【シンフォギア】少女「転生したから安価とコンマで月を破壊する」 女神「MDR」
1- 20
20: ◆BT63SEH4KsDo[saga]
2020/04/16(木) 04:15:13.20 ID:2xSqrnD70
実際のところ、『自分』のことは胸を張って自画自賛出来るほど強いとは思っていないけど
この子の相手を他の誰かに押し付ける、なんてことはしたくないし
何より今ここで刀使の相手が出来る純粋な剣使いは『私』だけ

『翠』「いいや...『私』は強いよっ!」

『私』は腕を先程と逆に回し、御刀の刃から糸を解きながら上に押し上げた
結芽ちゃんはその勢いに合わせてバク宙し一度距離を取る
もう一度来られる前に!


「Imyuteus amenomurakumo tron」


イミテーターと交換して纏ったのはアメノムラクモ
振りかぶりながら手元に生成したアームドギア...天叢雲剣で再び襲い掛かる結芽ちゃんのニッカリ青江を受け止めた

結芽「また防がれた...へぇ、おねーさん御刀...じゃないけど、剣も使えるんだ」

『翠』「むしろこっちがデフォルトでね」

結芽「なら丁度いいね!」

いい笑顔
向けられたこっちは生きた心地がしないけど

マリア「『翠』っ!」

ネロ「『翠』さん!」

『翠』「いいから皆の手錠とかやっといて!あと部屋のスペース空けて!」

目で捉えるのも大変な超スピードを相手にどうにか打ち合えてるけど、それは一対一だからだ
他の誰かと協力したとして、連携もフォローも多分咄嗟に出来ない
それに結芽ちゃんなら手出しさえしなければ他の皆にまで襲い掛かったりはしないはず

結芽「きゃっはははははっ!!アハハッ!きゃはははははっ!!!ははっ!うはっ!!あははっ!」

『翠』「っ、くぅ...!」


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
820Res/538.95 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice