【シンフォギア】少女「転生したから安価とコンマで月を破壊する」 女神「LB」
1- 20
153: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/25(火) 01:36:40.34 ID:aZ1L0UZ90
そう、そこが一番わからない
ゆゆゆ世界と繋がってしまった時のあの戦い
勇者装者が手を取り合い共に戦ったあの戦いの記憶を持つのは、色々あって今はこの世界では『私』と翠しかいないはず
情報としてだけは女神様や翔子さんとも共有してるけど...
そして『私』の場合はそのときの戦いで勇者ギアとして力を借りた千景ちゃん、それと比較的お世話になったというかそれぞれの世界の架け橋のような役割を担ってもらったらしい園子ちゃんと繋がれている
以下略 AAS



154: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/25(火) 01:37:38.26 ID:aZ1L0UZ90
そう言って夏菜は、何かを取り出した
それは金色の懐中時計...そう、どこぞの漫画版の試作魔導演算宝珠のような形をした...

AI『お久しぶりではない方ですね、では初めましてこんにちは!ある時はマスターのバイタルチェック、またある時はそれとなく可愛い女の子達のキャッキャウフフを高画質でばっちり記録、超高性能人工知能のAIさんです!』

以下略 AAS



155: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/25(火) 01:38:42.15 ID:aZ1L0UZ90
AI『そんなことより...プフッ...かなきち...マスターかなきちw』

夏菜「やめ、やめなさい!せっかくスルーしたのに...///」

『夏菜』「はぁ...」
以下略 AAS



156: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/25(火) 01:39:28.04 ID:aZ1L0UZ90
・・・

お茶を飲みながらそんな話をしていたもので、危うく当初の目的を忘れるところだった
そうだ『私』ここに呼び出し受けてたんだ

以下略 AAS



157: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/25(火) 01:40:41.02 ID:aZ1L0UZ90
・・・

何とか矛ならぬ鎌を収めてくれた千景ちゃん
本気ではなかったとは言うけど...本当に?

以下略 AAS



158:名無しNIPPER[sage]
2019/06/25(火) 01:47:19.11 ID:ExeYa2Es0
失敗…もとい不完全である上にこのままだと残りの6人にも心身共に疲弊やダメージが残る可能性がある
あと自分の面目が潰れる


159:名無しNIPPER[sage]
2019/06/25(火) 02:12:34.09 ID:kiELw1ECO
これもしかして皆の記憶も呼び覚ませる…?

相談も練習もせずぶっつけ本番で七人御先を使った事を述べた後に
「消えてない時点でおかしいってなんで気付かなかったのかしら?悪影響が無かったのは幸いだけど…」


160:名無しNIPPER[sage]
2019/06/26(水) 20:57:08.99 ID:pS0EAeWO0
呼び名に『いかーな』とかどうかな?


161: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 02:32:05.47 ID:ETi1gPzd0
千景ちゃんはほんの少し口の端をひくつかせ、やがて大きなため息をつき

千景「何故、何故ねぇ...まず、よりにもよって切り札である七人御先を...比喩的な意味でなく、『切り札』というリスクありの大技を、私に相談することもここで練習することもなくぶっつけ本番で行ったことよ」

ギロリとこちらを睨んでくる
以下略 AAS



162: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 02:32:57.11 ID:ETi1gPzd0
undefined


163: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 02:33:36.07 ID:ETi1gPzd0
それに面と向かって言うようなことではないが、千景ちゃんの七人御先もまた形は違えどある種の分霊のような事象は起きていたはずだ...千景ちゃんのいう『悪影響』の1つも恐らくそれを指している
本人にとってのそれはもう1人の自分という幻覚、幻聴だと認識していたようだし事実そうなのだろうけど、『私』のこれもある意味それに近いものなのではないか、そんな風に捉えていた
ただ千景ちゃんの場合のそれは悪意というか、そういったものの塊のような発言が主だったりとまぁ本人の内心がどうだったかは知らないが少なくとも側から見るととても同一人物とは思えないような者だったように思う
その点だけは『私』達には当てはまらない...そういう闇な『私』がそうでないフリをずっと続けてる可能性もなくはないけどまぁないだろう

以下略 AAS



164: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 02:34:32.44 ID:ETi1gPzd0
『翠』4「...とめどなく疲労やダメージが注がれると、一定の量毎にそれは共有されていく」

『翠』7「余程のことがなければありえないけど、もしそのダメージが七等分してもなお7人で受けきれるものではなかったとしたら」

『翠」「...7人同時にダウンする?」
以下略 AAS



165: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 02:35:14.39 ID:ETi1gPzd0
☆☆☆

で〜れれ〜で〜でん!

☆☆☆
以下略 AAS



166: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 02:38:41.32 ID:ETi1gPzd0
『翠』2「全員並んだ?じゃあまず『私』から取り込まれるとしますか...来い!」

『翠』「行くよ...」

『私』と目の前にいる『私』は互いの手を取り、1つになるイメージを強く念じた
以下略 AAS



167:名無しNIPPER[sage]
2019/06/27(木) 02:40:23.86 ID:jRWKqmDL0
タルタル総帥


168: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 04:03:51.73 ID:ETi1gPzd0
...

...

...!
以下略 AAS



169: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 04:04:39.87 ID:ETi1gPzd0
『翠』3「次は『私」!さぁ来い『私』よ!」

『翠』「行くよ!」

・・・
以下略 AAS



170: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 04:05:21.23 ID:ETi1gPzd0
・・・

『翠』5「まだ終わりじゃない...次こそは...『お前』に勝つ...」

『翠』「次なんてない、敗者にふさわしいエンディングを見せてやる」
以下略 AAS



171: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 04:06:18.73 ID:ETi1gPzd0
・・・

『翠』7「『君』は信じられるのか?仲間を...」

『翠』「...」
以下略 AAS



172: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2019/06/27(木) 04:07:12.20 ID:ETi1gPzd0
・・・

いくつかの茶番を終え、『私』達はようやく『私』に戻った
また七人御先を使えばその間は七人になるのだろうけど、そしてもちろんないとは思うけど、また解除した時に1人に戻れていなかったら同じように地道に1人に戻ろうと思う

以下略 AAS



173:名無しNIPPER[sage]
2019/06/27(木) 10:21:21.02 ID:s0YQX1YvO
不運が重なっただけとはいえ、手甲が面倒な事態を引き起こしてしまった事について謝罪が入る
翠ちゃんの中に生まれ、増大している悪の心に耐え切れず手甲が拒絶反応を起こし始めてる事についても告げられる


173Res/130.94 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice