シャニロッピ・エペペピイチンーネ「リエテニーネよ!私は凄い発見をした!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/21(日) 13:09:32.94
シャニロッピ・エペペピイチンーネ「聞いてくれ!」

リエテニーネ「何よ?」

シャニロッピ・エペペピイチンーネ「それは…」
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/21(日) 13:10:10.69
ごめんなさい、SS板と間違えました。
このスレはdat落ちさせてください…。
3 :!ninja [sage]:2013/07/21(日) 13:41:34.83
あだ
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/21(日) 21:16:52.10
どういうSSにしたかったんだ?
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/22(月) 01:13:33.68
あ り え な い それは…
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/22(月) 16:30:49.42
こういう意味不明なクソスレこそ再利用の古参VIPPERにふさわしい!いくぞ!
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/23(火) 01:00:50.32
リエテニーネ「いや、待ちなさい!!」
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/23(火) 23:29:49.01
シャニロッピ・エピピエインチーイネ「まつ?そう、正解はそれだ!すっとこ壁パンチ<松>を永遠と繰り返せば…」
リテエイニーネ「そう。奴に勝てるわ」
説明しよう、奴とは…
その前に説明しよう、<松>ならば壁の摩擦係数がパンチの熱エネルギーを上回ることができるのだ。
そして説明しよう、奴とは…
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(兵庫県) :2013/07/24(水) 12:23:47.60
マリパレッベ・ババロンティーノのことだッ!!!
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/24(水) 15:45:39.67
マリパレッベ・ババロンティーノ「くくく・・・この俺のベベロアーズ☆グランインフェルーノがあれば奴には負けない・・・!」
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2013/07/25(木) 19:37:00.54
リイテニーネ「まずい。奴はアレを使ってくる時の顔だ」
シャイロッピィ・エペエイチチンーネ「あの邪悪な歓喜か・・・・ポチーロンヴェルテゲーロをジカにぶつけるしか!」
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/26(金) 18:28:18.65
ちなみに『ジカ』とは…
『ジャイニング・カルボナーラデゲロ』の略である。
13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2013/07/26(金) 18:29:32.52
マリパペゥレ・バロロンティーノ「だがフェイントだ!直下排水L型配管キック!」
シャニロッピィ・エピピエインチーィネ「しまった!あ・・・いったーい」
マリパッペレ・ペペロンティーノ「むっひょほほー無駄に取っておいた甲斐があったわい!
もしかしたら次に引越す先で使えるかも知れないと思ったから何となく返品もおっくうになったままでいたのだ。
でも洗濯機置き場の寸法を測ってかなかった自分も悪いわけだし抱き合わせとかじゃなくて本当に親切で教えてくれたの・・・・か?」
ペロロンティーノは人の目に見えない優しさに今さら気付いて愕然とするのだった。
マリパッペレ・パロテッティーロ「し、しかし、それでは私を動かしている怨みのエネルギーはどうなってしまう?それが怖い・・・怖くて素直になれないよう。
孤独と見えない明日、それだけが俺だったのにいきなり今日を生きろだなんて言われても、
分かんないって!それにどうしてお前らってすぐ揚げ足とって人を追いつめるわけ?弱音を吐けば信用するの?」
ペペノンティーロの動きが急に止まった。何か嫌なことでも思い出しているらしく虚空の一点を見つめたままわなわなしている。先ほどまでの威圧感が明らかに下がっている。
リテーエネ「いまだ。金のやっとこ肘!」
マリパペッレ・パパッティーノ「な・・・・うわぁぁぁあぁぁぁぁぁぁあぁ」
パパロンティーノは星になった。
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/26(金) 19:17:45.71
三行も読む気がしないこの名前のひどさww
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/27(土) 14:19:06.71
マリパペゥレ・バロロンティーノとマリパッペレ・ペペロンティーノ兄弟がいるぞ。
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/27(土) 14:20:53.04
マリパッペレ・パロテッティー「マリパペッレ・パパッティーノの事は忘れない・・・」

そしてそれを遠くで見ている男がいた・・・。

ドゴゴニッヂ・グラドデニス「バタルディオスの覚醒が始まったか・・・」
17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/27(土) 19:50:19.96
スニニッチェ・ヤットゥットゥリ「ああ・・・予定よりだいぶ早い。やはりイワシの者はもう近くまで来ている」
18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/31(水) 15:40:16.72
わけがわからんwwwwwwwwwwww
19 :名無しNIPPER [sage]:2013/08/07(水) 17:10:19.45
それにしてもこれをSS板に持ち込んでも受けるだろうか?
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/12(月) 03:49:03.84
新ジャンルで受けるかもしれん
21 :名無しNIPPER :2013/08/12(月) 13:49:57.44
つっても本当にこれを持ち込もうとする奴なんてここにいるのか?
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/13(火) 04:02:32.88
もっと吟味しよう
23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/13(火) 04:04:25.73
シャニロッピ・エペペピイチンーネ「・・・というわけで、一度練り直す事にした」

ポリペッタ・ニロゲリン「なんですか?」

シャニロッピ・エペペピイチンーネ「リエテニーネには内緒だが、ハンデルブ・グレィッツナがディスゲアットしそうだ」

ポリペッタ・ニロゲリン「なんだって!?まさかディスゲアットが起こるなんて・・・!」
24 :名無しNIPPER [sage]:2013/08/14(水) 00:21:52.02
普通に考えたらこれ書けないだろ。どう考えても詰んでる…
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/14(水) 16:29:28.21
詰んでいる所から打開するのが俺達クラシッカーだ!
26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/14(水) 16:30:05.04
リエテニーネ「いや、待ちなさい!!」
27 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/18(火) 04:10:03.23
アロアロヘン「なんだ?」
28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/09/06(土) 16:32:36.40
リエテニーネ「最近壁ドンされたい女子が多いそうよ!」

アロアヘン「なんだって!?」

ガガガッヒ・バロバシーノ「そういえば聞いた事がある・・・!」
29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2015/03/14(土) 03:04:11.17
ガガガッヒ・バロバシーノ「壁ドンで壁を破壊する武術が存在すると・・・」
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2015/03/20(金) 21:28:48.82
ドオオオンッ!!!
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2015/03/26(木) 16:06:32.54
モロヒッパ・ガンガイが壁を突き破り現れる。
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(大阪府) :2015/03/31(火) 14:52:19.19
リエテニーネ「あ、あれはデジャビンバ村で生まれたホムンクルスの『モロヒッパ・ガンガイ』だわ!」

モロヒッパ・ガンガイ「・・・・・・」

アロアヘン「な、なんだって!?あのヴィヴィラリーノ研究所があったデジャビンバ村だって!?」

モロヒッパ・ガンガイ「・・・その前に言っておきたい事がある」

アロアヘン「なんだ言ってみろ!モロヒッパ・ガンガイ!」

モロヒッパ・ガンガイ「>>27でアロアロヘンと>>28でアロアヘンがいる」

アロアロヘン「しまった!背後からピペポパッパンチを仕掛けるのがバレている!」
33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2015/12/20(日) 12:31:53.15
ピペポッパンチとは…まさか伝説の地ララリアーノ秘伝の技か!?
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2015/12/31(木) 02:29:59.16
一方その頃・・・

タタタター・テレレレッピ「テレポピッパー!!(呪文)」
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2016/01/02(土) 12:29:20.87
この小説の意味がわからない奴はアスペwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww












にスレタイ変えてスレ立てたらレスつくんじゃね
36 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/04(月) 01:33:55.03
アヘアヘン「>>35 ポッピーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwピピエンポッパピーポwwwwwwwwwwww」
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2016/01/04(月) 15:29:57.66
>>36
なるほどね。俺アスペじゃないからわかるわwwwwwwwwwwなるほどねwwwwwwwwわかるわwwwwwwwwww
38 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/05(火) 13:45:52.82
アパペッパ=ジェッティーナア「>>37ポテッ!ポアラエッだって!!」
39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2016/06/10(金) 22:43:34.20
リリレ・ポポン「何言ってんだこいつ」
40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2016/06/23(木) 11:51:35.64
アパペッパ=ジェッティーナア「私の言っている事がわからないのか・・・?リリレ・ポポンよ・・・?」
41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2016/10/13(木) 18:48:48.20
バビビビーン「ボビビ〜〜!って事ではないのかね?」
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(大阪府) :2017/01/02(月) 18:54:37.65
アパペッパ=ジェッティーナア「うむ、そうだ。私の友人のバビビビーン、よくぞ理解してくれた。これで次の場所『>>43地方』に行ける」
43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2017/01/03(火) 02:36:09.37
魑魅魍魎百花繚乱
44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2017/01/03(火) 14:36:53.52
アパペッパ=ジェッティーナア「ボビビ〜〜!を使い・・・私達は『魑魅魍魎百花繚乱地方』へ行くのだ! 行くぞみんな!!」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2017/01/03(火) 21:37:36.73
薔薇緒「有無。向かうとするか…。『魑魅魍魎百花繚乱地方』へ…。臥薪嘗胆頑張ろうではないか」
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2017/09/10(日) 04:30:37.39
扁桃丸「然し良いのか?獅子女の呪いの解読もまだだぞ?」
47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(不明なsoftbank) :2017/09/21(木) 21:12:02.59
はい
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2017/09/22(金) 03:39:44.86
たろう「そうか。じゃあいこうかっ」
9.32 KB Speed:0   VIP Service VIPクラシック(仮) 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大50行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)