小町「うちの兄のアレ…ほんとにヤバイですけど大丈夫ですか?」【俺ガイル】
1- 20
22: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/09/06(日) 22:50:07.13 ID:y1yKu/RcO
「やっべ……まだムラムラする……」
 射精してもなお八幡の腰の動きは止まらない。更なる快楽を求めて雪乃の胸に勃起ペニスを擦り続ける。
「もっと気持ち良くなりたい?」
「ああ」
「ふふふ。じゃあ、床に寝てくれる?」
以下略 AAS



23: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/09/06(日) 23:05:09.82 ID:y1yKu/RcO
「あぁ……」
 雪乃の口内の温もりの快感に蕩ける八幡。
「気持ち良さそうね」
 透明感のある声が八幡のペニスを震わせる。
「ふあ! 咥えられながら喋られると超気持ち良い!」
以下略 AAS



24: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/09/07(月) 01:00:41.64 ID:uUPaPefEO
 雪乃の口が八幡のペニスを扱く。
「ああ、はああ……。いいぜ……すっげぇ気持ちいい……。はあ、あああっ……」
 快感に喘ぐ八幡。雪乃の口内でペニスを膨らませていく。
「あああっ、ああっ、あはあ……」
 悶えるペニスを舌で愛撫する雪乃。
以下略 AAS



25: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/09/12(土) 20:51:04.04 ID:m3SO+6kgO
 八幡の性感帯を熟知した雪乃の責めが続く。
「あああん、あああっ!」
 亀頭を這う雪乃の舌。何十回も行っただけあって、無駄の無い動きで的確に愛撫する。
「はあああああ……いい、いいぜ……あはあ、気持ちいいぜ……」
 雪乃の首が前後する度に窄まった唇が竿を刺激する。
以下略 AAS



26: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/09/14(月) 00:38:41.25 ID:lBgY8dBwO
 射精の前兆を感じた雪乃がペニスを根元まで咥える。
「ああ! イクイク、イクーッ!」
 その快感に耐え切れずに八幡のペニスからおびただしい量の精液が発射された。


27:名無しNIPPER[sage]
2020/09/14(月) 07:38:14.70 ID:TaiIRc2fO
エロいやん…ぶっかけやフェラ描写が濃厚でいい


28:名無しNIPPER[sage]
2020/09/14(月) 07:46:29.03 ID:Zs9IWl2SO



29: ◆9pp7qon/u2[sage]
2020/11/08(日) 07:58:00.73 ID:MPrs9+eSO
――どぶびゅるぅ! ぶびゅぅ! ぶっびゅびゅ! ぶびゅるびゅびゅ!

 両手で雪乃の後頭部を抑えながら口内射精を楽しむ八幡。逆に彼の腰に両腕を回して精飲に臨む雪乃。

――びゅるびゅる! びゅる! びゅるる! びゅっ! びゅっ! びゅぅ!
以下略 AAS



30: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/11/08(日) 08:29:43.53 ID:MPrs9+eSO
「はぁぁあああっ……最っ高に気持ち良かった」
 雪乃のお掃除フェラを堪能した後、眠りについたペニスを引き抜く八幡。
「もう。出し過ぎよ。あんなに出されたら、飲み切れないじゃない」
 そう言って口を拭う雪乃。悪戯っぽい笑顔が可愛い。
「お前のフェラが上手過ぎるのが悪い」
以下略 AAS



31: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/11/08(日) 19:03:52.90 ID:MPrs9+eSO
八幡×雪乃のいちゃこらはこれでおしまい
近日中に新しいエピソードを投稿する予定です


32: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/11/29(日) 19:07:12.12 ID:g6scNaagO
待たせたな
次は小町の話だぜ!


68Res/28.18 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice