過去ログ - 雪歩「落としだま」
1- 20
6:以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga]
2016/01/01(金) 16:09:05.83 ID:hR5JqMzV0
雪歩「亜美ちゃん、店内で電話はだめだよ」

亜美「ん、メールだけ。にーちゃんからだ」

P『亜美と真美、今日2人は事務所に来たか?』

亜美「ばれた?!」

真美「しまった、いたずらグッズ持ってきたバッグを事務所に置いてきた」

亜美「あー、それじゃ言い逃れできないわ」

雪歩「モグモグ」

亜美『行ったよー、ちょっと忘れ物してて』

P『何か変わったことはなかったか?』

亜美「変わったことって言われても」

真美「ゆきぴょんが来たぐらいしか」チラッ 「…よー食べますなぁ」

雪歩「モグモグ」

亜美『特に何もなかったよ、どうしたの?』

P『お金が無くなってるんだ。写真スタジオ『マミーナ』と、デザイナーの網田さんに支払う予定のお金と、あと俺の私物を買うためのお金』

亜美「マミーナ…あみた…」

真美「まさか…」

雪歩「モグモグ」

亜美『それってどんな封筒?』

P『ちゃんと一目でわかるようにマミ、アミって書いた封筒だ。』

亜美「」

真美「」

P『社長か音無さんが金庫にしまってくれたのかもしれないな、仕事始めになったら聞いてみるよ。じゃあこれから仙台で仕事だから』

亜美「…」ケータイそっ閉じ

真美「…」

雪歩「すみません、カルビ3つ追加お願いします」

亜美真美「待って!待って待って!ゆきぴょんストップ!」

雪歩「アァ?!なんだとコラァ!邪魔すんじゃねー!」

亜美真美「目ー覚ましてー!」


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
41Res/43.09 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 板[3] 1-[1] l20
このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています。
もう書き込みできません。




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice