴィランへ殺到!

「これ、オマケだ」

先程弾かれたワイヤ苦無を爪先で蹴り飛ばしもう一度真正面から飛来させる
50 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/12(木) 22:51:59.57 ID:SDQqoQOb0
>>48
「・・・やべぇじゃん」
本来複数のギアさんで対処しているのに今回タイマン
しかも透けてる

「ゴッツやべぇじゃん」
マズイなんてもんじゃない マジでどうしようもない

「えぇいやるかぁ!! チェンジレッグ!!」
青き霧を脚に移し 高速移動 ヴィランに接近

「物理攻撃はやっても意味がない・・・ならばッ!!」

いきなり
突然 
何の脈絡もなしに

ヴィランのすぐ近くに気配が出現する

否 それはただの気配に有らず


バケモノじみた覇気 全力で当たらなければならぬほどの存在感
それは まさしく強者の覇気

だがそれはまやかし それを放つは脆弱な絵師

【偽・強者の気位(イミテーションオーラ)】

偽りの気位で こちらにヘイトを向けようとする
51 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/12(木) 22:59:09.95 ID:HJDuY6NO0
ヴィラン「!?」

さしものヴィランもアキレスの気配に反応し視線を向ける。
そこへ多方面から飛来する苦無!
蜘蛛の糸めいて空間を覆い降り注ぐ凶器の雨!
が、全て火花を散らしつつヴィランの真っ黒なその表皮で弾かれる!!

WDS隊長
「言っただろう!現行の武器でアレに対応できるのはアームズギアだけだ!
 先の大規模戦で我々が先手必勝とばかりに使用した核でさえ直接の効果は認められなかったんだ!!」

赤「だから…私達が居るんだ!!」

アキレスが生んだ一瞬の隙を好機に騎士が駆けヴィランへとその一撃を振り下ろす。

ヴィラン「ギッ!?」

しかしその一撃はあまりにも浅い!
表皮を掠り、一本の白い線をヴィランに刻んだだけに終わる。
更に機敏なヴィランが反撃の拳を繰り出し騎士を跳ね上げるようにして迎撃!

赤「ぐはっ!?」

騎士は受け身も取れず背中から地面に叩きつけられた!
その身体は益々薄れていく!!
52 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/12(木) 23:05:54.66 ID:iOqkA9cI0
>>50-51
「……蛇穿、……羽咬!!」

弾き返される苦無……両手を鋭く交差!
勢いを失い落ちるだけのはずであったそれらが再度意思を持ったようにして襲い掛かる!

「ねぇねぇあなた、そう、赤いあなた!」
「仲間とか呼べないの、もしくは予備の武器くらい持ってない!?」
「あと透明になってるけどそれ大丈夫!?」

もうワイヤを繋いでおく必要はない、全てをパージしつつアキレスの巨人の偶像の陰から呼び掛けた!
53 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/12(木) 23:14:21.75 ID:SDQqoQOb0
>>51
「で!? 他の『私たち』はどこにいるんだよ!!」
完全に劣勢な紅い騎士に叫ぶ

「テメェがこいつを倒せねぇと俺たちがヤバイんだよ!! こっちだって援護できる方法は少ないんだ!!
 啖呵切るんなら実力見せてみろ!!」

そう 既存の武器でどうにかできないのならできる奴がやるしかない
できる奴ができないのなら大口をたたくな と言わんばかりである
54 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/12(木) 23:28:16.32 ID:HJDuY6NO0
>>52>>53
七八の攻撃は今までと同じように弾かれて終わる。
先にクルツが解析した通り『攻撃が効かない理屈』がヴィランを覆っているのだ。
これを如何にかしない事には単に相手へ繰り出す一撃では全く意味がない!

WDS隊長
「馬鹿な…他のアームズギアは別の場所に現れたヴィランの対処をしているのか!?
 ありえん!計算上、時空間を抜けて現れるヴィランは一度につき一体だったろうに!
 そもそも出現間隔自体も今までより短かったんだぞ!?」

何処かと通信していたのだろうか、ドラム缶が騎士の代わりに喚いている。

赤「…すまない、シャーロット…やはりマスターを持たない私では……」

七八やアキレスの声は届いているのだろうか?
騎士は立ち上がるも其れが精一杯といった様子だ。
身体はほぼ透明に近づき、長剣も立つ為の支えにしかなっていない。

ヴィランが騎士へと腕を突き出す。
何度か見ているので当然次に何が来るかは予想がつく。
黒い怪光線だ、物理的な干渉で如何こう出来ないのは既にご存知だろう!!
55 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/12(木) 23:35:22.36 ID:iOqkA9cI0
>>53-54
「……アキレェェェッッッーーーッッス!!」

問い掛けの返答は朧、既に彼女の意識は靄に包まれているのであろう
ならばこの場に置いて最も信頼のおける存在の名を叫びながら駆け抜け、騎士の剣を取り去る!
アキレスと直線上、ヴィランを挟むような位置取りへと機動し遠心力を付随させて思い切り投擲を行う!
56 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/12(木) 23:38:39.10 ID:SDQqoQOb0
>>54
「くそ・・・たれ!!」
斃せる相手は行き絶え絶えで ヴィランはほぼ無傷で

自分たちの援護はほぼ無意味で 万策尽きたか・・・?

「うわぁぁぁぁぁああああああああ!!!!」
走りだす 赤き騎士を救出せんと

赤き騎士を抱え上げ 狭きフィールドを逃げ回んとするだろう
57 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/12(木) 23:47:34.19 ID:HJDuY6NO0
>>55>>56
放たれる黒の怪光線。
七八咄嗟の一撃が起死回生の一打となって衝突。
ヴィランへと至る事はなかったが光線をかき消し脅威を打ち破った!

そして剣に触れた七八と騎士を抱えたアキレスに妙な感覚が走る。
七八は一瞬、アキレスは未だにその妙な感覚が続いている。
何かが自身の奥底に触れたような、場合によっては不快であろうその感覚。
しかし今回に限っては温かさが勝る。自らの活力足りえるほどの何か、だ。

光線に弾かれ長剣が宙を舞う。
アキレスの腕の中で騎士が消滅する。

だが二人が得た妙な感覚が教えてくれる。
未だ終わっていない、寧ろ此処からだ。
さあ、その手に剣を!!
58 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/12(木) 23:54:36.15 ID:iOqkA9cI0
>>56-57
「……いいのこれでっ……!?」

背中に羽が生まれたような錯覚に怖気、根本で忍びたる七八は己の体躯と技能のみを確信している
故に奇怪な介入には人以上に嫌悪が混じるのを否定は出来ない、だというのに!

「軽いっ……軽い軽い!!」

色を帯びた風となりて馳せ参じる、宙を舞う剣の元へと容易に辿り着く!
掲げられたまま、もしアキレスと共にあらば共に柄を強く握り……

「な、ん、か、も、う、……ちェッストォォォォ!!!」

両断すべく全霊での振り下ろし一斬!!
59 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/12(木) 23:57:59.17 ID:SDQqoQOb0
>>57
消えた 赤き騎士は掻き消えるように消失し
代わりに自分の手の中には剣が

「・・・剣術なんてわかんないよぉ!!」
そう 覇気こそ出せても アキレスの剣術はありていに言って素人に毛が生えた程度である

「・・・よし!!」
アキレスは今しがた生えてきた剣を振りかぶり

「おぉぉぉぉっらぁ!!」
投擲することにした

//では宣言通りノシ
60 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/13(金) 00:16:09.52 ID:aQR634990
>>58>>59
感覚に従い宙舞う長剣を手にしたのは七八。
手を伸ばし掴もうとする意志に呼応し長剣は当然のようにその手に収まる。
魂の繋がりとでも表せばいいのか、妙な感覚は長剣を手にすると一層強くなる。

そのまま振り下ろされた一撃は必要以上に後ろへ跳ねたヴィランには当たらない。
だが明らかに今までよりもヴィランの対応が顕著だ。
赤い騎士が振るっていた時よりも警戒心を露わにしている。

それもその筈、気が付けば七八の背に見慣れぬモノが浮遊している。
羽根、だろうか?
何時ぞやクルツが何処かの誰かに見繕った浮遊肩当にも似ている。
更には手足にも西洋鎧を彷彿とさせる装甲が出現する。
背中に羽が生まれたような錯覚は錯覚でなく確かな感覚だ。
身体が軽いのは当然だ、身体能力は明らかに向上している。

…さて、先程までは此方の動きを凌駕していただろうが今のこの状態なら如何だろう?
反撃の狼煙を上げる時だ!

//今日は此処まで、お疲れさま
61 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/14(土) 22:44:25.65 ID:JVwI6VNq0
>>60
必要以上も以下もない こいつはこちらの攻撃を『回避』したのだ

「・・・おk つまりここからは対等なお時間なんですねわかります」
にんまりと笑みを浮かべる

とりあえず剣は四五六が持っている
ナラバ自分は拳銃を手にヴィランに向けて発砲

これは実験的な意味合いもある 果たして攻撃手段は剣だけかのか?ということだ
62 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/14(土) 22:54:49.81 ID:udlarIng0
>>60
「……うそやだ、ちょっとアキレス写真撮って写真!」

自身の姿を見て目を輝かせている七八、戦闘中!
ともあれヴィランが迫れば凛として立ち直り、剣を振るって斬撃一閃!
刀めいた所作ではあるが刃物は刃物、ズブの素人のそれとは違うであろう!
更に強化された身体能力も、その効果を遺憾なく発揮している!
63 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/14(土) 23:05:50.64 ID:8xgKvYqD0
>>61>>62
七八がアキレスの放った一撃と共にヴィランに迫る。
流石に弾丸のほうがヴィランへの到達は早いが、やはり弾かれる。
続けざまに七八の一閃。
この一撃、ヴィランが対応しきれず見事に決まる!

切っ先がヴィランへと確実にめり込む。
そのまま振り抜かんとすれば何かが引っかかる感覚。
しかしそれは直ぐにブツリと糸が切れたかのように抵抗を失った。

ヴィラン「っ!」

ベリベリと布でも引きちったような音と共に実際に破かれたのはヴィランの表皮!
黒い皮が引き千切られると蒸発するかのように表皮全てが消えていく!

ヴィラン「があっ!?」

黒い表皮を取り払われて露わになったその姿は金属製のスケルトン。
サイボーグかアンドロイドか知らないが、先ほどまでの脅威は俄然なくなっている!!
64 :四五六 七八【賽印流忍術】 :2018/07/14(土) 23:09:07.76 ID:udlarIng0
>>61
>>63
「お?」
「おおぉっ!?なにこれキモっ!!」
「第二!?第二形態ってやつ!?」

突然の変化に七八驚愕!思わず距離を取る!
しかし怖気の低下を鋭敏に察知すれば再び接近を試みて剣を居合刀めいた振り抜きで斬撃を放つであろう!

「アキレス、今なら銃も効くんじゃない!?」

そして黒い何かが消え失せた事で、先までの絶対感の薄れたヴィラン
アキレスに問い掛ける様に叫び、返す刃を煌めかせた!
65 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/14(土) 23:12:32.67 ID:JVwI6VNq0
>>62
「ウェ? ちょ ベティ!!」
四五六から突然の要望に驚くも ポケットのスマートデバイスを応援中のベティに投擲

―――ギィ!!
がってんだーといわんばかりにデバイスをキャッチ
四五六に向けて50連射が炸裂します

>>63
はやりダメか 相変わらず援護にすらならない
だが四五六が剣を突きさし そこに現れた金属のスケルトン

「・・・はは〜ぁ」
なるほど ヤバイのは表皮だけか

だが相変わらず銃撃は効きそうにない 小口径のリボルバーと対人特価の散弾銃であるが故

ナラバとアキレス ヴィランに突撃を仕掛ける そして至近距離から足元にスライディング

両足で敵の足を挟み込み 足をひねることで相手のバランスを崩し転倒させる技

その名をカニばさみ あの黒い表皮が無ければ効きそうだが 果たして?
66 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/14(土) 23:18:03.47 ID:8xgKvYqD0
>>64>>65
アキレスのカニばさみがヴィランのバランスを崩す。
そこへ七八の振るう一撃だ。
当然ながらヴィランは七八の一撃を防ごうと金属製の両腕でもって防御姿勢をとるが
手にした剣は何の苦も無くヴィランを真っ二つに切り分けた。

バチィッ!と火花が散ってヴィランの目から光が消える。
圧倒的と思われた敵のあっけない幕引きである。

剣「いかん、離れるんだ!」

しかし勝利の余韻に浸る前に剣が物凄い剣幕で喋った。
霞の如く消え去った赤い女騎士の声である。
67 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/14(土) 23:26:32.10 ID:JVwI6VNq0
>>66
「YES!! どうだファッキンクソッタr」
勝利宣言 余裕ぶっこいてくれた罰だといわんばかりにスラングを重ねようとして

「おちょちょちょちょちょ!!?」
なんかすごい剣幕で剣に怒られたので慌ててスタコラ逃げるアキレス

・・・剣の剣幕(ボソッ
68 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/14(土) 23:27:04.27 ID:udlarIng0
>>65-66
「後で送ってねー!」

バッチリ50枚全て違うポーズ!タツジン!
まぁそんなアホをやってからも、しっかりお仕事を成すのだ!

「……いえす、楽勝!」
「ちょーいいじゃんこの剣、貰っていいよね?」
「……ん?……あ、何、もしかしてそういう……?」

何となく察してヴィランの亡骸をチラリ
とりあえずこの場から全力離脱!なんなら転がっているドラム缶警備兵を救助しつつ!である!
69 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/14(土) 23:32:09.68 ID:8xgKvYqD0
>>67>>68
字面にしないと分かんないボケは本来ならNGである!

それはさて置いて察しの良い御両名はすでにお気づきだろう。
一体で暴虐の限りを尽くす悪役なんてのは基本最後は爆発四散するのだ!!

断末魔の代わりに周囲を巻き込む大爆発を起こしてヴィランは散った。

素早く行動した越境者らに被害はなく。
そして七八が助けようとしたドラム缶及び
気絶して全く役に立っていなかった越境者2名は既に爆発圏外に逃れていた。

ブリキ野郎「…」

そう何時の間にかこの戦いを見守っていたブリキのオートマタによって。
70 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/14(土) 23:39:52.22 ID:udlarIng0
>>67
>>69
「……まぁさぁ、礼儀だとは思うけど傍迷惑だよねぇ……」

パッタパッタと翼を動かしながら七八
なんだかんだポーズを取ったりしている、多分気に入ったのでしょう

「……で、あなたはだぁれ?」

仲間を助けて貰ったのだから敵ではなさそうである
仮に敵……ヴィラン側だとすれば加勢に来てもおかしくはなかったはずだ
それでも一応の警戒を怠る事なく、剣を肩に担いで尋ねた
71 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/14(土) 23:40:44.09 ID:JVwI6VNq0
>>69
「ひえ〜い!!」
爆裂資産するヴィランに頭を抱えながら逃げるアキレス

どうやら爆破の被害からは逃げられたようだ

音が収まったところで振り返って 被害の確認をしようとして
なんかブリキ野郎が生えたようですが

「・・・・・」
無論警戒度MAXである 何かあればすぐに脱兎できるようにしながら事の経緯を見守る
72 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/14(土) 23:53:25.54 ID:8xgKvYqD0
>>70>>71
ブリキ野郎
「ご苦労様です、グラディウス。
 そしてお迎えに上がりました、フォーリナー」

剣「ボスレーか!…ん?迎えに来た?」

バラバラとプロペラの音。
そして上から舞い降りてくる大型ヘリ。

ブリキ野郎改めボスレー
「お早く願います。直ぐにもWDSの方々が事後処理に訪れるでしょう」

剣改めグラディウス
「…確かにグズグズしていられないな。皆選んでくれ、我々と来るか来ないかを」

突然のお誘いである。
情報が酷く少ないこの状況。
質問ができたとしても1つか2つだろう。
さてさて、どうしたものか…

//といった形で今日は此処まで おつかれさまー
73 :アキレス&ベティ>521-522と>215 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/15(日) 00:04:45.88 ID:Rr9diLa40
>>72
「・・・・・。」
どうしよう 何も言わないが その表情はまさにそう物語っていた

何かを聞こうと思ったが 何を聞いていいやら分からなかった
そんなこんなでやっと振り絞った言葉 それは

「そもそもグラディウスってラテン語で『剣』って意味だから 改めもなにも変わってないんじゃないかな?」
余計なツッコミであった

―――ギィ!!
ちなベティちゃんはスマートデバイスを使って今しがた激写した四五六の勇姿を四五六のデバイスに転送していた
74 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/15(日) 00:16:30.31 ID:2sOey9GR0
>>72-73
「……ま、行った方が正解じゃない?」

少なくともまたあのヴィランに襲われてしまえば勝ち目はないのだから
ならば取り敢えずでも、生き残れる確率のありそうな方に着くのは七八の基本スタイルであった

「お、来た来た……ありがとベティ、めっちゃ器用だねー」

さてはて、ともあれスマホに転送されてくる写真にご満悦なのでしたとさ……

//遅れました、ありがとうございました!
75 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/15(日) 22:11:46.86 ID:Vs16lzMWo
【前回までのあらすじ…という名のシチュ構築】

 カノッサ・テクノロジー社からのランナー(傭兵)依頼を受諾した越境者達。
 対象となるのはカノッサ機関の別支部。要するに何時もの内ゲバであり、
 さほど珍しくも無い内容の依頼であった――そのはずだったのだが――

 −−−−−−−−−−−
 −−−−−−−−−
 −−−−−−−

【越境者達の降下より戦闘開始→周辺掃討完了後】

「デスデスデース!βの姉妹をオタスケのため、女子力満載スーパー最高なα-12がわざわざご登場デスよー!」

 ユニット構築型の簡易基地にて、抵抗戦を行っていたクローントルーパーβユニット(先行偵察型)の皆々へ、
 トンチキ極まる台詞と共に救援をアッピルするα-12。

「相も変わらずアホですね」「頭が痛い」「手ごろな空き缶持ってきました」

【次の瞬間には歓呼の声と共に空き缶やらスナックの袋などが次々に投擲される!ニンキモノ!】
 【全員対象:越境者達も巻き込まれて、空き缶やら何やらを罵声と共にぽいっちょぽいっちょだ!!】

「デスデス!なんて助けがいの無い連中デスか!!」

 α-12のプンスコは度外視して、戦闘終了後の経緯について解説しよう。
 降下した越境者とαユニットの強襲によりβユニットを包囲していた敵の排除に成功。しかし――

【敵は当初、カノッサの別支部の――、一般兵とアラズァヘッドの混成部隊であると見込まれていた。が、】

 実際に出くわした相手は、形状こそ人間に近しいが、第三の腕、
 異様な色の血液、言葉による意思疎通の痕跡も無く、奇妙に連携が取れすぎている軍隊…否、群体めいた動きという、
 不可解なまでの得体の知れなさに満ちていた。

【強すぎるわけでは無いが、とかく異様なのだ。この手のケースはロクでもない厄ネタに発展する危険性が高い】
 【判定(戦場経験/not戦闘経験)…戦場に身を置いた経験が豊富なほど、説明不能な不穏な気配を感じてしまうだろう】
76 :ロイ・ゴールドマン&鈴虫>500-501と>273 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/15(日) 22:21:22.99 ID:Rr9diLa40
>>75
ちな鈴虫ちゃんはα-12を盾にしてβシリーズの猛攻をしのいでいた
なお鈴虫ちゃんは自分のゲ○塗れである

そんなトンチキな空間において 眉間の皺を深く刻みながら思考にふける男アリ

タェンティースのおかげでエチケット袋が間に合ったロイ・ゴールドマンである

ロイ「クソッ・・・嫌な予感しかしやがらねぇ 嫌な予感で終わってほしいなぁ 終わってくれねぇだろうなぁ・・・」

【判定はロイ・鈴虫ともに成功:ロイは兵士として 鈴虫は荒事専用エージェントとして戦場の経験は豊富だった】

ロイ「まるで意思疎通もなく連携する連中 変異したとしか思えねぇ造詣に血液 そして魔力の気配と幻想でない症例」

ロイ「昆虫めいた・・・というよりは 操り人形めいている・・・が 情報がなさ過ぎて断定できん・・・」
ちな鈴虫ちゃんはα-12を盾にしてβシリーズの猛攻をしのいでいた
77 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/15(日) 22:23:00.49 ID:Dj078Uk00
>>75
「お前日ごろ何やってんだよマジで、
 普段嫌われてたって救助に来たら流石に感謝されるもんだろ」

スカーンッ!と空き缶が額に直撃。

「づっ!?……よしコラ今空き缶投げた奴、特別に俺が救援してやるよおおおおおおおっ!!」

お嬢様と別れてからあまり自制する気がないのか喧嘩っ早さが目に付く壮年の元執事であった。

「にしてもなんだな?聞いてた話と違う部分が結構あるような気がするんだが…
 まあドンパチ込みの任務なんてそういうもんか?」

あまり不穏な気配を察していなさそうなのが一人呟く。
78 :タェンティース・イルム E.月光.赤刃.ヘルメスの靴 [saga]:2018/07/15(日) 22:31:04.61 ID:ztH+Pjm60
>>75
「……、」

半人は遠く離れた血族の姉妹たちとの邂逅を喜びながらも、しかし敵の異質さに怖気を感じていた
丁度空きカンが乗っかった頭を振って様々を振り切る

「……わたしは……少し、ここの防衛に当たります」

要するにスローな参加なので、取り敢えずこれだけお邪魔しますなのであった!
79 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/15(日) 22:51:10.39 ID:Vs16lzMWo
>>76

「ミートシールドとはいい度胸デス!しかし盾になる役割はチェンジデス!」

 鈴虫とα-12の醜くもアホな争いが勃発。
 どっちも互いを盾にしようとします。何たる不毛か!!

>>77

「実に恩シラーズな連中デス!ふぁっきんむーぶ!」

 しかして、よく見ればプンスコするα-12は何処と無くほっとした様子で、
 んでもって、救援された側も様式美めいた空気がある。ようするにそういう事らしい。

 −−−−−−−−−−−−−−−
【全員対象】

 カノッサ簡易ベース内を案内される越境者達。
 流石に天下のカノッサ機関均整らしく、一通りに施設が揃っている。

【衛星軌道上より拠点ごと兵員を降下させる。出身世界如何ではそのスケールに現実味が持てないかもしれない】
【そして、傭兵(ランナー)と鈴虫を除く全員がクローンユニット。皆が皆、同じ顔という環境は中々に特異なモノだ】

「状況の説明です。今回の戦闘はカノッサ機関支部同士の資源/技術獲得紛争にカテゴライズ。
 所謂、統制・制御された戦争行為の範疇で行われる戦いのはずでした。
 互いに現地の有力な勢力に深く入り込み、あとはどちらが支配権を確立するか?という段階です」

 β-69は基地内を案内しながら、中空にホロディスプレイを投影させて状況の再確認・説明を行う。

「今から112時間前、戦闘行為を行っていた戦闘社員より突如通信が途絶。先行偵察のため、我々βユニットが投入されました」

 そこで、まず明らかになったのが、惑星全域に渡ってあらゆる通信を阻害する何らかのジャミングが張られていたこと。
 そして、調査を進めているうちに、異形と化した敵性存在との戦闘に突入した。

「結論から言えば、我々が戦闘を行っていたのは、元々のターゲットだったカノッサの別支部の連中でした。しかし――」

 説明と共に別のホロディスプレイが投影。さらに、手術室…否、解剖室らしき部屋を窓越しに確認することになる。
 手術台に乗せられているのは回収された敵性存在の遺体だ。

「遺伝子レベルで改変…否、汚染されていました。幾つかの未知の器官も検出されています。
 解析の結果、どうもテレパスめいた意思疎通手段も持っているらしく、有機的な連携…群体めいた行動の理由となります」

 言葉から…どうやら人間のようである。最も、元人間というべきか、あるには人間に擬態した何かと化しているというべきか。

「救援に来ていただいて感謝しています。生体兵器運用部門の英断に感謝を。
 現状、我々は孤立した状態にあるということをご理解ください」

 ドロップポッドによる降下…すなわち行って来いは簡単なれど、そこからの離脱もそうかといえば全くの別問題となる。
 そして、現状、衛星軌道上のスペースシップと連絡が取れない。正確な情報のやり取りが出来ない孤立した状態となっている。

「何か質問は?」

 先行偵察専門のクローンユニットだ。質問すれば何らかのアクションが返ってくるだろう。

【現状…カノッサ支部との戦いが妙な方向にねじれはじめている】
【敵存在…元・カノッサ支部の兵士。何か別のモノに成り果てている】
【環境…この惑星自体はさして価値はない。あるには技術者と伝えられてきたテクノロジーだ。惑星の現状は…どこか説明しづらそうだ】
80 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/15(日) 23:05:52.98 ID:Dj078Uk00
>>79
「…あーくそ、なんつーか爺さんたちを思い出すなこりゃ」

似たやり取りなら胡散臭い老執事やハイライトのうっすい新人との経験がある。
早くもホームシックだろうかこいつは!

「あー…」

イマイチ理解し辛そうな顔で壮年が手を挙げる。

「支配権を確立すんのが勝利条件なのは何となく分かったんだが…
 素人目に見ると敵さんがカノッサ機関支部の体裁を保ってるように見えねんだけど。
 それを前提に機関同士の統制・制御された戦争行為の範疇外になってたら如何する?
 下手すりゃ一方の全滅をもっての戦争終結っつー一番やべぇやつにならねえか?」
81 :ロイ・ゴールドマン&鈴虫>500-501と>273 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/15(日) 23:08:38.57 ID:Rr9diLa40
>>79
鈴虫とα-12 互いにバックを取ろうとその場をグルグル回る その間に当たるアキカンやらスナックやら

〜それからどうした〜

ロイ「けったくそわりぃ・・・」
手術室から人間の成れの果てを覗く

ロイ「バケモノ間はテレパスか…さて」

ロイ「この任務の最終目的は原因の究明か それともこの星からの脱出か それをはっきりさせろ」

いつもの物資は持ち込めているが それでも原因の究明が目的なら心許ない
元より準備万端で会ったことなどないが それでもスタンスははっきりさせておきたい

ロイ「それと現地住人は? 変異したのか そして敵対したのかを知らせ」

鈴虫「よぉ この弄られた阿呆は元カノッサのエージェントなんだろ?
   つまりは能力者だっていたはずだ そいつらはこんな体になってまで能力が使えたのか?」

鈴虫「奴らの分布はどうなってる どこに行けば楽しそうだ?」

鈴虫はただ戦いに関することを聞いてきた
82 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/15(日) 23:38:00.26 ID:Vs16lzMWo
>>80

「実際、体裁を保っていません。そう判断しました」

 ウォルターの質問にさらに複数のホロディスプレイが表示されるが、
 その殆どが、眉根をしかめるシロモノといわざるを得ないだろう。

「遺伝子汚染を受け、人間に近しい別種の生き物と化した連中は既に支部を掌握していた模様です。
 汚染経路はこの惑星の原住民…どうやら得意なカルト宗教集団を形成していたようですが、
 もはや、思想・生態的にカノッサの支部としては認定できないですね。無論、統制された戦闘を既に逸脱しています」

 ウォルターの懸念は概ね正鵠であると語られる。もっとも、正解しても嬉しくもない内容であるが。
 そして、もう一つ、一方の全滅を以って戦争終結という懸念については、捕捉を得られた。

「互いが最後まで潰しあう状況にはなりえません。遺伝子汚染は既に惑星に深く根を張っていました

 そう、ディスプレイに表示されるのは、首をもがれて晒されている惑星総督とそのファミリーの遺体。
 居住区の多くが虐殺の憂き目にあっており、住人を護るべき兵の多くは、汚染者達に取って代わっている。
 なるほど一方の全滅を以って終結するという場合は一択、すなわち、こちらが全滅した場合の強制終結のみであろう。

「48時間で惑星人口の約30%が消失しています」

>>81

「原因の究明という段階は超えていると判断します。目的は技術者・住人の救助と惑星からの脱出となるでしょう」

 つまり、βユニットは既に惑星の放棄にまで自体は悪化していると判断している。
 そして、当初の目的であるテクノロジーの回収は人命の救助と含めて行われると。

「現地住人は大半は変異していない一般人です。しかし、軍隊などの暴力機構は既に乗っ取られ、
 行政機関はほぼ麻痺しました。――助けられるのはおそらく極一部のみとなるでしょう」

 ロイには理解せざるを得ないだろう。状況が既に詰んでいる。既に社会システムは崩壊した。
 膨大な従軍経験がそれを裏付けている。これは勝算の無い戦い≠セ。
 だからこそ、越境者の役割は重大だった。完全なる絶滅か、可能な限り救い得る手を引っ張り上げられるか。

「敵対能力者は能力を維持…一部拡張されています、優れた能力者ほど人間の原型を留めていない有様ですが。
 アラズァヘッドのクローンユニットとは一度も遭遇していませんので、現状不明です」

 そして、鈴虫の質問にも答えるβ-69。そして、さらに状況が切迫していることを示す。

 −−−−−−−−−

【全員対象】

「こちらを――」

 新たなホロディスプレイの投影。それはデータである。
 専門的なことを省くと、遺伝子汚染者達が用いるテレパスであるが。
 群体としての強力な思念が外宇宙に向けて放たれていることを示唆している。

「何かを招いています。思念波の密度からの推測ですが、到着は7日後。
 規模はおそらく数千万から億を越えるだろう何かです。なお、この惑星内だからこそ観測が可能でした。
 スペースシップからは観測できない…知る手段はないでしょう」

【ゲームオーバーまでのタイムリミットであると示唆】
【そして、迫る危機的状況を外部に知らせる手段が無い。支援はスペースシップの自己判断という不確実に拠るところが大きい】
83 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/15(日) 23:47:03.04 ID:Dj078Uk00
>>82
「もう惑星爆破しても可笑しくないレベルの案件になってねえ、これ?」

変異した何かが外宇宙から招き入れる正体不明の大軍勢。
撃退するには規格外サイズのスーパーロボットが必要だろう、と壮年は思った。

「とりあえず脱出手段を確保しつつ生き残りの確保に動くって事になるのか?
 正直戦闘なんざやるだけ無駄って告知されてるよな、この状況」
84 :ロイ・ゴールドマン&鈴虫>500-501と>273 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/15(日) 23:56:04.74 ID:Rr9diLa40
>>82
鈴虫「いいねぇ 実に面白そうじゃねぇか」
にんまりと破顔する鈴虫 退屈しなさそうな戦場にご満悦である

ロイ「おk ろくでもないことはよくわかった 要救助者はこれから助けに行くのか?
   それともここにいるのか? ったく タフな依頼になりそうだ」

ぐったりと答えるのはロイであった

ロイ「さぁ足掻くとしよう もうクルトのようなヤツを作るのは御免だ 助けられそうな輩は須らく助けないとな」
85 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/16(月) 00:13:04.70 ID:phDr8qwMo
>>83

「そのとおり。実際、大規模な戦闘はやるだけ無駄でしょう。
 局地的な戦闘を幾つか重ねて速やかに脱出。そのためのクローントルーパーです」

 元々、小規模な局地戦の複合状況を得意とするのがα-12をはじめとしたαクローンユニットだ。
 そして、越境者もまた、個々人の能力に秀でているためにそういった状況を得手とする。
 つまるところ、適材適所は既に為されているというわけだ。未来そのものは暗雲が立ち込めたままにせよ、であろうが。

「最終目標はむろん、惑星からの脱出ですが、その前に幾つかやるべきことがあります」

>>84

「普段が給与ドロなのですがら、ここで精々働きまくってください」

 やっぱし、鈴虫には塩対応。戦闘エージェントとしては有能であると理解しているが、
 普段の大股開きでぐーすかなアレはおにゃのこ中心なクローントルーパーには大不評なのだ!

「要救助者の救助はこれから3時間後に作戦開始。あと。幾つか問題がありますが――」

 −−−−−−−
【全員対象】

「今回の作戦は3段階に分けられます。1、現地住人の救出。これは三時間後に行動開始です」

 これはわかりやすい内容である。カノテクとしても当初のテクノロジー確保のためには、
 それを継承する技術者の救助は必須案件。そして、救助活動を行うことはその自発的協力を得るためにも大きな要素だ。

「2、現地ゲートの破壊です。汚染者の中に数人の越境者が確認されています。
 相手はまだ、その重要性に気づいていませんが…世界座標のスクリーミングが為された場合、
 最悪のケースとしては別の世界に敵戦力が浸透しかねない状況が発生します」

 コレはまさしく最悪のケースだろう。想像するといい。
 故郷世界やスクラップヤードに前触れもなく数万数億の悪意ある遺伝子汚染とそれを為す存在が浸透。
 それは悪夢以外の何物でもあるまい。そういった可能性がある以上、天運に委ねるより、可能性の芽を絶つ必要がある。

「3、宇宙港の確保。シャトルなりを使うにせよ、スペースシップが救助艇を降下させるにせよ、
 現地民を伴った脱出作戦となる以上、これは必須案件となります。これが今回の流れです」

 ここでちらりと、β-69はα-12と鈴虫を見やった。「デス?」と当人は首を傾げるのみであったが。

【トンチキであるが、紛れも無く最高のクローンユニットと、バロウズの懐刀、そして越境者の援軍。
 不可能性の戦った作戦に希望が持てる最高の戦力が投入されたのだ。基地内の士気は当人達が自覚する以上に実は高まっている】

「困難な任務となりますが…円環蛇の加護あらんことを」

 寄せられる期待は大きい。そして為さねば屍をさらすのみとなる。
 エターナルチャンピオン(永遠の戦士)たる越境者らしい修羅場が形勢されたのだ。
86 :ロイ・ゴールドマン&鈴虫>500-501と>273 ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/16(月) 00:23:14.48 ID:bUGca5r10
>>85
鈴虫「それでどこに言ったら化け物の殺し間n」

それからどうした

鈴虫「―――! ―――!」
とりあえず時間まで簀巻き&猿轡をさせておかれた鈴虫をよそに話を詰めるロイ

ロイ「現地の様子と地図を可能な限り用意しろ あとは柔軟に対処して救助者を搬送する」

ロイ「どうにも幻想臭くないが やっていることは黄昏の眷属みたいなもんだ モノホンだったら俺の知っているッ兆候があってもいいんだが…
   分からないんじゃしょうがない 注意するほかないか よしやるか!!」

自らの頬を張り気合を入れ 最初の任務に赴くロイであった
87 :ウォルター ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/16(月) 00:29:40.83 ID:htQYco/U0
>>85
「あー…ゲートの破壊か、失念してたな。
 ただ俺はここの部分はやれそうならやる位の重要度でいいと思うんだが」

爆発的速度で広がる悪意の侵攻。
確かに義憤にかられ、これを阻止するために動くことは正義だ。
しかし一組織で対処しきれる事案でないのは不確定ながらも
既に凄まじい規模と推測されている敵集団の数からみて明らかだ。

「穿った見方をすりゃ遅いか早いかだ、この手の存在の侵攻は。
 だから全体の流れを遮る程の事じゃねえと意見させてもらうぞ。
 遅いに越したことはないってのは真っ当な話だろうけどよ」

全体的に見てこの集団の士気は高い。
おそらく三つの作戦どれをとっても全力で事に当たるだろう。
壮年はそれが不安になる。

「…長丁場だ、何処までベストを保ってられるんだろうな」
88 :α-12【ディープメイカー ver.α】>>507 [saga]:2018/07/16(月) 00:35:41.02 ID:phDr8qwMo
>>86

「遺伝子プールの汚染はあくまで魔力由来ではなく生物学的なモノです。
 混在こそしていますが、アナタの知識の範疇外でしょう」

 しかし、訪れる破滅には大差はあるまい。やるしかないのだ。


>>87

「…眠くなくなってハイになるオクスリなら支給可能です」

 これで壮年のおさーんもご安心だNE!!

 −−−−−−

【全員対象】

「デースデスデス。万事、α-12と愉快な仲間たちにオマカセデス!」

 ひっじょーに気の抜けるテンションはα-12は実にα-12である。
 こうして、危険きわまる作戦は開始されるのだった。

//おちまい。
89 :『毒を以て善を証す』 ◆9vmr0jXsek [sage]:2018/07/18(水) 21:53:05.10 ID:QNGQH1AiO

――これまでのあらすじ

君たちはまたまた面倒な事件に巻き込まれ、ソレを解決した。
事件というのは、猛毒の湧き出る泉と、その泉を神体として崇めるカルト団体が毒を以て町一つを神への贄としようとしていたというものである。
運がいいのか悪いのか、それを事前に察知した君たちはこのカルト団体と猛毒の泉を粉砕してやったのだが――。(詳しくはごそーぞーにお任せだ)

何かそれがきっかけとなってしまったのだろうか?
君たちはある晩、いつも通り眠りについたはずだが――ふと、目が覚めれば――。

――見しらぬ、見知らぬ空間にいたのだ。君たちは着ていた衣服ではなく、白っぽい襤褸切れを纏っている。
持ち物は……

【幸運判定(中):運がよければ、寝るときにも持っているようなものだけは手にしているとわかる】

奇妙な空間に飛ばされたことについて動揺せず、あるいは落ち着いてからあたりを見渡せば、ひとまず周囲のことはわかるかもしれない。
とりあえず、寝起きでわかることは、ここが知らない、白く狭い部屋であること、自分は白っぽい襤褸切れを着ていることぐらいだろうか。
90 :ユノ・ダルク【ヴァー・ヴィクティス】E.ぶかぶかマント [age]:2018/07/18(水) 21:57:48.36 ID:tGv8hbxm0
>>89
「……ボロボロっす、なんっすかこれ……」

ユノは眉間にしわを寄せて唸っていた
マントに包まって寝ていた為、幸運な事にこれは持ち込めたようだ

「越境にしては不思議っすね……」
「うむむっ……」

取り敢えず部屋の中からの脱出を試みているのか、扉なり窓なりを探している様子
91 :マキナ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/18(水) 22:04:21.11 ID:sTsiAPso0
>>89
凹凸が少なく厚みもない色彩の乏しい隠密性に優れたボディ(本人談)を
白っぽい襤褸切れで包んだ大分背の低いアルビノ娘が目を開ける。

「成程…布教の時間ですねっ!」

ここ最近、装備を奪われ、脚を奪われ、当社比70%の戦力ダウンを経ている鋳造少女。
メンタルは相変わらずヤベーまんまである!

「さあ、何処の誰がFMMの教えを待っているのですか!」
92 :『毒を以て善を証す』 ◆9vmr0jXsek [sage]:2018/07/18(水) 22:12:36.98 ID:QNGQH1AiO
>>90-91

ひとまず落ち着いてまず、この部屋について、二人が見渡す範囲でわかることは……。

・この部屋に窓がない。明かりは、天井からぶら下がる、心もとない、古臭い裸電球のみ。
・部屋は正方形をしており、四つの扉がそれぞれの方角にある。
・この部屋の中央にはプラスチック製らしいテーブルと長椅子があり、テーブルの上にマグカップと砂時計が置かれている。
・マグカップの中には、無臭の赤い液体がなみなみと注がれている。
・砂時計は大きく、砂は落ち始めたばかりだ。何分計なのかは、【知識】があれば推測できそうだ。

というところだろうか。より詳しく知りたい場合は知りたい箇所をよく調べてみるといいだろう。

そしてマキナの不幸は、現状、話が通じそうな生命体がユノのみであるということか。
93 :マキナ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/18(水) 22:16:53.79 ID:sTsiAPso0
>>92
「……よし、何処か別の部屋に行きましょう、きっとそこで布教が出来るに相違ない!」

周囲を見回し、とりあえず適当な扉の前へと移動する。
方角?特に気にしてないから適当に処理していただく!

「お邪魔します、布教のお時間です!」

ノックしてからの扉勢いよく開放!
94 :ユノ・ダルク【ヴァー・ヴィクティス】E.ぶかぶかマント [saga]:2018/07/18(水) 22:25:08.50 ID:tGv8hbxm0
>>92-93
「ふぅむ……?」

何やら面妖な様子の部屋だと唸る
砂時計は大した知識もなく、ただしかし10秒ほど見つめて動いた全体量から漠然と大体何分くらいかなとの予測くらいは立つだろう
赤液体も気にしてみたいところだが、

「あ、そっち行きますっすか?」
「じゃ、私はこっち」

マキナが動けばカップは後回し、正反対の扉の前に立ってコンコンとノック
んでもってノブに手を回しフツーに開こうとするだろう
95 :『毒を以て善を証す』 ◆9vmr0jXsek [sage]:2018/07/18(水) 22:32:52.15 ID:QNGQH1AiO
>>93

ではマキナは西側の部屋に入っていく。
残念ながらヒトは存在しない。ここも、特徴の薄い正方形の部屋のようだが、明かりは電球ではなく、机の上に置かれたキャンドルのようだ。
四隅に本棚が置かれている。何か調べることができそうではあるが……。
何もわかってない現状で役に立ちそうな資料を発見するのは運が絡むだろう。

【幸運(強):『紅毒の夢について』という本があるようだ】

>>94

ではユノは東側にあるドアのノブをひねる……と、鍵がかかっているとわかる。
力づくで壊すか、ピッキングする必要がある。

このまま東側の部屋に強引に入るか、元の部屋をよく調べるか、違う部屋に入るか、がユノが今とれる行為だろう。
96 :ユノ・ダルク【ヴァー・ヴィクティス】E.ぶかぶかマント [saga]:2018/07/18(水) 22:35:47.42 ID:tGv8hbxm0
>>95
「……うーん?」

周囲を探り鍵を探した、彼女にピッキングなどの技能はない
なんならブチ破る手もあるのだが、他にふたつも選択肢がある以上他の扉を試してみましょう
東扉から右の、南扉に向かってレッツトライ!
無理なら最後の扉に行って開きます、それでもダメなら力技!なのである
97 :マキナ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/18(水) 22:36:48.85 ID:sTsiAPso0
>>95
「本しかない!」

マキナが求めているのは布教相手である。
本に用はないとUターンして次に部屋に向かう。
残っているのは北と南。
とりあえず何も考えず北の扉をノックしてドーン!である。
98 :『毒を以て善を証す』 ◆9vmr0jXsek [sage]:2018/07/18(水) 22:49:25.75 ID:QNGQH1AiO
>>96

南側の部屋へと続く扉は開いているようだ。
中へ入ると、何か荒い呼吸音の何かが存在するとわかる。

――それは翼の生えた大蛇であり、赤い舌をちろりと覗かせている。
大蛇はとぐろを巻いて部屋の半分以上を占拠しており、ギロリとユノを睨みつけている。

【任意の精神ダメージ。この翼の生えた大蛇は、人に本能的な恐怖を抱かせる】

この部屋には大蛇以外にも何かがあるように見えるが、大蛇が邪魔でよく見えない。
確認したければ、この大蛇をどうにかする必要があるが……。

【遅まきながら、先ほど調べた砂時計はおおよそ一時間ほどの時間をはかれるもののようだ。現在、気が付いてから10分ぐらいたっている】

>>97

北の部屋にも生き物はいない。
どうやら一般的な厨房であるようで、この部屋だけは天井に蛍光灯があり、それで照らされていてとても明るい。
厨房にある一般的なものは一通りあり、ガスコンロの上には大きな鍋がある。
これ以上のことは、布教相手以外のことも気に掛ける必要があるゾ。
99 :マキナ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/18(水) 22:57:12.27 ID:sTsiAPso0
>>98
「…ふーむ?」

何だろねコノ用意しました感ありありの部屋の数々、と首をかしげる。

「開いていないのは東の扉…
 鍵を探すにしても砂時計を設置しているところを見ると時間制限が存在するんでしょう。
 よし、壊しましょうか!!」

またも踵を返し迷いなく東の扉へ、そしてテレフォンパンチを繰り出す。
現状で人造少女が出来るのは比類なき怪力と頑健を使った行動しかない。
100 :ユノ・ダルク【ヴァー・ヴィクティス】E.ぶかぶかマント [saga]:2018/07/18(水) 23:01:14.38 ID:tGv8hbxm0
>>98-99
「……あ、こっち蛇がいますっすよ」

マキナへ告げる最中も視線を離す事は皆無
精神への攻撃は任意程度であれば無効化となるであろう
彼女の持つ『無邪気の邪気』のスキルは多くの精神攻撃に対する耐性を意味している真っ直ぐに歪んだ精神の在り様を示しているのだ

「お話は通じますっすかね?こんにちはーっす」

警戒を強めたまま取り敢えずご挨拶、なんなら排除も視野に入れてはいる
101 :『毒を以て善を証す』 ◆9vmr0jXsek [sage]:2018/07/18(水) 23:08:25.59 ID:QNGQH1AiO
>>99

東の扉を破壊すると、おめでとう、ようやくユノ以外のヒトを発見する。
それは痩せた銀髪の少女であり、手には小さな拳銃をもっている。
そして、彼女の着ている白い襤褸は、血に塗れている。
彼女の足元には首のない、男性らしき死体が転がっている。その手には何かを握っている。

「……」

血に濡れた少女は入ってきたマキナを見上げているが、口を開く様子はない。

>>100

翼の生えた大蛇は返事を返すことはない。言語を解す類ではなさそうだ。
あるいは理解して無視しているのか、さもなければ蛇語なら会話できるのかもしれない。
近づかなければ暴れる様子はないが、蛇は無言の圧で『近づくな』とにらんでいるように見えるだろう。
102 :マキナ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/18(水) 23:15:42.41 ID:sTsiAPso0
>>100
「蛇?…話が通じるようでしたら後で布教をさせていただきますよ!」

ちらとそちらを見るバーサーカー宣教師。
まだどんな蛇か見てもいないけど、
見ても精神構造が常軌を逸しているコレに如何ほどの問題があるかは不明。

「南の部屋はペット部屋か…」

>>101
「…」

マキナは一瞬息をのむと

「よっし!やっと布教が出来るっ!!」

ガッツポーズである。

「…やーやーこんにちは!こんばんはかもしれませんが!
 もしかしてそのヒトやっちまいました?
 後悔しているなら悔い改めて我が神に祈りませんか!!」

満面の笑みで勧誘を始める。

「ん?でも拳銃でヒトの頭は吹っ飛ばないかー…
 失礼!濡れ衣でしたね!それはそれとして入信はいかがでしょう?」
103 :ユノ・ダルク【ヴァー・ヴィクティス】E.ぶかぶかマント [saga]:2018/07/18(水) 23:16:17.20 ID:tGv8hbxm0
>>101
「……何かありそうっすけど……」
「うーん、退いてくれませんっすかね……!」

その身にラスボス的存在としての覇気を纏い、威圧風として吹き付けさせる!『威風』のスキル!
これで退く、大人しくなる様ならばそれで
もし通じる事がない様ならば色を帯びた疾風となり踏み込み、大蛇の顎目掛けて振り子アッパーを放たんとするであろう
104 :『毒を以て善を証す』 ◆9vmr0jXsek [sage]:2018/07/18(水) 23:25:14.36 ID:QNGQH1AiO
>>102

少女は『何言ってんだこいつ』とでも言いたげな様子で半歩後ずさる。
それから、喉と口を押さえる仕草を見せた。どうやら口は聞けないようだ。

少女はマキナを見上げているばかりで、目立った自発的行動はしない。
幸い、言葉自体は理解しているようだが……。

>>103

威圧を受けた蛇は一瞬たじろいだように見えたが、お返しとばかりに大口を開けて威嚇する。
その低く響くうなり声はある種の邪悪な神性すら感じさせるものだ。
ユノは何か、邪なる上位存在に繋がってしまう悪寒のようなものを感じるかもしれない。
105 :マキナ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/18(水) 23:33:48.85 ID:sTsiAPso0
>>104
「んー…ダメですか!仕方ありませんね!入信したくなったら何時でも言ってくださいね!
 あっ、喋れない?大丈夫ですよ!今の世の中、手話とか携帯端末で意思疎通できますからね!
 …今持ってないですけどね!!」

そう言えば所持品一式無くなってるなあと今更気が付く。

「まあとりあえず此処からとっとと抜け出しましょう。付いてきます?歓迎しますよ!
 因みに此方に倒れている男性はお知り合い?」

何か持ってるなあ、と男の手の中のものを確認しようと。

106 :ユノ・ダルク【ヴァー・ヴィクティス】E.ぶかぶかマント :2018/07/18(水) 23:40:14.31 ID:tGv8hbxm0
>>104
「……ラスボス、」

開かれる大口、既にユノの輪郭はボヤけそれは残影である

「打開頂門ッッッ!!」

指を編み込んで組みフルスイング振り子アッパー!頂点でほどき振り下ろしの強掌底撃!
いくつものプロセスが重なり合ってひとつの技として完成せし、これぞラスボスアーツのひとつ!
上位種?その手の存在へは全くの無敬だから仕方ないのだ!
107 :『毒を以て善を証す』 ◆9vmr0jXsek [sage]:2018/07/18(水) 23:46:19.88 ID:QNGQH1AiO
>>105

ついてくるか、という発言には小さくうなずく。
男は知り合いか? という質問には首を横に振った。

男の持っているメモには

それは 名前もない 貴方の 下僕です。
言われたことは 嫌でも 絶対に 従います。
無口だけど 人懐っこい 良い子なので 可愛がって あげてください

――とある。

>>106

鋭いアッパーにより、大蛇は翼を揺らしつつ、苦悶に吼えた。
確かな感触がユノに伝わり――大蛇はやがて動かなくなった。

大蛇の邪魔を受けずに部屋を探すと、目立つ位置に、象の頭をしたヒトガタの彫像を見つけるだろう。
それを文鎮のようにして、メモが挟まれている。内容は――

中天に上る儚い太陽
黒染めの夢の知識
干すべき毒はそこにある

――とある。
108 :マキナ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/18(水) 23:50:56.67 ID:sTsiAPso0
>>107
「…おかしいな、そうしたら入信は断られないのでは……?
 いや、自由意思で決めろと言っているようなものだから拒否された?
 ………よし、深く考えるのはやめよう!とりあえず次はどこに行けばいいのかなーっと!!」

部屋は全て把握した。
バトルの感じも察したし、ユノと合流するのが良いだろうと動く。

「朗報です!可愛い妹分ができましたよ!」

悲報、バーサーカー宣教師、脱出に関する情報未だゼロ。
109 :ユノ・ダルク【ヴァー・ヴィクティス】E.ぶかぶかマント :2018/07/18(水) 23:54:21.57 ID:tGv8hbxm0
>>107
「ふんすっ!」

ドヤ顔!乱暴!暴力主義者!
一応ラスボス見習い、つまり根本が悪者サイドだから仕方ないね

「ん?……うむむ?」

メモや文鎮を見比べて唸り、マキナに確認

「これって何が書いてあるか分かりますっすか?」
「暗号みたいなんっすけどー……」

ついでに、何かありました?と彼女に探索の成果を確認しつつ合流を目指す
多分その場所は儚き太陽の揺れる、目覚めた部屋であろう
ふと暗がりの本の部屋に視線をやった、今のところ特に理解はしていないようだが
110 :マキナ ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/19(木) 00:05:49.00 ID:yTypHJhl0
>>109
「…あーはん?」

バーサーカー宣教師がユノから伝えられたメモをじーと見つめる。

「『中天に上る儚い太陽』
 …これは中心の部屋の天井からぶら下がる心もとない古臭い裸電球の事でしょうねえ。
『黒染めの夢の知識』
 …が具体的に何なのかは分かりませんが、
 知識と銘打っているので本じゃないでしょうか、用意された部屋からして。
『干すべき毒はそこにある』
 …とあるように豆電球と本に毒があるようですねえ?
 干すべき、と強く書かれているからして毒が脱出への鍵なんじゃあないですか?
 でも『干す』ってなんでしょうね、この場合?まさか天日干しの事ではないでしょうし」
111 :ユノ・ダルク【ヴァー・ヴィクティス】E.ぶかぶかマント [saga]:2018/07/19(木) 00:15:23.78 ID:sRu2F4kR0
>>107-108
>>110
「……ありゃ、これまた可愛いっすね……お名前はなんていうんっすか?」

無口な少女に対して、屈み込み笑顔で尋ねた。多分返事はないでしょう

「あー……」
「ふむふむ、そういう事っすかぁ」
「……干す?もしかして飲み干す?えー……毒を飲むって事っすかねもしかしてー……」

多分大概の毒に対して致死に至らぬ程の体質ではあるが、だからといって喜んで飲むかと言われれば別だ
マキナの推察に頷きながら、取り敢えずマグカップを見やるのでありましたとさ……

//ありがとうなのでしたっ、また宜しくなのですよっ!
112 :四五六 七八【賽印流忍術】 [age]:2018/07/20(金) 22:49:59.20 ID:6J4uowuG0
狭間のスクラップヤード
越境世界の片隅のここにも四季は巡る、今年も夏がやって来る

「……あッッッつい!」

そしてそれは、一部の越境者達のその言葉から始まった!

「はいはーい、その辺にそれは積み上げてー……」
「……この辺がシャワーになるじゃない?こっちはちっちゃい子達のでー……」

ユノやら半人やら、力仕事の得意な連中数人と何やら大掛かりな作業を行う七八
普段はこの手の仕事の時は我先に逃げ出し美味しいところだけを満喫する彼女にしては珍しいことだ
113 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/20(金) 22:54:40.61 ID:j5qHsf1V0
>>112
アキレス「ホーム スイート ホーム なんつって」
ロイ「何かやってるのか?」
―――ギィ!!

ゲートが開き 現れたのはロイとアキレスご両人

さて なにやら炎天下の中で何か作業をしている様子

ロイ「何をやるんだ? 手伝うぞ」
アキレス「俺はクーラーのある部屋でやすんでようかなぁ…なんつって」
―――ギィ!!

手伝いを申し出るロイと べティによって強制参加させられるアキレス
はたして一体何をやっているのでしょう

ギガース「・・・。」
ちなギガース君も初期から手伝わされていた
114 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/20(金) 23:04:21.81 ID:6J4uowuG0
>>113
「えっほ、えっほ……」
「……あ、おっちゃーん、アキレスベティ!」

ちょうどよかった、と何やら手書きの設計図を見せ付けられるであろう!
『スクラップヤード・プール計画』
どうやらプールを建造しようとしているらしい、ほぼ人力で

「いやー、手を付けたはいいもののなっかなか終わりそうになくってさー」

参った参ったと苦笑、汗だくである

「一応ほら、流れ着いた資材でモノはなんとかなりそうなんだけどー」
「掘ったり埋めたりが大変でねー」

今はどうやらプール部の穴を掘って、そこに資材を敷き詰めるカタチで作ろうとしているらしい
115 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/20(金) 23:14:32.97 ID:j5qHsf1V0
>>114
手書きの設計図を見せてもらって

ロイ「これは誰が描いたんだ?」
素朴な疑問のロイである

ロイ「しかしこれだけのモン作るとなると大変だな・・・まぁいい やったるか
   アキレス ルシオラを探して来い 力仕事はいい訓練になる」

アキレス「おっけーい」
言うが早いか ミツバチ軍団がスクランブル スクラップヤードを探し回る
発見され次第こちらに向かうようす向ける様子

ギガース「・・・・・。」
ちなギガース君は高所に資材を持ち上げる作業に没頭していた

ロイ「さぁ さっさと終わらせちまおう 夏が終わる前に仕上げるぞぅ」
116 :四五六 七八【賽印流忍術】 :2018/07/20(金) 23:24:39.13 ID:6J4uowuG0
>>115
「もち、私!」

一応定規とかは使ってあるし、それなりに見えなくはないがシロウトレベルである
ツッコミ所が満載だけどなんとかなるんじゃね?な設計図!

『……ひえぇぇぇっ!?』

しばらくして蜂に追い立てられるように走ってやって来るルシオラ、まんまと戦力確保!
ギガースが積み上げた資材を半人が受け取り運びユノの掘った穴にはめ込んでいる正に手作業!

「よーし、おっちゃん達来てくれれば百人力!」
「がんばろー!おー!」

どうやら七八、余程プールに入りたいらしく結構な気合の入り方
実際ピッチも上がり、夕方前にはある程度カタチが出来上がりかけてきているではないか!

「……ふぃー……」
「あとは明日だねー、中に敷き詰めた上に耐水塗装でコーティングしてー……あ、その作業はアキレス監督頼んでいいー?」

皆んなで卓を囲み、ポカリなドリンクを頂きながら
117 :野郎ども ◆Lad0HbZVndK6 [sage saga]:2018/07/20(金) 23:40:06.10 ID:j5qHsf1V0
>>116
ロイ「・・・少し修正しておくか」
と どうしても無理がある場所だけ書き直すろいであった

ロイ「これも一種の『堕落求めて勤勉に行き着く』か」
プールに入りたいがために汗だくで作業している辺りがそれだと思ったのだろう

ロイ「おー」
アキレス「お・・・おー」
―――ギィ!!

元気いっぱいの皆さんに付き合う形で拳を振り上げた

〜それからどうした〜
アキレス「おっけーい塗装は任せろーバリバリ」
―――ギィ!!

やめて!といわんばかりにハサミを振り上げるベティをよそに食堂に引っ込むロイ

ロイ「たしか・・・作っておいたコンポートが・・・あったあった」

出てきたロイがもってきたのは ペンギンさんのかき氷機である

ロイ「モモとブドウとメロンと梅でコンポート(果物を砂糖水で煮込んだ者)を作ったんだ
   こいつをシロップにかき氷でもいかがかな?」

がりがりと容器にかき氷を生成しながら問うた
118 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/20(金) 23:45:36.19 ID:6J4uowuG0
>>117
「……ン?何?」

堕落求めて……の件は聞こえてなかった模様、それ程集中していたのだね
設計図もバッチリになったしよかったよかった!

んでもってからに?

「……んふふ、この調子ならすぐに出来ちゃいそうだねー」

実際作業は大幅速まり、夏終わり所か7月中には完成の目処だ
働き詰めの一同、しかし割と元気なのもその希望があるからであろう
最もルシオラは魂が抜けたようにチーンと真っ白になっているが

「やったやった、頂きまーすっ!」

頑張ったご褒美!カキ氷!うれしい!
スクラップヤードの幾度目かの夏、数百の蝉達の声
傾いた日の向こう、染まる色の入道雲、夏盛りの一日は過ぎて行く

//と、ちょい早ではありますがこの辺で!ありがとうなのでしたっ!
119 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/21(土) 21:59:45.30 ID:QQKBxQW00
『前回までのあらすじ』
夢の中

真っ白な空間で泣きじゃくる小さな女の子

少女を不憫に思い手を伸ばす越境者

突然の目覚めと閉ざされた世界への召喚

迫りくる脅威 ヴィラン

唯一の対抗策 アームズギア


断片的な情報が矢継ぎ早に齎され選択を迫られた越境者等は
招かれるがままに大型ヘリへと乗り込む。

あれよあれよという間に都市を離れ海原を進む大型ヘリ。
…なんか異様に速度が出てるんですが、もしや見た目通りの技術レベルではないのでは?

ヘリを操縦するのは全体的に細いシルエットなボスレーと呼ばれたブリキのオートマタ。
越境者らに同行しヘリに乗っているのはグラディウスと呼ばれた赤い鎧を纏う金髪碧眼の背の低い女。
因みにアキレスからの突っ込みは『グラディウス』も『ボスレー』もコードネームだと一蹴された。
120 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/21(土) 22:05:31.62 ID:Ma9AUKkD0
>>119
「……で、さー」
「もっとこう、なんて言うのかな……ズバーっと、バシッとやっつけられないもんなのかな?」

超高速ヘリに揺られながらも先の戦闘で撮影して貰った勇姿を見てご満悦
しかしまぁそれでも状況に今一つ理解が追いついていないのも事実である

「ま、いいんだけどー」
「……ところで、何処に向かってんの?」

おぉ速い速い、なんて呑気に過ぎ行く景色を見遣りながら
121 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/21(土) 22:13:03.34 ID:QQKBxQW00
>>120
グラディウス
「ずばー、ばしっ、か…そう簡単に行くものではない。
 そもそも相対しているから分かるだろう?」

ボスレー「我々の隠れ家です、フォーリナー」

シュヴァイン「気がついたらヘリの中…なんだこりゃ」
クルツ「何か荒い画像でアップされてるのアタイらが吹っ飛ばされてるとこじゃねーか」

役立たず越境者二名も状況を把握しようと自前の携帯端末をいじったりしていた。
122 :四五六 七八【賽印流忍術】 [saga]:2018/07/21(土) 22:23:08.91 ID:Ma9AUKkD0
>>121
「そりゃそうだけどー」
「……ヒーローなんでしょ?」

彼女の中でのヒーロー像とは即ちムテキなのだ!

「あー、フォーリナーってのが私達?」
「……私七八、可愛い可愛い七八ちゃんって呼んでくれていいからね」

ジョークを全くの真顔で飛ばしながら
隠れ家と言ったがふぅむ、と唸り思考
ヒーローなのに身を隠す必要がある?とここで一行が目を覚ます

「ふたりとも大丈夫だった?ケガとかー」
123 : ◆AaNrqSY5ys [sage saga]:2018/07/21(土) 22:28:41.86 ID:QQKBxQW00
>>122
グラディウス「…ヒーローか。シャーロットはそう言ってくれるが」

何とも言えない表情を浮かべる騎士。

ボスレー「検討させていただきます、フォーリナー」

これ呼ばれないやつですね。

シュヴァイン「身体のあちこちは痛むが、致命的なものではないな」
クルツ
「にしても何がどうなってやがる。てか結局ヴィランはどうやって倒した?
 アタイらが生きてるって事は倒したんだろ?」
91.71 KB Speed:7.6   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)