過去ログ - ヘレン「私の世界。」
1- 20
5: ◆mzbntfYQX.
2014/04/28(月) 00:48:19.89 ID:k9ZKnhcj0
P「真奈美、来てたのか。おはよう。」

真奈美「ああ、おはよう、P。」

P「ヘレンのために朝食を作っていた。ほぼ何も食べていないようだったからな。」

真奈美「あのキッチンでか?」

P「あのキッチンでだ。」

真奈美「設備の整ったシステムキッチン、どうやって経費を本部におろさせたのやら…。」

P「そのあたりはこう、な?」

真奈美「まあよくわからないが、私も使わせてもらっているから、文句はいえないな。」

ヘレン「で、何を作ってきたの?この私にふさわしいものかしら?」

P「しっかり作ったら昼も近くで微妙な時間になってしまうからな。」

P「故に炊けない米は悪いが冷凍しておいたものだ。その代わり温かく煮てある、食うといい。」

ヘレン「あげないわよ。」

真奈美「別にいいよ、私は食べてきた。」

真奈美「コーヒーでも淹れてこよう。二人はどうする。」

P「ああ、同じでいい、頼む。」

ヘレン「緑茶をお願い。」

真奈美「承知した。」

ヘレン「なかなかいけるわ。今度また作って頂戴。」

P「ご満足いただいて恐悦至極に存じます、世界のヘレン殿。」

ヘレン「あなたたちは似たもの同士ね?」

P「はぁ、そうかね…?」

ヘレン「そういうところもよ。フゥー、ふぐんぐ。」

P「それじゃあ、そろそろ仕事をしないと、今日午前中に事務所にいるのはヘレンと真奈美、午後からは学生組も来るか。」

P「ヘレンはCM撮影あるから、今のうちに資料に目を通しておいてくれ。」

ヘレン「わかったわ。」



<<前のレス[*]次のレス[#]>>
28Res/19.29 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 板[3] 1-[1] l20
このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています。
もう書き込みできません。




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice