過去ログ - 高峯のあ「アイドルになる」
1- 20
12: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:23:40.62 ID:vxIFxQsM0
 このところ、出会った当初に見せてくれた、花のような笑顔を見ることがなくなっていた。

 嬉々として聞かせてくれた趣味の話も、ぱったりと途絶えていた。


 そして俺は彼女の、明らかにやつれた笑顔の裏に、隠しきれない疲労の存在を感じた。

 度重なるレッスンによる身体の疲れと、振るわない結果に対しての気疲れ。


 悩んだ末に下した決断だったのだと、ドロップアウトを選んだ彼女の涙が主張しているようだった。


 俺はというと、頷くこと以外になにもできなかった。

 行き場のない焦燥感が、身体中を駆け回っていた。


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
117Res/62.14 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 板[3] 1-[1] l20
このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています。
もう書き込みできません。




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice