男「それは、宇宙の彼方」
1- 20
1: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 22:55:46.92 ID:DIXGqohk0
男「おい」

女「……」

男「いつまで教室にいるつもりだ」

女「……」

男「おい」

女「……」

男(……無視か)

SSWiki : ss.vip2ch.com



2: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:00:20.42 ID:DIXGqohk0
男「おーい」

女「……」

男「日本語通じてるか?」
以下略 AAS



3: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:02:40.89 ID:DIXGqohk0
 放課後の誰もいない教室で一人、ぽつんと自分の席に座っている。

 視線は真っ直ぐ前へ、何かを見ているわけでもなく。

 ただジッと前を見つめている。
以下略 AAS



4: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:06:44.18 ID:DIXGqohk0
男「一人でボーっとしてたから、ちょっと心配になっただけだ」

女「……」

 何も答えず、静かに立ち上がり、そのまま席を立って教室を出ようとする。
以下略 AAS



5: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:08:10.25 ID:DIXGqohk0
男「今、お前がしようとしていることだ」

 手渡すために、机に掛かっているスクールバッグを持ち上げる。

 異様に軽い。というか、何も入っていないな、この重さ。
以下略 AAS



6: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:12:24.11 ID:DIXGqohk0
女「……」

 丁寧に頷く。とんだ不良少女だ。

男「お前、いつも授業中どうしてんだ!?」
以下略 AAS



7: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:17:30.30 ID:DIXGqohk0
 彼女は少しスキップ気味で歩く。その歩調は、異様に速い。

男「待てって言ってんだろ!」

 俺も勢いよく追いかける。廊下は走らない。
以下略 AAS



8: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:22:33.79 ID:DIXGqohk0
 もちろん、女性なのだから柔らかくて当然ではあるのだが。

 そういうレベルではない。質量がまるでないような。

 まるで人間ではないような。軽さと柔らかさに驚く。
以下略 AAS



9: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:28:38.01 ID:DIXGqohk0
女「……♪」

 笑った気がした。

 ボーっとしていた表情が、少しだけ明るくなる。
以下略 AAS



10: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:36:11.97 ID:DIXGqohk0
女「……」

男「いや待て、行こうとするな」

女「なに?」
以下略 AAS



11: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/12(日) 23:40:14.20 ID:DIXGqohk0

また明日。

毎日10レスずつ投稿できたらと思います〜。


12: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/14(火) 22:43:44.89 ID:qU2nL77R0
男「風紀委員は、学校生活の乱れやらを取り締まる委員だ。」

女「乱れ?」

男「そうだ。お前はそもそも勉学に励む気がないとみた」
以下略 AAS



13: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/14(火) 22:44:54.50 ID:qU2nL77R0
男「……」

女「……」

男「お前、家こっちなのか?」
以下略 AAS



14: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/14(火) 22:51:04.52 ID:qU2nL77R0
男「なんでスクールバッグを持とうとしない?」

女「重い」

男「重くないだろ。何も入ってないんだぞ」
以下略 AAS



15: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/14(火) 22:58:36.81 ID:qU2nL77R0
男「ん?」

女「持つ」

男「やっと持つ気になったか」
以下略 AAS



16: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/14(火) 23:06:01.14 ID:qU2nL77R0
 しかし、困ったことになった。

 家に帰るのかと思いきや、一向にその気配がない。

 ずっと歩き続け、先ほど入った住宅街を抜ける。
以下略 AAS



17: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/14(火) 23:18:24.31 ID:qU2nL77R0
 いや、だからなんだ。

男「そろそろ限界だ。住所教えろ」

女「住所?」
以下略 AAS



18: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/14(火) 23:22:21.48 ID:qU2nL77R0
 付けている髪留めを取って、俺に差し伸べる。

男「なんだ?」

女「あげる」
以下略 AAS



19: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/04/14(火) 23:36:58.75 ID:qU2nL77R0
 待て待て待て。

 どういう展開なんだこれ。

女「……した?」
以下略 AAS



20: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/05/05(火) 16:53:03.99 ID:61fOSvZx0
女「……あげる」

 髪留めを突きつけてくる。そして、目を閉じる。

女「……する」
以下略 AAS



21: ◆qhZgDsXIyvBi[saga]
2020/05/05(火) 16:53:34.47 ID:61fOSvZx0
 どれくらい経ったかわからないが、そのまま数十秒くらい目を閉じていたかもしれない。

男「どうすればいい」

 俺の声は孤独に響くだけだ。
以下略 AAS



63Res/26.72 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice