このスレッドは製作速報VIP(クリエイター)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

佐天「学園都市に『鬼』がでるらしいよ!」 - 製作速報VIP(クリエイター) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:29:51.67 ID:vuZJFF6o
鬼塚「わりぃけんど、もうこっちでやるっきゃねーわな」

      ';,   ';,.                           ';
       ;,   ゙';.     _______           r、 ∩ ';
       ゙、   ゙';,  ,-''/ヽヽ', ;`゙''、         ゙'、'v'ニニッ
        ゙'、  ,;' / /_,ノルレレルリ、゙'!       rニ>ノ l |
          ゙';, .;:' ,'rニ,,-‐'" ゙'ー、>,_i      r'r‐,⌒゙/
          ';...;゙ rl ー‐゙>  ,-‐‐ ! i      ゙Y´  /
           ゙''''~i l゙゙゙゙゙ /o oヾ゙゙゙゙ i.ノ       l  '゙i
             `゙'、. ´、O,`ノ  /          i   l
        _,,..-‐‐'''''''f゙ヽ, 二  /、-----、     l   l
      r'''´  , i   '、  `゙'''''''´  /   ,' `゙'‐、_ l  l
   _,.-‐''´ l  i i. l    ゙'、    _/   ,'    /'、i  .l
  f´    l   ゙,,i l     `゙''''''''´     i ,'"  ,'  l.   l
  l   ヽ__,,l   ゝ!               V   i  i、   l
  l    i  `゙ ̄´i゙::            :: l/----ゝ、___、__,ノ
  l   ,'        l ゙、            .::l
  !  ,'        l:...           .::::l
 ,'  i       _l::......           '、
 l   ゙ヘ,___,,,>゙'、 ::....            l_____
./l | ト、ト、!::::::::::::::::`'ゝ、,  :::..    ..::::...,r‐'´:::::::::::::::::::::: ゙゙''‐-、
レレレ'::::ヽ::::::';:::::::::::::::::゙'、゙'、_     _,-'゙/:::::::::::::::::::::::/r::::::::::: ヽ,
 i::::::::::::::゙、::::i:::::::::::::::::::::'、::::゙',ー‐‐''´::/":::::::::::::::::::::/::::/r、:::::::::::::::l
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、この製作速報VIP(クリエイター)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【幽白】戸愚呂弟「ここは冥獄界なのかねェ」さとり「いいえ、幻想郷です」【東方】 @ 2019/12/06(金) 03:10:15.43 ID:9LNUMMUB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575569415/

ソシャキチ!映子さん「アイドルマスターシンデレラガールズ」 @ 2019/12/05(木) 23:42:31.43 ID:i7uitGeD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575556951/

北颪 @ 2019/12/05(木) 20:13:30.37 ID:oQ17mNM20
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1575544410/

【バンドリ】 スタッフ「コミュニケーション不足?」 安価 その3 @ 2019/12/05(木) 19:41:09.44 ID:amsgbOC40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575542469/

【安価・コンマ】ファンタジーな世界でアマゾネスに立ち向かえ @ 2019/12/05(木) 18:28:41.31 ID:uGqz5ncj0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575538121/

京太郎「すこや姉さん、きちゃった」すこやん「京くん!」 @ 2019/12/05(木) 12:22:45.08 ID:QUmnMYoa0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575516164/

ss速報総合雑談スレ @ 2019/12/05(木) 08:29:04.72 ID:+dd5iOjCO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575502144/

楓「このステッキ、とっても素敵」 @ 2019/12/05(木) 04:47:06.11 ID:JobI8Wpk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575488825/

2 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:31:27.87 ID:u/VrOg20
いちおつ
3 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:34:50.43 ID:vuZJFF6o
1スレ目(1-465) http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1269344868/

※あらすじ

理事長からの依頼で学園都市にやってきた鬼塚

だが、学園都市にはスキルアウトによる少女拉致事件、
そして謎の薬『エンジェルアッパー』が流通し始めていた。

鬼塚はスキルアウト達による、拉致事件を目撃し、少女を救出。
そして『研修』先の柵川中学で、佐天涙子をいじめようとしていた
レベル3の『発火能力者』と対峙。彼女は『エンジェルアッパー』使用者だった。
発火能力者を止めるも、重症を負い、病院へ搬送。
『冥土返し』の治療のおかげで即日退院した。

――だが、鬼塚は、ある一人の男が、スキルアウトとの闘いを始めていたのを知らなかった。

翌日、午後からの常盤台での『研修』の前に街をぶらつく鬼塚。
学園都市に生息する、謎の生物と交流をしつつ、果たして、ナンパの成果は……
4 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:36:24.22 ID:vuZJFF6o
2スレ目(1-96) http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1269554778/

一応、2スレ目に書き込んだ分から貼りなおし
5 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:37:56.27 ID:vuZJFF6o
――セブンスミスト付近

鬼塚「おいおい、こりゃマジで人がいねーじゃねーかよ! こんなんじゃナンパなんか……」

トコトコトコ

木山「ん? 鬼塚先生じゃないか」

鬼塚「おお、木山先生! こんなとこで会うなんて奇遇っすね!
    (おーっと、こいつはチャンス到来ってやつかぁ!?)」
    
木山「少しばかり買い物をね。鬼塚先生こそどうしたんだ? 研修じゃなかったのか?」

鬼塚「えっ? あー、いや、今日は午後からなんで、少しナン――
    じゃない、街でもブラブラして飯でも食おうかなって、ははっ」
    
木山「そうか。食事か。少し早いかもしれないが、一緒にどうかな?」

鬼塚「ま、まじっすか! 是非お供させて頂きます!」

木山「パスタでいいかな。この前、花飾りの子に教えてもらった店があるんだ」

鬼塚「いやぁ、木山先生と一緒ならなんでもいいっすよ!」

木山「ふふっ、君は本当に冗談が上手い。では、行こうか
6 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:38:39.43 ID:vuZJFF6o
――イタリアンレストラン

木山「どうだ、なかなかの味だとは思わないか?」

鬼塚「いやー、ひっさしぶりにこんなうめーもん食いましたよ!」

木山「そうか。それは連れてきた甲斐があった」

鬼塚「佐天の弁当もなかなか良かったけど、こういう美味さとはまた違うからなー」

木山「弁当?」

鬼塚「あぁ、なんか昨日の昼は佐天が弁当作ってくれたんすよねー」

木山「ほう」

鬼塚「まったく、何が楽しくて飯作ってくんだか……俺に惚れてたりして、はははっ」

木山「ふふ。そうかもな(鈍感な男だ…… だが、それはそれで……)」
7 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:40:14.98 ID:vuZJFF6o
鬼塚「あー、そういや、そろそろ行かないとやべーかも」

木山「そうか、もうそんな時間だったか。ところで今日はこれからどこに行くんだ?」

鬼塚「えーっと、確か、『常盤台』っつー女子高なんすよねー。学舎のなんちゃらって――」

木山「ああ、『学舎の園』か。そこなら通り道だ。送っていこう」

鬼塚「おぉ!? まじっすか! またガヤルドに乗せてもらえるんすか!?」

木山「いや、今日は君に運転してもらおうか」

鬼塚「うおっしゃあああぁぁあ! ガヤルド転がしたなんつったら龍二のヤローに――」

木山「さて、それでは行くとしよう」

鬼塚「うぃっす!」
8 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:40:52.00 ID:vuZJFF6o
――駐車場

キュルルル ゴウン! ドドッドッドッドッドッド ウォンウォンッ ブォォォ――

鬼塚「うおぉぉ! こいつはすげー加速だぜ! こいつならF40に勝てるんじゃねーかぁ!?」

木山「ふふ、どうだろうな。 まあ、君の運転なら負けることは無いだろう」

鬼塚「うらァ! ドリフトォォォォ!!!!!!!!」

ブォン! キキィィィ! ブォォォォォ!

木山「なかなか良いパワードリフトだな」

鬼塚「でしょー? 単車も良いけど、車もおもしれーなぁ!」
9 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:46:13.61 ID:vuZJFF6o
木山「ふふ。ところで、君の怪我だが、どうやらほとんど治ってるようだね」

鬼塚「そうなんすよ! あのカエル顔の医者良い腕っすよね。
    前に撃たれた時なんか、何日も入院させやがって、退屈で死にそうでしたよー」
    
木山「まあ、あの医者は『冥土返し』と呼ばれるくらいだからね。
    だが、君の回復の早さには驚かされた。あの人も驚いていたよ」
    
鬼塚「まぁ、ガキん頃から修羅場潜ってますからねぇ。身体も慣れちまうじゃないっすかね」

木山「魅力的だな」

鬼塚「!? あはは、そんな照れますって(おいおい、こいつぁ、もしかして……)」

木山「ふふ。(それにしても異常な早さだ……研究対象としてとても魅力的だ)」
10 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:46:56.40 ID:tQ7APVco
お、やっと見つけたC
しかしスクリプトは困るのう
11 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:48:55.09 ID:vuZJFF6o
――学舎の園前

鬼塚「いやー、木山先生ありがとうございます! 飯どころかガヤルドまで」

木山「なに、気にする程の事でもないさ。それでは、私は研究があるので失礼するよ」

鬼塚「気ぃつけてくださいね!」

木山「ああ。君も身体を大切にな。また機会があればガヤルドを走らせてやってくれ」

鬼塚「もちろんっすよ!」

ドドッドッドッドッドッド ブォォォ――

鬼塚「さぁて、ここが『学舎の園』ってやつか…… まるで童話ん中みてーな街だな」

ガードマン「ちょっと! そこの!」

鬼塚「あん? 俺のことっすかね?」

ガードマン「ここは関係者以外立ち入り禁止だよ!」

鬼塚「あー、俺関係者なんすよ。 常盤台っつー学校に用事があって――」
12 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:49:30.92 ID:vuZJFF6o
ガードマン「常盤台!? お前見たいな奴が常盤台だって!?」

鬼塚「おいおい、随分な言い草じゃねーか、あぁ!?」

ガードマン「ひっ!」

教員「失礼ですが……」

鬼塚「あぁん? こっちは今取り込み中だ! 一昨日きやがれ!」

教員「あの、鬼塚先生、どうかしましたか?」

鬼塚「え? あー、あんた柵川中学の!」

教員「昨日はお疲れ様でした。実は常盤台への引継ぎや連絡も任されていました」

鬼塚「そうだったんすか! それなら最初に言ってくださいよー。えーっと……」

教員「野中ですよ。覚えておいてくださいね」

鬼塚「あー、すんません! 忘れっぽいもんですから、ははっ(名乗られたかぁ……?)」

野中「それでは、ガードマンさん。手続きをお願いしますね」

ガードマン「あ、は、はい(何者なんだ、この金髪は…… 白いスーツなんか着て……)」
13 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:50:44.53 ID:vuZJFF6o
――常盤台

鬼塚「ほぉー。ここが常盤台ってとこっすか? とてつもねーお嬢様学校だっつー……」

野中「ほとんどが良家の子供ですが、生徒の中には一般家庭の子供もいますよ」

鬼塚「へぇ。こんな学校じゃ、普通のガキは耐えられないんじゃないっすか?」

野中「そうでもないと思いますよ。この学校はレベル3以上じゃなくては入れないですし、
    家柄以上にレベルが物を言う世界とでも言いますか……」

鬼塚「ほー。そんじゃ、レベル5でしたっけ。そんな奴がいたらやりたい放題っすね」

野中「常盤台にはレベル5が二人在籍していますよ。『超電磁砲』と『心理掌握』ですね」

鬼塚「なんだかすげー名前っすね」

野中「ああ、本名ではないですよ。通称、ニックネームというやつです」

鬼塚「そ、そうっすよね! まさか『超電磁砲』なんて名前なわけないですよね、あはは……」

野中「ええ(やっぱり何か不安だ……)」
14 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:51:09.42 ID:UWuUQZQo
こっちに移動したか他の奴らも気づいてるかな
15 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:51:35.29 ID:vuZJFF6o
――職員室

教頭「これは、これは鬼塚先生、よくぞいらっしゃってくれました!」

ガシッ

鬼塚「え、ああ、はい(おいおい、おっさん! 手なんか握ってくるんじゃねーよ!)」

教頭「非行問題の権威である鬼塚先生に来て頂けるとは、私、長い事教員をやっておりますが……」

鬼塚「いやー、そんなことより、俺は今日は何をすりゃいいんすか?」

教頭「今日はですね、6限に全校生徒を集めまして、集会を致します。
    鬼塚先生のお話を聞ける、またとないチャンスですので、生徒全員に――」
    
鬼塚「ちょ、ちょっと待ってくださいよ! それって全員の前で授業をしろって事じゃ……」

教頭「ええ。もちろんです。ビデオ学習をされると伺ってますので、
    VHS、DVD、ブルーレイとデッキを用意してありますのでご自由にお使いください」
    
鬼塚「あ、そいつはありがとうございます。 ちなみに生徒って何人くらいいるんすか?」

教頭「全校生徒合わせて200名程です」
16 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:54:23.17 ID:vuZJFF6o
んー、一応落ちたら製作行くとは最初に宣言してあるけど
もしもしの人とかは探すの大変かもなー
見つからないけど読みたいって人は、
どっかのサイトとかで探すかなんかしてくれると勝手に期待


人少なくなって寂しいなー

けど、VIPじゃないからある意味少しだけ気楽
まあ無駄に伸ばす気はないけどね。日曜か月曜には完結させたい
17 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:55:21.81 ID:kqnh2Ro0
頑張れ
18 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 01:56:09.45 ID:tQ7APVco
あの爆撃突然だったからな―
でもこれは見たいって人多そうだし、ここならそう落ちないからそのうち集まると思う
19 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:11:45.62 ID:vuZJFF6o
さんくす

まあ、のんびりと完結までやっていくわ
ちなみに今は書きながらだから遅くなる
20 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:13:42.03 ID:vuZJFF6o
鬼塚「200人!?(おいおい、200人の女子高生の前で授業なんかしたらよぉ……)

     女子A「きゃぁ! 鬼塚先生よ!」
     女子B「ああああっん! もうダメ!!!!」バタンッ
     女子C「私もダメぇぇえぇぇっ! 嬉しすぎて倒れちゃうぅぅう」
     女子D「鬼塚先生抱いて!!!!」
     女生徒一同「おにづかせんせぇえぇぇええーーーーーー!!!!」
     
     鬼塚「君達順番だよ、順番。守れないのなら……
        全員まとめて『喰っちまうぜぇぇ!?』    なんてことも……)」


教頭「――かせんせい。鬼塚先生?」

鬼塚「あ、いえ! なんでもないです! この鬼塚英吉、しっかりと任務を果たします!」

教頭「よろしくお願いします」
21 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:14:28.36 ID:vuZJFF6o
――講堂

御坂「はぁ……講演って何なのよ。面倒だからサボっちゃおうかなぁ」

黒子「お姉さま、それはいけませんの」

御坂「げっ! 黒子!」

黒子「んまぁ! 随分なご挨拶ですこと。お姉さまに嫌われたら私、私……」

御坂「はいはい。そんな事より、なんでこんな所にいるのよ」

黒子「あら、先生のお話聞いてませんでしたの? 今日の講演の座席は自由ですの」

御坂「そうだったんだ。しかし、今日の講演、なんなのよ」

黒子「『非行の現実とその解決策』。ジャッジメントとしては少し興味がありますの」

御坂「しっかし、この常盤台で非行についての講演があるとはねぇ」

黒子「お姉さま。昨日の事件をお忘れですの? 退学したとは言え、元常盤台の生徒も……」
22 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:16:51.19 ID:vuZJFF6o
御坂「あ……そうだったわね。そうよね。誰でもそういう事になる可能性はあるのよね」

黒子「ええ。ですから、しっかりと講演を――教頭先生がいらっしゃいましたわ」


教頭「えー、ゴホン! 皆さん集まっていますね。
    本日は『非行の現実とその解決策』ということで、『外部』から非行問題の権威を呼んでます」

御坂「権威か……どうせ胡散臭い学者か何かでしょ」

黒子「お姉さまお静かになさってください」

御坂「はいはい」

教頭「それでは、入って頂きましょう。――こちらへどうぞ」


 ――静寂。
 
 非行問題という、常盤台の生徒達にとっては普段なら縁の無い話だが、
 元生徒による『昨日の事件』の噂が流れている常盤台。
 生徒達は口には出さない物の、大きな関心を抱いていた。そして、マイクの音が……
23 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:17:31.71 ID:vuZJFF6o

鬼塚「『夢』を見てる奴ら、みんなに贈ります……ドリーミン!!!」

ジャージャカッジャッジャ♪ ジャジャジャージャン♪

http://www.youtube.com/watch?v=uttKuA-fKfQ&feature=related

鬼塚「どりーみんっ! アスファルート 泥だーらーけーのくーつ♪」


御坂「ちょっと! 何よこれ!? なんでいきなり歌ってるわけ??」

黒子「なんですの!? 類人猿!? しかも……上半身裸だなんて!」

キャー ヘンタイヨー ナンデ! イヤァァァ

教頭「お、鬼塚先生!!!! おい、おい、誰か! 誰かぁぁぁ!」


鬼塚「そんな奴らは好きじゃない♪ 俺はそんなにバカじゃない♪」

黒子「この常盤台でなんて真似を!」

御坂「(あれ? この曲……カッコ良いかも……)」

教頭「マイクを、いや、幕を下ろせ! なんで、なんでこんなことに……ガクッ」


――キョウトウガタオレター ホケンシツニツレテケー

――
24 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:19:25.32 ID:kqnh2Ro0
暴威ナツカシスwwwwwwwwww
25 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:19:32.42 ID:HhPPeoUo
おkこっちなのね
続けてくれい
26 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:20:04.66 ID:vuZJFF6o

鬼塚「センキュー!」

ザワザワ ガヤガヤ バタバタ

鬼塚「(決まった……やっぱりBOφWYにして正解だったぜ)」

鬼塚「よぉ、俺が今日の講演を担当する鬼塚英吉だ。よろしくなぁ!」

黒子「ちょっと、そこのあなた! 一体何のつもりですの!?」

鬼塚「あ? って、おめー、チンチクリンじゃねーか!」

黒子「チンチクリンだなんて! 本当に失礼な類人猿ですの!」

鬼塚「おい、ちょっと待てよ! おめー、中坊のくせになんでこんなとこにいるんだ?」

黒子「何を仰っているのですか? ここは常盤台『中学』ですの!」

鬼塚「はぁ!? 中学だぁ!? おい、ここって女子『高』じゃねーのか!?」

黒子「女子中学『校』ですわ。それより、あなたが非行問題の権威ですの?」

鬼塚「ちょっと待て! おい、ふざけんじゃねーぞぉ!?」
27 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:21:29.95 ID:vuZJFF6o
ピッピッピ プルルルルルル プルルルルルル

理事長「はい、吉祥学園理事長室です」

鬼塚「理事長! どういうことなんすか!?」

理事長「鬼塚先生ですか。昨日は活躍してくれたみたいですね」

鬼塚「そんなことより、ここが、常盤台って女子高じゃねーんすか!?」

理事長「え、女子校よ?」

鬼塚「だって、中学って……一体どういうことっすか!?」

理事長「あら、言わなかったかしら? 女子中学校。女子校よ?」

鬼塚「ちょ、そんな、エロサイトじゃあるまいし、そんな引っ掛けを……」

理事長「私は高校だなんて言ってませんよ」

鬼塚「お、俺の、夢が……」

理事長「とりあえず、後三日間、頑張ってくださいね」

プチッ ツーツーツー

鬼塚「……」
28 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:24:07.28 ID:vuZJFF6o
喫茶サテン読みながら書き溜めてくる
29 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 02:34:22.65 ID:UWuUQZQo
頑張ってら
30 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/27(土) 06:34:02.07 ID:zTiFXKE0
Dreamin'とはわかってるじゃないか…
フォークなバンドじゃないんだから、ビシっと決めてくれよ>>1!!
31 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/27(土) 13:10:54.94 ID:mv5LRqMo
こっちにあったのか支援
32 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/28(日) 20:36:20.05 ID:EXiy3DY0
一方その頃上条家では・・・

 ドコドコドン             ミ   ))←イン(ry
       I    /            //        /
   _  ヽO丿    __      /O>      O セックス!!
  ( () ∧/ ←美琴 [TV]       __  /V \
   I ̄I   )       || ̄.||       |PC | /> ←黒子
33 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/29(月) 11:28:24.78 ID:5Nh3vsk0
なんかクソワロタwwwwww
34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/29(月) 13:37:23.78 ID:tB4.sLw0
現在書き溜め中につき、しばし待たれよ
夜には投下予定
状況次第だけど、5日目は完結させたいなぁ
35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 13:50:47.18 ID:Vi5Ovg20
超待ってる!
36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 14:51:11.92 ID:V8Qd3vQo
夜まで待機だ
37 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 15:10:11.48 ID:4PC0A.AO
ドラマGTO観ながら楽しみにしてるぜ
38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/29(月) 15:48:19.39 ID:B9FdIgk0
ちなみに予定投下時刻は21時から22時あたりってことで
余裕があれば頑張って早く投下するお
39 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/29(月) 16:53:36.30 ID:BvFMHEg0
楽しみに待ってる
40 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/29(月) 18:41:56.14 ID:XLxAP9Q0
>>32
なんで家主の上条さんがいないんだよwwwwww
41 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/29(月) 21:09:39.51 ID:eGSfw0I0
待機
42 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/29(月) 21:20:42.16 ID:hXeVWgU0
まだ帰宅できてない…
もうちょいおまちを
43 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:22:23.53 ID:88YMaq2o
――放課後 常盤台

御坂「はぁ……」

黒子「お姉さま、そんなにがっかりなさらずに……」

御坂「がっかりというか、ぐったりね。何よ、あの講演……」

黒子「突然ライブを始めたかと思えば、次は女子高生がどうとか……
    その上、講演とは名ばかりで、暴走族のDVDを延々一時間半も見せ続けるなんて」

御坂「教頭先生が起きたから止められたけど、起きてこなかったらと思うとぞっとするわね」

黒子「まったくですの。もしあのままあんなDVDを見せられ続けたらと思うと……」

御坂「まぁ、ある意味、非行の実態がよくわかったと言えばわかったけどね」

黒子「しかし、あれが非行問題の権威だとは、未だに信じられませんの」
44 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:23:10.54 ID:4PC0A.AO
待ってた
45 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/29(月) 22:24:25.53 ID:eGSfw0I0
キター
46 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:27:43.36 ID:88YMaq2o
御坂「それに初春さんや佐天さんを助けたなんてね。なんだかおかしい」

黒子「思い出したら、急に疲れが出てきましたの」

御坂「あはは。そう言えば、あんたこれから仕事でしょ?」

黒子「ええ。スキルアウトに流れている武器やキャパシティダウンの出所についての調査ですの」

御坂「キャパシティダウンか……」

黒子「何かを思い出してるところ、恐縮ですが、お姉さま?」

御坂「はいはい。何かあれば、すぐに連絡すればいいんでしょ」

黒子「わかって頂けてるみたいで一安心ですの。それではお姉さま、また後ほど」

御坂「はーい。行ってらっしゃい――さて、クレープでも食べて、立ち読みでもするかな」
47 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:30:21.11 ID:88YMaq2o
――街

鬼塚「思い出すだけで腹立つぜ……」

野中「先生、私が言うのもなんですが、さすがにあれはやりすぎかと……」

鬼塚「そうっすかね? 吉祥学園のガキんちょ共なんか、俺が永ちゃんのライブやった時
    すっげー喜んで聴いてくれてたんすけどねー。やっぱりお嬢様学校だからなんかなー」
    
野中「そうでしたか……あはは……」

鬼塚「いやぁ、野中先生もすんませんね。いろいろと迷惑かけちったみたいで」

野中「いえいえ。まあ、明日の講義はなくなってしまったみたいなので、
    とりあえず明日はフリーという事で……日曜日に改めて連絡致します」

鬼塚「フリーっすか? さすがになんかわりーなぁ……
    あー、それともまた柵川中学で授業でもしましょうか?」

野中「いえいえ、それには及びません。日曜に簡単なレポートとヒアリングをさせて頂ければ……」

鬼塚「そうっすか。んじゃ、そういう事にさせてもらいますわー」

野中「よろしくお願いしますね。それでは鬼塚先生、また後日」

鬼塚「お疲れさまっすー。――さーてと、とりあえず、どうすっかな……」
48 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:35:28.68 ID:88YMaq2o
プルルルルル プルルルルル

鬼塚「あん? はいはい、もしもーし。こちら地球防衛軍学園都市出張所っす」

佐天「鬼塚先生ですかー? 聞きましたよ。常盤台でやらかしたんですか?」

鬼塚「おめー、耳がはえーなぁ。なんかよ、どーやら教頭の機嫌を悪くさせちまったみたいでよ」

佐天「あはは。さすがにいきなり裸で歌い出すなんてやりすぎですよ」

鬼塚「やっぱり最近のガキんちょ共には、BOφWYの素晴らしさがわかんねーんかぁ?」

佐天「そんなことより先生! 今暇ですか?」

鬼塚「暇っつーか、もう来んなって言われちまってよー。どーしよーかと」

佐天「やっぱり暇だ! それじゃあ、クレープ食べましょう!」

鬼塚「クレープだぁ? なんで俺が――」

佐天「はいはい、文句言わない! それじゃ場所は――」

鬼塚「おいおい」

佐天「それじゃ、待ってますよー!」

ツーツーツー

鬼塚「ったくよぉ……」
49 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:35:56.89 ID:88YMaq2o

――クレープ屋

佐天「おーにーづーかーせんせー!」

鬼塚「おー。道に迷っちまったぜ」

佐天「遅いですよー。あ、そうだ、こちらにいるのが」

御坂「ちょっと! 今日の金髪教師!」

鬼塚「げ。常盤台のガキんちょじゃねーか!」

御坂「が、ガキですってぇ!?」

バチバチッ ピリピリッ


鬼塚「ちょっ!」
50 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:39:22.07 ID:Vi5Ovg20
キテタ〜
51 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:40:24.99 ID:88YMaq2o

佐天「はいはい、二人ともやめてくださいね。えーっと、鬼塚先生。
    こっちにいるのが、常盤台中学二年生の御坂美琴さんで、
    御坂さん、こっちがあたし達を助けてくれた鬼塚先生です!」

御坂「やっぱりアンタだったのね……」

鬼塚「おめー、いきなりアンタ呼ばわりたぁ、良い度胸してんじゃねーか?」

佐天「もう、二人とも喧嘩しないでください!」

御坂「はぁ……佐天さん達を助けたってのは、どうやら本当みたいだけど、
    非行問題の権威って本当なの? うちの子達、みんな怖がってたわよ。
    あんた、権威というよりも、非行の権化って感じよね」

鬼塚「あぁ? 非行問題の権威とかよー、ぶっちゃけ、俺もいきなり言われてな」

御坂「はぁ? 何それ?」

鬼塚「いやよー。確かに俺は悪ガキ共の扱いは慣れてっけどよ。
    権威だか権利だか知らねーけど、そんな偉そうなもんじゃねーぞ?
    普通にガキと一緒に遊んで、ガキと同じこと考えてるだけだからよー」
52 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:45:33.22 ID:88YMaq2o

御坂「それじゃ、アンタ自身が、非行教師ってわけか……」

佐天「まぁ、それが鬼塚先生の良い所なんですよ!」

鬼塚「よー、佐天。おめーわかってんじゃねーか! さっすが俺の生徒だぜ」

佐天「へっへーん」

御坂「(佐天さん……まさかこんな金髪に毒されてるんじゃ……)」


――ファンファンファンファン ミチヲアケテクダサイ

鬼塚「あ? なんだありゃ?」

佐天「ああ、アンチスキルの特殊走行車両ですね」

御坂「そう言えば、なんでも東京都の副知事が見学に来るって聞いたわね。その護衛じゃない?」
53 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:53:11.39 ID:88YMaq2o
鬼塚「ほー、副知事ねぇ」

御坂「なんでも、学園都市の教育現場を見て回って参考にするとかどうとか……
    そもそもの設立理由も、環境も、何もかも違うのに、参考になるのかしらね」

鬼塚「お偉いさんの考えることはよくわかんねーからなぁ。
    それに俺なんかをわざわざこんなとこに送り込んでくるくらいだからよぉ」
    
佐天「でも、先生が来てくれたおかげで、あたしも初春も無事なんですから!」

鬼塚「しっかり感謝しろよー?」

佐天「してますってー。だから朝ごはんも作りに行ったじゃないですか!
    あ、そうだ。明日も作りに行きますね! お魚、何が好きですか?」

御坂「ちょ、ちょっと佐天さん! こいつの家にあがったの!?」

佐天「そうですよー。今朝、朝ごはんつくりに行っちゃいました! えへへ」

御坂「あ、アンタ! 中学生を家に連れ込んで何してんのよ!」
54 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 22:53:54.73 ID:88YMaq2o

鬼塚「ちょっと待て! 誤解だ! 俺は何もしてねーぞ!?
    朝起きたらよ、いきなりコイツが部屋ん中にいやがって……しかも鍋の蓋で殴られるし」

佐天「あれは、先生が変な物を出すから悪いんですよ!」

鬼塚「ばっ、ばかやろ――」

御坂「へ、へ、変な物って! あんた、まさか佐天さんに……」

パチパチッ ビリビリッ パチパチパチパチッ

鬼塚「ちょ、誤解だかんな!? おい、佐天! おめーもなんとか言えよ!」

佐天「あはは! 知ーらない!」

御坂「アンタ……教師のクセに中学生に手を出すなんて……このっ――」

黒子「まぁ、随分と賑やかですこと……」

佐天「白井さん! 初春!」

御坂「え? 黒子?」
55 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:02:32.24 ID:88YMaq2o
黒子「お姉さま。いくらその類人猿が、変態の権化だとしても、
    一般人に能力を振るうなんて感心できませんの。ましてやお姉さまは常盤台のエース……」
    
御坂「わかったわよ!」

鬼塚「ふぅー。助かったぜー。チンチクリンも役に立つじゃねーか」

黒子「チンチク……あなた、一度痛い目に合った方がよろしいんでは?」

初春「まあまあ、白井さん。 御坂さん、佐天さん、鬼塚先生、こんにちは」

鬼塚「おー、初春じゃねーか。このチンチクリンと何してんだ?」

黒子「またチンチクリンって言いましたの! 私には白井黒子という立派な名前が――」

初春「(チンチクリン……ぷぷっ)」
56 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:07:29.93 ID:88YMaq2o
黒子「初春? 今あなた何か言いませんでしたの?」

初春「いっ、いえ! 何にも言ってないですよ!
    えっと、今日はジャッジメントの仕事で、今はパトロール中なんですよ!」
    
鬼塚「パトロールねぇ。そいつは、ご苦労さん。
    この地球防衛軍の鬼塚英吉、初春軍曹のご活躍を期待しているであります!」

御坂「なにそれ……」

佐天「そうそう。そういえば、あの『エンジェルブロウ』のこと、何かわかったんですか?」

黒子「いえ、それが、まだですの」

初春「でも、スキルアウトに流れている『キャパシティダウン』についてはわかりまたよ」

御坂「わかったの!?」

黒子「初春! 余計な事は喋るなとあれほど……本当にあなたはジャッジメントとしての――」

佐天「それで、それで? 結局どこのどいつが流してたの?」

御坂「私も気になるわね」
57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:13:31.64 ID:88YMaq2o
黒子「はぁ……口外しないでくださいまし?
    実は、『MAR』の元研究員が行方不明になっていますの」

御坂「『MAR』って!? まさか……」

初春「先進状況救助隊……先日の『乱雑開放』事件の首謀者、テレスティーナ・木原・LLが
    指揮、所属していた研究機関であり、武装グループ……」

黒子「ええ。そして、あの事件の際には、大量の武器やキャパシティダウンを
    スキルアウトに流していたのは、彼女の率いる『MAR』のメンバー達」

御坂「まさか、またあんな事件を起こそうなんて言うんじゃないでしょうね!?」

黒子「落ち着いてくださいまし。この件とテレスティーナには、直接の関係はないと思われますの」

佐天「あ、そっか。まだあの人は拘留中なんですよね」

初春「ええ。外部と連絡を取った痕跡も無いようです。
    ただ、事件の際にスキルアウトに武器を流していたメンバーと思われる研究員が
    一人だけ未だ捕まっていなかったんです。ですから、もしかしたら、と……」
58 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:17:16.51 ID:88YMaq2o
御坂「そうだったの……でも、なんで今更?」

黒子「さぁ、それがわかれば、もう少し手の打ち用があるのですが」

御坂「それじゃ、こんなところで油売ってないで、早く調査しなきゃダメなんじゃないの?」

黒子「んまぁ! お姉さまったら! 黒子は遊んでいるわけではありませんの!」

初春「実はですね。最近、スキルアウト達が、また活発になっているって噂聞いたことありますか?」

佐天「スキルアウト……私もだったけど、確かに最近事件が多いって聞くよね」

御坂「そう言えばそうね。街の中にも、ちょっとガラの悪い奴らが目立つ気がするわ」

黒子「アンチスキルによる、『ストレンジ』掃討作戦が行われましたが、
    ですが、スキルアウトの連中が、再びあの辺りを根城にして何かしていると……」

御坂「それじゃ、さっさとアンチスキルを集めて、また捕まえればいいじゃない」
59 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:17:58.91 ID:88YMaq2o

黒子「そう簡単なことじゃありませんの。あれだけの大規模な作戦を実施するには、
    上の方とも調整しなければ無理ですの。それにはまだ証拠が少ないですわ」

御坂「それじゃ、証拠集めればいいじゃない。なんなら私がまた『ストレンジ』に行こうか?」

黒子「やめてくださいまし! まったく……ですので、私達が街を見回りつつ、
    スキルアウトの犯行現場を押さえて、正式に対応できるようにしようとしてますの」

佐天「なるほどー。だから、パトロールってわけかー」

鬼塚「なんつーか、めんどくせーことになってるみてーだな……
    おめーらの言ってる事の半分以上がチンプンカンプンだぜ?」

黒子「あなたは一般人ですので、知らなくて構いませんの。
    それに『外部』の方なんですから、尚更……」

鬼塚「冷てーじゃねーか」
60 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:23:01.69 ID:88YMaq2o

黒子「いいえ。良いですの? お姉さまも、あなたも、余計な事に首を突っ込まないでくださいまし」

初春「あ、白井さん。そろそろパトロール再開しないと、固法先輩に怒られちゃいますよ」

黒子「いけませんの。それでは」

パタパタパタパタ


鬼塚「ったくよぉ。全然話がわかんねー上に、あのチンチクリンは……」

佐天「まあまあ。えーっと、それじゃ、どこから説明しよっかな」

御坂「そうねぇ。えっと、じゃあ、まずは『乱雑開放』について簡単に――」


――
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:28:06.96 ID:ylqHrC2o
紫煙
ここって猿さんあるの?
62 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:31:36.84 ID:88YMaq2o
お猿さんないよ
63 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:33:17.97 ID:88YMaq2o

鬼塚「ほー。なるほどなぁ。しっかしまぁ、能力っつーのは色んなモンがあるんだな」

御坂「そうね。似たような能力でも細分化していけば、それこそ数え切れないくらいよ」

佐天「能力か……たくさんあるのに、あたしには何も無いんだもんなー」

鬼塚「佐天よー。この前言ったの忘れちまったか?
    能力があろうとなかろうとよ、おめーにはおめーの良さってのがあんだろ?
    周りにいるダチがそれを証明してんじゃねーか」

御坂「(この人、実は……)」

佐天「あはは。大丈夫ですよ! 別に無能力者だからって、いじけたりなんてしませんよ!」

鬼塚「おうよ」


??「こんな時間まで何してる? そろそろ完全下校時刻じゃん」

御坂「げっ。もうこんな時間だ」

佐天「やばいですね。早く帰らないと……」
64 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:36:59.96 ID:88YMaq2o

御坂「そうね。それじゃ、佐天さんまたね! 鬼塚……先生も」

佐天「御坂さんさようならー! 先生もまた明日ねー!」

鬼塚「おーよ。気ぃつけて帰れよー」

??「鬼塚先生、元気そうじゃん?」

鬼塚「ん? おぉ!」

ばいんばいん ばいんばいん

黄泉川「アンチスキルの黄泉川じゃん」

鬼塚「おー、黄泉川さん!(まさか再びこのパイオツを眺める事ができるとはよぉ!?)」

黄泉川「何してんじゃん?」
65 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:38:42.32 ID:88YMaq2o
鬼塚「いやー、佐天達とちぃっとばかし話し込んじまって」

黄泉川「楽しく話すのはいいけど、下校時刻は守らせなきゃいけないじゃん」

鬼塚「面目ないっす」

黄泉川「それより、この後の予定は?」

鬼塚「帰って、飯でも食って寝るっつーとこっすよ」

黄泉川「それなら丁度いいじゃん! 一緒に飯にいくじゃんよ!」

鬼塚「ま、まじっすか!(おいおい、木山先生といい、黄泉川さんといいよぉ……)」
66 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:46:53.54 ID:88YMaq2o

――謎の屋台

鬼塚「あのー、黄泉川さん、一体ここって何の屋台なんすか?」

黄泉川「なんの屋台だろうなぁ。まぁ、そんなの気にしないで、ジャンジャン飲むじゃん」

鬼塚「おっとっと……いやー、頂きます!」

??「あらあら。今日は黄泉川先生一人ですか?」

鬼塚「なっ! (なんだ、このちびっ子は……)」

黄泉川「小萌先生じゃん。鉄装は明日のテスト作ってないとかで残業じゃん」

小萌「そうですか。ん? そちらの男性はどなたなんです?」

黄泉川「『外部』から研修にきた鬼塚先生じゃん」

小萌「鬼塚先生ですか。私は月詠小萌です。高校教師をやってます」

鬼塚「こ、高校教師!? ちょ、黄泉川さん、マジっすか? こんな……」
67 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:47:45.92 ID:88YMaq2o
黄泉川「ははっ、本当じゃん。ちなみに私と同僚じゃん」

鬼塚「黄泉川さんも先生だったんっすか!?」

黄泉川「そうじゃん。アンチスキルは一部教師が兼任してるじゃん」

小萌「ところで、鬼塚先生。さっき私が教師だって言った時、何か変な事考えませんでしたか?」

鬼塚「えっ、いや、んなことねーっすよ!」

小萌「そうですか。あんまり舐めたクチを聞くと、痛い目見せちゃいますよ?」

鬼塚「あはっ、はははは……(このちびっ子、なかなかやべぇぞ)」

小萌「おじさーん。魔王三人分と、豚足と、スズキのムニエルと、チンジャオロースください」

おっさん「あいよー」

小萌「それじゃ、せっかくなんですから一緒に飲みましょう。魔王は奢っちゃいます!」

鬼塚「は、はぁ、ありがとうございます(この街……マジでわかんねー……)
68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:52:30.69 ID:88YMaq2o
――帰り道

鬼塚「……うぇっぷ」

トボトボ フラフラ

鬼塚「やべぇ。飲みすぎた……あのちびっ子、どう考えてもザルだろ……うっぷ。
    黄泉川先生も帰っちまうし……あの人酒癖悪すぎだろ……クソッ!」

ジョボジョボジョボ

キンッ シュボッ パチン

鬼塚「ふぃー。しっかし飲みすぎたぜー。まあ、明日暇だから良いんだけどよー。ひっく」


ダッダダダダダッダダダッダ

鬼塚「あ、百円みっけ」

ブン!

鬼塚「うぉぉ! なんだぁ!?」
69 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:52:55.89 ID:bsy2v5Io
おお。きてるー
70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:54:55.14 ID:88YMaq2o

??「[ピーーー]やこらぁぁぁぁ!」

ブン! ブン! 

鬼塚「てめっ、いきなり……」

ガンッ! ボコッ!

鬼塚「いきなりバットで襲ってくるたぁ、良い度胸してんじゃねーか? あぁ!?」

??「げふっ!」

鬼塚「百円見つけなかったら、直撃コースだったんじゃねーのかぁ? って――」


ブォンブォンブォン バタバタバタバタ ドタドタドタ ザザザッザ

鬼塚「……」
71 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:55:21.11 ID:88YMaq2o
伏字回避ってなんだっけ?hageだっけ?
72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:56:59.59 ID:Vi5Ovg20
saga
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage saga]:2010/03/29(月) 23:57:31.71 ID:LD3vL.60
てす
ドラえもん
74 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/29(月) 23:57:38.32 ID:Zh5z6yYo
がんばれー
支援
75 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/30(火) 00:01:27.23 ID:OiWnKAUo
sagaかwwwwww
hageとか何を血迷ったんだwwwwwwww

さて、続きを・・・というところで休憩
もうちょいで5日目完結ごございます
76 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/30(火) 00:03:36.05 ID:Vtt5CeE0
hageワロタwwww
wktk
77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/30(火) 00:04:58.24 ID:lX2pds2o
ピーは[ピーーー]かな?
78 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/30(火) 00:05:06.73 ID:vBMFttgo
世界樹かよwwwwww
79 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/30(火) 00:08:11.50 ID:Vtt5CeE0
>>77
ここに一覧載ってる

パー速機能覚書・テスト
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1265103855/
80 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/03/30(火) 00:35:18.47 ID:SjK7rEI0
たぶん死ねやろ
81 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/30(火) 18:58:49.89 ID:cmzSVlQ0
あれ続きまだ?
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/30(火) 21:15:55.69 ID:YUOtQV20
待機
83 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/03/31(水) 01:08:46.30 ID:uvVYFPoo
ここやん
84 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/31(水) 02:40:51.50 ID:tcoz3kSO
マダー?
85 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/31(水) 02:50:16.94 ID:Gxhne9w0
ヒュー!
86 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/03/31(水) 21:28:03.90 ID:qQvq8lE0
待機
87 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/04/01(木) 06:43:20.64 ID:RylOXI2o
この前寝ちまった。申し訳ない
とりあえず、五日目を完結させる
88 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/04/01(木) 06:44:01.55 ID:RylOXI2o
>>70から

??「死ねやこらぁぁぁぁ!」

ブン! ブン! 

鬼塚「てめっ、いきなり……」

ガンッ! ボコッ!

鬼塚「いきなりバットで襲ってくるたぁ、良い度胸してんじゃねーか? あぁ!?」

??「げふっ!」

鬼塚「百円見つけなかったら、直撃コースだったんじゃねーのかぁ? って――」


ブォンブォンブォン バタバタバタバタ ドタドタドタ ザザザッザ

鬼塚「……」
89 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/04/01(木) 06:44:28.52 ID:RylOXI2o
スキルアウトA「あんたが鬼塚か」

鬼塚「だったら何だってんだよ?」

スキルアウトA「どうもでかい顔してるって噂を聞いてな」

鬼塚「ほー。学園都市じゃ、俺様の噂で持ちきりっつーわけか。
    んで、てめーらは何だぁ? サインでも欲しいっつーのか? そんなにゾロゾロとよぉ?」

スキルアウトB「ふざけたこと言ってんじゃねーぞ! びびってんだろ? あ?」

スキルアウトC「俺達を前にして、随分と余裕な振りしてるけど、頭大丈夫か?」

鬼塚「てめーら、何モンだ?」

スキルアウトA「『悪夢』<ナイトメア>だ……あんたを連れて来いって命令でね」

鬼塚「『悪夢』だぁ? だっせー名前つけやがってよー。
    んで、誰が俺を連れて来いってんだ? 用があんならてめーで来やがれって言っとけや」
    
スキルアウトA「……直接言うんだな」

鬼塚「へっ、どーやら、帰そうって気はないみたいだな……」

ジャリッ ザザッ

鬼塚「(ざっと20人ってとこか。早めにケリつけねーと、さすがにやべーかもしんねーな……)

スキルアウトA「やれ」

「「「うおおぉぉぉおぉぉぉ! ぶっころせえええぇぇぇぇぇ」」」
90 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/04/01(木) 06:45:08.68 ID:RylOXI2o
バタバタバタバタ ドタドタドタ ブンッ バキッ ブンッ バキバキッ バリンッ!

鬼塚「うらぁぁぁ! 上等だよ、テメーらよぉ!?」

スキルアウトD「死ねや!」

鬼塚「おっと。しょぼい蹴りなんか出してんじゃねーよ!」

ガシッ ブンッ!

スキルアウトD「うわわわぁぁぁぁあぁぁあっぁああ」

スキルアウトE「な、ジャイアントスイングだとぉ!?」

ガンッ! ガンッ! ガンッ! ブンッ!

スキルアウトB「あっという間に五人も!?」

鬼塚「おいおい、相変わらず『咬ませ犬』っつーのは弱いなぁ!?」
91 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 06:45:44.83 ID:RylOXI2o
ガスッ! ボコッ! ドカッ! ガンガンガンッ!

鬼塚「さぁて……残りは随分と少なくなっちまったなぁ?」

スキルアウトA「チッ」

スキルアウトB「おい、あれを使え!」

スキルアウトA「クソが……」

ウィィーーーーーン ブォォオォォォォォーーーーーーーン

鬼塚「なっ、なんだこの音はよぉ!? 頭に……」

スキルアウトA「今の音は『爆音小僧』<ロアードピクシー>……俺の能力だ。
        ターゲット周囲に160デシベルの音場を発生させてるんだ。
        このまま音を聞き続けていたら、耳が壊れるぜ?」

鬼塚「なんだとぉ!?」

スキルアウトA「聴覚器官を壊されたくなければ、大人しく付いて来い」
92 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 06:46:11.47 ID:RylOXI2o
鬼塚「ケッ! 能力っつーのに、一瞬ビビっちまったけど、大したことねーなぁ?」

スキルアウトA「なっ! それなら……」

ウィィーーーーーン ブォォオォォォォォーーーーーーーン

鬼塚「うおっ! うるせぇ!!!」

バキッ ボコッ ガキンッ!

スキルアウトB「ぐはっ!」

スキルアウトA「なっ! なんで平気な顔して動けるんだ!」

鬼塚「何か言ってそうだなぁ、おい? んでもよぉ、はっきり言わなきゃ聞こえねーんだよ!?」

バキッ!

スキルアウトA「あべしっ!」
93 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 06:46:47.90 ID:RylOXI2o

鬼塚「ふぅ。やっと音止まったか」

スキルアウトA「なんで、あの音場の中を平然と……ジェットエンジン以上の音量だぞ!?」

鬼塚「あのよ……ジェットエンジンだかなんだか知らねーけどよ。
    134号線<イチサンヨン>の単車の河ん中に比べたら屁みたいなもんだぜぇ?」

スキルアウトA「意味わからねーことを……」

鬼塚「さてと、そんじゃ、ゆっくり話を聞かせてもらうとするか……」

スキルアウトA「ひっ!」
94 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 06:47:19.58 ID:RylOXI2o

――鬼塚の宿舎

ガラガラッ キンッ シュボッ パチン

鬼塚「ふぅ……まさか、俺が狙われることになるなんてな。さすがに予想外ってやつだぜ」

 帰宅途中に、襲撃を受けた鬼塚は、スキルアウトを返り討ちにした。
 リーダー格の男を、得意の拷問で責め、話を聞きだそうとしたが、男は何も知らなかった。
 聞き出すことができたのは、大きなチームが結成されつつあるという事、
 そこのトップが、鬼塚に用事があるということ、それだけだった。
 そして、これからも鬼塚を狙い続ける、そう言って男は気を失った。
 
 そして、これは――
 
 
 
 『悪夢』の始まりだった……

【9月9日木曜日 5日目終了】
95 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 06:49:06.43 ID:RylOXI2o
というわけで、遅くなったけど、五日目終了。
物語はこれから佳境に入っていくわけだが……

ちなみにアニメしか見てないから、細かい設定とかは許しておくれ
基本的にレールガンとのクロスと思って欲しい

ってわけで、夜にまた。6日目完結させちゃうよ!
96 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 07:00:25.73 ID:I8j71cso
まさかこの時間に始めるとはww
6日目も期待乙
97 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 08:50:05.01 ID:MHa2.Vk0
超乙です
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 16:20:17.95 ID:RylOXI2o
期待させといて申し訳ないんだけど
ちょっと今晩は来れそうにない。申し訳ない
99 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/01(木) 22:08:10.65 ID:9Zux4IAO
支援
のんびり待つよ
100 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/02(金) 09:23:27.18 ID:a7dB4yI0
なんや、スレタイで萬田はんのことかとおもてもうたやないか
101 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 12:51:08.13 ID:Dgc0FFIo
昨日は一日エイプリルフールのためのサイトを作ってたが
思った以上に周りの反応が鈍くて、意気消沈。

ほとんど書き溜めてないから、こまめに投下する感じでいく
102 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 12:51:41.42 ID:Dgc0FFIo
9月10日金曜日 6日目】

――同日未明 第十学区

 生温い風が吹いている。
 湿気が服越しに肌にまとわりついてくる。
 
 夏休みが明け、例年通りなら静かになるはずのこの時期。
 一夏の思い出を作り終えた連中は、元の日常に戻っていく。
 
 しかし、今年は少し違う。
 
 まだ、『祭り』が続いていた。
 
 いや――
 
 『祭り』はこれから始まろうとしていた。
 
103 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 12:52:11.68 ID:Dgc0FFIo

――

??「これはさすがに異常だな……」

 男は一人、見慣れた街を歩いていた。
 見慣れた街の見慣れぬ住人。昨日から違和感を感じ続けている。
 一種の自警団として望まれた『無能力者集団』が変わっていくのは仕方無い事だった。
 
 だが、この状況はおかしい。
 
 この時期、この時間に、これだけの人間がこの界隈にいるのは異常だった。
 しかも、『夏祭り』とは言えない、剣呑な雰囲気に包まれている。


男1「おい」

??「ん?」

男1「あんた、どこのチームの人間だ?」

??「……」

男2「ああ、それとも参加希望か?」

??「参加……?」
104 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 12:52:51.05 ID:Dgc0FFIo
男1「なんだよ、何にも知らねーのか?」

??「しばらくぶち込まれてたもんでな」

男2「そうだったのか。何やってパクられたんだ? 強盗か?」

??「……傷害だ」

男1「あんた腕っ節強そうだからなぁ。まあ、ご苦労さん」

??「ところで、何か『祭り』でもあるのか?」

男1「ああ。でっかい『祭り』があるんだよ」

男2「せっかく出てきたんだ。お前も参加したらどうだ?」

??「そんなに簡単に参加させてもらえるのか?」

男1「ああ。『悪夢』ってチーム知ってるか?」

??「いや」

男2「アンチスキルの掃討作戦は知ってるか? 色んなチームがバラけちまったけどよ、
    あいつらが、色々と呼びかけてよ。んで、のし上がってきたチームなんだよ」

??「……」
105 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 12:53:34.75 ID:Dgc0FFIo

男2「さすがに全部のチームをまとめるるわけにはいかなかったみたいだけどな」

男1「でも、かなりの人数が集まったからな」

??「それで『祭り』か」

男1「そういうことだ。あんたも来いよ。これから俺達のチームの集会があるんだ」

??「そんなに簡単に行ってもいいのか?」

男1「人数は多い方が良いからな。『祭り』だしよ」

??「……せっかくだ。参加させてもらうか」

男2「おうよ。楽しい『祭り』にしようぜ? 何もかもぶっ壊すようなやつによー?」

??「ああ……(『悪夢』か……何をする気かわからないが、とりあえず行くしかないな)」

――
106 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 13:05:29.46 ID:pJBKo.k0
………頑張れ
107 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/02(金) 13:20:34.27 ID:S7m7CYMo
きてるううううううう
しえん
108 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 13:57:15.70 ID:Dgc0FFIo
――朝 鬼塚の宿舎

佐天「せんせー! ご飯できましたよー?」

ぐがー すぴー ぐーぐー むにゃむにゃ

佐天「全くもう……だらしないなぁ」

鬼塚「むにゃむにゃ」

佐天「でも、そういうのが放っておけなくなるというか、なんというか……」

鬼塚「ふゆつきちゃん……」

佐天「 !? 」

鬼塚「そんなとこを……」
109 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 13:58:20.41 ID:Dgc0FFIo

佐天「いい加減に起きなさい!」

ボスッ!

鬼塚「んぁ!? なんだぁ?」

佐天「先生、ご飯できたから顔洗ってきてください!」

プイッ

鬼塚「おー……佐天かぁ。今日も飯作りにきてくれたんか。ふわぁぁ」

佐天「いいから、ささっとズボン履いて、顔洗う!」

鬼塚「あー、わぁーったわぁーった!」

佐天「ったく……」
110 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 13:59:11.65 ID:Dgc0FFIo

――

鬼塚「今日はアジのみりん干か。渋いじゃねーか」

佐天「先生、いっつも不健康な物食べてそうだし」

鬼塚「そうでもねーぞ? 昨日は昼飯はイタリア料理で、晩飯は屋台でよー」

佐天「ほう?」

鬼塚「んで、そこの屋台っつーのがよ、何かよくわかんねーけど、
    注文した料理がポンポン出てくるんだよ。和洋中なんでもござれだぜ?」

佐天「へぇ」

鬼塚「まあ、結局ガンガン飲まされちまって――」

佐天「それで、誰と行ったんですか?」ニコッ

鬼塚「え? 誰って、昼飯は木山先生だろ? んで、晩飯は黄泉川先生だ」

佐天「いつの間にか仲良くなってるんですねー。へー。そうなんだー」

鬼塚「おいおい、何怒ってるんだよ?」

佐天「べっつにー」
111 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 14:00:29.49 ID:Dgc0FFIo
鬼塚「なんだよ、ったく」モグモグ

佐天「……」

鬼塚「しっかし、ほんとうめーなぁ。この味噌汁もよ。カブの味噌汁とかいつ以来だぁ?」

佐天「……バカ」

鬼塚「あん?」

佐天「なんでもないですよーだ! ほらほら、早く食べちゃってください!」

鬼塚「なんだよ、よく噛んで食えっつったのはお前だろ!?」

佐天「そうじゃないと、食器洗って行けないじゃないですか」

鬼塚「あー、んなもんくらいやっとくからよ。遅刻しねーよーにな」

佐天「はーい。そうだ、今日はどうするんですか?」
112 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 14:01:07.97 ID:Dgc0FFIo

鬼塚「どうするっても、常盤台には来るなって言われてるし、
    どこに行くっつーアテもねーからよぉ。街でもブラつくしかねーわな」

佐天「そうなんだ。それじゃ、放課後はパフェ食べにいきましょう!」

鬼塚「パフェだぁ?」

佐天「今まで何のために朝ごはん作ったと思ってるんですか? ご馳走してくださいね!」

鬼塚「なっ、おめー、俺の給料いくらか知ってんのかぁ!?」

佐天「イタリア料理食べたり、屋台で飲んだりできるんだから大丈夫でしょ!」

鬼塚「いや、それは先生達が……」

佐天「あっと、そろそろ時間だから行きますねー。放課後、メールしますねー」

バタバタバタ

鬼塚「ったく。可愛いとこあんじゃねーか。せめて、あと3歳……」


――
113 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 14:05:04.65 ID:Dgc0FFIo
戦闘シーンを擬音と台詞だけで書くの難しすぎワロタ
114 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/02(金) 14:33:12.19 ID:ohbhJww0
おお
来ていらっしたか!
115 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 16:03:09.07 ID:kUsqQiko
>>113
地の文書けばいいじゃない
116 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 17:44:10.51 ID:Dgc0FFIo
――午前10時

鬼塚「しっかし、ごろごろしてんのも飽きてきたな……」

キンッ シュボッ パチン

鬼塚「ふぅー。ゲームもねーし、金もねーし、人もいねーし、やることねーなぁ」

prrrrrrr prrrrrr

鬼塚「ん? はいはい、もしもーし」

??「よぉ、英吉かぁ?」

鬼塚「なんだ、冴島じゃねーか。何の用だ?」

冴島「随分なご挨拶じゃねーか? あ? そんな事言うんなら今すぐ借金耳ぃ揃えて――」
117 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 17:44:43.64 ID:Dgc0FFIo

鬼塚「わぁーったよ! んで、どうしたんだ? 火星の土地なら買わねーぞ?」

冴島「あー、あれなぁ、実は売り切れちまってよー」

鬼塚「は? まじかよ? 三百万もしたっつーのに」

冴島「値上がり確実だからよぉ。英吉も買っておけば良かったのによ?
    んで、今度は金星の土地を……って、ちげーんだ。ちょいと聞きてーことがあってよ?」

鬼塚「あん? 聞きてーことだぁ? あいにく儲け話には縁がねーぞ?」

冴島「だから、ちげーっつってんだろぉ!? 三多摩連合のことでな」

鬼塚「三多摩ぁ? おいおい、最近は大人しくしんだろーが」

冴島「まあ、聞けって。4年前だかそこら辺でよ、おめーらが三多摩あたり仕切り始めるくれーの話でよ」

鬼塚「あー。最初はあの辺りは小っせーチームがいくつかあったな」

冴島「そうそう。その頃結構目立ってたらしいんだけどよ、大岩っつー奴知ってっか? 大岩啓太」

鬼塚「大岩……啓太?」
118 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 17:45:09.37 ID:Dgc0FFIo

冴島「知ってんのか!?」

鬼塚「あ、いや、なーんか覚えあるような、ないような」

冴島「ったく、なんだよ。頼りねーな」

鬼塚「で、そいつがどうしたんだ?」

冴島「あの頃よ、『デモンズアッパー』っつードラッグ流行ってたろ?
    なんかよー、最近また流行り出しそうだってーんで、関係者洗ってるわけよ」
    
鬼塚「その関係者っつーのが……」

冴島「大岩ってわけよ。ちぃっとばかり、賞金掛かってるもんでな。
    おめーがおいしい情報持ってたら、少しばかりわけてやろーかなってよー」

鬼塚「けっ。どうせ、なんやかんや言っててめーで賞金独り占めすんのが目に見えてんぜ?」
119 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 17:46:11.03 ID:Dgc0FFIo

冴島「まあよぉ、そういうわけでよー。もしなんかわかったら教えてくれや」

鬼塚「おう。おめーももうちょい何かあったら連絡してくれ」

冴島「あ? なんでおめーに教えなきゃなんねーんだ?」

鬼塚「人様が手伝ってやろーってーのにそういう事言うのか?」

冴島「あー、わりぃわりぃ! んじゃよ、とりあえずまた連絡するわ」

鬼塚「おう」

ピッ

鬼塚「……啓太か」

キンッ シュボッ パチン

鬼塚「いや……まさかな」


――
120 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/02(金) 19:30:29.65 ID:VKSr3PEo
キテター
121 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/02(金) 22:05:54.66 ID:y6nATlEo
 
122 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/03(土) 06:06:26.33 ID:P534/2AO
映画のGTO観ながら読んでる。
123 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/04(日) 17:00:18.31 ID:MoJUiFM0
マンガのGTOは素晴らしい作品だよ
124 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 10:31:30.68 ID:FMgBAwMP
続きが早く読みたい
125 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 15:08:11.91 ID:o6CdDIco
>>1です。申し訳ない。
週末アホみたいにバタバタしてほとんどかけてない
今から頑張る
126 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 15:09:01.50 ID:cAJ3LTY0
頑張れ
127 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/05(月) 15:26:02.37 ID:TY/U7Cwo
まってた
128 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:08:14.12 ID:o6CdDIco
――午後0時 市街地

鬼塚「飯食いに出てきたわ良いけど、どこで食うかだな」

トコトコ キョロキョロ

鬼塚「そうは言っても、飯屋なんか全然知らねーんだよなー。
    どっか美味くて、安くて、可愛いねーちゃんがいる店ねーかな」

「喫茶-猫眼- 本日のランチ550円(ご飯おかわり無料)」

鬼塚「お、めんどくせーしここで良いか」

カランカラーン

店主「……いらっしゃいませ」

鬼塚「 !? 」

店主「……空いてる席に座りな」
129 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:13:34.50 ID:FMgBAwMP
キタ━(゚∀゚)━!
130 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:16:59.76 ID:o6CdDIco

鬼塚「あ、あぁ(ちょ、なんだよ、このハゲ…… でけぇ!)」

店主「……うちの店のメニューだ」

鬼塚「どうも……(やべぇぞ? どう考えても本職の匂いがすんぞ?)」

店主「……ちなみに、食事なら、日替わりかチーズリゾットが美味い」

鬼塚「じゃあ、とりあえず、日替わりを……」

店主「……日替わりのメニューは聞かなくていいのか!」

鬼塚「うおっ! えっと、今日は何すか?」

店主「……煮込みハンバーグだ」

鬼塚「あ、それじゃ、それで……」

店主「……かしこまりました。美樹!日替わりだ!」

美樹「はーい。ちょっと待ってもらって」

店主「……だそうだ」

鬼塚「は、はぁ……」
131 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:18:33.39 ID:o6CdDIco

――喫茶 猫眼


鬼塚「おお! こりゃ美味い!」

店主「フンッ。だから美味いと言っただろう」

鬼塚「そ、そうですね」

店主「……おかわりは自由だ。米はどうする?」

鬼塚「あ、いや」

店主「遠慮するんじゃねぇ! おい、美樹! 米のおかわりだ!」

美樹「はーい」

鬼塚「あ、いや、すんません」

店主「サービスだからな」
132 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/05(月) 18:18:54.24 ID:TY/U7Cwo
きたよおおおおおおおお
133 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:19:06.49 ID:o6CdDIco
美樹「ご飯のおかわり、お待たせしました」

鬼塚「 !? 」

美樹「ハンバーグどうですか? 最近日替わり始めたんですけど、あんまり食べてくれなくって」

鬼塚「こ、これは美味いっすよ! いや、マジで! (な、なんだこの美人は! 愛人かぁ!?)」

店主「フンッ。美味いに決まってるだろう」

鬼塚「そ、そうっすよね、はは……」

美樹「ちょっと、だめでしょ。お客さんにそんな言い方して。ごめんなさいね」

鬼塚「いえ、気にしないでください」

店主「……フンッ」

美樹「あ、おかわり自由だから、どんどん食べてね」

鬼塚「はい! いただきます!」


――
134 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:19:38.31 ID:o6CdDIco

――午後1時 市街地

鬼塚「うっぷ……さすがに食いすぎたぜ……」

キンッ シュボッ パチン

鬼塚「ふぅー。あー、しっかし、あの店は一体何だってんだ?
    ヤクザみたいなハゲがいるかと思えば、美人なねーちゃんが居てよ」

トコトコ ブラブラ

鬼塚「まぁ、確かにハンバーグは美味かったけどよ」

??「よーよー、そこのにーちゃん?」

鬼塚「あのねーちゃんだけだったら、通ったんだけどなー。さっすがにあのヤクザは……」

??「おい! シカトしてんじゃねーぞぉ!?」

鬼塚「あん?」

??「さっきから人の事シカトしやがってよ、てめーなめてんのか!?」
135 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:20:12.05 ID:o6CdDIco
鬼塚「わりーわりー。んで、何の用だ?」

??「ちょっと顔貸してくれや」

鬼塚「はぁ?」

??「だから顔貸せって言って――」

ボコッ!

??「ひでぶっ!」

鬼塚「なんだぁ? てめーよぉ、俺様が誰だか知って声かけてきてんのか? あん?」

??「ひっ、ひぃぃぃぃぃ」

バタバタバタバタバタッ

鬼塚「なんだったんだ?」
136 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:20:49.09 ID:o6CdDIco

――午後2時20分 市街地

??「おい、お前、鬼塚だな?」

 ――バキッ!

??「あの金髪、鬼塚って奴じゃねーか?」

??「そうだ、間違いねーぞ!」

 ――ボコッ!

 ――ミシミシッ バキッ!

??「おい、仲間集めろ!」

 ――ガンッ!

鬼塚「さっきからなんだぁ? ガキ共がやけに殺気だってやがるじゃねーか」

 ――バキッ!

鬼塚「ゴキブリみてーにゾロゾロ沸いてきやがってよ」
137 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:20:59.12 ID:dvig2..o
KI☆TE☆TA!
138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:21:11.20 ID:o6CdDIco
 ――ダッダッダッダ バタバタバタ

??「どこ行ったー!? おい、おめーら探せ!」

??「俺達はあっち見に行くぞ!」

バタバタバタバタ

鬼塚「ふぅ、行ったか……こりゃ、いちいち相手してたらキリがねーぞ?」

??「見つけたぞ!」

鬼塚「クソッ!」

バキッ!

??「あべしっ」

鬼塚「見つかったか?」

キョロキョロ

鬼塚「見つかってねーみてーだな…… おい、おめー起きろや!」
139 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:21:53.83 ID:o6CdDIco
ペシペシッ

??「うぅ…… うおっ!」

鬼塚「おーっと、刈上げクンよぉ? でけー声出したら痛い目見んぜ? わかったか?」

刈上げ「(コクコク)」

鬼塚「よーし、良い子だな。おめーら、さっきから俺狙って来てんだろ?」

刈上げ「あ、あぁ」

鬼塚「てめーらも『悪夢』とか言うチームのメンバーかぁ?」

刈上げ「ち、違う」

鬼塚「あん? じゃあ、なんで俺狙ってんだ?」

刈上げ「……300万だよ」
140 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:23:42.23 ID:o6CdDIco

鬼塚「300万だぁ?」

刈上げ「そうだ。あんたを連れていけば、100万もらえるって」

鬼塚「おいおい、どーいうことだ? 誰が100万くれるっつーんだ?」

刈上げ「し、知らねーよ! ネットで見たんだよ。アンタを捕まえたらメールしろって……」

鬼塚「ケッ! 面白ぇことやってくれんじゃねーか」

刈上げ「もう俺はアンタを狙わないからさ、な? 見逃してくれよ」

鬼塚「おう、良いぜ……だから、ゆっくり寝てやがれ!」

バキッ!

鬼塚「賞金首か……たった300万っつーのが、気にいらねーが、面白くなってきたじゃねーか」


――
141 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:24:13.16 ID:o6CdDIco
また後ほど
142 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/05(月) 18:35:01.40 ID:cAJ3LTY0
とりあえず乙!
143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/05(月) 18:38:52.03 ID:FMgBAwMP
乙乙です
144 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 00:06:00.48 ID:MqBd5LQo
なぜシティハンター
145 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:14:26.04 ID:hw4U/Aco
>>144
店の名前思い浮かばなかったから
146 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:16:09.12 ID:hw4U/Aco

――午後3時40分 ファミレス

鬼塚「ったく……百人組手でもした気分だぜ」

ドサッ

鬼塚「ふぅ。店の中なら人も多いし、ガキ共もさすがにやってこねーよな」

prrrr prrrrr

鬼塚「はいはい、こちら鬼塚」

佐天「はいはーい、こちら佐天でーす」

塚「おー、おめー今どこだ? 俺はもういるんだけどよ、いつ来るんだ?」

佐天「もう少し待っててください。初春も一緒に行きますからー」

鬼塚「早く来いよ」

佐天「はーい」

ピッ
147 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:17:00.49 ID:hw4U/Aco

黒子「あらあら、どなたかと待ち合わせですの?」

鬼塚「なんだよ、チンチクリンじゃねーか」

黒子「いい加減に、まともに呼んで頂けませんこと? まったく、これだから――」

鬼塚「わぁーったよ! んで、白子、お前何してんだ?」

黒子「黒子ですの! どうやったら、黒と白を間違えるんですの!?」

鬼塚「いいじゃねーか。白子のが美味そうじゃねーか」

黒子「そういう問題じゃありませんの! 本当に、あなたの知能指数を疑いますわ」

鬼塚「まあまあ、そう言うんじゃねーよ。で、パトロールの途中か?」

黒子「ええ。パトロール中だったのですが、あなたの姿が見えたので……
    あ、私はいちごパフェをお願いします」
148 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:19:22.65 ID:CfkBMygP
キタ━(゚∀゚)━!
149 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:21:44.00 ID:hw4U/Aco
鬼塚「自分の分は自分で払えよ」

黒子「なんとまあ、器量の小さいこと」

鬼塚「うるせーよ!」

黒子「それで、どなたと待ち合わせですの?」

鬼塚「佐天だよ。初春も顔出すとか言ってたな」

黒子「そうでしたの。それは都合がいいですの」

鬼塚「あん?」

黒子「みなさんにお話しておきたいことがありますの。特に、賞金首のあなたには重要な話ですの」

鬼塚「……知ってたのか」

黒子「知ってるも何も、この街のスキルアウト、いえ、能力者の一部の者も殺気立っていますの」
150 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:23:02.60 ID:hw4U/Aco

鬼塚「能力者もかよ! さすがにこの前の火の玉使いみてーなのがたくさん来たら、俺でも無理だぞ!?」

黒子「ですから、私がこうやって側についているんですの」

鬼塚「なるほどな。って、ガキに守られなきゃなんねーのかよ」

黒子「ジャッジメントの任務ですの。それに私はレベル4の能力者ですの。
    私がついていればそうそう簡単に手出しはしてこないはず……」

鬼塚「ほー、おめーもなかなか役に立つってわけだな」

黒子「言い方が気にいりませんが我慢しておきますの。ですから、会計はよろしくお願いしますわ」

鬼塚「……」

佐天「せんせー、おまたせ! あれ、白井さんも一緒だったんですか?」

黒子「ええ、丁度通りかかったので。それに、お話したいこともありましたから」

佐天「話ですか?」
151 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:29:26.54 ID:Etu9Y860
ktkr
152 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:33:33.43 ID:hw4U/Aco

黒子「ええ。ところで初春はどうしたんですの?」

初春「佐天さん! あんなところでスカートめくらないでください!」

鬼黒「ぶっ!!」

佐天「いやー、つい。えへへ」

初春「つい、じゃないですよ! 本当に恥ずかしかったんですから!
    しかも、走って逃げちゃうし……あれ、白井さん」

黒子「まったく、本当に初春はどうしようもないですの……」

佐天「とりあえず……すいませーん! ジャンボチョコバナナパフェ2つお願いします」

鬼塚「ちょ、おま、それメチャメチャ高えやつじゃねーか!」

佐天「まあまあ。そういう日もありますって! ね、初春?」

初春「鬼塚先生、ごちそうになります!」

鬼塚「う、初春もかよ!」

黒子「やれやれですの……」
153 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:34:19.22 ID:hw4U/Aco
書き溜めがつきた

合間合間で書いてるから、遅々として進まなくて申し訳ない
154 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:39:51.10 ID:Etu9Y860
とりあえず乙
再開はいつになりそう?
155 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:40:42.60 ID:CfkBMygP
乙乙
156 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 21:46:51.11 ID:hw4U/Aco
>>154
わかったよ!忙しいけど書いちゃうんだからね///

23時かな
157 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 22:00:38.96 ID:Etu9Y860
超待ってる!!
でも無理はせずにマイペースでいいからwwww
158 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 23:09:02.92 ID:hw4U/Aco
――

鬼塚「んで、話ってのをそろそろ聞かせてくれや」

佐天「話?」

黒子「ええ、私からみなさんに話がありますの」

初春「それって、調べて欲しいって言ってた件ですか?」

黒子「そうですの。初春に調べてもらったおかげで、概要が掴めてきたんですの」

鬼塚「なんだか話が見えねーなぁ」

黒子「焦らずに聞いてくださいな。まず、今回の件を整理しましょう。
    一口に『今回の事件』と言っても、実際には複数の事件が起きています」
    
佐天「女子学生連続拉致事件……」

黒子「ええ、佐天さんも被害に合われた拉致事件が一つ」
159 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 23:09:57.04 ID:hw4U/Aco
初春「私達の学校で起きた、能力者の事件もありますね。あと『エンジェルブロウ』の件も」

黒子「その二つもそうですね。元常盤台の生徒が起こした事件は、
    『エンジェルブロウ』の使用と、立件はされないでしょうが暴行事件。
    この暴行事件に関してだけ言えば、少し性質が違いますので、認識から外してください」
    
鬼塚「んだよ。さっさと本題に入ってくれよ」

黒子「だから、焦るなと先程申しましたのに……いいですの。
    端的に申し上げますと、これらの事件の根幹は繋がっている可能性が高いんですの」
    
鬼塚「繋がっている?」

黒子「ええ。そして、鬼塚先生。あなたにかけられた賞金についても――」

佐天「ちょ、ちょっと待ってください! 賞金って一体何のことですか?」

鬼塚「あー、なんか知らねーけど、俺の『首』に300万くれーかけられてるみてーでよ。
    俺様の『首』が300万なんて、随分舐められたもんだぜ。
    おかげで今日は一日中、ガキ共の相手をしてて大変だったぜ?」
160 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 23:15:03.35 ID:hw4U/Aco
佐天「そ、そんな……じゃあ、こんなところで暢気にしている場合じゃ――」

黒子「落ち着いてくださいな。ですから、私がこうしてこの場にいるんですの」

鬼塚「別に俺一人でも余裕なんだけどよー。こいつがどうしてもっつーから」

黒子「そんなことは言ってませんの。それで、もう少し詳しい話をしたいのですが、
    ちょっとここでは人の耳がありますので、支部に移動しませんこと?」

初春「そうですね。さすがに公共の場で話すのは問題があるかもしれませんし……」

鬼塚「んじゃ、テレポートって奴でちゃちゃっと連れてってくれや」

黒子「この人数では無理ですの」

鬼塚「なんだよ、つまんねーな」

黒子「それでは、ちょっとお財布を貸してもらいますの」

鬼塚「財布? ほら」

黒子「では、会計は済ませておきますので、外でお待ちになっててくださいな」

シュンッ

鬼塚「――!!!!(おい、てめぇ! いきなり何しやがる!!)」

黒子「やっと静かになりましたわ。それでは、これで会計を済ませますの」

佐天「(鬼だ……)」

――
161 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 23:15:44.90 ID:hw4U/Aco
黒子の口調難しすぎるwwwwwwwwww
ですの以外に浮かんでこないんだけどwwwwwwwwww

んで、書き溜めしてないから、ちょびちょびっと投下
0時くらいまでかな
162 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 23:28:13.32 ID:mhgrgWMo
wwktkwwktk
163 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 23:41:22.12 ID:hw4U/Aco
――午後4時50分 ジャッジメント第一七七支部

佐天「おじゃましまーす」

固法「あら佐天さん、いらっしゃい」

黒子「まったく……すっかり佐天さんも支部に馴染んでしまいましたの」

佐天「えへへ、いいじゃないですかー。先生、ほら、早く」

鬼塚「あんだよ、押すなよ!」

固法「あら? そちらの方は?」

初春「えっと、『外部』から研修に来た鬼塚先生です」

固法「ああ。あの鬼塚先生ね。こんにちは。固法と言います」

鬼塚「おう、って、お前は!!!!!!!」

固法「どこかでお会いしましたか?」
164 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/06(火) 23:49:22.93 ID:hw4U/Aco
鬼塚「い、いや、なんでもない(こいつは、この前見た爆乳女子高生じゃねーか!)」

黒子「それでは、そろそろ本題に入りましょうか」

固法「例の件ね。私も同席させてもらうわ」

黒子「もちろんですの。それではまず、連続拉致事件の件ですが」

固法「拉致事件の概要は、女子学生を拉致して、特定の場所まで連れていく。
    そうすることで報酬が支払われるという仕組になっているみたいね」

佐天「報酬って……その後はどうなるんですか?」

固法「戻ってきていない子もいるから一概には言えないけど……」

鬼塚「まあ、女を拉致るなんざ、することは限られてるわな」

黒子「ええ。性犯罪に関わっていることは事実ですの」

固法「白井さん」

黒子「隠す必要もないことですの」

佐天「そうだったんだ……」

初春「佐天さん……」
165 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/07(水) 00:30:55.26 ID:J27xYTUo
黒子「……幸い途中で救われましたが、まだ救われていない人もいますの」

固法「白井さんの言う通りよ。だから、早く事件を解決しましょう」

初春「はい!」

鬼塚「おう、んで、他の事件はどういうことなんだ?」

黒子「続いて『エンジェルブロウ』件ですが、最初はスキルアウトの間で出回っていたものです。
    名前の可愛さからか、偽の効果のせいなのか、次第に一般生徒の間にも出回ってますの」

鬼塚「……実際は『デモンズアッパー』っつー、ただのドラッグだけどな」

黒子「ええ。そして、それを卸しているのが、『悪夢』と呼ばれるスキルアウトのチームですの」

佐天「『悪夢』か……嫌な名前だな」

初春「私が調べたところによると、製造元は『外部』の製薬会社ですね。
    製薬会社とは言っていますが、実際は薬事法に違反するような商品も多いみたいです」
166 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/07(水) 00:31:47.19 ID:J27xYTUo

鬼塚「ちょっと待てよ! いくらなんでも会社がドラッグ作ってるとかねーだろ?」

初春「それが、どうもこの企業は暴力団のフロント企業というものらしいです。
    私も断片的にしか情報を拾えていないので、正確なことはわかりません。
    ただ、その会社が『エンジェル――』いや、『デモンズアッパー』の製造元なのは確実です」
    
固法「それで、『外部』で作られた『デモンズアッパー』を持ち込んだ人物がいる……」

佐天「その人が今回の黒幕!?」

黒子「持ち込んだ人間は正確にはわかっていませんの。ただ、『悪夢』が絡んでいるのは明白……
    この『悪夢』というチームを仕切っているのが、大岩という男ですの」

鬼塚「……」

佐天「じゃあ、その大岩って人を捕まえれば……」
167 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/07(水) 00:43:21.60 ID:J27xYTUo
今日はとりあえずここまで
遅筆でもうしわけ
168 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/07(水) 00:47:22.49 ID:6Zwg/4Yo
お疲れ様
169 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/07(水) 00:48:24.43 ID:K11Ciic0
乙でした〜
170 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/07(水) 01:25:35.46 ID:DVlJyQso
今回も乙っした!
171 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/07(水) 02:15:02.91 ID:Cq7Ch5go
172 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/08(木) 18:13:00.02 ID:z42naEAO
続きっていつになりそう?
173 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/08(木) 18:53:10.44 ID:HQ7qgu20
日曜くらいで考えといて。
仕事始めて、いろんな意味で壊れそう
174 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/08(木) 21:09:04.12 ID:IZMkFxso
黒子の口調って
です、ですの、ですから、丁寧語、もしくは「です」の代わりに「ます」かな?
175 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/09(金) 22:48:51.60 ID:G.mPSO.0
おお、アドバイスサンクス!
176 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/09(金) 23:32:26.54 ID:JxUa.Qwo
ちょっと漫画読んできたけどやっぱり基本丁寧語で
あとは「ですわ」とか「ありませんの」とか「なりますわね」とか「ですのよ」とかだった
んじゃROMってる
177 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 16:04:34.47 ID:KGY.Kb6o
>>176
なるほどなるほど。ありがと!


しかし、なんかDVD特典でアメリカ留学どうこうってあったけど、
もうその辺とか全然わかんないからスルーってことでよろしくよww
178 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 16:05:31.70 ID:KGY.Kb6o
>>166の続き


黒子「話はこれで終わりとはいきませんの。
    『悪夢』は、少女拉致の報酬として金銭か『エンジェルブロウ』、それに何がしかの武器を
    渡しているようですの。他のチームはそれを販売することで利益を得る……
    大岩がそれを取り仕切っているのなら、少女は『外部』に連れ去られた可能性が高いです。
    『エンジェルブロウ』はそれと引き換えに『外部』から。では武器はどこから来るのでしょう?

初春「いくら大掛かりな組織だとしても、人ならともかく、武器まで持ち込むのは難しいですね」

黒子「初春の言う通りですの。武器に関しては学園都市内部の人間が関わっている可能性があります」

佐天「学園都市内部って……それならアンチスキルと協力して――」

黒子「もちろん、そのつもりです。とは言え、アンチスキルもそうそう簡単には動けませんの」

佐天「じゃあ、証拠を集めて、それを出せば……初春にデータをハッキングしてもらうとか!」

黒子「一口に証拠と言っても、データだけでは難しい可能性がありますの」

初春「データに関しては、ある程度は私が集める事が出来るはずです。
    早速、大岩という人と、その製薬会社についてもう少し洗ってみます」
    
黒子「お願いしますわ。物的証拠に関しては、不本意ながら、外部協力者を頼んでいますの」
179 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 16:06:15.12 ID:KGY.Kb6o
佐天「外部協力者?」

黒子「後でわかりますのよ」

鬼塚「っつーか、随分と大げさな話になってきてるじゃねーかよ」

黒子「あら、いらしたんですの?」

鬼塚「てっ、てめぇ……」

黒子「冗談はさておき、鬼塚先生、単刀直入にお聞きします。大岩とはどのようなご関係ですの?」

鬼塚「……」

佐天「えっ、鬼塚先生、大岩って人と知り合いなんですか!?」

黒子「『悪夢』のリーダーと目されている大岩が、鬼塚先生に懸賞金をかけています」

鬼塚「……そうか」

黒子「なぜ鬼塚先生に懸賞金をかけたのか、その目的は不明ですわ。
    『外部』の人間である、鬼塚先生を捕まえる必要がどこにあるのか……
    明確な結論は出せませんが、鬼塚先生と黒岩の間に何かしらの関係がある。
    そのように推測することは可能ですの。いえ、今はそれ以外に答えがありませんわ」

鬼塚「わりぃけど、今は何も言うつもりはねーんだ」

佐天「鬼塚先生!」

――ガチャ
180 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 16:07:04.20 ID:KGY.Kb6o

御坂「佐天さんどうしたの? 大きな声出して……」

佐天「御坂さん!」

黒子「お姉さま、お帰りなさいまし」

御坂「ただいま。――木山先生、入って」

木山「お邪魔させてもらうよ」

黒子「これは木山先生。ということは、無事成功したということですのね」

御坂「本当に大変だったんだから。木山先生の研究者用パスがあったからスムーズにいけたけど」

佐天「あの、ちょっと話が見えないんですが……」

黒子「ジャッジメントとして不本意ではありますが、今回の件は表立って動けませんでしたから、
    これまた不本意ながら、お姉さまにお願いして、木山先生にご協力を……」

御坂「黒子……アンタ、随分な言い方をしてくれるわね……」ビリッ

黒子「いえいえ、お姉さま! 私、本当に感謝していますの!」

木山「そろそろ説明を始めてもいいかね? これ以上遅くなると、生徒達を待たせてしまう」

固法「ええ、お願いします」

――
181 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/11(日) 16:08:01.11 ID:t5kr4aAo
きてるこれ
182 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 16:09:22.05 ID:KGY.Kb6o
またあとで
183 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:10:29.85 ID:KGY.Kb6o
不整合があったら指摘してね///
気付かないならわざわざ探さないでね///
184 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:10:57.47 ID:KGY.Kb6o
――

佐天「まさか……」

御坂「私も現地で見たときには驚いたわ。でも、有り得ない話ってわけでもないわよね」

黒子「ええ。お姉さまの仰る通りですの。ですが、にわかには信じ難いというのが本音ですわね」

鬼塚「ちょっと、よくわかんねーんだけど、その『MAR』っつーのはなんだ?
    MMRとかじゃねーよな? キバヤシでも出てくんのかぁ?」
    
木山「MMRというのは聞いたことがないが、『MAR』というのは、Multi Active Rescueの略だ。
    アンチスキルの一部隊なんだが、簡単に言ってしまうと、救急隊というところだ。
    ただし、危険な実験をしたり、武器の製造をしたりと、少々厄介な性質の組織だがね」

黒子「ですが、『MAR』は先日の一件により、首謀者のテレスティーナが拘束され、
    すでに解散という事で話は進んでいたはずですの。研究所も閉鎖されたはず」
    
木山「もちろんその通りだ。閉鎖された研究所のいくつかは、学園都市預かりとなっている物や
    すでに他の研究機関によって吸収されたものもある。だが――」
    
御坂「実際には、つい最近まで動いていた形跡のある研究所が一箇所だけあったわ」

佐天「それって、まさか、未だあの研究を!?」
185 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:12:18.33 ID:KGY.Kb6o

木山「いや、新しい研究自体は行われていなかったようだ。
    御坂くんの協力を得て手に入れたデータを精査したが、研究に関するデータはなかった」
    
御坂「でもね、新しく研究された物はなかったけど、『製造された物』はあったのよ」

固法「……兵器ね」

木山「その通りだ。実際にあの事件で使われていた程の物ではないがね。
    レールガン、パワードスーツ、キャパシティダウン……どれも試作段階の物だったが。
    どうやら試作段階の物については、個人でデータを管理していたものもあったようだ」

御坂「製造された数と研究所に残っていた数を比較したんだけど、
    どうも、いくつかは出荷されたみたいね。残ってたのは使えないようにはしてあるけど」

佐天「そんな……それじゃ、もしかしたら、スキルアウトがレールガンを使ってきたりするってこと!?」

固法「これは、かなり厄介な事になりそうね……早速アンチスキルとも連携を取るわ」

木山「とりあえず、私達が調べた事に関してはこれだけだ。
    研究者の個人データに関しては、御坂くんに預けてあるから見ると良い」
    
鬼塚「要約すると、だ。つまりは、悪の研究者がヤンキー使って何かしようって事なんだな」

黒子「いささか単純化しすぎだとは思いますが、概ねその通りだと思って頂いていいですの」
186 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:12:57.09 ID:KGY.Kb6o

木山「フフ。鬼塚先生はシンプルで良いな」

鬼塚「ちょっと、それってなんかバカにされてるみてーな……」

木山「まさか。物事の一番重要な所のみに特化した思考方法。いや、直感かな。
    それは一つの才能ではないだろうか。複雑すぎる事象を究極的に単純化する。
    物事の本質というのは、そういう直感によって見出される事も多い。経験則だがね」

鬼塚「いやー、なんか褒められてるみたいで嬉しいっすよ!」

佐天「はいはい、調子に乗らない」

鬼塚「なんだと!?」

木山「さて、それは私は失礼するよ。生徒達が待っているのでね。
    ――みんな、無事でいて欲しいと思っている。怪我などしないようにな」
    
カツカツカツカツ バタン――
187 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:18:46.56 ID:KGY.Kb6o

黒子「お姉さま、先程仰っていた、研究者のデータを初春に渡しておいてください。
    研究者の経歴や背景、金銭の流れ等を調べてもらいますので」

御坂「初春さん、お願いね」

初春「任せてください! 大岩の方もどんどん情報が集まってきてますから!」

佐天「初春はPC使わせたら本当に頼もしいねー。かっこいいぞー、このこのぉー」

固法「こらこら、佐天さん。茶化さないの」

佐天「えへへ」

prrrrrrrr prrrrrrrrrr

鬼塚「ん? 俺か――こちら鬼塚。どちらさんですかーって、なんだよ、お前か」
188 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:22:49.40 ID:KGY.Kb6o

冴島「随分なご挨拶じゃねーか。でよぉ、お前、大岩っつー奴の事何かわかったか?」

鬼塚「……なんかあったのか?」

冴島「いやよー。俺も『個人的なツテ』って奴で調べてみたんだけどよ。
    三多摩追われた後は、どうも渋谷に流れたらしいぜ。一度、組にも入ってる」

鬼塚「それで?」

冴島「んで、組内でモメちまったみたいで、追い出されてる。その後は新宿みたいだな」

鬼塚「ほー」

冴島「そんでよー、歌舞伎町のゲイバーに潜ってたみたいなんだよな。
    ただな……そこで、とんでもねー奴とツルんでるっつー噂を聞いちまったわけよ」

鬼塚「なんだよそりゃ?」

冴島「こいつはトップシークレットなんだけどよ……聞いて驚け? 東京都副知事だ」

鬼塚「副知事だぁ!?」

冴島「ばっ、バカヤロー! 声がでけーっての! 誰かに聞かれたらやべーんだからよぉ?
    歌舞伎町のゲイバー時代に、そこの常連だった副知事に拾われたらしいぜ」

鬼塚「……」

冴島「まあ、その後は結構ヤバめの仕事とか任されてたっつー話だ。
    バックがバックだからな。みんなそれ以上は話したがらねーんだよ」
189 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:23:26.56 ID:KGY.Kb6o
鬼塚「そんで、俺にそれを教えてどうしようってんだ?」

冴島「なんかよー、聞いたところによると、おめー今『学園都市』っつーとこにいるんだって?」

鬼塚「なんでてめーが知ってんだよ!?」

冴島「学校に行ったらよー、理事長先生っつー人が丁寧に教えてくれたぜ」

鬼塚「あのババァ……」

冴島「話戻すぞ。それで、その大岩っつーのが、学園都市にいるみてーなんだわ」

鬼塚「俺には関係ねーな」

冴島「まあ、聞けって。おめーと大岩が知り合いだかなんだか知らねーけどよー。
    一応そういう事だって教えとくわ。学園都市ん中には俺らも入れねーしよ」

鬼塚「そうか」

冴島「実際んとこ、俺は大岩なんつーのはどうでも良いんだけどよー。
    どうも副都知事も学園都市にいるみてーだし、そっちが本命なんじゃねーかなってよ」
190 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:24:03.16 ID:KGY.Kb6o

鬼塚「そいつの情報を寄こせっつーことか?」

冴島「話がはえーな。なんか証拠出そうだったら連絡くれや」

鬼塚「んでも、てめーの権限でそんなVIPを捕まえられるわけねーだろ」

冴島「おいおい、俺を舐めてもらっちゃ困るぜ? これでもいろいろ『ツテ』があるからよぉ?」

鬼塚「わかった。連絡すれば良いんだな」

冴島「おう。俺は大岩っつーのには興味ねーからよ。副知事っつーの捕まえれば総監賞物だぜ?」

鬼塚「けっ! ……んでも、助かったぜ」

冴島「お前が拭かなきゃいけないケツなんだろ? さっさと綺麗にしてこいや」

鬼塚「ああ」

ピッ

191 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:26:28.58 ID:T2a.erE0
wktk
192 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:51:56.68 ID:83o6cMYP
おおお!来てた〜♪
193 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 19:58:30.92 ID:KGY.Kb6o
佐天「鬼塚先生、どうしたんですか? なんか暗い顔してるけど」

鬼塚「ああん? んなこたぁねーよ!」

佐天「それなら良いですけど、なんか電話中も暗かったし」

鬼塚「まぁ、大人には大人の事情があるっつーこった」

黒子「それはそうと、副知事がどうのと仰ってましたよね?」

鬼塚「……ああ」

黒子「説明して頂けませんか? 副知事と言えば、今は学園都市に滞在中のはずですわね」

鬼塚「……」

初春「大岩のデータと、研究者のデータ分析終わりました!」

固法「こっちもアンチスキルへの連絡が済んだわ。対応には少し時間がかかりそうだけど」

黒子「それでは、初春。説明してくださいな」

初春「はい! 大岩ですが、現在地に関しては不明ですが、間違いなく学園都市にいます。
    そして、研究者――三ノ浦義治という名前なんですが、こちらも現在地は不明ですが、
    学園都市から出た形跡はありません。どこかに潜伏していると見て間違いないでしょう」

黒子「やはりそうですのね」
194 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 20:20:34.36 ID:KGY.Kb6o

初春「三ノ浦は、以前は筑波の研究機関に属していたみたいです。
    主な研究分野は、薬物投与による肉体強化です。学園都市でも似たような実験を
    行っていたみたいですね。ですが、資金繰りの悪化により、研究は途中で中止されてます。
    MARに入ってからは、あまり薬学とは関係の無い分野での研究をしていたようですね」

佐天「薬学から兵器開発に移動か……」

初春「はい。ですが、キャパシティダウンと特定の薬物を組み合わせた臨床実験など、
    いくつかの分野では、それなりに注目を集めていたものもありますね。
    ただ、それに関しても、その他の研究の重要性から注力されることはなく、
    MARの解散と同時に研究チームは解散しています。チームメンバーに関しても、
    三ノ浦以外は全て拘束、または他の研究所に異動という形で処理されています」

御坂「そして、残った三ノ浦は、試作段階の兵器を量産していたと……」

初春「はい。御坂さんと木山先生が持ってきてくれたデータによると、
    研究所に併設された工場で、材料の在庫分だけ一人で生産していたようですね。
    生産に必要な機材は全て揃っていましたし、データもありましたからね」

固法「でも、三ノ浦は何のためにそれを作っていたの?」
195 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 20:21:24.30 ID:KGY.Kb6o

初春「それは断定はできません。ですが、気になるデータがいくつかありました。
    一つは、筑波時代に、当時は文部科学省にいた副知事と面会しています。
    二つ目は、つい最近、三ノ浦の銀行口座に多額の現金が振り込まれてます。
    数十回に分けられ、振込み人も様々ですが、総額にして一億は越えています」

鬼塚「な、一億だぁ?」

初春「はい。ここからは、私の推測になりますが、このお金は研究資金ではないでしょうか。
    一億という額は、研究資金としては少ないですが、可能性としては高いです。
    今までの研究のほとんどが資金が足りずに中止になっていますから。
    そして、その振込み人ですが……憶測の域を出ませんが、副知事と会って以降、
    同じような振込み人がいることから、多分ですが、副知事だと思います」

御坂「繋がったわね」

黒子「ええ。初春、その確たる証拠を押さえることはできませんの?」

初春「さすがに全ては無理ですが、いくつかは副知事からと思われる物があります。
    この辺りから追求していくことで、尻尾を掴むことができるのではないかと」

佐天「さっすが初春!」
196 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 20:22:50.49 ID:KGY.Kb6o
固法「初春さん、凄いわ。それで、大岩に関しては?」

初春「はい。大岩啓太については、直接的に副知事との関係を示唆する情報はありません。
    ですが、使われている口座――偽名で登録されたか、買った口座のようですが、
    こちらにも多額の現金の入出金記録が残っています。振込み人の名義を調べると、
    一部で、三ノ浦の口座に現金を振り込んだ名義と一致するところがあります」

佐天「それじゃ、今回の黒幕は副知事!?」

黒子「しかし、直接的に副知事と大岩が繋がっているという証拠が無いですわね」

初春「大岩の過去のデータに関しては、補導暦が数回あるということしか掴んでいません。
    一時期、『三多摩連合』という暴走族に加入していたということはわかりましたが、
    その後の足取りに関しては一切不明です。名前を変えてどこかに潜伏したのか……」

鬼塚「……副知事とは新宿時代に縁があったみてーだな」

黒子「ご存知でしたの!?」

鬼塚「……さっきの電話でな」

黒子「一体どこからの電話――いえ、それよりも大岩とはどういう関係なんですの!?」

鬼塚「……ダチだよ。昔のな」

佐天「先生、だから……」
197 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 20:41:05.95 ID:KGY.Kb6o

鬼塚「あいつはよ……俺のダチなんだ。バカなヤローでよ?途中でおかしくなっちまってな。
     薬なんか手出しやがってよ……三多摩から出て行ってもらうことになったんだ」

黒子「昔の悪友、というわけですのね」

鬼塚「まあな。で、色んな所を転々として、新宿に移った頃に副知事に拾われたらしい。
    正確な話はわかんねー。さすがに副知事なんかが絡んじゃ、喋る奴も喋らないからよ」

黒子「ですが、これで全てのピースは繋がりましたわ」

御坂「そうね。要するに、黒幕の副知事を捕まえれば終わりってことね」

黒子「お姉さま……いくらなんでも副知事を相手に簡単にというわけには行きませんの」

初春「アンチスキルも護衛についてますしね。さすがに全ての証拠を抑えてからでないと……」

御坂「うっ……」

鬼塚「簡単じゃねーか。大岩と、三ノ浦っつー奴をぶっ潰せば良いんだよ。
    そしたら副知事もどうしようもねーだろーしな。証言だってさせられっかもしんねーぞ」

御坂「そうね! それじゃ、早速行きましょう!」
198 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 20:41:34.84 ID:KGY.Kb6o

黒子「お二人とも落ち着いてくださいな。準備もなしに乗り込むなんて……
    第一、彼らが今どこに潜伏しているか知っているんですの?」

鬼塚「んなもん、そこら辺のガキ共を締め上げりゃ、そのうちわかるだろーが」

御坂「そうね! それじゃ、早速――」

黒子「だから、落ち着いてくださいまし! 二人とも直情的過ぎますの!」

佐天「御坂さんと鬼塚先生って……」

初春「もしかして……」

固法「完全に同類ね」

御坂「ちょっ!」

鬼塚「んなことはいいからよー、おい黒子! んじゃどーすんだよ?」

黒子「とりあえず、潜伏場所を突き止めましょう。初春、できますか?」

初春「やってみます!」

黒子「両方同時に叩かない事には、どちらかに逃げられてしまう可能性もありますから」

固法「そうね。白井さんの言う通りよ。まずは落ち着いて体制を整えましょう。
    アンチスキルやジャッジメントの他の部署との連携も取って、一網打尽よ!」

199 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 21:09:01.23 ID:KGY.Kb6o
――午後7時00分 第十学区某所

 沈みかけた陽が、空を真っ赤に染めている。
 廃墟となったビルの谷間を照らす夕陽が眩しく、男は目を細めた。
 一箇所に数百人の男達が集まっている。
 だが、周囲で言葉を発する者は誰一人おらず、皆同じ場所を凝視していた。


??「待たせたな」

 その言葉に反応して、地響きが起きた。叫び。口笛。
 逆光のせいで、声の主の顔は見えない。
 周りを見渡すと、誰も眩しそうな表情をしていない。
 夢中で叫びながら、声の主の方を見つめている。
 
 男は、じっと耐えていた。
 今動いても意味が無いことを理解していた。
 それでも、『祭り』の話を聞いた時は、今すぐにでも動き出そうと考えた。
 考えただけで実行に移さなかった事が正しいかどうかはわからない。
 それでも、肉迫する可能性が一番高い時、それを待ち続けた。
 だから今もまだ待ち続けることができる。そう言い聞かせていた。
 
??「今晩はもう何も言う事は無い……『祭り』を始めるぞ!」
200 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 21:26:11.15 ID:KGY.Kb6o
――午後7時36分 ジャッジメント第一七七支部

固法「……だめね。さすがに現段階の情報では大きくは動けないみたい。
    それに、他の支部で事件が起きているみたいで、人手も足りないわね」

御坂「それじゃ、今ここにいるメンバーだけでやるしかないわね」

黒子「不本意ではありますが……お姉さま、佐天さん、それに鬼塚先生。
    巻き込んでしまう形になってしまって大変心苦しいのですが……」

御坂「何言ってんのよ。副知事だかなんだか知らないけど、この街で好き勝手させないわよ」

佐天「そうですよ! それにあたしだって……能力がなくても闘えますよ!」

鬼塚「まー、俺は関係ねーけどよ。ただ、ケツ拭かなきゃなんねー事があるからよー」

黒子「……感謝致しますの」

初春「こっちはもう少しで、口座名義の照合が終わりそうです!」

固法「初春さん頑張って! それとこのデータさえあれば……」
201 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 21:29:32.07 ID:KGY.Kb6o

 証拠を集める初春。他組織との連携を図る固法。
 闘いに向けた準備をする御坂、白井。
 そして――
 
佐天「先生! 鼻なんかほじらないでください!」

鬼塚「しゃーねーだろ。ちょっとティッシュ取ってくれや」

佐天「もー、緊張感がないんだから……」

 鬼塚は相変わらずだった。
 その姿を見て、佐天は正直なところ安心していた。
 二度も助けられたからではない。
 なんとなく、ただなんとなく、この人がいれば大丈夫。
 そう信じる事が出来た。そこには、論理的な説明を挟む余地はない。
 
 だが――
 
 
 ドォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!!!!!!!
 
202 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 21:30:56.82 ID:KGY.Kb6o
そして、疲れた……
203 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 21:36:50.64 ID:T2a.erE0
     *      *
  *     +  ガンバレ
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *
204 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 21:43:58.17 ID:83o6cMYP
お疲れさん
205 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/11(日) 22:23:41.12 ID:NPtCCNEo
まさかの江頭2:50登場
206 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/12(月) 00:32:47.34 ID:TPI/7cwo
>>205
PPP見るの忘れてた
ありがとう
207 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/15(木) 20:35:19.03 ID:nRe9WP.0
復活記念
208 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/15(木) 20:45:07.05 ID:ULt38Ago
復活してる!作者気付いてるのかな
209 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/17(土) 17:30:51.88 ID:wlzargwo
来ないなぁ…
210 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/18(日) 17:39:56.48 ID:eN9s7X.o
早く来てくれ…
211 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/19(月) 23:40:53.90 ID:v7M1RL.o
これはもうエタったとしか
212 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/20(火) 00:13:04.57 ID:wfWnl3Yo
だがここまでが素晴らしかったので見切れない…
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/20(火) 01:00:59.48 ID:MGBF/NY0
あと少しで終わりそうなんだけどなあ
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/20(火) 22:14:44.67 ID:Yv01f560
最近うちの弟が妙に金持ってる思ったら
こんな所で稼いでやってやがったよ!!
http://okamikakushi.net/jp/0pgxxim
なんかムカつくから、俺も明日やってみるわ(ワラ
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/21(水) 22:23:17.78 ID:Iau6/nAo
早く来てくれ
216 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/23(金) 09:42:58.18 ID:JomnGlAo
期待age
217 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/26(月) 11:11:37.12 ID:Hx7yK.SO
生存報告だけでもしてくれー
218 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/28(水) 03:38:14.14 ID:xksDohoo
これはもうあきらめるしかないのか?
219 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/04/29(木) 17:45:36.97 ID:tf2o3j60
大変申し訳ありません…現在ネットが止められてまして…
はい。ご想像通り料金滞納です。
未だにまともな就職も見つからず参ってます。
シナリオについては、完成させてアップします。
220 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/29(木) 18:01:15.55 ID:ozql96MP
なんてこった…
221 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/29(木) 18:58:40.23 ID:pu4aBgSO
お待ちしております!
222 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/29(木) 21:12:10.40 ID:tDgXrPQo
生きてる事がわかっただけで十分ww
いくらでも待ってるよ
223 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/04/30(金) 11:33:06.66 ID:.FzgD42o
生存報告あって安心した
いつまでも待ってるよ
224 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 20:00:45.63 ID:YtbVmgo0
なんか就職難でSS止まってたり遅くなったりする所多いな
不景気はSSの運命までも左右するのか…
225 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/05/07(金) 20:09:44.23 ID:Ll4dEqso
>>224
電車に飛び込んだ作者もいるだろう
226 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/16(日) 16:17:17.22 ID:J3v2gPYo
ほしゅ
227 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/26(水) 00:18:10.28 ID:bPpV0Jso
生きてる?
228 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/01(火) 04:45:16.97 ID:Ar6jIEEo
1ヶ月経っちゃったよ
生存報告を頼む!
229 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/06/02(水) 20:09:25.68 ID:hwEAWu.o
書き手のレスがないまま1ヶ月が経過したのでご案内〜

続ける意思がなくなった場合は以下のスレでHTML化依頼をお願いします
■ HTML化依頼スレ Part1
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1190564438/

続ける意思がある場合は2週間に1度ぐらいでいいので生存報告をよろしくお願いします
みんなで仲良く製作速報を使えるようになるべく放置スレを減らしましょう

>>1さん生存報告できる状況になさそうだけど…とりあえず1ヶ月経ったのでageておきますね
お待ちしております
230 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/10(木) 00:57:53.58 ID:6joXCCoo
待ってますよ
231 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/06/14(月) 17:00:28.96 ID:ODVzMwQP
帰ってきてほしい
232 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/12(月) 02:20:48.02 ID:aLPW5qU0
ふぉしゅ
233 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/18(日) 18:19:14.25 ID:BIhUg5wo
帰ってこいよ〜帰ってこいよ〜帰ってこいよ〜
234 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 17:41:12.81 ID:RSRi1Tg0
>>1です
長い間、スレを放置してしまい申し訳ありませんでした。
諸事情で時間に余裕がなくなってしまったため、続ける事が困難になってしまいました。
大変残念ですが、ここで打ち切りという形にさせて頂きます。
スレ見ていただいた方どうもありがとうございました。
235 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 18:06:32.52 ID:7PMIm6Uo
新しい手口だな
236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 18:57:46.46 ID:id83ytoo
>>234
コレ>>1じゃねーかんなー気ーつけろー
237 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 22:43:39.38 ID:J14lmYEo
続き待ってます…
238 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 15:03:11.28 ID:li4mneQo
待ってるんだ
239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/09/04(土) 12:35:28.40 ID:WvwJvlEo
書き手のレスがないまま”3ヶ月”以上が経過したので警告です
1週間以内に書き手のレスがなかった場合、放置スレということでこちらでHTML化依頼を出させて頂きます
みんなで仲良く製作速報を使うための処置ですので申し訳ないですがご了承ください
240 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/04(土) 19:10:48.59 ID:aIXhjrUo
まだ戻れないのか…
241 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/08(水) 23:21:36.51 ID:dEwDttAo
もう三ヶ月経つのか・・・
242 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/08(水) 23:26:15.06 ID:hLZMmgko
早く帰ってきて…
243 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/12(日) 00:26:09.10 ID:3uCBuAEo
1週間経過しましたが作者さんの書き込みがありませんでしたので、放置スレと判断してHTML化依頼してきます
おつかれさまでした

…楽しみにしてたのに(´・ω・`)
244 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/12(日) 00:37:52.64 ID:92LbrRIo
鬼塚先生ー
245 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/10/04(月) 00:27:47.31 ID:1oYvQjUo
かえってこねーかなー
246 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/11/14(日) 17:41:24.18 ID:j9eanHMo

☞ ☞ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☜
☞ ☞ ☞ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☜ ☜
☞ ☞ ☞ ☞ ☟ ☟ ☟ ☜ ☜ ☜
☞ ☞ ☞ ( ´,_ゝ`) ☜ ☜ ☜ ☜ なんだか無償にコピペしたくなる
☞ ☞ ☞ ☞ ☝ ☜ ☜ ☜ ☜ ☜
☞ ☞ ☞ ☝ ☝ ☝ ☜ ☜ ☜ ☜ なのに初心者にはコピペできない
☞ ☞ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☜ ☜ ☜
☞ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☜ ☜
☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☜
247 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/25(木) 19:18:07.09 ID:yyFdcKAo

☞ ☞ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☜
☞ ☞ ☞ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☜ ☜
☞ ☞ ☞ ☞ ☟ ☟ ☟ ☜ ☜ ☜
☞ ☞ ☞ ( ´,_ゝ`) ☜ ☜ ☜ ☜ なんだか無償にコピペしたくなる
☞ ☞ ☞ ☞ ☝ ☜ ☜ ☜ ☜ ☜
☞ ☞ ☞ ☝ ☝ ☝ ☜ ☜ ☜ ☜ なのに初心者にはコピペできない
☞ ☞ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☜ ☜ ☜
☞ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☜ ☜
☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☜
248 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします :2010/11/25(木) 19:18:46.85 ID:yyFdcKAo
出来てしまったでござるの巻
104448 B   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)